「からかい上手の高木さん(TVアニメ動画)」

総合得点
70.6
感想・評価
729
棚に入れた
2923
ランキング
634
★★★★☆ 3.8 (729)
物語
3.6
作画
3.7
声優
3.8
音楽
3.8
キャラ
3.9
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

かずなみ

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

なんだこの叫びたくなるようなラブコメは

原作は同名タイトルでゲッサンコミック既刊10冊。

はい、自分の中学時代を思い出してみましょう、
席が隣の女子にからかわれたり、好きな子相手にからかった経験がある人がいるのではないですか??

それがアニメ化したもんです。
ところが主人公西片くんが微塵も気付かないので、今日もからかわれ続けます。

西片くんはなんとかヒロイン高木さんをからかい返してやろうとしますが、全てお見通しの高木さんに今日もからかわれるのでした。





ざっくりこんな感じです。
平和そのもので、懐かしい時代を思い出せて、2人が少々羨ましくなる人もいるのではないですか??


ちなみにエンディングは懐メロの名曲メドレーですので、かなりオススメ。


さらに余談ですが、原作の続編?として「からかい上手の(元)高木さん」も出版されており、この2人結局ゴールインした後でもまだからかいあってたりします(笑)


懐かしい、羨ましい気分に浸れながら楽しめる一作ではないかと思います。

投稿 : 2019/03/19
閲覧 : 16
サンキュー:

2

ネタバレ

イムラ

★★★★★ 4.5
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

「こんなん惚れてまうやろー」(チャン・カワイ)

<2019/3/2追記>
高木さんの原作者の方の新連載が来週から始まるそうです。
「それでも歩は寄せてくる」
高木さんと西方の役回りをひっくり返したような「にやにやラブコメ( ・∇・)」

高校将棋部が舞台。
部員は高2女子の将棋の強い「先輩」と高1男子の一見寡黙でスポーツマンの「後輩」の二人。

天然な後輩はナチュラルに先輩に甘い言葉をサクサク投げつけます。
先輩はその度に西方的に可愛らしくあたふた。
ちなみに将棋の話題はほとんどありません。

既にツイッターに結構な話数が上がってて読めます。
高木さん好きな方ならオススメ。

連載は来週からだけどアニメ化してくんないかな。




<2018/4/14初投稿>
最初はあんまりピンとこなかったんですよね。
観ていくうちにだんだん、じわじわくる。
小刻みなジャブをわき腹に受け続けてるような。
そんな感じです。

中1のありきたりな男の子、西片くんが隣の席の高木さんに1日平均50回以上からかわれ、いじられ。
それを楽しむアニメです。
私はお酒片手に楽しんでました。

まあ{netabare}高木さんは西片くんのことが好きで、まだ恋というのがよく理解できてない西片くんもいじられながら二人でいる時間が長くなるにつれ高木さんのことが気になって仕方なくなる{/netabare}というタイトルと絵柄から普通に想像できるお話です。
だがそれがいい

{netabare}原作読んでないんですけど二人はそのまま結婚して娘さんを授かるようですね。
中学で付き合い始めて、そのまま結婚するというのは相当珍しい(除くヤンキー)のですが、ないわけじゃない。{/netabare}
広島カープの丸選手とか。

なんとはなしに「月がきれい」を思い出しました。

特筆すべきは西片くんの中1らしさ。
ついこないだまで小学生なら男子はあんなもんでしょう。
うぶでバカ。

高木さんはいくら女の子が成長早いとはいえ少し大人すぎる気もしました。
夜のお酒のお店やったら凄そう。
と、言うよりも。
結婚して嫁にしたら旦那は飽きないでしょうね。

一つ間違いなく言えるのは、
観た人(特に男)は中学時代の甘酸っぱさを思い出してしまう。
そんな作品でした。

ED曲も良い。
特にふぁっってなったのはジュディマリの自転車。
高木さんが自転車漕いでるバックに合います。

こんな同級生いたら大概の中学生男子は惚れてまいますね。

最後にとあるレビュアーさんとの約束なので、自分の思い出を一つ。
{netabare}
高木さんが西片くん家で一緒に勉強する話あったじゃないですか。
あれ観てて思い出しました。

中3の受験生の時、同じ志望校で同じ塾通ってる同じクラスの女の子がいました。
受験がらみでよく話すようになって。
今思えばお互い少し意識もしてたと思います。

ある日、どういう成り行きか覚えてませんが「学校終わったら始まる前の塾で二人で勉強しよう」と誘われ、何も考えずOKしました。
塾は6時開講、それまで先生も含め誰もいません。
田舎だから鍵はかかっていません

その日二人で一緒に学校を出て塾に向かい、
二人きりの勉強会が始まりました。

少し気になる女の子と二人きり。

チキンな私はだんだんと落ち着きがなくなり、
その空気に耐えきれず、
あろうことかこんなことを言いだしてしまいます。
「家に塾寄るって言ってなかった。このままじゃ親が心配してしまう。俺、一度家に帰って親に話してくる。ちょっと待ってて」
携帯もない時代、その発言は中学3年生としては正しいものですが、男としてはダメでしたね。

20分後に塾に戻ってきたら、
その女の子は、静かに、激怒してました。

その時「人間って静かに怒ることができるんだな」と思った記憶があります。

そのあとは何もございません。
(10年後にほんの少しだけ後日談はありましたが)

{/netabare}

という、甘酸っぱいというよりも辛酸っぱい思い出でした。。

剣道部さん、こんなんで良かったですか?

<2018/7/18追記>
CSの再放送で10話「背比べ」観てたらもう一つ思い出しました。
おまけです
{netabare}
中学ん時、午後は体操着に着替える決まりになってました。
何年生だったか、午後の授業の休み時間だったと思います。
教室で とある女子と他愛もない話をしてました。
確か成績だかスポーツテストの結果だかで競うような話だったような。

どっちが上だのなんだのと熱い舌戦を繰り広げていたら、なぜか「どっちの背が高いか?」と背丈を競う話に転がり、お互い向かい合って測ることに。
熱くなってたこともあり、向かい合った私はふざけてそっと踵を上げて背伸びのズルしたのですが、訝しんだその子に足元を覗きこまれ、あっさりバレて叱られやり直し。

今度は真面目に測りなおすとその子の方が少し高く、ショックを受けた私は「負けるはずない!こいつも背伸びしてるに違いない」と疑い、目線をその子の足元に・・・

当時の女子の体操着はブルマです。
パンツとほぼほぼ同じ形状のあれです。
でも別にブルマの股間を覗き込んだわけじゃないんです。
勝ちたい一心でその子の足元を見ようとしただけなんです。

なのに目線を下げたその瞬間
「どこ見てんのっ!」
スッパァーンと教室中に響く快音。
勘違いしたその子に思いきし脳天引っ叩かれました。
首ごと持ってかれました。

人間、全力でどつかれると一生忘れないもんですね。

{/netabare}

投稿 : 2019/03/02
閲覧 : 264
サンキュー:

50

プクミン

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

まさに中学生!!

