3分間おすすめアニメランキング 9

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの3分間成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2020年02月29日の時点で一番の3分間おすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

56.4 1 3分間アニメランキング1位
GO! GO! 575(TVアニメ動画)

2014年冬アニメ
★★★★☆ 3.2 (228)
1042人が棚に入れました
『GO!GO!575』(ゴー・ゴー・ゴーシチゴー)のタイトルで、2014年1月にTOKYO MX・tvkほかで、5分枠のショートアニメとして放送された。全4話。

声優・キャラクター
大坪由佳、大橋彩香、寿美菜子、芹澤優

蒼い星 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2

どうみても 可愛い絵だけ 他にない

ニコニコ動画で観ました。

女子高生がミニスカートをひらひらさせて
百合百合してて
台詞を無理やり575にして
お約束の展開に持って行って
最後一緒に銭湯に入るだけのアニメ

やばい、もう説明終わっちゃいました。

1回5分どころかOP/ED含めて3分30秒で終わる短さ
それを4回(+OVA1回)
短いですね~。

まあ、俺妹っぽい作画ですので、
神崎ひろさんの絵が好きで、
特に深く考えずに女の子がキャッキャウフフする空気を楽しめる人ならば、
良いかなあ?と思いました。

これにて感想を終わります。
読んでくださいまして、ありがとうございました。

投稿 : 2020/02/29
♥ : 31

ato00 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7

女子高生 五七五で 萌えアニメ <5話追記 アニメの趣旨は お風呂回>

<1話>
どくろピン あんたの方が 目立ちます
1話から お風呂回とは 大胆な

<2話>
新キャラも 百合友達に あこがれる
ニャンだこれ 池に落ちすぎ お風呂回

<3話>
3人で 五七五の ネタ集め
妄想も ここに極まり お風呂回

<4話>
屋上で 不思議な踊り やめてくれ
最終回 お風呂回なし やめてくれ

<5話>
未放送 新キャラ追加 お風呂回
エンディング 総集編で 五七五

投稿 : 2020/02/29
♥ : 29

にゃっき♪ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2

ちがうのよホットケーキとパンケーキ

鎌倉を舞台に、女の子3人以外では猫とトンビぐらいしか出てきません。
もっと弾けたいという正岡小豆(まさおかあずき)は、喫茶店で目にした川柳をきっかけに、親友の小林抹茶(こばやしまっちゃ)といっしょに、日常を川柳にする575の活動を始めます。変態で妄想癖のある同級生の与謝野柚子(よさのゆず)も加わり、3人そろって銭湯に出かけるのでありました。

1クールあった放送枠でアニメは4回分だけで「とくばん!575」4回を挟み、再放送が4回です。
「とくばん!575」は小豆と抹茶の声優さんが鎌倉の名所やアニメ所縁の場所を訪れ、ガールズトーク+川柳+ゲームの宣伝といった内容です。
そこそこ楽しめたのですが、柚子の声優さんはナレーションだけなのと、銭湯の訪問がなかったのはちょっと残念でした^^

川柳を扱った作品のはずですが、私はほとんど銭湯しか印象に残りませんでした。クルマに水を跳ねかけられたり、池に落ちたりして3分半×4回のなかに銭湯シーンが3回も出てきて、キャラが無駄に可愛いく描けているので、ついつい全部見てしまいました。

投稿 : 2020/02/29
♥ : 24

67.6 2 3分間アニメランキング2位
フラグタイム(アニメ映画)

2019年11月22日
★★★★☆ 3.6 (21)
91人が棚に入れました
誰とも関わりたくない、関われない。人付き合いが苦手な森谷美鈴は、3分間だけ時間を止められる高校生。ある日彼女は、時間が停止している間に、クラスいちの美少女・村上遥のスカートの中を覗いてみたが、なぜか村上には時間停止の力が効かず、秘密がバレてしまう。お詫びとして森谷は、村上の願いを何でも聞くと約束するが…

声優・キャラクター
伊藤美来、宮本侑芽、安済知佳、島袋美由利、拝師みほ、梅原裕一郎、田所あずさ、高橋未奈美、佐倉綾音
ネタバレ

101匹足利尊氏 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

上辺だけの人間関係に疲れたあなたへ→ここに尊くて深イイ百合の沼がありますぞ♪

原作コミックは未読。


3分間だけ時間を止める能力を獲得してしまったJKが、
クラスいちの美少女のスカートの中を覗こうと企てるも、
彼女だけには時間停止が通じず、バレてしまい、
二人だけのヒミツの時間が始まって……。


などと言うトンデモない百合設定の外面に惑わされず、
是非、普遍的なテーマを扱った良作青春アニメとして観て欲しい!
と言う百合の沼に浸かった賢者たちの猛プッシュに気圧されて、
期間限定劇場鑑賞の沼に引きずり込まれた私。
因みに周り、見事に成人男性しかいなかったですw


上辺だけの人間関係に辟易している優等生少女の心の闇に、
他人とのコミュニケーションに立ち向かえない、はぐれ者の少女が踏み込んでいく……。
確かに、多くの人が抱える心の問題に切り込んでいくテーマは王道でした。

百合という事で微エロシーンもある本作。
勿論サービスシーンとしての性格も帯びるのでしょうが、
それ以上に人間関係とか青春の諸問題の鬱屈からの
解放感をより強く帯びている印象。

{netabare}作中、村上さんは時間停止を良いことに下着ストリップをかまして来ますが、
観ていてふと映画『台風クラブ』(1985 日)の中学生下着ダンスの解放感何かを思い出しました。
(一方でやはりムラムラもしましたがw){/netabare}

森谷さんの時間停止能力も人間関係からの逃避に由来する物と思われ、
村上さんとのヒミツの3分間にはスクールカーストの歪み故の病理が凝縮されていると感じます。


じゃあ別に百合アニメじゃなくても良いのか?
というと決してそんな感じでもなく、
学校での同性カップルという秘め事が醸す禁断ムードを上手く濫用することで、
並の物語じゃ取り払い切れない、上辺や互いの心の扉を剥ぎ取って、
心の深淵まで踏み込んで、人間関係の本質について語っていたと私は感じます。

