人気おすすめターミネーターアニメランキング

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

おすすめターミネーター人気アニメランキング

あにこれの全ユーザーが人気アニメのターミネーター成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年01月24日の時点で
一番のターミネーターアニメは何なのでしょうか?早速見ていきましょう!

検索結果:8件
アニメを並び替え:
総合得点 73.1 感想・評価 719 棚に入れた人 2675
★★★☆☆ 3.9   物語 : 4.0  作画 : 3.9  声優 : 3.9  音楽 : 3.7  キャラ : 4.2

芦川組を支える若きインテリヤクザ、新田義史は大好きな壺に囲まれ、悠々自適な独身生活を送っていた。
ところがある日、謎の物体に入った少女ヒナがやってきたことで生活が一変。念動力が使えるヒナに脅され、同居を余儀なくされてしまったのだ!
暴走しがちなヒナは組関係でも学校でもやりたい放題。頭を抱える新田だが、気のいい性格が災いしていつも面倒を見る羽目に。一体、この生活はどうなってしまうのか?
お人好しなアウトローと気ままなサイキック少女の危険で賑やかな日常が始まる!

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

原作未読です。
視聴リストには入っていなかったのですが、
あにこれでのスタート時の評価が高かったのと、
冒頭のアクションシーンがすごかったので
視聴継続しました。
(冒頭シーンはちゃんと回収されます。
 最終回見るまですっかり忘れてましたw)

基本ギャグ路線でしたが、自分は楽... ▼もっと読む

総合得点 66.6 感想・評価 68 棚に入れた人 449
★★★☆☆ 3.8   物語 : 3.9  作画 : 3.6  声優 : 3.8  音楽 : 3.7  キャラ : 4.1

ジュドの都市安全管理局中央司令部本部長シュン・アウローラは、新たに特務課を設置し、弟のダイスケ・アウローラをそこの準職員に任命した。シュンはアンドロイドのジェイをダイスケの相棒とするが、実はジュドではアンドロイドは禁止されていた。しかし、激増する犯罪に対処するため、シュンは特例としてジェイの製造を命じたのだった。父をアンドロイドに殺された過去を持つダイスケは、ジェイになかなか心を開くことが出来なかったが、数々の難事件を解明するうち、次第にジェイをかけがえない相棒と認識するようになる。
やがて、父の暗殺の背景に、ジュドの実質的な支配者であるセルジュ・エチゴの存在があることを知ったダイスケは、謎に包まれたエチゴの正体を探るべく、その身辺を調査し始める。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

アンタ漢?
なら見るっきゃないじゃーん
有名な秀作なんてどこでも勧めてるの同じでしょ
わざわざこんなトコ覗いてんだもん
ならコレいっとこう♪

ここ十年で一番のオレ的「埋まった」作品
ショートx2かと思いきや、しっかり裏で軸となるストーリーが走る。畳み掛けるように流れる後半の構成... ▼もっと読む

総合得点 63.6 感想・評価 55 棚に入れた人 265
★★★☆☆ 3.5   物語 : 3.4  作画 : 3.3  声優 : 3.4  音楽 : 3.7  キャラ : 3.6

DNAが人に無意識の行動指令を与えることが解明され、DNAの書き換えによって人の行動を制御する技術が確立された、63年後の未来。63年後の未来は人口増加により、子供を2人以上作ったら死刑という法律が作られるほど、人口過密に悩まされていた。そんな時代に、女性を虜にするDNAの持ち主メガプレイボーイ(以下、メガプレ)が、すでに100人以上の子供を残していることが発覚する。100人以上が持つメガプレDNAにより人口増加に拍車がかかることを危惧した政府は、“DNAオペレーター”葵かりんを過去の時代に派遣し、最初のメガプレDNAの持ち主である男のDNAを書き換えることにした。しかし、その男である桃生純太は、女にモテず、さえない、おおよそメガプレとはほど遠い人間だった。かりんは予定通りに仕事を果たしたはずだったが、実はDNAを書き換える弾(DCM弾)を取り違えており、純太はメガプレに覚醒する片鱗を見せ始める。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

