魔法使いの嫁(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「魔法使いの嫁」

よみがな:まほうつかいのよめ

放送中:2017年秋アニメ(2017年10月~放送中)

★★★★☆ 3.3
物語:3.3 作画:3.4 声優:3.4 音楽:3.4 キャラ:3.3
総合得点 60.5
感想・評価 258
棚に入れた人 1735
ランキング 3259
羽鳥チセは15歳の少女。
彼女は帰れる場所も、生きる理由も、そのための術も、何も持ち合わせていない。
ただひとつ、生まれ持った特別な力を除いて。

そんなチセを弟子として、そして将来の花嫁として迎え入れたのは、
異形の魔法使い・エリアス。
自然と寄り添い、悠久の時を生きる魔法使いの暮しの中で、
チセは大切な何かを少しずつ取り戻していく…。

これは、世界の美しさを識る為の物語。(TVアニメ動画『魔法使いの嫁』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 258

ネタバレ
2018.01.16 04:01 もにもの評価 | ----| 38が閲覧 ★☆☆☆☆ 1.7 評価対象: 魔法使いの嫁(TVアニメ動画) 物語 : 1.0  作画 : 1.5  声優 : 2.0  音楽 : 3.0  キャラ : 1.0

なにこの設定

将来の嫁として弟子とるとか変態じゃんΣ(゚д゚lll)

 サンキュー(1)
ネタバレ
2018.01.15 23:30 星空☆彡の評価 | 観終わった| 14が閲覧 ★★★★☆ 4.5 評価対象: 魔法使いの嫁(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 4.5  声優 : 4.5  音楽 : 4.5  キャラ : 4.5

おもしろい!!

おもしろい!!

 サンキュー(1)
2018.01.15 21:44 ひとりよねりの評価 | 今観てる| 23が閲覧 ★★★★☆ 4.9 評価対象: 魔法使いの嫁(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 4.5

これぞ、名作ファンタジー?(自己判断)

どうも、にわかアニオタです。
まずは、作画の経緯。

とある成田本店でのこと。
だがしかしを求めて漫画コーナーをさ迷っていたところ、とあるアニメの広告が堂々と貼っているじゃないすか。しかも原作のコーナーまで出来てるよ、これ。450万部売りあげたファンタジー?少女×人外?何それおいしいの?(とはいうものの、めっちゃ心をうたれてる&自分好みの名作の予感がしていた)
要するに、作画主義の僕としては、作画は申し分ない。大好きです、愛してるよ、うん。だから24回キス(視聴)させてよぉ~❤️

ってこと。

え、ストーリーは?長くなりましたが、ちゃんと感想言います。話が進むとちょっと変わるかも。

この作品、人外と心が空の少女(しかも人外が少女を嫁にする!?)のラブ&ダークファンタジーってことでストーリー独特過ぎるんだけど、心が伽藍どうの主人公の周りで起きる、どこか儚く、美しく、暗い感じの出来事がたまんない。妖精とかも設定がちょっと変わってて面白い。サブキャラの方が意外と深みのある言葉言うし、道徳を感じる。この作品安定感があるから、こんなの嫌だ嫌だ、つまんねぇとか、語る人いますが、僕にはたまらないのですよ。この感じ。だから、かなり高評価かもよ。
ただ二期の盛り上げ方によっては編集しかねない。一期は良かったから、頼むぜ、まほよめ。

 サンキュー(3)
2018.01.14 21:36 ogahiroakiの評価 | 今観てる| 53が閲覧 ★★★☆☆ 3.1 評価対象: 魔法使いの嫁(TVアニメ動画) 物語 : 2.5  作画 : 4.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

