正解するカド(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「正解するカド」

よみがな:せいかいするかど

放送中:2017年春アニメ(2017年4月~放送中)

★★★★☆ 3.3
物語:3.4 作画:3.3 声優:3.3 音楽:3.3 キャラ:3.2
総合得点 57.1
感想・評価 58
棚に入れた人 534
ランキング 4007
羽田空港上空に突如、正体不明の巨大な立方体が出現する。そこに出発予定だった飛行機が取り込まれてしまう。偶然その飛行機に乗りあわせていた外務省の外交官が、立方体の中でヤハクイザシュクナと呼ばれる正体不明の人?と出会い、日本政府と交渉をはじめるが、、、。

スタッフとして作家・野崎まど、アニメ演出家・村田和也、イラストレーター・有坂あこ、そして『楽園追放』のプロデューサーである野口光一の名前が並んでいる。(TVアニメ動画『正解するカド』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 58

2017.04.29 19:30 isisloveの評価 | 今観てる| 11が閲覧 ★★★★☆ 4.2 評価対象: 正解するカド(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.5  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.5

4話から次回が非常に楽しみに

物語の前日談の第0話から観始めたので
主人公に始めから好印象。

国難対応に関して実写(シンゴジラ)風な
リアリスティックだが地味な政治家描写、
かつアニメにしては萌えを極力排除した作風。

初回は若干冷めた目で観ていたが、
徐々にその個性が他との差別化となり
惹き付けられた。

そして、5話目(第4話)にして
自分の中ではすごく面白い作品に変化した。

キャラ設定、ストーリーともよく練られていそう。

ただ、期待値Maxとなった今、
結末次第で評価急降下もありうるが
次回が非常に楽しみなのは今期ベスト3には入る。

日本だけに天より恵みが降り注ぎ
諸外国の思惑が絡みだす。
GATEでもそうだったが
きな臭さはGATE以上。

<今作のキャラについて>

演じる声優陣も、特に政府絡みの成人男性キャラ、
派手な主役級よりどちらかというと名バイプレーヤーの
「名より実」のベテラン勢が多い印象。
そのためか、各キャリアの重みがしっかり伝わる。

頼りがいがあり
物事の本質を見極められる
大人、リーダーがちゃんと
全体をリードしてくれるのが
安心して観られる一番の理由。
主人公はもちろんだが、
総理が肝が据わってて意外にも魅力的。

他キャラは徭 沙羅花(つかい さらか)と花森 瞬が和み担当か?

釘宮理恵さん演じる理論物理学者もいい味でて好い。
浮ついているようで有能さも滲み出たいい演技。

何より一番謎のヤハクィザシュニナがかなり魅力的。

なんでもお見通しなのに人類の自発的行動を
重んじる様が高次元の神的ポジション。
大慈を今のところ感じられる。

アニメに出てくる神様キャラは、
妙に人間臭かったり、
裁きや高圧的な押しつけがましい
パターンが多い気がしてたので
これくらい人智がとうてい及ばない位が逆に新鮮だ。

今のところは愚者は出てこないので
イラっとくることがないのが観やすい。

そのかわり国家という単位での
シビアな人間ドラマとなりそうな予感。

これは並みの脚本家なら手に負えなさそうな題材だが
果たしてどうなるのか。

暫定情報では全12話予定らしい。
1クールで上手くまとめられるか。
ともかく最後まで観届けたい。

 サンキュー(2)
2017.04.29 14:54 にゃん^^の評価 | 今観てる| 120が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: 正解するカド(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

