「ガールズ&パンツァー(TVアニメ動画)」

総合得点
87.5
感想・評価
2869
棚に入れた
12403
ランキング
101
★★★★☆ 4.0 (2869)
物語
4.0
作画
4.1
声優
3.9
音楽
3.9
キャラ
4.0
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

てっく

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ノーサイド。 勝ち負けよりも大切なものがあるはず。

”乙女のたしなみ”として茶道や花道と並び『戦車道』という作法が存在する世界。
戦車道の家元で育ち戦車道を歩んでいた『西住みほ』は、過去の敗戦から自身の道を見失い戦車道から離れる。
しかし、転校先の学校で思わぬ形で戦車道へと引き込まれる。
そこで新たな仲間と出会い、「自分なりの戦車道」を見つける。

ただ、闇雲に打ち合うのではなく戦術を駆使して敵のフラッグ車とよばれる戦車を打ち落とす。
可愛らしいキャラと戦車という尖ったアイテムのバランスが面白い。

大きい相手には皆が協力し役割りをこなし撃破。
試合後は良きライバルとして相手を称える。
ラグビーそのものですね。

劇場版も追い掛けたいと思います^^

投稿 : 2019/09/17
閲覧 : 28
サンキュー:

10

ネタバレ

アレイ

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

戦車×JK

戦車道を辞めたが再び戦車道に戻ってきたJKのお話。

バトルシーン
カメラワークも良く、戦車が臨場感あふれる動きをしてて迫力もあり面白かったです。劇場で観たらきっと凄いだろうと容易に想像できました。

キャラ設定
戦車デザは個性や迫力があって面白かったです。
キャラ作りに関してはキャラが見た目と所属のみで作られてる感があったように思えました。
登場人物が多くて仕方ないのかもしれないですが、いい味をしてそうな見た目のキャラも所属(戦車)の一部にしか映らず、キャラに対する思い入れはなかったです。
元々とんでも設定なので、戦車も1人ないし2人乗車にしてキャラの魅力を出して欲しかったかも。
主人公はしっかりと深掘りありで、主人公らしかった点も○です。

ストーリー
{netabare}敵チームは長年戦車道やってるうえに戦車も高性能なのにバタバタ負けてしまうのはちょっとご都合感を感じてしまいました。
せめて必死の猛特訓か戦車1台あたりに1人は戦車経験者設定があれば優勝もご都合感を感じなかったかも。
普段ご都合展開はあんまり気にしないですが、スポ根要素が前に出てからなのかな、なぜか気になりました。
ラスト爽やかに終わってるのは◎です! {/netabare}

テンポはとても良かったです。構成も1クール内でしっかりとまとまってて観やすいアニメでした。

総評。
バトルシーン◎観やすさ◎テンポ構成◎ストーリー△キャラ△
全体としては○ですが、◎に至らずでした。
少数派のレビューとして。

投稿 : 2019/09/11
閲覧 : 35
サンキュー:

7

ユッキン

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

☆3.6

記録

投稿 : 2019/09/02
閲覧 : 24
サンキュー:

1

ネタバレ

にゃん^^

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

戦車道って。。

ミホちゃんがかよう女子高に
戦車道部ができて

いろんな思いであつまったみんなが
だんだんまとまってきたみたい

“美少女と戦車が織りなす、
ひと夏のハートフル・タンク・ストーリー!”
ってあらすじにあったから
感動するおはなしかも♪

でも美少女ってゆうより
みんなかわいいっていったほうがいいかな。。


見おわって

女子高生のほのぼの日常みたいなおはなし
スポ根みたいなアツいおはなし
泣けるところもあって
ヘンなおどりとかでわらっちゃったりw

そんないろいろなおはなしがあるけど
ちゃんとまとまってて
バトルはあるけど人が死んじゃうみたいなお話しはないから
たのしく見てられたかな。。


。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。゜♥。゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。            

1話目
{netabare}
女子はいいお嫁さんになるのに
戦車道やったほうがいいんだって。。

男子にももてるらしいし。。

でも。。

みほちゃんのおうちは
戦車道の有名なおうちみたい
それなのに
戦車にはのりたくないんだって

そんなみほちゃんを
応援してくれるお友だちができたんだ♪

はじめはことわってたみほちゃんだけど
さおりちゃんとはなちゃんが
じぶんのために一生けんめいになってくれたから
きめちゃった^^
{/netabare}
かわいい女子と戦車が好きな人むけかな

コメディだけど友だちっていいなぁって思えちゃう
ちょっと感動もできるかも。。

それでさいごににゃんは
え~っ!!ってびっくりしちゃった。。
自分で見てみてね

あと
にゃんはケーキはやっぱりモンブランかなぁ♪

2話目
{netabare}
戦車のこまかいこと言われても
ああそうなんだ~って
すぐ忘れちゃいそう。。

でも戦車って
あんなにかんたんにうんてんできるんだ♪

いくらあぶなくないって言っても
やっぱり大ほうがあたったりしたら
ケガとかしないのかなぁ。。
{/netabare}
これからどんなおはなしになるのかな?
ちょっと気になるね☆

3話目
{netabare}
マコちゃんが仲間になったよ

つり橋にのっちゃってどうなるのかなぁ(ドキドキ)
あぁぁぁっロープがきれるー。。って思ったら
いつのまにか勝っちゃって
みんなたのしくなってきちゃったみたいね♪

マコちゃんたらイヤイヤ
でも
弱みをしられちゃったからにげられないねw

でもピンクw
これでじぶんたちの戦車がすぐ分かるぅ~ってw

のりながらおぼえるのっていいのかなぁ?
たいへんそう。。
{/netabare}
女子高生の日常に戦車を出すとこんな感じ!?
っていうかそのまんまカナ(o´ェ`o)ゞエヘヘ~