主人公の中学生男子と、それをからかうヒロインの中学生女子。
基本的にこの二人だけで話が進む。
内容は、まさに中学生同士のやり取りそのもの。ついでに思考も。
なので、それを面白いと感じるかどうかは完全に視聴者側に委ねられる。

共感が持てる人なら面白いと感じられるだろうし、共感が持てないなら面白いと感じられないのではないのだろうか?

みどころは2つ
ヒロインが主人公をからかうところ
主人公がヒロインに仕返しを目論むところ
のみ!!

恋愛要素も入っているけど、度外視していいかなと思ってます。

投稿 : 2019/02/24
閲覧 : 35
サンキュー:

7

pop22

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

西片君は釈迦か仏陀のたぐい

あそこまで猛アプローチ受けて、行くとこまで行かないとは、
人の身のまま、人を超え、神仏の域まで達したか。

最も新しき神、西片爆誕。

投稿 : 2019/02/19
閲覧 : 46
サンキュー:

5

TaroTanaka

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

中1男子の感受性

■良い点
・中学1年頃のIQ低めの男子の感受性を共感できる形で普遍的に描いている。
・ディテールが面白い。西方の机から見える壁に「現状維持」って習字が貼ってある所、実に「らしい」。
・『100%片想い』という作中の少女漫画と、西方の反応が面白い。
登場人物のキザな男キャラを真似れば高木さんをからかう事ができると思ったIQの低さに男子中学1年らしさが出ている。

■悪い点
・女子中学生三人組の話は必要だったのだろうか?こちらの尺を減らしてもっと西方・高木さん・その他周囲の人物の掛け合いを見たかった。

投稿 : 2019/02/17
閲覧 : 58
サンキュー:

13

目付きの悪い猫

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

主人公がジョジョの広瀬康一だと思ったら面白かった。

主役がジョジョのダイヤモンドは砕けないで登場した広瀬康一と西方の声優が同じだけあってキャラも似ているので楽しめた。言うならば、中学生時代の康一くん!?きっと山岸由花子に見つかったらとんでもないことになっていただろうに…
と考えながら見ていると違う意味でドキドキしました。

青春のラブコメ?となりの関くんの逆バージョン!?ときどき胸がキュンってくる。ホッコリとしたアニメでした。エンディングは懐かしい曲をカバーして良かった(*´ω`*)

投稿 : 2019/02/07
閲覧 : 26
サンキュー:

4

s__masa__

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

高木姉さんと僕

辛辣にコメントすると「可愛い子が勝手に好きになってくれて、猛アピールされる!」的童貞願望を具現化したような作品。
でも男心(願望)を列挙されるので、こそば痒くも微笑ましいストーリーで癒される感じです。

恋愛に肉体的恋愛と精神的恋愛があるとするなら、この高木さん、肉体的恋愛では同級生でも精神的恋愛では完全にお姉さん。
しかも3~5歳ぐらいの隔たりはあろうかという位の余裕っぷり。西方君イジリや観察も「好きだから...」という動機だけでは説得力がない感じで、すでに精神的恋愛経験が豊富で、主人公レベルが5なら、高木さんレベルは40ぐらいの隔たりを感じましたね~。高木さん以外の同級生は中学生っぽいのに、高木さんだけ高校生以上な印象を受けました。

でもまぁ、そんな違和感?モヤモヤ感?も最後のワンシーンで全て吹き飛ばしてくれるだけのパワーもある作品でした~。

投稿 : 2019/02/04
閲覧 : 43
サンキュー:

3

忘れもの

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

過ぎ去った甘い想い出

中学のとき、隣の席の女子にからかわれるなんてこんなに楽しくて胸をくすぐられるものはないでしょう。
男子には主導権を握ってひっぱりたいという価値観が本能的にありますが、それと同じくらい、特に女子相手にはふりまわされてもいい、という気持ちがあると思うんです。
そんな複雑な男心をついてくるこの作品、郷愁を誘う描写が随所にちりばめられて、原作のよさとよい感じにマッチングしていました。
もうひと押し、何かたりないと言われればそうなのですが、ほのぼのした背景のストーリーにはこのくらいのゆるさが、よいのではないでしょうか。

投稿 : 2019/01/18
閲覧 : 34
サンキュー:

4

けいぴぃ

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観たい

高木さんはチョビ

僕の地元の方言を使うならば…

高木さんはチョビ!

「チョビチョビしやがって~高木さんめ~」

投稿 : 2019/01/17
閲覧 : 68
サンキュー:

8

tomledoru

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

年甲斐もなく「キュン」とします。

自分も中学生のころは,女の子の方が,より年上感覚というか,おませだったと今から思い出すと,そう思います。よく追いかけたり,追いかけられたり,からかったり,からかわれたりで,今からすれば楽しかった時もありました。

その頃は,女の子の意図が分からず,自分もいいように,振り回されていたような経験があり,思い出すと,思い出が重なって,胸がきゅんとします。

投稿 : 2019/01/12
閲覧 : 52
サンキュー:

4

ネタバレ

sakurasaku

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

最高

とにかくニヤニヤが止まらない!
ここ最近で一番好き

投稿 : 2019/01/09
閲覧 : 74
サンキュー:

6

ネタバレ

剣道部

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

男が負けてる方が、世の中平和だよねw

[文量→中盛り・内容→余談が本論系]

【総括】
「となりの関くん」を男女逆転させ、ラブコメにしたら、こんな作品になるのでしょうね♪

タイトル、「高木さんは一枚上手(うわて)」でも良いかな♪ 今までにないタイプのアニメであり、新鮮な気持ちで楽しめました!