謎の巨大立方体のUFOが日本におりてくるおはなし@1話目

公式のINTRODUCTION
{netabare}
世界の終わりと始まり。
人類は「正解」できるのか。

全ては、想像を絶するファーストコンタクトから始まった。突如出現した謎の存在「カド」。
異常事態に翻弄される日本政府。そして世界の行方は、ひとりの交渉官(ネゴシエーター)に委ねられる——。
『正解するカド』プロジェクトにはさまざまな才能が集結している。
総監督はスタジオジブリ出身で『翠星のガルガンティア』監督の村田和也。
シリーズディレクターには『コードギアス 亡国のアキト』演出の渡辺正樹。
華のあるキャラクターデザインは、
マンガ『ヴァニシング・スターライト』(原作/Sound Horizon)などで人気を集める有坂あこ。
そして『カド』の作品世界を構築したのは、脚本を担当した小説家・野﨑まど。
野﨑は、小説『2』『know』などで知られる、次世代を担う注目のエンターテインメント作家だ。
制作は『楽園追放 -Expelled from Paradise-』など新たな企画に挑戦し続ける東映アニメーションが担当する。
謎の果てに待つ「正解」とは何なのか。そこには誰も見たことがない「未来」が刻まれている。
{/netabare}
STORY
{netabare}
真道幸路朗(しんどう・こうじろう)は、外務省に勤務する凄腕の交渉官。
羽田空港で真道が乗った旅客機が離陸準備に入った時、空から謎の巨大立方体が現れる。
“それ”は急速に巨大化し、252人の乗った旅客機を飲み込んでしまう。
巨大立方体の名は「カド」。
カドより姿を現した、謎の存在・ヤハクィザシュニナは人類との接触を試みようとする。
カドに取り込まれた真道は、ヤハクィザシュニナと人類の間の仲介役を引き受けることになる。
一方、日本政府も国際交渉官の徭沙羅花(つかい・さらか)を代表として現場へ送り込む。
ヤハクィザシュニナとは何者か。そして彼の狙いは何か。
{/netabare}

STAFF{netabare}
総監督:村田和也
シリーズディレクター:渡辺正樹
脚本:野﨑まど
演出:りょーちも/齋藤昭裕/田辺泰裕
キャラクター原案:有坂あこ
キャラクターデザイン:真庭秀明
CGディレクター:カトウヤスヒロ
キャラクタースーパーバイザー:宮本浩史
リードキャラクターモデラー:岩本千尋
リードアニメーター:安田祐也・牧野快
グラフィックデザイン:鈴木夏希
色彩設計:岩沢れい子
美術監督:佐藤豪志(スマーチル)
撮影監督:石塚恵子
編集:福光伸一
音響監督:長崎行男
音響効果:今野康之(スワラ・プロ)
音楽:岩代太郎
アニメーションプロデューサー:小倉裕太
プロデューサー:野口光一
アニメーション制作:東映アニメーション
{/netabare}
MUSIC{netabare}
主題歌(オープニング):「旅詩」 徭沙羅花 starring M・A・O
エンディング:「永遠のこたえ」 HARUCA
{/netabare}
CAST{netabare}
真道幸路朗:三浦祥朗
ヤハクィザシュニナ:寺島拓篤
徭沙羅花:M・A・O
花森瞬:斉藤壮馬
浅野修平:赤羽根健治
夏目律:伊藤静
品輪彼方:釘宮理恵
犬束構造:中博史
羽深清鷹:斎藤志郎
笹内直己:菊池正美
言野匠:桐本拓哉
歌丸:阪口大助
画美:菅沼久義
御船哲人:後藤哲夫
阿方篤彦:小山剛志
大石哲男:半田裕典
深水ソフィー:甲斐田裕子
由利縞子:白石涼子
ナレーション:上川隆也
{/netabare}

第0話「ニノヴォ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
物語の前日譚
{/netabare}
感想
{netabare}

真道さんは総務省のすごい交渉官で今回は内閣府の五十嵐次官からたのまれて
刑部鍍金ってゆう会社に多目的ホールの用地買収の交渉に行くことになったの

その会社は前に政府と協力してお仕事とかもしてたんだけど
今では新しい技術とかにも追いついていけなくなってて
早くやめた方がいいみたいな会社なのに政府は買収金もいっぱい出すって。。

つき合わされることになった花森クンはさっさと終わらせて休みたいみたい

でも真道さんって用地を買収するより、刑部鍍金をつづけさせたいみたいで
新しい技術を開発する交渉をはじめちゃった。。


オチは
昔、刑部鍍金の社長と次官は官民でいっしょに仕事をした仲間で
今回の計画って次官が社長の老後のこと心配して
よゆうで引退できるようにってすすめてたみたい。。

