「ワンパンマン(第2期)(TVアニメ動画)」

総合得点
74.1
感想・評価
351
棚に入れた
1627
ランキング
587
★★★★☆ 3.6 (351)
物語
3.6
作画
3.6
声優
3.7
音楽
3.5
キャラ
3.8
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む
ネタバレ

もんちろー

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

色々分かってくる。

キングは実は弱虫弱々の引きこもりオタクだった。
今までキングが倒したとされていた敵は、誰かが倒したもの。
そして、キングが若い頃に助けてもらったヒーローがサイタマ。
キングとサイタマはゲーム友達に。

何だかんだ最後はサイタマのワンパン勝ちは変わらず、ストーリーはムカデ長老を倒したところまで。

続く、って感じ。

投稿 : 2019/08/19
閲覧 : 16
サンキュー:

2

ネタバレ

をれ、

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

[杜撰な感想w]二期も一期同様面白い(24話まで視ました。)

一期は視ました。いわゆるアマプラで視聴なので最新話とかは周回遅れというか、一気視です。
 結局、今期は次期のお話の布石をしただけのような気もします。次期もたぶんあると思いますので視たいです。サイタマよりガロウの方が画面に映る時間が長かったような..気がします。ヒーローvs怪人の対立構造が鮮明になったような気がしますが、ガロウは怪人協会に与する訳でもないです。一方ソニックは..と{netabare}ある失敗で、怪人になり損ねたようです{/netabare}(笑い)。
 主人公サイタマは己が最強になってしまったので、それ故もう成長の喜びは味わえないと嘆いていましたが、真のヒーローとはということについて考え始めたようです。つまり次期は強さ以外の何かがお話で重要になりそうな予感がします。
以上杜撰な感想で申し訳ないです。



---以下かなり杜撰な、視聴ログ。---
13~15話で、
二期も安定して面白いです。三話分視ても体感20分ぐらいですw。
S級ヒーローだけど、実は弱いキングと邂逅しました。ストーカーのようにしつこいソニックを返り討ちにしました。それからB級で女番張ってるみたいな美少女のフブキCV早見沙織と仲間になったようです。なお、フブキはS級のタツマキCV悠木碧の妹です。
 破門されたシルバーファングの元門下で、流水岩砕拳の達人でもあり、アンチヒーローで人の怪人を名乗るガロウが登場し、S級を含む多くのヒーロー狩りをしていました。
 次回はシルバーファングの弟子だったチャランコが、参加を棄権するつもりだった武闘大会の出場券を譲り受けたサイタマが変装して大会参加するようです。

そういえばチャランゴって楽器あったなぁぁ、急に南米民族音楽が聴きたくなったりしましたw。

16話~24話まで
主に怪人協会の人類への宣戦布告までと、ヒーローに反感を持つガロウとヒーローの闘いのお話。怪人協会との戦い始まったばかりで決着は次期に持ち越されたようです。

投稿 : 2019/08/16
閲覧 : 45
サンキュー:

9

猫耳サイクロップス

★★★★★ 4.3
物語 : 2.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

やっぱ1期は超えれない

漫画版読んでたら分かるけど、ストーリーが飛びすぎ。
ラストも酷かった。中途半端にぶっ千切って終わったことに気づかなかった。
作画はまあまあだったけど。

一期がよかったから期待しすぎたってのもありますかね?

総評:
「全てにおいて一期より劣ってた」

投稿 : 2019/08/13
閲覧 : 8
サンキュー:

0

ねいばー

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

新敵キャラ良い

いつかさいたまが苦戦する日がくるのだろうか

投稿 : 2019/08/12
閲覧 : 8
サンキュー:

1

tomledoru

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

次へのつなぎか?

第三期があるのだろうが,つなぎのシリーズのように思えたのは私だけでしょうか。
さいたま(ヒーロー)は遅れたころにやってくるものか。

投稿 : 2019/08/10
閲覧 : 11
サンキュー:

0

ネタバレ

りゅぅぞぅ

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

緑川光さんが出演されたのはうれしいけど            雑談「マイホーム・・・・ 結婚式・・・・」

 2期

 簡潔な流れの説明

 怪人となのる ヒーローハンター:ガロウの出現

ガロウの出現により、手練れがボッコボコに・・・

 バング・ボンブなどが ガロウ討伐にでる

 
 それに並行して

怪人たちが動き始める・・・



 見どころ

 ガロウ(緑川光)さんの声

個人的に スイリュウとかの武闘大会はあまり興味ないww


 


