「うちのメイドがウザすぎる!(TVアニメ動画)」

総合得点
64.8
感想・評価
381
棚に入れた
1269
ランキング
1792
★★★★☆ 3.7 (381)
物語
3.5
作画
3.7
声優
3.7
音楽
3.6
キャラ
3.8
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

衛狸庵

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

変態乱舞

話のテンポが良く、なんも考えずに笑って見れた。
百合ロリなメイドが美少女に絡みつく話。更に変態メイドを追いかけてドM女もやって来ます。
なんか、ギリギリアウトな話の様な所が面白かった。
まぁ、可愛いから、何も考えずに見ましょう。笑えるから。

投稿 : 2019/03/10
閲覧 : 19
サンキュー:

2

kpby2751

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

好みが分かれるかも

流れが早いために、合えば息抜き程度に見られる。

投稿 : 2019/03/04
閲覧 : 36
サンキュー:

2

ネタバレ

しんじの元嫁

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ホームドラマ・・・のはずなのに

家族の物語にょろーん。
しかし、3人に血の繋がりはない。
鴨居つばめはただのメイドなんだけど、家族に近い存在だった。
これがまた面白いというか、最近の流れという感じがする。
{netabare}
『小林さんちのメイドラゴン』も家族に血の繋がりがなかった。
そして、トールはメイドだった。
家事労働はメイドがする。これは当然。
そして現状、現実では一般的に、家事は女性「母親」の役目である。
「母親」の仕事は、メイドというわけである。
(これを無償でやらされてる「母親」ってマジやばくね?)

鴨居は、家事はもちろん、ミーシャのサポートをしているように見える。
元自衛隊員という経験を生かして。
その姿が母親に近いように感じた。

自衛隊が出てくるアニメは「国のため」「誰かのため」という要素が強い。
そこに「メイド」という、ご主人様のために尽くす職業である。
全身全霊で誰かのために尽くす、という点で共通している。
そして、上の2つの職業に限らず、仕事のために生きるのが目的という人は少なからずいるであろう。

鴨居は違った。
自衛隊は「父に会うため」に入隊したのであった。
メイドは「純正ロシア美少女の近くにいるため」に始めた。
職業は、自分のエゴのための手段であった。

国のため、誰かのために見えて、自分のために動いたアニメは他にもあった。
『宇宙よりも遠い場所』がそうである。
人類の発展のためなどではなく、宝を見つけるためだった。
彼女たちのエネルギーは、社会での不遇からくる「ざまあみろ」精神だった。

不遇な人間には、誰かが尽くしてあげなければならない、という発想には疑問がある。
手助けができることもあるが、そう簡単に、他人を救うことはできないのではないか。
『化物語』っぽく言えば、「君が勝手に助かるだけ」である。

ただ、共に生きることはできる。
鴨居は鴨居で好きなようにやっていた。
ミーシャが嫌がっているのにも関わらず。
その結果学校に行けたり友達ができたりした。
母親に対する依存心が薄れるくらいには、心が満たされていた。
ミーシャは尽くされて救われたのではなく、きっかけを掴んで自分で前を向き始めたのである。

それに、ミーシャだけが前を向くだけの物語ではなかった。
鴨居も明るくなった。
一方が一方だけに奉仕することはなく、相互に影響を与え合うのである。

そういう共に生きる関係が、家族でもいいのではないかと思った。
それは、母娘でなくても成り立つ関係なのだろう。{/netabare}

あと、鴨居、筋肉ムキムキなのに、個人的に萌えたし
ミーシャもロリっ子の割に、かしこくて萌えた。

小さくて弱いものに萌える〰という従来の価値観も変わっていて、この作品がまさにそうかなと。
その流れがいいか悪いかはさておき、この作品はそのトレンドを無理やりぶち込むのではなく、自然に日常コメディに溶け込ませた。

明るい日常コメディかつ、萌え絵で、ぶっ飛んだギャグとかもあったのに、どこか温かい空気も含んでいた。
作品自体のレベルも高くて、その場の空気を感じられるような演出だった。
とても楽しく視聴できたにょろーん!

投稿 : 2019/02/28
閲覧 : 27
サンキュー:

6

ip

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

そこそこの面白さ

 良くも悪くも普通。かわいらしさは別にない。ギャグアニメ?まぁ笑えなかったけど泣き所も特にないし、お情け程度の最終回付近のトラブルがあったくらい。
 観なくても損ではない。

投稿 : 2019/02/27
閲覧 : 22
サンキュー:

2

ネタバレ

Tom

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

だんだんロリコンに対する悪意を感じざるを得ずww

【2018.11.10 22:20】
それくらい、ロリコンが痛いキモイうざい感じで描かれてて。
いや、幼女かわいいって思うし共感するし、初潮のとことかもう爆笑したけど←、ちょっと行き過ぎな瞬間あるなとw
正直引く瞬間はある←
しかし、笑うww
OPEDそろそろ歌えそう。



