声優おすすめアニメランキング 8

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの声優成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年11月20日の時点で一番の声優おすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

91.5 1 声優アニメランキング1位
SHIROBAKO(TVアニメ動画)

2014年秋アニメ
★★★★★ 4.2 (3229)
12931人が棚に入れました
水島努とP.A.WORKSによる新作オリジナルTVアニメ。

5人の夢を追う女の子を中心に白箱(関係者に配られる完成したアニメ作品が収録されたVHSやDVD)の完成を目指し奮闘するアニメ業界の物語になる。

声優・キャラクター
木村珠莉、佳村はるか、千菅春香、髙野麻美、大和田仁美、西地修哉、松岡禎丞、山岡ゆり、吉野裕行、茅野愛衣、松風雅也、中原麻衣
ネタバレ

scandalsho

★★★★★ 4.9

アニメ好きなら見ておくべき作品

アニメ制作にかかわる、いわゆるお仕事系の作品。

アニメ制作に『本気で』携わっている全ての人々の想いが詰まった作品です。
前半はオリジナルアニメ、後半は原作ありアニメの制作現場が、笑いあり、涙ありで描かれています。

実際の現場はこんなに綺麗ごとでは済まないんだろうなぁと思いつつ、引き込まれるように視聴しました。

主人公の5人組が、それぞれの立場で、巧みに一つの作品に関わっていくストーリーはやり過ぎかとも思いましたが、23話でおいちゃんと一緒に号泣してしまい、納得の高評価。

登場人物が多いので、度々、肩書と名前が描かれている所は、分かりやすくて高評価。

作品の性質上、作画と音楽は言うまでもなく高評価。ここがイマイチではお話になりませんからねぇ。

タローの{netabare}無責任・おバカ・仕事できない{/netabare}キャラと某編集のキャラが作り過ぎかと思ったので、少しマイナス評価。
だけど、こういう人物が一人混じっているところが、逆にリアルなのかもしれないですけどね。

こういう作品を見ると、見事に作画崩壊した「あの作品」や静止画を多用した「あの作品」、クール中に総集編をぶち込んだ「あの作品」などの評価がより厳しくなってしまうかも(笑)

投稿 : 2019/11/16
♥ : 116
ネタバレ

noindex

★★★★★ 4.4

理想90%現実10%?のお仕事アニメの大傑作。設定資料集届いた!

間違いなくここ数年でダントツの傑作ですね。
水島アニメの集大成じゃないでしょうか。
(ちなみに万策尽きたの元ネタは大魔法峠でぷにえ様がカンニングをする回にあるので興味あればどうぞ。頭文字Dみたいなドリフトバトルもやってます)
ただ、タイトルに書いたように会社での仕事を理想的に描きすぎる傾向があるので、この作品を嫌う人もいるようですね。同僚が美少女ばかりというのもリアルではないのも事実。そこが気になる人も数話見れば気にならなくなると思います。アニメに依存しすぎているような人が、アニメの裏側なんか見たくないとか言ってるのもいましたけどそれはいちゃもんとしか思えないですね。
{netabare}このアニメは最初コミケでPVが出たのですが、正直あまり面白そうに見えませんでした(三女のPVは立派ですが…)。
1話では最初に女子高生の頃の部活動、ドリフトバトル、そして異様に美少女が多いアニメ制作会社…とダメなアニメ感も漂っていて、ここで切った人も多かったと思います。
2話の木下監督のオタク語りは同じ声優のげんしけん斑目を思い出しましたね。
3話のエリカ先輩の助言や興津さんの活躍でようやく盛り上がりを見せます。この回の本田さんのバンサクツキターはタメもあってよかった。
この辺でこれは名作になるという手ごたえもあったのですが、4話からの吉田脚本になってから急にテンポが落ちてくる。この脚本家はARIAやのんのんみたいなユルいアニメには向いているんだろうけど、最初はこのアニメに合わなかったようだ(後の吉田回は修正したようでハイテンポになりましたが)。
ヌルいイデポンの話あたりで、あ、このアニメだめかな…と思いかけましたよ。
7~8話は安原っちのお話。やっぱり絵を描く話は面白い。ここではまだ杉江さんは謎の老人のままでしたね。ぷる天の作画崩壊、あれループだから普通崩壊しないでしょwニコ動風コメントがリアルだった。
9~10話も内容が濃いんだが、気になるのはCGのみーちゃん。悪い会社じゃなくても将来が見えないので転職。あるあるって思うけど、この後みーちゃんはあまり描かれなくなってしまう。本当は社長がアニメの仕事を取ってくる予定だったんだけど尺の都合でカットになっちゃったのかな?
11話はおいちゃんの就活の頃の話。ここまで見た人は自分の過去を思い出してもう感情移入しまくりですよね。私もです。あとモザイクでガ○ダムとかって、ハルヒでもやってたね。パロディの常套手段か。
そして12話、前半のラスボスのカンノさん登場。そして、杉江さんが実は凄腕アニメーターだったとわかる。これって矛盾多いんだけど(なんで社長やゴスロリ様は推薦しなかったの?とか)、盛り上がりましたね。
13話。本田さん矢野さんが抜けておいちゃんがデスクに。原作つきアニメの難しさが描かれます。水島努監督作品は原作つきのほうが多かったせいか、色々な主張がこめられてますね。この回の木下監督の皆に幸せになってもらいたい等のセリフは、水島監督がインタビューで言ったのと同じです。
前半は監督のダメなところ、後半は監督のいいところを描いているようですね。
14話は声優の裏話。まぁ声優の人選って実際こんな感じなんでしょうね。ずかちゃん採用されず。この後もずっと不遇…水島監督は声優は厳しいというのを描きたいんでしょうけど。
15話。なぜかここで基本的なアニメ制作の説明回になるのですが、最初にこれをやると退屈で切られるからここで入れたんじゃないかとか言われてました。そして予想通り原作者がゴネます。
16話。井口さんの苦悩が描かれますが、絵麻ちゃんのエンゼル体操やゴスロリ様の過去などネタてんこもりで話題になりました。キルビル2のポスターを見てたりするところから考察するに、小笠原さん、やっぱりアラフォーかな…。あとこの回での平岡の手戻り確実でも進めようという提案は正しいと思うんですよ。ボトルネックで詰まっていても、進められる所は進めるが仕事の鉄則です。叩かれてましたけどね。言い方が悪いといわれますが、結局あそこで中途がどう提案してもどうせ通らないんですよね。平岡に共感してしまいます。
17話はタローの成長が描かれていましたね。平岡といいコンビになりそう。
18話はつまらなかった。大倉さんにも魅力感じないし(実在の人物まんまみたいだが…)、最後の矢野さん復帰だけが見所。ダメなところはダメと言う。
19話。矢野さん無双と、ムサニの過去。杉江さんの嫁かわいかった。チャッキーEDはPAのTwitterによるとカメラの回りこみが大変だったらしい。元ネタのロッキーチャックをdアニメストアで少し見たけど丁寧な作画の良作だと思った。

そして20話。ついに平岡が爆発。タイトルで言っている現実10%の、現実が具現化されたような存在。ネットを見ていると予想通り叩かれる一方で、平岡に感情移入している人も結構いますね。これ自分だ、とか同僚にいるよこういう奴って思ってしまいますよね。
平岡は終盤の主人公みたいになってきましたが、落とし所はどうなるのか。実はかつては脚本家志望でりーちゃんに嫉妬したのだろうか?
まぁりーちゃんも学生身分で優遇されているし、気持ちはわからなくもない。{/netabare}

21話!
{netabare}平岡や矢野さんの過去が分かったけど…平岡は今回もキレてたものの、改心しつつあるのかな?もう少しかかりそう。
今回はみーちゃんがそこそこピックアップされていたけど、ずかちゃんは…ついに声優であることを伏せるまでになってしまった。
意図的に不遇な扱いになってるけど、残り3話でずかちゃんはなんとかなるんだろうか。この作品の唯一の不満点になりそう。{/netabare}

22話!
{netabare}タローと平岡イイ!日高屋って関東人にしかわからんなw安いけど味はアレなチェーン店。らきすたにも出てたね。
平岡は心折れるような過去はやっぱりあったってことで。
二人がグダ巻いているのを見てたらなんか涙が出てきました。これぞ男泣き
?(日高屋はおしぼりないんだけどな…)

おいちゃんと瀬川さんとの会話は胃がいたくなりそう…。

絵麻ちゃんはやっと杉江さんのアドバイスを受け取れるまでになったねえ。十分天才でしょう。
絵麻ちゃんがみーちゃんと絡んでるのを見て愛ちゃんが焼いてたのは笑った。百合百合してるね~。

しかしずかちゃんは不幸すぎる…。
最終話リテイクになったけど、それで出番が出来るのかな?予告にはずかちゃんの姿無かったけど…。{/netabare}

PAWORKSショップで設定資料集を注文しました。届くの楽しみ!

