クロムクロ(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「クロムクロ」

よみがな:くろむくろ

放送時期:2016年春アニメ(2016年4月~2016年9月)

★★★★☆ 3.6
物語:3.5 作画:3.8 声優:3.6 音楽:3.5 キャラ:3.6
総合得点 66.3
感想・評価 544
棚に入れた人 2558
ランキング 1266
ダム建設時に偶然発見された謎の遺物、アーティファクトの研究を行うために設立された国際連合黒部研究所。
世界各国の頭脳が集う研究所員の子女が通う立山国際高校には、研究所の娘、白羽由希奈も通っていた。

時は2016年、夏。
ひとりのサムライが、ふたたび目を覚ます。(TVアニメ動画『クロムクロ』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 544

ネタバレ
2017.09.13 10:27 ダレイオスの評価 | 観終わった| 40が閲覧 ★★★☆☆ 3.8 評価対象: クロムクロ(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 4.5  声優 : 3.5  音楽 : 4.5  キャラ : 3.0

特になし

まず日常シーンから始まりますね。
ロボットアニメてらしい情報は知っていたけど
それ以外は知らずに見始めたので意外な開始でした。
日常シーンが淡々と描かれて
進路について考えている女子高生のヒロインについてやってたかな
まあそのせいで進路について考えるアニメなのかなと思いました。
そしてテンポはゆったりとしていますね。
ゆったりと見せることにより視聴者の印象に残りやすい作りになっていると思いました。
1話からロボットアニメだから戦闘シーンがあるのだけど
戦闘シーンもじっくりと見せることにより印象に残りやすい作りにしていたかなと思う。

正直どういうストーリーかはわからないのだけど
1話後半からはロボットによる戦闘シーンが多く描かれる開始だったかな
戦闘シーンはズシン、ズシンとしっかりとロボットが動くことにより
重さを描写していたのが印象的かな
重圧感のある動きはロボットアニメとして見応えはあったと思う。
武器は飛び道具だけでなく刀による戦いもありで
物理攻撃による破壊シーンは非常に重さがあり重厚さのある戦闘シーンになってました。
それに重厚なロボットの動きが加わりロボットアニメとしての面白さに繋がっていたと思う。
しかも動きがヌルヌルしていて機械的でなく動物的な感じがアリ
見ていて心地よくて爽快感もあって非常にレベルの高い戦闘描写だったです。
あと劇中曲もとても良くて戦闘シーンを上手く演出していました。
場面場面を盛り上げる劇中曲は中々だった。

ストーリーは3話でようやく色々わかってくる作りだったかな
主人公である剣之介が450年前からある方法で現代にやってきたもので
過去の人と現代人の交流の要素を入れてあるロボットアニメだなと思いました。
剣之介は鬼と戦うことを目標にしているのはわかるけど
それ以外のことはまったくわからずに進んでいたかな
剣之介は昔の人なのにロボットの操縦が出来ることから
昔の人だけどその世界観は普通の昔とは違うんだろうなも予想がつきました。

ストーリーは中々進まないなと思いました。
序盤の戦闘が過ぎると日常シーンを長々とやっていて日常シ-ンが中心の内容に見えました。
剣之介が過去の人だから、現代に馴染みまでの道のりを
日常コメディにしているので、それが楽しめるのであれば
楽しめるんじゃないかなと思います。
ただ、日常シーンの連続なので飛びぬけて面白いとかはないですね。
ギャグを入れて退屈な作りにならないように工夫をしているなとは思ったけど
普通かなと思える作りの連続でした。
あくまで日常シーンの評価として見れば工夫はあるので楽しめるのではないかと思う。

メインで扱う題材もやって来る敵を倒す目的があるのはわかるのですが
それだけでなくて、主人公である剣之介とヒロインである由希奈の関係の進展を
丁寧にやっていたかな、最初から上手くいく関係でなくて
チョットしたトラブルや障害を乗り越えて
仲良くなる感じが出ていたと思う。
この2人の関係も主人公とヒロインという関係ではあるものの一緒にロボットに乗って戦う関係でもあるので
あんまり無い組み合わせなので新鮮味がありました。
個人的な偏見ですが普通同性同士でやることが多いと思うので

ただ、ストーリーは相変わらず中々動かない。大きく動いたなと思える展開があったかに
見えても意外に動かなかったりで日常シーンの描写の連続でした。
1クールたつのに殆ど進まないので、実はストーリー自体は
それ程大したことがない内容でした。
そして日常系ぽい作りだけどキャラについては主人公とヒロイン以外は
サブキャラ的なキャラクター描写がされていて
サブキャラの日常を見せられている感じがしたな
きちんとしたキャラクター描写のあるキャラの日常系なら
もっと楽しめただろうけど、そうではないので日常シーンは楽しいのだけど
思ったよりは・・・でした。
ロボットもののテンプレ展開も多いな大きな動き自体もこの手のロボットアニメとしては普通ですよね。
特に1クール目の終わり方・・・うーん
戦略や攻防は意地悪な意見で申し訳ないけど普通としか言えなかった。

終盤になって伏線やらの謎が判明する構成だったな
謎や伏線についてはじっくり回収していたので楽しめたけど
ようやく本筋が面白くなったの作りでしたので
終盤まで我慢する必要のある内容でした。
敵との戦いはあっさりなのは意外だったな
このあたりが盛り上がる展開なら良かったのだけど肩透かしがありました。
あと今ひとつ、この世界の戦況は掴みづらかったな
戦闘と日常はきちんと分離しているのはいいのだけど
時より入る日常シーンのせいで世界の状況がサッパリわからなかったな
日に日に状況は悪くはなっているのは会話や展開からはわかるのだけど
描写的にはそうではないので・・・その温度差が終始気になった。
これはもう細かいことを気にしないで日常は日常で楽しみ
戦闘シーンは戦闘シーンで楽しむ構成だったのではないかな
そう割り切るしかない作りでした。

作画については戦闘シーン以外も安定していましたね。
料理の描写は丁寧だったし、顔の表情の可愛らしいことが多かったし
細かい部分の作画は丁寧だったです。
それに戦闘シーン良さが加われば高評価出来ると思います。

