「オーバーロード[OVERLORD](TVアニメ動画)」

総合得点
84.5
感想・評価
2145
棚に入れた
11289
ランキング
201
★★★★☆ 3.9 (2145)
物語
4.0
作画
3.8
声優
3.9
音楽
3.8
キャラ
4.0
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

オーバーロード[OVERLORD]の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

Adrkr45491 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

視点が面白いアニメ!3期まで見ました

主人公最強系のアニメは非常に多い。
しかし、このアニメのように魔王側が主人公というのは面白い。
しかも客観的にみればそれなりに悪行が見られる。

ハマる人にはかなりハマるアニメだと思う。
私はかなりハマった。

最初は絵が好みではなく、ハマるのか疑念を抱いたまま見ていた。
しかし徐々にこのアニメの面白さが分かってきた。
世界観はザファンタジーといった感じだと思う。
つまり、モンスターや魔法、スキル、武器といった要素がある。

もともと、主人公はゲームの世界に閉じ込められ、その際に異世界に飛ばされたといった様子。
ファンタジーは世界観の理解に時間がかかる。
主人公の異世界転生系は、世界観の把握が簡単で感情移入がしやすい。

主人公に仕えるキャラクターの忠誠心も心地よいですね。
主人公がかっこよく、中二心をくすぐるような面白さがある。
わりとシリアスな中に、ギャグっぽい展開もあっておもろいw

勇者のくせに生意気だというゲームを思い出した。

投稿 : 2020/06/29
閲覧 : 63
サンキュー:

2

ネタバレ

まめもやし♪ さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

アインズ勢の圧倒的な強さは見ていてとても爽快!

突如異世界に飛ばされ、情勢を探りつつ自分達の名を世界に広めようとすべく行動するわけだけど、そもそもアインズ勢とこの世界の人間たちとのレベルの差がありすぎて戦闘だとゾウとアリの差のレベル。ただそんなことは知らない異世界人たちはそれはそれはデカい態度でモモン達に喧嘩を売るわけで… その後のやられっぷりは笑っちゃうくらいに見事としか言えない。
お兄様の時もそうだったけど、こういう最初は舐められつつも実際は相手に圧倒的な力の差を見せつける!みたいな作品は個人的に大好き。

個性的なキャラもたくさん出てきて面白い。特にお気に入りはナーブちゃん。アインズ様以外に一切気を許さないあの冷めた態度と、爺さん相手に最初は互角のふりをして遊びつつ時間が来たら第8位界魔法を使って瞬殺するあの強さはたまらんね。
普通のバトルものだと、最初は主人公側が敵を押し気味にしてこれはいける!と思い始めた時に敵が真の力的なものを開放して一転、窮地に陥る…みたいのがよくあるパターンじゃない?この作品だとそれが全く逆で、敵が調子に乗り始めると主人公側がボコボコにする…という、なかなか珍しい展開が見られるのがこの作品のたまらなく面白いところ。

話が逸れたけど、ナーブちゃん以外にもクレマンティーヌのあおちゃんの演技は痺れたし、アインズ様を凌ぐほどの戦闘力をもつシャルティア、普段は淡麗なのにシャルティアとの正妻争いになると途端にコメディに走るアルベド等々…ほんとに敵も味方も魅力的なキャラが多数いる。まだ1期の段階だと実力のわからないキャラもいて2期でどうなっていくのか非常に楽しみ。opとedも高揚感を煽って毎回聴いていたし、総合的にめちゃくちゃ面白い作品だった。

投稿 : 2020/05/25
閲覧 : 100
サンキュー:

4

ネタバレ

HANIHO さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

おもしろい

おもしろい

投稿 : 2020/02/15
閲覧 : 52
サンキュー:

1

ネタバレ

tinzei さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

繰り返し観れるから良い

中二病にとっては最高のアニメ。

クレマンティーヌの悠木碧はピッタリすぎて笑う。
パンドラズアクターの宮野は自由過ぎ、もうちょい自重しよう(笑)


1→モモンガ転生、おっぱい揉む
2→守護者集結

3→カルネ村に行く
4→スレイン法国の魔術師殲滅

5→冒険者になる
6→冒険途中にゴブリンと戦闘
7→カルネ村到着、ハムスター飼う
8→漆黒の剣死亡、犯人追う
9→犯人を倒しンフィ救出

10→シャルティア離反
11→精神支配解除に失敗
12→シャルティアとの戦い前半
13→シャルティアとの戦い後半

投稿 : 2020/01/08
閲覧 : 99
サンキュー:

2

ネタバレ

さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

4話まで

前から観てみたいと思っていました。
特に理由はないけど、観るの中断。

投稿 : 2019/12/27
閲覧 : 96
サンキュー:

0

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

もう1つの「ゲームの世界から帰ってこれなくなっちゃった」おはなし

あらすじはあにこれのを見てね☆


絵はふつうにきれいだけど
主人公が人間の姿じゃないのが変わってるかな?


1話目
{netabare}
SAOみたいなおはなしかなって思ったら
主人公って魔王の役やってた人の方だったんだw

ゲームのサービスが終わったのに
ゲームの世界から出られなくなってって
「SAO」とか「ログ・ホライズン」とかあったけど
魔王が。。ってゆうのは新しい?

今週は仲間の紹介だけで
ゲームの世界がどうなっちゃったのかも分らなかったから
これからどうなるかもゼンゼン分らない。。

ただ
出てくるキャラがほとんど女子で
ちょっとHなところもあったから
ハーレムバトルとかになってくのかも?

来週も見てみるね☆
{/netabare}

2話目
{netabare}
階層守護者を集めて
これからももんがさんは
何をしたらいいかって考えてるのかな?

何をしてもみんな喜んでくれて
何にもしなくっても
勝手にすごい!とかって思ってくれて
女子キャラからも愛されてて。。って

バトルもしてないのに「俺TUEEE」ってゆう感じ?
まわりの全員が「魔法科高校の劣等生」の妹みたいかもw


でも
おはなしはあんまりなかったみたいw
「ナザリック地下大墳墓」を隠しはじめただけかな?


さいごにちょっと予告みたいな。。
これから敵があらわれるのかな?
来週も見てみるね☆
{/netabare}

3話目
{netabare}
近くの村がおそわれてるの見つけて
モモンガは助けに行くことにしたの。。
この世界って
いろんな国があらそってて
そこにいる弱い人たちが巻き込まれてるみたい?

*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:

ゲームの世界みたいだからなのかな?
モモンガは人が殺されててもそんなに気にしないみたい。。
でも
弱い人たちを助けたいってゆう気もちは伝わってたね^^

兵士たちが殺されて血が飛び散ってたけど
あんまり気にならなかったのってどうしてかな?
きっとこの人たちって
逃げる村の人たちのこと平気で殺しちゃう怪物だからかも

自分がそうなったときのことなんか考えないで
弱い人たちのことかんたんに殺せる人って
モモンガが作った怪物よりきっと怪物だって思う。。


モモンガはこの世界の人たちに
アインズ・ウール・ゴウンって自己紹介してたけど
これからこの名まえにするのかな?

