新型コロナウイルス感染症(COVID-19/SARS-CoV-2)の感染拡大の影響を受け、一部作品の放送・配信時期に延期、変更が発生しております。
掲載している放送時期と異なる場合がありますのでご了承ください。

「ゆるキャン△ SEASON2(TVアニメ動画)」

総合得点
78.7
感想・評価
322
棚に入れた
1191
ランキング
452
★★★★☆ 4.0 (322)
物語
3.9
作画
4.0
声優
4.0
音楽
4.0
キャラ
4.1
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

ゆるキャン△ SEASON2の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

たわし(冨岡) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

知人がこの作品の影響でソロキャンプを始めたくらいです

アニメや漫画の影響でスポーツ選手になる人もいれば、本作品のように各地を放浪してキャンプを行う「ソロキャンパー」(一人でキャンプする人)もいるのです。

アウトドア志向というよりは、家族や友人とキャンプに行きたくなる「旅番組」的な側面が強く、そういう意味では非常に情景がうまくカットインされています。

まるで、絵画の風景画を観ているような雰囲気になるのが良いかもしれせん。
スタッフも実際にそこに注力を割いているでしょう。

因みにアニメ会社は前にも話しましたが、多摩や調布、三鷹、立川などの西東京に多く存在するので、実際に会社の旅行で高尾山に行ったり、山梨や静岡といった近隣の山岳地帯に旅行する人も多いです。そういった意味では意外とアニメと親和性が高いんですね。

やっぱり、狭い部屋でこつこつ作業することの一番の息抜きは、自然に触れて思いっきり羽を伸ばすことが健康にはちょうどいいんだと思います。

投稿 : 2021/04/21
閲覧 : 37
サンキュー:

13

ネタバレ

GAMMA さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 2.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

不便≠不幸 幸せのハンドブック

【視聴の動機】
第1期が名作だから。

【概要】
女子高生が週末キャンプする。
そして不便さの中で幸せを実感する。

【雑感】
「不便なことは必ずしも不幸ではない」
みたいなレビューをあにこれで見かけたのが、
私の心の中でドンピシャにハマっている。
(誰の記事か忘れた。リンク貼れず申し訳ない。)
"手間を惜しまない楽しさ"が分かる人にはたまらない作品。
舞台が静岡になり、キャラクターと海の新鮮な構図が見れる。
唐突に始まる『水曜どうでしょう』プッシュ。
ただただ原作者が好きなんだろうなと思った。
わかる、わかるぞその気持ち。

【オススメする視聴者層】
きらら系が好きな人、心が疲れている人、
現実には何も求めていない人、2次元を愛でることができる人。

【今後について】
原作者だけでネタを確保し続けるのは限界があるのではないか
と心配している。
あfろの遺志を継ぎ第2、第3のゆるキャン△を作ってくれる
次世代の若者が現れることに期待したい(勝手に殺すな)。

投稿 : 2021/04/21
閲覧 : 15
サンキュー:

10

ネタバレ

HataHata さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

1期に引き続き良アニメ。NHKで流すべき

1期楽しかったので当然2期も期待していた。
期待通りの出来で満足です。

1期がキャラ紹介と新しくできた関係性をじっくり描写したのであれば
2期はもう少しキャラの掘り下げ、関係性の深化、中級にステップしたキャンプの描写等々
THE2期的なストーリーを感じた。
しかしながら2期から見始めた人も、さらっと前情報を知っておけば十分に楽しめたのではないか。

良い意味で、重厚なストーリーではないので例えば実写版で知って2期から見始めたとかいう場合でも、違和感なく入っていけるような気がする。
きららアニメはそんなもんでしょって少し思ったが、ハッキリとストーリーがある作品・・・例えばまちかどまぞくやアニマエールは第8話くらいから見るとなると、なかなかストーリーを追いかけるのは大変ではないかと。
ゆるキャン△は人間関係が分かっておけば追うのは簡単かと思った。