暗い人間以外出てこない

登場人物が全て暗い、暗すぎる。
夏目と比較されるが彼はまだ感情豊かでした。猫を平気で殴るし冗談も言う。彼は処世術として世界を拒んできたに過ぎないから、ニャンコ先生の力を借りて心の扉を開ければ引っかかりが取れたかのように順調に成長していけるんです。彼の不器用な微笑みから成長を実感できるから見ていても飽きませんでした。
ところが魔法使いの嫁の主人公チセは夏目より遥かに深刻です。彼女には心の扉どころかその中身である心・感情が空っぽ。全てにおいて受動的で目が死んでいます。ドラゴンに世界の美しさを見せられても美的感覚が穏やかなドラゴンの死に向かってしまう。「世界の美しさを識る為の物語」、確かに描かれる世界は美しいのですが、チセの感性がバグってるいせいで彼女を通すと世界の美しさが見えてきません。
人形が魂を宿るように時間をかけてチセは人格を形成していかなければならないので夏目よりハードルが高いです。

さらに心配なのは彼女の周辺も暗い影の住人ばかりなことです。
パートナーのエリアスはチセ同様にかなり闇深く(チセを泳がして犯人をおびき寄せるのはそろそろやめてほしい)、同居人は無口な妖精と黒犬、人との接触を避けた田舎暮らしで付き合うのは魔法の存在を知る裏世界の住人ばかり。魔法界の児童相談所が手紙を寄こすのも頷いてしまいます。
優しいキャラは描けても寒いギャグ無しで明るいキャラを描けないあたりに、作者の暗さを感じてしまいます。

とはいえ私はこの作品が好きです。
見せてくれる世界は本当に美しい。
チセとドラゴンが共にみる黄昏や、エルフとチセのダンスシーンは幻想的で自然と涙が出てきました。(チセが川に落ちるシーンは美しいのにサラっと流されて悲しかったが)他にもコッツウォルズ地方のような自然豊かな舞台と魔法表現はどれも繊細で美しいので見いていて飽きない没入感があります。

そしてジブリ好きならいたるところに散りばめられるジブリ要素を見つけるのも楽しいです。キャラや構図、演出ににそっくりなところがたくさんあります。あ、おっこと主だ、カオナシだ!!と探すと結構楽しいです。

ゆっくりではあるものの彼女の心に確かに成長しているので辛抱しながらチセに心を芽生えるのを見守りればきっとチセと一緒に美しい世界を眺めることができるでしょう

※追記
13、14話を見ました。
これヤバイ、前半のスローペースが一転してテンポを上がったものの全てが雑になってしまった。シーンの切り替えも雑で丁寧な心情描写がすっ飛んでる、おまけに1つの話数に話がまとまりきってない。全体で収めるためなのかとにかく、落ち着いてほしい。大丈夫か?これ

 サンキュー(19)
ネタバレ
2018.01.14 01:55 ~アニヲタ獣医学生~の評価 | 今観てる| 189が閲覧 ★★★★☆ 4.5 評価対象: 魔法使いの嫁(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 5.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.5  キャラ : 4.5

ただいまの言える場所…

結構なネタバレなので注意です!この作品大好きなのでm(__)m

{netabare}
物語は、羽鳥チセが奴隷として競売をかけられているところから始まる。どうなってしまうのか、そんなとき、エリアスという人間ならざる異形の魔法使い。彼が彼女を弟子&妻にしたい、そういってエリアスは彼女を500万ポンド(これ日本円で八億五千万ほど)
で引き取る。
そうして引き取られ、チセはエリアスや他の仲間たちと次第に打ち解けていく。
エリアスとチセとの愛情とも家族愛ともとれる感情がたまらなく良い(人外×少女 (^^)b)
エリアスが人の心をどんどん学んでいくのも素晴らしく良いストーリーです。
いろいろあるので、またアニメが始まってからですね♪ {/netabare}

この不思議な世界観は、原作でも一度見たら引き込まれること間違いなしだと思います(人にもよります)
少女チセがエリアスと共に成長していくという、二人の似ているところがあるからこそ、そういって進んでいくのかもしれません。
チセが生きていてよかったと思えるようになるといいですね…


歌はJUNNAさんの『Here』すごいです!世界観を表す歌声はとてもあっています!いいですよねぇ♪
Here ここ。チセが帰りたい場所、エリアスが待っている場所、という意味合いでしょうか?
2クール、この分だといいところまでいきそうです!
もしかしたら、この作品もアニメとマンガ同時に終わる可能性も…あんまりないですかね?

