3月のライオン 第2期(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「3月のライオン 第2期」

よみがな:さんがつのらいおんだいにき

放送中:2017年秋アニメ(2017年10月~放送中)

★★★★☆ 3.9
物語:3.9 作画:3.9 声優:4.0 音楽:3.7 キャラ:3.9
総合得点 67.7
感想・評価 198
棚に入れた人 977
ランキング 988
これは、様々な人間が
何かを取り戻していく、優しい物語。
そして、戦いの物語。

主人公・桐山零は、幼い頃に事故で家族を失い、
心に深い孤独を負う17歳のプロの将棋棋士。
東京の下町に一人で暮らす零は、あかり・ひなた・モモという3姉妹と出会い、
少しずつ変わり始めていくー。(TVアニメ動画『3月のライオン 第2期』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 198

2018.04.24 01:04 nininの評価 | 観終わった| 87が閲覧 ★★★★☆ 4.1 評価対象: 3月のライオン 第2期(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

一生かかってでも僕は君に恩を返すよ

原作未読 全22話

3月のライオンの2期です。1期から観ることをオススメします。プロ棋士の高校生で主人公の桐山零(きりやまれい)とその周りいる人たちとの関わり合いを描いたお話。先輩やライバルとの将棋対決、あることで知り合った川本一家との心暖まるエピソードを軸に物語は進んでいきます。

今回は、川本家のお話が大部分を占めていました。

辛く苦しい展開が多いお話でしたが、デリケートなことなので丁寧に扱っている感じが良かったですね。

少しずつ光が灯っていく展開も最後はスッキリしました。
{netabare}
いじめを受けた後の桐山くんとの川岸、京都での桐山くんと出会い、桐山くんの高校でソーメン流し、桐山くんとの受験勉強、お祭りで桐山くんとあかりお姉ちゃんとのお店の前の露店など、ひなたちゃんがメインヒロインでしたねw
{/netabare}
桐山くんが川本家に訪れた際に昼寝していたひなたちゃんに寄り添う桐山くんとの何気ない一コマが好きでした。

将棋のお話ももちろんありました。{netabare}二海堂の敵討ち新人戦や宗谷名人との対局やその帰りのお話、島田さんと柳原さんとの棋匠戦は、島田さんが勝つと思いましたが、柳原さん凄い執念でしたね。島田さんはちょっと可哀想でした。{/netabare}

時々、棋士の先輩たちとやりとり、川本家末っ子のモモちゃんやお茶目なネコたち、桐山くんの部活動の先輩たちの交流などに癒されましたね。

硬軟織り交ぜていて飽きの来ない展開、将棋がメインですが人間関係が主体の作品、気になる方は是非1期から観てくださいね。

最後に、{netabare}高校生になったひなたちゃん、{/netabare}髪型似合っていましたよ^^

 サンキュー(18)
2018.04.23 00:14 gm560の評価 | 観終わった| 22が閲覧 ★★★★☆ 4.9 評価対象: 3月のライオン 第2期(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 4.5  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

なんかすごく・・・

なんかすごく・・・すごい良かったです。
1期も良かったんですが、2期は自分にとってここ何年かで記憶にないぐらい
本当に良かった。

目から何かが出てくるんですけど、重い話が多いんですが、でもあたたかい、
というか熱かったです。競技ものとしてもドラマとしても。
将棋も川本家を中心とした日常も、それぞれドラマがあって引き込まれて、
ストーリーも最高に良かったのですが、盛り上げる音楽や作画、演出が
よすぎて、余計に感動したり感情移入して気持ちが盛り上がったりしました。
あと、後半のOPがなんか本当にいろんな意味で春が来たみたいで最高でした。

と絶賛しました、がしかし、気軽に見られるようなアニメではないと思います。
なんというか話が重い。重いけど、すごく重厚な人間と人間のドラマ、
しっかりと深いストーリーを楽しみたい人におすすめです。

私が今、人に一番おすすめしたいアニメです。
合う合わないはありそうだけど、見てない人はぜひ1期からじっくりと、
見て、堪能してほしいです。

 サンキュー(3)
ネタバレ
2018.04.17 22:03 衛狸庵の評価 | 観終わった| 15が閲覧 ★★★★☆ 4.0 評価対象: 3月のライオン 第2期(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 5.0  音楽 : 3.0  キャラ : 4.0

勝負師の気迫

勝つか負けるかの世界。プロの勝負師という者の気迫が伝わって来ました。
追う者、追われる者、それぞれが背負う物、それはけっして軽くない。
お互い抱えきれないほどの重い物を背負いながら挑む勝負。
正に死闘ですね。
棋匠戦、見ていて熱くなりました。

