「ゆらぎ荘の幽奈さん(TVアニメ動画)」

総合得点
67.7
感想・評価
237
棚に入れた
1063
ランキング
1356
★★★★☆ 3.4 (237)
物語
3.1
作画
3.4
声優
3.5
音楽
3.3
キャラ
3.5
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む
ネタバレ

ValkyOarai

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ToLOVEる(ダークネス)に変わる、新時代 こんなラブコメを待っていたッ...! 2019年2月、おや、朧さん&玄士郎様の様子が...?そしてこゆずまでも...?

原作2周年時点
とんでもないものが開催していた
そうだ...{netabare}閃乱カグラPBSだ...結果は見て確かめな{/netabare}

これが連載されたとき「時代が来た」って思った
そしてアニメになりそうだなって考えていた

そしてこれだよ!^^
原作者はかつて恋染紅葉を短編ながら連載していた
こちらもサービスはあるけれど濃くは描かれてなかったな

因みにリト君のハーレム計画の回答は
{netabare}「ありえない」だった{/netabare}
じゃあコガラシさんの回答は如何に?
喧嘩の真っ最中でも見続けるしかねえ、終わった後の余談(閑話休題中)でも見続けろ、次の喧嘩まで尺を伸ばすから

冬空コガラシ=芦屋四郎、東方仗助、人吉善吉、火神大我(ジャンプで惹かれ合う)
湯ノ花 幽奈=遠井成美
宮崎千紗希=東本願早苗、堀裕子、児玉えみる(キラプリ)

仲居ちとせ=三船美優、千矢
荒覇吐呑子=千斗いすず、ユリス=アレクシア、ロズヴァイゼ、雁淵ひかり、ベルフェゴール
雨野 狭霧=ミラクルさん、エル君
伏黒 夜々=エトワールさん、筒隠
神刀 朧=セレーネさん、丸山紗希、つぐみん(ジャンプラブコメは惹かれ合う)
信楽こゆず=後藤もか、星川麻冬、雨宮あんな(スタプリ)

2015年以降の第2世代プリキュアがおるってのが凄い、片方は2018年に稼働、そして2019年も...
こんな感覚渕上さんでもあったな、ありすを演じている時期でイオナもやってたから
奈々さんもつぼみを演じてた時、アロイスも演じてたな
高橋さんのツンデレってどう演じるんだ?
流石に2クールできないと思うけど...
最近では、狭霧の政略結婚の一件が終了し、彼女の√が固まった
これが終われば修学旅行
かるら様含め、6人のターニングが待っているが、コガラシさんは平和を求めたい模様...だがそこで千紗希が見たものは...(未読者は17巻で確かめろ)

{netabare}OPがちょっと自分では微妙な感覚、少し昔な感じがする、けど映像から初盤のおさらいができる
コミック買えば意味は無いけど
っつーかナレーションがリアスの姉貴www何故www
そして千紗希の母ちゃんも演じることになったwww

そうやそうや、初盤で坊主達が数を揃えて幽奈を成仏させようとしたんだっけ、坊主だろうとやってることがヒャッハー!!と酷似www
それはそうと、スポーツで分身の術使うのってケロロでもあったよね
アレは確かテニスや羽根つきであったよね
ホンモン見切れる夏美もすげーよwww{/netabare}

そして3話
女 子 力 5 3 万 降 臨
(´Д`) =3 ハゥー またスカウターが壊れる...
他のアニメにもゴロゴロいるよね
こゆずはどちらかというと、ぽんぽこの狸達の印象が強いんだよね

さーて原作再現となると30分で2~3話分、端折る部分あり
もしくは15分で1話消化となるとどこまで行く?夏までは行くだろう

5話で2人が仲良くなって、呑子さんのターン
だったが
6話はまさかの仲居さんのターン、原作だったら朧さんに会ってからなのに
この次から朧さんのお出まし~
龍雅玄士郎=ライナー・ブラウン、暁古城、カッパード

9話 ゆらぎ荘への集合回
千紗希よ、開幕に気をつけな...

10話
浦方うらら=パピカ、桜木ひな子、シオン(転生スライム)
柳沢芹=猫神様、久志取まどか、ぺパロニ
こっから夏
さーて雲雀の所まで走るか?

しかし芹姉さんがガンを飛ばすと
つぐももで喧嘩売って来た皇すなおを思い出すな

しかし12話(1クール)でひとまず終了~
雲雀は出れずじまい...無論かるら様も...来年やってくれ

だったが...
龍雅城で部下の頼みを受けた朧さんの様子が...?
「私は冬空コガラシのために、1年かけて宇宙を救う修行に出かけよう(本来は少女達のためだが仕方がない)もっとも、狭霧や夜々が制覇したことをするだけだが」

「はっはっはっ!朧よ!向こうでも手合わせを頼むぞ!」
「承知しました。玄士郎様」
「僕も忘れないでよね!(ちょっとだけど...)」

投稿 : 2019/08/20
閲覧 : 289
サンキュー:

9

ハウトゥーバトル

★★★☆☆ 2.4
物語 : 1.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:途中で断念した

荘ものはどうしても被んだよね

視聴理由 特になし

序盤 あ、面白さを感じない。これは断念かなぁ

この話は…て1話しか見てないからなぁ

まぁ何故断念したのか
それは「既視感のキャラデザ」「違和感のキャラ設定」「謎のセクシーシーン」「謎のガバガバストーリー」
もう充分でしょう。
私は1話を割と重んじるタイプです。1話の掴みが悪ければそこで切ります。てことでこの先物凄い面白い展開がある可能性があったとしても私はこの作品を見ることは無いでしょう。

もしとんでもなく好評になったらまた勇気を振り絞りたいと思います

投稿 : 2019/06/24
閲覧 : 56
サンキュー:

8

pop22

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

微エロアニメ

頭空っぽにして見れる。

投稿 : 2019/05/29
閲覧 : 45
サンキュー:

1

マーティン

★★★☆☆ 2.7
物語 : 1.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:途中で断念した

ダメだ〜

そんな馬鹿な!!って感じでした。すみません。

投稿 : 2019/05/22
閲覧 : 48
サンキュー:

1

ネタバレ

梅田ヒロ

★★★★★ 4.1
物語 : 3.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

一言で言えば、主人公を熱血性格イケメンにした、とらぶるダークネス。

最初観たとき?異様なほどの、とらぶる感を感じた。主人公のコガラシがすごく爽やかな好青年だと感じた。オカルト要素のあるラブコメバトルアニメという感じ。ラストが尻切れトンボで無難な展開という感じがしたので、是非、二期を作って欲しい。Blu-ray版では地上波版では規制がかけられていたお色気描写が解禁されている。原作コミックのある巻数の限定版にはオリジナルBlu-rayが同梱されている物があり、キャラデザは違うが、Blu-ray版よりも相当性的なシーンが多く散見されR15的になっている。私的には、原作の方が好み。

投稿 : 2019/04/30
閲覧 : 61
サンキュー:

5

Rottel

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ToLOVEる+ニセコイ÷2

率直な感想はタイトルの通り(若干ToLOVEる寄り)です。

主人公の純粋なところがとても良かったです。

個人的にこのアニメの1番の見どころは、最終話ではなく7,8話だと思います。

作画も安定していて良かったです。

でも、このアニメには失礼ですが、ToLOVEるには及ばなかったかなあーって感じです。

投稿 : 2019/04/14
閲覧 : 35
サンキュー:

3

ネタバレ

デューク

★★★★★ 4.5
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

温かな気持ちとおっぱいに包まれた、切なくもポヨンポヨンなゴーストストーリー

ほんと、可愛いです!
幽奈ちゃん、ほんと、可愛いです!
めっちゃいい娘!

