オーバーロードⅢ(TVアニメ動画)の感想/評価、レビュー一覧

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「オーバーロードⅢ」のレビュー感想/評価

よみがな:おーばーろーどすりー

放送時期:2018年夏アニメ(2018年7月〜)

このアニメの感想・評価 374

オーバーロードⅢのみんなの評価
★★★★☆ 3.7 5
物語:3.7 作画:3.5 声優:3.8 音楽:3.7 キャラ:3.8
  • 物語 ★★★☆☆ 3.7 作品のシナリオやストーリーに対する評価です。
  • 作画 ★★★☆☆ 3.5 作品の絵やイラスト・キャラクターデザインに対する評価です。
  • 声優 ★★★☆☆ 3.8 出演している声優、または登場キャラクターの「声」に対する評価です。
  • 音楽 ★★★☆☆ 3.7 OP・EDや挿入歌、バックミュージックなど、音楽全般に対する評価です。
  • キャラ ★★★☆☆ 3.8 登場キャラクター全般の設定・性格・個性などに対する評価です。
123456789
2018.11.19 19:15 ハイゼンベルクの評価 | 観終わった| 20が閲覧 ★★★★★ 5.0 評価対象: オーバーロードⅢ(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

面白いのは3期まで

唯一原作も読んでいる大好きなアニメです
3期は確か原作7~9巻まで

原作読んでいる者としては話も分かりやすく一気に観てしまうアニメでアインズ様ブチ切れシーンは格好よかったけど
読んでいない方は分かりにくいのかな?
細かい伏線はカットされてるけど原作でも無かった事にされてるような複線ばっかなので特別このシーンをカットするなとかは無かったと思います

原作ではこれ以降話のネタ切れなのか同じような事の繰り返しばっかで4期は期待できないかな

 サンキュー(2)
2018.11.17 21:50 陽太郎の評価 | 観終わった| 34が閲覧 ★★★☆☆ 3.8 評価対象: オーバーロードⅢ(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 3.5  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

主人公が強すぎるアニメ(3期)

主人公最強系のアニメ。1期や2期に比べると、物足りない。

■良かった点
・安心して見ていられる点。
・主人公最強系のアニメが好きなら見た方が良いと思う。

■悪かった点
・1期や2期に比べて、戦闘が少ない点が残念。

 サンキュー(2)
ネタバレ
2018.11.11 08:38 Tomの評価 | 観終わった| 2が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: オーバーロードⅢ(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

原作読んでる人が絶賛してた

原作を知ってる人は「あの大事な伏線がない!!」とか憤ってて楽しそうだった。
原作未読としては、テンポも悪く、わかりにくく…。ただ、OPEDからとんでも展開は期待してたので。現時点ではそこまで楽しい感じではないかなー。続きを楽しみにする。

 サンキュー(0)
2018.11.09 00:13 takigawaの評価 | 観終わった| 62が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: オーバーロードⅢ(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

2期より面白くなるかな?→無理っす

1期2期は視聴済み

原作未読

2期は1期からの続き(しかも1期前半とのからみとか)
だったのに間が空いたせいで???でした

その点では今季は良さそう

視聴継続


視聴完了

前言撤回
うーん、一期から時間経ちすぎ…
詳細覚えてないっすよ、一期の最初のカラミとか

スケジュールとか諸々の点で不可能なのは
理解できますが、間が空きすぎると観る方はツライっす

四期はあっても観ないかな
そこまで覚えてられないw

 サンキュー(3)
2018.11.08 00:42 nininの評価 | 観終わった| 80が閲覧 ★★★★☆ 4.1 評価対象: オーバーロードⅢ(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 4.5  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

天下無双

原作未読 全13話

事前に1・2期を視聴することをオススメします。

いよいよ表舞台に本格的に登場にという感じで、アインズ様が大暴れしちゃいます。

人間にとっては、悪の支配者みたいな雰囲気が出てきましたね。

アインズ様のお茶目な心の声は、相変わらずですw

切りのいいところで終わっていますが、まだまだお話は続きそうですね。

もっと強い対抗勢力が出てくるのか、そして行き着く先がどうなるのか、また続きが見て観たいです。

OP・EDは1期から担当しています、MYTH & ROID、OxTが歌っています。

最後に、黒ヤギさん怖すぎですねw

 サンキュー(31)
ネタバレ
2018.11.07 23:16 setuchiの評価 | 観終わった| 26が閲覧 ★★★☆☆ 3.4 評価対象: オーバーロードⅢ(TVアニメ動画) 物語 : 2.0  作画 : 3.0  声優 : 5.0  音楽 : 4.0  キャラ : 3.0

うーん。。

まずね。。見返す気持ちが湧いてこないっていうのが。。
正直な感想。
時間が経って振りかえって考えても
印象的なシーンがほとんど思いつかないので
レビューを描くのも一苦労する。。ので

あまりレビューせずに一言だけw

観たいものは全く観れませんでした。

以上

1アニメーションとして、
1期はおすすめですが2期3期は別の物だと考えた方が良いと思います。

 サンキュー(1)
ネタバレ
2018.11.07 15:10 べるの評価 | 観終わった| 33が閲覧 ★★☆☆☆ 2.7 評価対象: オーバーロードⅢ(TVアニメ動画) 物語 : 2.0  作画 : 1.0  声優 : 2.5  音楽 : 3.5  キャラ : 4.5

ポンコツアニメの見本

原作信者です。その視点からの感想ですが酷い・・・酷すぎる。こんな作品に仕上がるなら1期で終わらせたままでよかった。本当に腹立たしい。2期もたいがい酷かったがそれを上回る酷さになるとは。ポンコツ3DCGにポンコツ脚本。演出もポンコツ。評価できるのはOPとEDの出来くらいか。日野聡さんの演技も1期>>>2期>3期と低下してしまい褒めるところを探すのが難しいレベルの駄作。あらゆる場面で裏切ってくれる作品。この程度のクォリティで作るのなら4期はいらない。劇場版やるならⅡとⅢのフルリメイク。総集編?名場面なんか無いでしょ?

 サンキュー(3)
2018.11.05 02:36 guruの評価 | 今観てる| 26が閲覧 ★★★★☆ 4.0 評価対象: オーバーロードⅢ(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

ゲームトリップ系『魔王』ファンタジー 3

すぐに第3期に突入!
と、連続で観れたので満足感があります。

原作は未読ですが、
1期目に比べて原作ほど盛り上がりがないと聞く。
確かに2、3期には1期程とんちの効いた箇所は無いような気がする。
しかしながら、もう長期になるのでこれくらい落ち着いていていいように思う。
面白く無いわけでも無いし。
同じく『水戸黄門』のような爽快感もある。
(「ワンパンマン」も思い出したが、それほど心の葛藤はないと思った)

それに何より、早速続きが観たい!

