ボールルームへようこそ(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「ボールルームへようこそ」

よみがな:ぼーるるーむへようこそ

放送中:2017年夏アニメ(2017年7月~放送中)

★★★★☆ 3.6
物語:3.7 作画:3.6 声優:3.5 音楽:3.6 キャラ:3.6
総合得点 61.0
感想・評価 118
棚に入れた人 740
ランキング 3037
やりたい事もなく、進路に悩む中学3年生・富士田多々良はある出来事をきっかけに現役のプロダンサー仙石要と出会う。

仙石に連れられ、小笠原ダンススタジオへ足を踏み入れた多々良は、初めて社交ダンスの世界に触れ、同級生の花岡雫の真摯な姿にショックを受ける。

煌びやかに踊るダンサー達の映像に魅せられた多々良は、再び小笠原ダンススタジオへ向かい…(TVアニメ動画『ボールルームへようこそ』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 118

ネタバレ
2017.10.23 11:53 タック二階堂の評価 | 今観てる| 135が閲覧 ★★★☆☆ 3.2 評価対象: ボールルームへようこそ(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 3.5  声優 : 3.5  音楽 : 3.0  キャラ : 2.5

「はじめの一歩」社交ダンスバージョン。

何をすればよいか分からない
平凡な中学生・富士田多々良は
ある出来事をきっかけに社交ダンスの魅力に
引き込まれていく。

「何か一つでいい、好きだと言えるものがあれば」
今の自分から変わるため、
多々良は社交ダンスの世界へ飛び込む。

多々良の成長を圧倒的な「熱量」で描く、
唯一無二の青春ダンスアニメ、ここに開演!!
(公式サイトより)

原作は月刊少年マガジン連載中のコミック。
初回の印象は、いかにもマガジン的な感じ。
導入は「はじめの一歩」そっくり。
ボクシングが社交ダンスになったところかね。

まあ、そういう意味では…
・何の取り柄もない君が社交ダンスに出会う
・鷹村みたいな先輩に引きずられてその道へ
・取り柄はないけど、才能と努力は人一倍
・強力なライバルたちを次々と倒していく
という約束されたサクセスストーリーがある
わけで、安心して観られるという強みが
あります。

とりま、継続視聴していきましょうか。

==========第4話視聴後、追記です。

面白くなくはないんですよ。ベタなスポ根
アニメですしね。
ただ、それだけに各キャラが“ありがち”
すぎて。全部どこかで見たようなキャラ。

これが、いまいちハマり切れない要因です。

==========第9話視聴後、追記です。

まあ、2クールなのでのんびりとした展開です。
まだ天平杯やってるんですから。

その割には、多々良がもの凄い勢いで成長して
めっちゃ上手くなっていますね。

特に褒めているわけでもないですが…

==========第12話視聴後、追記です。

ここから2クール目ですかね。
帳尻を合わせるかのように、ストーリーは
一気に高校入学まで飛びます。

なんか、こう、アニメを見る目にバイアスが
かかっているのか。スルーできないことが
増えたんですね、自分自身に。

賀寿が同じ学校だった、ってそんな都合のいい
話があるかっていう…

2期でメインヒロインとなるであろう千夏
(CV:赤崎千夏は意図的なキャスティング?)
との出会いが、まあありがちありがち&ありがち。
「社交ダンス? ダッサ」からの仙石の出てる
大会でばったり出会っちゃうとか、もうね。
こういうマイナススタートから、だんだん距離が
近づく的な展開って、手垢がつきすぎてシラーッと。

ストーリー展開と尺にエピソードの量が適切
なので観れなくないといった感じですが、
舞台の設定の仕方がベタベタなのがちょっと。

==========第15話視聴後、追記です。

なんというか、多々良の性格と行動が謎というか。
オドオド君なのに、妙に頑固というか意固地
なんですよね。原作からいろいろ端折ってるの
かしら…

カップル練が必要だって言ってるのに、個人練
したいから別々にとか、リーダーのリードが
優先されて採点されるって言ってるのに、
パートナーを見せたいとか、
実力不足だからまだ早いって言ってるのに、
勝手に大会にエントリーするとか…

観てる方も、明らかに違うだろって思う方向に
行こう行こうとして、案の定失敗して愕然と
するという流れ。うーん…

==========第16話視聴後、追記です。

いくら、いつもと違う感覚だったからって、
呆けて試合に出るの忘れるって、そんなことある?
ちーちゃんだって、そのまま忘れてたわけ?
わざわざ先生の言いつけを破ってまで静岡に
行ったのに?

こういうとこなんですよねぇ…

 サンキュー(7)
ネタバレ
2017.10.22 16:04 ~アニヲタ獣医学生~の評価 | 今観てる| 101が閲覧 ★★★★☆ 4.0 評価対象: ボールルームへようこそ(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.5  声優 : 3.5  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

姿勢を変えれば景色が変わるんだ!(2クールですよ!)