だからこそ、何度も問われて来たテーマでも、掘り下げ深度が半端なかったですし、
鑑賞後は、俺も明日から、この映画を糧に人の輪を取り持つ苦行に立ち向かおう
と勇気を貰える程のパワーが宿ったのだと思います。

これが例えば男女間恋愛で、同性の親友止まりのプロットで、
果たして、本作のように、ここまで心を丸裸にして、
赤裸々に本音をぶちまけることができたのかな?
と考えると、百合が人間関係に迫ったことで打ち出されたムードに
捨て難い魅力を感じてしまいます。


よって、私は本作を堂々と百合アニメ映画の良作としてオススメしたいです。
勿論、鑑賞者がほぼ百合を愛好する男性のみで終わるのは本当に勿体ない作品だと思います。
ただ、百合映画鑑賞くらいの禁忌を犯す位じゃないと、
世間体やしがらみを気にせずに、心の奥底まで分け入って、
本当の自分を曝け出すことなどできやしないと天邪鬼な私は思うのですw


いずれにせよ、期間限定上映も間もなく終了すると思われる本作。
特に人間関係に悩む方には是非、設定への抵抗感等も乗り越えて
より大勢の方が勇気付けられて欲しいと願います。
人と関わって社会で病んでいる人はきっと、本作のヒロイン二人がEDでカバーした
ELTの「fragile」を聴いた人よりは、ずっと多いと思いますから……。

投稿 : 2020/02/29
♥ : 18

根越 詠汰 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

モヤモヤだったけど、一歩踏み込んだ勇気を見た!

 ディオ並みの能力を持つ(ここではスタンドは出てきません!)森谷さんが、開始早々、能力を披露したです。それをいいことに気になる村上さんに手を出そうとしたところ、村上さんに能力が通用せず、それをきっかけに付き合い始めるお話だったです。
 秘密の時間の始まり始まりというのでしょうか?です。
 作画は今では珍しく思える、CGぽさなくどこか懐かしいような、キャラ、背景に見えたです。

 内気な少女、森田さんは、村上さんを気になったりヤキモチを焼いたりすると、無意識でも能力を発動させてしまうでしたです。

 そんな森田さんに積極的な触れ合いをしてくるわけですが、次第に大胆に悪く言えば、やや過激に見える行動あったです。

 好きな人を独り占めしたい気持ちは、誰しもあるものかもしれないです。これは青春というより、女の子特有の思春期を表しているようだったです。

 互いに知り得なかった内面、森谷さん村上さんはどうしていきたいのか?今まで知っていたお互いの姿はどうなのか?
 村上さんの生き方の本質を知り、森谷さんがとった答えは?
 森谷さんが村上さんに正面から向き合ったとき、二人の距離の縮まりを最後の方で、見せてくれた気がしたです。非常にこの二人に、もやもやさせられた印象だったです。

投稿 : 2020/02/29
♥ : 6

褐色の猪 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5

学園百合ファンタジー

監督は2018年OVA「あさがおと加瀬さん」と同じ佐藤卓哉氏、

「あさがおと加瀬さん」は割とあっけらかんと明るい作品、
なので監督のメリハリの効いた作風が良く合っていた。


このOVA の原作漫画「フラグタイム」はストーリーが良く出来ている学園百合ファンタジー、

OVAは尺が短いので総集編の様になってしまったかな、

佐藤卓哉監督作品なら「STEINS;GATE」や「WIXOSSシリーズ」風にトーンをやや落として
長編映画かTVアニメで1クール位やって欲しかった。

----------

円盤は出なさそうなので(^_^;
観たい方は今のうち劇場へ、

作画、動き自体は取り立てる程ては有りませんが、
構図、場面効果など目を見張る感、声優も然別、
一見の価値は十分有りますよ。

投稿 : 2020/02/29
♥ : 6

61.1 3 3分間アニメランキング3位
乱歩奇譚 Game of Laplace(TVアニメ動画)

2015年夏アニメ
★★★★☆ 3.3 (626)
2978人が棚に入れました
「その日、初めて退屈じゃなくなったーー」

とある中学校で起こった教師のバラバラ殺人事件。この学校に通う少年・コバヤシは、事件の捜査に訪れた天才探偵・アケチと出会う。
異常犯罪ばかりを捜査するアケチに対して興味を持ったコバヤシは、友人のハシバの心配をよそに、自ら「助手」を志願する。
次々と起こる奇怪な事件の中で、コバヤシは退屈な日常を捨て置いていくのだった。

声優・キャラクター
櫻井孝宏、高橋李依、山下大輝、小西克幸、チョー、日笠陽子、子安武人、藤田咲、山口勝平

♡ェみーる米麹米子 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

現代風アレンジ

凄く楽しみにしていたのです。
乱歩に至っては、評価真っ二つに別れるくらい
独特の世界観で作ってほしかった。
OPにamazarashiで、これはこれでいいのだけど
もういっその事
人間椅子や大槻ケンヂ、八十八カ所巡礼あたりに曲を作って欲しかった。
作画もこれでもかっていう独特な感じなのを期待していた。
なにこれ?って思われるくらいの。

まぁ、見るんだけど。

ノイタミナ枠で、これはこれで新しい取り組みなのだろう。
没後50年という事でかなり期待値を高めた私が悪いのであって
この作品が悪い訳ではない。
演出もこってるし、現代に設定をもってきてるので
乱歩を知らない人にでも受け入れやすいキャラデザになっている。
まだ始まったばかりでどうこう言えないのは確かだけれど
世界観は大事にしてほしい。

