ふらいんぐうぃっち(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「ふらいんぐうぃっち」

よみがな:ふらいんぐうぃっち

放送時期:2016年春アニメ(2016年4月~2016年6月)

このアニメの感想・評価 781

ネタバレ
2017.02.17 21:27 シルメリアの評価 | 観終わった| 42が閲覧 ★★★☆☆ 3.5 評価対象: ふらいんぐうぃっち(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 3.5  声優 : 3.5  音楽 : 3.5  キャラ : 3.5

「弘前市から始める魔女の日常生活」

近年の日常枠の抜群の安定感は
感心するなぁ!
ハズレ無いし、普通に面白かった(≧∇≦)b
1話
魔女あるあるを一般人に
押し付ける感じは、あぁ世捨て人だなぁと
2話
運び屋という見た目、不審者で
顔無しもどき
妖精なのにあの人?と言う真琴のヌケっぷり
3話
台風みたいなお姉ちゃん∑(OωO; )
4話
俺的に「神回」
犬養さん、パないです!
久しぶり、アニメで大爆笑しました(≧∇≦)b
5話
チト散歩
6話
千夏魔女見習いになる
7話
山菜採りからの喫茶店へ
何か魔女ものというより
グルメアニメにシフトしている感(||゜Д゜)ヒィィ
8話
キツネは何て鳴くの?聞いてみたいなぁ!
キツネ「わん♪」どや顔ヾ(・ω・`;)ノぁゎゎ
9話
犬養さん再びそして、野菜パート
10話
調理実習と摘花
もう、魔女要素からっきしだよなぁ…。
11話

12話
ローブの新調
とまぁ
失速もせず、楽しく観れましたぁ
お薦めデェースε=ε=(ノ≧∇≦)ノ

 サンキュー(11)
2017.02.09 23:50 うざっしーの評価 | 観終わった| 379が閲覧 ★★★☆☆ 3.9 評価対象: ふらいんぐうぃっち(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 4.5  声優 : 3.0  音楽 : 4.5  キャラ : 4.0

アコースティックな音楽が心地良い「次世代型日常アニメ」※インタビュー記事について

放送前
このアニメは凄い!だって、「魔女の宅急便」「魔法遣いに大切なこと」は田舎から都会に出て魔法の修行をするのに、この主人公は逆に、都会の横浜から田舎に行って修行するんだぜ?
しかも、「魔法遣いに大切なこと」のユメは岩手県出身だけど、この主人公は青森で修行するという!
凄い!青森県で魔法の修行をするアニメなんて絶対に史上初だよ!画期的!
どんなアニメを作っても既存の作品に似てしまうものだけど、これはきっとどれとも違うのだろう!
あと原作は「よつばと!」に酷似していると指摘されているけど、きっと気のせいだろう!
いやー放送が楽しみですねー!

1話
この世界における魔女の認知度があまりに曖昧すぎるよね。
「魔法遣いに大切なこと」のように魔法遣いが危険視されていて役所でがっちり管理されているほうがリアリティがあって好きだな。
{netabare}でも前半はリアル風景の日常物かと思ったら後半の展開はがっこうぐらしレベルで酷いようなw{/netabare}
作画はいいけど背景でトレスっぽいところがあった。
OPのマルフクパロは笑う。

2話
もうほんとのんびりまったりしすぎだろこのアニメ。
春の運び屋とか、なんか俺好みじゃないな…やっぱり魔法遣いみたいなギスギス鬱展開でSFっぽい方が好きだ。このほんわかぬるぬるなスローライフ加減はARIAとかが好きな人はいいんだろうけど…。
{netabare}ふきのとうは苦い。ふきのとうの天ぷらを作る過程をこれほど克明に描いたアニメは他にないだろう。{/netabare}
いや、よくできたアニメだとは思うよ。ただ俺は苦手。

3話
前半はまーたスローライフか。{netabare}魔法で雑草薙ぎ払えないの?
鳥が居てビビる都会人の構図って花咲くいろはと同じだな。
後半はやっと魔女らしい話になってきたがカラスなんか呼びたくないんですけど。よくうちのベランダに来てうるせえしw{/netabare}

