神撃のバハムート VIRGIN SOUL(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「神撃のバハムート VIRGIN SOUL」

よみがな:しんげきのばはむーとばーじんそうる

放送中:2017年春アニメ(2017年4月~放送中)

★★★★☆ 3.7
物語:3.4 作画:4.0 声優:3.6 音楽:3.6 キャラ:3.6
総合得点 62.3
感想・評価 145
棚に入れた人 610
ランキング 2574
ここは、《人》《神》《魔》あらゆる種族が入り混じる神秘の世界ミスタルシア バハムート復活による世界崩壊を免れてから10年─── 新たな《人》の王は《神》の神殿を襲い《魔》の国を攻め落とした 壊滅寸前だった状況からの復興と更なる発展 王都は《人》に富をもたらす 王都復興の糧として奴隷となる《魔》 消えゆく信仰心により力を失った《神》 均衡を失っていく世界で《人》《神》《魔》それぞれの正義が交錯する―――(TVアニメ動画『神撃のバハムート VIRGIN SOUL』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 145

2017.10.15 22:31 剣道部の評価 | 観終わった| 49が閲覧 ★★★★☆ 4.0 評価対象: 神撃のバハムート VIRGIN SOUL(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

これを力作と言わず、何を力作と言うのだろうか?

[文量→大盛り・内容→感想系]

【総括】
ここまで壮大な王道ファンタジーはなかなかお目にかかれません。前作を含め、ソシャゲRPG原作の中では最高傑作ではないだろうか?(2017夏現在)

絵もキャラもシナリオも音楽も良い。ほどよい笑いに恋愛要素もある。

一応2期にあたるが、前作から引き継いでいるのは設定とキャラがメインで、ストーリーは2期から観ても問題ないので、「2期から観ても面白い」「1期から観るとさらに面白い」という理想的な2期だと思う。

バトル、ファンタジーが好きなら間違いない力作です。

《以下ネタバレ》

【視聴終了(レビュー)】
{netabare}
本作の主人公のニーナ(序盤)は、「イケメンを見ると見境なくデレてしまう」という、アニメの女主人公としては珍しい設定だった思います。普通なら、こんな男好きキャラはアニメ視聴者層からはそっぽを向かれるかと思います。

つか、(性的興奮で強くなる女子という)設定だけなら、「魔装学園H×H」と変わらないのに、なんだろうね、この差は(笑)

ニーナは、確実に可愛らしい。

それは多分、ニーナの男好きが、「性格」ではなく、「性質」(竜人としての体質)だからだと思います。基本的には純情だしね。だから、しょうがないと許されるんですね。

あと、作画の力も大きいと思います。近年、ソシャゲ原作アニメは、神作画の代名詞のようになっていました。例えば、前期(2017春)の「GRANBLUE FANTASY」の美しい背景や、今期(2017夏)の「活撃 刀剣乱舞」の圧倒的なバトル作画などは記憶に新しいです。本作の1期目も、やはりヌルヌル動く戦闘シーンは圧巻でした。もちろん、本作も背景、バトルと素晴らしいのですが、それ以上に、人物の表情に力が入っていたと思います。コロコロと目まぐるしく変わるニーナの表情は魅力的で、活発なニーナらしさが際立っていました。こういう、「地味だけど大切な神作画」は非常に好感がもてました。

ストーリー的には、神と人間と悪魔という三種族の争いという壮大な物語。その中で縦糸となる、人間の王とドラゴン娘との恋愛ストーリー。

なんて真っ直ぐなファンタジーなんだろう。ここまで王道な作品は安っぽくなると台無しなんだけど、そんな不安は一度もなく、シリアスもニヤニヤも笑いもバランス良くある作品です。

また、1期のキャラと2期のキャラの住み分けも抜群です。基本的に、「1期が人気あったから、2期が生まれる」わけで、2期を観ている中には1期のファンが多くいますよね。しかし、1期のキャラをそのままメインに使うと、(1期が綺麗にまとまっていればまとまっているほど)蛇足感やマンネリに陥りやすい。そこで、新キャラをメインに据えて2期をやるというのは良くある手法だけど、これ、かなり難しいバランス感覚が求められると思います。1期のキャラが強すぎると2期のキャラが空気になります。2期のキャラが強すぎると1期のファンから叩かれます。1期のキャラを全く出さない(もしくはカメオ出演程度だ)と期待はずれと言われます。(余談ですが、アークザラット2(ゲーム)をプレイした時、ほぼ前作のキャラしか使わなかったことを思い出しましたw)

