美術館おすすめアニメランキング 5

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの美術館成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年12月15日の時点で一番の美術館おすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

66.4 1 美術館アニメランキング1位
ひだまりスケッチ×SP(TVアニメ動画)

2011年秋アニメ
★★★★☆ 3.9 (188)
1260人が棚に入れました
TVアニメ第4期の制作も決定した、「月刊まんがタイムきららCarat」で連載中の蒼樹うめ原作によるほのぼの学園コメディアニメシリーズのスペシャル編。私立やまぶき高校美術科に入学し「ひだまり荘」で暮らす少女・ゆの、同級生の宮子、上級生のヒロや沙英の日常を綴る。TVシリーズにはなかった新作エピソード全2話を収録。

nk225 さんの感想・評価

★★★★★ 4.8

ひだまり荘の全住人6名と一部のキャラクターにはシンボルマークとイメージカラーが設定されており、アニメの各場面でそのキャラが喋る際などに表示される。

2011年3月28日に発売された『まんがタイムきららキャラット(2011年5月号)』で、特別編が新たに製作されることが発表され、2011年8月13日に開催された「TBSアニメフェスタ2011」にて、特別編のタイトルが『ひだまりスケッチ×SP』(すぺしゃる)であることが発表、BS-TBSにおいて同年10月29日に前編・11月5日に後編が放送された。

オープニングテーマ「気まぐれ、じゃんけんポンっ!」
エンディングテーマ「nora」

投稿 : 2019/12/14
♥ : 40
ネタバレ

キャシャーン さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

変わらないことは良きことですね(⌒‐⌒)

コミック原作 既読

ひだまりスケッチ第4期の少し前に作られたOVAです。

このシリーズは本編も特別編も全く同じような内容、空気ですが、それは今回も同様です。ここまでくると書くこともなくなってきますねww

ただ今回はこのSPのためにOP,ED共に新しくなっています。
OPはひだまりらしい明るい曲でEDは心が温かくなるような落ち着いた曲で、どちらも良いですね。個人的にEDの演出が気に入っています。
{netabare}
みんながゆのっちの顔を見て起こさないように気をつけて置き土産をおいて静かに去るというだけなのに何かすごく癒されます。
曲の感じともリンクしているし、何より1期からず~と見続けてきたひだまり荘のみんなの優しくて深いつながりがこの1分半で感じることが出来ます。
{/netabare}

キャラも相変わらずかわいい!

残すのは4期と卒業編のみですね。
終わりに近づくにつれて寂しくなってきますね~( ´△`)

投稿 : 2019/12/14
♥ : 20

こたろう さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8

ひだまり荘で待ってるらしいから、きっと遊びにいってみました

2話限りのスペシャル版。
ただし、スペシャルといってもそこはひだまりスケッチ。
日常系ですから、特に何があるわけでもありません。
いつもどうりの6人です。


ノリノリ元気なOP。
静かであったかいED。
シャフトらしい演出もいつもどうり。

ゆのっちの入浴もいつもどうりですw
変えない事の美徳、「いつもとおんなじ」という安心感が日常系のキモですね。

もー、見ているこっちが恥かしくなる程の仲良しさん。これも、いつもどうり。
ぼのぼのご視聴してください。

投稿 : 2019/12/14
♥ : 9

61.7 2 美術館アニメランキング2位
名探偵コナン 業火の向日葵(アニメ映画)

2015年4月18日
★★★★☆ 3.6 (120)
720人が棚に入れました
名探偵コナンの劇場版19作目にしてシリーズ初となる芸術的(アート)ミステリー。

ゴッホが描いた“幻の絵画”を巡って、数々の謎めいた事件が巻き起こるという。

青山剛昌先生が3回描き直したというビジュアルでは、コナンのライバル・怪盗キッドが、今までにない不敵な笑みを浮かべている。

声優・キャラクター
高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、山口勝平
ネタバレ

scandalsho さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

ゲスト声優の使用はほどほどにしましょう。

今や国民的アニメの名探偵コナンの劇場版19作目。

怪盗キッドが出ていますが、前半に登場するキッドはいつもの“義賊”とは程遠い、『嫌な感じ』です。
(終盤に理由が明らかになってホッとしますが・・・。)