でも、真藤さんのはたらきで刑部鍍金は新しい技術を開発できて
社長と次官は昔みたくまたいっしょにはたらけるようになるみたい☆


ってゆう、「半沢直樹」とかにでも出てきそうなのおはなしで
新技術の開発のところはドキュメンタリーとかでありそうだった^^


SFだったら「Classroom☆Crisis(クラスルームクライシス)」に
ちょっと似た感じだったんだけど
こっちはさいごまでサラリーマンのドラマっぽい感じで終わり。。

そうだったんだけど
さいごに真道さんと花森クンが乗った飛行機が
巨大立方体のUFOに飲み込まれちゃった!?


0話は真道さんが自分たちに有利になるようにするだけじゃなくって
相手にもよくなってもらおうってする交渉人だってゆうのを
見せたかったみたい。。


マジメなドラマであんまりすごいおはなしでもコメディでもなくって
「舟を編む」みたく実写でもいいかも?なアニメだったけど
オチもあってあたたかい気もちも伝わってきたしいいおはなしだった☆

このおはなしがSFになるとどうなっちゃうかちょっと楽しみ☆彡
{/netabare}
{/netabare}
第一話「ヤハクィザシュニナ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
2017年7月25日、突如、羽田国際空港上空に謎の巨大立方体が現れ、離陸準備に入っていた旅客機が乗客もろとも飲み込まれてしまう。未曾有の事態に困惑する日本政府。果たして、偶然乗り合わせていた外務省の交渉官・真道幸路朗らを含む乗客の運命は。そして、謎の巨大立方体の正体と目的とは。
{/netabare}
感想
{netabare}

おはなしはあらすじ通りで
謎の巨大立方体を調べるために理論物理学の品輪博士って出てくるんだけど
この人が今回の主人公だったみたいw


アニメに出てくる博士ってだいたい変わってるよねw

品輪博士も飛行機がとつぜん消えちゃって心配してる人もたくさんいるのに
自分が気になるデータをとるの楽しんじゃってて
ちょっとマッドサイエンティスってるw
声が釘宮理恵さんだし好きな人多そう^^


おはなしはゆっくりで
博士がいろんな調査をして人間にはどうしようもないってやっと分かって
さいごになって真道さんとヤハクィザシュニナがあらわれた。。


作画がCGだったみたいで「亜人」よりはずっとよかったけど
ちょっとカクカクした感じのところが気になった。。


タイトルに「正解する」ってあるけど何に正解するのか気になっちゃうよね?
ほかにもいろいろ謎が多いしおもしろそう☆

あと、立方体だから「カド」なのかな?w
{/netabare}
{/netabare}
第ニ話「ノヴォ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
謎の巨大立方体『カド』から現れたヤハクィザシュニナ、そして、外務省の交渉官・真道幸路朗。
真道を介し、ヤハクィザシュニナが日本国政府との直接交信を望んでいることを知り、ざわめく政府首脳陣。
三時間後と決まった歴史的な交信に向け、日本国政府は、とある国際交渉官に白羽の矢を立てる。
{/netabare}
感想
{netabare}

とある国際交渉官って徭沙羅花(ツカイサラカ)ってゆう女の人なんだけど
まだどんな人かよく分からない。。


それで今回のおはなしは
謎の立方体はカドってゆう「境界体(?)」で
この前、さいごに出てきた人は
ヤハクィザシュニナって言ってカドの持ち主だって


飛行機の乗客はみんな無事だけど
外に出られるようになるまで1か月近くかかるみたい。。

食事とかはコピーで出せるみたいだけど
おふろとかトイレとかは大丈夫なのかな?
それにまわりを散歩したりもできないと思うし
子どもとかさわいだりしないのかな?


ヤハクィザシュニナはほかの世界から来たって言ってたけど
異星人ってゆうより異次元から来たってゆう感じなのかな?
体も今作ったばっかりみたいな感じだけど精神体でここにいるのは
「ハルヒ」の有希みたいなヒューマノイド・インタフェースみたいな設定かも?


