正解するカド(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「正解するカド」

よみがな:せいかいするかど

放送時期:2017年春アニメ(2017年4月~2017年6月)

★★★★☆ 3.4
物語:3.2 作画:3.6 声優:3.4 音楽:3.4 キャラ:3.4
総合得点 62.2
感想・評価 448
棚に入れた人 1822
ランキング 2702
羽田空港上空に突如、正体不明の巨大な立方体が出現する。そこに出発予定だった飛行機が取り込まれてしまう。偶然その飛行機に乗りあわせていた外務省の外交官が、立方体の中でヤハクイザシュクナと呼ばれる正体不明の人?と出会い、日本政府と交渉をはじめるが、、、。

スタッフとして作家・野崎まど、アニメ演出家・村田和也、イラストレーター・有坂あこ、そして『楽園追放』のプロデューサーである野口光一の名前が並んでいる。(TVアニメ動画『正解するカド』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 448

2018.06.12 20:25 Zenoの評価 | 観終わった| 2が閲覧 ★★★★☆ 4.0 評価対象: 正解するカド(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

実写ドラマ風アニメ

世界設定が面白いアニメです。現実の世界を元に作っている上に、キャラの対応も実際にありそうものなので現実でも起こるかもしれないというリアリティを感じる作品です。アニメというより実写ドラマに近いつくりと言った方がしっくりくるかもしれません。

ただ最後の方はアニメ的なつくりになっています。後半が残念と言っている人はドラマ的なアニメという他のアニメにはない雰囲気などを楽しんでいたのに急に方向性が変わったことについていけなかったのでしょう。後半の部分も単独で見れば、そう悪いものではないと感じたかもしれません。

自分は特にこだわりなどはなかったのですんなり受け入れられました。少し寂しい終わり方もよかったです。

 サンキュー(0)
ネタバレ
2018.05.27 13:53 nozzynozzyの評価 | 観終わった| 33が閲覧 ★★☆☆☆ 2.0 評価対象: 正解するカド(TVアニメ動画) 物語 : 2.0  作画 : 2.0  声優 : 2.0  音楽 : 2.0  キャラ : 2.0

TV版と総集編版

TV版の感想: 交渉がベースの話なので、地味な演出が続く。ちょっと退屈だなーと思ったが、まあ話はよく練られているので、1-9話までは良かった。が、10話辺りで超展開を迎えてから、今まで見てきた時間を返せーと切に思うほど全てが台無しになり、最終話まではひたすら意味不明な話が展開し続ける。また、途中から、宗教アニメな美術が続くのも辛い。音楽も1つの曲から切り出したパートを使い回しているだけなのも気になってしまった。流行りなのかcg多用で、人物も何もかもcgなのだが、何かチープなせいで、アップになった時に、mmdドラマ作品のようにみえるのもガッカリであった。総論として、他の人には全くおすすめ出来ない。
総集編版: 2時間に圧縮しなければならない為か、テンポが良かった。が、後半になると、制作側がガス欠になったかのかTV版見てないと解らないような雑なまとめ方になっていく。最後のオチは確かにマシになったが、良いか?といわれたら正直微妙。まあ、TV版が最初からこのオチだったら当時ほど炎上する事もなかったのにとは思うが、結局、総集編もオチのせいで安っぽい話しになってしまうことには変わりがないなーといったところです。

 サンキュー(3)
2018.05.16 01:10 amecyanの評価 | 観終わった| 17が閲覧 ★★★☆☆ 3.5 評価対象: 正解するカド(TVアニメ動画) 物語 : 2.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 3.5

残念料理

わざわざ凄腕の交渉人を用意したのに、物語には活かされなかった
音楽や作画の出来はよく、声優の芝居もがんばっている
けれど、料理の下手さが素材の良さを完全に殺してしまっているように思う

料理下手な人が料理をすると、いい素材を使って、実際に途中までは肉を焼くいいにおいがするのに、できあがると、焼きすぎて固くなりぼろぼろになったかわいそうな料理ができあがったりする

総集編が入っていたことから、現場でも何らかの混乱があったのだろうか

人類の側にも異方の側にも中立な凄腕交渉人が、いったいどんな活躍をして、世界にどんな影響を及ぼしていくのだろうかという期待は、悪い意味で裏切られた

シナリオライターを変えて、もう一度作り直してみて欲しい

 サンキュー(3)
ネタバレ
2018.05.06 13:01 lost316の評価 | 観終わった| 37が閲覧 ★★★☆☆ 3.3 評価対象: 正解するカド(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.5  音楽 : 3.0  キャラ : 4.0

一気見

GWに一気見しました。
良作だったと思います。
終盤にかけての下りは評価分かれているようですが私的にはキャラ、ストーリー共におおむねリアリティある物語だったと思います。

{netabare}
ただ、何人かの方が言ってるようにやはり最後は交渉(話し合い)で解決してほしかったですね。
ザシュニナは隔絶した存在ではあるが対話は可能なので交渉も成立する…って感じになるのかなと。
外務省が誇るネゴシエーターというキャラ付けも生きるし。
超然としていた彼が徐々に人間性を帯びてくるのもその伏線なのかと思ってみてました。
まぁ、神様めいた存在が最後になすすべもなくボコられるのは、あれはあれで痛快ではありましたが。
{/netabare}

 サンキュー(4)
2018.04.22 20:20 scandalshoの評価 | 観終わった| 193が閲覧 ★★★☆☆ 3.3 評価対象: 正解するカド(TVアニメ動画) 物語 : 1.5  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 3.0  キャラ : 4.0

中盤までは秀作、終盤は駄作

最終話まで視聴。0話も視聴しました。

中盤までに大きく広げた風呂敷を一切畳むことなく、力ずくで回収した感じ・・・。

8話までは、確かに悪くなかった。
1クールの縛りのせいか、物語のスケール小さく感じられる点を除けば・・・。
(地球が対象の物語のはずが、バタついている科学者が日本人だけとか無理ありすぎでしょ?)

9話で{netabare}沙羅花も異方の存在だと{/netabare}明かされた辺りから雲行きが怪しくなっていきた。

11話で{netabare}刑部鍍金が{/netabare}登場。しかし、限定配信の0話でしか登場していない{netabare}刑部鍍金を{/netabare}使うとかありなの?

そして、開いた口が塞がらない12話。
{netabare}1.真道幸路朗と徭沙羅花の娘【ユキカ】がヤハクィザシュニナを圧倒する力の持ち主だという根拠は?
 もしかして『サイヤ人と地球人の遺伝子は相性が良い』みたいな話なの?
2.ユキカがヤハクィザシュニナを圧倒する力の持ち主ならば、真道幸路朗が死んでしまう意味は?{/netabare}

作画は良かったし、沙羅花は最後まで可愛かったし、品輪彼方もいいキャラだった。
「終わり良ければ・・・」の逆、「終わり悪ければ・・・」
終盤、この作品は一気に『駄作』という評価になってしまいました。

 サンキュー(53)

正解するカドのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
正解するカドのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。