《以下ネタバレ》

【視聴終了(レビュー)】
{netabare}
西片、可愛いな~(笑)

あと、CMがズルい(笑)

それが一番の印象かなw

あと、「西片、成績下がるぞw」

とかね。

高木さん、将来、絶対にNo.1キャバ嬢になれるぞ(まあ、キャバは数回しか行ったことないから、よく分からんが)w

「からかい上手の高木さん」というより「からかわれ上手の西片くん」の方が、しっくりきた(笑) そのぐらい、この作品は西片じゃないと成り立たないと思った。

なんかこう、草食系男子の妄想を具現化してるな~って感じ。あざとい。まあ、そのあざとさに、見事にやられてるわけだが(笑)

なんかこう、「ヒロインに萌える」というより、「応援したくなるカップル」でしたね♪ 高木さんが、西片をからかいながらも微妙に乙女なところも良いよね。11話のクリティカルとか、スゴく良かったです。高橋李依さんのちょっとハスキーな声質や演技もぴったりで素敵でした♪

サブキャラとして登場する三人娘もいい感じでしたね。中学生なんてあんなもん。微笑ましかった♪
{/netabare}

【余談~ 中学時代なんて、隣になっただけで、ちょっと好きになったりするよねw ~】
{netabare}
中1の時、隣に座った女子をちょっと好きになった。でも、小学校も違ったんで接点がなかった。ただ、その子が使っていた下敷きが「サクラ大戦」で、自分もその子と仲良くなりたくて、サクラ大戦を買った(当時としては珍しいアニメオタクっぽい子で、自分は当時、アニメとか美少女ものとか興味はなくて、サクラ大戦も、その子から教えてもらうまで存在も知らなかった)。

その後、席替えするまで、サクラ大戦の話で結構盛り上がったりした。しかし、彼(中1の剣道部)は気づいていない。それじゃあ、「趣味が合う男友達」にはなれても、「彼氏」には、なれないことを(笑)

結果、その子とは特に何にもなくて、席が離れたらそこまでは話さなくなったし、2年でクラスも変わったし。でも、サクラ大戦にはハマり続け、シリーズを5までプレイし、さらに、オッサンになってあにこれでレビューまで書くようになるとは(自爆)w

当時の彼に教えてやりたい。

結果として、今、君は、ちょっと好きな女子よりも大切なもの(サクラ大戦)に出会ったんだよと(笑)

あ~、切ねぇ~~www このアニメをみて、封印されていた思い出が蘇りましたw ちきしょ~、西片め~、羨ましい(笑)
{/netabare}

【余談2~ OVA(ウォータースライダー)酷評 ~】
{netabare}
正直、イマイチでした。OVA単体なら☆2でもいいと思います。

いや、西片と高木さんのカラミは安定して面白かったし、最後のバスで西片に寄りかかって寝られた高木さんの照れ顔とか、萌え要素もあって良かったです。ミナ&ユカリ&サナエの三人娘にも、本編と変わらず癒されました。

疑問点は1つ。なぜ、真野ちゃん×中井君カップルをメインにしたのかと。

真野ちゃんカップルは、西片×高木さんより、「一歩進んだカップル」「中学生らしいリアルカップル」という、あくまで対比としての存在価値はあったと思います。が、あくまでそれはスパイスなわけで。

本作のメインは断トツで西片×高木さん の微笑ましいやりとりでしょ? ファンはそれがたっぷり観たいはず。スイーツの専門店にいって、裏メニューのパスタ食わされてもね。だったらパスタ屋に行くわ。

OVAの在り方として、サブキャラを深めるってのはアリだけど、それやるならせめて、ミナ&ユカリ&サナエの三人娘の話かな。だったらまだ楽しめましたね。

ただ、本作の場合、西片×高木さんに匹敵するキャラがおらず、飛び抜けて魅力があるからな~。普通に、西片と高木さんの花火回とか海回で良かったと思います。

別にOVAの出来で本編の評価を下げようとは思いませんが、完全に物足りなかったです。まあ、その不満(あ~高木さん観て~)を含めて、2期を楽しみにさせる(円盤を買わせる)ための作戦だったら、完全に成功していますが(笑)
{/netabare}


【各話感想(自分用メモ)】
{netabare}
1話目
「となりの関くん」みたいな作風かな? なんだあの消しゴムのクダリ、素敵か(笑) 仮に裏面みても、からかえるしね。このCMはズルいな(笑) あ~、CMのヤツですねw ED、いきものががり。

2話目
高木さん、上手(うわて)だな~。良い奥さんになりそう(笑) あるよね~、衣替えのタイミングを合わせてる女子w 色んな王様がいるなw

3話目
西片はカワイイな~(笑) これ、西片が勝ったら、ホントにキスするんだろうな、高木さんw 高木さん、言葉責めw ED,HY。これ、ウチら30代を殺しにきてるのかな(笑)

4話目
高木さん、楽しそうだな~。西片にウソついたことないが伏線ね。まあ、キャミソールに対する、男子中学生の純情w

5話目
テスト勉強。これは高木さん、ちょって普通にヒドイカモ。まあ、可愛いから許すがw

6話目
高木さん、夏休みも西片に会いたいんだね♪ 個人的には、スイカバー旨いとは思わない。こんな夏休みなんて、知らない。部活部活部活部活部活部活(苦笑)

7話目
違うアニメかと(笑) 西片、可愛い~な~。男子中学生が水着選びはハードル高いな~。西片の純情が弄ばれてるw でもなんか、ちょいエロの要素が入ると、高木さんらしくないというか、もっとプラトニックなところで遊んで欲しいなーと。漢字の書き取りを写して良いとか(笑)


8話目
高木さん、可愛いな~。西片は、もっと可愛いけど(笑) マラソンのクダリは笑えたw 高木さん、楽しそう♪ 一生お米食べちゃダメ(笑) 肝試ししようって言い出す奴は、本当の意味では幽霊なんて怖くないんだから、肝試しの意味ないと思うけどw

9話目
携帯か、、、。いらんな(笑) 中学生にとっては、百害あって一利くらいしか無し、だと思ってます。未だに、漫画、ゲーム、アニメ、テレビなんかが娯楽であって、自分の娯楽の選択肢の中に、動画ってないんだよな。ラブラブだな~。今日も寝れないよって、西片、可愛すぎる(笑) モン8、好きだな~。

10話目
高木さん、グイグイだな~(笑) 普通、セーラー服の中にシャツ着るよな(笑) まあ、中学生が異性と一緒に帰る=付き合ってる、って思われるからな。西片は、今日も可愛いな~。

11話目
ちゃんと、猫に好かれる基本を抑えてるよ、猫剣士サムネの私が太鼓判を押します(笑) あの二人に恋ばな期待しても(笑) でも高木さん、実はちょっとショックだったり? 高木さん、絵が上手すぎだろw もしかして私、アイツのことが、、、す、、き、、。とかって普通、女子の役目(笑) クリティカル、出た(笑)

12話目
4月からの付き合いしかなかったんだね。隣に、席替え楽しみとか言われたら、中学生なんて凹むよな。そんな簡単に、席替われるんかい。ゆるい学級だな。高木さん、最後に中1女子らしいリアクションを。{/netabare}

投稿 : 2019/01/03
閲覧 : 174
サンキュー:

50

ネタバレ

moto1115

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

おもしろいです。

高木さんの小悪魔っぷりが最高です!
西片くんは、良いように高木さんの手の上で転がされてる感じですが、あんな可愛い娘ならそれも良いかも知れませんね!