さいごに人間にメッセージ。。
「敵か味方かすぐ知りたいだろうけど自分で考えつづけろ」みたく言ってた


にゃんはアメリカが北朝鮮と戦争はじめるかも?ってニュースで見たから
心配になってほかの記事とか読んだら

アメリカは攻撃するのはかんたんだったけど
北朝鮮がアメリカに取られたら
中国が次に自分たちと戦争になったとき不利だからって反対してて

アメリカは放っておいたけど
北朝鮮がアメリカに届くくらいの核ミサイルを完成させそうだから
本気になって中国と交渉したんじゃないか?って。。


敵とか味方ってそのときによってころころ変わったりするみたい

だから別に異世界人がそんなこと言わなくっても
エライ人は分かってるって思う。。

このおはなしってナゾばっかりだけど
ヤハクィザシュニナってわざとむずかしそうに言ってるだけで
「サクラダリセット」に出てくる
わざと分かりにくい話し方する中二病の子たちみたいかも^^
{/netabare}
{/netabare}
第三話「ワム」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
巨大立方体『カド』から再び姿を現した謎の存在・ヤハクィザシュニナと外務省の交渉官・真道幸路朗は、日本政府の代表として交渉にあたる国際交渉官・徭沙羅花と初めて言葉を交わす。
報道陣への全面公開の元、人類とヤハクィザシュニナの対話が始まる――。
{/netabare}
感想
{netabare}

今日は交渉がはじまって
どっから来たとかの説明をちょっとしたんだけど
ヤハクィザシュニナ(名前が長いからこれからヤハってゆうね)は
人類に無限のエネルギーを分けてくれるために来たみたい。。

その道具(ワム)が使えることを見せてから
おんなじものをいっぱい出して「人よ、どうか正解されたい」って。。

それってどう考えてもこのエネルギーを全世界に分けろってゆうことだよね?
日本は正解するって思うけど。。どうかな?

・.。*☆彡・.。*☆彡・.。*☆彡・.。*☆彡・.。*☆彡

何となく分かってきたけど
このおはなしって人間がおバカだって言いたいんじゃないかな?

今でも世界中の人に配れるくらいの食べ物があるけど
持ってる人が分けないから足りないだけ。。

持ってる人がおいしいものを食べたいって思わなかったら
世界中の人に分けてあげられるだけあるのに
人間って自分だけはいいもの食べたいって思っちゃうみたい

分けてあげようって思ったら
エネルギーだってにゃんもそうだけどアニメとか見なかったり
冷暖房とかもっとガマンしたら分けるくらいいっぱいあるのに。。


ヤハって
人がパンをいっぱい持ってておなかいっぱいになるくらい食べたら
ほかの人にも分けてあげるって思ってるみたい

でも、ふつうはおなかいっぱいになるくらいパンを食べたら
こんどはステーキとかケーキとか食べたいって思って
お金が必要だから残りのパンを売ろうとか思うんじゃないのかな?

それに今はいっぱいあっても
いつかなくなっちゃうかもだから
大きな冷蔵庫とか買ってしまっておくかも?w

きっとそうやってずっと誰にも分けないんじゃないかな?

それっておバカなことだけど
今、にゃんがしてるのもそうゆうことかも?


この前、まとめサイトに外国の実験番組みたいのがUPされてて
ふつうの人のフリした取材の人がレストランとかに行って
ふつうの人たちに「食べ物分けてくれ」って言うんだけど
誰も分けてくれないの。。

それでこんどはスタッフの人がふつうの人のフリして
大きなピザをホームレスの人にあげるんだけど
そこにさっきのふつうの人のフリした取材の人が行って
「分けてくれって」ってゆうの

そうするとそのホームレスの人はピザを分けてくれちゃうの!

ふつうの人はお金持ってるから分けてもまた買えるのに分けてくれなくって
ホームレスの人は
次に食べるものがあるかどうか分からないのに取って置こうってしないで
ほしい人にあげちゃうの。。


このおはなし見てにゃんは泣きそうになっちゃったけど
これっておかしくない?

人に分けてあげるかどうかって
いっぱい持ってるかどうかじゃなくって
ただ分けてあげたいって思えるかどうかなのかも?


ただ。。2話でヤハが考えつづけろみたく言ってたけど
正解ってこんなかんたんなことなのかな?