とっても強いのに
いつもいろんなこと考えて
村長さんともていねいにお話しするモモンガって
何となく似合ってなくってクスクスってなっちゃうw


リ・エスティーゼ王国のガゼフ戦士長さんってイケメン☆
みんなの心配してて助けてくれそう

また
どこかの国の兵士がおそってくるのかな?
どうなるんだろう。。
{/netabare}

4話目
{netabare}
村の周りを囲んでるのはスレイン法国の兵士で
ガゼフ戦士長と村をおそうために来たみたい

ガゼフは
おとりになって兵士たちを集めてる間に村人を逃がそうって。。
もうちょっとで敵のボスニグンに殺されそうになったけど
魔法でゴウン(モモンガ)と入れ替わって助かった^^
さいごまで村を守ろうってしててかっこよかった☆


ゴウンはガゼフと入れかえに
スレインのニグンの前に現れたけど
ニグンが連れてる敵は
ぜんぜん相手にならないみたいだった。。

ゴウンは強い相手が出るかもしれないから
様子を見ながら戦ってるみたい


目標はいちお
この世界にゴウンの名まえを知らせることで

そしたらほかにもゴウンみたく
この世界に来た人間と会えるかも知れないからみたい
{/netabare}

5話目
{netabare}
エ・ランテルにメイドの1人ナーベと来たモモンガは
ほかのプレイヤーがいた時のこと考えて
モモンガはあんまり思い切ったことしないで
下の方から上がってくことにして仕事をさがし始めたの。。


すぐに
「漆黒の剣」ってゆうグループの人たちが声をかけてきて
街の周りのモンスターをたおして報奨金をもらうお仕事の
お手伝いを引き受けることにしたんだけど
ンフィーレアってゆう薬師の子から護衛をたのまれて
そっちをみんなで引き受けることになったの

ンフィーレアは
あらゆるマジックアイテムが使用可能な能力を持ってる男の子で
モモンガの持ってるすごいポーションのこと知りたくって
近づいたのかも?


それから
巫女姫の証エイジャノガッカン(?)ってゆうアイテムを
誰かから奪ってきた悪そうな女の子が
それを使える能力者をさらってこようってしてるみたい。。
それってンフィーレアのこと?

☠~*~☠~*~☠~*~☠~*~☠~*~☠~*~☠~*~☠~*~☠

今日は新しい人とか設定とかいろいろ出てきて
説明ばっかりであんまりおもしろくなかったみたい。。
来週はどうなるのかな?
{/netabare}

6話目
{netabare}
バトルは血がどばーって出るけど
本物っぽくないから見ててもそんなにグロくないみたい。。

大きなモンスターを
かんたんに2つにしちゃうモモンは主人公だからふつうかなw

でも
「漆黒の剣」の1人1人が自分がやること分かってて
仲よく助け合ってモンスターをたおしてくところはよかったし
モモンガは自分の仲間だった人たちのこと思い出したみたい^^

モモンガが1人で戦って
「俺TUEEE」とかって自慢したりするのが好きな人じゃなくって
いっしょに戦ってきた仲間といたいって思ってるの伝わってきた。。


ンフィーレアは
みんながモモンがモテるって言ってるの聞いて
好きな子が取られる心配してるみたいw
「漆黒の剣」のみんなと仲良くなれてよかった^^


また最後の方に出てきた女の子とおじいさん(?)
女の子はクレマンティーヌってゆうのかな?
人を殺して楽しんでるみたい

それからおじいさんの方は死体をゾンビにして
エランテルを死の街に変えて
死の力で自分も不死になろうってしてるみたい
{/netabare}

7話目
{netabare}
モモンは助けた村に帰ってきたの
ゴブリンたちがいっぱいいたけど
みんな少女がゴウンからもらった笛で召喚した人たち^^

ンフィーレアには
モモンが村を助けたゴウンだってばれちゃったね。。

今日は
モモンが村のまわりの森の賢王ってゆう化け物を退治して
有名になろうってするおはなしだったけど
森の賢王って大きいだけのハムスターだったねw
何かかわいい^^家来にしちゃったしw


おはなしはあんまり進まなくって
ちょっと長い感じがした。。

来週は
クレマンティーヌの番かな?
おばあさんが見えないけど大丈夫なのかな?
{/netabare}

8話目
{netabare}
モモンがハムちゃんの登録を終わって帰ったら
漆黒の剣の人たちはみんな殺されてアンデッドに。。

ンフィーレアはさらわれてて
モモンはおばあちゃんのすべてと交換で
ンフィーレアを助けに行くことにしたの。。
(ほんとは名声がほしい?)

*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:

ハムちゃんが飛んでるところかわいかった♪

ナーベのするどいツッコミに
テキトーな返事をするモモンはおかしかったw
何て返事しても偉そうにしてたら
ナーベは何でも「さすがですモモン様」ってゆうんじゃないかな?w


あとはアンデッドたちとバトル
かんたんに勝てるんだけどたくさんいすぎ。。
モンスター2人召喚して代わりに戦わせて
自分たちはクレマンティーヌたちのところに


すぐに勝てるんだと思うけど
どうやってとかちょっと気になるかな?
そのまま殺しちゃうんだったら簡単なはずなのに。。
それとも部下にしたりとか?
{/netabare}

9話目
{netabare}
おはなしは
モモンとナーベがクレマンティーヌたちを
殺して終わっただけだったけど
かんたんに勝たないで
相手とか(こっち側もそうだけど)に
いろんな強そうなワザの名まえとか言わせるところが面白かったかな?w

ナーベの相手が強そうなドラゴンとか出したけど
ゼッタイ勝つんだろーナぁ^^って見てたら
魔法が使えないんだったらなぐり殺すとかw

とちゅうでハアハア言ってたけど
もしやられちゃっても
ぜったいモモンが復活させるんだろうなってにゃんは思ってるから
どうやって終わるんだろうってw

あと
ナーベが悪い魔法使いのおじさんのこと
いろんな虫にたとえたり
おじさんが解説?したりで
ほんとにバトルするところはなかったのもよかった^^

モモンの方も
ずっとやられてるだけでバトルってほとんどなかったのもよかった☆

さいごにモモンがクレマンティーヌをうでの中でつぶしたところは
ちょっと目をつぶっちゃった><


それでにゃんは
こんな悪い人を
さいごに殺しちゃったのはどうかなぁ?って思った

ふつうの女の子にしてずっと反省しながら
一生けんめい村の人たちのために働かせる。。
とかにしたほうがよかったかもって。。


それからハムちゃんが
「さらなる忠義をつくすでござる」って言ってるのに
「あっそ」ってゆう返事おかしかったw


あと
今週はEDのあとにCパートがあって
シャルティアが反旗をひるがえした。。って
その時のモモンの「はぁ!?」もおかしかったw
{/netabare}

10話目
{netabare}
モモンが欲しがる魔法とか武技を使える人をさがすために
シャルティアは盗賊たちを罠にかけておびきだして
逆におそってたんだけど
さいごに
人間たちの魔法か何かにやられたみたい