声優さんについては由希奈役の方は普通だったかな
良い場面はありましたがたまに演技が気になることがありました。
そういう役だったのかもしれないけど総合すると普通でした。
剣之介役の方は声質は合っていたし演技力自体もまずまずだったとは思うのだけど
思ったよりはインパクトが残らず無難でした。
脇を固める脇役の方はしっかりとした演技の方は多かったと思います。
ムエッタ役の方は強気の女性らしさが良く出ていて良かったです。

まとめると作画面、音響面でしっかりしていたしアニメーションとしての作りは出来は良かった。
しかしロボットアニメとしての戦略や攻防(作画以外)に関しては普通でしたね。
日常シーンが楽しめれば高評価になるだろうけど・・・
個人的には日常シーンは楽しめたのだけど
そうでないと苦しいかなと感じた。
レビューの題名はイマイチ思いつかない。「特になし」で
そのくらい内容的には普通よりでした。

 サンキュー(7)
2017.09.12 23:17 記録の評価 | 観終わった| 15が閲覧 ★★★☆☆ 3.6 評価対象: クロムクロ(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 4.0  声優 : 3.5  音楽 : 3.5  キャラ : 3.5

クロム黒ではなく黒骸

サムライロボットアニメ
P.A.WORKSのアニメなので視聴。
次の展開が気になって26話一気見してしまった。

日常と戦闘の話がバランス良く入っている。
ロボットの戦闘に関してはガンダムや他の作品に比べると見劣りしてしまうかもしれないが、そこまでロボットアニメにこだわりのない人なら気にしなくていいレベル。
{netabare}
【うーむな点】
・カメラ少年が少々・・いやかなり鬱陶しい。
終盤に親が登場。なんか納得。
・見終わった直後なのに敵キャラの名前が誰一人として思い出せない。
顔も数日したら忘れるだろう。それくらいに印象がない。

【良かった点】
・まとまってたし、スッキリ終わった。
不足感や疲労感なく見終われるアニメは割と貴重。

最終回。火星という単語が出てきて、
そういえばこの子。1話の進路希望が火星だった。とふと思い出した。
直線関係はないが赤城父親のセリフ『何者かになってみろ』
由希奈はその『何者か』になれたのだと思う。

離れ離れにはなってしまったけど、ある意味良かったのかもしれない。
約束を守りに行く、希望のあるエンディング。
さらに成長できた彼女を見る事ができたのだから。

{/netabare}

剣之介が主人公なのにヒロインの話ばかり書いてしまった。
まあ、でもこの物語で一番成長したのは間違いなくヒロインだと思う。

 サンキュー(2)
2017.09.10 02:01 ようすの評価 | 観終わった| 247が閲覧 ★★★★☆ 4.1 評価対象: クロムクロ(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.5  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

愛は時を超え 夢は遥か彼方へ

「P.A.WORKS 15周年記念アニメーション作品」であり、
P.A.WORKS初のロボットアニメでもあります。

ロボアニメにはあまり詳しくないですが、
そんな初心者の私でも抵抗なく楽しめました^^

日常の描写も多いので、
いろいろな角度から楽しめる作品でした♪

全26話です。


● ストーリー
富山県黒部ダムのそばにある「国際連合黒部研究所」。

そこでは“アーティファクト”と呼ばれる、
60年前に黒部で見つかった未知の物体について研究が行われていた。

白羽由希奈(しらはね ゆきな)は、
母である所長を訪ねて研究所へ来ていた。

その時、未確認物体(ロボ)が宇宙から落ちてきて、
世界各地と黒部の研究所への攻撃を始めた。

混乱の中、由希奈がアーティファクト“キューブ”に手を触れると、
中から男が現れ、敵を撃退。

男の名は青馬剣之助時貞(おうま けんのすけ ときさだ)。

彼は450年前の戦国時代の侍であり、
アーティファクト“ジオフレーム”を動かせる人物であった。

剣之助はジオフレームを「クロムクロ」と呼び、
“鬼”と戦うことが自分の使命だと話した。


宇宙からやってきた謎の敵と戦うことになってしまった世界。

高性能ロボを使う敵の技術力が高すぎて、
対抗できるのが、クロムクロだけ。

序盤はとにかく謎だらけ&わからないことだらけで、
もどかしく感じます。

上記のあらすじを読むのが嫌になった人、
多いのではないですか?笑

しかしそこは我慢…
徐々に謎が明らかになっていきます。

前半はわからないことだらけだし、
なかなか明らかにならないしで面白さを感じられませんでしたが、

最終的には目が離せなくて、
面白かったと思えました♪

すべての謎が明らかになった今、
2周目を観るとまた違った楽しみ方ができそうです。


≪ 宇宙人と戦うロボットアクション ≫

地球が宇宙人によって攻められる。

そんな戦闘シーンはもちろん緊張感があります。

だけど敵の正体とか目的がわからない以上、
いつ攻められるかわからない。

なかなか緊迫した状況だと思うのですが、
のんびりした楽しい描写も多いですw

ずっと緊張しっぱなしは観ている方も疲れちゃうので、
このほどよい緩さは気楽でよかったです。

キャラの魅力も深まっていましたし♪

もちろん、力を入れるところは十分入っています!

いつもは作業しながらアニメを観ていますが、
戦闘シーンが細かくよく動くので、それは無理でした。

がっつりしっかり見ていくと、
その分おもしろさをしっかり感じられるタイプの作品です。


● キャラクター
好きなキャラが多くてですね~、魅力的です♪

かっこいいキャラもいるし、
頭おかしいキャラもいるし、
扱いがかわいそうなキャラもいる。

多いのは、緊張感に欠けている点かな?w
肝が据わっているとも言えるのかもしれない。

そんな中でも
なんだかなんだと一番のお気に入りは剣之助かなあ。


≪ のんびり?現代の高校生活を満喫する剣之助 ≫

剣之助は450年前の人間。
現代の文化や食べ物に過剰な反応を示すのはお約束w

しかし剣之助のすごいところはその適応力。笑

カレーライスが好物になったり、
スマホを使いこなせるようになっていたり、

そういう本編の流れとは関係ない
さりげない描写が大好きでしたw

もちろん、侍魂を持っているところもかっこいい♪
守るべき者のために戦う剣之助、かっこいいです。


≪ 豊かな表情 ≫

笑ったり怒ったり照れたり、

どのキャラも表情が豊かで、
また、その表情が可愛いのです♪

私は剣之助の赤面が一番好きでした(*´Д`)侍萌え


● 音楽
【 OP1「デストピア」/ GLAY 】
【 OP2「超高速デスティニー」/ GLAY 】

OPは2曲ともGLAYです。

アニメの主題歌でGLAYの曲を聴いたのは初めてだったので、
意外に思いました。
(でも別に今回が初めてということではないみたいですね。)

この作品が持つ、現代と過去が入り混じったかっこよさと、
これらの曲は結構いい感じの相性でした♪

私は「デストピア」の方が好きです。
レビュータイトルも歌詞から引用させてもらいました。


【 ED1「リアリ・スティック」/ MICHI 】
【 ED2「永遠ループ」/ 和島あみ 】

OPと比べると印象がやや薄まってしまったように感じました。
抽象的な映像だから?

