「PSYCHO-PASS サイコパス2(TVアニメ動画)」

総合得点
77.6
感想・評価
2122
棚に入れた
11842
ランキング
282
★★★★☆ 3.8 (2122)
物語
3.8
作画
3.9
声優
3.9
音楽
3.9
キャラ
3.7
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む
ネタバレ

にゃん^^

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

つづきだから1期を先に見てね☆(新編集版でもいいかも)

1期よりアカネの顔が細くなったみたい
みんなの顔もちょっとちがうかな。。

1期は後輩のアカネが宜野座監視官のやってることちがうって思ってたけど
こんどは後輩の霜月監視官がアカネのやってることちがうって思う
そんなおはなしと

事件がおきて1期みたく真犯人がいる。。
みたいなおはなしになるのかも?
(まだ分からないケド)


1話目
{netabare}
アカネかっこよかったぁ♪

犯人のおかしなところから
別の目的があるって見抜いて
みんなを止めるとか。。
にゃんもあんなに頭がよかったら☆ってw

クールに見えたけど
執行官も執行対象者のことも
ちゃんと1人の人間って思って
どうやったら助けてあげられる?とか考えてる
あったかい人

爆弾犯人だったけど
殺さないでつかまえられてよかった☆

それで終わりかなって思ってたから
さいごの方はびっくりしちゃった!
まだ
大事なところがのこってたんだ。。

あれって
ドミネーターには映らない
(シビラシステムには見えない)
人がいるってゆうこと?なのかな?
{/netabare}

2話目
{netabare}
ドミネーターに映らない透明人間のおはなしかな?

誰かがいるけど映らないだけ。。
でも
みんなシビラのことぜったいだって思ってるから
分からないみたい。。
アカネは分かってるはずだよね?

WC?ってWhat Color?のことかな?
爆弾犯人が
オレは今 何色なんだ?って言ってたから。。

これから
カムイの正体が分かってくるのかな?
どうやって透明になれるの?とかも
でも
それって1期とおんなじみたいかも?
{/netabare}

3話目
{netabare}
前の事件(1期)で
シビラは自分たちも間違えるって分かってるはずなのに
透明人間なんかいないって言っちゃうの?
シビラって
頭がよかった人がたくさんいるはずなのに
どうして?ってにゃんは思うけど。。

カムイ・キリトが出てきた。。
人の犯罪係数を下げれるみたい
目的は?WCって?
どうしてアカネに目をつけたの?
それがナゾみたい。。

トウガネさんはこれから何かあるのかな?
犯罪係数上がりすぎて
アカネが撃たないといけなくなっちゃうとか?
それで
カムイに助けられるとか?

代議士の人がつかまった。。
犯罪係数が下がってるままで
人に暴力ふるってる人がいる。。
何がおきてるの?

さいごに
女の人をなぐるところがあったけど
イヤだった。。
ほんとに見せなくってもいいのに☆
{/netabare}

4話目
{netabare}
今週はすごいおはなしだった。。
暴力ばっかりだったみたい

とちゅうで何回も目をつぶっちゃった><
ドミネーターで見たら
にゃんの犯罪係数もリーサルで
執行対象になっちゃうかも。。

シビラシステムってほんとにおかしいのに
それが分かる人って
みんな執行対象になっちゃうから
いつまでたっても変わらないのかなぁ。。

カムイは
それを何とかしたいって思ってるのかな?
でも
そのためにふつうの人たちを何人も殺してる。。
シビラもヘンだけどカムイもおかしいよね

おはなしは1期と似てるかも。。
この世界って変われるのかな?
{/netabare}

5話目
{netabare}
今週はよく分らなかった。。

局長は何をしようってしてるのかな?
「この件に関しての担当者はわたしってゆうこと?。。」
「彼女がアレにどんな影響を受けるのか?」
彼女ってアカネのことでいいのかな?
アレってカムイのこと?

霜月監視官はアカネよりも局長よりも
自分が正しいって思ってるみたいだし。。
東金さんも何がしたいのかよく分らないし

代議士の人はニセモノ?

にゃんはおばかだから
何だか分らないことばっかりで
ついてくのがムズカシイかも。。

あと
さいごにまた
たくさんの人が殺されてたけど
わざとたくさん血をみせすぎみたい。。

こんなにグロくしなくっても
おはなしは分るのに。。

さいごに
霜月監視官が
東金さんの部屋でアカネの写真たくさん見つけたこと
目と口に赤丸つけたりして。。
東金さんってアカネのストーカーなのかな?

それで
にゃんが今日分ったのは
カムイがシビラを裁こうって
公安と対決しようとしてる。。ことくらいかな?
{/netabare}

6話目
{netabare}
カムイは
シスイ監視官の目をとって
自分の目にしたの?
それでドミネーターを使って
執行官を殺してく

ドミネーターは監視官を撃てない
でも
ドローンは攻撃してくるよね
フツウの人たちが
ゲームだと思ってドローンを使ってるから

霜月監視官も
アカネの色相「にごっちゃえばいいのに」って
カムイも「にごらせたい」って。。

こんどのおはなしって
何がおきても変わらないアカネの色相を
にごらせたいの?
What Color?ってアカネに聞いてるみたい

さいご
カムイがドミネーターにうつらないって
アカネにも分かったけど
これってどうにかならないの?
{/netabare}

7話目
{netabare}
だんだんむずかしくなってきて
にゃんはよく分らないからゴメンナサイ。。


カムイって
15年前の飛行機事故の生き残りで

そのとき死んだ
同級生の復元ホロを使って
代議士のニセモノみたく
あちこちに
子どもたちが大人になったニセモノを
働かせてるのかなぁ。。?