でないとまた忘れて一期から一気見しないといけなくなる…。

 サンキュー(6)
ネタバレ
2018.11.04 19:31 MAMAMAKOの評価 | 観終わった| 15が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: オーバーロードⅢ(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

先が気になる

ファンタジー系では今一番先が気になる。という終わり方をした。
面白いのは間違いないが、1年後とかではさすがにだし、もう少し完結感がほしかったかも。

 サンキュー(3)
ネタバレ
2018.11.04 18:56 tachikomaの評価 | 観終わった| 18が閲覧 ★★★★☆ 4.0 評価対象: オーバーロードⅢ(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 2.0  声優 : 4.5  音楽 : 4.5  キャラ : 4.5

とにかくCGがひどい…

1期、2期と面白かっただけに3期の期待が高すぎたのか、
CGがひどすぎてちょっと萎えてしまった。
2期、3期の間が1クール分空いたとはいえ、スケジュール的に厳しいのであれば、
もう少し時間を開けてでもクオリティーの高いものが観たかった。

エンリの召喚した5000体のゴブリン軍、大虐殺のシーンは、
燃える展開であり、迫力と恐怖のシーンのハズなのに、そんな緊張感は一切なく
ワラワラと人形みたいな兵士が散らばる状況に
軍隊とか大勢いると大変だから、、、と我慢して観ている自分がいた。
正直、3期は監督の変更があったのかと疑ったレベルで、なぜあれでよしとなったのかが不思議だった。

アニメは原作の魅力を数%も伝えきれていない、ということで
原作への流れを作ったという意味では成功だったかもしれない。

いずれにせよ大好きな作品だっただけに非常に残念としか言いようがなかった。
4期はあるかは不明だが、もしあるのであれば3期よりよい出来のものを期待したい。

 サンキュー(6)
ネタバレ
2018.11.03 15:02 40代のおっさんの評価 | 観終わった| 18が閲覧 ★★★☆☆ 3.3 評価対象: オーバーロードⅢ(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.5  音楽 : 3.5  キャラ : 3.5

うーん、惜しかった

3期終わっちゃいました。毎回そうだけど、前半部分で蜥蜴とかゴブリンとか話数取りすぎで、原作の結構面白いシーンがカットされているのが残念。
最終話付近でのアインズの力を観れるシーンがあるのだけど、作画が残念すぎて、あんまり迫力が無かった。
上でも述べたけど所々、原作の重要なシーンがカットされているので、小説版を読まないと???となることがあるかもしれない。

 サンキュー(3)
2018.10.31 16:13 アニメ好きフレンズの評価 | 観終わった| 38が閲覧 ★★★★☆ 4.0 評価対象: オーバーロードⅢ(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

面白いのは面白いけど

ストーリーは遅めに作り上げてありますね。最後の最後で、アインズ様が持っていきましたが、前半のストーリーが後々どう絡んでいくのかなぁ。と、原作読んでない私はワクワクしてます。ですが、やはり一、視聴者としてはいくら面白くても今回の構成には思うところありなので、星4。今後の展開のために伏線を張ったと思って、四期期待します。

 サンキュー(6)
ネタバレ
2018.10.30 17:17 ゴノウの評価 | 観終わった| 26が閲覧 ★★★★☆ 4.4 評価対象: オーバーロードⅢ(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 3.5  声優 : 5.0  音楽 : 4.5  キャラ : 4.0

殿堂入りアニメ

良いのは当たり前 
敢えてここではこうして欲しかった点を挙げます
CGにお金を掛けて欲しかった(血塗れエンリ将軍誕生の戦いで)
虐殺シーンをもっとグロくして欲しかった(虐殺なんだから相手どころかアインズ様の同盟国になった帝国の兵士すら引くぐらいの残虐性が出てた方が良かった気がする)

ただ無理矢理マイナス点を書きましたが間違いなく近年でも殿堂入りする作品です
ダークファンタジーアニメの第一人者的な作品ですので未視聴の方はぜひご視聴下さい

 サンキュー(7)
2018.10.21 19:55 スマートなトーマスの評価 | 観終わった| 48が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: オーバーロードⅢ(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

マンネリ化してるかな

ワクワク感がもうないかな

 サンキュー(2)
2018.10.21 18:24 wp38の評価 | 観終わった| 25が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: オーバーロードⅢ(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

本来の姿

1期・2期に続いて、この3期も非常に見応えを感じた。
原作見てないからか、凄く新鮮な気持ちで視聴できた。
途中、「ん~、これは・・・」って思ったシーンもあったけど、それは種族がアンデッドであり、
しかもゲームが現実化した為の影響、というこのアニメの設定を考慮したら納得出来る。

ただ、これは深読みしすぎなのかも知れないけど、
人間が本来持ってる内なる残虐性を、このアニメで体現しているかのように思えた。
それならば”仲間ならば守るが、それ以外はどうでもいい”という思考にも説明が付く。
そう考えたら、素直に大人しく彼の支配下に置かれた方が1番良い方法だと思うのだけど、
それを最良だと考えない人が多いから悲劇が起きる。
そこら辺も人間のプライドと意地の部分を表してるのかなって思った。

『長いものには巻かれろ』を選ぶのか、はたまた『窮鼠猫を噛む』を信じるのかは自由。
自分がもしあの世界の住人だったなら、勝機があるにしろ無いにしろ、変なプライドは捨てて、
素直に彼の庇護下に入る事を選ぶなぁ。

 サンキュー(5)
ネタバレ
2018.10.21 15:04 STONEの評価 | 観終わった| 21が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: オーバーロードⅢ(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

とりあえずの簡単な感想

 原作は未読。
 基本的スタイルは1期、2期と同じだが、ナザリックが表舞台に出てきたことで、話の
スケール感が大きくなってきた感があった。
 ナザリック、並びにアインズ・ウール・ゴウンのスタンスは変わっていないが、対峙する相手が
1期のクレマンティーヌ、2期の八本指のようないかにも悪役然とした者ではなかったため、
ナザリック側の悪役感が増したような印象。
 細かい部分をはしょった感じ、演出のまずさ、作画の悪さは2期に引き続いてといった印象だが、
原作力の強さなのか、ストーリーは楽しめる。

 展開的に多くのキャラが殺されるが、その内容に反して、映像ではバイオレンスな描写はあまり
ない。
 こういった部分はあくまで自主規制の問題で、作品によってスタンスが異なるが、本作はコメディ
要素もあるために極力減らそうとしていたのかな?

