長谷川静香おすすめアニメランキング 6

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの長谷川静香成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2020年07月05日の時点で一番の長谷川静香おすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

動画配信サービスで絞り込む

61.9 1 長谷川静香アニメランキング1位
ホイッスル!(TVアニメ動画)

2002年春アニメ
★★★★☆ 3.3 (92)
477人が棚に入れました
『ホイッスル!』は、樋口大輔による少年漫画作品、および、それを原作としたアニメ作品。1998年から2002年まで週刊少年ジャンプ(集英社)で連載されていたサッカー漫画。
【ストーリー】主人公、風祭将は、サッカーが大好きな中学生。夢はJリーガーとなり、世界でプレーすること。元はサッカーの名門校である武蔵森学園に通っていたが、そこでは3軍の選手であった。
武蔵森のサッカーのやり方に不満を感じた風祭将は武蔵森を退学、楽しいサッカーをやりたい一心で桜上水中学に転校するが、武蔵森からエースが来たと誤解され、皆の前から姿を消す。
実は風祭将はサッカーがあまり上手くなく、小柄であったため、武蔵森では活躍できる場がなかったのだ。しかし、桜上水中学の水野やシゲ、不破といった仲間たちやライバルたちと戦うにつれ、次第にサッカー選手としても人間としても成長を遂げていく。

声優・キャラクター
小向美奈子、前田剛、木内秀信、喜安浩平、楠大典、鈴木真仁、長谷川静香、原元美紀、長瀬博高、又村奈緒美、石橋美佳、トニーヒロタ、高橋広樹、内藤玲、近藤孝行、石川正明、松本ヨシロウ、丸山彩智恵
ネタバレ

ヒロトシ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5

6月の勝利の歌を僕達は忘れない

日韓W杯を直前に控えた時期に放送され、サッカーを題材にしたアニメとして、当時はそこそこ話題になっていたような作品だと思います。只、主演の風祭役に当時アイドルだった小向美奈子を起用した事で、棒演技がかなり目立つ様になってしまいました。この点は原作ファンの間ではアニメは賛否が分かれる所です。私も当初は拒否反応を示しましたが、慣れてきてからは段々味のある演技だなと思うようになっていきましたw 小向さんの演技も僅かではありますが、当初よりは上手くなっていった印象がありますね。

主人公の風祭は体格も小さく、テクニックもあるわけでもないのですが、そこが作品の魅力ですね。明らかに下手な主人公が努力を積み重ねることで、ライバルと切磋琢磨していきながら、キャリアを積み重ねていくという展開は非常に良いです。

{netabare}桜上水とのメンバーと出会い、練習を重ねる事で自身の特性であるクイックネスを磨く事に成功し、ソウル選抜との試合ではフィジカルで勝る相手を一瞬のスピードで翻弄するというプレイスタイルを確立、欧米の選手に比べて、フィジカルで劣る日本人選手が世界でどう戦っていけばいいのかを暗に示したシーンでした。

急にリアルの話になりますが、近年韓国代表が低迷している理由はそこに原因があったりしますね。フィジカルで欧米に張り合うなどは多くのアジア人にとってはやはり難しいので、アジア人の強みである、持久力や瞬発力をサッカーに効果的に活かす事が重要です。後はオフ・ザ・ボールの動きかな?日本に比べ、韓国代表に大柄な選手が多いのはそのせいですね。若年の時から選別されているという事情も含めて、そういう育成をしてきたという事なんです。でも体格に恵まれているから、じゃあ勝てるか?強いのか?というとそういうわけでもないというのは、近年の日本代表の躍進、スペイン代表の悪魔的な強さを見ていただければ、分かると思います。そういう意味では先見の明を持った作品なのでは?とも思いますね。戦術面・技術面での描写もそこそこ多いですし。

同じくサッカーアニメとして有名であるキャプテン翼、蒼き伝説シュート!の様に常識外れなプレーで魅せるのではなく、ある程度現実味を持たせた世界観の中でサッカーという競技を描いたのは、かなり評価できるのではないかと私は思います。