4話
この話はだめだろ。{netabare}ケモナーにしたままろくに説明せず逃亡とか{/netabare}魔女として最悪の行為、魔女裁判で火あぶりにされろや。
魔法を厳しく管理している魔法遣いだったら魔法の濫用で重罪として処分されるわ。
あーあ、ここまでまったりのんびりアニメだったのに不快な展開にして台無しだねえ。

5話。もうほんとのんびりっぷりが極みの域に達している。
{netabare}茜が唐揚げ(追記:青森名物イカメンチなるものらしい)2個食ったのにイラっとした。このキャラがいなければ皆と同じようにのんびりまったりとみられるのだが…むかつく女がいるとダメなんだよね。
引っ越しの荷物まだ全部空けてないのかよwほんとのんびりだよね。普通は家の中の誰かうるさい奴が「早く全部あけて片付けろ!」って言うもんだけど、田舎はそうじゃないってことはないよな。この辺はよくわかってると思う。
男の子たちの動きまでスローだわw
犬はあのままにしちゃヤバいだろ。

今回は誰も魔法使わず!

でも実際、地方のコンビニ行くとレジの動きがトロく感じたり、横断歩道でみんな歩くの遅い…って感じるんだよね。ずっと関東で育ったからそうなんだろうけど。{/netabare}
いやーこのアニメのキャラみたいに生きられたら人生幸せですよね。

6話
{netabare}一転して今回は魔女オンリー回。
茜は嫌いだったが魔女になることは重く考えていたのでそこは良かった。
千夏が魔女になるならない云々の話はやはりまどかファンとしては色々思う所はあったな。お菓子の魔女w

「ショーシャンクの空に」を見てたけど監督が好きなんだろうか。{/netabare}

7話
背景の作画がかなり凄い。あまり背景リアルにするとキャラが浮いてしまうのもあるけど。
まったりした雰囲気に合ったピアノ曲などの音楽はかなりいいのでいずれサントラをレンタルしようと思う(買えよ)。

8話
今回はダメ。日常と非日常の配分比率が悪くリアリティを喪失している。ニコ動のコメも不評だった。井口裕香のダミ声も合ってない。ヨゴレ役のイメージ付きすぎ。
{netabare}トバリさんはカオナシに似すぎ。{/netabare}原作者はよっぽどジブリ好きなんだろうか。
Cパートはオリジナル?ニコ動コメで原作ファンがかなり怒っていた。

「ふらいんぐうぃっち」オリジナル・サウンドトラック試聴動画
https://www.youtube.com/watch?v=4x2NMbzLkJ0
良く流れる曲のタイトル「木幡真琴」まんますぎてわろた。

9話
{netabare}はつか大根って食べたことないかな。{/netabare}

10話
{netabare}料理と農業、魔法要素無し。{/netabare}だがそれがいい。

11話
{netabare}魔法新聞に「違法取り締まりに違法魔法を使用」って記事あったけど魔法遣いに大切なことを思い出した。
箒の横座り見ると放課後のプレアデスを思い出す。
クジラはラピュタっぽいなぁほんとジブリ好きだね。
監督はジブリがTVアニメを作ったらこうなるだろうというつもりで作ってるんだろうか。
ホットケーキの作画は感動した。{/netabare}
杏に井口裕香の声はイメージが合わない気がしてしまうが、さんかれあでもこういうおとなしい子やってるよな。
性格は別としてアニメ声を排したキャストだから浮いてるってのもあるけど。

12話
{netabare}この布の店実際にあるそうだね。{/netabare}
ずっと気になってるんだが千夏ちゃんは思春期になったら周囲へのコンプレックスで荒れそうな気がする。

【総評】
東北のフォトリアリスティックな風景(建物や植物だけでなく猫の挙動なども実にリアル)、料理や農業などの日常生活の丁寧な描写、頭身が高く萌えを押さえつつも可愛さを残したキャラクターデザイン、ウィットに富んだ会話(こんな上品な高校生いねーよ感はあるが)、アコースティックでやわらかな音楽、全ての構成要素が高い水準を誇る良作日常物。監督が自分の名をOPで目立たせたのもその自負によるものだろう。
見る前は印象が悪かったのだが、高評価せざるを得ない完成度を誇り、アマランも伸びている。品質が高評価・売上につながった理想的な日常アニメだと思う。