その点、この作品では、「ニーナ」「シャリオス17世」「ムガロ(エル)」といった2期の新キャラをメインにストーリー展開させつつ、要所要所では「ファバロ」「カイザル」「アザゼル」「リタ」「バッカス」「ジャンヌ」といった1期の人気キャラクターが活躍する(いわゆる、オイシイ役)展開が良い感じです。また、「ケルベロス」などがちょい役で出てくるファンサービスも嬉しいですし。やっぱり、ニーナが魅力的なことがデカいけれど、理想的な2期の作り方だと思います。ここまでバランス良くやった2期というのはあまり記憶になく、制作の手腕は称賛されて然るべきでしょう。

テーマ性に関しては、やはり種族間差別、そこから透けて見える人種差別問題でしょうか。差別主義的なアザゼルやガブリエルやシャリオスと、博愛主義的なニーナやカイザルやムガロ。双方に言い分があって、しかもある程度の正当性がある。ただ、差別主義的なアザゼル(悪魔)にはカイザル(人間)やムガロ(天使)の存在が、シャリオス(人間)にはニーナ(竜族)の(他種族の)存在が大きく、自らの主張の絶対性を失っているのが人間味があって良かったです。とりあえず、全編英語にして、ホワイトハウス(トランプ大頭領)に送り付けてやろうw

心理描写も巧み。例えば18話で、ニーナが自由に竜化できるようになったことに対して、「なぜ、今更……」と涙を堪えるアザゼル。そこには、「あの時(7話で)、竜化していれば同族が死なずに済んだ」というニーナに対する怒りと、「そもそもニーナに頼るしか無かった」という己の無力さに対する悔しさ、「愛されることを知ったから」というニーナの言葉で、「自分はニーナを利用しようとしていただけだった」という後悔の入り交じる、複雑な感情が表現出来ていました。圧し殺したような声(声優さんの名演)と、(泣きそうで)細かく揺れ動く表情(神作画)もあいまって、印象的なシーンになりました。

ラストも、なんというか、感動しました。「世界と愛する人のどちらを選ぶか」という選択で、「世界を選んだファバロ(1期)」。「愛する人を選んだニーナ(2期)」。多分、どちらも正解で、どちらも不正解なのでしょう。それは、「世界を一時守れたが愛する人を失った(1期)」と、「世界を一時守れたが、愛する人の目と声を失った(2期)」の結末が示しています。まさに、ビターエンド。ムガロやカイザルの死亡(カイザルはゾンビ復活)と併せても、後味は決して良くはない。が、最後の「視力を失った英雄王と、声を失ったドラゴン娘が月明かりの中で踊る」なんて、あまりにも「物語りすぎる」ものを見せられては、なんか無理矢理感動するしかないです。ニーナの満足そうな笑顔を観ていると、まあこれで良かったのかもなとも思いますね(笑)

一応、3期への含みは持たせましたが、正直かなり満腹だし、満足しています。3期は、あったら(いよいよ完結編だろうから)凄く楽しみたいですが、ここで終わりでも充分満足ですよ♪

制作の皆さん、お疲れ様でした♪
{/netabare}

【余談~ 神界が、あのアニメのあの場面に似てません?(笑) ~】
{netabare}
ムガロやバッカスが捕らえられて(軟禁されて)いた空間って、「WWW.WORKING!!」の「バレンチヌス様」の空間に似てませんでしたか(笑)? なんか、不思議な図形とか浮いてましたし。まあ、同じっ神様だから別に良いんですけどねw
{/netabare}



【各話感想(自分用メモ)】
{netabare}
1話目
神撃のバハムートって確か、神・悪魔・人間 の三つ巴の争いが世界観だったっけ? 主人公の少女は竜族なのか。

2話目
ロケットパンチw 悪魔が奴隷になっている現状には同情するけど、それって元々、悪魔が「力による支配」を行っていたからで、その力が及ばなくなったら、立場が逆転するのは自業自得では?