ただ不満があるとすれば、途中で桜上水から東京選抜に風祭が移るので、話の中心も東京選抜にシフトしていくのですが、私としては桜上水のメンバーでサッカーをする話が好きだったのと、東京選抜の話が案外唐突だったせいもあってか、この展開があまり好きになれませんでした。まあ原作がそもそもそうなので、アニメに文句を言ってもしょうがないのですが。桜上水編が消化不良な点に終わってしまったのが、このアニメにとってもマイナスに見えたのは事実です。{/netabare}

キャプ翼のような派手な作品も嫌いではないですが、昔で言えば漫画ですが、ファンタジスタ。最近ではジャイアントキリング等、個人的にはサッカーを戦術面・技術面で細かく描写する方が好きなので、比較的地味なイメージが拭えない作品ではあると思いますが、私は結構好きなサッカーアニメですね。

投稿 : 2020/07/04
♥ : 11

MryvE15360 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3

タイトルなし

精神論傾向やテンポの悪さに古さを感じますが、ストーリー的には心理描写が丁寧な良作だと思います。
原作はアニメ化したにも関わらず、打ちきりになり残念です。

ただ、アニメ版は主人公の声優が酷いです。
私は声優は詳しくありませんし、興味もありません。
せいぜい、『るろうに剣心(剣心)』『ガラスの仮面(マヤ)』の演技力や声量が凄い&好感をもったくらいの門外漢です。
色々言われているジブリなども全く気にしない人間ですが、この声優だけは無いです。
声優で断念した初めての作品になりました。
製作側が何を考えてオファー出したのかわかりませんが、本職を使って欲しいと切実に感じました。

投稿 : 2020/07/04
♥ : 0

michel614 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2

爽やかすぎるわぁ~(^_^;)

一言で言うと、好き嫌いがあるかと思いますし・・・朝のアニメって感じ強いかなって感じです。

爽やかさ、直向きさ、OPとED曲もスポーツアニメ感たっぷりな感じで、少年少女向け感が強く。
原作は未読ですがアニメに関して言えば・・・ストーリ性は薄い、古い作品なので映像も綺麗とは言えず、主人公の声も個人的には違和感アリでした(^_^;)
(多分、競技のPR性が作品に盛り込まれてるからなのか・・・)

でも、OPは朝に見るならピッタリな感じがして個人的に好きです(#^.^#)

投稿 : 2020/07/04
♥ : 1

61.9 2 長谷川静香アニメランキング2位
ロケットガール(TVアニメ動画)

2007年冬アニメ
★★★★☆ 3.6 (101)
532人が棚に入れました
有人ロケットの打ち上げを目指すソロモン宇宙協会(SSA)だったが、失敗の連続で絶体絶命のピンチに陥っていた。起死回生のため、パワーはないが実績のある旧型ロケットで打ち上げを計画するが、そのためには飛行士の体重を40キロ以下にしなければいけなかった…。小柄な女子高生たちが宇宙飛行士!?

声優・キャラクター
仙台エリ、生天目仁美、長谷川静香、菅生隆之、柳沢真由美、豊嶋真千子
ネタバレ

oxPGx85958 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4

懐かしい感じのする骨太のジュブナイルSFアニメ

サイエンスの部分がしっかりしているSFアニメという評判を見て手を出してみましたが、たしかにこれは骨太なところのある作品でした。

女子高生を親の許可を得ないまま宇宙飛行士として起用する、みたいな、根本のところで奇想天外なストーリー展開のジュブナイルSFではあります。

ただ、そのベースとなっているサイエンスの部分にしっかりとした考証があるし、民間ロケット開発の社会的な意味合いを視野に入れた状況設定もある。でもそれをゴリゴリと押しつけてはこないんですよね。そのせいで、これがSFとしてユルいという印象を与えることもあるのではないかと思います。