後半の、コナンとキッド(新一に扮している)と蘭ちゃんが協力して名画を救出する場面が見せ場だったと思いますが、少しインパクトが弱かったか?
蘭ちゃんファンの私にとって、本編ではほとんど見る事がなくなった蘭ちゃんの活躍シーンは、劇場版の見どころの一つですので、もう少し丁寧に扱って欲しかった。

一番ひどいと感じたのは、ゲスト声優の榮○○々。
女優としてはどうか知りませんが、声優としては全くダメ。
登場場面から最後までずっと、1人だけ違和感のある喋り方。
{netabare}
以下、真犯人にまつわるネタバレなので、未視聴の人は見ない方が良いかもです。
{netabare}
しかも、彼女が真犯人って。
コナンの謎解きシーンが台無しです。
{/netabare}
{/netabare}

今や国民的アニメの名探偵コナンの劇場版ですから、話題集めのためにゲスト声優の起用も仕方ないと思いますが、使用はほどほどに。
特にストーリーに大きくかかわるような重要な役は、プロの声優さんに任せるべきでは・・・。
そんな私は、ジブリの作品がいまいちハマりません(笑)

プロの声優さんの凄さを今更ながら感じつつ。

投稿 : 2019/12/14
♥ : 18

ようす さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

ゴッホのひまわりをめぐる攻防戦。キッドから絵を守れ!

2015年公開の名探偵コナン劇場シリーズ19作目。

今回は「怪盗からお宝を守れるか!?」な、
vs怪盗キッド的側面が強いです。

キッド最強じゃない?と思わずにはいられない数々のシーン、
キッドファンなら見て損はない内容ですよ♪


● ストーリー
日本で焼失されたとされていたゴッホの2番目のひまわりの絵が、
ニューヨークのオークションに出品された。

それを高額で落札した鈴木財閥は、
世界中のゴッホのひまわりの絵を集めた展覧会を開催する計画を発表した。

しかし、
怪盗キッドもゴッホのひまわりを狙ってきた。

鈴木財閥は「7人のサムライ」と名付けたエキスパートたちと共に、
キッドから絵を守り、展覧会の開催を目指す。


ひまわりの絵をかけた攻防戦。

キッドから予告を受け、
キッドから守る…。

でもこれは表の流れであり、
裏には別の物語が隠されていることが、

いつもとどこか様子が違うキッドからも想像できます。

伏線のようなものもいくつか仕込まれていて、
最後にはちゃんと(ちょっと無理な感じもあるけど)ひとつにまとまるのがよかったです。

人が死ぬような事件はないものの、
命が危険にさらされる場面は何度もあります。

そのような事件を起こした犯人の動機がくだらなさすぎて、
腹立たしささえ感じたよ。笑

私には理解できない…。


● キャラクター
メインのコナンキャラクターは安定。

今回は特に怪盗キッドの活躍が満載!

この人は人間か?と疑いたくなるほど、
人間離れした技もたくさんw

飛行機から飛び降りて無事なものなのか…。

いくらパラグライダー常備といっても、
たかがパラグライダーじゃないのか…。

ここまで自由自在だと、
そりゃ誰も彼を捕まえられないわ。笑


劇場オリジナルキャラクターは、
最後まであまり覚えられませんでした(笑)

ゲスト声優は榮倉奈々さん。

…お世辞にもうまいとは言えないですね^^;
違和感ありありでした。


● 音楽
【 主題歌「オー!リバル」/ ポルノグラフィティ 】

コナン映画の主題歌の中では好きな方です♪

キッドのミステリアスなイメージに近い曲かも^^


● まとめ
最後まで真相がわからなくて、
犯人や動機が気になったので、飽きずに観れました。

ただまあ、犯人の動機が私には理解できないので
なんかすっきりしない(笑)


コナンよりもキッドの活躍が目立つので、
主人公はキッドな映画と言えるかも。笑

コナンも頑張ってたのだけどね。
キッドの方がうわてでした。

キッドの活躍が好きな方には楽しめるかな♪

ゴッホの絵を美術館で見たくなりました^^

投稿 : 2019/12/14
♥ : 12
ネタバレ

ほほえみみ さんの感想・評価

★★★★★ 4.3

今年もこの季節がやってきた!ぬるい感想。

今年も見てきました業火の向日葵〜!
毎回コナンの映画で一喜一憂する私ですが、(ここの出来いい!哀ちゃん可愛い!ここのシーンあんまりだなぁ・・・、蘭ねえちゃん強ぇ!!!)今年も例に漏れず一喜一憂してきました。

Good ぽいんと!