15年前に何があったのかな?
{/netabare}

8話目
{netabare}
ムズカシイって思ってたら
今回はタネ明かしの回だったみたい☆
サスペンスでドキドキしながら見てた。。

代議士とかのニセモノの正体は
密入国した人で

カムイの正体は
15年前の事故で死んだ子供たちを
バラバラにしてつなぎ合わせられた子どもで
それをやった東金財団に復しゅうしようって。。

ミカ(霜月監視官)は
それを発見して局長に報告して
アカネに勝った気でいたみたいだったけど
ラスボスが
局長だったって気がつかなかった><

にゃんは
脳をつなぎ合わせるのって
シビラみたい?って思ったから
とちゅうで
もしかして?って気がついたけど
東金美沙子ってやっぱり局長だった☆

ラスボスの正体って
味方のえらい人とか多いよね^^
ミカも
ラノベとかアニメとか見てたら気がついたかもw

1期でアオイは
{netabare}自分が死んでもいいからって
コウガミさんを助けるために
マキシマのこと欲しいシビラと取り引き{/netabare}したけど
やっぱりジャマって思われてたんだ。。

こんどはどうなるのかな?
{/netabare}

9話目
{netabare}
シビラは全能じゃないって分ってるから
パラドックスとか関係ないって思うけど。。

でも
にゃんっておばかだから
ムズカシイおはなしは考えても
ぜんぜん分らなくって。。ごめんなさい

ミカはアカネのこといろいろ言ってたけど
シビラがすばらしいとかって言い出して

アカネのライバルみたく
なるのかなって思ってたから
がっかりしちゃった。。

気もちわるいシーンとか多かった
人が殺されるところは
とちゅうから動物が映ってたから
ちょっと考えてるのかなぁ。。
でも
あんまり。。だけど

アカネのおばあちゃんかわいそう。。
でも
アカネの色相は
きっと変わらないって思うけど

さいご
おばあちゃんに
ドミネーター向けてたみたいだったけど
耳を切られたとき
犯罪係数が上がったのかな?
{/netabare}

10話目
{netabare}
カムイたちが
列車ごと人質をとって地下鉄に立てこもったの
狙いはシビラの場所を知るため?

アカネは事件からはずされたけど
それでも
カムイと連絡して何かしようってしてる。。

にゃんは
この辺のおはなしよく分からなかったケド
アカネはシビラに
「完全なシビラでいるために
カムイに裁かれてカムイを裁かれないといけない」
みたいなこと言ってたって思う

アカネはカムイを
シビラに会わせようってしてるのかなぁ。。
それで
どうしたらカムイがシビラを進化させられるの?
おはなしがむずかしいから
間違ってたらごめんなさい。。

カムイが東金執行官を
ドミネーターで撃とうってしてたみたいだけど
最終回はどうなるのかな?
{/netabare}

11話目
{netabare}
むずかしかったけど
たぶんにゃんは何となく分ったみたいw

終わりのほうで
東金美沙子が執行されたのって
きっと
そのときはシビラがもう変わったあとだったから
でいいのかな?たぶん。。

それで
シビラは集団的サイコパスをみとめて
ほんとは自分たちも裁かれるはずだったけど

東金美沙子みたいな
犯罪係数が高い脳を消して生きのこった。。
そんな感じカナ?
{/netabare}


見終わって


おはなしはまあまあよかったかな。。
でも
1期より
人の気もちが伝わってこなかったみたい。。

アカネは気もちが強くなって
頭もいいから前よりずっとかっこよかったね☆

{netabare}霜月監視官は
はじめは頭がよくって強い人で
アカネのライバルになる人なのかなぁって
思ってたのに
ただのフツウな人だったし

カムイも
たくさんの人が集まってできてたからなのかなぁ
あんまり目立たなかったみたい。。{/netabare}


あと
たくさんの人が殺されたりするシーンが
多すぎたみたい><

そうゆうのあんまり見せなくっても
いいおはなしにできたって思う☆

投稿 : 2019/05/18
閲覧 : 748
サンキュー:

135

ネタバレ

taijyu

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

1期で変だったところだけ増幅して、残念な出来に…

1話感想:
質が高く面白そうです。今回も楽ませていただきたいと思います。
狡噛さんがどうでてくるのか来ないのか、楽しみです。

全話感想:
うーん、終わってみればかろうじて納得できたのですが、途中見るのを止めようかと思いました。

この物語が成立する大前提が、『人間が犯罪を犯すか判定可能なシステムが存在する世界』であることですよね。

現実には絶対不可能です。左右見回して車がなければ赤信号を無視し、100円を拾ったらラッキーとネコババし、溺れる子供を助けるために川に飛び込むのが人間です。
でも本当にその判定が可能なら、もう人間が考えることなんて止めるべきでは? 何て葛藤が本作の面白いテーマなわけです。今後到来するであろうAI社会にも繋がりますね。

…ところが、この判定が全然できてない。犯罪者と被害者の区別がつかないとか、もうバカすぎて、現行の警察組織と比べるのも失礼なレベル。
じゃあ論外です。
こんなシステムを基盤に社会システムを構築するとか、あり得ない。人類全部がバカ過ぎる。

犯罪被害者の犯罪係数が上がる、というのは一期でも正直ちょっと変に思ったんですよね。でもそういう面はあるかもしれないと思えたし、それを全面に立てたストーリーでも無いので、あまり気にはなりませんでした。
今期はそれを全面に立てたからもう意味不明に。

いちいち派手な事件が起こってますが、内容が何だか薄っぺらい。
あと無能キャラが多すぎてイライラしました。頭いいキャラを描けないから主人公を引き立てるために周りをバカにするのは止めて欲しい…。

