「オーバーロード[OVERLORD](TVアニメ動画)」

総合得点
83.9
感想・評価
1985
棚に入れた
10274
ランキング
194
★★★★☆ 3.9 (1985)
物語
4.0
作画
3.8
声優
3.9
音楽
3.8
キャラ
4.0
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

めー

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

評判いいようだけど普通かも。

アインズ様の造形素敵。
前半は面白かった。
後半疑問が多かったというか、おもしろさが減った気もする。
オンラインゲームやったことないからか話についていけてないのか。
とりあえず続き見てみます。

投稿 : 2019/06/17
閲覧 : 34
サンキュー:

2

KKK

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

俺TUEEEE!!!

一番好きなアニメです!!
アインズ様カッケーーーーーー
マジで見て笑

投稿 : 2019/06/11
閲覧 : 52
サンキュー:

3

youtadayo

★★★☆☆ 2.2
物語 : 1.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

評価もオーバーしすぎだろう

これ本当におもしれぇのか?既に1話の時点で観るのがキツくなってきたんだが。
まず主人公を含むキャラクターがファンタジーにありがちすぎて魅力を感じなかった。
ガイコツだったり。エルフだったり。あまりにテンプレ的すぎないか。
「ゲームの世界を舞台にした」設定みたいだが。
設定にチープさを感じるのは俺だけか?緊迫感の無さといい。前振りの無さといい。ずいぶん設定の軽いファンタジーだなと思った。

結局3話途中で見るのをやめた。
シンプルに面白くねぇわ。プレイヤーに伏線を張ってるようで中身の無いやつだ。俺には分かる。

投稿 : 2019/06/06
閲覧 : 93
サンキュー:

3

ネタバレ

Mi-24

★★★☆☆ 3.0
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

人生の全てをネトゲに捧げた、哀れな廃人が見た夢。

「RPGをプレイしてる様子」をアニメ化したような作品。

「異世界に転移した」みたいな事を言っているが、異世界の構成はゲーム中の魔法がそのまま使えたりする、ゲームの延長線にあるような世界。
サービス終了する筈だったオンラインRPGの追加シナリオをやっているような感じだ。
シナリオの内容は、極悪人を悪のモンスターである主人公が倒すダークヒーロー物だろうか。

ゲームの世界そのものの展開で話は進むが、ストーリーはそこそこの内容。
戦闘もゲームそのものだったが、最後の一騎討ちはなかなか良かった。

投稿 : 2019/06/03
閲覧 : 59
サンキュー:

4

gm560

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

なにか哀愁を感じさせる設定が光る

一期だけ見終わりました。そこそこ楽しめました。

このアニメの良さはストーリーや戦闘よりも、
設定の面白さにあると思います。

かつて流行っていたオンライン世界が廃れた跡で、
古い仲間たちの姿はもはや見当たらず、孤独な主人公。
しかも普通考えたら敵にしか見えない主役達のビジュアル。

余談ですが昔MSX2+というPCで友達と交換しながら
凶悪なモンスターに自分達の名前をつけてプレイした、
ラストハルマゲドンというRPGを思い出しました。
↓こんな感じ。小6か中1の時遊んだので懐かしいです。
 ※MSX版はこんな音声付動画は無かったと思います。
https://www.youtube.com/watch?v=bljOQriBdGs&t=3s

まあ気楽な感じで気分転換に見るのに良い異世界ものです。

投稿 : 2019/05/25
閲覧 : 55
サンキュー:

5

ZORRRO

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

キャラのゲッッッッスい表情がとても良い。

正直に言うと異世界かるてっとの影響で視聴開始勢です。

2期への伏線多し。これからどうしていく感強めで終わります。


【ストーリー】

オワコンサービス終了ゲーに取り残された主人公。初っ端から主人公は最強。
主人公最強系としてはそこまでの爽快感があるというわけでもない。
理由は敵の倒し方にもあると思うが、少々様子見しながら戦ってる(舐めプともとれる)
ので、いきなり無双しまくって制圧しまくるという印象は受けませんでした。

とはいっても主人公とその周りは最強系アニメであることに変わりないので、見ていて安心感がありました。


【キャラ・作画】

基本的に暗いです(視覚的な面で)
作画やキャラデザ自体は好み分かれそうだが、正直古臭く感じたかな。
戦闘の動きなどは普通に良かったです。

主人公は骸骨なので表情分かりませんが、アルベドを筆頭に味方や敵も、
悪くいうときたねえ表情、ゲスい表情をするのが個人的に好きでしたw

喋り方だけは偉そうにしてるけど、実は優しい主人公という設定も良かったです。


【他】

異世界!魔法!みたいな感じなんで何でもござれですが、
終わり方も意味ありげだったので2期以降も楽しそうですね。

投稿 : 2019/05/18
閲覧 : 52
サンキュー:

8

ロッタ

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

見なきゃ良かったです(。-_-。)

3期を先に見ちゃってから1期を見ました。
1期の放送が始まった時にチラッと見たんですけど
ガイコツのキャラが出ててギャグアニメっぽくて
敬遠したんです。なんか面白くなさそうだったから。
でも評判良かったので3期から見てみたら
背景はよくわからなかったんですけど面白くて
ハマっちゃいました(*´꒳`*)
私はシャルティア様が大好きなのでありんすよ♪
でも1期見なきゃ良かった。
だってすっごい気持ち悪い姿に変身するんだもん。
あれはグロすぎて可愛そうです。
もう変身しないでね(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

私は圧倒的に強いキャラが大好きです♡
だからゴーンさんは大好きです♪
カルロスじゃないよ。
ゴウンでした。こっそり教えてくれた方が
いたのでこっそり訂正です(๑˃̵ᴗ˂̵)
強いは気持ちいいですw

それでは続けて2期を見に行ってきますね。

バイバーイ(((o(*゚▽゚*)o)))♡

投稿 : 2019/05/18
閲覧 : 656
サンキュー:

19

ネタバレ

buon

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

電影遊戯の世界で俺が絶対君主の覇道を歩むだって!?