★特に評価する点はアニメ的な演出を完全排除していること。日常アニメでよくあるずっこけてデフォルメ顔になったりエフェクトが出たりという描写は一切無い。これをもって私は本作を「次世代型日常アニメ」と定義している。

…あ、あと魔女要素か。魔法の描写はおまじない程度に抑えて、世界観を壊さなかったのが秀逸。これは「魔女の宅急便」を模倣した原作からのコンセプトだけど。
ただ4話と8話は魔法要素が突出した回で、ここは浮いていると感じた。

でも私は「魔法遣いに大切なこと」の方が好きだけどね。

2016/8/16
サントラをレンタルした。
目当てはメインテーマの2「木幡真琴」。そして実は大半の曲がこの曲のアレンジ曲だったりする。
メインテーマのアレンジの中では16「修行」が明るい曲でいいかな。
アレンジ以外だと24「見つかる」29「魔女になる!」33「姉魔女」38「日暮れという魔法」が気に入っている。アンビエント系っぽい曲も多い。

ミニドラマもあって、真琴とチトが日記を読んだり手紙を出したりする内容。千夏ちゃんが出てきてほしかったが…。
最後にEDのTVSize「日常の魔法」が入ってるのはお得。OPは無いけど。

サントラをいくつか聴いてきて気づいたが、サントラには2タイプあって、どの曲も2分程度に抑えているのと、5、6分の長い曲が多いのがある。後者の場合アニメで使われてない部分が多くなるが、作曲者はがっかりしているのだろうか。
このアニメは前者で、まどかマギカや結城友奈は後者。まぁそれぞれに一長一短あると思うけど。

2017/2/9
http://otapol.jp/2016/04/post-6469_entry.html
プロデューサーのインタビュー。割と予想通りだったけど、魔法を化学実験程度に抑える、意外にもギャグを重視する等はなるほどなと思った。桜美監督はこんなにいい仕事したのに、次のWIXOSSはなんであんなに酷かったのか…。

 サンキュー(54)
2017.02.07 20:56 赤緑の評価 | 観終わった| 17が閲覧 ★★★☆☆ 3.3 評価対象: ふらいんぐうぃっち(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 4.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.5  キャラ : 3.0

[寸評] 縁側でひなたぼっこしているような気分になる

漫画原作。画像がまんま縁側だが、作中の雰囲気もそんな感じの日常系。
そういう雰囲気を楽しむ作品であり、ストーリーとかはあまり考えなくていい。

主人公の前髪ぱっつん黒髪ストレートで胸が大きいのはDT殺しの仕様ですか。

 サンキュー(2)
2017.02.03 00:41 にゃん^^の評価 | 観終わった| 426が閲覧 ★★★★☆ 4.2 評価対象: ふらいんぐうぃっち(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.5  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.5

「のんのんびより」系「魔女の宅急便」?

あらすじはあにこれのを見てね☆


いなかの日常に天然魔女子高生がお引越ししてきたら。。



1話目
{netabare}
1話目の公式のあらすじ
{netabare}
高校入学に合わせて親元を離れることになった新米魔女、木幡真琴。
彼女は使い魔のチトと一緒に青森にある親戚の倉本家に居候し、又いとこの倉本千夏、倉本圭と生活を送りながら魔女としての修行を積むことに。
引っ越して早々、真琴は、猫であるチトと話している会話を千夏に聞かれ、警戒心を持たれてしまう。
新しく始まった高校生活では、圭の紹介でクラスメイトの石渡なおと知り合いになるのだが…。
{/netabare}

いなかの景色とのんびりした感じがいいなぁ☆


でもそれだけじゃなくって圭クンが千夏に真琴を紹介するとき
千夏が「お兄ちゃんの女?」って聞いてきたり

それに答えて圭クンが
「覚えてないだろう。。さいごに会ったのは3つのときだもんな。。
この人はお前のお母さんだ」って冗談言ったら
千夏が「お母さん!」って抱きついてのりボケしたりっておかしかったw


あと、真琴が天然ボケで
魔女だってゆうことふつうは秘密なのに忘れてたり
仲よくなったふつうの女子に
毒草のマンドレイクをプレゼントしたりってゆうのもw
{/netabare}