 恒例の雑談のコーナーです

 最近の私は

 マイホーム と 結婚に対して重きを置いているため

アニメが前よりかおろそかになってしまってます・・・・

 こじんてきな 優先順位として

マイホーム>結婚旅行>結婚式です


 ただ、相手の親には

結婚式を早くしろと怒られています・・・

はぁーん、ダルビッシュ

投稿 : 2019/08/10
閲覧 : 19
サンキュー:

2

ネタバレ

KANO

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

前期の衝撃的な面白さと比べると…

今作は、2つの視点からの進行もあって、単純な面白さから変化しています。
笑える所は笑えるんですが、前期程は…と言う感じですかね。
3期の制作も期待しています。

にしも、ハゲマントは無いですね。笑

投稿 : 2019/08/08
閲覧 : 29
サンキュー:

1

Yuyu

★★★☆☆ 2.8
物語 : 3.0 作画 : 2.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトルなし

やはり1期とどうしても比べてしまいますね。
作画がどうしても・・・・・。

投稿 : 2019/08/08
閲覧 : 26
サンキュー:

1

ネタバレ

ライロキ

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

続きが気になる

1期に比べて少しストーリーのテンポが遅くなったように思いまが、
気楽に見れて内容は面白い。主人公が最強なので最後はどうなるか
はおおよそ見当がつくけれども、そこに行き着く過程を楽しむ作品
ですね。サイタマとその他のヒーローとのからみもいいですね。
続編を早く見たい。

投稿 : 2019/08/08
閲覧 : 15
サンキュー:

6

うにゃ@

★★★★☆ 3.5
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ジャンプになってきた。

1期同様のストーリが分かりやすく、兎に角ワンパンは変わらず。
ヒーロー協会VS怪人協会とわかりやすい対立構図で話が進んでいくが、1期に比べジャンプのような熱血が入ってくる。
ストーリーの中心がサイタマから、ガロウ等の周りのキャラに移ったせいで、ワンパンで終わらず各キャラクターの背景が出てきて、熱を帯びてきたのではないかと思う。
端々にサイタマが力量を発揮するのは面白いが、出番が減った故の不満なは出てくるかもしれない。
基本的に何も考えずにさっくり見れるのは変わってない。

100点満点中70点

投稿 : 2019/08/07
閲覧 : 21
サンキュー:

1

ネタバレ

もっちょん

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

1期に比べると勢いがなくなったかな

ワンパンで敵を倒してしまうことに悩みを持つヒーローの話として話題となったワンパンマンですが、個人的な感想としては1期に比べると勢いがなくなったかなて思います。一気にワンパンで片付けてしまったの後のなんとも言えないシュールさというのが面白かったのですが、1期と違ってテンポがちょっと遅めなんですかね。ちょっと退屈な感じでした。でも、怪人ガロウの話とか話は進展していくので、気になった方はご覧になられては。

投稿 : 2019/08/04
閲覧 : 15
サンキュー:

1

Zeno

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

作画は力入っているけど、前作よりはパワーダウン

楽しめるかと言えば楽しめます。ワンパンマンと言えばなんと言っても迫力あるバトルですが、今作も作画は頑張っています。

しかし、マンガの村田先生の高い画力によるバトルや1期の動きまくるバトルを踏まえた上では少しばかり力不足に感じます。1期はあの迫力あるマンガを正にアニメーション化していました。カメラが引き気味でキャラの全身が映っていたのでどういう風に動くかが分かりやすく流れるようなアニメーションでした。

今作はカメラが寄り気味で例えば上半身だけが映っていてパンチを繰り出すといった感じで、しかも視点を切り替えながら進行するので、
1期だと 攻撃しようとする→移動する→攻撃が当たる となっていた所が
2期だと 攻撃しようとする→攻撃が当たる という風に
ぶつ切りのアクションになっていて、1期に比べればどういう風に動いているのかが分かりにくかったです。

ただ誤解しないでほしいのが、一般的なバトルアニメと比べれば作画は力が入っているし、最終話あたりは迫力あるバトルでした。あくまでマンガや1期を踏まえれば力不足に感じるというだけです。ワンパンマンは今作が初めてという人は十分に楽しめるでしょう。

あとストーリーに関してですが、すごく中途半端な所で終わっています。見た人すべてが「ここで終わりなの?」と感じるでしょう。私ともども3期を楽しみに待ちましょう(´・ω・`)

p.s.
主人公サイドとは対立の立場にあるガロウがカッコよく応援したくなります。今作に関しては主人公より主人公していたかも。

投稿 : 2019/08/03
閲覧 : 7
サンキュー:

0

ハウトゥーバトル

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

冷めるなこれ

視聴理由 特になし
原作読んだんだよねぇ

序盤 んん

中盤 一期よりギャグ落ちた?