人間ドラマ系のお話は、退屈なものになりがちだと思うのですが、このお話は一気に見てしまいます。
とても上手に複数のストーリーを関連付けて1つにまとめています。
実に面白く楽しめました。
何と言っても将棋を知らなくても楽しめます。

2期目は「いじめ」をテーマにしたお話もあります。
おおむね良くまとめているとは思いましたが、すっきりしない所が幾つかあります。
苛めていた女の子は悪者として、罰を受ければいいんだと言った先生。
悪い奴なんだから当然の報いだと言うけど、そんなの子も教え諭し救うのが先生の仕事では?
救いようのない奴もいますけどね。
実際多いのは、担任の女教師の様に、言いやすい苛められていた子を責めて自分の責任転嫁をする奴。
まぁ、これじゃ苛めなんて無くなりませんよね。
人格者の学年主任の先生、ズバリと生徒達の前で問題定義した事は良い事だと思います。
見て見ぬふりをしていた生徒達も、結局は苛めに参加していたんですからね。
でも、「やって無い事を証明しろ」は無いでしょ。
それ悪魔の証明ですよ。
まぁ、詭弁を使ってへこますのは良いけど、へたすりゃ逆効果ですよ。

余談ですが、「ちかん」の場合被害者の立場が強く申告するだけで証拠も無いのに訴えられる。
でも「いじめ」の場合はやっている者の立場が強く、証拠があっても白を切って逃げられる。
これって変ですよね。

3期あるのでしょうか?
熱望します。

 サンキュー(2)
2018.04.17 10:00 Ka-ZZ(★)の評価 | 観終わった| 40が閲覧 ★★★★☆ 4.2 評価対象: 3月のライオン 第2期(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.5  声優 : 4.5  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

「嵐の向こうにあるもの」

この作品は言わずもがなですが「3月のライオン」の続編となります。
物語の内容に繋がりがあるので、前期を未視聴の方はそちらからの視聴をお勧めします。

物語の内容は1期から続いていますが、主人公である桐山零と周りの状況は大きく変化しています。
そしてこの変化は、桐山零の成長を描く上で必要不可欠だったんだろうと思います。

完走して振り返ってみると、1期は「導入部」という表現が一番相応しいと思いました。
桐山はプロ棋士として将棋に向き合っていますが、何故桐山は将棋を生業とするようになったのか…
そして桐山の構成要素の一つとして欠かせない過去の確執…

きっと誰も悪くないんだと思います。
もし…唯一悪人がいるとすれば、幼い頃両親を交通事故で亡くした桐山を引き取った幸田家での出来事を籠の外から眺めていて…
時期を見計らい案の定、籠の中から助けを求める雛鳥に対して諭す事を怠った大人なんじゃないかと私は思っています。

桐山の周りには将棋と同じくらい苦しいモノがたくさんあって…
それらから目を逸らせない生活を強いられて…
やっと掴んだチャンスは桐山の住む空っぽの部屋に繋がっていましたね。
そしてやっぱり将棋にはしがみ付くことしかできなくて…
でもそれは自分だけじゃなく、周りのプロ棋士の誰もが一緒であること…
だから、これは「今とこれまで」を知る物語だったんだと思います。

そして待望の2期…
物語の序盤では気付きませんでしたが、完走して振り返ってみると、この作品は「今とこれから」を知る物語だと思いました。
同一作品なので登場人物がガラッと変わる事はありませんが、特定の人物は登場する頻度が大きく変わっています。
頻度の増えた人と頻度の減った人…
そして桐山と「今とこれから」の物語を紡いでいくのは頻度の増えた人たち…
それを痛感する物語の構成だったと思います。

そして1期、2期とも将棋以外に人間関係で大きな問題を抱えている作品でもありました。
1期は桐山自身…
そして2期は桐山に優しさを教えてくれた人たちに起こる問題…
どちらもとても重く、一筋縄で解決できる問題ではありません。

でも1期と2期とで明らかに違うのは、2期は1期より人間関係が主体的に描かれている事です。
まぁ、それも仕方ないのかもしれませんけれど…
何故なら、今回の「当たり」は、桐山に家庭の温もりと優しさを教えてくれた川本家だったのですから…