4話目
{netabare}
せっかく隊長なのに
みんなちゃんと命令きいてよね。。
そしたらもっとうまくたたかえたのかも。。

でも戦車おいてにげちゃうのって
フツウならフツウのことだって思うケドw

あと町の中で戦車で攻げきとか
フツウならアリエナイーって思うケドw

このおはなしってそういうおはなしなんだぁw
町がこわされちゃってアーよかった♪(フシギな感じw)

けっきょくダメだったけど
よくやったって相手の学校も思ってくれたみたい♪

つぎは全国大会って
このおはなしはスポーツコメディなのかな。。
{/netabare}

5話目
{netabare}
戦車カフェってw
それに女子ばっかりだし
戦車のかたちのケーキってかわい。。くないねw

みほちゃんのお姉さんって
ちょっといじわるそうだったなぁ。。

ケーキもう1つ。。はいいけど
もう2つ。。はやめたほうがいいかもw

あとていさつしてもいいって
でも見つかったらさくせんとか
かえられちゃうんじゃないのかな。。

ケイタイをつかうって。。あ~それでもいいんだw

ちょっと気になったのはゆかりちゃんのお家
あれって学校がある船の上の町だったのかな。。
それとも学校ごとにちがう船で
まい日大洗から大きな船までかようのかなぁ。。
それってたいへんそう
{/netabare}

5.5話目

今までのまとめと
お友だちと戦車のしょうかい

出てくる人が多すぎてにゃんはおぼえきれなかった。。
戦車はゼッタイにおぼえられないなぁ(^^;

6話目
{netabare}
見ててときどきどっちがみかただか分からなくなっちゃった(^^;

でもようすがちょっと分かって
かてるかなぁって思ってたら相手がうしろから来ちゃって
もうダメかも。。って思ったらあきらめたらマケって。。

それでみんながまたやろう~って思って
ハナちゃんがねらったときはハラハラしちゃったね^^
かってよかったね♪

さいごはみほちゃんたちとみほちゃんのお姉さんたちの
学校が残るのかな?
{/netabare}

7話目
{netabare}
おばあちゃん元気だったみたいでよかったね^^
元気すぎちゃってちょっとこわかったw
でもやさしいおばあちゃんだったみたい。。

みほちゃん勝たなきゃダメって思ってたみたいだけど
たのしんでやるのも戦車道なんだなって思ったかな。。

それでもっと戦車がほしいって思って
さがしにいって2台あったけど1台は分かったけど
もう1台ってどんな戦車なんだろうよく見えなかった。。

今週のまとめると。。
おばあちゃんが元気で
みほちゃんが戦車道たのしいな♪って思えて
戦車さがしに行ってまよった人たすけに行って
2台見つかって
おふろでつぎもがんばろーってみほちゃんが言ったら。。

え!Σ(Д゚;/)/…エエ!?そんなおわりかたでいいのw
やっぱりガルパンってえー!?って思うとこ多いなぁ(にゃは)

あ。。あとみほちゃん。。
いくら女子だけだからってみんなのまえで。。
勇気あるなぁ。。(〃ノωノ)
{/netabare}

8話目

いつのまにかじゅん優勝戦になってたw
{netabare}
戦車が1台ふえた分生徒もふえたけど
なんか仲がわるそうな人たちもいて
チームがいっしょにうまくたたかえるのかなぁって
ちょっとしんぱいしちゃった

みほちゃんも作戦いろいろかんがえてたけど
みんなの意見でとつぜんかえちゃったね。。
もしあのときみほちゃんがかわらなかったらって思ったけど
そしたらみんなからきらわれてチームがばらばらになったかも。。

みんな一生けんめいがんばったって思うけど
おいつめられて負け。。
って思ったら負けたら学校なくなっちゃうの!?
じゃあほんとに勝たなくっちゃ。。
{/netabare}
ちょっとドキドキして見てたけど
さいごはえーっ!?って
来週はどうなるのかなぁ。。

あっ、ワスレテタ。。
雪がふってたみたいだったけどあらすじを見てたら
これって「ひと夏のハートフル・タンク・ストーリー!」
ってかいてあったw

9話目
{netabare}
学校がなくなっちゃうかも。。って
そうならないようにがんばろうーって
でも今ある戦車が売れのこりだなんてひどーい!

でも。。さむいね~って言ってて
ていさつにスカートだけで行っちゃうってw

それにみほちゃんのダンスwあの歌ってなに?w
でもはずかしがりのみほちゃんだから
みんなもがんばろうって思ったんだよねきっと!

あとはバトルでにゃんにはよく分からなかった(ごめんね)
勝ったのかな?って思ったけど。。どうなったの?
{/netabare}

10話目
{netabare}
じゅん優勝~♪ってよろこんでるひまもないね。。
こんどの相手は戦車をいっぱいもってて
大洗も何とかしなきゃって思ってたらあと2台見つかって
よかったね^^

でもあのねこたさんってロボノのフラウさんに似てて
ちょっとわらっちゃったw

背景の戦車が出てくるところはとってもきれい
でも人がおはなししてるところとかペターッってしてて
あんまりちがいすぎみたい。。

また
大洗チームの人がふえたね。。
にゃんは人の名まえとかおぼえるのにがてだから
こまったにゃん(;T_T)
{/netabare}
さいしゅう回はのびちゃったね。。

11話目
{netabare}
やっとガルパンもどってきたぁ
大洗は戦車が足りない分
いろんな作戦を考えてたたかってるんだね
ミホちゃんすごい~♪

でもミホちゃんがすごいのはそれだけじゃなかったね
川のとちゅうで止まっちゃった仲間を助けるのに
自分で行っちゃうなんて(うんうん^^)

でも激戦ですって本当!
さいごにあんなおっきい戦車が出てくるなんて。。
でも大きい戦車が強いんだったら
みんな大きいのになっちゃうんじゃないのかな?

