ReLIFE(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「ReLIFE」

よみがな:りらいふ

放送時期:2016年夏アニメ(2016年7月~2016年9月)

★★★★☆ 3.8
物語:3.9 作画:3.6 声優:3.8 音楽:3.8 キャラ:3.8
総合得点 73.5
感想・評価 759
棚に入れた人 3750
ランキング 404
海崎新太(27歳)は、新卒として入社した会社を3ヶ月で退職。
その後の就活もうまく行かず、親からの仕送りも打ち切られ田舎に戻ることを迫られる。
悩みを打ち明けられる友達も彼女もいない……
途方に暮れる海崎の前に謎の人物・夜明了が現れる。
夜明は海崎にニートを対象にした社会復帰プログラム「リライフ」への参加をもちかける。
その内容は、謎の秘薬で見た目だけ若返り、1年間高校生として高校に通うことだった――。(TVアニメ動画『ReLIFE』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 759

2017.04.23 11:26 nico81の評価 | 観終わった| 63が閲覧 ★★★☆☆ 3.4 評価対象: ReLIFE(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 3.0  声優 : 3.5  音楽 : 4.0  キャラ : 3.0

もやもやしつつも…良作!

※全話鑑賞後、加筆修正

なんだかんだで全部観て、なんだかんだ面白かった。
デフォルメされたキャラ設定とかには最後まで馴染めなかったけど、青臭い青春群像劇としてよく出来ていた。13話で変にごちゃごちゃせずにすっきりまとまっていて、綺麗な締め方。

で、もやもやの理由はまず主人公の年齢設定。
30代後半の自分としては、やたらとオッサンアピールを繰り返す彼に対して「え、まだ27でしょ?」と思ってしまって全然共感できないんですよ。27って思ってるほど大人じゃないし、思ってるよりずっと若いよ。それなのに自分のことオッサンオッサン言っちゃう輩って終わってるよな…あ、それも作品のテーマっちゃテーマなのかしら?
毎回違うEDの懐かし楽曲も全て私の世代にドンピシャで、MDにしてもそうだけどいまの27歳には若干古いのでは? という感じで全体的にどの世代をターゲットにしてるんだか、どうもそこがブレてたような気が。
それでもいまになってあの頃のヒット曲を改めて聴いていくと、やはり売れるにはそれなりの理由があったんだなぁと思える良曲ぞろいではありました。

そして劇伴について。
音楽担当が坪口昌恭さんじゃなかったら絶対観てなかったってくらいの大ファンなのだが、正直、坪口さんに依頼した意図がよくわからなかった。もちろん、ほど良くジャジーでほど良くポップな劇伴はお洒落で素敵だし作品に寄せてさすが上手く作ってたなぁと思う。参加ミュージシャンも菊地成孔氏、芳垣安洋氏などなど坪口さん人脈でとても豪華。
でも坪口さんの良さ・強みは前衛もスタンダードもいけて、ジャズ、エレクトリック、ヒップホップ、ポリリズム、それらを融合しクロスオーバーに昇華させた音楽なので。例えばガンダムサンダーボルトや峰不二子~のときの菊地成孔みたいな曲調や方向性とか、もしくはジャズ系音楽アニメとかならわかるんだけど、このコメディタッチな作品のノリに対してわざわざ音楽が坪口さんである必要は、ないんだよなぁ…なんでかなぁ…
大人っぽさと子供っぽさの両面性を表したかったのだとして、どちらの表現も器用にこなせちゃうのはあのメンツなら当然なんだけど、凄腕プロフェッショナルな方々だけに洗練されすぎちゃってる感はあり。(坪口ファンとしての愚痴です。ごめんなさい)


と、色々ともやもやしつつ文句ばっかたれつつも、最終的にはすっごい面白かった。なんかすみません。
もし2期もあったらまた観てしまうだろうな。その後どうなるのか気になるんだものー

 サンキュー(7)
2017.04.22 10:50 レッド三里バーバラの評価 | 観終わった| 7が閲覧 ★★★★★ 5.0 評価対象: ReLIFE(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

赤毛はいいなあ~

若干話が暗い。

 サンキュー(0)
2017.04.15 22:48 CvGDz56516の評価 | 観終わった| 14が閲覧 ★★★☆☆ 3.6 評価対象: ReLIFE(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 4.0  声優 : 3.0  音楽 : 4.0  キャラ : 3.5

設定は面白かった!