【最終】
時間があきすぎて覚えてな…。

親の死を乗り越えたメイドが、幼い女の子がその経験を聞いて、それを力に変えて行く感じのところはよかった。
後は、幼女かわいいなってのと、メイドこわいなってのと。
うーん。うん。でも思ったより面白かった。

投稿 : 2019/02/27
閲覧 : 47
サンキュー:

2

プクミン

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

精神年齢の高いロリ

物語の中心となるのは、金髪ロリとマッチョメイド。
今現在放映中の『私に天使が舞い降りた』が好きな人は、このアニメも好きになれる率が高いと思います。

物語は、母親を亡くし引きこもってしまった日本語がとても流暢なロシア人の血を引く小学2年生の少女と、その少女の可愛らしさ愛らしさに見惚れてしまった元自衛官でゴリマッチョでストーカーの鴨居つばめが家政婦としてミーシャの家に来たところから始まる。

ミーシャのここが魅力!!
ただ可愛いだけなら、他アニメでも良くあるけど、この子はかなり口が悪い上、家政婦に対して嫌がらせをしようと色々頑張るところが素敵。
更に動物と会話が出来るという素敵能力を持っている。

そんなロリを眺めるアニメですが、それだけかと問われれば、まあ、ほぼそれだけです。
実際には他のキャラも出たりするのだけど、ミーシャ要素の多いアニメなので、どうしてもそこに意識が行っちゃうよね。

なので、可愛い毒舌ロリを見たいかどうかで、視聴の有無が決まると思います。

投稿 : 2019/02/23
閲覧 : 39
サンキュー:

5

ガムンダ

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

百合ロリギャグアニメ。 アウトをセーフにする設定もやっぱりアウト

仕事で忙しい継父と暮らす母親を亡くした少女と、
その世話をする為に雇われた元自衛官のメイドのギャグアニメです。
メイドは何故か少女にゾッコンで百合でロリと言う事になります。

少女は母を亡くして引きこもりがちになっていて、メイドを疎んじながらも徐々に元気を取り戻していくと言う割と王道の骨格の上でギャグを展開していきます。
最後の方はまあホント見事なまでに予想通りでた。

「初潮を過ぎた女に興味はない」とか、女に言わせる事でギリセーフにさせようとしてますが、よくよく考えればやっぱりアウトですわな。
PTA(意識高い親御様方)が騒ぎそうです。

私に対しては効果を発揮しそういう意味での嫌悪感はあまり感じませんでした。
ギャグはソコソコ面白かったす。

投稿 : 2019/02/22
閲覧 : 41
サンキュー:

9

ネタバレ

Yas

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2019/02/20
閲覧 : 22
サンキュー:

0

ネタバレ

すがさ

★★★☆☆ 2.8
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 2.5 キャラ : 1.5 状態:観終わった

うちのメイドがキモすぎる! ※酷評注意

{netabare}ウザいっていうか、キモかったんですよね…

{netabare}
完全なる偏見だけど、「幼女"尊い"」って姿勢が、なんか、"堕ちるところまで堕ちたヲタク女子"みたいな感じで、身体が受け付けなかった。

ミーシャちゃんの性格も、ちょっと可愛げがなさすぎるというか、大人に対してキツく当たりすぎじゃね?とか思ったり。

「チューン↓チューン↓チューン↓チューン↓」っていうホラー的なSEも悪くはないんだけど、
多用されすぎて、途中からウザく感じてしまった。


このアニメは、個々の性癖に合うかどうかで評価が大きく変わってくるのだと思います。
そして、私の目や耳とは相性が悪かったようです。{/netabare}{/netabare}

投稿 : 2019/02/11
閲覧 : 154
サンキュー:

18

ネタバレ

TaroTanaka

★★★★★ 4.5
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

素晴らしい。視聴者の性癖も試されるアニメ。シリアスも強度が高い。

ウザメイドのロリ性癖、
及びメイドの元女上官のドM性癖、
及び金髪幼女を愛でることを中心としたコメディ。
1話に5~10回くらい笑える箇所がある。

コメディメイン作品のシリアスは成功しないことが多いが、
本作最終話は成功していた。
{netabare}
母の死や病気等を絡めた事で
コメディにありがちな「ぬる」いシリアスになることを絶妙に回避した。
{/netabare}

ロリコンアニメのようだが、
実際にはメイドの筋肉に目が行く。
「筋肉+ストーカー+ロリコン+メイド+萌絵」
という属性過多キャラの新境地に
視聴者の性癖が試されるアニメ。

投稿 : 2019/02/09
閲覧 : 305
サンキュー:

14

あんにゃん♪

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

性癖開拓アニメ

元々ロリ好きだったかが、この作品でさらに生意気ロリも好きになった。
そして筋肉娘はドチャシコであることを改めて認識した。
筋肉はいいぞ〜

投稿 : 2019/02/03
閲覧 : 39
サンキュー:

3

阿波根梨穂

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

メイドがウザすぎるしキモすぎて少し残念とも言えよう

作画は全体的に安定していたが、細かいところで不安定だったり好みの問題もあった。

声優は演技の幅の広い有能なMAOさんやうまるちゃんのきりえの声優、だがしかしのさや師の声優が出てたのでまあまあよかったけどぉー
メイドがうざすぎたわ。さや師、こんな声も出せたのかぁよぉって驚いたし
またきりえの声優のとんでもないロリっぷりもすごかった。

物語はまあまあ
性癖のおかしい二人のおかげで新鮮味があるといっちゃあるんやけど
自分には少しきつかったわ。
ま、最後まで見れたけど。


おかしすぎる性癖の持ち主のおかげで

中途半端な評価にします。

声優さんと作画の努力に拍手を。

投稿 : 2019/01/26
閲覧 : 62
サンキュー:

5

小糸 優

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ロリコメディ!

何となく最後まで観てしまいました!
元自衛官のスーパーウーマンとロシア人美少女が織りなすラブコメ?ですかね!
百合を期待していたのですがコメディ色が強いです。
ED好きかも!

投稿 : 2019/01/25
閲覧 : 49
サンキュー:

7

ネタバレ

ごる

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

つばめの筋肉美…( ゚ε゚;)

元航空自衛官のメイドという設定ですが、ロリ好きの変態メイドです(^o^;)
そして、やたらマッチョww
まぁ、今までにない感覚のメイドアニメです(*´ー`*)
片目の眼帯は最後に語られますので(* ̄∇ ̄)ノ

投稿 : 2019/01/22
閲覧 : 36
サンキュー:

4

ネタバレ

ダレイオス

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

チョットづつだけど成長が丁寧に描けていたのは好感が持てました。

舞台は現代の日本で
求職活動中の右目の視力を失い眼帯をしている元航空自衛隊員28歳
大人の女性「つばめ」が
昔から気になっていたとある家を外から覗いていて
いると偶然、その家が家政婦募集をしている張り紙を見て
家政婦をやってみようと決意する開始だけど
動機が、そこに住んでいる小学2年生の少女「ミーシャ」が
見た目が可愛くて、自分がお世話したいという
不純な動機が理由という
毎回こういう展開になると言っちゃうのですが
申し訳ないがストーカー気質のある女性てことですよね。
少なくても最初は家政婦仕事がしたいというのは二の次なので・・・
まあこの女性がこの後、どうなるかがポイントかな・・・と思った。
個人的には子供の少女と元航空自衛隊員の大人の女性の組み合わせは
あまりないので面白そうな設定だとは思いました。

まず「ミーシャ」なんですがロシア人の血を引くみたいなので
見た目が日本人ぽくなくて髪の毛が白金と
可愛らしい外国人の子供て感じですね。
ただし、口調は乱暴でいたずら子で廊下に水を撒いて相手を滑らせたり
父親を困らせるという子供だから前の家政婦に逃げられて
困っていて元航空自衛隊員で体力のある「つばめ」を
家政婦として雇ったのは納得はいきました。
「ミーシャ」については実の母親を亡くして、今の日本人の父親とは血縁関係はなくて
小学2年生なので
いたずらについてはその年齢を考えれば子供らしいとは思うし
家庭環境を考えればこれも納得はいきました。

ストーリーはそこで「つばめ」が家政婦として働くことになったのだけど
「ミーシャ」がそれが嫌で最初は追い出そうとするもので
まあこれも登場人物が子供らしいストーリーだと思ました。
「つばめ」については動機は不純だけど
家政婦の仕事をきちんとして「ミーシャ」に対してのお世話も
ちゃんとしていて
最初は嫌われている「ミーシャ」の気を引こうと
色々頑張ってはいるという感じでした。
問題があるとすれば「ミーシャ」に過剰に愛情表現をしたり
彼女のことを好きだとアピールするという問題児てことですよね。
そしてそういうことをするから余計に避けられて
「つばめ」と「ミーシャ」の攻防がメインでした。

「つばめ」については家政婦としては仕事をこなし優秀なのはわかるのですが
ただやはり「つばめ」の行動が「ミーシャ」との婚姻届けを出そうと考えたり
2階を覗くために電柱に登ったり
「ミーシャ」が1回のトイレで使っているトイレットペーパーの長さを調べたり
大人なのに「ミーシャ」と仲良しになりたいがために小学生の恰好したり
近所の小学生の女の子にも興味がある素振りを見せたり行動が変態なので
チョット抵抗があるかなと思いました。
彼女の行動はチョット引っかかる。
この点は人を選ぶでしょう。
ただしこの変態な行動はひたむきな努力と元航空自衛隊員だったころの経験をいかした
ものだったりするので元航空自衛隊員がもし変態だったら、こうだろうな的な
発想の数々は独特で結構面白かったりしますし
大の大人が本気で馬鹿なことをするというのはギャグとして機能していたり
するので馬鹿らしさは笑えました。