2話目
{netabare}
2話目の公式のあらすじ
{netabare}
とある日の放課後。倉本家にちょっと変わったお客が訪れる。そのお客は魔女の間では「春の運び屋」と呼ばれる。
冬を送り、春を運び届けている彼は、青森での仕事を終え、新米魔女である真琴に挨拶に来たという。魔女として春の運び屋を迎え入れる真琴に対して、千夏は…。

そして、また、別の日。春が訪れた青森で圭は、道端にばっけが生えているのを見つける。ばっけを食べたことがないという真琴に対して圭が家に持って帰ることを提案し…。
{/netabare}

「春の運び屋」さんのおはなしは
「夏目友人帳」とかにありそうなほのぼのだった^^

千夏のリアクションがおかしかったw
どう見てもヘンな人だよねー


青森ではフキノトウのことぼっけってゆうんだね^^
にゃんはたぶん食べたことない。。

学校から帰るとちゅうでつんで
家に帰って揚げておやつ代わりに食べるってすごい!

こっちも千夏の顔芸がおかしかった☆
こんな妹ほしいかもw


なおの大吉のおはなしはオチがなくって気になったw
でも
いいことあるかも?って待ってるときって1番楽しいかもね☆
{/netabare}

3話目
{netabare}
3話目の公式のあらすじ
{netabare}
魔女の勉強の一環として、倉本家の畑を借りて野菜作りに挑戦する真琴。しかし、長い間使われていなかった畑には一面に雑草が生えていた。そこで、圭と千夏に手伝ってもらいながら、真琴は畑の土を作ることになる。
畑での栽培も順調に進んでいたある日、倉本家に謎の女性がやってくる。それは世界中を旅している真琴の姉、茜だった。茜は真琴があまり魔術を使っていないことを知り、真琴に練習として簡単な魔術を教えることにしたのだが…。
{/netabare}

魔女の勉強って言ってたけど
真琴って魔術のことより夏野菜の種類のほうがよく知ってそうw

前半のおはなしはキジを追いかけてただけみたいw
キジさんちょっとかわいそうだった^^
 

後半は真琴のお姉さんのおはなし

ほんとに真琴のこと心配してくれてるの分かるんだけど
もっと使える魔法を教えてほしいみたい。。

自分は魔法陣でテレポートできちゃうのにw
テレポートが失敗して間違えてカラスになっちゃったりしたら大変だよね^^
{/netabare}

4話目
{netabare}
4話目の公式のあらすじ
{netabare}
とある春の平日。学校から帰った真琴は、千夏、圭と一緒に公園で行われているさくらまつりに遊びにきていた。真琴は、そこで真っ黒なローブに身を隠した一人の占い師・犬養と出会う。魔女の勉強になるからと言って占ってもらおうとしたところ、犬養は、真琴の名字をみて態度を急変させる。唖然としていた真琴たちに、犬養はローブを脱いで姿を見せたのだが、彼女はなんと犬の姿をしていた。犬養は、なぜこんな姿になってしまったのか話し始めるのだが…。
{/netabare}

いつもは日常のおはなしが多かったけど
今週ははじめてほんとうに魔女のおはなしだったみたいw

でも
メッセージは「お酒の飲みすぎに気を付けましょう」だったかも?

にゃんはお酒は嫌いだけど
ママは飲んで遅く(朝早く?)に帰ってきて
お風呂に入ろうって水を入れたまま眠っちゃった人だから
魔女だったら犬養さんみたいな目に会ってたかも(^^;


あと千夏ちゃんがいろんな質問してたけど
にゃんも小さいころお母さんのお友だちとかにいろんなこと聞いて
「子どもはだまってなさい!」ってよくおこられたこと思い出しちゃった><
{/netabare}

5話目
{netabare}
5話目の公式のあらすじ
{netabare}
休日、朝の倉本家。千夏は、外に散歩に行くチトを見つける。魔女の使い魔は、きっとすごいことをしているに違いないと思った千夏は、チトの後をこっそりとつけて行くことにする。
その日の午後、昼食後に散歩に出かけようと思った真琴は、チトにおすすめの場所があると言われて、案内をお願いする。チトのおすすめスポットを巡る真琴は、途中で配達中のなおとも遭遇し…
{/netabare}