23話!
{netabare}やべえ!泣けた!ずかちゃんのアフレコで涙が止まらなかった。
ずかちゃんは待望の仕事で泣くどころじゃないよね。おいちゃんが声を押し殺して泣いているのが良かった。
声優さんたちはいつもおしゃれして来るけど、あわててやってきたような服なのがリアル。
…ただ、そこまでちょっと駆け足すぎたなあ。新キャラ登場でずかちゃん参加は予想していたが、もう少し構成考えればもっと自然に出来たと思うが…木下監督の昇龍腹とかのストIIパロはいらんだろw
あと平岡のいいところが見たかったけど…最終回に期待?{/netabare}

24話!
{netabare}最後はちょっと詰め込みすぎたかな。平岡がようやく活躍していたけど、もっと大きな仕事ができる器だと思う。
小笠原さんは衰えるのは40年早いって言われてたけど、いったい何歳なんや…最後までわからず。
興津さんはヤバすぎたw違反覚悟のお届けは後で物議をかもすかなぁ。
打ち上げはドーナツ娘五人が揃って良かった。みゃーもりの演説も良かった。何もかも良かった。しかしツーピースってw
あと、しょうもないことがひっかかってるんだが、監督の字が愛ちゃんの弟に似てるというのは伏線だと思ってたんだが…なんでもなかったのか。{/netabare}

【総評】
うーん…ちょっとすぐにはまとまらない。まあ、こんな凄いアニメはもう見られないのかな。水島監督の次に期待だね。ガルパン劇場版は見に行く。

2015/6/5
設定資料集が届きました。以下、気になった所をピックアップ。
・でかくて厚くてフルカラー!さすが4900円するだけはある!
{netabare}・限界集落過疎娘のスケジュール表の脚本9話と12話が今井!りーちゃんもうプロデビューかよ!
・キャラ設定で新たにわかるのは全員の身長だけ。年齢が知りたかったのに…。
・絵麻はぽんかん原案ではタバコを吸う子だった。表情もクール。
・ツーピースの監督は山田さん!副監督は円さん。
・声優陣の座談会はずかちゃんの話が多いwそして分析がさすがにリアルwずかちゃんのここは実際と違うという指摘も。
・キャラの服装はぽんかんに任されたけど小笠原さんだけはピンクのゴスロリという監督指定だったという…ぽんかん側は着物案もあってそのイラストもある。リテイクも最多。
・ぽんかんが自身の生い立ちをかなり語ってるが、私はこの人の絵は嫌いなのでそこはうーんって感じ。
・キャラデザ関口さんは杉江さんに共感する、自分は小笠原さんと全然違うタイプとのこと。
・脚本の横手美智子と吉田玲子の対談はなんか面白かった。横手さんは饒舌だけど吉田さんは横手さんほど水島監督と長くなく対談もなんか引き気味w考え方の違いも多く、剛の横手と柔の吉田という印象。例えばトラブルの時は横手さんは監督の判断で解決すべき、で吉田さんは当事者同士の話し合いで解決すべき、といったような。
 吉田さんは絶対的な悪人は出さない主義らしいので、そこが自分が吉田脚本作品が合わない理由なのだろうな(本人は理屈っぽいと言ってるが、そうか?)。虚淵先生がキュゥべえは人間にとって虫唾が走る絶対悪と言ってたのと対照的。
 スーパーの店員だった新人の佐藤さんの経歴は吉田さんの経歴が元ネタらしい。今やトップクラスの脚本家もそういう過去があるんだね。
 吉田さんは三女のトラブルのような経験があるそうだが、どの原作付きアニメなんだろう…。
 恋愛の話は最初あったそうだが、水島監督に「外せ、外せ!」と言われてカット。堀川Pは本田とあおいをくっつけたがってたがそれも却下w
 吉田さんはこの作品は見ててつらい作品になるので売れないと思っていたらしい。さすがARIAやのんのんの脚本家である。
 横手さんはSHIROBAKOが売れた秘訣というのを他社から聞かれたらしい。横手さんは答えられなかったが、吉田さんの分析では密度が濃く得した気になれるからだろうと。
・水島監督は制作進行だったころからアニメ制作のアニメを作りたいと色んな人に言ってきたが、堀川Pが釣れるまで誰も相手にしてくれなかった(結果は売れたのにね)。
 最初の監督の構想では主人公は男で、劇場アニメを作るシュールな内容の作品だった。
 水島監督の転機はイカ娘だった。これでにぎりつぶしていた卵をこわさずに持てるようになった(面白い表現)。
 監督が一番やりたかったのは14話のオーディション会議。周りに言われてギャグっぽくしたが、内容は体験した実話(おっぱいでかいしは除く)権力に負けたことが山ほどある。
 木下監督=水島監督。
 過疎娘とツーピースはあおいと矢野がデスクになる。平岡は設定制作をやる。
 水島監督の脳内設定では、ムサニが7年元受をできなくなったのは不払いがあったから。
 木下監督は離婚のせいで女性恐怖症なので周りが綺麗な女性ばかりでもなんとも思わない。
 アンデスチャッキーには非常に深い裏設定が(ここには書かないけど)。
 ぷるんぷるん天国は巨乳に憧れて巨乳の国に逝ったらそこには悪夢しかなかったという話。
 24話は1話のような自動車競争のシーンがあったがカットした。
 SHIROBAKOの続きは作らない方がいい、作っている間に業界システムと齟齬が出てしまうので。
 新人の佐藤さんは将来、凄腕ラインプロデューサーになる。
 SHIROBAKO音頭のイベントをやりたい。エンゼル体操は健康に悪いと思う。{/netabare}

設定資料集といっても設定はあくまで作画のためのもので、物語を深く知るとかいう目的では買わない方がいいだろう。
ただしスタッフインタビューはボリュームが多く、こういう作品なのでSHIROBAKOだけに限らずアニメをどう作るかという議論として価値があると思う。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 79
ネタバレ

Appleモンキー

★★★★★ 4.9

タイトルなし

仕事アニメってあんまり多くないけど、
仕事終わった後に仕事アニメ見るとなんか面白いです笑

主人公がんばってて好感ですね~^^
とりあえず、「しゃーす」禁止笑

第19話は神回★

■第4話
{netabare}
ずかちゃん、よかったぁ
このメンバーの、社会人になってからの
集まってからの飲みっていいですね~
みんな揃ってアニメ作るシーンが早く見たい!
{/netabare}

■第12話
{netabare}
杉江無双回でしたね。
今までさっさと帰ってた人があんな胸アツな
展開を作ってくれるとは・・・!
引き続き2クール目も楽しみです。
{/netabare}

■第13話~16話
{netabare}
みゃーもりは順調に出世してますね♪
タローはすっかりダメ社員が定着してます(笑)
ヅカちゃん先輩なかなか仕事苦戦してます。。。
今クールで全員そろってひとつのアニメを作るのかなぁと
期待したのですが、まだまだ道長し!ですね^^
{/netabare}

■第19話
{netabare}
第19話「釣れますか?」は神回でした!
自分の夢を再確認した武蔵野動画でのシーンは
うるっときましたね。
よかったなァ^^
{/netabare}

■第23話
{netabare}
カントク大活躍でした!
最初から原作者と話とけよって感じですが、やっぱりああいった
展開はアツくて好きですね^^

そしてここにきて
ずかちゃん先輩キターーーーーーーー!!!!

この展開をだいぶ前から待っていた人は多かったのではないでしょうか。
みゃーもりの号泣シーンにもらい泣きです。
{/netabare}

■第24話
{netabare}
最後まで安定した、良いアニメでした^^
高校時代の仲間たちと、ほんの少しだけど
同じアニメを作って最終回を迎えることができました。

「やりきった!」って感じはするけど
今期で最も続編を期待しているアニメです♪
{/netabare}

■ニコ生一挙1期_20150509
{netabare}
ニコ生一挙もこれで何度目かですが、
何度見ても面白い!^^

序盤第3話は、あるぴんのシーンのリテイク。
2話後半からリテイクの話で盛り上がってからの
3話でのリテイク完成シーンは印象深いですね!
ED直前でリテイク完成版をもってくる演出好きです^^

中盤はみーちゃん、ずかちゃんを中心に
将来の進路に悩みながらも前向きに進んでいく回。
みゃーもりの答えは2期までお預けですが、とても
共感できる内容ですよね。

そしてラスト!
カントクの最終話絵コンテ完成のアツイ展開からの
杉江レジェンド発動!!
アツイ展開からさらにアツイ展開へ!
これはニクイですね~。
最終回にピッタリの内容です。

5/10に2期の一挙放送やってますが、
タイムシフトで来週見ます^^
{/netabare}

■ニコ生一挙2期_20150510
{netabare}
1クール目以上にアツイ展開の2クール目!
Bパートのラストは毎回毎回ニクイ演出の連続です。

個人的に好きなのは第19話「釣れますか?」
武蔵野動画の過去回想で、若かりし日の社長や大倉さん
杉江レジェンドの制作風景からの、みゃーもりの
アップシーン
泣ける。。。

第22話はまさかのタロー回
平岡の苦労話と、タローの「表彰状シーン」はスバラシイ!
タロー株ストップ高!

そして第23話のラストはずかちゃん先輩が
ついに!
第1話から見ていた人からすると、ようやっと、ずかちゃん先輩が(泣)
まさに号泣!!