近未来でゲームオタクがゲームの世界に入ってしまった。

やり込んでいたゲームは『ユグドラシル』(多分)、
ユグドラシルでは41人で構成されるギルド『アインズ・ウル・ゴウン』(多分)
として名を轟かせていた。
ユグドラシルがサービス終了するのでその最後をしみじみと味わっていたプレイヤー『モモンガ』、
終わりの瞬間にゲームの世界に入ってしまった。

まあ結構前の作品だし有名だから説明はこの辺で。

異世界+ゲーム(異世界=ゲーム+α)のそこそこある類であるが、
 ・プレイヤーとしての仲間、他プレイヤーと思しき人物がいない
 ・NPCの仲間も強いし、考えて行動できる
 ・ゲームの世界だが、知らない地域
 ・マジで強い
よくある俺ツエー系と言えなくないが、
マジで俺たちつえーチームである。
あと、ゲームと色々細かい部分が変わっているようです。

その舞台は中世西洋の戦国時代のようなもの、
強者である武力や権力を誇るものの思考はえげつないと思わせる、
その一端を見せてくれる。
昨今荒れつつあってもマジ現代日本最高と思える。
そこにゲーム様式として魔法や冒険者がいる。

さて、この作品でいいなと感じたところは、
主人公が骸骨で服装もええ。
キャラの容姿も中身もええ。

上手く伝えられないなぁ。

アンデッドを召喚するのだが、綺麗なおぞましさでたまらん。
造形に思いを感じる。
モモンガ様を除くNPCの仲間たちは41人の仲間たちがつくったので、
ちょっとした設定に好みや意味が込められている。

惜しむらくは、それを感じられるのがモモンガ様だけだ。
このモモンガ様もゲームの世界に移ったことで変化が生まれている。
己が能力に合わせてなのか、感情の起伏を抑える自動回復効果を持っている。

この作品はシリーズとして2019年の今、3期まで出ている。
その導入として大きな印象を持って終えている。

ああ、設定でいいから愛されたいよ。

投稿 : 2019/05/18
閲覧 : 38
サンキュー:

7

ASKA

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

俺TUEEE系だけど今までのとは少し違う。

ゲームにログインして出てこれなくなった系であり、主人公最強系であるけど、今までの作品と違うのは主人公が魔王として存在しているという変わった設定。(異世界魔王でも似たような感じだったけど、こっちは見た目まんま骸骨の王様って感じです)

主人公(ハンドルネームモモンガ)がプレイしていたVRMMORPG「ユグドラシル」がサービス終了したが、なぜかゲームからログアウトできずゲームのキャラになってしまったことから主人公は自分のいたギルドの名前アインズウールゴウンを名乗って活躍していく作品です。

主人公の日野聡さんもはまり役で、最初日野さんと気づかなかった。

投稿 : 2019/05/16
閲覧 : 207
サンキュー:

32

ひき

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

大胆な主人公のルックスがなかなかよかった。

「異世界カルテット」を見始めたのだが、
オーバーロードのキャラがわからないので、
まずは見てみようということで視聴開始。

「ユグドラシル」というMMORPGが終了することになり、
主人公“モモンガ”はゲーム内にて最後を迎えるべく、
ひとりその瞬間を待っていた。
しかし、時間が過ぎても終了するどころか、
命令しければ行動しないNPCが、自らの意思で行動し始めた。
そして“モモンガ”自身もログアウトができず、
この世界に取り残されしまったことを知る。
そしてこの異世界で自ら作ったギルド名「アインズ・ウール・ゴウン」を名乗り、
世界征服を目指して動き始める。

主人公の恐ろしげな顔、いかついからだが、
ほかの異世界もののイケメンヒーローとは違い、非常に好感。
また主人公最強ではあるもの、ハッとするような展開もあり、
なかなかうまいなぁと感心。

ほかのキャラも曲者揃いで、全体的に漂うヒール感が
物語の雰囲気をいい感じに醸し出している。
主役級の女子キャラも同様に曲者な上に、
シャルティアなど、真の姿がおぞましく、
よくぞここまで、という感じでかえって清々しささえ感じる。
アルベドの真の姿もこんな感じなのだろうか…。
敵役のクレマンティーヌもよかった。
CVの悠木碧さんが最高の演技で、ここで終わってしまうのが残念だった。

ストーリーとしては、
アインズ・ウール・ゴウン、として
世界征服に取り掛かった段階、
これから、というところなので、
2期、3期も続けて見たいと思います。

投稿 : 2019/05/06
閲覧 : 70
サンキュー:

16

taijyu

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

平凡な小市民なのに悪の帝王を演じるのが面白い

1話感想:
ゲームに閉じ込められるSAOの係累か、あるいは良くある異世界転生物か…。
とジャンルで言えばそういうことですが、非常に面白い。

主人公のキャラが良いですね。平凡な小市民なのに悪の帝王を演じるのが面白いです。

ゲームシステムが良くわからないのですが、ギルド同士でダンジョンを構築し合って攻略し合うシステムなのか、主人公はモンスター側を演じているということなのか。
いずれにせよ面白ければOK。この先が楽しみです。