2018/10/21

 サンキュー(5)
2018.10.21 10:37 Dknの評価 | 観終わった| 199が閲覧 ★★★☆☆ 3.9 評価対象: オーバーロードⅢ(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 3.5  声優 : 4.0  音楽 : 4.5  キャラ : 4.0

“なんだかんだ”勧善懲悪が“おこっている”

期待値が高くYoutube他、ファンサイト等で賛否が飛び交っていた「オーバーロード」シリーズも第三期が終わり、
アインズの事を何だかんだ正義側だと認識している視聴者より、そう見せたのはアニメ制作側に問題が有りました。

作中で何度も触れる“悪のギルドで人間を虫程度にしか思わない”ような“悪のロールプレイ”に徹した主人公陣営は、
数々の非道な行いを利己的に果たします。これを少なくない数の視聴者に捉えさせられなかった理由は何故なのか?
残酷描写を省いた事が問題なのでは無く、原作から切り貼りする取捨選択を機能させていない事と、TVアニメの性質上
作品が愛される為に施した「既知のジャンルへの軟着陸」が原因だった為に起こった弊害であると考えています。

古い話で申し訳無いですが、マクロスFやマクロス⊿などの祖である「超時空シリーズ」は商業として大コケしていて、
※「超時空世紀オーガス」「超時空騎団サザンクロス」の二作は新しい試みで前作を越えようと試行錯誤した結果、
設定の奇抜さや挑戦的なデザインが玩具メーカーに大打撃を与え、スポンサーを倒産に追い込む事になりました。
(※日本の代表的なメカニックデザイナー宮武一貴デザインですが、残念ながら多数派に寄らない不遇の秀作。)

オーバーロードでも、エンディングの絵でアニメ化してくれとファンが嘆いていた事が本質を突いていて、
挿絵の「so-bin」氏が描いた冷たくダークファンタジー然としたタッチや、悍(おぞ)ましい姿と人ならざる目は、
人型へと擬態をしていても一目瞭然で“人間と分かり合えるはずのない人外”としてデザインされているのです。

一括りに“俺ツエー系厨二作品”などと言われますが、本来は神代の邪に立ち向かう人間が、為す術無く蹂躙される
『ハワード・フィリップス・ラヴクラフト』が生み出した世界が、目指す方向性に該当します。アニメではポップに、
既知のジャンルで語られるよう“軟化させた”事で多くの人に受け入れられました。表現を柔らかくし過ぎた結果、
多くの視聴者に間違った捉え方をされた事は悲しく、もっとダークな世界を理解させられただろうと思っています。

――覗きこんだ子供の顔に背筋が凍る。美しく整った顔から覗いた瞳は、ガラス玉のように無機質な物に映った。

なんて文章があるとして、「動画・効果・カメラアングル・音楽・SE・声優の演技」で表すのがアニメの仕事で、
どれだけ台詞で煽っても迫真の演技を見せても、絵の上手い下手に関わらず画面に説得力がなければ意味が無いし
アニメで省かれたシーンを補完できる原作既読の我々と違い、想像し難い台詞や演出が数多くあった第三期でも、
要素を詰め込み過ぎた末に必要のない物で埋め、見せ場を邪魔してしまい全体が大きくボヤけてしまった気がします。
例えればヤン車のフロントガラスをデコってみたら、ゴチャゴチャして見栄えと視界が悪くなったようなものですね。

全てを求めるのは酷だと視聴者が見逃した小さなヒビは亀裂となり、互いに大きな隔たりを作ってしまった。
小説(Web版・書籍版)と比べ、鈴木悟(アインズ)が体感し目に映した世界は、全く違うのではないだろうか。
この問題はコンテンツを再現するか新しく構築をするかで賛否が別れますが、私はこの結果を不快には思いません。

互いのファンが居る限り間違いではなかったと、そう思っています。


・過去レビュー【↓原作既読目線の楽しみ方はコレ】

 語ろうと思えば一話で5000文字くらいのレビューになるので自重して、お風呂レビューにします(´・ω・`)?
風呂のシーンで至高の御方である「るし☆ふぁー」さんのお名前が出ました。ポイントは☆と平仮名ですね。
『オーバーロード(3)Blu-ray特典スペシャルボイスドラマCD vol.2』で、ナザリックの風呂にあるライオン像が
少し動いた気がするけれど気のせいかなと話の最後にアウラが言っていて、今回のシーンとも繋がる話でした。
風呂を守護するかなりの強敵らしく、ゴーレム製作を担当した“るし☆ふぁーさん”のイタズラ心で作られました。
ズシーン!ズシーン!という音はアルベドの真の姿。マナーが悪かった為、風呂の守護者が作動したのでしょう。

このシーンは『オーバーロード6 王国の漢たち[下]』の【ドラマCD付特装版】からも話がつながっていました。
ナザリックの階層守護者達は会社で言うと重役。金欠だったアインズは給金の代わりに守護者たちに必要な物を
書き出すよう命じますが、当の本人たちは至高の御方にお仕え出来るだけで満足だと言い、全く話が進みません。
そこで提案されたのが「アインズ様と○○出来る券」という至高の御方と何かをしたいという願望あふれるもので、
与えられた給金を使い、互いに欲しいモノをオークション形式で競り落とすことになってしまい――――――。

――オーバーロードⅡ一巻。スペシャルドラマCDでは続きがあり、各人がアインズに何をして欲しいかが決まり、
その中の一つが「一緒にお風呂券」だった訳です。今回のみんなでお風呂へ入るシーンへとつながっています。
これはデミウルゴスの提案で、自身の創造主であるウルベルトが裸の付き合いなるものがあると言った事が理由。

なんで急にお風呂なんだ?と不思議な上、女風呂では無く男風呂を映しますが実はそういう理由だったのですね。


そしてラジオも終わってしまいました…。ここで一旦アニメの流れは落ち着くでしょう。
アプリゲームはこれからリリースなので、間の期間を埋めてくれるかも?

スタッフやキャストの皆様、本当にお疲れ様でした。アニメでまたナザリックの面々を見られるのを待っています。

 サンキュー(32)
2018.10.21 00:05 剣道部の評価 | 観終わった| 75が閲覧 ★★★★☆ 4.0 評価対象: オーバーロードⅢ(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

私はむしろ、アインズの弱さに注目したい

[文量→大盛り・内容→考察系]

【総括】
1ラウンドにストレートでダウンを奪い、2、3ラウンドでジャブを連打される展開は、好みが分かれるかな?