終盤 斧あつし!?

この話は鍛えまくった常人離れのヒーローの話
ジャンルは主人公最強・ヒーロー・バトル・ギャグ
まぁ内容としては良いと思う
ただなぁ何かが違うんだよなぁ
漫画では面白かったのにアニメだと物凄く冷めるんだよね
内容は同じなのに。なんだろ声かなぁ?
まぁともかく「ソニックファイト」と言いたくなる

あとギャグが落ちた気がする
残念
作画は普通、音楽はJAM PROJECTさんの「最弱のアポストル」良曲

総評 一期よりは…

投稿 : 2019/08/02
閲覧 : 66
サンキュー:

8

ninin

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

A級、B級、サンキュー!

原作未読 全12話

文字通りワンパンチで怪人を倒すヒーロー「サイタマ」と他たくさんのヒーローたちが、怪人たちと戦う姿を描く作品の2期です。1期から観ることをオススメします。

今回は怪人になりたい人間「ガロウ」を中心に暗躍する怪人協会との戦いを描いています。

サイタマが戦うまで他のヒーローたちが怪人相手にどんな戦いをするかを楽しむ作品、今回も焦らして焦らして焦らされましたねw

シリアスな戦いとサイタマのコミカルなシーンが絶妙でした。

この流れだと決着がつかない感じがしましたが、当たっていましたw

一応切りのいいところで終わっていますが、3期が観たいですね。

OPはJAM Projectさん、EDは古川慎さんが歌っています。この作品にはJAM Projectさんに合っていますね。

最後に、キングある意味最強ですねw

投稿 : 2019/08/02
閲覧 : 35
サンキュー:

17

ネタバレ

plm

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

村田版展開色が強くなった感

ワンパンマンというタイトルではあるが
ONE原作が基本的にギャグ+ストーリー力でできているのに対して
村田版はバトル+強い敵と戦うオラワクワクしてきたぞ!的なジャンプ系
そんな感じのベクトルの違いがあると思う
そして2期の主軸となる格闘大会編は村田版オリジナルの展開でもあり
ところどころONEテイストは感じられるものの
作画や演出面が村田版展開色を忠実に再現する方向性に感じられた

■ガロウ編として
ある種この辺は思いっきり引き伸ばしなのでガロウ編として完結してない
村田版がそこまでいってないのでしょうがないのだけど
ONE原作のガロウ編は物語としてしっかり決着がついているし
ガロウが抱える気持ちの強さとサイタマ先生の対決でめっちゃ見所があるので
正直ガロウ編やるならここまでいってほしかった

■2期は
脇役にスポットライトを当てたヒーロー大全
サブキャラたちのバトルアクションという印象
これはこれで見所があって
一時代前のヤンキーみたいな金属バットがやたら強くてカッコ良かったり
ガロウvsジェノスといういい感じの拮抗具合のバトルだったり
バトルモノとしては結構面白かった

ただサイタマ先生の出番が微妙すぎてこれ「ワンパンマン」か?
といわれるとワンパンマンの登場シーンがちょっと少ない
ONE原作もこういうサブキャラの焦点を当てて群像劇的に進む展開はあるけど
サクサク進むせいか基本的にはサイタマ先生が主人公で
その周りで起きている出来事っていう感覚がある
ちょっとそこから逸脱してしまってるような印象は受ける

■ワンパンマンと説教臭さ
サイタマ先生は説教臭いキャラではないと思う
他人に正論を吐くというより、ごく普通のことをいう
けっこう自分本位で身勝手なこともいうし、まともな感想を言ったりもする
力がありすぎるせいで、他人の力の優劣を全く理解できてないという感じなだけで
誰に対してもそう接することができるのがバランスブレイカー
あまり"正義の象徴"みたいな何かを背負ってる風ではない
ごく一般人のように振る舞うところが力があるのに自然体で
力を持つものだからこそなにかに傾倒せずにまあまあ善良な市民である
そんなところに不思議と安心感があるんではなかろうか