最近ユーリとかスポーツ系が流行ってるけど、この作品も素晴らしいと思う!ダンスに打ち込む情熱的な感情がひしひしと伝わってくる作品だね♪
作画がやはりすごそうなのと、曲がUNISON SQUARE GARDEN! これがやはり決め手なのかもしれないね
とて~も楽しみですね♪ 早くみたいね♪

特別番宣の映像見たけど、作画があつすぎる!女性もカッコいいというのが、ダンスですごく表れている!
2クールやってくれるかなぁ♪ 
{netabare} 原作読んで大好きになった!この作品!アニメ見れて嬉しいなぁ♪ {/netabare}

少し演技に違和感があるかね。慣れるかな?


1話、彼は自分の将来をどうするか悩んでいた…
そんな中、成績優秀なきれいなあのこも進路が決まってない、安心していた。
町で絡まれて(本来ならおもちゃのお金渡すよね♪仙石さん)助けてもらい、なぜか小笠原事務所へ。
彼は立ち方一つで世界が変わったように見えた。
まだなれない。それは彼女にとって、冷やかし、舐めているように見えたのだろうか…目指してみようと思うもレッスン代の高さ。しかし彼はそんな世界に魅了された。
仙石さんはたたらが舐めたように聞こえたんだろう。
彼の才能は、見るということ。模倣するということ。
靴がボロボロになるまで…朝まで、夜が明けるまで…
気がつかないほどに。はまってしまったきっかけ。
(女性キャラのエロさとかセクシーでたまらないんですよね♪)

アニメでもそんな悪くない!躍動感出てていい!
(この感じだと、まこちゃん超かわいいだろうな)
兵藤くんイケメンだ!

2話、改めてみると皆かっこよくてきれいだなぁ♪
天才が多いこのせかい(笑) 兵藤という天才の壁。
見てると楽しいなぁ! 社交ダンスすげぇ!
たたらくんが憧れる理由はわかるぞい!
戦場だよな。 兵藤おもしろい(笑) 
イメージとのギャップ♪ セクシーです花岡さん♪

結局のところ、自分の目指すものが決まってる人ってのは輝いて見えるんですよ!思いが強いほど!

たたらくんは目で盗む。最高のもの持ってますね♪
たたらくんは1回で盗むぞい!(自信もて!)
完全な実践型だ! 煽るのうまい仙石さん♪
モヤモヤする花岡さんかわいいね♪

兵藤がやる気がないわけないだろ!(岡本さんワロス
超作画! シャドーで幻見える。これこそ天才。
ここからたたらの成長が見られると思うと楽しみ~♪

3話、基礎を押さえたたたらくん。そしてアマチュアの大会。戦場。そうここは…
そして岩熊さん。仙石さん(笑) 雫エロいね(笑)
兵藤の困り顔すこ(笑) さすがにフルで動かす時間はないけど、力入ってるね~♪ トェェェイ
兵藤舐めんな!っていいたいんだろうね。
アクシデント…兵藤事故。そこで登場!たたらくん!
(いやいや別人で失格でしょ(笑))
たたらくん。兵藤くんを真似る!ここからオリジナルですか!(マジもんの寝とりみたい。)
でも楽しそうだ! 兵藤をあつくさせたな!

4話、替え玉で違反だが、やってしまった。
兵藤をあつくさせてしまったたたらくん。
たたらくんにそれほどの何かがあったんだな。
でも兵藤も楽しく踊れたんだね。
そしてついに来ましたね! まこちゃんだ!
ちょうぜつかわいいんだな! そしてガジュ登場

5話、もうまこちゃんがヒロインでいいんじゃないか?
(超絶かわいい)
ここからたたらくんの男らしさが上がります!
まこちゃんとのカップル、どこまでいけるのか?


(緋山っちのところまでしっかりやりそうだからうれしいねぇ♪)

6話、ついにたたらとまこちゃんのカップル。
これが4人の成長に繋がる。非公式試合で対戦。
ここからたたらくんがすごいぞ~♪
でもやっぱガジュもうまいんだな。
クイックステップで勝負!仙石さんじきじき!
一度見たらもう自分のもの!それがたたらくん!

ここから見所がさらに!自分もダンスしてみたい!

7話、とにかくまこちゃんがかわいすぎだな!
こりゃあいい!(後半。ガジュがシスコンになります
というかもうシスコンです。)
たたらくん楽しそうに踊るなぁ♪そしてまこちゃんも楽しそうだ!
このぶつかった時のたたらくんの堂々とした感じがもっと迫力欲しかったかな?
おーっとここでマリサ登場。そして兵藤くんも。

8話、たたらくんはもっと早くにダンスに出会いたかった。だがそんなことは関係ない。兵藤くんは的確に見透す。倒す相手は雫だと。自分のパートナーにいっていいことではないが、まこちゃんを勝たせる。
まこちゃんの額縁に、たたらがなる。際立たせる。
まあ、ただ言える。まこちゃんは可愛すぎるんだ!
仙石さんも困ったかおしてるよ(笑)
たたらくんのダンスは気づいたら魅いってしまう。
彼の笑顔に魅せられる。
たたらくんの意志にまこちゃんの決意も固まる。どんなダンスがしたいのか。自分のダンスが。

9話、額縁になる。たたらくんが。これは一人の力で勝つのではなく、二人で一人を越える1話です。
初めてだとしたら緊張はヤバイよな、そりゃあ。
本当にいい笑顔をする。楽しそうに踊る。そんな彼は皆を奮い立たせる。ダンスしたくなるみんなです。
額縁が花を際立たせる。やはり天才。
まこちゃん、キレイだな…咲いたね♪花が!