そしてまさかの、一挙放送アンケート記録更新来ました!
とてもよかった:98.6%!!!
1期の一挙放送(1回目)が98.4%で記録持ってましたが、
自己記録&最高記録更新!!!

何度見てもやっぱりSHIROBAKOは面白いですね^^
第2期ぜひ見たいです^^
{/netabare}

投稿 : 2019/11/16
♥ : 130

64.8 2 声優アニメランキング2位
それが声優!(TVアニメ動画)

2015年夏アニメ
★★★★☆ 3.6 (498)
2331人が棚に入れました
現役声優・あさのますみの体験に基づいた、声優のリアルな日常を描く人気同人誌をTVアニメ化した作品。新人声優・一之瀬双葉はある日「仏戦士ボサツオン」のアフレコスタジオで萌咲いちごと小花鈴と出会う。

声優・キャラクター
高橋李依、長久友紀、高野麻里佳、生天目仁美、三宅健太、小清水亜美、古木のぞみ、佐倉綾音
ネタバレ

noindex

★★★★☆ 3.7

実名声優多数登場の真面目すぎる声優お仕事アニメ

このアニメも脚本は横手さんですか…SHIROBAKO設定資料集の吉田さんとの対談は面白かった。

1話。
{netabare}音響監督のダメ出しリテイク指示が超リアルw
上司のあいまいな指示に悩むトラウマがよみがえるw不明瞭な指示を出して抗議される側でもあったりして…。
SHIROBAKOに出てくる音響監督は有能という設定だったが、このアニメではあまり出来が良くない奴という設定なんだろう。

服が動いたときのノイズを気にするとか、SHIROBAKOでも台本めくるときにマイクから離してたなーと思った。{/netabare}

でも先輩への挨拶などは声優に限らず社会人になったら常識だろう。
それをまるでこの業界だけのことのように描くと…
SHIROBAKOもその辺で意図せざる反感を買ってアンチを増やした。

2話。
{netabare}工場の描写はワタモテにもあったな…。

新人たちが事務所で何もせずにずっと突っ立ってるのは時間の無駄でしかない。青二だけかもしらんが、こういう悪習はやめさせるべき。
この業界に限らず日本社会ではこういう不条理があちこちに蔓延っている…。
このアニメも外人に見られるわけだが、日本人として恥ずべきことだ。
しかし告発本みたいなアニメだな。

神谷浩史は美化しすぎだろwwwwなんかアララギさんをさらに美形にしたような…。
まあ実際このくらい大スターなのは事実だろうが、なんか若手女性声優を食おうとしているように見えるけどいいのか?

オーディションは原作を読んでれば当然有利だろうけど、落ちるのが普通だろうから報われないよなぁ。
落ちた原作が本棚に増えるのが嫌だってのはさすが原作者がリアル声優なだけはあるね。

自分の役が死んでしまうって声優にはショックなんだな~。{/netabare}

3話のゲストは…
{netabare}田村ゆかりさん!また美化…いや、美化などしておらぬ!さすが永遠の17歳!!
自分の中だとゆかりんは梨花っちとバイト戦士だな。にぱー。

でも声優ラジオって初めてでもあんな固くならんよなあ…gdgdにはなるだろうけど。プロデューサーが寛大な人で良かったね。
自分が出ているアニメをTVで見るとやっぱあんな感じなんだろうな。{/netabare}

4話のゲストは…
{netabare} 銀河万丈さん!後ろから撃たれてはギレン総帥のことかw
マイナーだけどまどかのドラマCDで杏子の父役やってたなぁ。
でも今回は前半は結構な鬱展開だった。やる気があるのに仕事が無いというのは辛いことだ。プロデューサが力ある人でラッキーだったとしか言いようがないね。
実際、歌とか全然やる気なかったのにこうなることってどれだけあるんだろうか。{/netabare}

5話は…
{netabare}ちょっと堀江由衣神格化しすぎやろと思ったw
ブログで原作少し読んだけどいつもはああいう感じの人ってネタあったね。
ゲームはテイルズオブ~のパロディっぽかった。
{/netabare}

6話。
{netabare}ドラマCDの声優が変わることはよくあることで、憤慨するファンもいるだろうけど、当事者には死活問題。しかし声優はそれを内に秘めるのが仕事。
「夢を見るのはお客さん。声優は夢を見せる者」これはラブライブのにこにーも同じようなこと言ってたな…。
双葉と鈴が最後に話すシーンではちょっと泣いてしまった。
ふたふたは釘宮理恵とまた共演できる日が来るといいね!{/netabare}

7話。
{netabare}今回はアニメ以外の声優の仕事のお話。へーそうなんだって感心することが多かった。ゲスト声優は小山力也。
海外のドラマは全然見ないけど洋画は前はよく見てたが、自分的にはキアヌがおなじみなのかな。でも洋画は俺は字幕で見るんだよね…。
もちろんアニメでも切嗣とかブラックブレットの蛭子とかで知ってるけど。寄生獣の警官隊長も切嗣の声でやってたからなんか笑った。
ふたふたが苦手にしている家守という男性声優が出てきたけど、いなくても良かった気もするな。つーか演じてる檜山さんが実名で出てくればよかったのでは?
ふたふたは演技がいきなり上達したように感じたがまぁ1クールで原作ピックアップしてるからしょうがないのだろうね。中の人の高橋李依も上手いってことか。
あとEDがまたいつものに戻ってよかった。{/netabare}

8話。
{netabare}まずは販促ライブイベントの話。このユニットはまだ鈴ちゃんしか人気無いようだね。ふたふたのコアなファンが妙にイケメンだった。
ナレーションの話の真地さんは知らなかった。{/netabare}
声優の仕事をガチで紹介するアニメになってるのはいいんだけど、その分地味になってるのが痛いところ。SHIROBAKOみたいな演出の味付けがもっと必要なのかな…監督の力量の差だろうね。

9話。ひとりきりじゃなかった~ずっとそばに居たんだ~
{netabare}今までの物語をマネージャーのあおい視点で振り返る。あのドラマCDの話でも心配して見ていたんだね。
ゲストは日高さん。男の子役をやった話はドッジ弾平のことか。
トップをねらえ!が好きなので自分的には嬉しかった。
最近はあまりアニメに出れてないけど、ラブライブの理事長は有名やね。

最初マネージャー回ってどうかと思ったけど、あおいが双葉のために必死に営業をする姿を描くとか、これぞまさにザ・お仕事アニメだと思う。
マネージャーが営業をするのはどうかという現実性は別として。{/netabare}

10話。
{netabare}なかなか百合百合していた回だった。鈴は双葉やいちごとは歩んできた道が違うので共感してもらえない…。
神谷浩史の話は原作通りらしいが、鈴ちゃんは神谷が目標でいいんだろうか?
神谷が出てきた時は物語シリーズのように鈴ちゃんがセクハラされるんじゃないかと思ってしまったw
お兄様みたいなパティシエを目指します!って言うところはSHIROBAKOのずかちゃんの夢に一歩近づきました!を思い出した。
つーかアニメの収録の話自体が久々だったね…。{/netabare}

うまるちゃん役の田中あいみがオーディションに受かった時に、嬉しさのあまり叫んだり泣いたりしたと語っていたが、このアニメはそういう「現実」は描いてないんだよね。
これが現状不人気の原因の一つだと思う。
リアルリアルと言っても、役を奪われるとか生活の苦労とか負の面ばかり描いている。これじゃ見ていて気持ちのいい作品にはならない…人がアニメを見る目的から考えないと。アニメで自分と同じようなイヤな現実を見せられて楽しいと思うか?SHIROBAKOの水島監督はそこをよくわかっていた。
なまじ原作者がプロ声優ですべてわかっているだけに、夢や理想が描けないんだろうな…

11話。
{netabare}今回のゲストはうりょっち。はっきり言って今までのゲストよりは大物じゃないけど、その代わり喉の手術とか突っ込んだ話ができたのかな。うりょっちと仲良しのあいぽんも出してほしかった。

後半はいちごが怪我して鬱展開で終わっちゃったな。予告を見ると出るっぽい感じだからなんとかなったのかな。ダンス無しで歌だけとか。{/netabare}

12話。
{netabare}スポ根ものっぽかった。堀江さんに闘魂注入されてふたふたがまるで主人公のようだった。堀江さん羽川翼みたいだったな。
プロデューサーは声優に不安を与えないようにしろやと思った。{/netabare}
ライブシーンの作画は凄かった。ぶっちゃけデレマスより遥かに凄い。手描きだと思うが、光源処理はCGと混ぜたハイブリッド方式?かもしれない。

13話…この作品が不人気になっている原因の、2つの良くないところが出ちゃったような…。
・声優という仕事の厳しさ、負の面ばかりをしつこく強調する。
・その厳しい競争を勝ち抜いた主人公の双葉が相変わらず主体性のないヘタレ。なんでここまで来れたの?

【総評】
この作品は私としては今期一番だったが、それは夏アニメが不作だったからで、不満はかなりある。
このアニメスタッフには、SHIROBAKOをまねろとは言わないが、なぜSHIROBAKOがヒットしたのかを考えろと言いたい。うちはあんな夢や希望のある業界じゃないよとSHIROBAKOを批判した業界人も多かったようだが、この作品のスタッフもそっちの側だったのではないか?