我慢して最後まで見れば、一応はシビュラの矛盾を問う内容でしたし、無能さでストーリーを回したりするので、かろうじて納得もできるかなぁ…?
いや全然釈然としませんが。

投稿 : 2019/05/11
閲覧 : 42
サンキュー:

1

ネタバレ

Mi-24

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

一期と比べるとやや劣る。

このアニメ、とにかく後味が悪い。非常に不快な内容が多い。

主人公が一期の話でベテランになってしまったので、人の成長物語がない。
二期新キャラの新人刑事の活躍に期待したが、結局大した活躍も無く終ってしまった。

主人公が一人で頑張っていたが、何か今一つ物足りない。
一期の狡噛慎也が居なくなって、まるで牙を抜かれたようになってしまった。
常守朱と狡噛慎也のコンビが、絶妙なバランスの名コンビだったのを再確認。

ストーリー面では新たな謎とテーマを出してはいたが、一期で世界の謎を解明してしまったので、どうしても見劣りする内容になってしまった。

色々とマイナス面を書き連ねたが、一期と比較して今一なのであって、アニメの評価としては面白い良作です。
ただし、後味の悪さに要注意。

投稿 : 2019/05/10
閲覧 : 35
サンキュー:

2

ネタバレ

ひゅーま

★★★☆☆ 2.6
物語 : 1.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 1.0 状態:----

原作殺し、ひどい

大変つまらない作品、1期と比べると物凄く底の浅い物語でした…
続きものである今作の脚本上の大きな問題として、
①登場人物の知能レベルの低下
②設定の粗
があると思います。

①登場人物が全体的にアホになってしまっています。特に気になったのは、1課のメンバーはともかくとして、その他の監視官・執行官がド無能であることです。
前作でもモブ公安達はシビュラに盲目的に従う存在ではありましたが、それは社会に疑問を抱いていないというだけで能力的には有能な潜在犯であり、ドミネーターを持つのに相応しい人々でした。
今作の目玉のひとつ(にしたかったであろう)、薬局立て篭りのシーンでは、行方不明になっていた同僚からの明らかに怪しい呼び出し、監視官が入った後シャッター閉鎖、通信途絶、急激なエリアストレス上昇といったどう考えても異常な事態に対して、外で待つ執行官たちは「なんだあ?」「監視官が居ないし指示を待とう」などと死ぬほど悠長です。
そこにやってきた霜月監視官は責任を負いたくないので静観するのですが、同行した六合塚(ギノも?)すらそれを正そうともしません。みんな無能です。
これは1つの例で、物語の中で謎解きや状況判断など随所にこのような「アホか?」と思わざるを得ない展開があり、脚本家の底が知れるな、と感じました。

②設定の粗については、「免罪体質」に通ずる今作のキーワードとして「集団的サイコパス」というものが登場しましたが、これが腑に落ちません。ラスボス(?)鹿矛囲桐斗は184人の体や脳を繋ぎ合わせた存在で、シビュラには見えない透明人間らしいです。しかし、サイコパスは生体力場から測定されるのでは?何人分の体で構成されようと一人の人間として機能していれば普通にサイコパスは測れるのではないか?繋ぎ合わせた脳は部品の数だけ別の思考や人格を持っているの?
というか、仮にサイコパスが測れなくても普通に戸籍や視覚的情報、テスト結果などまで管理していたはずでは。意図的に隠れなければ普通には生活できるはずで、そうでなければシビュラには順応性が無さすぎる。そんなんでは不便すぎて社会の支配などはなから無理でしょう。
そして、ラストでシビュラは集団的サイコパスを認識することにして、「個人では普通でも集団はサイコパスかもしれないという人々の認識は、社会を悪い方に変えるかも」みたいなことを言っています。
しかし、集団的サイコパスってそういうことなの?鹿矛囲桐斗とシビュラを同じとするならば、彼らは別々の思考を繋ぎ、統合する例外的な存在だったことでこれまでサイコパス(色)を計測されなかったのですが、普通の人々による集団は別に思考が直接繋がってるわけではないので、それらは明確に別物のような感じがします。鹿矛囲のような例外に合わせて作った「集団的サイコパス」をわざわざ社会にも適用する必要はないのでは?
このように深いようで上滑りしている設定やテーマが、SF的な管理社会を舞台にして哲学的なテーマを深く、かつわかりやすく表現した一期と比べると大変寒々しく、キャラの魅力も半減させる結果に繋がったように思います。

脚本の気に入らないところを長々と書きましたが、この脚本最大の被害者は霜月美佳でしょう。前作ラストで新人監視官として登場した時は、それまでの登場シーンは僅かだったにも関わらず常守朱に続くホープとして何となく納得の彼女でしたが、なぜあんなキャラクターにされてしまったのでしょうか。あれが1番前作を汚している気がして嫌でした…

1クールだから掘り下げが…などとも言われてますが、そんな問題でもありません。観なければ良かったとまで思います。

投稿 : 2019/04/19
閲覧 : 89
サンキュー:

3

xsbDg70896

★★★★★ 4.5
物語 : 3.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

前作には劣る

前作に置いて面白かった部分に主人公の常守と狡噛、また他の登場人物との関係性=成長や信頼関係の構築などがあったが、前作で大体完成してしまっていたので本作ではそういった魅力が損なわれたが、全くなくなってしまった訳では無い。

前作の続きでさらなる結末を追うストーリーだったので前作に引き込まれ続きを知りたい人にはお勧めできる

投稿 : 2019/04/07
閲覧 : 45
サンキュー:

1

missing31

★★★★☆ 3.4
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

熱さ不足

前作ほどでは無いにしろ、起承転結もしっかりしており、
序盤~中盤の盛り上がりや複線、背景描写もよく描けている。

ただ、序盤~中盤の盛り上がりに対して
後半の尻すぼみ感が残念だった。

ストーリーは悪くなかったのだが・・・
笑い男意識しすぎ?な敵キャラの演技、演出の面において
盛り上がりに欠け、淡々とラストを迎えてしまった。

全体としては体制と反体制、体制側の主人公自身も体制を常に監視している
攻殻のSTAND ALONE CONPLEX に近しい内容だが、いまいち。
前作のマキシマムさんが最高すぎたのかも知れないが。。。

いまいち盛り上がりに欠けたもうひとつの原因はアカネの態度の曖昧さ。
前作ではコウガミが分かりやすい感情キャラで、アカネはそれを
追っかけるも、序盤で親友を殺されているので、コウガミと自分の間で
何度も揺れてしまう、その感情的なアカネが良かった。

後輩も出来て、いろいろ経験した成長したアカネ。
序盤はまだ良かったが、後半のサイボーグ感がもうやばい。
ずっと感情的で、揺れ続けて、それでも信念を曲げない強い女性、
そう描けたらソコソコ面白くなったのかなぁと思うのだが。

あとは敵キャラ。
全員糞ショッボイ。アウト。

投稿 : 2019/04/05
閲覧 : 167
サンキュー:

5

ネタバレ

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

に、2期難しい...

ちょっと前に1期と続けて観たのですが、観終わった後分からない事が多過ぎてこれを書く為に調べたのですが、正解が分からなかったり、頭がごちゃごちゃになってしまい、途中で放棄して少し経ってしまいました
そんな状態で今書いてます
正直分かってないので書ける事がないです

ただほんと、2期は1期より難しかった
だから面白くないとかそういう訳じゃなくて、普通に楽しく視聴していました
続きも気になります


ただおそらくリアルタイムでは3期観ないと思うので、私のサイコパスはここで一旦お休みですかね




.....あとで2期観返して、分からない所をまとめられたらいいんですが...めんどくさいからやらないだろうなぁ...

投稿 : 2019/03/30
閲覧 : 33
サンキュー:

2

プクミン

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

主人公が成長した後の話(サイコパス2期)

世界観や設定は基本的に変わりません。
ただ主人公は、この職に慣れたのか、ベテランの雰囲気が出ていますね。
そんなところに、主人公に後輩が出来ており、その後輩は気が強く、主人公としばしば対立。
そして新しい事件へ。

これを見る人は、サイコパスをクリアに保って下さい!!

投稿 : 2019/02/26
閲覧 : 58
サンキュー:

5

ネタバレ

ニワカオヤジ

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

PSYCHO-PASSおよびGRIDMANのアカネよ、まず部屋を片付けよう。

・タイトル
全国のアカネちゃんに片付けられない女との風評被害が出そうで心配。

・1期より評判悪いけど…
1期は、世界観やキャラの説明に前半が割かれていて、それが面白い所でもありました。
2期は当然ながら世界観等の説明の必要がないので、1話から一貫したテーマで話が進んでいき、11話とはいえ見応えはあったと思います。
1期のレビューにも書いたけど{netabare}槙島はフツーの性格異常者であり、{/netabare}あまり魅力を感じませんでしたが、本作の{netabare}鹿矛囲には、攻殻機動隊SACの敵を彷彿とさせるポリシーと不気味さがあり、SFとして王道の敵だったと思います。{/netabare}

・全編通して
ここまでシリアスなシーンしかないアニメは無いと思いました。ちょっとクスっとするような場面も全くなく、ひたすら緊張を強いる展開が続くので、すごく疲れました。

・朱の顔
1期ではもっと可愛かった気がします。友達との息抜きシーンなどが無くなってずっと仏頂面だったからというのもありますが、見た目に顔が長くなった?
精神的に成長した結果として、顔が伸びるのはいかがなものか。このままいくと5期くらいでHUNTER×HUNTERのサッチョウみたいになったりして。


全国のアカネちゃんに馬面との風評被害が出ないか心配。

投稿 : 2019/01/24
閲覧 : 112
サンキュー:

20

三毛猫メリー

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

サイコパス2期

過去に視聴済み。

狡噛不在でその穴を執行官落ちした宜野座がうめる。
1期以上に凄惨な場面はあるが
ストーリーとしては今ひとつ。

狡噛がいないだけで、
ここまで薄くなるのかとある意味感心。

投稿 : 2018/12/03
閲覧 : 134
サンキュー:

7

ネタバレ

cabinmild

★★★★☆ 3.1
物語 : 2.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

タイトルなし

1期とは別物でした。制作会社もIGからタツノコプロ(1期には下請けとして参加)へバトンタッチしています。IGが劇場版にとりかかっている間、中継ぎとして制作というのが実際のところのようです。ストーリーも、劇場版の概要が先にあり、それと矛盾しないようにとの制約の中で企画されたそう。1期が好きだった人はガッカリするかもしれません。

1期はそのテーマもさることながら、狡噛の追走劇と朱の成長物語という2軸のストーリーラインが上手く絡み合い収束していくところに脚本の芸があったのですが、本作では主人公は朱のみです。
その分多くの新キャラクターが登場しますが、朱との絡ませ方が雑なせいか、それぞれのキャラ立ちが上手くいっていないと感じます。
狡噛の穴を埋めるように重要な立ち位置として登場するのが霜月美佳で、 {netabare} 朱へのアンチテーゼ的な役割も持つと同時に、1期で朱が負っていた狂言回し的な役割も引き継ぎます。しかし幼稚で傲慢な側面が強調され、 {/netabare} そのポストを担わせるにはやや小物すぎるキライがあります。
敵キャラクターも同様に感じました。役にキャラクターが負けています。