今日はチトがかわいいおはなしだったなぁ♪

みんなでコロッケみたいの食べてて
新聞読みながら食べてるお父さんの分がなくなるとかって
サザエさんとかマルコちゃんでもありそうな日常のおはなしだよね^^


チトはおんなじコースを2回散歩してたけど
はじめは千夏がこっそり後をつけて
チトが感じたこととかをかってに想像してて何となくおかしかった♪
チトもかわいかったけど千夏もかわいかった☆

2回目はチトが真琴に街の案内
にゃんこが面白いって感じるものと
人がそう感じるものってやっぱり違うよね^^
そうゆうところも見てて面白かった☆


1回目のとき千夏が会ったおばあさんが
恋のおまじない教えてくれたけど

あとで真琴も会ってそうゆうおはなしも出たけど
にゃんはこのおばあさん見るの2回目だから
真琴と千夏がおたがいにこのおばあさんと知り合いになったこと
ゼンゼン知らないって何だかふしぎw


あとチトの動きがほんとに本物のにゃんこみたいですごかった☆
{/netabare}

6話目
{netabare}
6話目の公式のあらすじ
{netabare}
茜にほうきの乗り方を習う真琴。それを見ていた千夏は、魔女に憧れたから弟子にして欲しいと茜に頼む。一般の子が魔女になるのは、大変と遠まわしに諭そうとする茜に対して、なかなか意志の固い千夏。そこで茜は千夏を見習い魔女に任命し、少しだけ踏み込んだ魔女の世界を体験させることにする。手始めに、簡単な魔術を千夏に見せることにした茜は「おかしなおかし」を作るのだった。
{/netabare}

ほうきってほんとは乗るためのモノじゃなくって
重力を切る道具で持ってるだけで空が飛べるんだ^^
それから魔女って人間でもなれるんだね☆

千夏のお母さんたちっていい人だね
こうじゃないとダメとか言わないところがすごいなぁ♪


ろうそくが消えたらおじゃんって言われて息を止めちゃう千夏かわいい^^
こんな妹いたらいいね☆

お姉さんの魔術教室が
何だかにゃんのおじさんが手品見せてくれたときみたいでおかしかったw

で、おかしなおかしは
飲むと笑いだしたり泣いたりって何だかお酒みたいかもw
さいごはお父さんが笑い泣きしてオチがついてたw


千夏もはやく魔法が使えるようになるといいね☆
{/netabare}

7話目
{netabare}
7話目の公式のあらすじ
{netabare}
真琴、千夏、圭、なお、チトは山菜を採りに山へと出かけることに。経験者の圭に教わりながら、山菜を集める千夏、なおをよそに、豊かな自然に囲まれテンションの高い真琴は、一匹のカエルを見つけ…。
その日の午後。採ってきた山菜をおかずに昼食を済ませた真琴、圭、千夏は、茜に紹介されたとある喫茶店へと足を運ぶ。魔女が経営するそのお店は、人間以外のお客さんがやってくる不思議なお店だったのだ。
{/netabare}

前半がふつうの田舎の日常のおはなしで
山に山菜取りに行くの
緑と水がとってもきれいだった☆

もっと雑草とか生えてるのかな?って思ったけど
これだったらかんたんに山菜だけ取れそう^^


後半は
魔女がやってる喫茶店のおはなし

前半がふつうに日常だったから
フシギなおはなしだったけど何となくほんとにありそう^^


魔法で隠されてるお店を見るのに神社のお参りってフシギw

幽霊のウエイトレスさんもフシギ^^
恥ずかしがりな店員さんでふつうにかわいい女の子だったね
真琴の魔法で見られるようになって
こわいお面かぶってきたところがおかしかったw

幽霊ってコワいはずで
その幽霊さんがコワいお面かぶってるんだからコワいはずなんだけど
なんだかおかしいのw


あらすじには
「人間以外のお客さんがやってくる不思議なお店」って書いてあるから
来週はつづきで変わったお客さんが来るのかな?
楽しみ♪
{/netabare}

8話目
{netabare}
8話目の公式のあらすじ
{netabare}
茜の紹介で、魔女が開いている喫茶店コンクルシオへと来ていた真琴、圭、千夏。幽霊の店員ひなが振る舞ったケーキを食べながら、店内でくつろいでいると、外出していた店長の娘・椎名杏子が帰ってくる。年の近い魔女だということもあり、真琴に挨拶をする杏子。しかし真琴は、杏子のことを、魔法で若い姿に変身した店長だと勘違いしてしまう。そんな勘違いもある中、コンクルシオには、様々な人ではないお客が訪れてくる。
{/netabare}