この作品は声優とその業界を徹底的にリアルに伝えようとする姿勢はいいのだが、そもそも、アニメとは楽しむために見るものだ。
「それがアニメーション!」だろう。
SHIROBAKOを作った水島監督はさすがにそれをよくわかっていてエンターテイメントに徹した。そのため主人公のみゃーもりを、こんな出来る新人いねーよ!ってくらいに俺TUEE設定にして、主人公がその類まれな才能で難局をガンガン乗り切って行く爽快感を味わえるようにした。リアルさを犠牲にしてまでも。

しかしこの作品はその逆を行ってしまった。まぁ原作者が作家でなく声優だし、仕方がないのだろう。ほとんど彼女の愚痴で構成されたような話になってしまった。
最後は嘘でもいいから双葉が凄い大役をゲットしてヤッター!で終わりで良かったんじゃないかなぁ。

まぁ最近もうっちーが2,3年前までバイトしていたって言ってたし、それが現実なのはわかるよ。でも現実ばかりの内容じゃアニメ見る意味ないじゃん…それが今のこの作品の不人気の現実だよ。
原作者や監督は声優の現実現実言うのなら、アニメは人気が出て売れなきゃしょうがないという現実もわかってほしかった。

追記
上で言ったようなサクセスストーリーではなく、あくまでもギリギリの底辺声優を描きたかったのであれば(それ自体「商品」として何の意味があるんだろうとつくづく思ってしまう。その方向性で完璧な作りでもやっぱり売れないと思うから)、まず、青二…じゃなくて青空プロダクションが、双葉を所属させる代償として多くの素質がある声優志望者を切っている、という事実をもっと強調すべきだった(描いてはいるんだがまだ弱い)。
そして、双葉がそのことを理解して、自分は周囲の期待に応えてもっと上に行く責務があるということを悟る、という展開にすべきだった。
しかし最後の13話でもなお{netabare}息の長い声優になりたい{/netabare}と言うだけでその辺全然わかってないようにしか見えない。
このコンセプトで作りたいなら徹底すべきだったのに、なんとも中途半端な作品になってしまったのが残念。
それは原作者が作家ではないからだろう。

でもこういう落とし穴ってSHIROBAKOも落ちそうになったと感じた時はあったんだよな。つまらないと感じた回がそれ。そこを舵取りして落ちないようにしたのは監督の力量だろうね。

なお青二の切るシステムは良いと思う。所属させる以上は飼い殺しにせず仕事は振るようにするという姿勢は正しい。
青二に所属しているあいぽんは最近はアニメの仕事がなくなってしまったが、ゲームはたくさん出ているし、アニメもたまにドラえもんやアンパンマンといったレベルの仕事をもらっている。これはさすがの青二の力なのだろう。
所属させている以上は仕事の面倒は見るってことだろうね。

でも、若い頃は散々ごり押しして使われたのに、最後にみのった果実が佐倉杏子というたった一つのリンゴだけで声優生命がほぼ終わるとは、長年使ってきた青二はがっかりしてそうだなぁ。
まあ実際演じ分けとかろくにできてないし歌はヘタクソだし、ブログとか見てても努力せず毎日酒飲んで遊んでるようにしか見えないし…実際の所は知らんが。本人が杏子でブレイクした時に「辞めようと思った頃に当たり役が来る」って言ってたけど、プロとして認識が甘いんじゃないか。まどかのオーコメで聴いた千和さんとかと比べてあまりにも。千和さんはベテランでも考え方はアグレッシブで凄かった。オーディションで押し寄せる若手たちに負けない!勝つんだ!って
…俺はなぜここにあいぽんや千和さんの話ばかり書いているのか?

じゃあどういう声優ならいいのかというと、私のアイコンの中の人だよね。アラフォーでも一線級で新作でヒロイン役をやり(なのはViVidは見なかったが終物語は楽しみ)、まさに双葉の言う息が長い声優であり、そして長く太い。インタビュー見るといつも飄々としているがそれがいいんだろう。
そして常に先を見ている。膨大な実績がありながら(俺はゲームのディスガイアで知ってたよ)マミさんは今までの役と比べて特別だとあっさり言いきったのは凄いと思う。自分を客観視出来ているのだ。だから今もなおいい役をゲットできるのだろう。
(なおまどかの舞台挨拶で六人全員の実物を拝んだことはあります。面白かったなぁ)

つまり双葉はエロゲの仕事をやるといいのかもしれない。できない事務所なのかもしれんけど。

追記2
野球好きのだーまえじゃないけど、最近、プロ野球に例えると上手く説明できるような気がしている。
このアニメの主人公の双葉はプロ野球選手に例えると、なんとか一軍にいられるけどスタメンには出られず、代走や守備固めで使われる選手だと言える。そして性格はヘタレで自分はだめな奴だと愚痴ばかり言ってる←ここ重要。
もちろんそういう選手でもアマや万年二軍暮らしの選手から見れば「凄い人」だろう。
でも、そういう選手が主人公で面白いですか?と言いたい。
いや、俺はそれなりに面白かったけど、でも大ヒットを最初からあきらめてるよね?って。原作は同人誌だからいいよ。でもアニメだとどうよ?って言いたい。
SHIROBAKOのみゃーもりは一年目で新人王を取って二年目で四番打ってるスーパースターだね。

今の方向性なら、
集さんが「お前一人を保留したために数百人の素質のある声優志望者を切ったんだよ!!いい加減、それを自覚しろ!!」ビンタ
双葉号泣して失踪→駅のホームでふらふらと線路の方へ…→見つけたいちごがまたビンタ→抱擁して号泣
このくらいやったほうが良かったと思う。ラブライブはそれに近いことやって売れてる。

追記3
しつこいようだけど最後に一つだけ。
浅野さんは夢は描かない、自分が体験した辛い現実、どこまでも続く地味な三流声優人生だけを描くって思ってたんだろうけど、夢と希望を描いたSHIROBAKOの設定資料集の監督インタビューのこの言葉を贈りたい。
水島「憧れが強すぎる状態で業界に入った人は、絶望するかもしれない。でも、どの世界でも同じでしょうけど、思うようにいかないのは当り前なので、ちょっと我慢してください。実際自分もそうだったのですが、我慢できた先が面白くなりますから。僕も30から面白くなりました。20代なんて嫌な思い出しかないですよ。でもその先に必ず、凄く楽しいことがありますからね」

投稿 : 2019/11/16
♥ : 34

朝霧麻衣

★★★★☆ 3.8

声優さんのお仕事は思っていた以上に過酷でした(-_-;)

最近見たアニメ「SHIROBAKO」の作中でもかなり厳しいとされていた、声優というお仕事について題材にした作品です。

まだ駆け出しの声優3人を中心にして、声優というお仕事について知ることが出来るお話となっています。ほぼ毎話有名な声優さんも出演されていて、ベテランの方が心がけていることなどが話題として上がり、興味ある方には面白いかと思います。

私自身そこまで声優さん自体にお熱を上げる部類の人ではないので、どういう風に仕事をされてるのだろうという興味で視聴していました。加えて、この作品自体は絵が断然キレイとかそういう感じのものではないので、興味のある方向けだと思います。

自分がそらんじてすぐに言える声優さんて何人居るだろうと考えたとき、50人くらいがやっとでした。(5分間考えました)たくさん放送される作品の中でその声優さんらしい演技もしくは今までに無いキャラの構築をしていかないと視聴者の人の記憶に留めておくのは難しいと思います。そんな中でお仕事し続ける声優さんのお仕事ってやっぱり厳しいのだろうと感じました。

あと中心となって登場する新人声優の一人、鈴ちゃんが可愛くて見ていたようなものでした(*^_^*)
現役中学生に体操着着せて練習させるのはあざとすぎですw

投稿 : 2019/11/16
♥ : 24
ネタバレ

ポール星人/小っさ

★★★★☆ 3.9

ソフトめに声優残酷物語

ヤコペッティのアレの様なキワモノじゃ無いすけどもw

正直私はビターなの好きなんで結構この作品好きなんですけど、流石に最終話はショッペェかもですねw
{netabare}
2年間分の業務査定なんて当人にとっては一大事でしょうから、当然物語に組み込んだんでしょうけどねぇ。
これが声優のお話でなくても、査定という言葉の響きは嫌なもんですわねw
まぁ、双葉は首の皮一枚でつながって干されなかっただけでも良かったんでしょうけど。
{/netabare}
まぁ考えてみるとシロバコもずかちゃんの部分だけ見ると結構凹む事ばかりでしたけど、何故か仕事面では恵まれてた双葉の方が不幸に見える謎なのでゴザイマス。

 絵柄のイメージと描かれる現実のギャップが、この作品の場合ちと悪さはしてる気もします。・・・某所ぐらしもか(汗)
しかし、リアルな絵だったら更に凹まされるでしょうしねぇ~
いじるなら話の展開の方なんでしょね、やっぱ。

 個人的には声優の仕事ってものに無関心だったもんで、この作品には勉強させて頂きました。結構いい作品だと思うんですけど、総合ランキング低いすね。声優さんのお話なんてアニメ好きにには鉄板のネタと思ってたもので、受け取り側の反応がちと意外でした。



//////////////////////////////////////////////////////
 今期は出来るだけ観るもの絞って、あまり広範囲に手を出さないつもりだったんですが・・・
アニメの制作現場に詳しい方はいざ知らず、私の様なニワカには勉強になります。
SHIROBAKOはどちらかと言うとモノづくりに近い訳ですので"職場"のイメージもなんとなく湧きますけど、声優のお仕事って正直イメージ湧きませんしね。

個人的にはアニメ業界をほどほどの美化でアニメ化って、ニッチな需要とは言えチト商売として堅くてズルい気がするんすけどね。
面白いから観ますけどねw

コレもそうですけど業界の従事者の苦労知れば知るほど同情から、レビュー甘くなっちゃう気します(汗)

投稿 : 2019/11/16
♥ : 25

67.7 3 声優アニメランキング3位
ガーリッシュ ナンバー(TVアニメ動画)

2016年秋アニメ
★★★★☆ 3.5 (568)
2261人が棚に入れました
かわいい外見と世を舐めきったメンタルを持つ女子大生・烏丸千歳。
夢と希望と野心を抱いて踏み込んだ声優業界で、彼女が目にしたのは、おかしな業界のシビアな現実の数々だった――。
仕事なし×やる気なしの新人声優・千歳に、人気声優への道は開けるのか!?