10話、兄妹の回想。こうして社交ダンスと出会った。
ガジュは気をとられて失敗する。それは審査員しか気づかないほどだが…
(今回は静止画が多かったのが残念かな~。来週は予告の時点で結構動いてるから楽しみ)

11話、兵藤と仙石さんの踊りたそうなところいいよね
たたらくんとまこちゃんは7位だったけれど、それでも
まこちゃんの額縁になれた。まこちゃんは花として咲いた!
雫…悔しいよね…勝てなかったもん…
次回から新たなスタートか。もうすぐたたらくんのカップルパートナーの登場だな!ちーちゃんだな!

新opかっこいいな♪

12話、高校生になった、たたらくん。これがちーちゃんとの最初の出会い。新しい学園生活。
そしてガジュくんも同じ学校でしたね。
うーん、このシスコン。

仙石さんかっこいいな!たたらくんはその姿を見て、なにかを学ぼうとする(仙石さんにその気はなかった、レッスンではないんだな…)
いい演出だな!
そしてカップルケンカが始まりまーす(笑)
たたらくんモテる~♪ ここでちーちゃん登場。

13話、ちーちゃんと本郷さん、尊い。
ちーちゃんもなんだかんだまんざらでもない。
ここから始まりですな♪

14話、心が動きつつあるちーちゃん。ダンスするか。
あきらちゃん(悠木さん)、いろんなキャラやってるんだなぁ。ちーちゃん、決心しましたな!

煽られるなぁ、二人とも。それでちーちゃんも練習通りに踊れないっていうのも大変だな。
そして今度はたたらくんがちーちゃんに合わせる。
そしてライバル登場だよ。優勝できなかった。
相手は釘宮さん。強いんだよね。

15話。たたらくんは何か思い詰める。自分がリードできないこと。だから頼る。兵藤くんを。マリサを。
釘宮組はうまい。口は悪いけど。
ちーちゃんを無視なんてさせない。かっこいいこと言うね~♪
トルカチェフ(変態)何があった!

16話。グランプリに出場。だがガジュと兵藤くんはいませんぞ(笑) 代わりに別の2つのカップルが…
何かをつかみかけてはいるが、つかめない…
ちーちゃん、暴走しない… しっかりしてる。
釘宮さんには皆が⚪⚪⚪に見える… 
何かをつかんだ…ゾーンに入ったか? 
そして次に出忘れる(笑) そしてバレてる(笑)

そして合宿ですな。釘宮さん、面白いからな。(盛大にカットしましたね(笑))
喧嘩はするんだな…課題だな…

もしかしたら、後半はアニオリが多いのかもな。



そしてたたらは仙石のもとを離れ、マリサのところへいくことを決意する。
グランプリに出ることも。

 サンキュー(11)
2017.10.18 18:05 にゃん^^の評価 | 今観てる| 322が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: ボールルームへようこそ(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

「タタラ!!! on FLOOR」♪

公式のINTRODUCTION
{netabare}
{/netabare}

スタッフ{netabare}
竹内友:「ボールルームへようこそ」(講談社「月刊少年マガジン」連載中)
監督:板津匡覧
シリーズ構成・脚本:末満健一
キャラクターデザイン:岸田隆宏
総作画監督:千葉崇洋/本田真之
アクション作画監督:向田 隆/梁 博雅
プロップデザイン:小林 祐
キーアニメーター:竹中真吾
美術設定・美術監督:立田一郎
色彩設計:佐藤真由美
撮影監督:田中宏侍
CG監督:伊東巧右平
編集:植松淳一
音響監督:菊田浩巳
音楽:林ゆうき
アニメーション制作:Production I.G

OPテーマ:UNISON SQUARE GARDEN
EDテーマ:小松未可子
{/netabare}
キャスト{netabare}
富士田多々良:土屋神葉
花岡雫:佐倉綾音
兵藤清春:岡本信彦
赤城賀寿:富田健太郎
赤城真子:諸星すみれ
仙石要:森川智之
円谷環:能登麻美子
{/netabare}


1話ずつの感想

--------------------キリトリ線--------------------

Heat.1 小笠原ダンススタジオへようこそ
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:末満健一 絵コンテ/演出:板津匡覧 作画監督:千葉崇洋/名倉智史

やりたい事もなく、進路に悩む中学3年生・富士田多々良はある出来事をきっかけに現役のプロダンサー仙石要と出会う。

仙石に連れられ、小笠原ダンススタジオへ足を踏み入れた多々良は、初めて社交ダンスの世界に触れ、同級生の花岡雫の真摯な姿にショックを受ける。

煌びやかに踊るダンサー達の映像に魅せられた多々良は、再び小笠原ダンススタジオへ向かい…
{/netabare}
感想
{netabare}

新しいスポ根アニメはじまったね☆


何もしたいことがなくって進路に悩んでる多々良クンが
社交ダンスに出会って自分もやってみたい!って
お金もないのに小笠原ダンススタジオに入会しようって
ガンバルおはなしだった^^


