おすすめMia_REGINA人気アニメランキング 8

あにこれの全ユーザーが人気アニメのMia_REGINA成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年08月23日の時点で一番のMia_REGINAアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

60.5 1 可愛ければ変態でも好きになってくれますか?(TVアニメ動画)

2019年夏アニメ
★★★☆☆ 3.0 (69)
635人が棚に入れました
彼女いない歴=年齢な普通の高校生、
桐生慧輝に宛てられた突然のラブレター。
遂に彼女ができると喜んだものの、そこに差出人の名前はなく、
しかも何故だか純白のパンツまで添えられていて...???
彼をとりまく可愛い女の子たちは誰もが怪しく、
そしてちょっぴりワケあり風味
果たして“パンツを落としたシンデレラ"は誰なのか
謎が謎を呼び、変態まで呼び寄せてしまう、
新感覚変態湧いてくる系ラブコメがはじまる....!!

声優・キャラクター
下野紘、竹達彩奈、日高里菜、野水伊織、本渡楓、大橋彩香、春野杏、河本啓佑
ネタバレ

noindex

★★★★☆ 3.3

3話。鈍感主人公の古典的ハーレムと見せかけて…?

1話
Gyaoで視聴。なぜかAT-Xの次に早い。
今期唯一のハーレムラブコメ枠。
主人公の声が下野紘なのでGJ部感ある。
本渡ちゃんの声はほんとざーさんに似てるな。
野水伊織の声は久々に聞いたw
{netabare}手紙出したのは妹ってオチだと思うよな普通。
3人とも好感度MAXやん。
ラストのオチ…竹達彩奈はえむえむっ!でドSの役をやってたけど、今回はドMだw{/netabare}

竹達彩奈が出てるし五等分の花嫁難民は嬉しいんだろうか?唯花が四葉もどきって言われそう。
監督はあいまいみーの人だがそのせいか微妙に顔が歪んでるように見えた。
演出で極端にパースをかけるので歪んで見えるのもあるんだろうけど。あいまいみーもパース付ける時あるから好きなのだろうね。
色彩はカラフルで独特。これが売りだろう。

2話
これ推理物なのか?
{netabare}ロリを嗜むものとかさらっと言ったな。
妹の助言適切やな。
また伏線入れてきてるな。
リアル金髪設定か。
これは唯花に対し責任を取らなければならないのでは?
唯花はドSか。残りはどんな変態なのか。
眼鏡っ子の{/netabare}伏線回収しなかったな。

3話
{netabare}この主人公の自制心、ホモとしか思えないな。
南条はどんな変態なのか。
痴女先輩はまんまこのすばのダクネスやなw
南条が前回覗いてた奴か。
南条は片想いしてるだけで変態じゃないの?{/netabare}

【総評の準備】
変態ヒロインってよくいるし別に新しさはないが、不作の今期ではマシな方じゃない?あいまいみーの監督だけにテンポもいいし。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 6

アニメ好き

★★★☆☆ 2.9

ただ変態女が出てくるだけのアニメ じわじわ面白くなってきた

いろんな性癖のヒロインが主人公を気に入っていく
それだけ
暇潰しに片手まで見るような、中身のなにもないタイプのアニメである
主人公のツッコミで出てくる言葉は少し斬新かも

3話まで見たが、主人公に嫌みがなくキャラが増えることでじわじわと面白くなってきた
慣れって恐ろしい
五等分の彼女とか、僕たちは勉強が出来ないみたいな感じで、変態度が強くて少し胃もたれするが気軽に見れる?

5話の感想、くだらねぇぇぇー でも見れちゃう。
毎週変態が出てくるだけです。作者は何が書きたいんだろう。このアニメを見て得られるものは何かあるのだろうか。しょうもなさが癖になりますね

投稿 : 2019/08/17
♥ : 2

taijyu

★★★★☆ 3.2

可愛ければクオリティが微妙でも視聴し続けてくれますか?

うーん…まあなんというか。
まず絵。微妙です。
デザインは良いです。顔だけ見ると可愛い。
でも…下手ですね。
漫画やイラストだとちょっとぐらい下手でも気にならないんですけど、アニメで下手だと本当に気になるんですよね。正直きついです。でも可愛いんだよなぁ…うーん、そういう感じで微妙。

演出とか構成とかの全体的なクオリティについても、まず作画のレベルの低さの通り、いろいろ荒いです。変です。正直イマイチ感。じゃあ全くダメかというとそうでもなくて何か見どころはある感じはするのですが…。

とまあ、非常に質が低くて、漫画で新人の連載とかだったら見どころはあるから今後上手くなったら良いね、なんて評価するのですが1クールで終わるアニメじゃ成長は見込めないしなぁ…。
今期ちょっとレベルが低いアニメ多すぎませんかね。

ただクオリティは低めだがタイトルのインパクトで興味は惹かれます。
まあ内容の方はそんなに悪くもない。女の子達とキャッキャウフフの部活動した後にリア充に呪詛を吐くという意味不明なシーンはあったものの、
ラブレターの誤解から変態嗜好のカミングアウトさせる所などは良かったです。
まあ変態のレベルが大したことない気がしますが、他のヒロインもそれぞれ変態だったら、これからもっと色々ハイレベルな変態が出てくるのかもしれない。

クオリティの低さはキツイですが、可能なら見続けたいです。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 4

61.3 2 ももくり(Webアニメ)

2015年12月24日
★★★★☆ 3.5 (160)
685人が棚に入れました
一目惚れした1つ年下の桃月心也(ももくん)に告白した高校2年生の栗原雪(栗原さん)。
晴れて付き合うことになった2人だけど、実は栗原さんはももくんのことならなんでも知ってる、
ちょっと(?)変わった女の子だった!
ネタバレ

noindex

★★★☆☆ 3.0

2話以降会員登録必要

comicoアプリで1話視聴。(1月にももくりチャンネルを開設するそうだがPCでも見られるのかな?)
時間は11分くらいのショートアニメ。ラブコメである。
この作品の特徴は{netabare}ヒロインの栗原さんがHENTAIストーカー気味であるところ。表の顔と裏の顔がある。1話で告白しその後の付き合いを描いたラブコメになるが、栗原さんが彼氏にハァハァする裏のゲスさと外面のギャップを楽しむ作品になるようだ。それを醒めた目で見守る栗原さんの友達視点もある。{/netabare}
これが女性ユーザが多いcomicoで受けたのだろう。私が好きなスーパーショートコミックスは理解されず終わってしまったようだが…。

Flashアニメを想像してたが作画はしっかりしていた。
メインヒロインと歌は加隈亜衣なのでこっちも大丈夫。

2話を見るには会員登録が必要らしい。
そこまでして見たくないからいいや。
2月からのももくりチャンネルが登録必須かはどうかはしらんが。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 8

えたんだーる

★★★★★ 4.1

君は、気恥ずかしさにたえられるか!

テレビでオンエアされたので第1話を見ました。ラブコメ特有の気恥ずかしさがあります。耐性があれば、意外と面白いかもというのがファースト・インプレッション…。(次回も見よう…。)

7/2即日追記:なんか、『りぼん』とか『なかよし』とか『ちゃお』とかの昔のラブコメのイメージだなあ。設定は高校生だけど、ストーリー的には小中学生向けみたいな…。最近の各誌のマンガはどうだかしらんけど。

2016.09.25追記:
まあ、「女性向け」ではあるんでしょうが男女両側の視点で楽しめる良作だったと思います。

ももくんサイドも栗原さんサイドも、友人に善人しかいない幸せな世界です。たまに自分の未熟さや嫉妬心に自己嫌悪を起こしたりする描写もありましたが、思春期としては健全なレベルで微笑ましいお話でしたね。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 28

愛花

★★★☆☆ 2.6

comicoで大人気のももくり!

comicoでももくり愛読してます(*。・ω・`*)
このカップル、ほんとに癒されます。。(*σ´ω`*)σ

声優さんはどうなるかなーと思ったら、栗原さんとももくんには(私でも知ってる)有名な声優さんが来ましたね!(´・ω・`)
ももくんは岡本さんってイメージじゃなかったのですが、慣れるとなかなかいいですな♪
栗原さんの方はとっても好きです♪

作画の方は、うーん、、って感じ、、(^_^;)
背景を模様にして完全に手抜きですし、静止画ばかりで、物足りない!(>_<)
漫画の絵をちょっと動かしちゃいました!という雰囲気ですね、、
2話では作画ミスも見つけました(´・_・`)

