聲の形(アニメ映画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「聲の形」

よみがな:こえのかたち

上映開始時期:2016年9月17日

このアニメの感想・評価 731

ネタバレ
2018.01.15 18:33 juksuの評価 | 観終わった| 16が閲覧 ★★★★☆ 4.6 評価対象: 聲の形(アニメ映画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

原作と比べて良い点も悪い点も

原作と比べるとラストがいい感じにスッキリと終わったのが良かった。
声優は小学生の島田以外は違和感がなかった。

真柴君の過去や、石田君を一発殴るシーンがカットされたおかげで真柴君のキャラが薄れている。もともと部外者なので薄いのは仕方がないのだが。
佐原さんや植野さんの深いところにも触れてほしかったという思いはあるが、まとまっていたのでそれほど問題ではないのか。

良作だった。

 サンキュー(2)
ネタバレ
2018.01.15 07:20 fuushinの評価 | 観終わった| 86が閲覧 ★★★★☆ 4.7 評価対象: 聲の形(アニメ映画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 4.5  音楽 : 4.0  キャラ : 5.0

私たちぬきで、私たちのことを決めないで。

このアニメを見て思い出した言葉です。

出だしから、いささか硬めですが・・私たちは、民主主義というルールの中で暮らしています。民主主義。耳障りのいい言葉ですが、問題点がないわけではありません。(構造的に、どうしても大多数の意見が優先されますから)

私は小学校6年で、民主主義=憲法について学びました。
国民主権、基本的人権の尊重、戦争の放棄(平和主義)の三大原則があると。
とても難しい言葉でした。

今、憲法についていろいろな論議があります。政治家、学者、文化人・・。それぞれの立場でそれぞれの主張があります。
主張できること。それ自体は素晴らしいことです。

では、コミュニケーションが十分に取れない硝子や将也は、どう参加し、主張すればよいのでしょうか。

悲しいかな、今の世は、大人の世界でもコミュニケーション障害などと揶揄される時代です。
硝子の「聲、表情、行動」を通じて。
将也の「感じていること、やっていること」を通じて。
今の世の中の息苦しさを、そのような言葉で表現しているような感じがします。

将也は硝子に、疎ましさ、煩わしさ、面倒くささ、分かりにくさを感じています。
硝子は将也に、分かってもらえない悔しさ、辛さ、疎外感を感じています。

この作品は、2人がお互いに「何かよくわからないのだけれど、ネガティブな感情」と「何かうまく表現できないけれども、ポジティブにしたいもの」に関心を持ち、やがて惹かれあう「恋物語」としても描かれています。
お互いに共通して感じていることは、お互いに「見えにくい何か」に気づいてしまったということ。

将也は硝子の難聴という障害に。
硝子は将也の自分への激し過ぎる関心に。(ほかの男の子にはないもの)

自分にはよくわからない感情もまた、いつか恋のストーリーの始まりになる。それはとても素敵なことだと思います。
それでいて、大切な人、大切な恋だと気づくまでに至るさまざまな紆余曲折もしっかりと描かれています。

そこで、今、硝子や将也、そしてクラスの友達、お母さん方が暮らしている町と、学校のことを考えてみました。

長文をお許しください。また、今回はかなり硬派です。

本当は、硝子と将也のために、全文を読んでいただけると嬉しく思いますが、無理はなさらないでくださいね。

硝子と将也の生きている街。
{netabare}
これをきっかけにして聾啞(ろうあ)の方の障害のありようについて考えたり、手話教室に行ってみようかなと思ったり、その家族の方のご苦労に思いを寄せること。そういう興味や関心を持っていただければとてもありがたいと思います。
もし、お近くに教室や講座がありましたら、ちょっとでいいので、覗いてみて様子を見てください。あなたも将也や佐原のようになれますよ。きっとなれます。「何?」から覚えるのがいいかな?さぁはじめましょう。
それに、手話って「方言」もちゃんとあるんですよ。盛り盛りですから。


・・それから、もしかしたら、担任の先生の恫喝や、学級運営の拙(つたな)さを感じられた方もいらっしゃるかもしれません。

背景は、いろいろあると思います。例えば、
障害のあり子どもを受け入れる際の「指導要領の内容」の実態。
大学の教育課程での障害児・者への国の施策や当事者団体の「学習の位置づけの弱さ」
養護学校への「予算配分の少なさ」
そして何よりも「硝子への支援のやり方についての不寛容さ」が強烈に描かれていることです。