声優・キャラクター
千本木彩花、本渡楓、石川由依、鈴木絵理、大西沙織、中井和哉、梅原裕一郎、堀内賢雄、江口拓也

「ひろ。」

★★★★★ 5.0

ちゃんと見返してみたら、本気で名作でした!!(全話通し見ブルーレイ購入して)。

予備知識ほとんどナシでの視聴です。

>1話まで視聴して
声優モノですか。最近増えてますね。
1話の率直な印象としては
「なんかギスギスした暴露系な所がウリな作品なのかな?」ってところでした。
正直不快感のようなものが強くて続きを観る気は起きず
そのまま1話切りしてしまっていました。


>2話まで視聴して
世間では6話くらいまで放送された頃でしたか・・
ふとどこかのWEBページで目にした「〇〇〇〇、ガハハ」の文字列が目に入り
ちょっと気になって久しぶりに2話を観てみました。

すると自分の中での印象が、かなり変化していました!。
一番大きかった変化は”主人公の印象”ですね!!。

1話見た時点では、なんかどんな性格なのかまったくつかめず
マイナスイメージが強すぎた自分でしたが
少しずつ慣れてくると
この主人公には悪気がないというか、天然な感じというか
単に正直なだけというか、自然体というか、ある意味まっすぐというか
・・素直に受け入れられるようになっていました。


>7話まで視聴して
そこからは本作にとても興味が湧いてきたので、7話までほとんど一気に見てしまいました。
主人公の印象はさらに加速して
”社会人である自分”としては、むしろこの主人公を見習うべきところが多々あるなと
感心させられるまでになっていました^^。

ふとこぼれまくる本心も日頃自分が感じていることと共通することが多く、親近感がわきます。
時々しゃべり終わりにくっつける口癖の「〇〇んけど。」。←自分もよく言ってるわw。

主人公以外のメインの5人もそれぞれ丁寧に性格や心情が描かれていていい感じですね。

アニメ制作におけるいろんなトラブルと
それらに対峙した時のそれぞれの職種の実態を描く様は
SHIROBAKOやそれが声優とはまた違った切り口で
でも不快感は感じさせず、痛快に描いてるところが好感度高いです!。

---------------------------------------------
>全話通し見ブルーレイ発売を知り、1話まで再視聴して(2年ぶり?に)

全話通し見ブルーレイですか!?。
放送当時はちゃんと全話見終え、気に入ったのでコミックスも購入し
個人的にアニメ放送は好印象で締めくくられたように記憶してるのですが
既に2年くらい?が経過した現在、内容がどうだったか思い出そうと努力してみましたが
いっこうにどんな経過と結末だったか、まったく思い出せなくなってましたww。

「キャストと原作者が反省するガーリッシュ ナンバー反省会」・・だと!!?ww。
それもワゴンセール価格1万円ぽっき・・ってwww。

ええー?、そこまで卑下するような内容ぢゃなかったように思うのに
でも、ひさびさのこういった展開。。。
嫌いじゃないです!!。
どんどん攻めていってほしい!!!。

幸い??w、放送終了当時は
満足度は高かったもののBDを購入するまでには至らず
今となっては、内容を思い出せないまでになってしまっていたこのタイミングで
・・・やってくれましたねwww。
・・・いい!!・・と思います!!!。


放送当時に感じていた自分の満足感が、本当にそうだったのかを確認するため
2年ぶり?に、本作の再視聴を開始してみて
まず1話までの時点ですが、
「やっぱ、自分が満足した記憶は間違ってなかった!!」です(確信!)。

若干、兄貴の”上から目線??”・・・が気になり(ウザい?)
ここはもう少しどうにかならんのか??とも感じましたが

でも何より、主人公の”流れに身を任せて乗っていくスタイル”←絶賛!、
大人たち?のいい意味でのいい加減さ(ポジティブ思考ともいえる?w)にブラボー!、
主人公の鼻歌?の歌詞(←現実見てる!)・・が何気にお気に入り^^。

ああー、このままだと全話通し見ブルーレイ買ってしまいそうです^^。
(2期?なども期待してるのでその意味もあり応援したい)
(画質劣化がどうなのか若干気になるけど、北米版BD同等?と考えれば問題なさそう)

単品で発売された時の特典的なもの?(内容知らんけど)があるなら
なりふり構わずつけて売ってほしいなあ~ww。

反省会の内容は、やはり気になります!!。
でも反省なんかしなくていいんじゃないかなあ~(してないと思うしww)。


今回のこの商法、他作品でもどんどんなりふり構わずやってほしいですね!。
需要はあると思います♪。

---------------------------------------------
>全話通し見ブルーレイ購入して。
はい、全話通し見ブルーレイ購入しました♪。
  (⇒心配していた画質は全く問題なく、1枚で全話見れて快適で、さらに格安です^^)

当初のお目当ては「キャストと原作者が反省するガーリッシュ ナンバー反省会」だったのですが・・
その部分に関しては全くの期待はずれでしたw(内容薄っすいし、反省もしてない・・)。
(・・いっそのこと全話で反省会やってくれたら、もっと評価できたのですが。。)

で、ガッカリしてしばらくBD放置してたのですが
今期は個人的大不作のため、観る作品がなくて困っていたところ
本作のBD、せっかくなので本編も観てみようかな?・・といる流れに。


いやー、やっぱ本作、本気で「お仕事アニメ」の傑作だと再認識しました!!。

特に個人的に今期3DCGキャラに苦戦しているせいもあってか
本作のキャラの表情が素晴らしく生き生きしてるように感じるんです!!。
凹んでる時も、テンション上がる時も、悩んでいる時も、その他すべてで。

登場キャラもメイン・サブ含めて、みんなキャラが立ってて魅力的だし
声優さん方も楽しんで演じておられるように感じます。
キャラのやりとり観てるだけで、たくさん元気もらえる貴重な作品♪ではないでしょうか?。

OP/ED曲も秀逸です♪。


一部では「○死作品」?とかっていわれてるのかもしれませんが
自分にとっては素晴らしく大満足させてくれた作品でした!!。
これからも何度も何度も再視聴させてもらうことになる気がします^^。
(★の評価、MAXまで上昇しました)


「修羅」のアニメ化中止は、本当に残念で仕方ありません・・。
願わくば本作がもっともっと再評価されて、「修羅」のアニメ化が復活してほしいな~。ほしいな~。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 26
ネタバレ

noindex

★★★☆☆ 2.2

裸の王様渡航としったか業界。これほどつまらないアニメは久々に見たテンプレとかの方がまだマシ。俺ガイルがまぐれ当たりだとわかった

1話
(渡航先生の脳内)声優業界の裏を描いた声優アニメ。
こんなにゲスくないだろと思わなくも無いが、SHIROBAKOでも酷い声優会議を描いたりずかちゃんが嫉妬して毒づいたり、それが声優!でも双葉が仕事を降ろされて腐ったりと、ファンが見たくない声優の姿は描いている。その部分は同じと言える。

でもこの作品で演じている声優は凄い違和感をおぼえていると思う。SHIROBAKOの声優インタビューで「ずかちゃんが電車で練習してるのは守秘義務違反なのでおかしい」等と突っ込まれまくってたし、このアニメではそうとうストレス感じながらやっているかもしれない。リアルなSHIROBAKOですらそれだから、渡航の脳内(?)声優業界のこれではなおさらだろう。{netabare}声優が原作者に失礼な態度をとる所は憤慨してるかも。「ラノベアニメで原作者に聞く事なんか無いでしょう」もあり得ないと言うんじゃないの。

「なんで売れそうにないアニメ作るんだろうね」{/netabare}というセリフは渡航大先生のクオリディアコードに凄く言いたいんですけど。作画が良ければ売れたかもね!