幽奈だけじゃなく、ゆらぎ荘まわりはみんな一癖あるけど可愛くていいやつばかり。
猫神と同化しているヤヤも、忍者のサギリも、妄想癖ある同級生のチサキも、まんまラウラなオボロも、とても可愛い。
そんな可愛くていい娘たちがあの胸この胸でコガラシを誘惑したのですが、最後までデレなかったコガラシは立派。
幽奈ちゃんだけを硬派(毎朝柔らかい目にあってるけど)に守り通します。

この作品、幽奈と一緒に居たい、幸せにしてやりたい、けど幽奈が幸せになって、この世に満足してしまうと成仏して消えてしまう、という儚さがずっとあります。

幽奈ちゃん史上最高の幽霊でした!幸せにしてあげたいけど、成仏しないで!

投稿 : 2019/04/03
閲覧 : 52
サンキュー:

1

衛狸庵

★★★☆☆ 2.8
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

バランスが悪い!

巨乳ばかりでつまらない。
オッパイとチッパイはバランス良く配置すべきだと強く思います。
タヌキはチッパイでしたが、色気が無い。可愛いけど。
管理人さんは道義上エロには不参加でしたね。可愛いけど。

お話的には、やはりラブコメに分類されるのでしょうか?
コメディー要素がエロなので、ラブエロ?いやそれほどエロは生臭くも無いのでなんか中途半端。
単純な乳アニメかな。

個性的なキャラが沢山出てきますが、エロ方向での出番ばかりです。

2期がありそうな終わり方をしていましたが、2期あるのかな?

投稿 : 2019/01/03
閲覧 : 72
サンキュー:

1

ネタバレ

をれ、

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ラッキーH系ハーレムもので、キービジュアル通りのアニメだと思います。

以下は私用の視聴完走記念備忘録です。
不快に思われたら申し訳ありません。

メインヒロインの幽奈さんは性格も見た目もカワイイです。
他のヒロインたちもそれぞれ個性がありますが、もちろんカワイイです。
主人公のコガラシ君も爽やかで好感が持てます。主人公が欲望を露にする場面はなかったと思います。でもお約束のラッキーHはもちろん山のようにあります。 いろんなタイプのヒロインを出して、その比較でメインヒロインを目立たせるためにはハーレム化するのは致し方のないことかもしれません。またそれ以上に、一人のヒロインでは、より多くの視聴男子に対応できない可能性が高いので、まあそういうことだと思います。こういった作品は男の子たちに欲望と相手への思いやりなどの両立などのメンタルの育成にタブン寄与するのではなかろうかと思うですが、どうなんでしょう。
なお、育成期を疾うに過ぎた人、所謂おっさんw以上には、昔を懐かしんだりする材料になるのでと思います。
 なお個人的に印象が強かった場面は、壁から大きなお尻が生えている場面で、ツボって爆笑していました。
 
 

投稿 : 2018/12/18
閲覧 : 70
サンキュー:

0

オカルトマン

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

感想

ラッキースケベ馬鹿アニメかと思って見ていたら(実際そうなんですがw)
意外に面白かった。
自分の中では平均点を少し上回るくらい。
最終回綺麗に収まってよかった。

投稿 : 2018/11/14
閲覧 : 83
サンキュー:

4

てぃーえむ

★★★★☆ 3.8
物語 : 2.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

男性向けハーレムアニメ

原作は知りません。
温泉付きの日本旅館? にちょっと訳ありの女の子たちと同居生活をするお話し。
主人公は霊能力者で、女子高生美少女幽霊のゆうなさんと同室で暮らします。

ハーレムもので、たびたびえっちなシーンが発生するコメディです。

妖怪と戦うシーンが結構ありますが、主人公のコガラシが
ものすごく強いのでほとんど苦戦しません。強すぎ?!

せいぜい同行している女の子が何故か服を脱がされるだけです(ぇ

というか、ほぼこのアニメ、女の子のエロシーンが中心です。
主人公は他にもいろいろと高スペックで非の打ち所がない。
欠点は何故かえっちなことばかり周りで起きることくらいかな。

男性向けでお色気シーンばかりのですが、女の子たちはカワイイし主人公にも好感がもてます。

宮崎ちゃんがとにかくカワイイです。妹にしたい。

投稿 : 2018/11/09
閲覧 : 114
サンキュー:

7

べる

★★★☆☆ 2.9
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 2.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

TOLOVEるの系譜

キャラに惹かれたので視聴。ぶっちゃけエロがこれでもかと押し寄せてくるためおなかいっぱい・・・てか、しつこい。切ろうかとも思ったが主人公がハーレムに漬かるタイプでは無かったので完走できた。こういうハーレムもの主人公にありがちなデレデレむっつり優柔不断タイプでは無かったのは救い。おかげで話しにヤマ場もあり全体的には良かった。同時期に放送されていた同系統のすのはら荘は主人公が好きになれず3話切り。いくらキャラデザがよくても結局はキャラの性格が大事とあらためて思った。そういう意味ではTOLOVEるもあまり好きになれなかっただけにこの作品よくできてるなと思う。

投稿 : 2018/11/07
閲覧 : 51
サンキュー:

3

ネタバレ

latte

★★★☆☆ 2.9
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

キャラ設定は割と好きかも。

霊能者のコガラシの下宿先には地縛霊の幽奈が住み着いていた。悪霊になる前に幽奈の未練を晴らし、成仏させるために色んなとこに出かけたり、遊んだり…な話。

とりあえず、コガラシ君がハーレム状態なよくある設定。ストーリー重視の人にはおすすめしません。
毎回なんとなーく、先が読める。

それぞれのキャラ設定は割と好きかな、
キャラが気に入れば面白いかも⁇

投稿 : 2018/11/05
閲覧 : 37
サンキュー:

3

ZORRRO

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

おっぱい!パンツ!けつ!おっぱい!

無駄にエ口い描写が多すぎる。
もうそこが見どころなんですねこの作品は。

終始ドタバタコメディって感じでしたね。
ストーリー的には進展してるようであまり進んでないです(笑)
普通にコメディアニメとして楽しめました。

投稿 : 2018/11/01
閲覧 : 122
サンキュー:

5

haiga

★★★☆☆ 2.5
物語 : 2.5 作画 : 2.5 声優 : 2.5 音楽 : 2.5 キャラ : 2.5 状態:途中で断念した

エロの絨毯爆撃で胃もたれするアニメ

同じ幽霊でもアムネジアの夕子さんと比較するとこうも違うのかと。過剰なエロは胃もたれを起こしますぞ。序盤から必然性のない幽奈さんと、ゆらぎ荘の住民の過剰なエロにおなか一杯。眼鏡のでかすぎる乳で断念。
ちょっと俺には完走は無理でした。
もっとエロに飢えてるときに再チャレンジしてみますw

投稿 : 2018/11/01
閲覧 : 87
サンキュー:

3

ネタバレ

魂がBITCH♡

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 2.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

巨●で明るいJK地縛霊がいる混浴露天風呂は我が国の善良な伝統風俗である(あれ?)