投稿 : 2019/01/02
閲覧 : 52
サンキュー:

3

dbman

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

魔性少女タカギ・サン

原作:漫画/放送期間:2018年1月-3月/全12話

以前に原作漫画の方は、第1巻のみ既読しており続きは見ていなかったので、こちらのアニメ版を視聴。

主人公が思春期真っ只中の中学1年生ともあり、大人となった側から見るととてもほっこりする微笑ましい物語となっていました。

基本的に作画も幼く、高木さん(声:高橋李依)も中一女子らしい見た目ではあるものの、振る舞いなどからして、ちょっと達観しすぎだろと突っ込みたくなってしまったw またどこまでも見事に裏目を引く西片くんを見ていると表題『からかい上手の高木さん』というよりも、私的には「からかわれ上手の西片くん」といった方がしっくりきてしまった。

しっかし高木さん、西片くんを掌で転がすように翻弄するさまはまだ小悪魔といった感じだけれど、このまま大人へと成長したら、とんでもない魔性の女となりそうで末恐ろしい…。高木さんにならば、いくらでも翻弄されてもいいと思ってしまった私も大概だがw

作中では高木さんと西片くんの絡みだけでなく、ミナ・ユカリ・サナエによるもうひとつのお話も大変微笑ましいものとなっていたので、疲れたときなどに観るには最適のなかなかに癒しをもらえる作品でした。また高木さんを演じている高橋李依さんが優しい声で歌い上げるエンディング曲での懐メロ群も素敵なものばかりで、特に最終回の曲は演出も相成ってこみ上げてくるものがありました。

余談もいいとこですが、高橋李依さんも大好きな声優のひとりだけれど、この作品のCM時では、加藤英美里さんが高木さんを務めていたそうで、えみりんVer.での高木さんも観てみたかったなあなんて思ったりw


▼キャスト
高木さん:高橋李依
西片:梶裕貴
ミナ:小原好美
ユカリ:M・A・O
サナエ:小倉唯

▼制作
アニメーション制作:シンエイ動画
原作:山本崇一朗/漫画:既刊9巻
監督:赤城博昭
シリーズ構成:横手美智子
キャラクターデザイン:髙野綾

▼主題歌
オープニングテーマ「言わないけどね。」歌:大原ゆい子
エンディングテーマ「オムニバス形式」歌:高木さん(高橋李依)

投稿 : 2018/12/27
閲覧 : 171
サンキュー:

40

ネタバレ

てぃーえむ

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

惚れたら負け

隣の席の美人でからかうのが好きな完璧超人VS平凡な男子中学生のからかい合戦を通じたラブコメ。
と見せかけて、延々と二人のイチャイチャを見せつけられるアニメ。
はたから見たら完全にバカップルにしか見えません。

まさかずっとイチャイチャを見せつけられてるだけなのに、こんなにハマるとは思いませんでした。とても満足しています。

純粋に人を好きになったときのことを思い出させてくれる作品ですね。
高木さんの気持ちはすごくよくわかるので応援したくなる。

OPは高木さんの心情をすごくよく表してる名曲でお気に入りです。
EDはコロコロ変わるけどどれも爽やかな青春の曲って感じでとてもいい曲ばっかりです!調べてみたら90年代くらいの曲を高木さんがカバーしてるみたいですね!

以下、各話の感想と考察
1話2話{netabare}
高木さん、スペック高すぎ。
西片は高木さん呼びなのに、高木さんは西片って呼び捨てなのね。他の人に対しても呼び捨てなんだろうか?

しかし、何故高木さんはせんせーに怒られないのでしょう(*´艸`)

高木さんは西片以外とあまりからみないけど、あれだけの高スペック美人を周りがスルーとか現実にはあり得ない。いい意味でも悪い意味でも周りは放置できないだろう。

消しゴムのネタ、これはマジなのか?仮に西方が反対側見ていたらどういう展開になったんだろ(=・ェ・=? {/netabare}

3話 {netabare} リンゴ茶って何だ?

関節キスおめでとうございます。
わたしは気にするけど、間接キス嫌がるかどうかって女子によるみたいで、よほど嫌いとか不潔な相手じゃない限り男子と間接キスでも気にしない子結構いるみたいですよ。

なんで都合よく道にたくさん缶落ちてるの???Σ\( ̄ー ̄;)

勝負直前の缶たくさん落ちてる描写で、そのあと勝負が発生するってネタバレしてるよ!

{/netabare}

4話{netabare} スカートの下に短パンは予想通りすぎる。
尾行の話は、高木さん、ひょっとして二人の世界を邪魔されるのが嫌だった?

それより、ふと思い出したけど、やっぱり高木さん、西片だけ呼び捨てだね。
他の人にはさん付けしてるっぽい。男は呼び捨てのセンはたぶんないだろうし。
毎回思うけど、高木さんは西片が好きだとしたら、バレバレだけど全然気にしないって感じなのね(*´艸`){/netabare}

5話{netabare} 西片、59点ごときで学年50位以内とか夢見過ぎでは?((´∀`))ケラケラ 学年何人いるのか知らんけど。

ゲーム没収(´・ω・`)カワイソス

少女漫画を買うのが恥ずかしいってのは男の子だとそうかもなーって思います。少女漫画売り場に男性いたらつい、ちらちらみちゃうし!

確かに、高木さんって西片に嘘ついてないね、勝手に西片が勘違いしているだけで。詐欺の常套手段ですな・・・。
嘘告白のあとの高木さんのはにかんだ表情がステキ!カワイイ!!

でも好きって言うのは嘘には見えないけど、はじめてつく嘘っていうことか?
それともあれか? 好きなのが嘘なんじゃなくて、秘密っていうのが嘘なのか? 考えすぎ?(=・ェ・=?

OP曲の勘違いされちゃったっていいよ、君とならなんて思ってたって言わないけどね。ってこことつながるのか?

体操服の交換。おーこれは脈アリサイン! と見せかけて、これも女子は嫌がるものだと思いきや案外そうでもないんですよ。

嫌がるのは主に自分の汗の匂いとか相手にわかるのが嫌なだけで、そこまで抵抗ないらしいですね。※もちろん気持ち悪くない相手であることが大事。
まあでも、汗臭いって言ってるからさすがに好きじゃないと厳しいか。

ただ、服を交換した状態で街を歩く=人に見られて噂されるわけで、好きな相手じゃないとできないよね。
高木さんかなり小悪魔の素質ありますね((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
{/netabare}

6話{netabare}
二人乗り提案。真野ちゃん見てうらやましくなったのか?
ってかもうアレだな、西片と一緒にいたいだけだな。

しばらく下校ないんだね、私は学校好きだよ → 西片と毎日二人乗りの練習決定 → 夏休み、楽しみだね!

