「魔法使いの嫁(TVアニメ動画)」

総合得点
79.5
感想・評価
889
棚に入れた
3964
ランキング
440
★★★★☆ 3.6 (889)
物語
3.5
作画
3.6
声優
3.6
音楽
3.6
キャラ
3.5

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

魔法使いの嫁の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

Bハウス さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ファンタジー世界らしい物語

舞台がイングランドと言うのもあって
向こうの精霊がモチーフのキャラクターが多数登場する

冒頭一人の女の子が手を鎖でつながれてやってくる
彼女の名前はチセ

スレイベガと呼ばれる大量の魔法を捻出できる能力者

その影響で人が見えないものも見えてしまうため
周囲から孤立し家族とも離散している

母親の自殺を機に自分も自殺しようとしたが
ある魔法使いによって提案を持ち掛けれる

それは非合法のオークションに自ら出品する
人身売買

ただ落札されるのを漠然と待っていると
突然どこともなく姿を見せた一人の魔法使い

彼の名はエリアス
本来人嫌いで人里離れた家に
ブラウニーのシルキーと住んでいた

落札した後彼はチセにこう言い放つ

「今後は私の弟子になってもらう
そして君は僕のお嫁さんだ」

こうしてエリアスとチセの
二人の物語が幕を開ける

最初に書いた通り精霊のキャラが出てくるので
ちょっと他の作品にはない空気感あるし
序盤チセはどこかの水辺に沈みがちw

印象に残っているのは灰の目のいたずらと
老いたドラゴンの話かな

灰の目は演出的にもトリッキーなので
初見だとわかりにくい所はあるが
この話でチセとエリアスの距離感が詰まる

ドラゴンは死を意識していたチセに
目の前の問題にある姿を見せる事で
生きる価値と言うものを植え付けていたのかもしれない

後半に入るとカルタフィスという
見た目は子供中身は極悪なマットサイエンティストが
チセを狙って陰謀を仕掛けていく

個人的にはこの作品の武闘派である
アリスがお気に入り

他のキャラクターが複雑な性格なので
彼女の愚直で真っ直ぐな思いは好感が持てた

作中でエリアス、チセ、カルタフィスそれぞれの
過去が描かれているが

どれも暗いし切ない内容なので
序盤とは違う空気が味わえたと思う

この作品劇場版や舞台も展開されているが
2021年OADとして続編が作られるとの事

学園編だとキノみたいになるのかな(ネェヨ

投稿 : 2021/07/08
閲覧 : 100
サンキュー:

1

ネタバレ

ウィラード さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 5.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

最初は良いものの段々とくどく感じるようになる

最初にまず物語の雰囲気で良いなと思いました
ただその後、演出や展開が単調的に感じました

アニメのおかげで売れたように感じました
魔法使いというなら自分は
魔法使いの嫁よりは自分はレンタルマギカの方が好きです


かと言って少女向け特化って訳でもないです
ただ、一話完結のような物語が続いていて
とてつもなく既視感を感じてしまってみるのが退屈になっていきました

悪く言えばオリジナリティを感じられない所です
と言ってもテンプレ的ななろう作品よりはオリジナリティあります


同じ感じでどっかで見たような展開と言われている
時間の支配者の方が自分はオリジナリティを感じました

思うにこのアニメは雰囲気を楽しむ作品だと思います
EDも良いと思うんでそういう楽しみ方をされる方はおすすめできると思います

投稿 : 2021/01/26
閲覧 : 381
サンキュー:

5

ネタバレ

NEKONYAN さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

雰囲気がいい

二クール目からは少し拍子抜け
性格が思ってたよりもただの子供だった
とはいえ、いろいろトラウマシーンもあったし何だかんだ強烈な印象を残したアニメだった
雰囲気良かったし、種崎さんの演技も最高だったし見どころ満載でしたね
二期あるなら見たいです。

投稿 : 2020/10/28
閲覧 : 251
サンキュー:

3

ネタバレ

みかづき さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 2.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

かっこいいバトルなんて存在しない。心の距離を純粋に辿ろうともがく。魔法の世界で

私のどーでもいい感想日誌を読んでくれてありがとう。

妖精や魔法の存在が、異世界モノや魔法で倒す系とは全く異質。
「厳か」であるところは秀逸であり、当作の基盤にある。

主人公のチセが、父と弟、母と幼い頃に別れ、
物語の始まりとなる15歳までの描写は僅か。
だがその多感なときの『痛み』、その毎日は、
忘れえることは出来ない、
常人には想像し難いものであったろう。

元々「人外」の姿・状態の黒い茨の魔法使いエリウス。
外から眺めるように「人間を理解しよう」とし、
徐々に人間に近づいてゆくエリウス、その心情は、
表情なしの骨顔、「声と目」の抑揚だけのため、
情緒面を伝えるも、共感できる→から
よもや感動までできるひとは、残念ながら少ないとおもう。
だが、声優さんの声はとてもあっていて
主人公をとてもひきたてている。

バトルは、だいじなものを奪い、奪われる
というテーマで終始行われた。
バトルかっこいいモノ でなく、尊い。

主人公は、人間に限らず身近な他者の心の痛みに極めて敏感で、
自己犠牲を厭わない最大限のちからで他者を必ず救おうとする
(今回はヒーローでなく)正義もののヒロインだ。
それが連続して、わかったときは戸惑った。

だが、自分がもつ強烈な『痛み』が
他者の『痛み』を見ぬふりができない
と言う事はよく描写され、伝わってくる。
この『痛み』が 当作のテーマだとおもう。

そして
自分の魔法力に対して、体が極端に脆く、自己制御ができない。

ヨセフとの最終盤のやりとり
「他者を犠牲にするな!」
『ならば自分が犠牲ならいいのか!?』

この問いに主人公はハッとする。。
かつていなかった、自分をなにより大切に想ってくれる者が
今は、いることを。
その者たちを天秤にかけて捨てる
同じかそれ以上の愚行だと言っているように
私には聞こえた。

永世を渉る巨大な力で諸悪の根源たる"灰の目"を
掃討するという話にはならない。
共存する妖精たちの清濁混合、無邪気さとの等しさとも感じとれるが。
説明されない、消化しきれない部分は残る。
"灰の目"は天災のようなものなのだろうか?

音楽は惜しい・・。歌詞がダイレクト過ぎて苦手。
あと後半のOPは作詞作曲編曲歌い手は4人とも違うから、
曲に対して歌い手を選ぶなら、このMay'rnさんは私は好きじゃない声だった。
なんか自然でない、作りものっぽい発声と震える声で、
曲はいいのに馴染めなかった。

あと、シリアスなシーンで、
安定して急に挿入されるコメディタッチの描写は、
他のレビューとおなじく、私も、唐突でついて行けなかった。
「みやすさ、馴染みやすさ、気楽さ」のエッセンスが、
本作ならではの雰囲気を薄くしている。

大人向けでもなく、とはいえ子ども向けでもない。
でも、追求したテーマや描写や機微は良く、意欲作だと感じました。

投稿 : 2020/09/17
閲覧 : 204
サンキュー:

12

ネタバレ

ato00 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

癒し系ダークファンタジー<追記;星待つひと>

異形のものが見える少女ちせ。
心に傷を負い、世捨て人としてロンドンへ。
魔法使いエリアスに買われ、弟子そして嫁に。
これはこの世から疎外された魔法使いと少女の物語です。

おどろおどろしさと癒しをまとった不思議な雰囲気。
ときに激しく、ときに静かに事が動き出します。
魔法使いに魔術師、妖精にドラゴン、そして人ならざる者。
あまり気持ちのいいアニメではないけど、何故か心が惹かれます。

冒頭、エリアスが圧倒的な保護者に見えます。
しかし、時が経過するにつれて、その関係が対等そして逆転。
ちせは一種母親のような存在に。
この世から遊離したエリアスをちせがたしなめることも。
その軽い漫才チックなやりとりは楽しいです。

基本、心の闇をかき乱すシリアスな出来事が発生。
暗い展開が続きます。
でも、様々な人および人外と出会いにより居場所を見つけるちせ。
その温かい絆が心のより所になります。

ちせは落ち着いているようで意外とドジ、そして頑固で気が強い。
終盤にはその堅物観が発揮されて頼もしい。
自分の信念を貫くことの大切さを教えてくれます。

老ドラゴンネヴィンの重厚な語り口と水に落ちるちせが印象的なアニメ。
物語はまだまだ続くようです。
でもまあ、ここら辺で終了するのもまた良しとしましょう。

<追記;星待つひと>
{netabare}知りませんでした、本編の前にこんなOVAがあったとは。
全3話の過去回想記です。

ちせの幼少期、日本での不思議な記憶。
迷い込んだ魔法図書館での出会い。
静かで優しく、ときに激しい。
ある本を巡る叶わぬ想い。
哀しさの中に暖かい気遣いが溢れています。

思い出をちせがエリアスに語る形で進行。
ゆっくりとした静かな語らいに心が洗われます。
いまや、いつもの風景と化した穏やかな日常。
シルキーのじーっがカワイイです。{/netabare}

投稿 : 2020/04/30
閲覧 : 300
サンキュー:

38

ネタバレ

STONE さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

世界観や雰囲気はかなり好みではあったが

 原作は未読。
 主人公が人ならざるものを認知できることで不幸な過去を送るも、その能力が前へ進む力にも
なるという点などは、「夏目友人帳」に通じるものがあるような。主人公の過去という点に関しては
本作の方がえげつなかったけど。
 この主人公の過去のみならず、各キャラの過去や処遇など、本作はなかなか容赦ない感じ。

 全体を通してみると羽鳥 智世の成長譚としてはそれなりに楽しめたが、カタルシスはあまり
得られず。
 バトルものようなものではないことは最初から判っていたが、それでもなんらかの達成感を視聴
しながら共有したかったのだが。。。
 この辺は智世の危険を承知で首を突っ込んでいく発端や、自己犠牲の解決方法の繰り返しに
イライラさせられたのかも。
 この特性、当初は絶望による捨て鉢なものが起因しているのかと思ったが、その後
エリアス・エインズワースとの出会いにより、前向きになっても相変わらずという感じ。どうも
彼女自身の本質的なものみたい。
 こういうタイプは他作品の主人公でもよく見られるが、似たような感のある
「Fate/stay night」の衛宮 士郎や「物語シリーズ」の阿良々木 暦は、本人が自身の生き方を
肯定しつつも作品自体は一種の異常者として描いているように、本作の智世も結構危ないものを
感じてしまった。

 一方のエリアスだが、当初は智世を導く存在かと思いきや、感情的な部分は智世より幼かったり
する点が意外だった。
 この辺はキャラの特性として面白いものがあったが、エリアスの保護者としての油断で智世が
危険な状態になるという展開の繰り返しは話作りとしてはあまり上手くないものを感じてしまった。
 智世とエリアスの関係性に関してはそれぞれに欠けている部分を高めあっていくのかと
思っていたが、互いに言い出せないままといったパターンが多く、これもモヤモヤした原因かも。
 互いに打ち明けられない状態の時は個々の心情を描くことで補完できたりするが、そういった
部分も弱いかなあという感じ。
 こうした心情描写もそうだが、ストーリーの細かい流れや作品世界の設定など、全体に言葉
足らずの印象で、この辺は原作にはあるけど削られてしまったのか?。

 全体を通して智世とエリアスと対峙する役回りだったのがカルタフィルス。
 こういった立ち位置のキャラを単なる悪役でなく悲劇的存在として描くのは、主観的印象だが
女性原作者の作品に割と多いように思える。
 こういった存在はドラマをより深いものにしてくれる反面、そのキャラの悪行に対して許しの
ような部分が生じてしまうため、悪者退治のようなカタルシスは得にくくなる。

 イギリスの田舎を主舞台にした情景はいかにも妖精が潜んでいそうな感じで、雰囲気作りは
良かったんじゃないかと。
 そこで描かれた食生活や季節行事などの田舎暮らしの描写もなかなか楽しかった。
 こういった作品世界の雰囲気を盛り上げるのに役立っていた感があったのがBGMや挿入曲。
 以前、別のレビューに書いたけど、種崎 敦美氏の幸薄そうな演技が大好きで、そういう点で
本作の智世役はかなり堪能できました。

2020/02/02

投稿 : 2020/02/02
閲覧 : 493
サンキュー:

8

ネタバレ

Soma さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

世界観がとても良い

気になって観たらし面白すぎて一気に視聴
世界観がとても良い

投稿 : 2019/12/11
閲覧 : 213
サンキュー:

3

ネタバレ

rFXEy91979 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:今観てる

『魔法使いの嫁』というのは、圧倒的映像美と荘厳なファンタジー。

#1「April showers bring May flowers」
{netabare}久しぶりに堪能しました!

言葉以上に語る映像、静謐に紡ぐ世界と、チセの環境の変化だったり、受け入れられることへの戸惑い。足し算と引き算だったり、あらゆる叡知を尽くしてなければ、辿り着けない実に見事で、とても素敵な1話でした。

1カット1カットにしっかりとした動きを入れたり、目に見れない表裏一体と呼ぶべき、優しく危険な世界。どれほどの技術を費やし、考え抜いて構成したか?それを想像するだけでも、手が込んでて圧巻でした。

本放送時、ボクは見ていてジブリを思い出しました。といっても単に演出、香りがそうだと言うのではなく(それもあるにはありますが)、日本人が慣れ親しんだ、"何気無い景色の裏にあるかもしれない、別の世界"。それを想起させてくれる、そういう意味でのジブリです。

WIT STUDIOはボクにとって、後世にまで残って欲しい、稀有なアニメスタジオです。『ヴィンランド・サガ』もですが、作品で勝負をしていく、そんな姿勢が好きだから。

中断していたまほよめ全話を制覇するのが楽しみです!{/netabare}

#2「One today is worth two tomorrows.」
{netabare}深く静かな夜の時間が、似合うアニメは有り難いです。

日中は人の喧騒、熱気が蔓延る世界ですが(あくまで良くも悪くもです)、夜は眠りについた世界の異なる息吹を与えてくれます。この作品はまさにそういう息吹を感じるファンタジーで、2話はそこで静かに生きて、敬意を欠かない人が出ます。"自然"を借りる魔法使い、地元の知古の嫌われ神父(または牧師)w。それぞれの熟練たちがチセを導き助言をくれます。だから余計な騒々しさや、軽率さは微塵もなく、プロとしての見識だったり、経験値を教えてくれます。

ロンドンの街並みだったり、アイスランドの広大さも、作品のすべての面での深いところを与えてくれます。世界は騒ぎ立てたりせず、ただそこにあり続ける。それをどう考えて、そして捉えて触れていくか?これからチセが考えなければならない大事な一つです。という感想が2話を見終えて、湧いてきました。

雄大な自然と世界はアニメになると濃さが増す。まさにそういう好例が、このアニメと思いました。{/netabare}

#3「The balance distinguishes not between gold and lead.」
{netabare}今回も良かったです。
"死"を特殊なものとはせず、自然の摂理と捉えるドラゴン。穏やかな最後のときに羨望を向けるチセ。コクが深く、想像力をも刺激させる素晴らしさ。エモーションを加速させる映像美と静かな芝居に、ただただその身を委ねました。委ねたお陰で至福でした。

チセは既存の概念を、ここである意味揺さぶられて、"生と死"とは?"空と共に生きる"とは?を思案して、初めて新しい価値観に出会えたように見えました。

特別なものなどない、ただ知らないだけだった。なら自分の忌むべき力は、自分自身はどうありたいか?そんなゴールと次のスタートにチセはようやく立てたみたいで、何というかビターであれど、幸せな後味でした。上手く言葉を紡げないけど、なんかそう思いました。

次はいよいよあの回です!久しぶりだし、ドキドキです!{/netabare}

投稿 : 2019/08/26
閲覧 : 224
サンキュー:

6

ネタバレ

ぷー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

自然と視聴を続けられた作品。

主人公のエリアスと羽鳥チセに関わるほとんどの人物にストーリーがありメインストーリーでも後々関わるキャラクターも多く見ごたえがありました。
また、ルツとシルキーの立ち位置が素晴らしい。シルキー関連のお話もとても良かったです。
演出に関しても良い点がいくつもあり、特に11話の遠く離れたエリアスとチセが水鏡を通して会話している演出はすっっっっごく良かった!