そこらへん2期ではちょっとクドいシーンがある
サイタマ先生が格闘大会で得るものがなく無感情だと落ち込むところで
キングがなんか色々いって励ます→格ゲーでボコにして怒らす→感情あるやん
というギャグなんだけども
いいこと言ってるけどけっこうここの会話がクドめ
これONE原作第5撃のvs蚊でやってる内容と実は同じで
こちらは諭される会話シーン皆無で同じ面白さを表現できている

まあここに関してはキングという人物がサイタマの数少ない理解者である
印象付けの方に重きを置いているのかもしれないのでこれはこれで良いのかもしれない
そんな感じでわかりやすいドラマ性を強くした結果
ギャグ的な軽いノリやテンポが損なわれてる面もあるかなと

ゴウケツワンパンとかもほぼギャグだと思うんだけど
BGMや演出的には良いシーンになっててシリアス色が強いなーと
ワンパンマンとしてはちょっと違う気がしたけど
他のヒーローやガロウ視点的には白熱バトルな雰囲気は良かった

投稿 : 2019/07/31
閲覧 : 13
サンキュー:

1

ネタバレ

もも

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ジェノスがかっこいい

一期に調べたら全然ダメと言われているが、それは物足りないとおもっている。トータルではおもしろかった。特別にジェノスが超かっこいい。だだ、崎玉がおもけのようでちょっと残念です。

投稿 : 2019/07/31
閲覧 : 8
サンキュー:

1

ネタバレ

Yas

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:今観てる

投稿 : 2019/07/28
閲覧 : 31
サンキュー:

0

ネタバレ

ぺー

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

大事ヲ成スニ志ナカリセバ 煩悩ニ澱ミテ 毒林檎食ラフベシ

原作さわりだけ


息子の中学で流行ってたらしく、思春期の息子と一緒にゲラゲラ笑いながら観ることが出来ました。という極めて私的な理由で高得点。シンプルに楽しめる良作です。
OPの作詞が森雪之丞氏だったりJAMだったりで胸アツなのとサイタマ役の古川慎さん歌ウメェ~のEDだったりと主題歌が極めて優秀でございました。

全12話。作中では1期から継続しての13話~24話の扱いです。1期見逃したところで途中からでもついていける仕様だと思います。

肝心の中身は、1期と変わらずというかよくキープできたなという印象。
なぜなら宇宙最強を倒し、パワー系でインフレするなら自ずと限界が訪れると危惧していたからです。
2期ではそうならず、サイタマやジェノス中心だった物語から、別のヒーローたちの各々の立ち位置やお悩みといった視点から見るサイタマ像へと変化を加えてきました。
1人称から3人称への変化とでもいうべきでしょうか。
・ヒーローでもS級A級B級C級といったクラスの違いによる意識の差
・武道家/剣士といった協会所属してない猛者たちの思惑
・怪人を名乗る人間{netabare}。ガロウ(CV緑川光)良かったっす。{/netabare}
これまた個性的な面々で退屈しないのとモブに近いキャラすら一癖あったりでした。中心軸は怪人らで結成された“怪人協会”とヒーローを中心とする人間たち“ヒーロー協会”との闘いです。やや群像劇の装いで、深みといいますか拡がりが出たのではないかと思います。


ただし拡がりは諸刃の剣。あらためて1期の自分のレビューを読み返してどこに着目してたのかおさらいしてみました。見どころは概ね以下2点としてたみたいです。

1.事前の煽りにクスクスしよう
2.ワンパンを見逃さない

世間的には2.で名を馳せた名作と言われています。バトル作画の迫力に魅せられる、ということ。
ややふんわりとした群像劇ならばサイタマの登場機会は減るわけなのであります。それはワンパン数の減少と同義。制作会社の変更の影響は言わずもがな、前作ファンが本作に期待するところとのズレはどうしても生じてしまいます。このへんのさじ加減は本当に難しいことが理解できる2期でした。
さて、世間的には…としたのは自分が重きを置いてたのが1.だったから。思いの外影響は軽微だったのが幸い。
{netabare}前口上は前作以上。前座を務めたゴウケツ(CV乃村健次)戦でのスイリュー(CV松風雅也)。もはやプロ前座といえる大怪蟲ムカデ長老(坂東尚樹)戦でのジェノス(CV石川界人)。今回も楽しませてもらいました。{/netabare}


もう一つ1期レビューからの引用。本作のテーマについて

 “ヒーローってなんだろう?”