管理用NPCリストには
シャルティアの名まえが赤い字になってたの
それってイグドラシルのゲームだと
相手の精神支配で1時的に敵対行動をとってることなんだって。。

----------------キリトリセン----------------

今日は
シャルティアが人間たちをおそって
血がいっぱい出るおはなしでほとんどおわって
見てるとちゅうでつかれちゃった。。

おはなしはほとんどそんな感じだったから
あんまりおもしろくなかったね(^^;


来週はバトルが少ないといいけど☆
{/netabare}

11話目
{netabare}
モモンが水晶で見ると
シャルティアは森の中で立ったままじっと動かないの

ちょうどその時
冒険者組合からヴァンパイアを退治してほしいって。。

☺・☻・☺・☻・☺・☻・☺・☻・☺・☻・☺・☻・☺・☻・☺・☻・☺・☻・☺・☻・☺・☻・☺

ヴァンパイアの名まえ聞かれて
ごまかそうとして「ほにょぺのこ」って超テキトーw

ハムちゃんが食べられちゃう心配したり(かわいい^^

パンドラズ・アクターが「うーさー」みたいだったりw
モモンが中二病の黒歴史をかくそうってしたりw

シリアスそうなおはなしなのにギャグいっぱいであきないみたい^^


イグバルジはちょっとかわいそうだったかも。。
でも
よく知らないのに人をバカにしたり
ぜったい死ぬって言われてるのに聞かない冒険者って
モモンが殺さなくっても
ちょっと強いモンスターに会ったらすぐやられちゃいそう。。

このおはなしって
にゃんはいらないって思うけど
モモンは別に正義の味方じゃないって
教えてくれるおはなしなのかな。。


そのあと
仲間がはなれて行ってさびしい思いしてたり
アルベドから本気で心配されたりって
こんどは悲しいおはなし。。


それでさいご
シャルティアと戦ったらもしかして?って思わせて終わっちゃった。。


モモンはぜったい1番強いって思うけど
動かないシャルティアに勝つのってどうなのかなぁ?
{/netabare}

12話目
{netabare}
うーん。。
何だかポケモンバトル見てるみたいだったかもw

負けたら死んじゃうかも。。みたいなおはなしなのに
あんまり真剣勝負っぽくなくって
ギャグもなかったからあきちゃった。。
{/netabare}

13話目
{netabare}
シャルティアとの闘い。。
モモンとシャルティアだと相性が悪いからシャルティアが有利
それが分かってモモンは1人でバトルに出かけた。。
だから苦しい戦いに。。

なると思った?
ザンネンでしたーw
モモンはいろんなことぜーんぶ分かってて
わざと負けてたの^^


今日のバトルって何だか
プロレスのアニメとか見てるみたいだったかもw

選手が先輩と戦って
先輩がワザとかかけながら後輩に教えて
それをコーチとか仲間の人たちがいろいろ言いながら見てる。。
ただ
主人公が先輩のほうだけどw


モモンはシャルティアのことよく知ってて
課金アイテムとかも使えて
でもシャルティアはワールドアイテムにあやつられて
とつぜんバトルを始めたんだから
相性は悪くってもゼッタイ勝てるよね^^


このアニメってモモンが強いからかっこいいけど
あんまり強すぎて自分より強い人がいないから
バトルを自分で説明しなくっちゃいけなくなるみたいw

つづきがありそうな終わりだったけど
2期はどうなるのかな?
{/netabare}


見おわって

主人公が強くって女の子にもモテモテ^^
そんなおはなしだったw

いいんだけど
ちょっとあきちゃうみたい。。
とくににゃんはバトルとか苦手だから^^

でも
おもしろいギャグとかも多くって
ときどき悲しいおはなしもあって
わりとおもしろかったみたい☆

投稿 : 2019/11/23
閲覧 : 1399
サンキュー:

138

ネタバレ

ウェスタンガール さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

このクエストは難関だ!

息子の召喚魔法で、今はこの世界に生かされているわが身である。
その際、与えられたクエストは3つ。
“このすば”、“Reゼロ”、そして“オーバーロード”である。

最初の2作品は意外と取っ付きも良く楽しく見ることが出来た。

しかし、ここからが難関であった。

私は小学生の頃、“アルゴ探検隊”と言う映画を見てからというもの骸骨が苦手なのである。
そして、私の価値観でゆけば、主人公モモンガは魂を売り渡した大悪人なのだ。

ところがである。
彼らの‘階層世界’を守るという一点を外さなければ、これは正義となる。
シーズン1、楽しかったです。
ゲームの世界を知らない私でも、順番に技を掛けるターンの仕組みさえ押さえればね。

正直を言えば、違和感は大有りである。
旅を共にするギルドの面々の哀れ。
まあ、幼女戦記に続いて悠木碧女史の凄さを体感できたことは収穫だ。

これはまさに“ホームランド”の世界である。
心が折れれば、ニコラス・ブロディのようになってしまうはずだ。
ここはキャリー・マティソンのような強き心が必要である。
異教徒の中で、共感はすれどもアイデンティティを失わない強さが。

旅はまだ始まったばかりだ。

投稿 : 2019/10/01
閲覧 : 133
サンキュー:

7

ネタバレ

ネス さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

作り込まれた設定の主人公最強アニメの王道!

個人的にとても好きな作品です!
この作品の魅力は、まず設定の作り込み具合です
いわゆる転生ものになるのですが、転生する前から異世界自体に数百年前からの時代背景があったり
それぞれのキャラクターに生みの親となるキャラクターがおり、それぞれが個性豊かな性格をしております。
しかもこの二点、ただ設定としてあるだけでなく
きちんと知っておくと作品をもう一度見た際に、少し違った見方もできてしまいます、、
こうした奥の深さがオーバーロードの一つの魅力と思います。
基本は転生、主人公最強、ですが
侮ることなかれ、オーバーロードは一味違います
強さの表現にとても凝っており、
とある回では敵の演出に3話分かけて
感情移入までさせてきます、今回はさすがに?
主人公負けるのでは?と揺さぶられるような気持ちになったり、次は敵を応援したくもなってしまいます。最後になりますが、このアニメで最も与えてくれるものは、最強による全能感です。
マジで見てて爽快なので一度観てください!!
個人的にこの類のアニメで一番好きなのは
舐めてる敵がフルボッコにされるシーンです笑

投稿 : 2019/09/11
閲覧 : 211
サンキュー:

6

ネタバレ

まあ君 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

意外と面白かった

ゲームの世界にとり残された主人公の話。本当の人は飲まず食わずで大丈夫なの?という素朴な疑問も無きにしも非ず。
本作の場合、ある程度極めてしまった状態で始まるというのが、底辺から成り上がる系と違って、正に主人公最強系という感じ。レベル99のドラクエみたいな。。。
常に上から目線で、余裕しゃくしゃくなので、緊迫感はないが、安心して主人公が勝ち誇る様を楽しめます。
この余裕をいつまでキープできるのか、続きも楽しみにしたいと思います。

