おすすめ童貞人気アニメランキング 5

あにこれの全ユーザーが人気アニメの童貞成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年09月22日の時点で一番の童貞アニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

68.1 1 はじめてのギャル(TVアニメ動画)

2017年夏アニメ
★★★★☆ 3.3 (441)
2049人が棚に入れました
DT(童貞)を捨てたいと悩む非リア充高校生・羽柴ジュンイチが「ギャルに土下座で頼めば卒業できる」という迷信を聞き、クラスのギャル・八乙女ゆかなに土下座で告白したところ、まさかの大成功。しかし、身持ちの固い彼女に羽柴は、その先へ進めず弄ばれる毎日を過ごすハメに陥ってしまう。

声優・キャラクター
浅沼晋太郎、長久友紀、喜多村英梨、竹達彩奈、小倉唯、豊永利行、赤羽根健治、白石稔、荒浪和沙、原奈津子
ネタバレ

たちばな

★★★☆☆ 3.0

※本作で登場するギャルは現実には存在しません、想像上の生物です

自分なりに物語をまとめると
{netabare}
ギャルと付き合いたーい!!!
主人公は男なら誰しも1度は叶えたい願望(ソースは自分)を土下座という手段によって実現
そこからなんやかんやあって、最終回でもう1回「心のこもった」土下座をかましてハッピーエンド
{/netabare}
エッヂ効いてる物語でした
エロギャグアニメですね
{netabare}
ヒロインである八女ゆかなが純粋無垢なギャルという設定はよかったです
ちなみに八女ゆかなの一人称は「あーし」
そんなギャルはもうおらんよ!
{/netabare}
登場人物(女性)は
純粋白ギャル/ドS黒ギャル/妹系ロリパギャル/清楚貧乳お嬢様兼ドSネットアイドル
など豊富なラインナップ
個人的にボア様がツボりました、すごくとっても非常によかったです
{netabare}
男性キャラでは
坂本・石田・小早川の童貞3人衆をもうちょと生かしてほしかったです
その中でも石田の存在は特に空気でしたが個人的に好きでしたよw
{/netabare}
総じて言えば
全体的に躍動感(胸の揺れる描写のこととは一言も言っていない)があって良かったですよ

ただ、作画がもっと良ければなー
って思いました



1/9追記兼メモ

ここにコミックのことを書くのはナンセンスだとは分かっているが、、、
個人的なメモということで

コミック5巻鑑賞
アニメとは展開が違ってかなり面白い
{netabare}
コミック1~3巻は概ねアニメ通りの展開
4巻からアニメと展開が違ってくる
アニメ版と比較しながらニヤニヤ楽しめるのはいいことですの
八女さんがかなり積極的!!!
そうなると純粋ギャルからただのエロいギャルになってしまうのだがw
{/netabare}

投稿 : 2019/09/21
♥ : 13
ネタバレ

kakelu

★★★★★ 4.1

童貞の妄想の塊

1話の感想 ★★★★ 4.0
やましさいっぱいの告白
{netabare}
声優陣が豪華だな〜
浅沼さんの演技好きだわ〜
内容はスケベな感じのアニメだけどまぁまぁ笑える。
パンツの所のハートマークは違和感しかないけど。
{/netabare}

2話の感想 ★★★★ 4.0
カラオケにいく
{netabare}
成り行きで付き合うことになったジュンイチとゆかな。
なんか初々しい感じが凄くニヤける。
所々アドリブと思わしき所も凄い好きだわ(笑){/netabare}

3話の感想 ★★★★ 4.0
蘭子さん登場
{netabare}
黒ギャル怖ぇ…
ゆかなの純粋さが際立つね。
まさか百合とか、似合わねー{/netabare}

4話の感想 ★★★★ 4.0
香椎さん…
{netabare}
香椎さん、怖ぇ…
どんどんゆかなが天使に見えてきたよ!
私も清楚な感じの腹黒い子に騙されないようにしないと…{/netabare}

5話の感想 ★★★★ 4.0
幼馴染…
{netabare}
もーいたい!いたすぎる!
見てられないよ…
今までで1番今話が過激だった。
可愛いけど見てられない!!{/netabare}

6話の感想 ★★★★ 4.0
王様だーれだ?
{netabare}
男同士のディープキスとかキツすぎだろ…
死んでも嫌だわ…
そして、男勢が全員痛すぎる…
リコーダー、どう考えてもアウトだろ{/netabare}

7話の感想 ★★★★ 4.0
バイトをしよう
{netabare}
なんか最近、ジュンペイが男らしくなってない?
前話あたりからあまり妄想しなくなったし、どちらかと言うと彼女を守る方にシフトしている。
小説朗読のシーンでジュンペイの顔が真っ赤なのに絵は変わりないのが違和感。{/netabare}

8話の感想 ★★★★ 4.0
旅行!
{netabare}
男3人衆は災難ばかりだったね。
ジュンペイとゆかなは何だかいい雰囲気。
そして、過去の男現る。{/netabare}

9話の感想 ★★★★ 4.0
微妙な関係に
{netabare}
イケメンでNTRと思いきや普通にいい人ってパターンかと思いきやマジで嫌な奴!?
中学時代どんなんだったか気になるよ
あと、絵がやっぱり物足りない。
普通に見る分には全然いいんだけど、感情の機微が顔に出ないからイマイチ気持ちがわからない。
{/netabare}

10(最終)話の感想 ★★★★☆ 4.5
はじめての告白
{netabare}
1話との比較がよかった!
お互いのこと理解しているのがよく見れた。
イケメン野郎は本当にクソ野郎だったな。
それで、夜の遊園地とかド定番の所を持ってくる辺り分かってらっしゃる。
好き嫌いが別れると思うが、私的にはバカバカしくて面白かった。{/netabare}

投稿 : 2019/09/21
♥ : 13

えたんだーる

★★★★☆ 4.0

男女の意識差を描いた作品

マンガ原作があるようですが、未読です。

深夜アニメとしては「八女さんをはじめとした女性陣がエロを振りまき、主人公のジュンイチくんをはじめとした非リア男子(+視聴者?)たちを興奮と混乱に陥れる作品」で、その解釈で基本的には問題ないと思います。

ただ、「女性陣の行動時における心情的な無謬性」みたいなものも意外としっかり描かれているようには思います。

男子側からは「エロい」行動も女子側の意識としては、自分がカワイイと思っていたり、同性からの目を意識していることによって取る行動なのであって、いわゆる「サービス」のつもりは全然ないということです。