ももくりはもうこういう作画方針でいくのでしょうけど、これ以降のアニメ、ReLIFEなども静止画ばかりだったら悲しいです。。

あと全然関係ないですが、アニメ15分に対してラジオ20分で苦笑いです(^^;;
アニメやる気ないだろ〜。。


3話以降はアプリをダウンロードしなければ見れないようです(>_<)
そこまで追っかけてまで観たいとは思わないので。。
切りますね(-_-)

追記
アプリ入れなくても見れるっぽい?
comico内のももくりチャンネルで見れそうです!
5000円くらい払えば26話一気に見れるということですが…
やっぱり今からまた見ようって気にはならないですね(^^;;

投稿 : 2019/08/17
♥ : 17

59.9 3 Code:Realize 〜創世の姫君〜(TVアニメ動画)

2017年秋アニメ
★★★★☆ 3.1 (87)
368人が棚に入れました
猛毒を全身に宿す少女・カルディアは、怪物として恐れられ、英国軍に追われていたところを、泥棒紳士ことアルセーヌ・ルパンと出会った。彼の手引きで機鋼都市ロンドンへ来た彼女は、様々な人々に出会うのであった。

四文字屋

★★★☆☆ 2.4

ええ断念しませんとも!今まで絶叫系ヒロインが続いてた早見さんが、今期では人にも物にも触れられないお姫様CVなんですから。この際、中身なんかどうでもいいんで、

おしとやかヴォイスの早見さんを堪能するだけのために。
頑張って視聴。
です!

泥棒紳士アルセーヌ・ルパンとか、
最強戦士ヴァン・ヘルシングとか、
宮廷最高の錬金術師名まえ忘れたとか、
何でも作って直しちゃう技術屋さんとか、
何の役に立つのか判らない有閑貴族さんとか、
揃いも揃ってイケメンだらけで、
しかもお姫様に、紳士として、厳しい指導者として、口説きの対象として、友人として、それぞれ頑張って接してくれるんです。

触れないけど。

もう最高の逆ハーじゃありませんか。
おまけに吸血貴族ドラクロアⅡ世ショタっぽいのまで仲間に加わった!
「お姉さんって呼んでもいい?」とか来週あたり上目使いに囁いてくれそうで、もうワクワクしちゃいます!
期待度MAXです。

しかも。このお姫様。身体が毒で出来てるなんて最高じゃありませんか。
無垢ですね。
アンタッチャブルですね!

そしてきっと、この毒をイケメン集団が取り払って解決してくれるんですね。
お姫様を、人として蘇らせてくれて、
みんなでスキンシップ!ですね!


サムネ絵が、某冴えないエリリ先生風。というかそのまんま笑
「どんなにモテても、
逆ハー天国でも、
わたしはルパン一択よ」
ってクラリスかよーwwwwwww


自分に腐女子属性があるなんて知らなかった。
ロンドンスチームパンク万歳。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 19

一言

★★★☆☆ 2.8

シミュレーションゲームのアニメ化は難しい

一言で言えば、原作ゲーム宣伝用アニメ。


乙女ゲーというものをプレイしたことがなかったのですが、乙女ゲーを100本以上もプレイしている知人が執拗に勧めてきたので、原作全ルート一通りプレイ済みです。
数少ない原作プレイ済プレイヤーとしてレビューさせていただきます。


まず、アニメと関係ない原作の話になるんですが、この作品の自分の評価をば。
乙女ゲーと聞くと、非常に失礼なんですが、「イケメンが少女漫画のようなくさい台詞を吐くゲーム」としか思っていなかったんですよね。


決してそんなことはなかった。。
このゲーム、とても面白かったです。
アニメのレビューではなくなるので省略しますが、各攻略キャラの過去の背景や立ち位置、それらが進んでいくうちに少しずつ関わりあっていて、最後に全てが繋がる…。

設定もかなりダークで重く、目をそむけたくなるような絶望的な展開もあったりしました。
主人公カルディアが毒をもった少女であり、ホムンクルスという特殊な設定も相まって、いやはや、なかなかボリュームのある作品でした。

ですので、アニメ化が決まった際は楽しみであると同時に、絶対に12話では収まらないだろうなあと。。
案の定でしたね。


原作はとても面白かったですが、アニメは皆さん言われているように、
・何をしていたか分からない
・何が起こっていたか分からない
・色々と情報がちりばめられているのに何か物足りない
・なんだか地味で盛り上がりに欠けている
・キャラの掘り下げが薄くいまいち感情移入できない
・結局退屈な作品だった

…うん、どれも同意です。


自分は原作のルートを全てプレイしていることもあったので、何をしているかはわからないとか、退屈とは思わなかったですが、ゲームをしていなければ間違いなく3話くらいで視聴を断念していたところでしょう…。
というか、チェックすらしていなかったかも。
ゲームをプレイしていた身でも、確かになんか地味だな…こんなに盛り上がりに欠ける淡泊な作品だったっけ…?と思ったほど。


作画はかなり綺麗だし、乙女ゲーの主人公ってすごくかわいいんですよね。
主人公のカルディア、キャラデザはゲームには劣りますがアニメでもやはり可愛い。
早見さんの声もとてもイメージに合っていました。(ただ、個人的にもう少し感情のある演技でもよかったなあと常々思った。別作品をあげるなら、赤髪の白雪姫のような演技)


キャストも豪華で、設定も面白いのに、戦闘シーンもなんかこう躍動感とか緊張感が伝わってこない。
攻略キャラのルパン以外の各キャラも凄まじい背景があるのに、なんかこう…「ふーん…」って流してみてしまう。
そのせいで、個性や背景は濃いのに、アニメでみたらなんだかイケメンなだけで、薄っぺらいなあと感じてしまう。

なんだろうな、、演出が悪いのかもしれない。

視聴者に訴えかけてこない演出だから感情移入できないのだろう。
また、カルディアの行動もちょっと弱い。ゲームをしていた時は、あまり分からなかったが、こうアニメで攻略キャラと並んで行動しているところを客観的に見ると、なんだか感情表現とか行動理由が薄く感じられる。


これは完全に原作プレイ勢へのアニメ化というプレゼント。
また、設定が面白いな、キャストが豪華だな、というように興味を持ってくれた方を引き込むためのプレゼンテーションのようなアニメ。

ですので、純粋にアニメ作品としては、まあ駄作でしょうね。
設定が特殊なので、一応全話まで視聴した原作未プレイ勢もいるでしょうけれども。


つくづく勿体ないですね。
個人的に毎回思うことなのですが、このようなシミュレーションゲーム、いわゆるギャルゲーや乙女ゲー原作をアニメ化するのは失敗に終わることが多いですよね。
それもそのはず、シミュレーションゲームって、主人公1人を軸に、4~6人を一人ずつ攻略していくわけじゃないですか。全て攻略して初めてそのゲームの評価をする。

しかしアニメとなると、全員分をやっていったらもちろん時間が足りない。
だから一人に絞り、他のキャラは重要な情報を少し見せ、物語は進む。
この攻略対象外の他キャラの要素を、原作未プレイ勢へ向けてどのように組み込むのか、引き込むのか、それが重要なんですよね。


それがバラバラだと、情報は色々とあったし、設定は面白そうだったけど、なにかいまいちよく理解できない、世界観に浸れない、つまらない、、、と感じてしまう。
だからこの作品は最初から、原作プレイ勢へ向けて作ったのだと思います。


でも、大量の情報を12話によくここまで入れたと思います。
ただ、情報だけ多いと、結局何が何だか…になってしまうのが残念。
情報を減らしてでも、感情移入できるように構成を考えたら良い作品になったかもしれないのになあ。

でもそうやって何かを削ると、今度は原作勢に不満が生まれるだろうし、減らした分アニオリ展開をつくるとなると、やはり賛否両論になったりしますしね。

うーん…そこがシミュレーションゲーム原作のアニメ作りの難しさ、ですね。


余談ですが、この原作のシナリオライターって男性なんですよね。
オトメイト、と聞くと女性作家が多いのだろうと勝手に思っておりました。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 4

384

★★★☆☆ 3.0

これまたTHE・オトメイト作品!!

