「喰霊-零-(TVアニメ動画)」

総合得点
88.6
感想・評価
4333
棚に入れた
19057
ランキング
53
★★★★☆ 4.0 (4333)
物語
4.1
作画
4.0
声優
3.8
音楽
3.9
キャラ
4.0
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

プクミン

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:途中で断念した

パチスロから興味を持ちました

このアニメを観るきっかけは、パチスロです。
それはさておき、OPの『Paradise Lost』いいですよね。
内容ですが、1話で主人公達が全然出て来ません。
2話でいきなり、主人公の二人が戦います。
3話で過去の回想シーン。
だけど、全然内容が分からず断念。

投稿 : 2019/02/27
閲覧 : 45
サンキュー:

2

北海イクラ

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

戦闘

退魔師である二人の女子高生の愛憎の物語です。

https://www.nicokira.com/animation/
ファンによる熱いレビュー

知名度の低さからこの作品に出会うのに時間がかかりました。
全話見終えた自分が言えることは、知名度の低さと作品の面白さは関係ないということです。
これだからアニメコレクトはやめられない。








??ハンター『(三途河カズヒロ)お前さえいなければッッッ!!皆は幸せに生活出来たんだよ!絶対に許さないぞッ!絶対に―――』

投稿 : 2019/02/07
閲覧 : 30
サンキュー:

1

退会済のユーザー

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

二人を好きになれれば!

このアニメは、「一番描きたかった部分」はとても素晴らしいです。

二人の女の子、神楽と黄泉のことを好きになれば、
ラストへの感情の高まりも相当なものになると思います!


ただ、1クールで短いにも関わらず、中間部分は若干薄い印象になってしまうかもしれません。




さっと見ることができるのでお勧めですが、



どの程度楽しめるかは、

視聴者がそれぞれの生い立ちなども考慮して、

どれほど二人の心情に近づくことができるかにかかっているかもしれません。



ちなみに、音楽は最高ですよ!

投稿 : 2019/02/05
閲覧 : 160
ネタバレ

oneandonly

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

後半、OP曲にノリノリになりました

世界観:7
ストーリー:8
リアリティ:6
キャラクター:6
情感:7
合計:34

<あらすじ>
憎しみに揺れる魂を目覚めさせたのは誰?それは――闇の街を彷徨う、哀しみに暮れる迷い人。運命の絆で繋がれた二人は――
――宿命の鎖を断ち切り、悪霊を討つ
首都高速で、大規模火災が発生した。消防活動を行う消防士たちの前に、シーカーを装備した防衛省の特殊部隊が舞い降りる。 彼らは悪霊が原因の災害を専門に扱う部隊であった。特殊武器で次々と悪霊を抹殺し、火災も鎮火へと向かうはず、だったのだが・・・。
(公式サイトより)

キャッチしている方の評価が高いようだったので視聴しました。
元々、「喰霊」という原作があり、その2~5年前が舞台となっているアニメです。だから、零が付いているのでしょう(Fate Zeroと同じ感じでしょうか)。

超自然災害である悪霊が街を襲う設定、ノンストップ放課後退魔アクション物ですが、カテゴリーや乱紅蓮ら霊獣についても物語の進行にあわせて理解できるようになっています。冒頭の{netabare}主人公かと思ったキャラたちが殺されていく{/netabare}エピソードは衝撃的です。

当初は、日本刀を持ち、剣術に長けた女の子たちが戦う展開に違和感があったわけですが、神楽と黄泉の2人が出会い絆を深めていく過程、なぜ死合うことに至ったのかの描写が丁寧で引き込まれました。

{netabare}特に8~9話の流れが凄かったですね。黄泉が許嫁が離れていったこと、家族同然の親友の言葉が引き金となって殺生石を受け入れ、落ちていくところは痛々しいほどの抉り出しでした。神楽に嫉妬して襲った黄泉と神楽を助けたいと願った黄泉、どちらが本当の黄泉の気持ちなのかということに結論が出るほど人間の深層心理は単純じゃありません。どんな人間にも怒り、憎しみ、嫉妬は無意識の層にあるでしょうからね。死なない体が手に入ったら(人間でなくなったら)、そして善良な意識がなくなったら、人間何をするかわかりません。