これは親に隠れてコッソリ見るやつ。
原作は週刊少年ジャンプで連載された、ちょっとエッチなSFラブコメ漫画。
原作者の桂正和先生といえば、最近では『ZETMAN』がアニメ化されたり、『TIGER & BUNNY』のキャラクター原案を務めたりと、まだまだご活躍のお方。

ざっとあら... ▼もっと読む

総合得点 65.6 感想・評価 57 棚に入れた人 191
★★★☆☆ 3.6   物語 : 3.7  作画 : 3.8  声優 : 3.5  音楽 : 3.3  キャラ : 3.6

軍の暗殺用アンドロイド2体が輸送機の墜落により逃走。
特殊部隊により一体は捕獲され自爆するが、もう一体のM-66は市街に侵入。
やがてM-66がテスト用にデータ入力されていた開発者の孫娘フェリスを狙っている事が判明する。
事件を追っていた女性ジャーナリスト・シーベルは、成り行きからフェリスを庇ってM-66と対決する事になる。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

士郎正宗のアマチュア時代の同人誌を原作に作者本人が絵コンテを切るという異例の制作体制の下に作られた伝説的なOVA


軍事目的に暗殺兵器として作り出されたアンドロイド、M66が移送中の事故により消息を絶った
極秘に回収に赴いた軍だったが、2体のM66の暗殺任務プログラムは既に誤作動して... ▼もっと読む

総合得点 63.1 感想・評価 25 棚に入れた人 185
★★★☆☆ 3.8   物語 : 3.5  作画 : 4.2  声優 : 3.7  音楽 : 3.8  キャラ : 3.9

すでに北米やヨーロッパで公開された英語版、第27回東京国際映画祭で上映された字幕版をさらにブラッシュアップ。

「アップルシード」原作者・士朗正宗の監修と、『アナと雪の女王』の訳詞者・高橋知伽江の参加の下、台本を完全に見直した“日本版「アップルシード アルファ」”が完成しました。

ストーリー、キャラクターの会話など、さらに密度が高くなったフィルムは、ただの吹き替え版ではない“日本版”と呼ぶべき作品になっています。


世界大戦後、国家や情報網が破壊し尽くされ廃墟となったニューヨーク。

元・SWATのデュナンと、彼女の恋人で全身サイボーグのブリアレオスは
不本意ながらギャングから依頼された仕事をこなして日々の糧を得ていた。

街を出たいと思いながらも叶えられない日々が続く中、自動兵器に襲われている男女を助けたデュナンとブリアレオス。

アイリスとオルソンと名乗るこの二人との出会いはやがて、人類の希望を守るための戦いへと、二人の運命を導いていく。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

頓挫したテレビシリーズを除いてもなんと5回目のアニメ化です
しかも続き物ではなく全部リブートってのが珍しい
原作はお馴染み、士郎正宗のメジャーデビュー作
戦争で荒廃した未来を舞台に女戦士デュナンとサイボーグになってしまった恋人ブリアレオスの活躍を描くSFアクションです


今回初の... ▼もっと読む

総合得点 60.6 感想・評価 14 棚に入れた人 90
★★★☆☆ 3.7   物語 : 3.3  作画 : 4.4  声優 : 3.5  音楽 : 3.8  キャラ : 3.5

