当サイトはアリフィエイト広告を利用しています

「かぐや様は告らせたい-ウルトラロマンティック-(TVアニメ動画)」

総合得点
85.0
感想・評価
579
棚に入れた
1925
ランキング
252
★★★★★ 4.1 (579)
物語
4.1
作画
4.1
声優
4.2
音楽
3.9
キャラ
4.2

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

かぐや様は告らせたい-ウルトラロマンティック-の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

DB さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

タイトルなし

これまでずっと楽しく見ておりましたが、とうとうクライマックスですね。すでに恋愛頭脳戦というよりイチャイチャぶりを楽しむ的な感じではありますが、きちんと終わらせてくれているようです。もう少し続くようですが、最後まで楽しみたいと思います。

投稿 : 2024/04/09
閲覧 : 16
サンキュー:

1

ネタバレ

蒼い✨️ さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

恋愛バラエティ番組。

【概要】

アニメーション制作:A-1 Pictures

2022年4月9日 - 6月25日に放映されたティザーPV+全13話のTVアニメ。
原作は、『週刊ヤングジャンプ』で連載されていた漫画作品。
著者は、赤坂アカ。

監督は、畠山守。

【あらすじ】

名家や政治家や富豪の子息、そして将来の日本の中枢を担う若き秀才たちが集う、
日本の私立校の最高峰である秀知院学園の生徒会副会長の四宮かぐやと、
生徒会長の白銀御行は、容姿や実力や活動の実績から全校生徒から一目置かれる存在で、
ふたりはお似合いで付き合ってるのではないか?と噂されているのだが、
これまでの生き方に基づいたプライドと信念で自分からは絶対に告白しない、
獲物を狙う狩人のように自分に告白せざるをえない状況に追い込むべく、
恋愛頭脳戦をこれまで幾度も繰り返してきたのだが、
その日々も、とある理由でタイムリミットが近づいていた。

秀知院学園高等部が毎年冬休み前に行う12月の文化祭“奉心祭”には、
名称の元になった古典になぞらえた恋愛成就の言い伝えがあり、
それは学園の皆が知っている。この“奉心伝説”を意識することによって、
また、悠長に告白を待っていられる状況では無くなったことで、
白銀とかぐやの関係は大きく動き出す。
そしてその裏でもうひとつの告白の話が進んでいくのだった。

【感想】

具体的なストーリーには一切触れずに感じたままに書いてみます。

白銀とかぐやの物語として一区切りつけるのに丁度いい3期の展開は、
ラブストーリー中心でコメディ成分がやや薄めの扱いになっていますが、
日常のなかのストーリー性があった2期のオープニングアニメとは違い、
非日常的な演出の見本市みたいな3期のオープニングアニメで、
今回のアニメの演出の方針がはっきりしている感じでしょうか。

もともとがシリアス一辺倒になることには照れがある漫画が原作ですが、
人間の目に見えるリアルな光景ではなくて、漫画的な誇張に溢れていたり、
会話劇がニコ動のVOICEROID劇場動画の延長みたいな漫才に似ていたり、
いろんなものを取り入れたバラエティに溢れたコメディ演出で、
笑いを取ろうという意図が1期・2期より更に強化と増量がされていて、
賑やかな映像で楽しませようという作為に溢れたアニメーションは、
これまでの2シーズン以上にシリアスシーンにすら侵食していますね。

原作のコマとコマの間を埋めるのに、心象風景の例えで背景が目まぐるしく変わったり、
ショックを受けたら石化して砕け散ったり、感情で顔が餅のようになったり、
それは他のアニメでも広く用いられてる演出の手法ではありますが、
自分にはその手の演出に頼りすぎた供給過多の雑音でクドかったでしょうか。

キャラクターを引き立てるための塩としての演出の用い方が好みですので、
演出の自己主張が激しすぎるのは、
適量ならば美味の万能調味料の味覇がペースト状のままだと塩辛いとか、
砂糖を入れすぎたコーヒーが甘すぎて吐いてしまうみたいなもの。

この胃もたれは原作者固有の性質かと言えば、作画は横槍メンゴ先生ですが、
同じ原作者の【推しの子】のアニメでは、用い方がそれほどしつこくないのを見るに、
かぐや様のアニメのスタッフが一度ウケたものをもっとやればもっとウケるんだという、
発想に陥った罠で頑張った結果が、
自分にはしつこすぎて2期のほうが良かったかな?と思ってしまうわけですが、

普通に楽しんで笑ったし感動したという他の視聴者からの高評価を読んでみますと、
これは自分がそう思った止まりで留めておくのが適切な感想であると思いました。


これにて、感想を終わります。
読んで下さいまして、ありがとうございました。

投稿 : 2024/03/22
閲覧 : 82
サンキュー:

29

ネタバレ

タイラーオースティン さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ウルトラロマンティックという表現が大げさではない3期でした

結構語り尽くされてしまった感がありますが、3期になり、登場人物が増えて賑やかになりつつ、後半からそれまで進展していなかった会長とかぐやの恋の行方が描かれていたのが特徴的でした。

他の方々が言及されているとおり、藤原書記の出番が少なくなり、個人的にはちと物足りないなぁと感じる一方で会長にラップ関係のコーチをするくだりとか書記の妹を交えての会長下げに勤しむ(むしろ会長の努力家である一面が明かされて印象良くさせてしまうのだが)場面と個人的にツボだったシーンでハズレなしだったゆえにもっと出番増やして欲しかったなと。

他作品で初回1時間スペシャルが目立つなか、最終回1時間は思い切ったなと思いますが、長いようにみえて限られている尺で会長とかぐやの恋愛を成就させるフィニッシュを決めてみせたのは見事で終盤は固唾を飲んで見守るという表現がしっくり来るほど見応えのある最終回だったと思います。

投稿 : 2023/10/11
閲覧 : 75
サンキュー:

13

ネタバレ

Qqsdd さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:----

Df

Ujh

投稿 : 2023/07/29
閲覧 : 55
サンキュー:

0

ネタバレ

これ さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

最近のラブコメでこれ超えるのなくない?