なにか弱点とかってあると思うけど。。
{/netabare}

最終回

どきどきしちゃったぁ!{netabare}
あの大きなマウスをどうやったら止められるの?って
でも乗っかっちゃうなんて思わなかったぁ(わーい)

そのあとふらふら走りながら
相手も止めたけどこっちもやられて
少しづつ戦車が少なくなって
ずっとはらはらしちゃったね。。

あの建物の入り口を戦車でふさいで中を2台で走り回ったとこって
本物が走ってるみたいですごかったなぁ
もうにゃんの心臓どきん♡どきん♡って

それでさいごが。。
かったぁ~~~♪って
うれしくってわらってるって思ってたのに
気がついたら泣いちゃってたぁw

お姉ちゃんとの握手は
もうちょっとなんかあるかなぁって思ってたけど
なんかふつうだったよ
でもふつうによかったなぁ☆
{/netabare}

1話目ってそんなに面白そうとかって思わなかったけど
ぜんぶ見おわったらなんだかとってもよかったかなぁ♪

投稿 : 2019/08/31
閲覧 : 1326
サンキュー:

267

ASKA

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

戦車と大洗の描写が特に力を入れていた。

戦車に女の子達が乗って試合をするアニメ。
原作はない完全なオリジナルアニメ。ミリタリーファンだけでなく可愛い女の子萌のファンに向けてもオススメの作品。
戦車での模擬戦が「戦車道」という武道として認知されている世界。
物語はある経緯から女子高「大洗女子学園」へ転校してきた主人公の西住みほが武部沙織、五十鈴華、秋山優花里、冷泉麻子とともに戦車道の全国大会を勝ち上がっていく様子を描く。

全体的な感想は面白かったです。
また戦車道の描写も気合が入っていました。そして舞台となる大洗の描写は特に再現度が高かったです。
戦車での試合も迫力があり、見入ってしまいました。
ミリタリーファンだけでなく萌えアニメファンにも満足のいく作品だと思います。

投稿 : 2019/08/25
閲覧 : 284
サンキュー:

51

KANO

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

楽しい作品

本作はアニメにどっぷり嵌る前に、スロットから作品を知って鑑賞に至りました。
当時の印象として、キャラや主要シーンが先に頭に入っている状態でしたので、シーンが全て繋がって行き鑑賞しやすかったです
言わばトンデモ内容のアニメならではの作品で、作り手の力量が問われる作品ですよね。少し狂いが生じれば厳しい内容だと思います。仕上がりは凄いの一言です。
個人的には楽しく観れる作品です。

投稿 : 2019/08/03
閲覧 : 34
サンキュー:

6

ネタバレ

vWSHY97287

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

見ておいて良かった

前から気になってた作品で見てみましたが、面白かったの一言に尽きますね。特に戦車戦では「そうくるのか」などという場面がいくつかあり、良かったと思います。たまに戦車戦で常識を超えた行動をすることがあるので、そこは凄く笑えることができました。この作品は間違いなく、自分の中ではトップ10に入ってくる作品で、本当に見ておいて良かったです。ちなみに推しキャラは冷泉麻子です。

投稿 : 2019/07/31
閲覧 : 78
サンキュー:

2

ダークフレイムマスオ

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ふう~。ようやっと近況報告じゃ。アンコウ祭りで吹っ切れたw実は転職した。実は古巣の警備員に戻ったwので最近のことを語ろう。

6月中旬おばちゃん職場退職したら7年ぐらい前に世話になってた警備の社長のおじいちゃんにTEL入れたら翌日からYOU仕事来いよ!とジャニーさんみたいに言われていきなり復帰w吉本以上の雑さだが、ウマが合うというか言われたらよほどのこと以外はやったんですんなり戻った。警備員なんてパクられてなきゃほぼ誰でもできます。大体は年金もらる前のじーさまがほとんど。車で150キロぐらい移動の毎日ですがまあ慣れた。工場の2倍楽で給料ほぼ倍。だがやっとまともかな?です。

何もないのがいい仕事!

何かあったら即人身事故。刃の上の綱渡り、は大袈裟。田舎だもん、ほとんど何もなく一日終わります。

がお祭り最近駆り出された。最近のお祭りって昔とちゃうな~。がっつりもんもん入ったラッパーやらダンサー呼んだりとアニメのお祭り回思ってたのと全然違った。でも最後に打ち上げの店で超うまい弁当もろた。そして次の日あばれみこしなるおもろいお祭り強制参加。MPまで出るおみこしの最前線。燃えた!MPわきに警備。もう担いでる連中は日本酒浴びてるぐらいにさけくさい。どつきあり、観客もガオル。ワールドプロレスリングの古館ぐらいの距離です。いやマジでスゲーよ。感動!そんでもおとなしくなったほうなんだってご近所さんいわくw。次の日は寝て終わったw

なんでヘルマンスリー。時間読めない仕事です。

何かを犠牲にしなきゃ対価は貰えない。だが現場作業ってやっぱ好きなんだろな~。なんでいいの?って聞かれれば同じことをすることがほぼないから。としか言えないです。適応能力が即時試されるのが自分が好きなんですね多分。ルーティンワークずっとできる方も尊敬しますが何もないとこから創るの大好きなのはやっぱ性なんだろな~。おかげでレビューもレビュー参考にならん!といつ追放されるか?と天地人様とおなじく(違ってたら失敬w)びくびくドМ心にダクネス並みに思う日々です。

アレ?ガルパンレビューだっけw忘れてた!皆さんもたまにはお祭り行ってみてはいかがかしら♪

おしま~い♪

投稿 : 2019/07/30
閲覧 : 38
サンキュー:

12

ガタリリス

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

設定がぶっ飛び過ぎワロタwww

戦車道は女子の嗜み? 伝統芸能? 男にモテる?
んん?なんかおかしくね?(^ω^;)
1話の最後に街を上空から眺めると、何故か空母が!w
街は空母の上にあったという衝撃の事実!
しょっぱなから色々ぶっ飛んでるねw

本作は簡単に言うとスポ魂部活動モノということになりますが、その部が『戦車道』ってwww
『バレーやる』とか『華道やる』とかいうノリで戦車動かす感じがシュールで面白かったですw
戦車も無駄にリアルだし、戦闘シーンはかなり秀逸で観てて楽しかった。
プラウダはロシア軍で黒森峰はドイツ軍なイメージだったけど、国民性が地味に反映されてるのが面白かった。
ロシア軍は守りが堅くて冬将軍を利用して数々の歴戦を勝つことが多いが、本作もそういう国民性が反映されてた印象。
逆にドイツ軍は組織力があって国民も優秀なのに、何故か最後は必ず負けるw
それは突発的な出来事に対応できないのと、空気が読めない国民性のせいで周辺国を敵に回すことが多いから。
要するに政治と外交が下手なんだよね(´・ω・`)
『戦争に勝ちたかったらドイツ側に付くな』は、歴史の教訓ですw

という感じで全体的に観ると面白かったんだけど、ひとつ納得できない点が。
主人公たちが所属する大洗女子学園は20年も戦車道をやっていなかったのだが、とある事情によって急ごしらえで戦車道部を作ることになった。
その結果、戦車も人員も不足かつ低スペックな状態で大会に臨むことになったのだが、それで優勝まで行ってしまうのはさすがにご都合主義と言わざるを得ない。
他の学校は戦車道を何年もやっているエキスパートであり、それに対して味方チームはハッキリ言って素人同然である。
数も質も足りないのに優勝できるほど勝負事は甘くないと思うので、ここら辺はもう少しリアリティが欲しかったかな。

あまり期待せずに視聴してみたのだが、思った以上に面白かったです。
戦車同士の戦いに迫力があって見応えがあった。
あんこうチームのメンバーの切磋琢磨する姿も良かったし、何より設定と世界観がぶっ飛んでて良い意味で裏切られた作品でした。
欲を言えば1クールでは足りない内容だったと思うので、できれば2クール欲しかったかな。

戦車道を突き進むスポ魂アニメ。
スポ魂アニメにマンネリを感じているような方にお勧めできる作品ですね。

以上、拙い感想でした(・ω・)ノ

投稿 : 2019/07/28
閲覧 : 123
サンキュー:

24

Ash-Lynx

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

パンツァー!フォー!!

"最弱"が"最強"に挑む王道スポ根作品(ガールのパンティが見えるアニメではない)でありながら、戦略性の高さなどリアリティのある描写も多い。
圧ッ倒ォー的不利ィ!・絶ッ体絶命ィ!の状態でも奇抜な戦略で勝ち抜いていく感じは、『コードギアス』のチェス盤上戦とはまた違った面白さがある。

あとは作画も最強すぎ。FPSのような主観視点や戦車の無骨さや重厚感を感じる演出力は、もうハリウッドのCG顔負けの迫力。あの『フューリー』も軽く超えてると思うな。

キャラも国(イギリス、アメリカ、ドイツ、ロシアなど)ごとに特徴が出ててるし、主人公のキャラデザがいい。学園ものとしての女の子同士のイチャイチャは控えめで、あくまで"戦車道"を描ききっていたのも良かった。

投稿 : 2019/07/15
閲覧 : 65
サンキュー:

13

二足歩行したくない

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

可憐な乙女たちが軍歌を歌い戦場に繰り出す

「戦車道」という女性向けに人気があるという設定の架空の武道を主軸とした作品。
戦車道は名前の通り戦車を扱う武道で、敵味方に別れた戦車隊同士が敵勢力を討ち滅ぼすために砲弾を打ち合うものとなっています。
登場する戦車は実際に戦争で活躍したものと同型で、可憐な乙女たちが軍歌を歌い、ドイツ陸軍のIV号やIII号、ティーガー、ソビエトのT-34などを乗り戦場に繰り出す恐ろしい内容となっています。
砲弾はもちろん実弾で、戦車に乗っているとはいえ戦死者は絶えない命がけの武道、というわけでは残念ながらなく、どういう構造化わかりませんが安全性の確保された競技で、女の子たちはバラバラになったりしないので、安心してお楽しみになれます。

主人公は戦車道の家元の娘・西住みほ。
彼女が、戦車道の名門・黒森峰女学園で仲間の救助を優先した行動により優勝を逃してしまったことを苦に、戦車道のない大洗女子学園へ転校してきたところから物語が始まります。
戦車道の無い学校にわざわざ転校してきたのですが、学校は急に戦車道を復活させ、生徒会はみほに戦車道を選択するよう圧力をかける。
さらにせっかくできた友達も戦車道に興味を持ってしまったことで、みほは腹をくくり、一度離れた戦車道を履修する決意をするというストーリー。

主人公以外は戦車道に全くの初心者のメンバーで、ありあわせの戦車を使い高校生戦車道の全国大会である戦車道全国高校生大会のエントリーを駆け上がるため、話中都合の良いと感じる場面もありましたが、普通に面白かったです。
主人公は戦車道の達人なわけですが、それ以外のメンバーは本作のスタート時点で(当然ですが)クラッチの繋ぎ方もわからない素人です。
そんな彼女たちが、終盤では照準器のレティクルから軽々距離を計測し、アマチュア無線の2級を取得し、哨戒時に見える戦車の一部から種類を判別する成長ぶりには目頭が熱くなりました。
戦車道が実際にあったら絶対流行ると思います。

ワンクールという短い話数の中、初心者が上級者となり、全国大会が始まって終了するまでを描いているため、ちょっとトントン拍子すぎるんじゃないかと感じるところもありましたが、とてもおもしろかったです。
キャラクターが多く話が進むに連れて更に増えるのですが、尺の問題か個性的なビジュアルにもかかわらず大した活躍もないキャラがいるのは残念。
続編があるし、劇場版でストーリーが続くので、そっちで期待しようと思います。

投稿 : 2019/07/15
閲覧 : 32
サンキュー:

6

haiga

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

青春!!友情!!戦車道!!