{netabare}
・空港で泣き崩れる蘭姉ちゃんほんとにかわいい。
新一の事心配で、もしかしたら死ぬんじゃないかって思って、やっと連絡とれたときにほっとして泣き崩れる蘭姉ちゃんがまじで可愛かったです。もう夫婦。あれ夫婦くらいの絆だわ。新一の事を攻めるでも無く、ただただ心配なんです。ええこやな・・・

・絵が綺麗!
いつも青山先生ここ描いたな、ってのが丸わかりなんですが、今年はかなり綺麗で、ここ青山先生・・・?あれここも青山先生・・・!?ってなりました。作画が美しいと映画って楽しいね!

・おばあちゃんと哀ちゃんの会話。
哀ちゃん大好き人間としては哀ちゃんがピックアップされるとめっちゃ嬉しい。本妻(蘭姉ちゃん)がいるので、すこし切ない感じだとより萌えるんですけど今回超萌えました。本妻はプライベートは任せるけど、仕事はあたいが支えてるんや!っていう哀ちゃんが見れてうれしい。哀ちゃんのコナンに対する絶対的信頼感と、私たちお互い解ってますから感ね!!!恋なんかより、愛なんかより、深いつながりがある感じがして、うーんとってもプライスレス。

・キッド様大活躍。
飛行機から飛び降りてお前よく無事だな!!!から始まり、崩れ落ちる鍾乳洞からの脱出超かっこいいです。あと今回キッドがキッドじゃない、悪キッドだ・・・どうしたのキッドぉ・・・!って心配させる感じね。悪いわーかっこいいわー。ゴッホの向日葵を懸命に守ろうとする姿は騎士のようでした。美術品は大事にするキッド超かっけえ!

・園子大活躍
今回は園子がお嬢様やってて、さすが鈴木財閥のご令嬢だなというのを感じた。ふだんとのギャップにときめく男性は多いのではないでしょうか。

・チャーリー警部良キャラだった
この映画で使い捨てちゃうのが惜しまれる・・・!

・ゴッホになぞらえてた。
兄弟を殺しちゃうところ(しかも向日葵畑で)なんてまさにゴッホの人生のようで、シンクロさせてて鳥肌たった。ゴッホの事調べて見るとより楽しいと思います。

・オーリバル!神曲
主題歌が今回ほんとにマッチしてます!すっごいいい!暑い日差しとそれにむかって燃え盛るように鮮やかに咲く向日葵が脳内で駆け巡りました。映画見終わってからしばらくこれずっと聞いてた。ポルノ兄さんありがとう!

{/netabare}

Bad ぽいんと。

{netabare}

・犯人の動機がマジで謎
はぁ〜〜〜〜!?!?!?!?鑑定士になるのなんて超超超大変なのに!!!しかも美術の勉強とか歴史とか知ったらお前そんな軽々しくそんなことできねぇよ!!!!絵画を敬う人がつく仕事だろうにそんな思い込みでやってるのが本当に謎、っていうかイラっとした。え、え、え、イミワカンナイ!!!

・いきなり出てくる武者小路先生の名前
これね、ほんとに一瞬なんですけど、ウメノおばあちゃん(向日葵みてる老婦人)と、イケメンの庭師みたいな人が生き別れる瞬間に、武者小路先生のなんちゃらを〜みたいなこと言うんだけど、覚えてる限り武者小路なんて名前出てこないからさ、ぐぐったよね・・・。

・7人のサムライ(笑)
チャーリー一人で事足りた感ある。

・哀ちゃんのフラグ
あんなにおばあちゃんと会話して、このあとなんかあるのかな!?大丈夫かな;;!ってなったのに特に何もなく終わって草生えるwwwwおい!!!哀ちゃんを!!!哀ちゃんをもっと生かしてくださいお願いします!!!

