M.S.Cおすすめアニメランキング 8

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメのM.S.C成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年10月18日の時点で一番のM.S.Cおすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

62.9 1 M.S.Cアニメランキング1位
劇場版 テニスの王子様 英国式庭球城決戦!(アニメ映画)

2011年9月3日
★★★★☆ 3.7 (84)
487人が棚に入れました
テニスの聖地・ウィンブルドン。世界のジュニア選手の強豪を集めた大会に、日本代表校として招かれた青学、氷帝、立海、四天宝寺の面々。しかし、その大会の裏では不穏な出来事が。次々と世界の有名選手たちが襲われていくなか、日本代表にも魔の手が迫る。コートでの試合とは違い、古城の様々な場所で戦いに挑むことになるリョーマたち。彼らを襲う罠(トラップ)の数々。敵は誰なのか?予想以上の激闘に立ち向かうリョーマの運命は?そして、他のメンバーたちの運命は?ここでしか見られないテニプリオールスターズの死闘を見逃すな!!

声優・キャラクター
皆川純子、置鮎龍太郎、近藤孝行、甲斐田ゆき、津田健次郎、高橋広樹、川本成、小野坂昌也、喜安浩平、尾小平志津香、諏訪部順一、木内秀信、楠田敏之、保志総一朗、鶴岡聡、浪川大輔、岩崎征実、小杉十郎太、永井幸子、楠大典、竹本英史、増田裕生、津田英佑、高橋直純、森久保祥太郎、新垣樽助、吉野裕行、細谷佳正、大須賀純、福山潤、杉本ゆう、遊佐浩二、大東俊介、早乙女太一、入野自由

takumi@

★★★★★ 4.4

英国の古城を舞台にド派手なテニスアクション

『10周年記念プロジェクト』として2011年に公開。
メインスタッフはOVA版とほぼ同様で、
実製作を担当するのはProduction I.GとM.S.C。

キャッチコピーは
「こんなに熱くて、こんなに切ない テニプリ見たことない。」

テニスの聖地・ウィンブルドンを舞台に、
世界の強豪ジュニア選手たちを集めた大会の日本代表校として
招かれた青学、氷帝、立海、四天宝寺の面々が、ある夜の練習中
謎の集団から狙われる事件が起き、彼らのアジトである古城で繰り広げられる、
テニプリオールスターズのそれぞれの勝負の行方はいかに?というお話。

まぁ相変わらずのド派手なテニスアクションで、
ありえない技や、手の込んだコートの仕組みも繰り広げられつつ、
ナイスプレーで魅せるリョーマ、跡部、白石、手塚たち。
相手方のほうのエピソードにも友情を絡めてあったりして
スッキリした後味、綺麗にまとまっていたと思う。

個人的には、ロンドンの街並みが久々に見れただけでも
ちょっと嬉しかった。

ゲストの声の出演にリン・シウ(大東俊介)、キース(早乙女太一)と俳優を起用。
意外に二人とも、抑えた演技でぴったり、役にハマっていた。

ちなみにED『I4U』はAAA。
なお、エンドロールのあとも数秒のシーンがあるので忘れずに!

投稿 : 2019/10/12
♥ : 20
ネタバレ

AKIRA

★★★★☆ 3.5

衰えることのないテニプリクオリティ

完全にネタが満載になっています

とりあえず突っ込みたいところといえば

{netabare}
・ジェミニ ボールが飛んでくる前に”気”のボールが飛んできて相手は自分の思ったようにスイングさせてもらえない
なんぞこのかめはめ破ww

・万有引力 キースの必殺技 オーラとか出ていてどういう技だか理解不能ww とりあえずリョーマは派手に飛ばされてましたw 

{/netabare}

ほかにもたくさん突っ込みポイントはあったのですが多すぎるので割愛w

キャラ萌えしつつ、テニプリらしい超能力スマブラ的バトルを見たい方にはおススメ。

投稿 : 2019/10/12
♥ : 7

りおんぱん

★★★★☆ 3.6

タイトルなし

テニスの聖地・ウィンブルドン
世界のジュニア選手の強豪を集めた大会に
日本代表校としての青学、氷帝、立海、四天宝寺
ところが有名選手たちが襲われていき、日本代表にも…。