今観終わりました~えがったわ~

流石大ヒット作ですね。めちゃくちゃ面白かったです。アニメ好きの「大好物」が沢山詰まった欲張りアニメですね♪10話までは普通に面白いなあぐらいだったのですが、11話と12話の激闘は凄かった。アニメ史に残る対決では無いでしょうか?

簡単に説明。戦車を使った戦車道が乙女の嗜みとされている世界。主人公西住みほはあえて戦車道の無い大洗女子学園に転校してきます。1人暮らしを始めながらの転校生活。不安に思っていましたが人懐っこい沙織とお淑やかな華と友達になります。

楽しい学園生活に期待を膨らますみほ。
ところが突然発表される大洗女子学園での戦車道の復活。その上生徒会長には戦車道部に入ることを強要されてしまいます。

元々西住流という戦車道の家元の娘であるみほ。戸惑いながらも素人ばかりの仲間達を率いて全国戦車道大会に挑戦していくのでした。

戦車の戦闘描写は迫力がありますし、圧倒的戦力差をみほの戦術で覆すべく翻弄し戦うところがワクワクしますね。
また、随所に女子高生らしさがちりばめられており、殺伐としがちな戦闘シーンも爽やかで、どこかコミカルで楽しいです。仲間達もみんな可愛らしくて性格が良くてとても良かったです。親友の沙織が潤滑油として大活躍ですね。

続編も沢山ありますから今から観るのが楽しみです。パンツァーフォー!!

投稿 : 2019/07/08
閲覧 : 51
サンキュー:

18

既読です。

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

女子高部活戦車道って・・・

戦車の種類が豊富で
戦車愛を感じました。(笑

動きもリアル?なので
普通に面白かったです。

ただ、戦車+JKやら
部活戦車道などという発想

なんかスゴイですね(笑

投稿 : 2019/07/08
閲覧 : 31
サンキュー:

2

ネタバレ

柊(ひいらぎ)

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

梅雨時は家にこもってガルパン

いやー良かったっす。

投稿 : 2019/07/02
閲覧 : 28
サンキュー:

1

ネタバレ

剣道部

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

「ガルパン」で伝わるのは、日本の人口の何%くらいだろう(笑)?

[文量→小盛り・内容→感想系]

【総括】
戦車戦が、「戦車道」という1種のスポーツとして確立している世界。その中で、真剣に「戦車道」に取り組む女子高生達を描いている。

そういう意味では、「咲」に近い。萌えアニメであり、スポ根アニメでもあり、ミリタリーアニメでもある本作。ご当地アニメとしての成功例でもありますね。

これは悪い意味でなく、「このアニメの面白さ」が、私にはよく分かりません(上手く言語化できないということ)。

別に何かが際立っているとは思えないんですが、、、なぜか、面白いんですよねぇ、この作品。

そういう意味では「けいおん」とかに近い。あーだこーだと講釈をたれるようなアニメではないですよね。

頭空っぽにして、楽しめば良い♪


《以下ネタバレ》

【視聴終了(レビュー)】
{netabare}
本作のヒットの要因を1つ挙げるなら、冒頭のオウンビューによる、戦車戦の映像にあったように思います。あれで、「ひと味違うアニメ」だと視聴者に印象づけられたのは大きかったように思うんですよね。なんか、本作の魅力を掛け算にしたというか。

演出が上手でした。勿論、キャラや世界観など、良い部分はいっぱいありますが、一番は、あの映像をあそこにもってきたことかと。
{/netabare}

【余談~ タカトシ&温水が行く小さな旅シリーズ ~】
{netabare}
多分再放送ですが、先週たまたまた観た上記番組のロケ地が大洗でした。ゲストはアンミカさん。

番組のお決まり通り、路線バスに乗る四人。バスの最後尾の席には、ガルパンのキャラが座っていました。

その座らせ方が、「キャラの立ちパネル(紙製)の腰と膝の部分を無理矢理折り曲げて座らせる」という強引なもので、正直ひどいなと思いました(苦笑)

ちなみに、タカトシさんが「これはガルパンです」と言って、いくら説明しても、アンミカさんは理解せず。そこで思ったのが、本レビュータイトル。

多分、全国民的には、「ガルパン」より、「パリコレ」の方が、知名度高いんだろうね、悲しいけれど(笑)
{/netabare}

投稿 : 2019/06/18
閲覧 : 74
サンキュー:

23

鰺鱒

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ああ、やっぱり

がるぱんは いいぞ。

おそらく劇場公開作品への誘導をかねた形でdアニメに復活したので、久しぶりに通しで視聴。

誰にでもお薦めできるかと言えば疑問符が付くが、掴みで入っていけるなら、そのまま観て欲しい。戦車に詳しい必要は全くない。僕自身、ミリタリは好きだけど戦車は守備範囲外です。

華道や合気道に混じって「戦車道」なるものが淑女の嗜みとして存在する世界。格技とかと同じような、授業の一貫としてその戦車道がある世界。「安全には十分配慮されている」けど、怪我の心配があったり、(毎回)眼鏡が割れたりする戦車道がある世界。そして「道」であるが故に「家元」がある戦車道がある世界。
学校は、学園艦なるスケール無視した空母のような船の上にあり、学校はおろか街までまるごと船の上。対外試合は陸上で行われるけど、砲撃やら追突・衝突による損害は補償されるようだし、戦車道場とも言うべき廃墟化した街がそこらにある。そんな世界でのお話。

