亜人ちゃんは語りたい(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「亜人ちゃんは語りたい」

よみがな:でみちゃんはかたりたい

放送中:2017年冬アニメ(2017年1月~放送中)

★★★★☆ 3.7
物語:3.7 作画:3.7 声優:3.8 音楽:3.6 キャラ:3.9
総合得点 69.0
感想・評価 552
棚に入れた人 2309
ランキング 747
サキュバス、バンパイア、デュラハン。僕ら人間とちょっとだけ違う、それが「亜人」。
そんな亜人の生態に興味を持つ高校生物教師・高橋鉄男と、生徒である「亜人」ちゃんたちとの少しだけ刺激的な新学期がスタートした!(TVアニメ動画『亜人ちゃんは語りたい』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 552

2017.05.29 14:18 かもかもの評価 | 観終わった| 28が閲覧 ★★★☆☆ 3.6 評価対象: 亜人ちゃんは語りたい(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 4.0  声優 : 3.5  音楽 : 2.5  キャラ : 5.0

”頑張る”に”やりすぎ”なんてないよ!

ただ佐藤先生がエロいだけではありません!
ほのぼの日常系と見られがちですが他者との差異に悩む亜人ちゃん達が高橋先生を通して成長する人間ドラマの要素を持っています

亜人ちゃん達はそれぞれの問題を抱えているわけですが高橋先生と語り合うことで解決していくわけですね
語り合うことで理解する
亜人という個性を持ち、他とは違うことをきちんと認識してもらえることこれは彼女達にとても大きいことなのです

そんな深い作品ですがやはり見どころは佐藤先生でしょう笑

 サンキュー(7)
ネタバレ
2017.05.29 11:49 ckaid50700の評価 | 観終わった| 8が閲覧 ★★★★☆ 4.1 評価対象: 亜人ちゃんは語りたい(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

タイトルなし

ほのぼの日常系で亜人がヒロイン

ふわふわと心温かくなるよ悪くないかなり良い作品

うまく表現できないけど心の半分あずけてもいいかと思える作品

一緒にハッピー日常やろうか

 サンキュー(0)
ネタバレ
2017.05.27 23:54 ダレイオスの評価 | 観終わった| 28が閲覧 ★★★★☆ 4.3 評価対象: 亜人ちゃんは語りたい(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 4.0  声優 : 4.5  音楽 : 4.0  キャラ : 4.5

全員ヒロインだと感じさせられる作りでキャラクターの扱いは丁寧でした。

亜人とよばれる、バンパイア、デュラハン、雪女、サキュバスなどが
世間的に認められ、教師したり学校に通ったり、人権もある程度認められている世界らしい。
話を聞くと亜人という人達は人間から生まれ突然変異的にその能力を持つことから
人間だけど体質が特別とういうことみたいですね。
特別な体質を持った人間を扱った内容でした。
見た目は基本的に人間でデュラハンも頭と体が離れているけど体の作りは人間なので
亜人とよばれても人間の女の子だよな・・・の開始ですね。
凄い必殺技が使えるわけでもなく、
バンパイア、デュラハン、雪女、サキュバスとよばれるけど
私の個人的な判断ではどうみても人間ですね。
人間的な容姿で
人間の女の子だけど「特別な体質」を持つ女の子達がテーマになってましたね。

内容はこういうキャラにありがちな「特殊能力バトルもの」てわけでもないので会話中心でした。
キャラも1話は主人公の男性教師とバンパイアの亜人の女の子を
中心にして他のキャラをあまり出さないようにしているので
キャラクター描写は丁寧でした。
特別な体質を持った亜人の女の子の会話は亜人の女の子らしいとよくわかる
話の話題で進めてくれるしネタも亜人の特徴をよく出したものが多くて
それを上手くコメディーにしているので楽しめました。
バンパイアの亜人の女の子は、どういう体質なのかがよくわかったし
その体質も結構考えられているなと思えるものだったので
上手く工夫して作っていると思いました。

その後も色々な亜人の女の子と主人公の男性教師との交流を描いたものでしたね。
内容はまじめだったと思います。
亜人の女の子がどいういことを考えて生きているのかとか
描かれていることが多くて
それは亜人の女の子らしい悩みとかだったり聞いていて気持ちはわかる的な
話が多くて話自体は良質だったかと
主人公の男性教師も色々な問題に相手の立場になって丁寧に対応していたし
デュラハンや雪女などの伝承から色々分析して
結論を出したり解決をしていたので聞いていて説得力はありました。

出てくるキャラは女の子が多いし
主人公の教師にそれなりに好意を描いている亜人の女の子は多いので
ハーレム気味には見えますが
関係性はベタベタはしていなくまじめに交流を描いているので
癖は強くなく、ハーレムアニメ特有の付いていけなさはないので
幅広い人に受ける作風に見えました。

女の子同士で仲良く会話したり、女の子同士のいい友情話になっていたり
微エロなどを入れたりや亜人の女の子の
体質のネタはちょっぴりエロかったり、主人公を始めとした
渋いおっさんキャラで話をまわしたり
全体的に色々な要素を入れているのでバランスの良い作りで
飽きにくかったです。
メインキャラの亜人の女の子は4人いましたけど
出番の量もバランスが良くて誰が1番のヒロインだと感じさせない
全員ヒロインだと感じさせられる作りで
しっかりとしたキャラクター描写が出来ていたのは良かったです。