☆作品概要
●週刊少年ジャンプ連載(集英社)

●原作:ミウラタダヒロ

●アニメーション制作
XEBEC
{netabare}
監督:長澤剛
【代表作品】
・監督
這いよれ! ニャル子さんシリーズ
クロックワーク・プラネット


シリーズ構成:子安秀明
【代表作品】
・構成
GJ部シリーズ
ランス・アンド・マスクス
三者三葉


キャラクターデザイン/総作画監督:竹谷今日子(共同)

CAST
冬空コガラシ:小野友樹
湯ノ花幽奈:島袋美由利
宮崎千紗希:鈴木絵理
雨野狭霧:高橋李依
荒覇吐呑子:加隈亜衣
伏黒夜々:小倉 唯
仲居ちとせ:原田彩楓
神刀 朧:小松未可子
信楽こゆず:春野 杏
ナレーション:日笠陽子

OPテーマ:「桃色タイフーン」春奈るな
EDテーマ:「Happen~木枯らしに吹かれて~」湯ノ花幽奈(島袋美由利)・宮崎千紗希(鈴木絵理)・雨野狭霧(高橋李依)
{/netabare}

☆エピローグ☆

原作一部既読
リアルタイム視聴済

夏クールは秀逸なギャグアニメが多かったこともあり、レビューの基準も含めて概観してみる
ギャグ系作品には大きく二つの趨勢がある。
一つは、4コマ漫画のようなランダムストーリーで1話を短く構成しギャグを詰めている作品。
二つ目はある程度ストーリー性を保有しつつ、物語よりもギャグを優先させた笑劇性のある作品となる。
両者は更にファンタジー系と日常系に、ボケ、ツッコミキャラの固定、不固定(流動)に分類される。

前者日常系の代表としては『天才バカボン』(元祖含めて)『いじわるばあさん』(1970版)『ど根性ガエル』(古っ)・・『苺ましまろ』『WORKING!!』『あそびあそばせ』『ちおちゃんの通学路』『ゴクドルズ』などなどであるが、ギャグは同一作品でも内容で選り好みが分かれ易くテイストを機関銃のように多数ばら撒く方が一作品としての評価がし易いことからも現在でも構成の主流だ。
『おそ松くん』はどうしたという意見もあるかと思うが、1期(1966)はジャンルとしては「喜劇」より「ホームコメディ」である。

後者は、酷評の対象となるリスクが高く、ギャグセンスはもとより、視聴者を30分飽きさせないシナリオや演出の工夫に相当の自信がないと、制作し難いジャンルである。
それにしても、たまに見かける制作側の間違い勘違いで、本来ストーリーが基軸であるのに、何を思ってかギャグ風味をチョイスした結果滑る作品もある。特に、PA作品にその傾向が強い。(SFや群像劇に勘違いギャグを入れても…心当たりあるよな)
また、『デンキ街の本屋さん』のように、物語が主軸なのかギャグが主軸なのか作品の基軸がブレたような構成を視聴者に印象付けてしまった結果、損な評価を受けた作品もある。
私はこの作品をラブコメと捉えたが、秋葉原という設定やスク水JKキャラ(絵柄的にはロリに見えるw)がいたことから、放送当時のトレンドであった萌えギャグ作品として捉えていた視聴者が多いところをみると、基軸をぼかした構成と演出で中途半端感が出たのは否めない。
当時はまだドロドロした深夜アニメ独特のノウハウが未熟だったシンエイ動画だから無理は言えないがね。

長尺ギャグアニメの歴史を鑑みると、日常系とは言い難いが『ルパン三世』(1971)の成功に始まり『タイムボカン』(1975)で一応の「カタチ」の完成を見る。
実際『ルパン三世』で考えると、ギャグを取り除いたら、ただのハードボイルドサスペンスである。
サスペンス部分にも面白い内容があるにはあるが、ハードボイルドサスペンスには『ゴルゴ13』という大御所があり、それだけではこの作品は凡作で終わっただろう。
つまり、長尺ギャグ作品の成功の鍵は、ギャグを一気通貫する基軸にブレがないことが必要条件であり、十分条件としてボケとツッコミの妙技が必要。
更に、良作、秀作まで昇華させるのはギャグのセンスの他に「従」となる物語に共感が得られるか否か、それを反映させる脚本、演出(声優の演技力を含めて)能力となる。
ゆえに、ストーリー重視の作品を制作するよりもハードルが高い。

また、歴史的経緯からも『ルパン三世』は評価の際のベンチマークとなる。
これらの条件を相当数クリアした最近の作品が『このすば』と『ヒナまつり』だろう。
本作と同じ夏クールの『ぐらんぶる』もこの分類だが、これからレビューするのでここでの批評は保留する。
『このすば』はエロ、下ネタのナンセンス系、『ヒナまつり』はシュール系とギャグの質は異なるが、キャラ同士の掛け合いの妙技により笑いのツボを巧みに押さえた脚本、演出の妙が評価に繋がっている。

さて、本作は奇しくもジャンプ掲載作品であることから、往年のジャンプファン目線では正統派永井豪ギャグ作品の系統だ。
永井豪先生は『マジンガーZ』で有名だが、初の大人時間帯アニメ『キューティーハニー』や漫画では伝説のエロスと言われている下品ネタのオンパレード『ハレンチ学園』(週刊少年ジャンプ)の作者でもあり、この原作は「有害図書指定にせよっ!」とPTAが大騒ぎした程フリーダムな内容、もし現在、これがアニメ化されていれば顔を真っ赤にして怒るレビュアーさんが続出すると思われる。
(私が通学していた小学校でも『ハレンチ学園』と『ダメおやじ』(週刊少年サンデー)はPTAの広報プリントで読書制限の注意喚起がされていた記憶がある。)

私はこういう過激ナンセンスエロ漫画を読んでいた世代なので、本作程度のエロさではさして騒ぎたてるほどでもなく、本作を巡り創作上のラッキースケベがハラスメントだと大真面目で主張している方々こそ、現実とフィクションを分別出来ない可哀想な前頭葉の持ち主だと思う。
こういう19世紀頃の何か変な亡霊に憑依された連中に限って、自分達にとって都合が悪い政治家の発言や法制を突っついては差別だの弾圧だの軍国主義だのと騒ぐんだな。
「コガラシ」に除霊してもらえよw(この嫌み、分かる方には分かるはず。19世紀の亡霊→{netabare}『Manifest der Kommunistischen Partei』{/netabare})
個人的にはオムニバス構成でギャグ作品ではないがAVアニメと揶揄される『ヨスガノソラ』でさえも生ヌルイと感じる。

それにしても『ハレンチ学園』、実写化はされたがアニメ化されていないので、ここでレビューが書けないのが無念である。
{netabare}(実写ドラマは数年前にVHSビデオ版を視聴させてもらったことがあるが、現代のコードでは児ポ扱いになる微妙なカットが意外と多かったな…どうせDVDではカットされているのだろう){/netabare}
『ハレンチ学園』で思出したが、用務員役で出演していた「左卜全」の「老人と子供のポルカ」この曲は電波ソングの元祖と言える。
何回かカバーされているが、オリジナルを聴いたことがない方は一度聴いてみるといい。
左卜全の歌声を聴いたら1970年代にタイムリープ出来るかもw

