2015年度の女王おすすめアニメランキング 2

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの2015年度の女王成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年12月12日の時点で一番の2015年度の女王おすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

63.0 1 2015年度の女王アニメランキング1位
DOG DAYS″(TVアニメ動画)

2015年冬アニメ
★★★★☆ 3.6 (318)
2362人が棚に入れました
新時代勇者系エンターテイメント、再演!
楽しかった夏 ―あれから一つの季節が過ぎて、3人の勇者が、またまたフロニャルドへ帰ってくる!
今度の舞台は秋。
敵か味方か、謎の少女・シャルも新たに加わって、ますますにぎやかな大騒ぎが・・・!?
愛と勇気と耳としっぽの物語、みたび開幕!


声優・キャラクター
宮野真守、堀江由衣、水樹奈々、小清水亜美、高橋美佳子、悠木碧、柿原徹也、竹達彩奈、日笠陽子、阿澄佳奈、上坂すみれ

とってなむ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

大運動会?大雲移動回?(擾乱)

ジャンル : ファンタジー / バトル / 獣人萌え
「DOG DAYS」の3期にあたります。


~あらすじ?~
楽しかった夏(2期)から季節は過ぎ秋へ。
シンク、ナナミ、レベッカの3人は再び異世界・フロニャルドへ向け出発。
しかし、シンクとナナミの二人はとある影響を受け、
目的地とは違う場所に落ちてしまう。
そこは竜の森。
その名のとおり、神竜が棲息している地帯です。
物語は、2人が竜の森からそれぞれの国へと帰還を試みるところから始まります。
竜の森で出会うシャルという女の子が3期のキーパーソンであります。


異世界ファンタジーの鏡とも呼べる本作。
この3期もファンタジー色が濃く、その点は大満足です。
ゆるふわアクションが今期も魅力的でした。
3期は戦より、魔物との戦いが多いです。
個人的にはワイワイ戦争やってるほうが好きですが、
これはこれで十分楽しめる内容でした。
今回は空の上にも行ったりして、スケール感は大きくなってます。


1つ残念だったのが、お気に入りキャラの出演時間。
何となくですが、減った気がします。
あっ、エクレとリコッタです。
新キャラも確かに魅力的ではありましたがね、
その分、出番が削られた点は完全主観ですが少し残念でした。

代わりにといいますか、
準お気に入りのノワはこれまでよりスポットを浴びていると思えたので、まぁ良かったです。
今思えば、キャラという面では2期が好きですね。
エクレ&ノワの絡みが大好きだったりします。


OP「No Limit」 歌ー水樹奈々
ED「Stay With Me」 歌ー堀江由衣

やはりDOG DAYSは音楽も素晴らしい。
1期~3期まで通してこの点も満足です。



私は1期2期3期と駆け抜けたわけですが、至福のひとときでしたね。
幻想的な空間と可愛いキャラたちに囲まれて私は幸せです。
全部合わせて38話。(13,13,12)
長いようで短い時間でした。
もっと観ていたいと心から思える作品です。

4期召喚を希望します。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 34

Ka-ZZ(★) さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

いよいよ3期を迎えました・・・今度はどんな展開が待ち受けているのかな^^;

1期ではシンクがビスコッティの危機を救うためミルヒ姫に勇者として召喚され、レオ姫率いるガレット獅子団領国との戦興行で大活躍しました。
そして2期ではレベッカとナナミも勇者に加わり、フロニャルドもパスティヤージュ公国の公女クー様を交え更に規模が拡大しました。

そして待ちに待った3期・・・個人的には2期の大勢で賑やかな物語の展開も嫌いではありませんが、どちらかというと1期の方に強い思い入れがあります^^
なにせ、ミルヒ姫(CV:堀江由衣さん)、リコッタ(CV:水樹奈々さん)、エクレール(CV:アヤチ)の3人推しなので・・・(//∇//)
ミルヒ姫は言うに及ばず・・・リコッタの懸命な努力とエクレールのツンデレにすっかり心を奪われてしまっているので、活躍を期待せずにはいられませんでした^^;

今回は竜の巫女であるシャルと先輩勇者・・・そして星の民が仲間に加わりました。いよいよフロニャルド大陸を飛び出してしまい、スケールの大きさはこれまで以上です^^

それに1話1話とても丁寧に作られていて、作画は確実にレベルアップしていますし、SEも良い意味で安定していたと思います。
エンディングで数多くの関係者の名前が記載されていますが、その人数の多さがこの作品のレベルの高さを物語っているのだと思います。