※追加
2話迄視聴。
乱歩作品へのオマージュと捉えた方が良いのかもしれない。
奇譚だし。UN-GOのようなね。

内容がぺらすぎるのはどうにかならないのだろうか(;´∀`)
ダンガンロンパよりのキャラデザと内容で
乱歩作品は金かけた実写でも(´ヘ`;)ウーム…となるのに
これはまた…UN-GOの方が断然良かったな。
世界観崩さずにっていうのは難しいね。

視聴後追記

ノートPCの凄さを思い知る。
数学万能説。
通信空手が案外使えそう(トリックのあべちゃんもやってた)
OPがえなりかずきにしか聞こえなくなった。

…別に見なくてもいいんじゃないかな

OP「スピードと摩擦」
作詞・作曲 - 秋田ひろむ / 歌 - amazarashi
ED「ミカヅキ」
作詞・作曲・歌 - さユり / 編曲 - 江口亮

投稿 : 2020/02/29
♥ : 52

PPN さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8

新たな乱歩の世界(・∀・)v

江戸川乱歩・没後50年作品と銘打ち制作された
ミステリー・サスペンスもの。
全11話。


いかにも「ノイタミナ」らしい作品ですね。
乱歩の作品群を“男の娘・コバヤシ少年”視点で
展開させる新たな試みが特徴的だと思います。

江戸川乱歩の世界を独特な雰囲気、演出で描いており
ミステリー・サスペンス感が強く表現されています。
ここは評価して良い点かと(*´∀`)b″

上記などで
「探偵と探偵助手が事件を解決して行く」
この至極当然な展開に変化を感じる事が出来れば
十分に楽しめる作品だと思います。

ただし、小説やドラマ等数多くメディア展開されている
事件ストーリーやトリックにはやはり既視感が……。
若干の物足りなさも感じました。
コアなミステリー・サスペンスファン向けというよりは
初心者によりオススメな作品かも知れません。

アケチ役の櫻井孝宏も良かったですが
コバヤシ少年を演じた高橋李依の好演が光っていました。
今後に期待の持てる新人声優さんですね。


次作があるのは没後100年でしょうか……。
50年後………生きてるかね(´∀`;)




《キャスト》

アケチ コゴロウ(CV.櫻井孝宏)
コバヤシ(CV.高橋李依)
ハシバ(CV.山下大輝)
カガミ ケイスケ(CV.小西克幸)
ナカムラ(CV.チョー)
ミナミ(CV.藤田咲)
死体君(CV.山口勝平)
ハナビシ(CV.中原麻衣)
黒蜥蜴(CV.日笠陽子)
ナミコシ(CV.福山潤)


《主題歌》

OP
『スピードと摩擦』/amazarashi
ED
『ミカヅキ』/さユり

投稿 : 2020/02/29
♥ : 50

ninin さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2

奇譚と名付けた不思議なお話

原作未読 全11話

江戸川乱歩没後50年作品

有名な推理小説家、江戸川乱歩の作品をベースに現代風にアレンジしたオリジナル作品です。

視聴前、結構推理ものが好きなので期待して観ていました。

OPの雰囲気は良かったのですが、内容はちょっと拍子抜けでしたね。

時間がないのは分かりますが、ほとんど推理の過程がなくて犯人が分かりますので、推理ものとして観るには満足できないですね。

キャラでは、コバヤシ少年の容姿・性格は狙って設定したの分かりますが、どんなときでも感情があるようなないようなトーンで話しているのが苦手でした。

色々と奇想天外なことをしている感じがしましたが、空周りしている印象でしたね。

あまりオススメできない作品です。

OP・ED 聴いているとどちらも心に響く曲で好きですね。OPの作画は斬新で見応えがありました。

最後に、キャラの中では影男(かげおとこ)が好きでした。CVも子安さんで合ってましたね。CV日笠さんのキャラは‥‥w

投稿 : 2020/02/29
♥ : 32

63.8 4 3分間アニメランキング4位
リコーダーとランドセル(TVアニメ動画)

2012年冬アニメ
★★★★☆ 3.4 (590)
2709人が棚に入れました
小学生離れした風貌の男の子・あつしを中心としたギャグ4コマである。

Ka-ZZ(★) さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

背が高くて格好良い小学生・・・でも実際なってみると色々大変そうです^^;

2013年7月に第3期の放送が予定されている作品です。
たまたま夏アニメ作品を検索していた際、目に飛び込んできました。
ランドセル・・・ちっちゃい・・・それが、この作品の第1印象でした^^;

この物語は、小学校5年生の宮川あつし(弟)と高校2年生の宮川あつみ(姉)の日常を描いたもの・・・だと思います。
この弟君・・・身長が180cmもあるせいか、見た目はとても大人びています。この弟君は極めて普通の児童として学校生活を送ろうとしています。
でも、身長がこんなにも大きくなると、子供用の衣類も売っていないでしょうから必然的に大人の服を着るようになる・・・すると世間様の見る目って変わっちゃうんですね^^;

彼の何気ない普通の一挙手一投足が、もはや日常では無いのです・・・でも、リアルでこの設定を知らずにこのような場面を見かけたら・・・間違いなく私も世間様の一人になっていると思いますけど・・・^^;

一方、お姉ちゃんは身長137cmの子供っぽい風貌で・・・とても可愛らしいです。CVの釘宮さんの演技もお姉ちゃんの可愛らしさに拍車をかけています。

弟君は大きいながらに色々ありますが、お姉ちゃんは小さいながらに・・・という場面にはまだあまり遭遇していません。
このちぐはぐな設定を最大限活用するためにも、お姉ちゃん版の話を期待したいと思います。

しかし・・・小学生でも身長がここまで大きくなると、ランドセル似合わないですね・・・^^;

1話3分のショートストーリーなので、気軽に楽しめた作品でした。引き続き2期を視聴しようと思います♪

投稿 : 2020/02/29
♥ : 29

偽ニュー隊長 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2

あつしが不憫すぎるw(65点)