そもそも、子どもには障害についての知識はないのです。そしてどこまでも自分本位なのです。
将也が「退屈なことを嫌がり、面白いことが大好きで、硝子の耳がどこまで聞こえるのか興味を持つ」ことは、とても子どもらしいと思います。それは至極、当たり前のことです。今までの彼の人生にはそういう子が現れなかったからです。
彼の母親も自営業で、一家を支えて、日々時間に追われていることも、日本のなかでは普通にみられる風景です。

私が印象に残るのは、硝子も将也も、それぞれの母親も、きちんと人生を歩んできているのだから、誰からも責められることではないのに、いわれのない言葉で心に傷を負わされ、コミュニケーションがうまく取れなくなっていくしんどさと不条理さです。

音が聞こえないことは、硝子が好き好んで選んだ人生ではありません。硝子の母親にもその責任なんてどこにもありません。
でも、硝子は難聴を受け入れています。彼女なは、当たり前のように補聴器とノートを使ってコミュニケーションを図ろうとしています。これは、硝子にとっては至極当たり前のこと。普通の「生きるための方法=文化」なんですね。

クラスのみんなもそれを頼りに関わっていっています。手話も有効なコミュニケーション方法だからその導入も図ろうとします。これも、学級運営で作られつつあるお互いのための「普通」という新しい「文化」なのです。

だが、どうにもうまくいかない。理由はいろいろあるだろうけど、些細な誤解や、思い違いだったりでしょう。でも、そういうことで心に深い傷を負う子ども(佐原)もいるのです。

大切なことは、「誰が」悪いのではなく、どうすれば一歩前進するのか。
「誰か」を責めるのではなく、事柄・やり方を改善・改良することでした。
事柄とは、言葉の使い方であったり、態度であったり、当番制であったり。「文化」の醸成には「これが答え」というものはなく、たゆまぬトライ&エラーこそが、「より好ましい答え=新しい文化」に近づく唯一のやり方です。

先生だって難しさを感じていたと思いますが、それでも一応大学を出ているわけですから、あの姿は、正直、感心できませんね。
教室で起こることは教室で解決する努力をする。子どもたちの側に立つ。子どもたち主体で学級運営をする。
先生がそこに向かっていれば、将也も植野も川井も、別のやり方にトライできたのではないかと思います。

もう一つ踏み込むと・・。

「普通」なこと。その概念は、とんでもなく「幅が広い」のです。
ましてや、硝子の「難聴」からうまれる硝子の感じる「不便さ」は、「クラスのみんな」という「多数」=それは「クラスの常識」だったり、もっと言えば「多数者が許容できている範囲の”常識””」という「文化の壁」です。

これを、「社会的障壁」と呼んでいます。いまある社会そのものが、壁を作っているのです。それはとても見えにくい壁ですが、確かに硝子を阻んでいるのです。そして「社会的障壁」は、大多数の人が「より良く暮らすため」に作り出したものです。

多数者と少数者の「普通」の概念は、そもそも入口が別のようです。
でも、入り口が別だとしても、同じ学校で、同じ地域で、同じ職場で、誰もがその人らしく生き生きと暮らせる「普通」があるほうが、ずっとずっと、いいんじゃないかと、私は感じるのです。

「聲の形」は、その「普通」という文化をトライ&エラーで新しく作り上げていくプロセスを、硝子と将也、2人を取り巻く友人たちの交流(ソフトパワー)に示してくれています。

例えば、ユニバーサルデザインという概念もあります。
背の高い人と低い人への配慮としての自販機のボタンの高さがちがっているのもそうですね。
車いすの方、お年寄り、子どもたち。コミュニケーションの取り方が上手な「多数者」の陰に隠れがちな立ち位置に追いやられている「少数者」の人たちです。

そんな彼らへの「合理的配慮としての仕組み」が、ユニバーサル。

硝子と将也が暮らす街は、水がとてもきれいな街。
呼びかけ合えば笑顔が返るような、そんな澄んだ街になるといいですね。
そんな街をつくること、そんな文化を作ること。
そういうことが、この作品から視聴者の皆さんに伝わるといいなと思います。