ってくらいにギャグありでありながら
ときたまキュンキュンさせたり
なによりテンポがいいのも魅力の一つ
キャラクターは一人一人愛情を込めてつくったキャラなのが伝わるくらい魅力すごいあって
そして3期までつづいてるのに
毎クールさらにパワーアップして楽しめるのがすごい!

あー完結しちゃったって思ったけど満足いく終わりでした

投稿 : 2023/04/27
閲覧 : 89
サンキュー:

9

ネタバレ

waon.n さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

パないカタルシス←→構成の妙技

【First impression】
1話…!!!
見ていて不安になる
爆速で進んでいく展開が笑いを誘いそして不安を煽る。

大丈夫だ問題ない。
などと、言っている暇さえ与えてくれない。

そんな面白さがあっても良かろう。


【Staff】

 原作       赤坂アカ
 監督       畠山守
 シリーズ構成   中西やすひろ
 編集       松原理恵
 制作会社     A-1 Pictures

 第一シーズンは2019年の1月でそこから根強い人気に押されるようにして、2期、3期と回を重ねている今作です。
 スタッフの面々は一見すると大きな変化は無さそうで、安定の面白さを提供してくれました。
 こういったギャグはやっぱり原作の素材もさることながら監督のセンスが出ますね。監督の【畠山守さん】は少し前にレビューした『さんかれあ』でも監督をしています。その時にも書いてありますが、シャフトの香りというか新房さんの香りがするって感じですね。とはいえ、『さんかれあ』よりも色は薄くなっています。
 しかし、あのテンポの良い絵コンテでギャグをやるとこうなるのか…という納得感が両方を観てみた今ではありますね。
 そして、やっぱりこのコンビが良いのか編集の【松原理恵さん】メチャクチャ良いです。
 テンポが良いという表現の具体度を上げると、端にスピーディーって事ではなく、ちゃんと間があったりしているので、観ていて単調になっていないという事です。
 今回の3期で特に気になったのが、シリーズ構成の【中西やすひろさん】文化再編の組み立てが完璧すぎました。
 うーん、今年に入ってシリーズ構成のお仕事が増えているっぽいのですね、ビジュアルコンセプトが自分の好みと合っていなくてもこの名前を見たら1~3話くらい観てみようかなって思います。


【Review】

 1~3期と続いているシリーズ、これまでも安定して面白かったので、迷わず今回も視聴してみました。しかし、リアルタイムの時に割と忙しかったので、このタイミングになりました。Amazonプライムでの視聴になります。

 これまでのシリーズに出てきた個性的なキャラはどれも愛されるだけの魅力があります。また、新キャラとして登場するキャラもいますが、癖はありつつもどこか憎めないというか好きになってしまうような作りは原作の【赤坂アカさん】のキャラの書き分けが素敵すぎるのだと思います。
 生徒会のメンバーを中心とした箱庭的物語になりそうでしたが、その一段階広い、学校という中での物語として大きな幅を広げたのが、2期だったのかもしれません。
 そこからさらにそれぞれの関係性の発展だったり、人間的な成長を描いているのが3期っていう方向性のなのかなーと何となく感じました。
 ただ、これは原作の流れがそうなっているから…って事なのかもしれませんが。

 Staffのところにも書いたのですが、シリーズ構成が良いですね。3期は文化祭をテーマにして1話目から物語が進んでいっていて、伏線を張り巡らせている脚本となっていまして、通しで観てみたり、振り返って気になったところを見返してみると、ちゃんと話の流れが最初からあることに気づかされます。この回収が12話で一気に回収されていくのが見事でして、最高のカタルシスがあります。
 また、それぞれの恋愛模様の進捗が最終話に向けてじわじわと期待感を膨らませてくれており、緊張感があります。
 ただ、緊張感が高すぎても、そもそもギャグのカテゴリーなので、道を外してしまいかねない。そこで今回も大活躍したのが【藤原書記】。緊張感を緩和させたり、物語を引っ掻き回す役回り、また時にはフォローを入れたりツッコミを入れたりと大活躍でした。
 この子は特殊で恋愛要素のないキャラなんですよね。その癖恋愛関連の話は大好きっていう…。良いバランサーでありつつも一番ぶっ壊れているという名作に名脇役とはこの事です。とはっきり言えるキャラではないでしょうか。

 文化祭という種でここまで話を続けられるボリュームに関わらず、テンポの良い演出と編集で楽しませてくれる監督に、伏線を綺麗に回収していくシリーズ構成の妙技。
 最後のカタルシスは絶品です。
 メチャクチャ楽しかったので、誰にでもおススメできる素敵な作品だと思います。恋愛の辛さも楽しさも一つにまとめてあってお得です。
 ぜひご賞味ください。
 では、よしなに~。

【…】

 原作者の赤坂さんは今度の4月からジャンプ+で連載中の『推しの子』がアニメ化される予定ですね。(作画は違うみたいですが)こちらも人気がある原作なので、制作会社の動画工房さんには頑張ってもらいたいですね。
 『私に天使が舞い降りた』の監督さんだそうです!
 っていうか『未確認で進行形』と『月刊少女野崎くん』の二期いつまで待てば良いんですか?
 