・博士のクイズが簡単すぎた。
でも小学生も見る映画だもんね・・・。

・あんまり人が死ななかった・・・
いやこれ言うとおいお前!ってなるけど、でも言うけど、連続殺人事件がさ、面白いよね・・・。

{/netabare}

前半のわくわく感は相当すごいです。
そして来年はいよいよ酒・・・!!!黒の組織くるー!!!!
毎年一喜一憂しては楽しみにしておりますよ!
総評して、やっぱりコナンは面白かった!

投稿 : 2019/12/14
♥ : 10

64.2 3 美術館アニメランキング3位
ギャラリーフェイク(TVアニメ動画)

2005年冬アニメ
★★★★☆ 3.7 (91)
565人が棚に入れました
表向きは贋作・レプリカ専門のアートギャラリー『ギャラリーフェイク』を舞台に、オーナー藤田玲司が、様々な登場人物と絡みながら、時に世界を駆け巡りながら、絵画、彫刻などを通じて「アートとは何か?」を問いかける。主人公の魅力は、単なる守銭奴ではなく、アートへの奉仕者として清濁併せ呑む点にあるほか、美術・芸術・骨董の多方面に渡る薀蓄的描写も、読者の好奇心をそそる。助手サラ・ハリファとのほのかな恋の行方も気になるところであるほか、脇役・レギュラーキャラクターも多い。

また芸術に絡んで社会問題にも言及するなどしており、物語は美術方面の商業的な話題から推理サスペンス、コミカルな人間模様、陰惨な事件、時に憎み合い時に愛し合う人々の交流、文化財保護にまつわる制度面の問題など、多岐にわたる。

声優・キャラクター
森川智之、川澄綾子、ゆきのさつき、石坂浩二

エミ(エミタク) さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

いや~面白かった♡

マンガで内容知った後にアニメを観たんだがそれでも面白かった♫


私美術品に興味あるんでこの作品に食いついたんだけど、
コレは興味ない人でも楽しめる作品に仕上がってます♫

主人公の藤田(凄腕のキュレーターでギャラリーフェイクを経営)
とサラ(家族を失った王族の娘)が色々な美術品と出会っていく作品です。
有名な絵画等が出てきて美術品好きには勿論たまらない内容だし
恋愛・人間関係等も織り込まれていて観てて飽きないです。

普段はテレビとか間に挟むんだけど面白くて
休憩なしに一気に観終えました。

オススメです。マジで☆



投稿 : 2019/12/14
♥ : 17

101匹足利尊氏 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

芸術作品の取引にもう一度ロマンを。

オークション等、芸術作品の売買もマネーゲームに汚染されて久しい。
絵画が札束にしか見えないような〝投機家"がマーケットで暗躍し、
アートを右から左へ転がすばかり。
真に芸術を欲する人々に作品が行き渡ることは稀である。

本作の主人公で、贋作専門の画廊を営む、
元メトロポリタン美術館学芸員で修復の名手であるこの男は、
裏で真作の闇取引を行っていると後ろ指を指されている。

だがその黒い噂とは裏腹にこの男は、
芸術作品があるべき姿、あるべき場所に収まる為なら、
寸暇を惜しまず行動する情熱家である。

芸術の価値とは一体何なのか?
ある人にとって真作以上に価値ある贋作もあるのではないか?

芸術作品は一体誰の物なのか?
それを必要とする個人が所有すべきなのか?
それとも美術館が所蔵する公共物であるべきなのか?
或いは国家が国宝として接収し保護すべき文化財なのか?

こうしたテーマについても深く考えさせられます。

アニメ版では同じテレビ東京の人気番組、
『開運!なんでも鑑定団』にて司会を務める石坂浩二氏が、
芸術作品のウンチクについて渋いナレーションを披露。
芸術の秋などにぴったりな〝いい仕事してる"逸品に花を添えています