どうなるかと思いましたが、最後の展開は予想通りに落ち着きました。{/netabare}

後半は、OPソングである「Paradise Lost」に嵌ってしまいリピートしていました^^

1クール12話ですからすぐ見終わりますし、後半の盛り上がりになかなか見ごたえがある良作。ダークな作風(画面は灰色が多かったイメージ)、残酷なシーンもあるので、グロが無理な方でなければおすすめできます。
原作部分もアニメ化してくれれば見たいですね。

<2019.1.15追記>
1話の衝撃、OP曲、黄泉が落ちるエピソードなどで良作評価をしていますが、見直そうという気にはならない点、終盤があまり楽しめなかったこと、他作品との相対評価も踏まえ、調整することとしました。

(3話3.8→8話4.0→9話4.4→12話4.2→調整4.1)
(2016.4視聴、2019.1調整)

投稿 : 2019/01/15
閲覧 : 225
サンキュー:

42

ネタバレ

dbman

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

びっくりくりくりくりっくり

{netabare}第一話にしてまさかの“主要人物全員死亡”という、アニメは第一話で切っちゃいけないものと思い知らされた衝撃作。

“第一話放送時まで、公式サイト上および各アニメ雑誌においても、「第四課の観世トオルを中心としてシナリオが展開されていく」と報じられ、視聴者に大きなフェイクを仕掛けた演出意図、構成が計られていた。”という、大仕掛けっぷりには「ほえ~」と圧巻するばかり。{/netabare}

もう二度と使えないその手法にも心底驚かされたが、そこからの展開はおまけになっちゃうのかな? なんていう心配は徒労で、物語はここからが加速し「愛するものを、愛を信じて殺せるか」をテーマに織り成される神楽(茅原実里)と黄泉(水原薫)の“血を超えた姉妹愛”には感情移入せざるをえなく涙なしでは観られないものとなっていました。

また記さずにはいられないのが、メインヒロインでもある神楽役の茅原実里さんが唄うテーマ曲『Paradise Lost』は、この作品に必須で、あまりこの言葉を使いたくないが“神”すぎる曲。作中でこのイントロが流れはじめたときは鳥肌モノ。これを書いていたらまた聴きたくなってきたので久しぶりにYOUTUBEにある公式MVを覗いたら100万回再生を超えていました。(やっぱみのりんはエロカッコカワイイのうw)

2008年放送当時に視聴した為ところどころ記憶が薄いので、この辺までにしておきますが、この『喰霊-零-』も文句なしにお気に入りの一作として胸に刻まれています。この時期無性にポッキーにはまってしまったのは私だけじゃないはずw

投稿 : 2018/11/03
閲覧 : 173
サンキュー:

17

ネタバレ

ワドルディ隊員

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

愛と憎悪は紙一重

このアニメは、瀬川はじめ氏の漫画「喰霊」を
基に制作された前日談である。
話の流れが、原作へ続くように構成されているため、
漫画を読むのはアニメを見終わった後の方がいいと思われる。
私自身、原作は未読のため、漫画についてのコメントはできない。

このアニメは、時系列通りに進まないため、
その点は踏まえたうえで視聴した方が良い。

また、グロ要素を含む上に、鬱回も存在するため、視聴前に
耐性をつけておくことを推奨する。

時系列としては
3~9話→1.2話(10話)→11.12話である。

1話は、みなさんがコメントされている通り、衝撃だった。
あいつが本当の主人公かと思っていたため、
見事に騙されたといった感じ。いきなり、みんな死んだから。
掴みとしては十分だと思う。
2話は、11話に向けての繋ぎの回のため、見ておかないと
分かりにくいと思われる。
ただし、きちんと伏線は回収されるので安心して欲しい。

3話~9話は、1.2話に向けての回想となる。
日常回も程よい割合に存在している。
百合アニメかと思ったほど、イチャイチャシーンもあるため
その手の作品が好きな人は見るとオオッと驚きそうだ。
後、一部シーンでホモ描写がある。ちょっとびっくりした。
比較的テンポも良く、あまり飽きないため
個人的には見やすいかと思われる。

1.2話は、重要な回なので見るべきだとは思うが
人によっては、3話から見た方がいいだろう。
いくらなんでも、唐突すぎる上に説明不足な点は
否めないため、話についていけない。

