Just Because!(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「Just Because!」

よみがな:じゃすとびこーず

放送中:2017年秋アニメ(2017年10月~放送中)

★★★★☆ 3.4
物語:3.4 作画:3.3 声優:3.4 音楽:3.4 キャラ:3.4
総合得点 58.3
感想・評価 132
棚に入れた人 881
ランキング 3893
高校三年の冬。
残りわずかとなった高校生活。
このまま、なんとなく卒業していくのだと誰もが思っていた。
突然、彼が帰ってくるまでは。
中学の頃に一度は遠くの街へと引っ越した同級生。
季節外れの転校生との再会は、
「なんとなく」で終わろうとしていた彼らの気持ちに、
小さなスタートの合図を響かせた。(TVアニメ動画『Just Because!』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 132

2017.12.17 21:15 雀犬の評価 | 今観てる| 183が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: Just Because!(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

青春の残り火

PINE JAM制作オリジナルアニメーション。
イマドキの高校生たちの姿を飾らずに描く青春物。
このアニメは毎週レビュー更新予定。点数は例によって完走後に。

第1話「On your marks!」
{netabare}
これはある意味で凄いよ。恐ろしく地味。
恋愛物の第1話で主人公とヒロインの顔合せすらないというのは前代未聞じゃないだろうかw
Aパートは学校の日常の描写。
Bパートは転校してきた主人公と旧友が再会し、グラウンドで延々バッティング練習を始める。
そして主人公は無気力系キャラ。
何も起こらないまま画面にクレジットが表示されたから焦ったじゃないですか。
こんなにつかみの弱い第1話で大丈夫なのかと見ている方が心配になります。

だがしかし!もちろん良い面あります。
それはきちんと空気感を表現できていることです。
中学生以来、ひさしぶりに会う二人はどことなく気まずい。
野球で体を慣らしながら、かつての距離感を少しずつ取り戻していく、
この作品はそういう心理描写に尺をしっかり取って、
シリーズを通してティーンエイジャーの繊細な心を丁寧に表現していくということなのだろう。たぶん。
{/netabare}
第2話「Question」
{netabare}
「心が叫びたがっている」状態の陽斗が意を決して告白しに行くのが前回のラスト。
第2話で告白成功するわけないだろうと思っていたのだけどラブコメ展開に助けられ、
葉月の前で面倒見の良い所を見せしっかりとポイントを稼ぎ、連絡先もゲット!
リア充に向かって大きく前進したように見えます。
一方で主人公は早くも空気。大丈夫なんですかこのアニメ。

どうも相関図的には
瑛太(主人公) → 夏目(メインヒロイン) → 陽斗 → 葉月
という一方通行パターンのようですね。
OPアニメーションで駅のホームに登場人物が並ぶカットがあるのですが、
この時のキャラクターの目線に注目すると
小宮 → 瑛太⇔夏目 陽斗⇔葉月
という関係に進んで行くのではないかと思います。小宮は焚き付け役かもしれない。
{/netabare}
第3話「Andante」
{netabare}
アンダンテの意味は「歩くようにゆっくり」
しかし第1話の「On your marks=位置について」から始まって
陽斗は勢いよく飛び出したけど、主人公カップルは全然動かんよな。
オタサーの姫、小宮は元気があって良い。
海外勢の言うところの、このアニメのベストガールという奴だ。

第3話放送のタイミングで監督がすでに万策尽きかけているとのツイート。
元々作画には期待していなかったが、一体このアニメはどうなってしまうんだ…
{/netabare}
第4話「Full swing」
{netabare}
消しゴムくれた相手を好きになる…そんなアニメを最近どこかで見たような。
この回は犬と猫を使った演出が面白かった。
犬が飼い主を案ずるような表情をしていたり、猫もジト目で瑛大のことを見ていたり。
実写でも十分な内容だけど、こういう表現ができるのは漫画やアニメならではでしょう。
{/netabare}
第5話「Rolling Stones」
{netabare}
うーむ退屈なエピソードでした。
このアニメの欠点は色々あるけど、「キャラが薄い」のが一番いただけないね。
まるでカルピスウォーターをさらに希釈して飲んでいるような薄さ。
日常をそのまま描くだけでも面白いキャラが1人しかいないんだよ。
結局何が言いたいのかというと、小宮をもっと出せ!ってことですねw
圧倒的に小宮成分が不足している!!