投稿 : 2019/04/25
閲覧 : 189
サンキュー:

5

ネタバレ

はる さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

世界観がカッコいい

初めは怖い話かと思ったけれど世界観がジブリぽくてカッコ良かったです!

投稿 : 2019/04/04
閲覧 : 154
サンキュー:

4

ネタバレ

てたい さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

タイトルなし

ゆーるく見る感じで見てました!
良いアニメだと思いますよ(^^)

投稿 : 2019/04/03
閲覧 : 153
サンキュー:

3

ネタバレ

rie-ru.2 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

The beautiful world is sensitive, painful and saveable.

正直、書きたいことが多くて頭がこんがらがっています。
なるべく整理して書いてみる。


{netabare}
●生きたくない子

捨てられ絶望した末買われたチセは、期待もせず、ただ言われるがまま様々なものと出会っていく。
穏やかに死を迎える竜に対し、悲しむのでなくむしろ羨んでしまう。
猫殺しの罪を犯したもの、その犠牲者を消すのでなく浄化したいと願うのは、同様に安らかな死を望む彼女自身の表れでもある。

そこで、この作品はそうしたチセの触れる世界や心境を美しい作画で表現している。
顕著なのがその浄化の場面。
花畑とその中で消えゆくものたちは、青空の下なのにどこか淡く薄い、儚げな色彩で描かれていた。
それはおそらく、穏やかな死を羨んでいたこと、やっと自らの居場所を見つけたのに短命を告げられたこと、
そんな彼女の死生観を反映したものなのだ。

またそれとは対照的に、エルフの踊る夜、水鏡でチセとエリアスが会話するシーンの絵は、
夜空の下きらびやかで幻想的な雰囲気を醸し出していた。
これは、エリアスや様々なものに触れ合うことで心を開いていった彼女を表しているのではないか。
そしてその結実が、火を纏い鳥となってエリアスの元へ帰る演出なのだろう。

物語の前半部はそんなチセの出会う世界や、彼女が希望を得て前を向くまでを描いていたと言える。



●人を知りたいもの

それが後半部になると、エリアスが人間らしさを知っていく話が中心となっていく。
2クールの枠を存分に使い、緩やかながら丁寧にチセと感情を学んでいく。

そうした点において、エリアスのデザインはファンタジーならではの優れたものだったように思える。
少年、青年、大人、どの容姿であっても人間では、前半部の庇護者たる姿、後半部の人間を知っていく子どもらしさを、
容易に表現できなかったのではないだろうか。
SFだとそういう役割はAIなんかが担うんだろうけど、本作はファンタジーであるためより生々しさが出ているのも面白い。



●少しの不満

ただ一点だけもやもやとしたものが。
本作はチセの視点をメインに進むので、どうしてもチセに感情移入してしまう。
そのため終盤に「エリアスがチセの友人、ステラを呪いの身代わりにしようとしたこと」のショックが強い。
もちろん冷静に考えれば、そう簡単に上手く事を運べないのもわかるし、エリアスなりに決断したことも分かるんだけども。

いくら嫉妬や寂しさ等の感情を知ったとは言っても「知ったばかりで十分にコントロール出来ない」のだ。
そもそもエリアスは人間をほぼゼロから知り始めたことを頭に入れておかないと、
評価は変わってしまうかもしれない(私もこの回を見た時はかなり動揺した)
エリアスは「友達」という概念もきちんと分かっていないのだろうから。

…と、若干不満らしきものも漏らしてしまったけれど。とても良い作品には変わりない。
ラスト2話を見ても分かるように、本作はあくまでチセの物語なのだ。

呪われた子が、助けられ受け入れられて世界に心を開き、自らも他者を救いたいと願う。
その思い行いが「自らの中の母の呪縛」、自分自身であり母でもあるそれを解きはなつ。
そして自らに仇なす者の苦しみをも理解し救う、そんな物語。



●結構重要な余談

…ふと考える。
上記の不満、エリアスの不甲斐なく見えた姿は猫殺しの話と構造が同じ。
『愛する者のため、他者を犠牲にするよう追い詰められた』のだから。
さらには嫉妬の心理まで一致する。
「猫には九つも命がある」「チセはステラにだけ違う顔をする」…

するとこれは、『罪を犯して取り返しがつかなくなる前に、今度は罪を犯すこと自体を止める』話でもあったんじゃないか。
猫殺しが猫殺しになる前に、チセはエリアスを救ったのだ。
{/netabare}


冷静になってきちんと考えたら、これ、かなり練られたストーリーなのかも…私が鈍いだけ?
反省します。

投稿 : 2019/04/01
閲覧 : 274
サンキュー:

13

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

ほんとは何がしたいかよく分からなかった。。

公式のINTRODUCTION
{netabare}
この優しく、 残酷で、 でも愛おしい世界は私たちのすぐそばにも息づいている。

人間とヒトならざるものたちの交流。息を呑む幻想的な光景。
ときに残酷さを突き付けつつも、どこか温かみのある世界と、そこに生きる者たちの心の機微。

連載開始から程なく漫画好き・ファンタジー好きの間で話題となり、2015年に数々の漫画賞を受賞。現在は累計400万部を超える大ヒット作となった正道ファンタジー『魔法使いの嫁』(月刊コミックガーデンで連載中)。2016年にはアニメ化プロジェクトが始動し、完全オリジナルアニメーション『魔法使いの嫁 星待つひと』全3部作がコミックス特装版第6巻・7巻・8巻に同梱される形で発表された(8巻は2017年9月9日発売予定)。

そして2017年10月、TVアニメ版『魔法使いの嫁』が満を持してスタートする。

映像化を担うのは『進撃の巨人』『甲鉄城のカバネリ』など、数々の話題作を手がけたWITSTUDIO。ハイクオリティかつエモーショナルな映像を作り続ける彼らが、原作の持つ空気をアニメならではの表現で鮮やかに描き出す。放送は2017年秋と2018年冬の2クール。完全数量限定生産のBlu-rayも発売決定。
{/netabare}

公式のストーリー
{netabare}
羽鳥チセは15歳の少女。
彼女は帰れる場所も、生きる理由も、そのための術も、何も持ち合わせていない。
ただひとつ、生まれ持った特別な力を除いて。
そんなチセを弟子として、そして将来の花嫁として迎え入れたのは、異形の魔法使い・エリアス。
自然と寄り添い、悠久の時を生きる魔法使いの暮しの中で、チセは大切な何かを少しずつ取り戻していく…。
これは、世界の美しさを識る為の物語。
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:ヤマザキコレ(マッグガーデン刊)
監督/シリーズ構成:長沼範裕
脚本:高羽彩
キャラクターデザイン:加藤寛崇
色彩設計:小針裕子
美術監督:竹田悠介
撮影監督:鈴木麻予
CGIディレクター:須貝真也
2Dワークス:西谷知恵
特効監修:谷口久美子
特殊効果:荒畑歩美
編集:今井大介
音楽:松本淳一
音楽制作:フライングドッグ
音楽制作協力:BASiLiCA
音響監督:はたしょう二
アニメーション制作:WIT STUDIO
{/netabare}
キャスト{netabare}
羽鳥チセ:種崎敦美
エリアス:竹内良太
ルツ:内山昂輝
シルキー:遠藤綾
アンジェリカ:甲斐田裕子
サイモン:森川智之
セス:諏訪部順一
リンデル:浪川大輔
ミハイル・レンフレッド:日野聡
アリス:田村睦心
ティターニア:大原さやか
オベロン:山口勝平
カルタフィルス:村瀬歩
{/netabare}


1話ずつの感想

--------------------キリトリ線--------------------

#1『April showers bring May flowers.』
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
この世界で生きることを投げ出そうとした15歳の少女、羽鳥チセ。彼女はオークショニアの誘いに応じ、自分自身を商品とし、闇の競売会へ出品する。ヒト為らざる魔法使い、エリアス・エインズワースに500万ポンドの値で買われ、将来の「花嫁」として迎えられたとき、チセに見えていた世界の姿が変わり始める──。
{/netabare}
感想
{netabare}

親戚の家を転々として行きちせが場所がなかったチセが
魔法使い、エリアス・エインズワースの弟子&花嫁として迎えられて
大事にされるってゆうおはなしだった^^


小さいころからフシギなものが見えたりしてて
親戚の家をてんてんとしてて
あるときあたたかい家族ができて
自分のフシギな能力も悪くないんだって気がついて。。


これって主人公が女子の夏目友人帳みたい。。
友人帳は出てこないけど

ここまでだったら夏目友人帳だけど
このあとラブストーリーが入ってきたら「美女と野獣」かも^^
ちょっと楽しみ☆彡


エリアスはやさしい人だけど
チセをわざと妖精といっしょに行かせてチセがこわい目に合ってたけど
先に言っておかないで「いい授業になるか。。」ってちょっとイジワルかも^^
でも、夜の森はきれいだった☆


あと、エインズワースが魔法使いって元ネタがあるのかな?
「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 3rei!!」にも出てたけど
{/netabare}
{/netabare}
#2『One today is worth two tomorrows.』
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ロンドンの片隅にある古書店。その本当の姿を知るものは少ない。エリアスに連れられ、彼が古くから取引を続ける 魔法道具の工房を訪れたチセ。工房の女主人アンジェリカは、チセにささやかな魔法を教えるが……。夜の愛し仔(スレイ・ベガ)のまことの力が、彼女の記憶の一欠片を水晶細工として蘇らせる。
{/netabare}
感想
{netabare}

前半はあらすじのおはなしで
今回のおはなし見てたら
なんだかにゃんも魔法使えそうな気がしてきちゃった(∩^o^)⊃━☆゜.*


チセの能力ってすごいみたい。。
でも、そんな能力をうらみながらお母さんが死んじゃったのかな?

その能力が暴走したときエリアスがそばで止めてくれて
ほっとしちゃった^^


魔法道具屋さんのアンジェリカさんはいい人で
そこにいた大きなにゃんこみたいなウーパールーパー?がかわいかった♪


後半は
教会から来たサイモン神父さんのおはなしかな?

教会と魔法使いってどうなのかな?
仲がよさそうなんだけどなんだかビミョーみたい。。


さいごはエリアスとチセがドラゴンの様子を見にアイスランドに行ったら
チセがドラゴンにさらわれちゃった!?

さらった人のおはなしは来週みたい
あたたかくっていい感じのおはなしなんだけど
ちょっとイジワルな空気がにゃんはあんまり好きじゃないかな?

それにちょっとおはなしが早すぎるみたい?

もうちょっとゆっくり
あたたかい人の気もちとか感じられたらいいのにね☆彡

でも、そんなに悪くなかったって思う
{/netabare}
{/netabare}
#3『the balance distinguishes not between gold and lead.』
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
教会の命を受け、エリアスを監視する聖職者サイモン。彼はエリアスたちに、3つの案件を伝える。そのひとつを解決するため、最果ての地に赴むいたチセとエリアス。そこではエリアスの師、リンデルと、滅びに瀕した旧き種族が待っていた。今まさに大地に還らんとする古の者と共に、チセは天空を馳せる夢を見る。
{/netabare}
感想
{netabare}

ドラゴンにさらわれた先で待ってたのは。。ってゆうあらすじのおはなしで
どうしてチセをこんなヘンなやり方で
ドラゴンの国につれてこなくっちゃいけなかったのかよく分からなかった。。

ふつうに招待してくれたらよかったのに☆彡

ドラゴンの子どもたちはかわいかった♪

そこで死にかけたドラゴンと会うんだけどドラゴンって死ぬのは平気みたい
死んで木になる。って

それでそのドラゴンに空を飛ぶ夢を見せてもらうんだけど。。


死ぬことを考えるおはなしだったのかな?
一生けんめい生きることと。。

でも、そんなおはなしにしたらちょっと短すぎたみたい

それにさっきも書いたけどドラゴンにくわえられて
空を飛んで連れてこられたんだから
ドラゴンのおじいさんに夢を見せてもらわなくっても
さっき空を飛んできたばっかりなのに^^

いいおはなしだったのかも?
でも、なんだかちょっとちがうかなぁ?って思った。


あと、チセはそんなに長く生きられないのかな?
魔法使いになったら大丈夫なのかな?
{/netabare}
{/netabare}
#4『Everything must have a beginning.』
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
猫の集う街、ウルタール。その昔ウルタールでは、人と猫との間に悲しい出来事があった。惨禍の中心にいたものの魂は澱みとなり、代々の猫の王により封印され続けている。ふたつ目の案件を解決するため、この街を訪れたチセとエリアスは、そこに残る妄念を浄化しようと試みるが……。
{/netabare}
感想
{netabare}

だんなさんが奥さんを放したくなくってケガレになったみたい
浄化ヨユーてゆう感じだったんだけど
このケガレを利用しようってしてる悪い魔術師が
ジャマしてつかまっちゃった。。

それでチセが長く生きれないことバラしちゃった。。


ってゆうおはなしだったけど
何だか今季3本目の旅するおはなしになったみたい^^
チセはまた水に落とされちゃったねw

こんどはちせがケガレの浄化。。
って何だか「双星の陰陽師」みたいだけどこっちは魔法^^

奥さんはだんなさんを成仏(?)させたがってるみたいだけど
たぶんエリアスがなんとかしてくれるんじゃないのかな?

それだったらあんまりおもしろいおはなしにならなさそう。。

どうなるのかな?
{/netabare}
{/netabare}
#5『Love conquers all.』
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
魔法使いに騙された、哀れな少女。魔術師レンフレッドにはそう見えていた。
だがチセは、エリアスの真意がどうあれ、彼から離れるつもりはなかった。なぜならエリアスは、初めて自分を必要としてくれた存在だから。チセは澱みの中に歩みを進め、惨禍の真相を知る。そして悲劇の裏側には、ひとりの少年の姿が──。
{/netabare}
感想
{netabare}

えーっ!?このおはなしってどうなんだろう?