1話3分×全13話
4コマ漫画原作。原作未読。

個人的満足点:65点
アニメ系統:日常ギャグ

身長180cm見た目大人な小学生あつし(弟)と
身長132cm見た目子供な高校生あつみ(姉)との
ギャグアニメ。

話のメインはあつしの残念な日常w
見た目が大人なので小学生にまじっていると色々問題が起こるw
毎話毎話あつしが不憫に思えてならないw
そんな所に笑うアニメ。

そして、時々出てくるあつみのやや大人じみたくぎゅうボイスに萌えるアニメ。

3分と短いので気軽に見てみてはいかがだろうか。


と、何も書くことないのだけれども
つまり、何が言いたいかというと

そのロングコート止めいwww

投稿 : 2020/02/29
♥ : 28

cross さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

先の読める展開が逆に笑える。シュール笑いを提供する3分アニメ!!【総合評価:73点】

2012年冬に全13話で放送された3分間アニメ。

3分間と言う短い時間、EDやOP演出もあるので、実質は2分程度の中でしっかりとオチまでつける短編アニメ
3分間のアニメとあり最初は視聴する予定がありませんでした。
しかし、気まぐれで視聴してみると、3分間とは言え侮れない、非常にシュールな笑いを届けてくれる作品でした。
作画のレベルも実はかなりの高クオリティー、3分間でも本当に侮れない作品でした。
でも3分だからこその高クオリティーだとするのならば、3分でも良かな

身長180センチ、見た目は完全に大人の小学五年生、敦が主人公
基本的には、そんな敦が小学五年生として、子供としては在り来たりな行動をとる。
だが、見た目は完全に大人である為、敦の行動は常に周囲から変質者として捉えられる。
こんな、誤解されると言うのが基本のパターンなのですが、何故だか見ていて飽きない。
これぞ3分間アニメの魅力なのかもしれませんね。
見た目は完全に大人、中身は小学五年生、そんな設定からの展開はもう完全に先が読める。
そして、期待通りな展開がシュールな笑いを届けてくれ、毎週楽しく視聴することができました。

引き続き、『リコーダーとランドセル レ』の放送もありますので、今後も楽しみな作品です。
まだ視聴されていない方、3分アニメですので、、大した時間を使わずにスラスラ視聴できます。
ですので、今からでも視聴して、『リコーダーとランドセル レ』を視聴してみては如何でしょうか?

投稿 : 2020/02/29
♥ : 28

58.0 5 3分間アニメランキング5位
はいたい七葉(TVアニメ動画)

2012年秋アニメ
★★★★☆ 3.3 (106)
480人が棚に入れました
喜屋武七葉(きゃんななふぁ)は、元気な中学生の女の子。
おばぁが経営する沖縄そばの店「かめーそば」で、
高校生で美人の姉・七緒(なお)、小学生で霊感が強い「サーダカ」の妹・心七(ここな)と暮らしています。
ある日、七葉の目の前で、ガジュマルの木に住み着いている精霊・キジムナーを封印するおまじないの釘が抜けてしまいました。
現れたのは、可愛い女の子の姿をしたキジムナーのニーナ。
ニーナと同じキジムナーのラーナや、シーサーの化身であるイーナも次々と現れて、
平和だった七葉たちの暮らしに、不思議な騒動が巻き起こります……!

声優・キャラクター
與那嶺里都、松田るか、やびくかりん、松嵜麗、井ノ上奈々、五十嵐裕美、東城日沙子、新垣正弘、喜舎場泉、川満彩杏、新垣奈々、小潮川愛祈、崎原安珠、佐久川若菜、宇久村紀子
ネタバレ

ninin さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

なんくるないさー!

5分アニメで全13話。

はいたいとは「こんにちは」という意味らしいです。つまり「こんにちはー!七葉ですー!」という感じでしょうか?
ちなみに男の子は「はいさい」、女の子は「はいたい」と言うそうですね。

沖縄を舞台にしたローカルアニメ作品です。メインの声優さんも地元(出身)の方がほとんどみたいなので方言に違和感がないのが良いですね^^
(オーディションで選ばれた新人さんみたいなので、演技はこだわらないでくださいね)

地方ものはドラマや映画、アニメでも地元出身じゃない方が演じるとどうしても違和感を感じることがあるのですがその点は良かったです(といっても私は沖縄出身ではないのですがw)

沖縄のお店でおばーと暮らしている中学生 喜屋武 七葉、姉の高校生 七緒、妹の小学生 心七3姉妹ところに色々な精霊 ニーナ、ラーナ、イーナ、カーナがやってきて起こるコミカルで不思議な日常のお話です。

この精霊が個性的で、私が抱いていた精霊のイメージが脆くも崩れ去りましたw

短い作品なのでサクサク観れます。可愛いキャラクターと沖縄を少し感じたい方にはオススメです^^

OPは可愛いキャラと明るい曲で「はいたい!」が多く使われます。元気で可愛い曲です^^
{netabare}
エンドカードは全話化シリーズのキャラクターデザイン「ぽよよん ろっく」こと渡辺 明夫さんが描いてました。どっかで見た事あると思いましたね^^
{/netabare}

投稿 : 2020/02/29
♥ : 34

takumi@ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

日常系 in 沖縄

1話5分程度のショートアニメ。全13話。
今まで沖縄ローカルで放送されていたのが今期から全国放送と
なり、今後は海外でも展開が計画されているとか。

あらすじ欄で書きすぎなんじゃ?ってくらい書かれてるので
あまりネタバレなしのレビューとして書けることは少ないのだけれど
親子で観るのが良さそうな平和な内容だった。
キャラデザも万人受けするような可愛い系、
でも特に萌えを意識してるようには見えない雰囲気。

日常系ベースにファンタジー色を加味したような感じで、
沖縄の言葉や暮らしぶりが観れるのは、興味ある人にはいいかもしれない。
ただ、あまり大きな起伏のあるストーリーではないので
観る人によっては眠くなりそう。