取り上げたテーマについては1期の正当な後継たる質を持っていると思います。 {netabare} 個々の思想の是非は判断できても、集団の中で形成される思想に対しては如何とするのか。それが逆説的に、集団であるシビュラが自律できるシステムでありうるのかとの問いかけになっています。 {/netabare}
しかし、前述の脚本構成と魅力に欠けるキャラクターおかげで、大層なテーマも説得力が弱くなっています。

個人的には低めの評価となりましたが、本作のほうが好みという方もいらっしゃる様子。そもそものターゲット層が1期とは少し異なるのかもしれません。ストーリーは連続していますが、あくまで別物という感覚で視聴したほうが良いと思われます。

投稿 : 2018/09/06
閲覧 : 124
サンキュー:

4

ネタバレ

rFXEy91979

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

残虐描写にも意味合いをしっかりと持たせていたし、内容面でも『1』以上にソリッドな作りでした!

#01「正義の天秤〈299/300〉」
『2』に対する評判が賛否両論なのは承知で、ボクはこれをシリーズ最凶傑作と言いたいです。めちゃめちゃ見応えありました!

敢えて1期1話にあたる「犯罪係数」をなぞった展開、その中で決定的な差異を映していく構成。『蒼穹のファフナー』の作家・冲方丁さんと『昭和元禄落語心中』で気を吐いた熊谷純さん。本当に見事すぎるシナリオを作りましたよ。

例えば朱がドローンに向けてデコンポーザーを放つ場面の“無感情”は、1期を既に知る身としては皮肉ですし、彼女が犠牲にしたものを否が応でも痛感させます。青柳監視官の“早期解決”姿勢においても、「槙島事件」で受けたダメージを未だに背負い続けているのを痛感させる背景が、如実に具現化させてくれます(さりげない形ですが)。あくまで深読み込みですが、それぐらい内容面の密度が非常に濃かったです。1期1話の印象や流れをイミテーションしつつ、キャラクターの変化ぶりで独自性を打ち出す流れは、土台を把握していなければ、まず出来ない芸当でしたよ。ギノさんの進化ぶりとか当時初見でウルウルでしたしw

新作もいよいよ来年1月から起動ですし、あらためて『2』に触れて、新発見とか探してみたいです!

#02「忍び寄る虚実」
{netabare}事件が単なる爆破事件と執行だけでは収まらないのを小さな事象やパズルのピースを蓄積させて進行させます。多少のご都合主義はあれど(犯人サイドの手際の良さなど)、“カムイ”が緻密な計画者にして、朱に何かを期待している。今後に大きく影響していく意味では見逃し厳禁です。
一番静かに響いたのは朱と先輩監視官・青柳さんの会話シーン。ギリギリでボーダーラインを踏みとどまる青柳さんと、ボーダーラインを超える一歩手前にまで踏み込む朱。二人の捜査姿勢というか、決定的な温度差みたいな言動だったり緊張感には、良い意味での居心地の悪さ。それが顕著に詰まっていました。同時に朱のアキレス腱をさりげな形で描いていますし、東金さんが付け入る隙もしっかり描写していました。
敢えて不満を述べるとすれば、カタルシスの薄さかな?とはいえ無理やり描くよりかは、宙ぶらりんで次回へ続く終わり方がボクは好み。
携帯画面の内容、気になる。{/netabare}

#03「悪魔の証明」
#04「ヨブの救済」
#05「禁じられない遊び」
#06「石を擲つ人々」
#07「見つからない子供たち」
#08「巫女の懐胎<AA>」
#09「全能者のパラドクス」
#10「魂の基準」
#11「WHAT COLOR?」

投稿 : 2018/09/04
閲覧 : 118
サンキュー:

2

ザカマン

★★★★☆ 3.3
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

話は変わらず面白いが

キャラクターが、1期と比べてしまうとやはり弱い

グロさ 3.0
口だけ監視官のうざさ 5.0

おすすめ度 3.5

投稿 : 2018/08/14
閲覧 : 110
サンキュー:

1

pop22

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

オーソドックスバトルサスペンス

前作、視聴ほぼ必須。

朱が朱さんになっていた。
最後は朱様になる。

設定は1期を引き継いでるため良いままだが、
内容と物語の進行がオーソドックスなサスペンスものになっているので
おかしいなと思い、調べて見たら、脚本が虚淵から変わってた。

前作と同じく、続きが見たくなる構成にしているのは良かった。
物語、動機、新設定の大筋は良いのだが、
本筋に大きく影響しない細かい部分で、
説得力が大きく欠如していた箇所が多くあった。
こういう細かい部分の説得力が、
人を引き込み(騙し)、熱中させる重要な要素なので、結構致命傷だった。

前作よりは劣っているが絶対値で見れば面白い方だと思う。

投稿 : 2018/06/22
閲覧 : 75
サンキュー:

2

たこすー

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 2.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

不自然な演出多し?