全話感想:
とても質の高い良いアニメでした。

アニメだけ見ても特に説明不足なわけでもないですが、内容に興味深いのでもっと設定とかあれこれたくさん見たくなり、そのためには原作を買うしかないわけですが…という良い販促にもなっていました。
大変楽しめました。

投稿 : 2019/04/27
閲覧 : 56
サンキュー:

3

徳寿丸

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 2.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

またゲーム取り残され系かよ?と思いながらも・・・

原作未読。
タイトル通りS.A.Oやログホラ系かぁ、おまけに主人公骸骨じゃんと遠慮がちに視聴開始。1、2話ではあまりピンとこなかったんですが主人公が不死系ということで生死に拘りもなく正義の味方ぽいヒーロー的な所が薄く(利己目的が結果的に人助けになる)たまに人間らしい感情がそのまま出たりして中々面白いキャラですね。今後の展開ちょっと楽しみです。まぁ基本この世界で最強クラスなんで相手がいかにまぬけに負けるかを楽しむという見方がいいと思います(笑)。しかし全く下僕達の名前が覚えれません・・・。


私のツボ:呪文多いわ!


2期視聴済。
えーーーと、3期やってますね(視聴遅れ気味)。2期は緩やかに主人公が目指す方向に足場固めやってるって感じでしょうか。ストーリー的にはあまり進んでない気がします。3期で切りがいいところまで行くんですかね。

私のツボ:孕むわ!


3期視聴済(2019.4)。
うーーーん、まだ続きそうですね。自分も3期お付き合いしてきたわけですが、1期ほどの面白みがなくなってきた感じですかね。原作読んでないので何とも言えませんが今期はちょっと各話の話のつなげ方というか展開が不親切だった感じがします(ん?いつそういう話になってたの?また戻って見直さないと・・・理解不足なんでしょうけど・・・)そして相変わらず誰だっけ?となる(笑)。あとこの作品の特徴なんでしょうけど、主人公以外の人物達を割と掘り下げてひとつのストーリーを形成するので敵か味方かただの使い捨てなのかわからないんですよね。故に主人公が無慈悲な”悪役”ぽく見えたりします。たまに素の人間らしいうろたえをみせるので尚更非道な奴に映ります。とはいえ自分は忘れてしまってたんですがこの作品、あくまでゲームに取り残されたゲーム内の話なんですよね・・・非道もくそもないな・・・。

私のツボ:この主人公ゲーム内で俺TUEEEやってて突如現実に戻ったら・・・死ぬだろうな。

投稿 : 2019/04/18
閲覧 : 317
サンキュー:

10

シャメダイア

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

1話見たら止まらないとはこのアニメのこと。

止まりませんでした。一気見してしまうほどに面白かったです。まさに神アニメ。守護者たちの絶対的忠誠が良かった。

投稿 : 2019/04/15
閲覧 : 91
サンキュー:

3

ストックトン

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

タイトルなし

主人公の姿に最初衝撃を受けたけど、圧倒的な力で
制圧するのもワクワクしたし
僕たちが必要以上に従順で崇拝してくるのに
慌ててるのがすごく面白かった。

投稿 : 2019/04/15
閲覧 : 25
サンキュー:

2

ネタバレ

ジャスティン

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ゲームの世界に残されてしまった運命は!?

[視聴きっかけ]
今回視聴を始めた理由には、
2つあります。

1つ目が、春アニメにやってくる『異世界カルテット』の
視聴をしたいと思っているから。

異世界カルテットでは『幼女戦記』『このすば』『Re:ゼロ』と
異世界転生のアニメが一つになって
今回アニメ化が始動しました。

絶対に視聴候補となるのですが、
実はこの作品だけはまだ視聴をしていなかったからです。

実際に見たいとのはありましたが、
戦闘系はあまり好きというか、
普通に見てて面白いとまでは感情的になることが
あまりなく、「見るのはいつでもいいや」みたい感じで
スルーをしていました。

ですが、今回『異世界カルテット』で確定したので
視聴を決定しました。

2つ目が、戦闘系に慣れていないことです。
この作品も戦闘系とは聞いていますが、
実際に戦闘系を好んで見るアニメが私の中で
比較的に限られていることです。

代表的な作品でいえば、『SAO』『魔法科高校の劣等生』
など、電撃系は見るものの、
他の戦闘系って本当に視聴しないんですよね。

幼女戦記の時は本当に偶々視聴していました。
当時は、無理やり視聴していた時期に
幼女戦記で出会ったので、切るに切れなかったんです。

そういう理由で見始めることにしました。

【良い点】
簡単にいうと、ゲームの世界に取り残された
転生もの?という認識でいいのかな。

この作品まず、OPがカッコイイのは認める
OxTのOPは何気に見るの初めてです。
黒子のバスケとかが有名だったかな
『けものフレンズ』でも有名にはなったけど
OxT = オーバーロードのイメージは前々から
ありましたね。

何故これが面白いのかというと
主人公の考えていることと行動していることが
合っているんだけど、合っていないところだと思う

『これやったら今どうなるんだろう?』と思っているのに
仲間に言うときは人間っぽさをなくして
モモンガの風格に合う形で悪者感を出しているところは
ある意味『幼女戦記』のターニャちゃんと同じ感覚に
なりそうです。

