「詩季織々(アニメ映画)」

総合得点
67.8
感想・評価
39
棚に入れた
211
ランキング
1392
★★★★☆ 3.6 (39)
物語
3.5
作画
4.0
声優
3.6
音楽
3.5
キャラ
3.5
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

詩季織々の感想・評価はどうでしたか?

緑のラン さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7
物語 : 2.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

新海誠のリスペクトとオマージュ

中国のハオライナーズと新海誠の映画製作してるCWFの共同制作映画。
監督のリハオリンが新海誠の大ファンで、どうしてもCWFと組んで作りたかったらしい。
その為、見事に全てが新海誠のリスペクトとオマージュに溢れている。

3つのストーリーで構成されたオムニバス。食を中心に一人の青年の成長とノスタルジーを描いた陽だまりの朝食。一人の女の子の都会での生活の中の挫折と挑戦を描いた小さなファッションショー。一人の青年と幼馴染、一人暮らしをする時に見つけた過去のカセットテープに秘められた言葉。そこからつむがれる彼らの過去と後悔を描いた上海恋。この3作品。

傑作でも無いし駄作でも無い、ほどほどの作品。けれど過去に見たどの中国アニメや映画よりも一番よい出来だった。上っ面の中国では無い普通の中国の感性に溢れていたし彼らの置かれた状況や社会変化や心情などがちょっと解った気になった。彼らの10年が日本の30年ぐらいの凝縮だと言う事。地方の生活と進学による大きな変化、別れ、そして都会と地方との分断、そこで失われ忘れられた物。そしてどこの世界でも同じく成長とは取り返しのつかない失敗と言う経験であるってこと。

新海誠のような陰影の印象的な絵、モノローグによる心情描写。景色や身近な物などによる共感やノスタルジー。必死に新海誠を模倣しているのが良くわかる。しかし、新海誠ほどの完璧さは無かった。それでも、これによって表現規制の多い中国でも、情緒的な内面描写という表現手法が定着すれば、表現の可能性を広げるかもしれないなと思った。もし彼らがこの作品を受け入れるならばね。

投稿 : 2019/07/03
閲覧 : 32
サンキュー:

0

shino73 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

夏の思い出

コミックスウェーブが描く美麗な風景と、
3つの短編が織りなす珠玉の青春アンソロジー。

自分と世界との関係を知ることは難しい。
世界は絶えず動いている。
何かにずれを感じて立ち止まろうものなら、
もう流れにはついていけない。
僕たちは自分の居場所さえわからないのだ。

初恋の終わりはあっけないもので、
何も言葉を持たず何も出来ずに終わる。
彼は冷たい街が無表情にさせるという。
心の何かが損なわれてしまったのだろう。
彼が失くしたものは何だ?

変わらないものと変わっていくものがある。
ここでは陽だまりの朝食であり、
初めて芽生えた淡い恋心の思い出だ。
急速に色褪せていく記憶の中で、
背中にそっと手を置いてくれる優しいもの。
確かに変わらないものがある。
それは季節を巡り、時を越えて、
僕たちの背中を後押ししてくれるのだろう。

希望を持ち歩いていくしかないのだ。
人生とはそういうことだろう。

投稿 : 2019/06/27
閲覧 : 429
サンキュー:

44

ぺー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

新海インスパイア系の海外第一号店

2019.01.14記


日中合同のアニメ映画(配信はNetflix)


詩季織々・・・“しきおりおり”と読みます。
キャッチさんのご推薦もあり鑑賞の機会に与りました。観たのは昨年です。

3つの短編。合計74分。さくっと観れるサイズなのでお気軽にどうぞ。
 1.陽だまりの朝食
 2.小さなファッションショー
 3.上海恋


■コミックス・ウェーブ・フィルム
言わずと知れた『君の名は。』『秒速5センチメートル』『言の葉の庭』を手掛けた製作会社さんが中国の製作会社と合同で制作にあたってます。
「陽だまりの朝食」と「上海恋」をChineseの監督さんが担当してたりします。よっぽど新海誠が好きなんでしょうね。モノローグの多用、内向的な男、時間軸を利用したストーリー構成と静謐さを湛えた演出などなど、新海誠作品をところどころ彷彿させるところがあって、同監督作品が好きな方でしたらチェックしておいてよい作品なんじゃないかと思います。
むしろ舞台を中国に移し、彼らの日常を切り取ったほどよく切なさを感じさせる物語はどれもきらりと光るものがあります。
お国柄、劣化コピーだろ?とか抗日映画のイメージしかないぜ!といった先入観は不要です。プロパガンダ映画でもないのでご安心ください。普通のアニメです。


