「涼宮ハルヒの憂鬱(TVアニメ動画)」

総合得点
89.1
感想・評価
7356
棚に入れた
30860
ランキング
60
★★★★★ 4.1 (7356)
物語
4.0
作画
4.0
声優
4.1
音楽
4.0
キャラ
4.2
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む
ネタバレ

★★★★☆ 3.3
物語 : 2.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

何度も断念した

人気作品なので、何度も見ようとしたけど
何度も断念してきた。

でもやっぱり評価いいし、京アニ作品だし、
と我慢してみてみた。

最後まで見てみた感想は、見てよかったなと
素直に思えました。
王道のストーリーではあるけれど、人気なだけあるな、という感じ。
ただ途中の8話はきつかったな(^_^;)笑笑

あと歌がやっぱりいいなー!

投稿 : 2019/09/09
閲覧 : 36
サンキュー:

2

ネタバレ

tomledoru

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

キョンの視点が面白いのかも

京アニの原点に近い作品かな。関係した方で被災された人々のご冥福と回復を心からお祈り申し上げます。

涼宮ハルヒの憂鬱と題名が付いているものの,「キョン」の目線で物語が進行することにまずは驚きました。(ずいぶん前の話ですが)

ハルヒの存在自体で,宇宙人,未来人,超能力者が知らず知らず集まってしまうということに本人が気づいていないというところが面白いし,ハルヒ自体並外れた行動力があるのには驚きました。

朝倉涼子と長門有希の格闘シーンが印象的です。「鬱」キャラクターの長門有希が話の要所要所で活躍するのが引き立ちます。

そんな異能力者の能力にハルヒは気づきませんが,キョンが気付いていくのがまた面白いです。

庵野先生も絶賛したと何かのサイトにありましたが,今日の(深夜)アニメブームと京アニの初期の傑作として,一度は見ておくことをお勧めいたします。

投稿 : 2019/09/07
閲覧 : 25
サンキュー:

4

錯乱坊

★★★★★ 4.3
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

スタンダード

原作は、言い方は悪いかもしれませんが、オリジナリティの欠片がほとんど無いテンプレートの集大成に過ぎないものにもかかわらず読ませる作品です。

この点モーツアルトの音楽に似ているかもしれません。モーツアルトはそれまでの音楽をすべて吸収したうえで、集大成した作曲家です。この作品も先行する作品の様々なものを意識的に統合・再定義した上で(敢えてオリジナリティを捨てて)できた作品だと思います。

読ませる秘密は、設定されたキャラとシチュエーションに忠実に物語が進行する(ある意味キャラが期待通りに動く)ところにあるのだと思います。如何にアイデアよりも物語性が重要かを再認識させられる作品です。

アニメは原作以上の出来だと思います。絵、音楽ともに素晴らしいと思いますが、それ以上に声優さんが素晴らしいです。このアニメ以上に各キャラの声優さんがしっくり来るアニメは無いと思います。
今となっては、ある意味(実験的な面も含めて)スタンダートと言える作品でしょう。

投稿 : 2019/08/30
閲覧 : 80
サンキュー:

4

shino73

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

新時代の幕開け

高校1年の涼宮ハルヒは入学早々、
「ただの人間に興味はありません」
そう高らかに宣言し物語が始まるわけですが、
放送開始からもう10年が経ちますね。

当時YOUTUBEやニコ動など、
新しい動画配信サービスが登場して、
アニメをただ見るだけじゃなく、
参加型のコミュニケーションツールとして、
盛り上がっていったのを思い出します。
二次創作の嚆矢となった「ハレ晴レユカイ」
新時代の幕開け。
文字通り世界を改変し、
ここから新しいアニメの消費が始まりました。

涼宮ハルヒのヒットにより、
ライトノベルのアニメ化に弾みがつき、
その想像力と拡散力の強さは、
当時比類なきものでありました。
今なら到来するであろう新たな時代の波を、
予見していたと言えるかもしれません。
まさにセンスオブワンダー。

ゼロ年代を牽引する傑作SF青春活劇。
ここには魔法以上のユカイが待っています。

素晴らしい作品をぜひ。

投稿 : 2019/08/06
閲覧 : 399
サンキュー:

77

フィオーネ

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

タイトルなし

アニメが好きになるきっかけとなった作品で、思い入れが深いです。まだ見ていない人には、自信を持ってすすめることができます。

投稿 : 2019/07/19
閲覧 : 79
サンキュー:

1

ootaki

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

社会現象アニメその1作品

この作品は円盤を借りて見たのですが、放送当初は時系列がバラバラでワケわからんかったそうなので、みていたら切っていた作品になっていたかもしれないです。
内容だけいうと社会現象になるような感じではなくSF要素がある今思うと普通の作品だったのではと思いますが、EDが流行ったみたいでYouTubeにアップしたのがきっかけだったようです。
オススメはあまりできないです。理解するのに時間がかなりかかりますし、この作品が普通という感覚で見るくらいでないと他のアニメが見れないといえるような評価のようですので見たい方は無理やりではなく試してみようくらいの方がいいかもしれないです。

投稿 : 2019/07/17
閲覧 : 167
サンキュー:

7

バリアス

★★★★★ 4.5
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ラノベアニメの原点

ラノベとはラノベアニメとはどういうものか?と聞かれたときにスマホで画像見せながらこう答えよ 「これを見ろ」と。話はそこからだと。

という具合にこれを見ればラノベの何たるかを知れる作品。
学園アニメで友情も有りギャグもあり感動もあり異能もあり宇宙人だっている。
良いところもあれば悪いところもあり故に皆から愛される作品であり原点とも呼ばれる由縁。

結論:長門結婚し(殴

投稿 : 2019/07/15
閲覧 : 50
サンキュー:

4

たいが

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

「神作」とは、このアニメの為にある

星が5までしか付けられないのが悔しい!!!
物語は絶対に星8級です!!!
ハルヒが星5なら、相対的に他のアニメの星を下げる必要がある笑笑

とにかく面白いの間違いなし!!!

いわゆる学園文化部日常系アニメだと思ってみてください。
その方が絶対に楽しめるし、驚愕が大きいはずです!

「神作というのはこういう作品をいうのか」
と万人が納得のアニメです!

投稿 : 2019/07/15
閲覧 : 90
サンキュー:

2

Ash-Lynx

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

現人神、涼宮ハルヒ

クレイジーなヒロインのただクレイジーなだけの学園モノかと思ったが、本当に未来人や超能力者、宇宙人が出てくるとは…^^; 設定壮大すぎん?

5話でハルヒが異常に気付き探りを入れ始めた辺りからは結構面白い。4話までの日常回も悪くはないけど、個人的に5~6話的なハチャメチャ展開を期待していた節がある。ハチャメチャな設定だけにね。

消失の為に苦役である2期を見るべきか否か…。取り敢えず後回しにしとこう

投稿 : 2019/07/13
閲覧 : 70
サンキュー:

12

よろず

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

文句ひとつない超名作

ひさびさにまた見直しましたがやっぱり何度見ても名作。
安心して人にすすめられる。

投稿 : 2019/07/11
閲覧 : 35
サンキュー:

3

ネタバレ

nan-nan

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

定番やお約束が…。

やっぱり定番やお約束が大事だと思うんですよ!
このアニメはそこのところしっかりおさえてますよね✨
ハルヒ=変人だが可愛い

投稿 : 2019/06/30
閲覧 : 36
サンキュー:

4

washin

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

名作

間違いなく名作です。

キョンのしゃべりだけでも、何時間でも聴いてられるほどセリフ回しが秀逸です。もちろんほかのキャラクターもです。それぞれが話しているだけで面白いアニメでした。原作と声優さんの演技の二つが高いレベルにあったからでしょう。


作画にしても安心安定の京アニです。何も言うことはありません。よかったです。


深夜アニメの神様ともいえる存在ではないでしょうか。

投稿 : 2019/06/28
閲覧 : 26
サンキュー:

4

ネタバレ

じょせふん

★★★★★ 4.8
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

今更ながら… 劇場版「消失」も合わせて

【視聴日時】
初回 2019年6月24日~25日
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最近 杉田智和さんにハマり、見たことも無かった涼宮ハルヒを観ていた。小難しい内容かと思ったが、自分みたいなアホでも簡単に理解でき、どんどんハマっていった。合わせて劇場版も観たが、なんの苦もなく満足感を得ることが出来ました。本当に良い作品でした