私としては、ぶっちゃけ10話はいらないので、11話構成にするか、
別の話を入れるべきだと思った。
視点を、神楽に変えただけなので蛇足だと感じたからだ。
室長の過去の話でもよいし、3年前の事件についてでもいい。
いっそのこと、マイケル師匠回にしても問題ないと思う。
出番はほとんどなかった故に、武器が本体で、
師匠がアシストだというイメージしかないのだ。
紀之の心を弱さを、あの回で説明するのが狙いなのだろうが、
非常にもったいない印象を受けた。

なぜか、視聴後に室長が好きになっていた。
どうせ指示を出すだけの存在だろうと思っていたが、
終盤で意外な活躍を見せてくれた。
驚きを隠せなかった。室長回が欲しいと思った理由でもある。

鬱要素も、中々レベルが高い故に
耐性がないと引きずりやすいと感じる。
個人的には、良作だと思う。

投稿 : 2018/09/18
閲覧 : 209
サンキュー:

23

塩谷ナオ

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

過去編の話だが原作を知らなくても楽しめます。この姉妹の生き様を見よ!!

全12話

一番の良い所:物語の完成度も高く二人の主人公が良く描かれている

一番の悪い所:前半は明るいが後半は急に暗い展開になるので、そういうのが嫌いな人は辛いかも

感想:あまり話に関係の無い特戦四課の全滅の1話も演出的には面白かった

投稿 : 2018/08/20
閲覧 : 320
サンキュー:

9

ガングニール

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

12話で見やすい

12話でとても見やすい作品です。2期も少し期待してしまいました。私はOPがとっても好きでそれがきっかけで見始めました。少し鬱なところもありますが私のお気に入りの作品です。

投稿 : 2018/08/14
閲覧 : 91
サンキュー:

1

あすは

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

良作品

全12話で見やすかったです。1話が結構有名ですが、確かに驚きました。一気見もしやすい作品ではありました。
物語は最初に伏線を張って少しずつ回収していく感じでした。特に退屈な回もなく、しっかり見せ場を作っていてよかったです。最終話の最後で続編が出そうな終わり方でしたが、もう10年くらい前の作品なので可能性は低いのかなぁ…。
作画は普通でした。若干、作画が気になった部分もありましたが、概ねよかったかと。
声優さんはあまり詳しくないので、そこまで気にしていなかったのですが、茅原実里さんが神楽を担当していたことに最後で気づきました。(遅い)
曲はopが神でしたね。挿入歌もよくよく聞くと、とてもいい曲ばかりで…。
この作品は特にはこれと言った好きなキャラはいませんでしたが、姉妹の楽しそうにしてるシーンは和みましたね。(^^)
最後に適当な感想ですが、高く評価されてるということがとてもよくわかりました。最初はホラー系かと思っていたのですが(間違ってはいないかな?)誰でも楽しめる内容で見てない人には是非見てほしいと言ってみたくなるいいアニメでした。

投稿 : 2018/08/07
閲覧 : 86
サンキュー:

3

ネタバレ

モウ

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

一話がどうの・・・

良く1話がどうのと言われますが
よく考えると2話以降のストーリーが
よくできていると思います。

黄泉がだんだんと穢れていく(作品が違いますが)様子と
神楽との関係性を考えると愛にあふれた作品だと思います。

次回作を出してほしい作品候補代表格ですね。

投稿 : 2018/08/04
閲覧 : 136
サンキュー:

11

ゆい

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

切ない

シリアス鬱。
あんなに仲のよかった姉妹が、最後戦わなくちゃならないのは可哀想だったなぁ
凄く切なくて悲しいお話だけど、なぜか涙はでなかった!
おそらくスマホでみて動画とまったりしてたからかも。出来れば今度からはテレビでみたいとおもった。

この作品も沢山人が死ぬ!

投稿 : 2018/07/16
閲覧 : 77
サンキュー:

1

ぱに

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

いつの世も人の敵はヒト

全24話
原作未読

序盤が衝撃的すぎて混乱した。
ふぁ!?もう終わり?