投稿 : 2020/02/29
♥ : 26
ネタバレ

Baal さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

可愛い沖縄ファンタジー

5分枠のショートアニメとして沖縄県のローカル放送

された後、AT-X等で全国放送された作品です。全13話。


元気な中学生喜屋武七葉(きゃんななふぁ)は祖母が経営する

沖縄そばの店「かめーそば」で美人の姉・七緒と霊感の強い

妹・心七と暮らしていた。

ある日、ガジュマルの木の精霊であるキジムナーを封印する

釘が抜けてしまい、可愛い女の子の姿をしたキジムナーの

ニーナと同じくラーナが現れ、平穏だった暮らしに不思議な

騒動が起き始めるのだった・・・


5分枠ですがED等を除くと実質2分の作品です。

ご当地のローカル放送されてからの作品なのでもちろん

沖縄弁で話しています。

沖縄に実際行ったことはありますがこんなのだったかな

と思う感じでした。(あんまり覚えていないけどw)


そんなことはさて置き、現れたキジムナーたちによって

不思議な事態がいろいろ起きたり、ご当地ネタだろうとは

思うだろうことが起きたりでしたが、登場キャラは可愛くて

(ちょっとロリ系強めですが)それなりに楽しく見ること

が出来た作品でした。

(ちなみに最初は小学生がメインの話になっていくのか

と思うくらいだったような・・・)

{netabare}中でも野球好きが多いという話と不思議な力を使う話は

好きでした。{/netabare}


起用されている声優さんたちが最初EDで見たときは一体

誰なんだと思うくらいほとんど見たことのない人が多かった

ですが、頑張って沖縄弁をなんとかやろうとしていて

悪くはなかったと思います。


そしてEDもやっぱり可愛いなぁという感じでした。

(さっきから可愛い可愛いと連呼している感じがするw)


さくっと見れる可愛い作品だったと思います。(また言ってるw)

投稿 : 2020/02/29
♥ : 26

60.9 6 3分間アニメランキング6位
ありすorありす(TVアニメ動画)

2018年春アニメ
★★★★☆ 3.1 (101)
433人が棚に入れました
双子のりせとあいり、そしてちょっとシスコンなお兄さんのほんわかした日常を描いたコメディ作品。

ごはんを食べたり、ケンカをしたり、お友達と遊んだり……。キュートなありすのハートフルな日常をちょっとのぞいてみませんか?

声優・キャラクター
佐倉綾音、日高里菜、高森奈津美、諏訪彩花、大西沙織、徳井青空、鈴木愛奈、新田ひより、松岡禎丞

えたんだーる さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3

考えたら負け → そしてえたんだーるは考えるのをやめた

原作マンガは未読です。第3話まで視聴しました。

りせとあいりの双子の妹はまあ良しとして、タイトル『ありす or ありす』の意味とか、マコとココの姉妹に生えている尻尾は何なのか(しかも動くみたいだし)とか、妖精カビうさぎが何者なのかとかの一切が意味不明なままカワイさだけで視聴者を引っ張ろうとするアニメです。

特に面白さはないけどキャラがカワイイという意味では『にゃんこデイズ』とかに近いかもしれません。

「まあ、5分のショートアニメだからいいか」と油断してつい観てしまう作品ですが、別に観なかったとしても何も人生に影響はないような気がする…。

== [全話観終わっての総評] ==(2018.6.21)
序盤の印象は覆らず、ただただカワイイ女の子とたった一人の男性「お兄ちゃん」が出てくるだけのアニメでした。メイド喫茶を開店していても客は来ないし…(笑)。

そして、尻尾や妖精の謎は「ナゾ」のまま(笑)。
いやいや。どないやねん、これ…。

投稿 : 2020/02/29
♥ : 29

Ka-ZZ(★) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7

キュートなありすたちのハートフルな日常コメディ!

この作品の原作は未読です。
5分枠のショート作品なので、録り貯めて一気見しました。
この作品を視聴するまでの事前情報といえば、petit miladyがオープニングテーマを歌うことだけ…
つまり殆ど白紙の状態で視聴に臨んだ訳ですが…

なんか、「可愛い」を繋ぎ合わせたら本作品になりました…っていう印象です。
キャラデザは普通に可愛いですが、基本デフォルメ主体…
そしてそのデフォルメもどちらかと言えば良い感じ…

でも、この作品一番の推しといえば、声優さんだと思います。
ダブル主人公で一人は「りせ」でもう一人が「あいり」という双子の姉妹なんですが、りせの声優さんがあやねるで、あいりの声優さんが日高さんなんです。

日高さんの声質は、あいりを見ていればすぐ分かります。
ですが、りせのあやねる…私個人的には難易度が高かったです。
普段聞きなれているあやねるの声質じゃないんですよ。
もっと柔らかくて、もっと丸い感じ…
そう、りせのキャラに心底ピッタリなんです。
これは日高さんがイメージに合っていないという訳ではありません。
日高さんの声質は周知の事実ですから、今さら私がどうこういう必要な無いと思っています。

こうなると、俄然声優さんの演技に興味が出てしまいました。
りせとあいりの兄が松岡さん、これも直ぐに分かりました。

他にも、高森奈津美さん、諏訪彩花さん、徳井青空さん、大西沙織さん、鈴木愛奈さんらが登場しています。
どのキャラに声を充てているか…そんな視点で視聴しても面白いかもしれません。

オープニングテーマは、petit miladyさんの「A or A!?」
エンディングテーマは、Pyxisさんの「LONELY ALICE」

1クール全13話の物語でした。
5分枠の作品なのでサクッと視聴できる作品です。
可愛い女の子を短時間でサクッと愛でたい…と言う方にはピッタリの作品なのかもしれません。

投稿 : 2020/02/29
♥ : 12

scandalsho さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5

微エロショートコメディー

原作未読。

1話5分のショートアニメ。

仲良し双子姉妹とシスコンの義兄、彼女たちを取り巻く人々の微エロショートコメディー。

可愛い女の子キャラ好きな方向けの作品かな?