物語の一つ一つは面白いですし、英雄姫の回はちょっぴり感動もしました^^
けれど、完走して振り返ってみると何かが足りないんですよね^^;

まずは、登場人物が余りにも多いので、当然一人一人にスポットが当たる時間も限られてくる上、物語の展開や設定上新参者の比重を多くする必要があるのは分かります・・・
その結果、いわゆる古参の出番はおのずと減ってしまうのですが、私にとっての不足がこれでした^^;
ミルヒ姫は出番の減少は否めませんが何とか・・・リコッタも度々登場したのでかろうじて及第・・・
でも、エクレの出番は残念ながら殆どありませんでしたし、ツンデレ姿に至っては皆無だったのではないでしょうか・・・^^;?
エクレファンにとっては悲しいことです(´;ω;`)

もう一つは物語の展開です・・・1期はスリリングな展開に加え、物語の終盤・・・死に物狂いで頑張るリコッタや寂しそうなエクレ・・・
散歩でシンクに甘える姫様の姿は未だに眼に焼き付いています^^
3期も総じて面白かったとは思いますが、眼に焼き付く強烈な印象・・・というと限定されてくると思います。
今は視聴直後なので色んなシーンが浮かんできますが、2年、3年後にどうかと自問すると自信がありません^^;
もう少しシリアスな展開があっても良いのではないか・・・と思ってしまいました^^;

3期まで物語が続き、3期も次への布石も残して終わっているので次期も期待しているのですが、4期目は是非「原点回帰」による展開を楽しみにしています^^

オープニングテーマは、水樹奈々さんの「No Limit」
エンディングテーマは、堀江由衣さんの「Stay With Me」
どちらもお気に入りの曲です^^

しかし、私が推しているのはワンちゃんばっかり・・・
決してネコやリスが嫌いな訳ではないのですが・・・
やっぱり私は猫山さん派なのかな^^;
あ、ビックリしても引っかかないので安心して下さいね♪

1クール12話の作品でした。大好きな作品だけに望みのハードルも上がってしまっていますが、「またね。」を期待して4期を楽しみに待っています♪

投稿 : 2019/12/07
♥ : 23
ネタバレ

Takaさん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4

ケモナーホイホイ3期であります!

1、2期観ていないと入りにくいかも。
新キャラが、結構出てきそうなOPだったので、
3国のキャラたち出番少なそう。

10-12話目
{netabare}
クジラが病んでいて、その中にいる人魚達も体調を崩していて、
歌姫が歌えば治るらしいので、犬姫がライブして〆って感じかなー

新キャラ投入率が多すぎるなぁ3期

11話は、姫様オンステージと勇者2人のイケメンタイムで、
ストーリーはあまり進展なしと…

12話で、引き画像が崩れまくってたのは残念だけど、
安定の平和アニメだった。
{/netabare}

9話目
{netabare}
ソラウミ?にいる巫女さんに会いにく新展開
新キャラ2人登場だけど、片方は謎キャラのまま。

流れ的にガウルが主になる回かなーと思われる。
{/netabare}

8話目
{netabare}
英雄譚 後編
英雄王アデルとヴァレリーが結婚?していたのが意外だったのと、
イスカとヒナが長生きしている理由も分かり色々゚+。(о'∀')bスッキリ!

普通にいい話であります!
{/netabare}

7話目
{netabare}
ウサギ王子回

次週は過去の英雄譚でオチなく終わりそう…
{/netabare}

6話目
{netabare}
閣下のお見合い(物理)回で、新キャラウサギ王子が出てきた。

3人の勇者より強いんじゃ?

次週も、ウサギ王子の話っぽい。
3回連続ポロリだったけど、これから終わりまで毎回こんな感じなのかな?
{/netabare}

5話目
{netabare}
ゴザルとデアリマスがエロ要員の温泉回

安定のほのぼのだったけど、キャラ絵が汚かったなぁ…
雑というか背景キレイなのに浮いている
{/netabare}

4話目
{netabare}
ほのぼのパスティヤージュ回だったけど、
ナナミのゴリオシ感が否めない…ベッキーだけでいいじゃないかと

まぁ、ほのぼのに戻ったからいいかー
{/netabare}

3話目
{netabare}
ひとまずシリアスモード終了で次回から平和日常系なのかな?

英雄結晶、魔人結晶は分かるけど、
精霊結晶…ナナミも平等にしなくても
{/netabare}

2話目
{netabare}
3勇者合流。
どんどんヒロイン増えていくなー
メインは、ミルヒオーレから変わらないんだよね?