観ていてしっくりとこない間が散見され、ちょっと気持ち悪いです。

優れた洞察力を持つはずの霜月が、非論理的に思考し、事あるごとに常守に反発するのも御都合主義で不自然さを感じます。

物語や世界観、キャラクター、作画、演者は素晴らしいです。

投稿 : 2018/03/21
閲覧 : 81
サンキュー:

1

ネタバレ

ボーア

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

謎がある・・・

なんか盛り上がりに欠けてた、
ワクワク感ほぼ無し。
もっとサイコパスのエゲツないのかと、
勝手に想像してたから・・・・
なんだか仲間内の小競り合いみたいになっちゃってて、
イマイチ盛り上がらなかった。

あの銃がww
構えて撃つまでの時間掛かり過ぎじゃないのかなぁ~w
波動砲みたいでww
緊迫してんのに、
溜めてからのドカンw
当たるから良いけどw
あれしか武器持ってないの、過酷wwスキだらけwww

脳www
なんでアレ物流の荷運びオートメーションみたいに、
あっちやったり、こっちやったりww
ビジュアル的問題なんだろうけどw
気になって話入ってこなかったww
何をアレ移動させてんのさww
シリアルなシーンで、
「また移動させてる!」www
まさか脳?何をどこに運んでるのか気になって仕方ないw
ウィーン、ウィーーンwww
AIのチェスかよwww

投稿 : 2018/03/01
閲覧 : 95
サンキュー:

2

ヒロウミ

★★★★★ 4.3
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ディストピアで映ろう色は暗がりがあるからこそ移ろう

【劇場版視聴&再評価】

続編のツナギにもならないファンのためだけに生まれ落ちた「暇潰しにグロアニメ見るか!」って程度で見たらOKな作品。


【以下初見レビュー】
SF刑事活劇の最たる作品となりそう「だった」作品。

続編ということで世界観の説明も省かれ1クールのためか1期に比べ小気味よいテンポで話が進みとても観やすかったです。終盤の集団がどーのこーのとか何かを否認したら己を否認することと同義となるとかは半分訳が分からん!って状態で観てましたが十分満足し収まりの良い作品でした。劇場版へちゃんと繋ぎ、それなりの落としどころがあることが大前提ですけどね。
ただ、1期の主要キャラの絡みが無かったのが残念でした。あと霜月の絡みがもっと欲しかったなぁ、声優さんもハマってなかったからあんまり意味無いかもだけど。


1期のレビューど大分重なるがこの作品の魅力はやはり世界観のデザイン、それと相まって映える物語が秀逸ですね。この作品での掘り下げは大してありませんが繋ぎとしては文句無いレベルです。毎回マントルまでダラダラ掘られても飽きるしね!
絵も安定してキレイだしきめ細やかに作られているマシンはやはりカッコいい。1期よりパトカーがたくさんスピンターンするようになったのは勢い欲しさか。
なによりヒロインが成長してるから花澤さんの演技がやっとハマりバランスとしては1期より良く感じた。


OPが大っ嫌いです。1期もだったかな?ゴー☆ジャスが歌ってるようなやつ。上と下の入れ歯を逆さまに付けたバアちゃん並みのハマりの悪さはサイコっていうよりカオスだ!って具合。ゴー☆ジャスは好きなんですけどね。


1期も2期もダークな世界なのにスルスル観れちゃうサイコパス。本当のところは何も残らないから書きようがないんです。惰性でも見れる意味では優れた作品なのか。ただ、こう黒い作品ばっか見てるとさすがに疲れたよパトラッシュ。知らず知らずに黒いものに侵されてるのは案外ヘビーなのかも。
それでも花澤様への想いは変わらず永遠のものでございます!(嘘)
満足度評価は花澤補正でございます。

投稿 : 2018/02/18
閲覧 : 197
サンキュー:

24

まーきゅん

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ハマった!

おもしろい!

投稿 : 2017/12/26
閲覧 : 166
サンキュー:

1

とも

★★★☆☆ 2.5
物語 : 2.5 作画 : 2.5 声優 : 2.5 音楽 : 2.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

なにを持ってサイコパスなのか?

1期を見て大変期待をして視聴しました。
個人的な感想として1期はそれぞれの敵?と言っていいのかわかりませんが、
犯罪者一人一人がおぞましくも思わず見てしまい視聴してる最中に犯人の心象を考えてしまう程魅力的なキャラ達。
しかし今回は犯罪者個人に焦点を当てるのでは無くディストピアの抱える問題、正義のあり方、社会のあり方などを問うてるように感じました。

そういった近未来的な背景で社会全体を描いた物語を組むより、それを背景にして前期と同じく人間の恐ろしいけどつい見てしまうようなキャラがおらず少し残念に思えます。

あくまで個人的な感想であって作品自体はサイコパスの世界だからこそ展開できるストーリーや、前期から成長したキャラが見れるし見応えは充分にあるかと。

ただ、サイコパスという作品になにを求めているかで評価が変わるかなぁと思いました。

投稿 : 2017/12/01
閲覧 : 136
サンキュー:

6

ネタバレ

アニメの探求者

★★★☆☆ 2.5
物語 : 2.5 作画 : 2.5 声優 : 2.5 音楽 : 2.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

この世に善も悪も存在しないというのに

1期に比べて全体的にチープな印象を受けた。
しかし、強くなったつねもりが見れたのは良かった。
善悪の判断は人それぞれ。
集団で暮らす人間は多数決で善悪の指標を定める。
本作では、一部の人間の脳の集合体がそれを決めていた。
これは独裁国家と変わらない。

投稿 : 2017/11/16
閲覧 : 91
サンキュー:

2

ネタバレ

退会済のユーザー

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

1期で判明したシビュラシステムの正体。2期ではそのシビュラシステムの全能性故のパラドックスがテーマとして描かれていました。

常森朱が狡噛と同じタバコを吸っている演出には最初は気が付きませんでしたが、気づいたときには少し感動しました(笑)。

霜月美佳という新キャラは最初は生意気でいわゆる「ウザい」テンプレみたいなキャラで正直に言って不愉快でした(笑)。ただ話が進んで行くにつれて彼女には主人公である常森朱の特異性を際立たせるための役割があるのではないかと思いました。友人を殺され、シビュラシステムの正体を知ってもなおサイコパスの濁らない(正気を保つ)彼女はやはり物語の鍵を握っているのだと思いました。
3期が楽しみです!!!