■“面子”と“同族愛”と“ゴーイングマイウェイ”
とはいえ、登場人物それぞれところどころChineseっぽいところがあって、そこは比較文化の点で興味深いところでした。
そこは話聞けよ!(ゴーイングマイウェイ)とか、そこは素直になんなよ!(面子)とか、そこまでしてやるんかねぇ(同族愛)とか、お国柄を反映した表現も見どころの一つです。
こう書くと突っ込みどころ満載のように聞こえるかもですが、意外と違和感なくて不思議と物語に溶け込んでいますのでむしろ気づかないかもしれません。


■中国の高度成長
土地計画で変わりゆく街並み。農村と都市部の対比。価値観の逆転。
人民にとっても激動であったろうここ20年の変化は日本の比ではありません。その変化といった部分がストーリーの背景になってたり、さりげなく挿入されてたりと、これは現代日本では描けない物語でもありました。
劣化コピーではないよ、といえる理由でもあります。


新海テイストを盛り込みつつも独自の演出が光るお奨めの一品です。


■オマケ
寿美菜子さんが出演されてます。
寿さんと言えば、特別な存在であったユーフォニアム吹きの先輩役だったり、特別である自分に縛られた生徒会長役だったりと、私の少ない視聴遍歴のなかでも“特別”がつきまとう声優さんです。
本作では2.小さなファッションショーでの出演。案の定、“特別”につきまとわれていたなぁと思いだしたのが、レビュー執筆のそういえばきっかけでした。
姉妹の姉役での出演。妹はこちら『ゴールデンカムイ』のアシりパ役を好演されてた白石晴香さんの抑え気味の演技もなかなかだったりします。


-----
2019.04.27追記
《配点を修正》

投稿 : 2019/04/27
閲覧 : 392
サンキュー:

32

ドリア戦記 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

過去の再現

新海監督に影響を受けた中国クリエイターによって
日中共同制作された作品。
制作会社のコミックス・ウェーブ・フィルムは新海監督の所属会社であり
従って本作も極めて新海風に近い作風になっている。
1本15分程度のショートアニメ3本からなる映画で
現代中国に生きる若者を描いている。

詳しめの全体レビューは他にありますので、
私は気になった1話の『陽だまりの朝食』について書こうかと。
実はこの作品はあまり新海的ではないんですよね。
モノローグが多いところは似ているけど、
明らかに監督独自の個性が出ている。
それが面白い。

近代化が急激に進んで町の風景が一変した今の中国。
そんなせわしなく、身に馴染んだものが
次々に消えていく時代に生きる青年が
記憶の中にある過去の感覚を
去っていった人々を思い出しながら懐かしむ。
その感覚をアニメという媒体で鮮明に描きだそうと挑戦している。

懐かしい町の風景、木が風に靡く様子、
風や土の香り、行き交う町の人々の足音。
今の中国の街の風景と記憶の中にある
かつての中国の風景を頻繁に行き来しながら、
両者の違いを比べ、相違点を生き生きと描き出す。
事物の順序や時間は明確に意識され、
この監督の中で「時間」の流れが大きな意味を持つのがわかる。
当たり前かもしれませんが、
時間の流れや変化を意識するのがとりわけ下手な人もいるのですよ。


中でもより熱心に描かれるのが、食の記憶。
かつて味わった故郷の街の素朴な食堂のビーフンの味、
出来立ての香り、麺の食感、立ち上る香ばしい湯気
アニメで食の現実感を再現するのは難しいし、高度な技術が必要な為、
やや技術が付いていけていない感があるけれど
何を伝えたかったかはよくわかる。
「記憶の再現」だ。

