まったりほのぼの日常メイドドラゴンコメディ。小林さんちのメイドラゴン(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「小林さんちのメイドラゴン」

よみがな:こばやしさんちのめいどらごん

放送中:2017年冬アニメ(2017年1月~放送中)

★★★★☆ 3.9
物語:3.8 作画:4.0 声優:3.9 音楽:3.8 キャラ:4.0
総合得点 72.1
感想・評価 613
棚に入れた人 2457
ランキング 486
朝、会社に出ようとしたらドラゴンがいた。
茫然とする小林さんの目の前で、そのドラゴンは角あり尻尾ありのメイド服を着た美少女へと変身した。
トールと名乗るそのドラゴン娘は「今日からメイドとして働かせてください!」と申し出る。
どういうことか分からず尋ねると、昨夜酔った勢いで小林さんが家に誘っていたようだった。
「人を雇う余裕はない」と断る小林さんだったが、会社に遅刻してしまいそうな時間だと気づき―。(TVアニメ動画『小林さんちのメイドラゴン』のwikipedia・公式サイト等参照)

タック二階堂さんの感想・評価

ネタバレ
2017.04.06 02:12 タック二階堂の評価 | 観終わった| 107が閲覧 ★★★☆☆ 3.9 評価対象: 小林さんちのメイドラゴン(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 3.5  キャラ : 4.0

まったりほのぼの日常メイドドラゴンコメディ。

詳細は公式でも。

京アニとは思えない気の抜けた作画、キャラデザ。
(とは言え、それでも上位クラスですが)
「ユーフォ2」「聲の形」の後だから、どうしても
2軍感が拭えません。

ただまあ、考えてみれば「けいおん!」も、
このぐらいの作画だったよなあと。

ストーリーは、まあコメディでテンポも悪くない
感じですね。可もなく不可もないという印象。
路線は「甘城ブリリアントパーク」とか、
「無彩限のファントムワールド」というところ。

とりあえず継続視聴します。

========第2話視聴後、追記です。

商店街のシーン、どう見ても「たまこまーけっと」
じゃないですかwww

それにしても、まあ原作がそうなんでしょうけど、
どうして小林さんが女性なのか。
これ、小林さんが男性なら不自然さが全然ないのに。
京アニって百合好き…?

それと、トールはドラゴンだからDカップって
いうけど、それDどころじゃないですw
ドラゴンのGでいいんじゃないですかね。

ま、切るほどつまらなくもないので継続です。

=======第3話視聴後、追記です。

ドラゴンが2匹になって部屋が手狭になり、
小林さんは引越しを決めます。
3LDKのマンション。金持ちですね、ずいぶんと。
しかもトールたちのためのクイーンサイズのベッド
まで買ってあるし。

京アニというバイアスがかかっているから、
まあ見れなくもないですが、正直面白くも
つまらなくもないというのが本音です。
こういったまったり日常系が今期多いんですが、
ガヴリールドロップアウトや亜人ちゃんは語りたい
のほうが出来はいい感じです。

=======第4話視聴後、追記です。

かんなちゃんが学校に行きますよ。
じわじわと面白く感じてきました。

そして、キャストに後藤邑子さんの名前が!
復帰されたのですね。よかったよかった。

=====第6話視聴後、追記です。

ファフニールさん、仲良くやってますね。
まったり日常ドラゴンコメディという軌道に
乗ってからグングン面白くなっています。
これが京アニの底力なのでしょうね。

次回いよいよエルマ登場?のテコ入れ回。

=====第7話視聴後、追記です。

エルマは出ません(笑)。
題名のサブタイがいつも上手いですね。
「ぶっちゃけテコ入れ回です」まさにそれなw
アニメに季節感なんて関係ねえんだよと言わん
ばかりの真冬オンエアーなのに海水浴ですw

そして夏コミ。ちゃんと準備会の協力をとりつけ、
コミケットとして登場させるのは立派。
コミマとかって言って適当な描写はしません。
それが京アニの矜持って感じです。この作品で
そこにそんなリアルさを追求しなくてもいいって
視聴者は思うけどもw

さあ、「やっと登場です」のエルマ回は次回!

=====第10話視聴後、追記です。

桜の開花が間近のこの時期にクリスマス会の話
というのは百歩譲って良しとしても…

なんていうか、話自体がこのタイミングでやる
べきものなのかどうか疑問でした。
さほど面白いとも思えませんでしたし…

終盤に向かうここへ来てコレは、熾烈な上位争い
から一歩後退したかなという印象です。

=====最終話視聴後、感想です。

トールのお父さんである終焉帝が連れ戻しに来る
というお話。

小林さんが、トールがいかに必要か、人とドラゴン
がわかり合うためにどうするか、という文字どおり
「イシュカン・コミュニケーション」を考える
良い最終回でした。

出足は微妙かなーと思ってましたが、なんだかんだ
面白さが増してきたのは、やはり京アニの底力かな
と思わせてくれましたね。
観て損はない佳作なのは間違いないです。

 サンキュー(13)

このレビューは参考になりましたか?
『この人をキャッチ』を押すと、この人が新たにレビューを書いた時に、アナタのマイページに通知され、見逃す心配がなくなります。 アニメの趣味が合いそう、他のレビューも読みたいと思ったら、とりあえずキャッチしてみましょう。

これらの口コミはユーザーの主観的なご意見・ご感想です。あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
口コミの内容に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。