日常回で主要人物の掘り下げが出来ないのが残念だったかな。話数的に。
(まぁそこまで魅力溢れるキャラクターは多くないが)


謎が謎のまま終わったので、分かるような伏線があったらよかったかなぁ。
(気づいていないだけならごめんなさい)

投稿 : 2018/06/20
閲覧 : 49
サンキュー:

1

ネタバレ

にゃん^^

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ヨミお姉ちゃん。。わすれないよ。。

あらすじはあにこれのを見てね☆


まえに1話だけ見て
にがてなバトルのアニメだって思って
やめちゃってた。。

でもあにこれですごいレビュー読んで
また見はじめちゃった


はじめはほんとにバトル
しょうがないバトル。。

でも
カグラとヨミお姉ちゃんが会ったときから
おはなしがぜんぜんかわっちゃったネ

しばらくはちょっとくらかったケド
ナブーのふた子の兄弟とか
クスクスってわらっちゃうところは多かったなぁ♪

{netabare}いっしょにおふろに入ったり
クルマの中で2人でポッキーのとり合いとかって{/netabare}
男子むけなんだろうな~って思ったケド
すっごい2人の気もちがつたわってきちゃった(うん)

ほんとに悲しくなってきたのは
4話くらいからだったかな?
{netabare}やさしい先生を。。大すきな先生を。。
かぐらが切らなくっちゃいけなくなってからだよね(ぐすん。。)

自分はイヤなのにおつとめだからって
やっちんとミクちゃんの見てるまえで。。って
見ててなみだが出てきちゃって。。
スグにつぎを見たらもっと悲しくなっちゃった

自分でもイヤなことしちゃって
こころの中ぐちゃぐちゃになっちゃってるのに

2人のお友だちにも分かってもらえなくって
あんまり悲しすぎ。。るよね(うわーん。。)

メイさんが出てきたころから
ちょっとイヤな感じがしてたんだ。。

でも。。あんなことするなんて!

それからいろいろあって
ヨミお姉ちゃん。。ボロボロだったね。。
ツヨイ気持ちもってたから
みんなには分からなかったのかも

でもにゃんには分かったよ
ヨミお姉ちゃんのこころの中も
ぐちゃぐちゃだったんでしょ(ねぇ。。)

自分のほんとの気持ち考える
そんな間もなくって

悲しいのか。。うらんでるのか。。
自分でも分からなくなっちゃったんだよね
そうなんでしょ?

そんなお姉ちゃんの気もちが
あのセッショウセキをもった子が
それはウラミだよ。。ニクシミだよ。。って
おしえて

それで
お姉ちゃんはまちがって信じちゃったんだって
にゃんは思うよ(うん!)

だからそのあと
たくさん人をころしたりしちゃったのは
ゼッタイしちゃいけないことだったケド

おちついてきて
じぶんのほんとの気もちが見えてきたら

これじゃいけない。。って
自分はいなくならなくちゃいけないんだ。。って
分かったんだよね{/netabare}

にゃんはおわりの方
なみだが止まらなかった。。

でも
さいごの方は
ふつうのバトルみたいになっちゃいそうで
もっと2人のおはなし見たかったケド
やっぱり
ここでおわっちゃうのがいいのかなぁ。。

    

投稿 : 2018/06/11
閲覧 : 1250
サンキュー:

265

錯乱坊

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

切ない話です

1話の仕掛けにびっくりしました。最初に見たときにはディスクにエラーがあっていきなり最終回に飛んでしまったのかと思ったぐらいです。
(北米版BDでの視聴だったもので何があっても不思議はない)

ちなみにamazon.comで日本のアニメが格安で手に入った円高時代にまとめて購入した中の1つだったので背景や日本での放送時の状況などは全く知りませんでした。

アニメが良かったので原作コミックを購入して読みましたが、この作品に関してはアニメの方がはるかに良いできです。(原作者並びに原作ファンの方ごめんなさい)

時系列的には、-零-となっているだけあって、原作コミックの前日譚になっています。(ネタバレになるので書けませんがとある悪霊がなぜ悪霊になったのかのお話です)

作画、特に戦闘シーンの出来がとても良く、少女が日本刀でバトルするシーンのカッコよさは特筆ものですね。

後半の話の展開が結構陰惨で暗いので好き嫌いが分かれるかもしれませんが、(絵柄がぜんぜん違いますがその辺りはまどマギに似ているかも)一見の価値のある作品だと思います。

(キャラの評価が少し低いのは、キャラの絵が悪いからではなく、卑劣なキャラやうじうじしたキャラが出てくるからです、念のため)

投稿 : 2018/05/17
閲覧 : 80
サンキュー:

3

ネタバレ

雀犬

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

セーラー服と日本刀

 -さよならは 別れの言葉じゃなくて再び逢うまでの遠い約束-

おいおっさんネタが古すぎるぞと言われそうですが
「セーラー服と機関銃」は俺が生まれる前の映画ですからね!