またジュンイチくんにしても高校生男子として並かそれ以上に異性を意識することはあっても、つるんでいる他の3人よりはかなり高いモラル意識と常識を持っているといえます。

付き合い始めたきっかけはさておき、八女さんから見てジュンイチくんは意外と好印象というのは、思ったよりは無理のないストーリー展開なのかもしれないです。

ビジュアル的には単なるエロアニメなのですが、こう言っては何ですが意外と心理描写は丁寧なので実はけっこう普通に毎回楽しめていたりします。

でも、たぶんあにこれで高く評価されることはないでしょう(笑)。それに寧音ちゃん(ジュンイチくんの幼なじみ)みたいな巨乳(奇乳?)キャラは、正直なところ苦手ではあったりします…。

2017.9.15追記:
無事に完走。面白かったです。気づいたらけっこう高得点つけてましたね。

まあ、もしかしたら「不良がたまに良いことすると優しく見える」的なバイアスはかかっているかもしれないのですけども、八女さんの性格はかなりカワイイですよね。

いや、八女さんは見た目がギャルなだけで不良ではありませんが…。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 36

70.0 2 ガン×ソード GUN×SWORD(TVアニメ動画)

2005年夏アニメ
★★★★☆ 3.8 (557)
3321人が棚に入れました
宇宙の底の惑星、「エンドレス・イリュージョン」は、荒野に夢が、街に暴力が溢れる星である。

この惑星にいる流浪人・ヴァンと、少女・ウェンディは、カギ爪の男を追って旅に出る。1人は「絶望」を、1人は「希望」を見つめながら…。

phill

★★★★★ 4.9

シンプルだけど、そこがいい。

2クール分で全26話です。ロボアニメであればギャグアニメだったりもします(私的に)
殺害された彼女のために復讐するという内容ですが、
まず主人公に惹かれましたね。かっこいい点もあれば面白い点もあります。
面白くなり始めてくるのは、目的の復讐相手(敵組織)との接触後ですね。
その辺りは後半からになります。前半はギャグ要素が含まれている部分もありますが、若干シリアスな話が多めかと思います。

全体的な感想ですが、キャラ濃いのが多く各回どれも楽しめました。
また見たくなってしまう作品でした。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 4

ワタ

★★★★★ 4.2

童貞主人公による痛快娯楽復讐劇

花嫁を殺された男(童貞)が復讐に燃えるストーリー。
よくある「復讐からは何も生まれない」的な展開はなく
多少の葛藤はあれど、最後まで信念を貫き通したことが何より素晴らしい。
この点だけでも本作は評価できる。

キャッチコピー「痛快娯楽復讐劇」の名に相応しく
復讐劇だがシリアス一辺倒というわけではない。
爽快なロボアクションだったり、おバカなノリで笑えたり、水着回もあるなど
娯楽要素満載で気軽に楽しめる作品。

ストーリー前半は気怠い話が続くが、後半からは一気に盛り上がりを見せる。
特にラスト3話の盛り上がりは異常。最高に熱いし、泣けるし、締めも完璧。

敵味方共に個性的なキャラが勢揃い。
敵組織の親玉の常軌を逸したイカれっぷりはインパクト抜群。
また、主人公のヴァン同様、復讐に燃えるレイの生き様が素晴らしい。
ヴァンとレイの対比のさせ方は上手かった。

その他良かった点
・最高にカッコいいOP(話が進むにつれ映像が変化するのも見所)
・声優の熱演(特にヴァン役の星野貴紀)
・思わずゾクゾクするような、キャラの狂気に満ちた表情

谷口監督の作品の中でもあまり知名度のない本作。
序盤は序盤で楽しめる話もあるので、何とか乗り切って欲しい。
最後まで見ればきっとスッキリ満足感が得られるはず。もっと評価されて欲しい・・・

投稿 : 2019/09/21
♥ : 36

こたろう

★★★★☆ 3.9

定番すぎるほど定番の活劇

大した期待もぜず見ましたが良かったッス!
内容はベッタベタの旅から旅への冒険活劇ですが、ベタだからこそアツく、痛快で、ワクワクして面白い。
やっぱり主人公は、バカで腕っ節が強いのがいいですね。


アクションは人間、ロボット、共にイイ出来です。
キャラクター達の独特の武器やロボットもカッコイイ。
主人公が強いんでバトルでの盛り上がりにちょっと欠けますが、こういうものは派手に勝ってスカッっとした方が作品のカラーに合ってます。
冒険モノらしく、旅先で出会った人たちと仲間になっていくのも定番。そのお決まりが心地いい。
ストーリーの中盤以降、おかげでグッと盛り上がります。


ヒロインのワラ人形みたいな髪型を除けば、満足な作品でしたw

投稿 : 2019/09/21
♥ : 8

65.6 3 イクシオン サーガ DT(TVアニメ動画)

2012年秋アニメ
★★★★☆ 3.5 (586)
3256人が棚に入れました
とある理由により、現代から「ミラ」と呼ばれる異世界へと飛ばされた主人公、火風紺(ほかぜ・こん)。
そこは「アルマ」という神秘のエネルギーが万物に宿る世界。

敵に襲われて絶体絶命のピンチの渦中だったエカルラート姫一行の前に現れた紺は、姫を助けることになる。
右も左もわからないまま一行と行動を共にする紺。
姫は婚礼のため、都を目指していたが、政略結婚であるその婚礼を阻む敵対勢力に、その命を狙われていたのだ。

時は、大陸がジャグラバーク連邦とラガルト皇国に分裂する以前、セントピリア帝国がアルマの力を独占している世界、アルマをめぐり戦争の影が忍び寄る時代……。
対立するセントピリア帝国と反体制派、その衝突を回避するためにセントピリア帝国皇帝は、反体制派の急先鋒と呼ばれるジャグラバーク卿と自らの娘、第36皇女エカルラート姫との政略結婚を画策していた。
嫁入りの為に極秘裏に旅立ったエカルラートは、何者かの襲撃を受けお供のほとんどを失ってしまう。
残ったのは、護衛の騎士とメイドのみ。
追い詰められた姫一行を、突然空から降ってきた紺が救った。

その後、紺は都に行けば元の世界に戻るヒントがあるかもしれないと教えられ、姫らと共に都を目指すこととなる。
一行は姫を無事に嫁入りさせる為、敵中突破、都へと進む。果たして、彼らは無事に都にたどり着くことができるのか?

