「喰霊-零-(TVアニメ動画)」

総合得点
88.6
感想・評価
4451
棚に入れた
19803
ランキング
77
★★★★☆ 4.0 (4451)
物語
4.1
作画
4.0
声優
3.8
音楽
3.9
キャラ
4.0
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

喰霊-零-の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

クロ さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

意味のある死に方なんて、 あるのかな。

原作未読。


内容は1,2話がいきなりの急展開。多くの視聴者は引き込まれるはず。その後、主要キャラが出てきて分かりやすいストーリーへと変わっていく。いつの間にか感情移入をしていて、中盤、後半とも目が離せない展開が続き、あっという間に最終話まで見てしまう。
若干最初の話が分かりづらいかもしれないが、後半への複線であるので我慢してでも見て欲しい。そうすれば、前述した素晴らしい展開に息を呑むはず。

作画としては上手い。変なデフォルメも無く見やすい。
CGは最初は違和感を感じたが、慣れれば普通。
全体的に暗めだが作風に合っているので○

BGMがまた素晴らしいです。
感動のシーンでは思わず泣いてしまうほど、場面を引き立てていた。その他の戦闘シーンでなどでもそれぞれの場面を引き立てていた。
OP,EDは初回の数回がカットされていた。最初は適当な作りだと思っていたが、急展開であるが故のものだった。落ち着いてくる中盤では一気にOP,EDの存在感が増してくる。

萌要素はなく作品で取り上げてる題材がとても大人向け。
厳しい家柄での父親から娘への愛。
辛い環境で姉が妹を守りたいという愛
妹の姉への尊敬にも似た愛。
自分しかできない仕事をしなければいけないという使命感。
そして叶わない想い。

投稿 : 2020/07/09
閲覧 : 121
サンキュー:

4

ネタバレ

臣隠悶 さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

1話話題に上がりスギィ!

話の構成がとてもうまい作品になっています。※黄泉と神楽は合わせて姉妹と呼んでます。
2.3話で黄泉と神楽の出会い、4.5話で姉妹の日常、6話で急展開、7〜9話で姉妹にそれぞれの変化の結果決定的な対立ができ、10〜12話で姉妹の変化の結果が描かれる。
神楽の成長の過程と黄泉の周囲への絶望(闇堕ちと言っても良い。)の過程を二人の交流を交えながら繊細に描いた作品です。
自分が根本的に方や成長、方や絶望、と言った対の感情の変化が好きなので、この作品は自分のみたいものをピンポイントに描いていました。(似たような展開になっている「アカメが斬る!」もお気に入りです、アカメが正義、クロメが悪と、姉と妹の立場は逆転していますが)
良い点として、非日常と日常を巧くスイッチする事ができており、ダレる事もないです。
また、今作は感情の機微を丁寧に描いており、
(神楽が姉の罪(堕落)に気付きつつも憧れの存在でいて欲しく目を背けていて、その事が黄泉には耐えられなかった←喋れず、携帯越しなのも上手い展開だと思います。グレンラガンでのアニキに憧れ、ついていくだけの思考停止してた頃のシモンに似てる。)
感情移入のしやすい作品となっている為、黄泉にも、神楽にもどちらの視点からも見れ、多角的に作品に没入することができる構成となっているのも良い点。
個人的に最終話の神楽の黄泉を信じきれなかった事を黄泉に懺悔するシーンは涙を抑えきれなかったです。
ちょくちょく挟まれる、姉妹間の日常描写、絶妙なスキンシップも百合展開の好きな方は楽しめるのではないでしょうか。
このアニメは詐欺アニメとよく言われ、1話の全滅のみが話題に上がりやすい作品ですが、この作品の本質は姉妹の成長の対比を細かい心情描写で描いている。という事なので、1話の詐欺展開は視聴者にインパクトを与える事には成功していると思いますが、物語の展開としてはむしろ必要なかったかと思います。(その分の尺を姉妹のスキンシップに使って欲しかった)
前日譚故に、回収しきれなかった伏線があるのも惜しいところ。
その点をマイナスにしたとしてもこの作品はキャラの感情、その結果の成長、堕落を絶望的な展開を通して巧く描いた作品だと思います。

投稿 : 2020/06/08
閲覧 : 149
サンキュー:

1

MMA原理主義者 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

1話で目玉飛び出ました

タイトルの読み方も知らないぐらい情報のない状態で見たので1話の衝撃は大変なものでした。
黄泉と神楽の関係や、何がどうなってああなるのかなど、興味を持って最後まで見れました。
そういう意味ではこの構成にやられたのかもしれません。
黄泉のキャラクターデザインが黒髪姫カットの帯刀JKという好きな要素てんこ盛りなのも良かったです。

投稿 : 2020/05/19
閲覧 : 146
サンキュー:

2

まぁちゃん さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

良いよぉ~

面白い。
テンポもかなり良い。
観終わった後に余韻を残すあたりが何回見てもいい感じ。
漫画の喰霊知らなくても楽しめる。
これは絶対見た方が良い。
ゾンビとか血とか出てくるからやや女性には向かないのかな。
でも絵は非常にきれいですよ。

投稿 : 2020/05/05
閲覧 : 166
サンキュー:

3

アガパンサス さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

セーラー服×日本刀の百合

人を次々と殺す「悪霊」を退治していく物語でストーリー自体は単純。
最初にいきなり登場人物が次々死んでいき、一瞬この流れが続くのかと思いきや話は意外な方向に。4話から初めてOPが流れるので、1話切りしないでほしい。
男もある程度登場するのでコテコテの百合でなくて最後まで一気に見れる。


・妹キャラが略服で白くしてあり、姉キャラが黒い制服だから、動画を動かしたときによく動きが映える
・君が大好き→本当は大嫌い→本当は大好きという流れは王道である
・最後に次々と味方がダメージを受けていくのも王道、でも全員死ぬことはなかった
・姉キャラの彼氏が最後までクソだったらそれはそれなりに面白かったが、そうはならなかった残念
・流血シーンがサッパリしていてあまりグロくない
・パンチラはなかった(こういうのには似合わないか?)。
・でもじゃれ合いシーンがサービスか

投稿 : 2020/05/05
閲覧 : 122
サンキュー:

3

got さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

面白いけども、面白いけども!!

観させるということに卓越した作品で、
引き、オチ、完璧で、さらにダブルヒロインの苦悩などは感情移入してこっちまで辛くなり、他の解決策もあったのではないかと、思わせます。

しかし、アニメだけなら完璧だったのですが、
原作の話の前を書く以上原作の世界感を壊してしまうのはあまり良くはないです。
いい話すぎて原作者も引っ張られてしまったのも原因だと思いますが、喰霊の文字を餓と間違えて喰にしたおっちょこちょいな原作者たちの描く不思議な世界観も大事にして欲しかったと思います。

投稿 : 2020/05/01
閲覧 : 157
サンキュー:

1

けやき さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

最初の衝撃が忘れられないアニメ

当時1話だけ見て数年後に続きを見たのですがかなり面白かったです。

投稿 : 2020/04/03
閲覧 : 139
サンキュー:

1

ネタバレ

もも さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

タイトルなし

愛するものを、愛を信じ殺せるか

投稿 : 2020/02/07
閲覧 : 76
サンキュー:

1

退会未定のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

本編に続くんだよね?

続かないの?

投稿 : 2019/12/10
閲覧 : 282
サンキュー:

2

ネタバレ

STONE さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

原作を知らないと

 原作は未読。
 インパクトではやはり1話かなあ。
 前述のように原作を知らないので、テレビ放映時は「防衛省超自然災害対策本部特殊戦術隊
第四課の面々が悪霊と戦っていく作品で、初回はメンバー紹介的内容なんだな」と思って
観ていたら、1話の終盤に日本刀持ったセーラー服のお姉ちゃんに皆殺されちゃって、呆気に
取られた。
 この殺された面々、それなりにいいキャスティングで随分と手間暇掛けた仕掛けだったなと。

 以後はこのセーラー服のお姉ちゃんである諫山 黄泉と、彼女の妹分的存在である土宮 神楽が
主体の原作の前日譚となるが、印象としては原作既読者向きの作品といった感じ。
 ストーリー自体はそれほど複雑なものではないし、展開、キャラの関係性などがうまく
まとめられているから、原作未読でも話が判らなくなるようなことはないけど、黄泉が不幸になり、
堕ちていく様とその悲劇的な結末をただただ見せられた感じで、そこにカタルシスはないし、原作
未読ゆえにキャラクターに思い入れもないしで、鬱々たる気持ちだけで終わってしまった。
 黄泉が可哀想だったゆえに、悪霊に転じてからのやりたい放題はむしろ「やれやれ」と思って
しまったけどw。