体の弱い奥さんを丈夫にするために流しの魔術師に相談したら
ネコを殺して薬を作れば長生きするってだまされて
けっきょく奥さんはドロドロになって死んじゃって
だんなさんはネコの呪いで化け物になっちゃった。。

ってゆうおはなしでさいごはチセが浄化してあげたんだけど。。
おはなしがグロかった。。

ってゆうか人を殺すようなおはなしでも
はじめからそう分かってたらまだ大丈夫なんだけど
このおはなしってちょっといいおはなしだって思ってて
そんなにグロくなるなんて思わなかったからちょっと引いちゃった。。


それにねこたちはかわいそうだったけど
ダンナさんは人を殺したわけじゃなくって
奥さんの命を救いたくってネコたちを殺してただけ。。

それでもしケガレになっちゃうんだったら
お肉を食べる人みんな呪われちゃうよね?

だってこのおはなしだと
だんなさんって奥さんの命を助けるためにネコたちを殺しただけだったけど
人間はお肉なんて食べなくっても生きられるのに
たくさんの命を殺してるんだから。。

「いや、自分は殺してない」って言いわけしても
誰かにかわりに殺してもらってるんだから
もっと悪いしもっと呪われちゃうんじゃない?って思う。。


何だかあんまりすっきりしないおはなしだった。。
{/netabare}
{/netabare}
#6『the faerie queene.』
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ウルタールの一件から10日と数日が過ぎても、チセは眠りに落ちたままだった。彼女を案じるエリアスとサイモンの前に、予期せぬ客が姿を現す。それは常若の国(ティル・ナ・ノーグ)の主。ブリテンの夜の一角を統べるもの。妖精たちの女王(ゲアラハ)、ティターニア。
{/netabare}
感想
{netabare}

おはなしはすごくゆっくり。。

何か起きるけどいつもそんなに大したことじゃなくって
でも、ちょっとずつエリアスとチセが近くなってくってゆうおはなしみたい


はじめの方は先週のつづき

レンフレッドたちはいい人みたいだったけど
チセのことエリアスから助けようってしてくれたのかな?
なんだかラスボスがいるのかも?


エリアスはチセが死ぬのはなんとかする予定だったから言わなかった。。
とか実験だとかって
エリアスは人の考えてることは分かるけど気もちはよく分からない
チセといっしょにいて分かるようになりたいとか思ってるみたい

チセは
エリアスがもういらないってゆうまでそばにいるって言いかけて眠っちゃった


後半は妖精の王女様の夫婦とのおはなし
なんだか中二病っぽくかっこつけて出てきたけど
夫婦でマンザイしてるみたいだったw

でもチセがだんなさんに
夫婦だ。。子どもが。。とか言われてテレてたね^^

そんなチセにエリアスも内蔵がぎゅってw

エリアスさん顔が変わらないけど見てみたかった^^
{/netabare}
{/netabare}
#7『Talk of the devil, and he is sure to appear.』
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
たなびく漆黒の毛並み、燃えるように赤い目をしたその犬は、チセのことをイザベルと呼んだ。教会からの最後の案件は、とある墓地に現れた黒妖犬(ブラック・ドッグ)の検分。だが、見定めるべき彼の助けで チセはからくも難を逃れる。一方、レンフレッドの弟子アリスもまた、黒妖犬(ブラック・ドッグ)を手に入れるべく動き出していた。
{/netabare}
感想
{netabare}

今回のおはなしは少年がラスボスなのかな?
レンフレッドをおどかしてキメラの素材集めをしてるみたい

ブラック・ドッグは傷だらけで自分のこと人間だって言ってたけど
どうなってるのかよく分からなかった。。
来週分かるのかな?

その少年がチセをおそって大ケガさせてエリアスはおこったみたい
怪物になった。。
見ててこわい。。

あんまり考えさせられるおはなしじゃないし
そんなに感動もしないのにグロいから
来週もこんな感じだったら見るのやめちゃおうかな?
{/netabare}
{/netabare}
#8『Let sleeping dogs lie.』
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
アリスは変貌したエリアスを見て、直感する。これは、けしてヒトには為り得ぬものだと。レンフレッドとアリスを操り、黒妖犬(ブラック・ドッグ)を手に入れようとしていた魔術師カルタフィルス。彼の「作品」にチセを傷つけられたエリアスは、今までとは違う異様な姿と力の片鱗を見せる。エリアスを知る魔術師たちは彼をこう呼ぶ。裂き食らう城(ピルム・ムーリアリス)、と。
{/netabare}
感想
{netabare}

何がしたいかよく分からないおはなし。。


エリアスをチセが止めたって思ったらこんどはエリアスがチセを止めて。。

それにチセの傷も
あれだけ血が出てるのにぜんぜん平気そう。。

前のネコのときのおはなしもカルタフィルスのせいだったみたいだし
いろいろワケが分からない悪いことしてるのに
けっきょくカルタフィルスは変わらないままで
何だかすっきりしないおはなしで気もち悪い。。


にゃんはここでやめちゃうけど好きな人ごめんなさい。。
{/netabare}
{/netabare}

投稿 : 2019/02/05
閲覧 : 1000
サンキュー:

82

ネタバレ

よっぴ~ さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

えっと~

この世界観好きです。
人にもよると思いますが、私はこの2人がとても好きです。
数十年後、例のものが顔を出したストーリーを見てみたいです。

投稿 : 2019/01/16
閲覧 : 241
サンキュー:

6

ネタバレ

※アニをた獣医師() さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ただいまの言える場所… チセたちの帰る場所へ。

結構なネタバレなので注意です!
この作品大好きなので書くことが多くて…m(__)m

{netabare}
物語は、羽鳥チセが奴隷として競売をかけられているところから始まる。どうなってしまうのか、そんなとき、エリアスという人間ならざる異形の魔法使い。彼が彼女を弟子&妻にしたい、そういってエリアスは彼女を500万ポンド(これ日本円で八億五千万ほど)
で引き取る。
そうして引き取られ、チセはエリアスや他の仲間たちと次第に打ち解けていく。
エリアスとチセとの愛情とも家族愛ともとれる感情がたまらなく良い(人外×少女 (^^)b)
エリアスが人の心をどんどん学んでいくのも素晴らしく良いストーリーです。
いろいろあるので、またアニメが始まってからですね♪ {/netabare}

この不思議な世界観は、原作でも一度見たら引き込まれること間違いなしだと思います(人にもよります)
少女チセがエリアスと共に成長していくという、二人の似ているところがあるからこそ、そういって進んでいくのかもしれません。
チセが生きていてよかったと思えるようになるといいですね…


歌はJUNNAさんの『Here』すごいです!世界観を表す歌声はとてもあっています!いいですよねぇ♪
Here ここ。チセが帰りたい場所、エリアスが待っている場所、という意味合いでしょうか?
2クール、この分だといいところまでいきそうです!
もしかしたら、この作品もアニメとマンガ同時に終わる可能性も…あんまりないですかね?

作画が鳥肌ものですよ!美しい。

1話、羽鳥智世、本日競売にかけられる。まだ彼女はこの世界を好きになれない。そんな中エリアス、彼女を救うかのように現れる。弟子にするといって。
500万ポンド。日本円では7億円越えてるな。昔だと8億円とか?金じゃないけれども。エリアスは彼女を育てると共に何かをしたいんだろう。エリアスは紛れもない魔法使い。
スレイベガ、夜の愛し仔。
魔力の生産と吸収に長けて、その身に内包する魔力によって魔や妖を引きつけ、魅了する。生きているだけで際限なく魔力の生産と吸収を繰り返す、やがて肉体が負荷に耐えられなくなり、大多数が若くして突然死に至る。その特性上、膨大な魔力の貯蔵庫として使える。そんな存在。
そんなチセは魔法使いの弟子になる。

こういうほんわかしたところもこの作品の醍醐味♪
エリアスもいいですなぁ♪チセが弟子なんて、嫁なんて~♪
シルキ~♪この子も癒しだわ!

そんな中チセはエアリエルに誘われる。幻想的できれい、美しい。だが誘われるのは罠。もうチセには帰る場所がある。エリアスが、シルキーが。家族がいる。
エリアスイケメンだよなぁ♪ でもデフォの絵も良い
大胆な告白だ!ラブラブの波動をくれ!

次回はロンドンへ。

2話。シルキーの少しの笑顔がかわいい。人一倍感情をもつ妖精ですからね。今日はロンドンへ向かう。
アンジェリカさん、エリアスには厳しいですな(笑)
彼女も魔法使い。
魔法と魔術の違い。魔術は科学。魔法は妖精などの力を借りて理に干渉して起こす奇跡。ただ制御が難しい
リスクは魔法の方が大きい。
ただチセはレベルが違う。スレイベガである彼女は。
{netabare} ただそんな彼女になんのリスクもないと思うのかね… {/netabare}
サイモンさん、胡散臭いらしい(笑) エリアスもだが
シルキーかわいい。(サラマンダーついてきてるw)
そして今回、エリアスへの頼み事。薬でした。
あら、ドラゴンに拐われるチセ。
この人もいい人だからね(笑)

3話。ドラゴンにくわえられ、チセはどこへ。
ドラゴンの国へようこそ。この人はエリアスの知り合いリンネル。
チセの冷静なツッコミに安心。
死してドラゴンは木になり、土に還るのか…死を恐れない。それでもチセは心配する。優しい子だ。
それでもチセはそうは思わない。思えないのか…
できないことを羨むな…か… 少し切ない。
それは遠い遠い昔の記憶。ドラゴンの。ネビンの最後の記憶。そして彼は木となる。そしてチセに受け継がれる、その木が杖として、いつか。リンデンバウム、白いきれいな花が咲く。 羨ましい還り。


それにしても素晴らしい作画。

4話。猫の国。猫の命は9つあるという。
猫の噂は1日で100マイルか。すごいな。
猫は魔術師が嫌い。狡猾だから(過去になんか)

猫の国の過去。命を奪うもの。そして猫の国にある淀み。それをどうにかしに来たというわけか。

突然の強襲。そして誰かの過去を見るチセ。
沼倉さんだ。淀みの核。ミナとマシュ。彼を救ってほしいと願うミナ。魔法をまだちゃんと扱えないけど、チセは決意する。今回はエアリエルが助けてくれる。

ここで魔術師が登場する。レンフレッド。
スレイベガの遠くない死。チセはどうする。

5話。スレイベガの運命。だがチセの決意は揺るがない。今のチセにはエリアスが必要。浄化の最中、チセは見る。淀みの中で。ある魔術師と会うマシュ。
これがいけなかった。ミナを救おうとしたマシュは禁忌を犯す。猫が次第にいなくなっている?
狂っていた。マシュは猫を殺し、薬?を作った。
だが薬を飲んだ彼女は救われなかった。マシュは壊れた。それ以上は猫が止めたのだ。彼と彼女は悔やみの中で死んでしまったのだ…
チセは救う。魂を。消さない。タンポポが種を風にのせるみたいに…

そこでミナは見た。花の庭園を。そこでマシュとまた会えた。救われたのだ。

この後、チセは深い眠りについた。

6話。エリアスは人の心がよくわからない。それは過去に何かあったから。そのため、チセを買った。
チセはこのあと眠りにつく。チセはエリアスの理解者になるんだろうね。怖がらなくていいとはね。

チセのことが心配なシルキー。いい子だよね。
眠れる森の美少女だね。チセは。そんなサイモンとエリアスの前に妖精の女王、ティターニアが現れる。
オベロンさん、工藤やん(笑) せやかて工藤!
親戚のおっさんか。チセが起きたとたんに(笑)
エリアスは人の恋心というものを実感したね♪チセも

{netabare} ティターニアの乳はエロすぎる bgmも素晴らしいですね{/netabare}
エリアス、ロマンチックなこというよね~♪
ドキドキしちゃうよ!

そして来ました。ルツ。

7話。魔法を習得しつつあるチセ。エリアスの教え。
エリアスの過去。それはいずれ語られる物語。
ブラックドックを見に行く。それが目的です、今回は。
そして殺人。誰かやったか?そしてチセはよくないものと出会う。
危ないと思ったとき、黒い誰かが現れた。
まだルツじゃないけど、かっけー。イザベル…誰かな
イザベルを求めるブラックドック。
ユリシー。それが彼の名前。彼女を守り続けたいと願う一人の人か、犬なのか。
アリスという女性もブラックドックがほしいのか?

黒幕はあの少年。名をカルタフィルス。

なんだかんだエリアスも手伝うのだな。

チセが…エリアス激怒だよ…人にはなれないものの怒り

8話。エリアスは怒っていた。怪我したチセをイザベルと重ねるユリシー。
チセはまた過去をみる。イザベルとユリシーの。
イザベルは眠ってしまった。ユリシーは待ち続けた。
エリアスは完全に化け物となっていた。
カルタフィルス、呼ばれたくない名前なのだろう。
そこにレンフレッドが助けに現れる。が、カルタフィルスは死んでいない。
カルタフィルスはイザベルを媒体にキメラを作っていた。チセ…彼女が怒るのは初めてだろうか?
魔法はなんだってできる、か。だがそれは禁忌。
理を曲げてはいけない。妖精が現れた。ウィルオウィスプである。そしてカルタフィルス、記憶がとんでいるようだ。(チセとエリアス、ラブラブだな。)
ブラックドック、使命を果たすため、チセに名を貰う。
名をルツ。チセと運命を共にするもの。共同体。契約を結ぶ。(挿入歌いいね)おやすみ、イザベル。いずれ行くまで待つんだろう。彼女は。
ルツ、意味は哀れみ深い友。
そしてカルタフィルスのもうひとつの名、ヨセフ。死ねない怪物。いずれまた現れるだろう。

ウィルオウィスプ、働き者だな。石田さん。

9話。つかの間の日常かな♪ いい家族だなぁ~♪
引きこもりエリアス。シルキーかわゆい。お母さん。
アンジェリカさんの登場。女子会ですね。
チセも表情豊かになってきたね♪頼ればいいんだよ。
うむむ。チセはわかってるけど…エリアスに頼りきりということ。でもまだ子供だもん。今の帰る場所。
ここの家。
エリアス!ハイエースだ!シルキー怒ってる(笑)
ルツイケメンだな(笑) ルツお兄さんしてる。

この話好きなんだよな。おじいさんの恋の物語。
はやみんだ!ヤナンシ~♪これはガーランドと吸血鬼の恋。これを恋といわずしてなんという。

エリアスは水浴中です。
チセはエリアスのことをもっと知りたいんだよな。
これは自分達が到底できない恋なんだろう。

またまたドラゴンです!

10話。チセの杖を作りましょう!シルキー、いいなぁ
うちに来ないだろうか(来るわけがない)
チセはどじっ子。そして心が寂しいエリアス。
チセはエリアス共依存みたいな感じだからな。
そしてリンデルにエリアスの過去について教えてもらうのでした。エリアスはどこから来たんでしょうな…
リンデルとエリアスの出会い。後の師と弟子。
三石さん(みさとさん!)
人になろうとした成れの果て?なのだろうか?