声優・キャラクター
江口拓也、神谷浩史、中井和哉、福山潤、三上枝織、細谷佳正、梶裕貴、杉田智和、鈴村健一、斎賀みつき、新谷良子

彰世

★★★★★ 4.7

これ、大好きなんです(笑)

視聴前は制作側の意図もあって、ほとんどの方が
『シリアスな王道バトルアニメ』
というような先入観を持たされてます。

で す が !

実際そんな先入観を持たされたあとに、一話を見てみると
( ゚д゚)ポカーン……
状態になります、本気で(笑)

話の大まかな内容としては、
現代に住む主人公、火風紺はある日、
オンラインゲーム内で謎の女にに話しかけられ、
異世界に飛ばされてしまう。
飛ばされた際〝タマタマ″助けてしまった
セントピリア帝国エカルラート姫一行と一緒に行動しながら
元の世界へ変える方法を探る…的な内容ですが、

下ネタ、ギャグ、ヲタク用語、いろいろ絡んできますヾ(≧∇≦)ノシ バンバン

実は主人公の名前、『火風紺(ほかぜこん)』はカプコンの当て字だそうです。
火(ほ)風(かぜ)紺(こん)⇒火(カ)風(プウ)紺(コン)⇒カプコン


内容はもちろん、豪華声優陣を集めただけあって
声優の演技も楽しみの一つです。

以前、絶望先生で糸色望をやっていらっしゃる神谷浩史さん。
今回も素晴らしい絶望っぷりを演じてます。

有名すぎて知らない人はいないだろうと思われる福山潤さん。
以前にもオカマキャラなど演じたことがありますが、
今回は『綺麗なお姉さん(タマあり)』を演じてます。
最初は福山さんだとは知らず(何度も聞いた声なのに全然わからなかった…)
ちょっと気持ち悪い声だなぁ…なんて思ってしまいましたが、
話数を重ねるごとに怖いほど 可 愛 く な る ! !

2011年に結婚したばかりの鈴村健一さんですが、
なんと演じてるキャラ、バツイチされてます。
キャラソンでは『バ~ツイチ~最初はそうなるって思っちゃいない~』
なんて歌わされてます…
どういう気持ちで歌わてらのでしょうか…とても気になるところです(笑)

男装の麗人を演じてる斎賀みつきさん、
まさにハマり役だと思います(´▽`)

いやぁ~
毎週毎週、これが楽しみで楽しみで仕方ありませんでした(笑)
何度も腹筋崩壊しました、ほんと楽しかった!
声優陣も楽しんでアフレコしてたと聞いたので、
みんなに楽しませるという点ではいいアニメだったと思います!
下ネタOKな方でしたら、ぜひ見ていただきたいですね!

投稿 : 2019/09/21
♥ : 8
ネタバレ

ストライク

★★★★☆ 3.3

まさか!の2クール  ∑(=゜ω゜=;) マジ!?   

原作 ゲーム 未プレイ

全25話

お笑いバトルファンタジー

突然異世界に飛ばされた青年が、その世界を救うお話ですかね?

主人公 火風 紺(ほかぜ こん) 声 - 江口拓也
異世界に来てしまった普通の青年の話。

セングレン 声 - 中井和哉
大剣を扱う厳つい大男

エカルラート・ジュピトリス・セントピリア 声 - 三上枝織
8歳のちびっ子で、無愛想の皇女

マリアンデール 声 - 福山潤
女性にしか見えない男の侍女。(おかま?おねえ?)

特に、このマリアンデールの声優が福山潤さんなんですが、イメージが崩れそう (^^;
でもなんか笑えました。 ^^

それと、そのほかの男性声優陣がとても豪華です。

エレクパイル・デュカキス 声 - 神谷浩史
バリアシオン 声 - 梶裕貴
ギュスターヴ 声 - 鈴村健一
レオン 声 - 杉田智和

2話までの感想
{netabare}
普通の青年が、剣で戦う感じでしょうか?
剣の技術もないのに、今後どう戦って行くのか?ちょっと興味があります。(アイテムだよりかな~?)

シリアスと云うより、ギャグ全開で面白いです。^^
神谷浩史さんのキャラが・・・方タ〇の件で、イメージ崩壊です。(^^;
爆笑でした~♪
{/netabare}

下ネタギャグ系なので、観る人を選ぶ作品ですね~

自分には今後、楽しめそうな作品です。^^
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最終話まで見た感想

うーん・・(〃 ̄ω ̄〃
面白かったのは序盤と最終話くらいでした。。。
終始下ネタで、タ〇タ〇ってw ^^
女性には下品過ぎてオススメできましぇん。

中盤は中だるみもいいとこで、つまんなかったです。
これだったら1クールの12話で十分だったと思う。

キャラは、おかまのマリアンデール (声 - 福山潤)と、
エレクパイル(声 - 神谷浩史)が面白かったですね!

マリアンデール の、上は工事済みだけど下は未工事とかwエレクのタ〇なしキャラでもw
福山さんと、神谷さんのカッコいいイメージが崩壊しそうでした。^^;

ラストで {netabare}マリアンのモノを、エレクに与えて一件落着って!
なんじゃそれ!んな、バカな!
もう笑うしかないじゃん!(≧▽≦)vぶは!
永井さんのナレーションも、ガンダムのナレーションの言い方で、パロってるし!
いろいろ突っ込み入れたい所 満載でした。

最後は無事?元の世界に戻れたけど、姫との別れでは、初めてかな?涙してデレた姫が可愛くて、見れてよかったです。
紺が姫に言った「良い女になれよ!バツ一。」
このセリフはカッコよかったな。^^

エンディング後にイクシオン・サーガⅡのタイトルが出て、10年後の姫の姿が映ったけど・・・
姫、めっちゃスタイルいい美人さんに成長しとるし!
2期あるのか!?
あれば見るけど、多分ないよね!ニャハハ(*^▽^*)
{/netabare}

総評
中盤以外は、笑えて面白かったですが、1クールに纏めた方がよかったと思う。
2クールもいらんよね^^;

お笑いギャグ系が好きな人にはオススメですが、お下品が駄目な人にはオススメできません!