「永遠ループ」の方は
疾走感もかっこよさもあって結構好きです♪


● まとめ
私はこの作品好きです♪
最終話は意外にも感動してうるうるきました(´;ω;`)

このまま終わっても満足ですが、
この終わり方だと2期や劇場版が来てもおかしくないです。

しかし、26話でここまでの完成度を持ってきた以上、
続編にはさらに期待のハードルが上がりますね。

あれば嬉しい、なくても満足、です。

ロボのデザインなどの魅力はよくわからないけれど、
合体や飛行はロマンなのかなと思いました。

かっこよかったです(`・ω・´)

 サンキュー(29)
2017.08.31 18:58 にゃん^^の評価 | 観終わった| 1045が閲覧 ★★★★☆ 4.5 評価対象: クロムクロ(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 4.5  声優 : 4.5  音楽 : 4.5  キャラ : 4.5

P.A.WORKS 15周年記念のロボットアニメ 

公式のあらすじ
{netabare}
ダム建設時に偶然発見された謎の遺物、
アーティファクトの研究を行うために設立された国際連合黒部研究所。
世界各国の頭脳が集う研究所員の子女が通う立山国際高校には、
研究所長の娘、白羽由希奈も通っていた。

時は2016年、夏。
ひとりのサムライが、ふたたび目を覚ます。
{/netabare}


P.A.WORKS 15周年記念アニメーション作品で
キャラが「凪のあすから」に似てるみたい

公式のあらすじを先に見たほうが分かりやすそう。。

1話目
{netabare}
アバンでロボット戦争を見せて

前半は
キャラの紹介と敵のロボット(正体は分からない)が攻めてくるところ

後半は
由希奈がたまたまさわった研究中のナゾの「キューブ」から
はだかのサムライ(たぶん)が出てきて
由希奈のこと姫さまって呼んで敵のロボットと刀で戦い始めた。。

敵をやっつけたサムライを研究所の警備隊の人たちが眠らせて捕まえた。。

░▒▓█▓▒░▒▓█▓▒░▒▓█▓▒░▒▓█▓

はじめは日常系っぽかったけど
後半きゅうにバトルが始まってちょっとびっくり。。

でも
研究所で研究してたモノの正体も敵の正体も
ぜんぜん分からないから気になる^^


ロボットバトルだけど何話か見てみるね☆
{/netabare}

2話目
{netabare}
やっぱりP.A.WORKSって絵がきれい!
メカだけじゃなくって町の人とかのモブキャラまで細かくってすごいな☆

おはなしは
はだかのサムライ(剣之介)が由希奈をつれて
相手のロボット(オニ)と戦うおはなしで
由希奈が姫じゃないって分かってもいっしょにつれてくってどうして?

あと関係ないけど剣之介がぼさぼさ頭でポニテ
由希奈が目が大きくって丸顔でショート
なんだか「ディメンションw」のキョーマとミラ思い出しちゃったw


絵はきれいだけどふつうのロボットバトルアニメ。。ってゆうか侍バトル?
「アルドノア・ゼロ」みたくトンチで戦うとかだったらいいんだけど。。
{/netabare}

3話目
{netabare}
3話目の公式のあらすじ
{netabare}
訳が分からぬまま剣之介と共にアーティファクトに乗り込み戦うことになった由希奈。海から出現した大型ジオフレーム「イエロークラブ」を撃破寸前まで追い詰めたが、あと一歩のところで取り逃がしてしまう。悔しがる剣之介だったが、城主のいない富山城や由希奈のセーラー服、スマートフォンなどを前にして、自分の置かれた状況を理解できずにいた……。剣之介は再び捕えられ、由希奈も研究所で身体検査を行うことに。一方、イエロークラブと共に出現した小型ジオフレーム「カクタス」の一部は、山岳地帯へと逃げ込んでいた。
{/netabare}

剣之介が由希奈のうちに来ることになったおはなし。。

誘拐犯のはずなのに何度も逃げられるとか
お坊さんの家につれて帰れるって不思議?

いい人だって思われてるんだったら
捕まえたままにしておくっておかしいし。。
ふつうお願いして協力してもらうよね?

アニメだからいいんだけどw


絵はきれいでおはなしもふつうよりおもしろいほうかな
なんとなく「ディメンションw」みたいなんだけど。。

ただのロボットバトルだったら見なくってもよさそう☆
{/netabare}

4話目
{netabare}
4話目の公式のあらすじ
{netabare}
自分が長い間眠っていたと分かり、侍ふべき主もいない今、生きる意味を見失ってしまった剣之介。だが由希奈の叔父である薬師和尚に誘われ、由希奈や小春が暮らす和尚の家に身を寄せることになった。電化製品や食事、洋服など見るもの触るもの食べるものすべてが珍しく、いちいちオーバーリアクションで驚く剣之介に困惑する由希奈。そんな様子を微笑ましく見守る薬師和尚は、剣之介が使う日用品の購入と現代に早く慣れるためにと、由希奈とショッピングモールへ買い物に行くことを提案する。
{/netabare}

今日はバトルとかなくって
現代に来た剣之介の日常回がおもしろかったw

でも
カレーってたしかに見た目がアレだけど
そう言ったらみそ煮とかも食べれないよねw
あんなかわいいタオルをふんどし代わりにするとかありえないw
剣之介って
ロボットがある時代から来たのにいろいろびっくりしすぎじゃない?