かなり脱線したが、要は長尺ギャグ作品に妙な妥協を入れると必ず失速するということだ。
妥協するぐらいなら、最初から風呂敷を広げなければよい。
本作の基本設定は「ハーレム&エロ」なので、広く一般に勧めるのは気が引けるが、主人公のキャラに納得がいくのなら、ギャグのみならずストーリーもそれなりに面白いので楽しめると思う。

因みに、あにこれでは本作コミック付属OADのレビュー窓口がまだ用意されていないが、{netabare}OAD12巻は謎の光なんぞない乳首丸出しの無修正であり、これが本来この作品を楽しむ意義であるw{/netabare}

【物語・笑いのツボ・キャラ・声優・音楽】
{netabare}① 主人公の設定
まず、ハーレム作品の場合、主人公が視聴者に理解(共感ではない)を得られる設定であるか否かが一つのハードルだろう。
男性目線で見た場合、ハーレムとは理想郷であり、主人公がハーレムを積極的に楽しんでいるような設定では確実に妬まれ、嫌な野郎だ!となって『スクイズ』の「誠」のように叩きの対象となる。
また、嫌みがなく視聴出来るハーレム作品の特徴は主人公が意図せずエロ行為に巻き込まれる、または、女の子キャラから積極的に迫られて困惑する「女難系」も重要な要件だ。
しかし、全くエロに興味がない主人公では当然面白味がないので「むっつりスケベ」成分も必要である。
主人公はハーレム状態を否定しつつも、エロは消極的に肯定するM属性でなければいけない。
これらをバランスよく組み立てた主人公の性格設定であれば、まず視聴の障害となることはないが、支持を受けるまでステップアップするには、その性格が個性的かつナチュラルに発揮される演出、演技の工夫が必要となる。
散々ハーレムアニメを視聴した目の肥えた視聴者の前では、判で押したようなデジタル設定だけでは視聴者はシラケるのだ。
夏クールでは、本作の他『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』の主人公も類似の性格設定である。
本作主人公の「冬空コガラシ」は体育会系で強力な霊能力者であり、正義感も強い。
ハーレム主人公の条件はそこそこ満たしており、女性視聴者にも支持されやすいと思う。
地縛霊「幽奈」の部屋である204号室に住み、毎朝「幽奈」が「コガラシ」の横でおっぱいを晒して寝てしまっていることに気が付くたびに、赤面してポルターガイストで「コガラシ」を吹っ飛ばすのがお約束。

②シチュエーション
舞台はどことなく『妖怪アパートの幽雅な日常』と似ている、明るいお化け屋敷なのだが、ゆらぎ荘の住人は全て美少女と巨乳女性で、妖怪と鬼の末裔、それに地縛霊でそれぞれがとても個性的で濃いキャラだ。
そして、仲居で座敷童子の「ちとせ」以外料理は全くダメ。
面白いと思ったのがメインヒロイン「幽奈」のキャラデザ。天冠(頭の△)と頭の横の鬼火で幽霊ですよアピールをしている点。なかなか考えたものだw

感心したのは「やや」のキャラ描写。
猫神に憑かれているのだが「やや」の行動パターンも猫そのもの。
私の家には生まれた時から猫がおり、大学進学まで18年間好むと好まざるとも猫を弄ったり観察していたし(この猫は22歳まで生き、臨終の際には葬式をしたので、わざわざ実家まで帰郷したw)数年前までは自宅で猫を飼っていたので、猫には少しうるさい。
猫は習性上、協調性がなく社会性に乏しく警戒心も強いため飼い主以外にはそう簡単に懐かない。
また、飼い主にもランクがあり、猫が最も懐くのはエサをやる人物で、魚を調理した「コガラシ」がつきまとわれるのも無理はない。猫は朝腹が減るとエサやり係を起こしに来るからねw
それと、猫は濡れるのを極端に嫌う。「コガラシ」が「やや」にお湯をかけて猫パンチをくらったが、これも原作者はよく猫を観察している。私も子供の時分に悪戯で猫に水をかけたことがあるが、猫は執念深いのでコップを持って近づいたら猫パンチをくらったことがある。
猫に塩分が良くないのもその通り。猫は生理上腎臓への負担が大きいので塩分の取り過ぎは腎臓へ過大な負担をかけ最悪腎炎を引き起こす。
勉強シーンで「やや」だけ周囲の状況に無関心で自分の世界に没頭していたが、猫は犬のように社会的関心がないから、あの「やや」の態度も猫を知らないと描けないシーンだね。

人間ヒロインの「千紗希」には「幽奈」が見えないので「自動書記」と言われる文字でのコミュニケーションがとてもほのぼのとしていて良かったが、一緒に写真を撮ったら「幽奈」がもろ「心霊写真」になっていて吹いたw
しかし、同じ「自動書記」でも『コープスパーティー』では笑えないシーンなのだが。
「千紗希」が「幽奈」を触って「幽奈」の美形を確認しているシーンには百合要素を感じたね。
「千紗希」には「幽奈」が見えないから「コガラシ」との肉体(幽体?)関係を妄想するシーンも面白かった。
ナンセンスギャグが光っていたのは「朧」が真顔で卑猥なセリフを吐きながら「コガラシ」に迫るシーン。ゲラゲラ笑いながら視ていたよw
しかし、本作は何かにつけて裸体露出のシーンになるね。
黒い霧の妖怪シーンでは服が溶かされたといって何人ものモブの女の子が裸体になっていたな。
最後回、恋人同士が地縛霊であるゆえに、近くでお互いを認め合いながらも会えない悲劇のシリアス展開。
「コガラシ」が解決するのだが感動は一瞬で、すぐギャグ展開になるのが本作の魅力でもあるな。
最後、二人が成仏するシーンと花火の重ね合わせの演出は作画も含めて良かったと思う。
気になっているのは1話アバンの「幽奈」の成仏シーン。
最終回の意味深なシーンも合わせて考えると、二期をやって、その最終回の伏線なのかな?
原作ストックはあるし、「幽奈」が地縛霊になった経緯や、原作登場キャラも全部登場してはいないしね。円盤売り上げ成績次第かな?

サブの役割的には「狭霧」はツンデレ「ちとせ」は妹系ロリキャラ「こゆず」は小動物系ロリキャラ「呑子」はお姉系巨乳キャラという配置か。
「やや」はエロとは距離を置いているから、物語的には自分回でない限りモブ化している。
誅魔忍軍で「狭霧」の同級生「うらら」も登場が最後の方で本クールではエロも物語もエピソードらしいエピソードはほとんどなかった。
てか、「うらら」のCV、M・A・Oさん、大阪出身だけあってネイティブ関西弁だなぁw
本作のキャラは総じて立っていた。

③キャスト
キャストで特筆したいのは「幽奈」のCV島袋美由利さん。
活動は昨年からだが、今年になって、
音楽少女「具志堅シュープ」
はねバド!「荒垣なぎさ」
はるかなレシーブ「遠井成美」
と、準主役、メインキャストと目覚ましい活躍だ。
特に、「荒垣なぎさ」と「幽奈」はキャストのクレジット見ないと同一人物とは思えないほどの演技力。
将来、斎藤千和さんクラスの技巧派声優になるかもしれない。
次はナレーションの日笠陽子さん。
まったりと韻を踏まえた喋り方は、ギャグと物語のスイッチに緩急をつけ、本作の演出に大きく貢献している。『けいおん!』の「澪」時代からみると、だいぶん雰囲気が変わったな…。