だいぶあからさまになってきたな。 さすがにこれで気づかないのは、勘違いを恐れるのは気持ちわかるけど、鈍すぎるでしょ。

高木さん、ぶどうサイダー好きなのかな。前のおごりもこれだった気がする。
自転車の練習だってのにわざわざオシャレな私服着てくる高木さん。だから気づけ西片!普通そんなオシャレ服着てこないから。 めっちゃ可愛い。

自転車で尾行。せめて降りて引けよ・・・。尾行下手すぎるにもほどがある。

いつの間にか夕方に。あれ?最初は午前中じゃなかったっけ?
ハンカチ貸すのはともかく、TAKAGIってわざわざ刺繍してるの女子力高いな!{/netabare}

7話{netabare}
どんなのが好きなんだろう? かわいすぎるでしょ高木さん。
萌え偏差値高いですね!

100%片思い5巻。4巻出たのは5話だけど、その時テストだから7月だよね。高木さんが水着買うってことは2か月連続で新刊出てるのか?ペース早すぎ。
っていうか、少女漫画読んでることはもうバレてるんだし隠さなくてもいいんじゃ?

西片には見せつけてるのに、中井君には水着姿見せないように隠すところがまたいじらしい乙女心。でも、水着を男に選ばせるってのはよっぽど自信ある女子じゃないとできないかなあ。彼氏でも恥ずかしくてできないってのはあると思う。高木ちゃん色々とすごい。

あと、やっぱり西片だけ呼び捨てで確定っぽい。よほど特別な存在なのかな。

漢字の書き取り、一文字を1ページいっぱい書くって何気にえげつない宿題ですね。普通、一行くらいですよね。

帰り、夕方になってるけど、午後に予定あるんじゃなかったっけ?
すっぽかした?? 
まあ、好きな子と部屋にいるのをやめてまで優先するような予定、あるわけないよね(*´艸`)
{/netabare}

8話{netabare} 自転車の練習終わっても寂しくないって言うのは、2学期が始まるからか! そりゃ高木さんはただ一緒にいたいだけだからな。

台風。 西片の中二病炸裂www
わたしも中学の時に台風でテンション上がって似たようなことやったの思い出して痛い痛いイタイイタイ・・・。もうやめて死にたい埋まりたい記憶消したい(/_<。)

当然ながら西片の気持ちは痛いほどわかります。

っていうか、風もっと頑張れ。何をって?愚問だ。
台風くらいの風速だと、高木さんあんなポーズしてる余裕ないと思う。

普通、もっとスカートめくれるから。
普通、もっとスカートめくれるから。

大事なことなので二回言いました。
男子の皆さんの声を代弁してみました(*´艸`)

高木さんも中二病ちょっとわずらってるのかな?

マラソン、無心の意味わかってるのか?w

笑わせるやつ、高木さんどんな顔してたのか気になるww
一生米食べれない罰って、どんな拷問よりも苛烈やな・・・。

って言うか、西片から高木さんに触るの初めてじゃないよね?
Aパートで肩に触ってたのどうなってんのww
まあ、いいけど。

{/netabare}

 10話
{netabare} 高木さんが西片以外の人と話をしている貴重なシーンが!
まあ、そりゃそうだよね。ひょっとして西片しか友達いないのかと思ってたからちょっと安心した。

また、ヨモギジュースを見た時に本気で嫌そうな顔をしてる。これも貴重なシーン。高木さんが嫌そうな顔するシーンはじめてな気がする。

私が消えちゃうのと、一生からかわれ続けるのとどっちがいい?

しぶしぶながらもからかわれるほうで・・・。
そう答える西片。 高木さん、嬉しそう。
冗談でも消えちゃうを選んだらどういう反応したのかな・・・。
良かったね。

{/netabare}

11話
{netabare} 西片の嘘の下手さはある意味天才。

クリティカル、本当に出たね。
眼、めっちゃキラキラしてて高木さん嬉しそう。良かったね。

本当に嬉しい時には素のリアクションするんだなあ。

それから不意打ちに弱い?

{/netabare}

12話
{netabare} あのTAKAGIの刺繍のハンカチ、妙に女子力が高いなと思ったら、こういう伏線があったのか!!!

やばい、やばすぎる。

何がやばいって? 西片の鈍感さがやばい!
何故、気づかないかなー。笑えるね。

最後は綺麗に絞められてて良かったです。
続編も期待したいけど、こういう終わりも良いかも
高木さん、ふたを開けてみたら、ただの恋する乙女でした!

お礼の一言メモもらっただけであんなに喜んで、
誰も見てないからって足バタバタさせて悶えて、可愛すぎて困る

そして最後のED、素晴らしい曲ですね!
思わず鳥肌がたって泣いちゃいました。

最終回ED曲を購入してしまいましたが、
言わないけどねのアレンジが入っていてビックリ!
本当にいい曲です。

なんて言うか、曲のセンスもいいし素晴らしいですね。
とてもいい作品でした。特典豪華なのでBDとマンガも全部買っちゃいました。
とても好きな作品です。

2期の制作にも期待したいですね。

{/netabare}

投稿 : 2018/12/25
閲覧 : 119
サンキュー:

18

ネタバレ

をれ、

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

思春期、恋愛りょくの男女差は著しかったような気がする

9か月程前に視た記憶を頼りに書いているので、不正確もしくは誤った
情報がある可能性があります、すみません。

本作は、高木さんによる西方くんへのからかいイジメ案件についてですw
おそらく西方君は最初そう思っていたかもしれません。それ故に明日こそは、
高木さんをからかい返してやる、そう思って毎日登校したのではと
思います。結果は連日の惨敗で、どう考えてもからかい力の差は歴然としています。
にもかかわらず、西方君はからかいリベンジに燃えますが、
だんだんからかわれたい、つまり構われたいと思うようになっていったのかな..チョト記憶が虚覚えです、すみません。
 物語の構成は一話の中に独立した話が複数あります。二人以外の登場人物として、西方君の友人男子、女子三羽烏な人たちと、クラス公認カップルの二人がいます。この人たちの役割は、思春期の恋愛観の説明のようなものです。恋よりも食べ物や遊びの方が重要だったりするこの時期、恋というものがどういうものかまだ分かっていないこの時期、そういった時期に考えていた昔のことを大人に思い出させてくれる役割がありそうです。
 本作は最終話を視ればとてもほっこりします。前半少し退屈を感じるかもしれませんが、比較的視やすいタイプの作品だと思いますので、頑張って視る価値がある作品だと思います。