投稿 : 2023/02/27
閲覧 : 144
サンキュー:

5

ネタバレ

U さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

B. ネタバレ注意 – 藤原さんを封じないで~

赤坂アカの漫画
制作:A-1 Pictures

お互い好きなのに自分からは行動できずに相手から告白させようと奮闘するコメディの3作目


<メモ>
1期で藤原さんのラップに心つかまれたので、今回のラップ回も笑いました。
なんだかんだと会長の苦手克服を手助けする藤原さん優しいですよね。
それなのに文化祭の時フェイク謎解きで「藤原封じ」するとか会長ひど過ぎる。
どれだけお世話になってるか感謝して!と藤原さん推しの私の感想です。

石上の恋が実って欲しいけど、伊井野の方がお似合いな気もするし。。。
四条眞妃の好きな人が親友の彼というのも切ないし(悲壮感はないですが)、
思いが通じた?かぐや様と白銀の行方も目が離せないですね。


<主要登場人物>
・柏木 渚:麻倉もも
・田沼 翼:八代拓[
・四条 眞妃:市ノ瀬加那
・子安 つばめ:福原遥

・前生徒会長:島﨑信長


<ストーリー>
前半は
白銀の合コンにかぐや様の命を受け参戦したハーサカがかぐや様に少し意地悪したり、
かぐや様の家にお泊りした藤原がイケメン執事のハーサカに出会ったり、 
三者面談にもかぐや様の父親が来ないことでかぐや様の寂しがわかったり。

白銀がかぐや様に恋した日のエピソードも。

後半は奉心祭(文化祭)の準備から当日のキャンプファイヤーまでが描かれる。
モチーフのハートを渡すと「永遠の愛がもたらされる」と聞きどうやって渡すか悩むかぐや様や
海外進学を決めた白銀が文化祭終了までにかぐや様から告られなければ自分から告白すると決め準備を進めていく。
告白はされるのか? できるのか?


22.7.9

投稿 : 2023/02/18
閲覧 : 80
サンキュー:

6

ネタバレ

誰か さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

前後半でコメディーと恋愛ものに綺麗に分かれてる。

前半部分で白銀会長のラップ地獄に早坂がダウンし、何時ものように藤原書記の助けを借り、うまくなり

早坂にラップで問いかける5話は、必見です!! 笑えるし聞かせるしエンディングは特別版で

白銀会長の中の人と、藤原書記の中の人がラップのエンディング曲を披露しているんですが

特に白銀会長の中の人:古川さんのラップは絶品です!!  プロのラッパーで行けるんじゃ??


後半の恋愛バージョンは、白銀会長のロマンティックあふれる演出、と計算された演出が

見事に実を結ぶんですが、かぐやに言う決め台詞がカッコいいっす!!!

投稿 : 2023/01/16
閲覧 : 82
サンキュー:

5

ネタバレ

藤真 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

まさかラブコメで感動するとは

最後の最後で「実は伏線回収アニメでした」となる作りが圧巻。
白銀御行が生徒会長を志した動機や、学年一位にこだわる経緯、自分から告白しない本当の理由などが明かされていく。
あんなのもうプロポーズだろうがよう!
伊井野ミコが本筋に絡んだり、四条眞紀が登場したりと、充実感満載でした。あっぱれ!

投稿 : 2023/01/08
閲覧 : 95
サンキュー:

12

ネタバレ

エイ8 さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

かぐや様は演出過剰

『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』(かぐやさまはこくらせたい てんさいたちのれんあいずのうせん)は、赤坂アカによる日本の漫画作品。通称『かぐや様』。
テレビアニメ第3期は2020年10月25日にサンシティ越谷にて開催のスペシャルイベント『かぐや様は告らせたい on Stage 〜秀知院音楽譚〜』内にて上述のOVAと共に製作が発表された。『かぐや様は告らせたい-ウルトラロマンティック-』(かぐやさまはこくらせたい ウルトラロマンティック)のタイトルで、2022年4月から6月まで毎日放送ほかにて放送された。(wikipedia)

いや素晴らしい、というより凄まじいと言うべきでしょうか。原作も相当面白いですがアニメはそれに輪をかけて圧倒的な作品に仕上がっていると思います。

アニメ一期のまだ天才たちが恋愛頭脳戦している頃はそれほど面白いと感じず録画を消去してしまったことが悔やまれます。まさかあれ以来再放送と出会えないとは思ってもみませんでした。せめて「チカっとチカ千花っ」ダンスだけでも残していれば……まあまたいつの日か出会えることを楽しみにしておきます。(と、思ったらyoutubeにあった。アニプレックスチャンネルだからおそらく公式、だよね?だったらここに書いても良いよね?)

個人的に面白いと感じたのは二期からです。視聴後に原作買って現在全巻読了済み。ただ自分には原作読んだ作品に関してはアニメ観ないという悪癖(?)があるもんでこの三期もスルー上等でしたが他に観ようと思う1クールものもあまり見当たらなかったため視聴を始め結果大正解。いやはや、食わず嫌いならぬ食い避けも良くないですね。

三期は原作で言うところの10~14巻辺りが該当。ただ当然端折られているエピソードもある上に順序も変えられています。アニメでは柏木カップルがキスするシーンを第一話におくことにより最終話で綺麗にその伏線を回収した形になりましたが原作ではカラオケの方が先だったりします。

それにしても、エグイぐらいにコテコテに塗りたくられた演出の数々。そしてそのどれもが見事なまでに秀逸。基本的には原作に忠実な流れなのですが最早別物と感じるほどです。これほどまでにアニメ化が上手く行った作品は他にそうそうないでしょう。(「鬼滅の刃」もそのうちの一つなのでしょうが、原作既読済みながらアニメ未視聴なので評価できずw)

本作はほとんど完璧と言っていい出来だとは思いますが、個人的にマイナスポイントなのは四条眞妃の声質がどうにもイメージとマッチしない点。当初彼女はモブキャラだと思われたにもかかわらずあれよあれよという間にかぐやの親戚という重要なポジションをゲット、果ては原作最終巻の表紙に映り込むという栄誉に預かるまで昇り詰めたわけですが、アニメ一期が2019年1月頃に始まっているところをみるともう既にこの頃には原作はある程度進行していたわけで、だとすると作者からすれば納得の声質ということになるのでしょうか。まあ、親戚ということなのでかぐやの高い声色と似ているといえば似ているとも言えるのですが。(ただもう少し調べてみるとanimate timesでの一期製作決定の報告が2018年6月1日で、ということは内々ではそれより早く決定しているでしょうからそこまで想定してなかったという可能性もなきにしもあらず、か?)