だって分けてあげたホームレスの人って
次の日のこととか考えないで使っちゃったから
お金がなくなってホームレスになっただけかも?

だったらおバカなのって
考えないで分けちゃったホームレスの人のほう?
もしかして次の日は食べ物なくって死んじゃうかもしれないし。。

だったら今、いっぱい持ってても
あしたのことなんか分からないからって取っておくほうが正しいのかも?

それとも
味方かどうかも分からない人がきゅうにあらわれてパンをいっぱいくれたら
そのパンに毒が入ってるかも?って思って食べないでおくほうが正解?


「正解する」のってにゃんがちょっと考えたらかんたんかな?
って思ったけど
ホントはそんなにかんたんじゃないのかも。。


頭がいい人ってどうしたらいいのか分かるのかな?
{/netabare}
{/netabare}
第四話「ロトワ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
『カド』に取り込まれていた乗客の解放が始まった。
一方で、ヤハクィザシュニナより日本政府へ、電力を無尽蔵に発生させる異方の物体『ワム』が供与された。
人類の技術を超えた『ワム』をめぐり、日本政府はどう動くのか。
世界の注目が集まる――。
{/netabare}
感想
{netabare}

今回はあらすじには「世界の注目が集まる」って書いてあったけど
世界の注目が集まっただけじゃなくって
「国連が日本にワムをよこせっておどかしてきた」ってゆうおはなし

ヤハは日本にワムを渡して「正解されたし」って言ってたけど
それってやっぱりワムをみんなで分けろってゆうことだったみたい。。

・.。*☆彡・.。*☆彡・.。*☆彡・.。*☆彡・.。*☆彡

やっぱりヤハってあんまり頭がよくないんじゃないかなって思う。。


いくらでも出るエネルギーとかってみんなにあげちゃったら
悪いことに使おうってゆう人だっていそう

これがもし核エネルギーとかで世界中の人に配ったら
中には地球をこわそうとかってゆう頭のこわれた人もいるって思うし
無限のエネルギーとかだってそんな使い方もできると思う

どうせだったら
「ジャパリまん(つまみ食いするくらいおいしくって栄養もあるからw)」
とかがいくらでも出てくる機械の方が
国連のエライ人たちもみんなに配るってゆうのに反対できなかったかもってw


あと、国際交渉官の徭さんってゆう女の人が
すぐおこったりしてアニメのヒロインとかだとよくいるキャラだけど
ほんとにいたらちょっと話しとかしにくそう。。
もっとおこらないで話しを聞いてくれる人とかいなかったのかな?
{/netabare}
{/netabare}

 サンキュー(27)
ネタバレ
2017.04.29 12:01 タック二階堂の評価 | 今観てる| 44が閲覧 ★★★★☆ 4.0 評価対象: 正解するカド(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 3.5  キャラ : 4.0

優秀なネゴシエーターが宇宙人と交渉。

藪から棒に羽田空港に一辺2キロの立方体が出現。
たまたま居合わせた飛行機が、その立方体に飲まれ
消息不明になります。

内閣官房は対策室を設置。
物理学者をアドバイザーに迎え、善後策を協議。
攻撃を加えると、行方不明だった真道とともに、
銀髪の男が現れて…

というお話。
まさに東映アニメーションの本気という感じの
力が入った作品。
モチーフがシン・ゴジラなんじゃないかという
くらい雰囲気が似ています。
キャスト見たら、また腐向けか?と思っていたの
ですが、意外と硬派なミステリーになるのかなと。

先の展開が気になるので継続視聴します。

========0話視聴後、追記です。

いや、これ…
これを密林プライム限定配信して、本放送が1話
からって、それが「正解」なのですか?
たまたまプライム会員だから観られましたが、
こういう手法ってどうなんだろう…

それとも観逃したのでしょうか?