2019/12/08

投稿 : 2019/12/08
閲覧 : 241
サンキュー:

2

ウィラード さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

少女なのに哀愁感を感じた作品

百合作品ではあるのかな
別に百合描写は無いけど、ゆるい百合描写くらいですけど
友達以上百合未満みたいなもんでしょうかね

喰霊零は1クールで上手くまとめられている作品です
整合性があるだけで、面白くなるのが分かる作品だと思いました


少女が苦悩して吹っ切って戦うまでの話だと思いました
そこにどのような苦しみがあったのだろう それはこういった事があり漫画に続く といった感じです

漫画の前の話ですから
アニメ単体で普通に満足出来る作品であり
1クールでおすすめアニメの一つです

投稿 : 2019/11/30
閲覧 : 116
サンキュー:

2

ネタバレ

ゆっくり様 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 2.0 状態:観終わった

何だこれ

【物語】2.0
3話以降の姉妹が仲良しな場面は良かったです。ただ、黄泉が闇堕ちしてしまった部分がイマイチ共感出来なかった、というかついて行けなかったですね。結局黄泉は神楽を大切にしたいと言っておきながら仲間を殺しまくったり、憎しみ(?)に身を任せて暴虐の限りを尽くしたりと何がしたかったのでしょうか?黒幕である少年がチート過ぎてストーリーが破綻するレベルでバランスが崩壊してますね(結局黒幕はかすり傷ひとつつかずに終わりましたし)。強力なはずの味方が次々とあっさりやられ過ぎてポカーンとなっただけでした。終盤は感動的な場面のはずなのですが、中盤の時点で物語に対して魅力を全く感じなくなったためか、全く心が動かされませんでした。これでも結構アニメやドラマで泣くことが多い方ですが。ここまでキボーも救いもないと逆にシラケてしまうのがこのアニメを見て分かりました。

【作画】2.0
思ったよりグロ描写が多かったので注意です。作画は余り好きではありませんでした。

【声優】4.0
声優については全然サッパリですので、平均点に一番近い4.0にしました。

【音楽】4.5
EDや挿入曲は記憶に残ってないですが、OPが非常に気に入ったので、それだけで4.5をつけるに値するとしました。

【キャラ】2.0
結局何がしたいのかよく分からないキャラ、チート過ぎる外道キャラ、危機感がなさ過ぎるヘタレキャラ、一話の時点で退場した噛ませキャラ、とにかく魅力を全く感じさせないようなキャラが揃いに揃ってます。ただ、とーちゃんやホモがカッコよかったのと、ナブーが癒しなのが唯一の救いでした。一番感動的な場面は寧ろ雅楽と神楽の最期の親子愛の場面でした。

投稿 : 2019/11/20
閲覧 : 220
サンキュー:

2

ネタバレ

Ta93 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

かなり良い

1話で驚かされたのは初めて、それ以降もしっかりしていてかなり楽しめた作品

投稿 : 2019/10/27
閲覧 : 113
サンキュー:

2

ネタバレ

スマイル さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

過大評価かな

鬱アニメでした。ただ切ない。展開重いし、自分の好きなキャラが一気に死ぬのは心に来ますね。それとラストの黄泉VS神楽シーンは感動出来なかったですね、辛すぎる。あと自分の中で設定、展開など理解が追いつきませんでした。はっきりいって微妙でした。個人的に。

投稿 : 2019/09/29
閲覧 : 116
サンキュー:

1

tomledoru さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 2.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

白叡はかっこいい

正直言って,バトルホラーものは苦手です。環境省(本来は全然別の仕事だと思うのですが)が,死霊や化け物ゾンビ様なものを「刀」や現代兵器を使って倒す物語なのかとはじめは思いました。

白叡・鵺・管狐なんて現代版,陰陽師的な話かなとも思わせます。

話はだんだんと面白くはなってきますが,物語風のアニメとは違い,行間を読み取るような含みはあまりなく,文字通り描かれているものだけで,心は動かされるようです。

殺生石とそれを操る少年が話を急展開させていきますが,最後まで正体は最後まで分からずしまいなのは不気味です。

最後に,普通の「姉妹」以上に仲の良いふたりを引き裂いて,戦わなくてはならない運命になっていくのは「切なく」「やるせなく」涙を誘います。

キャッチフレーズの「愛するものを,愛を信じて殺せるか」というのは12話(最終話)あたりの話なのですね。

茅原実里の一部のOP・EDや声優はよかったです。

投稿 : 2019/09/27
閲覧 : 110
サンキュー:

2

ゼルミナ さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

途中下車不可能!一話ごとのヒキが強い。

2019再観。☆上方修正。

あまりに切なく、あまりに美しい物語ばかりに昔は目が奪われていたが、アニメとしての完成度も高い事を実感した。流石はあおきえい。

1話の例のアレばかりが語られるが、それを含めて、各話のヒキが強い。

言うまでもなく「約束された」ラストへ向けて、詰め将棋の様に物語とキャラクターが噛み合っていくさまには戦慄すら覚える。
もう先を知ってるのにも関わらず「どうして」「やめて」「待って」的な感情が後から後から湧いてくるのである。これはスゴイ。
ゼロ年代には割と見られた(そして10年代以降希少になった)「誰も悪くないのに全てが上手くいかない物語」の完成形の一つと言っていいと思う。
つまりは「完成された悲劇」なのだ。

主要キャラが「お務め」という宿命を背負っており、心を殺して無表情になるカットと、それでも溢れる感情をのぞかせるカットの繋ぎはホント上手い。
ラストバトルは挿入歌、殺陣、キャラの表情、美しい走馬灯と全てが調和した、個人的に全アニメ屈指の美しいシーンだと思う。

例の携帯電話をはじめ、とにかく描写が細かくぼんやりと見ていられない作品。また、口が動いているのにセリフが聞こえない描写も効果的に使われている。

まあ、つらつらと書いてきたが、本作の魅力の一半も伝えられていないという奇妙な自負がある。

とにかく見ろ、というの無責任かつ傲慢な物言いではあるが…
とにかく見てください。特に百合好きは必須と言っていいと思うぞ。

投稿 : 2019/09/03
閲覧 : 168
サンキュー:

1

ネタバレ

shino73 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

リインカーネーション

あおきえい監督作品、原作瀬川はじめ。
当時少年エースで連載の「喰霊」の前日譚。

この世に跳梁跋扈する悪霊や怨霊。
環境省「超自然対策室」の所属エージェントたち。
彼らの悪霊を祓う戦闘の日々を描く中で、
お互い退魔師という厳格な家系に生まれた、
黄泉と神楽の友情と葛藤をメインテーマに、
セーラー服×日本刀が勇ましいダーク系活劇。

悪霊は容赦なく心の隙間に忍び込み人格を破壊する。
除霊を生業とする家柄の少女を主人公に、
学園での日常パートもきちんと描かれ、
少し絵柄に時代を感じさせますが、
霊獣や法術や剣術による戦闘も優秀で、
衝撃的な序盤の展開も含め、お勧め出来る作品です。

愛するものを愛を信じて殺せるのか。
{netabare}まだ半人前の神楽にとって、
憧れであり姉代わりの存在だった黄泉。{/netabare}
宿命の果てに選んだそれぞれの道。
運命的な邂逅をする2人の結末。

美しくも残酷な物語。
楽しめる方も多いでしょう。

投稿 : 2019/09/01
閲覧 : 501
サンキュー:

62

ネタバレ

さとり さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

号泣した

友達とボイチャしながら一気観したのですが12話の「あなたを殺す」→ 回想で泣いてしまいました。声を聞かれたくなかったのでマイクをオフりました。記憶を消してもう一度見たい名作です。

投稿 : 2019/08/18
閲覧 : 133
サンキュー:

1

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

観終われば1クール屈指の良作

スタートがつまづきやすい展開ですが、回想故に引き込まれて一気見という作品ですね。
ダークファンタジー特有の引き込まれ感を味わいました。
個人的には1クール終了作品の中では、上位ランクです。

投稿 : 2019/08/02
閲覧 : 138
ネタバレ

nan-nan さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.2
物語 : 1.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

全く印象に残らない…。

こちらもよく見るタイトルですがサッパリ覚えていません(^_^;)
頑張って、日本刀?で戦うバトルもの!
二人には因縁が…。
というところで限界です…。

物語の評価に星一つということは、相当自分のツボに入らなかったのでしょう…。
逆にもう一度観てみたいですよ(^_^;)

投稿 : 2019/06/30
閲覧 : 130
サンキュー:

1

Ash-Lynx さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

独特なストーリー展開に一気見間違いなし

1~2話で攻殻の幽霊バージョンみたいな作品かと思ったら、人間関係が主軸の話だった。イタチとサスケの確執に日向家のお家騒動を混ぜたような感じで面白い。

全体的にストーリーがクリフハンガーを活かす独特な構造をしているので、どうも先が気になってしまい一気見してしまう。6~7話あたりから重い展開になっていきもう目が離せん。

最後の最後に出てきたやつが主人公なのかな?この作品はアニメが原作を超えてしまってるパターン(2003年版のハガレンみたいな)らしいけど、だからこそ2期が見てみたい。

投稿 : 2019/06/23
閲覧 : 145
サンキュー:

7

ネタバレ

kawadev さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

意外と人気がないのですね…

茅原実里さんの「Paradise Lost」を聞き、見てみようと思った作品。

キャッチコピーは「愛するものを、愛を信じて殺せるか」。

その意味を知った時に、自然と涙がこぼれる作品。諌山黄泉の気持ちも解るし、いきなり重荷を背負った、土宮神楽の気持ちも解るので、心が痛む。

投稿 : 2019/06/10
閲覧 : 155
サンキュー:

2

まあ君 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

主役の声

12話で上手く構成されていて見ごたえありました。
主役の声はどこかで聞いたことがあるなと思ったら、ハルヒの長門チャンだったのですね。しかもとても綺麗な方。ちょっとファンになってしまいました。。。
悪の親玉を倒す続編はないのですね?あったら是非見てみたいです。

ところで、初っ端に出てきた一団は結局何だったんでしょうか?

投稿 : 2019/05/25
閲覧 : 128
サンキュー:

1

ハウトゥーバトル さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ゼロだけどイチはない!

視聴理由 茅原実里さん

序盤 へ?

中盤 あ、これめっちゃおもしろいやつだ

終盤 この続きが見たくなるような終わり方...まさか

この話は本編導入の脚本構成のみならず、公式サイトのフェイクまで用意した数少ない作品
内容的にはある二人の少女の因縁の話
調べたところ漫画の「喰霊」の2~5年前の話。「続きが読みたいやつは漫画買え!」てことかな?やばい。超買いたい。

内容に「因縁」て書いたけど受け取る人にとっては「偶然」と感じるかも
だから是非みんなレビューを書いてね

あものすごく面白かった。すれ違いや思い込みもありながらも彼女たちの信念は一ミリもかわっていない。彼女らは「姉妹」になりたかった。のかな...
キャラには好感が持てる。全キャラに...嘘ついた。全人間に好感がもてる。あの黄泉だって、ちゃんとした強い思いを芯として戦ってる。

視聴理由である茅原実里さんは主人公の声と主題歌を担当していた。主題歌は菊田大介さんが作曲・茅原実里さんが歌唱してる。「Paradise Lost」超神曲。やっぱこのコンビは最高だなぁ。
作画は普通。だけど戦闘シーンは綺麗でよかった。

良作
みるべき

投稿 : 2019/05/04
閲覧 : 191
サンキュー:

12

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ヨミお姉ちゃん。。わすれないよ。。

あらすじはあにこれのを見てね☆


まえに1話だけ見て
にがてなバトルのアニメだって思って
やめちゃってた。。

でもあにこれですごいレビュー読んで
また見はじめちゃった


はじめはほんとにバトル
しょうがないバトル。。

でも
カグラとヨミお姉ちゃんが会ったときから
おはなしがぜんぜんかわっちゃったネ

しばらくはちょっとくらかったケド
ナブーのふた子の兄弟とか
クスクスってわらっちゃうところは多かったなぁ♪

{netabare}いっしょにおふろに入ったり
クルマの中で2人でポッキーのとり合いとかって{/netabare}
男子むけなんだろうな~って思ったケド
すっごい2人の気もちがつたわってきちゃった(うん)

ほんとに悲しくなってきたのは
4話くらいからだったかな?
{netabare}やさしい先生を。。大すきな先生を。。
かぐらが切らなくっちゃいけなくなってからだよね(ぐすん。。)

自分はイヤなのにおつとめだからって
やっちんとミクちゃんの見てるまえで。。って
見ててなみだが出てきちゃって。。
スグにつぎを見たらもっと悲しくなっちゃった

自分でもイヤなことしちゃって
こころの中ぐちゃぐちゃになっちゃってるのに

2人のお友だちにも分かってもらえなくって
あんまり悲しすぎ。。るよね(うわーん。。)

メイさんが出てきたころから
ちょっとイヤな感じがしてたんだ。。

でも。。あんなことするなんて!