OP:「DT捨テル」
ED:「レッツゴーED」
ED:「Stand Up! ED」

歌詞もお下品でした。
笑えたけどね~^^

修正、更新 --;

投稿 : 2019/09/21
♥ : 42

こたろう

★★★★★ 4.3

風俗アニメ

一応、オンラインゲームが原作。(原作とは無関係なぐらい逸脱してますが)
ものすごくオーソドックスな、異世界を旅する系の冒険ファンタジーRPGのような内容・・・・の、ように見えます。
いや、それは間違いではないのですが、作品カラーは、ひっじょぉぉぉぉぉぉぉに、お下品。
下手なエロ萌えアニメなんぞとは比較にならないぐらいシモの事に関してはフリーダムです。
世のお母さんが「子供に見せたくないアニメ」の筆頭となるのは必死な内容。
ほんと深夜アニメで良かった♪良かった♪
でも、全然エロくはない。
淫猥ではない、バカバカしさが満点の、ある意味で爽やかなシモネタアニメです。
視聴ターゲットの年齢はかなり高めな所を狙っているんでしょうね、コレ。


タマの話。童貞喪失の話。歓楽街の話。紳士の社交場の話。発情期の話。ニューハーフの話。ドMの話。時速60kmのアレの話。性癖の話。八歳の少女の初夜の話。ハメられる話。
冒険やバトルをするストーリーの中で、そういったネタをバンバン放り込んでくるエピソードが満載。
全体のプロットは、まともで王道なものですが、1話1話のシナリオは不真面目で不謹慎なギャグで構成されています。
グダグダな回、妄想だけの回、パロディ一辺倒な回、いろいろ自由に富んでますが、どんな格好でも基本的にコメディ調は崩れずに様々な笑いを魅せてくれます。
端々でチャラケてはいますが、じつは本筋の方は破綻なくしっかりしており、むしろ定番の冒険モノに忠実でブレのないストーリーになっています。なので、無茶な事をやっても安定感が崩れないものいいところ。


主人公がゲームオタの引き籠もりという設定なので、そういった類のメタ発言も多数。
ネタがちょっと古めのゲームや漫画からの引用が多く、笑える層が限られてくるなぁとは思いますが、テンポがよくてハイテンション、そして思い切りもいい直球のギャグ。例えパロネタがわからないとしても、ノリと勢いだけで充分に笑えます。

最初の数話こそ、真面目にバトルするようなところも見せていましたが、もう中盤以降はどんなシリアス(を装った)展開になろうと暢気さが勝ってしまって、次は何をやらかしてくれるだろう?と、楽しみになってきます。
お約束っぽいキャラばかりですが、敵も味方も誰もが物凄く濃くて、キャラ立ちだけでも超強力。
もうね、コイツら、大好きです♪


原作無視という道をあえて選び、笑いと娯楽性を追及した作品。
色々こだわった甲斐あって、その試みは大成功だと思います。

主題歌にゴールデンボンバーの曲をアレンジして起用するあたりも、その拘りの表れですね。
思わず毎回一緒になって口ずさんでしまいます。3曲あるEDも、どれも作品カラーにピッタリ♪

こんな楽しいアニメ、久々です。
バカバカしい、シモネタ。これがお嫌いでなければオススメの一作です。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 24

79.2 4 転生したらスライムだった件(TVアニメ動画)

2018年秋アニメ
★★★★☆ 3.5 (798)
3495人が棚に入れました
スライム生活、始まりました。

サラリーマン三上悟は気がつくと異世界に転生していた。
ただし、その姿はスライムだった。
魔物種族と仲間となり、獲得したスキルを駆使しながら、
さまざまな問題を解決していくスライム創世記。

声優・キャラクター
岡咲美保、豊口めぐみ、前野智昭、花守ゆみり、古川慎、千本木彩花、M・A・O、江口拓也、大塚芳忠、山本兼平、泊明日菜、小林親弘、田中理恵、日高里菜
ネタバレ

ぺー

★★★★☆ 3.2

羊頭狗肉ってことなんかなぁ ※酷評注意

原作未読


ユルく楽しんで気にしなければよい。まあその通りなんですよね。ただ・・・

 これいつになったら面白くなるんだろう?

2クール。本編23話+外伝+閑話の計25話の物語。
2018年秋期開幕時点で、『SAO』『色づく世界の明日から』と並んで本命視されてた作品だったと思います。
受け止め方は漫画やラノベなど原作既読勢とアニメ勢とで差がある気がしてます。賛否両論ある本作について、自分は弾かれてしまった側でした。
鑑賞のお作法を知らないだけかもしれません。ネガティブに捉えてしまう事象が積み重なって何回かあった敗者復活のチャンスを自ら潰しちゃいましたって印象です。

2クールかけて平坦な流れ作業を追った感じと言いましょうか。以下、ユルく楽しめなかった理由です。


≪転スラがダメな3つの理由≫


■{netabare}【ホップ】{/netabare}スライムである必要あった?
まずはこれでしょう。転生したところでスライムじゃあお先真っ暗ですがな~の先入観をどう面白く覆していくのか?が皆無です。
{netabare}第1話でチートスキル連続ゲットといきなり最強となった日には、{/netabare}タイトルから想像するに、今後の物語の中で小出しにすればよいカードをいきなり捨てる行為です。タイトル詐欺と呼ばれた良作はこれまでもありましたが、本作はそれとは違う悪質なものを感じます。
モンスターの知名度ではトップクラスのスライムで客寄せして、店頭に並んでさえくれたらOK!と作者の安直さが透けて見えるのです。これはJAROの出番でしょう。
さらに、その後の展開の不味さでネガティブ評価が確定しました。

スライムの見た目だったり弱小イメージを全く活かせてないのです。
ゲル状で変身のエフェクトがかけやすいというのは他でも代替可能です。「このスライムごときが!」とは口だけ。{netabare}あっさり軍門に下るか、なぶる前にリムルの魔素量に実力を認めた状態から初対面、のどちらかです。{/netabare}
出オチと見せかけて実は、、、が無かったことでまさに“羊頭狗肉”の詐欺商売に堕してしまった感があります。
これならゴブリンでもドラキーでもおおなめくじでも、なんならミジンコやアリさん、出川○朗とかインパクトがあればなんでも良かったと思います。プロの仕事ではありません。