男のキャラデザがワイルドな感じのイケメンでかっこいい♪
ダンスも「ユーリ!!! on ICE」ほどじゃないけどかっこいい☆

はじめて「これがやりたい!」って思ったモノに出会えた
うれしさみたいなのが伝わってきてよかった^^

ちょっとラブコメっぽいところもあって楽しみ♫

つづきが楽しみ☆彡
{/netabare}
{/netabare}
Heat.2 兵藤清春
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:末満健一 絵コンテ:板津匡覧 演出:白川巨椋/むらた雅彦/守泰佑 作画監督:富田恵美

小笠原ダンススタジオでレッスンを受けることになった多々良。だが、覚えが悪く、上達するのはいつになるやら…。そんな中、初めて連れて行かれた試合の会場にて、多々良は雫と、彼女のリーダーである兵藤清春のダンスを目の当たりにする。その迫力に圧倒された多々良が、次の日、余韻に浸りながらスタジオに向かうと、なんと兵藤清春本人と遭遇。でも、そのイメージは試合の時とはどこか違っていて……。
{/netabare}
感想
{netabare}

雫とおどるアマチュアチャンピオンの兵藤清春クンのダンスかっこよかった☆
でも、ふだんはあくびばっかりしててたいくつそう?

天才で努力なんかしなくってもうまく踊れて
パートナーの雫のことなんかちょっとバカにしてるみたい?
ってたたらはそう思ってたんだけど。。

だけど清春クンからお下がりのパンツもらうことになって
ダンススタジオやってる清春クンの家に雫についてったら
1人で練習してる清春クンを見ちゃったの!

1人で踊ってたんだけど
たたらの目にはいっしょに踊ってる雫まで見えたんだ。。

それってパートナーのことを考えて
気をつかいながら踊ってたから?

。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+*゚ ゜゚ *+:。.。:+*゚ ゜゚ *+:

今まで恋のライバル(?)みたいな感じで見てたけど
清春クンのシャドウダンスを見たたたたらクンがきゅうに変わって
たたらクンに恋する乙女モードになったところはおかしかったw

ちょっとBL入ったかな?って思ったけどそんなことなさそう
ワルツの基礎ステップも一生けんめいに練習して
ちょっとの間に要さんの目に清春クンの相手の雫のシャドウが見えてた!?


さいごはたたらクンもかっこよかった☆
{/netabare}
{/netabare}
Heat.3 ワルツを踊れ
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:末満健一 絵コンテ:野村和也/板津匡覧 演出:江副仁美 作画監督:高橋英樹 / 石川真理子

仙石らに連れられて、三笠宮杯の会場へとやってきた多々良。兵藤・雫ペアの踊りに圧倒されながらも、未知なるダンスの世界に思いを馳せて心がうずく。そんな中、スタンダード2次予選を前に兵藤が姿を消してしまい――?
{/netabare}
感想
{netabare}

兵藤クンの代わりに2次予選でワルツを踊ってみたら踊れちゃった。。

ところどころおかしなところがあったけど
じょうずなところはとってもうまく踊れてて
雫と合わせたことないのに自分のステップで踊りきっちゃった。。


おくれてきてそれを見た兵藤クンはやきもち?
多々良クンに「かえせー!!」って。。

★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★

多々良クンってやっぱり天才?
ってゆうか自分の好きなことって集中するしうまくなれるのかも?


ロボットアニメとかで
1度もロボットにのったことがない主人公が
たまたま乗ったら動いて
そのまま敵をやっつけちゃった。。とかってあるけど

今回のおはなしってそのスポーツ版かな^^
よくあるパターンだけどアツいよね^^


でも、これってどんなにうまく踊れてたって失格じゃないのかな?

あと、兵藤クンって毎年2位の人につき落とされたとかなのかな?
そうだったら気持ちが悪いけど。。
{/netabare}
{/netabare}
Heat.4 ダンサーズ・ハイ
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:末満健一 絵コンテ/演出:佐藤雅子 作画監督:折井一雅/下妻日紗子/千葉崇洋/本田真之

姿を消した兵藤の代わりに、初めてフロアに立ち、何とか一曲を踊り切った多々良。その多々良と雫のダンスを目にして胸に火がついた兵藤は、仙石の制止を振り切り、次の種目に出場する。いつもと違い、凄まじい気迫で情熱のタンゴを踊る兵藤。その目は多々良を見据えていて――!?
{/netabare}
感想
{netabare}

兵藤クンのダンス何だか分からないけどすごかったぁ!
ダンサーズ・ハイってゆうんだね^^
ランナーズ・ハイってゆうのは聞いたことあったけど

体って超苦しくなると
自分で脳内麻薬とか作って痛みを止めようってするんだって
それでランナーの人とかは走ってて幸せな気もちになるどかって。。
ダンサーズ・ハイってゆうのもおんなじなのかな?