④音楽
OP曲の「桃色タイフーン」(春奈るな)は本作の雰囲気に合っているし、曲もよい。


物語の評価基準は特に設けていないが、長尺ギャグの場合は『ルパン三世』(1971)『パタリロ』(1982)『うる星やつら』(1982)がベンチマークで個人的満足ライン。
参考までに、物語だけならばTV版では『エルフェンリート』『魔法少女まどか☆マギカ』が満点レベルの代表作である。{/netabare}

【作画】
背景、美術はそこそこ頑張っていたが、キャラデザが残念な気がする。
原作の女の子キャラはとても可愛いので、もう少し工夫をして欲しかった。
XEBECのキャラデザは線が太くてしなやかさに欠けるんだよな。うん。
『クロックワーク・プラネット』では可愛くキャラデザが出来ていたのにね。
キャラデザにも増して、キャラクターの作画が不安定過ぎる。
スケジュールが押して、作監が甘くなったのかな?
本作はいくらギャグ作品といっても、ハーレム、美少女設定の性質上キャラクター作画に手を抜くと作品自体の魅力も下がってしまう。


作画に関してはプロフ記載のとおり明確な基準を設けている。
『劇場版 響け! ユーフォニアム(シリーズ)』、TV版『進撃の巨人』(2013)劇場版も含むが「5」。左記作品並みか超える高水準でない限り「5」の評価はない。
以下、減点方式。
ただし、ギャグ作品は作画クオリティで内容があまり左右されないことと、画風としてわざと作画クオリティをギャグに活かしている作品もあるので、多少評価に幅がある。

投稿 : 2018/10/31
閲覧 : 238
サンキュー:

25

ネタバレ

菊門ミルク大臣

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

よくあるやつ

キャラや内容・展開はよくあるやつ。
紳士で男前な主人公におやくそくのラッキースケベハーレム。
やろうと思えばバトルもの、夏目友人帳のような方向と幅広く色々な話が出来そうだなと。
第1話の思わせぶりな始まりの事を考えるともう少し何かしらストーリーがあった方がよかった気はします。


まぁ正直なところ 絵柄が好みかどうか じゃないかな。

投稿 : 2018/10/27
閲覧 : 53
サンキュー:

2

ネタバレ

Yas

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2018/10/23
閲覧 : 64
サンキュー:

0

たわし(ガガ)

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:今観てる

性表現は規制されるべきか?

仕事柄、ありとあらゆるアニメを見ている。。あるいは作ったことのある立場からすると、必ず話題になるのが

「性表現、バイオレンス表現は有害かどうか」である。

過去、多くの日本のアニメーションはいわゆるOVAもそうだが基本的には成人向けのアダルトアニメが中心であり、実際にそれを糧にしてアニメ会社や声優が育っていった実績がある。

大手のアニメ会社以外は基本的に資本金が無いに等しい有限会社なので、当たり前だが手っ取り早くお金を稼ぐために「アダルトアニメ」に手を出す。

歴史はかなり古く、1980年代前半から始まるのでかれこれ30年以上経つわけだが、駆け出しの声優、アニメーターが手がける登竜門になっているのだ。

この「ゆらぎ荘の優奈さん」は少年ジャンプに連載されているが、アニメはほぼ18禁同然の内容であり、ありとあらゆる人権団体や知識人が騒いではいるが。。しかしながら、言ってしまえばアダルトビデオなどの方はもっと非人道的なことをしているわけで、現実とは違った空想の世界でおまけにアニメーターが汗水たらしてお金を稼ぐために働いているのに、ここまで規制されるとなると正直何をして表現するのかのレベルまで達してしまう。

まあこの議題は、永井豪が活躍していた70年代や宮崎勤事件が起きた80年代にも散々言われてきたことなので今更な気がするが、

やはり一表現するものとしては、アニメや漫画を規制するぐらいなら、実社会の売春問題やAV問題をどうにかして欲しいものである。

TVでAV女優が大手を振って歩いていること自体がおかしいでしょ。

投稿 : 2018/10/22
閲覧 : 173
サンキュー:

13

ネタバレ

01oinaris

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ジャンプToLoveる枠の正統後継者!お色気枠に万歳!!

今も昔も、週間少年ジャンプには「お色気枠」というものがある。

〜以下お色気漫画・アニメに対する超個人的考察〜
{netabare}
古くは永井豪の「ハレンチ学園」(1968-72年連載) に始まり、その過激なえっちい描写(スカートめくりなど)は当時の社会現象(社会問題)になっただけでなく、当時の漫画家、さらには後の漫画家に多大な影響を与えた。
(手塚治虫や高橋留美子など、ハレンチ学園に感銘を受けた代表的な漫画家)
その後も、ジャンプには概ね1作のお色気描写満載の作品があり、その伝統は綿々と受け継がれている。

(かくいう私は少年期にBastardを読んでドキドキし、電影少女・DNA2で思春期を過ごし、
少年ジャンプを無事卒業…そしていい歳してToLoveるにニンマリしているイタイケな中年…w)

お色気枠の伝統の中でも、明らかに新たな概念を生み出したのはToLoveる。
それまでのお色気が(スカートめくり)や(女風呂のぞき見)などの「積極的スケベ」だったのに対し、
「消極的スケベ」、いわゆる「ラッキースケベ」というジャンルを確立させ、さらにその限界描写に挑戦したという点で画期的だ(個人的見解)。
これは昨今の男子が草食化していることや、積極的なエロを描写するとPT▲やBP◯から
「青少年に悪影響を与える」とクレームが付き、自治体から有害図書扱いされかねないことと無縁ではあるまい。
積極的にエロを求めると問題になるのであれば、そういう破廉恥な行動を断固拒否する健全な男主人公が、意図しないトラブルや事故によって”偶然”に、
女風呂に飛ばされる、スカートに顔を突っ込む、胸を揉む、谷間に顔を埋める、パンツを掴む…
という描写にすることで、青少年の不埒な行動を助長することなく、えっちい絵を楽しむことができる…という妥協の産物が生み出した新ジャンルだろう。
{/netabare}

本作はToLoveるから続く、ジャンプお色気枠・ラッキースケベジャンルの正統後継者と呼ぶにふさわしい作品だ。
少年週刊誌お色気枠というだけあって、ハダカ女子出現率が高いものの、
そこにストーリー性などがあるわけでない。
いわゆる典型的な一話完結型の日常系ドタバタラブコメ。
多少の事件は起きるものの、少年誌だけにムテキ主人公によって解決。
主人公の少年がとりわけかっこよくて惹かれるというわけでもなく、
かと言って応援したくなるような弱キャラでもなく、
展開としてはごく平凡なラッキースケベ系裸乳堪能アニメ。