今日のおはなしはいつもよりおかしかったw

娘の魔女の杏子に
「でてますもオーラが。。すごいことするぞーってブワーって!」って
言っちゃったりw

お母さんが出て来たら魔法がとけちゃったって思いこんで
「。。そうじゃなくって身長ってゆうか年齢ってゆうか。。」って
真琴がかってにカン違いして大ボケw

それで2人とも出て来たら
「あっ!?はっ!?はーっ!?。。2人になってますよー!!何で!?魔法?忍法?」
何だかマンザイでこんなのあったみたいw


後半はお店に来た人間じゃないお客さんのおはなし
テントウ虫のカップル。。夜のとばりさん。。キツネさん。。


千夏ちゃんは分かるけど真琴まで喫茶店の中走り回ったりって
お店にメイワクなんじゃないって心配だったけど大丈夫だったみたい^^;

とばりさんは「千と千尋。。」のカオナシみたい^^

あと、キツネさんって思ったら「ワン!」って鳴いて大笑いw

ようつべで見たらキツネって高い声で
ニワトリみたいな「クァーッ」とかにゃんこの「ニャ~ッ」
犬だと「キャンキャン」みたいな感じで
「ワン!」って吠えるのはキツネさんじゃないみたいw

こんどはTV見てる人もカン違いしたよねw


あと、Cパートで茜のおはなし
こっちも中国って思ったらベトナムだって!
やっぱりカン違いw

でもベトナムと日本って2時間しか時差がないみたいだから
真琴ってとっても早寝かもw
{/netabare}

9話目
{netabare}
9話目の公式のあらすじ
{netabare}
ある日の午後。倉本家に犬養がやってくる。さくらまつりの一件で迷惑をかけたお詫びとして犬養が真琴、千夏、圭の翌日の運勢を占うことに。魔女の占いに興味津々の3人は、その結果に期待を膨らませる。
翌日。学校の昼休みに、なおとお弁当を食べていた真琴は、自分が育てた野菜を見せようと、なおを倉本家に誘う。放課後、畑を紹介した真琴は最近収穫したはつか大根を一緒に食べようと提案する。
{/netabare}

今週もおもしろい日常だった(^^♪


千夏たちってキツネさんがワンってなくって信じちゃったみたい^^

でも、そんなこと言っても「違う!」とか言わないで
「へぇー!?そうなの?こんこんじゃないの?」
って聞いてくれるお母さんってとってもいいお母さんだよね^^


犬養さんの占いがおもしろそう☆
何となくよく当たりそうだった^^


真琴の性格っておばあちゃんみたい?
だったらにゃんもそんな感じかもw

マンドレイクはいらないけど
はつか大根を生で食べるっておいしそう☆

野菜を育てるっていいかも?

にゃんの家のプランターにはいつ植えたか分からないけど
しそとニラが植わってる

ニラはときどき肥料をあげるだけで
そのままにしておいても毎年どんどん生えてくるからびっくり!w

はつか大根ってあたりはずれがあるってはじめて聞いた☆
しし唐みたい^^


さいごは茜お姉さんのオミヤゲ
変なモノだったけど犬養さんの占いが当って笑っちゃったw

でも、お姉さんっていつの間にかこの家に住んでるみたいw
{/netabare}

10話目
{netabare}
10話目の公式のあらすじ
{netabare}
調理実習で一緒の班になった真琴、圭、なお。3人はそれぞれ担当する料理を決めるが、なおはものすごく料理が苦手だった。気が進まないなおを励ましながらも、真琴は自分の担当するクッキーを作り始める。
その翌日。調理実習で作ったクッキーを持って、軽トラックに乗り込む真琴たち。
真琴たちは、圭の父・啓治の手伝いにと、りんご農園に来ていた。啓治やいつも手伝いで慣れている圭に教わりながら、真琴と茜は初めてのりんごの摘花を行うことに。
{/netabare}