仙石さんが「とうとう正体あらわしやがった」ったっていってたけど
兵藤クンって正体あらわしたとたん
ムリしすぎて足をこわしちゃったみたい。。


多々良クン家に遊びに来て「雫をたのむ!」って言って帰ったけど
半年間の出場停止でも、治らないくらい悪いのかな?
兵藤クンってライバルかな?って思ってたけどちがうのかも?


あと、岩隈さんっていい人だったんだね^^
先回、つき落とした?とか書いちゃってごめんなさい^^
{/netabare}
{/netabare}
Heat.5 パートナー
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:末満健一 絵コンテ:原恵一 演出:いとがしんたろー 作画監督:名倉智史

小笠原ダンススタジオに突然やってきた、赤城賀寿&真子の兄妹カップル。兄の賀寿は兵藤が出場停止となった隙をついて雫とペアを組もうとする。雫がOKの返事をしたことで、練習を始めた2人。一方、多々良は取り残されてしまった真子と一緒に…?
{/netabare}
感想
{netabare}

とつぜんやってきた赤城賀寿と真子の兄妹のおはなしで
賀寿クンはコンペで5位だったのを真子のせいにして
雫とカップルになりたいって。。

雫は兵藤クンとか仙石さんが
自分に足のことだまって踊ったことにおこって
賀寿クンのさそいを受けちゃった。。

でも、それってほんとはもしかして
多々良クンに自分のパートナーだって言ってほしかったのかも?
ってにゃんは思った。。


それで仙石さんはかってに真子のパートナーをやめた賀寿クンにおこって
真子と多々良クンを組ませようって2人でおどらせたら
多々良クンってパートナーの気もちを感じるのがうまいみたいで
とってもよくリードできたの☆

これだったら2人でおどって
賀寿クンにダンスがうまくなかったのは自分のせいだったって思い知らせて
元のコンビにもどせば
多々良クンが雫のパートナーになれるかも☆彡


ちょっとラブコメっぽいところもあったし
兵藤クンがかっこつけたすぐあとに反対方向の電車に乗っちゃうところとか
シリアスからきゅうにギャグに変わってオチもよかった☆

次が楽しみだけど来週ってお休みなんだ^^;
{/netabare}
{/netabare}
Heat.6 ライン・オブ・ダンス
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:末満健一 絵コンテ:原恵一/板津匡覧 演出:井之川慎太郎 作画監督:飯飼一幸/斎藤雅和/津熊建徳

真子を放って兵藤のかわりに雫とカップルを組もうとする賀寿。そんな賀寿に真子を認めさせ元のカップルに戻すべく、多々良は勝負を挑む!! しかし、いざ真子と組んで練習を始めてみると問題続出で……!?
{/netabare}
感想
{netabare}

問題続出ってゆうけど
問題は「ライン・オブ・ダンス」って知らなかったからじゃない?

みんな反時計回りに回ってるのにまわりも見ないで踊ってみんなにぶつかって
そのたびに止まって。。ってしてたらダンスにならないから^^


でも、まだ始めたばっかりだしそんなのすぐに覚えちゃうみたい

それより踊りながら真子のことかばってあげられるし
やさしいだけじゃなくって仙石さんのステップ見ただけで
すぐ踊れるようになっちゃうのってやっぱり天才なんじゃないかな?


真子からの電話で
ダンスをはじめてからみんなが自分にやさしくしてくれてることに気がついて
出た言葉が「ぼくをフロアに立たせてくれてありがとう!」って

それで
えんりょはしない。。ガンガン攻める!
そんなかっこいいことダンスでは許される
って気がついて気もちが変わったみたい☆

自信があるから踊ってて楽しくって見てても楽しい♪

今回は多々良クンの覚醒回だったみたい^^


あと、ヒロインはあんまり多々良君にからんでこない雫より
真子のほうが合ってるみたい☆
{/netabare}
{/netabare}
Heat.7 天平杯
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:末満健一 絵コンテ:野村和也 演出:鎌田祐輔 作画監督:植田実/福原麻衣/大島貞生

多々良と賀寿の決戦の場、天平杯。初めてのエントリー試合に緊張を隠せない多々良だが、同じように緊張しながらも微笑みを浮かべる真子の姿に気合を入れ直し、フロアへの一歩を大きく踏み出す。一方、多々良たちの踊りを見て賀寿にも火が点いた! 多々良たちは一次予選を勝ち抜くことはできるのか――!?
{/netabare}
感想
{netabare}

多々良クン1次予選は緊張してたけど
兵藤クンのステップで楽しく踊れたみたい
それを見て賀寿クンも燃えて。。みたいな感じで

2次予選で多々良クンたちが
だれもいないフロアのセンターをとったところはかっこよかった☆

あと兵藤クンとぶつかってめちゃキレて
2次が終ってから頭突きとかしてきたけど
ダンスって踊り以外で選手どうしがケンカとかしてても
失格とかにはならないのかな?