まーそれは半分冗談ですが、
もう少しバックストーリーをきちんと見せてキャラに厚みを持たせてほしかったのは事実。
そうしないと今後大事な場面が締まらないものになってくるからさ。
{/netabare}
第6話「Restart」
{netabare}
予想通り、ここからは陽斗と葉月のぎこちない関係と
小宮・瑛太・夏目の三角関係、2つを軸に進めていく感じのようですね。
折り返し時点でキャラが何とかストーリーラインに乗っかることができたかな。

ヒロインが昔に消しゴムをくれたことをずっと忘れず大切な思い出にする、
という話は「恋と嘘」でもあったんだけど、ジャスコの方が上手く使えていると思う。
このエピソードってはっきり言ってガキくさいじゃないですか。
第2話の台詞を使えば「高校生っぽい」感じではない。
だから夏目がここで片想いを終わらせるという選択が自然にみえる。
彼女の恋心はあの神社の焚火のように燃え尽きる間際だったのだろう。

河原でトランペットを吹くシーンの演出はあまり良くなかった。
ここは陽斗目線のカットを入れて、葉月にどうしようもなく惚れている感じを出して欲しいなぁ。
吹き終わると日が暮れている演出も不自然で、僕には今一つ意図が分からなかった。

あとさ、今まであえて作画には触れてこなかったんだけど、この回はパースが狂いすぎだろ!
次回は唐突な、当たり前の総集編です!!
{/netabare}
第7話「Snow Day」
{netabare}
まぁ覚悟していたことですが、作画は悪化の一途を辿っています。
これまでも人物が歩く、走る場面では粗が目立っていましたが
電車の乗客がピタリとも動かないシーンが続いたり、
背景は写真を加工して作っているのですが
服を買うシーンでは明らかにアニメの背景に加工しきれていないものを使ったり
…と予想通りなかなかに厳しい。背景まで崩れるのは珍しいんじゃないだろうか。
こりゃ監督が青色吐息になるのも無理はないわw

映像クオリティの低下とは反対に話自体は盛り上がってきているのは良いですね。
カメラ娘に押され気味だったメインヒロインがここから
俗に言う「正妻っぽさ」を見せつけてくれれば最後まで楽しめそうな感じです。
存分に恋の火花を散らしてください。鴨志田さんの師匠はこういう展開が得意でしょw
{/netabare}
第8話「High Dynamic Range」
{netabare}
大した修羅場になることもなく。
アニメ完結に先駆けて小説版が発売されたようですが、
購読された人の反応の薄さを見ると
このままこれといって特徴のないラブコメに収束しそうな気がしています。
だったらヒロイン全員たわわにすれば良かったんじゃないですか!
{/netabare}
第9話「Answer」
{netabare}
やっぱり話に大きな動きはないけれども、
この素朴さがJust Becauseらしさなのかもしれません。
作画は第8話から持ち直しているのは嬉しいですね。
このアニメは歩く、走るといった動作をじっくり見せる場面が多いので、
絵はわりと大事だと思う。
制作スタッフは大変だけど最後まで頑張って欲しいものです。
{/netabare}
第10話「Childhood's end」
{netabare}
さて、小宮と夏目のどっちが勝利するのか?
みたいな流れになっていますが僕としては二人の選択はわりとどうでも良くて
話をハッピーエンドに終わらせるか、そうでないかが気になります。

夏目と瑛太がお互いの気持ちを確かめあって終わり、が無難ではある。
OPの最後で夏目と瑛太が向き合って歩き出すシーンが後押しする。
ただ最終回のタイトルが「Just Because」の可能性が高いんですよね。
意味は「ただ、何となく」。あまり良い印象のワードではない。
大事な事を先延ばしにしている二人を指しているのだとしたら、
ビターエンドの方が良いように思うけど、やらないような気がするなぁ…
{/netabare}