日本ではバイクに乗っていて(もちろん帰国したらまた乗ります)
リンのおじいちゃんのバイクやオプション取り付けのシーンなど、バイク好きがおっ!と思う描写が1期より多めで楽しめた。
おじいちゃんがトライアンフ、お母さんがたぶんSR400?、お父さんは何乗ってたんだろ?
CB1100とかかもしれない。すくなくともフルカウルではないなぁ。

投稿 : 2021/04/21
閲覧 : 24
サンキュー:

12

ネタバレ

teji さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

めっちゃ 癒される・・

めっちゃ 癒される・・ キャンプはめんどくさいから いいけど・・
めっちゃ 一人旅に出たくなってきた・・ ただ ただ
めっちゃ 時間もなければ 金もない

投稿 : 2021/04/20
閲覧 : 11
サンキュー:

5

ネタバレ

ValkyOarai さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

過去の思い出の後、またキャンプに赴く

リコがキャンプ初心者だった頃に遡る
どうやら親がキャンプ用品を買ってきたから、やってみようと思ったようだ
あ、アカン、鍋焦がしてもうた...
飯はジップロックに入れときましたwww

でも腹減った。ってことで鞄を漁ったら、
あ、カレー麺...
これが1期に繋がることに...

そして1期終了後
なでしこは郵便配達のバイトをしていた
勿論皆も
リンは大晦日に伊豆へ向かうことに...

2話
リンが通りかかったお茶屋さん
そこで会った人が...
あれ?前のキャンプで会ったよね?

3話
おばあちゃんの所へ向かうなでしこ
そこに行く間、リンと合流して向かうことに
よし、鰻食べよ、特上を...
なん...だと...?
大丈夫だ、金ならある!

ばあちゃん家になでしこの幼馴染がおった
そこでキャンプ道具を使って餅を焼くことに

4話
さてバイトで貯めた金でどんなキャンプ道具を買おうかと考える3人
給料が出る前に、まずはタンプを立ててみるが...
ポールが無いってことで
ア ン タ が ポ ー ル
時期が経つ間に薪使い放題のキャンプ場は薪が有料になった模様

でも皆でやるキャンプもいいけどソロキャンがしたいと思うなでしこだった
だが次にやりたい短期のバイトが無い...しかも甲府が多い...
そんな中、
このエビ天丼に消化される...(´;ω;`)
いや冗談だ、バイト探してたんだろ、ここにある
ありがとう姉貴

で、やっとランプを買えました^^
が、購入後...あぶねえあぶねえ

5話
富士山駅にやって来た3人
だがなでしこはバイトなので不参加
さていつもの温泉や~
だがその前にキャンプショップで買い物~
そこのカリブー君に抱き着き、露天風呂に赴くのだった
ふう...
だが、キャンプ場にて岬の先にテントを張るのは駄目ね~
デスヨネー

6話
大間々岬にて
そこで他所の人と触れ合うのだが
スマホの電源が落ちてしまい...
しかも夜は-15℃まで下がる...
そこでリンは先生に向けて伝言を...

7話
なでしこがソロキャンに行きたい模様
そこで言い訳を考えないと、姉貴が五月蠅いから...
でもまず天気予報や、電波が通るか
それと泊まるキャンプ場の施設を調べておかないと
行った先、姉貴に教えて貰った店で昼食を
しぐれ焼きっていうもんだが
...美味そう...ジュルリ

一方、リンはなでしこの姉貴を発見し、尾行...
だったが....なーにしくさっとんねん...

8話
一人でキャンプに赴いたなでしこ
でも晩飯は炊事場にて...
魔女...?www
どうやら野菜のホイル焼きを作っていた模様
そこに二人の少女が...
おっ食べるかい?

因みにリンは電波が繋がらなかったのでやって来ました
無事を確認した帰り...
オ   バ   ケ

じゃなくて姉貴でしたwww

9話
今度は皆で伊豆に行こうってことで
試験にバイト~
尚、リンは先に深夜から向かうことに
だが途中まで爺ちゃんと...