ただ、{netabare}ずかちゃんや双葉は最後まで端役声優で終わってしまいストレスを感じたが、この作品は主人公がいきなりメインヒロインに抜擢されるので、そこはこれからが楽しみかな。{/netabare}

ところでQP:flapperのアニメはこける法則が出来つつあるが、いい加減ヒットしてみんなにっこりにしてもらいたいものである。

2話
{netabare}SHIROBAKOのようにキャラデに原作者からケチがつく。実際はまず無いと思うんだが。{/netabare}
っていうか、こういうネタを書くなら渡航先生からクオリディア・コードの作画について釈明がほしいんだけど!!!!!!!!
{netabare}八重を内心で悪く言ってるのはさすがにイラっとするな。
一般的に30分アニメだと製作費は1話一千万らしいから1600万は高いな。
PVの出来がいいかどうかネットでもめてたけど、凄く上手いけど絵柄にクセがあるアニメーター作って感じだね。ノエインみたい。
「こいつ関西人の割に面白く無いな」は吹いた。この辺はさすが渡航だと思う。三国志ネタあったけど渡航三国志好きなんだろうか。{/netabare}
千歳はクズいけどキャラとしてありなのかなと思う。実際こういう声優もおるでしょ。渡航だけに脇役含めてキャラ立てるのは上手いと思う。

3話
SHIROBAKOの時は業界人からいろいろ反応があったけどこの作品は無視されてるっぽいね。まぁ相手するだけバカってみんな思ってるんだろう。
{netabare}このぼそぼそしゃべるメガネ原作者は渡航大先生自身がモデルなんだろうか。
岡田マリーや吉田玲子のインタビューとか読んでるとこんな横柄な女性脚本家ありえないと思うけどね。{/netabare}渡航先生の脳内にいる人物なのだろう。
{netabare}棒読みはそう簡単に治らんだろ。小○川千明とか大○歩夕とかずーっと棒読みのままだし。{/netabare}

千本木彩花がわざと下手な演技しているけど帰宅部活動記録の時は本当にこのくらい下手だったから笑ってしまった。

4話
{netabare}製作カツカツなら先行上映会自体をやらないと思うんですけどねえ…。←ゴッドイーターで先行上映会中止の前例があった。
マージン減らせとか言ってるけど報酬はランク制で1本15000円って決まってるんじゃないっけ。
堀江由衣のパロディ描写あったけどそれが声優は本人出てるしなー。
爆死請負人とかいうあかん言葉出すな渡航!{/netabare}
ちー様はある種の天才やな。人とずれた神経を持っている主人公が問題解決して行くという筋書は俺ガイルに通じる。
でも作画ネタやるならやっぱりクオリディア・コードの作画をネタにして欲しいなあ。

5話
{netabare}エア視聴w
千歳はこれだけ自分大好きなのもある意味凄いな。{/netabare}
渡航って「それな」って言葉好きだよね。
このアニメは作画が良くて良かったですね。
{netabare}何がやりたいおはなしかわからない、ってのはレガリアで緒方さんが感じて監督問い詰めたらしいね。俺もレガリア見てて何がやりたいのかわからないけど。
千歳もニコ生で叩かれたのはさすがに堪えたか。荒らしコメントもっと読みやすくしてほしかったw{/netabare}
かわいそうを言い出すと一番かわいそうなのはQP:flapperだと思うwこれで4作目やでしかしどれも…。
4話からさがら総が脚本書いてるのか。あいかわらずクオリディアの3人で回してるんだな。
次はテコ入れ水着回?俺ガイルはそんなの全然なかったけど売れましたよね渡航先生。

6話
わーいQP:flapperのかわいいキャラの水着回だー(棒)
{netabare}最初の収支表で原作使用料があったけど、無料が普通なんじゃなかったっけ?アニメのおかげで原作が売れるから。俺ガイルは人気作だから貰ってたのかな。
アニメの特典映像で声優の水着はねーわ。
またラノベ作家disってる…{/netabare}声優の口から言わせんなシリーズ構成クソ渡航!
{netabare}声優で親子で出るケースってどんだけあったんだろ。
えっこれ二期あるのwブブキブランキ状態w{/netabare}
つーかこのアニメ自体も不人気でこんな感じじゃない。

7話
{netabare}山形からってSHIROBAKOのずかちゃんと同じだな。
声優ラジオで恋愛相談なんかやるのか。{/netabare}
今回もつまんねえ内容だなあ…声優関係なくなってきたし。切るタイミングを逸した…。この手のホームドラマっぽい話やってもSHIROBAKOそれが声優と比べて内容薄すぎ。

8話
渡航は自分が作ったアニメがそこらのテンプレアニメとは格が違うとでも思ってんの?俺に言わせれば俺ガイルも俺が4.0点以上つけたアニメに比べりゃクソアニメだよ。修学旅行回までは良かったがその後は沈黙でごまかすだけのどうしようもないゴミカス(今回はさがら総脚本でシリーズ構成の渡航は内容100%任せてるかもしれないけど)。
{netabare}万葉は猫好きでますます雪ノ下雪乃に見えるな。
百花の本心は想像に任せる形だけど(単に休みたかったという解釈でもいいと思うが){/netabare}ここが渡航の嫌な所なんだよな。俺は虚淵先生や西尾維新みたいに言葉を尽くして心境を徹底的に吐露する作品の方がいい。アニメの中くらい物事はっきりさせろ。
このアニメはクソだが山形には罪はない。山形の温泉街の風景はとても良く描けている。クオリディア・コードの作画がこうだったらなぁ。山形行って板蕎麦だけ食べて帰ったことがあったな…。

9話
{netabare}声優ってよほど実績に差が無い限り上下関係は基本的にないと思うんだが。チマメ隊のラジオで水瀬が目上のそらまるりえしょんに偉そうにしてたし。あ、あれはいのりんがそういうキャラだからか。
Twitterでキタエリが田村ゆかりに異常にへりくだってるのはまどかファンとしてなんかがっかりした。あそこまで卑下するほど二人に差はないと思っているんだが。
あやねる声のキャバ嬢。アニメ好きと言っても好きなのは深夜アニメじゃないあるある。
若いというだけで抜擢された奴はすぐに次に取って変わられるのは当たり前。
七海を演じている佐藤亜美菜は森田さんは無口で知ってるが、元AKBだけど結構うまいと思う。{/netabare}
今回もそれが声優!より浅かったよわたりん。円盤も爆死だねこの作品で言ってるように。さっさと俺ガイルの続き書けよゴミ。

10話
{netabare}いまさら修造パロとかツマンネ。中の人も松岡なのがギャグなんだろうが。{/netabare}
七海の中の人はAKBでは歌上手い方だったんだろうか?
振り返ると4話で少しいいと思ってしまったから切るタイミングを逃したんだよな。4話がクソだったら切れたのに悔しい。つーか主人公があそこしか活躍してないよな。

11話。★脚本が渡航になってさらにつまらなくなった。★
八重が腹黒っつーけど八重が腹黒に見える様子なんか描いたことないんだよねバカ渡航って。
渡航は俺ガイルと同じようにやってるのにどうしてって思ってるんだろうが、俺ガイルのような基礎が出来てないからつまらないままなのは当然。
最後の砦の作画もちょっと落ちてきたね。
このほうが業界の実態に近そうって言ってた奴らも今回の寒い友情話と励まし話で擁護しようがなくなったね(嘲笑)あ、そろそろブロックかな?大歓迎ドーゾドーゾ!!!
でも最後に千歳がアフレコ現場でAnotherの先生みたいに自殺して終わったら評価上げるよ。そうしたら声優史に大きく名を残すから今回の話と筋は通る。渡航にできるわけないけど。

12話
{netabare}雪+電車で「月曜日のたわわ」とネタかぶりしてる。
アフレコは一人遅れても別撮りでええやろバカ渡航。
違約金はキー局じゃなければ安いことも知らなそう無能渡航は。
それが聞きたかったはブラックジャックのパクり。
最後はくっさい茶番で終わりか。
千歳が目玉焼きトレーナー沢山持ってるのだけ笑った。親の形見とかだと思ってたが。
ライブシーンはほとんど動かなくてしょぼかった。
あと土壇場で追加とか現実と芝居リンクさせるとか{/netabare}SHIROBAKOとそれが声優!でとっくにやってるし。
書いてる人間同じだから言い回しが俺ガイルなのに話は俺ガイルと比べてゴミカスレベルなのでほんと気持ち悪い。

★業界業界言うけどこのアニメってリアルでは業界人に完全無視されてるのはほんと笑えるwSHIROBAKOの時は反響凄かったのにねー(嘲笑)★

【総評】
まともに論じるのもバカらしくなるくだらない内容。
★こんなゴミ見るより「SHIROBAKO」「それが声優!」を見た方がいい。★
「それが声優!」で原作者にしてベテラン声優の浅野先生が、アニメのモブに出られる人でも凄いエリートなんだとあれだけ言ってるのに、この駄作はその辺から根本的に分かってなくて間違っている。
でも毒舌セリフとかは置いといて、シリーズ構成が俺ガイルの作者なんだし、もっと俺ガイルに近い心理描写や言葉の駆け引きとか出来ないのかなと思う。女キャラばっかりだとダメなのかな。