†概要
原作「喰霊(がれい)」は2005-2010年に月刊少年エースに連載されていた退魔アクション漫画です。
悪霊が蔓延る日本で政府の対策室に所属する退魔師と悪霊たちの闘いを描く新感覚ホラー。

「喰霊-零-」は2008年放送のアニメですが、
原作の過去の世界(5年前~)を舞台にしたオリジナル色の強い内容になっています。
またかなり変則的なシナリオ構成でして、のっけから意表をつく展開となっております。
そのためネタバレなしで感想を書くのがとても難しい。
「グロ、女子高生、バトル、鬱展開、百合、悪霊、日本刀、首チョンパ」
などの物騒なワードに「面白そう!」と反応される御仁は気に入るかもしれませぬ。
まぁ、「好きな人は好き」というタイプのアニメですね。
俺?もちろん好きに決まっているじゃないか!

†感想
{netabare}
「なにこの和製ゴーストバスターズ」と思いながら呑気に見てたら、
第1話の最後で隊員が全滅するもんだからびっくりですよ。
夜神月の「くそっ やられた」状態です。
後から知ったのですが、実は放映前に公式が主人公は観世トオルだと発表してて
視聴者はみんな騙されたらしいのです。うーん凝っていらっしゃる。
賛否両論あるようですが、ここまで作り込んだドッキリなら「アリ」だと思います。

↓ちなみにこれが公式の喰霊-零-HP 釣りver.
http://www.ga-rei.jp/top2.html

結局本編である喰霊のメインヒロイン姉妹、
神楽と黄泉の過去エピソードが始まるのは第3話から。

かなり変則的な時系列の動き方ですが、
ストーリーの中心が姉妹の愛憎劇からブレないので展開自体は理解しやすく
そこは上手く作ってある印象です。
読んで字のごとく、心を切られるような「切ない」物語でした。

神楽と黄泉の仲睦まじい暮らしの描写は丁寧で、後半の惨劇との対比がきいている。
バトルシーンの作画も良く、剣に込められた思いが伝わってきて見応え十分でした。
バトルはキャラのバックストーリーをどう描くかで印象が随分違うものですね。
そして姉妹のキャラデザ良いですよねぇ。
そこはかとなく漂う悲劇の予感、タナトスの香りがたまりません。(ゲス顔)

あとOP曲「Paradise Lost」を聞くとテンション上がりますね。
あのイントロが始まると確実にエンドルフィンが出ます。
まぁ一番興奮したのは室長がガトリング砲をぶっ放した時なんですがw

陰惨たる内容ゆえに観る人を選びますが、
非常にクオリティの高い作品で満足しました。

ただアニオリキャラはほぼ退場させられ、
黒幕の少年を泳がせたまま新キャラ(原作の主人公)を出して
原作に繋げる形なので最終回はいまひとつすっきりしません。
原作を読みたくなるという意味では販促アニメとして120点かもしれない
・・・と思っていたのですけどね。
{/netabare}

†原作を読んで
{netabare}
これは原作読むしかないでしょ!ということで漫画喫茶で手に取ってみました。
が、ちょっと期待していたものと違いました。ざっと不満点を挙げると

・アニメのようにシリアスではなく爽快。良くも悪くも少年漫画らしい。
・白叡召喚ゲーになってて、バトルがあまり面白くない。
・好きなキャラだった菖蒲さん(車椅子の室長)が登場しない。
そして漫画版の室長がBBAだったのは萎えた。な~にが峰不死子だ!

アニメ版のインパクトが強すぎて、
まるでスクリュードライバーを飲んだ後にバヤリースを飲むように、
漫画版は物足りなく感じてしまったのです。

逆に原作を先に読んでた人にはアニメ版は過激に感じるかもしれませんが。
{/netabare}

投稿 : 2018/05/13
閲覧 : 162
サンキュー:

29

ストックトン

★★★★★ 4.2
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

タイトルなし

物語終盤での展開を少し最初に持ってきてて、
その後一から始まる展開がどこでなぞるのか
見てて面白かった。
ストーリーはとても良かったけど、主人公の
煮え切らない性格は結構苦手。

投稿 : 2018/04/13
閲覧 : 60
サンキュー:

2

名前に無頓着

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

神op(ノw`*)ネ申

オープニング、たったの1回も飛ばしませんでした。この曲はアプリにも落としておこうと思います。

全話楽しめました。が、他の方も書かれているように第1話は必要ない気がします。それから構成はこれしかなかったんですかね…。霊獣もせっかくいるのに役に立っていない気がしますし。もっと戦略に生かせると面白かったですね。すごく面白かったけどもうひと伸び欲しかったというところです。