設定、作画はよかった。
ストーリーは恋愛メインの学園系で、よくも悪くも平凡。あと全体的に説明くさい感じやキャラの反応がオーバーな部分があり、最後まで感情移入しきれなかった。
ラストはまあまあよかった。

 サンキュー(1)
ネタバレ
2017.04.10 11:07 あおいほしの評価 | 観終わった| 107が閲覧 ★★★☆☆ 3.3 評価対象: ReLIFE(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 3.0  声優 : 3.5  音楽 : 3.5  キャラ : 3.0

テーマと内容が噛み合ってないような?

制作:トムス・エンタテインメント/だぶるいーぐる
2016年7月 - 9月に放映された全13話のTVアニメ。
原作は、漫画アプリ『comico』にて連載中の夜宵草による漫画作品。
監督は小坂知。

【概要/あらすじ】

主人公は27歳の男。名前は海崎 新太(かいざき あらた)
2浪・大学院から新卒でブラック企業に就職してしまい、
そこで遭った出来事が原因で3ヶ月あまりで退職。
再就職もままならず、実家からの仕送りとコンビニバイトの収入で生活していた。

実家からの仕送り打ち切りを電話で告げられ、バイト収入だけで東京での一人暮らしをどうするんだ?
そんなところに渡りに船。新太はリライフ研究所の夜明了(よあけりょう)にスカウトされる。
彼の言うには1年間、とある実験の被験体になってくれれば期間中の生活費の保障がされ、
結果次第では再就職の斡旋がされるという。怪しさ満載であるが、新太は話に乗った。

実験とは、薬を飲んで見た目だけを十代に若返らせた状態で高校に1年間通ってもらうという。
所謂、ニートなどの類の脱落者の社会復帰を目的とした再教育プログラムの検証実験。
高校生活をやり直して若者たちと接触し、人間関係の構築によって、
被験者の人格的に欠落した部分の再構築を試みるというものだった。

【感想】

対象は、25歳以上で自分の人生に行き詰まりを感じている人たち?
そういう人たちが共感を覚えたり感動すれば、作品としての勝利なのでしょうか?

作画は淡白な感じで、表情の表現も乏しいですね。

設定としてひとつ気になったのが、新太が特にダメ人間じゃないことですね。

つまずいて壊れてしまったコミュ障人間が社会性や協調性を回復する話と思いきや、
新太は社会人マナーもコミュ能力も就労意欲も十分であり、バイトとは言え自分で働いて稼ぎを得ていた。
ニートって全く働かずに一日中ネットで遊んでるイメージ。私の偏見かもしれませんけどね!

ドロップアウトした原因が原因だけに新太自身に一切の非も更生の必要もなく、
面接で彼を落とした様々な企業と違い、研究所は彼の事情を知り尽くしているわけですので、
ただ単に彼の再就職の手助けだけをすれば済む話ではないかと。
同じ躓きの再発防止が教育課程にあるにせよ、
根本的な問題が件のブラック企業の体質にあるならば、
行政指導で企業に改善を求めるべき事案なのではないでしょうか?

リライフ研究所の運営形態や財源など、わからないことだらけですので、
どれだけの権限があるのか、私には把握しようもないですが。

物語では高校生たちの学園青春ドラマが作中で繰り広げられますが、
新太が元々27~28歳の達観した大人として未成年たちより完成しているために、
それらと関わることで新太自身の人間的成長を促すといったものもなく、
物語のテーマ性を掘り下げているか?といえば疑問があります。
新太が動いた!解決した!この二点の事実が研究レポートとして重視されているようですが。

そもそも、リライフのプログラムの内容が分からないですし、
作中に登場するスタッフがキメ顔で計画通りと言っておけば、問題ないのでしょうが。

どうにも、キャラに理想の青春を送らせて物語をきれいに描こうとして、
結果、落ちた人間の心の病理や掘り下げにリアリティが欠けてしまい、
作者のやりたいことが、ぼんやりとしてしまって、
心に刺さらない作品のように思えました。
こんな高校時代を送りたかったと後悔している人に、
主人公の視点を通して仮想体験をさせたかったのでしょうか?