投稿 : 2020/02/29
♥ : 12

60.1 7 3分間アニメランキング7位
ポヨポヨ観察日記(TVアニメ動画)

2012年冬アニメ
★★★★☆ 3.5 (108)
423人が棚に入れました
チバラギ県ちくば市という架空の田園都市を舞台に、球状の体型をした猫らしからぬ姿の猫を巡る、農家の家族とその周囲の人々を描いている。

声優・キャラクター
大谷育江、三森すずこ、市瀬秀和、千葉芙美香、室元気、神谷明

takumi@ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

ぽよんぽよんのまんまる

樹るうによる4コマ漫画作品が原作。
1話3分のショートアニメなので、ちょっとした合間に見れるし
素直に面白いので、気分のリフレッシュに良かった。
舞台は、架空の田園都市。
まんまるい体型をした猫らしからぬ姿の猫を中心に
農家である佐藤家の人々とその周囲の人々を描いている。

猫のかわいさ、おもしろさが淡い色合いのやさしい作画でいっそう引き立ち、
淡々とした日常の中のほんのちょっとおかしな出来事に、
毎回和ませてもらってきたので、ついに最終回がきたのは残念。

猫好きの方や。猫と一緒に暮らしている人になら誰でも
あ~あるある~♪ ってなエピソードがいっぱい。
ストーリーを楽しむというよりは、
ポヨと、ともに暮らしている家族を眺めて
クスクス、ニヤニヤと楽しむべき作品。

個人的には、ポヨに引っ掻かれてばかりの佐藤家の17歳の長男 英の
素っ気無くもお人よしなキャラに、
なんとなく昔の自分を重ねてしまうのであった(苦笑)

ちなみに監督は「神様はじめました」の大地丙太郎 氏で
佐藤家の萌さんの声は「神様はじめました」でヒロインだった
奈々生の声と同じ、三森すずこさん。

投稿 : 2020/02/29
♥ : 31

大和撫子 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1

丸いです(=^・^=)

約3分間のショートアニメ。
まん丸の可愛い猫が登場です♪

◆この作品の内容は・・・
ある夜の日の事、酔っぱらいながらフラフラと歓楽街を歩いていた佐藤萌は、路上にあったクッションのような柔らかいモノの上でぐっすりと眠り一夜を過ごしますZzz…(*´~`*)。o○ ムニャムニャ
朝になり起きてみるとそのクッションのようなモノは、まん丸の可愛い猫でしたo(^・x・^)o
まさに運命の出会い(゚ー゚☆キラッ!
これがきっかけで、この猫は佐藤家で暮らす事に。
この可愛い猫ポヨを中心とした周りの人々とのほんわか日常アニメです♪

◆ポヨってどんな猫?・・・
見た目はまん丸体系の猫さんです。
ポヨが丸くうずくまっている時は丸座布団、クッションにしか見えません^^;
丸まっている姿から手足を出すと、みんな驚きます∑('◇'*)エェッ!?
周りの人からはなんて動物?って尋ねられます^^;
泣き声は(=^・^=)ヒァー♪
動きが鈍そうに見えて、実はかなり俊敏な動きをしますε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=(э^・ェ・^)э
不思議なところがいっぱいの見ていてとっても和める猫さんなのです(*´∇`*)

◆視聴・・・
これといったストーリーはなく、たわいもない話です。
手書きイラスト風の淡々とした作画で、ポヨの可愛らしい姿を見てほんわか和む、ただそれだけの内容です(*´∇`*)

◆声優陣は・・・
佐藤ポヨ : 大谷育江(ポケモンのピカチュウ)
佐藤萌  : 三森すずこ(ミルキィホームズのシャーロック・シェリンフォード)
佐藤英  : 市瀬秀和
佐藤茂  : 神谷明(名探偵コナンの毛利小五郎)

投稿 : 2020/02/29
♥ : 21

にゃんた さんの感想・評価

★★★★★ 5.0

猫アニメ論

★結論は4です。お急ぎの方は4だけお読み下さい★

1 「猫アニメ」の定義について

 「猫アニメ」といっても、大きく1つに括れる訳ではない。
猫にもさまざまなタイプがいるのと同じように、
猫アニメにもさまざまなタイプが存在する。

 単に猫キャラが登場するだけのものもある。
猫がマスコット、或いはサブキャラとしてのみ登場するアニメもある。
古くは、4次元ポケットを持つ猫型ロボットの某アニメなども、あれも広義では猫アニメと呼べるのかもしれない。

 しかし、狭義の「猫アニメ」は、これらとは区別して論じなければならない。
狭義の猫アニメ、すなわち、純粋な「猫アニメ」とは何か。

2 判断基準について

 まず、「猫アニメ」という名称を用いる以上、それは「猫を表現すること」が主題のアニメでなければならない。
言い換えれば、猫を表現することが主題にあればいいのであって、必ずしも主人公が猫である必要は無いと考える。
 もっとも、猫を表現といっても、極めて抽象的な判断にならざるをえない。
 そこで、アニメの内容、展開、猫登場時間等、個別具体的な要素を総合して判断すべきである。

3 本作品について
 
 では、本作品は狭義の猫アニメといえるのか。
 まず、内容は猫のポヨの生態を淡々と描くものである。
しかも、猫の可愛さの象徴である「柔らかさ」を、丸いキャラデザインとすることで強調し、無理に高いところへジャンプして失敗したり、
就寝中に飼い主の元を移動する等、現実的な猫の生態をシビアに表現している。
 次に、展開は、猫のポヨと、ポヨが滞在することとなる家のメンバーを紹介するという、ポヨを中心とした展開となっている。
 さらに、猫登場時間は、3分間の作品のうち、実に2分22秒もの登場時間を占めている。
 
 以上の要素を総合的に考慮すれば、本作品は、猫を主題とした作品であるといえる。

4 結論
 
(=・∀・=)こりゃーイイ猫アニメだぜおい!
ラーメン作ったりタケコプター出したりするのもいいけどさ、
やっぱり猫を正面から描こうって心意気がいいじゃねぇか!