そろそろ総評の準備ですかね。
・Just Becauseらしさって?
・「月がきれい」と比べてどうなの?
・結局面白かった?
あたりを書く、予定。

 サンキュー(22)
2017.12.17 19:59 HmFDB75691の評価 | 今観てる| 102が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: Just Because!(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

第10話 三人の結末を考えてみた

面白い展開になったらレビューしようと思ったけど、なかなか面白くならないのでレビューしてみた。


第1話~第6話 テーマはOP曲にあるのかな?
{netabare}
作画やキャラデザは普通。派手だったり、かわいすぎると、リアリティがなくなるから、青春恋愛ならちょうどいい感じ。
ストーリーは、目新しいところもなく、ネタバレを気を付ける必要もない内容。アイドルを起用して実写ドラマにしたら面白かったかな。アニメだとちょっとインパクトのないストーリー。

このアニメを面白くさせるキーになるキャラが森川葉月と思うんだけど、遠距離恋愛になってしまうという要素しかない。そこが残念。森川葉月が泉瑛太に惚れていたら、少しは面白くなったかも。

OP曲の通りなら、記憶に残る相手に告白してきっぱり忘れるという内容になるんだろう。夏目美緒のターンが終わったから、つぎは泉瑛太。泉瑛太と夏目美緒が結ばれずに終わるのかなって思った。
{/netabare}

第7話~第9話 普通に終わりそうなので、予想(妄想)してみた
{netabare}
森川葉月の髪型以外、驚く展開もなくつづいている。
最終回も近いので、ラストを予想、妄想してみた。

まず、葉月の返事。これは「YES」。先延ばしでNOだと、葉月のキャライメージが悪くなる。夏目美緒のためにNOの可能性は低い。美緒の気持ちに葉月が気づくのが遅すぎる。葉月の返事を視聴者に注目させるなら、第1話で気づかせておくべき。

夏目美緒にほかに好きな人がいる。泉瑛太で間違いないけど、二人が結ばれない前フリじゃないかって思った。
で、第9話のラストで妄想。
瑛太は走るのを忘れて寝ていた。小宮恵那はバイクに乗っている。この二つを組み合わせれば、恵那が瑛太に会いに行く途中で事故る。と言ってもそれほど重傷ではない。瑛太は責任を感じて、恵那に気持ちが傾いていく……。

美緒と瑛太が両想いのこのときを狙って、なにかあると面白くなると思う。
{/netabare}

第10話 三人の結末を考えてみた
{netabare}
・小宮恵那
「廃部寸前の部は廃部にならない」というアニメの王道があるため、コンテスト優勝は必須。優勝し、さらに瑛太と結ばれるのは欲張りすぎ。

恵那は、"恋に破れたものの、好きな人の写真でコンテスト優勝"。


・夏目美緒
葉月が遠距離恋愛OKした時点で、瑛太と同じ大学に行く展開は消えたと思う。いつでも会えていちゃいちゃしたら、遠距離恋愛する葉月が際立ってしまう。離れ離れでつきあうと、葉月と同じパターンになるので、恋にも破れる。

美緒は、”瑛太と同じ大学に行けず、さらに振られる(もしくは、振られた状況になる)”。


・泉瑛太
美緒にスマホを見られて勘違いされても、恵那に怒ったりしなかった。美緒に見られたあとも、そのままにしていた。美緒と同じ大学に行く勉強中に、恵那からの呼び出しに応えている。つまり、美緒よりも、恵那を優先している。美緒については記憶を引きずっている感じ。

瑛太は、”現時点では恵那と結ばれるのが自然”。

でも、視聴者は瑛太と美緒が結ばれるのを期待してるから……。

恵那は身を引くかな。美緒が好きだった瑛太が好きだったんです、みたいな感じで。
{/netabare}

 サンキュー(4)
ネタバレ
2017.12.17 05:25 グレンの評価 | 今観てる| 44が閲覧 ★☆☆☆☆ 1.0 評価対象: Just Because!(TVアニメ動画) 物語 : 1.0  作画 : 1.0  声優 : 1.0  音楽 : 1.0  キャラ : 1.0