おはなしで気になったところは
敵のロボットは何か探してるみたい?ってゆうのと

物理学の教授だった由希奈のお父さんが
「鬼がまた来る」って言って消えちゃったこと。。

きっと何か秘密があるんだよね?
{/netabare}

5話目
{netabare}
5話目の公式のあらすじ
{netabare}
剣之介と由希奈の神経系には、剣之介が「クロムクロ」と呼ぶアーティファクトと接続するための分子回路がインプラント形成されていた。現代の科学技術で取り除くことは難しく、唯一クロムクロを動かせる剣之介と由希奈は、国連の指揮下に入ることになる。国連所属の軍属となったものの、同じ部隊にはクラスメイトのソフィー・ノエルが所属しており、今まで通りに学校へ行くことも許されていた。ようやく平穏な日々が戻ってきたかに思えた由希奈だったが、久しぶりの学校で待ち受けていたのは転校生、剣之介の姿だった。
{/netabare}

いろんな新キャラがふえたね^^

剣之介と由希奈が国連で軍人になって剣之介がケンって呼ばれることになって
同じ部隊には
トム、リュウ、クラスメイトのソフィーそれと執事(?)のセバスチャンw

クラスメートに
前から出てる親友の美夏(ミカ)、
男子の3人組赤城、茅原、高須賀クン。。赤城クンは由希奈のこと好きみたい
あと保健の宇波先生


敵のロボットが襲ってきたのが後半でロボバトルはなかったから
変わった転校生が来た学園アニメみたいで面白かった♪


緊急事態でソフィー、ケン、由希奈3人が授業中呼び出されて
来週は敵ロボ3体とバトルがはじまるみたい。。

ソフィーは戦うのが好きで軍人になったのかな?

何にも考えてないのにアーティファクトに乗れる
由希奈たちがうらやましそう^^
{/netabare}

6話目
{netabare}
6話目の公式のあらすじ
{netabare}
衛星軌道上から大型ジオフレーム三体が降下を始めたことを確認した黒部研究所のグラハム少佐は、パイロットたちに緊急出動を発令。剣之介、由希奈、ソフィーの三人も学校から現場へ急行することに。いち早く現場である富山きときと空港に到着した剣之介と由希奈は、ジオフレームと戦闘を開始。その足元で市民たちが自衛隊の誘導に従い避難を始める中、スマートフォンを片手に人の波に逆らうよう進む由希奈のクラスメイト、赤城涼斗と茅原純大の姿があった。
{/netabare}

今日は初めから終わりまでバトルってゆう感じで
いつも見たくとちゅうで何回か寝落ちしちゃったw


それでも何回か戻って見直したから
作画がきれいなのはよく分かった☆
空港でのバトルとかとっても細かくって


刀がなくなったところから
相手のおなかに刀を刺すして勝ったけど
よく分からなかったけどあれって相手の刀を取ったのかな?

カチャってゆう音がして刀を握ったみたいだったけど
何回見直してもはっきり分からなくって

よく動いてたのは分かったけど動きが速すぎて
バトルって何だかわからないうちに終わっちゃうんだもん
いつの間にか眠っちゃう(ごめんなさい。。


さいごは相手の人(宇宙人?)が自爆。。

クラスメートの男子たち大丈夫だったかな?
リアルで爆風で飛ばされちゃったら大ケガしてそう。。
死んでないといいけど☆
{/netabare}

7話目
{netabare}
7話目の公式のあらすじ
{netabare}
大型ジオフレーム「イエロークラブ」から現れた人型のパイロットは、ヒドゥと名乗り自爆して命を絶った。咄嗟の機転でクロムクロへの被害は最小限に抑えられたが、その様子はネット上でリアルタイム配信されており、瞬く間に世界各国へと拡散され大きな波紋を呼んでいた。パイロットがヒューマノイドであったことにショックを受けた由希奈は、これ以上戦うことを拒否。意気消沈したまま登校する由希奈は、カルロスから赤城と茅原が先日の戦いを見に行ったまま戻らないことを聞かされる。
{/netabare}

今週は由希奈のトラウマ回かな?
今期は「迷家」とか「キズナイーバー」とかこうゆうの多すぎみたい。。


由希奈が殺したくないってゆう気もちはにゃんはよく分かるな
誰かを殺さないと殺されるんだったら
死ぬのはコワいけど何もしなくってもいいんだから楽だと思う
殺すのは自分が何かしなくっちゃダメだからできない。。


それから家でお母さんと。。

イジメられてきた時のトラウマが爆発しちゃったみたい。。
それも分かるな。。

せっかく生まれて来たから幸せになりたいって思うよね

でも、毎日苦しいことばっかりだったら死にたいとか思うけど
死ぬのだってそんなにかんたんにできないよ。。

苦しくってもガマンしてガンバって生きてきたのかも。。
そんな思いをお母さんは受け止めてくれなくって由希奈をぶった!
本当はお父さんが悪いなんて思ってなくっても
今までガマンしてた思いくらい聞いてくれたっていいのに☆
{/netabare}

8話目
{netabare}
8話目の公式のあらすじ
{netabare}
突如送られてきた侵略者からのメッセージ。彼らは「エフィドルグ」と名乗り、クロムクロの返還を要求してきた。国連本部ではどう対応するかで意見が割れたものの、現状維持を選択。黒部研究所も今まで通りクロムクロの運用を任されることになった。そんな状況下で由希奈は周囲から期待を寄せられるが、戦いたくないことを理由に家を出てしまう。由希奈を探そうとする剣之介だったが、改めて自分は彼女のことを何も知らないことに気付く。
{/netabare}

由希奈はお父さんに「何であんなこと言っちゃったんだろう」って思ってて
お母さんにはあんなこと言っちゃったけど悪いことしたって思ってるみたい


今日のおはなしでちょっとびっくりしちゃったのは
赤城クンと茅原クンがふつうに帰ってきたことw
おばかな2人だけど死ななくってよかった☆


由希奈はお父さんのノートに書いてあった黒鷲谷に行ってるときに
かくれてたエフィドルグのロボットにおそわれたけど
もう1体のロボットに助けられた。。
もしかしてお父さんなの?