つまりは、「刺激的で面白かった1期」の後に、「地味にコツコツとサイドストーリーを重ねていく2期、3期」をどうみるかということ。

まあ私は、楽しく観ていましたがw 4期、期待!


《以下ネタバレ》

【視聴終了(レビュー)】
{netabare}
本作は基本的に、「異世界転生」×「主人公最強系」という、「ありきたり」な作風だが、本作の個性を作っているのは、「主人公が自分を弱い」と考えている(そして実際に弱い)ことだろう。

アインズは、確かに異世界の中では圧倒的に最強
である。しかし、真の(前衛)トップ「プレイヤー」には勝てないし、なんなら(最強クラスの)NPC以下の能力しかない。

主人公の立ち位置は、「最強ギルドの裏方(後衛)のトップ」というもので、ソシャゲでこの立場(や似ている立場)を経験したことがあるなら、アインズの行動原理は理解できる。

つまりは、怖いのだ。

だから、細かいことでも戦力を増強していくし、安全なのに石橋を叩いて渡るような「無駄」も厭わない。

後衛や参謀、調整役としてギルドをまとめていく場合は、常に「申し訳なさ」「自信のなさ」がある。本当に強いのは重課金組の前衛で、彼らには感謝と尊敬しかない。だからこそ、彼らが面倒臭がる雑務を全て引き受け、ギルドにとってプラスになることは、それがどれだけ微細であっても堅実にこなしていく。

逆に言えば、そういうことが出来る人でなければ、「裏方なのにトップ」という地位は認められない。

この考え方は、アインズにずっと流れ続けているものだと思う。(この部分が許容できなければ、イライラすると思う。「そんなチマチマやっとらんで、パーっと無双せんか!」と怒りたくなる気持ちも、理解できる)

そこにプラスして、NPCキャラが「設定通り、無条件且つ絶対的に服従している」「アンデットとして転生したことで、思考の一部もアンデット化している」というのが、本作の個性を彩る。

「コンピュターは、正しく間違う」という言葉がある。つまり、「人間の操作ミスや入力ミスを正しく反映してしまう」のだ。

そういった意味で、NPCは信頼しきれないと思う。だって、「誰かが設定をいじれれば、すぐに反旗を翻す」わけだから。アインズがNPCに自我を芽生えさせようとしたり、彼らをぞんざいに扱わないのは、この辺に理由があるのではないだろうか(まあ、ただのヘタレの寂しがりやの可能性も高いが)w

また、リザードマン云々、大虐殺云々という話がある。これは確かに、私もやや不快感を覚えたが、「思考がアンデット(ゲームキャラ)化」しているという点で、一応納得。

ゲーム世界に転生する系としては、「SAO」や「このすば」のように、現実世界の容姿や人間性(自我)を保ったまま転生するものと、本作や「異世界魔王」のように、転生されたキャラクターの容姿や設定に引っ張られ(新たな自分に生まれ変わ)るものがある。前者ならば、己をキャラを動かすのは自分だが、後者ならばキャラが自分を動かすという側面が生まれる。

そんなことを考えた時、例えば私たちは、ゲーム世界でスライムを切るのを躊躇したり、殺した彼らの数を覚えているだろうか。敵キャラとして登場する兵士Aにも家族がいることを考えるだろうか。自らが救国の英雄になるとき、他国の受ける影響を考慮するだろうか。まして、アンデットは、「死は救いである」という、私達とは異なる哲学をもっているようだが、これは一方的に否定できるものなのだろうか。

ゲーム世界では基本的に、「自分本位」が常識的行動であり、実はその裏では不利益を被っているNPC達もいる。そんな問題提起も含んでいるのかもしれない。

とまあ、色々こじつけてみたものの、のわりにはアインズ様の行動には一貫性がなく、アンデット的、ゲームキャラ的ではない、非効率的な行動も散見されるので、イマイチ擁護しきれない部分はある。

うん、つまりは私が、「私の個人的な体験」から、アインズに感情移入しているだけ(1期レビュー参照)。あとは、後付けだな(笑)

本作で一番好きだったシーンは、8話で仲間の名を騙られた時にアインズがブチ切れた時。上記のようなアインズだから、尊敬する仲間を騙られたら、我慢できなかったのだろう。人間らしいアインズに惚れたw

あと、私は「幻想水滸伝(ゲーム)」が好きなのだが、仲間が集まってきて戦力が増強されていったり、徐々に本拠地が強化されていく過程(建国要素)が超おもしろい。「ロードス島戦記」など「戦記モノ」が好きなので、各国や要人達の思惑が絡み合う部分なんて大好物だ。だから、本作にもそのような要素がたくさんあり、正直、メチャタイプ♪

多分、超少数派なんだろうけど、私はこれまでで、3期が一番好きでしたよ。ギャグのキレも良かったしね♪
{/netabare}


【各話感想(自分用メモ)】
{netabare}
1話目
リザードマンの兵は、どのくらい役に立つのかな? まさかのサービスシーン、スライム風呂w 処女サキュバス(笑) 角度w 日常とギャグメインの初回とは、余裕があるな。

2話目
世界征服、楽しそうだよなw 建国とか、面白そう。ちょっとギャグ多目だな。ゴブリン、めっちゃ良い奴(笑)

3話目
村が育成されていく様子も楽しいな。

4話目
アインズ得意の、後付け(笑) あの雑魚達に、本当に利用価値が?

5話目
過去最高に格好良いゴブリンだな(笑) う~ん、ンフィを危険に晒してまで、実験する価値があるのかな? まあ、いつでも救えるタイミングで、恩を売ったというところかな? 仲間を誉められると一番喜ぶアインズ、可愛いな♪

6話目
なんかこう、どんどんキャラが増えていくのもいいけど、もう少しテンポを上げていくのも必要かな。

7話目
こういう理不尽な展開が、オバロって感じですな~。ハム助、つおい(笑)

8話目
アインズのブチ切れ、格好良い。そうなんだよね、アインズは自分が弱いことを知っているんだよね。

9話目
ここで練習が生きたか(笑) いやでもマジで、NPCに裏切られたら、アインズ死ぬけどね。

10話目
こういう戦記モノっぽいのは好きだな♪ 死亡フラグ?