【物語 4.5】
1話から混乱することなく、最後まで楽しく見れました。全て通しで見たのですが、28話+1話見ても、まだ続いてほしいと思う自分がいました。

物語を語る上で外せないのは、「エンドレスエイト」の存在ですね。正直15話まではちゃんと見てましたが、16~18話は飛ばしながら見てましたw 演出に疑問がないと言えば嘘になるが、細かく見れば、服装や魅せ方、杉田さんの演出と好きな人は好きなんだろうと思う。ただ自分はそこまで見れなかったw

甲南という名前だったり、作中に阪急電車に乗ったりと舞台が関西な事に驚きました。てっきり関東の物語だと思っていたので、関西出身の自分としてはそういう発見も楽しめました。


【作画 5.0】
BD版で見たので、作画はこれ以上ない程にヌルヌル動いていました。特にハレ晴レユカイの映像は、キャラが本当に踊っていました。ブルーレイはいいなぁ


【声優 5.0】
メインのキャラクターは、どの声優さんもピッタリでした。なんと言っても杉田さんの語りやノリは、今までは銀魂が杉田さんの代表作だと思ってましたが、キョンは素の杉田さんのような気がしてこっちが一番の代表作な気にもなりました。素晴らしい声優さん達が起用されてました


メインキャスト一覧
{netabare}キョン‐‐‐‐‐杉田智和
涼宮ハルヒ‐‐‐平野綾
長門有希‐‐‐‐茅原実里
朝比奈みくる‐‐後藤邑子
古泉一樹‐‐‐‐小野大輔
鶴屋さん‐‐‐‐松岡由貴
大森栄二郎‐‐‐平松広和
谷口‐‐‐‐‐‐白石稔
国木田‐‐‐‐‐松元恵
朝倉涼子‐‐‐‐桑谷夏子{/netabare}


【音楽 4.5】
なんと言ってもハレ晴レユカイが最高です。涼宮ハルヒを見てない時でも、この曲だけは知っていたので、ずっと耳に残っていたんだなと

【キャラ 5.0】
なんと言っても杉田さんの存在感。キョンのツッコミと語りは聞いてて心地よかったです。
トンデモ展開な作品ですが、内容にも負けない濃いキャラクター達。登場人物が少なくてもこれだけ内容に展開があるんだなと思わされた。
起用されている声優さんも合わせて、素晴らしいキャラクター達がいました。

投稿 : 2019/06/25
閲覧 : 34
サンキュー:

3

ネタバレ

kawadev

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

京都アニメーションも、アニメ自体も凄かった

ED「ハレ晴れユカイ」のフリを声優さん達がやっている動画を見て、この作品を見た。

良くも悪くも、これが今のアニメの原点?

キャラ設定は秀逸。長門有希は一家に1人欲しい人物。

投稿 : 2019/06/13
閲覧 : 31
サンキュー:

7

既読です。

★★☆☆☆ 1.3
物語 : 1.0 作画 : 2.5 声優 : 1.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

低評価のレビューだけ見られるようにして欲しい。

どんでん返しがあるのかな?

我慢して我慢して

でも苦痛で苦痛で

いやいや、修行だ修行だ・・・

でも、どんでん返しは無く終わりました。

マジ苦痛でした。
アニメを観てこんなに辛かったのは初めてです。

同時期の京アニが手掛けているせいか?
最初は受け付けなかった扁平な画も
途中から「けいおん」と似てきて
そこは何とか凌げましたが、
それ以外は全て受け付けないアニメでした。

脚本家や監督のみなさんはこの作品を
本気で面白いアニメと思っていたのでしょうか?

パーソナリティに問題があり
解離状態に陥ると暴言暴力無理難題の限り
をつく女子と、嫌々ながら従う男子に
観ていてかなりストレスを感じました。

未来女子をメガホンで何度も叩く女子に
鉄拳を食わせそうになる男子・・・
精神にかなりストレスを受けました。

そもそもが、何とか団に否応なく付き合わされる
その意味が、女子に宇宙のすべてがかかっている
という設定で逃げ出せない訳ですがね。

ちなみに山田尚子さんが脚本の回は
「けいおん」同様、ホワイトボードネタ
でしたが、思うに脚本家の皆さんが
押し付け合うというか
たらい回しというか
腕を競い合うアニメだったのでしょうか?