身体的な感覚機能が鋭い人特有の感性で
やりかけの仕事や趣味で頭がいっぱい、
身体の感覚はいつも後回しで鈍く、味オンチの私にはない視点が面白い。
また過去を美化することで、かつての感情的な陶酔を呼び覚まし、
反芻しようとする新海さんとも大きく違う。

食の旅行記が好きな人なんかは面白いんじゃないだろうか。
アニメで「感覚」を再現しようとするとこうなるんだなあと
色々考えさせられた作品でした。

現代中国ということで日本の視聴者は
第三者視点で見る必要はあるでしょうけど
あまり主張がなくて比較的見やすいです。
グローバリズムで各国の都市の風景に
あまり違いがなくなり均質化した中、
今を生きる若者という点で大きな共通点があるからでしょうね。

投稿 : 2019/04/14
閲覧 : 54
サンキュー:

4

ネタバレ

デルグ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 1.5 作画 : 5.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

最終話の演出

ネットフリックスで視聴。

新海風全開の短編3本ですが、
段々と物語の面白味は増していきます。

正直、ドラマチックに感動的な流れに向かう、
既視感、ご都合主義演出のオンパレードなので

現実に近い世界を描いている筈なのに、
常に嘘っぽさが付きまとうのは
視聴してきつかったです。

最終話は結構好みだったんですが、
{netabare} ラストの解釈を視聴者に委ねず
答えを出してしまった事だけは肩透かしを
喰らった気分です。
冒頭で結論は出ているのですが、

自分としては学生時代に恋した女性なんて
忘れて、新たな巡り合わせで人は生きている。
みたいな流れの方がしっくり来てしまうので…。
{/netabare}

1時間10分ほどで終わるので、中国に旅行で行っても
余り観る機会は無いかもしれない、
田舎町や通学の風景等は興味深かったので
ネットフリックス会員なら見て損は無いかと。

投稿 : 2019/04/13
閲覧 : 70
サンキュー:

7

えたんだーる さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

いち、にの、しゃんはい!(…って、ダジャレかよ!)

(しーん…。)

と、では気を取り直して。中国の主要都市(北京/広州/上海)あるいはそこに住む主人公の出身地が舞台の3つのストーリー(陽だまりの朝食/小さなファッションショー/上海恋)がまとまった、オムニバス形式の日中合作劇場版アニメ作品です。

ブラジルから帰国する際に、飛行機で観られる映画のラインナップにこれが入ってました。なんとラッキーな(笑)。

なお、声優の評価は日本語版のものです。中国語版の評価を付けられるほど中国語は知らんし中国語版は観とらん(笑)。

『陽だまりの朝食』は地方出身者(湖南省)で北京で働くシャオミンが主人公。子供の頃から好きだった三鮮米粉(さんせんびーふん)やそれを出していたお店にまつわる思い出を振り返るお話です。

『小さなファッションショー』は広州に一緒に住む姉妹が主人公。姉のイリンはファッションモデル、妹のルルは服飾の勉強をしている学生です。ストーリーは詳しく書きませんけど、トップモデルで有り続けるのは大変なんですねぇ。

『上海恋』は思春期のちょっとしたすれ違いから道を違えてしまう幼馴染(リモ/シャオユ)の淡い恋のストーリー。物語の背景として再開発が進み、あるいは取り残される地域もある上海の市街の様子も描かれます。

中国人の監督作品もあるのですが日本人が美術監督や作画監督をやっていたり劇場版ということもあってちゃんと作画のリソースがつぎ込めているのか、作画的な違和感は感じませんでした。

何も考えないで評価付けたら、意外と高得点。ちゃんと面白かったし、普通に劇場に掛けて良い作品だったと思いますよ。いや、私は飛行機で観たのでお金払ってませんけど(笑)。

クレジットの後の「特別映像」の舞台はたぶん上海浦東国際空港ですかね。よう、知らんけど。

投稿 : 2018/10/31
閲覧 : 266
サンキュー:

30

Yajue さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

人を選ぶ

オムニバス形式3本立てのアニメ映画。
ストーリーも簡潔でそれぞれ別の方向性を持つ。
確かに新海を意識したと思われる点もあるが世界的には結構ありふれた手法だと思うので思ったほど気にはならない。
それぞれに衣食住を重ねたようなテーマで生活に密着した感慨深さを視聴者に与える。
1編目、2編目、3編目と段々内容が長くなる傾向にある。(1編目が最も短く3編目が最も長い。)
舞台が中国なので共感できないのでは、と懸念するかも知れないが見てみるとさほど日本と変わらない(寂れた田舎、栄える都会、激しい受験戦争)環境のためほぼ鑑賞に至っては問題無い。
情緒的な感性が豊かだとより楽しめる作品だと思う。

投稿 : 2018/09/24
閲覧 : 76
サンキュー:

4

Ka-ZZ(★) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

3つの短編が織りなす珠玉の青春アンソロジー

この作品は日中合同アニメ映画です。
2018年8月から日本、中国、シンガポールを除く全世界でNetflixが独占配信しているそうです。
かく言う私もNetflixで視聴しましたけれど。

視聴後にレビューを書くためwikiをチラ見して知ったのですが、本作品の総監督であるリ・ハオリン氏は、新海監督作品である『秒速5センチメートル』を鑑賞して感銘を受けて、同作の制作会社であるコミックス・ウェーブ・フィルムにオファーしたそうです(wikiより)。
でも中々スケジュールの都合が合わず、「君の名は。」の完成後から制作に着手したんだそうです。

新海監督の作品に感銘を受けるのは理解できます。
あの圧倒的な作画…見惚れちゃいますよね。
もちろん、この作品でも圧倒的な作画を堪能することができます。

この作品のもう一つの特徴は、描かれているテーマだと思います。
中国の作品って、「実は凄い血族の末裔だった」とか「とある危機に超人的な力に目覚めた」という感じの作品が多い中、この作品が取り扱っているのは生活の基盤そのもの…
そのため物語の激しい抑揚はありませんが、しっかりとテーマの伝わってくるのが感じられます。

そんな珠玉の物語が全部で3つ…
「陽だまりの朝食」
「小さなファッションショー」
「上海恋」

「陽だまりの朝食」は、一人の青年の成長の物語…
彼は朝食にビーフンを食べるのが習慣になっているのですが、温かいビーフンと都会の冷たさのギャップがどうにも埋まらなくて…
幼い頃、祖母と食べたビーフンはもっと美味しかったのに…
土地柄でビーフンの味や具材に違いを感じながら昔を懐かしむ…そんな感じの物語です。

「小さなファッションショー」は、ファッションモデルの姉と服飾専門学校に通う姉妹の物語…
幼い頃に両親を亡くしてから、実質的に姉が生活と妹を支えてきました。
でもずっと姉に頼ってばかりもいられません。
ファッションモデルという仕事は水物で、すぐに時代から淘汰されてしまう職業です。
でもそんな頑張りをちゃんと見てくれている人がいて…そんな感じの物語です。

「上海恋」はタイトル通り淡い恋の物語…
幼馴染に対していだく淡い気持ち…中々言葉に出せない気持ち…
でも言葉にしなくても、お互いがお互いの気持ちに気付いている…
そんな関係がずっと続くと思っていました。
けれど、成長に伴い必ず訪れる進学という選択…
あと一歩踏み出していれば、状況は劇的に変わっていたと思います。
その一歩を踏み出すことができなかった…そういう後悔の気持ちって誰にでもあると思います。
すれ違う時間と気持ち…
でも彼らに用意されていたのはそんな陳腐な結末なんかではありませんでした。
3本の中で一番好きだった物語です。

上映時間74分の作品です。
ハオライナーズの作品ですが、深夜に放送されているハオライナーズ枠とは
一線を画した作品だと思います。
目線を上げて、前を向いて歩いていく…そんな人の背中を優しく押してくれる作品だと思いました。

投稿 : 2018/09/16
閲覧 : 102
サンキュー:

15

ひつまぶし さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

彼らのその後が気になる

中国を舞台とする3つの短編集
どれも物語のその後がどうなるのか想像を誘う引き方
絵も綺麗で素晴らしかった
エンドロールをみたら意外と日本人スタッフがほとんどでびっくり