キャラの言動が支離滅裂な典型的なラノベアニメ

どのキャラクターにも感情移入出来なかった
理由はタイトルの通り

3話まではたいした動きないのでほとんどの無駄な上にそれまでの経緯が分かりにくいので誰が誰を好きかぐらいしか情報がない
なぜ好きなのか、どこに惚れてるのか一切の描写無し
とてもじゃないが描写が丁寧とは言い難い

五話以降のキャラクターのリアリティをぶん投げる行動もストーリーに水を差す
大雪センター試験のダッシュ電車同行、ビックリしてお断り、勇気だして消しゴム返却、好きな人からのline3日間返さない、画像設定出来ないググらない、返事返さず仲良く鍋パーティー、道端で会いすぎ、お断りされて何でだよ!と逆ギレ、細かいところを挙げればキリがない

恋愛ストーリーとしても見るべきところは少なく、結果誰が誰と付き合うかを見守るだけのアニメとなっている
好きな理由や心変わりする理由もこのアニメには大して重要ではない、相馬の点数稼ぎの恋愛と同じように結果しか見てないのだろう

 サンキュー(2)
2017.12.17 02:30 wvxic87850の評価 | 今観てる| 43が閲覧 ★★★★★ 5.0 評価対象: Just Because!(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

稀に見る良作品

主人公が徐々に際立ってて面白い。最終話はまだ放送されてないけど最後にも期待したい。
そして 、キャラ全員かわいい。

 サンキュー(1)
2017.12.16 20:05 にゃん^^の評価 | 今観てる| 268が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: Just Because!(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

恋愛系青春ドラマ?

公式のIntroduction
{netabare}
高校三年の冬。
残りわずかとなった高校生活。
このまま、なんとなく卒業していくのだと誰もが思っていた。

突然、彼が帰ってくるまでは。

中学の頃に一度は遠くの街へと引っ越した同級生。
季節外れの転校生との再会は、
「なんとなく」で終わろうとしていた彼らの気持ちに、
小さなスタートの合図を響かせた。
{/netabare}

スタッフ{netabare}
脚本・シリーズ構成:鴨志田一
キャラクター原案:比村奇石
音楽プロデュース:やなぎなぎ
監督:小林敦
キャラクターデザイン:吉井弘幸
アニメーション制作:PINE JAM
{/netabare}
キャスト{netabare}
泉 瑛太:市川蒼
夏目 美緒:礒部花凜
本作のヒロイン。瑛太の中学時代のクラスメイトで、元生徒会長。
相馬 陽斗:村田太志
瑛太の中学時代の親友
森川 葉月:芳野由奈
元吹奏楽部。
小宮 恵那:Lynn
写真部所属。部員3人で廃部寸前のためコンクールでの賞を狙っている。

乾 依子:櫻庭有紗
高橋 早苗:貫井柚佳
鈴木 桃花:近藤玲奈
佐藤 真由子:千本木彩花
猿渡 順平:天崎滉平
石垣 陸生:山本祥太
清水 徹:柳田淳一
山口 薫:小林大紀

渡部先生- 大川透
{/netabare}


1話ずつの感想

--------------------キリトリ線--------------------

#01『On your marks!』
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
高校三年の冬。
泉瑛太は父親の仕事の都合で、中学生の途中まで住んでいた街に、季節外れの転校生として帰ってきた。
挨拶に出向いた柏尾川高等学校で瑛太がばったり会ったのは、福岡に引っ越して以降、
連絡が途切れてしまっていた中学時代の友人、相馬陽斗。彼はとっくに部活を引退した野球部のグラウンドで、
願掛けのためホームランを打とうとバットを振るっていた。最初はぎこちない瑛太と陽斗。
けれど、一打席勝負を通して、仲のよかった中学時代の感覚をふたりは思い出す。
瑛太から見事ホームランを打った陽斗は、告白してくると立ち去っていく。
その際に、瑛太に「夏目いんぞ」とメッセージを残した。
{/netabare}
感想
{netabare}

青春ドラマで恋愛がメインになるのかも?