実に緩く、そしてなにより訳がわからない。しかしながら、作品世界を成立させるに必要十分な設定。世界観の設定なんて、これでいいんだと思います。ちゃんと明示してくれさえすれば(とはいっても、車外に体を晒すのは恐いし、変だと思う)。

このわけわからん世界観を、過不足なく説明していった(。。。は、嘘だな。有耶無耶の内に何となく押しつけた、かな?)最初の四話あたりの作り方は見事だったと思います。あとはもう、1視聴者として作品世界にされるがままでした。

一人一人の物語の上に、戦車というチームで操縦するものだからこその物語があり、それを含んだ隊としての物語があり、対戦相手・試合・大会を通した物語がある。全部のチームにそれぞれの役割があり、見せ場がある。。。そのすべてが絶妙のバランスで展開されていたように感じた。そう感じてしまった。

狙った結果が戦車なのか、戦車にしたからこうなったのかは知らないが、戦車・チームで人員をまとめるという構成も、初期状態で総勢二十名強という大所帯を把握する上で有利に働いたと思われる。初期で五台、決勝戦で八台ならば、そこそこ把握可能な数字と思う(いや、カモさん忘れがちですがね)。個別の人員は、たとえばカバさんチームのカエサル、と、階層を降りていけばアクセスも容易。

敵味方含めてどの選手、どのチームも素敵だけど、アヒルさんチームとウサギさんチームはとりわけ大好き。

「つまりは根性!」で締める割には思考も指示も的確(ただし行動は根性)なキャプテン率いるバレー部アヒルチーム。プラウダ戦での「そぉれそれそれそれ~」はなぜだか鳥肌ものでした。

校内試合、エキジビションと敵前逃亡を繰り返しながら、その後は一戦ごとに著しい成長をみせたウサギさんチーム。決勝戦での活躍には思わず涙が出てしまった。「一年なめんな!」


繰り返すしかない。

がるぱんは、いいぞ。

投稿 : 2019/06/14
閲覧 : 291
サンキュー:

32

遊微々

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

期待値を大幅に上回った王道青春モノ

放送直前のCM見て「あー、またどっか角川あたりの漫画がアニメ化すんのかー。好きだねこういうの」くらいに思ってて全然見る気がしなかった作品。
調べてみたらどうやらオリアニとのことだったので、「じゃーまあとりあえずまだ未知数みたいだし見てみるかー」くらいの気持ちで視聴開始。

正直戦車にも女の子の部活モノにも全くといっていいほど関心がなかったため、3話くらいまではとりあえず見とくくらいのなあなあ視聴。
しかし4話あたりから気づけば作品の魅力に惹かれていき、結果としてこの時のクールで3番目に楽しみな作品になっていた。(ちなみに1番目がサイコパス、2番目がジョジョ)

戦車を題材にしてはいるが、中身は王道青春スポーツモノ。戦車道やる前は過去に囚われうじうじしてたみほちゃんだが、いざやるとなった時はしっかりやる娘だったのでストレスなく見れた。あと秋山可愛い。

1クールなのに総集編2回も挟むわラスト2話は3か月後だったりするわで普通なら暴動が起きそうなことやってるのだが、なんだかんだ面白いので憎めない作品である。

ちなみにリアタイ視聴時はまさかここまでの人気作になるとは全く思っておらず、ガルパンおじさんが流行った時は非常に困惑した。

投稿 : 2019/06/13
閲覧 : 72
サンキュー:

7

ももも

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

リアルタイムで見とけばよかった…

個人的にストパン(ストライクウィッチーズ)にハマれなかった過去があり、
これも同系統に見えてずっと避けてきた…わけではないのですが
強いて見ようという気にもならず、ただ薄々気にはなっており、、という
非常にめんどくさい状態に長年あったのですが
dアニメストアのニコニコ支店(見放題)に入ったのを機会にイッキ見しました。

感想としてはタイトル通り、リアルタイムで見とけばよかったなぁと(´・ω・`)
ストーリーはある種少年漫画的な王道だと思うんですが、脚本とコンテ?が飛び抜けて素晴らしく良かったと思います。

演出的に泣かせるシーンは皆無ですがうるっと来ます。
キャラ説明のシーンはほぼありませんがキャラが自然に頭に入ってきます。
これはアニメの作りが良く出来ているとしかいいようがないと思います。
劇場版の二話もこれから公開だそうで、楽しみです。

蛇足かもしれませんが、「ありえない競技を超真剣にやってる女の子がいっぱい出てくるアニメ」って点で、序盤はちょっと競女!!!!が頭をよぎりましたw
あれも好きですが、ベクトルが間逆ですねw

投稿 : 2019/06/13
閲覧 : 68
サンキュー:

8

ハウトゥーバトル

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

全車前進!

視聴理由 特になし 今までなんとなく懸念してたけど

序盤 せ、戦車道?

中盤 パンツァー・フォー♪

終盤 進め乙女たち

この話は「乙女のたしなみ」としての戦車道に取り組む女子高校生たちの熱く厚く進み続ける話
一見戦争の話かと思うだろうけど全く関係のない平和な世界でのスポーツ(?)アニメ
序盤のほうでは「まさかコレはグダグダ戦車ごっこをするのかな」と思っていたけどそうではなさそう。みんな真面目に取り組んでいるし、実際の機体を使っているから戦車から翼が生えたり、皆の思いを一つにした強力な一撃とかはないから、安心して視聴を。
しかし難点は「設定が割と雑」
戦車を動かす際には実際の環境や町で戦うことになります。
だから流れ弾で町の建物が壊れちゃったり、森の中で環境破壊になりそうな戦闘も繰り広げられたり、となんだか雑な気もします。
まぁ実際に壊れたお店の店主は「やったー!改築できる!」と喜んでいたので国が出しているのかな。