投稿 : 2020/02/29
♥ : 21

55.4 8 3分間アニメランキング8位
UG☆アルティメットガール(TVアニメ動画)

2005年冬アニメ
★★★★☆ 3.1 (28)
185人が棚に入れました
21世紀初頭の東京ではなぜか月曜日ごとに、マニアックでどこかいやらしげな姿の怪獣が頻繁に出現していたが、その度ごとに謎のヒーロー・UFOマンが怪獣を倒してくれていた。怪獣とUFOマンとの闘いは人々の生活に馴染んでおり、人々は闘いを楽しんでいるようだった。

そんなある日、白絹たち3人が井ノ頭公園に来ていたところに怪獣が出現。UFOマンが現れるが、3人が怪獣に近づいていたためにあやまって3人を踏み潰してしまう。責任を感じたUFOマンは3人に自分の魂と身体の一部を分け与え、以後3人はUFOマンに代わって怪獣たちと闘うことになる。

ちなみに、UFOマンと白絹たち3人との出会いの部分のストーリーは『ウルトラマン』第1話のパロディとなっている。

声優・キャラクター
福圓美里、生天目仁美、古谷徹、徳永愛、松山鷹志、秦勇気、木村亜希子

こたろう さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1

巨大なエロ。裸であればサイズはどーでもいいの?

変身巨大ヒーローもの。
平たく言えばウルトラマンをパクったエロコメディ。
女の子が巨大化変身、アルティメットガールとなって怪獣と戦うお話です。
とーってもしょーもないですが、戦ってエネルギーが不足していくとコスチュームが消えていく、つまり裸になっていくというアホエロ設定。
品のない表現にも事欠きません。


今でこそ規制が厳しくなって光補正だのピー音だのを入れるのが当たり前のエロ系アニメですが、改めて観るとこの頃のものは色々と直球です。
裸は当たり前にかかれるし、コメディにかこつけた性的な表現(液体をかけたり、股間に○○したり)が盛り沢山。
内容の下らなさも半端なく、作画も決して褒められた水準ではありません。
むしろ、あまりにダメすぎて笑っちゃいました。
苦笑というカタチで(´д`)
萌えキャラを使って、低予算で案直に視聴者の興味を引くためのエロ。まさしく泡沫B級アニメの典型でした。

B級なのは仕方ないとしても、本作はコメディなのに全然笑えない。
そもそもの設定がウルトラマンのパロディ。
怪獣のデザインも年輩者なら何とかわかるような微妙すぎるマニアックなネタでできており、ちゃんと笑いを取りに来てるとは思えません。
当然、ウルトラマンのうよなドラマがあるわけもなく、バトルやエピソードもまったく面白くない。
声優さんはそれなりの陣容ですが、シナリオがつまらなさすぎて魅力はイマイチ。
巨大化する女子は3人いますが、日常エピソードや人物像の描写もロクにないし脈絡無く行動しているので感情移入もへったくれまもありません。
適当に可愛いビジュアルなら何でもいいってもんでもない、というのを再認識しました(´・ω・`)


普通のエロではなく、巨大な女の子が霰もない格好になり、恥じらう姿に萌え~・・・・という、かなり狭い需要のエロです。
エロ描写的にはそれなりですが、アニメ作品としては出来は3流、4流。
中身がスカスカすぎて、すぐに忘れてしまいそうです。


でも最終話の最後の最後、モビルフォースのガルダンが出てきたのには噴きました^^
声優に古谷徹氏が出演されてるので、それ系のパロディで時々ツボにくるから油断のならん作品です。


【エロ成分】
パンツ  :☆☆
おっぱい :☆☆
裸    :☆☆☆☆
性行為  :☆
マニアック:☆☆☆☆☆
エロス総評:☆

投稿 : 2020/02/29
♥ : 16

ヒロ(4代目) さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

間違いなく 名作ではない。迷作である。

どのような アニメかというと・・・。

基本は ウルトラマンの パロっぽく3分間しか戦えない。

3人の変身できる女の子がいるのですが。
赤い子・ 白い子・ 青い子
その3人が 変身して 宇宙怪獣(笑)と戦う。

変身した女の子の 強さの源が  羞恥心(MOE)。

M みちゃいやん
O おとめ
E えなじー

なので 時間が立つ毎に 変身した女の子の
衣服が 溶けていく。(謎仕様・・・。)

赤い子 と 白い子は恥ずかしがるけど 青の子は
服が熔けても堂々としてる。生粋の・・・。

赤い子は 巨乳 。白い子は貧乳(一応微乳位はある) 。
青い子はロリなので胸は無くても仕方ない。

とりあえず そんな女の子が巨大化して
3分間で怪獣倒すアニメ。

オススメは 出来ないが バカバカしい話とかちょいエロな
感じの作品お探しの方は 試されるのもいいでしょう。

    内容の保障は しません。(全力で)

あと、DVDマルチアングル仕様(言いたい事は解るよね。)
 

投稿 : 2020/02/29
♥ : 5

マジ天使 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2

アホだなこのアニメ・・・ これ見ている俺もだけどさ・・・

設定がウルトラマンに酷似しています。
UFOマンというキャラがいるのですが担当しているのが古谷徹(ガンダム/アムロ)さんでパロディが面白かったです。
時間経過につれ露出が多くなります。
OPはyozuca*さんで「WHITE HEAT」で個人的に好きな曲です
少女があられもない姿に「にやっ…」としたら最後まで見るべきですね。