はじめ1人づつの紹介みたいで
ほかのクラスメートとかも出てきて
だれが主役で何がはじまるかってよく分からなかった

でも
泉瑛太・夏目美緒・森川葉月・小宮恵那・相馬陽斗
この5人が主役みたいで
泉瑛太クンと夏目美緒と相馬陽斗クンは中学で友だちだったみたい

美緒は元生徒会長

陽斗クンは野球少年で
好きな子に告白するきっかけにホームランを打とうってしてるときに
転校して来たばっかりの瑛太クンと会って球を投げてもらってたんだけど
そのときの話だと瑛太クンは美緒が好きだったかつき合ってたかしてたみたい

陽斗クンはホームラン打って告白しに行ったけど
もしかして相手は
今回1番目立たなかった元吹奏楽部の葉月だったりするのかな?

廃部になりそうな写真部の部員の恵那はコメディ担当みたいだったから(?)
陽斗クンの相手じゃないって思う
だったら恵那がどうやっておはなしにからんでくるのかな?


おはなしは5人がどんな感じかちょっと分かっただけでゆっくりしてて
おわりの方まであんまりおもしろくなくって眠たくなっちゃった^^

でも、さいごの勝負で2人とは別々のところにいた3人が
パズルみたいにはまったところはよかった☆
野球の応援曲がながれてちょっともり上がってた^^

1話目は伏線回で退屈だったけどこれから何かおきそうで楽しみ☆彡


そう言えば主役が男子2人と女子3人って
おなじ会社が作ってた「ゲーマーズ!」とおんなじパターンなんだけど
おはなしまでおんなじパターンにはならないよね^^
{/netabare}
{/netabare}
#02 『Question』
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ホームランを打ったら森川葉月に告白する。そう決めていた陽斗は、後輩の面倒を見るため吹奏楽部の練習に残っていた葉月を帰りがけに呼び止める。
けれど、土壇場で陽斗は躊躇ってしまい、告白は失敗に終わる。
一方、夏目美緒と再会した泉瑛太は、偶然にも陽斗の告白失敗の現場に居合わせていた。
そのときに、一緒にいた美緒が、陽斗を切なそうに見ている視線に気づくことになる。中学生の頃、美緒が陽斗に片想いをしているのを瑛太は知っていた。
その場に居合わせた瑛太、陽斗、美緒、葉月、それと葉月の友人である乾依子の五人は、一緒に遊びに行く約束をする。
翌日、水族館を見て回りながら、瑛太は美緒がまだ陽斗に片想いを続けていることを再認識する。
複雑な想いを抱いた帰り道、瑛太は見知らぬ女子高生に声をかけられた。
{/netabare}
感想
{netabare}

告白しようって葉月に話しかけた陽斗クンだったけど
けっきょく近くにいた瑛太、美緒それに依子もさそって
みんなで水族館に行くことになって。。

葉月の弟2人までいっしょに来て
デートどころじゃなくなっちゃったw

でも、陽斗クンは弟クンたちと仲良くなったから
ポイントかせいだんじゃないかな?


美緒と瑛太クンはやっぱり中学のとき何かあったみたい。。
あの感じだと美緒が瑛太クンにコクったとかかも?

でも、今は別の人が好きみたい。。だけど分からないよね^^
瑛太クンは美緒のこと気にしてるみたいだし。。


さいごにとうとう写真少女が瑛太クンに話しかけてきた^^
これからどうなるのかな?
{/netabare}
{/netabare}
#03『Andante』
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
一緒に水族館へ行ったのを切っ掛けに、LINEを交換した五人。新しいグループ「えのすい」では、何気ない会話のやり取りが交わされていた。
葉月の連絡先を知って素直に喜んでいる陽斗。突然のことに少し困惑しながらも、なんか高校生みたいと前向きな葉月。陽斗の気持ちを察した依子はそれぞれの反応を楽しんでいる。美緒の気持ちを知っている手前、瑛太は複雑な心境だった。
その矢先、美緒から瑛太にだけLINEが送られてくる。呼び出された駅前では、美緒ともうひとり……水族館からの帰り道に突然声をかけてきた女子高生、小宮恵那と会うことになる。恵那は同じ高校に通う二年生。廃部寸前の写真部を救うため、瑛太を撮った写真をコンクールに出したいと言い出した。
{/netabare}
感想
{netabare}