とにかく、私には全く合わないアニメでした。
途中で断念すればよかった。

投稿 : 2019/06/08
閲覧 : 121
サンキュー:

5

youtadayo

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

声優がキャラを動かしてる。お手本のようなアニメーション。

ハルヒは色々アニメを見るきっかけをくれた一作でもある。まあ個人的にストーリーは特質していいと思わない。だけどアニメでしかできない滅茶苦茶なことをとことん突き通してやってるのにアニメらしさを感じる一作でもあった。
タイトルでも述べた通り声優がキャラを動かしてるって当たり前のことなんだけど。それを物凄く実感したのがハルヒだったかな。
EDやOPでも余すことなく声優が生かされていてハルヒにしか感じられない独自の面白さを感じる一作だった。
今でもお手本のようなアニメーションだと思っている。

投稿 : 2019/06/07
閲覧 : 69
サンキュー:

5

らみ♡

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ハルヒ可愛い

すごくおすすめです。二期もおもしろくて、映画の涼宮ハルヒの消失も
ぜひ見てください。。全部面白いですよー。

投稿 : 2019/05/12
閲覧 : 55
サンキュー:

4

塩谷ナオ

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

涼宮ハルヒが設立したSOS団を中心に周囲が振り回される学園ストーリー

全14話

一番の良い所:個性の強いキャラ達にキョンが突っ込むという感じが面白い

一番の悪い所:当時は放送順がバラバラなので非常に見辛かったです

感想:普通じゃないキャラ達が毎回ハルヒのドタバタ騒動に巻き込まれて見ていて飽きなかった

投稿 : 2019/05/09
閲覧 : 253
サンキュー:

5

アキラー

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

2回目視聴 どこまでがナレーション?

何かのレビューを読んで、再視聴。
続けて映画「〜の消失」も見ました。

あまりにも有名なアニメなので、
今更ストーリーや、作画の素晴らしさを
語る必要が無いですね。

面白いと思ったのは、ハルヒ本人ではなく、
もう一人の主人公、キョンのナレーション。
と、いうか独り言?ツッコミ?

よーく見ないと、ハルヒに向かって言ってるのか、
ナレーションなのか判断できない事がしばしば…。

こんなナレーションを含めキョンのセリフ?は、
かなりの量。
それは「〜の消失」で、更に顕著になる。
このアニメの世界、面白さは、彼のセリフによって作られている、と言っても過言では無い。

投稿 : 2019/05/06
閲覧 : 68
サンキュー:

3

ネタバレ

稲葉姫子

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:----

いまさらながらのハルヒ

私は長い間、TVアニメーションをいうものにふれていませんでした。
(スタジオジブリなどの映画などは見ていましたが)
「ハウス・オブ・カード 野望の階段」を見るためにNetflixに加入したら、ほんの偶然にハルヒに出会ったしまったのです。

出会ってしまった、そう表現するしかありません。 第一話「涼宮ハルヒの憂鬱 I」を事前知識無しで何気なく見ていたら、キョンと同じでハルヒの自己紹介でぶっ飛んでしまいました。「なんだ?このアニメは!」私の思考能力がおかしくなりそうでした。それくらいインパクトがあったのです。

いま思えば、「涼宮ハルヒの憂鬱 I」が第1話で本当によかったです。1期の1話である「朝比奈ミクルの冒険 Episode00」から見ていたら、このような出会いになったかわかりません。(あまりにマニアックすぎるからです。)

「ライブアライブ」、「サムデイ イン ザ レイン」という単話としての傑作も素晴らしいとしか言いようがありません。この1期は全話が神話かもしれません。

この作品がアニメ史に大きな影響を与え、ハルヒ以前・以後という言葉を生みだしたことは誰もが納得することです。私はこの作品に出会えた偶然に感謝します。

投稿 : 2019/05/03
閲覧 : 62
サンキュー:

6

うどんちゃん

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

繰り返し見ても飽きない

セリフを覚えそうなくらい見ても飽きない。現代アニメの金字塔。

投稿 : 2019/04/21
閲覧 : 116
サンキュー:

5

石川頼経

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ハルヒというのはアニメ史上でも最高レベルで声優とマッチした傑作キャラです。

見たのはだいぶ前でストーリーは結構忘れてます。
しかし、それにしても、この作品で涼宮ハルヒを演じた平野綾さんの快演ぶりとマッチングは凄いです。
アニメ史上に残る、最高レベルで素晴らしく魅力的な女性キャラとなってます。