■{netabare}【ステップ】{/netabare}なんだこの安易な国造り
所感は以下↓
1.薄い 2.浅い

1.については過程を説明する時間が短すぎます。
{netabare}※()内は種族のリーダーさん
第2話  ゴブリン(リグルド)
第3話  我狼族(ランガ)
第5話  ドワーフ(カイジン)
第10話 オーガ(紅丸)
第15話 オーク(ゲルド) リザードマン(アビル)

シズさん回の第6~8話と、1クール終了間際の中締め回の第11~14話を除き、“強敵(または難課題)出現”⇒“リムルワンパン”⇒“仲間となり忠誠を誓う”の短いサイクルでのワンパターン。これ飽きますって。{/netabare}

2.については闘いの後に焦点絞ると見えてくるでしょう。ざっくり言うと変わり身が早過ぎるのです。
{netabare}“敵対”⇒“リムルワンパン”⇒“リムル許す”⇒“なんて寛大なリムル様~”&“被害を受けた側もあっさり無問題”

なわけありますかいな!? これで被迫害・被虐殺側の感情のしこりが一切無くなるわけないでしょうに。{/netabare}

せめてもの、争いは何も生まないとか憎しみの連鎖は次の悲しみを生むだけだぜい、といったメッセージが見えるわけでもなく、単純に “話せば分かり合える” それと “俺(リムル)の寛容さを受け入れるよね?” せいぜいこの程度です。理解が追いつきません。

本作の製作者は人間(いやモンスターなんだけどね…)の感情の機微を理解しているのでしょうか。これが原作の落ち度なのか、製作にあたってしょぼい選択をしたのかは不明です。
規模拡大の過程がイージー過ぎるのが前半パートを平坦な物語にしました。逆にストレスなく観れたという捉え方もできますが、統治の仕方にも不味さが垣間見えて追い打ちをかけます。

 {netabare}①為政者(リムル)は常に正しい判断をする
 ②為政者が方向性の指示に留まらず方法まで口を出す
 ③臣下は為政者に対する異論を持っていない
 ④臣下間での感情の軋轢がない
 ⑤生産の量と質は期待値を下回ることはない

ジュラ・テンペスト連邦国で繰り広げられるのは上記5点を前提とした国造り。大衆が夢見るユートピアでありちょっと小狡い誰かが政権奪取に向けて民衆に説く方便みたいな何か。{/netabare}

単に人間観察の質量が不足しているか? それとも空想平和主義思想に耽溺するオツムが残念な人なのか?
後者であれば時代錯誤も甚だしいところですが、連邦国の拡大のプロセスと統治のしかたが、まるで独裁者が権力取得前に国民に語るそれと酷似してて気持ちが悪いのです。
リムルはいい奴なんだけど、圧倒的な力を有した者が制圧する構図はわかりやすく、それでいていっさいの軋轢がないという違和感の処理に困ってしまいました。
繰り返しますが、アニメくらい夢があっていいじゃん?のスタンスなり気にしなければまだ許容できるものだとは思います。リムルはいいやつだしね。



■{netabare}【ジャンプ】{/netabare}嗚呼 静江さん
ほぼ結論ですので軽く。この後どうすんのさ?

{netabare}第1話アバンの伏線をあっさり(第6~8話シズさん回)と回収し過ぎ。しかもこれまた拍子抜けするほど軽い。{/netabare}
{netabare}レオンにシズさんの存在確認ができればOKなの?レオンを一発殴ればOKなの?{/netabare}
{netabare}しかもそのレオンにかすりもせず2クール終了とはこれいかに? ※追記:2期決定なのでそこで描かれるのかも{/netabare}



2期ありきはいいとして、原作のストックがまだまだ残っているのもいいとして、何をしたかったのかよくわかりませんでした。
スライム設定を活かすつもりもなく、国造り(仲間集め)を安直なものにし、謎要素は早々に開放して長らく迷走することになりました。

以上、自分がこの作品を受け付けられなかった3つの理由でございます。




あとはボヤキ・・・

■だから童○は!と○貞を腐すような設定
原作第一巻の発売が2014年ということは、執筆時点での37歳設定は就職氷河期どストライク世代です。非正規が多く結婚できないとかパラサイトシングルとかタイミング逃して彼女いない歴=年齢な殿方が多いのは事実かもしれません。
マーケティングとしては正しいかもというのはお断りしておきます。ただこれは私の好みと関係しますが、オタク趣味をもってる層へのステレオタイプなネガティブイメージそのまんまなのがちょっと。すなわち “童貞” “引きこもり” “コミュ障” “ロリコン” 。こういったのが活躍するものを作れば、お前ら勝手に自己投影して盛り上がってくれるんでしょ?が透けて見える作品が好きではありません。
{netabare}ゼネコン勤めの経験を活かして、との描写もありアラフォー主人公の理由はあったと思います。{/netabare}
{netabare}30歳まで云々だから大賢者も取得したのか、ってのもまあ理解できる。{/netabare}
個人的嗜好ですね。おそらく今後こういう系統の作品は積極的に観ることは無いと思います。


■CMでヘビロテしてた前半OP曲のPVがダサい
最後はこれ。
現在の声優さんはアフレコ以外の仕事も多く大変です。
ただ今回に限ってはPVでの本人映像はやめとけば良かったのに。声優さんの歌の上手さって声のトレーニング(ボイトレ)に立脚してるもんだと思ってます。
声の使い方のプロですので、よっぽどでない限り歌も技術でなんとかなります。ただパフォーマンスは別でしょう。声の表現には長けてても体の表現はよっぽど練習するかライブを繰り返すでもしない限り素人さんです。

仮に寺島さんがライブを相当数こなしているパフォーマーなんだったとしたら、撮影スタッフはもうちょい格好よく撮ってあげてくださいな。
これまで作品自体にプロの仕事を感じられなかったのでそれと連結して考えちゃったところもあります。完全とばっちりの寺島さんと寺島さんのファンには申し訳ない!