父親の陰謀で毒拡散兵器にさせられたヒロインを、イケメンナイト君達が助け出す…的な乙女ゲー原作アニメ。

繊細で小綺麗な絵に、大人しいタイプのヒロインがイケメンナイトくん達に守られるスタイルは完全にオトメイト作品の定番パターン。
そして後半で急に恋愛に発展したり、全体的にヌルいストーリーになるのも乙女ゲー原作あるある。

やはりこの手の原作をアニメ化するのは難しいのだろうね。


乙女的感想としては…
諏訪部さんのキャラ(名前覚えてねー笑)がまあ1番好みかな。笑

投稿 : 2019/08/17
♥ : 1

66.2 4 せいぜいがんばれ!魔法少女くるみ(Webアニメ)

2017年7月29日
★★★★☆ 3.5 (28)
81人が棚に入れました
タイトルには魔法少女とあるが魔法少女アニメではなく、魔法少女であるくるみが敵と戦う様子をただ傍観している男子中学生3人を主人公としたギャグアニメである。公式のジャンルは「魔法少女傍観系ギャグアニメ」。
ネタバレ

noindex

★★★★☆ 3.6

ポンコツクエストのたぐいのギャグ魔法少女ショートアニメ

ポンコツクエストの監督による魔法少女の3分ショートギャグアニメ。
ポンクエ同様すかしたギャグが心地よいが、今回は声は監督自身ではなくちゃんと声優を起用している(ポンクエも最近は声優を起用しているが)。
魔法少女が主人公ではなく彼女を見守りながら突っ込む男子三人が主役というのがこの監督らしい。

こういうメタ視点に基づく魔法少女アニメは既に沢山あって食傷気味だが(メタ視点とは魔法少女物というジャンルがすでに存在すると登場人物が認識している設定のこと。最近では「魔法少女なんてもういいですから。」)、ポンクエも「またドラクエパロかよ…」と最初今更感があったが見てみたらとても面白かったので、今回も期待したい。

つーかメタな魔法少女物ってすごく多いよね。その頂点にまどかが君臨するわけだが、王道と言われるCCさくらもかなりメタだし(変身はコスプレ、決めセリフと決めポーズは友達の知世が考えている。魔法少女はそういうものだという認識がある世界だから)。

3話
これ、「大魔法峠」と内容かぶってるよな。この監督は「何を作っても既存の作品と似てしまう。もっと早く生まれたかった」って思ってるかもしれない。

6話
{netabare}小野Dのジャケット紳士登場。OPの他の魔法少女なかなか出てこないな。{/netabare}

8話
{netabare}ジャケ紳さんがなんかツボ。単四電池とか普通使わんだろw{/netabare}
だんだん楽しみになって来た。さすがポンクエの監督作品。

9話
{netabare}やっと二人目のプリマなんとか登場。長かった…安土桃山はなんで生き返った。
三原色はOPではもっとキツい性格に見えるがこれからそうなるのか?{/netabare}

10話
{netabare}「もう何も怖くないんだ」はいまどかパロ頂きました。セーラームーンパロもあるけど。
プリマオレンジが入った経緯の説明無しかよ。
プリマオレンジになんで種子島やねんってつっこんでるけど、それ言ったらオリジナルのマミさんだってなんで単発のマスケット銃やねんってつっこまれるやん。{/netabare}

13話
EDが変わった!ということは24話までなのかな?

16話
みかんはやさしいなあ。

21話
{netabare}暗黒ホエールズの本拠地で幹部倒したのにまだダメなん?{/netabare}でも2クールならそろそろ終わるわけだが…ポンクエみたいに延々と続けるのかなあ?

22話
オチがジャスティスボーイ真みたいにヤケクソで好きだ。

23話
AbemaTVは決まった時間にしか見られないと思っていつもニコ動で見ていたが、そんなことはないことに今更気づいた。でももうすぐ終わりっぽい。
https://abema.tv/video/title/247-2
{netabare}斎藤千和さんってこういう声も出せるのかw{/netabare}

24話
{netabare}魔法少女サイトだけかと思ったらこっちも暗黒ホエールズの目的は絶望を集めることで、プリマエンジェルの絶望はとりわけ大きいとか言い出したよ。{/netabare}
24話で終わりかと思ったらまだつづくという。ポンクエみたいに長くなるんだろうか?←次で終わりだった。

25話
{netabare}夢落ち!!まぁ他の2人はいたから魔法少女になったことまで無しにはしてないと信じよう…{/netabare}またいつか!アデュー!

【総評】
序盤は微妙だったが、魔法少女3人が揃ってからはポンクエに引けを取らない面白さになった。
ただやはりこういう邪道魔法少女アニメは昔からあるのでどうしても既視感が強く、{netabare}斎藤千和さんを起用してキュゥべえパロをやるなど{/netabare}まどかマギカの呪縛からも逃れられず、見ていてどこか冷めてしまう所もあった。春は魔法少女俺に魔法少女サイトもあったし…でもこの監督のギャグセンスは大好きなので、次は違うテーマで作って欲しい。

作画は一見しょぼく感じるが、口パクを丁寧に描いているので(2パターンでパクパクではない)絵の魅力は高いと思う。魔法少女や敵のデザインも新進気鋭のデザイナーが描いているそうでポップでイカした今風のセンスをしてた。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 4

Dkn

★★★★☆ 3.5

デスフリスビーセンセーション、プリマダイナマイト、プリマエンジェルキック

また来ましたね・・・

大好きなAbemaTVオリジナルギャグアニメ。


松本慶祐監督の“ポンコツクエスト”も実に緩く、くだらない、

まさに 箸休めアニメ でした・・。だがそれがいい。

この、せいぜいがんばれ!魔法少女くるみも素晴らしいです。


本編5分で、本編の翌週には声優陣によるオーディオコメンタリー番組
「せいぜいがんばれ!魔法少女くるみの中の人」が付きます。

とにかくこの本編がひたすらボケるのでツッコミ役のキャラクターと一緒に

こちらもずっと心のなかで突っ込んでます・・。疲れるw

本編で視聴者側(自分)が突っ込んだ事を、

声優の方々も全く同じことを突っ込んでるので、何故か親近感がわきますw

ちなみに本編よりオーディオコメンタリーのほうが長いのです。
実に省エネなアニメです。 大好物という事だけ言っておきます。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 8

offingbook

★★★★★ 4.1

声きったな!

初めてこのアニメを知ったのは、様々なアニメが終わり、
次のアニメが始まるクール替わりの間、その穴を埋めるように
何故かこのアニメが単発で放送されていて、それを観ました。

最初は「何だこれ、変なアニメだなーつまんなそうだなー」と思っていたけど、
観ているうちに徐々に「ふっ」っと笑う事が多くなり、
いつのまにやら顔はずっとニヤついてしまい、
最後には声を出して笑っている自分がそこにはいました。
そうです、僕はこのアニメにハマってしまったのです。
ちくしょう、何か悔しいぜ。
YouTubeで配信されてる回を貪るように見尽くしちまったぜ。

あらすじをざっくり言うと、ある日タスマニアデビル型天使・デビるんによって、
美少女魔法少女恐竜天使戦士「プリマエンジェル」の一人に選ばれた
少女・安土桃山くるみと、悪の組織「暗黒ホエールズ」の戦い。
そしてそれをただ見ているだけの男子三人組(主人公)を描いたコメディアニメ。

はいもうこのざっくりのあらすじだけでツッコミ所満載ですね。

タスマニアデビル型天使・デビるん。
いや天使なんだかデビルなんだかややこしいよ!そして声きったな!
美少女魔法少女恐竜天使戦士。
いや少女2回言ってるし!そして恐竜はどっから来た!
そしてそれをただ見ているだけの男子三人組(主人公)←いや君達が主人公なのかよ!
全然知らんかったわ!いやでも君達のツッコミが最高だわ!

とまーこんな感じの無茶苦茶な物語が1話あたり約4分で描かれています。

内容はもちろん、OP、ED、次回予告までふざけているというか
遊び心満載で、でも僕にとってはそれがいろいろ最高です。

1話1話とっても短いので興味があれば観てみるのもいいと思います。
でも別に観なくても何の問題も無いと思います。(笑)

ものすごく泣ける青春ものとか、超絶熱いバトルものとか、
深い考察を要するミステリアスなものとか、極上のラブストーリーだとか、
世の中にはいろんなアニメがあるけど、結局自分にはこういう適当な感じで
ふざけた感じのコメディアニメが一番性に合ってんのかもなーと、
何となく思い知りました。
認めたくないが。(笑)

投稿 : 2019/08/17
♥ : 14

71.0 5 citrus(TVアニメ動画)

2018年冬アニメ
★★★★☆ 3.5 (401)
1533人が棚に入れました
ギャルだけど初恋も未経験なjk・柚子は、親が再婚した都合で女子高に編入することに。彼氏ができない!と不満爆発の転校初日、黒髪美人の生徒会長・芽衣と最悪の出会い方をする。さらに、義理の姉妹になった芽衣と同室で生活することに・・・!?