なにやらこのあらすじを見ただけで話しの展開がよめてしまう
前回の映画も同等に設定は壮大であるけど
スポーツアニメとしては無理があるかと思う

テレビアニメが一番面白かったけど
後半からは人間離れした能力のハイスペックさが
気になりやりすぎ感がとても感じる
とは言え、やっぱり観てしまう

テニプリシリーズ完遂までまだ道は長い。。笑

投稿 : 2019/10/12
♥ : 7

65.1 2 M.S.Cアニメランキング2位
新テニスの王子様(TVアニメ動画)

2012年冬アニメ
★★★★☆ 3.6 (392)
2112人が棚に入れました
 中学テニスの全国大会から数か月…。中学テニス強豪校のメンバー達のもとに“高校日本代表(U-17選抜)候補”の合宿への召集の報せが届く。一同に中学テニス部の強者達が再び顔を合わせ、アメリカへ武者修行に出ていたリョーマも合流する!! “負けたら脱落”という仲間同士が潰し合う試合が行われ、中学生達は半分になった。U-17代表合宿所に残った勝ち組中学生は快進撃を起こし、上位コートに食い込む。さらに合宿所を去ったはずのリョーマ達・負け組中学生も合宿に復帰する。 そんな中、海外遠征を終えた“1軍”の20人が帰ってくる。彼ら“1軍”の内、11~20番の面々は“2軍”への挨拶として、各コートに散り散りになっていく。しかし、恐れを知らない中学生達は、次々と“1軍”に挑みかかっていく! しかし、世界を知った“1軍”のメンバーの真の力が明らかになるにつれ、中学生達は徐々に押されて…!?

声優・キャラクター
皆川純子、置鮎龍太郎、諏訪部順一、永井幸子、新垣樽助、細谷佳正、小野大輔、相葉裕樹、遠藤大智、曽世海司、宮本充、松田健一郎、宮内敦士
ネタバレ

キムキム

★★★★☆ 3.8

テニスの王子様の続編にあたるわけだが。

原作漫画
テニスの王子様は少年ジャンプ
この新テニスの王子様はジャンプSQ
途中までよみました

テニスの王子様の続編。
一話から、テニプリのキャラがぞろぞろ出てきます。
テニプリを知らない人は見てておもしろくないかもしれません。
テニプリのキャラが序盤からいろいろ頑張っちゃてるんで、盛り上がり度は高いです(ついていければね)。
まじめにテニスする雰囲気を醸し出しておいて、まじめにテニスをしません。キャプつばよりひどいと思われ。
キャプテン翼を引き合いに出した時点で、どう”まじめに
テニスしない”のか分かってもらえるとは思いますが、物理法則ガン無視のテニプリのテニスは腹筋を鍛えてくれる(=笑える)内容で、気軽に楽しめると思います。

ボヤキ
{netabare} 実はボク、最後の方までこれ2クールだと思ってたんですよ。
前作はけっこう長かったし。
原作途中までしか読んでないんですけど、まだまだ先があるらしいんで。
ファン向けに作ってると考えてたところ、試合シーンの大幅カットとかあったのが残念で、最終回もそんな感じで終わるの?って感じでした。
躍動感のあるカットも多かったけど使い回し多いいですし、話てるキャラの向こう側でやってるテニスの描写がチョーてきとー。手抜くなら、そこ映さないようにしろよって思いましたけど
まあ、なんだかんだで楽しんで見れましたけどね(テヘペロ
{/netabare}

OPは謎オペラ。サビで急にオペラになる。それまでいい感じなのに。惜しい
EDは爽やかな曲と演出でした。テニプリのミュージカルとかで踊ってそうなダンスのシルエットでした

投稿 : 2019/10/12
♥ : 13

エウネル

★★★★☆ 3.6

テニス?

