劇場版『Fate/stay night Heaven’s Feel』 第一章(アニメ映画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「劇場版『Fate/stay night Heaven’s Feel』 第一章」

よみがな:げきじょうばんふぇいとすていないとへぶんずふぃーるだいいっしょう

上映開始時期:2017年10月14日

★★★★★ 4.4
物語:4.3 作画:4.6 声優:4.3 音楽:4.3 キャラ:4.4
総合得点 74.7
感想・評価 207
棚に入れた人 1448
ランキング 362
「もしわたしが悪い人になったら許せませんか?」

少年は少女を守りたい。そう、思った。
魔術師〈マスター〉と英霊〈サーヴァント〉が、あらゆる願いをかなえる願望機「聖杯」をめぐり戦う――「聖杯戦争」が起きて10年、冬木市で再び戦争が始まった。
前回の「聖杯戦争」の参加者である衛宮切嗣の養子・衛宮士郎は遺志を継ぎ、戦うことを決意する。

士郎のそばには、彼を慕う少女――間桐桜がいた。
彼女は毎朝、毎晩士郎の家に通うと朝食と夕食を作り、天涯孤独だった士郎と優しい日々を過ごしていた。
だが「聖杯戦争」が始まると、冬木の町に流れる空気が変わった。
あちこちで殺人事件が起き、不穏な空気が流れ始める。
士郎は桜を自宅に泊めることを決意した。

士郎は召喚したサーヴァント・セイバーとともに、魔術師の遠坂凛と同盟を結び「聖杯戦争」に臨む。

だが、その戦いは暗躍する者たちによって大きくきしみ、歪み始めていた。(アニメ映画『劇場版『Fate/stay night Heaven’s Feel』 第一章』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 207

2018.05.17 23:20 たわしの評価 | 観終わった| 41が閲覧 ★★★☆☆ 3.5 評価対象: 劇場版『Fate/stay night Heaven’s Feel』 第一章(アニメ映画) 物語 : 3.0  作画 : 4.5  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 4.0

よくここまでアニメ化しようと思った

FATEシリーズというだけで一定の客層が付くのだろう。アダルトゲームにおける分岐点(攻略キャラクターの分岐)を全てアニメ化しようというスタッフの心意気たるや本気である。

作画や演出にぬかりはなく、少々中だるみはあるものの一定の客層を逃がさない作り方をしている。今までのアニメの歴史で同一作品をリメイクではなく「再解釈」で3シリーズ引っ張る少々強引なやり方は稀有であるし、それについていくファンもかなりのオタク気質だと思う。

ガンダムみたいに新規視聴者ではなく、一定層のファンのための映画という意味では同人誌的で内容の濃い作品だ。

 サンキュー(6)
2018.05.17 10:10 DEIMOSの評価 | 観終わった| 48が閲覧 ★★★★☆ 4.1 評価対象: 劇場版『Fate/stay night Heaven’s Feel』 第一章(アニメ映画) 物語 : 4.0  作画 : 4.5  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

21世紀最大のヒット作品、第3ルートのアニメ化。

Fate/stay nightは、21世紀最大のヒットコンテンツと言っても間違いないだろう。思えば、2003年、大学1年生の時にPCゲーム「Fate/stay night」に受けた衝撃を私は永遠に忘れない。その時、アダルトゲームの本作を、「これは、ドラゴンボール並みの素晴らしい作品だ!」と言ったら、周りの人間に冷ややかな目線で見られたこともまた、記憶に強く残っている。

が、蓋を開けてみれば、あれから15年、Fateは、様々なスピンオフ作品が作られ続け、ついに、正規3ルート全てがアニメ化されるほどの、大大大ヒットコンテンツとなった。18歳の私が受けた衝撃は、本物だったのだ。PCゲームでは、異なるシナリオの複数ルートが用意されるのが当たり前だったが、それが全てアニメ化されるというのは前代未聞だ。

Fateの魅力は改めて語るまでもないが、要すれば、バトルものの集大成、といえるだろう。ヒーローになりたい少年、あらゆる願いを叶える聖杯に託す夢、緊張感が漂うバトルロワイヤル、英霊とマスターの絆、英霊と武器と魔術が織りなすファンタジーと史実の融合、度々の過去の回想などなど、過去の作品に見られた「いいとこ」どりを高度に実現した。

セイバールートは、ディーンのテレビアニメ、凛ルートは、ufotableのテレビアニメ、そして、本作桜ルートはufotableによる劇場作品。3回目とあって、過去作と重複する部分は、大胆にダイジェスト化してカットしたのはむしろ良いこと。第一部の最大の見所は、ランサーとアサシンのバトルシーン。これまでの脇役っぷりを取り返すようなアサシンの活躍(笑。鳥肌必死。