11話。チセの道か。どうするか。
そしてエリアスとリンデルの二人の旅。それは簡単なものではなかった。子供には隠れていてもエリアスが見えていた。何をしたでもないのに…人間不信になるのも無理はない。それでもリンデル絆はある。
そして少しずつ魔法についても覚えていった。器用。
エリアスは人を食べたことがある。それでもチセはエリアスを大切に思うだろう。そしてリンデルさんは彼らしい考えですね(笑)
ドラゴンアタック。チセ沈没!
そして杖を作りましょう。リンデルさん歌うめぇ。
水鏡。エリアスとチセ。恋しいんだね。
近くて遠い、そんな感じ。ラブラブラーブ。

12話。エリアス。寂しいですね。
杖が完成。そしていつかのドラゴン。
教えられることが多いチセ。捨てられることが怖いんだな。当たり前のこと。だけど、だからこそ今の出会いがある。生んでくれただけで感謝か。
魔法で帰る。さすがチセ。エリアスにあいたいという気持ちがつれていく。いい演出。
おかえり。そしてただいま。愛されてるなぁ♪

いつか向き合うのだろう。ここが今のチセの場所。

そして次回から新しいところへはいる。2クールです
シリアスが強くなっていきますか。

13話来ました!漫画と同時におわるのか?
開幕この声。アーカードですか?
新しいop、これはmay'sさんか!いいですね♪
シリアスとんで綿蟲です。毛がり。ルツすき。
雪蟲だ。そのおかげでエリアスも人の心が少しずつわかってきた感じだ!だがいらないと判断するところがまだね。チセもちゃんと話したいんだよね♪
和むわぁ~♪
チセの過去(最新話でのことが気になる)
エリアス、それはね、寂しいとか恋しいって言うんだ

自分も勉強しなきゃです。ここは原作より早めてみてる感じですね。
そして登場しますのは、灰の目です。(黒幕だろw)
Ed、いいっすね、そして次回はあのはやみん。
大好き話。

14話。チセが紅い狐に!フェネックか?どこかへいってしまう。自由。どこへいこうとするのか。どこを目指すのか。迷いが生じる。彼女はやはりエリアスとの場所を望むのだ。(かわいい) 狐か。前回のシリアスが一瞬で終わるのがしゅき。

そしてこの話に突入。はやみん登場。
ジョエルさん。ヤナンシーのはやみん。吸血鬼だからな。近くにいるだけで… これはもう恋ではない。愛と呼ぶ。それほどいとおしい。
チセはどうするか。エリアスはまだわからない。人の心が。ジョエルさんは、悲しさから新しい出会いがった。もう一度彼女に逢いたい。美しい…彼女に…
チセはそのために薬を作ります~♪(たびたびはいるコメディー好き)

届きそうで届かない。触れられない距離。切ないがそれが当たり前なのだ…
5徹とか死ぬわ!

成功だぜ!やったでおい。
これを愛と呼ばずしてなんという!
ヤナンシーを知っていたのか…いいや。いっぱい貰ったさ。惰性の人生が。幸福なものへと…
美しい物語。愛。辛くても愛してしまった。
(はやみん大好きになるよ…)

チセの涙は悲しみと喜びだろう。
(オベロン、帰れ)

そうだ、チセヤバくなるんだった…

15話。チセが…エリアスは妖精にチセをとられるかもと思ってしまったのかもしれない。そして家はシルキーに任せる。彼女も寂しいのはもう…
妖精のお医者様。彼女はチセが本当に生きていきたいと思う心。そのことを試すために憎まれ役か。

エリアスも同情なんて真っ平ごめんだって感じか。
チセもエリアスも今のまま生きていたいと臨む。

シルキーのお話。だいしゅき!がんばり屋の彼女はとてもよい笑顔をする!かわいすぎか!
彼女の過去。(ヤナンシーのはやみんも登場しているんですね、ここでも)
どこかいく宛もない場所を求める。辛い…
そう、ここで初めて言葉を発する。彼女が灯りとなる
それが彼女の生きる道。彼女の名前はシルキー。
バンシーではなくシルキー。
時間のずれがあるからシルキーはすごい待ったんだろうな。ああ、かわいいなぁ。もう!

彼女もまた、皆の帰りをまち、ただいまといえる場所を求めていたのだ。
皆が笑顔でいられる場所であったらいい。

16話。冬の日です。弟子同士のお話。だそうな。
終盤に近づく。チセは大丈夫かな?エリアス過保護とルツの落ち込み、ルツはお利口。
まずはエリアスとチセのゆったりとしたお話。
シルキー暖かいな~♪この二人の愛は温い。
脆そうで崩れてしまいそうだけれど、だからこそいとおしく思える。愛し愛される。理想ですね♪

そしてチセのプレゼント選び。レンフレッドも愛されていますな~♪
かっこいい系女子。アリス。
かっこいいボディーガードのルツ。
アリスの過去。チセ、薬ダメ。ぜったい!
アリスをゴミのような場所から救ったのがレンフレッドの先生。かっこいい大人だよ。
優しい大人だ、人を救うという。レンフレッドはこの子のために目を犠牲にしてますからね…
イケメンすぎるだろうが!アリス、そりゃあね。大好きになっちゃうさ。そんなさ。自分のことをしっかり見てくれる人に出会えたんだからさ。
そうなんだよね、幸せは自分が決めるんだよ。
(エリアスがとりのことは黙っている)

こっちもこっちでおあついね~♪チセ、愛されてる。
暖かいお話でした。お説教はあるけどね(笑)
余談、風邪引くよ、チセ。

そして悪魔の囁き手…

17話。終わりが近づいてきている。
愛されているチセ。それを愛で恩返ししたい。
黒幕が厄介。ステラは重要な鍵になる。

まほよめ、9巻で終わりなのかな…きりがいいかもな…

対価。必要だよな。チセ、重ねてるのな。
出たよ。灰の目だよ。(父親なのだろうか…)
もしかしたら… ルツお兄さん!ありがとう!
かっこいいな!ルツお兄さんよ!
弟さん(笑) 臆しない(笑) 

エリアス、愛だよ。それが愛。くまさんチセ!
姉弟愛だな!
そう。輕口はいけないよ。それが重いんだ。

18話。チセに友達ができました。エリアス、嫉妬。
チセにも家族だけではなく、親しい人もできたね♪
エリアスは寂しいんですな。チセの隣にいないのが自分でないとモヤモヤするんだな。こっちを向いて欲しかったんだな。大人になりきれなかった子供のように
チセも恋に恋する少女なのです。シルキーかわいい。

強行突破のチセとルツ。たまに入るデフォのアニメの絵がいいですねぇ~♪
父と娘だったのが、母と子みたいに見えるんだね。

久しぶりのアンジェリカさん。
チセの子守唄最強説。永遠の眠り。母性の塊か!
チセも永くない…どうすればいいのだろうか…
チセ。何て起こしかただ!そしてチセおやすみ。

続いてはドラゴン拐われる!かた、カタルフィルス?だっけ?


{netabare} エリアスとチセの寿命。これがキーとなる。どうするのか。{/netabare}

19話。鈴木さんだ。いい声ですよね♪
ヨセフ。カルタフィルスのもう一人の人。
ドラゴンが誘拐された。その手助けだという。
チセ!言い方よ(笑) 痛かったんですよ!あの時って

ドラゴンが競売にかけられる。そうふんだチセ。
エリアス。イケメンになったな。
レンフレッドもチセを気にしている。彼なりの優しさ

ほころび始める…チセとエリアス。そう感じる。
向き合う時が来る。
ドラゴン、誘拐したやつ、表に出ようか。
色っぽい声。真綾さん。
チセには見える、ドラゴンの気持ちが…

20話。ドラゴンの暴走をとめるチセ。
それは誰かのために。だがその代償は大きい。
命は永くない。一人で受け止めてしまったがために。
そのことにエリアスは悩む。人のように。

チセとエリアス。どう向き合うのだろう。
命…彼女はどう向き合いたいのか。
過去とどう向き合うのか。

21話。逃げたいときは逃げる。でもできない人もいる。難しい…
チセ、他人を助けるのは自分を助けてからなんだよ。

エリアスはここから手段をとわなくなってしまう…
誰を犠牲にしてでも…自分を見てくれるのは。
チセだけなんだから…ルツも協力か。
(台詞気になるなら漫画買おうね)

目指す場所…エリアス…ここまで来たか。
チセも気づく。
エアリエル、チセ大好きなんだものな。

ステラ…彼女を犠牲に…チセ、進め!
チセは拒む。他を犠牲にして自分が生きることを…
二人で考えようと決めたのに…
嫌なんだよ。チセは。エリアスがなりたくない化け物とよんでいたものになろうとしているのが…
エアリエルも話し合えといっていたのに…

来週はもう単行本ぬかしたチセの過去の話。
母親と父親、弟…

22話。ヨセフ。チセに永遠の命を取引。
チセの過去。お母さんとチセ。まだ弟とお父さんがここにいるときの過去。体質は母親譲り。何かが見える
カルタフィルス、切り離された何か。これはチセが向き合わなければいけない過去。
そう、お父さんは戻ってこなかった…
そしてお母さんは壊れていった…そう、嫌な考えが過ったのだ…
許してといって、母は…この世を去った。
チセは母を許さないことで、今の自分を肯定したかったのだ。だからそれは感謝。

チセが次にすること。ヨセフを救うこと。

23話。終わりが近い。言葉を交わさなくても、チセはエリアスを信じてる。


やっぱりアニメ化は成功でしょ!もうたまらんです!
きれいな作画、魅了される。
この美しい世界で何が見られるだろう。
安心して見られるんです!

アニメが先に終了するのか。原作通りか、オリジナルか。どちらだろう。


最終話。カルタフィルスとチセ。二人は似ている。
そこに灰の目が現れる。エリアスもルツも。
妖精はチセの味方。エアリエル。エリアス、蕀の魔法使いたる所以。二人が求めたものは同じ。
だからこそ見捨てられない。
永久におやすみ、カルタフィルス。
眠りの子守唄を聴いて。おやすみ。

眠り姫。チセ。夢の中でチセはヨセフと。
そしてチセは人になれた…で、さっそくチセの説教とエリアスの説教というか、痴話喧嘩。
幸せな帰る場所がそこにあった。


チセの帰る場所。ようやくエリアスもシルキーも、ルツも。皆がいる場所ができた。
チセとエリアスの分かり合えるのは、もう少し時間がかかるかもしれない。でもそれが普通なのだ。


ある魔法使いがいました。彼は弟子に奴隷を選びました。そして同時に嫁になりました。
正式な夫婦となって森の家で暮らしました。
これはそんな不思議な魔法使いたちの物語。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

続編の学院編決定です!まだまだ漫画でこの作品が見れるのでとてもうれしいです!
とりあえず区切りがよく、ハッピーエンドで終わりました。チセとエリアス、二人の物語は続いていきます。学院だとアリスも結構でてきそうですね♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


この作品には感謝してもしきれないです!
二人はようやく夫婦になれたのだと想うと、とても幸せな気持ちになれました。いろいろな出来事や、困難なことがあったけど、そのおかげでエリアスたちに出逢えたんだ。支えあって、末長くお幸せに!


好きなシーンはいろいろとありますが、まずは1話のお風呂シーンのチセがあたふたするところですかね。{netabare}
まだエリアスが人の心がわかっていないとき。気遣いとかそういうものがあまり感じられない。少しはあるけど、まだ弟子とかそれぐらい。
チセがペットみたいですよね。{/netabare}

次はブラックドックのはなし。
{netabare} 彼にルツという名を与えるところ。彼の覚悟、チセと共に生きていき、共に朽ちる覚悟を見せられる。 {/netabare}

まだまだあるけど、チセの花嫁のところもいい。

シルキーのうきうきするところとか~♪

投稿 : 2018/12/15
閲覧 : 663
サンキュー:

28

ネタバレ

三毛猫メリー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

魔法使いの嫁

過去に視聴済み。

私が感動したのは11~12話に出てくる
リンデル(歌は竹中大地さん)が歌う
「イルナ・エテルロ」のシーン。
これでエリアスにたいするチセの想いがわかって良かった。

この回がなかったら、このアニメの評価は普通で終わっていた。

投稿 : 2018/11/28
閲覧 : 203
サンキュー:

8

ネタバレ

べる さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 2.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

前半は凄かったが・・・

全24話構成。原作既読。
前期のOPが神がかっておりこれだけでも必見。
物語としては全体的に暗いめの内容だが鬱展開ではないので割と万人向けかもしれない。世界観はタイトルからわかるようにファンタジー。
一般社会から拒絶されていた少女が「本物」の魔法使いに出会うお話。最初は人身売買とダークな導入だが物語りへの影響はほとんど無し。恋人・嫁というより「家族」として接する感じで双方が子であり親である。すこし微妙な距離感が良い雰囲気を出している。
が、後期でOPが変更になったタイミングから失速感がはんぱ無い。
前半の勢いがウソのような地味さ加減で別作品を見ているよう。
最期までがんばりきれなかったのは本当に惜しい。

投稿 : 2018/11/08
閲覧 : 174
サンキュー:

5

ネタバレ

Bee@ぐーるぐる さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

自分用

言葉は分かり合うためじゃなくて、話し合うためにあるんだ。

投稿 : 2018/10/10
閲覧 : 153
サンキュー:

2

ネタバレ

NO99 さんの感想・評価

★★☆☆☆ 2.0
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 2.0 音楽 : 2.0 キャラ : 2.0 状態:途中で断念した

我慢できませんでした

13話まで視聴
退屈で 長い

投稿 : 2018/09/23
閲覧 : 224
サンキュー:

1

ネタバレ

takeboo さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.4
物語 : 1.0 作画 : 3.0 声優 : 2.5 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:途中で断念した

ついていけず

4話まで視聴してみましたが、話が退屈すぎていつの間にか寝てしまう事しばしば。
時間が勿体無いので、視聴を止めました。私には合わなかったようです。
48点。

投稿 : 2018/06/29
閲覧 : 235
サンキュー:

2

ネタバレ

kurosuke40 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

人間と怪物

私は要らない子という呪いを背負った智世と
感情的なアプリオリを言語化できておらず、また自らの感情と他者との付き合い方に疎いエリアスのお話。

全編を通しての智世の解呪と
後半からは、人外のエリアスが、感情と他者との折り合いの付けあい方を学んでいく。

前半は智世が居場所を決めていくまでの過程。
おそらく智世にとって適切な場所を見つけたものの、関係性を深めていくことができない。
エリアスも自分は化け物だから、怖がられて嫌われるのではないかという思いから、踏み込めない。
智世は智世で、エリアスが望まないならば深入りしたくない。深入りすると私は要らない子だから、また捨てられてしまうかもしれないと踏みとどまってしまう。
しかし、お節介な管理人やネヴィンの後押しもあって、智世は踏み込んでいく。
エリアスから寂しいという言葉を引き出し、ただ買われたから、ではなく
寂しがる人がいるから、と居場所を決めていく。

ただ居場所があればよかった、から、関係性を深めていけないことに対する不満がでてきていることへの葛藤だったり、
「そんなに怖がらなくていいですよ」とエリアスの内実を指摘していく様は、
見えない心の動きを指摘していて、あーそうだよなーと見ていて心地よかった。