11話目
ゴブリンの群れ(笑) てか、諸葛亮(笑) この回は面白かった♪

12話目
本当に、大虐殺だな。まあ、戦争ではあるけれどね。

13話目
アインズを殺せる剣。伏線? なんだろう? なぜか面白いんだよな、このアニメ。
{/netabare}

 サンキュー(36)
2018.10.17 19:15 ピピン林檎の評価 | 観終わった| 246が閲覧 ★★★☆☆ 3.5 評価対象: オーバーロードⅢ(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 4.0  声優 : 3.5  音楽 : 3.5  キャラ : 3.5

やっぱり敵が強くないと盛り上がらないよ(※2~3期併せた感想)。

第1期が面白かっただけに、この続編・続々編のグダグダ感は、正直言っていただけない。
それでも第2期第1話の冒頭などでは、{netabare}我らがアインズ様の強敵となりそうな面子も色々と登場しているんですが、そいつらは結局ヒソヒソと内輪の会話をしているだけで、アインズ様やナザリック地下大墳墓の守護者たち・さらにその配下の者たちと戦うのが、トカゲもどきの亜人とか、ただの冒険者グループとか、こんな格下ばっかり{/netabare}では流石に飽きてくる・・・

そして第3期も、{netabare}弱っちいゴブリンとかトロールとか、ただの人間の兵士相手の話ばっかり{/netabare}で、流石にそろそろ何か工夫してもらわないと。

次期があれば、あのスレイン法国の強そうな連中がいよいよ前面に出てきて“アインズ様大ピンチ!”みたいな展開になるのかも知れないけど、そこまで人気が持つのだろうか?
ちょっと心配な出来でした。


◆期別評価

Ⅰ期 ★ 4.3 (計13話)
Ⅱ期 ☆ 3.7 (計13話)
Ⅲ期 ☆ 3.5 (計13話) 
---------------------------
総合 ☆ 3.6 (計39話)


◆制作情報
{netabare}
原作ラノベ      丸山くがね(2012年7月-刊行中)
監督         伊藤尚往
シリーズ構成     菅原雪絵
脚本         菅原雪絵、横山いつき・関根聡子・武井風太
キャラクターデザイン 吉松孝博(第1期)、田﨑聡(第2期~)
音楽         片山修志
アニメーション制作  マッドハウス{/netabare}


◆各話タイトル&評価

★が多いほど個人的に高評価した回(最高で星3つ)
☆は並みの出来と感じた回
×は脚本に余り納得できなかった疑問回

================ オーバーロード (第1期) (2015年7-9月) ==============
{netabare}
第1話 終わりと始まり End and Beginning ★
第2話 階層守護者 Floor Guardians ★
第3話 カルネ村の戦い Battle of Carne Village ★
第4話 死の支配者 Ruler of Death ★★ 対ニグン戦{/netabare}

- - - - - - - - - - - - - - - 話の切れ目 - - - - - - - - - - - -
{netabare}
第5話 二人の冒険者 Two Venturers ☆
第6話 旅路 Journey ☆
第7話 森の賢王 Wise King of Forest ☆
第8話 死を切り裂く双剣 Twin Swords of Slashing Death ★
第9話 漆黒の剣士 The Dark Warrior ★★ 対クレマンティーヌ戦{/netabare}

- - - - - - - - - - - - - - - 話の切れ目 - - - - - - - - - - - -
{netabare}
第10話 真祖 True Vampire ★
第11話 混乱と把握 Confusion and Understanding ☆
第12話 鮮血の戦乙女 The Bloody Valkyrie ★★ 対シャルティア戦
第13話 PVN Player vs Non player character ★ 続き{/netabare}
----------------------------------------------------------------
★★★(神回)0、★★(優秀回)3、★(良回)6、☆(並回)4、×(疑問回)0 ※個人評価 ★ 4.3

OP 「Clattanoia」
ED 「L.L.L.」


=============== オーバーロードⅡ (第2期) (2018年1-3月) =============
{netabare}
第1話 絶望の幕開け The dawn of Despair ☆
第2話 旅立ち Departure ☆ ※かなり微妙・・・
第3話 集う、蜥蜴人 Lizard men, gathering ☆
第4話 死の軍勢 Army of Death ★
第5話 氷結の武神 The freezing god ★{/netabare}

- - - - - - - - - - - - - - - 話の切れ目 - - - - - - - - - - - -
{netabare}
第6話 拾う者、拾われる者 Those who pick up, those who are picked up ☆
第7話 蒼の薔薇 Blue-roses ☆
第8話 少年の思い A boy's feeling ☆
第9話 舞い上がる火の粉 Soaring sparks of fire ★
第10話 王都動乱序章 Disturbance begins in the royal capital ★
第11話 ヤルダバオト Jaldabaoth ★
第12話 動乱最終決戦 The final Battle of the disturbance ★
第13話 最強最高の切り札 The ultimate trump card ★{/netabare}
----------------------------------------------------------------
★★★(神回)0、★★(優秀回)0、★(良回)7、☆(並回)6、×(疑問回)0 ※個人評価 ☆ 3.7

OP 「GO CRY GO」
ED 「HYDRA」


=============== オーバーロードⅢ (第3期) (2018年7-10月) ============
{netabare}
第1話 支配者の憂鬱 A Ruler's Melancholy ★ 
第2話 カルネ村再び Carne Village Once More ☆
第3話 エンリの激動かつ慌ただしい日々 Enri's Upheaval and Hectic Days ☆
第4話 東の巨人、西の魔蛇 Giant of the East, Demon Snake of the West ☆
第5話 二人の指導者 Two Leaders ☆{/netabare}

- - - - - - - - - - - - - - - 話の切れ目 - - - - - - - - - - - -
{netabare}
第6話 死出への誘い Invitation to Death ☆ 帝国の内情
第7話 蜘蛛に絡められる蝶 Butterfly Entangled in a Spider's Web ☆ ナザリックへの侵入者
第8話 一握りの希望 A Handful of Hope ☆ 続き、マーレ&アウラの帝宮侵入
第9話 舌戦 War of Words ☆ バハルス帝国皇帝のナザリック訪問、魔導王
第10話 戦争準備 Preparation for War ☆ リ・エスティーゼ王国の内情
第11話 もう一つの戦い Another Battle ★ カルネ村攻防戦
第12話 大虐殺 Massacre ☆ 王国軍壊滅
第13話 PVP Player vs Player ☆ ストロノーフ戦士長戦死、王都エ・ランテル開城(ナザリック魔導国領編入){/netabare}
----------------------------------------------------------------
★★★(神回)0、★★(優秀回)0、★(良回)2、☆(並回)11、×(疑問回)0 ※個人評価 ☆ 3.5

OP 「VORACITY」
ED 「Silent Solitude」

 サンキュー(25)
2018.10.16 19:25 scandalshoの評価 | 観終わった| 296が閲覧 ★★★★★ 5.0 評価対象: オーバーロードⅢ(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

本格的に世界征服へ?

