おすすめ風水人気アニメランキング 5

あにこれの全ユーザーが人気アニメの風水成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年08月21日の時点で一番の風水アニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

61.7 1 ひもてはうす(TVアニメ動画)

2018年秋アニメ
★★★★☆ 3.1 (129)
432人が棚に入れました
東京・中野にあるシェアハウスで共同生活を送っているのは家主の紐手(ひもて)家三姉妹ときよ、きなみ、こころと、こころの同級生たえとみなも、そして、飼い猫のえにし。通称「ひもてはうす」を舞台に、個性豊かなメンバーが「どうしたらモテるようになるのか?」を日々悩みつつ、かしましく過ごすちょっと生々しい女子たちの共同生活コメディ。実はこの5人と1匹、不思議なチカラを持っていて……

声優・キャラクター
洲崎綾、明坂聡美、三森すずこ、水原薫、上坂すみれ、西明日香

える908

★★★☆☆ 3.0

最初はつらかったけど、意外と行けちゃいました(^o^;)

全編3DCGのアニメ、本当に増えましたね~

動きが不自然だし、
原画?自体の違和感が大きくて
無理~っ!て感じは、あるのです。

この作品も同様で、
キャラデザも動画も
最初は「うわ~!」って感じでした。

見はじめてすぐ、やめようと思ってたんです。

でも何が幸いするか分からないものです。
超能力があって、非モテ!wwww
超能力を役立てないし、モテないのも楽しんじゃってる。
この設定が、なんだか絶妙に可笑しくて・・・

シェアハウスにつどった女子5人が、
それぞれ全員、いろんなタイプのエスパーなんですwww
そのうち一人は、
「私は何にも出来ないー」って言いながら、
えいっ!てリキんだら、
分身出来ちゃった(笑)
それも、大量に(大笑)

そして、凄いのが、もう書きましたけど、
みんなが超能力を何にも生かしてないんです。
全員非モテで、モテたい筈なのに!
そんな努力はしてなくて、
っていうか、変なデート喫茶みたいなところに行ったりはするのに
全然ちゃんとしてなくて、
せっかくの超能力も、
何の足しにもしない設定無駄づかい、
めちゃめちゃ可笑しくないですか(≧▽≦)?

そして、
リビングでみんなでワヤワヤする(パジャマパーティっていうことらしいです)場面になると、
なんだか無性に楽しいんです。

アドリブもだいぶあるのかな?ほとんどかも?
声優さんたちの地声とか不自然に作った声とか、
パーティの一発芸大会みたいwwww

しかも、不自然で気持ち悪かった作画が、
パジャマパーティのときになると
なぜだか妙にこなれてて、面白いんです。
これは見慣れてきたってこと?
それともCGで制作してる恩恵で、
作画しやすいからプレスコで録音してるおかげ?

なんだか、
こういうキワモノっぽいの、
実は好きかもって思わせてくれたお話でした。

エンディングのコスプレも、
これは何の作品だろう?って考えるの楽しかった(≧▽≦)

投稿 : 2019/08/17
♥ : 11
ネタバレ

noindex

★★★☆☆ 2.2

3話切り。飲み屋でダテコーが社会に対する不満をぐちぐちと語ってるような脚本

視聴前
平成末救笑主伝説~熾烈!3DCGギャグアニメの系譜~(以下敬称略)
かつて、私が史上最高のギャグアニメと評価する「gdgd妖精s」一期を作った二人の男が居た。
一人は監督の菅原そうた、もう一人は脚本の石舘光太郎である。
二人の素晴らしい才能がgdgd妖精sという声優アドリブを駆使した奇跡的傑作を生み出したが、その後二人は袂を分かち別の道を歩むこととなる。

菅原そうたはgdgd妖精sの二期や「Hi☆sCoool! セハガール」等の佳作を作り続けるも、石舘光太郎脚本作品に及ぶものは作れなかった。
一方の石舘光太郎は石ダテコー太郎と名を改め、ヤオヨロズを立ち上げ、その才能を再度発揮して「てさぐれ!部活もの」というgdgd妖精sに次ぐヒット作を生み出す。そして彼はそこである一人の男とであう。3DCGデザイナーのたつきである。
てさぐれは三期まで続き、石ダテコー太郎は3DCGギャグアニメのトレンドリーダーとしての地位を築きながらも降板騒動を起こし、ヤオヨロズを去る。たつきとは喧嘩別れをしたと発言しているように、たつきはヤオヨロズに残る。