ただ、残念な事に平野さんがのちにスキャンダルを起こしたり、女優転向しかけたりで、ケレン味が残ってしまったのが残念です。

投稿 : 2019/04/16
閲覧 : 120
サンキュー:

15

でこぽん

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

よく考えてつくられた、のりが良いアニメ

物語は、涼宮ハルヒのもとに 一般人のキョン、未来人の朝比奈ミクル、宇宙人の長門有希、超能力者の古泉一樹が集まり、ドタバタの騒動をおこします。

このアニメを一言でいうと、のりがよいアニメです。

オープニング曲「冒険でしょでしょ?」に合わせてハルヒが明るく応援するシーンやミクルが泣きそうな顔で応援するシーンが大好きです。
ハルヒからはいつも元気をもらえます。
そして、エンディング曲「ハレ晴レユカイ」の歌に合わせてSOS団員が躍るシーンは、思わず自分も踊りたくなります(^_^)


そして、登場する3人の少女の個性の設定が、よく考えてつくられています。
3人3様で、決して飽きさせません。

涼宮ハルヒはいつも元気で明るく、そしてわがまま。
こんな少女がいたら、遠くから美しい雌ライオンを観察するように、双眼鏡で観察したいと思います。
うかつに近づいたら確実に被害に遭いそうです。(^_^;)

朝比奈ミクルは、萌えのなかの萌え。
こんな少女がいたら、ついつい守ってあげたくなります。(^_^)

長門有希は、不思議な魅力を秘めた少女です。
彼女は宇宙人というよりは魔法使い。
彼女にできないことは無いのではないかと思うほど、いざというときに頼りになります。 (*^_^*)

現実世界でも、人それぞれで個性が違うので、人をうらやましがるよりも
自分の個性を大切にしたほうがよいのかもしれませんね。
自分の個性は世界に一つだけのOnly Oneですから。


エンドレスエイトは見るのに疲れました。・・・(T_T)
もしかして、その期間中、製作スタッフで社員旅行などをしたのかなぁ? それともだれか入院したのかなぁ?
知っている人がいたら教えてください。

投稿 : 2019/04/14
閲覧 : 252
サンキュー:

46

まーせー

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

すべてはここから始まった、、

オタク系アニメに偏見を持ってた自分が初めて見たオタク系アニメ。このアニメから色々なアニメに手を出すようになった。

投稿 : 2019/04/07
閲覧 : 63
サンキュー:

3

ネタバレ

scandalsho

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

名作中の名作

個人的には第1期より第2期の方が良かったんだけど、それは、原作未読の私にとっては時系列に並んでいる方が分かり易かったからです。

しかし時系列を無視した第1期も、後々考えれば、“あり”かなと・・・。

{netabare}「涼宮ハルヒの憂鬱」のはずが「朝比奈ミクルの冒険」から始まるとか、{/netabare}後にも先にも、こんな演出見た事ありません!


※第2期の感想は第2期のところに記載しています。

投稿 : 2019/02/26
閲覧 : 312
サンキュー:

57

プクミン

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

好みの分かれる、謎アニメ

学園ものに見えるかも知れませんが、いや、学園ものなんだけど、超能力者、宇宙人、未来人と、色々います。
この世の中はハルヒを中心に回っている。
という考え方も出来ます。

主人公はキョン、本名は誰にも分からない。
その主人公だけが、誰がどう見ても凡人。
なぜかハルヒは、そんなキョンに好意を持っている。かどうかは分からないが、良く一緒に行動し連れまわす(一方的に)。

つまらない日常に飽きているハルヒが面白い事探しをする為に周りへの迷惑を無視してやりたい放題やる物語。

面白いかどうか、どこが面白い?
と聞かれると、正直困りますね。
タイトル通り、謎アニメです。
好みも、かなり分かれると思います。
百聞は一見に如かず、1話を見て判断するしかないかなと思います。

投稿 : 2019/02/26
閲覧 : 94
サンキュー:

6

にゃん^^

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ハルヒの自己中がいい

あらすじはあにこれのを見てね☆


はじめはよく分からなかったかな?