「ミーシャ」は母親が亡くなって不登校になるのだけど
不登校な理由には母親が亡くなった以外でも一般的な日本人とは違う外見で
人とは違う目で見られるのが嫌で行かなくなったけど
そのことについては「つばめ」が最初は外見から入るのはしょうがないと
子供でもわかりやすい説得力のある説明で納得させていたので
「つばめ」は意外にまじめな所もあるな・・・と思いました。
子供のことは考えていたと思う。
そのことにより「ミーシャ」が内面を知ってもらう前に逃げていたと気付いて
内面を知ってもらおうと考えて学校に行くことになったり
学校に行って学校で起こったささいな問題を自分が解決して
学校のみんなに自分の外見以外の良さを知ってもらい
学校で友達が出来て仲良くなる展開も描けていて
チョットづつだけど成長は描けていましたね。
あと学校の友達と仲良くなる展開の中で「つばめ」が上手くいサポートしている
部分もあったり「つばめ」が子供のことをよく考えてあげてるな
と思えるアドバイスも多かったので、そういう部分は良かったです。
うーん、学校に行く気になって、学校に行って、学校で自分の良さを出して、
友達作って、友達を家に招待して、的確なアドバイスが出来る大人の存在と
過程が丁寧なのは好感が持てました。
あとギャグアニメで進める時とまじめな時の切り替えも出来ていたので
その点も良かった。

キャラについてはギャグアニメなので濃いキャラが多かったですね。
メガネ小学生、コギャル風な小学生、「つばめ」の元同僚の元上官で
彼女のことが好きなドMな女性「みどり」など
癖は強いのですが印象に残りやすかったし
1クールアニメとしては出てくるキャラは少ないですので
それぞれのキャラの掘り下げは出来ていましたので
どういうキャラなのかもよくわかりましたのでキャラの魅力は伝わりました。

ただし6話に出てきた「みどり」は「つばめ」と同じく少女好きの変態でもあり特に
罵られることに喜びを感じているドMなので嫌な人には嫌かもしれません。
しかも見ず知らずの小学生に話しかけたり
腕を触ったり正直警察にお世話になるだろうな・・・ぐらいの人なので
こういった部分を容認出来ないと苦しそう
そして「みどり」が来た6話からは内容的にはドタバタしているだけで思ったよりは
内容自体は薄かったです。あくまでも癖の強いキャラのドタバタでした。
人数が増えるとボケとツッコミを入れるキャラの組み合わせの
バリエーションが増えるのでその点は良かったのだけど
強引な展開にあったりチョット引っかかったりもしましたし
「みどり」は「つばめ」と変態な部分でキャラが被っている所があるので
そのせいでひたすら変態というマンネリ感も助長していたのもあって
ネタ切れ感もあったのもあり、あくまでもドタバタギャグで
そのまんま最後の付近まで行った感じで
5話ぐらいまでは「ミーシャ」が徐々に成長している感じが出ていて
楽しめたのですがその後は思ったよりは普通のギャグアニメでした。

ただ最後の展開はチョット唐突で強引かな・・・と思いましたが
終わってみると「ミーシャ」の成長は描けていたし
当初からの謎や伏線もまとめていて大団円で終わってましたので
終わり方はとても良かったです。
馬鹿なことを結構やってたアニメなのですが
綺麗に終わったな・・・としみじみと感じる終わり方だった・・・。

気になったことは「ミーシャ」は最初は性格は小学生低学年ぽかったけど
途中からは中学生ぐらいの性格になってましたね。
これも成長と言ってしまえばそれまでですがチョット気になった。

あと「つばめ」の体格の描写については
元々の職業柄、体がとてもマッチョで
肌を露出している時は筋肉の筋を丁寧に描いていて
服を着ていても盛りの感じから服の上からでもわかる
描写で描かれていてマッチョ設定のキャラはいても、ここまで
描くというのはないだろうという
こだわりで作画の丁寧さは好感が持てました。
「ミーシャ」は1話は凄く薄着で
ショートパンツにノースリーブの服て・・・
年齢を考えれば特定の団体から怒られそうなぐらい
な恰好していて腋や肌色の多い部分を遠慮しない
ぐらいサービスしていましたがその後は控えめでしたね。
1話で期待をした人には残念かもしれませんが
その後は小学生らしい可愛らしさが出ている作画で安心して見れる作画でした。
全体の作画については作画枚数が多かったのでコミカルな動きが
動きが良くてぬるぬる動く場面も面白くギャグアニメの演出は良く出来ていました。
中盤で作画がチョット崩れたのが気になったぐらい。