(インタビューより)バーーーーーーカ!!ざまああああああああああああああああ無能がwwwwwwwwwww

渡航
(中略)視聴者が本来求めていたアイドル声優アニメではなかったという(笑)。本来多くの方に観ていただきたいと思っていたはずが、なぜ急にフルイにかけてしまったのか…。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 30
ネタバレ

ピピン林檎

★★★★☆ 3.8

《お仕事アニメ》としては微妙だが、《クズ妹もの》として楽しめてしまった・・・

ディオメディア制作アニメということで、同社制作の『艦これ』に出てくる駆逐艦「如月(きさらぎ)」とよく似たヒロインだなあ・・・と放送中から気になっていた本作、自分が高評価している『俺ガイル』の原作者(渡航氏)がシリーズ構成している作品、ということもあって一気観してみました。

で、観終わって『俺ガイル』のような{netabare}シリアス方向に振った展開は余りなくて、割とあっさりした内容{/netabare}だったのでちょっと拍子抜け。
それから、視聴前はてっきり《お仕事アニメ&声優もの》としてそれなりに見所がある作品なのだろう・・・と思っていたのですが、その方面でも残念ながらちょっと期待はずれだった気がします(第1話だけは雰囲気出てて良かったのですが、後が続かなかった印象)。

でも、その代わり、{netabare}「わがままで面倒な妹」と、「それに振り回されつつも結局彼女を優しくサポートしてしまう兄貴」、{/netabare}という《問題児のクズ妹もの》とでも表現すべき予想外の方面で、個人的に結構楽しめてしまったので、結局見て良かった作品となりました。



◆作品情報

原作         Project GN
監督         井畑翔太
シリーズ構成     渡航
キャラクターデザイン 木野下澄江
音楽         菊谷知樹
アニメーション制作  ディオメディア


◆各話タイトル&評価

★が多いほど個人的に高評価した回(最高で星3つ)
☆は並みの出来と感じた回
×は脚本に余り納得できなかった疑問回


========= ガーリッシュ ナンバー (2016年10-12月) ========

{netabare}第1話 やさぐれ千歳と腐った業界 ★ 業界のself-mockingアニメか? ※掴みは上々
第2話 天狗な千歳と声なき悲鳴 ☆
第3話 邪道な千歳と王道展開 ★
第4話 イケイケ千歳とゆかいな仲間たち ★
第5話 ちょけった千歳とぼこぼこ評価 ☆
第6話 浜辺の千歳と通らぬ予算 ★ 柴崎と百花の個人事情
第7話 やじうま千歳と授業参観 ★ 続き
第8話 ねぼすけ千歳と湯煙旅情 ★ 続き
第9話 焦燥千歳と疾走ルーキー ☆ 九頭Pの個人事情、マネージャー変更
第10話 闇堕ち千歳と失意のクズ ☆ 松岡新マネ登場、後輩(七海)の活躍
第11話 揺れる千歳と決意の悟浄 ★ 
第12話 烏丸千歳と…… ★{/netabare}
---------------------------------------------------------------
★★★(神回)0、★★(優秀回)0、★(良回)8、☆(並回)4、×(疑問回)0 ※個人評価 ☆ 3.8


OP 「Bloom」
ED 「今は短し夢見よ乙女」

投稿 : 2019/11/16
♥ : 35

60.4 4 声優アニメランキング4位
こえでおしごと!(OVA)

2010年11月17日
★★★★☆ 3.4 (295)
1447人が棚に入れました
いたって普通の高校生の女の子である青柳柑奈が16歳の誕生日を迎えた時に姉の弥生からバイトをやらないか?と頼まれた仕事がエロゲの声優だった、、、。ひとりの普通の女の子の声優サクセスストーリーが、今始まる!

大和撫子

★★★★☆ 3.9

18禁じゃないの?

開始6分の地点でエッ~!!!!?と思わせる驚愕な展開でした。
声優に恥ずかしい事を言わせているアニメで思いつく作品は「生徒会役員共」。
しかしその作品が薄くなるほど、このアニメは生々しく過激なエロアニメです。
とはいえ18禁には分類されていない・・・。
制作会社も「ストライクウィッチーズ」や「咲-Saki-」などを手掛けたスタッフが独立して今では「Aチャンネル」を制作している会社。
気になる声優陣は、「かみちゅ!」や「宇宙をかける少女」の主人公を演じた「MAKO」の他、名前を出されてもイマイチわからないがそれなりに有名なアニメ作品に出演している人と新人声優で構成。
これから察するに18禁と同じ部類ではないのだが、実際見てみると18禁としか思えない・・・。
恥ずかしい演技を声優にどんどんさせています。
主人公を演じる「MAKO」は美少女アニメキャラのような可愛い声を出すので、その恥じらう姿にすごくドキドキです。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 14

だんちょー

★★★★☆ 3.6

あれ?想像してたのと違う。

OVA全2話。

1時間程度なので、まぁまずは見てくださいwww

開始10秒で吹きました。そしてこの作品ちゃんとR-18指定されてますよね?www

声優さんの仕事の話なのですが、まさかエロゲ声優の話だったとは・・・

『声だけで景色を見せられる声優』すごく素敵なことを言ってるんですが、内容が・・・ けしからん!まったくけしからん!

MAKOさん・・・ 『かみちゅ!』ではあんなに私を癒してくれたのに・・・

この作品では違う意味で癒してくれましたwww

まぁ嫌いじゃないんですけどwww

この作品を見て、声優さんって大変なんだなって思いましたよ。

とりあえず、お子様には決して見せないで下さい。

また視聴するときは必ず1人のときに見ること、壁の薄い部屋の方はイヤホンを推奨しますwww

最後に・・・ 私はこの手の作品は『嫌いじゃない』と補足。『好き』とは言ってないぞ。

7/21 若干訂正。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 32

おにいた

★★★★☆ 3.7

はい、アウトー。18歳未満は見ないように。

かわいいタイトルしてるのに、開始5秒でこれは18禁だと確定。
なんか違うアニメ見たかと思って焦りました

内容は
姉がエロゲーを制作していた事で妹が無理やりエロゲーの声を担当せせられる事になる
そして、その妹の葛藤や努力?を描いたアニメ

OVA2話で60分


はっきり言えば内容は盛り上がる所もなく、
どうやってエロゲーの声を出すか、出させるかの話だけ。


気になったのは
妹が純粋そうに見えるけど淫乱な子であると言う事
まぁ想像力豊かな事はすばらしい事だとは想いますがね


改めてエロゲーを担当する声優さんは尊敬します
僕には絶対できないと思いました
声優さんこれからも頑張ってください
そう思えるアニメでした

投稿 : 2019/11/16
♥ : 24

61.0 5 声優アニメランキング5位
REC -レック(TVアニメ動画)

2006年冬アニメ
★★★★☆ 3.4 (144)
768人が棚に入れました
製菓会社に勤める松丸文彦は、映画館でふとした事から新米声優の恩田赤と知り合う。その夜、赤のアパートが火事になり家に連れ帰ったことがきっかけで松丸のアパートで同棲することになる。その後、赤は順調に夢を実現していくが、仕事がうまくいかない松丸とケンカする。偶然同席した飲み会でお互いの気持ちを確認し、晴れて恋人同士になるが赤の声優という職業柄、公表するわけにもいかない二人の秘密の恋愛が始まった。そんな松丸や赤の周りの個性的な人々を巻き込んでの、時にはドタバタ、時にはラブコメディ、そして時にはドロドロの人間関係の渦巻く二人の日常の物語。

もちすい

★★★★☆ 3.6

あかさん

地味な作品ですが良作でした。
導入の展開は、ちょっと無理矢理かなとは思いましたが、それ以降は、嫌味の無い恋愛ドラマです。

恋愛ものにおいて、あまりにもリアリティを無視した記号的パーソナリティを持つキャラ、というのが個人的に苦手なので、インパクトは弱いですが、そういう安易なキャラ作りに走らない姿勢は好感が持てます。

そして、余計なところは一切描かず、描くべきところを2人の関係だけにしぼっていたので、とてもシンプルです。
話が薄いと言ってしまえばそれまでですが、1話15分×9本という短い時間構成を考慮すると充分なクオリティではないでしょうか。

ただ、赤役の声優はどうなんでしょうこれは。
意図的な演出なのかはわかりませんが、この方の微妙な演技が良くも悪くも、ゆるさのような雰囲気を生み出してます。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 4
ネタバレ

Appleモンキー

★★★★★ 4.7

●REC "声優拾った。"

声優の卵 恩田赤
メーカー企画の松丸文彦

ある日、映画館で出会った二人は意気投合する。
その夜、赤のアパートが火事にあい、路頭に迷う赤。
近くに住んでいた松丸のアパートに居候することになり、2人は一緒に暮らすことに。文無し状態から赤の声優活動はスタートする。

■第1話~第9話
{netabare}
文無しからスタートした赤。
仕事のことで悩みながらも互いに支えあい乗り越えていくラブコメです^^

仕事やっている人は色々共感できたり、ほっこりした気分になれるかも^^

原作も気になってしまったので全巻購入です★
{/netabare}


■原作
{netabare}
RECのアニメが好きになったので一気に全巻購入しちゃいました~

アニメの内容は第1巻だけだったのですね。ビックリです。
原作の方は結構サクサクテンポよく進んでます。
アニメ版は原作の内容を膨らませた感じで、原作、アニメ版ともにそれぞれいい味がでています^^