原作未読。第1期、第2期は視聴済み。最終話まで視聴。

いよいよ、”ナザリックVS人間”の構図で物語が描かれます。
ナザリック(アインズ様)サイドに肩入れすれば、爽快なんですけど・・・。
人間サイドに肩入れしちゃうと、結構グロい作品かも知れないです。
{netabare}対フォーサイト戦や、対ガセフ戦{/netabare}など、少し心が痛みます。

オーバーロードのもう一つの魅力はコメディパート。
第1話の、アインズ様や守護者たちの日常は、かなり面白かったです。
それ以降も、デミウルゴスに対する、アインズ様の知ったかぶりとか、定番ネタも面白かったです。

第4期を期待して待ちたいと思います。



《以下、各話レビュー的何かです》
{netabare}
【第1話】
OP、EDが、いつもながら、とてもカッコいい。
OxTとMYTH&ROID、OPとEDの担当が1期、2期から入れ替わっている。
こういう変化は、ファンには格別の御褒美ですよね。

ナザリックの日常回。
さりげなく、第2期のおさらい。
さりげなく、新キャラ登場。
このさりげなさが、とても良い。

コメディ回であり、サービス回(?)でもある。
しかし、アインズ様の{netabare}入浴シーン{/netabare}って、需要ありますか?

【第2話】
相変わらずデミウルゴスに振り回されるアインズ様。
思わず声が出るほど、ウケた!

カルネ村編。
恐らく本編とは大きく関わらないであろう、カルネ村の日常が丁寧に描かれる。
第2期のリザードマン編とも通じる、丁寧な作風が嬉しい。

【第3話】
カルネ村編のつづき。
エンリの大変な一日。
そして、恐らく、アインズ様にとっても大変な一日(笑)。

いちいち説明がなくとも、エンリの背後でアインズ様が暗躍している様子がうかがえる。

ルプスレギナ。
エンリに絶妙なアドバイスとしたかと思えば・・・。

【第4話】
はい!ルプスレギナちゃん叱られました(笑)。
「ほうれんそう」は組織の基本ではありますけどね(笑)。

アインズ様はアウラを連れて、巨人と魔蛇のもとへ。
しょせん、ハムスケと同レベル。
結果はおのずと・・・。

【第5話】
巨人の群れがカルネ村を襲撃。
前話との繋がりから、アインズ様の指示を受けた魔蛇が、陰で糸を引いていることは容易に想像が出来る。
ルプスレギナちゃんも無事にテストをクリア。

エンリとネム、ンフィは、アインズ様の招待でナザリックへ招かれる。
甘味に目覚めたエンリが可愛い!

【第6話】
捕らわれのデスナイトから始まる、バハルズ帝國編。
皇帝役は櫻井孝宏さん。
パンドラズ・アクター役の宮野真守さんの時も思ったけど、有名声優さんの贅沢使いは人気作ならでは。

デミウルゴスの提案を受け入れ、アインズ様も動く。
冒険者とは異なる組織。ワーカー。
フォーサイト。
この後の話の中心になるんだろうな。

【第7話】
ワーカーたちがナザリック地下大墳墓に、盗掘目的で忍び込む。
いうまでもなく、これはアインズ様たちの企て。
次々と排除されるワーカー。

恐怖公の声優さんは神谷浩史さん。豪華声優の贅沢使い。これも人気作ならではですね。

ガゼフに匹敵するともいわれる天才剣士・エルヤーがハムスケに一蹴される。
三人のエルフの奴隷に見捨てられた末路は惨めでした。

【第8話】
この回は純粋に面白かったですね。

{netabare}アインズの「仲間」というキーワードからフォーサイトのリーダー・ヘッケランが導き出した答え・・・。
『ナザリック地下大墳墓にいるアインズに宜しく』
一見、間違っていない。
しかし、第1期から視聴している視聴者なら分かりますよね?
{netabare}至高の四十一人のメンバーなら「アインズ」ではなく「モモンガ」と呼ぶ。
守護者なら「アインズ様」と呼ぶ。{/netabare}
仲間の名を語った嘘にアインズ様が激怒するのも無理はない。

クレマンティーヌ戦と同様、はじめは戦士として戦うアインズ様。
理由は、{netabare}恐らくあの首輪{/netabare}?

次にマジックキャスターとしての力を見せつけるアインズ様。
アインズ様が魔力探知阻害の指輪を外した途端、アルシェが嘔吐。

『タッチオブアンデス』
超位階魔法保有者のアインズ様にとっては恐らく下位の魔法。
だけど、フォーサイトの面々には目にしたことのない高位の魔法?

イミーナを庇い犠牲になったヘッケラン。
自らの命と引き換えにアルシェを逃がすよう懇願するロバーデイクとイミーナ。
そこでアインズが導き出した答えは・・・。
{netabare}シャルティアに対して『苦痛なく慈悲深く殺せ』と。
「そこのどこに慈悲があるというのですか!」
『教えてやろう。このナザリックにおいて死は、これ以上の苦痛を与えられないという意味で慈悲である』{/netabare}
ひえ~っ!
まあ、実験材料にされたり、拷問を受けたりetc・・・。
そんなナザリックでは、苦痛の伴わない死は慈悲なのかも知れない(笑)。

アルシェとエントマの{netabare}声優さん{/netabare}が同じ理由がここにあったんですね。

Cパート。ドラゴンとともにアウラとマーレが王宮を襲撃。
まず先に相手に手を出させておいて、それを口実に、後から相手の本陣に乗り込んで、相手を屈服させる。{/netabare}

【第9話】
ジルクニフにとっては恐怖の一日だったでしょうね。
{netabare}居城に乗り込んでこられたら、目の前で大量殺戮。
ナザリックに呼びつけられたら、デスナイトの出迎え。
玉座を間を一望しただけで把握できるであろう、圧倒的な財力と武力。{/netabare}

ジルクニフ一同が帰った後の玉座の間のくだりは、とても面白かった。
アインズ様の心の叫びと守護者たちの過大評価!
これぞオーバーロードの真骨頂!