声優さんについては少女役、濃いキャラ役など
それぞれの特徴を上手く演じてないと苦しい作風に見えましたが
声質はそれぞれに合っていたし
子供らしかったり、普段はふざけているがまじめに語り掛ける時は
それが伝わる演技だったり、しっかりした演技でした。

まとめると5話ぐらいまでは小学生の少女「ミーシャ」と家政婦として
働くこととなった元航空自衛隊員の女性「つばめ」との
攻防は大の大人が馬鹿みたいなことを本気でするのが
ギャグになっていたりチョットづつ成長する「ミーシャ」を
非常に丁寧に描けていて楽しめました。
「つばめ」はふざけたりはしているけど
やる時は「ミーシャ」のいい相談相手になっていたし
アドバイスも子供のことをよく考えてるな・・・と感心することが多かったです。
ただ6話以降は内容が薄めのドタバタで思ったよりは普通のギャグアニメでした。
ただでさえ人を選ぶ濃いキャラ「つばめ」がいるのに
さらに濃いキャラが増えるので人を選ぶかな・・・と思った。
作風が合う人には6話以降もギャグアニメとして楽しめるでしょう。
最後は思ったよりも綺麗に終わってるのは良かったな

投稿 : 2019/01/21
閲覧 : 45
サンキュー:

8

ネタバレ

pister

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

観終わった

3話までの感想{netabare}
ギャグや日常系って感想が書きにくく、あんま感想書いてない感じだけどそこそこ見てます。
特にギャグは前期(2018の7~10月)面白いのが多く、その反動で今期は枯渇しちゃうかなーと危惧してたけど大丈夫だったみたい。

ミーシャ、これがTASさんですか。
つばめは目を患って退役って感じ?
親父は…本当に板前呼んだよ!常識人に見えて結構アレか?
前期“はねバド”のなぎさや“スタァライト”のバナナ等、ガタイのいい美少女が出てて(バナナは不本意か?)善き哉善き哉と思ってたら、うっわホンモノが来た。
こうなったらエンドカードに第六天魔王グレート先生来てくれないかな?“つぐもも”で田亀源五郎、“すのはら荘”で伊東ライフと来てるんだから問題なかろう。
ってか1話エンドカードが「うかみ」だしw
アニメスタッフが思い切り“ガヴリールドロップアウト”のまんまで、その流れで来たんじゃないかな。
ってか前期“ハッピーシュガーライフ”をやってたせいか、その印象を引っ張りながら見るとニヤニヤが止まらない。

って感じで楽しく見てますが、3話小ネタにちょいと突っ込んでみる。
ポストの中身見た後の親父との会話シーン、これ…ぷよぷよ通じゃね?似たの他にもあるかも知れんが、その後の例え話で出たパンダの持ってた筆箱、スゲー懐かしいんだけど。
今あるん?と思って調べてみたらあるらしい。
あんなん持ってたらクラスのヒーローだろー、今はどうか知らんが。
こういう細かいところにいちいちニヤリと来るのを仕込んどくのって結構手間だと思う、最近雑に作ったとしか思えないアニメも多いのでついホっとしてしまう。


余談・園芸ネタ
1話の手入れされなくなって荒れた花壇に最後までしつこく残って咲いてた花は…ハナニラかな?
チオノドクサっぽくも見えるけど、枝分かれしてないし多分ハナニラ、テコフィレアだったらこっちがビックリ。
ハナニラって日本中で雑草化してる植物で、つまりはめっちゃ強健。
荒れた花壇で最後までハナニラが残るってのはかなり正確で、これはスタッフに園芸やってる人が居る?もしくは実際荒れてた花壇を撮影した?
ただ残念なのは作中の季節が夏らしい、春なら完璧だった。{/netabare}

最終回までの感想{netabare}
他の感想でもよく書いてるけど、申し訳ないと思いつつ、別につまらないワケじゃないけど1話完結モノは視聴を途中で切ってしまう可能性が高いです、自分。
で、これもそれにハマって…何話だったかなぁ、途中で切ってしまいまして。
と思ったら昨日ニコ動で一挙放送がありまして、お陰で全部見ることが出来ました。
因みに切ったのはみどりんが出る前の段階で、友人からは「みどりんまでガマンできればなぁ」と言われてたので、それがどんなもんなのだかも確認することもできました。

とっとと総評言っちゃうと、「尊い…」に繋がる前の幼女同士の睦まじいシーン、それがどうにも定型的すぎるというか学年誌のマンガのような理路整然とし過ぎというか説明臭いというか…なんて言ったら良いか分からなくてもどかしいけど、なんかそんな感じ。
もっとガキらしい荒唐無稽さ、そうさなぁ“三ツ星カラーズ”の悪ガキ的行為に対しても「尊い…」と言えるくらいだったらガチっぽさが出たと思うんだが…。
ロリコンの理想のロリが理想過ぎってことなんかな?
どうもこの「作られた感」が邪魔をして作品世界に没頭することができなかった。
肝心のみどりんもこんなもんかって程度。
悪くはないんだけど、飛び抜けて面白いってこともありませんでした。