前半は調理実習のおはなし

3人で分担してカレーとハンバーグとクッキーとサラダを作るおはなし
この中で1番失敗しなさそうなのってカレーだけど
ハンバーグよりとんかつとかの方が合ってたんじゃないかな?
ハンバーグは煮込みにした方がおいしいよね^^

真琴が担当したサラダは切るだけだけど
クッキーは分量どうり量って混ぜすぎないようにすればかんたんだけど
焼く時間まちがえると焦げちゃうから大変w

あと
さあ食べようってなってご飯が炊けてないことってたまにあるよねw

30分以上水に浸したお米だったら
たっぷりのお湯でパスタみたく6-7分煮て
ザルでお湯を切ったら食べれるよ
そんなにモチモチじゃないけど^^

でも、洗ってもなかったら。。ねぇw


後半は摘花のおはなし
{/netabare}
リンゴの花を見ながらお仕事できるって楽しそう☆
高いところはコワいけどw

魔女の指クッキー食べてたけどw
つけて食べてた生のハチミツがおいしそうだったな☆

11話目
{netabare}
11話目の公式のあらすじ
{netabare}
ある日の早朝。魔女の世界の新聞を読んでいた茜は、空飛ぶくじらが近くを飛んでいるという記事を目にする。くじらに興味を持った真琴と千夏を連れ、3人はくじらが飛んでいる場所を目指す。見事くじらを見つけた真琴、千夏、茜の3人だったが、茜が次はくじらに乗ってみようと言いだして…。
空飛ぶくじらの上で杏子と出会った真琴たちは、杏子を連れて倉本家へ戻る。そしてみんなで朝食としてホットケーキを食べることに。
{/netabare}

にゃんは本物のくじらなのかなって思ってたけど
アニメとかにときどき出てくる
空飛ぶ大陸とかお城みたいな超古代文明の何とか。。で
大昔の人が作ったロボットみたいだったね^^

にゃんは高いところニガテだから行けなさそうだけど
くじらが空を飛んでるところはホントに見てみたいな☆

ジブリの映画とかにも出てきそうな夢のあるおはなしだったけど
後半は千夏の家でホットケーキ^^

おいしいホットケーキの焼き方とかトリビアとか

ケニーさんって猫なのに
にゃんよりいろんなこと知っててびっくり!
いろんなところに1人で旅してるみたい^^


さいごは杏子のお母さんから茜にお手紙。。

使い魔のフクロウさんが持ってきてくれたから
何が書いてあるかちょっとドキドキw


それがカフェの請求書w
はじめはすっごく夢のあるおはなしだったのにw

それが6万円くらいって!
茜さんってどんなお仕事してるのかな?

ちゃんと返せるかちょっと心配。。
魔法でお金が出せたらいいのに☆w
{/netabare}

12話目
{netabare}
12話目の公式のあらすじ
{netabare}
魔女の道具の手入れをしていた真琴。すると、中学生時代に自作したローブが見つかる。ボロボロになってしまったローブを新しく作り直そうと考えた真琴は、街にある布屋まで行くことに。真琴がお店で布を選んでいると、チトがある提案をする。
その夜。買って来た布で真琴が自分のローブを仕立てていると、酔っ払った茜が帰ってくる。茜に連れられて真琴が縁側に出ると、そこには不思議な生き物が姿を見せていて…。
{/netabare}

前半は

中学生になったころに作ったローブが小さくなって
作り直すのに生地を買いに行くの

方向オンチの真琴が迷わずに行けるかなぁ?ってゆうおはなし^^
自分では迷ってないつもりみたいだったけど
しっかりチトさんにつっこまれてたねw


後半は真琴が千夏に赤いローブを作ってあげるおはなしかなぁ。。
あんなに喜んでくれたら何でも作ってあげたくなっちゃうよね^^

でも、にゃんはミシンってコワくって使えないんだ
ゆうこと聞いてくれないし。。ダダダーッって(^^;
糸を取りかえるのも指までぬっちゃいそうで。。

針と糸でボタン付けとかならぜんぜん大丈夫だけどw
でも、自分で好きな服とか作れるのっていいな☆


さいごはドンギョのおはなし
土に住んでる魚でお祭り好きだって^^

ヨーヨーみたくふくらんで提灯みたいに光って
きれいだなって思ったらねぷた祭りの提灯みたいのだったんだね^^


最終回だったけどぜんぜん終わってない感じがよかった☆
{/netabare}


見おわって


いなかと魔女ってどんなおはなしになるんだろうって思ったら
とーってものんびりしたどこにでもありそうな日常のおはなしと
ちょっと不思議な精霊さんとか動物とかのおはなしが混ざってて