声優・キャラクター
竹達彩奈、津田美波、藤井ゆきよ、久保ユリカ、井澤詩織、葉山いくみ
ネタバレ

101匹足利尊氏

★★★★☆ 3.6

東西の都が百合色に染まってゆく……

原作コミックは一巻だけ立ち読みで。

そもそも当方、百合をテーマにしたアニメを見るのもこれが初めてでして、
「コミック百合姫」(凄い雑誌名ですねw)連載の原作に
手が出てしまったこと自体が既に人生の一大事件w

昨年夏頃、新古書店ブラついていたら、何の魔が差したのか……。
ふとコミック版の表紙から迸る、何とも言えない、怪しい妖気に吸い寄せられて……。
気が付いたら、いつの間にか、正座してアニメ観てましたw


よって本作が百合アニメとしてどういう位置づけの作品か、
私は語る知識も経験も持ち合わせていませんが、
シナリオ・構成等は比較的、正統派の?恋愛、ラブコメの筋書きだと感じました。

歩く校則ブレイカーと言うべき制服の着こなし&茶髪のチャラい出で立ちだけど、
恋愛耐性は皆無な純情ギャル。情は熱くて筋は通したい。

血統の良い、お嬢様校の理事長の孫かつ生徒会長で、風紀の取り締まりも厳しい。
他生徒に畏怖され、他を容易に寄せ付けない孤高の黒髪美少女。
だけど、本当はとってもさみしがり屋……。

そんな二人が唐突に義理の姉妹になることにより急接近し、
絡み合う中で、禁断の関係が隠されたギャップを暴いていく。
あの娘の意外な秘密が、本性が……互いに気になって仕方が無い。

さらには次々と投入されるサブキャラが執拗に三角を仕掛け、
その“好き”は姉妹だから?それとも……。
といった尋問も交えつつ、二人の愛を試していく。

その他、極端にデフォルメされた厳格な規律のお嬢様学校ぶりや
愛なきセレブなコミュニティーの陰鬱から繰り出されるトラブル、修羅場など、
どこかの昼ドラなんかを想起させるような力技な展開。

テンポも私が摘まみ食いした初巻など初回で走破するハイペースぶり。
このスピードじゃ、すぐに原作ストック枯渇するのでは?と危惧しましたが、
途中でアニメオリジナルも挟んでいたそうで……。


こんな風に、色々と強引さも感じたりもしました。
けれど、見ていて凄くドキドキさせられて、なんか楽しかったですw

描写については、これも百合として過激かどうかは私には分りませんが、
キス魔だったなと。
付随する着衣や小物の乱れもベタですが淫らでした。
{netabare} キスなんてこんなものですか。そーですか。{/netabare}


そんなこんなで私も狼狽えている内に、
単純にサブキャラの三角繰り返すだけではマンネリと思って
場所でも変えてみようと思ったのか、
東京で吹き荒れた百合の嵐が、急転、京都にも攻め上って参りました。

京都も、歴史や文化に加え、ドラマやサスペンスのメッカ。
さらには乙女ゲーや本作のような百合の聖地になってみたり。
上洛の動機が多彩になって、古都も随分騒々しくなっているなwと思ってみたり。


好きなキャラ……と言うより、安心したのは、はるみんこと谷口はるみ。
息が詰まるくらい堅苦しいお嬢様校と、波乱の百合展開の中で、
自称ステルスギャルという嵐を遠巻きに観察できる立ち位置から、
ノリが普通の?(でもないかw)JKを提供してくれた彼女は貴重な安全地帯。
次のドキドキシーンに向けて心をニュートラルにしてくれる良いダチでした。
({netabare}自転車・はるみん号も貸してくれたしね。{/netabare})


私には次に見るべき百合アニメとか見当も付きませんし、
必要なのかも分りませんが、
また、魔が差したら、懲りずに百合の園に足を踏み入れてみようと思いますw

投稿 : 2019/08/17
♥ : 29

アヤト

★★★★★ 4.6

こういう終わり方好きです

物語の導入はすごく面白かった。
背景がよくわからない箇所は自分なりに考えたり、見直したりと続きが気になる内容だった。

人の感情や葛藤等を描く人間味のある物語を好むという個人的な趣向が影響しているとは思うが、全12話という短さの中で脇役のバックグラウンドを挟みつつ、あれだけ二人の関係を表現できていたことが素直にすごいと思った。

評価は分かれて至極当然だけど、自分はすごく楽しめた。
こういうハッピーエンド?は百合アニメだろうと穏やかな気分にしてくれる。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 8
ネタバレ

ガタリリス

★★★★☆ 3.6

女子高に通ってしまったが為にアブノーマルな性癖に目覚めてしまったJKの悲喜劇

このアニメを観る前に言っておくッ! 
おれは今、奴らの性癖をほんのちょっぴりだが体験した。

い…いや…、体験したというよりは、まったく理解を超えていたのだが……。

あ…ありのまま今起こった事を話すぜ!

「彼氏が欲しいと思っていたら、彼女ができていた!」

な…、何を言っているのか分からねーと思うが、俺も何を観たのか分からなかった。
頭がどうにかなりそうだった……。
フェミニズムだとか性転換だとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ……。



普通の女子高生が百合に目覚めてしまうまでの過程を丁寧に描いた恋愛ラブロマンスアニメですねw
主人公の柚子は最初の頃は『あ~彼氏欲しい』みたいな事を言っていたのに、気付いたら彼女ができていたw
どうしてこうなった?(^ω^;)

まあ、個人的には期待してた以上に面白かったですね。
似たようなテーマを扱った作品に『桜トリック』や『クズの本懐』がありますが、それらの作品よりは遥に観易かったです。
その理由は、キャラが魅力的で感情移入し易いのと、ストーリーが起承転結があって面白かったからだと思います。
主人公の柚子が能動的な性格なので観ていて飽きないのがよかったですね。
柚子のお蔭であまりドロドロした展開にならかったのも個人的には高評価です。
エロシーンも一応ありますが、どちらかというと柚子と芽衣の恋愛がメインの話なのでそこまで気にならなかったかな(私はだけどw)。

柚子と芽衣の他にハルミンや副会長が物語のアクセントに効いてて、彼女たちもなかなか魅力的でした。
特にハルミン、あなたイケメン過ぎるわよw
ハルミンは芽衣パパが出国しようとした時に『柚子っち、乗れ!(`・ω・´)』といって柚子と自転車に乗ったシーンが一番印象深かったです。
あと、この作品で唯一ノーマルな主要キャラなんだよなー。。。
副会長も良い味だしてたわ。
マジメなんだけど、一番変態なのがこの子w
一番ヤバイ性欲を隠し持ってる『とある科学』の黒子のようなタイプだなw

それと中二美少女”まつり”も良かった。
本作で一番魅力的だと思うが、一番性悪でもある小悪魔な女の子。
そして、何故か左利き。
本作では特に意味はなかったが、原作だと何か意味があるのだろうか?
アニメでは時々左利きキャラが出て来るが『けいおん』の澪みたいに物語に絡んでくることもあるので、何か意味があるのかも知れないと深読みしてみる。

序盤のキスシーンで秋山優花里みたいに
『ひゃっほーい! 最高だぜー!』
と叫んだのは私だけではないハズw
男性視点で観るとかなりウハウハなシーンなのだが、女性視点で観るとどうなんだろう?
気になるなw
今期は『からかい上手な高木さん』や本作のように男性視点と女性視点で評価が分かれる作品が多かった印象。
百合がテーマのアニメなので人を選ぶ作品だと思うが、ストーリー・キャラ・背景ともに個人的には高評価でした。
もし、2期が来るようでした視聴すると思います(たぶん来ないと思うけどw)。