作画の美しさの点では、業界トップクラスだろう。日本が世界に誇るべき水準と言っていい。
第2部以降も楽しみだ。

 サンキュー(1)
ネタバレ
2018.05.14 21:55 kenkenpaの評価 | ----| 27が閲覧 ★★★★☆ 4.7 評価対象: 劇場版『Fate/stay night Heaven’s Feel』 第一章(アニメ映画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 4.5  音楽 : 4.5  キャラ : 4.5

Fate史上最高傑作

作画が凄かった

 サンキュー(2)
ネタバレ
2018.05.13 21:43 ※アニをた獣医学生◎の評価 | 観終わった| 135が閲覧 ★★★★☆ 4.8 評価対象: 劇場版『Fate/stay night Heaven’s Feel』 第一章(アニメ映画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 4.5  キャラ : 4.5

士郎と桜… どうなるのか…

cm見て鳥肌たつよね♪ 見た過ぎてヤバイ!
はやくはやく!
士郎の男気全開が見たいぜ!


曲、aimerさんだよ!スッゴい良い!


見てきた!もうなんていい表していいのかわからないくらい最高だった!

まず導入。士郎と桜の過去から。
ここから二人の関係は始まった。桜は士郎から学ぶこともいろいろあったのだろう。少しずつ士郎に桜が心を開くのはとても良かったです!

そして共通ルートのプロローグ。特に桜の視点。今回は共通ルートをどう描いていくのかと思っていました。まさに新鮮そのもの。士郎の視点はもちろん、桜があのとき何を思い、誰とあっていたのか。そういうところがわかって最高の演出でした!
{netabare} 会っていたのはギルガメッシュ。そしてこう言われたのだろう。今のうちに死んでおけよ、と。 {/netabare}
聖杯戦争に参加する決意をしたその直後。バーサーカとの戦闘。バーサーカとの戦闘も迫力ありすぎて…
もう目が離せませんでした!心のなかでヤバイヤバイ
そんな感じでしたよ!

慎二との対面、ライダーとの戦闘は呆気なくセイバーが勝つ。{netabare} ライダーは消えたと思われていたが…{/netabare}
そして臓硯、彼の目的…その真意とは。


そして動く。ハサンこと真アサシン。キャスターはマスターの葛木がハサンにやられルールブレイカーを使用しやられる。そしてこの寺に何か影が出てくる…

今回興奮したアサシンとランサーの戦闘。迫力ありすぎた!ランサーめっちゃ応援した! {netabare}
だが、ランサーは水辺で影に注意を引き付けられ、ハサンの宝具、サバーニーヤ。心臓をとられ最悪の結末に… {/netabare}
そして、桜は何かあるかと心配するが聞けないよな…

対面する臓硯、死んだキャスター、アーチャー、セイバー、凛、士郎。そこに何かが出現する。影のような何かが…
{netabare} 影、おそらく聖杯が「全人類を呪う」というアヴェンジャーの願いを叶えて誕生させようとした、全人類を呪い殺す宝具を持ったアンリマユというサーヴァントなのかと思われる。  {/netabare}

コトミネぇ!麻婆豆腐は笑った(笑)
誰が食うか(笑)


リュウドウジで真アサシン、セイバー、士郎、源蔵、対峙する。戦闘は行われたがセイバーはやはり影に…

そして士郎はハサンにやられる… か?
{netabare} なんとやられたはずのライダーが士郎を助ける。誰の指示なのか。自分の意思か…誰かを助けたいのか… {/netabare}

そしてセイバーは自身の闇…オルタへと…このままいなくなってしまうのだろうか…

そして凛が見たもの、それは見るに耐えない蟲の群れ
桜はこんな調教をいけていたという事実…

そしてセイバーがいなくなった、帰る場所に桜がいた。待っていてくれた彼女がいた。ごめん、そしてただいま、と…


士郎は正義の見方になれるのか…桜を救えるのか…


2部は2018年ですよ!今から楽しみです!

笑ったのは麻婆豆腐と士郎のオッパイもみもみですなwwwww
作画の素晴らしさ。この迫力は劇場版であるが故だろう。


とても見ごたえのある内容となっていました!作画に演出、どれをとっても申し分ない。ありがとう、と素直に感謝です!