人間の文化を作る。それは、私は、個人的には、憲法にうたわれている「基本的人権」の発露だと思っています。

{/netabare}

もう一度、「私たちぬきで、私たちのことを決めないで」 

あまり耳にすることのないフレーズだと思います。でも、実は、国際社会ではよく使われています。 硝子や将也がどういう時代に生きているか、ヒントになると思います。少し長いですが、興味のある方は読んでみてください。

{netabare}
障害者権利条約

外務省Vol.109 「障害当事者の声が実を結ぶとき~障害者権利条約の締結」より抜粋しました。

●以下、「→ 〇〇は~」、硝子の支援者の解説です。参考になさってみてください。
面倒に思えた方は、→のところだけを読んでくだっさってもけっこうです。


●1、2006年、「国連総会」で,「障害者の権利に関する条約」。
いわゆる「障害者権利条約。しょうがいしゃ けんり じょうやく」(略称)が採択されました。

→ 今から12年前、国際社会は、障害のある人には、権利があるってことを決めたよ。

●2、障害者権利条約は,障害者の人権や基本的自由の享有を確保し、障害者の固有の尊厳の尊重を促進するため、障害者の権利を実現するための措置等を規定しており,障害者に関する初めての国際条約です。

→ 今まで、こういうことを決めたことはなかったんだよ。

●3、その内容は前文及び50条からなり、市民的・政治的権利,教育・保健・労働・雇用の権利、社会保障、余暇活動へのアクセスなど、様々な分野における障害者の権利実現のための取組を締約国に対して求めています。

→ 硝子が悲しい思いをしないように、国連は、日本の政府にもいろんな取り組みを進めるように求めることになったんだ。でも日本の政府はすぐには参加しなかったんだ。

●4、それから8年後の2014年、我が国は障害者権利条約を批准しました。
障害者権利条約では,障害に基づくあらゆる差別を禁止しています。

→ 日本は、決めたんだ。硝子が絶対に差別されないようにするって。日本に住んでいる障害者を守るって。

●5、ここで言う「差別」とは,障害者であることを理由とする直接的な差別だけでなく、例えば過度の負担ではないにもかかわらず、段差がある場所にスロープを設置しないなど、障害者の権利の確保のために必要で適当な調整等を行わないという「合理的配慮の否定」も含まれるということが、明確に示されています。

→ 差別は、硝子だけに起こるんじゃないよ。硝子らしく生きることは、どんな人にも、その人らしく生きることができるってことになるんだよ。

●6、またこの条約は、障害者が他の人と平等に、住みたい場所に住み、受けたい教育を受け、地域社会におけるサービスを利用できるよう、障害者の自立した生活と地域社会への包容について定めています。

→ 硝子は、どこの町に住んでもいいし、どの学校にも行けるようにするよ。日本の国は、そういう国になっていくんだよ。

●7、さらに、条約の内容が実施されているかを監視する機関を国内に設置することが明記されています。

→ もし、嫌なことや辛いことが起きたら、相談のできる場所も作るから、黙っている必要はないんだよ。

●8、条約の起草に関する交渉は、政府のみで行うのが通例ですが、委員会では、障害者団体も同席し、発言する機会が設けられました。

→ この決まりごとは、障害のある人と一緒に作ってきたんだ。彼らは立派だった。発言もたくさんしたんだよ。

●9、それは、障害当事者の間で使われているスローガン「“Nothing About Us Without Us”(私たちのことを,私たち抜きに決めないで)」にも表れているとおり、障害者自身が主体的に関与しようとの意向を反映し、名実ともに障害者のための条約を起草しようとする、国際社会の総意でもありました。