原作つき作品の数分の一をアニメ化したに過ぎず、
物語の全体像が把握できれば別の感想も生まれましょうが、
アニメ化された13回のエピソードだけでは不十分な内容ですね。


これにて感想を終わります。
読んで下さいまして、ありがとうございました。

 サンキュー(35)
2017.04.09 23:23 剣道部の評価 | 観終わった| 199が閲覧 ★★★★☆ 4.0 評価対象: ReLIFE(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

約束しなくても友達に毎日会える。そんな奇跡に、あの時気付いていたらな。 by ナカムラミツル

「アオハライド」「君と僕」などが好きな方は合うかもしれません♪

[2016夏 個人内ランキング 1位]

書いてて、同年代(20代後半~30代前半)にしか、伝わらないダメレビューになりました(汗)

大人になると、友達に会うって、ハードル高いんだよね。必ず約束しなければならないし。学生時代って、ホントに閉ざされた奇跡的な世界だよね、今になって思うと。多分このアニメ、主人公と同世代「25~30歳」くらいにはドンピシャだと思います。

《以下ネタバレ》

【各話感想(ED、毎回感想書いてしまったw)】
{netabare}
OPの歌、映像ともに、NHK臭がするのは、私だけw?
さあ、MDを何人ググったかが気になる、MD世代ど真ん中の剣道部っす(笑)

第1話
「笑ゥせぇるすまん」や、森絵都さんの「カラフル」を思い出した。なんか、(ジャニタレとかで)ドラマ化できそうな感じだね。メガネ女子は、最高(^.^) てか、やはり「カラフル」をパクってないかい?

第2話
女子、イイね、3人とも! 特に、杏と千鶴は可愛い! 見た目的には杏でしたが、「にゃあ」にやられて、千鶴派に(笑)

てか、ED,毎回変わるんかい! 全部どストライク世代だよ! ズルいよw

蛇足
いや~、100㍍のくだりは、あるあるですな、イメージに現実が追い付かない(笑) 私も、大学卒業後はほぼ剣道やってなくて、付き合いと義理で年に一回やるかどうかです。その時、自分の技の遅さにびっくりします。んで、思うのは、「悔しい、情けない」ではなく、「技に申し訳ない」という、不思議な感情。自分の剣道を支え、何度も厳しい場面を救ってくれた得意技が、見るも無惨な姿になっている。得意技に対し、「自分の不摂生のせいで、申し訳ない」と、土下座したい気分でした。なんか、「共に命を救い合った戦友が、アルコール漬けの日々を送っていることに対するやりきれなさ」的な感情を感じました。これは、伝わらないな(笑)

第3話
千鶴の魅力が増す一方。メインヒロインは確定なんで、こうなると、杏の存在意義が気になる。もしかして、杏もReLIFE被験者かな?

ED、いや~ウリナリって楽しかったよね~(遠い目)

第4話
安定した千鶴の黒笑顔w 夜明の言うことには、ホントに同意。職場にも20代前半の若い子はいるけど、あんまり仕事(正解)教えたくないしね。せっかく若いのにこっちのやり方真似されても、当たり前だけどこっちには勝てないわけで。若いからこその無茶や熱意を期待したい。それがたまに、経験を上回る大当たり(利益)を生み出すことがあるから。ホントにヤバイ時は止めるし、多少のミスならカバーできるからこその中堅なわけで。若いうちから小利口に立ち回るな、と(ハッ、若い子が引いてるわ)。

ED、どちらかと言うと、Driver's High のが好きだけど、どちらも良い曲♪

第5話
コミュオンチって、良い言葉だね♪ 千鶴にピッタリ! コミュ障よりやわらかくて、ずっと良いね♪ 千鶴の連続笑顔、鉄板w 新太、悩んでるけど、基本的にアドバイスなんて自分を棚にあげないとできないよ。じゃないと、誰もイチローに野球のアドバイスできないことになるし。それに、自分のアドバイスの「お陰で」相手が変わったなんて、傲慢な考え方だと思う。人生の選択権は常に本人にあるんだから、それは、相手が自分のアドバイスを受け入れるという「決断」をしたに過ぎない。だから、狩生が変わったなら、それは狩生の力と責任であって、新太は単にきっかけをあたえただけ……と、新太より更に年上の私は、彼に説教してしまうと思う(笑)