でも見ていくと
なんとなく分かってきて
だんだん
おもしろくなってきたよ♪

ハルヒは自己中だネ^^

でもあんなきれいで
あたまもよかったら
あんなツヨキになっちゃうよね。。やっぱり

イケメン(もしかして異世界人!?)
宇宙人(?)
未来人
超能力者
みんな引っぱりまわして
でも
きらわれないところがすごいなぁ

にゃんも
ハルヒみたいだったらなぁ。。。

学校ももっと
たのしいのになぁ。。。(ねぇ)

投稿 : 2019/02/21
閲覧 : 1240
サンキュー:

270

KKK

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

やっぱり神アニメだわこれww

途中辛いかもだけど、乗り越えて!!
そしたらおもろい

投稿 : 2019/02/12
閲覧 : 81
サンキュー:

4

ネタバレ

STONE

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

今となっては

 原作は未読。
 2期視聴済みですが、未視聴の体で書いてます。

 一時代を築いた作品であることは間違いないと思うんだけど、その手の作品は今観ても見応えの
あるものだったり、「当時は斬新だったのだろうな」と思わせるものがあるんだけど、この作品に
関しては、今となっては何故そんなに受けたのか?と思ってしまう。まあ、つまらなくはないけど。
 セカイ系や京アニの作画・演出などが時代の空気にマッチしていたのかな。

 SF的設定を土台に、主に描かれるのは学園コメディのドタバタというパターン。
 SF要素としてはただの少女である涼宮 ハルヒが実はこの世界に大きな影響力を持っているという
設定が大きい。
 SF小説などでは結構オーソドックスな設定で、アニメでも最近だと「SSSS.GRIDMAN」
なんかがこれに該当するような構図だったような。
 この設定自体は目新しいものではないけど、主人公がやりたい放題する理由付けとしてはうまい
こと機能している感があった。

 一方、学園コメディの部分だが、主人公がただ遊ぶだけのなんだかよく判らない部活など、後の
作品に結構影響を与えている印象がある。
 キャラの立ち位置やシチュエーション自体はラブコメぽかったりするけど、具体的な展開は
ないし、この手の変な部活ものだと男性は主人公のみというパターンが多かったりするけど、本作に
おいては男性部員はキョン一人ではなく、露骨なハーレム設定ではない。
 ドタバタした展開などは学園コメディとしてはベタな感があるが、逆に演出や空気感などは
シュールさを打ち出したり、やけに生々しい部分があったりで実験的要素も強い。
 実験的と言えば、時系列がバラバラ。初回の「朝比奈ミクルの冒険」は当時、観る作品を
間違えたのかと思ったぐらい。
 時系列自体はバラバラだが、要所要所はふさわしい回が置かれてそれなりに締まったものに
なっていた感がある。

 話を動かしているのは主人公のハルヒで設定上、他のキャラは受身にならざるを得ない感じ。
 このハルヒの傍若無人な行動は「今では叩かれそう」と書こうと思ったけど、よくよく考えたら
放送当時も結構批判を受けていたような。もっとも当時は他作品などを観ても暴力ツンデレ
ヒロインを好むような空気が今より強かったので、今ならもっと叩かれていそう。
 ただ「ライブアライブ」での他人のバンドを手伝った時など、自分が主体のフィールド外での
一歩引いた態度などは意外ではあった。
 やっていることへの肯否はともかく、ハルヒの行動の根底にある普通や平凡に対する憂鬱などは
共感できる部分はあるんじゃないかと。
 さすがに若い頃ほど感情移入はしてないけど、アニメを観たりしていること自体、疑似的に非凡な
世界に身を置いているようなところがあるし。

2019/02/11

投稿 : 2019/02/11
閲覧 : 88
サンキュー:

6

宇宙戦艦長門有希

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

深夜アニメの金字塔(1期と2期 消失も含む)