そして石ダテコー太郎が離れたのち、たつきは奇跡を起こす。そう、あの「けものフレンズ」大ブームである。彼は時代の寵児となり、先人の菅原そうたや石ダテコー太郎とは比較にならない程の栄華を極めた。
…が、好事魔多し。その後の彼の末路は皆の周知のとおりである。先人が起こしたてさぐれ降板騒動の悲劇を、さらに大規模な形で繰り返すとはなんたる皮肉だろうか。

一方の石ダテコー太郎、けものフレンズのインタビューに「私に聞きますか?」と自嘲気味に答えつつも、時代の流れを読みながら臥薪嘗胆、この「ひもてはうす」で再起を賭けることになったのである。声優陣はgdgd妖精s・直球表題ロボットアニメ・てさぐれ!部活ものからのメインキャストが勢揃いであり、持田房子やくたぱんといった彼女たちの奇跡のアドリブ芸の再来が期待され、彼のここまでの集大成の作品となるのは間違いないだろう。

ところが同シーズンに、かつての盟友である菅原そうたの「でびどる!」が放送されるという。運命とはどれだけ皮肉なのであろうか?しかしこの対決、ギャグアニメファンとしては見逃せない戦いである。

…できれば次シーズンのたつきの「ケムリクサ」も同クールだったら、ラオウ・トキ・ケンシロウのような宿命の三人の対決が見られてなお良かったのだが…。北斗の拳のリュウケンのように「天はなぜこの三人を同じ時代に生んだのか!別々の時代に生まれれば、いずれも素晴らしい監督になったであろうに…」とか言ってみたりして。

1話
{netabare}西明日香が猫でかわいそうや。直球表題では主役だったのに。
この座り方…てさぐれを思い出す。
水原薫が片言キャラなのはなんかもったいないな。
パンツくらい見せてくれてもええやん!
みんな能力者なのかよ!
猫が喋ったアアアア!
アドリブ大喜利はCパートか。{/netabare}
絵は3DCGだけど静止画は手描きも多用して行くスタイルのようだ。アドリブネタに合わせた絵を用意しているのは良かった。これがプレスコの真髄。
1話はでびどる!の圧勝だな…菅原そうたよりダテコーの方が実力は上だと思っているんだが…というか花澤さんの恐ろしさを垣間見た。でびどる!もこっちも有名声優勢ぞろいなのに存在感で圧倒していた。
あとシンプルなでびどる!に比べてこっちはキャラや設定がごちゃごちゃしている。ダテコーは初心を忘れたか。

2話
つまらん…ダテコーはこれを斬新な設定だと思ってそうだけど{netabare}「異能バトルは日常系のなかで」で既出だし…能力を生かせない女の子の日常物はそれより「錬金3級 まじかる?ぽか〜ん」{/netabare}の方が先かな。
アドリブ大喜利のお題も面白くない。というかアドリブが短い。
自分的にはこの人はてさぐれですでにつまらなくなっていたと思うが、もう完全に枯渇した感じがする。
gdgd妖精sをそのままやってるでびどる!の方がずっと見られるな。

【中断評】
これは無理、12分も耐えられない。脚本も監督のダテコ―が書いているが、社会への不満をぐちぐちと声優に言わせるだけの内容。
gdgd妖精s一期からそういう社会の常識への疑問みたいな話で、その頃は上手くいっていたのだが、その後の自分の不遇な境遇から、飲み屋でクソオヤジの愚痴を延々と聞かされているような内容になってしまった。会社に少しでも不満があるとすぐ辞めてしまうような人なので、他のスタッフの意見も全然聞かないんだろうね。親が有力者らしいので仕事は取れてしまうんだろうが。

ただサブタイルトルとEDがパロディになっていて、1話はドラゴンボール(わかりにくくしてる)、2話はセーラームーン、3話はスレイヤーズ(公認らしいので明確)が元ネタでそこだけ気になるので後で見ようかと思う。CCさくらとエヴァは絶対来そう。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 6

ガムンダ

★★★★☆ 3.8

てさぐれシェアハウス アニメとして評価してはいけない

お年頃の女子5人のシェアハウス
「ひもて」とは非モテの事で5人はいろいろと問題あってモテない設定の様です。
アルアルとか基本他愛もないネタで盛り上がるギャグアニメですが、後半はアドリブパートがあってこれまた盛り上がります。
似たアニメに「てさぐれ」シリーズがあります。
私はアニメを観る時に製作会社だの監督だのスタッフだのは全く気にしませんがこれもてさぐれの系譜なんでしょうか。
キャストも西明日香さん他てさぐれからの続投です。