温泉付き下宿ってだけあって、毎回温泉回。
メインヒロイン・ゆうなの爆乳は毎回堪能できるけど、{netabare}ゆうなとコガラシ君のラブに大きな進展があるわけでもなく、一部回を除きストーリー性があるわけでもなく…{/netabare}
もう少しひねるというか、ToLOVEるダークネスのようにストーリー性を持たせるとか、
もっと限界までえっちい描写を追求するとか(それだと18禁?)しないと、
ToLOVEるの二番煎じ感は否めない。
ToLOVEるの後継には相応しい作品であるが、それ以上の作品を目指すならToLOVEるに無いものを加えなくては。
キャラは比較的可愛いし、毎回温泉サービス付き、良いコンテンツは持っていると思うので、
今後の発展に期待。
第二期あるとしたら…ToLoveるの壁を越えることができるのか?二番煎じに終わるのか?
期待して待っています。

〜〜以下、本作に対する過剰反応について思うこと〜〜
{netabare}
なお、原作漫画は(自称)有識者から目をつけられており、
「女の子の服がはだけ、目に涙を浮かべている。嫌がる女の子の服を脱がすような、こんな破廉恥な描写はけしからん!」
とクレームが付いているようです。
(じゃあはだけた女の子が喜んでいたらいいんかい!そっちの方こそ問題やないかっ!という中年の叫びは置いといて…)
この作品見て「子どもにジャンプは読まさぬ!」と息巻いている有識者さんの息子、たとえジャンプを買い与えなくてもゼッタイ友達から借りて読んでますよ、親には内緒で(笑)。
でも、それでいいんです。そうやって少年は大人になっていくんです。
「この手の漫画・アニメは人知れずこっそりと楽しまなければならない。」
「こういう作品は巷で堂々と見てはいけない。ましてや母親や姉妹、女子友達に見つかるのは御法度だ。」
ということさえ学べれば良いのですよ。だから有識者さん、大いに怒ってください。叫んでください。
本の隠し方が上手になるだけです。(それも重要なスキルとして、将来役に立ちますw)

積極的スケベの宝庫であったハレンチ学園が存在しなかったら、高橋留美子という漫画家も存在せず、萌え系アニメというジャンルも確立せず、アニオタと呼ばれる人々も現れず、Japan-Animationという世界的な文化もなかっただろう。
「過度な規制と束縛は思考の自由度を制限し、新たな文化の萌芽を阻害する」
ということを忘れてはならない。
ただし、「適度な規制と束縛は思考の柔軟性を醸成し、新たな文化の嚆矢ともなりうる」
ということも忘れてはならない。
{/netabare}

投稿 : 2018/10/20
閲覧 : 94
サンキュー:

10

oxPGx85958

★★☆☆☆ 2.0
物語 : 1.0 作画 : 3.0 声優 : 1.5 音楽 : 3.0 キャラ : 1.5 状態:観終わった

色気のないお色気コメディ

『少年ジャンプ』連載作品とのことで、その年齢層をターゲットとしたお色気コメディということなのでしょう。大人が見るには物足りなかった。大人が見るのが悪いと言われればそれまで。

本作を見終えてから知って驚いたのは、幽霊の幽奈を演じている島袋美由利が、同時期に放映されていた『はねバド!』の荒垣なぎさも演じていたということでした。役柄と声が大きく異なる演技で、「幅の広さを見せた」と言えるのかもしれないけれども、少なくとも本作では、幽奈の可愛い演技に不自然さを感じていたので、なるほどと思ったのも事実。ただ無理っぽい演技はこの人だけではなかったのもたしか。

投稿 : 2018/10/20
閲覧 : 52
サンキュー:

1

ネタバレ

pister

★★★☆☆ 2.6
物語 : 2.0 作画 : 2.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

観終わった

2話までの感想{netabare}
くっっっっっっっっっっっそツマラン。
ツマランけどPTAに対しどこまで日和ってるかの見定めとして見なければアカンかと。
とらぶるで美甘が乳首NGで「日和ったかバカめ!」と思ったもんだけど、こっちは更に厳し目か?
それにしてもツマラン。
巨乳がおっぱいぶるんぶるんしてる分にはどうでもいい、問題はそっちじゃなくて…ってこれ以上は黙っとこう。{/netabare}

最終回まで見ての感想{netabare}
いわゆるジャンプのポストToLoveる、アニメもジーベックで継続。
でもってToLoveるって結構興味深い作品で…ジャンプ掲載時(無印)は後先考えず無責任に思い付いた設定やキャラを次々と投入し、ダークネスになってそれらの投げっ放し設定をどうにか意味のあるものにせんと回収しよう回収しようと苦労した部分がよく見えて。
ララのクソ発明品の再利用やギドデビルークが赤ん坊である理由やヤミの出生や生い立ちに迫ったり、更にはあの校長ですら物語上必要であるものに昇華させた時は「よく思い付くわ」と感心しきり。
そういった苦労の部分が実は面白くてダークネスは評価高いのだけど、いかんせんそれを楽しむためにはくっそツマラナイ無印パートをクリアしないといけないってのがかなりハードル高い。
ついでに美柑の乳首NGを許す気も無いが…正直お色気要素でどうにか興味を繋ぎとめてただけで(お色気無かったら切ってる)、ホンットつまらない。

かくして本作の“ゆらぎ荘の幽奈さん”は、まーたつまらない「下地作り」パートを見なきゃならんのかと辟易気味でして。
で見てみると案の定ツマラン、キャラ紹介だけで終わった…。
けどこれが人気なくて続編出てくれないと面白いパートへは続かないというジレンマ、ってか続いたからって面白くなる保証は無いんだけどさ。
もし面白くなるとしたら幽奈の未練の究明になると思うのだけど、原作がどうなってるかは全然知らん。
ジーベック的には人気続いて欲しいと願ってると思うのだけど、それにしちゃあ気合足りてなくないか?
肝心のお色気もなんかいま一つって感じで…規制が厳しいのかねぇ?
でもって今後はToLoveると同じように暫くはOVAで繋ぐのかな。

と辛口なこと言った後で評価する部分。
アラハバキの環境が完全デジタルだった、アシスタントまで。{/netabare}

投稿 : 2018/10/17
閲覧 : 80
サンキュー:

3

ネタバレ

てんてん

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

いらない

アニメ自体はお色気アニメって感じ

投稿 : 2018/10/16
閲覧 : 60
サンキュー:

1

ネタバレ

ダレイオス

★★★★☆ 3.1
物語 : 2.5 作画 : 2.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

序盤は懐かしいな・・・と思いながらみれたけど・・・

設定は霊能力者の高校生の主人公が元温泉旅館の「ゆらぎ荘」という集合住宅に引っ越してくる所から始まる
そこは家賃は1000円だが事故物件で幽霊が出るとされ
それを主人公は知っていて住むことになるものとなっている。
そして、そこには女性ばかり住んでいて、幽霊も女の子の幽霊だったというもの
そこでいきなりお風呂のシーンという定番から始まり
ラッキースケベなどがあったりするこれもド定番のハーレムアニメかなと思う。
幽霊の女の子もその対象になっていてメインヒロインのポジションとなっている。
ちなみに女の子には、悪気はないけどラッキースケベのせいで
勢いで殴られたり2000年代中頃によくあった作風ですね。
珍しくもなく一周回って、懐かしくなるかも?てレベルです。