1つ例を挙げると、主人公たちが着る、体の線が浮き出るタイト・スーツ。作中では主人公たちを恥ずかしがらせるための小道具ていどの扱いしか受けていませんでしたが、物語の最終盤に、間接的な形でストーリーテリングに関わってきます。{netabare}彼女たちが着るタイト・スーツとは異なり、アメリカの宇宙飛行士たちが着ている宇宙服は、着用の前に長時間の減圧を要します。それなのに、彼女たちに敵対的な態度を見せていたアメリカ人は、また船外活動のミッションがあるのにも関わらず、いったん宇宙服を脱いで挨拶しにきた。そのことに主人公たちは気づき、彼には自分たちに敬意を表する意思があったんだと理解します。{/netabare}これを説明するセリフはあったのですが、その意味をちゃんと理解できた視聴者はどれほどいただろうか。

私は原作は読んでいないのですが、たぶん原作では十分な説明があったと想像します。というのも、これって本作に盛り込まれている未実現のテクノロジーであるタイト・スーツの宇宙服の売りの1つに関わる面白い物語上の仕掛けだからです。アニメ化にあたって中途半端な形で簡略化された、ということなのでしょう。

そういうやり方がこのアニメにとって良かったのか悪かったのかは難しいところ。この点に限らず、いろんなことをユルく描き、勢いに任せて突破していっていることで、本作の勢いが生まれていることも確かだから。

前向きで明るく、基本的なところで科学を正しく描いている、こどもに安心して見せられる作品。これを見て、宇宙開発への夢を抱くこどもが出てきたらいいな、みたいな、超王道のジュブナイル・アニメ。ということだと思います。

投稿 : 2020/07/04
♥ : 2
ネタバレ

天上しょーと♪♪ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7

タイトルなし

{netabare}お金も時間も無いから体重が軽い人を求めていて、
そこに{/netabare}たまたまやってきた主人公の女の子が宇宙飛行士になるアニメ。
メイン3人のうちの一人はジャングルで育った野生児だったり、
逃げた職員に容赦なくミサイル撃ちこんでたり
と設定段階からしてギャグ路線で、実際そういった面の楽しさもあったけど
それでいて主人公たち3人はしっかりと厳しい訓練を受けていたから宇宙に行けるのも納得はできるし
適度に熱い所をしっかりと作っていたのが良かったです。

思い返してみると3人の宇宙飛行士のバランスも良かった気がします。

主人公ゆかりは平均タイプ。
視聴者の言いたいこと以上のことを言ってくれるキャラなので
ツッコミ所だらけのこの作品では欠かせないキャラ。
そのせいかちょっと性格きつそうにも見えなくはないですが、思いやりを感じられる部分も多く
嫌いになるようなことがなくて良かったと思います。

マツリは野生児なので運動能力が高いタイプ。
だけど役割がバックアップなので日常回の印象のほうが強いですね。
いきなり催眠術とか使い始めた時は何事かと思ったけどw。

茜は体が弱い代わりに頭が良いタイプなので宇宙にゆかりと行ったときも
作戦を考えたりと別方面で頑張ってましたね。
{netabare}サバイバル訓練を一人で頑張ってたところは
自分もゆかり達と同じく応援したくなっちゃいました。{/netabare}

残念な所といえば結局父親ってなんでああなったの・・・?
っていう最大の疑問が解消されなかったうえに
後半は最終回で娘について聞かれる所くらいしか出番がなくて
呪いかけて自分の娘であるゆかりに被害与えてるわりに
好印象になる要素もなくなんか父親関連は不満が残ります。

でも普通に面白い作品だったと思います!