あとどうでもいいことですが、個人的に一つだけ残念なことで、
世代的なこととJ-POPにあまり興味がないため
ED曲のJ-POPを一つも知らないことです、残念なワタシですホント。
 

投稿 : 2018/12/24
閲覧 : 50
サンキュー:

11

ネタバレ

ぺー

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

その首の角度はいただけません

断念→ここでの評価高めで再開→完走


なるほど!そうきましたか(^^)
中学生の他愛もないやりとりが続く中盤までの展開を単調と感じるか微笑ましいと感じるかで評価が別れそうですね。
完走してみたものの私はどちらかというと前者寄り。実際に中学生の子供を持つ親としての立場がニヤニヤさせるのに待ったをかけたような気がしないでもない。裏を返せば中学校一年生の生態(特に西片くん)がほどよく描けてたのだと思います。思い当たる節ありますもん。

そんなマイナスを差し引いても、後半{netabare}(10話以降){/netabare}はなかなかの見ものです。からかう高木さんと翻弄される西片くんの関係というものがしっかりと収まるところに収まる良い構成でした。
高木さんが上手なのは同年代の精神年齢のアンバランスさ(女子が大人っぽい)を超えて、以下の点で突出したコミュニケーション力を発揮するところ。

・男の自尊心を傷つけるラインまでは絶対いかない
 がんがん攻めてきますが、絶対防衛圏(としか言いようがない)には立ち入りません。だから“からかい”止まりなんですね。
 {netabare}「100%片想い」を愛好している西片の嗜好への評価にまでは踏み込まず、「私も好きだな」で済ます。大人でもなかなかできないですよ。{/netabare}

人を不快にさせるような描写は一切ないので、安心して観れる良作だと思います。
一方で私のように、“退屈”と感じる方も少なからずいらっしゃるでしょう。物語の山は後半なので日常系への耐性の有無が岐路かもしれません。


■終盤のしかけに好感 ※視聴済の方向け
{netabare}10話から高木さんが「勘違いされちゃったっていいよ」モードに入りました。以後、ラブコメの波動全開です。ここが良かった。
高木さんが西片くんをよく観察してることはこれまでの回から理解可能です。この10話では、つき合ってるんじゃないか疑惑をかけられたことについて西片に話を振り、否定しない西片の様子を見て高木さんの口元が緩みます。高木さんにスイッチが入りました。
続いて、学校からの帰り道。西片の“好き”を確認するための無理めの二択(「私がいなくなる」or「テストで0点取り続ける」等)を迫ったりと一つステージを上げてきました。ここでも西片の反応を見届けて高木さんの口元が緩みます。どちらも目元を映さない演出でしたが、これ良かったなぁ。{/netabare}
{netabare}最終話では、高木さんが西片に好意を寄せるきっかけとなったエピソードを挟み、これまでのからかい行為に意味づけがなされました。こういった説明は親切だと思います。{/netabare}
{netabare}ラストに目元を含めた高木さんの顔の全体のカット。なんかもう「幸せになっておくれよ」というハッピーエンドでした。…と思ってたら、そのまま結ばれて『からかい上手の(元)高木さん』が漫画では展開されてるそうな。作者は心得てますね。{/netabare}


■EDの選曲が心憎い
全12話で7曲用意しており、アコースティックな編曲を施した往年のJ-POPを高橋李依さんがカバー。

{netabare}①②気まぐれロマンティック/いきものがかり(2008年)
③④AM11:00/HY(2003年)
⑤⑥自転車/JUDY AND MARY(1995年)
⑦⑧風吹けば恋/チャットモンチー(2008年)
⑨⑩小さな恋のうた/MONGOL800(2001年)
⑪ 愛唄/GReeeeN(2007年)
⑫ 出会った頃のように/Every Little Thing(1998年){/netabare}

10年以上前の曲ばかりで、ファンの認知度高いけれども的な曲が入ってることにセンスを感じます。
例えば「自転車」は大ヒットナンバー「Over Drive」手前のリリースで恩ちゃん作曲ながら疾走感があり、その後のジュディマリの布石となった隠れた名曲。ヒットしてからはほぼTAKUYAが曲作ってたりする背景を考えると貴重です。
「気まぐれロマンティック」も他の大ヒット曲に隠れているが、ライブでは超盛り上がるファンのための楽曲の色が強いです。
総じて前半は軽快なナンバーが続き、終盤は誰もが口ずさめるTHE愛の歌。

 MY LOVE IS FOREVER~ あなーたとー

物語とリンクした選曲になってるのも心憎いですね。



※以下は断念時レビュー

{netabare}件名:ただちょっとね・・・
2018.01.24記

自分に合わなかっただけ。2話で断念。
悪くはないよ。ニーズはあるはず。

なんというか、主人公(男)が青臭すぎてくすぐったくなっちゃいまして。
でもしかたないそういう設定だから。
高木さんも憎めないキャラだけど・・・
でもしかたない中学生の他愛のないやりとりを大人が観続けるのにはしんどかった。

なによりHDDに録画しているのをうっかり奥さんが見て内容知ったら、本気で心配されそう、と世間体を気にした次第。
いやエロとかはないです。わかりやすい萌えでもないと思う。ただ中学生の日常のやりとりを綴った話。

この後、高木さんの弱い部分が出てきたり、主人公(男)とからかい以外の何かがあったりするんだろうなと期待しつつも、舞台が中学校の教室という日常で中学生の恋愛?を見せられてもなんだかなぁ、という判断です。

ただ、EDのいきものがかりのカバーは曲のチョイスといい良かったかも。


-----
2018.09.16追記
《配点を修正》

その後レビューちらほら目に入るもの見てると、けっこう評価している意見が散見されますね。EDも数話で変更、90年代JPOPを声優さんがカバーしてるなど琴線をくすぐる情報が入ってくる。悩むねェ(>_<){/netabare}

投稿 : 2018/12/24
閲覧 : 275
サンキュー:

62

デューク

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

惚れてまうやろ

こんな子隣に居たら惚れてしまいますよ。
正直、主人公の西片の表情は苦手でしたが、ヒロインの高木さんにはそれを覆して余りあるほどの魅力があります。
それにしてもからかわれる体験って、新鮮です。

高橋さんのボイスもとっても心地よかったですよ。

投稿 : 2018/12/02
閲覧 : 27
サンキュー:

4

バッチ

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

好評価

ラブコメ

ほのぼのした気持ちで見れるアニメだった。
ラブコメが好きな人なら是非見て欲しい。

投稿 : 2018/11/29
閲覧 : 30
サンキュー:

2

ネタバレ

KINAKO音大生

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

からかい上手の高木さん

中学生時代にこのアニメを観てたらなぁ……と。
あらゆる恋愛テクニックが入っているが、それが見事に嫌らしくない。高木さんみたいな女子にかかればイチコロでしょうね。女の私だって惚れてしまう。男の子のリアクションも可愛い!!いい意味のあほ(*^ω^*)だからいい!高木さんの計算的なからかいは人を伸ばすからかいかた。タイトルも素敵!からかい上手!まさにそれ!この言葉のセンス、からかいかたの素晴らしさ、幸せな気分にさせてくれるアニメです(*˘︶˘*).。.:*♡

投稿 : 2018/11/20
閲覧 : 56
サンキュー:

3

だんだだん

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

用法は正しく守って使いましょう的な

中学生の正しいお付き合い、を見せられたようなそんな印象。
というと誤解があるが、満足度は高い。

最初こそピンと来なかったが、何話か続くうちに
徐々に高木さんの世界に引き込まれる西片の心理描写が面白くなる。
周囲の人間関係の描写も上手く、非日常感はゼロ。
EDの演出、選曲、どれも秀逸でまさに構成の妙。

とにかく、この作品を記憶するためにもED曲集
(Cover Song Collection) は買っておこう。

投稿 : 2018/11/09
閲覧 : 59
サンキュー:

5

ネタバレ

latte

★★★★☆ 3.4
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

青春!

冴えない男の子がクラスの女の子にからかわれるのが悔しくて、日々仕返しをしようとする話。

中学生くらいでありそうな、青春じゃん!っていう話が詰まってる。
本人は全く気づいてないけど、周りから見たら「あいつら付き合ってるんじゃね⁇」ってなる状況。
高木さんが時々お家で照れたり、喜んでたり、めっちゃ可愛い。高木さんの気持ちに気づけー!!!って思いながら観てました。

こんなこと会ったなーとか、自分の懐かしい思い出も芋づる式にでてくる。笑

opめっちゃかわいいし、edは色んな恋の曲のカバー。カバー曲がちょうど私が学生時代に流行った曲とか、聴いてた曲ばかりで気持ちが逆戻りしそうなアニメでした。

投稿 : 2018/11/08
閲覧 : 37
サンキュー:

5

ネタバレ

シャメダイア

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

とにかく最高だった!

とにかく最高。今まで見たアニメの中で一番可愛いキャラ。原作も既読済み。高木さんと西片のカップル感がすごかった。11話のクリティカルは心臓撃ち抜かれた。ありきたりだけど言わせてもらう。
ニシカターーーーーー!そこ変われーーーーーー!

投稿 : 2018/10/24
閲覧 : 48
サンキュー:

4

野菜炒め帝国950円

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

イチャラブ花火、自分でするか?他人の見るか?

中学生2人のラブコメ。

2人とも中1らしく割りと純朴なんでやり取りは微笑ましく見れる。

基本的に高木さんが西片からかってその反応を見てウフフフて流れだが
やってることは要するにイチャイチャしてるだけにしか見えんので段々と飽きてくるのが難点。

自分の中学時代思い起こしたり2人のやり取りにニヤニヤしたり単純に高木さんにハアハアしたり楽しみ方は人それぞれ。

自分も確かに中学ん時は女子とのからかったりかわかわれたり的なものはそれなりにあった気がするが高校になると一気に無くなった覚えがある。不思議だ。

だからってわけじゃないが、もし高校生以下がいるなら高校までは彼女探しに必死になるより男友達と交流深めたほうが多分いいと思う。

彼女も男友達も手中に収めた恵まれすぎた奴は知らん。

話が反れたが高木さんみたいなイチャイチャ系は最初は良くても30分と12話それを延々と見せられるのは少し厳しい。

おそらく飽きさせにくくするために合間合間にモブーズ3将星のやり取りを挟んでいるのだろうがこれだけだと少々物足りん。

メインとなるキャラが絶対的に足りない気がする。

高木さんと西片に偏りすぎている。

例えば日常系であるならみなみけ コメディであるなら絶賛2期放映中史上最高のギャグアニメ斉木くすおみたいに魅力的なサブキャラたちを増やしてあくまで主軸の2人に絡めていくほうが飽きにくいし面白さの幅も広がるような気がする。

無論そのぶん2人のイチャラブ濃度は減ることになるかもしれないが個人的にはそれでも色んなキャラをもっと絡めるほうが好きだ。

これがラブコメというジャンルの特徴であるならそもそも自分には合わないジャンルなのかもしれない。

微笑ましく見れるが飽き易い。それが自分の本作に対する感想だ。

だが何故だ。

この脳は視聴を止めようとはせぬ。
この耳は高木さんの声を追い続ける。
この両眼は西片の隣の高木さんを凝視してやまぬ。

つまりは高木さんが可愛いのだ。
言い方は悪いかもしれないがこの作品は7~8割は高木さん萌えで出来てるように思われる。

そのおかげで12話完走は出来たが裏を返せば高木さん萌えで引っ張れるのは12話が限界とも言える。

仮に続きがあるとしてまたこの2人の絡みがほとんどであるなら自分的には相当厳しい。
これ以上引っ張れるネタがあるように思えないんだよな・・。



ここからはおまけ。

高木さんが幅広い層に受けそうなからかい系とするなら上級者用のからかい系にイジらないで、長瀞さんという漫画が存在する。

これは高木さんが好きなら薦められるという代物ではなくむしろ高木さんが好きなら合わない可能性のが高い。

清純なイメージの高木さんに比べ長瀞さんは所謂ギャルである。
微笑ましいからかい方をする高木さんに比べ長瀞さんのソレは少々キツイ。(だがそれがいい)

かなり人を選びそうな作品ではあるがツボに嵌ればその萌え度は高木さんを凌駕する。

今なら3話までと確か11話と12話を無料で見れるんでそれで気に入れば最近出た1巻どうぞ。

自分は高木さんも好きだが純粋に見て面白いのは長瀞さんだと思っている。
11話とか悶え死ぬかと思ったぜ・・。

投稿 : 2018/10/07
閲覧 : 277
サンキュー:

37

youjoy

★★★★☆ 3.5
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

EDを見てほしい

主人公とヒロインの青春日常系は見る人を選ぶと思います。
しかし、日常系ですがEDの曲がこまめに変わります。
ヒロイン役の声優さんが歌っていますので、アニメ見た後に歌を聞いたら印象がまた少し変わってくるかと思います。

投稿 : 2018/10/03
閲覧 : 29
サンキュー:

3

ネタバレ

まめもやし♪

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

西片ぁぁ!羨ましい!