そして気になる点が・・・作画なんですけどあまり質は高くなくて微妙か普通ぐらいで
そこまでは高くなくて、昔のアニメぽいなと思う。
エロもあるのだけど、質が高い作画ではないので
別に特別エロいとかはないですね。
エロ描写も転んだら偶然、顔にお尻が・・・や転んだら偶然、胸に手が・・・など
昔ながらの少年向けで過激なエロさはない。
キャラクターデザインも萌えアニメというよりは少年向けな感じで
これも昔のアニメぽいな・・・と思った。
ただこれはこれで良かったかな、少年向けなので過激すぎない描写に抑えた
エロは好意的に見たい。このおかげで妙な安心感もあったし
うん、うん、これでいいんだ・・・的でしたね。
エロはあまりにもド定番なためにギャグとして機能している部分もあったりで
ギャグアニメなんだな・・・と思う。

ストーリー的には霊能力者の主人公が幽霊の女の子を上手く成仏させるのがテーマに見えました。
他にも主人公は霊能力者なので霊能がらみの事件を解決して進めてましたね。
ただしこれはたいしたことは描かれてはいませんでした。
ストーリーなんて殆どなくて
簡単に解決する中で基本的にエロを含めたドタバタコメディでした。
アクションバトルもあったりするのですがこれもエロですし
ジャンプした時のパンチラとか、女の子の服が溶けたり破けたり
そういうのを楽しむものだったんだろうと思う。
当然ことながらラッキースケベもありますし、作りはそれで安定してました。
まあね。安定しているので安心感はありましたし
中盤まではテンポも30分2話構成のことが多く早いので
細かいことを考えさせないテンポの良さもあり見やすかったな

序盤過ぎると主人公は霊能力者であることをいかした展開は減り
女の子と一緒にいたりデートしたり
日常シーンが多かったな
主人公とゆらぎ荘の女の子達との交流も多く
やはりド定番なエロやラッキースケベをやりながらでしたね。
幽霊の女の子と主人公のクラスメイトの女の子との交流は
幽霊の女の子が普通の人には見えないことをいかした展開で
主人公のクラスメイトの女の子と仲良くなる過程を描けていたので
設定をいかしていたと思う。
主人公のクラスメイトの女の子は幽霊の女の子の関係は結構
気を使っていたのでこの2人の人間関係は良かったと思う。
ゆらぎ荘の管理人さんの話もキャラの裏を感じさせる話だし
女の子らしい可愛らしい、チョットした夢のあるお話で
チョットいい話だな・・・と思いました。

ただ、うーん、正直本筋のストーリーはあってないようなもんかな
ストーリーを進めるのかな・・・と思ったらエロやギャグコメディで
誤魔化して進めて殆どテキトーだったと思う。
特に7話で戦う敵キャラもおバカキャラなので、バカだから何とかなるもので
正直ストーリーは褒められたものではなかったと思う。
馬鹿みたいな展開を楽しめなければストーリーは苦しいだろうな・・・と思った。
エロ抜きのギャグとしては作画にキレがないので
勢いがなくて、そこまでは面白いギャグではないんですよね。
そして後半敵の手下が、いきなり主人公のハーレム要員になってましたが
流石に唐突で雑かなと思いました。

そもそも心理描写に気を使っていたのは
幽霊の女の子と主人公のクラスメイトの女の子などの数人しかいないので
浅い関係しか描けてない関係だし
後半はキャラの個性よりエロ優先で脚本のレベルも極端に落ちるので・・・
キャラ自体も後半はあまり上手く扱えていなくて
後半はどのキャラでもあんまり個性は変わらない気はしました。
キャラが魅力的に見えるストーリー作りが出来てなかったのは痛い。
テンポも内容が薄いのにダレてくるので序盤のテンポの良さもなくなり
6話までは懐かしいなと思いながらみれてましたが
7話以降は懐かしいよりは出来の悪いハーレムアニメの出来になってました。
正直6話までかな7話以降は酷いかな・・・と思った。
テーマの幽霊の女の子を上手く成仏させるストーリー作りも出来ていなかったと思うし・・・
うーん、残念でした。

作画自体も中盤以降は息切れでチョット残念でした。
前半は微妙か普通な感じの作画が良かったのだけど
モブキャラやどうでもいいキャラの作画が極端に乱れてくると
やっつけになってきているなとモロに気付いてしまう。
序盤は楽しめるストーリー展開に上手くエロサービスがあったのだけど
そうではなくて後半は同じことを繰り返しているだけのルーチンワークのエロサービスで
作画レベルも極端に落ちるので、少年向けの健康的さもなくなり
あまり嬉しくないエロになってましたし
どうもね。水着回での作画崩壊ぶりはネタにしか思えなかったな
やっつけレベルなのでキツイ

声優さんについては声質は合っていたし
特に演技力がいるて作風ではなかったので、そこまで上手いとかは感じさせられませんでしたが
問題はありませんでした。明るい演技作りが出来ていたので
そのおかげで楽しく演技されているな・・・と思いました。

まとめると序盤は懐かしいな・・・と思いながらみてれ
安定感のある少年向けエロもある的なアニメになっていたので
悪くはなかったです。6話までは各キャラの個別回も悪くはなかった。
ただ、7話以降はやっつけでやっているかのごとくエロ優先の同じことの繰り返しのエロサービスで
作画も極端に質が落ちるので流石にエロサービスは楽しめないよな
心理描写に気を使った作りでもないしテンポもダレるし
後半ハーレム加入するキャラの強引な加入さもなあ・・・
後半は脚本のレベルは落ちるし
結局、成仏を上手くさせるストーリー作りも出来ていなかったし
終わってみると出来の悪いハーレムアニメだなと思ってしまった。
6話までは問題なかった分、7話以降のあまりの出来の悪さに思わず舌打ちしてしまった・・・。

投稿 : 2018/10/15
閲覧 : 53
サンキュー:

6

ネタバレ

天地人

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

偽SFスーパー英雄(?)列伝98

どっかで見たような設定で、どっかで見たようなヒロイン達、そしてラッキースケベ・・・
あっ、そうだ。少年ジャンプで見たんだ(うわーっ)
吹っ飛ばされる天地人(待て)

と言うように(何がだ)少年ジャンプで連載されている人気漫画のアニメです。
この手の作品は昔からあって、自分的には既視感ありまくりなんですが、この作品で初めてそっち系にはまる人もいるんでしょうね。
さすがにワンパターンな気もしますが、その王道路線が心地いいというか(誰だ、エロ描写が見たいだけだろうっていう奴は 汗)
定番はやはり強いです。
何故自縛霊なのに動き回れるのかとか、疑問点はありますが、こういう作品にそれを求めてはダメなんでしょうね。
最後は、これで終わってもいいし、続きがあってもいいような終わり方でしたし、人気があれば2期も可能性アリですか。

おまけ
最終回、幽奈に吹き飛ばされて海に沈むコガラシ
コガラシ
「(また、掴めなかったか・・・)」
幽奈
「コガラシさーん」
コガラシ
「(いや、何度でも・・・掴んでやるさ)もみっ(あれ?)うわーっ」
腕じゃなくて胸を掴んで吹っ飛ばされるコガラシ・・・って、いつも通りじゃないかっ(おいっ)

投稿 : 2018/10/11
閲覧 : 56
サンキュー:

9

ポテ☆とと

★★★★☆ 3.2
物語 : 2.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ハーレルアニメ(笑)

男子にとって
自分の周りにこんな子たちがいたら
タマんないでしょうね~(笑)
ジャンプ作品だけあって、
王道の物語ですね!