それからいろいろあって
ヨミお姉ちゃん。。ボロボロだったね。。
ツヨイ気持ちもってたから
みんなには分からなかったのかも

でもにゃんには分かったよ
ヨミお姉ちゃんのこころの中も
ぐちゃぐちゃだったんでしょ(ねぇ。。)

自分のほんとの気持ち考える
そんな間もなくって

悲しいのか。。うらんでるのか。。
自分でも分からなくなっちゃったんだよね
そうなんでしょ?

そんなお姉ちゃんの気もちが
あのセッショウセキをもった子が
それはウラミだよ。。ニクシミだよ。。って
おしえて

それで
お姉ちゃんはまちがって信じちゃったんだって
にゃんは思うよ(うん!)

だからそのあと
たくさん人をころしたりしちゃったのは
ゼッタイしちゃいけないことだったケド

おちついてきて
じぶんのほんとの気もちが見えてきたら

これじゃいけない。。って
自分はいなくならなくちゃいけないんだ。。って
分かったんだよね{/netabare}

にゃんはおわりの方
なみだが止まらなかった。。

でも
さいごの方は
ふつうのバトルみたいになっちゃいそうで
もっと2人のおはなし見たかったケド
やっぱり
ここでおわっちゃうのがいいのかなぁ。。

    

投稿 : 2019/05/02
閲覧 : 1460
サンキュー:

276

ネタバレ

ダビデ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

前日譚からの本編は??

原作未読で視聴しました!
漫画で連載されてた話の前日譚のようですね。
漫画が好きな人は、より一層楽しめる内容でしょう。
そして、前日譚で、ここまで面白いのであれば、もし、本編がアニメ化されたら面白いことは確実ですね。

内容としては、{netabare}ちょっと、武器とか悪霊に、中二病要素があるのが気になりましたが、悪霊退治系アクションで、描写も良かったです。
前知識なしでの視聴で、構成が、「回想多!!」から「回想がメインか!!」から「ようやく繋がった~(ホッ)」って感じでした。{/netabare}

そして、前日譚という言葉を知らずに、前日談だと思って、今まで使用していたのですが、この作品で、知ることができました。

投稿 : 2019/03/22
閲覧 : 218
サンキュー:

15

プクミン さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:途中で断念した

パチスロから興味を持ちました

このアニメを観るきっかけは、パチスロです。
それはさておき、OPの『Paradise Lost』いいですよね。
内容ですが、1話で主人公達が全然出て来ません。
2話でいきなり、主人公の二人が戦います。
3話で過去の回想シーン。
だけど、全然内容が分からず断念。

投稿 : 2019/02/27
閲覧 : 212
サンキュー:

3

北海イクラ さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

戦闘

退魔師である二人の女子高生の愛憎の物語です。

https://www.nicokira.com/animation/
ファンによる熱いレビュー

知名度の低さからこの作品に出会うのに時間がかかりました。
全話見終えた自分が言えることは、知名度の低さと作品の面白さは関係ないということです。
これだからアニメコレクトはやめられない。








??ハンター『(三途河カズヒロ)お前さえいなければッッッ!!皆は幸せに生活出来たんだよ!絶対に許さないぞッ!絶対に―――』

投稿 : 2019/02/07
閲覧 : 142
サンキュー:

1

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

二人を好きになれれば!

このアニメは、「一番描きたかった部分」はとても素晴らしいです。

二人の女の子、神楽と黄泉のことを好きになれば、
ラストへの感情の高まりも相当なものになると思います!


ただ、1クールで短いにも関わらず、中間部分は若干薄い印象になってしまうかもしれません。




さっと見ることができるのでお勧めですが、



どの程度楽しめるかは、

視聴者がそれぞれの生い立ちなども考慮して、

どれほど二人の心情に近づくことができるかにかかっているかもしれません。



ちなみに、音楽は最高ですよ!