→ 国連は、障害があってもなくても、自分たちのことは自分たちで決めるってことをいちばん大切にて来たんだよ。

●10、日本からも延べ200名ほどの障害者団体の関係者が交渉の行われた国連本部(ニューヨーク)に足を運び、実際に委員会を傍聴しました。

→ ニューヨークってアメリカの大きな町で、障害のある人が200人も参加したんだよ。

●11、日本の政府代表団には、障害当事者が顧問として参加し、日本は積極的に交渉に関与しました。

→ 日本の政府の人も、障害のある人と一緒に行ったんだ。

●12、2013年、衆議院本会議、参議院本会議において、全会一致で障害者権利条約の締結が承認されました。

→ ここ日本では、5年前に、国会というところで、議員さんが全員賛成したんだよ。

●13、これを受けて2014年、国連代表部大使が、障害者権利条約の批准書を国連に寄託し、日本は140番目の締約国となりました。

→ 4年前に、国会で決めたことを、国連に伝えに行ったんだ。世界では140番目の国だったんだ。

●14、日本がこの条約を締結したことにより、障害者の権利の実現に向けた取組が一層強化されることが期待されています。

→ こうして4年前に準備が始まった。これから硝子たちが、学校で勉強しやすくなるし、友達ともたくさん、そして普通にお話ができるようになっていくよ。

●15、例えば、障害者の表現の自由や、教育、労働等の権利が促進されるとともに、新たに設置された「障害者政策委員会」にて、国内の障害者施策が条約の趣旨に沿っているかとの観点からモニタリングが進められることになります。

→ 硝子が学校で困っていないか、大人の人がきちんと見守ってくれるよ。そういう仕組みもできていくんだよ。

ここまでは外務省ホームページより抜粋しました。
{/netabare}


ここまで、読んでくださって本当にありがとうございます!!
ちょっと、かたぐるしくていけませんね。

さて、次行ってみよう!!

内閣府では、次のようにまとめています。ガンバ!!
{netabare}

障害者政策委員会第1小委員会(第3回)議事次第より抜粋しました。
(平成24年10月15日付)

●1、障害者の支援は障害者が直面するその時々の困難の解消だけに着目するのではなく、障害者の自立と社会参加の支援という観点に立って行われる必要があること、障害者の家族を始めとする関係者への支援も重要であること。

→ 硝子やお母さん、その友達もふくめて、今も、これからも、この町で支援が受けれられるようにするよ。

●2、外見からは分かりにくい障害が持つ特有の事情を考慮するとともに、状態が変動する障害は、症状が多様化しがちであり、一般に、障害の程度を適切に把握することが難しい点に留意する必要がある。

→ 硝子が難聴なのは、ちょっと分かりにくいからそこは自分でもい伝えようね。みんなで気をつけるようにするよ。

●3、障害のある子供は、成人の障害者とは異なる支援を行う必要性があることに留意する必要がある。

→ 同じ難聴でも、子どものときの硝子と大人の硝子では、支援の仕方が違うんだよ。硝子、わかるかい?

●4、障害者施策の評価に当たっては、障害者が意思決定過程に参画することとし、障害者の視点を施策に反映させることが求められる。

→ 硝子もお母さんも、難聴のある人の支援のしかたについて、仕組み作りに参加しようよ。

●5、聴覚、言語機能、音声機能のため意思疎通を図ることに支障がある障害者に対して、手話通訳者、要約筆記者、盲ろう者向け通訳・介助員等の派遣、設置等による支援や点訳、代筆、代読、音声訳等による支援を行うとともに、手話通訳者、要約筆記者、盲ろう者向け通訳・介助員、点訳奉仕員、朗読奉仕員等の養成研修等の実施により人材の育成・確保を図り、コミュニケーション支援を充実させる。

→ 耳が聞こえなくても、いろんな人に助けてもらえるんだ。これからはそれを当たり前って言えるようにしていくんだよ。

ここまで、障害者政策委員会第1小委員会 議事録よりの抜粋でした。
(平成24年10月15日付)
{/netabare}

さて、硝子や将也の関わるのは、「教育」の分野です。ここが肝心です。
{netabare}

教育にかんしての基本的考え方(平成29年12月22日、内閣府)

●1、障害の有無によって分け隔てられることなく、国民が相互に人格と個性を尊重し合う共生社会の実現に向け、可能な限り共に教育を受けることのできる仕組みの整備を進めるとともに、障害に対する理解を深めるための取組を推進する。

→ 硝子自身のことも、クラスのみんなと一緒に教室で勉強しよう。障害があってもいいんだ。それがどんなふうに困っているか、どうしたらもっとよくなるかをみんなが知ることも勉強なんだよ。

●2、インクルーシブ教育システムの推進。
「インクルーシブ教育システム」(inclusive education system、包容する教育制度)とは、人間の多様性の尊重等の強化、障害者が精神的及び身体的な能力等を可能な最大限度まで発達させ、自由な社会に効果的に参加することを可能とするとの目的の下、障害のある者と障害のない者が共に学ぶ仕組みとされている。