そのときに兵藤クンに言われた
「基本すっとばしてカッコばっか、ダンスなめてるのか!!」がきいたかな
さいごは基本をちゃんとやるみたい
来週も楽しみ☆彡


でも、ダンスのスポ根パートもおもしろかったけど
兵藤家の兄妹ゲンカと真子のパットバラマキ事件がおかしかったw
あんなにたくさん持ってきてたのかな?w
{/netabare}
{/netabare}
Heat.8 現実
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:末満健一 絵コンテ/演出/作画監督:奥野治男

天平杯準決勝。試合で4種目続けて踊ることが初めての多々良は、早くも体力の限界が近付いていた。その様子を見た仙石は、バリエーションを止めるようにと声をかける。他の選手達とのキャリアの差にショックを受ける多々良。そんな中、その場に現れた兵藤が多々良へ放った一言は…
{/netabare}
感想
{netabare}

今週もアツかったね☆


仙石さんのダンスをするのにスタミナが足りないってゆう現実が分かって
多々良クンちょっと落ち込んじゃったけど
兵藤クンから「雫に勝て!」とか「額縁になれ」って言われて
やっと自分がどうしたらいいか見えてきたみたい。。


立ってるのもやっとみたいな多々良クンががんばって踊ってるところは
思わず応援しちゃった☆

でも、それってちょっと間違ってたみたい?
自分がうまく踊ろうって思ってて
真子のことはあんまり考えてなかったみたい

ホントは真子をうまく躍らせなくっちゃダメだったのかも?


それにしても兵藤クンのお母さんってちょっと。。^^;
{/netabare}
{/netabare}
Heat.9 花と額縁
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:末満健一 絵コンテ:吉田泰三 演出:いとがしんたろー 作画監督:石川真理子/折井一雅

いよいよ決勝戦。多々良は真子の「額縁」になる決意をもって、決勝のフロアに臨む。決勝最初の種目はワルツのソロ演技。真子を「花」とするために「額縁」に徹する多々良のダンスは、いつしか会場を魅了していき……。多々良が出した、「花」と「額縁」の答えとは――?
{/netabare}
感想
{netabare}

ふだんはオドオドしてるけど
ここぞってゆう時は落ちつける多々良クン

ベーシックだと思ったら
ありったけの技を入れて舞台構成まで考えてリードする多々良クン

真子のお願い聞いてあげて額縁ってゆうか黒子みたくステルスになって
お客さんに花役の真子しか見させなかった多々良クン


ダンスは真子が主役だったけどおはなしの主役は多々良クンで
うまい人たちはみんな多々良クンのほう見てたみたい^^


それから赤木兄妹の思い出のおはなしがあったけど
賀寿クンが雫と組むことにしたのは「どうリードされたいか?」って聞かれて
真子が「お兄ちゃんのジャマにならないようにするから」なんて言ったからで
賀寿クンが真子のこときらってたからじゃなかったんだよね。。


今回のダンスはよかったみたいだけど
審査員の人たちが真子のことしか見てなかったから
次の賀寿×雫コンビよりいい点もらえないかも?
{/netabare}
{/netabare}
Heat.10 ボルテージ
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:末満健一 絵コンテ/演出/作画監督:黄瀬和哉

多々良と真子の演技を目の当たりにした賀寿は、ダンスを始めた幼い日から今日までの出来事を思い出す。真子にせがまれて初めてダンス教室を訪れたこと。ジュニア大会の表彰式で、ある人物から嬉しい言葉をかけられたこと。やがて成長し、真子以外のパートナーと組むように勧められたこと――。そして今、雫とカップルを組む賀寿は、雫とのダンスに大きな手応えを感じていた。だが突然、集中の糸がプツンと切れて、上手くリードできなくなってしまい……!?
{/netabare}
感想
{netabare}

賀寿クンがうまくリードできなくなったのってほんのちょっとだけで
あとの3種目はうまく行ってるみたい^^


今週は真子と賀寿クンの小さかったころのおはなしからはじまったけど
ダンスをやりたいって言ったのは真子で
お兄ちゃんと。。ってムリにたのんでつき合ってもらったけど
賀寿クンがダンスをやりたいって思いはじめてどんどんうまくなってった

真子は体が小さいから賀寿クンといっしょだとついてくのが大変みたいで
賀寿クンの方がほめられて。。
パートナーはやめたほうがいい。。ってゆう感じだったみたい

でも、この2人ってきっとブラコン、シスコンだって思うな^^
きっといっしょにもどりたいって思ってる☆


真子と多々良クンは
今回のダンスは2人のラストダンスだって思って踊ってる。。
それってこの勝負に勝って兄妹コンビにもどるってゆうことだよね☆


さいごのステップはクイックで仙石さんの特別バリエーション
真子からも今回は多々良クンの好きにおどっててって言われてるし
どんなダンスが見られるのかな☆彡
{/netabare}
{/netabare}
Heat. 11評価
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:末満健一 絵コンテ:板津匡覧/原恵一 演出:江副仁美 作画監督:名倉智史