3話目
それ、HUNTER×HUNTERでゴンがやってたよねw ファバロ、どっかで出てくるとは思っていたけど、ニーナの師匠だったか。

4話目
嘘が下手な男は信用できるという風潮。純情色ボケ女主人公が成り立つのは、それが性格だからではなく、性質だからですね。

5話目
ラブコメの波動w しっかし、ニーナの表情豊かだな~。

6話目
ニーナの表情、本当に豊かだね♪ 地味だけど良い作画の力の入れ方だ! アザゼル、交通事故やんw アザゼルに見つめられても赤くならないニーナ。これ、本当の恋を知ったから、アザゼルにデレなくなって、奇襲失敗するノリだな!

7話目
アザゼル、良いヤラれキャラに(苦笑) ギャグとシリアスのバランスが良いね。

8話目
剣3人による三つ巴って、結構珍しい。アザゼルの男泣き、格好良いな。バッカス達が幽閉されている空間、少しだけ「WORKING!! web」の「聖バレンチヌス様」がいた空間に似ている気がするんだけどw ファバロ、来たね!

9話目
なんか分かんないけど、明日です(笑) しかしこの二人、髪型が普通なら、格好良いなw

10話目
宗教色あふれる回だったね。処女受胎や洗礼などをモデルにしてるんだろうね。

11話目
誰にとっての平穏かをはっきり話さないから、嘘はついてないよね。

12話目
鉄球を使った戦闘。昔、KOFにチャン・コーハンっていたよねw

13話目
荘厳な音楽。戦いというより、戦争だね。

14話目
まさかの野沢さんw ジャンヌの弱さ、素敵なエピソード。

15話目
エル、いい感じで狂っていそうだね。絶対正義と絶対悪は近いものがあるしね。

16話目
ニーナ、あのバカ明るい感じ、良いわ~。壁ドンw 前作オッサン三人衆もいい感じ♪

17話目
ニーナの無駄な変装w なるほど、悪魔だから捕まえなくて良いと、自分に言い訳できる笑顔ね♪ 2度目のデート回。なんか、目的を果たして両目失明して、最後はニーナと竜の里でひっそり暮らすという、08小隊的なラストかな?

18話目
ニーナが自由に竜化できるようになったことに対して、「なぜ、今更」と涙を堪えるアザゼル、良いね。そこには、「あの時、竜化していれば同族が死なずに済んだ」というニーナに対する怒りと、「そもそもニーナに頼るしか無かった」という己の無力さに対する悔しさと、「愛されることを知ったから」というニーナの言葉で、「自分はニーナを利用しようとしていただけだった」という後悔の入り交じる、複雑な感情が表現出来ていました。圧し殺したような声(声優さんの名演)と、(泣きそうで)細かく揺れ動く表情(神作画)もあいまって、印象的なシーンになりました。

19話目
突き放す優しさ? 自らの弱さを切り離したい? 質の良い、ロミオとジュリエット。シンデレラ。ニーナはニーナで、「私ならなんとかできる(シャリオストの心を変えられる)」って思ったのでしょうね。

20話目
ドラゴン対ドラゴンのガチバトルって、結構珍しいよね。アザゼルとソフィエル強え~。つかラスト、衝撃だぁぁ。

21話目
エル、死んだか。ジャンヌの顔が怖い、、、。でも、子供を殺されたらそうなるよな。アレサドロ君、漆黒兵は伊達じゃない。盛り上がってきましたね。種族間の全面戦争、熱い。

22話目
ジャンヌに息子がいることは、オフィシャルにしていいの? 処女受胎だと知らせないと求心力落ちそう。ジャンヌ正論。王がエルを狙わなければ死ななかったわけだし。バハムートさん、堂々たるラスボス感w

23話目
ルシフェルの母艦、オーラシップっぽい(笑) アレンサンドロ、死に様がまた、やるせないな。黒騎士の登場シーン、格好よすぎるだろw ここでネクロマンサーの本領発揮(笑) いや、カイザル死亡は予想外。

24話目
なんかもう、物語りすぎて、感動。
{/netabare}

 サンキュー(23)
2017.10.14 01:55 u-iの評価 | 今観てる| 49が閲覧 ★★★☆☆ 3.9 評価対象: 神撃のバハムート VIRGIN SOUL(TVアニメ動画) 物語 : 2.5  作画 : 5.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