“夢”ではなく“志”の不足が気になってた1期です。「ヒーローになってサイタマはなにを成したいのか?」
今回出番少なめのサイタマは、その答えを探している描写が多かった。そして周辺キャラにも多くを語らせます。志無き者はアダムの林檎{netabare}(怪人細胞){/netabare}を手にしてしまうのです。ここを見逃すともったいない。林檎を手にした者はいってみれば「ヒーローになりたいだけ」の面々でした。

{netabare}志については奇しくも第18話で蛇咬拳スネック(CV三木眞一郎)がスイリューに語りかけます。
「お前のようなたいして志ももってなさそうなやつに!」
・・・巡り巡ってスネックらの志の高さにスイリューも感ずるものがあったようですね。良いシーンでした。{/netabare}


原作も続いているようですしなんとも中途半端な終わり方ではありましたが、私自身の中断は無くなりました。
“サイタマがヒーローになってなにを成したいのか?”を見届けたくなった2期です。



※オマケ
■気になったところ
{netabare}「オ兄チャン 名前ヲ決メテ!」
脳内再生けっこうな量に(笑)
結局キングは『どきどきシスターズ』をプレイできたのだろうか?{/netabare}

{netabare}腹こわしてしまった“音速のソニック”は怪人になり損ねてましたね。こういう小ネタがいちいち面白い。
お仲間の“疾風のウィンド”“業火のフレイム”なにげに里の命名規則を遵守しております。{/netabare}


■兄だけではなく
「S級ヒーローの小学生みたいな人、コナン君の声に似てない?」
と娘からの指摘。その通りだ、わが娘よ。もしかすると声豚属性があるのかもしれない。
そして小学生みたいな人のヒーローネームについては・・・言葉にするのはさすがに憚られました。



2019.07.07 初稿
2019.07.27 修正

投稿 : 2019/07/27
閲覧 : 211
サンキュー:

40

ネタバレ

ノリノリメガネ

★★★☆☆ 2.8
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 2.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

地に落ちた2期

強すぎるヒーローワンパンマンの2期。
{netabare}
1期からの落差がすごい。
そもそも監督も変わってしまって、あの圧倒的な作画も鳴りを潜めてしまった。
OPとEDも1期は超絶かっこよかったのに、やる気が感じられないものになってしまっている。

あの素晴らしい1期の後ということを考えれば、本作はほとんど褒めるべきところのない駄作に成り下がったと言えよう。

まぁ原作自体ガロウ編が長すぎてだらけてきてるってのも一因だとは思うが、それでもひどい。

ワンパンマンってのはどんな強い敵でもワンパンで終わらせてしまうっていうワンアイデアによる勝利だったわけだが、長く続けてしまったことで逆にその強さが足かせになってしまっているのがつらいところ。
主人公を出しちゃうと話がすぐに終わってしまうから主人公をなかなか登場させづらくなってしまっている。主人公が活躍しない作品ってのは総じておもしろくないので、最初は画期的だと思われたワンアイデアだが、その副作用に苦しんでいるように見える。

本作のサイタマは武術大会に出てそのあとキングとゲームして遊んでたくらいで、ほとんど活躍が見れなかったからなぁ。

スイリューを助けるところはかっこいいけどね。


これはもっと原作がたまって、ある程度ガロウ編が終わったところで、アニメ用に脚本をブラッシュアップして夏目監督に再び依頼をかけるほうがよかったのではないかと思う。

こういう視聴者を落胆させるような仕事はして欲しくないね。
1期はBDも買い集めたけれど、2期は全く欲しいと思わなかった。
非常に残念だった。
{/netabare}

投稿 : 2019/07/27
閲覧 : 31
サンキュー:

2

ネタバレ

ろだ

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

感想

原作既読。

OPについて。
最初聴いた感想はずいぶん難しい曲だなあと思いました。
1期のOPと比べればキャッチーさは劣るかもしれないがかっこいい曲。
もっとはっきりとガロウに寄せてもよかった気もするけど、2期の範囲がかなり中途半端であり、武術大会等別の要素も多くあるためそれも難しかったのでしょうか。
EDは、ごめんなさいこの歌い方は苦手です。