*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚゚

相手のロボットがあほの子でわらっちゃったw


エフィドルグも攻めてきそうだし
お父さんも出てきそう

これからどうなるのかな?
{/netabare}

9話目
{netabare}
9話目の公式のあらすじ
{netabare}
鬼について研究をしていた父・岳人の手記に書かれていた「鷲羽の城があった山の中腹」という言葉を手がかりに、黒鷲谷に向かった由希奈は、山中で「カクタス」と遭遇。驚きのあまり足を滑らせ転んで気絶してしまう。状況を知らない剣之介、そして赤城と茅原は由希奈の行方を追うのだが……。
{/netabare}

由希奈は山で誰かに助けてもらったけど
やっぱりお父さんじゃないのかな?


由希奈はけっきょくクロムクロに乗ることにしたけど
ただ誰かに気もち分かってもらいたかっただけなのかな。。

あとはちょっとラブコメ。。

赤城クンが由希奈のこと好きで
剣之介クンがライバルみたくなってたね^^
{/netabare}

10話目
{netabare}
10話目の公式のあらすじ
{netabare}
大型ジオフレーム「ロングアーム」のパイロット・フスナーニは黒部研究所へと連行され、精密検査が行われることとなった。国連地球外生命体研究局員の尋問にも大人しく応じ、450年前に訪れたとき築いた“枢”がある事故で破損したこと、そしてその“枢”の破片“枢石”を探索していると告げる。
{/netabare}

今日のおはなしは

フスナーニが
剣之介のこと自分たちの裏切り者じゃないかって言い出して
剣之介がうたがわれるの。。

剣之介クンは
どこで会ったか分からないけどフスナーニに見覚えがあるみたいだし

クロムクロに初めて乗った時
気がついたら敵につかまってたはずのお姫様が助けてくれて
お姫様は操縦するために血をたらすとかって知ってるとかって
いろいろあやしいよね。。


お姫様が催眠術を知ってて
敵にかけて自分の仲間にしたとかだったら分かるけど
気になるなぁ。。


あと
はじめの方で宇波先生が剣之介クンのひとり言を立ち聞きしながら
1人でカン違いツッコミ入れてるところが
アンジャッシュのコントっぽくって面白かったw
{/netabare}

11話目
{netabare}
11話目の公式のあらすじ
{netabare}

{/netabare}
フスナーニが由希奈を人質にしてクロムクロを動かそうって。。

かんたんに人が殺されてくところは見ててイヤだった。。

由希奈はコワがってたけどこれが普通の女子じゃないかな?
ほかのロボットものとかに出てくる子たちって
当たり前みたく戦いすぎだよね。。


剣之介が助けに来てくれてフスナーニとバトル。。

今まで強がってたけど
剣之介は生身の人を殺したのははじめてだったみたい
ふるえてた。。

由希奈がうしろから抱きついたところは
ラブコメがはじまりかけてたね^^


さいごは
この間、お父さんっぽい人に助けられた場所をさがしに2人で山に。。
すっかり何にもなくなってた

おにぎりの具がカレーとか餃子ってわらっちゃったw
{/netabare}

12話目
{netabare}
12話目の公式のあらすじ
{netabare}
明日から夏休みという剣之介たちだったが、彼らには一時の平穏も訪れず……。由希奈と剣之介には夏休みの間、黒部研究所でソフィーたち守備隊メンバーとの地獄のトレーニングが待っていた。湖上デッキでトム教官が檄を飛ばす中、そこにはもう一人、GAUSパイロットを目指す彼の姿もあった。
{/netabare}

今週は夏休みの地獄のトレーニング回^^

地獄だったけど由希奈は剣之介にいろいろ助けられて
ラブコメ回になってもおかしくなかったかも?

剣之介は由希奈に首輪を外してもらいながらテレてたねw


赤城クンも参加したけどすぐリタイア
やる気はあるみたいなんだけど。。


それからエフィドルグのボスが攻めてくるのかな?
今のところバトルはそんなにないからいいけど
ラブコメもっと増やしてほしいな☆
{/netabare}

13話目
{netabare}
13話目の公式のあらすじ
{netabare}
夏休みが明け、由希奈たちの教室では文化祭の企画会議が進められていた。ありきたりの企画が並ぶ中、茅原の「教えて! エフィドルグ」という討論会企画に注目が集まる。文化祭準備は滞りなく進み、いよいよ文化祭の当日。世間の注目を集める中、公開討論会が始まったのだが……。
{/netabare}

文化祭で由希奈と剣之助が2人で。。
2人は気がついてないみたいだけど仲いいよね^^


今日のメインは
エフィドルグのミラーサが討論会に押しかけて
剣之介を刺したところかな?
どうなっちゃうんだろう?


その前に
世の中には同じ顔の人が3人いるってゆう話してたけど
由希奈とお姫さまそれから今日のミラーサのことだったのかも。。


今回のおはなしを見てにゃんは
エフィドルグって異次元か違う時間線から来たのかな?って。。

フスナーニは剣之介がエフィドルグの裏切り者って思ってたし
剣之介はフスナーニのこと鷲羽家の斎藤何とかってゆう人じゃないかって
こんどは姫さまのそっくりさんまで出てきたから
やっぱりそうかも?って


それから
どこかから発見されたとがった金属っぽいのって
もしかしてエフィドルグがさがしてたものなのかな?


あと、おはなしには関係ないけど
美夏のコスって「凪あす」の冬服っぽかったね^^
{/netabare}

14話目
{netabare}
14話目の公式のあらすじ
{netabare}
剣之介に再度刀を振り上げるムエッタを、突如現れた謎の男の刃が止める。二人が交戦するなかソフィーたちは剣之介を外へ連れ出し、ヘリで黒部研究所へと運ぶも、それを追うためにエフィドルグの母艦から大型ジオフレームが投下される。
{/netabare}

謎の男は鬼みたいだったけど誰なんだろう?

剣之介はムエッタのこと雪姫があやつられて戦ってるから
助けるんだって血を吐きながらたたかってたけどすごい治るのが早いみたい

もしかしてグロングルみたいにナノマシンとか体に入ってて
自然に治るようになってるのかな?