設定の話はともかくジャンルは部活(正確には必修選択科目)・戦車
手に汗握る戦闘シーンや戦術の駆け引きなどが見てて面白かったです
ぜひ相手の戦術も考えてみてください
そして新キャラ・新戦車が出た際には「何かしらの役割」があります。どんな役割かも注意・予想しながらみると面白いかもしれませんね

作画は普通。2012年ということにかなり驚いていますが。
音楽はopは「Dream Riser」edは畑亜貴さん作詞の「Enter Enter Mission」2曲とも良曲
キャラは可愛く全員好印象。下手に男の子が出てきても困るから、この選択はあっていると思う。

かなり良作。みるべきよコレは

投稿 : 2019/06/13
閲覧 : 68
サンキュー:

19

ネタバレ

kawadev

★★★★★ 4.9
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

思いのほか良かった

友人に勧められて見た作品。

実は1話を見て切ったのだが、友人から「穿った見方をせずに見てみたら?」と言われて見直したら…最後まで見れた。意外と青春していて面白かった。

このアニメで大洗も聖地となったが、果たして、空母を街にする必要ある?とは思う。

投稿 : 2019/06/13
閲覧 : 35
サンキュー:

5

ネタバレ

翔太

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

人気です!

パチンコ屋でも10代から70代くらいまで遊ばれてるので相当人気です!
仙台?大洗港のPRで出来たアニメとは思えないくらいに見応えあります!
全作品観ましたが面白いです!

投稿 : 2019/06/12
閲覧 : 27
サンキュー:

1

こーひーなた

★★☆☆☆ 2.0
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 2.0 音楽 : 2.0 キャラ : 2.0 状態:途中で断念した

一応六話まではがんばりました

放送当時、ツイッターでオススメされたので見てみました。個人的にですがストーリーは何にも面白くなくて、キャラクターも絵柄や性格が好みじゃない子ばっかりですごく辛かったです。というか推しキャラが六話まで見ても見つからなかったせいでストーリーもつまらなく感じた気がします。一応少数派の感想として。

投稿 : 2019/05/03
閲覧 : 160
サンキュー:

3

Mi-24

★★★★★ 4.4
物語 : 3.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

弱小で最強を打ち倒す創意工夫が面白い。

美少女×戦車で際物のように見えるが、ストーリーはスッキリしていてとても見やすい。

何より個性的なキャラが揃っているのがいい。
性質の違う戦車が5台。それに強力な個性を放つ5チームを乗り込ませる。
この個性的な面々が、それぞれの戦車の特徴にあった戦い方をして活躍するので、とても面白い。
特に、性能の劣る戦車を創意工夫でカバーして戦う、戦闘シーンは素晴らしかった。

対戦する相手校チームも学校ごとに所属国家を分けて特徴付けてあるので、非常に分かりやすい。

それに、このアニメは設定がとても良かった。
最初に「これは戦車を使って行うスポーツです。人が死ぬ事はありません。」と宣言していたので、すんなり納得して作品を楽しめた。


個性的なキャラ達が特徴ある戦車で戦う(スポーツで争う)物語。とても面白い良作でした。

投稿 : 2019/05/02
閲覧 : 67
サンキュー:

6

ネタバレ

marutomo

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

軍歌にはまってしまったよ笑

友達にススメられて。
まず1話普通に市街地で家ぶっとばしてるのに笑った。そんなこんなでみぽりんの軍神ぶりを楽しんでると、プラウダ戦。ノンナとカチューシャたちがカチューシャ歌ったところで一気にはまってしまった。そこからはもうただのファン。bgm漁って軍歌漁って戦車漁って…。
ガルパンはいいぞ!←言ってみたかっただけ。

投稿 : 2019/04/21
閲覧 : 66
サンキュー:

6

taijyu

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

見れば見るほど評価が上がる魅力的な作品

1話感想:
うーん、なんか微妙。学園艦や戦車道などの設定はおもしろいと思えるものの、キャラが可愛いと思えない。
しかしアバンの戦車戦はグリグリ動いて高品質だったので、戦車戦が始まるまでは様子を見てみます。
名監督水島努を信じて。

途中感想:
大いに楽しんでいます。
戦車道、学園船といった世界観には魅了されます。
戦車の絵がグリグリ動いて素晴らしいです。
キャラクターも非常に多い割にチームごとに把握でき、
話数を重ねれば十分覚えられます。
覚えてくればキャラクターも皆可愛いですね。
特に秋山殿が可愛いです。

全話感想:
非常に面白かったです。
遅延したとはいえ、作画は総じてレベルが高く、戦車戦は良く動いて手に汗握る白熱したものでした。
そしてキャラは大勢いるのにちゃんと把握でき、主人公チームだけでなく敵も味方も皆可愛くて魅力的。
とても楽しませていただきました。

投稿 : 2019/04/13
閲覧 : 116
サンキュー:

7

リタ

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

新鮮で面白い

現実世界っぽいのにあり得ない設定モノはとても好きなので最後まで楽しく視聴出来た。

現実には無理だけど、戦車道、特に主人公が見つけた戦車道がとても素敵だった。
身内に嫌味なキャラがなく、対戦相手との戦場の駆け引きに集中出来るのも良い。
無知でも専門用語を気にせず楽しめる点も素敵。

投稿 : 2019/04/07
閲覧 : 41
サンキュー:

2

なぬの

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

戦車なんか無知です

戦車には興味ありませんでしたが視聴しました
開始早々に臨場感ある戦車のシーンを観て、全話観ると確信しました。

戦車道という戦車による学校同士の試合をしてくお話しです。
味方部員はもちろん敵部員まで好きになるアニメでした、正直嫌いなキャラはいません
個性ありすぎるキャラばかりで観てて飽きません

カチューシャが1番お気に入りです。

4周は観ました、まだ飽きず観れます

投稿 : 2019/04/06
閲覧 : 91
サンキュー:

7

けいぴぃ

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

エモが足りない

昨年、一昨年と暇な時間が結構あり
色々なアニメ作品を視まして
この作品もその一つなのですが、

どうもこれといってインパクトが薄かったような。
戦車で戦うというと一見熱い内容かと思いきや、

学校の部活物というと挫折や葛藤、友情や恋といった
エモーショナルな展開がつきものだと思ってますが
まあ友情はあるけど、挫折や葛藤からの復活
みたいな熱い展開もないし、
女子高のせいか恋愛もないし。

まあ全体的にコミカルで視てて苦痛という程ではなかったので
最後まで全部視ましたが
なんかあっさり視終わってしまいました。

ただ声優さん達が歌ってたらしいエンディングテーマは結構好き。なんか耳に残る。

投稿 : 2019/03/31
閲覧 : 71
サンキュー:

12

ネタバレ

こめった

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

日常に溶け込んだ戦争

物語の内訳(平均計算:.2や.7までは切りさげ、.3~や.8~は切り上げ)
ストーリー:4.0/構成:4.5/世界観:4.0/キャラ:5.0/テーマ性:3.5
平均4.2、よって物語4.0

戦争が日常に溶け込み戦車道に昇華。少女達が汗、もとい油に塗れながら戦車道を通して成長していく青春アニメだ。1話1話丁寧に作り込まれており、全てが12話の感動に帰結するよう構成が練られていた。
{netabare}
7話で「勝たないとダメなのか」という問いに「楽しかったらいい」という答えが出るが、8話で直ぐさま「楽しかったらいい」という答えに対して「勝たないと意味がない」という反論が出る。それをやって生計を立てているプロと違って、絶対的な勝利は求められない。だが、勝つと楽しいの狭間で揺れ動くのが学生の部活動だ。戦車道も然り。勝つことと純粋に楽しむことは案外難しい。それでも彼女達は勝つことと楽しむことを両立させた。

彼女達は仲間と共に勝利を積み重ね、仲間と共に勝つ喜びを得ていく。決勝戦ではあまりにのめり込みすぎて彼女らと共に戦って共に喜びを分かち合ったかのような高揚感があった。
{/netabare}

投稿 : 2019/03/10
閲覧 : 59
サンキュー:

4

デルグ

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

BOXに関するレビューとなります。

ネトフリで視聴後、Blu-ray Box購入。
主にBOXについてのレビュー。

BOXは音を再構築。拘りが凄まじい。
あらゆる音を駆使し音の震えすら体感できます。
正に自宅で映画館状態。

本作の良い所は萌える美少女だけでなく、
燃える戦い(死者は一切でない)が
堪能できる点だと思います。

戦車は正直全く詳しくないので、
特典コメンタリーや、映像の戦車解説は
初心者に優しい内容。

BOX購入で迷われている方がいらっしゃるなら、
今現在の技術をフルに使った音の表現目的で
購入もありだと思います。

投稿 : 2019/03/02
閲覧 : 76
サンキュー:

15

次の30件を表示

ガールズ&パンツァーのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ガールズ&パンツァーのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ガールズ&パンツァーのストーリー・あらすじ

『ガールズ&パンツァー』は“美少女と戦車が織りなす、ひと夏のハートフル・タンク・ストーリー!”がキャッチフレーズのTVアニメーション。物語は戦車を使った武道「戦車道」が華道や茶道と並んで大和撫子のたしなみとされている世界が舞台。県立大洗女子学園にやってきた転校生・西住みほ(声・渕上舞)は戦車道が嫌いで、戦車道のない大洗女子を選んだが、転校早々生徒会長に呼び出され、必修選択科目における戦車道の選択と戦車道全国大会出場を強要される。しかも、集まったメンバーは個性派ばかり。華道家元の娘の五十鈴華(声・尾崎真実)、恋に恋する武部沙織(声・茅野愛衣)、戦車マニアの秋山優花里(中上育実)、朝に弱い優等生の冷泉麻子(声・井口裕香)らに囲まれたみほの、友達とのフツーの女子高生活というささやかな願いの行方は…。(TVアニメ動画『ガールズ&パンツァー』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2012年秋アニメ
制作会社
アクタス
主題歌
≪OP≫ChouCho『DreamRiser』≪ED≫西住みほ(CV.渕上舞)武部沙織(CV.茅野愛衣)五十鈴華(CV.尾崎真実)秋山優花里(CV.中上育実)冷泉麻子(CV.井口裕香)『Enter Enter MISSION!』

声優・キャラクター

渕上舞、茅野愛衣、尾崎真実、中上育実、井口裕香、福圓美里、高橋美佳子、植田佳奈、菊地美香、吉岡麻耶、桐村まり、中村桜、仙台エリ、森谷里美、井上優佳、大橋歩夕、竹内仁美、中里望、多田このみ、山岡ゆり、秋奈、井澤詩織、山本希望、椎名へきる、喜多村英梨、石原舞、川澄綾子、伊瀬茉莉也、平野綾、金元寿子、上坂すみれ、田中理恵、生天目仁美、倉田雅世、愛河里花子、冬馬由美

スタッフ

キャラクター原案:島田フミカネ、キャラクター原案協力:野上武志、 監督:水島努、構成・脚本:吉田玲子、キャラクターデザイン・総作画監督:杉本功、考証・スーパーバイザー:鈴木貴昭、ミリタリーワークス:伊藤岳史、プロップデザイン:竹上貴雄/小倉典子/牧内ももこ/鈴木勘太、美術設定:比留間崇、美術監督:大西穣、色彩設計:原田幸子、モデリング原案:原田敬至、3D監督:柳野啓一郎、撮影監督:大庭直之、音響監督:岩浪美和、音楽:浜口史郎、3DCGI:グラフィニカ

このアニメの類似作品

この頃(2012年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