安定のクォリティ……だったはずなのに

一期から引き続き二期も視聴。
やはり劇場版並に綺麗な作画や演出は圧巻。
OPは一期の方が個人的に好きでしたが、EDはなかなか良い雰囲気。のほほんとした雰囲気のEDが出せるシリアスアニメはまず名作ですね、間違いない(あくまで個人の感想です)。

ただちょっと残念だなと思ったのは、一期でやっていた冒険要素がなくなってしまったこと。今回は王都を中心として事件が巻き起こるので、どうも外の世界を旅して回るということはなさそう。そのためか、一期ほど話のスケールは感じられません。登場人物もそうそう増えず、あくまで決められた範囲内で事件が起こるという感じ。
とはいえこれは好き嫌いの問題でもあります。両方の展開に長所と短所があり、かつトレードオフの関係ですので、仕方がないかなと思います。

重要なのはこの展開を堅実に進めていき、きちんと畳めるかどうか。今期でもトップを狙えるほどの面白さを秘めていると思いますので、今後も注目です。

後半からの流れでストーリー評価が落ちました。
以下最終回視聴後の感想
{netabare}
他にいくらでもやりようあったろうになぜこうなった、という印象です。
キャラの死、流れ、展開、描写、どれを取っても「もっと良いやり方がありそうなのに……」。
上記のいずれの要素にしろ、別にそれぞれ悪いとは思いません。主要キャラの死も効果的に使えていれば、悪いものではないんです。
が、その使い方が微妙。
「悪い!」「クソ!」というほどではない。けど、微妙。

特にカイザルの死は本当に微妙でした。
カイザルは一期から引き続き出ているキャラであり、二期でも中心に近い位置で動き続けたキャラであったため、彼が死ぬという展開はそれ自体がすでに衝撃展開です。
なので、彼が死んで失敗ということはまずありません。ありませんが、これでは「失敗ではない」というだけで、最低限の仕事しかできていません。「あのカイザルが死んだ! ショック!」でほとんど終わっているのです。
一応、物語上の意味づけはあったものの、それまでの流れの補強みたいなもので、彼が死ななくてもおおよそ展開は変わらなかったろうと思われます。

終盤に入って以降の展開、物語全体の選択がだいたいこのような「大きな破綻や失敗はないけど、こんなもん? これでいいの?」という印象になっています。
なんとも言えませんが、「失敗ではないが微妙」というのが全体通しての感想です。
{/netabare}

 サンキュー(2)
2017.10.13 10:30 scandalshoの評価 | 観終わった| 62が閲覧 ★★★★☆ 4.3 評価対象: 神撃のバハムート VIRGIN SOUL(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 5.0  声優 : 4.5  音楽 : 4.0  キャラ : 4.5

10年に1度、「???」が大暴れする街?住みたくねぇ~

最終話まで視聴。前シリーズも視聴済。

【物語】
大石静が脚本ということで、かなり期待していたけど、終盤がちょっと・・・。
{netabare}終わってみたら、何か普通っていうか、期待外れっていうか・・・。

{netabare}王の目的が「バハムートの復活ではなく、バハムートの討伐だった」ってところが見せ場だったんだろうけど・・・。{/netabare}

バハムートのパワーが前作より落ちてる?
アーミラの登場が唐突過ぎて、驚いた。{/netabare}

【作画】
見事としか言いようがない。
非の打ち所がない。

【最後に】
前シリーズからリタ推しだった私には大満足の作品でした。
最初から最後まで出っぱなしだったし、終始、大活躍だったし・・・。
何だかんだ言って、『亀の甲より年の功』って事でしょうか?
{netabare}カイザルの死は可哀想だったけど、ラストでゾンビ化したカイザルを見てホッとした。
これからはカイザルとずっと一緒にいられるね!{/netabare}

 サンキュー(22)
2017.10.12 00:21 buonの評価 | 観終わった| 15が閲覧 ★★★★☆ 4.4 評価対象: 神撃のバハムート VIRGIN SOUL(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 5.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.5  キャラ : 5.0