決勝最終種目、クイック・ステップ。多々良は仙石から伝授された特別バリエーションで、天平杯のラストダンスに挑む。しかし、体力の消耗と共に多々良の足は重くなっていき、初心者ゆえの技術不足が露呈してしまう。それでもなお、多々良の一挙手一投足が審査員や観客たちの目を引きつけてやまない。それは、純粋に「見てもらいたい」という一心で踊る多々良の感情が、見る者に伝播していたからだった…。天平杯、ついに決着!
{/netabare}
感想
{netabare}

ヘタなのにみんなが見るダンスってなんだろう?
楽しそうに一生けんめいおどる多々良クン見てたら
なみだが出てきちゃった。。

ぜったいに勝たなくっちゃってゆう勝負で賀寿クンたちは1位
多々良クンは決勝でビリの7位

でも、フロアで最もかがやいてたパートナーにおくられる
ボールルームクィーン賞をもらって
お兄ちゃんの賀寿クンと帰ってった真子がうれしそうだった☆


自分のことへたくそって言いながら1人で泣いてた雫は
うまくって1位になったのにかわいそうだった。。
{/netabare}
{/netabare}
Heat.12 出会い
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:末満健一 絵コンテ:野村和也 演出:佐藤雅子 作画監督:植田実/折井一雅/石川真理子/千葉崇洋/本田真之

春。無事に高校生となった多々良だが、1日目から不良に絡まれてしまう。そこへ助けに入った上級生は、なんと賀寿だった。意外な形で再会を果たしたダンス仲間と共に幕を開けた多々良の新生活。当面の目標は、雫が留学を延期した1年以内に、また同じフロアに立つことだ。そして仙石を観に東京ダンスグランプリの会場に赴いた多々良が、偶然出会ったのは…!
{/netabare}
感想
{netabare}

忘れてたけど多々良クンってまだ中学生だったんだ^^


今回は高校生になったところからで
自己紹介でダンスが好きって言ったら
前の席の女子(緋山千夏)が「だっさ!」って言ったけど
その子とグランプリの会場で会っちゃった^^

これってフラグだよねw
多々良クンの次の相手ってたぶんこの子じゃないのかな?^^


それで今回のグランプリで多々良クンが
はじめて試合で踊ってる仙石さん見てすごい感動してたみたい☆

でも、パートナーの人となぐり合いのケンカしてたけど
社交ダンスってけっこう乱暴な人多いのかな?

そう言えば学校で上級生にパシリにされてたとき
助けてくれた賀寿クンもとっても乱暴だったw


雫は正ヒロインだって思ってたけど
何だかライバルポジションだったみたい。。
いつか組んだりするのかな?

それまでは何人も相手を変えてくのかな?
EDも千夏が出てたから来週からはやっぱりこの子がヒロインみたい
真子とぜんぜんタイプがちがうみたいだけどツンデレかな?
{/netabare}
{/netabare}
Heat.13 お見合い
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:末満健一 絵コンテ:原恵一 演出:いとがしんたろー 作画監督:植田実/大島貞生

多々良は後楽園ホールでクラスメイトの女子にバッタリ出会う。教室では社交ダンスをダサいと言っていた彼女が、何故ダンスの競技会を見に来ていたのか? 次の日、意外にも彼女のほうから話しかけてきたが、ダンスではなく仙石組のルックスが好きなだけと言い放つ。さらに仙石組のサイン目当てで小笠原ダンススタジオまでついてきたという彼女=緋山千夏に、多々良は振り回されるばかりで……。
{/netabare}
感想
{netabare}

今日はおかしかったw

千夏は会場では多々良クンに
「明日学校で話しかけないでよね!」とか言っておいて
次の日自分のほうから機能のダンスのこと話しかけてきたりって
いちいちそんな感じ。。

それに仙石さんたちにはもじもじしてるのに
多々良クンには強気でw


うん、おもしろい子^^

やっぱりダンスはやってたみたい
やめたって言ってたけど
多々良クンの練習につきあってくれるくらいだからダンスが好きなんだよね?


それで今日のおはなしは
千夏をリードしてみたらぜんぜんダメ
多々良クンのリードが千夏に伝わらないの。。

それでためしに多々良クンにパートナーさせて
千夏にリードさせたら今まで知らなかったポーズまでできちゃった!?


7か月やってたけど
多々良クンってきっとじょうずなパートナーとしかやったことなかったから
きっと自分がリードがヘタなんだって気がつかなかったんじゃないのかな?