さて内容については特に語ることも無いでしょう。細かくやればどこがどんなオマージュでみたいなことを掘り起こすことも出来るでしょうが、それはまた別のレビュワーに期待しますw

そういや作者漫画家引退ってマジ?特徴的な顎の角度の描写、なんか個性的で嫌いじゃなかったんだけどなあ。そもそもこの作品って当初展開を考えないまま作り始めたって書いてましたよね。それでこのクオリティの世界観を形成できたのは素直に驚嘆です。

投稿 : 2022/12/25
閲覧 : 111
サンキュー:

16

ネタバレ

yut さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

タイトルなし

だんだん普通のラブコメになってしまっているのは仕方なしか。女性キャラみんなかわいい。

投稿 : 2022/11/20
閲覧 : 73
サンキュー:

3

ネタバレ

take_0(ゼロ) さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

やはりラブコメとしての最高峰レベルと言ってもよいのではw。

1期、2期に引き続き、あらゆる面でレベルが高くまとまっている感が凄い。

作画はきれいですし、楽曲は引き続き「大物」を起用w。
そして、声優さんも安定。
キャラも登場人物はだいぶ固まっており、それぞれの個性も既に承知の上。
この作品のエライ所は期が進んでもそれほどキャラインフレをさせていない事かもしれません。
無駄にキャラクタが増えていないので、落ち着いて、各キャラの振る舞い、様子を観察することが出来ますしね。
もちろん内容自体も恋愛コメディとしては多彩で面白いです。


頭脳戦・・・はて?何のことでしょうwww。


とは言え、この3期目は決着を意識しているのか、若干、趣が違う感じを感じ取れてはいた気がする。


相変わらず、スピード感はあるし、ナレーションをはじめ、各キャラのツッコミ速度にもキレがある感じが素晴らしい。
これは、一番のヒロインのかぐやも例外ではない点が素晴らしいw。
確かにお高とまることの多いお嬢様キャラではあるのだが、時にドジりながら、時にポンコツっぷりを見せつけ、時にしっかりとお嬢さま然とした振る舞いを見せる、いいキャラクタだねぇ。


と言いながらも、私自身としては、他のキャラクタの方が若干、お好みだったりするのだがw。

そうだなぁ、

やっぱり藤原書記は外せないよねぇ。おもしろキャラとして、ペースメーカーとして、御行の指導役として、そしてラブ探偵としてw。
でも今回は割と出番はあるものの、重要度としては低めだったかも。

あとは・・・伊井野ミコ。
これは、原作でも終盤に色々と魅せてくれる役回りのキャラクタなんですが、今作でもいろいろと騒がしかったですね。
私的に好きなキャラ、気になるキャラです。

さらに、はやさぁかぁ!(ナレータっぽく)。
このキャラもいろいろと気になりますw。
かぐやのお目付け役、フォロー役としての活躍が光りますね。
また、早坂の前ではかぐやのポンコツっぷりを観る機会が多いのも楽しかったです。

さらにさらに、その他の女子キャラ達もなかなかに恋愛話については「おかわいらしいことでw」。
観ていて楽しかったです。



ところで、今作は物語として、ひとつ形になって終わっています。
厳密に言えば「告白」的な事は言っていますが「好き」と言っていない、言わせていないという意味では「恋愛頭脳戦」の勝敗はついていない・・・のかもしれませんがね。
アニメ作品の区切りのつけ方としては、綺麗にまとめられていましたし、良かったと思います。
確かにロマンティックだった気がしています(個人の感想ですw)。


奇しくも、現時点(2022.11.11)、このレビューを書いているのですが、つい先日ヤンジャン連載中の原作の方が完結いたしました。
あちらの方もきれいに終わっていて、長らく楽しませていただいたことに感謝しかないのですが、
{netabare} 原作の方は、もう少しあちら方面で生々しくなっていましたし、大人の事情的な面で振り回されるエピソードもあったりで、若干、恋愛頭脳戦≒ラブコメという意味ではノイジーな面もありました。
もちろん、個人的には結末に何の不満も無かったのですがね。 {/netabare}
現時点でのアニメ版の形とはちょっと違うニュアンスになっています。


これはどちらがどうという事はなくって、個人的にもどちらも割と好きな「形」になっていると思っていて、好感触なのですが。
(異なるバリエーションになっている、と言いたいだけで、優劣を言っているつもりはないのです)


と、しみじみと感慨にふけっていたら、
どういう形なのかはわかりませんが、続編的なものというか、4期?が予定されているそうな。


これは、楽しみですね。
クオリティの高い作品で、なじみのキャラクタ達がまた何かを見せてくれる可能性があるっていうのは率直に楽しみです。

投稿 : 2022/11/11
閲覧 : 140
サンキュー:

26

ネタバレ

たわし(爆豪) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

「少女漫画」原作と言われたら驚かない感じ

何も知らずに見て言われなければ、この作品が「キングダム」や「ゴールデンカムイ」などの男臭い硬派な歴史ものを載せてるヤングジャンプに掲載しているとは誰も想定できないだろう。。。。

少女漫画原作だと言われても驚かないくらい「少女漫画」している。

作画は平均的だが、内容は少女漫画のそれであり、実際女の子にも人気があると聞く。

以前、数年前に「ひもうとうまるちゃん」が大好きな女子高生にあったことがあるが、あれも本人に男性向けの青年誌に載ってると伝えた時の驚き方は凄かった。

今や既に、アニメ全体が男性向け女性向けという垣根を飛び越えているからかもしれない。

ジャンルを示せば「恋愛漫画」だが、今時の10代、20代がアニメを見て恋愛を勉強するとはすごい時代になったものだと思う。

投稿 : 2022/11/01
閲覧 : 143
サンキュー:

13

ネタバレ

ftdCU91959 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

安定の面白さ。

3期は、1期と2期と比べて恋愛要素が多い印象に感じた。特に後半はかぐやと白銀の関係を邪魔してくる藤原の存在感が薄かった。

それでも、やっぱ面白い。
恋愛とコメディのバランスが絶妙にいい。見ていて全然飽きないところが特に良い。

4期もあるとのことなので楽しみです。

投稿 : 2022/09/13
閲覧 : 186
サンキュー:

11

ネタバレ

ゆん♪ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

めっちゃきゅんした!