以上、拙い感想でした(・ω・)ノ

***

女同士のXXXが描かれてるアニメ。
柚子が押し倒されるシーンからの百合キッス……、グッと来たねw
内容を忘れないようにメモしていこう。

EP1{netabare}
主人公はJKの柚子。
天真爛漫なギャル系女子だが、実は一度も恋愛経験がないことがコンプレックスだった。
そんな時、母親が再婚し女子高に通う事に。
派手な服装から生徒会長・芽衣に目を付けられスマホを奪われる。
初登校、クラスメートに強引に絡むも友達になれず……。意外にコミュ力は低そうw
色々あってスマホを取り返すが、校舎裏で芽衣と先生がキスしてる所を目撃!(しかも、バレるw)
焦って自宅に帰ると、母親から義理の妹が居ることを告げられる。
再婚相手の娘と同居することになったのだが、その義妹がなんと生徒会長の芽衣だった!
柚子に対し鋭い眼光を放ちながら距離を置く芽衣。
イライラが募った柚子は校舎裏での出来事を嫌味を込めて言うと、なぜか芽衣に押し倒されてキスされた!w
ファーストキスを同性に奪われた屈辱に震えながら夜を明かす……。
{/netabare}

EP2{netabare}
柚子は母親&芽衣とショッピングへ。
柚子はぼんやりしていたのか池へダイブ。その拍子に芽衣も一緒に池に落ちる。
身体を洗うために柚子と芽衣が一緒に風呂に入る(エロイw)
そして再び押し倒される柚子www
次の日の登校日。
服装その他のことで理事長に目を付けられる。柚子、逆切れ。
その後、校舎裏で芽衣とキスしてた先生が良からぬことを携帯ごしに話していた。その内容は理事長の孫である芽衣を出汁にして金を搾り取るような内容。
義姉である柚子がそれに憤怒し、朝礼でそれを暴露。その先生はクビになった(ざま~w)
諸々の事件を起こしたことによって、柚子は義理の祖父である理事長に嫌悪を抱かれる。それがキッカケとなって芽衣は理事長の屋敷へと連れて行かれることに。
芽衣の本心を探るために理事長の屋敷へと向かう柚子。
そして、またしても芽衣に犯されそうになる柚子!w
その現場を抑えられ、柚子は理事長から退学処分を受ける(誤解なんだ理事長!)
芽衣の本心とは……?
そして柚子の伝えたい気持ちとは……?
次回、乞う御期待(・ω・)ノ
{/netabare}

EP3{netabare}
柚子っち、理事長に抗議をするために学校に乗り込むが、なんと理事長が倒れていた!
柚子の手腕によって理事長は無事、命を取り留めた模様。
場面は病室に移る。
理事長、倒れたことで頭が冷えたのか急に物分りが良くなる。
柚子の退学処分は取り消しになり、さらに芽衣は自由の身に。
場面が変わって友達とメイドカフェ。
柚子さん、ネットカフェで百合マンガを読むw
ちょっとこれ、やばくないか?(^ω^;)
禁断の領域に足を踏み入れ始めた柚子に不安を感じた場面であった。。。
家に帰ると、なぜか部屋にダブルベッドが……!
柚子と芽衣、二人で寝ることになったのだが、今夜は百合展開はなくケンカして終わり。
柚子が思っているほど、芽衣は柚子と親密になりたいとは思っていなかったようだ。
さらに場面が変わって学校へ。
柚子、芽衣に百合マンガを所持していることがバレ生徒会室に呼び出される。
芽衣に叱責を受ける柚子だったが、感情を抑えきれず柚子は芽を押し倒しキスをしたw
いつもは受けの柚子が今回は攻めに転じた所で次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP4{netabare}
真の変態は副会長だと判明!
柚子と副会長に愛される、モテモテな芽衣。
ハードコアな百合展開になりそうな所で次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP5{netabare}
今回は柚子や芽衣の家族に関する描写が多かった印象。
副会長の柚子に対する嫉妬心の描写も多かったけど、柚子の父親が他界してたり芽衣の父親の謎だったりと、物語に重層感が出て来たね。
まあ、柚子の芽衣に対する恋愛感情は無くなってないんだろうけど、『芽衣にいま必要なのは恋人ではなく家族だ』ということで柚子っちは普通の姉を目指すことに。
てか、それが普通だよね?(´・ω・`)
序盤で遊園地に行くという話しがあったけど、アレは結局どうなったんだろう?
最後に謎の男性が家に上がり込んで来た。
芽衣の父親かと思いきや、芽衣の『先生……!?』って言葉で『?』になる。
謎が深まって来た所で次回へ~(・ω・)ノ
{/netabare}

EP6{netabare}
芽衣が『先生』と呼んだそのオッサンは、やはり芽衣のオヤジだったようだ。
しかし、チャラいな~w
ノリが柚子と似てるから、この二人の方が親子に見えるわw
まあ、このオッサンに学園を継がせるのは確かにムリだわな。
芽衣は父親に学園を継がせるために今まで頑張ってたみたい。
過去の父親とのエピソードシーンがあったけど、今とはかなり雰囲気が違うね。
先生らしく硬派を装ってたんだけど、本当のキャラはチャラ男でそのギャップを埋めるのが難しかったのかな?
まあ、祖父があの老害理事長だったから色々抑圧されてたんだろうねw
というわけで、帰って来たオヤジの姿はノリの良いチャラ男であった。
芽衣はこの姿に絶望した様子で部屋に入って引き籠る。
柚子は芽衣を慰めるために部屋に入るが、何故か百合展開に。
柚子がキレて芽衣に平手打ちを喰らわす。
『馬鹿にすんな。人の気持ちを何だと思ってんだ!』
全くだよ(´・ω・`)

場面は変わってハルミンとの食事シーン。
柚子がハルミンの乳を揉んだ時に携帯の着信音が鳴る。
相手は柚子ママで、その内容は『芽衣パパがまた海外に行く』というものだった。
落ち着きがないオヤジだな~。。。
それを聞いたハルミン『柚子っち、乗れ!( `・ω・´)』
イケメンなハルミンと自転車2ケツで学校へ向かう。

舞台は学校へ。
校内放送で強引に芽衣を呼び出し、芽衣と2ケツで上野駅に向かう。
上野駅で芽衣パパ発見。
芽衣は躊躇いながらも、パパと会話。
パパと別れた後、芽衣は学園を継ぐ決意を固める。
ラストは柚子と芽衣の百合キッス。
二人の仲は深まり、本当の意味で恋人になった瞬間であった。

今回印象に残ったのは、チャラ男の芽衣パパとイケメンのハルミンだったなw
ラストのラストに謎のピンクの髪の女の子が登場。
何だこの展開?
色々と盛り上がって来た所で次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP7{netabare}
冒頭、反抗期真っ盛りのクソガキ『まつり』の登場から始まる。
ピンクの髪で表情が何かヤバイ。。。
売春っぽいアルバイトをして金稼いでるような事を言っていた。
不穏な空気が漂う。
柚子の幼少期からの知り合いで幼馴染だそう。
執拗に柚子に付き纏うのは何故だろうか?
自分の予想だが、柚子を出汁にして金を稼ごうとしてる気がする。
柚子っちが犯罪に巻き込まれそうで心配でござる(´・ω・`)
物語の終盤、まつりは柚子の居る学校に押し掛ける。
通行止めの看板に蹴りを入れて倒す辺り、毒のある性格をアピールしてるな。

しかし、まつりの声が苦手だ。。。
他のレビューでも書いたが、萌え萌えした声は苦手なんだよねw
ヤバイ女まつりが登場した所で次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP8{netabare}
柚子・芽衣、そしてまつりの3Pデート(?)で始まる。
柚子はいつも通りだが、まつりと芽衣がギクシャクしてる感じ。
というか敵対まで行ってるなw
まつりがパンチラを覗いてたガキを捕まえて悪巧みをする。
芽衣に対して、リベンジポルノ的な事をするつもりだと思う(何故か芽衣がまつりにキスをしたw)
なんという超展開!
芽衣は色んな女に手を出し過ぎw
柚子は楽しそうな感じで、芽衣とクリスマスの約束を取り付ける。
しかしラスト、まつりが芽衣の前に立ちはだかる。
波乱の予感がした所で次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP9{netabare}
案の定、まつりはリベンジポルノを使って芽衣に脅しを掛ける。
まつりは芽衣に対して売春を強要。
やらないなら芽衣とキスした画像をばら撒くと、脅しを掛けてきた。
芽衣は相変わらず無表情だが、これに応じたのだろうか?

