人気おすすめ自業自得アニメランキング

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

おすすめ自業自得人気アニメランキング

あにこれの全ユーザーが人気アニメの自業自得成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年05月21日の時点で
一番の自業自得アニメは何なのでしょうか?早速見ていきましょう!

検索結果:9件
アニメを並び替え:
総合得点 65.9 感想・評価 654 棚に入れた人 3519
★★★☆☆ 3.5   物語 : 3.5  作画 : 3.4  声優 : 3.7  音楽 : 3.5  キャラ : 3.6

見栄っ張りなエリカは、友達相手に彼氏とのラブラブ話を語るが、実は彼氏いない歴16年。そろそろ嘘も限界と思ったそのとき、街で見かけたイケメンを盗撮。自分の彼氏だと自慢したが、その彼は同じ学校に通う佐田恭也だった。事情を打ち明け彼氏のフリをしてもらうことを承諾してもらったが、佐田くんは優しげな見た目とは正反対の超腹黒ドS男子! 弱みを握られたエリカは佐田くんの犬を命じられてしまう……。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

アニメタイトルが少しオーバー。
オオカミ少女と言うより、見栄っ張り忠犬少女。
黒王子と言うより、プライド高イケメン。
少女漫画原作の王道ラブコメなので、ストーリーはいわずもがなです。
話を一言で表現すると、「嘘から出たまこと」いや「瓢箪から駒」かな。

1話目から、ゲスイ展開。
... ▼もっと読む

総合得点 64.9 感想・評価 291 棚に入れた人 1768
★★★☆☆ 3.7   物語 : 3.6  作画 : 3.7  声優 : 3.8  音楽 : 3.6  キャラ : 3.8

最近、巷に或る都市伝説めいた噂が流れていた…。
深夜0時にだけアクセスできる「地獄通信」に怨みを書き込めば、どこからともなく「地獄少女」が現れて、憎い相手を地獄に堕としてくれる。晴らせぬ怨みや世に不条理はつきもの。納得できない理由や状況に抗えぬままに悲惨な運命を辿る者は多い。
地獄少女=「閻魔あい」は彼らの悲痛な叫びを聞きとげ、依頼主に契約の証である藁人形を渡し、「地獄流し」へ至る方法を語る。ただし、「その代償として自分自身も死後は地獄で永遠に苦しむことになる」とも言う。
地獄少女は全てを見通すかの様な涼やかな瞳を相手に向け、ただ一言告げる。「あとは、あなたが決める事よ」と…。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

【金巻兼一】という脚本家を語る上で、オイラが重要視する作品は3つあります
1つ目は、自身が代表作として挙げる『元気爆発ガンバルガー』
2つ目は、今もなお人気の絶えないシリーズの礎となった『夏目友人帳』の第1期
そして3つ目がこの『地獄少女』シリーズ、特にその第3期に当たる『地獄少女 三鼎... ▼もっと読む

総合得点 56.5 感想・評価 168 棚に入れた人 550
★★★☆☆ 3.2   物語 : 3.1  作画 : 3.2  声優 : 3.4  音楽 : 3.2  キャラ : 3.2

藤子不二雄Ⓐによる大人気ブラック・ユーモア作品「笑ゥせぇるすまん」
28年ぶりに『笑ゥせぇるすまんNEW』となって帰ってきた!!

悩みを抱えた個性的なキャラクターに豪華声優陣を迎えた全12話24エピソードを放映。喪黒福造がいつでもあなたのココロの隙間をお埋め致します!

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

1989年。
昭和から平成へ。
未曽有のバブル景気。

X'mas EXPRESS'が素敵な恋を運ぶ。
ジングルベルを鳴らすのは帰ってくるあなたです。
クリスマスイブのCMに切なくて泣く(^^;

初代「笑ゥせぇるすまん」は、
そんなバブリーに浮かれた... ▼もっと読む

総合得点 61.5 感想・評価 70 棚に入れた人 438
★★★☆☆ 3.6   物語 : 3.7  作画 : 3.6  声優 : 3.7  音楽 : 3.5  キャラ : 3.7

「剣道とは勝つことへの道」を標榜する剣客集団・逸刀流。彼らに両親を殺された少女・凛は仇討ちを遂げるため、不死の肉体を持つ男・万次に用心棒を依頼する。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

中途半端で終わってる、触りだけかな?