10話
さて翌朝、なでしこ達も伊豆に向かうことに
どんなキャンプ飯を食べるのか?
途中の昼飯で、先生はフォークとナイフでバーガーを食べてました。器用なこと
だが酒には勝てん...3週間以上禁酒してるから...
おーい、飲んだらキャンプ場いけねーぞwww
だったが、へ?キャンプ場やってねーじゃん...
ってことで、助け船を...

また長距離を走って、やっととうちゃ~く
そこで山の上へ競争しようと言い出したのだが...
あ...

11話
今日も続き~
しかし、風呂上がりに悲劇が...
おい先生...
その後代行サービスを経てとうちゃ~く
その晩飯でもまた...どんだけ飲むんだよwww
だが残ったアヒージョの汁を使って...
シ メ が パ ス タ
贅沢やな~~

食事後は片づけて、映画鑑賞~
ってがっこうぐらしもといゾンビぐらしじゃねーかwwwww
その後就寝と思いきや、目が冴えてちょっと会話したなでしこだった
その朝、リンは一人で...
露  天  風  呂
探さないでくださいのメールを残して...

12話
翌日、一行は堂ヶ島に赴くことに、ヤキニクロードが懐かしい...

投稿 : 2021/04/18
閲覧 : 174
サンキュー:

14

ネタバレ

MuraBustan さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ほのぼの面白い

二期も変わらず微笑ましく面白い。

投稿 : 2021/04/14
閲覧 : 15
サンキュー:

7

ネタバレ

cLzNA78240 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

一期に比べると

コメディ要素が少なくなった気がします。家族が出演することが増え、現実感が増し、視聴者側にも予算の出どころなどを想像させるような内容になり、屈託の無い日常ファンタジーではなくなりはじめています。原作未読ですが、先が心配です。しかし相変わらず魅力的なキャラクターが作るこの世界は楽しく安定感がある。マナーを守ったキャンプをしましょうね。

投稿 : 2021/04/11
閲覧 : 11
サンキュー:

4

ネタバレ

ハニワピンコ さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

完成された空気感 雰囲気

安定して良かった。いい感じの距離感でゆるーくアウトドアしてる画がずーっと映されてるのが良いんだよ感

後半は伊豆キャンプで、基本観光地巡りをしつつキャンプもしていたが、もはやゆるトラベルと言っても差支えがないくらいの割合だったかな。けど、なでしこ達が何かしてるのを見てるだけで面白いから見ていられた。これは、1期で空気感が完成され、見てる側もすんなり入っていけるからこそ

映画化が決定したが、正直この作品は家でゆっくりしながら見ていたいとは思う。本編じゃなく外伝だとしても、他の日常系の外伝系でよくある旅行を本編でもう既にやってるし、この作品の強みである、まったりキャンプを見て癒されるってのも映画とは合わない気がするが、ドラマも成功させたし何とかなるやろと期待してる

投稿 : 2021/04/10
閲覧 : 17
サンキュー:

6

ネタバレ

haruto さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

2021.4.9

2021.4.9

投稿 : 2021/04/09
閲覧 : 22
サンキュー:

2

ネタバレ

ねっち さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

このコロナ禍においてこの作品が刺さらないわけが無いんだよなぁ

一言で言えば最高でした。最終話まで一切飽きることなく楽しませていただきました。
ゆるキャンはゆったりとした雰囲気だったりに目を奪われがちですが会話劇が結構好きだったりするんですよね。ちょっとした会話がクスクスと笑えてなんでもないシーンが楽しかったです。
ゆるキャンを見ることで自分も小旅行に行ったような気分になり、旅行前のワクワクや旅行中の楽しさ、旅行が終わったあとの少し寂しい、でも心地の良い余韻をしっかり感じ取らせてくれました。
ひとつだけ個人的な意見を言うと後半はやや会話にプロットを当てすぎてしまい、ゆるキャンの良さである「間」が少し損なわれてしまったかなと思いました。とはいえ、最初から最後まで安定して面白く、最後にはしっとりとした余韻が残る最高の作品でした。

88/100点

投稿 : 2021/04/08
閲覧 : 40
サンキュー:

8

ネタバレ

まさとん さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

極寒の山中湖から春の伊豆まで

あfろ先生の連載マンガのアニメ化第2期です。2021年1月から1クール全13話放送でした。
めずらしく最終回が4月に飛び出す構成。

ストーリーはほぼ原作通りでキャンプやイベントの順番も原作と変化はなし。
ただし第1話のAパートは、原作では一言程度で終わっていたリンの初キャンプの
過程が描かれていて、ここはアニメオリジナルです。

ずっと文字通り「ゆるい」テンポで進みます。
序盤は静岡から浜松へ。なでしこの幼馴染の綾乃も黒沢ともよさんがダウナー
系の声でいい味出していました。今回ではこの回だけでしたが、3期か映画かで
触れるであろう大井川キャンプでは出ずぱっりになるでしょうね。

中盤は野クルメンバー+斉藤で本栖湖でキャンプするも準備不足情報不足であわ
やの場面も。富士山麓での冬キャンプは女の子だけでは無謀だよねえと。

終盤はレギュラー陣で伊豆キャンプへ。まるまる3話を使ってほぼ一周しています。
ずっと単車のリンは疲れるよなあと。男でもようやらんでしょあんな回り方。

毎回のように出てくる食事シーンも見どころのひとつでした。浜名湖のうなぎって
結構高いんですよね。浜松市内で過去2回位食べたことありますが、場所代とか
関係なく地元産を使うから道理ですが。あたりまえですがチェーンの牛丼屋が
出しているゴムみたいなやつとは段違いです。リンが「こんなの食べたらまた
浜松に来なくちゃいけなくなる」のは事実だろうと思います。

第1期と比べるとリンも全体で動くことが多くなってきて「ソロキャン」的な行動
は減っています。クリスマスキャンプで距離が近づいたのか、それぞれの呼び方
も下の名前呼びが増えてきていて友達付き合いが強くなってきています。

そういう成長を見ていくのも楽しみのひとつかもしれません。

※ちなみに第3話でなでしことリンがうなぎ蒲焼を食べていますが、この場面も
充分にきちんと取材して作られていておいしそうに作画されていますが、4月から
開始のドラマ版の方でも同じ場面が出てきます。
リン役の福原遥さんが実においしそうに頬張っています。
実写でうなぎは反則です・・。

投稿 : 2021/04/06
閲覧 : 52
サンキュー:

26

ネタバレ

まつまつ さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

野クルメンバーの成長が感じられた今作

1期に比べてCGが良くなったのか作画が進歩していた。

今回はなでしこがソロキャンデビューしたり、大垣、犬山、斉藤チームで命懸けのキャンプをしたりとそれぞれの成長を観る事が出来た。
失敗から色々学ぶんだよ(´ー`*)ウンウン

そして皆キャンプ資金調達の為、バイトを始めたりと良く出来た高校生だよ。

今作メインとなる舞台は伊豆。
ご当地ネタ満載そして水〇どうでしょうネタを時々ぶっこんで来る。

鳥羽先生も登場多数なので酒ネタもあり。

志摩リンはソロキャンパーとしても引き続き邁進していたが、グループキャンプの楽しさにも目覚めて行く。

リンちゃんは今回、野クルメンバーの成長を見守って行く役で大活躍。
そして家族全員バイク乗りだったという真実もあり、志摩家の遺伝だった事も判明。

3期もあるならどこが舞台になるのだろうか?
今後の成長も楽しみになってしまう作品。

投稿 : 2021/04/05
閲覧 : 28
サンキュー:

11

ネタバレ

すぴりっと さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

終わっちゃった

海洋センターだ。
あの銭湯入ったよー。
行ったことあるとこ出てくるとテンション上がるー。
海は砂浜で釣り人いっぱいだった。
なんか色々思い出しちゃうね。
知ってるとこ出てきて知ったけど、観光スポットだけじゃなくて道中のなんでもない道なんかも雰囲気似ててびっくり。
凄いな作者。