やはり、スポーツ大会的な興業がないと、いまいちな感じ。
{/netabare}

1話目
{netabare}
シンクとナナミが転送に失敗して、ジャングル?に
落ちて、新キャラと出会うまでの回。

この新キャラが、3期の話の中心にくるのかな?
同じ勇者なのにベッキーの扱いが…
{/netabare}

投稿 : 2019/12/07
♥ : 4

67.1 2 2015年度の女王アニメランキング2位
黒執事 Book of Murder(OVA)

2015年1月28日
★★★★☆ 3.9 (112)
851人が棚に入れました
セバスチャン、死す―- !!
名門貴族ファントムハイヴ家のパーティに招待された、売れない小説家・アーサー。
彼はそこで殺人事件に遭遇する。
事件の犯人として疑われるファントムハイヴ家の若き当主・シエル。
さらに、事件の謎に気付いた屋敷の執事・セバスチャンまで命を奪われてしまい…!?
ネタバレ

根越 詠汰 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

その執事 殺される? あくまで執事なのに?

 黒執事らしさというのか?、今までのこのアニメを見てきた人なら、なじみやすい設定だったなぁ。特に下巻。黒執事って感じでした。ただでは、終わりませんよね。


 2014 11,10「黒執事 Book of Murder 上巻」を見た。

 アイマスVideo M@ster版見た映画館で、予告を見てたこと。TV放送3作全部見てたので、気になってしまった。

 「黒執事 Book of Circus」後のお話だった。何だか、展開がコナンみたい。

{netabare} 女王の命令で、シエルはパーティーを開く。なぜか面識のないアーサーという眼科医兼小説家までよぶ。屋敷内で、セバスチャンを含め3人が、殺人の被害にあってしまう。

 アーサーが、探偵みたいな感じ。外は大雨で、部屋は密室とか。屋敷にいた全員、一部一部それぞれの殺人に犯行可能。よくあるコナン展開そのもの。セバスチャンが殺されてシエルが動揺するのだけど・・・。

 中でもタナカさんが、数分ながら見せ場あったりです。
 屋敷にいた以外の怪しい人物登場で、上巻終わり。

 「次元大介の墓標」で次元が生きていたみたいに、セバスチャンも下巻で大どんでん返しするのでしょうか?{/netabare}

 見た以上、下巻も見に行く、見に行く。


 2014 11,21「黒執事 Book of Murder 下巻」を見た。

 屋敷にいた以外の怪しい人物、ジェレミーも加わり面白くなったかなぁ。ジェレミーも探偵みたいなことをしだす。洞察力が、あるんですよねぇ。

{netabare}ずっと見ていると、黒執事に出てくる誰かさんにそっくり。
 3人のうち一人を殺した犯人?も、張り込みして捕まえちゃう。で他の犯人?もいろいろな推理で、屋敷の中にいる人の前で暴いちゃう。めでたしめでたしだけど・・・。{/netabare}

{netabare} 出来すぎている展開、ジェレミーにアーサーが、鋭い違和感を覚えるんですね・・・。

 このあと、黒執事を見てきた人なら、理解できちゃう展開になります。「おい、おい、おい」っていう。ここが、コナンとか金田一とは違う、非現実的な内容になるんですよね!

 「黒執事 Book of Circus」に出てきた人も出てくるので、この作品は「ホントにこの後の話なんだなぁ」と認識できちゃうんですね。{/netabare}

 黒執事、知らない人だったら、「あり得ない」「何これ」って思う人もいるかもしれない作品ですよねぇ。この作品はこの作品で、ちゃんと終わるんですよ~♪

{netabare} 最後の方で、屋敷の使用人に、エリザベス、ソーマ、アグニも加わって起こりえないことにすんなり納得しちゃうんです。ある意味のHAPPY ENDですね(^^♪

 あくまで執事ですから、{/netabare}

見てのお楽しみです。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 7

けみかけ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7

いやそんなセバスチャンが死ぬわけ・・・って死んだぁぁぁーーーっっっ!!!(@д@)