場面は変わって、まつりと柚子が二人でデートw
柚子と一緒にカフェでケーキを食べる。
どうでもいい話だが、まつりが左利きであることが判明。
フォーク持つ手やスマホ弄る手が左手である。
『けいおん』の澪が左利きであることがネタになったりしたが、アニメではたまに左利きキャラが居たりする。
本作の場合、どういう意図があるかは不明。

柚子が執拗に芽衣の話をすることに嫉妬したのか、まつりは芽衣が居ない原因は自分のせいであることを暗に伝える。
そのことに激怒した柚子。まつりに頭突きを喰らわす。
必死に芽衣を探す柚子。
そして、ひょっこり現れる芽衣。
そして、帰り道。
3人で電車に乗って帰る途中で、まつりと芽衣が会話をした。
二人とも愛情に飢えていたが、それを与えてくれるお節介な柚子に好意を持ってるといった感じの内容。
柚子は二人の間で眠ってて、夕日の陽射しが気怠さを象徴している。
まつりは心の中で芽衣と和解した模様。リベンジポルノ用の画像を消去した。

場面が変わって芽衣と二人っきりの自宅。
ここからは大人の時間だぜ(`・ω・´)キリッ
といった感じでガチ百合な展開になった所で次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP10{netabare}
大人の時間(!)、服を脱ぎつつ柚子に迫る芽衣。
が、その気迫にビビった柚子が芽衣を拒絶してしまう。
それが尾を引いてるのか、芽衣は柚子と距離を置くようになってしまった。
それから数日後の修学旅行の日。
柚子っち、寝坊してダッシュで駅に向かう。
が、点呼の時間に遅れてしまったため誰も居ない。
仕方なくブラブラしてると”ゆずぼっち”というどこかのユルキャラに似てるキャラがw
商品を物色してるとニナという白髪の女の子に出会う。
ニナも修学旅行の点呼に間に合わなかったため、一緒に修学旅行先の京都に行くことに。
新幹線の移動中、ニナは運命の人(女)に出会ったという類のことを言った。
さすがcitrus、主要人物が尽く百合キャラであるw
まともなのってハルミンだけじゃね?w
そんなこんなで京都に到着。
しばらくニナと一緒に観光した後、ホテルに向かう。
偶然、柚子の学校とニナの学校は同じホテルに泊まるみたいだ。
副会長から説教を受ける柚子。
しかし、柚子は副会長は眼中に無く、芽衣の後ろ姿を追いかけるが・・・。
さらにニナの運命の人が芽衣であることが判明。
ここからさらに一波乱あるのだろうか?
芽衣が柚子に『あなたは私のことをどう思っているの?』と問いかけた所で次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP11{netabare}
サラが芽衣に告白し成功する。
片や柚子は芽衣に自分の思いすら伝えることができない。
姉のニナは柚子に対して妹サラの恋の行方を応援してくれるよう頼むが、これがニナの策略とは柚子は気付いていない。
次回でラストだけど、どういう展開になるのか気になるね。
ガチ百合アニメで癖が強いアニメだけど、個人的には意外に楽しめたアニメでした(人は選ぶけどねw)
次回の展開が楽しみな所で次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP12{netabare}
サラたん良い奴過ぎるな。
自分の恋を友人の為に犠牲にするなんて。
それとニナの姉に対する愛情も深い物がある。
結局、柚子と芽衣は付き合うことになったんだけど、これから恋が始まる感じの終わり方だったな。
たぶん2期は来ないと思うけど、来たら観ると思います。
それくらい登場人物に感情移入できた良いアニメでした。

以上、視聴完了です(・ω・)ノ
{/netabare}

投稿 : 2019/08/17
♥ : 22

64.9 6 装神少女まとい(TVアニメ動画)

2016年秋アニメ
★★★★☆ 3.5 (258)
1037人が棚に入れました
西暦2016年――。釜谷市にある「天万神社」で、巫女のアルバイトをしていた中学2年生、皇(すめらぎ)まとい。幼少の頃に母と生き別れになった彼女は、父方の祖父母の家に長年預けられており、三ヶ月前からようやく父である伸吾とふたりで暮らし始めた。そんな境遇からか、まといは平凡で穏やかな日常に憧れていた。

まといの親友で、バイト仲間である草薙(くさなぎ)ゆまは、「天神社」の神主一族に生まれた次期巫女候補であった。彼女は、一族が悪霊を払うための「退魔行」を先祖代々行っていたことを知り、まといを誘って「退魔行」にまつわる儀式「神懸りの儀」にチャレンジしようとする。

学校が終わり、いつものように神社へと向かったふたりであったが、そこで荒らされた境内と、傷つき倒れたゆまの両親に遭遇する。さらに、刑事である伸吾が捜査を行っていた怪事件の重要参考人で、どこか正気でない雰囲気を纏った男の姿もあった。暴れる男を抑えようと、ゆまは咄嗟に「神懸りの儀」を執り行ったのだが、異変が生じたのはゆまの方ではなく――。

平凡で普通の生活を求めていた少女に与えられたのは、神を纏って悪霊を払う能力!? 皇まとい、誰にも邪魔されない穏やかな日々を取り戻すため、退魔活動(タイカツ)に励みます!

声優・キャラクター
諏訪彩花、大空直美、戸松遥、東地宏樹、川澄綾子、檜山修之、阿部敦

◇fumi◆

★★★★★ 4.4

装神→全裸じゃもう服がないよ。服を買いに行く時に着る服も無い。

2016年放送のテレビアニメ 全12話 ほかにOVAあり

監督 迫井政行 構成脚本 黒田洋介 キャラデザ 戸田麻衣
制作 WHITE FOX

新興会社でありながら矢継ぎ早に名作を生みだしたWHITE FOXの初の完全オリジナル作品。
ゼロから始める異世界生活に続く形で放送され、まさに絶好調の時期です。

神奈川県内にある架空の市を舞台に描かれる和風魔法少女アニメ。

皇まとい CV諏訪彩花 中学2年生の少女 父と二人暮らし 巫女のバイト
草薙ゆま CV大空直美 中学1年生の少女 天万神社の娘 まといのいとこ
クラルス・トニトルス CV戸松遥 15歳の少女 ファティマに所属

えーこれも全裸系魔法少女アニメです。
巫女風魔法少女に変身すると、着ていた服は消滅して元の姿に戻ると全裸という設定。
なので、主人公まといは嫌がっているのですが、後半は少し慣れてきます。
「魔法少女なんてもういいですから」と違って目的があると慣れるし工夫も考えるのです。

オリジナルなのできれいに完結していますから安心して見れます。
3人の魔法少女はもちろん、他キャラも非常に魅力的でレベルの高い魔法少女アニメです。
巫女服の退魔少女という設定もありがちですが、可愛くてかっこいいし面白いです。
戦闘シーンは今一つ印象に残りませんが全裸シーンでカバーしてるんでしょうね。

ただ、ストーリーはひねりがなく一直線で驚くような場面はありません。
分かりやすいと感じるか、つまらないと感じるかは体調次第かもしれないですね。
テーマとなる家族愛ですが、いまひとつ表現しきれていないような気がします。

最後のほうはともかく全体的にコメディ系が前面に出ていて、
コメディとしてみれば笑えるシーンも多く、満足できる作品でしょう。
実際、コメディアニメのラストに急展開を入れただけという見方のほうがいいような気がします。

大風呂敷を広げたように見せかけた適当魔法少女コメディアニメとしてなら文句なしに楽しめる良作です。
服が無くなってもみんなのために装神し続けるまといになんかいじらしさを感じて・・・

おそらく原作の中心人物であろう黒田洋介さんのベテランの味が最大の見どころかと思います。

もちろん、三人の退魔少女は可愛くて面白いので軽い気持ちで見れる作品かと思いました。
ランキング低すぎと思いましたが、レンタルしにくく(人気あるのか?)
ほかに見る方法があまりないのが原因かもしれません。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 31
ネタバレ

〇ojima

★★★★★ 4.1

実は・・・・毎週楽しみました

キャラクターからして今まで観るジャンルではありませんでしたが、
つい1話観たらなかなか面白く視聴しています。
親子の関係やら友情の話。3人のヒロインで話が進むようで結構内容がしっかりしていそう。
6話の装神少女ゆまちんはおもしろかった!