作画が鳥肌ものですよ!美しい。

1話、羽鳥智世、本日競売にかけられる。まだ彼女はこの世界を好きになれない。そんな中エリアス、彼女を救うかのように現れる。弟子にするといって。
500万ポンド。日本円では7億円越えてるな。昔だと8億円とか?金じゃないけれども。エリアスは彼女を育てると共に何かをしたいんだろう。エリアスは紛れもない魔法使い。
スレイベガ、夜の愛し仔。
魔力の生産と吸収に長けて、その身に内包する魔力によって魔や妖を引きつけ、魅了する。生きているだけで際限なく魔力の生産と吸収を繰り返す、やがて肉体が負荷に耐えられなくなり、大多数が若くして突然死に至る。その特性上、膨大な魔力の貯蔵庫として使える。そんな存在。
そんなチセは魔法使いの弟子になる。

こういうほんわかしたところもこの作品の醍醐味♪
エリアスもいいですなぁ♪チセが弟子なんて、嫁なんて~♪
シルキ~♪この子も癒しだわ!

そんな中チセはエアリエルに誘われる。幻想的できれい、美しい。だが誘われるのは罠。もうチセには帰る場所がある。エリアスが、シルキーが。家族がいる。
エリアスイケメンだよなぁ♪ でもデフォの絵も良い
大胆な告白だ!ラブラブの波動をくれ!

次回はロンドンへ。

2話。シルキーの少しの笑顔がかわいい。人一倍感情をもつ妖精ですからね。今日はロンドンへ向かう。
アンジェリカさん、エリアスには厳しいですな(笑)
彼女も魔法使い。
魔法と魔術の違い。魔術は科学。魔法は妖精などの力を借りて理に干渉して起こす奇跡。ただ制御が難しい
リスクは魔法の方が大きい。
ただチセはレベルが違う。スレイベガである彼女は。
{netabare} ただそんな彼女になんのリスクもないと思うのかね… {/netabare}
サイモンさん、胡散臭いらしい(笑) エリアスもだが
シルキーかわいい。(サラマンダーついてきてるw)
そして今回、エリアスへの頼み事。薬でした。
あら、ドラゴンに拐われるチセ。
この人もいい人だからね(笑)

3話。ドラゴンにくわえられ、チセはどこへ。
ドラゴンの国へようこそ。この人はエリアスの知り合いリンネル。
チセの冷静なツッコミに安心。
死してドラゴンは木になり、土に還るのか…死を恐れない。それでもチセは心配する。優しい子だ。
それでもチセはそうは思わない。思えないのか…
できないことを羨むな…か… 少し切ない。
それは遠い遠い昔の記憶。ドラゴンの。ネビンの最後の記憶。そして彼は木となる。そしてチセに受け継がれる、その木が杖として、いつか。リンデンバウム、白いきれいな花が咲く。 羨ましい還り。


それにしても素晴らしい作画。

4話。猫の国。猫の命は9つあるという。
猫の噂は1日で100マイルか。すごいな。
猫は魔術師が嫌い。狡猾だから(過去になんか)

猫の国の過去。命を奪うもの。そして猫の国にある淀み。それをどうにかしに来たというわけか。

突然の強襲。そして誰かの過去を見るチセ。
沼倉さんだ。淀みの核。ミナとマシュ。彼を救ってほしいと願うミナ。魔法をまだちゃんと扱えないけど、チセは決意する。今回はエアリエルが助けてくれる。

ここで魔術師が登場する。レンフレッド。
スレイベガの遠くない死。チセはどうする。

5話。スレイベガの運命。だがチセの決意は揺るがない。今のチセにはエリアスが必要。浄化の最中、チセは見る。淀みの中で。ある魔術師と会うマシュ。
これがいけなかった。ミナを救おうとしたマシュは禁忌を犯す。猫が次第にいなくなっている?
狂っていた。マシュは猫を殺し、薬?を作った。
だが薬を飲んだ彼女は救われなかった。マシュは壊れた。それ以上は猫が止めたのだ。彼と彼女は悔やみの中で死んでしまったのだ…
チセは救う。魂を。消さない。タンポポが種を風にのせるみたいに…