画について。
1期のハードルがかなり高いものだったため、新制作陣のプレッシャーは相当のものだったろうと察するし、その頑張りが見える部分も多くあったが、ところどころチープさを感じてしまう部分も確実にあるのはやっぱり残念。

演技・演出その他について。
サイタマの真面目な顔、真面目な台詞、真面目な演技や真面目な演出、これらは重ねたら私の思うサイタマのいいところは潰れてしまう。普段と変わらぬとぼけた顔で大事なことを特に抑揚の変化もなく言うからカッコイイ、真面目な顔してくだらないことを言うからギャグになりシリアスになりすぎない、気遣いを気遣いに見せない、この感じは崩してほしくなかった。説教臭さが時折出ており気持ちが悪い。
また色々な都合はあったと思うが、テンポがあまりよくない。急いでほしくないところで急ぎ足なのを感じたし、これはサイタマからスポットがずれたせいでもあるが、爽快感が薄い。テンポのよさと爽快感は作品の大きな魅力だっただけに、演出等でうまくカバーできてたらよかった。

悪い方向のことを多く書いたが、3期への準備期かつ制作が変わったことも考えたら十分よかったと思う。(さらに惜しいのは3期までまた間があいてしまいそうなこと。)

2019.7.22

投稿 : 2019/07/22
閲覧 : 13
サンキュー:

1

ビックリヤングコーン

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

やっぱ面白い!

正直もう少し主人公が見たかった!面白かったけど1期に比べたら印象に残るシーンがあまり無かったかな、主人公がおまけみたいでちょっと悲しかった。トータルでは面白かったのになんか物足りない感が否めないと思う。

投稿 : 2019/07/20
閲覧 : 22
サンキュー:

2

ネタバレ

STONE

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

とりあえずの簡単な感想

 原作は未読。
 テレビ放映時は制作会社の変更に伴い、作画などが1期に較べて劣化していたので、かなり批判
されていた記憶がある。実際1期の方が良かったと思うが、あれは良すぎたとも言うべき感じ。
 個人的には音響があまり良く感じられなかったし、演出と言うか、コンテや構成の方が気に
なった。
 特に中盤の怪人協会の各所での襲撃と同時進行していくスーパーファイトの描写は、個々の現場を
次々と描くことで、緊急事態であることを見せたかったようだが、これが緊迫感が感じられる
どころか、単にぶつ切りの複数の映像を見せられた感じでイライラが募るばかり。
 それ以外にも判りにくい描写が多かったような。

 内容も1期はなんだかんだでサイタマを主軸に置いていたが、本作は個々で中心に描くべき
キャラがいて、サイタマは話を締めるための幕引き役といった感が強かった気がする。
 1期もジェノス、無免ライダーなどに焦点を当てた展開があったが、本作はその傾向がより強く
なった感が強く、特にガロウは本作の主役はこっちなんじゃないかと思うぐらい描写比重が
高かった。
 様々なキャラに光を当てるの群像劇のようなスタイルは嫌いではなかったが、その分サイタマの
出番は減ってしまったわけで・・・。
 1期では敵がどれだけ強いかを描いた後で、サイタマがあっさり倒してしまう展開が繰り返される
ことで一つの様式美のようなものができあがっていたように思える。こういうのは「水戸黄門」の
印籠や「遠山の金さん」の桜吹雪のように展開が判っていながら、それを楽しむといった類の
もので、これを楽しみにしていた人は、この展開が減ってしまった本作は内容的にも不満
だったんじゃいかなと。

2019/07/20

投稿 : 2019/07/20
閲覧 : 21
サンキュー:

3

R子

★★★★☆ 4.0
物語 : 5.0 作画 : 2.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

アニメ化する意味

人気があったから第二期もやりましょう、ってなるのかな。
みんなの期待に応えて二期もやりましょう、かな。
あの興奮をもう一度アニメで!という意気込みなのかな。

いずれにしても私が思うことは、アニメ化するなら原作を超えなきゃいけないということ。
前にも何かのレビューで書いたけど、どんなに原作が素晴らしいアニメでも30分の中に「違和感」を感じてしまったらそれはもう「アニメ化するべきじゃなかった」と言うことなんだと思う。

一期が良すぎたからそう見えるの?
いやいや、だったら二期はそれ以上にするべき。
制作費が足りなかったの?
アニメ化しなくていいです。
一期ほど力を入れられなかったの?
劣化させるなら急いでアニメにしなくていいです。

途中、あきらかに作画が崩れてるし、ワンパンマン一期で得たはずの「戦闘シーンの迫力」という魅力が激減している。

物語が素晴らしいのはそりゃ原作が面白いからそうなんだけど(というか、物語にも若干の意見があるがここは漫画レビューじゃなくてアニメレビューなので…)漫画では表現しきれない「リアルな動き」を画面を通じて伝えるからこそのアニメなんだよね?
そうじゃなかったら漫画で良くないか?