投稿 : 2017/10/23
閲覧 : 75

◇fumi◆

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

流れよ我が涙、と常守朱CV花澤香菜は言った

2014年放送のテレビアニメ 全11話

監督 塩谷直義 構成 沖方丁 脚本 熊谷純 制作 タツノコプロ

制作がI.Gからタツノコプロに変更されたサイコパスの第二期
放送帯はフジテレビノイタミナで変わらず。

第一期の主人公格であった狡噛慎也と槙島聖護(オープニングにしびれた!)はもういないため、
本来の主人公である常守朱の独壇場となる第二期です。
一期でちょっと文句があったCV花澤香菜さんですが、
単独主人公と言うことで全編花澤ワールドで好みに関わらず花澤カラーに染まります。

What color? → 花澤色だ!  これがこのアニメです。

第一期から1年半後、常守監視官は一係の中心人物としてキャリアを伸ばしています。
今回は巧妙な手口で厚生省公安局に挑戦する透明人間『カムイ』が相手です。
1クール作品と言うことで懸念したんですが、素晴らしい構成と驚きの連続で夢中になって最終話まで突っ走って大満足です。

1期ではポニーテールの女子高生として登場し殺人を見て泣いていた霜月美佳CV佐倉綾音は、
今回は監視官として公安局一係に配属されていて一期の常守ポジションにいます。
社会の裏を知ってしまった常守に常に対立するキャラとして重要キャラです。

このタイプの作品ではやっぱり悪役がかっこよくなくては始まりません。
前作の槙島聖護はかっこよかった!そして今回のカムイもかっこいいです。
シヴュラシステムは相変わらずですが、常守のことは一目置いていて、
社会悪かどうかは視聴者の判断となりそうです。

近未来日本を舞台にした本格的SFアニメとして前作に続いて楽しめる快作だと思いました。

続いて劇場版(完結編?)に期待が膨らみます。

投稿 : 2017/10/10
閲覧 : 334
サンキュー:

45

ZORRRO

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

まだまだ面白いですね。

設定が良いので終始面白い流れが止まらないですね。
ややグロ注意ですが、何回でも観たくなるアニメです。

投稿 : 2017/10/06
閲覧 : 105
サンキュー:

2

ネタバレ

shin

★★★★★ 4.2
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ぱのぷてぃこん!

一期同様物語の展開は文句なしという感じ!
やはり設定がしっかりしていれば、どうしても面白くなってしまうということでしょう!

公安二課の人がドミネーターされたり、一般人が知らずに犯罪に手を染めたりなどなど、完全にサイコパスで色相濁りました!
常守朱の判断力と推理力も爽快!

カムイの言っていたシビュラシステムとパノプティコンはなにが違うと言っていた、鋭いなと思いました。
哲学的な問いも健在で良かったです。

ただ、皆さま書いてるように、キャラクターの魅力が落ちたところが少し残念でした。ギノさんもっと頑張って欲しかった、、、あと、常守朱はもう少し可愛げがあって欲しかったかなと、、、

しかしながら、サイコパス性、物語性は素晴らしいのみんなに見て欲しい作品でした!

投稿 : 2017/09/15
閲覧 : 92
サンキュー:

5

ネタバレ

ato00

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ヒューマニスト常守朱

あの事件から一年半。
再び、謎の事件が頻発します。
今度は透明人間現る現る♪です。

あいかわらずドミネーターで人を打つとバーン!と弾けます。
グロが苦手の私もさすがに慣れました。
慣れというのは恐ろしいものです。

今回の事件、集団がキーワードのようです。
しかし正直、事件の詳細を把握することができません。
どうやら私の思考回路もバーンと弾けたようです。

2期は完全に常守朱が主人公となり、責任者として辣腕を振るいます。
頭脳明晰・沈着冷静、大胆な決断力と行動力。
そして自分を顧みず職務を全うする。
そんな彼女の行動の根幹を支配するのはヒューマニズムです。
知りうる限りの情報を分析・整理し、目に見えない犯人に迫る常守朱。
ひとつひとつの事象が繋がるなかで見えてくる真実が辛く切ないです。

このアニメ、やっぱり花澤香菜さんの熱演が光ります。
「何をやってる!」
その低音でよく響く声音にビクッとしました。

シビュラシステムの進化が社会に何をもたらすか?
人は究極の管理社会で幸福なのか?
劇場版の行方も見据えたいです。

投稿 : 2017/08/16
閲覧 : 158
サンキュー:

31

退会済のユーザー

★★★☆☆ 2.7
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 2.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

うーん

常守監視官が成長しているのは伝わってきました。
ただ敵も小物だし、大して盛り上がるポイントもなく終わった印象。


何かもう常守とシビュラは相棒みたいですね・・・?

投稿 : 2017/08/15
閲覧 : 166

フロー

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

管理社会の中の正義

一期でモヤモヤしていた部分がより
明確に描かれていて
まあまあ面白かった

狡噛の出番が少なかっのがかなり残念
けど焦らされた分
劇場版の布石、下準備になっていて俺得だったのかな、、、?