投稿 : 2020/07/04
♥ : 2
ネタバレ

かんぱり さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8

女子高生宇宙に行く

女子高生がロケットで宇宙に行くお話。
と書くと、ギャグアニメなの?って思ってしまうんだけど、結論を言うと、芯の部分はちゃんとSFしてて、それ以外のところはいい意味でアニメって感じの演出でした。

リアリティのあるSFものを期待しちゃうと、いきなり島に来た女子高生を宇宙飛行士に採用しないだろうし、ほかにも現実にはありえない演出もあるんだけど、個人的にはこういうのはOKです。
だって女子高生が宇宙飛行士になって宇宙に行くって、なんかわくわくしませんか?以下ネタバレです。

{netabare} 主人公のゆかりは、父親を探しにとある島に来ますが、そこで行われていた宇宙飛行ロケット実験に偶然参加することになります。
最初はバイト気分で嫌々やってたゆかりですが、そこで働く人のロケットにかける想いを知り、本気で宇宙に行きたいと思うようになります。
最終話あたりで宇宙に行くのかな、と思ってたので、5話で宇宙に行ったので、え?もう?とびっくりしました。
7話から、もうひとりの主人公の茜が登場します。後半は、茜が宇宙飛行士になるまでの頑張りが描かれ、そして、ある出来事からゆかりと茜の二人で宇宙に行くことになります。そして・・・
あ、書き忘れてましたが、もうひとりの主人公マツリもいいキャラでした。いつも明るくて、ゆかりや茜を励ましたり、元気づけたりしてくれました。{/netabare}

5話あたりから毎回目が離せない感じで面白く、そしてハラハラしながら最終話まで見ることが出来ました。
芯のSF部分もちゃんとしてて、そういう部分も物語の面白さにプラスになっていたと思います。

投稿 : 2020/07/04
♥ : 12

53.6 3 長谷川静香アニメランキング3位
朝霧の巫女(TVアニメ動画)

2002年夏アニメ
★★★☆☆ 2.8 (46)
266人が棚に入れました
『朝霧の巫女』(あさぎりのみこ)は、宇河弘樹の漫画作品。「ヤングキングアワーズ」(少年画報社)に2000-2007年まで連載。
【ストーリー】主人公の天津忠尋は、母親の置き手紙によって広島県三次市に引っ越して来る。
そこは従妹である稗田三姉妹が住んでいる所であり、そこに訪れたその時、正体不明の怪奇に襲われるが、迎えに来ていた稗田三姉妹によって窮地を救われる。それから毎日、忠尋は怪奇に襲われる日々を過ごす事になる。

声優・キャラクター
水島大宙、清水愛、茂呂田かおる、加藤奈々絵、神田理江、大原さやか、梅津秀行、長谷川静香、林原めぐみ、置鮎龍太郎、堀江由衣

セメント さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.6

巫女委員会

巫女服新鮮~


原作レ〇プアニメと言われれば確実に挙がるのがこの「朝霧の巫女」
原作レ〇プに留まらず、その影響が原作者の漫画家生命にまで飛び火してしまったという点では、過去に類を見ない最悪ともとれる問題作でしょう
原作ガン無視のオリジナルストーリー展開、15分アニメで2クールという謎構成、全くやる気の感じられない手抜き作画、本格妖怪漫画を単なる巫女萌えアニメにすり替えるなど傍若無人な振る舞いの数々、喝ッ!!!!
そのおまけ、このアニメ版の出来の悪さと制作スタッフの投げやりな態度が原作者の心を病ませ、斯々然々(ry
2007年に連載は完結したにも関わらず、未だに単行本の執筆が続いているという奇怪な状況もその煽りを受けたものです
と言っても、体調を崩した結果下描き状態で掲載していた連載版に大幅な描き直しが加えられ、その姿勢はファンにも受け入れられている訳でありますが

原作ありのアニメはそこら辺が難しいですよねぇ
これについては「迷い猫」の原作者・松智洋氏も言及している通り、”アニメの出来=原作の出来と取られてしまう風潮〟、”アニメ化後の創作活動の停滞が起こりやすいという風潮〟が、往々にしてある訳で
今作の場合は、原作もののデメリットが悉く押し寄せてしまった悪例であると言えましょう
アニメスタッフとしては、アニメは好きにやってくださいってスタンスの原作者が好まれるそうですが
原作者にしてみたら、自分の作ったものを恣意に改変されるのは苦々しい事態と考えるのが普通
原作者とアニメスタッフの関係、これはアニメ制作の永遠の課題でしょうね