あとでエフィドルグの母艦からミラーサが下りてきたけど
いっしょに戦う気なんかぜんぜんなくって仲間割れみたい。。

こっちが3対1で戦いだしたら負けそうになってムエッタにつれてかれて
母艦に引き上げちゃった。。


剣之助が倒れたとき
由希奈があとになって泣き出したところはにゃんもなみだが出てきた
はじめはびっくりしてて分からなかったけど
あとで死ぬかもって思ったらこわくって。。


どんどん謎が出てきておもしろくなってきたけど
超兵器とか持ってるのに仲間割れとかバカなことしてる相手って何だかヘンw
{/netabare}

15話目
{netabare}
15話目の公式のあらすじ
{netabare}
立山町内では先の戦いにより、町から離れる人々が急増。それは研究所職員も例外ではなく、職員の子どもたちが通う立山国際高校でも転校する生徒が多くなっていた。親友たちが去ってしまうことに沈む教室内。その中に転校のことを言い出せないカルロスの姿があった。
{/netabare}

なんだかリアルっぽいおはなしになってきたみたい。。
だんだん人がいなくなったりするのってさびしいよね


剣之介はもう治っちゃった。。
何か秘密があるのかな?

夢の中に出てきたお姫さまと鬼の会話
あんまりはっきりしてないイシキで聞いた
「この者をムクロに?」って。。
姫さまにも秘密がありそう。。
もしかしてエフィドルグと戦ってるほかの宇宙人だったりするのかな?

いろんな秘密がわかってくるこれからが面白そう☆

エフィドルグのミラーサとムエッタがまた来るみたい
2人は姉妹だったんだね。。
仲直りしたみたいだけど今度は何をするのかな?
{/netabare}

16話目
{netabare}
16話目の公式のあらすじ
{netabare}
黒部研究所では、一人乗り用GAUSのテストのためシェンミイとセバスチャンが運用シミュレーションを行っていた。どちらも優秀な成績をあげる一方で、交代したソフィーは精彩を欠く結果となる。いつもとは雰囲気の違うソフィーを不思議に思う剣之介だったが、彼女が両親から帰国を迫られていることを知る。
{/netabare}

あらすじのおはなしと
美夏、由希奈、あといつもの男子3人がコスプレ撮影に行くおはなし
それからミラーサとムエッタが研究所の地下でクルル石を発見するおはなし

剣之介はムエッタを雪姫だって信じてかばって
ムエッタはそんな剣之介を見てちょっと気持ちが動いたみたいだった。。


クルル石の発見を1人占めしようってミラーサは
ムエッタのこと刺して殺そうってしたけど
ムエッタはダムに飛び込んで逃げた。。


おはなしはバトルもほとんどなくってあんまり進まなかった。。
はじめは地球を守ってロボットバトルかな?って思ってたけど
何がしたいのかな?よく分からなくなってきたみたい


死にかけて何とか逃げたムエッタのことを剣之助が助けて
ムエッタと由希奈と剣之介の三角ラブみたいなおはなしになるのかな?

エフィドルグと鷲羽家のメンバーが
そっくりだったりするのも何か秘密がありそう。。
つづきが気になるネ☆
{/netabare}

17話目
{netabare}
17話目の公式のあらすじ
{netabare}
潜入したミラーサとムエッタの所在を突き止めるため、グラハムは黒部川下流域の全面的な捜索を指示する。ムエッタのことを雪姫と疑わない剣之介は由希奈と共にクロムクロで捜索に出るが、時を同じくしてエフィドルグの母艦から一体のジオフレームが投下。予想落下地点の近くにはGAUSの部品を輸送中の米空軍輸送機があった。
{/netabare}

ムエッタたちとクルル石を回収しにかな?
空飛ぶジオフレーム・ブルーバードが研究所をおそってきて
クロムクロは空に連れて行かれて飛べないのに空中バトル!
ってゆうか一方的にやられてるだけで。。


そこに別の飛べるジオフレームが来てクロムクロの羽になってくれて
相手は逃げて助かった。。


さいごに助けてくれたジオフレームは
鬼が鷲羽家を滅ぼした敵だってゆう剣之介に
その考えは間ちがいかも?みたいなこと言って去ってったけど
あの声って鬼の声だったんじゃ?


ほんとうはどうなってるのかな?
ちゃんと教えてくれたらいいのに☆
{/netabare}

18話目
{netabare}
18話目の公式のあらすじ
{netabare}
剣之介と由希奈に、洋海から三ヶ月分の給料が手渡される。最初は研究所に仕えたわけではないと拒否していた剣之介だが、背に腹は変えられぬと受け取ることに。思わぬ収入を喜ぶ由希奈は、小春と和尚、剣之介と温泉旅行に行くことにする。さらに美夏も誘おうと学校で声をかけると、なぜか話が大きくなり転校するクラスメイトたちまで巻き込んでしまい…。
{/netabare}

今日はさいごの方までは日常回で
由希奈と剣之介がお給料もらってみんなで温泉に!
だったんだけどコメディ。。ってゆうかギャグになってたw


高須賀クンは転校することになったんだけど
誰も気がついてくれなくって何だかさいごまでかわいそうだったね。。



さいごに温泉で由希奈がムエッタと出会って
弱ってるムエッタを国連軍がつかまえたって思ったら
由希奈はエフィドルグにさらわれちゃった!

たぶんムエッタとカン違いされたんだって思う。。
えっ!?えっ!?ってゆう感じでさいごバタバタって終わっちゃったけど
どうなるのかな?
{/netabare}

19話目
{netabare}
19話目の公式のあらすじ
{netabare}
黒部研究所へと連れて行かれたムエッタは、研究によりDNA型が由希奈と完全に一致することが判明。一同は由希奈がムエッタと間違えられて連れ去られたことを確信する。洋海は由希奈を奪還するため奔走するのだが……。
{/netabare}