恵那はナゾの転校生の瑛太クンのことすごくさがしてたみたいだったけど
ナゾなんて言わなくってもおなじ学校なんだから調べたらすぐ分かるのにねw


今回のおはなしはそのことと
陽斗クンが葉月に近づきたくって犬がニガテなのに会いに行って
葉月の犬ににらまれてしりもちついちゃったこと^^


これから恋愛がどうなるか分からないけど
陽斗クンは犬がだいじょうぶになるようにって美緒にたのんだけど
これから陽斗×美緒ってあり?


あと、あらすじのおはなしだけど
恵那は瑛太クンのストーカーしてやっとラインのアドレスゲット♪
ってこれから瑛太クンをとった写真をコンクールで使わせてもらうために
付きまとわれそう^^

こっちは恵那×瑛太ってゆうのもあるのかも?
{/netabare}
{/netabare}
#04『Full swing』
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
大晦日の日に、受験生である美緒の合格祈願もかねて、一緒に初詣に行こうと約束をしたグループ「えのすい」の五人。その日に「今度こそ告白する」と、陽斗は瑛太と美緒に宣言していた。やってきた十二月三十一日。瑛太、美緒、依子の三人は突然の用事で初詣に行けなくなったとLINEの連絡で言い出す。それは、陽斗と葉月をふたりきりにさせるため、美緒の提案で決めたことだった。なんとなく気づいている陽斗。わかっていない葉月。帰り際、陽斗は葉月を呼び止めて、今度こそ告白をする。
一方、ドタキャン組の三人も、別の神社に初詣に行っていた。依子とは途中で別れ、美緒とふたりきりになる瑛太。妙に明るく振る舞っている美緒の態度が気になり、「陽斗のことはいいのか」と美緒に尋ねる。それでも、美緒は言い訳をして自分の気持ちをなかったことにしようとしていた。瑛太は苛立ち、感情的になった勢いで美緒に対する自分の想いを言いかけていた。
{/netabare}
感想
{netabare}

4話目でやっとおはなしが動き出したかな。。

中学のときから瑛太クンは美緒のことが好きで
美緒は陽斗クンのことが好きで

でも、陽斗クンは葉月のことが好き。。
ってゆう四角ラブのおはなしだったみたい

陽斗クンはとうとう葉月にコクってことわられて
瑛太クンは美緒が陽斗くんのことが好きだって知ってるから言い出せない。。


葉月は大学で遠くに行く予定だったから
陽斗クンふられるんじゃないかな?ってにゃんは何となく思ってたけど

べつにきらいだからじゃないって思うから
弟たちと遊びたいから友だちでいて。。
とかって言ってればもしかして。。?って思った^^


あと、にゃんはコメディ担当かなって思ってた恵那が
かわいい女子ってゆう設定だった分って
もしかしてホントに恵那×瑛太ってゆうのもあるのかも?って^^
{/netabare}
{/netabare}
#05『Rolling stones』
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
あの日、葉月から陽斗に告げられた返事は、「ごめん、付き合えない」だった。直後は強がってみたものの、陽斗の気持ちは少しも晴れないまま短い冬休みは終わる。それは、大晦日に自分の気持ちを美緒に言いかけた瑛太もまた同じ。何の解決もないまま、三学期初日を迎えてしまう。
一方、葉月は陽斗からの告白のことで、美緒に相談を持ち掛けていた。生まれてはじめてされた告白。突然のことで咄嗟に断ってしまったことを葉月は気にしていた。もっとちゃんと考えて返事をするべきだったのではないかと……。
美緒はそんな葉月に、今の気持ちを陽斗に伝えてあげるのがいいと思うと答えていた。
その日の夜、陽斗のもとに葉月からLINEが届いた。明日、少しだけ時間いい?
{/netabare}
感想
{netabare}