まずこの作品はテニスのアニメとは言えないでしょう。「新」が着く前から「テニスの王子様」はテニスではありえない動きをしていました。ですがテニプリを知っていて新テニプリを知らない人が見ても驚くぐらい凄いことになってます。テニスボールであまり強くないバトルキャラを倒せるくらい殺人的な球を打ってきます。原作は流血なしの試合はしばらく見てません。

一応、ストーリーは高校生の選抜合宿みたいなのに中学生達が参加する話です。ですから登場キャラはめっちゃ多いです。高校生もいますからね。

これはレビューを見るよりアニメを見たほうが速く伝わります。見たら「あ、はい」と思います。あまり面白い作品とは言えないと思いますね。

投稿 : 2019/10/12
♥ : 42

takumi@

★★★★★ 4.3

地獄から這い上がってきた強気が鮮やか

中学テニス強豪校のメンバー達のもとに
高校日本代表(U-17選抜)候補の合宿への召集の報せが
届くところから始まった今期12話。

一同に中学テニス部の強者達が顔を合わせ、
アメリカへ武者修行に出ていたリョーマも合流。
高校生と中学生、それぞれの強さを見せ付けあう試合は
笑っちゃうようなセリフ含めて、すごく面白かった。

登場人物、勢ぞろいで大勢だったため、
ひとりひとりの見せ場は少なかったものの、
自分が観たかった試合は観れたからまぁいいか~という感じw

今回は、強化合宿100%の内容で、負け組として別のメニューを
こなさないといけなかったリョーマたち27名の地獄の特訓に
焦点を当てつつ、勝ち組としてコートに残ったメンバーの優雅な試合や、
プロへの転向のための手塚のドイツ行きなども描いていた。

地獄の特訓を無事終えた彼らを指しての
「黒ジャージ帰ってきちゃった組」には笑ってしまったけれど、
確実に進化を遂げていた彼らの実力は、観ていてとても気持ち良かった。

今回、リョーマの今後の良きライバル的な存在の徳川が
「負けず嫌いだが、負けるとワクワクする。
 次に倒したとき、2倍スカッとするからな」と言って
リョーマと共感しあうシーンがあったけれど、
この作品は全体通して、テニスの世界を描きつつも、
ありえない技の数々に、これはテニスギャグバラエティなのだという
位置づけで観ている僕としても大いに楽しめたし、スカッとできた。

リアリティは追求せず、テニスを通してはいるものの、
テニスを真面目に描いたものではないことを念頭に置いた上で
この爽快感を楽しむべき作品なのだ・・と観終えていつも思う。

で、個人的には・・・
冷静で厳しい正統派の手塚国光、
基本に忠実で完璧なテニスを望む四天宝寺中学の白石蔵ノ助、
侍魂が宿ってるような真っ向勝負の立海大付属中学の真田弦一郎、
この3人のファンですw
でも、好きなキャラ挙げたらもっといっぱいいるんだけどね^^;

みんな中学生には見えないけど~~

投稿 : 2019/10/12
♥ : 15

65.3 3 M.S.Cアニメランキング3位
テニスの王子様 全国大会篇(OVA)

2006年3月24日
★★★★☆ 3.8 (137)
842人が棚に入れました
全国大会準々決勝。氷帝との激闘を制し、準決勝進出を決めた青春学園。つかのまの休息のはずが、リョーマは四天宝寺・のスーパールーキー・遠山金太郎と再会を果たし、静かな闘志の炎を燃やす。
その金太郎は、もう一方の準々決勝であるVS不動峰戦に登場、かつてリョーマを苦しめた伊武を一蹴、その力を垣間見せる。続くダブルス2・神尾&石田ペアも忍足&石田(兄)ペアに歯が立たず、四天宝寺は連勝で早くも準決勝進出に王手をかける。迎えたシングルス2、四天宝寺・千歳に対するは橘。高まる緊張感。かつての僚友であるふたりには、実は忘れることのできない因縁があった…。

Suama

★★★★☆ 3.6

普通に面白い

相変わらずの破天荒っぷり。
テニスってこんなだっけ?