あそうそう、ニコ動一挙で見たので作監等見返せなかったけど、作画良い回と悪い回の差が激しいです。
作画に関してはプラマイゼロって感じかな。{/netabare}

投稿 : 2019/01/20
閲覧 : 77
サンキュー:

5

Lovesing

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

なんか見てた

めっちゃくちゃに面白いと言う感じはありませんが、見てて面白くないこともないです。
まぁキャラは個性あるし、暇な時に見る分にはいいかと

投稿 : 2019/01/17
閲覧 : 33
サンキュー:

4

朱猫

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ロリ可愛いよね

ツンデレロリご馳走さまでした(^q^)

投稿 : 2019/01/17
閲覧 : 35
サンキュー:

5

ネタバレ

菊門ミルク大臣

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ギャグでもあり諸々の説得力を生む筋肉

突き抜けたヘンタイ性とそこを除けば大人としてのまともな言動によりギャグとハートフルな部分が両立出来てて全話安定して面白かったです。
ヘンタイ拗らせたが故の諸問題への対処は今作ならではな部分ですね。
みどりん登場によりツバメのヘンタイ性が緩和された気もしましたが
ヘンタイ同士が互いのヘンタイ性に正論で突っ込んだりドン引きしたり、それはそれで新しい展開が繰り広げられてて飽きる事なく楽しめました。

投稿 : 2019/01/15
閲覧 : 29
サンキュー:

5

ネタバレ

K.S

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

面白かったです。

メイドって響きに惹かれて視聴

{netabare}
 筋肉隆々のメイドさんとロシア人とのハーフのミーシャちゃんの物語。
 ロシア女性って天使級に可愛いもんな・・・
 色んな説があるけど・・・ロシアのある地域は女性の比率が多くて・・・
 なんて話もあったような・・・
 でも・・・やっぱり女性は日本人が最も可愛い。間違いなく世界一です!
 ・・・って持論は置いといて・・・

 このメイドさん、女性じゃなかったら・・・
 イヤ・・・女性だとしても変態さんだ・・・
 同性に対してってロリっていうの?聞いた事がない・・・
 イヤ・・・ペドか?どっちにしても良く分からん・・・
 お嬢様汁は強烈だったな・・・
 抱っこしたいな・・・と思うけど、極論をいうと、猫や犬と変わらない
 感情なのは僕だけ?

 I can flyのクマゴローも可愛かった・・・

 凄く可愛いんだけどさ・・・
 小学2年生だっけ・・・こんなギャルっぽいの?今の子って・・・
 鬼ごっことか缶蹴りとかはしないの?
 
 と・・・じじいと現代っ子のジェネレーションギャップは置いといて・・・
 面白かったです。
 メイドラゴンの子供版というか・・・ちょっとテイストが似てる?
 これは主観なので他意はないです。
  
 でも・・・ラストは・・・
 そして右目の眼帯?の秘密は・・・
 ウルっときてしまいましたね・・・
 素敵でした。つばめさん!
 そして成長出来てよかったね!ミーシャちゃん!{/netabare}

投稿 : 2019/01/14
閲覧 : 32
サンキュー:

8

ゲリオ

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ロリコンに人権を

王道なギャグコメディだったけど最後まで楽しく視聴することができた。
それもこれも動画工房さんのクオリティの高い作画力による部分が大きいか。
途中まで作画に関しては満点を付けたいと思っていたが、何話か忘れたけど明確に崩れてしまった回があったので星4の評価に留めておく。
監督は"ゆるゆり"や"うまるちゃん"の方ということで、まさにこういう作品はお任せって感じの人だ。

主人公のミーシャちゃんは可愛らしいキャラデザのロリっ子ながら、小学二年にしてネトゲやったり言動も大人びていたり、リアリティのある幼女キャラではなかった。
その辺りはやっぱりコメディ作品であるが、別にリアリティを求めるような内容ではないので特に気にはならない。
もう一人の主人公、ウザメイドこと鴨居つばめ28歳。(28歳という年齢設定はここしかないギリギリなところ。若すぎてもシラケるし、かといって三十路はどうかと思うし…)
身体能力の高さや料理の腕前など一見すると完璧なメイドさん。…変態なこと以外は。
1話から「初潮を過ぎた女の子には興味ない」とか言ってる変態メイドに、正直言えばドン引きアニメの予感がしていたが、2話のネトゲ回で痛い目にあったのが面白くて視聴確定。

終盤のシリアス展開には賛否両論だが、この作品に関しては自分は肯定派。
ママが亡くなった事実がある以上、そこはどこかで触れなければならないテーマだったと思うからね。
入ってはいけない部屋に関しても初回から何度も伏線入れてたし。
ま-、ギャグアニメはギャグアニメのまま楽しく終わってほしいという人の意見も分かるけれど。