アニメから入ったせいか、第1巻の内容は特に好きですね。
ねこキのキャンペーンを赤と松丸くんで盛り上げていくところがとてもイイです^^

原作の第2巻からは、アニメの続きの内容ですが、赤の妹が出たり、お母さんが出てきたり、会社が買収されたり、ライバルが現れたり、色々楽しめます。吉岡マネージャーと社長のストーリーもお気に入り★

原作は最近最終回を迎えたみたいですね。
最終巻の発売がたのしみです^^

{/netabare}

投稿 : 2019/11/16
♥ : 29

ato00

★★★★★ 4.1

オードリー・ヘプバーンとスナック「は」のキャンペーンソングに注目

新人女性声優とサラリーマンの恋愛アニメ。
10話×15分と短く、登場人物が少ないので話がサクサクしてます。
また、サブタイトルはオードリー・ヘプバーン出演の映画から採用。
もちろん、映画のセリフが出てきて洒落ています。

1話の出会いからこの展開?
と思いましたが、2話以降は正常なお仕事アニメでした。

主人公はダサ顔の冴えない男。
一方のヒロインはまん丸お目目の赤毛娘。
それもそのはず、名前は赤。
声優の卵だから当然声は可愛い。
演技の保証はしませんが。

スナック「は」のキャンペーンソングは独特。
気の抜けた祭囃子調の不可思議なメロディーです。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 24

60.5 6 声優アニメランキング6位
走り続けてよかったって。(TVアニメ動画)

2018年秋アニメ
★★★★☆ 3.1 (51)
183人が棚に入れました
アニメイベントの朗読会へ友人と訪れた湊。
そこで見た声優の演技に心惹かれ、入学した水道橋アニメーション学院で千歌子と出会う。千歌子は湊が引っ越した部屋の前の住人でもあり、USBにメッセージを残した本人だった。同じ声優を目指しつつも役に魂を吹き込めないことに葛藤する湊と過去のトラウマに怯える千歌子は、お互いを励まし合いながら自分と見つめ合っていく。そして、成長していく2人を見守る先輩の凌太や景たち。立ち止まり、悩んだその先に2人が見つけたものとは―。

声優・キャラクター
福山潤、野口衣織、鳥海浩輔、渕上舞、こいぬ

ninin

★★★★☆ 3.2

夢追い人

全4話 15分枠 

4月より声優科のある専門学校に通う主人公、寮に入ったその日に部屋で前に住んでいた住人のあるものを見つけます。声優を目指して頑張る声優の卵さんたちの青春物語。

某専門学校企画で原作と音楽はHoneyWorksさん、HoneyWorksはCHiCO with HoneyWorksとして曲は知っていましたが、作品は初めてでした。

第一印象はカラフルで爽やかな感じがしましたね。

アフレコというより、朗読劇が主体となっています。

色々な不安を乗り越えて成長する姿を描いていますね。

これからも頑張るぞー!みたいな感じで終わっているのは話数も短いので仕方がありません。

最後に、声優の卵のお話なのに、主人公や先輩が結構有名な声優さんを使っているのがちょっと気になりました。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 16

Wraith

★★☆☆☆ 1.9

声優を目指す職業モノ?

なぜか見ていて恥ずかしくなる。自分が恥をかいているような。なんだろうこの感覚。

役者の仕事だけでは食えなかったために吹き替えを始めたが、当時『声優』と言われることを嫌っていた大物声優がいる。

子役から活躍している人が声優の仕事の難しさを知り、難しさ故にやりがいを感じて声優を専業とする道を選んだ元役者がいる。

最近は自己紹介で堂々と「声優の○○です」と名乗る人が増えた。

声優が憧れをもって受け入れられる職業になったのか。最初から声優を目指す人がいる。この変化に無関係の自分はついて行けていない。

意図的か、CVにバラツキが目立つ。ベテランは息をするように自然に演じ、イケボすぎて調和がとれていない人、日常と声優の演じ分けができない未熟さを感る新人?が、水と油のように溶けずに分離したまま混在している。

テーマが声優なので、余計なところが気になってしまう。
肝心のストーリーはどうなのか。トレンディドラマを目指しているのなら興味ない。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 2

Ka-ZZ(★)

★★★★☆ 3.7

走り続けてよかったって。

この作品の原作はHoneyWorks(ハニワ)さん…
私は、ハニワさんは音楽ユニットとばかり思っていましたが、こういう物語も手掛けられていたんですね。
全然知りませんでした…^^;

でもそれで納得…
この作品のオープニングとエンディングに、どちらもハニワさんらしい楽曲が使われていましたから…
オープニングとエンディングの両方を手掛けるのって珍しいと思っていましたが、原作含めてこの作品にガッツリと刺さり込んでいたんですね。

この作品の主人公は、須山 湊…
彼は友人と訪れたアニメイベントの朗読会で見た声優さんの演技に魅了され、声優を目指すべく東京のアニメーション学院に入学します。

1人暮らしをするために借りたアパート…
その部屋の備え付けの机の引き出しの中にUSBが入っていました。
そのUSBには前の住人だった人のメッセージが吹き込まれていたんです。
前に住んでいた住人も声優を目指して日々練習を積み重ねているとの事でした。

こういうサプライズって…気合い入りますよね。
こうして声優になるための勉強が始まり物語が動いていきます。

言われるまでも無く分かっていたことですが、声優業ってホントに難しいと思います。
ただ一生懸命演技すれば良いってモノじゃありません。

それに人前で演技をするのがどれだけ緊張するか…
夢が本物であればあるほど緊張が否が応でも高まります。
ですが、お客さんが求めるのは最高の演技だけ…

この悪循環…きっと誰もが乗り越えられる壁ではないのだと思います。
何回も挫折を繰り返しながら、それでも諦めずに前を向き続けた人のみが突破できる小さな門…
そして、これを努力と言うなら自分と同じように努力している人が周りにたくさんいるということ…

だから自分は特別でも何でもない…
些細なことから気付きを拾い、自分に置き換えて消化していく…
当たり前のことを端折らずに愚直に進める姿勢が大切…
だって…夢なら叶えたいじゃありませんか…
全4話なので登場人物も多くはありません。
彼らがどの様な軌跡を経て何を手にするのか…
気になる方は是非本編でご確認頂ければと思います。

オープニングテーマは、LIP×LIPの「夢ファンファーレ」
エンディングテーマは、=LOVEさんの「アイカツハッピーエンド」

Amazonの「primevideo」でサクッと視聴できる作品です。
「悩む」より「観る」作品だと思いました。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 15

63.8 7 声優アニメランキング7位
それが声優! 特別編「プチ打ち上げ」(OVA)

2016年3月23日
★★★★☆ 3.6 (29)
146人が棚に入れました
それが声優! BD&DVD第7巻に収録。

えたんだーる

★★★★★ 4.3

たびゆけ~ば~たの~しい~ ホテルみか~づ~き~♪

『それが声優』BD&DVD 7巻の特典OVAです。これを観たくてBD買っちゃいましたよ。

木更津温泉の竜宮城ホテル三日月がクレジットされ、実名で出てくる温泉回。ちゃんと調べた訳じゃないですけど、内部施設もたぶんロケしたんでしょうね。

時系列的には12話のライブの打ち上げというか慰労会というか、ということで日帰りではありますが東京からほど近い某温泉施設(だからホテル三日月のスパ施設だってば(笑))へ赴くイヤホンズの3人。

泊りではないことに文句など言いながらも温泉を満喫し、おみやげコーナーで売られる怪しげなキャラクターに(職業柄?)声を当てて遊んでいると、そこにイヤホンズを知る従業員が目をつけて…、ということであとは本編を観てのお楽しみ。

なんだかんだでプロな対応をするイヤホンズがカッコいい。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 15

50.4 8 声優アニメランキング8位
ラブゲッCHU ミラクル声優白書(TVアニメ動画)

2006年春アニメ
★★★☆☆ 2.8 (13)
95人が棚に入れました
声優業に就き、憧れの声優と共演することを夢見ている主人公・苺原桃子は、業界屈指の声優事務所「ラムダ・エイト」の養成所オーディションを受けるため、京都からはるばる東京へやって来た。オーディションに見事合格し、晴れて養成所の一員となるも、実際にプロの声優になるためのレッスンが開始されるとその厳しさに桃子は驚く。そして養成所で桃子は同年代の4人の女性声優志望者たちと知り合う。変わった前歴を持つ者や個性的なポリシーを持つ者などクセ者揃いだが、彼女たちも皆桃子と同様、それぞれの思いを胸に声優を目指している。そんな彼女たちが共に厳しいレッスンや幾多の試練を乗り越え、一人前の声優を目指してゆく。

声優・キャラクター
高本めぐみ、山本麻里安、長谷優里奈、新谷良子、坂本梓馬、高橋直純、野沢雅子、三石琴乃、緑川光、今井由香、こやまきみこ、松本保典、榎本温子、田坂秀樹、立花慎之介、うえだゆうじ、真堂圭、山田美穂、三浦祥朗
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