心劇の乙女

愛と憎しみの混沌。

『人』対『悪魔』の構図ができあがっており、
さらにそこに『神』が加わり三つ巴の対立が出来上がっていた。

出稼ぎ操作不能破壊兵器
『人』側だが種族の垣根を越えて平和を願う騎士、それを慕う者
堕天した『神』とアヒル
『悪魔』であり人の支配に抗うもの、それに助けられた奴隷
『人』の王

から物語が始まる。

{netabare}人からの悪魔への支配は奴隷、
命は軽んじられ使い捨ての労力・おもちゃとして扱われていた。

何も知らない者からすれば
「人間ひでぇ」「悪魔かわいそう」と思うのは自然の流れ。

悪魔が抵抗し続けていたが人に敗北し、完全なる人の支配が国を覆う。

アザゼルが捕まり、その流れでニーナもカイザルも捉えられ、
ムガロも引き離される。



ここまでの流れはかなり好きな方だった。

その後、ジャンヌやファバロに会ったりと仲間も増えちょっとした
すったもんだもあり、


ニーナ  無所属、王様が好き
カイザル 人だが悪魔・神、分け隔てなく平和を願う
ファバロ 人だが自由人
リタ   無所属、カイザル専属、悪魔寄りかな
アザゼル 悪魔、ムガロ大好き
ムガロ  神、アザゼル大好きだが男だ、ジャンヌが母ちゃん
ジャンヌ 人だが神寄り

この7人が集まって何をするのかとワクワクどきどきしていたが、
あっさり坊っちゃん騎士の気まぐれでムガロちゃんが殺される。

それがきっかけで戦争が始まり、
偶然にもバハムートが復活するタイミングで三大勢力が結集する、
もちろん思惑とは異なるところで。

何となくバハムートに親類を殺された人が、
王に集い、黒騎士集団になっているんだろうと思ってはいたが、
神にも抗う力で何と戦うんだろうとボケーっと観ていたら
まさかのバハ様とは思わなんだ。

オレはてっきり、強大な力に二度と悲しみを覚えないために、
神と悪魔をぶっ潰して人間の平和を築こうとしているのかと思っていた。
フタを開ければなるほど、そりゃあ命をかけるわな。


ただ、物語に納得はしていない。
なぜにムガロちゃんを殺したのか。

①人×巨大勢力
②人・悪魔・神×巨大勢力
のどちらかを予想していたが、
②の場合は状況を想定できなかった。
それでこの方法を取るかと・・・。

神を踏みにじるぐらいなら何とも思わないが、
悪魔を奴隷や玩具の様に扱っていたことが解せぬ。
『幽遊白書』の仙水が衝撃を受けた光景バリのことを人がしていたわけだが、
あの王がそんなことを許すようには思えない。
一方、あの王なら人間以外のものを残酷に利用するとは考えられるが、
やっぱりなんか腑に落ちない。


それでも王とニーナの物語はきれいに紡いでいたように思える。
理由は特にない、ただただ好きだと、好きになってしまったと動く感じは
ニョホニョホしたよww

王とニーナだけの話なら良かったが、
やっぱりバハ様。
一筋縄ではいきませぬ。

カイザルも死んでしまった。そして蘇る。
1期でのカイザルはただの復讐の鬼だったが、
今回はカイザルらしい騎士だった。

うざい、熱い、唐変木、しかし芯は強い。
この作品で唯一人、人・悪魔・神の平和を願い、行動に移していた。
その最初の最後は、王を守り、神と悪魔に殺された。

今回、ヒーローとヒロインがいるのであれば、
カイザルがヒーローだろう。

ちなみにカイザルのヒロインはリタ。

リタもメッチャ良かったが文章が長くなってきたのでこれくらいで。
{/netabare}


とある人物が殺されるまではメッチャわくわくドキドキしていたし、
最後まで見てやっぱり面白かったが、
どこかすっきりしない感覚が残った。

きっと「バハソウル」を気に入らなかったせいだな。

 サンキュー(6)
2017.10.11 23:58 情緒不安定のもなーての評価 | 観終わった| 18が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: 神撃のバハムート VIRGIN SOUL(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

タイトルなし

キャラクターが人間味あってシナリオも王道な感じで好きです

 サンキュー(3)

神撃のバハムート VIRGIN SOULのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
神撃のバハムート VIRGIN SOULのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。