投稿 : 2019/12/14
♥ : 9

セメント さんの感想・評価

★★★★★ 4.5

美を知る者は孤独なり

徒党を組めばやがて馴れ合い腐りゆくまで。


<物語>
主人公の藤田玲司は元メトロポリタン美術館の学芸員、自身の審美眼や、他の美術館の学芸員、ブラックマーケットの人脈を駆使して有利に商売を進める画商です。
ということで、美術品に関する豆知識が得られるというのもこの作品の優れた点ですね。
元学芸員という主人公の遍歴も新しいですし、発想の勝利と言わざるを得ない。
話も基本的に一話完結で没頭してしまいます、絵画や彫刻だけに留まらず、ミステリークロックやからくり人形、植物標本など扱う品も多岐に渡り、時に善良なオーナー、時に悪徳美術商、特に冒険家と瞬時にスタンスを変える藤田から目を離せません。
中でも私個人としては、バーを舞台にしたミステリー回(25話)と佐伯祐三の顔のない自画像の回(28話)とウジェーヌ・ドラクロワのアートキャンサーの回(35話)が面白かったですね。

<作画>
原作は"ビックコミックスピリッツ"連載の細野不二彦さんの漫画、「美味しんぼ」とコラボなんかをしてたりします。
現在のトムス・エンタテインメントの前身である東京ムービーがアニメを制作していますね。
テレ東系列ということで結構広く放送していたはずなんですが、何故か放送時期は存在感を発揮してませんでしたね。
それこそ深夜ではなく夕方に放送した方が良かったかもしれません。

<声優>
藤田役の森川智之さん良い!すごく良い!
胡散臭さがぷんぷんしていてこれ以上に無いベストキャスティングです。
サラ役の川澄綾子さんも良いですね、褐色娘良い。
ライバル的立ち位置の三田村館長には雪野五月さん、予告の声も兼ねていて、そのどれもが楽しそうに思える語り口は見事でした。

<音楽>
EDの「だから、私は歌う」は良い曲ですね、ナチュラルハイの。
お洒落でセンスのある曲なんですけど、ナチュラルハイと検索するとアダルトメーカーが引っ掛かるのが玉に瑕です。

<キャラ>
藤田の言葉遣いや主要人物の構成は「ブラック・ジャック」に似ていて、細野さんも意識していると認めていますね。
比べるまでもないですが、どちらも分野に精通しているのが見て取れて、面白いですよね。
手塚さんが阪大医学部卒の経緯を創作に活かしてるのは伝わりますが、その点紺野さんは慶応経済学部卒ですから、趣味の範疇なのでしょうかね。
聞くところによれば、どこかしらの図書館で専門書として本作が扱われているようで、紺野さんの博識ぶりが伺えます。
さて、気になるのは藤田の年齢ですが、メットの学芸員であれば少なくとも大学院は出ていますよね。
プロフェッサー時代とアートディレクター時代合わせて40歳は超えているだろうと考えられますが、30代後半くらいの印象です。
それにしても、異色の経歴の主人公です。
他にも珍妙な肩書を持った魅力的なキャラクターが沢山出てきます。


こういった特定の分野に特化した作品は学ぶ点も多くて大好きです。
初めて本作に触れる人なら、知らない土地で隠れた名店を見つけた時のような感動が味わえると思います。
お勧めのアニメです。

投稿 : 2019/12/14
♥ : 6

65.7 4 美術館アニメランキング4位
ベルヴィル・ランデブー(アニメ映画)

2004年12月18日
★★★★☆ 3.8 (21)
96人が棚に入れました
イギリスでアニメのキャリアをスタートさせたフランス人アニメーター、シルヴァン・ショメの長編デビュー作。誘拐された孫の救出に奔走する祖母の大冒険を、セリフを極力排し、露悪的にデフォルメされたキャラクターと毒気の利いたストーリーで描いたナンセンス・アニメ。アカデミー賞長編アニメ部門にノミネートされたほか、NYやLAの批評家協会賞を受賞するなど2003年の映画賞レースを席巻した。また、劇中で三姉妹が歌う主題歌をはじめジャジーな音楽も評判に。 戦後間もないフランス。内気で孤独な孫のシャンピオンを元気づけようとおばあちゃんはいろいろな物を買い与えたが、シャンピオンはどれにも興味を示そうとしなかった。そんなある日、おばあちゃんはシャンピオンが自転車に強い興味を抱いていることを知る。やがて、シャンピオンは一流の自転車選手になるため、おばあちゃんと二人三脚で厳しいトレーニングに励むようになる。そしてついにシャンピオンは自転車レースの頂点“ツール・ド・フランス"に出場するまでに成長した。ところがレースの途中、シャンピオンは何者かによって誘拐されてしまう…。孫の行方を追うおばあちゃんは、愛犬のブルーノを連れ、海を越えてはるばる摩天楼そびえる大都会“ベルヴィル"までやって来る。