今回のEDはPUFFYか! 千鶴に初めて同性の友達ができた回にふさわしい選曲だね♪

第6話
千鶴の「(新太に対しての)恋があり得ない」ってのは、「自分がReLIFE経験者だから、年下の高校生に対しての恋なんてあり得ない」ってことかな? 杏にMDが通じたことが怪しい。杏回でしたね。う~ん、杏の魅了半減(汗)いや、ここから大人の魅力で挽回か? いや、JKに迫られたら……(以下略)w

ED、イントロ1秒で気付いたよ! 青春の一曲だよ! センチメンタルバス解散してるけど、臨時収入やね(笑) 多分、いつか川本真琴の1/2が出るなw

第7話
夜明回だね。杏がReLIFEの観察員だとすると、やっぱ、被験者No.1は、千鶴(杏が夜明の後任)? そうじゃないと、新太との恋愛が成就しても先が甲斐がないからね。大人に戻って、大人同士の恋愛を続けるんだろうね。千鶴の残念可愛い部分が視られず、残念な回。

ポルノも良いね~♪ カラオケじゃあ歌いこなせないけどw

第8話
強いチーム(部)じゃないのにスポーツ推薦枠あるの?という疑問はともかく、私もスポーツ推薦で高校入学しましたが、特待生ってもっと厳しい世界だから、甘々の面々にはあまり共感はできず。まあ、団体競技と個人競技の違いはあるけど、団体競技でダントツのエースに嫉妬ってするか? ポジションの違いもあるだろうし。

edは(良い曲だけど)イマイチ選曲意図が分からず。てか、千鶴要素が足りない~。つまらな~い。

第9話
だから千鶴要sog……(以下略)。Bパート冒頭で、ようやく本領発揮w 怖い怖い怖い怖い(爆笑) 千鶴の私服がダサい(オバサンっぽい)のが、このアニメの場合、逆に良いね! 「私は感情が馬鹿」……また良い表現使ったね! 「コミュオンチ」といい、作者の、ReLIFE体験者(社会に上手く適合できなかった人達)に対する優しさというか、愛情が言葉の端々から滲み出ている。こういう、語感の良い作品は文学好きとしては大好物♪ 「個として正しい行動が、集団として正しいわけじゃない」……理解はできるけど、納得はできない理屈だよね。てか、それが大人だとしたら、納得できないし、納得しちゃいけないとまだギリギリ思える自分は、良いのか、悪いのか。ホント、アラサー(と、青春の心を忘れてないover30w)向きの作品。

ブリグリの声質ってホントにonly oneで、声聞くだけで胸が締め付けられるわ! 「大きな曲がり角を曲がったら走りだそう。とまどうことはもうやめて。その先に何があるかは分からないけど、そう、強くなるために」って、内容と歌詞合いすぎだろ! むしろ、この曲ありきか! 鳥肌たったわ!

第10話
「このざまです」w「人格を疑います」w いや~安定感ある千鶴の毒舌♪ 千鶴姐さん(確定w)、素敵だ♪ たかが2週間、大したブランクじゃないけどね。負けても笑えるのは素敵なことだけど、正直、試合開始時にいなかった選手をゲームに入れるのは、自分がチームメイトなら、イラッとするけどね(部活ものに厳しい剣道部w)。ED、「I WISH」の「明日への扉」は名曲! でも私は、「川嶋あい」さんのファンなんで、「旅立ちの日に」の方が好き♪

【蛇足】
実は大学の同期に、「あいのりに出てフラれて帰ってきた男」がいた。そこそこのイケメンなのに、変に有名になっちゃって、女子は寄り付かないし、男子には小馬鹿にされてるで、いっつも屋上で一人、カレーパン食ってたな……。テレビって、人って怖いな~と思った。

第11話
トラウマ……そりゃそうだよね。以前も観た回想シーン中心なのに、こんなに長々流す必要あるか? でもこれは、日本社会に実際にある闇のひとつだよね。有名な話で、松下幸之助さんは、経営不振でリストラをしなければならないと言われた時に、社内放送で「誰もリストラしない」と宣言したことで、社員のモチベーションを上げ、業績回復させたって逸話がありますね。ブラックは、やっぱり本当の利益も出ないと思うんだけど、理想語りすぎかな?