松ぼっくり、あんな声聴こえたら燃やせんくなるわ笑

おじいちゃんかっこええ。

パーフェクトしまりん笑笑笑

今回も面白かったです。
キャンプはなかなかハードルが高いけど、車でびゅーんとどこかに出かけたくなる。
優しい世界と魅力的なキャラクターに癒されつつ小ネタで笑えて出かけた気にもなれる、なんだか欲張りなお得用パックのお菓子みたいな作品です。

投稿 : 2021/04/05
閲覧 : 89
サンキュー:

14

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

つづきだからできれば1期を先に見たほうがいいけど、2期からでも大丈夫って思う。。

公式情報 https://yurucamp.jp/second/#index
{netabare}
INTRODUCTION
{netabare}
ただいま。
「晴れてよかったね」から3年。
彼女たちの新しい朝が、いつものように始まる――。

2015年の連載開始からキャンプブームを牽引し続ける、あfろ原作の『ゆるキャン△』。原作コミックスは累計450万部を突破し、20年1月にはスピンオフアニメである『へやキャン△』も放送されるなど、未だ勢いは衰えない。美味しいごはん、綺麗な景色、素敵な場所。そんな何気ない日常と非日常の積み重ねを描く『ゆるキャン△』は、遍く人々の心を捉え、魅了し続けてきた。
そしてついに、TVアニメーション第一作目から3年の時を経て、再びこの稀代の原作の映像化に挑むために、第一作目のチームが結集した。
監督は京極義昭。初監督でありながら『ゆるキャン△』を成功に導き、TAAF2019では監督・演出部門で個人賞を受賞。監督のパートナーとなるシリーズ構成・脚本には、丁寧な作劇と登場人物の感情を描くことに定評のある作家、田中仁。京極義昭の持つ、リアリティに根ざした圧倒的な演出と、田中仁による精緻なシナリオは、『ゆるキャン△ SEASON2』に新たな風を吹き込んでいく。
等身大の女子高校生像をみずみずしく表現するためのキャラクターデザインには、佐々木睦美。『SEASON2』でも総作画監督を兼任し、キャラクターの魅力を徹底的に表現していく。
音楽は、立山秋航が続投。アイリッシュ・ミュージックを中心に、民族音楽を巧みに取り入れて制作された唯一無二のゆるキャン△サウンドは、立山秋航抜きでは奏でられない。
そしてアニメーション制作はC-Station。『SEASON2』でも通算10回以上に渡るロケハンを敢行し、山梨・静岡など登場人物たちが訪れる風景を見事に描き出していく。
更に声の出演も、花守ゆみり・東山奈央など、お馴染みの役者たちの再結集が実現した。

2021年の冬は、一緒に旅に出よう。
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:あfろ(芳文社「COMIC FUZ」掲載)
監督:京極義昭
シリーズ構成:田中仁
キャラクターデザイン:佐々木睦美
プロップデザイン:山岡奈保子 井本美穂 堤谷典子
メカデザイン:遠藤大輔 丸尾一
色彩設計:水野多恵子(スタジオ・ロード)
美術監督:海野よしみ(プロダクション・アイ)
撮影監督:田中博章(スタジオトゥインクル)音響監督:高寺たけし
音響制作:HALF H・P STUDIO
音楽:立山秋航
音楽プロデューサー:村上純
音楽制作:MAGES.
企画・プロデュース:堀田将市
制作プロデュース:DeNAコンテンツ企画部
アニメーションプロデューサー:丸亮二
アニメーション制作:C-Station
製作:野外活動委員会

主題歌
OP:「Seize The Day」亜咲花
ED:「はるのとなり」佐々木恵梨
{/netabare}
キャスト{netabare}
各務原なでしこ:花守ゆみり
志摩リン:東山奈央
大垣千明:原紗友里
犬山あおい:豊崎愛生
斉藤恵那:高橋李依
土岐綾乃:黒沢ともよ
各務原桜:井上麻里奈
鳥羽美波:伊藤静
犬山あかり:松田利冴
ナレーション:大塚明夫
{/netabare}
{/netabare}