投稿 : 2019/02/05
閲覧 : 269
ネタバレ

oneandonly さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

後半、OP曲にノリノリになりました

世界観:7
ストーリー:8
リアリティ:6
キャラクター:6
情感:7
合計:34

<あらすじ>
憎しみに揺れる魂を目覚めさせたのは誰?それは――闇の街を彷徨う、哀しみに暮れる迷い人。運命の絆で繋がれた二人は――
――宿命の鎖を断ち切り、悪霊を討つ
首都高速で、大規模火災が発生した。消防活動を行う消防士たちの前に、シーカーを装備した防衛省の特殊部隊が舞い降りる。 彼らは悪霊が原因の災害を専門に扱う部隊であった。特殊武器で次々と悪霊を抹殺し、火災も鎮火へと向かうはず、だったのだが・・・。
(公式サイトより)

キャッチしている方の評価が高いようだったので視聴しました。
元々、「喰霊」という原作があり、その2~5年前が舞台となっているアニメです。だから、零が付いているのでしょう(Fate Zeroと同じ感じでしょうか)。

超自然災害である悪霊が街を襲う設定、ノンストップ放課後退魔アクション物ですが、カテゴリーや乱紅蓮ら霊獣についても物語の進行にあわせて理解できるようになっています。冒頭の{netabare}主人公かと思ったキャラたちが殺されていく{/netabare}エピソードは衝撃的です。

当初は、日本刀を持ち、剣術に長けた女の子たちが戦う展開に違和感があったわけですが、神楽と黄泉の2人が出会い絆を深めていく過程、なぜ死合うことに至ったのかの描写が丁寧で引き込まれました。

{netabare}特に8~9話の流れが凄かったですね。黄泉が許嫁が離れていったこと、家族同然の親友の言葉が引き金となって殺生石を受け入れ、落ちていくところは痛々しいほどの抉り出しでした。神楽に嫉妬して襲った黄泉と神楽を助けたいと願った黄泉、どちらが本当の黄泉の気持ちなのかということに結論が出るほど人間の深層心理は単純じゃありません。どんな人間にも怒り、憎しみ、嫉妬は無意識の層にあるでしょうからね。死なない体が手に入ったら(人間でなくなったら)、そして善良な意識がなくなったら、人間何をするかわかりません。

どうなるかと思いましたが、最後の展開は予想通りに落ち着きました。{/netabare}

後半は、OPソングである「Paradise Lost」に嵌ってしまいリピートしていました^^

1クール12話ですからすぐ見終わりますし、後半の盛り上がりになかなか見ごたえがある良作。ダークな作風(画面は灰色が多かったイメージ)、残酷なシーンもあるので、グロが無理な方でなければおすすめできます。
原作部分もアニメ化してくれれば見たいですね。

<2019.1.15追記>
1話の衝撃、OP曲、黄泉が落ちるエピソードなどで良作評価をしていますが、見直そうという気にはならない点、終盤があまり楽しめなかったこと、他作品との相対評価も踏まえ、調整することとしました。

(3話3.8→8話4.0→9話4.4→12話4.2→調整4.1)
(2016.4視聴、2019.1調整)

投稿 : 2019/01/15
閲覧 : 328
サンキュー:

43

次の30件を表示

喰霊-零-のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
喰霊-零-のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

喰霊-零-のストーリー・あらすじ

憎しみに揺れる魂を目覚めさせたのは誰?
それは闇の街を彷徨う、哀しみに暮れる迷い人。
運命の絆で繋がれた二人は…宿命の鎖を断ち切り、悪霊を討つ 。(TVアニメ動画『喰霊-零-』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2008年秋アニメ
制作会社
AIC / アスリード
公式サイト
www.ga-rei.jp/top.html
Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/%E5%96%B0%E9%9C%8A
主題歌
≪OP≫茅原実里『Paradise Lost』≪ED≫水原薫『夢の足音が聞こえる』

声優・キャラクター

水原薫、茅原実里、高橋伸也、相沢舞、土谷麻貴、白石稔、稲田徹、若本規夫、平松広和、松元惠、小村哲生、麦人、石森達幸、田中涼子、城山堅、升望、堀川千華

スタッフ

原作:瀬川はじめ(月刊『少年エース』連載、角川コミックス・エース刊)、 監督:あおきえい、シリーズ構成:高山カツヒコ、キャラクターデザイン:堀内修、企画プロデューサー:伊藤敦、アニメーションプロデューサー:平松巨規/松嵜義之、プロップデザイン:岡田万衣子/江田恵一、モンスターデザイン:栗田新一、美術監督:海野よしみ、色彩設定:福谷直樹、撮影監督:森下成一、編集:伊藤潤一、音響監督:鶴岡陽太、音楽:上松範康、音楽制作:ランティス

このアニメの類似作品

この頃(2008年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