二期だけ見たら面白いと思えるかもしれない。でも、一期があったという事実とさらに素晴らしかったという事実があるのでどうしても比較してしまったがゆえのこのレビューです。

投稿 : 2019/07/18
閲覧 : 33
サンキュー:

5

ネタバレ

yuuli

★★★☆☆ 2.8
物語 : 3.0 作画 : 2.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

多少はしょうがないと思ってましたが。。。

クオリティに愕然
1期が尋常では無いのでストーリー的にもそんなに盛り上がりのある展開でもないし見劣りするのは仕方ない。。。
仕方ないがここまでひどいとはおもわなかった
作画もだがOP(画)コンテ脚本音響塗りに至るまで評価できるとこはほぼない

この仕事を受けたJ.C.staffは凄いと思いますがそこを評価してしまうとこれで良い仕方なかったと認めることになるので。。。
J.C.staffへの評価が2段階ほど落ちました

村田版漫画は既読です

投稿 : 2019/07/18
閲覧 : 31
サンキュー:

3

ネタバレ

ともえもん

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

面白い〜

明日も仕事なのに一気見しちゃったよ。
面白かった〜
サイタマはいいとこ持ってくな〜。けど、毎回登場遅すぎん?笑
あの武術家のロン毛、歯ボロボロなってたやん(笑)
これは3期あるんやね、きっと。
早く続き見たい〜
怪人協会との戦いはどうなるんやろう。
新しいヒーローもいっぱい出てきたし、楽しみだなぁ。
早くしてくれないと忘れてしまう…笑
続編待機はいつも記憶力との戦い。
原作買えよって話ではあるが、バトルものはやっぱ動いてこそよな。
てか、ジェノス毎回壊れるなぁ。

投稿 : 2019/07/18
閲覧 : 24
サンキュー:

3

pooki

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

<60> 強過ぎるヒーローものパロディ、二期。個人的には『モブ』の方が好き。

強過ぎるヒーローものパロディ、二期。漫画原作。
ふつうに面白いし観てて楽。作画は相変わらずダイナミック。脇役にスポットが当たって、お話の幅は広がってる気はする。
個人的には『モブ』の方が好き。

1 話視聴。
強過ぎるヒーローものパロディ、二期。漫画原作。
ふつうに面白いし観てて楽。ダイナミックな作画にも期待。
個人的には『モブ』の方が好き。

投稿 : 2019/07/16
閲覧 : 25
サンキュー:

1

ネタバレ

るるかん

★★★☆☆ 2.1
物語 : 1.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.5 状態:観終わった

呆れるほどストレスを溜めさせて意味があるのか?

9話~最終話まで
ワンパンマン外伝を見た感じ。
8話
水戸光圀が悪人を懲悪せず、出演もしない水戸黄門を1ヶ月以上楽しく見る視聴者がどれくらいいるだろうか?今期のワンパンマンのストーリーの作りは、楽しみにしているサイタマの活躍を見られない視聴者のストレスが作品の可否に関わっている。私は否を掲げる一人だ。制作者の狙いなら的外れもいいところだ。来週からよく見ろと言われるかもしれないが、こっちはこっちでいい加減にしろと言いたい。
7話
サイタマが強すぎることだけは伝わってますが、戦う相手がショボすぎるのか、サイタマが強すぎるのか、ワンパンマンの強すぎる戦いの描写が少なくて間延び感が私にはあります。面白いと思って見ている方も多いでしょうが、私は今の所少々物足りなさを感じています。
6話
{netabare}タツマキはかなり強いんだね。ジェノスはやられてしまったのか?やられたって言ってたけど・・・。{/netabare}
5話
敵もいっぱいいるんですね。サイタマは大会で優勝するんでしょうね~。それにしてもヒーローって負けすぎじゃない?C級なんてザコの部類じゃないかな?
4話
S級金属バットと{netabare} ガロウの闘いは次週に持ち越し。{/netabare}
3話
サイタマは{netabare} 桁外れに強いこと{/netabare}がわかりましたな。今分かったことじゃないですけどね。
2話
強敵らしきキャラの登場で今後の展開は楽しみになってきました。
1話
静観。別段特筆すべき所なし。視聴は継続してみますが・・・

投稿 : 2019/07/16
閲覧 : 109
サンキュー:

9

ネタバレ

オカモン

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

今期も圧倒的強さのサイタマ氏でした!