かぐやさまチーム(?)も優くんチーム(?)もどっちもめちゃめちゃじれったくて頑張れーーー!!って応援したくなったり、一緒に恥ずかしくなったりでw

最後まで一気に見終わりました!

ラストの机の下でこっそり手つなぎとかキュン以外のなにものでもない
(その前のかぐや様のキッススキルは笑えたけど)

投稿 : 2022/09/06
閲覧 : 120
サンキュー:

7

ネタバレ

マーティ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

君と私 どんな風に恋するの

 原作は未読。最終回は1時間スペシャル。

 正直予想以上でした。最終話まで見ましたが、マジでかぐや様めちゃくちゃ面白すぎる!!まさかラブコメでここまで鳥肌が立ち涙腺にくるとは!

 1~3期を振り返って、やっとかぐやと白銀の思いが通じたということで、感極まってます。直接言葉にはしなかったけど、その後のキス、そして最後二人が手をつないでるところを見て、ああ思いが通じてるんだな、と感心したものです。

 恋愛だけでなく、生徒会を中心とした人間ドラマが本作の見どころ。特に石上とミコ。二人は現代における生き辛さの象徴な気がする。そんな二人が上級生の三人に救われ、周りからも少しづつ認められるといったところ。3期では少し偏見はあれど、ちゃんと人柄を見てくれる人もいましたしね。

 加えて今回はパロディネタも豊富。猿の惑星とかショーシャンクの空にといった洋画、洋楽、ドラマネタもたくさんありました。しかし僕は全然世代じゃないのであまりわからなかったwツイッターで調べたらここはこういう作品の元ネタなんだと調べられました。でも調べるのも楽しいですよ。そういったものも醍醐味の一つかと。

 これにて感想を終わります。ここまで読んでくださりありがとうございました。

投稿 : 2022/09/04
閲覧 : 337
サンキュー:

46

ネタバレ

STONE さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

とりあえず簡単な感想

 原作は未読。
 3期ものということで、2期は体育祭がクライマックスだったのに対して、本作の
クライマックスは文化祭。
 2期の体育祭がほぼ石上 優の物語であったのに対して、本作における文化祭は各々のキャラの
思惑が交差する群像劇的様相。

 その中でも中心となるのは四宮 かぐや、白銀 御行、石上で、石上に関しては図らずも
子安 つばめに告白するような形になってしまったが結果は持ち越し。
 石上のエピソードに関しては展開はともかく、石上本人を始め、伊井野 ミコ、子安、
四条 眞妃などの魅力がアップされたような印象。

 一方の四宮と白銀に関しては1期1話からの問題に決着が付いたということもあって、
「ようやく」といった感じで、なんとも言えない感慨深いものがあった。
 ここに至るには白銀が画策したウルトラロマンティック作戦が大きく寄与しているのだが、
最終話での種明かしで、これまでのエピソードに数多くの伏線が散りばめられていることが
明らかになると共に、それがきれいに回収されていく様はパズルが完成したような気持ち良さも
あった。
 四宮と白銀の関係性はとりあえずきれいに収まった形で、これで終わってもいいような締め。
 作品自体はまだ続いているようだが、この二人の部分に関しては今後は蛇足感が出てきそうな
気も。まあ今後に関してはやりようによっては色々な展開を作れそうだが。
 こういったストーリー重視の内容になると、やはり生徒会メンバーでは邪魔になるのは
藤原 千花ということで、本作後半はいつもより影が薄かったような印象。
 ウルトラロマンティック作戦の中に藤原を引き離していくことも含まれていたのも納得w。

 ストーリー重視とは書いたが、ギャグコメディ要素もおざなりになっておらず、個人的に
好きな藤原ママの白銀特訓シリーズがあったのは嬉しいところ。
 今回はラップということだが、コメディギャグ要素だけでなく、ここでは早坂 愛が自身の
思いを吐露した点が興味深い。
 これまで場所や状況に応じて様々な顔を見せてきた早坂だが、ここでは珍しく彼女の本音の
一端が聞けた感が。
 余談だが、テレビ放映時には同クールに「パリピ孔明」、「阿波連さんははかれない」、
「まちカドまぞく 2丁目」、「極主夫道 パート2」(地上波は)と、やはりラップを扱った作品が
あったが、こういうネタやモチーフの同クールでのシンクロは結構あるような。

2022/08/21

投稿 : 2022/08/21
閲覧 : 119
サンキュー:

10

ネタバレ

カモミール さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 2.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

キャンプファイアーのシーンが良かった。

キャンプファイアーのシーンが良かった。ラップの回はイマイチ。

投稿 : 2022/08/21
閲覧 : 100
サンキュー:

4

ネタバレ

たつや さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

1期2期と比べると…ただ面白くはある。尻上がりだった印象。

↓各回の感想↓

1話 9.5p (9-10-10)
かぐや様やっぱ安定しておもしれぇ。最初の冒頭が少しいらないかなと思ったけど、それ以外はほぼ完璧。各キャラクターの意外な一面(石神の優しさ)とかLINEの既読すら知らないかぐや様とか腕相撲でかぐや様の手を握ることに快感を覚える白銀とか、もう全部のパート面白かった。おかえりかぐや様。
2話 8p (7-8-8.5) 3話 8p (7-8-10)
4話 8p (7-8-9) 5話 8p(7-9-8)
なんだろう、2話以降はあんまり面白くないんだよなぁ。1期、2期がほぼコメディだったのに対して、3期は2話以降は下ネタ、確信をつく話が中心というか、しかも演出もそれ前見た!ってやつ多め。圧倒的に面白さに欠ける印象。OPもEDも既視感、というよりか劣等感というか、まあ1期2期よりか劣るってのはほぼ必然やし仕方の無いことなんやけど、もうちょっとどうにかできんかったんかなーと。まあ6話以降に期待…
6話 8p(8-8.5-7.5)
7話 7p もう体育際の二の舞すぎて褒めるとこほぼ無し。全然ダメ。
8話 9p 久しぶりに見応えのある回だった。奉心祭に向けての準備回であったが、かぐやと石上が、相手のことを好きと認め、告白を決心するところが素直に面白かった。
9話 9p体育祭当日。まあ過去回もネタ回も恋愛回もバランスよくやっていたので、甘めの9ではあるが評価したいと思った。
10話 9p 11話 9p
12話 9.5p ここ5話は面白かった。特に最終回は格別。いつも期待の斜め上の発想を入れてくるからかぐや様は面白い。今回の時計台という場所を最終着点にした意味、キャンプファイヤー、ハートのバルーン、ウルトラロマンティック作戦、かぐやからのキス、全てが良かった。スタンフォードに一緒に来てくれないか!はさすがに驚いた(笑)四宮に告られないと四宮と対等になれないと感じる白銀、過去の自分から自分を救ってくれた白銀に告白してほしい四宮、お互いの想いが錯綜し、その思いはこれからも続くのだろう。たまに少し矛盾が感じられたので10点には惜しくもできなかったが、それでも最終回に相応しい脚本・演出だったと思う。製作陣の皆さんお疲れ様でした!!

総合評価:102(点)÷12(話)×10=85(点)

投稿 : 2022/08/12
閲覧 : 132
サンキュー:

11

ネタバレ

くまごろう さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ウルトラロマンテイッッック!!!

視聴完了
全13話
原作読了
3期

一言感想
パーフェクトなクライマックスだった。
素晴らしい。

あらすじ
2期で体育祭も終わったが、相変わらずの会長とかぐや。一方石神はつばめ先輩に憧れを抱いていた。
というところから始まり、いつもの日常を経てクライマックスとなる文化祭へ。
無意識のうちにつばめ先輩に告白してしまった石神の運命は?怪盗vs探偵藤原の結末は?そして会長とかぐやの告白は?
全てが綺麗に解決する!

感想
素晴らしかった。
確かにタイトルにある『告らせたい』だが、かぐやは四宮家としてのプライドと立場、と最初から説明されていたが会長の説明はなく、会長は貧乏で守るべき立場もない。また一方で勉強においてはかぐやの上であり、そういった意味でも告白するのは問題ないと思われる。
だからこそ、対等な立場でいるため告白できない、というのはもどかしいけど共感もしてしまう感じ。
まだ、最後のウルトラロマンティックのために全てを計画して行動した会長が素晴らしかった。

ちなみにメインは文化祭だけど、日常もいつも通り面白かった。

投稿 : 2022/08/12
閲覧 : 118
サンキュー:

11

ネタバレ

ストライク さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

最高のラブコメ

原作:漫画 未読

3期目

感想

この3期は頭脳戦は鳴りを潜め、前半はギャグが多めで、後半の文化祭では一気にシリアスモード。
個人的には恋愛もギャグも好きなので、どっちも良かった。
前半の早坂の頑張り良かったですね。
文化祭では、石上が無自覚にツバメ先輩に告白してて面白いし、伊井野ミコとのなんでも言い合える関係が、今後どうなるのかも気になります。
何気にミコのこと認めていて助けてあげれる石上もカッコ良かったです。

最後、白銀の飛び級留学に、互いが焦って告白しようと策を弄する件、良き。
白銀が空気読まない藤原を上手く転がして撒く件は痛快!
最後のキャンプファイアーの夜空に舞うハートの風船と時計台という最高の舞台での二人 
正しくウルトラロマンティック キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!です
初めてのキスが大人のとか
かくやさまも大胆ですこと^^
しかし、知らなかったとはいえ、初めてでそれするかなぁ^^;
たまに見せるアホかぐやさまも可愛いっちゃ可愛いだけどね。

どのキャラもみんな魅力的で素晴らしい!
話の恋愛もギャグパートも好みで面白いし、作者 天才かよ!
マジで原作終了までアニメ化して欲しいですわ。
とりあえず続きの4期が決定してるので、楽しみに待ちたいです!

投稿 : 2022/08/09
閲覧 : 146
サンキュー:

33

ネタバレ

ato00 さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

やっと・・・しかし・・・

恋愛頭脳戦はほぼありません。
超ロマンティックとなりました。
安定の純愛ポンコツコメディーです。

各キャラがそれぞれの持ち場で最大限に実力を発揮します。
そして、それぞれの思惑が様々に交差。
手放しで楽しめるバリエーション豊かな本格ラブコメとなっています。

前半は、早坂の活躍が光りました。
何を考えているかわからない早坂の内面がほの見える。
我儘かぐや様のおもりも大変。
クールなのに気苦労が絶えません。

出番は少ないけれど、圭ちゃんはほんといい子です。
心の底ではブラコンだけど、兄に冷たい。
兄は兄でそんなことお構いなしに、圭ちゃんを大事に思う。
これくらいが理想の兄妹関係のように思えます。

後半は文化祭です。

石上君とつばめ先輩の関係が微妙に進展?
石上君の鈍感さにはあきれるばかり。
そこが彼のいいところなんでしょうけど。

本命の会長とかぐや様にやっと進展!
この期に及んで「告らせたい」なんて考えてはいけません。
なぜならば、恋愛は勝負ではなく、素直な想いで正直に行動すればいいから。
それがウルトラロマンティックの意味・・・かな?