奇才ティム・バートン制作で贈るダーク・ファンタジー・アニメ。2005年のアカデミー賞短編アニメーション部門にノミネートされた11分の同名短編を、同作を手掛けた新鋭シェーン・アッカー監督自ら80分の長編へとスケールアップ。人類滅亡後の荒廃した未来を舞台に、9体の奇妙な人形たちが巨大な機械獣と闘いながら、いくつもの謎も次第に明らかとなっていくさまをデカダンな世界観で描き出す。声の出演は「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのイライジャ・ウッド、「ビューティフル・マインド」のジェニファー・コネリー。 古びた研究室の片隅、麻布を縫い合わせて作られた奇妙な人形が目を覚ます。その腹部には大きなジッパー、背中には数字の“9"が描かれていた。ところが、彼は自分が誰でどこにいるのかも把握出来ない上、外に出てみるとそこは一面廃墟という有様。すると、そんな彼の前に、背中に“2"と描かれた人形が現われる。そして、彼は9の壊れていた発声装置を修理し、我々は仲間だと語りかけるのだった。だがそのさなか、巨大な機械獣が出現、2がさらわれてしまう。一方、他のナンバーをつけた人形たち、リーダーの“1"、人のいい職人の“5"、風変わりな芸術家“6"、腕力自慢の“8"に気を失っていたところを助けられる9。しかし、みんなで2の救出に行こう、という9の提案は1に却下されてしまう。それでも諦めきれない9は5を誘い、2を救出すべく機械獣たちの住み処を目指す。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

麻布で作られた奇妙な人形「9」が目を覚ますと、地球上の人類は滅んでいた。
自分が何者でどういった存在なのかわからないまま、外を歩くと自分と似た風貌の人形「2」と出会う。自分と同じ存在で仲間だと打ち解け始めた時、巨大な機械獣が出現し、「2」がさらわれてしまう。
さあどうする「9」
彼は道中... ▼もっと読む

総合得点 計測不能 感想・評価 2 棚に入れた人 6
★★★☆☆ 3.1   物語 : 2.8  作画 : 3.8  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.3

永井豪のSF戦国アクション漫画『黒の獅子』を原作にしたOVA作品。時は天正八年。大坂の石山本願寺では伊賀忍軍が、強襲する織田信長の軍勢に果敢に抵抗していた。だが信長軍のなかで「忍び殺し」の異名をとる魔人・胴磨陣内の戦闘力は人外のもので、その身を護る不死身の肉骸は敵の刀すら通さなかった。若き伊賀忍者・天王獅子丸は陣内に挑むものの相手にされず、大事な仲間・お夕まで失ってしまった。敵対するものを次々と殲滅する信長勢。だがその猛威を支えるのは、実はこの戦国時代に存在するはずもないオーパーツだった。信長の秘密は? そして魔人・陣内の正体とは!?ダイナミック企画の企画制作で、アニメの制作は南町奉行所と東京キッズが連携。監督は「スレイヤーズ」「灼眼のシャナ」シリーズなどの渡部高志が担当。キャラクターデザインは本橋秀之。

総合得点 83.4 感想・評価 2268 棚に入れた人 12783
★★★☆☆ 3.8   物語 : 3.8  作画 : 3.6  声優 : 3.8  音楽 : 3.6  キャラ : 4.0

ごく平凡な中学生、満潮永澄の平穏な毎日は、とある夏の出来事を境に、音を立てて崩れ去っていった。帰省していた瀬戸内のビーチで溺れてしまった永澄を助けたのは、なんと人魚の女の子、瀬戸燦!しかも、人魚の世界は、「渡世の仁義」を重んじる仁侠の世界だった上、人間に姿を見られれば、その人間か自分のどちらかが死ななければならないという掟が存在した。最後に残された回避手段は、「人魚の正体を知った人間が人魚の身内となる」という方法のみ!
「どちらかが死ぬか、人魚の身内となるか」そんな究極の選択を迫られた永澄が出した結論は燦との結婚だった!永澄と燦の2人を中心に、人間、人魚さまざまなキャラクターたちが騒動を巻き起こすドタバタギャグ&ラブコメディ。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

現代版うる星やつら。色々な面で。
でも、ギャグテイストなラブコメでは自分の中で最高傑作。
センスさえ合えば声を出して笑ってしまう。
最初見た時は絵が好みではなく1話で断念したが、改めて見ると
全く気にならなくなるほど楽しめた。2話を乗り越えれば大丈夫だと思います。

映画や他アニメ... ▼もっと読む

<< 前へ 次へ >>
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。