以上、なんだかなぁ・・・のボヤキ2点でした。いいがかりみたいなもんかなとも自覚してます。



※リアタイ所感
少し気の毒だったのは、年末年始を挟んで一呼吸おいての敗者復活チャンスをみすみす逃しちゃったところでしょうか。
{netabare}15話で仲間集めに一区切りつけたのはギリ間に合うタイミングでした。同じ路線ならインフレしていくしかなくなったからです。{/netabare}
{netabare}そこで16話から登場の“魔王”の皆さん。切れ味鋭い変化球はもちろんミリム。トカゲのガビルもネタキャラとして可能性を感じる後半の出だしではありました。{/netabare}
{netabare}起承転結の転を受けてふくらますかと思いきや、もういっぺん“転”が来て尻すぼみ不時着というのが正直なところです。言うまでもなくシズさんの教え子の子供たち編ですね。{/netabare}


一気見だとさらに辛いかもしれません。
原作やその他メディアミックスと合わせて楽しむくらいじゃないと厳しいものがあるんじゃなかろうか。


{netabare}結局24話の外伝が一番面白かった。これシズさんロスなんかなぁ。{/netabare}



-----
2019.08.26追記


視聴時期:2018年10月~2019年3月リアタイ視聴


なろう系の中でも特に打率の低い異世界転生もの。リアタイ視聴を止めて評価の高いものを選んで後追いで鑑賞することを決めた2019年夏。
そういえばきっかけは『転スラ』でした。すでにこの時、「今後積極的に観ることはない」と言ってますね。
トレンドなのか新作けっこうな比率で異世界転生ものがリリースされてますもの。これらを対象から外すと余裕あるスケジュールを組めそうです。とはいえ、がちがちのルール縛りもつまらないのでユルめに運用するつもり。



2019.04.08 初稿
2019.08.26 修正
2019.09.17 誤字修正

投稿 : 2019/09/21
♥ : 71
ネタバレ

フィリップ

★★★★☆ 3.6

幸せを感じられる優しい異世界

アニメーション製作:エイトビット、監督:菊地康仁、
シリーズ構成:筆安一幸、
キャラクターデザイン、江畑諒真、
原作:川上泰樹、伏瀬、みっつばー

通り魔によって殺された三上悟は、
異世界で転生してスライムになった。
スライムといっても最弱の存在ではなく、
この世界で最上級の強さを持ったモンスター。
つまり、名前と姿がスライムというだけで、
そのほかは、いわゆる異世界の俺Tueeeeの展開。
スライムはユニークスキルとして、
「捕食者」、「大賢者」という能力を保持し、
それによって、ほとんどのことを
都合良く解決させることができるのだった。

洞窟内に封印されていた暴風竜ヴェルドラと遭遇し、
話しているうちに、友だちになる。
その身を自分のなかに取り込み、
リムル・テンペストという名前を得て、
より強大な存在へと進化する。

この作品がほかの転生ものと違うところは、
主人公が普通のサラリーマンとして
社会人生活を送っており、争いごとを好まない
面倒見の良い人物であることだ。
いわゆるコミュ障ではなく、積極的に交流を図り、
相手の事情を知ろうとする性格。

スライムになってしまい、人間の肉体を持たないため、
元々、人柄が抜群に良かったのが、
さらに欲望を持たない本当の神のような存在になる。
それによって、実際の人間社会では絶対に不可能な
力の支配プラス情を加えた理想郷のような世界を
作り出す展開になっている。

私はこのアニメが結構気に入っている。
なぜかというと、モンスターを狩る異世界において、
「優しさ」と「赦し」が根幹にあるからだ。
リムルは異世界で人生をやり直しているわけだが、
それは自分の欲望を満たすこととは、かけ離れている。
というより、自分が快適に暮らすことは、
周りの人に幸せになってもらうこととイコールになっている。
そのためリムルは基本的には人のために生きている。
自分の欲望のためには生きていない。
自分が倒した部族たちの面倒を見ていくために
国づくりを始め、皆が安心して暮らせる場所を
確保するために動き出す。
{netabare}また、想いを残して死んでいったシズさんの
望みを叶えるために旅をする。{/netabare}

この話を観ていて、私は知り合いの
社長たちのことを思い出した。
彼らのほとんどは、自分の周りの人たちに
幸せになって欲しいという考えを根底に持っている。
そのためには金を稼がないといけないわけで、
何をやるのが最善なのかという思考につながる。
社長は寝る間も惜しんで仕事をするような、
とてつもないエネルギーを持っている人ばかりだ。
何をやっているときでも常に仕事のことが頭にある。
そこには個人の幸せというよりも、
ファミリーの幸せという意識が強いように思える。
こう書くと、何だかマフィアみたいだが。

ただ、この作品が国づくりをテーマにしていると
言われると違和感がある。
部族間差別や権力闘争、経済活動、貧富の差、犯罪など、
その辺りの問題がほとんど出てこないため、
ファンタジー要素が強いと思えてしまうからだろう。
国づくりであるなら、もう少し突っ込んだ問題や
工程を見せて欲しかった気がする。
問題点を挙げると色々ありすぎるのだが、
最終回までの何回かは、まともにシリーズ構成を考えたのかと
首を捻りたくなるような展開だった。
ただ、世界を自分の手で快適で幸せな場所に
変えていくというのは、ほかの異世界ものにはない
魅力的な視点だった。
あまり何も考えずにこの世界観に浸っていると、
心地良さを感じさせてくれる。

2期の制作が早々に決まった。
原作の売上は1000万部超え、
BD&DVDも6000枚超えだから当然か。
この作品の高い人気は、今の社会に生きにくさを
感じている人が多いからかもと思ったりもする。
(2019年3月29日初投稿)

投稿 : 2019/09/21
♥ : 65
ネタバレ

World

★★☆☆☆ 1.8

一体どこで面白さを感じれば… 9話視聴済

良い点を探しても見付からない。平均より上の要素が一つも無い。

3話感想以降、かなり辛辣なので、ファンの方は不快に感じるかもしれません。あくまでも個人の感想です。

1話
{netabare}まぁ、導入なので特筆する点は特にありませんでしたね。映像は綺麗だったので、そこら辺は今後期待したいです。意外性等は特にありませんでしたので、引き込まれるか否かと聞かれれば、そんなに、といった感じ。スライム化で引き付けたかったのだろうが、きょうびそんなに異色でも無いですからね。スライム化が本作の軸なら、その特色を今後((意外性のある形で))十分に発揮してもらいたい所。{/netabare}

2話
{netabare}うん…まぁ、導入だしね?
でも、ちょっと中弛みしそうな感じが凄いんだけど、大丈夫かな…?
心理描写とかほとんどなかったから、よくあるツエー系の作品ってことはわかったかな。
だけど、こっから他の作品と一戦を画すような展開や設定が入ってこないと、ただの佳作作品に成り果てるだろうね。今後に期待{/netabare}