投稿 : 2017/08/13
閲覧 : 79
サンキュー:

3

ネタバレ

トロロ~サンキュー~

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

この世界にもしかしたら正解なんてないのかも。

全て見て思ったのはサイコパスはなんていうか敵が魅力的ですよね。悪いことしてるんだけどちゃんとした自分の強い意思とか信念に基づいてる。それだけその社会を恨んでたんだなぁって。
主人公の常守は1期とはくらべものにならないくらい一人前になっています。
シビュラシステムの謎や闇もより明白に。
サイコパスは内容とても難しいですよね。でもそこがサイコパスの真骨頂であり、深みである気がします。答えがないよね。
後半とてもハラハラしました。1期同様予想できない展開で私は満足です。
終わり方ですが、別にいいと思います。ちゃんと一段落ついてますし。
2期はあまりって方多いですが私は楽しめた。
読んでくれてありがとうございました!

狡噛慎也はまたでてくるのか?{netabare} でてきましたが、常守の心の中や回想だけでした。{/netabare}

投稿 : 2017/08/12
閲覧 : 115
サンキュー:

14

ネタバレ

Keiner

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

一期と比べるとやや見劣り

一期よりもテンポがよくなっているものの、それを差し引いても展開や設定に荒さが目立った。
ツッコミ所がけっこう多く、気になってしまう。さすがに国家機関が爆破任務に鹵獲品を使うのは笑えたし、官僚の残虐な趣味も、無理にインパクトを狙った感が否めない。

カムイはうまくマキシマから差別化したと思うが、ラスボス感はなく、追加で東金親子が悪役になっていた。東金親子は純粋悪的な描かれ方で、薄っぺらい印象があり、一期のような、考えさせられる対立軸はなかったと思う。

常守監視官が無双しすぎている点もあまりよくなかったと思う。思想、信念、頭脳、物理とどれをとっても常守監視官が完璧過ぎた。
ヒロイン属性が抜けたこともあり、一期と比べて同僚たちに助けられる機会も激減し、執行官たちも常守監視官の手駒という側面が強かった。

結果的に、常守監視官が何とかしてくれるだろうという安心感、無双感、さらに緩い設定でドンパチやるお祭り感も手伝い、よくも悪くもラノベっぽいストーリーに感じた。

ただ、毎話続きが気になる構成で、楽しめるのは間違いないし、バトルアニメ顔負けの戦闘作画はすごかった。

投稿 : 2017/08/10
閲覧 : 94
サンキュー:

2

knightgiri

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

イイですよ、SF好きは見ないとね

1作目も面白かったですが、2作目の方が短くて見やすいです。

まず、物語の背景設定がいい。他にあまりみない設定ですよ。映画で例えると、「ブレードランナー」と「マイナリティ・レポート」を掛け合わせた世界観です。

登場人物の内面描写もよくできていて、主人公のヒロインがありがちな「強い」キャラでなく普通なところもいいですね。(いわゆる圧倒的な魔法や、メカで相手を倒す系ではないです)

タイトル通り「サイコ」をテーマにしているので精神分析医なんて出てきて、映画「羊たちの沈黙」でジョディフォスターが、アンソニー・ホプキンス演じるレクター博士に犯人のプロファイリングに訪れるシーンと似たようなシーンもあって、思わずニヤリとしてしまいます。

評価をしていたら意外な高評価になりました。

投稿 : 2017/07/05
閲覧 : 95
サンキュー:

4

次の30件を表示

PSYCHO-PASS サイコパス2のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
PSYCHO-PASS サイコパス2のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

PSYCHO-PASS サイコパス2のストーリー・あらすじ

システムが正義を下し、銃が人を裁く近未来。
銃の射手として犯罪者を追う刑事たち。
システムを逸脱する犯罪に直面したとき、果たして──

人間の心理状態や性格的傾向を計測し、数値化できるようになった近未来。人々はこの測定値を「PSYCHO-PASS (サイコパス)」の俗称で呼び、その数値を指標として「良き人生」をおくろうと躍起になっていた。

犯罪も数値によって対処される。厚生省公安局の刑事たちは、高い犯罪係数を持ち犯罪者の心理に迫る猟犬「執行官」と冷静な判断力で執行官を指揮するエリート「監視官」がチームを組み、包括的生涯福祉支援システム「シビュラシステム」によって解析された犯罪に関する数値「犯罪係数」をもとに、都市の治安を守る。彼らは、数値が規定値を超えた罪を犯す危険性のある犯罪者「潜在犯」を追い、「犯罪係数」を瞬時に測定し断罪する銃「ドミネーター」で執行するのである。

「犯罪係数」が正確に解析できない「免罪体質者」槙島聖護の事件を経て、刑事として成長し、シビュラシステムの真実を知るに至った監視官の常守朱は、人間性と法秩序を信じながらもシステムに従い、新たな刑事課一係を率いて日々犯罪に立ち向かっていた。

システムを揺るがす怪物が、すぐ目の前まで忍び寄っていることを知らずに──(TVアニメ動画『PSYCHO-PASS サイコパス2』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2014年秋アニメ
制作会社
タツノコプロ
主題歌
≪OP≫凛として時雨『Enigmatic Feeling』≪ED≫EGOIST『Fallen』

声優・キャラクター

花澤香菜、野島健児、佐倉綾音、藤原啓治、櫻井孝宏、伊藤静、沢城みゆき、浅野真澄、井上麻里奈、木村良平

スタッフ

キャラクター原案:天野明、 監督:塩谷直義、シリーズ構成:冲方丁、企画監修:本広克行/虚淵玄、脚本:熊谷純、キャラクターデザイン:浅野恭司、シリーズディレクター:鈴木清崇、総作画監督:浅野恭司/髙田晃、色彩設計:永井留美子、美術監督:松浦隆弘、3D監督:笠永祥文、撮影監督:中村俊介、編集:村上義典、音楽:菅野祐悟、音響監督:岩浪美和

このアニメの類似作品

この頃(2014年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