→ 難しく考えることはないよ。これから学校は「インクルーシブ」っていうことばで一緒に勉強していくんだよ。

●3、障害のある幼児児童生徒の自立や社会参加に向けた主体的な取組を支援するという視点に立ち、基礎的環境の整備を進めつつ、個別の指導計画や個別の教育支援計画の活用を通じて、幼稚園、小・中学校、高等学校、特別支援学校等(以下、「全ての学校」という。)に在籍する障害のある幼児児童生徒が合理的配慮の提供を受けながら、適切な指導や必要な支援を受けられるようにする。

→ 硝子は、この学校でみんなと仲良く勉強できるように先生に伝えてほしいし、先生もしっかり聞くよ。そうして先生が硝子の計画書を作るよ。硝子の意見や想いを受け止めて、勉強の指導も、障害の支援も、計画書に書くんだよ。

●4、こうしたことを通じて、障害のある幼児児童生徒に提供される配慮や学びの場の選択肢を増やし、障害の有無にかかわらず可能な限り共に教育を受けられるような条件整備を進めるとともに、個々の幼児児童生徒の教育的ニーズに最も的確に応える指導を受けることのできる、包容する仕組みの整備を推進する。

→ 硝子は、ノートを使ったり、手話を使ったりして、みんなとお話がしたいのだから、クラスのみんなにもきちんと説明するよ。どうするのがいいのか、その都度話をしようね。

●5、あわせて、「いじめの防止等のための基本的な方針」を踏まえ、障害のある児童生徒が関わるいじめの防止や早期発見等のための適切な措置を講じるとともに、障害の社会モデルを踏まえ、学校の教育活動全体を通じた障害に対する理解や交流及び共同学習の一層の推進を図り、偏見や差別を乗り越え、障害の有無等にかかわらず互いを尊重し合いながら協働する社会を目指す。

→ 将也もいじめたけど、硝子のことをよくわからないことも理由だったよ。クラスのみんながどんなふうに接するといいのかを、目標や助け合いのやり方を先生は考えるし、取り組んでいくよ。

●6、障害のある児童生徒の就学先決定に当たっては、本人・保護者に対する十分な情報提供の下、本人・保護者の意見を最大限尊重しつつ、本人・保護者と市町村教育委員会、学校等が、教育的ニーズと必要な支援について合意形成を行うことを原則とするとともに、発達の程度や適応の状況等に応じて、柔軟に「学びの場」を変更できることについて、引き続き、関係者への周知を行う。

→ 硝子がこの学校に来たい気持ちは大事にするよ。お母さんも一緒にみんなで話し合いの場を作るよ。いやで我慢ができないときは、いつでもお話しできる人がいるから安心してね。

●7、校長のリーダーシップの下、特別支援教育コーディネーターを中心とした校内支援体制を構築するとともに、スクールカウンセラー、スクールソーシャルワーカー、看護師、言語聴覚士、作業療法士、理学療法士等の専門家及び特別支援教育支援員の活用を図ることで、学校が組織として、障害のある児童生徒の多様なニーズに応じた支援を提供できるよう促す。

→ 校長先生が一番先頭に立って、硝子を守るよ。それは学校の先生の仕事なんだよ。一緒に学校でできることを探そうね。

●8、各学校における障害のある幼児児童生徒に対する合理的配慮の提供に当たっては、情報保障やコミュニケーションの方法について配慮するとともに、幼児児童生徒一人一人の障害の状態や教育的ニーズ等に応じて設置者・学校と本人・保護者間で可能な限り合意形成を図った上で決定し、提供されることが望ましいことを引き続き周知する。

→ 硝子は、どんなことを質問してもいいし、先生も一生懸命に答えを見つけるからね。そのときお母さんが一緒でもいいんだよ。それはとても大事なことなんだよ。

●9、特別支援学校、特別支援学級、通級による指導を担当する教員については、特別支援教育に関する専門性が特に求められることに鑑み、特別支援学校教諭等免許状保有率の向上の推進を含め、専門性向上のための施策を進める。