声優は良い感じですね
長女に林原めぐみさん、次女に清水愛さん、三女に長谷川静香さん
長谷川さんとか当時13歳ですか、いやいやすごいですね
巫女委員会勢の声優には加藤奈々絵さんや大原さやかさんも入ってますね
それから置鮎さんもいい味出してますねぇ、”憎めない敵”役と言ったらやはりこの人です

OP「faint love/林原めぐみ」は良い感じですねぇ
最初の方に出てくるこまさんが遠くから見ると虫にしか見えないのが難点ですが、歌は好きです
EDはちょっと・・・

巫女さんですねぇ、好きですよ、巫女さん
清楚な感じで、ねぇ、いいじゃないすか
ううん、えー、ヒロインの一人称が「ウチ」な訳ですが
環瀬戸内文化圏で、この一人称はよく使われますよね
パッと思いつくのは、今作の柚子とハヤテの咲夜とかですかね、この辺は方言が関係してるんでしょうが
あるいはそれ以外でも、若い女性が使ってるのをよく聞きますね
アニメでいえば、バカテスの島田さんなんかはまさにその”今時の女子高生”なイメージです
後者はジェンダー論に絡めて語られる材料として使われてるのをたまに見ますが、私の趣味としては一人称に拘りはないので如何せん


原作は天皇家とか出てきますから、菊タブーって奴ですか
改変に関しては止むを得なかった事情もありますが
こればっかりは、原作を勧める他ないですねぇ

投稿 : 2020/07/04
♥ : 8

とってなむ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

戦う巫女さん

1話、約12分の全26話


巫女さんが化け物たちと戦うおはなしです
物語自体は壮大なのに中身が空っぽな印象を受けました

敵が弱すぎぃぃ
最強そうにみえて、自転車に轢かれて退散…とか
ギャグアニメとしてなら楽しめるのかもですが、
中盤くらいから敵は強くなり、少しシリアスに

最初の頃は何だったのか
終盤に至ってはやりたいことが何なのか、
分かるような分からないような感じでした
バトルもイマイチ盛り上がりに欠けていました

このような点から、アニメ化失敗の代表作とも言われています
原作はそれなりに面白いらしいです


ストーリーは微妙でしたが、
声優&キャラはけっこう良かったと思います

巫女委員会の連中はなかなか面白いです
特に、百合草千佳はクセがあって好きですね

ちなみにこの巫女委員会というのは、
戦うために結成された5人の少女から成る組織です
一人を除いてあとは最初はただの学生ですが、
壮絶な修行を乗り越え、戦える巫女になっていきます
このあたりまでは物語的には面白かったですね


OP「faint love」 歌ー林原めぐみ
ED「KOIBUMI」 歌ー林原めぐみ

ED曲は凄いですw
おそらくカラオケで歌えないアニソンベスト10に入るのでは
歌詞がヤバイとかではなく、音程をとるのがキツそうです


あまりおすすめ出来る内容ではないですが、
1話、12分程なので気楽に観たいときにならいいかもしれません

個人的には巫女委員会での日常だけでよかったです


最後に。。
必殺技のネーミングは面白かったかも

リリカルフラッシュ特盛バージョン!!とか
乙女豪快一本槍!!とか
タキオンプラズマ返し!!とか

カムロビの火矢、風神の舞、雷神の舞
には潜在的な中二心をくすぐられました

投稿 : 2020/07/04
♥ : 30
ネタバレ

剣道部 さんの感想・評価

★★☆☆☆ 2.0

原作破壊、というより、原作者破壊アニメとして有名

[文量→中盛り・内容→雑談系]