アニメを見てると
目の前にほうきで誰か下りてきてもぜんぜんフシギじゃない感じになるの


あと、絵がきれい☆ 

景色とかがきれいなだけじゃなくって
にゃんこの動き方とかとっても細かくってすごいなぁって


2期もあるといいね☆

 サンキュー(87)
2017.02.03 00:37 ピピン林檎の評価 | 観終わった| 185が閲覧 ★★★★☆ 4.0 評価対象: ふらいんぐうぃっち(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.5

魔女である必要は余り感じないが、弘前のご当地アニメとして楽しめました

2016年放送アニメのちょっとした人気作、ということで視聴してみましたが・・・これといった展開がない!
というよりドラマチックな物語を描き出すつもりが最初からゼロですね、これ。
日本なんだから、{netabare}キキみたいに黒猫連れて箒に跨って空を飛ぶ魔女{/netabare}じゃなくて、式神を使役する陰陽師とか神霊を呼び出す巫女とかの方がいいような気もしましたが、{netabare}高校生の魔女さんが小学生の又従兄弟に、神社に参るときは「二礼二拍手一礼」するんだよ(第7話){/netabare}と、ちゃんと教えていたので許してあげましょう。

難点をいえば、{netabare}犬養さんが昼間は狼の姿のまま放置されてる{/netabare}のはちょっと酷いな、早く元に戻してあげろよ・・・と思ってしまった事くらいです。
岩木山とか弘前城とかリンゴ園とかねぶた祭とかいったご当地ネタを色々描き出していた事もポイント高いです。
評価点数甘めですが、これはこれで見て良かった作品でした。


◆作品情報

原作         石塚千尋
監督         桜美かつし
シリーズ構成     赤尾でこ
キャラクターデザイン 安野将人
音楽         出羽良彰
アニメーション制作  J.C.STAFF


◆各話タイトル&評価

★が多いほど個人的に高評価した回(最高で星3つ)
☆は並みの出来と感じた回
×は脚本に余り納得できなかった疑問回


========= ふらいんぐうぃっち (2016年4-7月) ========

{netabare}第1話 6年振りの不思議 ★ 新米魔女、居候、高校入学式、マンドレイク
第2話 魔女への訪問者 ☆ 春の運び屋、予知夢、山菜摘み
第3話 畑講座と魔術講座 ☆ 魔女修行(野菜作り)、茜(姉)来訪
第4話 桜の中の占い師 ☆ 弘前城の桜観、謎の占い師(犬養) ※何か酷い話だったような・・・
第5話 使い魔の活用法 ★ 千夏の冒険、真琴&チトの散策、那央の家訪問
第6話 おかしなおかし ☆ 千夏の弟子入り、魔女見習い、魔女になって何をする?、魔法ポッキー
第7話 喫茶コンクルシオ ★ 山菜採り、魔法の掛かった喫茶店、幽霊ウェイトレス(ひな)
第8話 常連の鳴き声 ☆ 続き、杏子&店主登場、夜の帳、茜姉の悪戯
第9話 明日の明日は今にある ☆ 絵本作家、犬養さんの占い、那央の来訪
第10話 料理合わずと蜂合わず ☆ 料理実習、農園作業(林檎の花の間引き)
第11話 くじら、空をとぶ ☆ 新聞屋さん、くじら、古代遺跡、杏の来訪
第12話 魔女のロープと日々は十人十色 ★ 手作りローブ、千夏へのプレゼント、土魚、ねぶた祭{/netabare}
---------------------------------------------------------------
★★★(神回)0、★★(優秀回)0、★(良回)4、☆(並回)8、×(疑問回)0 ※個人評価 ★ 4.0


OP 「シャンランラン feat.96猫」
ED 「日常の魔法」

 サンキュー(29)

ふらいんぐうぃっちのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
ふらいんぐうぃっちのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。