投稿 : 2018/04/10
閲覧 : 71
サンキュー:

5

MAXTOMATO

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.5 作画 : 2.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

最後まですんなり

こういう話は結構好きかも♪
一気に12話完走しちゃいました。

とは言っても、見終えた後の喪失感に苛まれるほどでもなかったかな~
黄泉がもっともっと抗えないような絶望に落ちてからの闇落ちなら
満点だったかも。
(と、最初の壊滅メンバーが何だったのか解らず仕舞いでしたがw)

それと、物語の進め方が上手なんですかね?
無駄な説明回とかが無く、話の流れで物語の背景が自然にわかり
各話に動きが盛り込まれているので最後まで飽きずに見れた感じ。

作者は東京ESPの人らしいけど、、本当に同じ人??

あ、作画☆2にしているのは唇の描写が好きじゃない!
下唇が出ているようにしか見えない!やめてくれ!o(`Д´*)o

投稿 : 2018/03/18
閲覧 : 91
サンキュー:

2

ノレイ

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

良い作品です!

途中までは少しグダグダしてて「本当に人気あるのか??」と言った感じでしたが終盤が凄かったです!(;´Д`A汗
冒頭はちょいグロだし訳わかんないけど見終われば満足できます!
このアニメは最後まで見て評価すべきアニメですね!確かに古臭い感じはしますが見て損は無いです!
低評価をつけてる人はファンタジーアニメ見すぎておかしくなってる人だと思います。

投稿 : 2018/02/28
閲覧 : 72
サンキュー:

2

ネタバレ

tyuio

★★★★★ 4.1
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

愛ゆえの憎しみ

姉妹のように育った2人。なぜ戦わないといけないのか―――
後のストーリーの伏線にまみれていながら、何の意味があるのかわからない第1話。そして、二人のなれそめが描かれていく。

途中から湯気修正などをあきらめたかの如く乳首解禁が見られるのも逆に面白い。

投稿 : 2018/02/17
閲覧 : 74
サンキュー:

2

からき

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

面白いが......

もう一度観たいかと聞かれると返答に困るが脳裏にはいつまでも残り続ける強烈な作品でした...... 刺激が欲しい人は観てみるとよいかと

投稿 : 2018/02/16
閲覧 : 109
サンキュー:

2

アデュー

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

女主人公

個人的に、女主人公のアニメや漫画があまり好きではないんだが、友達のオススメで視聴。
昔の作品だから、今見ると作画が古く感じる。とらドラ!ぐらいのレベルに見えた。
悪くは無いと思うけど、全体的には平均的なアニメな感じ。なぜ50位のランクにいるのか、謎。
物語は、終盤から面白く感じ、最終回の終わり方は結構良かったと思う王道な感じで。

投稿 : 2018/02/04
閲覧 : 68
サンキュー:

2

椛吹雪

★☆☆☆☆ 1.0
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 1.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

つまらない

心理も表現も幼稚。観れて中学生までです。本当に時間の無駄でした。

投稿 : 2018/01/30
閲覧 : 121
サンキュー:

1

ネタバレ

剣道部

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

重厚な人間ドラマ

[文量→中盛り・内容→感想系]

【総括】
喰霊は、今まで手をつけていませんでした。あにこれで評価が高くて気にはなっていたのですが、「グロい」ということでしたので、敬遠していました。

原作を楽しく読破できたので、アニメを観てみようと思えました(なぜか、漫画ならいくらグロくても大丈夫)。

結果として、観て良かったな、と♪ 第1話と終盤以外はそこまでグロいというわけではありませんでした。

【視聴終了(レビュー)】
{netabare}
アニメ「喰霊」は、原作の0巻という扱いで、原作以前のストーリーが描かれています。一応、黄泉の怨霊化と皆殺しというバッドエンド自体は(原作にあるので)分かった上での視聴でしたが、問題なく楽しめました(原作のラストも分かっているので、アニメがどんなバッドエンドだろうと、色々安心してたのもあります)。

むしろ、原作よりおもしろいかも(汗)