1話ずつの感想


第1話『旅のおともにカレーめん』
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
みんな忙しい師走の年末。なでしこ、千明、あおいの野外活動サークルと恵那はアルバイトに勤しんでいた。そして同じくバイト中のリンは、年越しキャンプの計画を立てていて。
{/netabare}
感想
{netabare}
前半は、リンがはじめてキャンプをしたときのおはなし。。

使わなくなったキャンプ道具をおじいさんが送って来てくれて
へやキャンしてみたらいい感じで
パパにキャンプ場につれてってもらって、パパはロッジで待ってる間
リンはひとりでテントを張ってキャンプ。。

外で読もうと本を持ってたけど寒くって
火を焚こうって思ったら火のつけ方が分からなくって
通りがかりのおじさんに教えてもらった。。

でもご飯もうまく炊けなくって
外はこげたけど、中は芯があって食べれなかった。。

それでお腹をすかせてたら
非常食を入れといてくれたって、お母さんから電話があって
おいっしいカレーヌードルが食べられた。。

本は読めなかったし、いろいろうまくいかなかったけど
それからキャンプが好きになったんだから、楽しかったみたい^^


後半は、冬休みのバイト。。

なでしこは郵便屋さんの外回り、恵那は内勤^^
犬子はスーパーのレジ係で、リンは本屋さん。。
みんなそれぞれお正月休みが取れて、どっかに行くとか話してたけど
千秋は酒屋で1人だけお休みなし。。

でも、みんながおみやげ買ってきてくれるって言ったからハッピー♪
って浮かれてたら、店長さんからサボるなっておこられちゃったw


リンは伊豆でも行こうかなって思ってたら
パパに道が混むかも?って言われて、磐田の海沿いに行くことに。。

そこは前におはなしに出てきた早太郎がいるとこみたい^^

リンが朝早くバイクで磐田に向かって、なでしこの家の近くを通りかかると
コンビニから出てきたなでしこに呼び止められて
カレーヌードルをもらって、いってらっしゃーい!って
送り出されたところでEDオシマイ^^



にゃんは知らない人に話しかけたりできないから、リンはすごいなぁって^^

マキまで割ってくれるって、すごいやさしい人って思ったら
パパからたのまれてたみたい^^リンのパパもやさしいよね^^

にゃんは人に聞くのがニガテだから、何かするときはよく調べてから。。
本もいろんな人のを借りて最低3冊は読んで勉強してからじゃないと
こわくって始めれないかな^^

でも、ご飯を炊くのはうまいと思う^^
たく前に30分間水につけておくと、いっきに強火にしても失敗しにくいし
プチプチはじける音がし出したら弱火にすれば、鍋でも上手に炊ける^^

でも、水がいっぱい使えるんだったら
たっぷりわかしたお湯で、パスタみたく6~7分ゆでて
ザルにあげるほうが失敗しにくいかも^^


にゃんはバイトって言っていいのかよく分からないけど
高校が商業系だったから
夏休み、学校の紹介で市役所でお仕事したことがあった。。

窓口に行って資料を取ってきたりとか、ほとんど雑用で
お給料はそんなにもらえなかったけど、することもほとんどなくって
5時で終わりだし、卒業生の先輩に外の視察につれてってもらったり
町の観光みたいで、おもしろかった^^


それで、アニメのおはなしにもどるけど
さいごにリンがカレーヌードルをもらうところがよかった☆
{/netabare}
{/netabare}
第2話『大晦日のソロキャンガール』
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
大晦日。静岡までやってきたリンは、海を満喫しながらキャンプ場で一年を終える。一方なでしこは元日もアルバイトで大忙し。そこにリンたちからメッセージが届いて……。
{/netabare}
感想
{netabare}
前半は、リンの静岡キャンプ^^


海なしの山梨から来たりんは
叫び出したい気もちを押さえて海の写真50枚撮ったw

にゃんはあんまり写真って好きじゃないかな。。自撮りとかもしないし^^

景色の写真って、その場で見たときはすごいって思った夕焼けとかも
写真で見るとさえなくってがっかり。。見本サギの逆バージョンみたいw

アニメの聖地の写真なんかでも、人とか看板とかがゴチャゴチャしてたり
緑が枯れてたりしてあんまりきれいじゃなかったりするけど
アニメの背景が本物よりきれいなのって
美術担当の人のフィルターがかかってるせいだと思う。。