投稿 : 2022/08/07
閲覧 : 148
サンキュー:

27

ネタバレ

Jeanne さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

完璧な最終回

全13話

終盤までは1期、2期に引き続きギャグが面白く非常に楽しめましたが、文化祭からギャグが減りこのまま失速すると見せかけて最後は綺麗にまとまっており、最終的には満足できる作品でした。

ギャグに関しては会長の音痴ネタと石上回は安定して笑えました。
又、登場キャラが多いにも関わらず皆魅力的なので、1話完結エピソードのクオリティが高かったのも良かったです。

少し残念だったポイントは終盤のギャグが少なくなった展開です。
この作品の魅力は白銀会長とかぐや様の微笑ましい恋愛模様とギャグだと思っているので、文化祭の準備あたりからギャグが減ってしまったのは残念でした。

それでも、最終話の完成度は凄まじく完璧にまとまったいい終わり方だったと思います。

投稿 : 2022/08/07
閲覧 : 111
サンキュー:

11

ネタバレ

プラ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

運命の文化祭

お前らいいかげん付き合え!!と思って見終えた二期。三期はいよいよ告白なるか!?

二人とも、いよいよ告白する気になったそう。きっかけは、白銀会長の飛び級留学。想いを伝えるタイミングはここしかないと思い、文化祭でいろいろと仕掛けを用意した。かぐやなら自分のもとに来てくれるだろう、と信じて。

かぐやの方も、白銀の想いを知ってか知らずか…早坂にそそのかわれて…告白する計画を着々と練る。

最終的に、文化祭というフィナーレ・一番最高のロケーションで二人はロマンチックに想いを伝えあう。そこには二人が今まで争ってきた「勝ち負け」なんていうものはなかった。完全に二人だけの空間だった。


告白した後・・・これは四期でのお楽しみとなるのか?

投稿 : 2022/08/02
閲覧 : 107
サンキュー:

6

ネタバレ

薄雪草 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

持ち得る者。持ち去るもの。

ウルトラにやられました。

四宮かぐやのキッス。

「なんですか、これ?」と、私は "口を大にして言いたい"、です。♡


~    ~    ~


初キッス。

投げキッスでもなく、キスを込めた手紙でもなく・・・。

後夜祭のファイヤーストームの熱気と、ラブリーハートのアドバルーン。

白銀会長の仕込みは、これ、万全ですよね。

そのお返しが、かぐやのキッス!


え? 

「キスしてからが、大変だった」って!?

あらまぁ。

お可愛いこと。


~    ~    ~


スタンフォードに来い(恋)だなんて、そんな請い(恋)方、誰でもが受けられるものではありません。

かぐやだって「難しいです。」って言うくらいに。


でも、かぐや様は白銀御行に告らせたい。

白銀御行は、四宮かぐやに告らせたい。

でしたら、舞台は同じのほうが燃え上がる??


ウルトラロマンティックの上を行くロマンティック。

ちょっと覗いてみたいですね。


~    ~    ~


二人が持つべきものは何でしょう。

二人で持ちうるものとは何でしょう。


このラブゲーム。

終わりが全く見えません。


いったい、いつまで続くのでしょう、ね。

とりあえず、4期決定とのことですので、楽しみに待ちたいと思います。

投稿 : 2022/07/24
閲覧 : 144
サンキュー:

17

ネタバレ

ぴかちゅう さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

かぐや様は期待を裏切らない

ラブコメディは、コメディをしているだけでは主人公とヒロインの関係性が進展しないので、どこかでシリアス展開にならざるをえません。ラブコメのうち恋愛要素を割と重視する私にとっては、このシリアス展開の出来が作品の評価と直結してきます。

その観点からすると、「かぐや様」は、シリアスな話はときどきあるし(運動会編とか、かぐや様の携帯が壊れたりとか)、それによって主人公とヒロインがより惹かれていく部分はあるけれども、主人公とヒロインの恋愛関係が直接進展するシリアスな展開はかなり限られていたように思います(すぐ思い浮かぶのは花火大会とお月見くらいです、他にもあるかもしれませんが)。

この作品でシリアス展開が少なかった理由は、端的に主人公とヒロインが最初から付き合いたいと思っているからではあるものの、これだけコメディ(というか白銀とかぐや様があほ笑)一辺倒でラブコメができてきたのはこの作品の秀逸さではあります。(もっとも、私は「かぐや様」大好きですが、あにこれのランキングで一位が「かぐや様」というのはどうなんだろうとも思うところではあり、誰かに勧めるなら二位の「青ブタ」の方かなぁと思ったりはするのですが)。

しかし、今回、ついにウルトラ・ロマンティックに至り、文化祭編で白銀の留学時期の前倒しがかぐや様に伝えられたことで、一気にシリアス展開になりました。その展開は、「かぐや様」らしく、コメディで適宜彩りながらも(文化祭私物化w)、白銀とかぐや様の気持ちが伝わるよいストーリーだったと思います。

もっとも、最終話の最終盤の終わり方はどうなんでしょうね。2期も学園が崩壊するカオスな終わり方(そしてまさかの3期の開始でそれを回収)でしたが、3期も最後の四宮家のシーンは、生徒会のシーンとまとめてエンディングの後でよかったかなとも思いました。が、そんなことは些細なこと。

あまりアニメ原作を購入することはないのですが、「かぐや様」は何冊か持ってますし、今回も視聴後に買い足しました。4期が楽しみです。

投稿 : 2022/07/22
閲覧 : 141
サンキュー:

18

ネタバレ

天地人Ⅱ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

私的アニメ感想簿72

1期2期も面白かったですが、3期も期待以上の出来でしたね。
というか、最終回を観たら、おのお馴染みのナレーションは出るわ、タイトルもセリフで回収するし、1期のあの曲は流れるし、かれんはシャアに撃たれるし(それはキシリア 汗)もうこれでシリーズ完結してもおかしくない出来でしたね。