また戦闘シーンがお勧めで、一人一人のアクションがしっかり
しており、見どころが多い作品だと思いました

【悪い点】
正直に言うと、最初は面白い設定かもしれないが
オーバーロードの続編で2期、3期とあるけど
これがずっと続くとなると、退屈になりそう。

1期が凄いだけであって、2期3期は『ソードアート・オンライン』
みたいに「強くなりすぎ問題」「見どころがなくなった事件」
な感じでいろいろと問題が増えそうで不満になります。

そもそも「強くなりすぎ問題」に関しては最強主人公アニメ
の認識なので問題にはならないかもしれないw

そもそもこの作品の目的が「世界征服」となったらしいけど、
そのために動く物語だけど...もう少しいい感じな設定が欲しかった

世界征服をして終わりではなくて、その力で運営を倒すとかw
ぶっちゃけた目的でも面白かった気がする

【初見感想】

1話
何このよく見たことのある感じ。
でも、新しい感じの転生というか
ただ取り残されただけだったんだw
最初は主人公のモモンガさんのネーミングセンスに
衝撃だったw
如何にも強そうなキャラだな。

2話
モモンガの心理描写が面白い。
そして圧倒的な忠誠心w
これは...幼女戦記みたいになりそう

3話
いつの間にか名前がアインズになったw
何この無双回。
アインズ様強すぎだろw
『魔法科高校の劣等生』じゃないんだからw
さすおにコールみたいな感じを味わっています
やられるほうを応援したくなってしまう
これはこれで面白いのか...多分面白いです

4話
無双回の続き。
ここまで信頼されているのは本当にアドだね
こっちも前回と同様に強すぎw
今回の方が酷かった。
こういうのがずっと続く感じなのかな

5話
「金がない」は笑ったw
主人公のツッコミが段々楽しめるようになってきた
この編からこの作品が好きになってきた
とりあえず、前半はいい感じ
周りに比べて武器フル装備だなw

6話
何かある意味日常回に近い
アインズ様めちゃめちゃ疲れてそう。
こういう何もない生活とか慣れていない感じがする

かつての仲間のことはいつか触れてくれることを期待してる。
というかもう前半お終いか...

7話
森の賢王がまさかのハムスターなのか(困惑)
アインズ様相変わらずツッコミがいいな
最後どうなるのか...

8話
みんなゾンビにされてしまったのか
アインズ様いつもと同様強すぎw

9話
アインズ様たち本気出しすぎwww
見ている分には楽しめるけど、
実際にこんな強いゲーマーみたいのが
いたら感覚可笑しくなりそう

10話
シャルティアちゃん可愛い
なのにどうしてこうなったのか
本当見どころがあって面白い作品ですね

11話
今回は少しシリアス回要素ありでしたね
やっとアインズ様が焦る心理描写が来るとは
何気にこれ最後だったりしてw

12話
もう12話なのか...シャルティア強いなあ
このメンバーがNPCという感覚がそろそろ
無くなってきているし、
アインズ様の中身の人そういえば、
なんていう名だっけな?

13話
もう最終回、この戦闘シーンの終わり方
『ハイスクールDxD Born』と良く似ている
でもこういう終わり方はずるいよw
そりゃ2期見たくもなるよ

投稿 : 2019/03/19
閲覧 : 118
サンキュー:

15

ニワカ

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

細かい設定、論理性はいらない

この作品やNetflixのstranger things などを見ると、なぜそのような世界が存在するのか、どうしてそこに行ってしまったのかなどの細かい設定や論理性、または目新しさなどはそこまでいらないということが分かった。むしろ重要なのはその世界が存在するってバッサリ決めてしまってからの物語や作画の質だと思う。

この作品は物語の質がとてもいいってわけではないけど、ワンパンマンのような爽快感がある。それは世界観と戦闘の作画の質がとてもいいからだと思う。

細かいことは考えずシンプルに楽しめた。

投稿 : 2019/03/18
閲覧 : 78
サンキュー:

4

ネタバレ

Re:アニメ好き

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

多分、OPだけでご飯3杯は食べれるな...

【あらすじ】
{netabare}長らく続いたVRMMORPG「ユグドラシル」がサービス終了を迎え、ゲーム内で栄光を誇ったギルド「アインズ・ウール・ゴウン」のメンバーであるプレイヤー、モモンガはギルドの本拠地「ナザリック大墳墓」で一人、最後の瞬間を待っていた。

カウントダウンが始まり、モモンガは目を閉じてかつての仲間達との思い出に浸る。しかし、サービス終了の時刻になっても強制ログアウトは起こらず、それどころか、プレイヤーが命令しなければ行動しないはずのNPCたちが意思を持って動き出し、生きて言葉を発することに驚いたモモンガは、彼自身もゲームの中の(自分が作った)キャラクターとなってしまっていることに気付く。

ナザリック大墳墓は、「ユグドラシル」とは似通っているが異なる世界に転移していた。{/netabare}

【感想】
{netabare}全13話

まず、このアニメを見る前の僕の印象はゲームの中から出れないというあらすじ的にソードアートオンラインの劣化バージョンかなあ...と思っていました。
そして、そんな変な印象を持っていたせいで全然、見る機会がなかったのですがある時原作を発見し面白かったので見てみることにしました。
(なんか最近見てるやつ全部原作から来たのかもしれないなあ...)

視聴し驚いたのが思っていたよりも全然面白く、SAOとは全くの別物でした。
ゲームの世界で閉じ込められる的な設定は似ているとは思いますが、ゲームの中での目的が全く違いましたね。

SAOは主にゲームから出るのが目的でしたがオーバーロードはゲームの世界を楽しむ的な感じかと...
まあ、この作品も一応、ゲームの世界から出ようとはしていたみたいですけど...