そもそも私はてさぐれシリーズが大好きで、声優さん達のアドリブの織り成す奇跡のアンサンブルが心地よく、何度も観たくなります。
こちらの作品も同じく面白く、「声優さんて頭良いなあ」と感心します。

しかし絵はショボいCGだしストーリーがあるわけでも無く、これを楽しむのはアニメを楽しむと言うのとは少し違うと思います。
どっちかと言うと声優さんが出演するTV番組とかラジオみたいなものでしょう。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 6

82.2 2 カードキャプターさくら クロウカード編(TVアニメ動画)

1998年春アニメ
★★★★★ 4.1 (904)
5243人が棚に入れました
木之本桜は、体育が得意な小学4年生。ある日、さくらが学校から帰ると、誰もいないはずの地下の書庫に何者かの気配がしました。さくらが下におりてみると、そこには1冊の金色に光る本がありました。中には、カードが入っていましたが、そこに書かれた文字を読み上げたとたん、激しい風が起こって、カードがバラバラに飛び散ってしまいました。残された本の中から、ケルベロスと名のる奇妙な生き物があらわれ、本に収められていたクロウカードの封印が解かれるとき、この世に災いが起こると言います。そしてケルベロスはさくらに封印(ふういん)の鍵を与え、カードを捕獲(ほかく)するカードキャプターにしてしまいます。その夜から、さくらは魔法を使って、実体化したカードに立ち向かうのですが・・・。さくらは、カードを全部もとにもどせるのでしょうか?

声優・キャラクター
丹下桜、久川綾、小野坂昌也、岩男潤子、くまいもとこ、緒方恵美、関智一、田中秀幸、ゆかな、林一夫、冬馬由美、小西克幸

ひげ

★★★★★ 4.6

世紀末の萌え神様である。世紀を跨いで萌えを撒き散らした真の恐怖の大王

原作人気はすごかったがアイテムの商品化、売り上げが望めないということでNHKにお鉢がまわってきた。
本当の意味でのNHKの本気である。ほんとにすごいんだからね!CLAMPってパロオマージュが基本だがこの娘だけは一味ちがった。

全話終了後の再放送も含め高画質で録画したいために、大量のBSアンテナを普及させた時点で地デジカなんか相手にならない。

子供向け、魔法少女でありながら、邪魔してくるやつや、悪い人間が誰も出てこないでストーリーが展開するのがすごい。狂言回しはケロちゃんのみ。まぁ他でやった人はいるのだろうが、あまりにお花畑な脳みそが逆に個性になっている。

とにかく斬新なのは魔法少女のくせに変身しない。
その代わりよくコスプレ衣装に着替える。
原作者曰く、女の子だかららしい。同じ服なんか着させない。
マッドハウスもいい迷惑だがNHKがマジだったのかその企画のまま通ってしまいました。お察しの通りお金がすごい。。
色彩もセルアニメの最後の傑作と呼ばれるハイセンスっぷり。

作品を代表するサブキャラとして、大きなお友達のメタ、代表としてさくらの親友『知世』が存在する。
さくらのパトロンにして、毎度ビデオカメラで撮影を行う。
百合ぶって偉い人の目はごまかせても我々は誤魔化されない。
要するにコイツ変態である。

アメリカ版では『こいつはストーカーだ。犯罪者だ』ということで削除されているそうな。さすがわかってらっしゃる。

ただ日本では知世派閥も大きな勢力であることは忘れてはいけない。

別にへんな意味もなくても普通に名作ですからご覧ください。

あと前期OPは動画サイトでキョンが歌わなくてもすでに有名っす。
歌自体はプラチナのほうがいいが、音楽に対しての映像の合わせ方、コスデザインと総合的には前期のほうがいい。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 18

ワタ

★★★★★ 4.3

さくらちゃんを見てるとね、はにゃ~んってなっちゃうんだよぉ~

この作品をきっかけに、人生を踏み外した者、数知れず。
かく言う自分もその1人?