「おいっ(へ?)」
「じゃあ、これ以上かぐや様は見なくてもいいっていうことなのかな?」
「ま、まて。そんな訳ないじゃないか、もし続きをやってくれるならぜひみたいにきまってるじゃないか(天地人、あんたって人は・・・)」

まあ、そう思う位満足の最終回だったという事で(汗)
完璧に見えて、歌とかラップとか風船とかいろいろ残念な会長。
恋したらどんどんズンドコになってしまったかぐや様。
(愛ゆえに人はポンコツにならなければならぬ byサウザー)
現れるだけで場をかき乱してしまう天然クラッシャー藤原書記
(いや、クラッシャーというよりダーテ〇ペアのような・・・)
いつの間にか告白してしまった石上(本人自覚無し)
そして、ハーサカ様・・・最高です、ぜひお近づきにな(ぎゃ~っ)

ううっ(ヨロッ)早坂さんもいつも通り良かったですね(ビクビク)
それにしても、ここまで素晴らしいラストだと、冗談抜きに次どうするんだろうと心配になっちゃいますが、期待して待ちたいと思います。

投稿 : 2022/07/17
閲覧 : 145
サンキュー:

16

ネタバレ

SCV さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

今回も心底楽しめました!

EP5は惨くて凄いな,rapの部分をもう一度観た、矢張り良い
EP13告白して無い!
すべてが素晴らしい完成度。

投稿 : 2022/07/16
閲覧 : 68
サンキュー:

5

ネタバレ

O.Y さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:----

恋愛は戦ァ!好きになった方が負けなのである。

1期2期もかなり面白かったが、3期もクオリティが下がるどころか逆に上げてきた感じ。製作陣の強い拘りを感じました。締め方も素晴らしかった。個人的には4期は来てほしいような、そうでないような…。

では、3期を見て特に注目したポイントをいくつか。

1つめはED!1期から思うが、EDアニメーションの気合の入り方が凄い。今回は囚われたかぐや姫を取り戻すために宇宙の敵に立ち向かう??的な作中からはあんまり想像できない別のストーリーを描いてる。ただ最初の描写は1期からも繋がっている部分が見られ、ちょっとだけ考えさせられた。本編以外でも注目させられてるって結構エグいんだよな(語彙力)。
あとラップ回のところが特殊EDになってたな。歌唱と演出共に素晴らしかった。2つのEDに共通して言えるけど、敢えて本編のキャラとはデザインを変えて描いてるよね。賛否両論あるかもだが、自分は凄く良いと思った。崩れているとかじゃなく別の意味でカッコいいと思った。

2つ目は新キャラの四条眞妃 。自分このキャラがかぐや様で1番好きなんよ!(どうした急に)不憫なキャラだけど根は凄くいい。報われてほしいな。声優の演技も重なってアニメを見てからもっと好きになったわ!

最後は言わずもがな、相変わらずのテンポの良さに、物語の緩急。特に後半の文化祭は、面白さを含めながらもドキドキハラハラできた。最高に面白かったです。

逆に今期はこれしか見れなかった!でも久しぶりにアニメってやっぱり面白い!と思えた。ありがとう!かぐや様!

投稿 : 2022/07/14
閲覧 : 110
サンキュー:

9

ネタバレ

バニラコーク さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

今期、いや自分史上トップクラス

まいった。13話だけすぐに3回ほどリピートした。
東京ラブストーリーっぽい所からのセンチメンタルクライシス
完全にやられました。
キスシーンを藤原書記は見ていない所とか
早坂の動揺
石上と伊井野の関係
全てが最高にハマった。
四条も子安先輩も必然のピース。
もうね、最高でした。何回でも観たい。
観終わった後の充実感半端ない。
こんな感じは久しぶりです。
素敵な時間をありがとう!

投稿 : 2022/07/13
閲覧 : 152
サンキュー:

7

次の30件を表示

かぐや様は告らせたい-ウルトラロマンティック-のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
かぐや様は告らせたい-ウルトラロマンティック-のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

かぐや様は告らせたい-ウルトラロマンティック-のストーリー・あらすじ

秀才たちが集うエリート校・秀知院学園 その生徒会で出会った副会長・四宮かぐやと生徒会長・白銀御行 誰もがお似合いだと認める2人の天才は、すぐに結ばれるのかと思いきや高すぎるプライドが邪魔して告白できずにいた!! “如何にして相手を告白させるか”という恋愛頭脳戦に知略を尽くしてきた歴戦の2人は各々、心の内にとある決心を固める…… 秀知院高等部の文化祭“奉心祭”の最終日までに、2人の恋愛模様は大きく動き出す事に!? 恋が天才をアホにする!! 新感覚“頭脳戦”? ウルトラロマンティックなラブコメ、再々始動!!
(TVアニメ動画『かぐや様は告らせたい-ウルトラロマンティック-』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2022年春アニメ

声優・キャラクター

四宮かぐや:古賀葵
白銀御行:古川慎
藤原千花:小原好美
石上 優:鈴木崚汰
伊井野ミコ:富田美憂
早坂 愛:花守ゆみり
柏木 渚:麻倉もも
大仏こばち:日高里菜
柏木の彼氏:八代拓
ナレーション:青山穣

スタッフ

原作:赤坂アカ(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載)
監督:畠山 守
シリーズ構成:中西やすひろ
キャラクターデザイン:八尋裕子
総作画監督:矢向宏志、針場裕子、田中紀衣
プロップデザイン:木藤貴之
美術監督:若林里紗
美術設定:松本浩樹、平義樹弥
色彩設計:ホカリカナコ
CG監督:栗林裕紀
撮影監督:岡﨑正春
編集:松原理恵
音楽:羽岡 佳
音響監督:明田川 仁
制作:A-1 Pictures
製作:かぐや様は告らせたい製作委員会

このアニメの類似作品

この頃(2022年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