やっぱり葉月は陽斗クンのこときらいだからフったわけじゃなかったんだ^^

また会ってちゃんと断ろうって思ってるって美緒には言ってたけど
理由が陽斗クンのことよく知らないからってゆうのと
大学が遠いからってゆうだけだったら何とかなりそう☆彡


美緒はこのあいだ強く言いすぎたって瑛太クンにあやまってたけど
瑛太クンはつめたい返事。。

好きな子にやさしくできない男子なんか
にゃんだったらつき合いたくないって思うけど
瑛太クンってわかってないなぁ。。

それなのに好きだってゆうこと美緒は気がついてるんじゃないか?
なんてウジウジ考えてる。。

こんな男子好かれないよね。。
{/netabare}
{/netabare}
#06『Restart』
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
葉月からのLINEにびびって返事ができない陽斗。すでに三日が経過していた。そのことを学校の昼休みに瑛太に伝えに行くと、瑛太から一打席勝負を挑まれる。またホームランを打って自信をつけて、葉月に返事をすればいいというのが瑛太の考えだった。
最初は気が乗らない陽斗だったが、瑛太の本気の投球を目の当たりにして火が付く。そして、何球もファールで粘ったあと、豪快なホームランを放った。
その勝負を遠巻きに見ていた美緒は、本気になっている瑛太の姿に気持ちを駆り立てられる。がんばらないと。葉月もがんばると言っていた。周囲の変化に背中を押された美緒は、中学時代からこじらせている片想いに区切りをつける決意を固める。美緒は、思い出の消しゴムを陽斗に返すのだった。
{/netabare}
感想
{netabare}

美緒は消しゴム返してだいぶすっきりしたみたい♪

葉月は陽斗クンに「ほんとの返事は待って」って言えた☆
でも、美緒の気もちに気がついてるみたいだしどうなるのかな?

瑛太クンは美緒とおんなじ学校に入るために勉強しはじめたみたい
でも、コクったりなんかできないのかも?
そんなところに恵那がどんどん近づいてきてるみたい
さいごは美緒が恵那と瑛太クン(たぶん)がじゃれてるところ見ちゃった!?

そのリアクションがちょっとふつうじゃなかったみたい
美緒は瑛太クンにも気があったりするのかも?


あと、恵那が写真部をのこしたい理由が何かあるみたい
何かな?

もしかして、大好きな先輩がいたから
とかだったりするのかな?
{/netabare}
{/netabare}
#07『Snow day』
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
最初の一打席勝負以来、瑛太はランニングを日課としていた。ホームランを打たれた悔しさが瑛太を走らせていた。
センター試験の前日。この日も瑛太が走っていると、家の近くでパトカーのランプに気が付く。すぐ側には、なぜだか恵那の姿があった。勝手に写真を撮ったとかで、男性に文句を言われて絡まれていた。
少し怯えて、しょんぼりした様子の恵那を送って帰る途中、恵那にとって写真部が大事な居場所であることを瑛太は聞かされる。たった三人の部員しかいないけれど、やっと見つけた場所なのだと……。
それを聞いた瑛太は、コンクールに自分の写真を出すことを承諾。喜ぶ恵那に背中から抱きつかれる。そんなふたりのことを、予備校から帰る途中だった美緒が見ていた。
大雪の舞うセンター試験当日。交通機関はマヒして、美緒は駅で足止めされてしまう。そこに突然瑛太が現れて、ますます戸惑う美緒を試験会場まで連れていく。
そうした中で、美緒は中学生だった頃のことを思い出していた。美緒が困っているとき、瑛太は何も言わないで、美緒のことを助けてくれていたことを……。
{/netabare}
感想
{netabare}

美緒は瑛太クンのこと気になりはじめてて
恵那は瑛太クンが同じ大学に行こうってしてるくらい
美緒のこと好きなの知ってて横入りしようってしてるみたい^^;