とまときんぎょ さんの感想・評価

★★★★★ 4.3

「おばあちゃんに、言ってごらん。」

シルヴァン・ショメ監督。フランスのアニメ作品です。
2003年アカデミー長編アニメ映画賞ノミネート(ニモにまけた)。
多分日本のかわいいアニメ絵に慣れた方からすると、醜悪に映るくらいカリカチュアの効いた絵ではあります。でもね、良いんですよこれ。

おばあちゃんと、多分要領よく周りに溶け込めない感じの、孫のお話。
二人と犬一匹だけで、線路ぎわの傾いたお家に住んでます。言葉少ない孫が求めることはなんだろう。私がしてあげられる事は。ジッと見守り、どうにか手助けしたいおばあちゃん。どうやら、孫は自転車に興味があるらしい。そこから始まる、海をも超える大冒険とは…?!

セリフも少ないので、吹き替えあっても無くてもあまり変わらない。それだけ、動き、歌、音楽、独特の時間の流れ方で伝えて来ます。

背景や小道具の密度がとても高くて、今何が動いたか、誰が意図してそうしたのか?、どこから出た反動か?、ピタゴラ装置のような展開を見逃さずにいると、そこに潜んでいるシニカルな笑いに感服します。そして少し切ない。

飾りのない底辺でも、人しれずとも、たくましく可笑しく大切なもの。

おばあちゃんが孫の自転車トレーニングを手伝うシーンがあるんですが、機転の効いたアナログなリサイクル物を用いての技の数々が面白いので、自転車乗りにもオススメ。
憎めない顔の垂れた愛犬の大活躍もあるので、犬好きにもオススメ。
「ドラえもん」のおばあちゃんとのび太の話に弱い人にもオススメ。

投稿 : 2019/12/14
♥ : 12
ネタバレ

シェリングフォード さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5

不思議な作品。そうとしか言いようがありません。

2002年に作られたフランスのアニメーション作品です。

ひとり寂しくおばあさんの田舎の家に住む男の子。
彼は今を輝くテレビスターにも愛らしい子犬にも興味を示さず、ただただ虚空を見つめます。
おばあさんが何をしても笑わなかった子が自転車にだけははしゃぎました。
笑顔で狭い庭を何周もしました。
それから数年が経ちます。
街は発展し彼らの家は高架橋に押しのけられるように斜めに立つようになりました。
男の子は自転車最大の祭典ツール・ド・フランスに向けておばあさんに支えられながら特訓中でした。
ついに本番当日。男の子は速いわけではありません。
最後尾の方でゆっくりと坂を登って行きます。おばあさんは救護車に乗って後ろから応援します。
しかし救護車が急にパンクしてしまいました。
タイヤを変えようとしたらスペアまでダメになっていました。
不可解です。首を傾げているとニセの救護車がダウンした選手を回収して行ってしまいました。
孫も一緒でした。
彼らは誘拐犯でした。おばあさんは必死に追いかけますが船に乗られ孫は連れてかれてしまいました。
でもおばあさんは諦めません。ボートを借りて丸々と太った犬と一緒に孫を助けに行きます。
さあ、どうなることやら。

大胆にデフォルメされた人物や乗り物や独特のリズム、雰囲気は初めて観る者を圧倒します。
極端に太った人、痩せた人、のっぽやチビ、左右高さの違うサンダルを履くおばあさん、とんでもない高さの船。
挙げればキリがないくらいバランスの悪いさや不均衡なものがたくさん出てきます。
いわゆる存在し得ないもの。
その登場人物たちもおばあさんを除けばいささか気が狂った人たちで充満しています。
不思議な空気感です。おそらくこれにしかないオリジナルなものです。