ワンパンマン素晴らしいですね。
今期も大満足でした。

原作はONEさんの描いているWeb版と、村田さんが描いているリメイク版どちらも読んでます。
ONEさんの作品は素晴らしいですよね。モブサイコ100もワンパンマンも本当に面白いです。

2期は村田版ワンパンマンのコミックスでいうと17巻途中までとなっています。
先日20巻が発売したばかりなのでストックがあまりないです。3期はまた数年後でしょうね。。。
ウェブ版では55話目あたりでしょうか。現時点で116話まで公開されているということはまだまだ倍以上続きが読めます。原作見たことない人はぜひ!w

怪人に憧れるガロウ、いいキャラですよね。
なぜ彼が怪人に憧れ、ヒーロー刈りをしているのか物語の後半で徐々に紐解けてきます。
ヒーロー刈りをする過程で、やられながらも状況に適応し、みるみる強くなっていく様はまるで物語の主人公のよう。

ワンパンマンは物語が進むにつれ、出番が徐々に少なくなっていくんですけど、やはり最後は彼の登場で危機を回避できるのは見てて本当に気持ちがいいです。

ガロウvsワンパンマン戦、はやく村田版ワンパンマンやアニメで見たいものです!

投稿 : 2019/07/15
閲覧 : 16
サンキュー:

6

ネタバレ

テナ

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ワンパーンチ!!!!!!!!!

大人気ヒーローアニメが帰ってきた。
全てをワンパンで倒すのは今回も健在
1期も大人気でしたが2期も十分に楽しめると思います。
ただ、今回は長期エピソードともあり1期の様なテンポよくワンパンは繰り返されない感じもしました。
そして最終回の展開ですが…2期を出したの早かったのでは?と感じました。
この怪人協会の話しは原作でもまだ完結していないのです。
原作のストック待ち状態に入ったわけですね。
ワンパンマンは人気作品でアニメから入った人の熱を冷まさないようにと早めにしたのでしょうけど…これ原作で怪人協会との戦いに決着ついてから2クールくらいで放送したら良かったのにと感じましたw

投稿 : 2019/07/15
閲覧 : 11
サンキュー:

5

non=ω=

★★★☆☆ 2.8
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

2期が盛り上がらないのは仕方ない

内容的には1期程盛り上がらないと思う
でもそこをJ.C.STAFFさんが引き受けた
そこがかっこいいと思う

投稿 : 2019/07/15
閲覧 : 40
サンキュー:

12

次の30件を表示

ワンパンマン(第2期)のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ワンパンマン(第2期)のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ワンパンマン(第2期)のストーリー・あらすじ

趣味でヒーローを始めた男、サイタマ。3年間の特訓により無敵のパワーを手に入れ、あらゆる敵を一撃(ワンパン)で倒すヒーローである。ひょんなことから弟子となったジェノスと共にヒーロー協会で正式なヒーロー活動を開始する。 怪人発生率が異常に高くなる中、大預言者シババワが遺した「地球がヤバい」災害の可能性があると対策に乗り出そうとするヒーロー協会。そこに怪人に憧れるガロウが現れる。
(TVアニメ動画『ワンパンマン(第2期)』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2019年春アニメ
制作会社
J.C.STAFF
公式サイト
onepunchman-anime.net
主題歌
【OP】JAM Project「静寂のアポストル」
【ED】古川慎「地図が無くても戻るから」

声優・キャラクター

古川慎、石川界人、梶裕貴、安元洋貴、早見沙織、緑川光、松風雅也

スタッフ

原作:ONE・村田雄介「ワンパンマン」(集英社「となりのヤングジャンプ」連載)
監督:櫻井親良、シリーズ構成:鈴木智尋、キャラクターデザイン:久保田誓、美術監督:池田繁美/丸山由紀子、色彩設計:店橋真弓、撮影監督:大河内喜夫、編集:後藤正浩、音響監督:岩浪美和、音楽:宮崎誠

このアニメの類似作品

この頃(2019年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