投稿 : 2019/09/09
閲覧 : 134
サンキュー:

3

ネタバレ

たぬきち さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

タイトルなし

何度見てもクソオモシレー


主人公が極悪非道()ガイコツっていいね。俺としてはもっと極悪非道っぷりを全開にしてもらってもいいぐらい

出来れば2クール使ってじっくり見たい作品だ。1クールではとても足りない感がする。

音楽は神曲ばかり。

そして I らぶ ハム助♪

投稿 : 2019/09/08
閲覧 : 93
サンキュー:

3

ネタバレ

ライロキ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

主人公や部下達の本気の力が気になる

原作未読です。
ゲームを通じての異世界転移もの。
主人公が最強でありながら、部下たちも最強クラスばかりで簡単に世界征服
できるんじゃないの。と思ってしまうけど主人公が見知らぬ世界では自分
より強い存在がいるかもしれないと慎重にことを進ていくところがいい。
また、ギルドの仲間の至高の四十一人や部下である意思をもったNPCがほかに
どれだけいるのかが気になってしかたがない。

投稿 : 2019/08/08
閲覧 : 118
サンキュー:

10

ネタバレ

nan-nan さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ながら観でも丁度イイ(^^♪

他で過去に書いたレビューです!

「オーバーロード」より!(ネタバレ注意)

今更ながら「オーバーロード」を2日間で見終えました(≧▽≦)
自分の専門分野以外は、毎回中だるみして視聴が遅れがちな私が2日間というハイペースで見終えることが出来た=良作だと思います✨
勝手な自己判断…(;^ω^)

原作は小説なんですよね(。´・ω・)?
加えて、設定が『VRMMORPG』Σ(゚Д゚)
どーしても『SAO』が頭に浮かびました✨

アニメでの冒頭、戦士たちがアインズ・ウール・ゴウンを襲撃していましたが、まさか髑髏側が主人公なんてΣ(・ω・ノ)ノ!

サクッとしたストーリーは、
その日、長らく続いたVRMMORPG『ユグドラシル』のサービス終了に伴いプレイヤーの1人であるモモンガは、かつて栄光を誇ったギルド、アインズ・ウール・ゴウンの本拠地で郷愁を胸に、一人だけでゲームの終わりを迎えようとしていた。

サービス終了までのカウントダウンが始まる中、モモンガは目を閉じて仲間達との思い出を回想しながらユグドラシルの終了を待っていたが、終了時刻を迎えても強制ログアウトは起こらず、NPC達は意思を持って動き出し、自身もゲームの中で自分が作ったキャラクターとなってしまったことに気付く。

モモンガはかつてのギルドの栄光を再び手にするべく、アインズと名を改め、ナザリック地下大墳墓の勢力を率いて暗躍し始めるのであった。

ナザリックが転移した異世界、不思議とかつてのユグドラシルと似通った部分を発見したアインズは自分達の持つ力がこの世界の常識と比較してあまりにも強大であることに気付きながらも万に一つの可能性を潰すべく慎重な姿勢を崩さない。
まだ見ぬ強者、知らない技術、何よりその裏に見え隠れするプレイヤーの痕跡に。

以上、大まかなストーリーです!

確かに『面白さ』を存分に味わうことが出来ました(*^▽^*)
しかし、長くプレーしていたとはいえ、主人公の考察が当たり過ぎてちょっと引きました(;^ω^)
例えるなら『PSYCHO-PASS』で覚醒した常守朱の様な…。

しかも、チート並みに強い!
これもまた『SAO』のキリト君を思い浮かべる要因の一つでした✨

あの様なエンディングだったので2期は必須ですね(*^。^*)
『SAO』のハーレム性や若干『中二病』入っている作品も嫌いじゃないので、2期が楽しみです(^_-)-☆

ハムスケが可愛かった~

投稿 : 2019/07/02
閲覧 : 121
サンキュー:

4

ネタバレ

Mi-24 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

人生の全てをネトゲに捧げた、哀れな廃人が見た夢。

「RPGをプレイしてる様子」をアニメ化したような作品。

「異世界に転移した」みたいな事を言っているが、異世界の構成はゲーム中の魔法がそのまま使えたりする、ゲームの延長線にあるような世界。
サービス終了する筈だったオンラインRPGの追加シナリオをやっているような感じだ。
シナリオの内容は、極悪人を悪のモンスターである主人公が倒すダークヒーロー物だろうか。

ゲームの世界そのものの展開で話は進むが、ストーリーはそこそこの内容。
戦闘もゲームそのものだったが、最後の一騎討ちはなかなか良かった。

投稿 : 2019/06/03
閲覧 : 131
サンキュー:

5

ネタバレ

buon さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

電影遊戯の世界で俺が絶対君主の覇道を歩むだって!?

近未来でゲームオタクがゲームの世界に入ってしまった。

やり込んでいたゲームは『ユグドラシル』(多分)、
ユグドラシルでは41人で構成されるギルド『アインズ・ウル・ゴウン』(多分)
として名を轟かせていた。
ユグドラシルがサービス終了するのでその最後をしみじみと味わっていたプレイヤー『モモンガ』、
終わりの瞬間にゲームの世界に入ってしまった。

まあ結構前の作品だし有名だから説明はこの辺で。

異世界+ゲーム(異世界=ゲーム+α)のそこそこある類であるが、
 ・プレイヤーとしての仲間、他プレイヤーと思しき人物がいない
 ・NPCの仲間も強いし、考えて行動できる
 ・ゲームの世界だが、知らない地域
 ・マジで強い
よくある俺ツエー系と言えなくないが、
マジで俺たちつえーチームである。
あと、ゲームと色々細かい部分が変わっているようです。

その舞台は中世西洋の戦国時代のようなもの、
強者である武力や権力を誇るものの思考はえげつないと思わせる、
その一端を見せてくれる。
昨今荒れつつあってもマジ現代日本最高と思える。
そこにゲーム様式として魔法や冒険者がいる。

さて、この作品でいいなと感じたところは、
主人公が骸骨で服装もええ。
キャラの容姿も中身もええ。

上手く伝えられないなぁ。

アンデッドを召喚するのだが、綺麗なおぞましさでたまらん。
造形に思いを感じる。
モモンガ様を除くNPCの仲間たちは41人の仲間たちがつくったので、
ちょっとした設定に好みや意味が込められている。

惜しむらくは、それを感じられるのがモモンガ様だけだ。
このモモンガ様もゲームの世界に移ったことで変化が生まれている。
己が能力に合わせてなのか、感情の起伏を抑える自動回復効果を持っている。

この作品はシリーズとして2019年の今、3期まで出ている。
その導入として大きな印象を持って終えている。

ああ、設定でいいから愛されたいよ。

投稿 : 2019/05/18
閲覧 : 117
サンキュー:

8

ネタバレ

ジャスティン さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ゲームの世界に残されてしまった運命は!?