今、いちばんつづきが気になるアニメ☆


さらわれた由希奈をどうやって助けるのかなって思ったら
クロムクロしかないけど由希奈がいないから動かせないし。。


それで剣之介は姫様だと思ってるムエッタをかってに連れ出そう。。
って思ったら所長をしてるお母さんがいちばん助けたいって思ってて
いろいろ用意してくれてた☆


ムエッタはクロムクロを動かせることにびっくりして
その上クロムクロのモニターに映った雪姫様を見て自分だって信じたみたい

隊長のレフィルが何か知ってるって思って確かめたいと思い出したみたい


それからソフィーが鬼から連絡があって2人だけで話しをはじめた。。

鬼はエフィドルグの敵でこれから正体を教えてくれるみたい


いろいろどうなってるか気になるから来週が楽しみ☆
{/netabare}

20話目
{netabare}
20話目の公式のあらすじ
{netabare}
由希奈はミラーサの追撃をかわしながらエフィドルグの母艦内を逃げ回っていた。そんな由希奈を奪還すべく、剣之介はムエッタと共にクロムクロに乗り込み母艦への侵入を目指す。またその頃ソフィーの元に現れたゼルは、エフィドルグの目的について語り始める。
{/netabare}

鬼はエフィドルグに滅ぼされた宇宙人の生き残りで
人間に協力したいって思ってるみたい

あと、由希奈は母艦の中で
雪姫によく似た顔が半分だけ機械の上に乗ってるのを見たけど
あれってクローンを作ってたのかも?


帰ってきたムエッタは隊長に
雪姫と自分のことで過去の記録を見せてほしいって言ったけど
反乱を起こそうってしてると思われて(かくれてた剣之介もあばれだしたし)
自分はほかのジオフレームで、剣と由紀奈はクロムクロで逃げ出したの

とちゅうエフィドルグに地球の外に飛ばされそうになったけど
鬼に助けてもらった。。

でもエフィドルグは母艦ごと追いかけてくるみたい!

☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺   

いろんなことがだんだん分かってきたみたい

あと、5~6話で終わると思うけどなんだか楽しみ♪


あっ!由紀奈が剣之介に泣きながら抱き着いてたけど
ムエッタも仲間になりそうで
2人のラブストーリーのほうも気になるよね☆
{/netabare}

21話目
{netabare}
21話目の公式のあらすじ
{netabare}
地球に戻った由希奈と剣之介、ムエッタ。喜びもつかのまにエフィドルグの母艦が地球に向けゆっくりと降下を始め、研究所はさらに逼迫した事態に陥る。
{/netabare}

由紀奈と剣之介とムエッタが地上に降りたとき鬼(ゼル)もあらわれて
ムエッタがエフィドルグににせものの記憶を入れられた雪姫のクローンだって
それと自分の星も滅ばされたことも話したの


そのあと母艦から降りてきたたくさんのジオフレームと
UN軍が一生けんめい戦ったけどだんだん負けてきて
基地を捨てて全員逃げることになって。。

母艦が着いたら小型ジオフレームまでたくさん出てきて
人間の耳から蟻くらいのジオフレームを入れて
そこにいる人たちにマインドコントロールはじめたの。。


それから
事故にあったムエッタを助けて逃げおくれたソフィーたちを助けるために
セバスチャンが死んじゃったかも。。

でも、それだけじゃなくって
このままだったら人間は全員エフィドルグにあやつられて終わりかも?
仲間もマインドコントロールされちゃったし
こんな敵に勝てるのかな?
{/netabare}

22話目
{netabare}
22話目の公式のあらすじ
{netabare}
エフィドルグのシールドにより、黒部研究所が封鎖されてしまう。自宅に戻った由希奈たちは、改めてゼルから彼自身のこと、エフィドルグのこと、そして由希奈の父・岳人のことを聞かされる。
{/netabare}

やっぱりセバスチャン死んじゃったんだね。。

それから
由希奈たちはゼルと仲良くなってお父さんのことを聞いたけど
面白いお父さんだったんだね(ゼルもだけどw)。。
もう会えないって悲しい。。


ムエッタは自分の仲間が本物じゃないことを知って
でも、人間も自分の仲間じゃないって思って
いばしょがなくなってこっそり出て行った。。

そのムエッタをさがしてて遭難した由希奈を見つけたムエッタは
近くの小屋で由希奈を介抱して2人はちょっと仲良くなれたみたい^^
由希奈は遠い親戚みたいって言ってたけど
クロムクロが動かせたんだから双子みたいかも^^


そこに剣之介も来てムエッタがクルル石の正体を教えてくれた

クルル石がエフィドルグと地球をつなぐ道を作って
エフィドルグからたくさんの宇宙船が攻めてくるみたい!

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:

ムエッタかわいそう。。

にゃんは地球で生まれたけど小さいころから何だかほかの人と違くて
どこかほかの世界から来たみたい。。って思ってたから
いばしょがないってゆう気もちがとってもよく分かる。。

でも、由希奈とははなれてた家族みたいで
地球人とおんなじDNAなんだから地球人でいいんじゃないかな?

それより早くクルル石をなんとかしないと。。
{/netabare}

23話目
{netabare}
23話目の公式のあらすじ
{netabare}
登校する生徒が大幅に減ってしまった立山国際高校に、剣之介と由希奈がムエッタを連れて現れる。彼女の登場に美夏や赤城らは驚きの色を示すが……。一方カルロスは以前温泉に行った際話題に上がった映画のシナリオが、ついに完成したと皆に伝える。
{/netabare}

クルル石はエフィドルグと地球をつなぐワームホール発生装置で
開くと何千もの艦隊がやってきて人間はロボット奴隷みたくされちゃう

そうなる前に止めなくっちゃ。。なんだけど。。

とりあえず何にもできないみんなは登校して
カルロスくんのゾンビ映画に出たりして遊んでる。。

剣之介とムエッタはこれからの進路を考えたりってふつうの日常みたい


でも、これって
東京大震災がいつ起きるかわからないって言いながら
みんなふつうに毎日学校に行ったり遊んだりしてる
今の日本もあんまり変わりないのかも?
{/netabare}

24話目
{netabare}
24話目の公式のあらすじ
{netabare}
真実を知りたいと願うムエッタは、かつての仲間に刃を向けることを決心する。だがその時、エフィドルグの母艦から発せられた光により「枢」が上昇し始める。決戦が近づくことを知り覚悟を決める一同。
それぞれの戦いが、ついに始まる。
{/netabare}

バトル回

アニメだからきっと勝つって思って見てたけど
バトルの最後に
由希奈がエフィドルグの隊長の乗ってるジオフレームをやっつけたところはよかった☆

セバスもチャンと生きてたしw


ゼルは逃げた隊長を捕まえて洗脳したけど
クルルを止めても224公転周期ののちにもっと大規模な艦隊がくるって。。
調べたら公転周期って1年のことみたい(習ったかも?w)

200年くらいあったら人間はどこかの星に引っ越したりできそうかな?
どうするんだろう。。やっぱり戦う?