投稿 : 2018/08/21
閲覧 : 67
サンキュー:

9

むらさきたましい さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

等身大の物語でした。面白いです

「君の名は」の製作スタッフによる中国を舞台とした3篇のショートストーリーです。

正直、期待以上でした。

ビーフンの飛び跳ねる汁に作画の凄さを感じ、しっかりしているようで脆い姉と、頼りなさげに見えるけれど姉の背中を押すことのできる妹の物語にしみじみすことができました。

そして白眉は3作目の中国版「月がきれい」の「上海恋」
中学時代の若さゆえの強がりが招くすれ違いの結果は。。

カセットテープの形をしたパンフレットに解説があった小雨のメッセージは、涙物です。

投稿 : 2018/08/21
閲覧 : 207
サンキュー:

20

aqua さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 5.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

1300円の映像美

新海作品は全て見ているほど好きなので、同タイプの映像美を見ているだけでお腹いっぱいです笑

三作の短編からなるこの作品は、全て異なるテーマ性を持たせつつも、シンプルにまとめている青春の物語。

正直短編という物自体あまり好みではなく、今回も某氏の絶賛コメントを拝見し、行ってみた次第です。

しかし行って本当に良かった。
映像美だけでなく、シンプルな脚本、そして時間の短さ。
その短所ともとれる部分が、観客の受けとり方を様々なものにさせる余白となる。

個人的に少し物足りなさを感じるとともに、この三篇の描かれないその後に思いを馳せるという体験を出来、高い満足感を得られた。

アニメ映画をよく見に行かれる方にはお勧めしたい作品です。

投稿 : 2018/08/15
閲覧 : 78
サンキュー:

9

褐色の猪 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

新海作品好きな方にお勧め

帯に短し襷に丁度、

映画上映するなら普通の長編にすればいいのにと思ったが、3話の内どれを大幹にと謂われれば3話とも非常に浅く短編止まりの小木という印象、それでも2話目はちょっとましかとも考えたが然りとてこれ以上膨らませられるかといえば難しい。3話目はもうそのまんま、新海ファン向けかな,。

基本的に丁寧な作画ではあるのですが中国動画陣の元来持つエネルギッシュな部分を削ぎ、捻り無く上品に纏めたという印象。

どの話もまるでラジオドラマの如く説明台詞が延々続き辟易、所謂有声漫画という風情でしょうか。

新海氏の作品いづれかでも星4評価以上が有る方なら気に入るんじゃないでしょうか。星3.5以下評価しか無い方だと厳しいかもしれません。

投稿 : 2018/08/11
閲覧 : 90
サンキュー:

11

アニメ好き猫 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観たい

タイトルなし

前情報を限りなくシャットアウトして見に行きます。

じわじわと面白い映画です。

ファンタジーの一切ない群像劇ですので
物足りないと感じるかもしれません。

自分の身近に中国に行ったり、
中国から来たりしていた友人がいたので、
中国の価値観や故郷のイメージを知る参考になりました。

これからの中国アニメを形作るアニメになるといいと思います。

ぶっちゃけた評価をすれば、
秒速五センチメートルの中国版です。

投稿 : 2018/08/10
閲覧 : 82
サンキュー:

5

ネタバレ

根越 詠汰 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ビーフン、モデル、恋ばな

  台風接近のさなか、近くの映画館で何となく見てきたです。まるで、NHKに放送されるような感じのアニメだったです。
 渋いというのか?出てくる舞台、キャラが、日本でないことはすぐにわかる中国が舞台です。3話のオムニバス形式だったです。
 最初見たときは、しんみりする様な印象です。3話の内、2話が思い出話です。

 一話目、青年の回想は、テンションが低くこれから死んでいくような人間を思い浮かべるような感じだったです。
{netabare} 殆どビーフンばかりが出て来て、ビーフンの味を忘れかけただとか、あの時のビーフンの味が忘れられないだとか、このビーフンはどうとか解説が印象的です。ビーフンを通して思い出と別れを描いていたと思ったです。