投稿 : 2019/10/12
♥ : 1

がぁべら♪

★★★★☆ 3.9

全国大会編

比嘉中・氷帝中との対決デス。
個性豊かな面々との対決は見ものデス。

投稿 : 2019/10/12
♥ : 3

じぇりー

★★★★☆ 3.8

ありえない技のメドレー

まずは、ここに記載されているあらすじは、後の巻のものなので、注意。
本作品は、最初のTVシリーズ終了後の、全国大会の初戦と2回戦を描いた作品である。

やはり、ザ・少年漫画。ザ・ジャンプ。

格闘技テニスである。現実にはありえない・出しえない技のオンパレード。そして、戦いの中で成長する・新技が生まれる的な少年漫画のバトルモノの王道展開。

スポーツの試合を描いているアニメではあるが、そのストーリーには勧善懲悪の精神が根付いており、大抵試合が始まる前の時点で、相手選手の見た目や言動によって勝敗が読めてしまう。

大概、性悪だったり雑魚臭のするキャラは「かませ犬」の役割になるので、青学の勝利は安易に予想できる。

逆に知られざる苦悩のドラマがあるキャラが相手だと、死闘の果てに青学の敗北…というのもパターン。特に2回戦の氷帝戦に関しては、完全にキャラ人気が反映されている勝敗結果になっているので、ストーリーは見え見えである。

さらに、一部のキャラに関しては、対戦した相手の技をすぐにパクれる能力の高さ(?)故、特に終盤は過去に出てきた様々な選手の技がメドレー形式のように次々繰り出され、不覚にも吹いてしまった。
何というか…「こういう子もいたのよ!思い出したげて!!」みたいな(笑)

こういうところ、テニプリは裏切らない(何

投稿 : 2019/10/12
♥ : 2

65.0 4 M.S.Cアニメランキング4位
テニスの王子様 全国大会篇 Semifinal(OVA)

2007年6月23日
★★★★☆ 3.8 (109)
659人が棚に入れました
ファン待望!絶好調の「テニスの王子様OVA」の第2シリーズ!
全国大会準決勝・青学VS四天宝寺、ついに決着!!
己の限界すら恐れず進化し続ける男――手塚国光
無我の境地のさらにその奥を極めた者達の戦いの行方は・・・
「宿敵(とも)よ、強くあれ」

オキシドール大魔神

★★★★★ 4.3

vs四天宝寺

基本的に原作をほぼ再現していておおむね満足。リョーマvs金太郎は映像化で映えた。個人的に良かったのは、千歳の妹の声優が佐藤利奈だったのと、白石の細谷がハマりまくっていたところ。

投稿 : 2019/10/12
♥ : 2

タツミコ

★★★★★ 4.3

とてもいい!

テニス系
バトルアニメのような異能の力が…
終わりに近づいて派手になっていますw

投稿 : 2019/10/12
♥ : 1

じぇりー

★★★★☆ 3.7

2回戦と決勝戦の間の箸休め的存在

全国大会・準決勝の大阪・四天宝寺戦との模様を描いた今作。

多分初戦の沖縄・比嘉中戦もそうだったのだと思うが、他の地方の人が思う「大阪人ってこんな感じ」というイメージがやや大げさにキャラクター達に反映されている。

2回戦が宿敵・氷帝戦、そして決勝もこれまた因縁の立海大附属との試合になるので、今回テニプリ初登場校である四天宝寺は、その間を埋めるための箸休め的存在に感じた。

これは1試合1ストーリー、つまり30分で決着をつけるため、というのもあるかもしれないが、「死闘」と呼べるほど試合に熱さが感じられなかったのと、特にダブルスは、どちらも反則では?と思える試合内容に、戦いとしての緊張感を感じなかったことにあると思う。

そして、どんだけ~なほど吹っ飛ばされたりするシーンなどもあり…これは格闘技アニメか?とも思ったが、このあたりも全部含めてテニプリらしさが出ていると言えば出ている。

そういえば、準決勝ということで、今回から会場もドームのような豪華なコートで行われていた。(対する立海は同じ準決勝でも普通の野外コートだったけどw)

時々見切れる観客席には、ポツポツとしか人がいないように見えるのに、なぜか「え、キミ見に来てたの!??」という人物が突然登場することがある。

ほらまた出た!「こんな子もいたのよ!忘れないでいてあげて!」(笑)

投稿 : 2019/10/12
♥ : 1

64.9 5 M.S.Cアニメランキング5位
テニスの王子様 全国大会篇 Final(OVA)

2008年4月25日
★★★★☆ 3.8 (101)
614人が棚に入れました
全国大会決勝、青春学園VS立海大附属。
奇しくも、関東大会決勝と同じ対戦カードとなった。
しかし、コートに整列した両校メンバーの中に、リョーマの姿がない…。

りおんぱん

★★★★★ 4.1

全・全国編を観ての感想!