そこでミナは見た。花の庭園を。そこでマシュとまた会えた。救われたのだ。

この後、チセは深い眠りについた。

6話。エリアスは人の心がよくわからない。それは過去に何かあったから。そのため、チセを買った。
チセはこのあと眠りにつく。チセはエリアスの理解者になるんだろうね。怖がらなくていいとはね。

チセのことが心配なシルキー。いい子だよね。
眠れる森の美少女だね。チセは。そんなサイモンとエリアスの前に妖精の女王、ティターニアが現れる。
オベロンさん、工藤やん(笑) せやかて工藤!
親戚のおっさんか。チセが起きたとたんに(笑)
エリアスは人の恋心というものを実感したね♪チセも

{netabare} ティターニアの乳はエロすぎる bgmも素晴らしいですね{/netabare}
エリアス、ロマンチックなこというよね~♪
ドキドキしちゃうよ!

そして来ました。ルツ。

7話。魔法を習得しつつあるチセ。エリアスの教え。
エリアスの過去。それはいずれ語られる物語。
ブラックドックを見に行く。それが目的です、今回は。
そして殺人。誰かやったか?そしてチセはよくないものと出会う。
危ないと思ったとき、黒い誰かが現れた。
まだルツじゃないけど、かっけー。イザベル…誰かな
イザベルを求めるブラックドック。
ユリシー。それが彼の名前。彼女を守り続けたいと願う一人の人か、犬なのか。
アリスという女性もブラックドックがほしいのか?

黒幕はあの少年。名をカルタフィルス。

なんだかんだエリアスも手伝うのだな。

チセが…エリアス激怒だよ…人にはなれないものの怒り

8話。エリアスは怒っていた。怪我したチセをイザベルと重ねるユリシー。
チセはまた過去をみる。イザベルとユリシーの。
イザベルは眠ってしまった。ユリシーは待ち続けた。
エリアスは完全に化け物となっていた。
カルタフィルス、呼ばれたくない名前なのだろう。
そこにレンフレッドが助けに現れる。が、カルタフィルスは死んでいない。
カルタフィルスはイザベルを媒体にキメラを作っていた。チセ…彼女が怒るのは初めてだろうか?
魔法はなんだってできる、か。だがそれは禁忌。
理を曲げてはいけない。妖精が現れた。ウィルオウィスプである。そしてカルタフィルス、記憶がとんでいるようだ。(チセとエリアス、ラブラブだな。)
ブラックドック、使命を果たすため、チセに名を貰う。
名をルツ。チセと運命を共にするもの。共同体。契約を結ぶ。(挿入歌いいね)おやすみ、イザベル。いずれ行くまで待つんだろう。彼女は。
ルツ、意味は哀れみ深い友。
そしてカルタフィルスのもうひとつの名、ヨセフ。死ねない怪物。いずれまた現れるだろう。

ウィルオウィスプ、働き者だな。石田さん。

9話。つかの間の日常かな♪ いい家族だなぁ~♪
引きこもりエリアス。シルキーかわゆい。お母さん。
アンジェリカさんの登場。女子会ですね。
チセも表情豊かになってきたね♪頼ればいいんだよ。
うむむ。チセはわかってるけど…エリアスに頼りきりということ。でもまだ子供だもん。今の帰る場所。
ここの家。
エリアス!ハイエースだ!シルキー怒ってる(笑)
ルツイケメンだな(笑) ルツお兄さんしてる。

この話好きなんだよな。おじいさんの恋の物語。
はやみんだ!ヤナンシ~♪これはガーランドと吸血鬼の恋。これを恋といわずしてなんという。

エリアスは水浴中です。
チセはエリアスのことをもっと知りたいんだよな。
これは自分達が到底できない恋なんだろう。

またまたドラゴンです!