→ 硝子は、心配なことは先生に話してくれるといいな。先生ももっと難聴のことは勉強させてほしいんだ。そういう役割を持ちたいんだよ。 

ここまでは、内閣府 障害者政策委員会 議事次第より抜粋しました。
(平成29年12月22日付)
{/netabare}

ここまで、目を通していただきまして感謝しています。
お疲れさまでした。


聲の形。

聲は、三つの形があると思います。三つのコミュニケーション方法です。
{netabare}

一つは、バーバル。言語的コミュニケーション。
日本語、英語など。話や文字など「言葉を使った」コミュニケーションです。朗読やカラオケもそうです。ターザンの雄たけびもそうかも・・。ん?違うか。

二つめは、ノンバーバル。非言語的コミュニケーション。
顔の表情、身振り手振り、声のトーンなどの「言葉以外での」 コミュニケーションです。赤ちゃんの「ばぶばぶ、んまんま」もそうです。これは喃語(なんご)と言います。
パントマイムは立派な芸術でもありますね。
手旗信号なども立派なコミュニケーションの方法ですね。

三つめは、スキンシップです。
肩に触れる。手をつなぐ。固く抱き合う。ハイタッチする。グータッチもそう。髪をなでる。キスもそうですね。

どれもコミュニケーションです。

このように概念化すると、硝子の声も普通にコミュニケーションの一つなんだとわかります。
それが分かるように教えられない学校教育ってなんだ?と思います。

国語も算数も、英語も。みんなコミュニケーションのための媒体の一つに過ぎないです。
音楽も、絵画も、鬼ごっこも、やっぱり同じじゃないのですか?

学校の教育論について、どうのこうのいうつもりはありませんが、国語算数、理科社会。それらは媒体でしょう。
教科を通じて、理解力や咀嚼力、考察力や洞察力、想像力や創造力、そして協調性や向上心。
そういったものを身に付けることの方が大事なことじゃないかなって思うのですが。

教育って、人間を深く理解するためにあるんじゃないんですか?
それって、人間を幸せにするためにあるものなんじゃないんですか?

聲の形って、友達の顔に「✖」を貼るようなコミュニケーションではないと思います。

友達の顔をまっすぐに見て、喜怒哀楽を感じながら、思いに寄り添ったり、時にはぶつけ合ったり、そういうことをいっぱい感じられるような生き方が素敵だなって思います。

生きるって楽しい。そう思えるときはそのように。
辛いときは辛いと言えるコミュニケーションがあるし。
伝えたいことがあるときは、勇気を武器にしてコミュニケーシできるし。

硝子の笑顔って、ほんとうはとてつもなく素晴らしいコミュニケーションのひとつだったって。

そこに硝子がいてくれたから気がつくことができました。
そこに将也がいてくれたから、私に分からせてくれました。

聲の形は、いくつもあるんだってことを分からせてくれました。

{/netabare}

このアニメの懐の深さは、人が人として最も大事にしなきゃいけないところを、硝子と将也に演じさせたところだと思います。

2人だから、ここまで魅せてくれた。

すばらしいアニメだと思います。

あにこれの先輩レビュアーに進められてコミックスも読んでみました。期待を超える表現に圧倒されました。レビュアーに感謝です。
私からも、未読の方にはお勧めします。

長文、失礼しました。

この作品がみなに愛されますように。

 サンキュー(33)
2018.01.03 23:19 観終わった| 29が閲覧 ★★★☆☆ 3.5 評価対象: 聲の形(アニメ映画) 物語 : 3.5  作画 : 3.5  声優 : 3.5  音楽 : 3.5  キャラ : 3.5

普通

普通

2018.01.01 12:29 くろねこ伯爵の評価 | 観終わった| 32が閲覧 ★★★☆☆ 3.5 評価対象: 聲の形(アニメ映画) 物語 : 3.5  作画 : 3.5  声優 : 3.5  音楽 : 3.5  キャラ : 3.5

感動した

普通に感動しました。
泣けますよー。
基本、障害者への接し方をテーマにしてあるから、それにはお手本はあっても、正解は無いので、ある程度の賛否はでるでしょうね。
ま、2時間で良くまとめられています。

わたしは、特に親御さん同士の関係、感情、その推移がさりげなく表現されている部分が好きでした。

 サンキュー(3)
2017.12.28 17:18 kotsuの評価 | 観終わった| 141が閲覧 ★★★★★ 5.0 評価対象: 聲の形(アニメ映画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

もう一回見たい!!いや見ます!!o(^▽^)o

泣けますT^T
こんなに泣けたアニメはありません(T ^ T)

 サンキュー(13)

聲の形のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
聲の形のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。