【総括】
評価、というよりも評判の悪いアニメ。「原作改悪」といえば真っ先に名前が上がるかも。ただ、個人的には「ここまで叩かれるほど内容的につまらなかったか」と問われれば、「いやそこまで酷くはないよ」と答えたいです。(あくまで、「そこまでは」です。酷いとは思いますよ、評価2だし)。

【視聴終了(レビュー)】
{netabare}
アニメの内容的には、日常系の巫女萌えアニメ? バトルもありますがオマケ程度。15分なので、あまり凝ったことはしてないです。判子を押したように同じ展開が続き、飽きると言えば飽きるし、妙にクセになると言えば、クセになるかな。

作画はかなり悪く、擁護できないレベル。歌は、歌自体はすげえなって思いますが、作風にはミスマッチで、なんか林原さんのムダ使いって感じ。

と、酷評してますが、全体に流れる雰囲気は嫌いじゃなかったです。田舎らしく、ふんわりしていて。キャラも良いしね、それぞれ特徴的で。多分この辺が、原作の良さなのでしょう(知らないけど)。

視聴当時はまだ、アニメ若葉マークだったから、シンプルに観てて、普通につまんないと思った程度。後々、背景を知って嫌いになった(というより、原作者に同情した)けど、そういう感情論抜きにすると、「ここまで」批判されるほど悪いとは思わなかった。まあ、感情論抜きにしても、低クオリティだとは思うけど。

まあ、ここまで「原作改悪」と言われるアニメも珍しいんで、機会があったら原作を読んでみたいな~と思ってます♪
{/netabare}

投稿 : 2020/07/04
♥ : 9

59.9 4 長谷川静香アニメランキング4位
おとぎストーリー 天使のしっぽ(TVアニメ動画)

2001年秋アニメ
★★★★☆ 3.2 (27)
204人が棚に入れました
「おとぎストーリー 天使のしっぽ」は、天使に生まれ変わった動物たちが、前世で可愛がってくれたご主人様を助けようと大奮闘のハートウォーミングなコメディである。
優しくて動物が大好きな青年・睦悟郎。とにかくツイてない彼だったが、ある日、占い師にツキがめぐってくると予言される。その夜、悟郎の前に3人の美少女が現れた。自らを"守護天使"だという彼女たちは、悟郎の世話をあれこれとやき始めるのだが…。
続編に「天使のしっぽChu!」がある。

(´・ω・){不幸だ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

表紙の作画に騙された自分が情けない・・・

良い意味で騙されたww

作画を気にしないような良い構成の物語でした。
キャラクターの個性も良く、最後まで見ることができました。

一方、キャラクターの人数が多く、一人一人の物語が少なかったりするので物語を-☆5減点してしまいました;3;
↑シナカッタホウガヨカッタノカ?

途中、とあるキャラクターの滑舌に気になってしまい、吹き出したり声優変えろやと思ったことは一度や二度だけではありません。

オラからの結論:気軽に見よう

投稿 : 2020/07/04
♥ : 0

スカリエッティ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2

主人公ハーレムアニメ

ロリコン向けハーレムアニメと言っても過言じゃない作品

ある意味シスタープリンセスと似ている
ほのぼのとしたストーリーが基本で途中若干のまじめな話も入る

ヒロインキャラクターの数と歳の範囲が(ある意味)広い
エロはそれほどないが、最近のアニメだとアキカンに近い

投稿 : 2020/07/04
♥ : 1

toto さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5

個人的には

わるくない作品だと思います。
ストーリーとしては、かつて主人公が愛して育てていた動物達が守護天使という形として、主人公のもとに帰ってくるという話です。しかし、その天使が多すぎるので、あまり一人ひとりにスポットの当たる時間が短いところは少し残念ではある。

投稿 : 2020/07/04
♥ : 0

計測不能 5 長谷川静香アニメランキング5位
プラトニックチェーン(TVアニメ動画)