なんか同クールに話題作が多かったせいか埋もれてしまった感はあるが自分は好きなアニメでした。
ただこういった作品は波に乗れないと話題にならない傾向があるのは無念。
原作漫画自体マイナー月刊誌で連載中の作品なので仕方がないのかな。
そんな作品にも手を抜かずクオリティの高いアニメに仕上げる動画工房さんには頭が下がる思い。
ま、"アニマエール"の方は途中で切っちゃったんですけれど…w

投稿 : 2019/01/13
閲覧 : 31
サンキュー:

6

月宮

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 1.0 状態:観終わった

うちのメイドがウザすぎる人がダメな人非推奨

自分の個人的な意見なんですけど、正直どのキャラもウザいと思いましたw

しかも内容はハートフルコメディかと思ったら引き笑いになってしまうほど、あまり面白くない微妙なギャグが多く、「コレジャナイ感……」って感じで見てました。

だからミーシャちゃんが可愛いっていうのと、自分の想像してる終わり方がこのアニメの終わり方とどれだけマッチするか、ただそれだけを頼りに惰性で見てました。
最後綺麗な纏め方をしていたので「あぁ、この話をするための11話だったんだな」って感動出来たので素直にシナリオは良かったんじゃないかなって思いました。

ただちょっとその設定は無理があるんじゃ……?って思う要素が目立ってしまったのは否めないからキャラの評価は辛めにしました。

投稿 : 2019/01/11
閲覧 : 50
サンキュー:

5

オリヴィエ

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

大人よ大人になれ

ミーシャがとりあえず可愛い。
前半はミーシャとメイドのやり取りだけで進んで行く。
しかし、中盤からみどりんが加わってからが本番!
みどりんがいいキャラ過ぎて非常においしい。
弄ってよし、放置してよし、オチにしてもよしとなんでもできる万能キャラ!
ラストはシリアス突入から解決までみどりん頼み!もうすげぇみどりんだけでいいんじゃないかな。
他にもミーシャのクラスメイトのわしわしと森川さんもいいアクセントになっていて飽きがこないで見続けられました。
みどりん可愛いよみどりんヾ(。・ω・)ノ

投稿 : 2019/01/10
閲覧 : 66
サンキュー:

17

sekimayori

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

深層外旋六筋

母を亡くして引きこもる少女ミーシャの家にやってきたのは、幼女に目がないハイスペック変態メイド(28歳・女性、登場BGMはホラーゲー並)だった…
ロリとロリコンの熾烈な闘争の日々を描く、味付け濃いめの変態コメディ。


単純によく動く作画が好きだったのと、途中から出てきたキャラ(みどりん)がかわいくて観ていただけなので、それ以外特に感想は無いけれども。
変態を変態で対消滅させるようなキャラ配置は、とち狂ってて好きでした。
変態キャラが相手の変態性にツッコむたび、視聴者の内に生起される「お前が言うな」の感情の大波は、きっとあれをアウフヘーベンって言うんだなって。
違うか。

ツッコミ役のミーシャも、決して単に変態の処理に苦労する常識人じゃないのがいい。
理由があるとはいえ、ニート気質なクズ味を抱えてる。
そんな少女が変態共と交流を深める中で、愛とか情とかツッコミとかツッコミを学ぶという、地味な成長物語にもなっていました。
(脱線するけど、ツッコミに関連して、原作者のワードセンスまじで好き。
「出たな!世界中の女のロリコンを煮詰めた妖怪!」とか、そのまますぎるのに絶対思いつかないワードだと思う。
「ロリコン女」じゃなくて「女のロリコン」ってあたり、最の高)。
ダメな奴が、社会一般の基準から外れてるけど芯は通っている人たちの間で、人間普遍の価値を教わってゆく。
思えば、昔からそういう物語が好きだった気がします。
つばめやみどりんが人として芯が通っているかは甚だ疑問ですけど。
変態性の背後に時折垣間見える大人の顔は、そう錯覚させてくれるくらい魅力的なギャップだということで!
……ほんとか?

あと再度、みどりんがかわいい。
環境に恵まれてることに息苦しさを覚えるレベルのドMとか、どこで人生のボタン掛け違えたんだろうね…
あの生きづらそうな感じ、妙なリアリティを覚えます。
本人が楽しそうなのもほほえましいしつらい。
人並みの幸せを手に入れたみどりんのスピンオフとかあったらコレジャナイのに号泣する自信ある。
ままならんよなあ人生。