作中にはほとんど台詞はありません。
状況は登場人物たちを見ていれば分かるように作られていました。
というよりしゃべらせないことが目的だったのかな。
音楽は少ないけれどあります。
作中でもおばあさんは自転車のタイヤを拾ってスポークを叩いて演奏します。
なかなか愉快です。
メインの曲はすごく好きです。何を言ってるかは分かんないけどよく聴いていますw

本作はセリフを省いて作ったことにより映像での表現に頼ることの大きい、まさにアニメーション作品でした。
そうすることでなにか別に表現したかったことがあるような気もします。
しかし、おばあさんの奮闘記としても十分な面白さがあります。
海外の映画なんかではよく老人が主人公になることが割と多いです。日本では少ないですね。
アニメーションで『つみきのいえ』がありますがあれは稀有な例でしょう。
本作ではおばあさんのふてぶしさや表情をほとんど変えないところがひとつの面白さです。
あの小柄な体で何でもやってしまうところがすごいし、可愛さゆえにちょっと笑えました。

なかなか面白い作品ではありました。
つまらないことはないので興味があればぜひ一度。

{netabare}

本作は一体なんだったんだろう?
ただの自転車レースものでもサスペンスものでもなく、なにか別に表現したいことがあるような気がします。
とは上でも書いたけれど、正確に受け取れる自信はありません(笑)


「『終わり』と言っておくれ。」おばあさんはそう言いました。

少年はただひたすら自転車のペダルを漕ぎ続けました。
彼は(おそらく)父と母の写真に写っていた自転車に憧れ乗り始めました。
しかし、それ以外のことは何もしないというか、できません。
かろうじてご飯を食べるくらいで、運動後のマッサージやベッドに行くのさえもおばあさんの手を借りなければなりませんでした。
疲れていたからできないのではなく、ここの場面ではそういった彼の弱さを描いていたのだと僕は思います。
動くのは自転車の上だけ。試合でも練習でもひたすら何も言わずただ漕ぎ続けます。
それがスクリーンに映った世界の中でも彼は漕ぐことを止めません。
現実を永久に彷徨う放浪者です。すでに虚構の住人です。

おばあさんが彼に求めたものは一体何だったのでしょうか。
それは自主性だった思います。自分から何かを発するということ。彼の意志による行動です。
自転車に乗っていても見つめるのは前方であったとしても明確な目標は無く、虚空です。
何も話さず、自分の足で立つこともおろか、なにかに憑りつかれたようにペダルを踏むことだけをします。
今回のツール・ド・フランスでゴールを見ていたのかもしれません。「終わり」と言えたのかもしれません。
しかし、それが失敗したしさらにはマフィアに攫われ、彼はより長い道を走りました。
一騒動に幕が下り、おばあさんが亡くなって、彼は今一度自分の人生を傍観者として眺めます。
自分が自転車に乗りペダルを踏み続け、マフィア連中によりさらに多くのペダルを踏んだ一少年の通過儀礼とも呼べるこの冒険を。
でも、もうすでに終わってしまっていた。
自分がどれだけおばあさんの世話になっていたのか、彼は後になって知ることになります。
命を顧みずに自分を助け出してくれたことはため息がでてしまうほど嬉しい反面、
どうしてあのとき終わりを告げられなかったのだろうと後悔の念があったと思います。
そういう悲しさがあったと思います。

そしてそれらの多くは言葉を省略した映像の中で画面に映る彼らの行動だけでのみ描写されます。
それは不気味ににも寂しさにも捉えられる反面、彼らは誇張され、メタファーを含まれて描かれます。
デフォルメされた彼らの途切れのないジェスチャーの連続によってなされる行動は、場合によってはそれ自体もそうですが、ほとんどがキチガイとしてであり、またそれによって作り出され作品全体に霧のように隈なく広がった空気は「正常に」行動している人達を眩ませています。
誰が狂っていて、誰が正常なのかなんて線引きができない。
皆一様にそれぞれの赴くままに行動しているだけです。懸命です。
表現のひとつとして、このように人間をほとんどすべて行動に投影させたことにより描いた本作の存在はとても奇異でありながら、その分特別な輝きを内在しているようにも見えました。