ED 「半端な夢の一欠片が、ふいに誰かを傷つけていく」「君に言いそびれた言葉が、ポケットの中にまだ残ってる」……って、選曲上手すぎだろ! むしろ「曲ありきでアニメ作ってんの?」ってレベルだわ!

第12話
ニヤニヤが止まらない回でしたな。「へ~海崎さんは女性経験でいらっしゃるんですか。大人ですね(黒笑顔)」「あ、いや、普通だよ、もう高三だしね」「それはすみません、私が異常で」……のやりとりは、鉄板で笑えるw 12話まできて、まだサブキャラの掘り下げをやっていて、千鶴好きとしては不満でたまらないけど、まだ夏休みだし、原作連載中だし、これは2期ありきか? だとしたら、許しますw

EDは、Whiteberryの「夏祭り」。「JITTERIN'JINN」のカバー曲だって、若い人は知らないだろ~な~。次話、最終回で夏祭り回で告白だろうから、次話にこそぴったりだけど、今回使うってことは……やっぱり次回EDは、川本真琴さんの「1/2」とみたw

第13話
冒頭のヒシロン、可愛い♪ いや、だからヒシロンの浴衣がダサイ(そこが良い!)ってw 狩生たちはニヤニヤですな。最近、花火の作画にだけ異常にこだわるアニメが多いけど、これは普通(ショボいw)で、逆に良いね! そこが魅せ処ではないし。具合が悪い人にミネラルウォーター買うって、ちょっと大人だよね。高校生ならジュース買いそうw 最後のヒシロンの黒笑顔……最高www

EDは、なしか。絶対「1/2」だと思ったのに(笑)
{/netabare}

【視聴終了】
{netabare}
ストーリーもキャラも音楽も秀逸だった。ただ、評価が難しいのは、「これが一期だけなら3の上」。2期前提なら「5」ってところです。(だから間をとって4)

もし2期前提なら、サブキャラばかりを掘り下げた今期は英断です(2期はヒシロンが大暴れできる土壌を作ったことになるし)。ただ、1期で終わりなら、多少原作を無視してでも、ヒシロンを生かして欲しかった。

いや、もうとにかくヒシロンが可愛いくて……。

極々個人的な話ですが、私の好きなヒロイン、1位はダントツで河合律(河合荘)。2位は山神ルーシー以下略(サーバント×サービス)。3位は青山素子(ラブひな)。4位は稲葉姫子(ココロコネクト)。5位は鶴来民子(花咲いろは)。ここに新興勢力として、アクア(このすば)と日代千鶴(ReLIFE)が入ってこようとしています。(基本的に、不器用である意味ダメな黒髪キャラが好きなんで)

アニメ好きで、100単位で観ている方なら分かると思うんですが、好きなヒロインTOP5が変わりそうって、結構大変なことっすよね?

だ、か、ら、こそ、2期をつくり、ヒシロンをもっと活躍させて、彼女に幸せな結末をぉぉぉ……!

(゜ロ゜; 取り乱しましたw

でも、そのぐらい2期を期待している、2期がなくてはいけない作品だってことです!
{/netabare}

【総括】
ニヤニヤが止まらないって、こういうアニメですな。高校生の恋愛にガッツリ焦点を当てながらも、それが少女漫画のようにクドくならないのは流石(いや、私は少女漫画のクドさ好きですがw)。それはやはり、主人公が独特の設定のため、1歩引いた位置から俯瞰しているためか。

とにかくまあ、色んな意味で、20代後半から30代中盤で、それなりに高校生活を謳歌しつつも、やはり悔いが残る人にドンピシャなアニメか。

まあ、高校生の恋愛も楽しいだろうけど、大人の恋愛も負けてないよって、感じました♪

 サンキュー(34)

ReLIFEのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
ReLIFEのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。