ただ踏み込んだ分後半からはエリアスの内実が見え、子供っぽさが顕現してくる。
冒頭からエリアスは理性的に書かれているだけに肩透かしを食らった感があったけど、
実はこの部分が人外というジャンルの強みなんでしょうね。

感情はどのように言語化されていくかというと、
赤ん坊のときに、母親から「嬉しいね」「悲しいね」というアプリオリに言葉をもらって言語化していくものらしい。
エリアスは出生の特殊さや、また人との付き合いも薄いこともあって、そのような経験は薄い。
現実にも感情を言語化できていない人間男性はいるだろうが、物語の主要人物としてはあまり受け入れられないだろう。
あくまで人外だし、しょうがないよね、となる必要がある。
心の人外的な要素の描写が薄かったため、当初は子供っぽさが見えた際には驚いたが、だがこの穴は計算されたものにも思える。

また人間と人外では、論理が違う部分が多々ある。
人外では生きるために親は子を崖に突き落とすかもしれないが、
人間ではあくまで慣習的にはそのような行為は認められていない。

人外(怪物)の論理では、大切なものは相手の意思に関係なく、自分のものにして大事にしまっちゃおうねだが、
人間の論理では、一緒に話し合って妥協点を見つけましょうになる。たとえ、智世が竜の呪いに殺されてしまう結論になっても、だ。

どちらの論理が正しいか、は置いておいて
家族として暮らしていくには智世とエリアスは折り合いをつけないといけない。
弟子だったら師匠に合わせるだろうが、あくまでタイトル通り嫁の話なのだ。

このような人外側の感情的な自覚の薄さからくる感情への対処法を知らない子供っぽさや、
セロリが好き嫌いレベルではない論理の違いがラディカルに表れ、乗り越える様が主題になる。
まぁぶっちゃけ内実的には見た目以外はエリアスは疎い人間男性ぐらい、の程度の違いになっていて、そこまで人外人外してないですが。

智世が居場所を見つけて、自尊心を取り戻していき、私を縛るのは私自身だったと気づく過程には
完全な人外ではなく、元々人間で人間的な慣習が残る野獣で十分だったかもしれない。
ただ個人的には、歩み寄るという必然性が多い分、完全な人外の方が好きかなーと思いました。

前半の素直じゃない二人の様子や、
後半のエリアスの子供っぽさを踏まえてお互いやっていこうと歩む様は見ていて心地よかったですね。
誰も他人と完全に理解しあうことはできない。
言葉は分かり合うためではなく、話し合うためにある、とステラさんの言でした。

ご精読ありがとうございました。


蛇足
智世が一緒に話し合いましょうと提案する割に、一人で決断と実行に先走るのは、
もうちょっとエリアスは怒っていいと思う。
作中でも長生きしようよと、別方向から諭されているけど。

あくまで人間側の論理に人外が合わせる方向になっていますが、
(智世が人間の先生という立場で、エリアスも妖精女王の前で受け入れ先を人間に求めているのがわかる)
理屈から言う人間が人外側に合わせることもありといえばありで、
どのような結論になろうと、そこは他人が立ち入るところじゃない。
人外ジャンル、闇が深そうだ……。

好みだったので原作買いましたが、原作に忠実なアニメ化でしたね。
2クールでじっくりと再現してくれたのは良かった。

この作品での自由は、自由意志かな。

OP1、良いね。

ヨセフも強引に救い上げる剛腕さ、すきだわー

投稿 : 2018/06/24
閲覧 : 183
サンキュー:

11

ネタバレ

yapix 塩麹塩美 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

エリアスって・・・♂なの?

 我々は誤解している。
 否、
 あえてそれに気付かないふりをしている。
  {netabare}人は徹頭徹尾「孤独」であるということに。{/netabare}

  {netabare}人に限らず、
 生きとし生けるものは全て、
 孤独に生まれ孤独に死ぬ。
 動かせぬ、
 抗えぬ、
 節理。
 ただ人だけが、
 生に意味を見出し、
 死に価値を見出そうとする。

 チセは誰かに終わらせてほしかった。
 この苦痛に満ちた意味のない生を。
 
 エリアスはなにかを求めていた。
 終わりの知れぬ生に変化をもたらすものを。

 カルタフィルスは彷徨っていた。
 ただただ何かを求めて彷徨っていた。

 「共感」とは何であるのか?
 本当に相手の気持ちがわかるのか?
 あなたのその痛みを理解することができるのか?
 あなたのその痛みは私の知る痛みと同じ痛みなのか?
 ただわかったつもりになっているだけではないのか?
 「スレイ・ベガ」として生きることを理解することができるのか?
 「異形」として存在し続けることを理解することができるのか? 
 「不死の呪い」を抱えて生きることを理解することができるのか?

 私が抱える「痛み」は
 ただ私だけの「痛み」なのだ。
 何人も肩代わりできぬ、
 何人も理解できぬ、
 私に固有の「痛み」なのだ。
 
 それが「孤独」ということ。
 「孤独」を受け入れることが出来たとき
 誰かと共に歩むことができるようになるだろう。{/netabare}

 もう少しチセとエリアスには穏やかな生活を送って欲しかったかも。
 
 
 

 
 

 
 

投稿 : 2018/05/22
閲覧 : 213
サンキュー:

21

ネタバレ

サタカ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

まだまだ原作を追います!

原作既読組です
本作は現代なのにどこか懐かしい雰囲気とそれに交わる魔法や妖精が息づく世界観に引き込まれて原作から入りました。話題にもなってたしね!

アニメはその世界観を壊すことなく更に美しく製作されていました。好きだったシーンがカラーで動いているんだから「オーーー」とため息が出ます。

主人公のチセとその親との関係が救われないまま終わるのでアニメだけだともやもやするかも 原作組なので、これからしっかり回収してくれるんだろうとワクワクしてます

最後のシーンでチセの衣装が白く、まるでウエディングドレスの様になっていたのは原作と違い非常に美しい確変で感動しました

ちょっと気になったのは元々明るくは無い話なのだが画面全体が暗くしすぎで見づらく感じた所。演出か規制かわかりませんが明るさ調整しながら見なきゃわからない

話はまだまだ回収出来ていない所でENDを迎えてしまうからアニメだけ追うつもりの視聴者は物足りないかも 個人的には原作の新刊早く出てくれと祈るばかりで楽しみにしています

投稿 : 2018/05/17
閲覧 : 144
サンキュー:

6

ネタバレ

やまげん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

OPとEDが耳に残る

人と人モドキの存在が、お互い助け合って成長・理解をしていく物語、かな。なんとなくだが、作者は女性かなという気がする。

前半は、リンデルの歌のシーンやルツとの契約のシーンなど、美しいシーンが多かった。

チセが自分の感情だったり思考だったりをその時々で断片的にしか語らないから、最終話付近になるまでチセのキャラ設定がよくつかめなかった。

チセは、自分の命を大切にしないところがあったけど、それもラストの展開で触れられていて、ようやく少し腑に落ちた。

2期からOPが変わったが、それまでに放送されたシーンをつなぎ合わせて作ったOPでちょっと残念だった。
最終話になって、オリジナルのシーンが増えたOPが放送されたが、最終話までひっぱることに意味はあったのだろうか。

22話でちせが過去に飛ばされたとき、母親の「あなたなんか生まなきゃ~」のセリフでちょうどAパートが終わってCMに入ったら、途端に「あなたが生まれなければ、この世に生まれなかったものがある」のナレーションと某学院のCMが始まって笑ってしまった。
アニメと、アニメ作品と全く関係ないCMがリンクするという貴重な瞬間を見た。

投稿 : 2018/05/13
閲覧 : 156
サンキュー:

5

ネタバレ

kuroneko さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

カタルシスを求めると肩透かしを食う

2クール24話を通じて、起承転結や明確なテーマが感じられず、つまらなくはないけど面白くもない、という、微妙な感想しか出てこない作品でした。
原作はまったりダーク風味ファンタジーと思われますが、アニメ化にあたり、ストーリーに起伏をつけよう、ドラマチックな展開にしようと頑張ったものの、うまくいかなかったのではないかと邪推。1話完結のエピソードを積み上げていく手法で、魔法使いと弟子のほのぼの日常生活を描いたほうが、原作の持ち味を活かせたような気がします。
あと、タイトルに「嫁」と有るとおり、最後にヒロインが魔法使いの嫁になるわけですが、はっきり言って両者の間に恋愛感情があるようには見えませんでした。家族愛のほうがしっくりきます。おそらく視聴対象が小中学生(いっても高校生)ということで、異性間の生々しい感情表現は避けたのかもしれません。
美術背景と音楽は良かったです。個人的には2クールのOPのような疾走感のあるストーリー展開を期待していたのですが…。
一部でやたら絶賛されている本作品、かなり視聴者を選ぶと思います。ライトなファンタジーファンであれば楽しめるのかも。

投稿 : 2018/05/08
閲覧 : 141
サンキュー:

8

ネタバレ

anime さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

「嫁」という言葉のインパクト感

自身の特異体質と不幸な家庭環境の中で育った主人公の女の子が、人身売買のオークションにかけられて魔法使いに買われる。その後その魔法使いの「弟子」、兼「(未来の)嫁」として一緒に暮らしながらいろいろファンタジーな出来事に巻き込まれるお話。

獣のシャレコウベの顔をした魔法使いが女の子を買って嫁にするという初期設定はなかなかすごいインパクト。

突然人身売買に出されてロンドン郊外のお家で魔法のお勉強を・・なんて、女の子が見る白昼夢みたいな設定だけど、こういう突飛さは大事だよねーっとも思いました。

ただその後のストーリーはちょっと残念な感じ。

やや脈略に欠ける展開が多く、主人公以外のキャラクターや世界観がぼやっとし過ぎていて薄っぺらい印象を受けました。

作りがかなり女の子向けっぽいので、あんまり理屈を求めて観てはいけない系なのかもしれませんね。

ラストのウエディングドレスもかなりとってつけたよう。でもちゃんとお話をまとめようという姿勢があっただけましかな。

自分がファンタジー好きなせいもあり、「次は面白くなる!」と言い聞かせるように最後まで視聴しましたが、ちょっと残念。

投稿 : 2018/04/30
閲覧 : 128
サンキュー:

5

ネタバレ

ぱえりか さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

独占欲を学んだ

幻想的で面白かった
独占欲と独占欲の対処について
学んだ気がする

投稿 : 2018/04/29
閲覧 : 133
サンキュー:

3

ネタバレ

ストライク さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

二人に幸あれ

原作 漫画 未読
全24話

感想
家族のいない智世が人身売買で、人ならざる魔法使いのエリアスに弟子兼嫁として買われ、魔法使いとして成長していく物語でいいのかな?

前情報なしで観た最初の印象は、人外に人身売買で買われた人間がどんな酷い仕打ちをうけるのかな?って思ったけど、
意外と普通に嫁兼弟子として大事に扱われてるので良かった。
母親に殺されかけた過去がある智世には、この先幸せになってもらいたいですね。

自分の認識ですが、エリアスは元は強力な魔物みたいなものなので、まだ人の心や常識が通じないせいで、智世に誤解や落胆させてしまうイタイ旦那ってイメージ。
なので智世は魔法使いとして、エリアスは人として二人でおぎ合いながら成長していく物語かなって思います。

人である智世が、人外のエリアスを少しずつ少しずつ 半分は自分を守ってくれる頼りになる夫として
もう半分は、母親が子供を愛でるが如く慈しむような愛し方で。
自分以外の誰かを大切に思った事などない 愛を知らないエリアスは、
初めての感情に戸惑いつつも智世に惹かれていく様は、子供のようにも見え、
この先 意外と二人は仲睦ましい夫婦になれる気がして微笑ましく思えました。

アニメは区切りの良い所で終わってるので、良い〆だったのではないでしょうか?
原作購入したくなるほどハマった訳じゃないですが、続きが気になるので2期があればまた観たいですね。

声優、作画は何も問題なく良かったです。

主題歌では両Opの
「Here」 歌 - JUNNA
「You」 歌 - May'n 
が好きで、最近カラオケで歌ってます^^

投稿 : 2018/04/28
閲覧 : 199
サンキュー:

37

ネタバレ

HANIHO さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観たい

タイトルなし

おもしろい!

投稿 : 2018/04/23
閲覧 : 123
サンキュー:

2

ネタバレ

カボチャはんたー さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

居場所があるって幸せなことなんだね

魔法使いに会いたいな~( ˘ω˘ )
ロンドンに行けば会えるかな~(笑)

1話{netabare}
旦那が魔法使いなんです(゜レ゜)

羽鳥チセが行った契約は…
どこにいけば人間以外のものに会えるのかな?
自分をオークションに出したのかチセ
チセ買われて弟子にするパターン
この魔法使いは有名人みたいね

チセの人間不信感すごいな
エリアス見た目すごいけど紳士だよね
変なものが見えてしまうせいでここにいるのにね…
転送魔法☆彡

家はのどかな場所に住んでるのね
イングランドまでひとっ飛び
魔法使いの弟子
絶滅寸前らしいけれど

チセ完全にペット扱いw
一応女の子としての最後のあれはあったのねw

妖精だけど…
スレイベガ…一体なんなんだろ?
チセ華奢だな~( ˘ω˘ )
この人形ちゃんは召使い?

エアリエルっていうのか妖精
茨の魔法使い…不死鳥も自由自在
スレイベガ?=女王蜂
あらゆるものをひきつけ捉えてしまう性質を持つらしい
見えるスレイベガは珍しいらしい
幸福と不幸を運んできてしまうらしい

魔法使いにとっては大事な素質なのかな?
どれだけ不遇だったのかなチセ
妖精に誘われるがまま夜のお散歩
夜の森って綺麗で不気味なところなのね
この妖精はチセをものにするつもりだったのね
妖精もずるがしこいな…家族とか…
妖精の悪意

家族だって言ってくれただけでチセはうれしかったのね
エリアスのポップな感じの絵好きだわ
居場所があるっていうのはいいよね

チセ…奥さんになりました
弟子だけでなく(笑)
チセついていけず(笑)

どんどん見ていくうちに引き込まれる作品かな?
{/netabare}

羽鳥 チセ(はとり ちせ)
日本人の少女。ほぼ無限に魔力を生み出せる「夜の愛し仔」という存在で、本人の意思とはかかわりなく妖精たちうぃひきつけてしまう。その資質をエリアスに見込まれ500万ポンドの値で買われた。イングランドのはずれにあるエリアスの屋敷で暮らしながら、魔法使いになるための勉強を始める。

2話{netabare}母親に産まれてこなければとか言われたら…な
チセ少しだけ人間らしい目つきに戻ったな
エイワス

シルキーは使用人というか女主人というか
無感情だけど感情がわかるよね
魔法使いは郵便配達便利だな
弟子として嫁として引き取られたチセ
2日も寝てたのかチセw

エイワス普通の人にはどう見えてるんだろうか?
チセを知人に紹介
ちゃんと擬態もできるのねエイワス
擬態エイワスは胡散臭いらしい(笑)

知人のアンジー
かっこいいお姉さんw
エイワスは変態魔法使い認定w
魔術師の工房って感じね(*´ω`*)
エイワス

アンジェリカ、マギウスクラフトの技師で絶滅危惧種の魔法使い
ちゃんと娘もいらっしゃるのね(`・ω・´)
ウーパールーパー放し飼い(笑)
魔法と魔術の違い?
魔術は科学みたいなもの
魔法は妖精や精霊の力を借りて起こす奇跡のようなもの
一見楽に見えるけど加減を間違えてはいけない

ヒューゴ、ヴォジャノーイ精霊
魔法使いの一歩目は好きな花を結晶化させること
子供の時の思い出か…
才能は素晴らしいみたいだなチセ
ただ危険かもしれない…
スレイベガだから起こせる技かもしれない

あの骨くそw
チセは可憐で儚い綺麗な花が似合うよな

地元についたら骨に戻るのねw
ポピーの花
両親はもう亡くなったのか
しかも目の前で…

さらに新キャラか!
金髪~サイモン
おつかいの頼み?