まあ何にしても不思議な作品です。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

{/netabare}

投稿 : 2019/12/14
♥ : 6

Dkn さんの感想・評価

★★★★★ 4.5

おばあちゃんは“僕”のヒーロー

あらすじ
【 誘拐された孫を、おばあちゃんが助けに行くお話 】

戦後のフランスで、1人になった孫と暮らすおばあちゃんのお話です。

描写された暮らしは、裕福ではなく、哀愁すら漂います。
けれど、おばあちゃんの行動力が凄まじく、パワフル!!
思わず笑みがこぼれます。カッコイイおばあちゃんです。

冒頭の雰囲気に気圧されず見ていくと
コメディータッチな映画だと気づきますので、是非最後まで見て下さい。



実はこの映画。フランス語をほとんど喋りません。
このまま「トーキー映画」に出来るほどです。

日本のアニメ監督さんが、
“「ろう者」は原作のないアニメは見れない。
アニメを見るなら原作の台詞を頭に入れてから見る。”
自身が作ったアニメの取材でこう聞いたといいます。
真っ先にこの映画が頭に浮かびました。



現在、三鷹の森ジブリ美術館ライブラリーでDVDが発売してます

強烈なデフォルメキャラクターが印象的。
奇才シルヴァン・ジョメが描く『ベルヴィル・ランデブー』

おばあさんの逞しさと洒落たフレンチの魅力をどうぞ。

投稿 : 2019/12/14
♥ : 6

53.7 5 美術館アニメランキング5位
塙凹内名刀之巻(アニメ映画)

1917年6月30日
★★★☆☆ 2.7 (10)
31人が棚に入れました
大正時代の映画会社・小林商会が企画制作した本編2分のアニメーション。国産3本目のアニメ映画である。別題は『なまくら刀』。 さっぱり斬れないなまくら刀を名刀だと騙されて購入した武士・塙凹内(はなわへこない)。彼は買った刀の斬れ味を試そうと、試し斬り(辻斬り)の凶行に乗り出す。だが夜の川端に通りかかった按摩は、そんな凹内の悪行を軽くあしらうのだった。 下川凹天などとともに日本最初の漫画雑誌「東京パック」で活躍していた漫画家・幸内純一が作画と演出を担当。21世紀まで本編映像の現存が確認されなかったが、2007年に大阪で玩具映写機用の古物フィルム(この時の題名が『なまくら刀』)として発見。国立フィルムセンターでデジタル復元されて、2008年に一般公開された。
ネタバレ

剣道部 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

現存する、日本最古(約100年前)の国産アニメ

[文量→小盛り・内容→感想系]

【総括】
勿論、リアルタイム視聴はしていませんよ(笑)

現在(2018年1月30日~3月4日)、東京都京橋にある、東京国立近代美術館フィルムセンターが、修復したフィルムを企画展示しているらしいです(昨年、新カットが見つかったとかで)。

(私は遠いので行けませんが)アニメ好きなら、観ておくのも悪くないかもしれませんね♪ 上記のニュースを見て気になったので、ネットで観てみました(てか、あにこれにもちゃんとあるんだね)w

本作(塙凹内名刀之巻)は別名「なまくら刀」とも言われますが、2月4日、2月21日に映像が公開されるらしいです。もし実際に行かれた方は、会場の様子など含め、ぜひともレビュー書いて欲しいっすね♪

《以下ネタバレ》

【視聴終了(レビュー)】
{netabare}
無声アニメだし、ストーリーはまあ、軽い4コマ漫画のクオリティ。

でも、意外と表情は動くし、見ていて面白かったです♪ というか、(現存する)日本最古のアニメーションがコメディだったのは、なんか嬉しかったです♪肩肘張らずに楽しめる、アニメって本来こういうもんだな、と。

(あと、刀、侍、というも、剣道部的には嬉しかったw)。
{/netabare}

投稿 : 2019/12/14
♥ : 21

イカちゃん☆休止中 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

☆現存する最古のアニメ ?

辻斬りを試す侍があんまさんに逆に返り討ちに遭う
ギャグな内容です。

やられたあとに星がくるくると出て目眩がするところが
面白いです。(*^_^*)

1917.6.30小林商会


東京国立近代美術館フイルムセンター収蔵(閲覧可)

投稿 : 2019/12/14
♥ : 2
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