西片は高木さんにからかわれて悔しがっているが、傍からみたらただ単に2人でイチャイチャしてるようにしか見えない!
高木さんみたいな女の子にからかわれるならそりゃもう楽しい学校生活だろうなーと思いつつも、あの魔性っぷりでやられたら西片じゃなくても身がもたないわ…とも思う。

我々視聴者からしたら、2人ともお互いを好きなのは明白なんだけど、心情を語るのはいつも西片ばかりで、高木さんの方は全くそういう描写がないので心情が全くわからないまま11話まで来ます。私としては高木さんの心情がすごーく気になっていたんです。

で、11話でついにその描写が!心臓バクバクの高木さん!もう可愛すぎかよ!この描写のお陰で高木さんが今まで一見素っ気ない感じでやっていたからかいは実は高木さんとしてもめちゃくちゃ頑張って攻めていたんだなぁとわかります。実は高木さんも普通の女の子だった。そんなことが分かるとより一層高木さんが可愛く思えます。
更には最終話の最後のシーン。西片からもらったラブレターでもない、そもそも手紙とも呼べないような普通の文を書いただけの紙をみて、枕に顔を埋めて足をバタつかせる高木さん。今までの魔性っぷりはどこいった?もう破壊力ありすぎで何も言えねー!

ほんとに面白いし、最高のラブコメ作品でした。OPの高木さんの心情を歌ったかのような曲も、EDのりえりーの癒し声の懐メロも合わせて魅力たっぷりの作品です。

あと高木さんのあはははーっ!って笑い方が好きです。

投稿 : 2018/10/02
閲覧 : 33
サンキュー:

3

ネタバレ

ジャスティン

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

こんな可愛い子がからかって来たらそんなの嬉しいに決まってます

AT_Xでの視聴をしました。リアタイで視聴をしておらず、ワンシーズン遅れて視聴したことが今後悔をしました。

内容は毎回が最高の回の連続でした。ラブコメなんだけど、今までのラブコメとは雰囲気は同じだけど、展開は全く見たことがないような感じで高木さんがずっと西片をからかうアニメになっています。

この作品の魅力は、西片と高木さんのやりとりそのものです。西片は高木さんがからかって来ることを嫌っていますが、本当は嬉しいという気持ちがあったり、高木さんがあまりにもからかって来るから自分も仕返しをしたいと思ってやった行動がすぐに顔で出てしまい即バレだけど、高木さんがそこをうまく突いてからかう2人の行動が可愛いのが魅力です。

ラブコメ展開はいろんな作品を視聴してきましたが、ここまでの完成度が高いラブコメアニメはかなり久々のような感じがします。同じようなジャンルでも、まったく新しいかのようなアニメを見れたことに感謝です。

投稿 : 2018/09/29
閲覧 : 47
サンキュー:

9

ネタバレ

scandalsho

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

可愛い娘は何をしても許される?

原作未読。最終話まで視聴。

中学校の同級生で隣の席に座る西片くんと高木さんのラブコメディ。
1話30分だけど、いくつかのエピソードに分かれていて見やすい。

【まずは褒めよう!】
{netabare}高木さんが西片くんをからかうのは100%成功する。
逆に、西片くんが高木さんに仕返しをしようとすると、高木さんは100%返り討ちにする。{/netabare}
中学生ならではの微妙な距離感がなんとも心地良い。

男性である自分は、どうしても西片くん目線で見てしまう。
(物語が西片くん目線で描かれているせいもあるけど)
正直、高木さんにやられっぱなし。
ニヤニヤが止まらない(笑)

【だけど、正直・・・】
だけど、正直、終盤になると少々食傷気味で・・・。
西片くん目線で視聴していた自分が、いつの間にか第三者目線で視聴するようになっていたせいかも知れない。
要するに、「からかう」と「からかわれる」だけの関係に飽きが生じてしまうんだと思う。

【だけど、最終回は】
だけど最終回は良かったんじゃないかな?
『席替え~手紙』のくだりは、とても良かったと思う。
この作品では珍しい、{netabare}高木さん目線のラスト{/netabare}がとても良いオチだと思った。
このラストのために、高木さん目線の演出を控えていたのかと、勘ぐらせるほどの、綺麗なオチ。
何より、高木さん、嬉しそうだったしね!

【以下は、特に面白かった回・気になった回のレビュー的な「何か」です】(笑)
{netabare}
【第2話】
習字のくだり。
高木さんの「現状維持」は吹き出してしまった。

【第4話】
逆上がりのくだり。
高木さんが{netabare}短パンをはいて{/netabare}いてガッカリした男性、手を挙げて!(笑)

【第9話まで視聴して・・・】
最初の頃は、「3人組のくだりはいらない!」って思っていた。
だけど、ここまでくると、正直、高木さんと西片くんのくだりだけでは食傷気味で・・・。
「箸休め的には有り」なのかもと思い直している。
{/netabare}

投稿 : 2018/08/30
閲覧 : 158
サンキュー:

53

ネタバレ

岬ヶ丘

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

中学生ならではの会話劇

 教室で机が隣同士の中学生男女の微笑ましい会話劇にほっこり。一番のポイントはやっぱりキャラクターが中学生だということ。高校生だとこれはできないと思うし、まさに中学生らしさに溢れた作品だったと思う。しかも今どきの中学生というより、どこか懐かしさを感じる雰囲気。ED曲の感じからして30歳前後が一番しっくりくるのか。ただどの世代でも楽しめる健康的な内容の作品。

 ショートストーリーが多く最初は30分より15分アニメでやった方がいいのではないかと思ったが、回を追うごとに二人の世界観に入り込んでしまい、30分があっという間に感じるようになった。基本はメイン二人の会話劇だが、女の子三人衆などの回もあり飽きさせず、構成に緩急はついている。特にラスト2話は見ごたえがあった。ところどころドラマ「プロポーズ大作戦」に似たものを感じた。(消しゴム・席替えの件など)

 新鮮だったのは声優さんのお芝居。特に高木さん役の高橋さん。高橋さんといえば異世界もので人気を博し、ハイテンションなキャラクターを演じるイメージが強かったので、学園ものでかつこんな繊細なお芝居も出来るんだと感心。ED曲もたくさん歌っており、作品への貢献度は高いと思う。

 全体を通して動きは決して多くはなく比較的地味な作品ではあるが、要所要素で細やかな演出もあり、楽しめた作品だった。

視聴日18/6/29

投稿 : 2018/08/29
閲覧 : 41
サンキュー:

9

GJ

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ひたすら高木さんがカワイイ…

高木さんカワイイ!特に終盤のクリティカルの回はやばかった…EDの懐メロカバーも最高でした。

投稿 : 2018/08/29
閲覧 : 58
サンキュー:

1

次の30件を表示

からかい上手の高木さんのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
からかい上手の高木さんのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ページの先頭へ