教会の神父に牧師もこなせる
サイモンの扱い雑wwwwwwww
エリアスとシルキーの毛嫌いすごいな(笑)

手紙が3つ?
案件?エリアス何歳なんだろう?
しがらみはどこにでもつきものよね?
魔法使いは生活に根付いた存在みたいね
おつかいがてらのハニームーン

いきなりアイスランド
ドラゴンたちの様子見
ドラゴン凶暴だな(笑)
チセ連れ去られるww
{/netabare}

エリアス・エインズワース
いまや絶滅寸前となった「本物の」魔法使いのひとり。弟子、ゆくゆくは嫁とするためにチセを買った。魔法使いや魔術師たちの世界では人もく置かれる存在だが、人嫌いでも知られ、これまで他人とのかかわりを避けてきた。「いばらの魔法使い」「肉の殻を持つ者」などと呼ばれることもある。

3話{netabare} チセドラゴンに攫われる

龍使いの目的は…?
ドラゴンも絶滅寸前なのね
アイスランドは目くらましにはもってこいの場所

エリアスの知り合いなんだろうなこのイケメン
ドラゴンというか恐竜というか
すごく竜の住処っぽいw
チセ雑に扱われてるな

エリアスと出会っていなければあのまま沈んでいたかもな
でっかい竜だなエルダードラゴン
エリアスついてきてたのか
300年前からの知り合いか
エコーズ?

エリアスを餓鬼あつかいか
リンデル…ドラゴンの巣の管理者で魔法使い
年上いたずらじい
ドラゴンパピーも人間の子供たちとかわらんな
チセ遊び相手を任されるw
滑空の練習だとwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
純粋な子供のまなざしw

それぞれ得意なことが違うみたいだね(*´ω`*)
ネヴィンっていうのか
でっかい木や草になるのが竜たちにとっては…
還るわけか(●´ω`●)

竜たちは死ぬことを恐れていないわけか
まだチセは心の傷が癒えてないみたいだな
神秘的な生き物だなドラゴン
生きてるものが死者を羨むものではないか

スレイベガの力は…自分の身体も滅ぼしかねないのね
立派な最後だな
これがドラゴンの摂理
チセはしにたがってるんだよな…
{/netabare}

リンデル
「白花の歌(エコーズ)」の二つ名を持つ、アイスランド在住の魔法使い。竜の国の管理者を務める。外見は青年のようだが、実際はエリアスより遥かに年上で、口調も年寄りめいている。

4話{netabare}ネコの命は9つもあるのか
そういえばこの前最後倒れっちゃてたねチセ

この列車は人間用じゃないのかな?
黒猫だ(・ω・)ノ
ネコのうわさは1日で100マイル
ネコの王とかすごく気になる
猫の恩返しや~(●´ω`●)

お猫様の楽園や~(●´ω`●)
ネコに隠し事はできないなw
王様優雅だな
オッドアイ猫モリー⊂⌒~⊃。Д。)⊃
偏屈な方(笑)
魔術師が嫌いなネコ

この地でも異変が?うまく人間たちと暮らしてるな
エリアス子供は苦手(笑)

遠い昔ネコを殺すやつらがいたのか…
なんて酷い話だ…ネコ王すげーな
人間を殺したのか
淀みを縫いとめるのがネコの王の役割

穢れが…出てこようとしているのか
あれは災厄だよな…
チセ襲われがちで攫われがちで巻き込まれがちw

チセの中に流れ込んでくるのは…
淀みの核…この穢れはあの恋人なのか

チセにしか浄化できないのか?
封印はできてもそれは先延ばしでしかない
エアリエル再び
浄化は風の精霊が適任
エアリスはこういうのは相性が悪いのね

邪魔してくるこの二人は何者だ?
レンフレット?
チセは実験体?

こいつらは魔術師か
エリアスとは険悪な中
スレイベガの末路は悲惨な死なのか?
{/netabare}

シルキー
エリアスの屋敷に住む家事妖精。炊事洗濯を始め、掃除や火の番、縫い物まで、家の仕事を一手に引き受けてくれるありがたい存在。振る舞いはつつましやかだが、チセの訪れにはりきっている。

5話{netabare}  
チセは死んでしまうのか?
スレイベガの特性で体が不可に耐えきれなくなり…
この人たちはチセを解放するために
嘘でも家族と言ってくれたエリアスのそばにいる
それがチセの答え

ぶよぶよどろどろの中にチセは入っていく
それはかつての誰かの記憶の世界
流しの魔術師男?女?
だけどこの人邪悪な魔術師だわ
好きな人の命を長引かせるために…男は禁忌に手を出したわけな
これはもう止められない過去の記憶
ネコ狩りやんけwww

ネコの命を集めた薬…
好きな人のために修羅に慣れるタイプマシュー
知らない人の言うことは簡単に聞いてはいけないよ♪ってことだよね
愛は人を生かすも殺す
チセには酷だけど
消してくれることが救いなのか…

死は突然平等に訪れる
ネコの王の宿命か
エアリアルを連れてきてよかったね
チセは魔法使いの務めを果たしたね

自分の死が迫っていることを自覚しちゃったか
 {/netabare}

レンフレッド
魔術師。左目の周囲(向かって右側)の傷と隻腕が特徴の男性。魔法使い嫌いで名が通っている。エリアスとは(一方的に)対立しているが、状況によっては共闘するなど、認めている部分もある様子。

6話{netabare}
あれ?いつかの魔術師やん月見てるよ
エリアス嫌われてるな~
スレイベガでエリアスの弟子であるチセに興味を持っている奴はたくさんいるらしい

レンフレッドとエリアスは因縁があるのね
チセの命は何もしなかったら3年くらい
だけど策はあるらしい
エリアスの中では死なない予定だから言わなかった

長く長く生きても人間のことはわからない
理解できても共感できない
チセもエリアスのことほっとけなくなってるのかもね

シルキーさん久しぶり(●´ω`●)
ずっとチセは目を覚まさないのか
チセは眠り姫のまま

サイモンも久しぶり
失った魔力を補うためにこの状態なわけな
なんかすごい軍団きたwww
お姫様おっぱいたゆんたゆん…あれ上から見たら乳首丸見えですよw

妖精の女王ティターニア
エリアスとチセを見に来たのか
サイモン追い出されたよww
オベロン妖精王

子ども扱いなんだなエリアスもwww
さすが妖精王魔力を集めるのもお手の物
オベロンめっちゃ警戒されてるwww

オベロン人に話をさせてくれないタイプ
こいつダメな奴の匂いがする…
だいぶ頭が…あれな妖精なのねw
チセもそういう趣味の人で片づけたよw

照れてるチセかわいいw
嵐のような連中だな
スプリガンは手厳しいな

サイモンさんやっと解放されたよ(笑)
監視役はこれくらい軽薄な間の抜けたやつの方がいい
チセも少しずつ嫁になってきたな(笑)
{/netabare}

サイモン・カラム
エリアスたちが住む村の神父。人ならざるものを「見えて聞こえるぐらいしか能がない」男性。教会の命により、本編の始まる10年前からエリアスの監視役に就いている。

7話{netabare}
レンドレッドさんをも使いっパシリにするあの魔術師は一体何者か?
弟子ちゃんヤンキーみたいだけどかわいいから好き~(●´ω`●)
マンドレイクかわいいな(笑)
チセが魔法使いになってきているwww
調整が難しそうだな~

エリアスの弟子として本格的にチセは魔法を教わり始めたのね
ブラックドッグ?教会と墓を守る優秀な番犬
それが無害かどうか確かめる役目があるらしい
最後のお使いってわけね

エリアスは教会に目をつけられているから
その代わりに教会の仕事を片付けているのね
魔力の生産を抑える指輪か
チセには冷静さを求められているのね

たしかに左の薬指はまだはやい
使い魔サーヴァント
チセのサポートにはぴったりらしい
はやくあてがってあげてちょんまげ
おっと教会で事件…例の黒犬が関係しているのか?

墓によくないものが湧いてる
おっとやばいやつがいるよwwwwwwwwwww
チセを守ったのは…人じゃない何かの青年
めっちゃ傷を負ってるじゃん
イザベルとはだれか?イザベルに似てるからチセを助けたのね
この人が黒犬だったのか

そしてヤンキーちゃん登場(‘ω’)
ここでもあの魔術師かかわってくるのか~
黒犬も誰かに傷つけられたのか

チセもやるようになったな(笑)
イザベラはご主人様なのか
赤毛にチセと重ねてしまったのね
イザベルは妹なのか?だけどもう故人なのか

チセはちゃっかりしてるww
アリス縛られてる(笑)
キメラの素材?そのために黒犬が必要なのか
この子はこの子なりに守ろうとしてるのな

アリスからのお願い普通にOKするのなエリアスw
キメラがこれをやったのか
まぁ放っておいても被害が出てしまうからな
チセ…アリスをかばって串刺しとか
エリアスマジ切れモードやん
ティルムムーリアリス

やっぱり来たよ邪悪な魔術師

{/netabare}

アリス
レンフレッドの弟子で護り手。言動は男性っぽいが女性。元は麻薬中毒の両親に無理やり麻薬中毒にさせられ売人とならざるを得なかったストリートチルドレンだったが、偶然出会ったレンフレッドに魔力の素養を見込まれ、薬を抜かれるとともに弟子となった経緯があり、自分を救ってくれたレンフレッドを強く慕っている

8話{netabare}  アリスをかばってチセ倒れる…
エリアスマジ化物モードやんけ
このおちび魔術師邪悪だな~

チセが今見ているのは…
イザベル?と黒い犬ユリシーの記憶
最後は悲惨だなー…
ずっとイザベルの帰りを待ち続けてるのね…
チセとイザベルが重なってしまったのね…
このエリアスを止められるのは

カルタフィルスはタブーなのかね?
お互い本気で殺しあう?
レンフレッドさんナイス
泣きべそアリスかわいいw
ぷよぷよにいたなこんな顔のやつw

復活が早いなカルタフィルス
魔術師が魔法使いの領分には手を出さないのは暗黙の了解
イザベルの死体でキメラ
チセも怒ったら怖そうだ
魔力あふれ出てるやんけ

魔法はやろうと思えばなんでもできる代物
だけどそれはしてはいけないこと
今のチセはエリアスでも…
イザベルもこの様ですかい

ウィルオウィスプのアオイヒ妖精なのね
アオイヒ優しい奴だな
寝ぼけ犬w
ブラックドッグになってようやくイザベルが帰ってこないことを…
チセと寄り添ってくれる存在ができてよかったね
くろわんこ=ルツ
チセの使い魔になる

壊れてるな~カルタフィルス
エリアスをおちびさん扱い
天災のようさ存在ね
不死なんだ

地味にチセとアリス仲良くなってる
ウィルオウィスプは鬼火か!
作り物にも魂は宿るのね
 {/netabare}

ルツ
とある教会の墓地でチセが出会うこととなる青年。その正体は、教会と墓地を守る妖精・黒妖犬。チセと時間を共にする中で、チセの使い魔になることを決断する。

9話{netabare}   
ルツ楽しいのかwww
シルキーさん久しぶりだな
エリアス部屋に引きこもっているのか…?
2週間も部屋から出てこないのか

ドアを開けたいけど開けられない
変化したのが原因なのかもしれない?
シルキーって喋らないけど強引よねw
気分転換してきなさい(笑)ってことね

アンジェリカも久しぶりだな(`・ω・´)
エリアスではなくチセに会いに来たのか
田舎ならではだな
バスに犬を乗せてもwwww

遠慮ばかりするのも…よくないってことだね
学校は…嫌なんだろうな
チセは依存してるのか…それとも…
わかってはいるけどチセの傷は深いんだよな…

エリアスのあのモードは抑えがきかなくなってしまうのか
シルキーさんって案外暴力的だなw
見た目お人形だけど中身お節介なおばさんって感じw

エリアスまんまと化け物やんけw
未だにチセの心を縛っているのは…エリアスはどこに行ったのかな?
チセサイズにルツ縮んでる(笑)
教会の人間は嫌われてるな(笑)

チセ…エリアスに似てきたのかもしれないw
ルツわんこはわかりやすくていいな
すごいなリャナンシーえっろw

チセって変な奴に絡まれるよな(笑)
リャナンシーはなんでこのおっさんに憑いてるのかね
一目ぼれみたいなものなのかね
どうしていいかわからないけれど…なんか力になってあげたいだけど…
白昼夢でも幻でももう一回会いたい人物いるんだけどな

愛ではない
なんだろうな…寄り添ってるって感じかな?
ルツさすがだな!犬だけど使い魔(笑)

チセの顔芸が多彩になってるw
またまあドラゴンの国へ行くことになるのかw

{/netabare}

アンジェリカ・バーレイ
ロンドンに住む魔法機構(マギウス・クラフト)の技師。父親の代からエリアスと取引がある、男勝りの面倒見の良い女性。アルシアという娘がいる。

10話{netabare}  狼に囲まれてるのは昔のエリアス?誰だ?

チセは孫扱いwww
エリアスは息子なのかな
杖を作りに行く

ドラゴンの成長めっちゃ早いな(笑)
たまには出かけるのも悪いことではない
チセはエリアスが心配なんだろうな
楽しみだけど少し心が…

セルキー見た目によらずすごい妖精やんけw
ちょっとしたアトラクションだわな
奇麗な空の裂け目
エリアスずっと見守ってるやんけwww

リンデル師匠お久しぶり
可愛がり方が孫w
リンデルも私服着るのな

ドラゴンの国はリンデルの師匠にもらったらしい
一体何年前の話なんだろうかw
あららー立派な大木になっちゃって(`・ω・´)
己の杖は己で斬るべしww
チセとルツいいコンビだな

エリアスも落ち着かない感じだなwww
人がいなくなるっていうのは寂しいものよね
エリアスの元にカレッジ?からの使者

トナカイって美味しいのかな?けもの臭くないのかな?
さすがエリアスの師匠リンデル傷も治せるのな
あの骨めww

エリアスはチセを飼いならしたい節がありチセもそれを受け入れている
それがリンデルは心配なのね
拾ってくれた恩か
言っていることと心はまた別の問題

リンデルが昔の話するとそれっぽくなるな
昔の時代の魔法は本当に偉大なものだったんだろうな
長命な理由はわからないのか!
リンデルさん変わらないのな

狼よりもやばい夜そのものかw
エリアスなんかほっそw
死神感えぐいな(笑)

リンデルの師匠もまた…すごい人物みたいだな
赤い糸は失せものも恋も導いてくれる
手を引かれるエリアスかわいいなw
今ほど理知的ではなかったのね

ラハブ師匠女性なのね
研究者然としているな
ちっちゃいエリアスw
精霊や妖精に近いけれど人間でもある存在

魔法使いの長命は呪いであり祝福か
エリアスも諦念めいたとこあったな
弟子ではなく知人w
素直じゃないリンデルw

師匠は名づけ好きw

このままチセはエリアスと共にいてはいけないのか…?
 {/netabare}

ラハブ
リンデルの師匠の研究者然とした女性。

11話{netabare} シルキーさんって喋らないけど威圧感で会話してくるよねw
エリアスはチセをどうしたいのかね?