■総評
大きなお友達向けアニメの典型的パターン。 1話15分でさくっと見れちゃうアニメです。
アルティメットガール貧乳がかわいいです。
「エロ・バカ・パロ」を兼ね備えた迷作ですね。
好きな人にはたまらない作品。人をとても選ぶ作品だと思いました。
是非OVAがでることがあれば「帰ってきたアルティメットガール」でお願いします。

投稿 : 2020/02/29
♥ : 2

計測不能 9 3分間アニメランキング9位
8mm劇画「ねじ式」(OVA)

1976年1月1日
★★★☆☆ 2.6 (4)
20人が棚に入れました
『ねじ式』(ねじしき)は、つげ義春により1968年月刊『ガロ』6月増刊号「つげ義春特集」に発表された漫画作品。短編の多いつげ義春の作品の中でも特に有名で、彼を代表する作品として作品集の表題作ともなっている。日本漫画だけにとどまらず、多くの分野に多大な影響を与えた。

おふとん さんの感想・評価

★☆☆☆☆ 1.0

Welcome to this crazy World. このイカレた世界へようこそ。

たまたま海辺に泳ぎに来て、メメクラゲに左腕を噛まれ静脈を切断されてしまった「僕」。
医者を探し求め漁村を彷徨い歩き、政治家風の男、狐面の少年、飴売りの老婆など
奇怪な人物達との遭遇を経て「僕」が辿りついた先とは・・・。 


つげ義春の前衛劇画を原作とする約13分間の自主制作短編アニメ。
氏が実際に見た夢をモチーフに、イマジネーションを加味して作られた世にも奇妙な物語。

なにこれヘン怖い気持ち悪い頭おかしいんじゃないの?というのが率直な感想。印象は強烈。

「医者を探す=死にたくない=恐怖」という行動原理こそ一貫しているが言動がおかしい主人公と、
意思の疎通がなされているのか非常に怪しい(見た目も怪しい)登場人物たちとの奇妙な会話劇。
なんの脈絡もなく辻褄も合わない、常人には理解できない摩訶不思議なストーリー展開に目眩すら覚える。

原作の絵を切った貼ったした紙を、実写を織り交ぜて8mmフィルムで撮影した小汚い映像や、
棒読みどころか時々台詞噛んでる明らかな素人声優陣など、アニメーションとして全く評価に値しない
ものの、昭和アングラな胡散臭さ(失礼!)を表現するには逆にこの方がいいかも知れない。
浅野忠信主演の実写映画版(98年)より、本作の方がよほど「ねじ式」に漂う妖しい空気を再現できてる。

あくまで暗くおどろおどろしい「厭世的」と言って良い世界観、人間のようでいて人間味を感じない
化け物じみた人物造形は本当に独特、というか異端。どう異端なのか、言葉で説明するのは難しいけど、
あえて言うなら学生の頃読んだ安部公房の後期小説群に近い。「カンガルーノート」とか「密会」とか。
シュールレアリズムの不条理な世界であり、「意味不明」ではあっても「難解」ではなく、引き込まれるように
サクサク読める(観れる)ところも似てる。ただし安部作品には、社会的動物としての自己の存在の不安定さ・
アイデンティティーの喪失や、現代社会に対する問題提起といった小難しいテーマが根底に流れているの
だけれど、本作にはそれがない。斬新に表現し描くことが、手段ではなく目的そのものといったところ。

どうとでも取れるような抽象的な表現で視聴者を煙に巻いて、さも深いテーマや哲学が隠されているようにみせる
アニメって時々あるけど(考察サイトとか解説本とかあるレベルになると個人的にNG)、これにはそういう高尚を
気取る嫌らしさはない。ただ一言「全・然・わ・か・ん・ね・え・よ・バ・カ」で済む。メッセージ性なし。oh簡単簡単。

とは言っても理解不能なものを見ると理解の範疇に置きたがるのが人情。かつて多くの論評・分析がなされた
そうだがWikiによれば作者に言わせるとどれも全然違うそうな。変に深読みするよりも、「夢はやはり夢として、
下手な解釈は加えず、ありのままに受け取るべきなのだろう」(新潮文庫・安部公房「笑う月」P.20より引用)
という同類の人の言葉が、正解とは言えなくても真相に近いんじゃないかな?素人考えですんません。

gdgdになってきたところで纏め。どだい自分にねじ式のレビューは無理だったんだよ・・・


面白いとか面白くないとか、そういう価値基準の埒外。「混沌としたまま、ただそこにある」作品だと思う。
ものすごく不謹慎な例えで言うなら、キ印の見る夢をうっかり覗いてしまった感覚。
理解不能であるが故、観た者の心の底に、ぼんやりとした不安と恐怖を伴った澱のような何かが残る。

漫画(劇画)界で初めてシュールレアリズムという魔境に足を踏み入れた往年の問題作と、意図してか期せず
してか見事(?)にねじ式の世界を再現してしまった・・・アニメにしてはいけないものをアニメにしてしまった
自主制作スタッフの功罪に敬意を込めて、けっして悪い意味ではなく評価はオール1という事にさせて貰います。

投稿 : 2020/02/29
♥ : 8

ポール星人/小っさ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8

ポキン、ほれ金太郎。 は今の若い方でも聞いたことあるのでは?

これ何処かで見れるんでしょうか?
アニメにした意義は無いと思いますが見てみたい。

私は高校生の頃の古い漫画のハードカバー化盛んだった頃に買って読んだんですがハマりまして。これが芸術だと錯覚しましたw
今でも本棚からひっぱり出して読みますが、これとかゲンセンカンのイカれた路線よりほんやら洞のべんさんとかそっちの方が好きです。

と以上を書いて某所で検索したらあっさりと出て来るしw
アニメというか原作加工して強引に動かした感じですね。
作った人らはアニメにしてこの奇妙な話をいろんな人にアピールしたかったのでしょうか。

なんかこんなものまである位なら、誰か蔵六の奇病アニメ化しないかなw

投稿 : 2020/02/29
♥ : 2
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