 二話目、自信に満ちたお姉さんのプライドの高さと、努力の果ての挫折だったです。妹や友人の助けもあって、原点の立ち戻りで輝きを戻すといった感じだったです。

 三話目は、幼馴染の恋の行き違いを青年が大人になってから、初めて気づくというありがちのような、お話だったです。今時珍しいカセットテープがキーワードで、{/netabare}最後はめでたしなのかなぁです。

 最後の最後、偶然にしては業とらしい光景は、締めくくりには良いのかもしれないです。
 外国のドラマに例えると、韓国ドラマを思い浮かべるような展開のアニメだったです。ある意味、面白いかもしれないです。

投稿 : 2018/08/09
閲覧 : 82
サンキュー:

12

けみかけ さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

全然観に来てる人が少なくて嘆かわしい!!!これは正しく2010年代版『秒速』ですよ!!!

新海誠監督の制作拠点としてもお馴染みのコミックスウェーブフィルムの新作
新海作品に強い影響を受けた新世代スタッフを中心に、中国のハオライナーズが「中国の都市を舞台に、中国の衣・食・住・行(行は交通)といった文化をテーマにした『秒速』みたいなのを作りたい!」と実に10年も前に持ちかけた話がキッカケとなった短篇3部作です




~陽だまりの朝食~
雨の降る北京を足早に行く男性、シャオミン
彼は喧騒とした都会の朝の中で、ふと故郷の朝の思い出を蘇らす
幼少期の好物であった三鮮米粉(さんせんビーフン)を祖母と食べた日々
そして淡い青春の日の隣にも三鮮米粉はあった
いま彼の目の前にあるのは、チェーン店で量産された米粉だ
もう思い出の味を口にすることは無いのか…そう思った矢先、1本の電話が入る…


~小さなファションショー~
中国第3の都市、広州は世界中のアパレルメーカーが拠点を置く現代のシルクロード
そんな広州で一流ファッションモデルとして働く女性、イリンは服飾の専門学校に通う実の妹のルルと二人暮らしをしていた
順風満帆かに見えたイリンの人生だったが、モデルとしての人気にも陰りが見えてきたことに焦りを感じ、自分を追い込んでしまう
やがてやるせなさの矛先は妹のルルに向けられ、イリンとルルは喧嘩してしまう
仲直りのキッカケを掴めぬまま、イリンはモデル引退をマネージャーに切り出すのだが、マネージャーからは1枚のメモが託される…


~上海恋~
90年代、上海の石庫門(せきこもん)と呼ばれるポピュラーな集合住宅で青春を過ごしたリモ、シャオユ、パンの3人
リモ青年は建築設計士となって上海に戻ってきたが、仕事は上手くいかず憤りを感じていた
そんな最中、男友達パンが引越しを手伝ってくれていると1本のカセットテープが発見される
それは淡い想いを抱いた幼馴染、シャオユとの交換メッセージを送りあったテープだった…
なぜリモはテープをシャオユに返さなかったのか?
なぜリモとシャオユは離れ離れにならなければいけなかったのか?
全てを思い出す為に、リモはテープを再生出来るラジカセを探し始める




まず率直に今作、『秒速5センチメートル』『言の葉の庭』『君の名は。』といった新海作品が好きな人に是非観ていただきたいです


美麗な美術や作画は言うまでもありませんが、今作が描いているのはSFでもファンタジーでも無く、中国の等身大の日常です

中学校の制服がジャージだ、とか
蕎麦でも饂飩でもなく米粉が朝食だ、とか
日本で言うところの団地や長屋に相当する石庫門の作り、とか
色んなものが“あの『君の名は。』クオリティ”で丁寧に描かれつつも、オイラの様な日本人にはとても新鮮な光景に映るんです


ところが今作のストーリーの根幹で、“国や文化の違いがあっても人の青春は新海作品で描かれているモノと同じなんだ”という新海作品との共通点に辿り着くんです


新海作品と違うアプローチをしながらも、新海作品と同じ着地点に辿り着く
こんなに美しく、斬新で、面白い映画は今までにありませんでしたよ
文字通り、10年前では思いつかなかったであろう、2010年代版『秒速』ですねこりゃ


にも関わらず、プロモーションが上手くないのか東京都でも封切り時の公開館数は僅か5館
大作サマームービー真っ盛りの季節ということもあって、上映回数も来客数もまばら…