テレビアニメのテニプリは観たことあったけど
全国編はなかったので、テレビアニメを観直したので
その勢いの乗ってみた

原作と比べると全体的に駆け足作品だったと思う!
基本、越前の試合以外は1話で試合終了

やっぱり思うのは、これはテニスなのだろうか…?
異常までの個々のスキルの高さ…
もう自然災害レベルのワザとか、やりすぎだよね!
テニスで世界かえれるよ?

でも、なぜかこんなにも疑問を抱くのに
観ていると心が熱くなってしますのはなぜ?笑

映画・番外編?をまだ観ていないので
まだ楽しみはある!

ありがとう!青学!
ありがとう!越前!

投稿 : 2019/10/12
♥ : 4

オキシドール大魔神

★★★★★ 4.2

vs立海

原作再現率は安定していたし、真田の雷や星花火、天衣無縫は映像化で映えた。

投稿 : 2019/10/12
♥ : 2

64.0 6 M.S.Cアニメランキング6位
テニスの王子様 ANOTHER STORY 過去と未来のメッセージ(OVA)

2009年5月26日
★★★★☆ 3.8 (71)
422人が棚に入れました
 1・2年生だけで四天宝寺と練習試合をするように、手塚たちから課題を与えられた桃城と海堂。しかし気負うばかりで部内の雰囲気は険悪に…。歯がゆくも見守る姿勢の青学3年生たちに代わり、桃城と海堂のために一肌脱いだのは四天宝寺と、意外にも比嘉の面々だった。さらに青学の1・2年生部員たちにも変化が――。
 一方、青学テニス部のごたごたで思うように合同練習が出来ず学校を飛び出した金太郎は、街中でリョーマを発見する。

激ダサピアスター

★★★★★ 4.7

やばい


みんな小さくてかあいい(*´Д`*)hshs
宍戸さあああん!!!
日吉可愛いよ日吉!!
べ様wwwさすがwww

投稿 : 2019/10/12
♥ : 2

みこ

★★★★☆ 3.7

なんなんだこいつらは

しょた氷帝っ子に全てを持ってかれました。
改めて氷帝が好きになった。

くそう…かわいいよう…。

もちろんナニワの方も笑わせていただいたけど
氷帝の方が素晴らしくよい出来だったから
印象が薄れてるっていうね!!

投稿 : 2019/10/12
♥ : 1

Suama

★★★★☆ 3.7

すごいわらった

ちび跡部、ちょー笑った。
なんだこれ?ってかんじ。

投稿 : 2019/10/12
♥ : 1

60.3 7 M.S.Cアニメランキング7位
新テニスの王子様 OVAシリーズ(OVA)

2012年4月20日
★★★★☆ 3.6 (14)
96人が棚に入れました
「招聘前夜」、「神の子VS皇帝」、「伝説を継ぐ者たち」、「勝者の意味」、「男たちの絆」、「天使と聖書(バイブル)」、「ヒミツの王子様」の7タイトルで構成されるOVAシリーズ。

計測不能 8 M.S.Cアニメランキング8位
Ill/CKBC(OVA)

2002年1月1日
★★★★☆ 3.3 (5)
38人が棚に入れました
浅田弘幸によるバスケットボール漫画のアニメ化。原作は集英社刊「月刊少年ジャンプ」にて連載された。中学最後のバスケ部の試合で運命的な出会いを果たした、立花茜と柊仁成。お互いに高い才能を持ちながら、中学でバスケをやめるつもりでいた二人だが、国府津高校で再会し、ともにバスケ部に入部する。練習に身の入らない立花と、さらに上を目指そうとする柊。その対立を乗り越えたとき、国府津高校バスケ部に、立花・柊の最強コンビが加わったのであった。
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