視聴開始10分後くらいに思ったのが、あ、OP神だな。と。
とにかくOPが良かったです。
というかハッキリ言ってOPだけでレビュー終わらしても良いくらいに...

OPも魅力的でしたがやはり、この作品の一番の魅力はキャラかと思います。
個人的にヒロインはあまり可愛くは無かったのであまり好みではありませんでしたが、これはこれで面白いと思います。
キャラ一人一人にとびぬけた個性があったり見ていて飽きないのがこの作品の魅力かと。
そしてなんといっても主人公が悪役というのが面白いところです。
主人公は骨男ですがそれでも、とてもつもなく強いです。
というかハッキリ言ってチート級です。

強いが故に他の雑魚キャラを力で叩き潰したりと他のアニメでは得難い謎の爽快感がありました。
ちょっと本当に精神外に行った方が良いのかなあ...
なんちゃってw。

ストーリーも飽きない感じにギャグが導入されていて面白かったですし個人的にはとてもお勧めの作品ではありますが、主に10代~20代向けの作品かとも思います。

あ、{netabare}アルべドってサキュバスなんですよ。{/netabare}{/netabare}

投稿 : 2019/03/15
閲覧 : 75
サンキュー:

22

シン☆ジ

★★★☆☆ 2.7
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 2.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

世界観はいいけど進行や演出には惹かれませんでした

設定は興味を惹くし、キャラもそれなりに揃っているのにあまりストーリーに登場せず残念。
展開も演出もちょっとインパクト薄かったかな。
やっぱヒロイン不在は大きいですねw

超展開を期待し完走しましたが後半はちょっと飽きたかな。
1期だけならぶっちゃけ観なくても良かった感があります。

投稿 : 2019/02/24
閲覧 : 78
サンキュー:

4

ネタバレ

プクミン

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ゲームと異世界が繋がったような話?

主人公は、リアルマネーやら時間やら物凄く注ぎ込んだお気に入りゲームをやっていたが、そのゲームがサービス終了になるが、サービス終了までゲームにログインしていようと最後まで残る事にした。
だが、サービス終了時間になってもゲームが終了しない事に疑問に思って運営にコールしようとしたが繋がらず。
更に本来NPCである者が、自我を持っているように思ったり、一体どうなってるのか探ろうとする為に色々行動する事になる。

元NPCの部下に外の状況を探らせたところ、全く見知らぬ場所という報告を受ける。
ログアウトは当然出来ず、自分の姿もゲームプレイ時と同じスケルトン。

危機感を覚えた主人公は、他にもここに来たプレイヤーがいるかも知れないと思い、名前を変え試行錯誤しながら世界を探り、その世界で生きて行く手段を考える。

作中専用用語が多く、覚えきるのは大変だが、その分そのアニメを深く知る事が出来、面白みが増す。

{netabare}
ゲームの世界から異世界に転生した主人公は、プレイヤー時のモモンガと名乗らず、ギルド名『アインズ・ウール・ゴウン』を名前とする。
もし同じギルメンがこの世界に来ているなら、その名前で向こうから接触するだろうと考えての行動。

しかし、ギルメンはおろか他プレイヤーも現れない。
ゲーム時はトッププレイヤーだった事もあり、レベルはMAXの100で、NPC(部下)のレベルも主要キャラはレベル100。
このレベル100がどのぐらい高いかと言うと、生身の人間が冒険者や戦士として鍛錬を積んでたどり着けるレベルが大体30前後。
才能の無い者であれば、レベル20前後が関の山。
つまり、主人公TUEEEEEEEEEEEの物語である。

その世界には、ゲーム世界(ユグドラシル)にはなかった『武技』と呼ばれるスキルがあり、自分の能力を向上させたりするもので、魔法とは異なる。

最初はこの世界の住人の強さを計ろうとするが、予想以上に弱い事に気付く。
次にたまたま何とな~く助けた村で、この世界の事を聞き出したところ、ユグドラシルでの通貨は使えない。
その為、資金稼ぎの為にと冒険者になって依頼をこなそうとするも、その世界の文字が読めない。
そんな困難な状況でありながらも、知恵を張り巡らせ打開していくのも面白い。

更に元NPCの者(部下)からは、自分達を創造した至高の存在と認識されている。
ちなみにギルメン全てを至高の人と認識している。
そんな部下は優秀過ぎるので、体面を保つ為に、支配者らしい振る舞いの練習をしているのがシュール。

部下が主人公アインズに絶対的な忠誠を誓っているのが、この物語のみどころの1つでもある。
言い換えると、部下達はアインズ様の為なら何でもやるという事。

しかも至高の四十一人と呼ばれていた存在も、今やアインズ(モモンガ)のみなので、主人公が居なくなったら元NPC達からすると絶望なので、部下も必死である。

主人公が冒険者として世界を回っていると、トラブルに巻き込まれ、強敵と戦う事になる。
英雄級と呼ばれる、その世界でのトップクラスの強さを持つ者とも対峙するが、圧倒的な強さで勝つ。