[視聴きっかけ]
今回視聴を始めた理由には、
2つあります。

1つ目が、春アニメにやってくる『異世界カルテット』の
視聴をしたいと思っているから。

異世界カルテットでは『幼女戦記』『このすば』『Re:ゼロ』と
異世界転生のアニメが一つになって
今回アニメ化が始動しました。

絶対に視聴候補となるのですが、
実はこの作品だけはまだ視聴をしていなかったからです。

実際に見たいとのはありましたが、
戦闘系はあまり好きというか、
普通に見てて面白いとまでは感情的になることが
あまりなく、「見るのはいつでもいいや」みたい感じで
スルーをしていました。

ですが、今回『異世界カルテット』で確定したので
視聴を決定しました。

2つ目が、戦闘系に慣れていないことです。
この作品も戦闘系とは聞いていますが、
実際に戦闘系を好んで見るアニメが私の中で
比較的に限られていることです。

代表的な作品でいえば、『SAO』『魔法科高校の劣等生』
など、電撃系は見るものの、
他の戦闘系って本当に視聴しないんですよね。

幼女戦記の時は本当に偶々視聴していました。
当時は、無理やり視聴していた時期に
幼女戦記で出会ったので、切るに切れなかったんです。

そういう理由で見始めることにしました。

【良い点】
簡単にいうと、ゲームの世界に取り残された
転生もの?という認識でいいのかな。

この作品まず、OPがカッコイイのは認める
OxTのOPは何気に見るの初めてです。
黒子のバスケとかが有名だったかな
『けものフレンズ』でも有名にはなったけど
OxT = オーバーロードのイメージは前々から
ありましたね。

何故これが面白いのかというと
主人公の考えていることと行動していることが
合っているんだけど、合っていないところだと思う

『これやったら今どうなるんだろう?』と思っているのに
仲間に言うときは人間っぽさをなくして
モモンガの風格に合う形で悪者感を出しているところは
ある意味『幼女戦記』のターニャちゃんと同じ感覚に
なりそうです。

また戦闘シーンがお勧めで、一人一人のアクションがしっかり
しており、見どころが多い作品だと思いました

【悪い点】
正直に言うと、最初は面白い設定かもしれないが
オーバーロードの続編で2期、3期とあるけど
これがずっと続くとなると、退屈になりそう。

1期が凄いだけであって、2期3期は『ソードアート・オンライン』
みたいに「強くなりすぎ問題」「見どころがなくなった事件」
な感じでいろいろと問題が増えそうで不満になります。

そもそも「強くなりすぎ問題」に関しては最強主人公アニメ
の認識なので問題にはならないかもしれないw

そもそもこの作品の目的が「世界征服」となったらしいけど、
そのために動く物語だけど...もう少しいい感じな設定が欲しかった

世界征服をして終わりではなくて、その力で運営を倒すとかw
ぶっちゃけた目的でも面白かった気がする

【初見感想】

1話
何このよく見たことのある感じ。
でも、新しい感じの転生というか
ただ取り残されただけだったんだw
最初は主人公のモモンガさんのネーミングセンスに
衝撃だったw
如何にも強そうなキャラだな。

2話
モモンガの心理描写が面白い。
そして圧倒的な忠誠心w
これは...幼女戦記みたいになりそう

3話
いつの間にか名前がアインズになったw
何この無双回。
アインズ様強すぎだろw
『魔法科高校の劣等生』じゃないんだからw
さすおにコールみたいな感じを味わっています
やられるほうを応援したくなってしまう
これはこれで面白いのか...多分面白いです

4話
無双回の続き。
ここまで信頼されているのは本当にアドだね
こっちも前回と同様に強すぎw
今回の方が酷かった。
こういうのがずっと続く感じなのかな

5話
「金がない」は笑ったw
主人公のツッコミが段々楽しめるようになってきた
この編からこの作品が好きになってきた
とりあえず、前半はいい感じ
周りに比べて武器フル装備だなw

6話
何かある意味日常回に近い
アインズ様めちゃめちゃ疲れてそう。
こういう何もない生活とか慣れていない感じがする

かつての仲間のことはいつか触れてくれることを期待してる。
というかもう前半お終いか...

7話
森の賢王がまさかのハムスターなのか(困惑)
アインズ様相変わらずツッコミがいいな
最後どうなるのか...

8話
みんなゾンビにされてしまったのか
アインズ様いつもと同様強すぎw

9話
アインズ様たち本気出しすぎwww
見ている分には楽しめるけど、
実際にこんな強いゲーマーみたいのが
いたら感覚可笑しくなりそう

10話
シャルティアちゃん可愛い
なのにどうしてこうなったのか
本当見どころがあって面白い作品ですね

11話
今回は少しシリアス回要素ありでしたね
やっとアインズ様が焦る心理描写が来るとは
何気にこれ最後だったりしてw

12話
もう12話なのか...シャルティア強いなあ
このメンバーがNPCという感覚がそろそろ
無くなってきているし、
アインズ様の中身の人そういえば、
なんていう名だっけな?

13話
もう最終回、この戦闘シーンの終わり方
『ハイスクールDxD Born』と良く似ている
でもこういう終わり方はずるいよw
そりゃ2期見たくもなるよ

投稿 : 2019/03/19
閲覧 : 193
サンキュー:

16

ネタバレ

Re:アニメ好き さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

多分、OPだけでご飯3杯は食べれるな...

【あらすじ】
{netabare}長らく続いたVRMMORPG「ユグドラシル」がサービス終了を迎え、ゲーム内で栄光を誇ったギルド「アインズ・ウール・ゴウン」のメンバーであるプレイヤー、モモンガはギルドの本拠地「ナザリック大墳墓」で一人、最後の瞬間を待っていた。

カウントダウンが始まり、モモンガは目を閉じてかつての仲間達との思い出に浸る。しかし、サービス終了の時刻になっても強制ログアウトは起こらず、それどころか、プレイヤーが命令しなければ行動しないはずのNPCたちが意思を持って動き出し、生きて言葉を発することに驚いたモモンガは、彼自身もゲームの中の(自分が作った)キャラクターとなってしまっていることに気付く。

ナザリック大墳墓は、「ユグドラシル」とは似通っているが異なる世界に転移していた。{/netabare}

【感想】
{netabare}全13話

まず、このアニメを見る前の僕の印象はゲームの中から出れないというあらすじ的にソードアートオンラインの劣化バージョンかなあ...と思っていました。
そして、そんな変な印象を持っていたせいで全然、見る機会がなかったのですがある時原作を発見し面白かったので見てみることにしました。
(なんか最近見てるやつ全部原作から来たのかもしれないなあ...)