原作知っている人向けかもしれないけれど、アニメから入った人でも楽しめる。

 サンキュー(6)
2018.05.13 17:09 Ka-ZZ(★)の評価 | 観終わった| 30が閲覧 ★★★★☆ 4.3 評価対象: 劇場版『Fate/stay night Heaven’s Feel』 第一章(アニメ映画) 物語 : 4.0  作画 : 4.5  声優 : 4.0  音楽 : 4.5  キャラ : 4.5

「もしわたしが悪い人になったら許せませんか?」

Fate/stay nightのファンが歓喜した2014年の「Fate Project最新情報発表会」で制作が発表された「桜ルート」
私は会場にはいきませんでしたが、TVの特番でその時の会場の雰囲気を目の当たりにしました。
あれ、会場にいたら堪らなかったでしょうね…

しかも、アニメーション制作はufotableさん…
TVアニメ第2作目「凜ルート」である「Unlimited Blade Works」でそのクオリティの高さは証明済。
視聴に向けて楽しみな要素しか無かったこの作品…
ようやく視聴することができました。

劇場版全3章で上映される「桜ルート」ですが、これまでTVで放送されてきた「セイバールート」「凜ルート」とは明らかに一線を画すような構成も、この作品の魅力の一つになるのではないかと思っています。
これまでの作品と明らかな違い…それは、全2作はどちらもヒロインが聖杯戦争に参加していますが、桜と聖杯戦争との繋がりって、正直これまではかなり希薄でした。

そんな桜がヒロインとして、この作品とどの様に繋がっていくのか…
これまでの桜は、可憐で儚げな少女というイメージですが、どことなく少し影のあるような存在だったと思います。
間桐家に生まれたこと…兄の慎二の存在が、彼女の影の原因であることは言うまでもありません。
そんな劣悪な環境の中でも、自分自身を決して見失わない彼女は立派だと思いますし素敵な部分だと思います。
だから、そんな彼女を下支えしている淡い気持ち…
その気持ちが今後どの様に物語に絡んでくるのか…これも見どころの一つだと思っています。

そう、全3章のうち、最初の1章が公開されただけ…
だから物語の全容は未だ闇の中…
でも第1章を見て思ったのは、サーバントには懐かしさを多分に感じる点と、序盤からの展開がかなり早め…という点です。

第1章からいきなり聖杯戦争は熾烈を極めます…
だから息をつく時間もなく、一気にトップスピートまで昇りつめて怒涛のスピードで物語が展開されていくので、片時も画面から目を離すことはできません。

そう考えると、「士郎を守りたい」というヒロインの気持ちは一緒でも、アプローチは全て違うんですね。
士郎をマスターとして聖杯戦争を戦ったセイバー、士郎と同じサーバントのマスターという立場で聖杯戦争を戦ってきた凜…
それに引き換え、桜の物語は聖杯戦争とは無縁の状態から始まりますから…

桜だって間桐家の一員なので聖杯戦争の事を知らない訳がありません。
魔術師の家系は代々その血筋を大切にし、少しでも優秀な遺伝子を後世に残そうとしています。
そんな思想は凜にだって垣間見ることができました。
でも、桜は家系や聖杯戦争より大切なモノがあるから彼女なりに頑張れるんだと思いますし、自分の大切を何より優先できるんです。
だから桜から感じるのは、士郎を全て包み込もうとする優しさと温かさ…そして思いに対する直向きさなんです。
そんな桜の気持ちの何と心地良いことか…

個人的には、桜にはこのまま聖杯戦争には関わって欲しくないのが本音です。
桜と聖杯戦争って、全然イメージが結び付きませんから…
でも…それじゃきっと彼女の物語が膠着しちゃうんでしょうね。
翼あるモノに飛ぶな、という要求は所詮無理なこと…
だからこの作品のヒロインとして登場するということは、それなりの覚悟を持って視聴する必要があるってことですよね。

物語の中での士郎と桜…相手の事を思いやる気持ちを感じながら会話が進んでいくのですが、その中でもこのレビューのタイトルにしたやり取りは特に印象的でした。
今後益々熾烈さを増していく聖杯戦争に対する桜なりの覚悟…のようなモノを感じた気がします。

いずれにしても全てはこれからです…
気になる方は是非本編でご確認頂ければと思います。

第一章の主題歌は、Aimerさんの「花の唄」
梶浦さんとの初の組み合わせだったのではないでしょうか。
この曲の歌詞…桜の心情を絶妙に表現していて、最初に歌詞を見た時には思わず目頭が熱くなってしまいました。
この作品ならではの楽曲だったのではないでしょうか。

しっかり作品を堪能させて頂きました。
引き続き第2章も楽しみにしています。

 サンキュー(8)

劇場版『Fate/stay night Heaven’s Feel』 第一章のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
劇場版『Fate/stay night Heaven’s Feel』 第一章のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。