3話
{netabare}うーーん…まるでダイジェストの様な進み方。
現状ストーリーに膨らみがあるわけでもなく、惹き付けられる設定もキャラクターも無し。
そして、何よりも問題なのは、3話にもなって物語の軸がまるでわからないということ。
結局この作品はどういった作品なのかが全くわからない。
俺ツエーはあくまでも要素であって、軸ではない。
例えば、ソードアートオンラインなら、ダンジョンのクリア。
オーバーロードなら他のプレイヤー探し&ナザリック守護。
ノゲノラなら、テトを倒す。
といったように、俺ツエーでも、3話以内には物語の主旨が明確になるものだ。
あくまでも、俺ツエーは、物語の付属品でしかない。

だが、今作は未だに何をしたいのかが良くわからず、視聴してて非常に退屈だ。
このままだらだらと進むだけのストーリーなら、無理な設定を上回る程の魅力を感じることは出来ないだろう。

一応継続視聴はするが、4話次第では一度切るかもしれない。
{/netabare}

4話
{netabare}はぁ…なに、これ。
話の軸が!無いよ!!!
未だに何がしたいのかわからないし、私たち視聴者側からすれば、どこを楽しんで良いのか理解不能。

原作未読だから、この原因が原作なのか、はたまたアニメ化するにあたってなのかは知らんが、なかなか酷い。

主人公がゴブリン村の復興をする物語なんですか?これは。
もしそうなら、動機が不明確過ぎて最早入っていけません。
たまたま通りかかって、チート能力で助けたのは分かるが、それで復興お手伝いは謎。主人公がどういった意図や理由でそれをしようと思ったのか全く説明が無い。

例えば、昔虐げられた過去があり、共感出来る所があるから助ける。とか、その村を足掛かりにしてこの世界の事を知りたい。とかさ。
そういう目的が見ていて全然伝わってこないから、見ていてとっっっても退屈。

主人公が俺ツエーしても、全然爽快じゃないし、ギャグも寒い。

主人公のキャラクター像そのものが全く確立されていないので、起こす行動全てにおいて違和感を感じる。ストレス。

何か大きな事件に巻き込まれていく様な物語だとしても、展開がスロー過ぎて、興味を持ち続ける事が出来ない。

まぁ、もしそうなら、良くあるストーリーですよね。

この世界ではこんなことが起こっていて、あんなことやこんなことをしないといけないんです。
なるほど、じゃあ協力しましょう。

っとまぁ大体こんな流れですよね。
それが未だに全然無い。伏線すら張ってる気配が無い。

なんか、チラッと映る謎目いたキャラや、戦争が始まるとかいう下りを伏線だと製作者は考えているかもしれないが、あんなもんは絶対に必要な描写であって伏線でもなんでもない。

次話でそこら辺の説明はあるんだろうが、唐突感を絶対に感じるだろう。

だって、この世界の事、そして世界観、まるで説明されて無いんだもの。

何だか残念アニメの臭いがもうプンプンしてます。

あのね、進撃の巨人とか、ああいう最初は設定ありきの作品を見習ってほしい。
出し惜しみするなよと。
設定でチャレンジしてるんだから、着地点探りながら話進めなくていいんだよ。
思い付く面白いポイントを盛り込んで、最後はそれを微調整すればいいの。

GANTZとか、アイアムアヒーローとかもそう。
最初にグッと引き付けられるから、次が気になる。どうなるんだろう。どうやって終わるんだろうってなる。
上に書いた2作は、たしかにオチは微妙だったかもしれないよ。
でも、中盤まではメチャメチャ面白いんだよ。
何でかって出し切ってるから。最後の事なんて考えて無いんだよ。きっと。

なんかこの作品は、綺麗に終わらせるとか考えてるのか知らないけど、余力残して作ってる感が見え見え。
そのレベルじゃ無いと思いますよ。


興味がとっても削がれた。
気が向いたら続きは見ます。
{/netabare}

5話
{netabare}なんだこれ。
まず、ベスターのエピソード。薄っぺら過ぎませんか。いくらなんでも。
過去のエピソードとか持ってこられても、こっちからしたら「あ、そう」っていう感じだよね。
大した掘り下げも無いキャラクターの経緯を説明されても、へぇーそうなんだー、で?って感じ。
国王の為に尽くそうと行動してきたって語ってたけど、頭悪すぎない?
行動とキャラ設定ごちゃごちゃじゃん。

それから。カイジンがリムルについていくことになったけど、その理由も、薄っ!!
涙流す程の覚悟だったっぽいけど…あの程度の事でついていくんだぁ、って感じだよね。

しかも、未だに物語の主旨まるでわかんねーし。
主人公は何がしたいんだよ。

駄作中の駄作じゃない?これ。
ストーリー、キャラ、世界観全てダメダメ。良い所必死に探しても見つからない。

今のところ0点ですね。見る価値無し。
{/netabare}

6話
{netabare}やっと少し進んだね。よかったね。感想はそれだけ。{/netabare}

7~8話
{netabare}酷いなぁ。酷すぎるなぁ。
これがギャグとかシュール系アニメなら許せるんだけど、普通に軸がシリアスだから余計に腹が立つなぁ。

話のポイント一つ一つにおいて全て物足りない。これ、単純にちゃんと練られていないだけでは?

設定がおかしいとか、繋がりが悪いとか、テンポが悪いとか、そういった以前の問題で、全体的に作りが甘すぎる。

なんて言うんだろう。漫才で例えるなら、間とか展開とか云々の問題ではなく、そもそも作り込みが足りない。みたいな。

8話とか、正直シリアス全開なのに笑ってしまった。
どこで感動すると思ってこのBGM流してんの?(笑)って。

もう挽回不可能でしょう。お疲れ様って感じ。{/netabare}

9話
{netabare}まぁ、いつも通り敵キャラ発生→無双というなんの捻りもないストーリー。
一応、主人公の目的みたいなのは出来たけど、遅すぎませんか。


そして、相変わらず行動原理が不明確なキャラクター達…

それに伴って、一向にキャラが立たない。魅力が皆無。キャラクターに厚みが無いからシリアスパートで呆れて笑ってしまう。

真剣な空気で何かやってんぞ。こいつら。ってなる。完璧に視聴者が取り残されている。

何をしたいんだよ。てか、どこで盛り上がる物語なの?これは。

リムルが「本気を出そうか」って言った時、鳥肌立ったわ。気持ち悪過ぎて。

いや、努力した訳でも生い立ちをバックボーンにした才能がある訳でも無く、ただチート能力授かっただけであのイキり様は…
寒過ぎる。何故お前はそんなどや顔を繰り出せる?