当時、オタ趣味とは縁の無さそうな友人がドハマりしてて猛プッシュしてきたので
興味ねーよなんて顔しつつも、そこまで言うならってことで実際見てみたわけですよ。

さくらちゃんが、か、可愛い・・・いやダメだ、そんなことを思ってはいけない・・・!
それを認めてしまえば自分の中の何かが壊れる・・・大切な何かを失ってしまう・・・!
なんてアホみたいな葛藤をしてたのもいい思い出です。

その後どうなったかはお察しの通り。
「ほえええ」 「はにゃ~ん」 「さくら怪獣じゃないもん!」
ぐはぁああああああああああああ くぁwせdrftgyふじこlp
アニメのキャラに初めて萌えてしまった、記念すべき?作品になりましたよっと。


最初に見始めたところが物語の最終盤だったので
1話から観てみようと思い、レンタルして全話視聴しました。
(どうでもいいけど、借りる時ホント恥ずかしかったですね。 AVの比じゃないw)

改めて観て、行き着いた感想は
”さくらちゃんが好きです、でも知世ちゃんのほうがもっと好きです”
さくらマニアを自称するさくらの親友なんですが、この娘は色んな意味でガチですね。
この作品、魔法少女モノなのに主人公が変身しないんですが
その代わりに知世が用意したコスチュームを毎回着て戦うんです。
しかもコスの使い回しは一切なしという徹底ぶり。
知世はさくらが戦う姿をビデオカメラでなめ回すように撮影しますw

「さくらちゃん超絶可愛い過ぎますわ~!」

さくらも偉大だけど、知世も偉大。何気に暴走百合キャラの元祖だと思う。
ストパニの玉青、イカ娘の早苗、とあるシリーズの白井黒子など
知世の系譜を受け継ぐキャラは多い。
「さくらちゃんの私への”好き”と、私のさくらちゃんへの”好き”は意味が違う」
みたいな独白もあって、叶わぬ恋だということを自覚してるところがまた凄い。
あくまでさくらの幸せが最優先であって、さくらと小狼の恋路も全力で応援する度量の深さ。
この達観ぶりは小学生とはとても思えないw


ロリコン、ショタコン、シスコン、ブラコン、百合、BLなどなど何でもござれの作品。
今思えば、作中に出てきた魔法少女コスや小物を紹介・解説する
本編後のおまけコーナー「ケロちゃんにおまかせ!」とかマニアックにも程があるw
大きなお友達が大量に食い付いたのも納得。

で、本作の何が一番凄いかって、そんなオタク受けする要素満載でありながら
正統派魔法少女作品(少女向け作品)としてもしっかり成立しているところでしょう。
恋愛的にも同性同士、教師と生徒など多種多様に散りばめているんだけど
だからこそメインのさくら-小狼の真っ当な恋愛ストーリーが際立っていると感じます。


基本的には少女向けの作品だし、失われたカードを回収していく話の繰り返しで
話数も全70話と長いので、今となっては未視聴の方にはちょっと勧めづらいけど
萌えブームの源流になったとも言える偉大な作品なので
興味のある方は一度チェックしてみて欲しい。
案外、萌え系嫌いな人ほどハマりそうな予感。
上手く説明できないけど、他の萌えアニメとは違うんですよ!何かが違う・・・

投稿 : 2019/08/17
♥ : 43

にゃにょ

★★★★☆ 3.8

最高の魔法少女

普通に子供が観て楽しめる作品です。(頻繁におパンツが…などはありません)
そして普通に大人が観ても楽しめる作品です。(正統派魔法少女ものですが創りが深いです!)
老若男女どなたにでもオススメできそうです。
私が今までに観た魔法少女モノの中で最高のモノだと思います。
物語・設定、その他モロモロあの時代によくここまで考えられたものだと感心します。
さくらちゃんのコスチュームなど毎回驚くほど可愛らしい物が新登場してびっくりでした。
カードにまつわる話も切ない系のものが多く含まれ面白かったです。
そして小さな恋のメロディに胸キュン!可愛いです~~。
少し古い作品なので☆の評価は低めにしてありますが名作だと思います。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 3

68.0 3 ポケットモンスター[ポケモン](TVアニメ動画)

1997年春アニメ
★★★★☆ 3.7 (255)
1359人が棚に入れました
 世界的にヒットしたゲームボーイ用の同名ソフトをもとに、97年から放送開始されたテレビアニメ。不思議な生き物、ポケットモンスターと人間が互いに助け合って生きている世界。この世界ではポケモン同士を戦わせるスポーツ「ポケモンバトル」が盛んに行われており、多くの少年少女たちが最強のトレーナーであるポケモンマスターを目指して旅をしていた。マサラタウンに住む10歳の少年・サトシもポケモンマスターに憧れる一人。彼は10歳の誕生日に、村に住むポケモン研究家のオーキド博士からポケモンをもらって旅立つことになっていた。しかしサトシは旅立ちの朝に大寝坊して、憧れていたヒトカゲ、フシギダネ、ゼニガメ(特にゼニガメ)の3匹を全てライバル達に持っていかれてしまった。そんなサトシに博士が差し出したのは電気ポケモン・ピカチュウ。かわいい容姿のピカチュウにサトシは一目ぼれ。こうしてサトシの旅は始まったが、一方のピカチュウはサトシに心を開かなかった。