いちばん最後になったけど
剣之助が由希奈にプロポーズしちゃったね^^

由希奈は
「そんな消去法みたいなプロポーズあってたまるか!」って言ったけど
じゃあちゃんとしたプロポーズだったらいいのかな?w
まわりがうるさくってどうなったかよく分からなかったけど
フラグじゃないって思うw
{/netabare}

25話目
{netabare}
25話目の公式のあらすじ
{netabare}
エフィドルグに対抗する勢力の存在を知った剣之介やゼルは、驚きを隠せずにいた。
一方立山国際高校では、クラスメイトが由希奈たちの帰りを待ちわびていた。
{/netabare}

最終回かな?って思ったらちがったね^^


エフィドルグに勝ったけど大規模な艦隊が攻めてくる

でも人間は何にもしないみたい。。
攻撃に備えて軍備拡張だって。。
そんなに自分の国とか大事なのかな?
もっとみんなで協力とかしないと224年後の人たちかわいそう。。


ムエッタたちは不老不死に近いみたい。。
そのままにしとけないから自由にさせてもらえないって
いっしょに地球を守るのに戦ってくれたのにひどいよね!?

でも、にゃんは知ってる
これってイジメがなくならないのとおんなじだよね。。

ほかの人のこと分かってあげたいって思わない
それだけじゃなくって自分とちがう人が許せない。。

人間ってずっと自分たちの思い通りの世界を作ろうってがんばってきた
それはいいことかも

だけど
ほかの人たちのことまで自分の思い通りにしようって思うから
きっと戦争とか無くならないんじゃないかな?


エフィドルグに勝ったけど大規模な艦隊が攻めてくる。。

でも、このままじゃその前に人間はほろんじゃうかも?
まず、ムエッタを自由にさせてあげたらいいのに☆彡


グロングルに乗ると人間じゃなくなっちゃうって言ってたけど
剣之介だけじゃなくって由希奈ももう人間じゃないんだよね?

このままだと由希奈だって自由じゃなくなるかも。。
剣之介とムエッタはゼルの星にいっしょに行くみたい
由希奈はプロポーズ断ったみたいだったけどちがったんだね^^

いっしょに連れてってもらえないのかな?
このまま地球にいても幸せになれなさそう。。
{/netabare}

26話目
{netabare}
26話目の公式のあらすじ
{netabare}

{/netabare}

由希奈が剣之介を追いかけて
いっしょにゼルの星に戦いに行こうってするおはなし


前に剣之介がエフィドルグにさらわれた由希奈を助けに行こうってした時も
みんなが協力してくれたけど
今回はとくにクラスメートのみんなが助けてくれた☆


赤城クンは3人の中であんまり目立たない方だったけど
今回は剣之介から由希奈をたのむって言われてたくらい
片思いがバレバレだったね^^

カルロスくんはいっつもみんなから相手にしてもらえなくって
ちょっとかわいそう。。

今回目立ったのは茅原クン
特ダネのためだったらなんでも。。ってゆう変わった男子だったけど
お父さんがあのお医者さんハウゼンさんってゆうのにちょっとびっくり!
お母さんが4人目のだんなさんと。。って家族みんな変わってるよね^^


みんなが協力してくれて
由希奈があとちょっとのところまで行ったけど
そのときの由希奈と剣之介の会話がおかしかったってゆうか
由「私がいないと。。」剣「さすが俺の嫁」由「まだあんたの嫁じゃないし!」
ホントに由希奈ツンデレなんだからw

それを見て笑ったムエッタの笑顔がよかった☆
やっと自由になれたみたい^^

お母さんの「お正月には帰って来なさいよ」もおかしかったw
宇宙にもお正月ってあるのかな?w


けっきょくトムさんにジャマされて由希奈は行けなくって
「わたし追いかけるから!ゼッタイ追いつくから!」
剣「待っておるぞ」って約束。。


そのあとカルロスくんの映画に映った剣之介の笑顔で
ちょっと泣きそうになっちゃった。。


それで終わるのかなって思ったら5年後に
由希奈が約束通り剣之介のあとを追いかけるために宇宙飛行士になってた!

ハウゼンさんからもらったペンダントは
剣之介が生きてるって教えてくれてる。。

由希奈。。ちゃんと剣之介に会えるといいね☆彡

12話でいいから剣之介と由希奈が会って無事に帰ってくる2期
作ってほしいな☆
{/netabare}

 サンキュー(90)
ネタバレ
2017.08.20 11:50 バニラコークの評価 | 観終わった| 44が閲覧 ★★★☆☆ 3.5 評価対象: クロムクロ(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 3.5  声優 : 3.5  音楽 : 3.5  キャラ : 3.5

風呂敷広げすぎた?でも楽しめました。

随所にエウレカっぽさやエヴァっぽさを
感じるものの尊敬している作品に対しての
敬意みたいなものを感じました。
単純に鉄の塊的なロボットでないあたりが
好きだし、やっぱ変形はカッチョいい!
ロストテクノロジーとかアーキテクトとか
個人的にはワクワクして言葉を聞くだけで
なんか楽しい!
ストーリーは風呂敷広げすぎたのかな?
恋愛も戦闘も中途半端に感じて残念。
恋愛はほぼライバル出てこないし
心模様の変化がイマイチ感じられない。
戦闘は魅力的な敵キャラがいないし
なによりユキナがアーティファクトに乗る
必然性が感じられない。
ゆきひめが御先祖って言ってるが
子供つくってないよね??
ゆきひめとけんのすけの関係もわりと薄いし。
戦争に対する恐怖とか人を傷つける嫌悪感とか
世界が終わるかもしれない絶望感とか
もっと表現してほしかったかな。
オープニングがGLAYっていうのもなぁ。
GLAYがダメって訳じゃないけどなんだか
イマイチのめり込めない原因の一つと感じる。
でもなんだかんだで楽しく観れたんですけどね。
キャラの表情は素敵です。

 サンキュー(2)

クロムクロのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
クロムクロのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。