てか、今までスライムの特徴使って戦ったことあったっけ?

色んな人に化けて潜入するとか、雑魚と見せかけて油断させてとか、切られたら分裂するとかさ。

解析して技使って回復薬無限って、それスライムじゃなきゃダメですか?

永久にこの作品の悪口書けそうだわ。
{/netabare}

投稿 : 2019/09/21
♥ : 32

56.5 5 一人之下 the outcast(TVアニメ動画)

2016年夏アニメ
★★★☆☆ 3.0 (83)
397人が棚に入れました
『一人之下 the outcast』(ひとりのした ジ・アウトキャスト)は、中国のWeb漫画およびそれを原作とした日本のテレビアニメ。主人公・張楚嵐(チョウソラン)はある日墓場でゾンビに襲われた!絶体絶命のピンチ−…!その時、包丁を持った見知らぬ少女が現れ敵をなぎ倒し始める。命拾いしたと安堵したのもつかの間、「この困難に自分で立ち向かえ」という言葉と共に立ち去る少女。後日、大学に登校した張楚嵐の前に、あの墓場で出会った不思議な少女が現れて…

声優・キャラクター
田丸篤志、飯田友子、早見沙織、野島健児、立花慎之介、朝井彩加、山本兼平、宮澤正、日笠陽子、三宅麻理恵、原由実、鳥海浩輔

snow

★★★☆☆ 3.0

パターンに染まってないのかとおもいきや<30>

3話まで視聴としとこうか。
話の進み方が日本のありがちなアニメとは違うかなと、やや新鮮味感じて見てたけど、結局ただ下手なだけだったという感じ。
放映権料の高い浅い時間、見やすい曜日にやってるから録画予約消しても観てるけど、もうあんまストーリー気にしてない状態。

中華の風?資本?<40>
1話視聴。
中国の会社が日本に子会社としてアニメ制作会社立ち上げて、という中華アニメとも日中合作とも言いづらいよく解らない制作体制。
上位のスタッフがほぼ日本人だけど、監督が中国人?

お話はオーソドックスな導入ってことで特に悪くもないんだけど、アニメの作りとしては低予算アニメって感じの2線級。
とりあえず次も見てみようか、といったところ。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 2

たわし(ガガ)

★★★★☆ 3.5

意外と面白い

中国発のウェブコミックで、現在は集英社のwebジャンプ+で連載されているらしく、コミックは発行されていないようですが

原作漫画結構面白いです。王道の異能バトルもので在り来りな設定ですが、中国の気功や功夫から着想を得ているらしく、設定としては結構斬新だと思います。偏見の目で見なければ。

アニメは正直大したことないですが、今後設定をふくらませれば面白いものになると肯定的に見れます。フランス発の漫画「ラディアン」もそうですが、昔アメコミやバンドデシネに影響受けた日本の漫画が独自の文化をまとい、アメリカや中国やフランスのコミックにモロに影響を与えてるのが非常に嬉しいです。昨今のアメコミは日本の漫画の模倣と呼べるような表現が増えて、読みやすく受け入れやすくなっているのも日本の漫画表現が取り込まれているからであり、世界トップレベルであることの所以だと思います。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 3

Ka-ZZ(★)

★★★★☆ 3.6

原作は「3億PV越え超人気中国原作WEBマンガ」だそうです。

この作品の原作は未読ですが、はやみんが出演される事を知りニコニコアニメスペシャルで視聴しました。

ここのところ、中国原作の作品が増えているように思います。これまで中国原作の作品を日本のアニメ制作会社がアニメ化する、というパターンが殆どでしたが、この作品は日中合作で両国のスタッフが加わって制作したそうです。

この作品の主人公は大学生の張楚嵐(チョウソラン)…彼はとある日に墓場でいきなりゾンビに襲われるのですが、一人の少女が彼のピンチを救ってくれたのです。
少女の名前は、はやみん演じる馮宝宝(フウホウホウ)…

彼女はチョウソランに「この困難に自分で立ち向かえ」と言い去っていったのですが、祖父から「普通」に生きる事を命じられた彼の人生の歯車は、この時既に大きく変わり始めていたのです。
そして様々な思惑が蠢く争いに巻き込まれ…物語が動いていきます。

普通の一般市民が実は非凡な才能を隠し持っているのですが、その非凡な才能を手中に収めようと様々な組織の恰好の的になってしまいます。
ですが、本人が自らの奥底に秘めた力に目覚めて特別な存在となり、向かってくる敵をバッサバッサ薙ぎ倒していく…

隠し持った人とは異なる力や秘めた力…誰もが一度は憧れ、その殆どは自分にはそんな力など持たないただのモブである事を自覚する事になるのですが、この様なヒーローものは中国の作品では割と王道なのでしょう…
霊嶮山もこんな感じでしたし…

個人的にはフウホウホウの役どころとはやみんの声質がベストマッチである事に最初は困惑しましたが、慣れてきたらはやみんの魅力をバリバリ感じながら視聴する事ができたのは良かったです。

フウホウホウは不思議な女の娘ですが、彼女の全容は未だ不明です。
この作品を見て感じたのは、フウホウホウは滅茶苦茶強いという事と、どんな時も約束を忘れない娘…だという事です。

彼女の生い立ちやチョウソランとの関係がどうなっていくのか、今後が楽しみな作品です。
でも、この作品の続編は政策されるのでしょうか…?
霊嶮山や、直近ではアニメではありませんが、原案・脚本を虚淵玄さんが手掛けれた人形劇「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」でも最終話で続編の制作が発表されたので、続編の制作が決まったら早々に発表されるとばかり思っていましたけれど…

1クール全12話の作品でした。でもテレビで放送されるのがTOKYO MXの1局しか無いのは正直少なすぎだと思います。はやみんが大好きんで彼女の活躍を見たいと思っているのは決して私だけでは無いと思います。
せっかくの声優さんたちが熱演を繰り広げてくれているんです…もう少し幅広く発信されても良かった作品だと思いました。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 8
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