亜人(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「亜人」

よみがな:あじん

放送時期:2016年冬アニメ(2016年1月~2016年3月)

★★★★☆ 3.6
物語:3.8 作画:3.4 声優:3.7 音楽:3.5 キャラ:3.6
総合得点 67.0
感想・評価 676
棚に入れた人 3602
ランキング 1096
高校生、永井圭。トラックによる追突死の直後、謎の蘇生。これにより国内3例目の不死の新人類・亜人であることが判明した。警察および亜人管理委員会により捕獲作戦、開始。同刻、管理下にあった2例目の亜人が何者かの幇助により逃走。この者らは直ちにテロ活動を展開し人類への復讐を開始した。
永井圭の動向を注視せよ。繰り返す・・・(TVアニメ動画『亜人』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 676

2017.05.23 10:49 flowergardの評価 | 観終わった| 17が閲覧 ★★☆☆☆ 2.8 評価対象: 亜人(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 2.0  声優 : 5.0  音楽 : 2.0  キャラ : 2.0

さとう

サトウの目的があまりにも低劣で、一気にストーリー性が失われたように感じました。

 サンキュー(0)
2017.04.07 00:30 takekaijuの評価 | 観終わった| 31が閲覧 ★★★☆☆ 3.5 評価対象: 亜人(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 3.5  声優 : 4.0  音楽 : 3.5  キャラ : 3.0

悪意に満ち溢れた作品

「もしも不死の身体を手に入れたら」を地でいく作品。
ひとつの回答として考えられる人体実験に利用される恐怖が何とも言えない後味の悪さを醸し出している。
亜人は人間ではない、この作品の人々の共通認識ではあるが、盲目的にそう信じている人が多いことには疑問を覚えた。亜人だと判明するまでに営んできた社会生活を鑑みれば、亜人に対する一方的な保護・管理政策に否を唱えてもいいはずなのに、そうした人はごく少数しか出てこない。むしろ賞金目当てに嬉々として捕獲しようとする悪意ある人間のほうが多い。

登場人物の多くも利己的な目的のために行動する人たちが多い。自分の評価のために行動する(と言われている)主人公の永井圭、純粋に殺し合いを楽しむ亜人の佐藤、金のために他者(亜人)を顧みない厚生労働省の戸崎、利益のために亜人を利用する大臣や各種企業など、嫌になるくらい悪意に満ちている。感情移入できる人物がいないので、良くも悪くも客観的に物語の世界を眺めることになる。

CGで描かれるキャラの造詣が雑。
顔の表情や手足の動かし方、会話と口元の不一致など初期の3Dアニメを観ていうよう。同じ3DCGで描かれている『シドニアの騎士』と比べても明らかに劣るレベルで、ずいぶん昔の作品だが映画版の『ファイナルファンタジー』に近い印象を受けました。

 サンキュー(2)
2017.03.31 10:03 Robbieの評価 | 観終わった| 103が閲覧 ★★★☆☆ 3.8 評価対象: 亜人(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 2.5  声優 : 4.5  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

CGのせいで...

内容は面白いのにCGが...
IBMはむしろCGの方がイイんだけどね。

 サンキュー(2)
2017.03.16 20:35 Reiの評価 | 観終わった| 73が閲覧 ★★★☆☆ 3.8 評価対象: 亜人(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 3.5

フルCGが新鮮でした

{netabare}一度死ぬことによって新生物亜人へと進化する。
見た目は普通の人間と同じだが不死の肉体と特殊能力に目覚める{/netabare}
東京喰種トーキョーグールに少し近いかな?と思いました。

{netabare}特殊能力によるアクションバトルで内容はシリアスで微グロ
拷問シーンとかもあって{/netabare}グロくなり過ぎないか途中心配でした。

映像は3DCGで人物の動きや表情に違和感はあるものの
アクションシーンの背景はリアリティで迫力もある。

ストーリーは13話でテンポもそこそこ
設定に謎が散りばめられているわけではないので
ストーリーの内容は薄く感じるかもしれない

設定は良いのでハマる人にはハマるアニメだと思います。
2クールが放送されるまでのんびり待つ事にします

 サンキュー(21)
2017.03.10 15:58 えたんだーるの評価 | 観終わった| 412が閲覧 ★★★★☆ 4.1 評価対象: 亜人(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.5

フィクションの鉄則「大きな嘘をひとつだけつけ!」

…を地で行くような感じの作品(原作マンガは未読です)。
つまり映画「シン・ゴジラ」なんかと同じやり方ですね。

本作では「亜人の存在」という大嘘(いや、本当にいたらゴメン)の下に、存在したら政府の対応や法整備はどんな感じになるかとか、亜人に人権は認められるべきなのかとか、そういうテーマでお話を作っているわけです。

大嘘である「亜人」を認めてしまうと、作中の社会状況や人物の行動はわりともっともらしい感じに描かれています。

で、こちらだけ観ると結末はモヤモヤすること請け合いなので、うっかり最後まで観てしまったならきっと分割2クール目も観たくなるんじゃないかと思います。

EDの背景アニメが何気なくネタバレ風なので、これから観る人で本当にネタバレを気にする場合には、EDは目をつぶるかもしくはとばしましょう(笑)。

 サンキュー(26)

亜人のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
亜人のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。