nagi

★★★★★ 4.6

ピカチュウ

非常にいいアニメでした。子供向けで昔ながらの単純なアニメです。常にロケット団が出てきておきまりな展開に。しかし、確実にストーリーが進んでいき最終的にはポケモンリーグで激闘していました。ぴかぴかショックもありましたが、それだけ視聴者が多かったのだと思います。幽遊白書なんて、もっとピカピカしてませんでしたっけ。それにしても、犯人のピカチュウのかわいさは異常です。未だにポケモン人気が続いているのはピカチュウの存在が大きいと思います。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 3

日暮

★★★★★ 4.5

小さい時から好きです!///

私がポケモンにハマったのは、
2歳の時ですねww

「えっ!2歳から!!?」と思う人がいるかも
しれませんので、言っておきます///
それは。。。本当のことです^^;
母が言っていましたです(^^;
母からお話を聞くとですね。。。
凄く見入っていたそうです///
自分でも驚いています^^!

あっ!内容に触れていませんね^^;
そうですね、ストーリーからキャラ・音楽・声優
すべて良いですね^^★
大好きです(*´д`*)

私の場合!ネタばれになってしまう時が多い
ですので。。。(´;ω;`)
ここまでにします^^;

すみません。゚(゚´Д`゚)゚。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 6

Baal

★★★★☆ 3.4

OPを聞くとあの頃を思い出す。

遠い昔にまだ3~6歳頃に見た記憶を頼りに

書くので、何を書いてるのか「???」に

なっているかもしれません。

当時の記憶だと結構良かったように思います。

(当時の年齢から考えてのことですが・・・)

サトシの熱さ、ポケモンを思う気持ちが

色々な状況下に置かれ、悪い方向に変わって

いった心に響き、改心させていたように

思います。まあワンパターンな展開と言えば

そうなると思います。

あとは、OPを聞くと当時のことを思い出せる

くらいすごい記憶に焼きついています。

(どんだけ当時のインパクトが強かったのやら・・・)

とまあ、思い出深い作品です。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 19

63.2 4 Dr.リンにきいてみて!(TVアニメ動画)

2001年冬アニメ
★★★★☆ 3.5 (20)
230人が棚に入れました
3歳で風水に目覚めた少女・神崎明鈴には天性の力があった。
幼馴染みのサッカー少年・結城飛鳥とのドタバタラブコメディを中心に、明鈴は様々な出来事を風水の手助けで解決していく。中学二年生になった明鈴は龍神を呼び出す力に目覚め、その力を狙う「闇」が次々と魔の手を伸ばし始める。前半は学園ラブコメ路線を中心に、風水で事件を解決する作風だったが、後半では闇に乗っ取られた人々を救う為に明鈴が光の巫女に変身して四神と共に戦うという変身バトルヒロイン路線に大きく傾いた。

声優・キャラクター
千葉紗子、反田孝幸、風間勇刀、かかずゆみ、木内秀信、竹内順子、鈴木真仁

計測不能 5 超神姫ダンガイザー3(OVA)

1999年9月24日
★★★★☆ 3.4 (4)
12人が棚に入れました
超神姫ダンガイザー3は、1999年に発売されたOVA作品。暦2019年-。古代文明の源、地球の運命を握る巨大ロボ・ダンガイザーが目覚めた、!その乗組員に選ばれた3人の少女達と、世界を陰で操る秘密結社ゴーマと彼等が繰り出す巨大ロボ軍団・獣魔騎竜との闘いを描く。

天上しょーと♪♪

★★★☆☆ 2.6

タイトルなし

全4話のOVA。パッケージや名前の雰囲気から分かるようにロボットアニメです。

始まった瞬間に用語や設定がたくさん並びますが4話で当然拾いきれるわけがなく
格ゲー好きの主人公、風水システムなど上手く活かせたら面白そうな設定も
魅力を発することなくストーリーの途中で終了してます。

そしてここの作品時代が近くて大張さんだからかすごく「銀装騎攻オーディアン」に似ている。
特にop映像は見比べてもらえればよくわかると思います。
それと地の人なんかは髪の色変えたらオーディアンにいたよね?って見た目してました。
無駄に裸になるところもそうかな・・・

ロボ作画は普通にかっこよく、音楽も悪くない。
ノリと雰囲気で楽しめないなら見ないほうがいいですね。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 0
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