はじめてから7か月もたってたんだね
兵藤×雫ペアは多々良クンが次の大会に出てくるの待ってるみたい☆
{/netabare}
{/netabare}
Heat.14 結成
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
パートナーがなかなか見つからない多々良は、千夏と踊ったことをきっかけに自分のリードへの自信を失いかける。そんななか多々良は、バイト先のカフェの娘・明も競技ダンスをしていることを知る。しかも明と千夏はジュニア時代に女子同士でペアを組んでいた仲だというのに、今はどうにも険悪な様子。なんと明への対抗心から、千夏は多々良とカップルを組むと宣言してしまい……。
{/netabare}
感想
{netabare}

お見合のつぎだから結婚。。じゃなくって結成だったねw

明の話し方は「サクラダリセット」の菫っぽかったかな?
春埼にちょっときつい話し方してたときの^^


ダンスってにゃんが思ってたのとちょっと違うかなぁ。。
男の人と女の人は仲が良くって女の人はやさしそう。。とか

でも、ホントは気が強い人が多いのかな^^
こわそう^^

あと、なんだかリッチな感じだって思ってたけど
会場にビニール広げて着がえもそこで。。とかってw


それで女どうしのケンカはアルアルかな^^

こっちはこの前の仙石ペアみたくなぐり合ったりしなかったけど
かなり仲が悪いみたい。。


それで今日のメインって
いっしょに組むことになった千夏の気が強くって
ダンスまで自分がひっぱろうってしちゃった。。ってゆうおはなしかな?

それで多々良クンは自分がリードするのやめて
千夏に合わせたら意外にうまくいって
ノービス優勝!って千夏は思ったみたいだけどザンネン。。

もしかしてこれで自分がリードしちゃダメなんだ。。
って千夏が気がつくのかな?
勝つためには多々良クンのリードに合わせなくっちゃダメなんだって。。


それにしても社交ダンスって
女子の方が多いのに公式戦は男女ペアじゃないとダメって
なんだかかわいそう。。
{/netabare}
{/netabare}
Heat.15 じゃじゃ馬ならし
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:末満健一 絵コンテ:佐藤雅子 演出:江副仁美 作画監督:片桐貴悠/清水奈津子/千葉崇洋

マリサにずるいと言われたことが頭から離れない多々良は、千夏とのカップル練を断ってまでマリサのスタジオを訪ねる。そこではノービス戦で優勝した釘宮達がレッスンを受けていた。多々良は釘宮と組んで踊ることになったのだが、まともなリードをすることができない。逆に釘宮の力強いリードには逆らえず、いいように振り回されてしまい……。
{/netabare}
感想
{netabare}

今週は今までの多々良クンのダンスがまちがいだったって言われて
ふつうだったら落ちこんじゃうところなのに
それでもめげないで行こうってする
多々良クンがちょっと男らしくなった回だったかも^^


男女ペアじゃないとダメってかわいそうって先週の感想で書いたけど
ダンスの世界って男の人のが主役で女の人がサブなのかなって思ったら
サブになれるのは大会とかで上位になった人だけみたい
そこに行くまでは女の人はただの道具ってゆう感じみたい。。

多々良クンはたぶんにゃんとおんなじで
女の人がただの道具だなんて思いたくないんじゃないのかな?
それで悩んでた。。
でも、マリサ先生はそれじゃダメだって。。


それってパートナーは道具みたいだけど
水泳に使う水着みたいかもって思った。。

ふつうの水泳大会だと勝っても水着がよかったからなんて言われないけど
オリンピックみたいなすごい選手があつまるところだと
水着で勝ち負けが決まっちゃうって聞いたことがあるから。。

だから多々良クンが水泳選手で自分の水着をじまんしたかったら
オリンピックまで行かなくっちゃってダメって言われたのといっしょかも?

多々良クンはそれが分かったのかな?

仙石さんはすごい人で多々良クンはいろいろ教わったけど
今のじぶんには基礎から教えてくれる人が必要って気がついて
ダンススクールを変えることに決めたみたい。。


「仙石さん」が「先生」にかわったところはちょっとジーンってなった。。
教えてもらうってゆうのはすごいことだったみたい☆


それでもマリサ先生のアドバイス聞かないで
かってにグランプリに応募しちゃうんだけどw

こうゆうのってスポコンとかでよくあるよね^^
主人公がかってにじぶんの力以上のことしようってするの。。

それがうまくいっちゃうこともあるけど
ふつうはぜんぜんダメだったりするんじゃないのかな?


あと、仙石さんのライバル?ラテンの世界ナンバー3の人
ある人生の幸せ。。って言ってたけど
もしかしてBLに目ざめたとかだったのかな?w
{/netabare}
{/netabare}

 サンキュー(41)
2017.10.15 20:57 北山アキの評価 | 今観てる| 14が閲覧 ★★★☆☆ 3.6 評価対象: ボールルームへようこそ(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 3.0  声優 : 4.0  音楽 : 3.0  キャラ : 4.0

タイトルなし

原作未読

15話まで観て
第1クールもそこそこ面白かったけど、、
第2クールに入ってからぐっと面白くなったと感じる。
ヒロインが交代したからだろう。
ヒロインズの中では、ちーちゃんが一番女の子っぽくて魅力的。

 サンキュー(1)
2017.10.10 00:41 アオイの評価 | 今観てる| 66が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: ボールルームへようこそ(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

首がキモイ

おしい、漫画はそうでもないようなのだけどアニメで首長すぎなのと、はじめの一歩のパクリに見えるのがおしい。
2期続けてのようだ、明が俺のヒロイン

 サンキュー(2)

ボールルームへようこそのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
ボールルームへようこそのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。