視聴し驚いたのが思っていたよりも全然面白く、SAOとは全くの別物でした。
ゲームの世界で閉じ込められる的な設定は似ているとは思いますが、ゲームの中での目的が全く違いましたね。

SAOは主にゲームから出るのが目的でしたがオーバーロードはゲームの世界を楽しむ的な感じかと...
まあ、この作品も一応、ゲームの世界から出ようとはしていたみたいですけど...

視聴開始10分後くらいに思ったのが、あ、OP神だな。と。
とにかくOPが良かったです。
というかハッキリ言ってOPだけでレビュー終わらしても良いくらいに...

OPも魅力的でしたがやはり、この作品の一番の魅力はキャラかと思います。
個人的にヒロインはあまり可愛くは無かったのであまり好みではありませんでしたが、これはこれで面白いと思います。
キャラ一人一人にとびぬけた個性があったり見ていて飽きないのがこの作品の魅力かと。
そしてなんといっても主人公が悪役というのが面白いところです。
主人公は骨男ですがそれでも、とてもつもなく強いです。
というかハッキリ言ってチート級です。

強いが故に他の雑魚キャラを力で叩き潰したりと他のアニメでは得難い謎の爽快感がありました。
ちょっと本当に精神外に行った方が良いのかなあ...
なんちゃってw。

ストーリーも飽きない感じにギャグが導入されていて面白かったですし個人的にはとてもお勧めの作品ではありますが、主に10代~20代向けの作品かとも思います。

あ、{netabare}アルべドってサキュバスなんですよ。{/netabare}{/netabare}

投稿 : 2019/03/15
閲覧 : 169
サンキュー:

23

ネタバレ

でんどうず さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 2.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

書籍版のチュートリアル(アニメはホボなろうの1部の部分)

原作を知らないで人だと
このアニメを見ようかな?って思える展開が良く見積もって3話中盤~
4話目の中盤辺りとかなりスロースタート。

1話目がゲームの中のキャラクター等の状態を維持したままゲーム内とは違う
異世界に来たらしいと言う状況と主人公の部下(ギルド)の紹介で終わってしまう。
知っている人向けに作られたとしか思えない。

新規顧客の獲得って
1話目ってかなり重要だと思うのだけどその1話目が見所が無いまま
終わる。そのまま2話・3話と進みその辺りで、あ・面白いかも?
って展開になる。

主人公が骨で魅力的ではないし
色キャラっぽいのもチョイ役的に紹介さるるだけなので
キャラ期待の人も寄り付かず
これではアニメから見ましたって視聴者は1・2話見て
飛んでしまうのでは?と思ってしまう。

書籍版は、所謂ラノベって雰囲気が薄く
情報量も多くて展開も遅いしラノベばかり読んでいる人には
取っつきにくいのでは?って感じなのでそれを考えると

このアニメは「なろう」と言う小説投稿サイトで無料公開されていた
良くも悪くもラノベ的な感じをそのまま移植した感じなので
書籍への入門用と言うか書籍を読むためのチュートリアル的な
存在にはなり得るのかとも思う。
1・2話で飛ばなければだが。

ただ、折角アニメで動くのだからアニメらしい脚色をして
書籍と補い合う形にしてキャラも引き立てた方が
書籍に引っ張っていきやすいと思うんだけど。
折角面白い書籍なのでもっと客寄せ頑張ってくれ。

自分的にこの手の書籍で久々に面白いと思える書籍なので
この作品を見て面白いと感じた人で
文字アレルギーでは無くラノベっぽさが無くても良いって人は
楽しめると思うので是非読んで欲しい。

投稿 : 2018/12/27
閲覧 : 164
サンキュー:

3

ネタバレ

新条タク さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

最強!

ある日、急にゲームの世界が現実となり主人公がゲーム内にログインしたまま転移してしまったお話。
とにかく主人公 アインズ・ウール・ゴウンが最強!
その僕である守護者達も強い!一人一人のキャラがいい!
特に私はシャルティア推しです!!!
なんといっても、このアニメの世界の住人たちの今までの常識が覆るレベルでアインズ様強すぎてもはや楽しくワクワクしながら観れる!!
3期まで放送されていて、それぞれとっても見所のあるお話となっています!!カルネ村の成長ぶりには笑いが出ますね笑、
帝国も…w
とにかくオススメの作品です!

投稿 : 2018/11/17
閲覧 : 120
サンキュー:

4

ネタバレ

ゴノウ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

もう最高!!

今までにあっただろうか
こんな圧倒的なダークヒーローのアニメが・・・
今までに居ただろうか?
これほどの強さで人々を踏みにじる主人公が・・・

アルベドやシャルティアなどは副菜でメインは墓地での圧倒的でそれまでの思いや努力を踏みにじる戦闘
そしてイグヴァルジをあっさり殺してアンデッドに再生させる鬼畜さ

とても薄っぺらいラノベと一括り出来ない重厚なシナリオ
作画も力入っていて素晴らしいの一言です
ただ一点無理やり愚痴るならアインズ様の顎が長すぎる
それだけです

投稿 : 2018/10/19
閲覧 : 156
サンキュー:

11

ネタバレ

フリラ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 5.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ダークヒーローはかっこいい

原作は未読です。
ダークな世界観とMMOに惹かれました。
やっぱりアインズ様はホントかっこいい!
ところどころ人間らしくなるのも面白いし、中二臭さがたまらないですね!
ドヤ顔で課金アイテムだ!と言ったところが印象深いです(笑)
ときどき残酷なセリフを放つのもかっこいい!

ストーリーは単純的に構成されているにも関わらず、魅力的なキャラが多いので見てて退屈さやつまらなさはほとんどありませんでした。

作画も終盤のドラゴンのCGはすごく作りこまれていましたし、
音楽はOP,EDともお気に入りです!

今年は二期、3期とやっていましたがその中でも一期が一番楽しめました。
なろう系としては非常に面白いので俺tueeeが好きな人はぜひともおすすめします!

投稿 : 2018/10/17
閲覧 : 152
サンキュー:

18

ネタバレ

サック! さんの感想・評価

★★☆☆☆ 2.0
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 2.0 音楽 : 2.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

なろう系

アニメ組。1~3期見終わりました。
1期は見知らぬ世界で慎重に行動しつつ俺TUEEEEも入れながらラストのシャルティア戦も面白かった。
2期は狙いはあったんだろうけど格下トカゲ蹂躙してナザリック軍TUEEEE。ツアレ編は爽快感あって徐々に王国に攻めてる感が良かったけどラストの八百長戦は盛り上がりに欠けた。
3期は1話しがピーク。アインズ様も苦労してるんだなーと。
いよいよナザリックが表舞台に出てきて何するのかな?って思っていたらワザと呼んだ裏冒険者をボコボコにし、皇帝との舌戦()を繰り広げ、ただの人間相手に全く迫力の無い大虐殺をして、ガゼフ戦は1秒で終わった。