ちびエリアスなんかかわいい(笑)
スキーでこけたw
エリアスには何かに欠けているような…?
エリアスの外見は迫害されてしまうわな
魔法使いでも大多数には敵わない
それを敵えてしまうのは化物だわな

無理矢理魔法を使う代償もあるわな
エリアス覚えいいな
エリアスはかつて人を食べたことがある?

エリアスを見て感じて怖いと思ったことがない…
リンデルさんは肩透かしの返答するよなwらしいw
エリアス食事の才能はないらしい(笑)
エリアスはまだ子供のときと変わっていないのかもしれない

チセ自分が美味しそうに見えてるかどうか心配してる(笑)
チセ結構どこでも熟睡できるのねwww
ドラゴンは朝から元気だな(笑)
チセは水に縁があるなwww
水の中にもドラゴンや~かっこいいな(`・ω・´)

杖にする木にも種類あるのな(´ω`*)
杖は己で作り仕上げは年長者が行うのが習わしらしい
自分と話すか…ルツは時に手厳しいな(笑)
いい使い魔だ

すごい集中力だなチセ
奇麗に杖を作るもんだ
コケに花が咲く
百華の花エコーズ
リンデルさんらしくない呪文だな
これが意外性www
音に身体をゆだねるのもいい
さすれば勝手に身体は動くもの

水鏡でエリアスとお話し
エリアス寂しがってるwwww
なんだか遠距離恋愛してるみたいw
リンデルさんも保護者大変だな

ゆーっくり見れるからこの作品好きだわ
  {/netabare}

セルキー
人とアザラシ、2つの姿を持つ妖精。リンデルの使い魔として、チセの元に伝言を届ける。

12話{netabare}  何もする気が起きないのは夏のせいだけではない
見せかけの弟子のつもりが…

ドラゴンの国にいると眠くなるのかもしれないわけではない
知らず知らず魔力を使ってしまっているから♪
エリアスの世話は大変だったらしいww
リンデルの愚痴止まらないwww
リンデルさん魔法使いだったんだ(笑)
かわいいけど厳かな杖になったな

杖を持った途端…別の場所に
お久しぶりのドラゴンさんや(´ω`*)
語りかけてくれたのか
ここは境目…道は人によって見えるものが違ってくる

チセが溜め込んでるものは…
最初は頼らないように適当でもいいやって思ってたのに…
暮らしていくうちに…エリアスが何もしゃべってくれないのに不満を持って…
それが家族…それが惹かれあい…
チセもまた…
だけどどこかで信じきれない…自信を持てない…
ちょっとでも己を誇れればなチセは変われるかもしれないね
縁とはまた不思議なものだな
言葉は思ったときに発したり綴ったりするべき
チセの顔つきが変わったね♪
1クールでようやく少しだけチセが自分のことを考えて
少しだけ誇れるようになってくれたのであれば…

チセも衝動で魔法を使いこなせるタイプみたいねw
リンデルさんもめっちゃ驚いてるw
フェニックスやんけww
おとなしい子は時にとんでもない行動力をみせるんだよなw
いいとこでOP曲挟んでくるな(笑)
チセは焰が似合うな
炎の化身みたいだな
っていうかあっという間に帰ってきたw

無茶してでも言いたいことがあるんだよな
エリアスの胸の中が一番落ち着く

チセはいつから拒絶されてしまったんだろうかな
夢の内容が少し変わった?
なんだあの綿毛の精w

毛刈りの時期?
今はここが家なんだな
たくさんの出会いに感謝
オールバックのチセイケメンだなw

ルツ食事の時は人型なんだな
チセの美味しい終わりな
微笑んだわw
 {/netabare}

ネヴィン
北の地に住む寿命間近の竜。チセの魔力を借り、最後の力でチセに空を飛ぶ夢を見せる。死後は菩提樹の苗床となる。

13話{netabare}  スレイベガを狙っているやつがいる?
チセにこれから何が起きるのか
エリアスはどうなってしまうのか…
チセ大魔導士みたいな恰好してたけど

OP13話から変わりました~
綿虫…完全に羊のかわいい人形やんけ
でもたしかに虫だと思うとあれだなw
こいつらの綿を狩るのも仕事
たしかに枕にしたい毛心地

エリアスとの関係はまだまだ微妙だな~
チセ手慣れてきてるww
何か違う虫がチセのもとに
なんじゃあの氷の虫?雪虫?
暖気を食う虫か

凍傷みたいな感じになってしまうのね
綿虫温めるのにも使えるのねw
過保護というかなんというかエリアス
記憶を奪おうとしたエリアスを突き飛ばした

大事な人との記憶はいらなくないものw
勢いってたしかになんか踏み出せる時あるよな
チセにとって…
チセの両親も見える人だったのか
だけど家族がバラバラになり
母親においていかれた…チセ
家族失うのは怖いけどやっぱり家族はいいものなんだなって思ったんだな

エリアスよりもエリアスから手を離されること
そっちの方がチセには怖い

エリアスとチセのやり取り見守ってるシルキーとルツがいい
エリアスようやく寂しいという気持ちを理解した
もっとエリアスのことを話してほしいチセである(笑)
もっとわがまま言ってもいいと思うけどなw

アリスからの手紙そのままだったかw
家の中でもファンタジーやな(笑)
会話はないけれど穏やかな日々が続いてたな

サイモン体調悪そうだな
弟子は師匠に似るw
サイモン監視役には向いてないよね(笑)

灰の目?
3000年も生きてる何かか
砂の匂いのする何か
チセ連れ去られた?いや狐にさえられた?
奇麗だなwww
 {/netabare}

灰の目
人に非ざる旧き魔性の者。人間や魔法使いを「傷つける気はない」と言うものの、チセに人狼の毛皮を着せ理性から“解放”しようとしたり、人間の言動の揚げ足を取るようにして攫ったりと、人間の心を弄ぶうえ、それを楽しんでいる様子。

14話{netabare}赤い毛色の狐になったチセ
チセのあるべき野?
スレイベガを縛る目?

灰の目はピエロ感すごいな
チセ生き生きとしてるな(笑)
何もかも忘れて野山を駆け回ってるな
ルツの問いに悩むチセ

お!チセ元に戻った
エリアスの寂しいという気持ちで戻ってきた
人狼の毛皮…便利だけど危険な道具そうw

いつかのリャナンシーだっけ?
ジョエルってたしか…
吸血鬼が取り付いただけでも…命の危険に…
この説得はチセだよな

大好きだったんだな…
死神にしては優しい死神w
ジョエルさん死は恐ろしいけど逃げられるものではない
だけどいい人生だった

心残りはリャナンシーに会いたいって感じだな
妖精の塗り薬をジョエルに塗ってあげてせめて一目、一言だけでも…
チセのわがまま通りました(笑)

今回はチセ一人でどうにかするしかないってわけな
チセが自分からやりたいって思うのはいいことだと思う
妖精の塗り薬を作るのは結構根をつめるな

チセは優しい子だな~(`・ω・´)
オベロンに見つかったけどまぁ大丈夫だろう
チセ限界やんけ…何日もぶっ通しはな…

チセ寝てしまったけど上手くできたみたいだね
最後だから出会えることもある…
リャナンシーよっぽどいい妖精やんけ
惰性の人生で出会えたまた会いたいと思える存在に出会えたことは何よりだよな
ジョエルさんはいい人生だったんだろうな
最後に望みも叶ってな

よくわからないけれど泣いてしまう
まだまだチセもわからないことだらけ
チセの指輪が割れたと思ったら吐血?
どしたーーーー!!!?
{/netabare}

リャナンシー
本来は詩人にとりつき、才能と引き替えに血を吸う美しい妖精。

15話{netabare} チセ吐血…どうした?
スレイベガの脆弱性によるものか…
ルツにも影響が…チセの身体やばいな…
とりあえずオベロンの言うことを聞いて妖精の国へ行った方がよさそうだな
心配してるシルキーかわいいw

エリアス面白がられてるな
妖精界にいい医者がいる?
誰だ?このエルフっぽい美人さん
魔力に身体が耐えきれなかったのか…

シャノン
人間に育てられた妖精の子…チセの味方になってくれそうだな
ティターニアや
スプリガンはエリアスの事嫌ってるな(笑)

なんじゃこのかまってちゃん半人半獣
元人間があーいう風になるのか!人間も変化するのか!
ティターニアはチセをこちらへ呼びたい感じだな
たしかに老いないと怖がられてしまうわな…

急にシャノン襲い始めたけどどうした?
なかなかの荒療治だなw
生きたいと思う心で傷が塞がるんだな

留守を任されたシルキー
家にもシルキー来てほしい
ありとあらゆる場所を掃除してほしいw
こんなかわいい笑顔も見せるんだな(‘ω’)ノ
家の基調もあっという間に変えられるんだな
エリアスとチセが帰ってくることを楽しみにしてるんだな
寡黙だけどかわいいやつめ(‘ω’)ノ

バンシーだったのかシルキー
リャナンシーやんけww
妖精ってジョブチェンジ出来たんだっけ(笑)
シルキーが喋れないのは…

スプリガン基本的に妖精仲間にはいいやつなんだな
まあこの家があるかぎりシルキーは…

エリアスも心配したんだな(笑)
時間の流れ凄すぎwwwww
シルキーにとって「ただいま」が一番うれしい言葉だと思う
{/netabare}

オベロン
妖精王でティターニアの夫。お調子者かつドM。

ティターニア
妖精女王。エリアスが妻を娶った噂を聞きつけ、常若の国(ティル・ナ・ノーグ)から姿を現す。

16話{netabare} 知らぬ間に真冬になってたみたいなもんだもんな
なんやこの鳥の双子は
夜がやってくる?

ユールの双子ね
冬至の日にやってくるらしい
ルツ使い魔として落ち込んでるwwwwww
いたたまれないwチセのことは一番ルツがわかってるのはたしかだもんなw

なんじゃあの半獣半人と妖艶な女性は
エリアス奇麗を知る
ユールの支度は大変だな~
エリアスにキス迫られてる(笑)
エリアスのこと最近チセもわかってきたよなwww
むずむずするのはしょうがないさ(笑)

チセはエリアスに隠れてプレゼントを買いにいったのね(笑)
アリスやんけ!アリスが呼んだのか
レンフレッドへのプレゼントをあげたいんだけど
何をあげたらいいかわからないのなw
たまには街でのショッピングもいいと思う(`・ω・´)

なかなかプレゼントってのは度し難い
仲間って言われて嬉しそうだな
魔術師には見えてなかったのか配達屋
たしかに日常的に使える物がいいよね

チセはちょっと思いついたみたい(´ω`*)
アリス容赦ない一撃かますな(笑)
昔やってきたことは嫌でもついてくるんだな
一つしかない道に新たな道をかけてくれた人…師匠

アリス狂犬だな
薬から抜け出すのは相当きついと思う
急に人を信じるなんて無理だわな
レンフレッドの傷跡は事故で出来たものだったのか
アリスの話もいい話だな(●´ω`●)
一緒に買い物に行く友達がいるのはいいことだ

エリアス心配性になってるなw
エリアスにクリスマスプレゼント
新しいループタイ

エリアスからはでっかいクマの人形
手作りするとかすごいなww
チセ可愛がられてるな~


おっとまた灰の目絡みか~
{/netabare}

シャノン
人間の子供と取り替えられて人間に育てられた妖精(妖精の取り替え子、チェンジリング)。そうとは知らず、生まれて50年間以上人間として暮らしていたが、異常に老いないことを周囲の人間から気味悪がられるようになり、ある日自身の正体を知らされて妖精の国に移住した。そのため理路整然とした非常に人間らしい性格。

17話{netabare} エリアスからのプレゼントはチセの余計な魔力を吸い取ってくれるみたい
アンジェリカからのプレゼント優秀だな~w
今は何も返せていないけれど…
エリアス過保護になってるwww

弟がいなくなった?
だけれども他の人は認識していない
チセって困ってる人ほっとけないよな~

たしかに助ける代償は必要だわな
お菓子でもお金でも払うから助けてほしい
パッと見エリアスはモンスターだよな(笑)
ステラは芯がしっかりしてるなぁ
急に非日常に巻き込まれる体験な(笑)

痕跡を辿れなくなってる
誰かが邪魔してるのは明白
スレイベガは女王バチ…
少しずつ交渉も学んでるww
そりゃステラから見れば…異質だわな

なかなかファンキーなやつらもいたもんだ
魔法使いは万能ではない
対価を払わなければいけないんだよ
チセも優しい顔するようになったな

また灰の目かよw
常識人ぶって余計なことするやつはたち悪いからな

ぼそっと言ったことがとんでもないことになってしまうこともあるよな
縁が切れるってのは怖いな
本当に赤の他人になってしまうということだな

遊び?
エリアスと弟君が闇の中
勝手なくそ野郎だな
完全に巻き込まれたなチセ
ルツいい励まし(●´ω`●)b

諦めたらそこで試合は終了さ~
においとかでも追えないらしい
獣の鼻?ってことはあれを使うのかチセ

子どもは時に無邪気wwwwwwwwwwww
エリアス子供とは相性悪そうww
ショタエリアス(笑)
弟も姉の名前を忘れてる…
お互いに「いらない」って言ってしまったのね

血のつながりなんかなくても家族は家族
誰でもいいってわけじゃない
時には喧嘩なんてしてしまうけれど…
チセ今度はクマになってる!!
チセも魔法使いなんだなw

エリアスのこの姿はチセを模したものだったのかw
結局は家族の…姉弟喧嘩だったわけさ~

色々な縁があったものだ
友達って言われて恥ずかしそうにしてるチセなww
{/netabare}

ステラ
ロンドンに住んでおり、チセと5歳差(年下)の少女。チセが弟のイーサンを灰の目から助けてからは友人となる。

18話{netabare} すっかりステラ懐かれてに懐かれてるチセであったw
おどろおどろしいやつがいることは…まぁ内緒の方がいいでしょ(笑)
チセ友達との関係に悩む(笑)
わかり合うために話し合うために言葉があるかw
ステラ10歳だったのかwww
もっと大きい子だと思ってた(笑)

こんくらい歳が離れててもいい友達になりそう
自分のことを話す練習な
エリアスどこに行ったんだろう?
チセも心配なんだなw
たしかにチセは言葉より行動で示すタイプだよな(笑)

チセ獣化に慣れてきたな(笑)
狼チセかわいいなwww
エリアス…かまってちゃんだなw
感情がわからないのもあれだなぁw
ステラ目をつけられてるな~

シルキーとルツも面白いなww
今日のエリアスは暴走してるな~(`・ω・´)
ルツとも切り離されてるし…

けったいな森の妖精だな
あの妖艶な人の娘か?
娘というか…輪廻転生の仕組みみたいなものか

エリアス癇癪起こしてたのかwww
まぁうらやんでしまうのは仕方ないよな
チセもなかなか強引なんだからw

なんか嫁感出てきたなチセw
チセはまたロンドンへ
アンジェリカのもとへ

夫のデイビットは魔法使いではないらしい
娘ちゃんはお年頃ww
エリアスずっと目を覚まさないんだ…
寝てるエリアスはかわいいかもしれないw
ずっと幸せなまどろみの中にいるのかもしれないね
子守歌が魔法になってしまった?