さいご恵那が美緒に会って
瑛太クンのことデートにさそっていいか聞いたけど
美緒はダメってはっきり断った^^

それって瑛太クンを誰にもとられたくないってゆうことだよね^^

やっとおもしろくなりはじたみたい^^
{/netabare}
{/netabare}
#08『High Dynamic Range』
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
センター試験が終わったらやろうと話していたお疲れ会が、葉月の家で開かれる。集まったのはグループ「えのすい」の五人。
その集まりの最中、美緒は瑛太のことを気にしている。センター試験からの帰り道で、恵那に言われたことが気になっていた。恵那は瑛太のことをデートに誘ってもいいか、美緒に聞いてきたから……。それに、美緒はダメと答えていた。
翌日の日曜日。恵那に呼び出された瑛太は、待ち合わせ場所に向かう途中に美緒とばったり遭遇する。予備校に行くかと思えば、途中までついてきて、何か不満そうな態度。わけがわからないまま、恵那と合流してしまい、ますます居心地の悪い空気になる。
結局、理由がわからないまま美緒とは別れ、瑛太は恵那とふたりで江の島に行くことに。はたから見れば、それはデートをしているような光景だった。
{/netabare}
感想
{netabare}

恵那は美緒の気もちと瑛太クンの気もち
両方分ってて瑛太クンとつき合いたいって思ってるみたい^^


どうやって瑛太クンをさそおうかって考えてるときの恵那の気もち
よく分かった☆
にゃんこがいてくれてよかったね^^

ちょっとイジワルかな?って思ったけど
ほんとにうれしそうな恵那見てたら応援したくなっちゃう☆

それにしても瑛太クンっていいかなぁ。。

たしかにやさしいけど
自分の気もちもはっきり言えなかったら
つき合いはじめても気もちが通じなくって
すぐダメになっちゃいそうなんだけど。。

それに美緒もツンデレタイプで
「泉!マロニーぜんぶ食べたでしょう!?」
とかってきらわれちゃいそうなことゆうし。。


瑛太クンとデートして別れるとき
瑛太クンって陽斗クンにもなかなか言えなかった
美緒が好きだってゆう思いを
恵那にははっきり言えるんだよね^^

恵那って自分の思いはっきりゆうから
きっとほかの人も自分のことはっきり言えるんだろうな☆

口ベタな瑛太クンが
ただ1人スナオに自分の気もちを言える相手が恵那みたいだから
瑛太クンみたいな人にはきっと恵那見たいな子の方が合うんじゃないかな?
{/netabare}
{/netabare}
#09『Answer』
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
江の島デートの帰り際、瑛太は恵那から「コンクールで賞を取ったら告白する」と宣言されていた。それはもはや告白されたのと同じようなもので……。
週明けに学校で会った瑛太と恵那は、お互いに意識してぎこちない態度になる。
一方、葉月は、陽斗への態度を、はっきりさせようとしていた。それに先立ち、美緒の気持ちを葉月は確認する。以前、美緒が陽斗に消しゴムを渡す瞬間を目撃しており、美緒の中学時代からの片想いに、葉月はそれとなく気づいていた。
そんな葉月からの問いかけに対して、美緒は今の気持ちをはっきり口にする。今は別にちゃんと好きな人がいるのだと。
葉月のおかげで、自分の気持ちに答えを出した美緒は、迷っていた志望大学についても、ひとつの結論を出すのだった。
{/netabare}
感想
{netabare}

葉月は髪型も変えて気もちも切りかえて
陽斗クンとのことちゃんと考えようってしてるみたい☆


美緒は瑛太クンの大学を受けようってしてるのかな?
瑛太クンは美緒の行こうってしてた学校を受けようってしてるのに。。

自分の気もちに気がついて
瑛太クンに近づいていこうって決めたみたいだけど
すれちがいはじめてるみたい?

それに恵那が瑛太クンと美緒がホントは両思いなの知ってて
瑛太クンの朝ジョギングに待ちぶせして点数かせごうってしてるみたいだし
「賞を取ったら告白」のこともあって
瑛太クンも恵那のことちょっと気になりだしたかも?


これからどうなるのかな?
{/netabare}
{/netabare}
#10『Childhood’s end』
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}

{/netabare}
感想
{netabare}

また来週~ノシ







{/netabare}
{/netabare}

 サンキュー(43)

Just Because!のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
Just Because!のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。