あまりにその世界の住人が弱く、一瞬気が緩んだのか、部下任せにしていたところ、シャルティアという階層守護者(ギルドの階層を守るNPCの事)が、何者かに精神支配を受ける。
シャルティアはアンデット扱いなので、本来は精神支配を受けないのに、なぜか支配を受けた事に疑問を持つも、あらゆる精神支配を解除する課金アイテムを使い、シャルティアを元に戻そうとするも失敗。
その理由は、ワールドアイテムだという考えに至る。
ワールドアイテムとは、ゲームのシステムすら変えてしまう程の効果を持つアイテム。
自分がこの世界にきているという事は、他のプレイヤーがこの世界にきていてもおかしくない事を失念していたと自分を責め、シャルティアを元に戻す為に、アインズ自ら一人で戦う事を決意する。

単純な戦闘力だけなら、戦士タイプで自己回復やHP吸収を持つシャルティアが有利。
一方アインズはマジックキャスター(魔法使い)の為、MPが尽きた時点で負けが決定。
しかもアンデットの為、光属性と火属性に弱く、シャルティアとの相性も悪い。
激闘の末、課金アイテムの力で何とか勝利し、シャルティアを葬り去り、ユグドラシル通貨を使用し、シャルティアを復活させる事により、精神支配を解除する事に成功する。

ここで、1期が終わる。
このように、1期目から大きく物事が動き、派手で迫力のあるバトルが繰り広げられ、見ている者を虜にするアニメ。
まだ見ていない人は、2話程度まず見てみる事をオススメします。
{/netabare}

投稿 : 2019/02/22
閲覧 : 75
サンキュー:

5

北海イクラ

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ダーク・ファンタジー

おそらく政界で一番強い存在であり絶対的信頼を置いてくれる配下に対し、中身はただの一般人である主人公の反応や、配下のやりとりを楽しむアニメ。

投稿 : 2019/02/07
閲覧 : 75
サンキュー:

4

てんてん

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

普通

最初は良かったけどだんだん面白味がなくなってきた.

これは良くあるゲームから抜け出せなくなったやつw

優しい魔王もおもしろい

投稿 : 2019/02/04
閲覧 : 133
サンキュー:

8

ごる

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

出来すぎた話だけど…

最初のオープニングシーンが謎ですが…たぶん3期まで見ていけば意味が分かるのかな…(´・ω・`)
異世界に閉じ込め系のよくある話ですが、NCPたちのキャラがいい味だしてます(σ*´∀`)
OP、ED曲どっちもいいです♪
そんなにグロさはないで、見かけのわりにはマシな方かと…(;・ω・)

投稿 : 2019/01/29
閲覧 : 98
サンキュー:

5

ちあき

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

良い!

設定、世界観、ストーリー共に良いと感じた。
「二期待望!」が一期目までの感想。

二期目以降は少し失速気味。続きは気になる程度に面白いけど……、同じテンポで心踊らない。
原作も未完(2018年現在)

投稿 : 2019/01/21
閲覧 : 105
サンキュー:

9

ネタバレ

shino73

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

黄金バット

マッドマウス制作。
原作は書店での評価も良好な人気シリーズ。

長年愛されていた大人気VRRPG、
ユグドラシスのサービス終了を受け、
有名ギルドマスターであったモモンガは、
感慨深くその最後の時を待っていた。
だが期日を過ぎても強制ログアウトも出来ず、
仮想現実空間に取り残されてしまう。
世界に異変が起こったのだ。

友達もなく家族も過労死で失い、
ただ仕事をして寝るだけの現実生活に、
どれぐらいの価値があるのかと悩む主人公が、
大魔法使いとなり、NPCキャラを部下に付け、
この世界でその名を轟かせることで、
異世界からの脱却を探るというのが大きな流れです。

娯楽に特化した素晴らしいシリーズだ。
仲間も自分自身も人ではない異形種で楽しい。
見た目は悪魔でも中身はどこか弱気な男ですから、
会話や演出、力の抜け加減が絶妙で笑えます。
私的にはお色気担当アルベドがお気に入りです。
この勢いで2期も楽しめたらいいな。

{netabare}モモンガはアインズと名を変え、
情報収集の一環として様々な事件を解決し、
ギルドの栄光をもう一度とばかりに快進撃を続ける。{/netabare}
異世界からの脱却の鍵は存在するのか!?
昔のギルドメンバーはこの世界に存在するのか!?
他国の住人はどこから来たのか!?

それは蝙蝠だけが知っている。

投稿 : 2019/01/21
閲覧 : 432
サンキュー:

64

scandalsho

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

世界征服なんて面白いかも知れないな・・・

原作未読。
主人公最強+バトル+コメディ(?)系。

ゲームの世界から異世界にゲームキャラクターのまま転移させられて・・・。
但し、SAOとは違って、主人公は元の世界に戻りたいという訳ではないらしい。

主人公は骸骨だし、お仲間は悪魔や吸血鬼だし、正直『どんな話なんだろ?』と思いつつ4話まで視聴。
そして、ようやく理解できました。

『これはコメディなんだ!』と・・・。

敵に対して強すぎる主人公とお仲間たち。「主人公最強」も行き過ぎるとコメディになってしまうんですねぇ。

1クール13話では短すぎる印象。たくさんフラグも立っている事だし、何としても第2期を期待しています。

投稿 : 2019/01/21
閲覧 : 683
サンキュー:

107

ネタバレ

oneandonly

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

世界観を理解して俄然面白くなる作品

世界観:8
ストーリー:7
リアリティ:8
キャラクター:7
情感:5
合計:35

<あらすじ>
時は2138年。一大ブームを巻き起こした仮想現実体感型オンラインゲーム《ユグドラシル》はサービス終了を迎えようとしていた。プレイヤーであるモモンガも仲間と栄華を誇ったギルドで一人静かにその時を待っていた。しかし、終了時間を過ぎてもログアウトしないゲーム。突如として意思を持ち始めたNPCたち。ギルドの外には見たこともない異世界が広がっていた。
現実世界ではゲーム好きの孤独で冴えない青年が、骸骨の姿をした最強の大魔法使いとなる!
世界を掌中におさめる死の支配者、ここに光臨!!
(公式サイトより)

ゲーム内世界に閉じ込められる系の物語。しかし、主人公が骸骨の姿をした悪役であることに独自性を感じられました。

設定は結構良く出来ていると思いますが、原作(下記リンク参照)と比べるとアニメでは表現が限られてしまっています。世界観を知るにはWeb原作を読むことをおすすめします。
http://ncode.syosetu.com/n4402bd/
(主人公が貫禄を持った喋り方をするに至った心理もアニメよりわかりやすく書かれています)

リアルはとても人の善さ気な主人公の心の声が面白かったり癒されたりしました。{netabare}衝撃的な鯖折りや、シャルティアとの戦闘シーンも良かったです。戦闘前に補助魔法使いまくるのもあるある的なリアリティがあります。

そういえば、クレマンティーヌの声優が悠木碧さんというのには驚きましたね。(当初視聴当時)最近見た作品では僕街の加代も担当していましたが、とても同一人物とは思えない幅の広さです。元々自分は声優勢ではないので、SAOのユウキやワンパンマンの戦慄のタツマキの声をしていたこともここで気付いたという…。

ナーベラルやセバスは初見時からお気に入りですが、ヒロインであるアルベドや、アウラ、マーレあたりは苦手だったのと、誰も攻めてこない要塞を守っている現実が、物語全体に広がる空虚さに何となく繋がっていて盛り上がらなかったこと(大軍勢が落せなかったという話も過去のことで、尚更終わったサービスを連想してしまいました){/netabare}、ストーリー的にも重要なことは何も解決しておらず、人間関係を掘り下げる作品ではないので、情感面で物足りなさを感じまして、音楽や作画にも特筆できる印象がなかったです。

<2019.1.20追記>
設定・世界観が相当考えられた作品だと思いますが、1期の内容だけではそれが伝わりきらず、当初視聴時は並作に近い評価でした。
しかし、3期まで見終わってから1期を見たら、物語の繋がり、伏線やキャラの設定等がより理解でき、こんなシーンあったっけと新たな楽しみがありました。
3期まで見て楽しめた方は1期をもう1周することもおすすめです。

(参考評価推移:3~11話3.8→調整4.2)
(2016.6視聴、2019.1調整)

投稿 : 2019/01/20
閲覧 : 212
サンキュー:

40

ネタバレ

でんどうず

★★★★☆ 3.1
物語 : 2.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

書籍版のチュートリアル(アニメはホボなろうの1部の部分)

原作を知らないで人だと
このアニメを見ようかな?って思える展開が良く見積もって3話中盤~
4話目の中盤辺りとかなりスロースタート。

1話目がゲームの中のキャラクター等の状態を維持したままゲーム内とは違う
異世界に来たらしいと言う状況と主人公の部下(ギルド)の紹介で終わってしまう。
知っている人向けに作られたとしか思えない。

新規顧客の獲得って
1話目ってかなり重要だと思うのだけどその1話目が見所が無いまま
終わる。そのまま2話・3話と進みその辺りで、あ・面白いかも?
って展開になる。

主人公が骨で魅力的ではないし
色キャラっぽいのもチョイ役的に紹介さるるだけなので
キャラ期待の人も寄り付かず
これではアニメから見ましたって視聴者は1・2話見て
飛んでしまうのでは?と思ってしまう。

書籍版は、所謂ラノベって雰囲気が薄く
情報量も多くて展開も遅いしラノベばかり読んでいる人には
取っつきにくいのでは?って感じなのでそれを考えると

このアニメは「なろう」と言う小説投稿サイトで無料公開されていた
良くも悪くもラノベ的な感じをそのまま移植した感じなので
書籍への入門用と言うか書籍を読むためのチュートリアル的な
存在にはなり得るのかとも思う。
1・2話で飛ばなければだが。

ただ、折角アニメで動くのだからアニメらしい脚色をして
書籍と補い合う形にしてキャラも引き立てた方が
書籍に引っ張っていきやすいと思うんだけど。
折角面白い書籍なのでもっと客寄せ頑張ってくれ。

自分的にこの手の書籍で久々に面白いと思える書籍なので
この作品を見て面白いと感じた人で
文字アレルギーでは無くラノベっぽさが無くても良いって人は
楽しめると思うので是非読んで欲しい。

投稿 : 2018/12/27
閲覧 : 97
サンキュー:

2

たいち

★★★☆☆ 2.8
物語 : 2.5 作画 : 3.5 声優 : 2.5 音楽 : 3.5 キャラ : 2.0 状態:観終わった

まあまあ

そこまで面白くない

投稿 : 2018/12/26
閲覧 : 55
サンキュー:

2

ネタバレ

元毛玉

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 3.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

至高の御方と究極のギルド

当時リアルタイムで視聴。

お話のざっくり概要
ユグドラシルというMMORPGの社会人だけで構成されたギルドのマスターだった主人公が
ギルドの本拠地とNPCごと丸っとゲームの中のような異世界に転生されてしまう話
ゲームとは少しずつ違う所を確認しながら手探りで世界を知る為、行動を開始していく…