2002年秋アニメ
★★★☆☆ 3.0 (1)
25人が棚に入れました
携帯やネットによる個人放送局をキーワードにした女子高生3人のシブヤ系ストーリー。「千と千尋の神隠し」でも一部使われた技術・セルシェーディングを全編に使用したフルCGアニメだ。原作は「アンドロメディア」「ブラックアウト」の渡辺浩弐。近未来の渋谷、ハチ公前。そこは相変わらずたくさんの人々であふれかえっていた。塾に遅刻しそうになったヒトミは、携帯で友達に電話し、自転車で送ってもらえないかと頼む。そのやりとりを耳にした男が、ヒトミに声をかけるが…。

声優・キャラクター
千葉紗子、野中藍、綱掛裕美、本田健太朗、友井雄亮、長谷川静香、菅沼久義、牛川とこ、徳澤直子

59.0 6 長谷川静香アニメランキング6位
いぬかみっ!特命霊的捜査官・仮名史郎っ!-THE MOVIE(アニメ映画)

2007年4月21日
★★★★☆ 3.4 (51)
329人が棚に入れました
由緒正しき犬神使いの一族・川平家。その末裔で能力不足により勘当された高校生の川平啓太のもとに、一人の犬神が現われた。「ようこ」と名乗る犬神は楚々として従順。しかも容姿は抜群。さっそく啓太は主従の契りを結び、ようことの共同生活を始める。だが、実はこの彼女、かつて誰もコントロール出来なかった犬神の中の超大問題児だったのだ!!! 女の子とお金が大好きな煩悩の塊、犬神使い・啓太と、破壊が大好きで嫉妬深い犬神・ようこが繰り広げるハイテンション・ラブコメディー。

負け猫 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1

スタッフによる極限の悪ふざけアニメ

確かシャナとキノの映画と一緒に放映された
アニメの劇場版(本編とは関係ない完全オリジナル)

劇場版だが約30分と短い作品。

しかし、さすが劇場版・・・本当に無駄に動きます。

ストーリー性は皆無に等しく、ただひたすらにスタッフの悪ふざけな作品、
そしてアニメ本編ではできなかったヒロイン達の
エロをちょっと入れてみたかったといわんばかりの作品でもある。

アニメ、原作、と本当に扱いがかわいそうなキャラである「仮名さん」
がよりいっそう扱いがひどくなっている。

アニメ本編でもだいぶ原作を汚したような作りになっていたが、
こちらは度を越しているので正直見る価値すらないかと^^;

原作は綺麗な作品なんですよ・・・・・ホントにorz

投稿 : 2020/07/04
♥ : 0

future☆ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

タイトルなし

.。o○ ○o。.動画情報.。o○ ○o。.

タイトルは『いぬかみっ! THE MOVIE 特命霊的捜査官・仮名史郎っ!』。電撃文庫ムービーフェスティバルとして2007年4月21日から公開となった。同時上映は『灼眼のシャナ』『キノの旅』。 尚、劇場版ではTVシリーズにて、放送上の関係でほとんどできなかった女性キャラのお色気シーンを多く取り入れており、映像化は、本作が現在のところ最後となっておりTVシリーズの第2弾を望む声も少なくない。


.。o○ ○o。.上映開始日.。o○ ○o。.

2007年4月21日


.。o○ ○o。.お話.。o○ ○o。.

いぬかみっ! THE MOVIE 特命霊的捜査官・仮名史郎っ! 

投稿 : 2020/07/04
♥ : 3

月夜の猫 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

裸王降臨・・

オカルトコメディな感じ?の作品
の劇場版アニメ・・

年相応以上?に思春期な主人公と
傲慢で嫉妬深い犬神のドタバタ系
ラブコメ?な物語。

一応劇場版らしいけど・・約30分。

元々ナンセンスギャグ・パロディ
が多く露出も多い・・変態ネタも・・

可也有名な声優さんも居るので・・
ネタの切味は良いけど・・内容は・・

これは酷い・・と言いつつ笑えるか?
これは酷い・・と切り捨てるか?

投稿 : 2020/07/04
♥ : 0
ページの先頭へ