悪霊との戦いを描いたアニメは様々ありますが、喰霊は、バトルアニメというより、丁寧な人間ドラマだった印象です。

神楽のキャラはだいぶ変わっていましたね。原作では最初から、もっと明るくて軽い印象でしたが、それは、黄泉との関わり合いの中で得ることができた性質だったのですね。

紀之のヘタれっぷりも、黄泉を大切に思うからで、それは前半部分で黄泉との深い愛を描いたからこそ伝わるものでした。最終的に紀之は、「何も選択することができなかった」のですが、人間ってそんなもんなかもしれませんね。

アニオリキャラの奈落や冥、トオルやナツキ、一騎や菖蒲なども、主にその死によって、作品に深み(黄泉の行動への説得力)が増しました。

特に第1話では、メインキャラ全員死亡という、衝撃的な展開でしたが、トオルの死には、伏線と対比がみられたと思います。怨霊化した恋人を、自らの手で殺めたトオルと、殺すことのできなかった紀之。二人に待っていたのは、どちらにせよバッドエンド。救いのない現実。辛いですね。究極の二者択一を迫らせといて、両方不正解とか、監督性格悪いでしょ(笑) でも、世の中、「必ず正しい道がある」ことばかりではないので、そういった意味ではリアルで良かったです。

個人的には、ナブーが双子で、しかも若本さんだということに爆笑w あぁ、ロイエンタールw 原作では死に際も描いてもらえないほどのモブなので、制作が遊んだ感じですかね♪

最後に、本作の主人公といえる黄泉ですが、凄く良いキャラとして描かれていました。原作では、なぜ神楽や紀之がそこまで黄泉にこだわるのかが(以前は良い姉だったというだけで)完全に説明不足でしたが、アニメのお陰で原作にも深まりが出ました。このように、互いに補完し合い、評価を高め合える原作とアニメの関係は珍しく、アニメスタッフも原作者も、とても良い仕事をしたのだと思います。

黄泉はある意味、潔癖だったのでしょう。人間、誰だって弱さや醜い心を持っていますが、他人のそれは許せても、自分に対してはそうもいかない。

きっと、黄泉は誰よりも自分が嫌いで、自分を許せなかった。奈落を殺した冥を、はじめは使命感から倒そうとしますが、最後には確かな憎しみをもって殺してしまった。その事に対する良心の呵責と自己正当化の狭間で揺れる心理を、(菖蒲との問答のなかで)指1本の動きで表現するところとか、とても繊細でした。

また、本当の家族を失ってしまった悲しみを埋めてくれた神楽の信頼を裏切ってしまったことが、最終的に三途川に付け入る隙を与えてしまいました。互いに大切に思うからこそ、すれ違う感情。うまく表現できていました。それもこれも、中盤の日常パートを丁寧に描いたからこそだと思います。構成が上手いです。(ただし、黄泉の死に際の「神楽を大切に思う」という言葉は、原作序盤とは噛み合わなくなってきますが、アニメを1つの作品として綺麗に終わらせるためには必要な要素でしたね。)


原作者は単行本の中で、「神楽や黄泉の過去にここまでの細かな設定はなく、アニメスタッフがリードして作ってくれた。アニメスタッフの優秀さに驚くばかり」という趣旨の発言をしています。勿論、謙遜もあるのでしょうが、ここまで原作と違うのに面白かったアニメも珍しいかも。

でも、神楽と黄泉の関係はこれ(アニメ)で終わりではなく、むしろこれから始まるので、アニメだけしか観ていない方は、是非原作も完走してみてはどうでしょうか♪ 原作は主人公が違いますし、作風も、王道のボーイミーツガールものとして、また違った楽しみ方ができますよ♪
{/netabare}

【余談 ~剣道部的、刀の使い方~】
{netabare}
神楽の刀「舞蹴」は通常の太刀なので、抜き打ち(いわゆる居合い抜き)は可能ですが、黄泉の刀「獅子王」は長刀(や野太刀)と呼ばれる長さの刀なので、抜き打ちは(身長が2mくらいないとw)物理的に無理です。そこはちゃんとしていて、黄泉が抜き打ちしているシーンはほぼなかったですね(拍手)。そのへん、適当なアニメも多いんで(というか、アニメ全般において、刀が長すぎ。普通は刀身が60~80㎝くらいだから)。

あと、第3話、道場で神楽が行っていた型は、(居合道は専門外なので多分ですが)、全剣連の制定型2本目「後」の動作で間違いないと思うのですが、その後の流れは制定型ではない気がした。なんかの古流の型を参考にしてるのかな? 詳しく「○○流」まで分からないのが剣道部的に悔しかったw
{/netabare}

投稿 : 2018/01/26
閲覧 : 240
サンキュー:

40

alisa92

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

神OP

美少女系バトルアニメかと思って、かなり前に視聴。

そんなこともなく、かなりシリアス!そしてストーリー展開も面白い!
(最初の一話は一体なんだったんだ!?)