それくらい重要かつ、必要がある回だと思うので
すが…
ただ、0話を観た上で1話を観たら、いろいろと
ベースが出来て、一層楽しめると思います。

========第2話話視聴後、追記です。

これは面白くなりそうな予感がしますね。
30分があっという間に感じました。
ヤハクィザシュニナの目的はいったいなんなのか。
楽しみです。

========第4話視聴後、追記です。

ヤハクィザシュニナから提供される、電力を無尽蔵
に作り出せるワムという物体の扱いを巡り、
国連会議で管理する方向に話がまとまるという話。

まあ、確かにそんなもんがもたらされたら、
おそらくそうなるだろうし、いちおうこれは核の
メタファなのだろうなという気はします。

リアルさを追求している感じはしますが、
そのために話の展開が遅々として進まない印象。
まあ、面白いですし、続きが気になるのは
変わらないのですが。

 サンキュー(6)
2017.04.29 11:17 おぼの評価 | 今観てる| 69が閲覧 ★★★★☆ 4.0 評価対象: 正解するカド(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 3.5  キャラ : 4.0

期待通り

考察系が好きなんで元から期待していましたが、
今のところ期待通りです!これからの展開が楽しみ。

[1話]ヤハクィザシュニナ/☆4.0
{netabare}突如東京に巨大の立方体が現れ、飛行機を踏み潰すところからスタート。
調査してる眼鏡の女の子好み。

最後ヤハクイザシュ二ナが登場した時は少し背筋が震えた。
これからが楽しみ!{/netabare}

[2話]ノヴォ/☆変わらず
{netabare}真道が立方体から現れた理由が分かった2話。
・あの立方体の成分は何なのか?
・ヤハクイザシュニナは何物なのか?
と気になる点は多々あるが、いい感じに伏線回収ができていたと思う。

評価が変わっていない理由としては、
立方体から真道が現れた経緯の場面に面白さを感じられなかったのが大きいと思う。

なにがともあれ次回が勝負かな?{/netabare}

[3話]ワム/☆変わらず
{netabare}ついに交渉開始!
それにしても真道冷静だな。
なんか裏があるのかも。

面白いんだけど続きが気にならないのが
このアニメの欠点かな。{/netabare}

[4話]ロトワ

今期順位【 】

続編の可能性
{netabare}後日追記{/netabare}

 サンキュー(13)
2017.04.29 10:55 うさふぃの評価 | 今観てる| 14が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: 正解するカド(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.5  音楽 : 3.0  キャラ : 2.5

1話の段階ではそれなりに期待していたんだけど…

とりあえず物語に関する評価は随時変えていくとして
声優 ☆3.5 可もなく不可もなく
キャラ ☆2.5 中身があるなという感じのキャラがいない
作画 ☆3 3D補正があるので
音楽 ☆3 可もなく不可もなく

1話の段階というかあらすじの段階ではかなり期待していた
ただ、今は期待とか不安とかよりも心配の気持ちの方が強い
考察系の作品にしてはかなりフラフラしているというか、
僕はわざわざインターステラーを見て、「ここおかしいよ!ありえないよ!」みたいに突っ込むタイプじゃなく、「うん、素晴らしい!」って拍手するタイプなんだけど、それは息をつかせぬ怒涛の展開だったりBGMとマッチした壮大な演出だったり上手く流れでゴリ押しして突っ込む方が無粋な空気を作り上げたり、最終的に素晴らしいカタルシスを得られる結果だったからそうなったわけで、世間でも評価されたわけで

この作品に関してはいまのところ常任理事国の対応等含めて、そりゃそうなるよって当然の話をスローペースで淡々と続けているだけで、4話まできてここがすげえな!ってところがなく、このまま派手さがないとただでさえ視聴者数少なそうなのに評価も割れてしまうのではないかと、なぜか心配してしまう不思議なアニメになっております

いや個人的には淡々と議論をするような作品でもいいんだけど、その場合ストーリーで魅せなきゃいけなく演出や作画も期待できない以上補正もないのでそれはもうハイレベルで考察が渋るようなお話を見せてくれないと厳しいのではないかという思いを抱えさせるアニメ

いま展開されてるエネルギー関連については別にそれ以上なにか展開を予想させるようなお話でもなく興味が惹かれない各国の反応も然り

どうかこの心配事を打ち消すような展開を願ってます

 サンキュー(1)

正解するカドのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
正解するカドのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。