川本家は3姉妹とおじいちゃんと…数匹の猫で暮らしています。
かやのん演じる長女あかり…今は亡き母親代わりを一身に背負った彼女は、妹たちの面倒を見ながらおじいちゃんの経営する和菓子屋や親戚のスナックを手伝う生粋の頑張り屋さんです。
決して裕福とはいえない川本家ですが、彼女の存在が川本家全体を温かさで包み込んでくれているみたい…
でもどんなに頑張ってもまだ20代前半…
母親の様に全てを背負うことなんて出来ないことくらい誰だって分かっています。
だから彼女には落ち度も無いし、ましてや不出来なんかじゃない…
でも、彼女はそんな自分が不甲斐無いと涙を流すんです。
全然そんな事ないのに…
かやのんの声質とキャラの相性も抜群でした。

次に花澤さん演じる次女ひなた…
今回一番感情を揺さぶられたのは間違いなく彼女でしょう…
そして今ハッキリと思うのは、このひなた役が花澤さんだったから、彼女の言動が見る側の感情をも激しく揺さぶったのだと思います。

ひなたが喉元に突きつけられたのは尖った刃の切っ先…
その切っ先は決して鋭くはありませんが、肉体ではなく心を抉る刃…
例えなまくらだとしても何度も何度も…何度も何度も切り付けられたらどんなに気丈に振る舞っていても、傷口は広がるばかりです。
彼女の選択肢の先には苦痛しかないのかもしれない…
自分がどこまで耐えられるか分からない…
それでも友達との絆を何よりも優先し…友達のピンチに手を差し延べ続けた彼女…
彼女を待ち受ける顛末は言うに及ばず…

でも彼女は大粒の涙をボロボロ流しながらこう言うんです…
「独りぼっちになるの、怖いよ…」
「ホントはずっと怖かった…」
「でも…でも、後悔なんてしないっ。しちゃ駄目だっ…」
「だって、私のした事は、絶対…間違ってなんか…ないっっ!」

そういえばとある川岸でもそうでした。
「は…ぁ…、零ちゃん…?」
全く飲み込めなかったその状況を少しずつ理解するなり目に生気が戻っていく彼女…
「ふぇっ…えええぇっっ…‼」
「どうして? えっ? え、なんで? なんでここにいるの? どうして?」
「う…うぅぅっ…」
頬を伝う涙は止まる事を知らなくて、嗚咽と共にただただ溢れ続けて…

これらの鬼懸かった花澤さんの演技に、私の涙腺は全く抵抗できませんでした。
花澤さんが演じるからより感情移入できた作品はたくさんありますが、この作品はその中でも上位に食い込む作品だと確信しています。

3女は久野美咲さん演じる幼稚園児のモモちゃん…
「久野さん×幼い子=鉄板」という図式はこの作品でも健在です。

この川本家との関わりが桐山をどう影響を与えるのか…
彼女たちの本気の全力に桐山は何を感じ、どの様に振る舞うのか…
気になる方は是非本編でご確認頂ければと思います。

オープニングテーマは、YUKIさんの「フラッグを立てろ」とUNISON SQUARE GARDENさんの「春が来てぼくら」
エンディングテーマは、Brian the Sunさんの「カフネ」とRUANNさんの「I AM STANDING」
オープニングは2曲ともお気に入り…
エンディングはRUANNさんの歌が印象に強く残りました。

2クール計22話の物語でした。
今はこの作品がNHKで放送された事に感謝しています。
これまでの傾向を見ると、難しい事態が起こらない限り最後まで描き切った作品が多いです。
そしてこの作品も続編のストックはそれなりにあるみたいです。
この両者を勘案すると、3期の放送があってもおかしくありません。
思えば家族の一大事をみんなで乗り越えたから…しっかり節目を迎えられたのだと思います。
今は続編の放送を楽しみに待っていたいと思います。

 サンキュー(19)
2018.04.15 10:55 のび太の評価 | 観終わった| 26が閲覧 ★★★★☆ 4.0 評価対象: 3月のライオン 第2期(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

棋士の少年と、それを取り巻く人々の群像劇

2期もシャフト制作で安定の作画でした。

主人公が棋士なので、将棋は出てきますが、基本はヒューマンドラマみたいな感じです。
人は他人と係わる中で、知らぬ間に傷つけたり傷つけられたり、助けたり助けられたり。
誰もが、そんな風に生きている、みたいな。

1期では殺伐とした勝負の世界の中で、唯一の癒しだった3姉妹にも、容赦なく嵐が吹き荒れました。
嵐の去ったあとには、穏やかな春が訪れるのかな?

登場人物たちの、心の叫びが聞こえてくる作品でした。

 サンキュー(14)

3月のライオン 第2期のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
3月のライオン 第2期のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。