ラストの演出はとても良かった。
アインズ様の圧倒的な魔力を目の当たりにした{netabare}フールーダの{/netabare}声の上ずり方。
興奮と歓喜が否応なしに伝わってくる。
{netabare}フールーダの方を見向きもせずに前を通り過ぎるジルクニフとそれを見送るフールーダ。{/netabare}
言葉が無くても、お互いに察し合ったことが伝わってくる。


【第10話】
王国と帝国の戦争が近づく。

レエブン公は第2期ぶりですね。

第1王子のおバカぶりが笑える。

【第11話】
エンリ将軍が誕生し、第1王子のおバカな行動が、笑えない事態を巻き起こす回。
そもそも、情報収集に行くだけなのに、{netabare}5000人もの{/netabare}兵士を引き連れて行けばどうなるのか?
情報収集すらまともにできないおバカぶり。

数で押し切ろうとしたら、逆に数で押し込まれて、撤退・・・。
おバカ丸出し・・・。

アインズ様が動揺するさまも面白い回でした。

【第12話】
アインズ様の超位階魔法に王国サイドも帝国サイドも圧倒される回。

ところで、アインズ様が言っていた、『3人いや4人の殺してはいけない人』って誰と誰なんですかね?
{netabare}クライムとガゼフは決定でしょうね。
クライムには、ラナー王女から目立つ鎧を身に着けるように指示がありましたからね。
これは、デミウルゴス辺りからの入れ知恵でしょうね。
大勢の中で間違えて殺されないように、目立つ鎧を身に着けろ、と。
ガセフも、この後アインズ様からスカウトされましたからね。
まず間違いないでしょうね。{/netabare}
残りの2人は、今、戦場にいるのか?いないのか?で意見が分かれちゃうかもしれないですね。
今、戦場にいる場合なら{netabare}国王とレエブン公かな?{/netabare}
今、戦場にいないとすれば、{netabare}ラナー王女とザナック第2王子かな?{/netabare}

【第13話】
{netabare}アインズ様を殺せるほどの武器の存在。{/netabare}
シャルティアの精神支配のくだり以来の重要な話となりそう。

パンドラズ・モモン登場(笑)。
{netabare}『トウッ』って・・・。{/netabare}
思わず{netabare}『お前』{/netabare}って言っちゃった、アルベドが可愛い。
{/netabare}

 サンキュー(48)
2018.10.16 16:21 だんだだんの評価 | 観終わった| 56が閲覧 ★★★☆☆ 3.3 評価対象: オーバーロードⅢ(TVアニメ動画) 物語 : 2.5  作画 : 3.0  声優 : 4.0  音楽 : 3.5  キャラ : 3.5

3作目にしてコケたw

オーバーロードI で土肝を抜かれ、原作を読みふけり、
オーバーロードⅡの出来栄えにも感心して、
期待が大きすぎたか、本作は・・・最低だ!w

いやね、単純なバトル描いてたI、Ⅱと違って、
今回のストーリーは文字通りの映像化困難だと思いますよ。
アインズ様の最上位魔法とか、あの恐ろしさを視覚化すると・・・
え、こんなしょっぽいの? 仕方ないことですかね。
それでもこのアニメ制作チームなら何とかしてくれるんじゃないか。
そう思っていたころが私にもありました。

ストーリーも主要なところだけつまみ食いした結果、
つながりが失われてしまった。 唐突な展開、顔出すだけの主要キャラ、
なんというか、ただのお祭りに終始した感が否めない。
そう、この作品は、魔導国建国おめでとうアニメだ。
そんなの、誰も望んでないと思うんだけどw

原作も停滞気味なので、もう一度ⅢやりなおしてのⅣを期待したいが、
無理だろうな~w

 サンキュー(4)
ネタバレ
2018.10.16 10:49 ジュンの評価 | 観終わった| 33が閲覧 ★★★★☆ 4.0 評価対象: オーバーロードⅢ(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

アインズ様は二手、三手先を見ている?

見終わったょー(*´꒳`*)
オーバーロード3期!!
すごく人気で3期までやるというのはすごぃよねぇ!(≧∀≦)

主人公最強であり、異世界転生ものとしては見やすぃからかなぁ?私も好きな作品!
今回はアインズ様とデミウルゴスのやりとりがすごくおもしろかったなぁ(*≧∀≦*)あれですよね?そうあれだ!のくだりww

今回はアインズ様の感情が豊かだったなぁ〜(o^^o)
やっと世界征服へ進行しはじめたからぜひ4期もお願いしたぃし、続きもみていきたぃなぁ(^∇^)

ぜひ1期から見ていってね(*´꒳`*)

 サンキュー(10)
2018.10.14 13:18 のび太の評価 | 観終わった| 57が閲覧 ★★★☆☆ 3.7 評価対象: オーバーロードⅢ(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 4.0  声優 : 3.5  音楽 : 3.5  キャラ : 4.0

アインズ様が着々と世界征服進行した3期w

2期では、イビルアイという、プレアデスレベルとなら互角に戦える存在がついに登場。
同じく、番外席次、リグリット、ツアーという強力そうな存在が顔見せレベルで出てきていたけど、3期ではその当たりのキャラはいっさい登場せず。
ただひたすらアインズ様が、世界を蹂躙していく展開でした。

アインズ様自身は、真の悪役というわけではないけど、人間サイドからみれば、その存在はまさに悪の大魔王w
今のところ、ナザリック勢が負けそうな雰囲気は無いけど、今後どうなるのか?

4期があるか、微妙な感じだけど、あるならまだ見てみたい感じかな。

 サンキュー(17)
2018.10.14 00:11 さくらすの評価 | 観終わった| 55が閲覧 ★★★☆☆ 3.7 評価対象: オーバーロードⅢ(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 2.0  声優 : 4.5  音楽 : 3.0  キャラ : 5.0

面白いのですが、少々不満あり。

原作は最新刊まで読破。Web版未読。
第一期の面白さにはまり、原作を全巻大人買い。
その視点で見ると、膨大な量の原作をうまい具合にアニメ化しているとは思います。

これはこの作品の直接の評価とは関係ありませんが、(当時から危惧されていた様に)トカゲ編のアニメ化は本当に必要だったのか?
第一期の「引き」が完璧に近かったので、あそこから素直に三期につなげておけばさぞ盛り上がっただろうにと思うと非常に残念です。

今期見終わっての感想としては、コミカルな部分とシリアスな部分が程よくミックスされていた第一期には及ばないものの、なかなかに面白いというのが自分の意見になります。

ただ作画、演出についてはかなり不満も残ります。
他のレビュアーの方の感想にもありましたが、CGが雑。山羊さんが醸し出すはずの絶望感が皆無。それゆえ地域の運動会で大きめの騎馬が暴れている程度の感想しか持てなかったです。せっかくのクライマックスだったのに・・・