亜人というものを理屈ぽくアプローチする部分もある作風だったけど
真の部分は相手のことを真剣に考えたりする所もあったりするし
それだけでなく、その相手のことを考えることに対しても
その意図がどういうものなのかと色々考えたりする作風なので、結構深い部分まで
やっていてしっかりとした考えのあったアニメだったです。
途中で主人公の男性教師がここまで亜人の女の子を面倒見たり
親しく接するのはないかな・・・と思ったら
そのことに対してをフォーするエピソードがあったり
それなりに答えを出していたり、このアニメの問題点だと思われる部分も
丁寧にやっているので最後までみましたけど
しっかりとした内容だったと思う。

作画についてはキャラクターデザインは出てくるキャラがバンパイアだったり
しますが見た目は可愛らしい感じの普通の女の子としてデザインされてました。
バンパイアの女の子は角度を付けたアングルが凄く可愛く描けていて
表情の描写もコロコロ変わる感じが良くて魅力的に見えました。
バンパイアの女の子の作画は凄く良かったです。
背景の作画は普通でしたね。
全体的な作画の質は飛びぬけて良いわけではありませんが比較的安定していて
綺麗でした。

声優さんについてはバンパイアの女の子の役の方は声質もキャラの性格に合っていたし
聞いていてあんまりいない感じの独特の可愛らしい演技は良かったです。
他のキャラの役の方も優しい感じの演技やしっかりとした喋りだったので
とても良かったです。
主人公の役の方のコメディー調の喋りも良くて全体的に声質、演技力共にかなり良かった。

まとめると殆どキャラ同士の会話が中心ですが、内容はまじめだし
理屈ぽくアプローチする部分もあるんだけど
暖かみのあるの話になっているのでとても楽しめました。
コメディーアニメとしても面白いし
亜人についても伝承から色々分析して考えらせられる内容にもなっていて
話自体もしっかりしていました。
微エロ、女の子同士で仲良くなど色々な要素のバランスが良い作りで
最後まで飽きずに楽しめました。
キャラクターの扱いも丁寧だし終わってみると出来はかなり良かったなと思えるアニメでした。

 サンキュー(8)
2017.05.25 10:05 えたんだーるの評価 | 観終わった| 254が閲覧 ★★★★☆ 4.1 評価対象: 亜人ちゃんは語りたい(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.5

「温かい社会」への幻想…?

同タイトルのマンガ原作がありますが、私は未読です。

放送終了からずいぶん経ってのレビューになります。とっくに観終わっていたのですが、どうもすみません。

亜人(デミ:「デミヒューマン」の省略から作られた通称?)が実在し認知されている社会において、デミである生徒や教師がいる学校に赴任してきた生物教師である主人公、高橋鉄男とその周囲の人々のお話です。

作中での亜人(デミ)は、いわゆるマイノリティ(社会的少数者)を身体的・生理的特徴によって記号化したものだと考えられますよね。作中の亜人(デミ)達を「かわいい女性」にしているところがあざといといえばあざといわけですが、話の根底には「でも、彼女たちも人間だよね」という点があるように思います。そして作品のメッセージ性としては、「差別、良くない」的な…。

高橋先生自身は亜人(デミ)の研究者でもあって、実際に亜人(デミ)と接する機会を持って、彼女たちの行動や生理的な特徴について知りたくていろいろと質問をするわけです。

一方で高橋先生は、彼女たちが生徒であったり同僚であったりという部分でも関わりを持つ必要があって、結局のところ生活面での相談に乗ったりするようになります。

そして接する時間が長くなっていくにしたがい、その親身さなどもあって徐々に彼女たちの信頼を勝ち得ていくわけです。

そしていわゆる「ハーレムラブコメの鈍感主人公」の役割をも高橋先生は背負っていくのです。

このストーリーには、おそらく作者が「このようにあって欲しい」と考える温かみのある社会が描かれていますが、現実に亜人(デミ)が認知されたとして、この作品のように受け入れられるとはあまり思えないというのが悲しいところですね。

一応、ラブコメ的にはまあまあ面白かったです。

 サンキュー(35)
2017.05.23 22:20 うさふぃの評価 | 観終わった| 24が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: 亜人ちゃんは語りたい(TVアニメ動画) 物語 : 2.5  作画 : 3.5  声優 : 3.0  音楽 : 2.5  キャラ : 3.5

個人的には微妙だった

評価に釣られて見たけど個人的には微妙な作品でした
面白くないとはいわないけど…う~ん、主人公が成人っていうのはプラスなんだけど結局いつものドンカン系だし振る舞いがちょいちょい鼻につくというか、お話も小さく小さく纏まっていて予想外というかのめり込めるような展開もなく、可もなく不可もないテンプレハーレムにしか見えなかったなあ主題歌も微妙

まあ実際過大評価だと思うのってだいたいがその人の感覚が大衆にあってないだけだしこれも僕の趣味趣向が合わなかっただけなのでしょうけど…

 サンキュー(1)

亜人ちゃんは語りたいのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
亜人ちゃんは語りたいのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。