7話はサービス水着回でしたが、他の回の方が刺激(サービス)が強いですね。不思議。

最終回まで観終わりました。
正直、もう一話あったらなぁ・・・
{netabare} 24次元の厳しさを知りたかった。
そしてお母さんと一緒に敵を倒して大団円して欲しかった。
(母親の愛情は無敵です)みたいな!
普通が良いといっても退魔少女の非日常が続いてゆくところは
本アニメの一貫性のある楽しい一場面です。{/netabare}

ゆまちん、クラリス3人の友情を通して良い仕事してました。

この類OVAが面白そうですよね。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 45
ネタバレ

ピピン林檎

★★★★☆ 4.0

纏創(てんそう)の巫女

巫女ヒロインでセカイ系というと、『神無月の巫女』(※個人評価 ★4.1)が直ぐに思い浮かびますが、本作はその次くらいに面白かったかな。

◆私たちは《少女が世界を救う話》に多くを期待し過ぎてるのかも?

今期の放送アニメの中では余り話題になっていなかった印象の本作ですが、たまたま第1話を見てみたら、中学2年生ヒロインの魔法少女ものらしい展開だったので、ちょっとだけ期待してしまいました(本作が「セカイ系」に化けることを)。

『魔法少女まどか☆マギカ』(2011年冬)のヒロインたち(鹿目まどか、暁美ほむら)も、『結城友奈は勇者である』(2014年秋)のヒロインたち(結城友奈、東郷美森)も、中学2年生でしたし、きっと本作のヒロイン=皇(すめらぎ)まといも、{netabare}セカイを救うためにどこかのタイミングで、悩み悩んで心を決めるのだ{/netabare}、と。

そして、今日、最終第12話を見終えて・・・うん。普通に面白かったよね?きっと。
『まどマギ』や『ゆゆゆ』が普通でなく面白かっただけで、決して本作の出来が悪かった訳ではない、と思います。
下記のように不満点は色々ありましたが、数あるこの手の作品の中では、ヒロインも可愛くて、世界観も割と面白い方だと思うので、視聴するかどうか迷ってる方はとりあえず第1話だけでも見てみてはどうでしょう?


◆視聴メモ

・キャラクターデザイン/作画がちょっと古風で、まるで10年くらい前の作品のような気がする。
・まといの纏装後のコスチュームや纏われる神様の容姿が全然神道っぽくなく、チグハグ感が否めない。
(※多分ここが本作の一番残念だった点)。
・ギャグの感覚が微妙にズレてて、いまいち乗れない。
・本作の山場のはずの第11-12話でさえも、展開が冗長な気はした。
・とくに、第11話で、{netabare}主人公まといが頂次元へ旅立つ選択をするシーン{/netabare}で、『まどマギ』の{netabare}まどかが魔法少女になる決断をするシーン&それをほむらに告げるシーン{/netabare}を思い出して、改めて『まどマギ』のその2つのシーンは神懸っていたんだな、と思った。
・それを再確認出来ただけでも本作を視聴した意味があったと思う。


◆作品情報

原作         BOWI
監督         迫井政行
シリーズ構成     黒田洋介
脚本         黒田洋介
キャラクターデザイン 戸田麻衣
音楽         加藤達也
アニメーション制作  WHITE FOX


◆各話タイトル&評価

★が多いほど個人的に高評価した回(最高で星3つ)
☆は並みの出来と感じた回
×は脚本に余り納得できなかった疑問回


================ 装神少女まとい (2016年10-12月) ==============

{netabare}第1話 私、神懸かってます ☆ 神懸りの儀 ※魔物&ゆまちんのパパが残念・・・
第2話 神様、纏いました ☆ まとい&ゆまちん退魔活動開始、クラルス来援
第3話 神様は知らんぷり ★ 高次元生命体、強敵ナイツ来襲
第4話 彼女の覚悟と私の理由 ★ クリードキラー、八百万の神の力の召還
第5話 特別な普通 ★ レガリアの護衛、封印解除(まゆちん憑神=高次元体) ※原宿~明治神宮が舞台は◎
第6話 ごめんなさい ☆ ゆまちん纏創、伸吾君の心配
第7話 海と温泉、ときどき悪霊 ★ 天海神社の巫女(雨音弥生)、水龍の神
第8話 ちいさな願い ★ 纏創の巫女、まといの願い ※土偶形の魔物&七支刀は○
第9話 ありがとう ★ 展望タワー閉じ込め事件、しおりの御守り(サフィラス消滅)
第10話 開かれし門 ★ 次元の穴、10年前の事故、ルードス来襲 ※ここでセカイ系に
第11話 いってきます ★ まといの選択、頂次元へ 
第12話 普通がいちばん ★ 続き、後日譚{/netabare}
----------------------------------------------------------------
★★★(神回)0、★★(優秀回)0、★(良回)9、☆(並回)3、×(疑問回)0 ※個人評価 ★ 4.0

OP 「蝶結びアミュレット」
ED 「My Only Place」


=====================================================
※以下、本作の第1話視聴直後に書いたレビューです。

リゼロの凄いクオリティを見て、大いに見直したWHITE FOXさんが制作している中学2年生ヒロインの魔法少女もの?
だが・・・こっちは白狐の2軍が作ってるんですか????と突っ込みたくなるようなジャンクな作風なのですが、大丈夫?

そろそろ「結城結奈は勇者である」みたいな大穴面白アニメをまた見たいのですが、無理かな?

点数は期待を込めて高めに付けています。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 28

59.0 7 sin 七つの大罪(TVアニメ動画)

2017年春アニメ
★★★☆☆ 2.9 (147)
832人が棚に入れました
神に背いた“傲慢"の罪により、大天使ルシファーは地獄に堕とされ“堕天使"となった。
さらに地獄の最下層“万魔殿"では、地獄を統べる魔王たちがルシファーの力を封印。
すべてを失ったルシファーだったが、彼女を慕う嫉妬の魔王レヴィアタン、
地上で出会った女子高生の十束真莉亜を供に連れ、“傲慢の魔王ルシファー"となって
七人の魔王たちへの逆襲の旅に出る。
美しき魔王たちによる、“七つの大罪"を巡る黙示録が今、幕を開ける。

声優・キャラクター
喜多村英梨、藤田茜、櫻庭有紗、加隈亜衣、日笠陽子、小倉唯、たかはし智秋、伊藤静、田所あずさ、戸田めぐみ

シャベール大佐

★★★★☆ 3.5

登場人物たちは意外と優しいエロ系ダークファンタジー

神に逆らって地獄へ堕とされた天使・ルシファーが、それぞれ「七つの大罪」のひとつの罪を司る7人の魔王たち(全員女性)と戦っていくダークファンタジー。ホビージャパン原作のエロ系バトル作品ということでクイーンズブレイドが想起されましたが、こちらはそれほどシリアス度は高くなく、ストーリーについてはあまり真面目に語るような作品ではないです。いちばんの注目点?であるエログロ要素については、それなりに期待に応えていたと思いますが、当初予想したよりは激しくなかったという印象。途中にはちょっと脱力系のアホなバトルをするエピソードもあって、微妙に笑えたりもしました。(個人的には、憂鬱の魔王・アスタロトの回がいちばん記憶に残っています)
声は人気声優が揃っていて、なかなか豪華。主役の喜多村英梨も好演でした。
音楽も、デーモン閣下作のEDなど、悪くなかったです。
最後まで観終わって、魔王やら地獄やら大罪やらといった、なんだか恐ろしげで大仰な題材の割には、登場人物たちは意外と優しかったりして、内容的には決して面白いわけではないけれど、なんとなく憎めない作風の作品でした。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 18

sMYVP12210

★★☆☆☆ 2.0

久しぶりのエロアニメだったけどだめだこりゃ

七つの大罪という名前の作品は世の中にいくつかあると思うんだけど、初めて観ました。wikiによると4世紀のエジプトで書かれた作品が元みたい。

で、そのからこのアニメは7人の魔族っていう設定をつかってるようなんだけど、アニメ自体はひさしぶりのエロアニメ!ホビージャパンがらみなのでクイーンズブレイドの流れですかね。ひさしぶりなので期待したんだけども、、、
いやー 内容が無い!薄い!