{netabare}
この先も原作はそれなりに面白いですが、俺つえーもそろそろ飽きが来ました。プレイヤーが建国したとされるスレイン法国との決戦でもなければ、仮に四期、五期が来ても一期の面白さを超えることはないだろうなぁ・・・などとも思っています。
{/netabare}

 サンキュー(5)
ネタバレ
2018.10.13 21:57 Progressの評価 | 観終わった| 57が閲覧 ★★★★☆ 4.0 評価対象: オーバーロードⅢ(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

A Ruler's Melancholy

さて、私はオバロ二期の感想は書いていないのですが、
二期と比較してどうだったか、という感想になります。

まず二期について。
トカゲ編や、カルネ村編、セバス編、それぞれに主人公がいて、アインズ(モモン)が干渉するのは、それぞれのストーリー終盤で干渉するものでした。
つまり、アインズは二期では主人公ではないため、内に秘めた感情を明かす隙間がなかったと感じています。

では3期はどうであったか。
1話が「支配者の憂鬱」であったように、アインズの内的思考が重視されていました。
例えばデミウルゴスが「アインズ様はこう考えておられる。ですよね?」といえば、
「ああ、そうだ!(ええ~、そんなこと考えてないけど乗っておこう)」とアインズはそれに乗っかる。
視聴者だけに伝えるモノローグによって、話の調子をコメディ側へ持っていっている。
さも考えているかのように振舞わなければいけない、アインズの日常感、それが描写されることによって1期に近いと感じました。

私が二期より三期に満足出来たのは、このモノローグが、私がオバロに求めていた物だからかな?

4話「東の巨人、西の魔蛇」では、アインズ自らが行動したりと、アインズ中心の構成にであることが伝わるのが良かったかな。

7話「一握りの希望」で、動揺し、そして怒るアインズを描いたのも、アインズが許さないことを描いていて、アインズという主人公を探ってますね。

アインズの感情を出していこうという気概が伝わってきましたし、
それが私の二期で不足していたオバロに求める物に一致して、
やや満足出来ました。

 サンキュー(25)
2018.10.13 20:29 shino73の評価 | 観終わった| 189が閲覧 ★★★☆☆ 3.6 評価対象: オーバーロードⅢ(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 3.5  声優 : 3.5  音楽 : 3.5  キャラ : 4.0

喝采せよ

以前、オーバーロードの真髄は、
コメディにあると宣言しましたが、
ナザリック面々の日常で始まるなんて、
これですよ、楽しい初回でしたね。
2期より格段に楽しくなってきた。
その後、世界征服に向けて、
着々と歩を進めることになるのでしょう。

しかし原作を知らない僕は、
隣国がどこなのか、どの方向に進軍しているのか、
登場人物も多く名前もわからない始末(笑)

ウィキを調べては頑張っていますが、
何と「五大最悪」なるものを発見しました。
それぞれが領域守護者とのことですが素晴らしい。
今期で出てくるのでしょうか?
その名もニューロニストペインキル。
期待しています。

最終話視聴追記。
やはり壮大なファンタジーとしては、
アニメでは難しいのでしょうね。
シンプルな構造を取れませんから。
成功例を知らないかも。
魔導国建国、いよいよ歴史の表舞台へ。
当初の目的を忘れそうになりますが、
これで良いのでしょう。
活字では面白いのだろうなと言うのが、
率直な感想ですかね。

 サンキュー(47)
2018.10.13 18:19 アデューの評価 | 観終わった| 23が閲覧 ★★★★☆ 4.6 評価対象: オーバーロードⅢ(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 4.0  声優 : 4.5  音楽 : 4.5  キャラ : 5.0

アインズ様 3期

今期夏アニメでは、個人的にアインズ様と進撃の巨人ぐらいしか、ドストライクがなかった。
3期は2期よりも楽しく視聴できた。これからというところで最終回w
4期お願いします。

 サンキュー(5)
2018.10.13 17:58 maquitの評価 | 観終わった| 38が閲覧 ★★★☆☆ 3.2 評価対象: オーバーロードⅢ(TVアニメ動画) 物語 : 2.5  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 4.0  キャラ : 3.5

び、美人局?

★★★☆☆(3.5)

イケるかも?って、その気にさせといて
散々先延ばしにする詐欺が横行しているようだ。

2期から続く各エピソードは
{netabare}各守護者の対応力と成長を促すためのテストを兼ねたもの{/netabare}ってことは
頭ン中じゃ分かっているけど、
どうも物語としての達成感に乏しい。
盛り上がりそうなフリはあるんだけど、
振り切れることなく、ハーフスイングって感じだ。

それでも期待しちゃうのは
1期のクレマンティーヌやシャルティアとの
胸のすくような闘いがあったからこそなんだが、
思い返すと、
2期以降では、それ以上に興奮したシーンは記憶していない。

あぁ、そろそろ決断せねばならないだろうか
「あんまし面白くない」って


要因は
{netabare}すべてアインズ(モモンガ)にあると結論づけてみる。
綿密に練られた作戦のようでありながら、
時に場当たり的で、人間臭い姿を見せるアインズには
大きな期待が肩透かしを食らいそうで少し不安を感じ始めている。
同時に、
個別のエピソードは、それぞれ完結しているようで、
どこか一連の大きな物語性を帯びているようにも感じるけど、判別できない。
それが本当に世界征服だというなら少し陳腐すぎやしないか。{/netabare}

ともかく、
見終えた時の感情は、まさに答え合わせのできない問題集のようで
落ち着かないというか、もどかしい。
これは4期を待つしか無いのだろうか?

 サンキュー(11)
2018.10.11 17:03 tikiの評価 | 観終わった| 20が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: オーバーロードⅢ(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

タイトル

{netabare}
第001話 支配者の憂鬱
第002話 カルネ村再び
第003話 エンリの激動かつ慌ただしい日々
第004話 東の巨人、西の魔蛇
第005話 二人の指導者
第006話 死出への誘い
第007話 蜘蛛に絡められる蝶
第008話 一握りの希望
第009話 舌戦
第010話 戦争準備
第011話 もう一つの戦い
第012話 大虐殺
第013話 PVP
{/netabare}

 サンキュー(0)
2018.10.11 13:11 あにすきーの評価 | 観終わった| 84が閲覧 ★★★★☆ 4.1 評価対象: オーバーロードⅢ(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 4.5  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

今回から

ダークは大人し目でほのぼのギャグ路線なの?
前回までよりもアルベルトの控えめな胸がいいかなと

 サンキュー(8)

オーバーロードⅢのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
オーバーロードⅢのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

レビューを条件で絞り込む
ネタバレ状況
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
キーワード
表示形式
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。