そして、何と言っても神OP!!
この音楽のために見たと言っても過言ではない!

最終的には合わせて3回視聴してましたw

一度見たら、止まらないアニメです。

投稿 : 2018/01/21
閲覧 : 63
サンキュー:

2

shino73

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

リインカーネーション

あおきえい監督作品、原作瀬川はじめ。
当時少年エースで連載の「喰霊」の前日譚。

この世に跳梁跋扈する悪霊や怨霊。
環境省「超自然対策室」の所属エージェントたち。
彼らの悪霊を祓う戦闘の日々を描く中で、
お互い退魔師という厳格な家系に生まれた、
黄泉と神楽の友情と葛藤をメインテーマに、
セーラー服×日本刀が勇ましいダーク系活劇。

悪霊は容赦なく心の隙間に忍び込み人格を破壊する。
除霊を生業とする家柄の少女を主人公に、
学園での日常パートもきちんと描かれ、
少し絵柄に時代を感じさせますが、
霊獣や法術や剣術による戦闘も優秀で、
衝撃的な序盤の展開も含め、お勧め出来る作品です。

愛するものを愛を信じて殺せるのか。
まだ半人前の神楽にとって、
憧れであり姉代わりの存在だった黄泉。
宿命の果てに選んだそれぞれの道。
運命的な邂逅をする2人の結末。

美しくも残酷な物語。
楽しめる方も多いでしょう。

投稿 : 2018/01/21
閲覧 : 326
サンキュー:

56

クルーガー

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

噂に違わぬ神アニメ

とにかく衝撃の展開で飽きさせませんし、次は次へと見てしまいます。

願わくば続編を。そう思わせる神アニメです。

投稿 : 2018/01/17
閲覧 : 81
サンキュー:

2

ネタバレ

TFoff722

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

とても面白い

気になってこのアニメを観てみましたが、とても面白かったです。1クールアニメの中で上位に入ると思います。1話は主人公っぽいキャラが殺されてどうなるかと思いました。最後のシーンは漫画の最初の場面でしょうかね。続きの漫画が気になる作品。
1話で切った人は勿体ないです。

投稿 : 2018/01/15
閲覧 : 60
サンキュー:

2

ネタバレ

天地人

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

シンSFスーパー英雄(?)列伝73

いや~っ、1話観てビックリしましたね。
いきなり主役だと思ったキャラ(観世トオル)が死ぬんですから。
今回の放送で自分は初めて観たのですが、当初の放送の際には、1話放送時まで、観世トオルを中心とした物語が展開していくと、視聴者にフェイクを仕掛けてたそうですね。
それを知らなかったので、続く2話でまたまた主役のキャラがラストでやられる展開に、おいおいどんどんやられてどうなるんだと思ったら、3話でまさかの過去編・・・
さすがにこのパターンじゃ先の展開無いでしょうから(汗)
10話まで、じっくり姉妹の話を描いて、ラストへつなぐ展開は良かったです。
ただ、姉の黄泉が闇落ち(?)する辺りの描写が、ちょっと弱いというか急でしたね。
それと、マイケル小原。個人的にはいらなかった気が(苦笑)

ラスト(2年後)
剣輔
「ったくしょうがねえな、東京の名所がこれじゃ困るもんな。とっととすませようぜ、神楽」
神楽
「うん、人の世に死の穢れを撒く者を退治するのが、私達退魔師の使命。喰霊解放・・・定春!(ワン)」
いや、それ神楽は神楽でも銀魂だから(おいっ)でも、強そう・・・

投稿 : 2018/01/07
閲覧 : 93
サンキュー:

11

ssk0615

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

残酷な運命

戦わなければいけないという宿命でかぐやと黄泉が戦っているのを見て彼女らは可愛そうだと思った。
ラストのシーンでは涙が止まらなかった。

投稿 : 2017/11/26
閲覧 : 116
サンキュー:

2

次の30件を表示

喰霊-零-のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
喰霊-零-のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ページの先頭へ