録画はしてたんだけど、エロだらけなので謎の目隠し、マークで肝心なところはぜんぶモザイク。視聴に支障を感じたので、無修正版を1話から見始めたんだけども2話で断念 ギブ。

エロだけで内容が全然ないんだもん。ハイスクールなんとかのほうが100倍まし。
しかし、肝心なところを隠す手法はいい加減やめてくれんかね>?
つるつるでいいいし、別に深夜アニメだし描いたもの放送してもいいんじゃねーかな。てか、DVDとかで解禁するなら倫理的な問題ではなくて、DVD売るための劣化加工か。。こんなことして作品見づらくして何をしたいんだかね。
まあおすすめ要素はないけども乳首はリアルに描かれているのでそれだけが興味ありましたらご覧ください^^

投稿 : 2019/08/17
♥ : 2
ネタバレ

剣道部

★☆☆☆☆ 1.0

「sin」ではなく、「新・七つの大罪」なら、本当にあるらしいよ(笑)

[文量→一言・内容→余談が本論系]

【総括】
う~ん、エロアニメです(汗) 鈴木央さん原作、週刊少年マガジンに連載中の「七つの大罪」とは、全く関係ありません(笑)

《以下ネタバレ》

【余談~ ローマ教皇庁制定「新・七つの大罪」~】
{netabare}
七つの大罪って、よく創作に使われますが、「高慢」「貪欲」「嫉妬」「憤怒」「色欲」「貪食」「怠惰」って、こすられ過ぎて、目新しさはないっすよね。

そこでアニメ(や漫画、ラノベ)関係者の皆さん、2008年にローマ教皇庁が制定した、新・七つの大罪を題材にキャラを作ってみませんか(笑)?

新・七つの大罪

①「遺伝子改造」
②「人体実験」
③「環境汚染」
④「社会的不公正」
⑤「貧困」
⑥「過度な裕福」
⑦「麻薬中毒」

バトルキャラだとしたら、①②は普通に強そうだし、③は毒的な技を使える。④は策士で、⑤と⑥はギャグ要員(で仲悪い設定)。⑦はバーサーカー的な奴で。

「なんだかいけそうな気がする~♪」(古いなw)
{/netabare}

【視聴断念(2話まで)】
{netabare}
だったら、もういっそ、AVで出したら?
{/netabare}

投稿 : 2019/08/17
♥ : 26

60.9 8 閃乱カグラ SHINOVI MASTER -東京妖魔篇-(TVアニメ動画)

2018年秋アニメ
★★★★☆ 3.1 (45)
181人が棚に入れました
現代に生きる忍の育成機関で学ぶ少女たち。一人前の忍になるためにその青春の全てを捧げ、お互いに切磋琢磨しながら戦い明け暮れる日々を送っている。そんなある日、伝説の忍を祖父に持つ国立半蔵学院2年生の飛鳥は、クリスマスで賑わう東京のとある路地裏で古来より人々に仇なす存在=妖魔と出くわす…!? 光があれば影がある…総勢28名が舞い忍び、最胸の善忍と悪忍の正義がぶつかりあう。命を懸けた忍の少女たちの物語が始まる。


声優・キャラクター
原由実、金元寿子、石原夏織、山本彩乃、五十嵐裕美、原田ひとみ、今井麻美、小林ゆう、水橋かおり、井口裕香、平田宏美、矢作紗友里、斎藤千和、日笠陽子、MAKO、喜多村英梨、茅野愛衣、白石涼子、後藤沙緒里、豊口めぐみ、松岡由貴、甲斐田裕子、津田美波、徳井青空、井澤詩織、阿澄佳奈、小原莉子、藤田茜
ネタバレ

pister

★★★☆☆ 3.0

観終わった

1話感想{netabare}
あっるぇ~??
前作は頑なに乳首ガードだったのに今作いきなりの大安売り。
ってか“ハイDヒーロー”のキャラデがごとうじゅんじからうのまことに変わって「なんで?」って声が多かった中、こっちがごとうじゅんじになって、とってもTNK。
しかも1話からしてかなり枚数少ない。
…。
いや待て?これは妄想だし滅茶苦茶好意的解釈だけど、本当は“sin七つの大罪”みたいにアートランドと共同で作る予定だったのが、アートランドがアレしてその影響でこんなんなっちゃったとか?
もしくはそれこそアートランドの代役で急遽TNKになって突貫とか。
あ、前作の制作がアートランドね。
やっぱアートランドのアレは影響あるんじゃないかなー?ってかそうとしか考えられない、余りにも前作からスケールダウンというかショボくなっちゃったというか。
え、じゃあハイDヒーローがパッショーネになったのも関係あったり?
ああもう訳分からなくなってきた。{/netabare}

10話までの感想{netabare}
あ、そういうことかー。
1話では前作との作風の違いっぷりに面食らったけど、2話にして方向性が分かって納得。
こういう方向性ならこういう方向性で別に悪くない。
同じ時期に、口ではエロいエロい言いつつ全然エロくない“コンセプション”が放送されてるのもプラスに働いてる予感。
で、なりふり構わず汚い手も使うようになったアスカがホムラを容易く圧倒してて関心、さすが主人公、ポテンシャル高ぇなぁ。
その一方である不満があったんだけど…ちょっと調べたらその不満は意味の無いものだと知って驚愕。
まぁその、「半蔵学園の連中囚われっ放しで全然画面に出ないじゃん、柳生映せよオラァン」と途中まで思ってたのだけど、え?一番人気キャラってユミなの!?
てっきり柳生だと思ってた、違ったのか!
えええ、根暗レズって人気じゃないのん?
“まどマギ”のホムラとか、「ヒバリLOVEの根暗レズ」っていう柳生の元ネタと目してる“アキ電”のツバメとか(ツバメの元ネタが散々ホシノルリ言われーの、ホシノルリが綾波と言われーのでもうナニガナンダカだが)人気高いんじゃない…のか?
そうでなくてもロリじゃないけどポジション的に“SHUFFLE”のプリムラや“11eyes”の百野栞みたいなもんだと思ったんだけど、ち、違うのん?
う~ん、ゲームやってると違うのかも知れんがアニメだけだとユミって大して魅力を感じないんだが…。{/netabare}

最終回まで見て{netabare}
柳生の出番殆ど無し!
ええええええ~~~~~っ!?

あ、内容?
内容は、悪と断じられる側にも家族とか居るんやで、っていう非常にベタな・3秒で思いつきましたって程度のもの。
封印の技で寿命縮めるってのも何処か行っちゃって最後はメデタシメデタシ。
まぁそっちは添え物、メインはお色気…とはいえ、柳生が出番無いってどういうことだよ!?
最後まで見たけど結局ユミには大して魅力を感じなかった。

方向性は明確に決まっててブレることもなく悪くは無かったのだけど、柳生に限らず1期メインだった半蔵学園メンバーが脇役扱いなのはちょっと悲しい。{/netabare}

投稿 : 2019/08/17
♥ : 2

pikotan

★★★★☆ 3.6

意外と真面目

ゲーム原作のようですが、意外と真面目な物語でした。
ただし、作品の性格上お色気シーンが結構ありその都度画面に光が入るので、シリアス系ならもう少しお色気シーンは少なくても良いんじゃないかな、という気はしました。
個人的には特別面白いという程ではないものの、つまらない訳でもなく、普通に楽しめる作品でした。
登場する忍が28人もいてどのキャラも魅力的ですが、見た目でお気に入りのキャラは、柳生ちゃんと紫さんです。

CVはゲーム原作だけあってやっぱり豪華ですね。
登場キャラが多いのでアフレコ現場はさぞ大変だったでしょう。

OPは1期に続き歌唱力抜群の佐咲紗花さん、EDはハーモニーが素敵なMiaREGINAさんで、どちらの曲も作品に合っていて良曲でした。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 2

たわし(ガガ)

★★★★☆ 3.1

最近は規制が全体的に緩いんでしょう。

最近、乙女ゲーやアダルトゲームのような規制がほとんど無いに等しいアニメ作品が多いですが、日本国内の需要というよりは、海外のアニメ漫画ファンが増えていることが原因かと思います。

フランスでもアメリカでも性表現が最近はオープンなので、普通にアダルトシーンが多い海外作品も多いですし、何よりも世界的なアメコミブーム真っ只中なので、このくらいのお話の飛躍は受け入れやすくなっていることも要因の一つかと。

良い意味ではありますが、質が高いドラマ性があるものも欲しいですよね。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 2
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