チセの特技か
チセやっぱり無茶してたか

魔法使いは長命だからな~
独りぼっちはあれだもんなw
エリアスの扱い雑ww
エリアスが起きたら今度はチセがお休み
まったくもって面白いな

ドラゴンの密猟者…の裏で糸引いてるのは

{/netabare}

19話{netabare} ちびドラゴンたち解剖されてる…?
年長者の言うことは聞いとくものだよな

チセは日本では死んだことになってたのか
アドルフとレンフレッド
先輩と後輩ってところか
トー二―お気楽ちゃんって感じだな

カルタフィルス…レンフレッドには接触はないみたい
不老不死の漂流の魔術師か
レンフレッドは酒を飲ませてはいけないタイプだった(笑)
泣き上戸なんだねwwwwwwwwwwwwwwwww
そして死ぬほど絡んでくるwwwwwwwwwwwww

チセはどこを彷徨っているんだ?ロンドンだけどロンドンじゃない?
寒くも暖かかくもない…

記憶喪失のカルタフィルス?
透けているチセ
いきなりどういった状態なんだ?
笑って痛がって謝って情緒不安定かよwww

カルタフィルスは呪われた名前?
自称さえみ変わってるしw
ヨセフでありカルタフィルス?
夢だけど夢じゃない
助けを欲している?

セルキーかわいいな
アリスもいる~
めんどくさいことが起きてるみたい
案外面倒見のいいアリス
なんか勢ぞろいって感じだなw

トーリー研究者然としてるな
とりあえずパンチは仕方ない(笑)
ドラゴンのヒナが密漁にあった…
レンフレッドの作った移動装置を使われてる?
エリアスはめんどくさそうだな

リンデルとカレッジは協友関係なのか
今回はエリアスは協力させるつもりはないみたい
たしかに危険だもんな今回は…

痛くて苦しいあの時…
チセは優しいよな~(●´ω`●)

チセにはドラゴンの居場所に心当たりが?
おー久しぶりのオークションの人や

丸ごと組み替えたとかエリアスw
ドラゴンはオークションにかけられたのな
チセの取り分取ってあったのね
チセの成長が嬉しそうだな

カレッジのことを言ってないのはチセのためなのか
それとも…
レンフレッドなりの心配か

怖いよな~怯えてるよな~…
出品者も雇われ…

チセたちを見てるフードは…誰だ?
チセに話しかけてきたのは誰だ?
チセにとって都合のいい女?何をしてくれるんだ

禍々しいドラゴンになってしまったものだ…
悪意っていうのは恐ろしいな
ただ帰りたいだけなのにな
チセ、引っ張られてるのか…
ドラゴン大暴れ!
{/netabare}

アドルフ・ストラウド
学院管理局に所属する魔術師でレンフレッドの後輩。鳥の使い魔を介して、エリアスにある重要な用件を告げる。

トーリー・イニス
魔法使いの研究をしている魔術師。スレイ・ベガのチセに強く興味を持っている。

20話{netabare} 暴れるドラゴンこりゃ簡単には解決できそうにないな~…

地響きになってるな
火を吐くなんてな…これは防衛本能か
帰る場所があるならば帰してあげたいチセ
チセのわがままはたしかに自分のためには言わないよね

チセが魔力を吸い取りエリアスがそれをさらに吸い取る
だけどそう簡単にはいかないだろう
これを外に出すのは不味いだろう
ロンドンで爆発事故原因はドラゴンですw

こんな事態も普通の人には見えてないんだな
異常はあるけれど
チセ贈り物をとって魔法を使うのか
自分の身が危険になるとわかっていても
無茶するな~チセ
チセ死に体やんけ…どうなってるんや

チセ目覚める
シャノンが見ていたのか
腕がわお!な状況だなwwwww
みんなチセのこと心配してるんだな
無茶するなってことだな
エリアス何を怒られたんだろうwww

チセは自分の心配より人の心配
チセの腕はどうなってしまったのか…
ドラゴンの呪い?
身体を蝕む呪い…人の身体ではとうてい抑えきれるものではないのか
どれくらい持つかも定かではない…

ずっと呪いと共に生きてきたから…あまり焦ってはなさそうだな
この笑顔がきついな~…エリアスにとって
チセはどの選択をするのかな…

チセは村を見て回ってるのかなんとなくだけれど

エリアス置いてかれたくないんだよな…
チセのこれは自己犠牲なのか無茶なのか
咄嗟に身体が動いてしまうこともあるんだよな

これからもまだ一緒にいられる方法があるのなら…
出た!都合のいいお姉さんマリエル魔女だったのか
魔法も通じないドラゴンの呪い

魔女になれば何とかしてあげられるかもしれない…
チセはやれることをやるつもりみたいだな
シルキーショック受けてるww
少しずつだけど着々と死が迫ってきてるな

エリアスもなりふり構っていられない
ステラ操られてるのか?
カルタフィルスチセを狙ってきそうだな~
{/netabare}

セス・ノエル
非公式なオークションで出品の取り次ぎを行っており、チセの出品にも携わった。チセはセスの連絡先を知っている模様。

21話{netabare} チセに残された時間は…
エリアス、チセの事好きなんだろうな~

ドラゴンの噂は話されてるな~
アリスもカレッジの方をメインに手伝ってんだな
アドルフの師匠はリンデルなのか?

リンデルの役に立ちたかったのな…
人間は嫌なことがあっても簡単には忘れられないものさ
魔女の招待状に従って集会に出向くのね

目覚めたら森の中、精神世界で集会は行われるのか?
ピュリス…この集会のまとめ役
木と一体になってるな…

さすがに魔女たちでもドラゴンの呪いをどうにかできるものはないらしい
マリエルはピュリスを救おうとしてたのか…
こんな状況でもチセは…
このピュリスもチセみたいな人なんだろうな(笑)

まぁどうこうできないってのがわかっただけでも…
どっちかを選ぶのは難しいものか…
エリアスに渡されたのは…
命の代わりになるのはまた命か…

エリアスを何をするつもりなんだ?
嫌いなカレッジのところにまで出向いて
トーリーとなんの話をしてるんだろうか

ドラゴンはまだ夢の中か…
おーひさしぶりにサイモン
今のエリアスにはたしかに目標があるわな…
まさかエリアスは…ステラを?
それともステラの裏にいる…

チセの子守歌は安心感を与えてくれるよな
エアリエルも口は悪いけど心配してくれてるのな
エリアスの企みに気づいてるチセ…

スレイベガさえも利用するチセ
エリアスもルツもチセを取るわな
それが恨まれるとわかっていても

ネヴィン重要なところでチセの前に現れてくれるよな
杖に魂が宿ってるんだろうか?
このネヴィンもチセの作り出したチセの一つか
強くなったなチセ

本気で怒ってるチセの目だ
ごめんでは済まされないわな
ステラを狙った理由はくそだなw
これはやっちゃいけないことだったな

ヨセフ…と取引…
本当に…交渉事はうまいな
まぁこれはエリアスが悪いわな
{/netabare}

マリエル
山羊飼いの魔女。ドラゴンの雛が攫われてオークションにかけられた際、チセらと協力して競り落とそうとした。

22話{netabare} ステラは無事みたい
チセはヨセフの元に連れ去られたみたいね
この場合は自ら連れてったってのが正しいけれど

夢の中でのことは覚えていないんだな
ヨセフのひたすら生き続ける呪いとチセの死に向かい続ける呪い
身体の一部を交換するってことか
理には叶ってるけれど信用はたしかにできないわな
だけどやるしかない

強いなチセ…
目をくりぬかれるのはやだな
眠っている間にすべてが終わる?

チセが見ているのは昔の思い出?光景
父親と弟がまだいた時の幸せだった時の光景
チセにこれを見せてどうするつもりなのか
チセにも普通の時間を過ごしてた時もあったんだな

ヨセフの目は死んでるな
切り離された欠片…
本当の自分がもうわからなくなっている
嫌がらせ好きそうだもんな
何の決心?

なんで急に出て行ったんだろうな…
これはきっついな…
慣れないことをやり続けて精神すり減らして…
結局病んじゃって自分の子どもを恨んで…しまって
身体も弱いのにな…

家の中でも襲ってくるのな…
いわれのないこともまやかしから言われ続けて…
こりゃ病むわ…大丈夫じゃなくなっちゃたのな
その誘惑は悪魔的だわな

人は魔が差してしまうものだわな
たしかに嫌がらせだな…

それでもチセはいろんな人たちとの出会いで対面できるようになったんだな
許さないけどありがとう
チセやっぱりいい顔をするようになったな

生かし続ける者か
こいつの望みは…助けてほしいのか
取り込んだ者たちかそれとも…

チセ大胆にやっちゃう時あるよな(笑)
{/netabare}

エアリエル
風の妖精、空気の精。新しい物好きで噂話に敏い。様々なものを吹き飛ばす風の性質から「運ぶ」能力に長け、穢れを浄化する魔法に適する一方、子供を妖精の国へ連れ去ると言った面も持つ。

23話{netabare} チセいなくなってエリアス病んでるやんけ(笑)
スプリガンてたくさんいるのな
チセに置いてかれたことがショックなのね…

オベロンにティターニア
なんだかんだエリアスのこと気にかけてるよな
だけれどもこいつらの目的は妖精の国へ連れていくことか
まぁでも気にかけてくれてるのは本当だろうな
エリアスも変わるときなのかもな

マリエルたちもチセとエリアスに似てるよな
ピュリスさん…

ヨセフの過去か?
死人と話せるから気味悪がられていた?
ヨセフは何を助けたんだ?
ヨセフとカルタフィルスは別物だったのね
だけどこの時のヨセフは頼られたのが嬉しかったんだろうね
なんて目をしているんだか…

めっちゃ差別されてるな~
ヨセフいつの間にか固執していったのな
だけども助けることはできなかった…
そしてヨセフとカルタフィルスは一緒になったわけだ
どんどん食らっていったわけな

痛みが治まらない不死身ってのも…
そりゃ狂うわな
ヨセフの腕もドラゴンになってる
本当にナイスタイミングエリアス!

みんな助けてくれるな
チセあんなヨセフもほっとけなくなってるんだな
まったく世話のやける出来損ないだわなw
アリスと焰は相性いいみたい

マリエルも色々と変身できるんだなw
今からすることは危険なことなんだろうな…
チセは何をするんだろうか
{/netabare}

カルタフィルス
またの名をヨセフ。その呼び名と特異性から、魔術師達に「彷徨えるユダヤ人」と目される人物。エリアスを「おちびさん」呼ばわりするほど長く生きている。
無邪気な口調であるが全く倫理観を持っていない

24話{netabare} OPがキャラ勢ぞろいしてる(笑)
こっちの方がいいな(`・ω・´)

ヨセフに追いついたチセ
生きながらに死んでいく感覚…
似ているかもしれないからここでヨセフを止める…ぶっ飛ばす
ここで灰の目だと

人の心を動かすためにこれも灰の目が仕掛けてたことなのかな
毒虫ウェーブ
そこまできたらエリアスとルツもほっとかないよね
チセは愛されてるな~

エリアスとエアリエルの共闘すさまじいな
灰の目あれくらいでは死なないけど退けた
チセあれは致命傷だろ…
あんな刺されちゃって…

だけれどもチセは離さない
捕まえることがチセの狙いか
誰にもわかってもらえない痛みか…
チセの歌は神秘的だな
チセ…

チセの中には生き続けるあいつがまだいたのか
生死どちらも合わされば普通の人間と変わらないか
いきなり怒り奮闘チセw
こんなカオスな感じが家族だよね(笑)

ほうれんそう大事w
サイモンから見たら変わったように見えるよね
チセがカルタフィルスの世話してるのか
灰の目を早く滅ぼせよ(笑)

チセ本当に良い顔するようになったよな~(´ω`*)ノ
真っ赤にしたチセかわいいwアンジェリカさん
チセのハピバ~
ステラすごいな(´ω`*)
ステラの方がお姉さんっぽいよなw

チセが着ているのは純白のドレス
ステラからのプレゼントなのね
ヴェールはアンジェリカ
キラキラは妖精たち

チセから指輪のプレゼント
結婚指輪も兼ねてるんだろうなwwwww
まだ1年しか経ってないんだもんな(´ω`*)

これが結婚だな~
二人で生きていくっていうのは話し合いだろうな
いい話だな~

この作品を3部構成とかにして映画でやったらおこだわw
ただいまって言える家があるっていいよね
カレッジ編始まるんだ(笑)
{/netabare}

投稿 : 2018/04/22
閲覧 : 324
サンキュー:

30

次の30件を表示

魔法使いの嫁のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
魔法使いの嫁のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

魔法使いの嫁のストーリー・あらすじ

羽鳥チセは15歳の少女。
彼女は帰れる場所も、生きる理由も、そのための術も、何も持ち合わせていない。
ただひとつ、生まれ持った特別な力を除いて。

そんなチセを弟子として、そして将来の花嫁として迎え入れたのは、
異形の魔法使い・エリアス。
自然と寄り添い、悠久の時を生きる魔法使いの暮しの中で、
チセは大切な何かを少しずつ取り戻していく…。

これは、世界の美しさを識る為の物語。(TVアニメ動画『魔法使いの嫁』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2017年秋アニメ
制作会社
WIT STUDIO
主題歌
≪OP01≫JUNNA『Here』≪OP02≫May'n『You』≪ED01≫糸奇はな『環-cycle-』≪ED02≫AIKI & AKINO from bless4『月のもう半分』

声優・キャラクター

種﨑敦美、竹内良太、内山昂輝、遠藤綾

スタッフ

原作:ヤマザキコレ(マッグガーデン刊)、 監督:長沼範裕、シリーズ構成:長沼範裕、脚本:高羽彩、キャラクターデザイン:加藤寛崇、色彩設計:小針裕子、美術監督:竹田悠介、撮影監督:鈴木麻予、CGIディレクター:須貝真也、2Dワークス:西谷知恵、特効監修:谷口久美子、特殊効果:荒畑歩美、編集:今井大介、音楽:松本淳一、音楽制作:フライングドッグ、音楽制作協力:BASiLiCA、音響監督:はたしょう二

このアニメの類似作品

この頃(2017年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