年明け一発目にこんなロリコンアニメで何語ってんだろ俺。
ちなみにレビュータイトルに意味はありませんが、筋肉の名前ってかっこいいよね(てけさんに教えて頂きました)。
最後に作画的な話で、大胆にキビキビと、センス良くキャラクターを動かされると、それだけで楽しくなります(中盤少し崩れたけど)。
OP最後のミーシャとか、机の前であたふたするミーシャとか、階段駆け下りるミーシャとか。
なんか幼女のシーンばかりですけど、これは私自身の問題じゃなく、動画工房にいる(いろんな意味で絶対マジモンの)変態作画マンのせいですから。
身の潔白を主張します。

ごめんなさい赦して


62点

投稿 : 2019/01/09
閲覧 : 76
サンキュー:

19

ひき

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

みどりんがお気に入りです

元航空自衛隊の鴨居つばめは大のロリコン。
たまたま見かけたロシアの血を引くミーシャと出会い虜に。
母を亡くしたミーシャのうちのメイドとして働くこととなるが、
ミーシャ一筋でストーカーのように追いかけ回すつばめと、
そのつばめを徹底的に拒否するミーシャのドタバタコメディ。

前半ひたすら追いかけ回すつばめに、
リアル変態のキワモノアニメ感も感じてちょっと引き気味だったが、
みどりんの出現あたりから、物語の展開に幅が出てきたのと、
みどりんのドMキャラにすっかりハマってしまい、
最後まで楽しく視聴してしまった。

そして後半、ただの変態ではないつばめの真剣なミーシャへの思いが、
母を亡くしたミーシャに寂しさを忘れさせるとともに、
徐々に信頼を得ていく過程、さらにミーシャ自身も成長していく過程が
ただの変態アニメから、気持ちがほっこりとなるハートフルコメディへと
変化していった。

終わってみれば良い作品、だったかな。

投稿 : 2019/01/08
閲覧 : 37
サンキュー:

8

あぁ流川

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトルなし

ゆるいなあ
こんなアニメ今季多いぞ

みどころが見つからない
コントの連続、ゆるいままで終了、お疲れ。

投稿 : 2019/01/07
閲覧 : 38
サンキュー:

3

ネタバレ

MuraBustan

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

笑える

濃いキャラ爆発で面白かった。時々絵が突然雑なのは愛嬌か。

投稿 : 2019/01/06
閲覧 : 30
サンキュー:

6

ISSA

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

うちの家政婦ウザすぎる!

出版社:月刊アクション
原作:中村メイコ
制作会社:動画工房

小学生2年生、高梨ミーシャと元航空自衛官で家政婦の鴨居つばめのコメディ、つばめの幼女好き過ぎが笑えます。

作画はさすがの動画工房、同時期のアニマエール!と格差付けすぎ。

ちょっと心配なのは一本調子なので飽きそうな予感も…。
いい話入れるとか、新キャラや笑いのバリエーション増やすとか変化欲しいかも。


視聴完了
飽きるかなと思っていましたが、意外と最後まで楽しく見れました。

ダブル主人公の小学生ミーシャちゃんと鴨居つばめのキャラが上手く立たせたので、笑いと作画の良さと相まって良作だったと。

今期の秋アニメ全体的にレベル高いので目立たないかな。

高梨ミーシャちゃん役の白石晴香さん、ゴールデンカムイのアシリパ役もしてたし、19年はブレイクしそうな予感。

投稿 : 2019/01/06
閲覧 : 104
サンキュー:

22

josui

★★★☆☆ 2.6
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

これじゃない感の塊。 いわゆる芋アニメ。

全体的に洗練さがなくて古臭い。というより腐卵臭がします。
ファッションとかも一々微妙なんですよね。
良い所を挙げるなら、みどりんですかね。
彼女の登場で陳腐から古臭いになりました。

ミーシャがただの突っ込みマシーンなんで、
そこを改良すれば、多少よくなるかも。
まぁ、そもそも小学生組が酷いから、度し難いかも。

投稿 : 2019/01/06
閲覧 : 108
サンキュー:

4

scandalsho

★★★★★ 4.6
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ただの変態アニメ、ロリアニメと侮ることなかれ!

原作未読。最終話まで視聴。

美少女小学生のミーシャ。
幼女好き家政婦のつばめ。

この2人中心に描かれるドタバタコメディ。

元航空自衛官ならではの(?)体力をいかして、変態行為に及ぶつばめと、それを頑なに拒み続けるミーシャ。
序盤~中盤はこれだけど充分面白かったです。

だけど、これだけだと同じことの繰り返しで、どうしても食傷気味になっちゃう。
そんな頃合いに登場する脇役が、効果的に作品を盛り上げてくれます。

つばめの元上官でドMのみどり。
ミーシャの同級生のわしわしと森川。

そして感動的な最終回。

この作品は変態ロリアニメと思われがちですが、実はミーシャの成長を描く作品。
笑いも感動も、かなりクオリティが高い作品だと思います。

投稿 : 2019/01/06
閲覧 : 198
サンキュー:

36

次の30件を表示

うちのメイドがウザすぎる!のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
うちのメイドがウザすぎる!のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ページの先頭へ