おかしい!
こんなに新鮮な作品を、今観ないで何時観るのか!?
けみかけは『詩季織々』を応援していきたいと思います
鑑賞料金は一律1300円の特別興行でお得
どうせ後からBDを後出しするんでしょうけど、鑑賞チケット提示で本編DVDも買えます(買いましたw)


個人的に、今後の日本のアニメ業界は“日本のアニメ制作の技術を海外の顧客や出資者に買ってもらう時代”が来てると思ってます
もう日本のヲタクの財布をアテにする時代は終わりました
そういう意味でもハオライナーズ、ビリビリ動画、NETFLIXが配給に協力している今作は新時代への回答を既に提示してると言えるでしょう


その一方で、エンドクレジットを観れば純粋な日本人のスタッフが制作現場の中心を担っていることがよくわかります


誰にでも出来るわけではない
日本人だからこそ作れるアニメを、世界の人にお金を払って観てもらう時代の到来と言えます
あなたも今作を鑑賞してみて、時代の先駆者になってみるのは如何でしょうか?

投稿 : 2018/08/06
閲覧 : 537
サンキュー:

20

( ´_ゝ`)y─┛ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2020/01/06
閲覧 : 1

足跡 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/12/31
閲覧 : 2

AKIRA777 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9
物語 : 2.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

投稿 : 2019/12/13
閲覧 : 2

脳みそチンパン さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/09/28
閲覧 : 2

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★☆☆☆ 2.0
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 2.0 音楽 : 2.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/08/24
閲覧 : 9

はあつ さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2019/05/24
閲覧 : 7

アップルパイ さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2019/05/24
閲覧 : 7

ザカマン さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/03/17
閲覧 : 8

いぬわん! さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/02/17
閲覧 : 8

しろき さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2018/12/26
閲覧 : 11

m3 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2018/11/21
閲覧 : 9

クラーリィ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2018/11/19
閲覧 : 10

紗雪☆ さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2018/10/08
閲覧 : 9

蛍火 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観たい

投稿 : 2018/09/30
閲覧 : 12

まめもやし♪ さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2018/09/15
閲覧 : 14
次の30件を表示

詩季織々のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
詩季織々のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

詩季織々のストーリー・あらすじ

【陽だまりの朝食】北京で働く青年シャオミンは、ふと故郷・湖南省での日々を思い出す。祖母と過ごした田舎での暮らし、通学路で感じた恋の気配や学校での出来事...子供時代の思い出の傍には、いつも温かい、心のこもったビーフンの懐かしい味があった。そんな中、シャオミンの祖母が体調を崩したとの電話が入る。【小さなファッションショー】広州の姉妹、人気モデルのイリンと専門学校生のルル。幼くして両親を亡くした2人は、共に助け合いながら仲良く一緒に暮らしていた。しかし、公私ともに様々な事がうまくいかなくなってきたイリンはついルルに八つ当たりしてしまい、2人の間には溝ができ、大喧嘩をしてしまう。【上海恋】1990 年代の上海。石庫門(せきこもん)に住むリモは、幼馴染のシャオユに淡い想いを抱きながら、いつも一緒に過ごしていた。しかし、ある事がきっかけとなり、リモは石庫門から出ていき、お互いの距離と気持ちは離れてしまう。そして現代、社会人になったリモは、引っ越しの荷物の中に、持っているはずのないシャオユとの思い出の品を見つけるのだった。(アニメ映画『詩季織々』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
アニメ映画
放送時期
2018年8月4日
公式サイト
shikioriori.jp/
主題歌
ビッケブランカ『WALK』

声優・キャラクター

『陽だまりの朝食』坂泰斗、伊瀬茉莉也、『小さなファッションショー』寿美菜子、白石晴香、安元洋貴、『上海恋』大塚剛央、長谷川育美

スタッフ

「陽だまりの朝食」監督:イシャオシン、「小さなファッションショー」監督:竹内良貴、「上海恋」監督:リ・ハオリン

このアニメの類似作品

この頃(2018年8月4日)の他の作品

ページの先頭へ