10話。チセの杖を作りましょう!シルキー、いいなぁ
うちに来ないだろうか(来るわけがない)
チセはどじっ子。そして心が寂しいエリアス。
チセはエリアス共依存みたいな感じだからな。
そしてリンデルにエリアスの過去について教えてもらうのでした。エリアスはどこから来たんでしょうな…
リンデルとエリアスの出会い。後の師と弟子。
三石さん(みさとさん!)
人になろうとした成れの果て?なのだろうか?

11話。チセの道か。どうするか。
そしてエリアスとリンデルの二人の旅。それは簡単なものではなかった。子供には隠れていてもエリアスが見えていた。何をしたでもないのに…人間不信になるのも無理はない。それでもリンデル絆はある。
そして少しずつ魔法についても覚えていった。器用。
エリアスは人を食べたことがある。それでもチセはエリアスを大切に思うだろう。そしてリンデルさんは彼らしい考えですね(笑)
ドラゴンアタック。チセ沈没!
そして杖を作りましょう。リンデルさん歌うめぇ。
水鏡。エリアスとチセ。恋しいんだね。
近くて遠い、そんな感じ。ラブラブラーブ。

12話。エリアス。寂しいですね。
杖が完成。そしていつかのドラゴン。
教えられることが多いチセ。捨てられることが怖いんだな。当たり前のこと。だけど、だからこそ今の出会いがある。生んでくれただけで感謝か。
魔法で帰る。さすがチセ。エリアスにあいたいという気持ちがつれていく。いい演出。
おかえり。そしてただいま。愛されてるなぁ♪

いつか向き合うのだろう。ここが今のチセの場所。

そして次回から新しいところへはいる。2クールです
シリアスが強くなっていきますか。

13話来ました!漫画と同時におわるのか?
開幕この声。アーカードですか?
新しいop、これはmay'sさんか!いいですね♪
シリアスとんで綿蟲です。毛がり。ルツすき。
雪蟲だ。そのおかげでエリアスも人の心が少しずつわかってきた感じだ!だがいらないと判断するところがまだね。チセもちゃんと話したいんだよね♪
和むわぁ~♪
チセの過去(最新話でのことが気になる)
エリアス、それはね、寂しいとか恋しいって言うんだ

自分も勉強しなきゃです。ここは原作より早めてみてる感じですね。
そして登場しますのは、灰の目です。(黒幕だろw)
Ed、いいっすね、そして次回はあのはやみん。
大好き話。

14話。チセが紅い狐に!フェネックか?どこかへいってしまう。自由。どこへいこうとするのか。どこを目指すのか。迷いが生じる。彼女はやはりエリアスとの場所を望むのだ。(かわいい) 狐か。前回のシリアスが一瞬で終わるのがしゅき。

そしてこの話に突入。はやみん登場。
ジョエルさん。ヤナンシーのはやみん。吸血鬼だからな。近くにいるだけで… これはもう恋ではない。愛と呼ぶ。それほどいとおしい。
チセはどうするか。エリアスはまだわからない。人の心が。ジョエルさんは、悲しさから新しい出会いがった。もう一度彼女に逢いたい。美しい…彼女に…
チセはそのために薬を作ります~♪(たびたびはいるコメディー好き)

届きそうで届かない。触れられない距離。切ないがそれが当たり前なのだ…
5徹とか死ぬわ!

成功だぜ!やったでおい。
これを愛と呼ばずしてなんという!
ヤナンシーを知っていたのか…いいや。いっぱい貰ったさ。惰性の人生が。幸福なものへと…
美しい物語。愛。辛くても愛してしまった。
(はやみん大好きになるよ…)

チセの涙は悲しみと喜びだろう。
(オベロン、帰れ)

そうだ、チセヤバくなるんだった…



やっぱりアニメ化は成功でしょ!もうたまらんです!
きれいな作画、魅了される。
この美しい世界で何が見られるだろう。

 サンキュー(16)

魔法使いの嫁のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
魔法使いの嫁のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。