ストーリーは、不死身の力を手に入れた主人公が家族の仇討ちをする少女に力を貸す、というもの。

前述の通り中途半端で終わってる、オリジナル展開ですらないんじゃない?原作知らんからわからないけど。正直言ってそんなに面白くない、襲った連中を一話or二話... ▼もっと読む

総合得点 61.4 感想・評価 82 棚に入れた人 413
★★★☆☆ 3.6   物語 : 3.6  作画 : 3.5  声優 : 3.7  音楽 : 3.6  キャラ : 3.7

原作7巻初回限定版につく。

少しは面白い事でも起きないのか? などとぼやきつつつも、特に自分からはなにをするでもなく、ゆうちゃんや、いきなり割り込んできた(と勝手に思っている) こみなんとかさん達と怠惰な中学生活を過ごしている智子。そんなある日、拾った鍵で立ち入り禁止の屋上へと忍び入る智子。妙な開放感を味わっているさなか、見知らぬ下級生まで屋上に紛れ込んできてしまった。焦るあまり、智子はキテレツな行動に打って出るのだった。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

ワタモテはBD全巻買うくらい好きなのだが、原作の喪60~62が気に入らなかったので、ガンガンONLINEで新作をチェックする程度にまで熱が冷めてしまった。
でもこれは中古で凄く安くなってたので買ってみた(そんなに数は出回って無いだろうに…)。

冒頭の毒にまみれた2分30秒は脚本の吉岡た... ▼もっと読む

総合得点 62.5 感想・評価 62 棚に入れた人 396
★★★☆☆ 3.7   物語 : 3.5  作画 : 3.8  声優 : 3.9  音楽 : 3.8  キャラ : 3.8

希望、願望、欲望……それぞれの想いを胸に、少女たちが危険なゲームの渦に飲み込まれていく物語が描かれる。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

凄い、これは本当に良い映画です
完全に甘く見てました、ダークホースです;
「WIXOSS」という実在のトレーディングカードゲームを題材にしつつも、サスペンスな展開が連続する【鬱アニメ】として人気を博した『selector』シリーズ
2014年の春期に『infected』全12話が、秋期に... ▼もっと読む

総合得点 計測不能 感想・評価 2 棚に入れた人 11
★★☆☆☆ 2.9   物語 : 2.8  作画 : 3.0  声優 : 2.8  音楽 : 2.8  キャラ : 3.0

ポプラ社の「学校の怪談」シリーズに収録された掌編をアニメにしたオムニバス型式の作品。第1話は原作第3巻に収録の「魔の教室」を映像化している。同社の月刊漫画誌「コミックブンブン」2008年8~9月号の付録DVD用に制作され「上巻」には2編「下巻」に3編を収録。「ブンブン」の看板キャラクターでもある「トイレの花子さん」の特典アニメ映像も各巻末に収められていた。授業中に急死を遂げる小学生の男子。この5年D組は「魔の教室」と呼ばれる怪異な教室だった。5年D組は庭の一角に建て増しされた教室だが、工事中に施工業者が怪死したほか、教師も突然死を迎えるなど謎の事態が頻発。さらには一年ごとに生徒が一人ずつ死ぬという忌まわしい事件も続いていた。先の春、4年生から進級する少女・中川幸子だったが、級友の少年・安藤武彦の表情は暗い。安藤は5年D組へのクラス配置が決まっていたおり、それは幸子も同じだった。自分の不運を受け入れる安藤に励ましの言葉を送る幸子だが、安藤は交通事故に遭い……。(第1話「魔の教室」より)本作の実制作はスタジオ藍丸、ワオワールド、ムーグーが担当。キャラクターデザインは『双恋』の上田峰子、監督は『シュガーバニーズ ショコラ!』などの釘宮洋が手がけている。

総合得点 計測不能 感想・評価 2 棚に入れた人 3
★★★☆☆ 3.0   物語 : 3.3  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

若いのに愚痴っぽくハツラツさのかけらもない会社員の主人公と、ソフトな物腰の陰に悪魔のような冷たさを漂わせる謎の紳士。
給料日の夜、馴染みの飲み屋でくだを巻く主人公は不満の矛先を安月給・税金へと向けていきます。「税金なんか無くなっちまえばいいんだ!」と捨てゼリフをはいた瞬間から、彼を取り巻く世界は似て非なるものに一変して・・・
国税庁企画の中学生を対象とした租税教育用アニメーションです。

総合得点 68.7 感想・評価 581 棚に入れた人 1984
★★★☆☆ 3.8   物語 : 3.6  作画 : 3.9  声優 : 3.7  音楽 : 3.8  キャラ : 3.8

1993年から放送されたTVシリーズ「電光超人グリッドマン」。
まだパソコンが一般家庭に普及する前に制作された作品にも関わらず、 現代における「インターネット」「コンピューターウイルス」といった概念を先取りした内容で人気を集めた。

そして2018年秋「SSSS.GRIDMAN」が放送決定!
アニメーション制作は、2015年日本アニメ(ーター)見本市で公開された 「電光超人グリッドマン boys invent great hero」を制作したTRIGGERが担当する。
監督は、同作でも監督を務めた雨宮哲。
あの時の未来が現実になった2018年、グリッドマンがアニメーションの世界で蘇る――。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

※↓以下を書いた時点でアニメ作品は始まってもいないので、未見でした。視聴終了後追記あり。

「あらすじ」にある通り、『電光超人グリッドマン』という円谷プロ製作の特撮作品(以下、「原作」)がありまして、当時の情報科学・コンピュータ関連の研究者や業界人の間では有名な作品でした。

原作では... ▼もっと読む

<< 前へ 次へ >>
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。