宇宙の創造主の力を持っている涼宮ハルヒ。そのハルヒを観察するために宇宙から派遣された宇宙人長門有希 未来から派遣された朝比奈みくる 超能力者の古泉一樹。彼等はハルヒを観察するだけでなくそれぞれの組織の意向に従って活動してる。そしてハルヒに見初められた主人公であり、一般人のキョン。物語はハルヒを中心にして、この4人が翻弄されながら進行する。なにしろハルヒが今の世界を面白い世界にしたいと願うだけで 宇宙が書き換えられていくのだ。当のハルヒは神の力が宿ってることに全く気づいていない。平凡な日々が続くと、朝倉涼子のような急進派の宇宙人がキョン殺してハルヒの反応を見ようとする。長門と朝倉は同じ組織に属してるのにこうも考え方が違う。ハルヒの周りは様々な思惑を抱えた組織と個人がハルヒを監視している。CIAやモサド MI6 ロシアや中国のスパイ、世界中のスパイがハルヒを監視してることだろう。もちろん日本の公安も。ただし彼らは超強力な長門の前では雑魚キャラにもならない。また長門と同レベルの宇宙人達が学校に潜入してハルヒを監視してるのである。ハルヒの周りは超危険な連中だらけなのに神的直観ででハルヒの味方になってくれる4人を選ぶ。
またその長門をはじめその他大勢の猛者達が束でかかっても敵わない力がハルヒにあるのだ(後で長門がその力をコピーする)
世界中の核兵器の破壊力に京の京乗を掛けても及ぼない力がハルヒにあるのである。その神的かつ宇宙的暴走を止められるのは、なんの力も与えられていない凡人であるキョンのハルヒへのキスなのだ。


少し思い出しただけで、このアニメがとても面白いものだと再確認できる。良く出来たアニメだ。

ただ単にキョンとハルヒが結ばれれば、宇宙の改変を防ぐことが出来る話なのだが、、キョンの気持ちがそこまで至っていない。
少なくともアニメシリーズにおいてそれを確認できない。そこで映画「涼宮ハルヒの消失」が必要だったのだろう。キョンはそこでハルヒの重要性に気づきハルヒを支えていくことを決心するのだ。また視聴者もハルヒとキョンがいずれ結ばれることを確信する。もし3期があるとするなら、物語は「消失」からの連続性を持たせないといけない。SOS団の面白可笑しい日常だけだとそれは1期と2期のアニメシリーズの繰り返しになるからだ。3期はハルヒとキョンが結ばれるか、またその布石となる展開となるはずだ。
最後に3期があろうがなからろうが、ハルヒとこの4人の末永い幸せを願う。特に長門には幸せになってもらいたい。いずれ原作にも挑戦したいと思う。

投稿 : 2019/02/07
閲覧 : 80
サンキュー:

6

次の30件を表示

涼宮ハルヒの憂鬱のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
涼宮ハルヒの憂鬱のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

涼宮ハルヒの憂鬱のストーリー・あらすじ

「ただの人間には興味ありません。この中に宇宙人、未来人、異世界人、超能力者がいたら、あたしのところに来なさい。以上」入学式後の自己紹介で、このぶっ飛んだ発言をした県立北高校の1年生「涼宮ハルヒ」。成績も運動神経も容姿も優れているのに、傲岸不遜な態度と中学以来の奇人ぶりから、クラスで浮きまくる。その上、普通のクラスメイトをつまらないと拒絶し、ますます孤立していた。そこで、ハルヒの前の席に座るクラスメートの「キョン」が話しかけたことをきっかけに、SOS団(世界を大いに盛り上げるための涼宮ハルヒの団)に加入させられてしまうのだった…。 (TVアニメ動画『涼宮ハルヒの憂鬱』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2006年春アニメ
制作会社
京都アニメーション
公式サイト
www.haruhi.tv/index.html
Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B6%BC%E5%AE%AE%E3%83%8F%E3%83%AB%E3%83%92%E3%81%AE%...
主題歌
≪OP≫平野綾『冒険でしょでしょ?』≪ED≫平野綾・茅原実里・後藤邑子『ハレ晴レユカイ』
挿入歌
朝比奈みくる(後藤邑子)恋のミクル伝説』、涼宮ハルヒ(平野綾)『God knows...』、涼宮ハルヒ(平野綾)『Lost my music』

声優・キャラクター

平野綾、杉田智和、後藤邑子、小野大輔、茅原実里、松岡由貴、桑谷夏子、白石稔、松元惠、あおきさやか

スタッフ

原作・構成協力:谷川流、原作イラスト・キャラクター原案: いとうのいぢ(連載:角川スニーカー文庫刊、ザ・スニーカー、少年エース)、 超監督:涼宮ハルヒ、監督:石原立也、シリーズ構成:涼宮ハルヒと愉快な仲間たち、キャラクターデザイン・総作画監督:池田晶子、美術監督:田村せいき、撮影監督:田中淑子、設定:高橋博行、色彩設定:石田奈央美、音響監督:鶴岡陽太、編集:重村建吾、音楽:神前暁

このアニメの類似作品

この頃(2006年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