だんだん戦う相手がしょぼくなる。
時々演出が良かったけど基本映像に迫力が無い。
凄い様に見えて部下の期待の目に怯えてる。

強いとされてるドラゴンや他のプレイヤーや拠点が出てくる事に期待します。

投稿 : 2018/10/03
閲覧 : 136
サンキュー:

4

ネタバレ

じゃっくる さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 2.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

異世界転生ものとしてはかなり異質

原作未読

異世界転生主人公最強もの。好きな人にはとことんはまる作品だと思う。でも、ノリが独特だったり、エログロ多めだったりするので、そこが苦手な人にはあまり勧められない。

主人公が魔物サイドで骸骨というのが設定として非常に珍しい。魔物もクセの強いキャラが多く観ていて飽きなかった。だけど、個人的には魔物側の話より、モブの人間側が絡む話の方が人情味があって好き。

投稿 : 2018/08/16
閲覧 : 111
サンキュー:

6

ネタバレ

コルーム さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

若干、今時の主人公設定でありますが、世界観が興味深い

今、流行りのMMO世界への転生ものです。
そして異世界の世界観の設定深くは中々興味深かったです。
主人公が骸骨の魔王という設定も面白いですが
配下のNPCがそれぞれ創造主であるプレイヤーの性格が反映されており
個性的でかつ魅力的なキャラが揃っており面白いですね。
お話としては、主人公がプレイするMMORPGの
ユグドラシルのサービス終了日に
突如、主人公と「ギルドホームのダンジョン」毎
異世界に転生し、まず異世界の情報収集や
自分達のギルド「アインズ・ウール・ゴウン」存在を誇示する為に
色々と異世界の国に対し暗躍や
そして主人公が魔王の身分を偽り、
冒険者として活躍する二重生活をする主人公も見所です。

投稿 : 2018/07/06
閲覧 : 128
サンキュー:

7

ネタバレ

こうめい さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

マンネリ

主人公強い系のアニメと異世界系で見ていたんですけど・・・。一言でいうとマンネリというか、ストーリーに引き込まれなかったというか。普通です。

投稿 : 2018/05/01
閲覧 : 185
サンキュー:

1

ネタバレ

えるなちゃん さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9
物語 : 1.0 作画 : 2.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

コンセプトがはっきりしているが・・・、

13話すべて見終わっての感想。
話しの設定やコンセプトがぶれないままで最後までつっぱしってほしかったが、若干ぶれてしまいとても残念だった。それが無ければ爽快感がもっとあったと思う。後主人公が一般人だがキャラを演じている設定になっているが突然残虐になったり一般人っぽくなったりキャラクターがぶれている。一般人なら一般人らしく残虐なところは要らなかったと思う。あとキャラクターが結構沢山出てくるが8割くらい居ても居なくてもいいようなキャラクターだったように思える。13話という少ない話数なので仕方が無いのかもしれないが、他のキャラクターももっと活躍場面を見たかった。若干一部のキャラに出演度が固執していた印象。キャラクターそれぞれは個性的だった。物語自体はあるようでないおまけのような感じに思えた。ひたすら主人公の格の違いを見せ付けるところが見所のアニメ。

全体的には3話目くらいまでは個人的に好きな感じだっがた、
後半勢いが失速した感じに思えた。

どうやらⅡもあるみたいなのでそっちに少し期待。

投稿 : 2018/04/23
閲覧 : 138
サンキュー:

2

ネタバレ

567 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

2期が人気だったので

キャラ ← ☆★☆ → 物語

1期から見てみました!

友人からオレつえー系だとは聞いていたのですが
昨今そういう類の作品はありふれているので見るのを控えていました。

ですが、ほんの気まぐれで公式サイトを覗いてみると主人公は人ではなく
ガイコツの見た目であることにビビビッと来て観ることにしました!

主人公はどっちかというと悪サイドですが、極悪非道って訳でもなく
利益を取って中立な立場で動いていました。
そこら辺がオレつえー系ではレアな気がして気に入っています!!

面白かったので2期もそのまま観てみます!

投稿 : 2018/04/12
閲覧 : 140
サンキュー:

6

ネタバレ

niratama さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

主人公…どうなるの?

注)
アニメになってる物は基本原作は後回しな人ので
原作マニアな人が見ても参考にはなりません

主人公って…
リアル世界が全く写って(描写)ないので
テクノブレイク的何かで本人は…って感じる
大勢が閉じ込められたなら発覚する様な事件だけど
一人って事は…って事なのかな?と
色々考えてしまう作品

{netabare}
某ゲーム内に閉じ込められる作品の
悪役(魔王)バージョンですね
違いと言えば一人だけ閉じ込められた感じ
しかしNPCが感情持ち始めたり
違う世界?別ゲー?に飛ばされた様な世界感
先が読み辛く気になって見てしまう様な作品ですねw

キャラになりきってる時と
なりきってない時の切り替えが
微妙に間違ってる感じがするのは
気のせいかな???
ん~11話まで見てもリアルの方は全くストーリーに出てこない
リアルの話が出てこないなら
別にNetゲーの話にせずに創造主達が死んでしまって
一人になってしまったよ?って作りでもいいんじゃないのかな?
まぁ原作見てないからそう思ってしまうんだと思うけど
もう少しリアルを大切にして欲しい…
言ってて胸が痛くなってきたOrz
皆もリアルを大事にしよう(;´ω`)
結局最後までゲーム内の話だけで終わってしまった
……そうだゲームじゃ無くリアルなんだ!!!
って言われたいのか?設定間違ってるんじゃないのかな?
ゲーム内に取り残されたって事意外は良いんだけど
ゲームっぽく課金アイテムとか言う割りにリアルがどうなってるか
さっぱり解らないので消化不良でした(;´ω`)
2期3期と続けるならわかるけど現時点では
ED曲のインパクトだけでは続くとは思えない
原作マニアでもないので原作&円盤の売れ方次第ですねぇ
結論としては続くなら見るけど程度でした。{/netabare}
ED曲の「L.L.L.」は今年一番好きな曲になってしまいそう
正式には(Leashed Luminant Love)鎖で繋がれた輝かしい愛って意味らしい
冬アニメ次第だけどねw

投稿 : 2018/04/12
閲覧 : 293
サンキュー:

9

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:途中で断念した

2話まで視聴

「オープニングに敵キャラしか出てないけど、主人公まだ?」って思っていたら主人公だった。

投稿 : 2018/03/25
閲覧 : 230
ネタバレ

tiki さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトル

{netabare}第001話 終わりと始まり
第002話 階層守護者
第003話 カルネ村の戦い
第004話 死の支配者
第005話 二人の冒険者
第006話 旅路
第007話 森の賢王
第008話 死を切り裂く双剣
第009話 漆黒の戦士
第010話 真祖
第011話 混乱と把握
第012話 鮮血の戦乙女
第013話 PVN{/netabare}

投稿 : 2018/03/24
閲覧 : 149
サンキュー:

0

ネタバレ

Lovin さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

観た感じ

■情報
 {netabare}原作:丸山くがね
 キャラクター原案:so-bin

 監督:伊藤尚往
 シリーズ構成:菅原雪絵
 キャラクターデザイン:吉松孝博
 サブキャラクター、モンスターデザイン:出雲重機、前原桃子
 制作:MADHOUSE
 話数:1クール全12話

 OP:「Clattanoia」
    by OxT(オーイシマサヨシxTom-H@ack)

 ED:「L.L.L.」
    by MYTH&ROID
{/netabare}
■感想
 知識:原作ライトノベル未読
 鑑賞:TV放送
 概要:アンデッド型水戸黄門系
 成分:日の本の料理は美味い、日の本の調理は凄い、驚愕の異世界土人
 設定:クリーチャーと親しげに話すクリーチャーは…

 2期も始まった2018年初の投稿レビューが1期で申し訳ない。この作品については、悪い骸骨が登場する話なのだろう、と言う先入観を拭えずに損をした。世界観を理解すればそんなことはないと判断できるのだが、私の場合は再放送等で断片的に観たシーンがコミカルで興味を惹かれた結果、観てしまい非常に楽んでしまった。
 内容としてはキリトさん系の「俺TUEEEEE」でそこそこ楽しめたが、気づいてはいけないワードに気づいてしまったのでレビューするに至った。
 {netabare}しかし先ず面白い部分について解説しておきたい。この作品の根っこは多分シリアスなのだが、部分的にコミカルなシーンがあってコメディなのかと勘違いしてしまいがち。特に序盤の描写はミスリードを狙っているのではとさえ思う。原作自体が終っていないものとの推測で観ながら想像した結末をここで書くと、「夢ヲチ」なのではと思っていた。それと登場キャラの印象が案外だったところに色々なことを忘れてしまった。
 登場キャラの中では先ずアルベド。主人公との関係も有るが良く言えば意外に健気。悪く言えば粘着力が凄まじいストーカーだが。そうなった理由も描かれているので説明としては正直これで十分だと思うが、浴びせられた罵声に気になる「大口ゴリラ」という発言があった。
 それを言い放ったのがシャルティア・ブラッドフォールン。アルベド共々見た目は美女に分類されるが、シャルティアには抗いようの無いコンプレックスがあり、それをネタに屡揶揄され口論を始めてしまう。そしてアルベドが言い放った「八目鰻」という罵声も気になったが、詳細はOPと後半描かれるので断念しなければ意味は理解できる。
 少し気になったのがプレアデス(六連星、戦闘メイドとも言われるらしい)の描かれ方。中々の個性派揃いなのだが、まともに描かれるのはナーベラル・ガンマとソリュシャン・イプシロンのみ。この名で理解できると思うが、プレアデスの名前にはナンバリングとしてアルファ、ベータ、ガンマ、デルタ、イプシロン、ゼータとギリシャ文字が与えられている。そして一応1話で全員が登場するが、本編から得られる情報は非常に少ない。私の知識は、ミニアニメ「ぷれぷれぷれあです」で得られたものである。プレアデスに限らず属性が悪なキャラが多い中、一部属性が善というキャラも居る。だが一番多く描かれるナーベラル・ガンマの人間に対する印象は「ゴミ」らしい。
 本編では人間を「ゴミ」だと言いつつ、主人公が「モモン」と名乗っているのに絶対的に敬称が「様」のため「モモンさ…ん゛っ」と言い澱みそれを主人公が反芻する流れは面白かった。さらに最後の決め台詞は凄んでいるのにまるで○○○やん、と笑いを堪えられなかった。
 あと表情に終始嫌悪感を感じるヤリマンティーヌというキャラが登場する話も観応えは有る。因みに決め台詞の瞬間の口がおそ松さんに見える。実際そんな名前である筈はないのだが、訂正しないところに私の持っている嫌悪感の深さと悠木碧の演技を汲み取って頂けると幸いである。{/netabare}
 気づいてはいけないワードと言うのは、「俺TUEEEEE」ものという認識にも繋がる、クライマックスで連発される{netabare}「課金アイテムだ」{/netabare}。クライマックスに臨むにあたり、主人公がアレに感じていた不安と同じこと{netabare}(運営と連絡が取れないので補充が出来ない){/netabare}も感じるし。この一言でで「俺TUEEEEE」ものだと判断したため極端な評価は憚られるが、「俺TUEEEEE」だからと言って面白くない訳でもない。今後評価するに値する面白さはあった。

■蛇足
 {netabare}エントマは、モモンガと同じく何か怖いし、

 「フジュツシ」ってどんな職業やねん、

 「符術師」か?どんな仕事すんねん、やし、

 CZは喋ってるところを観たいけど

 ヤツが活躍するのはナザリックの危機やろうし、

 今後はとりあえずユリとルプスレギナに期待か。
{/netabare}

投稿 : 2018/02/03
閲覧 : 172
サンキュー:

27

次の30件を表示

オーバーロード[OVERLORD]のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
オーバーロード[OVERLORD]のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

オーバーロード[OVERLORD]のストーリー・あらすじ

時は2138年。

仮想現実の中を自由に遊ぶことのできる体感型ゲーム全盛の時代に一大ブームを巻き起こしたオンラインゲーム《ユグドラシル》は静かにサービス終了を迎えるはずだった。

しかし、終了時間を過ぎてもログアウトしないゲーム。突如として意思を持ち始めたNPCたち。ギルドの外には見たこともない異世界が広がっていた。

現実世界ではゲーム好きの孤独で冴えない青年が、骸骨の姿をした最強の大魔法使い・モモンガとなり、彼の率いるギルド《アインズ・ウール・ゴウン》の伝説が幕を開ける!(TVアニメ動画『オーバーロード[OVERLORD]』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2015年夏アニメ
制作会社
マッドハウス
主題歌
≪OP≫OxT(オーイシマサヨシ × Tom-H@ck)『Clattanoia』≪ED≫MYTH & ROID『L.L.L.』

声優・キャラクター

日野聡、原由実、上坂すみれ、加藤英美里、内山夕実、加藤将之、三宅健太、千葉繁、沼倉愛美、白熊寛嗣、子安武人、M・A・O、五十嵐裕美、渡辺明乃、村瀬歩、悠木碧、稲葉実

スタッフ

原作:丸山くがね(『オーバーロード』/KADOKAWA刊)、キャラクター原案:so-bin、 監督:伊藤尚往、シリーズ構成・脚本:菅原雪絵、キャラクターデザイン・総作画監督:吉松孝博、サブキャラクターデザイン・モンスターデザイン・プロップデザイン:出雲重機/前原桃子、美術監督:池田繁美/丸山由紀子、美術設定:池田繁美/大久保修一/友野加世子、色彩設計:野口幸恵、3D監督:籔田修平、撮影監督:川下裕樹、編集:木村佳史子、音響監督:郷文裕貴、音響制作:grooove、音楽:片山修志、音楽制作:KADOKAWA

このアニメの類似作品

この頃(2015年夏アニメ)の他の作品

ページの先頭へ