第3期『Bokk of Circus』のスタッフによるマーダー編の中編映画化
70分×2話


映画というほど大袈裟な内容ではなく、当初から別枠で作ると予告されていた第3期で取りこぼしていた部分の補完です


ある日シエル・ファントムハイヴの元に銀行役員で女王の遠縁にあたるドイツからの来賓、ジーメンス卿を迎える晩餐会をファントムハイヴ家にて開催しろとのヴィクトリア女王からの命令が下る
シエルは自身の屋敷に各界の著名人たちを召集しパーティーを催す
眼科医兼作家のアーサー
造船業の取締役のフェルペス
ダイヤモンド研磨業社長のウッドリー
舞台演出家のグリムズビー
オペラ歌手のアイリーン
そしてチャールズ・グレイ、劉、藍猫


華やかに思えたパーティーの夜だったが静寂を切り裂く断末魔と伴に密室殺人が起きてしまう
犯人に疑われたのは唯一アリバイが無く屋敷の主人でもあるシエル自身であった
さらに真実に気付いたセバスチャンまでもが手に掛けられてしまい・・・


セバスチャン死す、今回は純粋にミステリーものでアクションやコメディタッチの描写よりも台詞回しが比較的メイン
まあ『黒執事』のミステリーなんて“高が知れてます(爆)”
あまり肩肘張らず、いつものノリでどうぞ


見どころはやはり、殺しても死なないはずのセバスチャンの死によって大きく取り乱すシエル、作画、演技
セバスチャン亡き後を任されるタナカさんの『覚醒』
再結束される使用人たち


それと本編は基本的に作家アーサーの視点で描かれ彼が語り部となる為、一見して掴み所の無い不可解な存在として描かれるシエルも面白いところでしょうか
シエルの上目使いやべぇwww
アリバイ実証の為にダブルベットで一夜を共にする男二人の絵柄を大真面目にやっているのには笑いをこらえるのが必死になってしまいます


ミスリード効果、全然甘いです
終始違和感を楽しんでいただければと思います


下巻では唐突に現れる不穏な謎解き役、ジェレミー・ラズボーンによって事件は一気に真相へ迫ります
(しかしジェレミー・ラズボーンってwジェレミー・ブレットとベイジル・ラスボーンかよw)
終盤に待ち構える小野Dの「モノマネ」は一聴の価値アリ


ブラックな内容を大真面目にやるっていう三谷幸喜作品的なノリで楽しめれば良し、って感じでしょうか
『黒執事』という作品の持ち合わせていた要素の一つを突き詰めた一作に仕上がったと感じました
ラストでは後味の悪かったサーカス編に一区切りつけるようなシークエンスもあり、これでようやく「第3期・完」という具合です

投稿 : 2019/12/07
♥ : 17
ネタバレ

いしゆう さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4

知ったからには忘れる努力をしなければ? ねぇセンセイ。

あらすじはあにこれを参照ください
OVA:2015年1月~2月
1話60分の全2話

続きなので Ⅰ期 Ⅱ期
黒執事 Book of Circusを先にご覧ください

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

〇物語
”Book of Circus”の出来事で
女王の番犬としての資質を陛下に問われるシエル

そんな中 名門貴族ファントムハイヴ家で開かれた晩餐
そして 起こる殺人事件 犯人は誰か? 
今回は従来の異能バトルよりも純粋に謎解き?を楽しめる作品です。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

〇キャラクター
招待客は
眼科医兼若手の売れない小説家:アーサー
バンベルガー銀行名誉役員:ジーメンス
ウッドリー社の社長:ウッドリー
造船・海運企業の大手ブルー・スター・ライン社の御曹司:フェルペス
舞台演出家:キーン
オペラ歌手:アイリーン
教会の牧師:ジェレミー

・そしていつもの人たち
ベンガル藩王国第26王子:カダール
ベンガルの執事:アグニ
貿易会社英国支店長兼上海マフィア青幇の幹部:ラウ
ラウの義妹ランマオ
{netabare}女王守護を執り行う秘書武官兼執事{/netabare}:グレイとフィップス

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

〇観終わって
イケメン執事が参加すると
謎解きも鮮やかに解決しますが
今回は{netabare}セバスチャンが居なくなることで{/netabare}
いつもと違う展開 先が見えずドキドキ楽しめました。

{netabare}セバスチャンがジェレミー これはすぐ気づきました
それでも犯人 正直分かりませんでした 
だってセバスチャンの動きは人間と違い 予測不可能○o。. 

だから後半の解決編を観て 
すべてがシエルとセバスチャンの掌の上だったなんてさすが! 
観ていて気持ち良かったです。{/netabare}

最後{netabare}スネーク{/netabare}登場のサプライズ演出
全く予想してなかったから これヤバかった! 

以上 最後までお読み下さりありがとうございます。
 

投稿 : 2019/12/07
♥ : 13
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