NPCは皆、アンデッドである主人公のモモンガ(アインズ)に心酔していて
そんな環境の支配者としていきなり放り込まれてしまったモモンガの支配者ストーリー

〇作画
やや安定してないですが、キャラの個性や魅力と声優陣の演技が最高でしたので
見てて、そこまで気にならなかったです。

〇声優
本当にどのキャラもすごくハマリ役で素晴らしかったです。ドラマCDも超良いです!
特にアインズ役の日野さんの演技は素晴らしく、人間とアンデットの両面の表現がとても巧かったです。
あと、パンドラズアクター役の宮野さんもめっちゃいい味出してました。(アドリブ大爆笑しましたw)

〇音楽
OP/EDはどちらも気に入って即CD購入しました。いまだによく聴きます。

〇キャラ
文句なく最高です。原作で魅力的だったキャラが声と動きを与えられる事で最高に仕上がってました。
ぶっちゃけナーベラルは原作だけだとそこまで好きなキャラじゃなかったんですけど
アニメになって「あぁ…罵られたい」という何かに目覚めてしまいました。

海外での評価も高いようです。
なぜかタッチ・ミーの人気がすごい高くてちょっと不思議に思いましたね。
(こっから全くアニメ関係ないタッチ・ミー人気の考察)
{netabare}
やっぱり英語圏の人にとって身近に感じる言葉だから妙に面白いってなったのでは無いかなーと
身内ネタとか妙にツボに入って面白かったりするのに近い感覚なのかな思いました。

なんかふと身近な単語での例えを思いついたので書き殴ります(ネタ100%ポエムなので嫌いな方はスルー推奨)
{netabare}
「ア、アレハ…キャッチ・ミー様ノ、レビュー!」
「なるほど。あれが…ワールドチャンピオンであるキャッチ・ミー様のレビューですか…凄まじいですね」
「アノ武器ハ!!」
「あの武器が一体なんだというのだね?」
「視聴断念シタ星一ツ」
「アレが”視聴断念シタ星一ツ”ですか…なるほど、凄い破壊力だ。アレを振り回されてはたまりませんね」
「……キャッチ・ミー様ノ勝利ダ…!」

あにこれ風にアレンジしてみました。ネタなんで本気にしないでねw アレルギー出る方は開いてないよね?(汗)
{/netabare}

{/netabare}

主人公が骨という一風変わった作風にハマるかも知れないので食わず嫌いせずに是非!

投稿 : 2018/12/22
閲覧 : 117
サンキュー:

30

ネタバレ

まだ初心者

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

めちゃくちゃ面白い

ここ数年増えてきた、SAOみたいな設定のアニメです。
絵から想像して、主人公が魔王になって世界を征服する話なんかなぁと思って観たら、全然違ってめちゃくちゃ面白かったです。
※1期を観た時点での感想です。 {netabare} 3期まで観ましたが、やっぱそうじゃんってなりました。主人公が魔王になって世界を征服する話です。 {/netabare}

ちょっと萌えっぽい内容があるので、オタク属性がないと視聴は厳しいかも知れません。特に女性の方は相当オタクじゃないと視聴は厳しいでしょう。
最初ら辺は微妙ですが、世界観に慣れたらハマると思います。

オタク向け、ストーリー重視のアニメだと思います。

投稿 : 2018/12/21
閲覧 : 50
サンキュー:

6

次の30件を表示

オーバーロード[OVERLORD]のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
オーバーロード[OVERLORD]のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

オーバーロード[OVERLORD]のストーリー・あらすじ

時は2138年。

仮想現実の中を自由に遊ぶことのできる体感型ゲーム全盛の時代に一大ブームを巻き起こしたオンラインゲーム《ユグドラシル》は静かにサービス終了を迎えるはずだった。

しかし、終了時間を過ぎてもログアウトしないゲーム。突如として意思を持ち始めたNPCたち。ギルドの外には見たこともない異世界が広がっていた。

現実世界ではゲーム好きの孤独で冴えない青年が、骸骨の姿をした最強の大魔法使い・モモンガとなり、彼の率いるギルド《アインズ・ウール・ゴウン》の伝説が幕を開ける!(TVアニメ動画『オーバーロード[OVERLORD]』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2015年夏アニメ
制作会社
マッドハウス
主題歌
≪OP≫OxT(オーイシマサヨシ × Tom-H@ck)『Clattanoia』≪ED≫MYTH & ROID『L.L.L.』

声優・キャラクター

日野聡、原由実、上坂すみれ、加藤英美里、内山夕実、加藤将之、三宅健太、千葉繁、沼倉愛美、白熊寛嗣、子安武人、M・A・O、五十嵐裕美、渡辺明乃、村瀬歩、悠木碧、稲葉実

スタッフ

原作:丸山くがね(『オーバーロード』/KADOKAWA刊)、キャラクター原案:so-bin、 監督:伊藤尚往、シリーズ構成・脚本:菅原雪絵、キャラクターデザイン・総作画監督:吉松孝博、サブキャラクターデザイン・モンスターデザイン・プロップデザイン:出雲重機/前原桃子、美術監督:池田繁美/丸山由紀子、美術設定:池田繁美/大久保修一/友野加世子、色彩設計:野口幸恵、3D監督:籔田修平、撮影監督:川下裕樹、編集:木村佳史子、音響監督:郷文裕貴、音響制作:grooove、音楽:片山修志、音楽制作:KADOKAWA

このアニメの類似作品

この頃(2015年夏アニメ)の他の作品

ページの先頭へ