投稿 : 2018/10/11
閲覧 : 50
サンキュー:

1

kororin

★★★☆☆ 2.4
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 3.0 音楽 : 2.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

PV見た時点で何となく残念な気がしたけど、本当に残念だった。

映画はソコソコいいモノ作るのに、「TVシリーズ」になると何故かここ2,3年残念な作品ばかりになるXEBEC(ジーベック)制作。

諸々の事情で身寄りも金も無い高校生霊能者・冬空コガラシが温泉街にある元・温泉旅館の下宿「ゆらぎ荘」に格安条件で入居することに。しかしソコは人外少女(女性)の巣窟だった・・・(自称)地縛霊の「湯ノ花 幽奈」、永遠の童女(座敷童)「仲居 ちとせ」、酒飲みグラマーお姉さん(酒呑童子=鬼の末裔)「荒覇吐 呑子」、猫神にとり憑かれた化け猫体質の「伏黒 夜々」、悪行妖魔退治専門の女忍者「雨野 狭霧」、そして化け狸の幼女「信楽 こゆず」も加わり、不本意なラッキースケベな毎日に生真面目なコガラシはタジタジ・・・しかも漢気があって優しいコガラシに、みんなの「気になる存在(好意的)」になってハーレム状態。 そんなドタバタラブコメディ。

ミウラタダヒロ先生の原作漫画は読んでませんがWEB上でチラ見したところ、『画力』は丁寧でシッカリしてるし『コマ割り』も読みやすいし『セクシー描写』も上手いし、『構図』も広角を効果的に使ってて面白そうです。
他紙で既にあった「温泉・下宿・複数女の子」というシチュエーションも漫画原作では許せそうです。(笑)

で、
アニメの方ですが、タイトルに記した通り、PVを見た印象は「作画・動画」が良くない感じでした。そして案の定、『良くなかった』です。(笑)
雰囲気として、90年代以降から2010年代ぐらいまでの「ラブコメ・ラッキースケベ」のシチュエーションを『ベッタベタ』に表現した演出。「スケベコント」に関しては、あざとすぎ(わざとらしい)て引いてしまいました。(漫画原作で見ると自然に思えるだろうか?)  でも皆さんのコメを見ると標準ラインのようで。

しかしタマに熱い展開や、チョットいいシチュエーションも挟んだりして楽しく見れました。 何より数少ないエッチなアニメなので、あざといズッコケで組んづ解れずの絡み合い、数々のパンチラに凝視し、「白い線」の向こう側を「妄想力全開120%」使って楽しんでました。(笑)


ところで『地縛霊』って、ある一定の場所から離れられないハズなのでは?
あんだけ自由に場所移動出来る幽奈なら「浮遊霊」でいいじゃなかろうか?
それとも「現世」に「縛られてる」という意味合いなのかな?(となると、生前の記憶が無い幽奈と何か関係があるのかな?)
などと、野暮な揚げ足取りな疑問が残りながらも視聴完走いたしました。

投稿 : 2018/10/11
閲覧 : 48
サンキュー:

4

384

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ジャンプらしからぬラッキースケベな温泉ハーレムラブコメ。

ビンボー高校生霊媒師の主人公が、高校入学と同時にいわくつきの温泉宿に下宿することになったが、そこには可愛いユーレイがいて…って話。

いかにもそこら辺のラノベでありそうな話ではあるけれど、
笑い、萌え、ラブコメ、キャラ設定…この辺のバランスは絶妙でハーレムラブコメ好きとしては十分楽しめた。

まあ、原作の連載開始の1話目だけたまたま読んで、そん時は『うわー超アニメ化意識して作ってんなー。』って思ったら、早々にアニメ化してたのは草だけどね。笑

投稿 : 2018/10/11
閲覧 : 56
サンキュー:

4

ネタバレ

ジュン

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

久々に見た!この感じ☆

見終わったょー(о´∀`о)
ジャンプ連載の幽奈さんだねぇ(*´꒳`*)
私も原作は見てないから、、まぁ絵的に少年誌ならではのちょっとエッチな日常コメディな感じかなぁと思いみたょー(*^▽^*)

みてみたら、、、
案の定そうだったねぇ(^○^)
ただなかなかの男気なコガラシくん!!わ、私も好きになりそうでした(//∇//)でへ
とにかくなんだかんだ、○○の極めた人に昔取り憑かれて、、、のくだりが何でもありで作者やるなぁとおもったょー!
ナレーションに日笠さんを起用するのが、えーって思った!制作側やるねぇ(゚ω゚)主役級なのにぃ。。。
それこそさぎりちゃんとかうってつけだょね。。。
あと龍雅くんを細谷さんがやったのはうれしかったなぁ(*´꒳`*)

まぁとにかくジャンプ感がありざっとワンクール観れたのでょかったょー!!
もう少し戦いがあっても面白かったかなぁ(〃ω〃)


ぜひ男の子はみてみてねー!

投稿 : 2018/10/11
閲覧 : 51
サンキュー:

6

こまたち

★★★★☆ 3.2
物語 : 2.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

実家のような安心感

2018年放送のドダバタ系ラブコメ作品
全12話

ハーレム、ラッキースケベ(からの報復鉄拳)、ご都合主義展開、行き過ぎないお色気描写など、今のアニメではあまり見られないクラシカルな王道要素が詰まった作品です。

昔はこの系統の作品が多かったのですが、今ではめっきり見かけなくなりましたね。シナリオはお世辞にも面白かったとは言えませんし、登場人物の一部には不快感すら抱きました。しかし懐かしさに浸れたという意味では大満足。この作品を見て一番に感じたことは、先に述べたように”郷愁”。そこに本作の魅力の90%ぐらいが詰め込まれています。お色気作品として見るのはご法度かな。

以上

投稿 : 2018/10/09
閲覧 : 39
サンキュー:

3

次の30件を表示

ゆらぎ荘の幽奈さんのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ゆらぎ荘の幽奈さんのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ゆらぎ荘の幽奈さんのストーリー・あらすじ

肉体派霊能力者・冬空コガラシ。悪霊に取り憑かれて、大借金を背負わされた彼は家賃の安い部屋を求め、いわくつきの温泉宿・ゆらぎ荘へ下宿することに。そこにいたのは成仏できない女子高生地縛霊の幽奈さんをはじめ、常識では考えられない美少女ばかり。女性しかいないゆらぎ荘の住人から、入居を反対されるも、なんとか暮らし始めたコガラシだったが…。(TVアニメ動画『ゆらぎ荘の幽奈さん』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2018年夏アニメ
制作会社
ジーベック
主題歌
≪OP≫春奈るな『桃色タイフーン』≪ED≫湯ノ花幽奈(CV.島袋美由利)宮崎千紗希(CV.鈴木絵理)雨野狭霧(CV.高橋李依)『Happen~木枯らしに吹かれて~』

声優・キャラクター

小野友樹、島袋美由利、鈴木絵理、高橋李依、加隈亜衣、小倉唯、原田彩楓、小松未可子、春野杏

スタッフ

原作:ミウラタダヒロ(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)、監督:長澤剛、キャラクターデザイン 竹谷今日子、シリーズ構成:子安秀明、音響監督:明田川仁、音楽:菊谷知樹

このアニメの類似作品

この頃(2018年夏アニメ)の他の作品

ページの先頭へ