たぶん自分の頭の中にある景色のほうがきれいなのも
自分のフィルターがかかってるせいかも^^


それからお母さんにたのまれたお茶を買いに行ったら
1期でほうじ茶をもらったお姉さんがお店番してて
そこで2000円のお茶の味見させてもらってまったり^^

それで買ってお店を出てメールしたら
「そこは2Fがカフェになってる。。1000円多く渡したでしょ(^_^)b」
って、言われなかったら消費税分かな?って思っちゃいそうw

抹茶ティラミスおいしそうだったけど
ほかにお客さんがいなかったのが気になる^^


とちゅうで配達してたなでしこが、空が曇ってきたの見てるシーンがあって
「?」って思ったけど、静岡は関係ないよね?って思ったら
あとでしまりんが2日よけいにステイすることになる伏線だったんだ。。
天気予報がはずれちゃったのかな^^;


神社に行ったら3代目しっぺい太郎は何年前に死んじゃったって。。

それでりんは恵那に電話して
飼い犬のちくわが死んじゃったらこわくない?って聞いたら
「悲しいけどしかたない
だからいっぱい遊んで、楽しかったって思ってもらいたい」って。。

でも、恵那のほうが早く死んじゃうかもしれないから
恵那だって楽しかったって思えるようにいっぱい遊んだ方がいいかも^^


りんは火を起こすのも慣れてきて、フェザースティックを使うように。。
松ぼっくりさんの「チョマテヨ!」がかわいかった^^


年越しそばはこれでかんたんに。。って言ってそばを出してたけど
なめこにネギ、玉子、のり、魚のフライ、七味って
ぜんぜんかんたんじゃないよねw


リンと千秋のメールの交換で
「ギフトカード2万円分送っとく、使用済みの」
ってゆうのがおかしかったw

千秋は「お年玉はギフトカードでいいよ」とかじょうだんにでも言うから
あとでちび犬子ちゃんにもねだられるんだよね^^


なでしこが「こっち雪降ってる♪」ってゆうメール送ってきて
このときは楽しい感じしかしなかったんだけどね^^


後半は、千秋と犬子と妹のちび犬子が先生の車で初もうでに行くおはなし^^

ちび犬子は千秋のこと大好きみたいで
さっそく背中に雪玉入れてイタズラするくらいテンション高いw


ロープウェイが混んでたけど
にゃんは、高いところも混んでるところもニガテだからパス^^


どうでもいいことだけど、くし切団子の串をふつうのハサミで切ってたから
はさみがすぐ切れなくなるんじゃないか心配w

にゃんのお兄ちゃんが中学のころ
ギターの弦を切るのににゃんのハサミを持ってって
刃がボロボロになったのを返してきて、ケンカしたことあったから^^


甘酒とお団子、おいしそうだったけど
にゃんは甘酒もにおいがきつくって飲めないから、できればおだんごだけw


顔出し看板の千秋もおかしかったw


初日の出は山より海のほうがすごいかも。。

鳥居の真ん中から日がのぼるところは
ほんとに「あー!」って言っちゃいそう^^


りんが、豚足カレーを食べようって思ってたのに
ピザとポトフのユウワクに勝てなかったところがおかしかったW

ピザもポトフも家で食べれるけど
外で食べるともっとおいしいんだろうな。。
でも、ピザはすぐさめちゃいそうだけど^^


千秋がダイヤモンド富士を見ようとして
車で身延山からの山道をいそがせたら
時間をまちがえてて、とっくにお日さまが昇ってたw

千秋はみんなからうらまれたと思うけど
きっと、ふつうに初日の出を見れたより思い出に残りそう☆彡


恵那の初日の出はもうお昼w


そしてりんママから、こっちは雪でバイクはあぶないから
おじいちゃんがむかえに行くまであと2日待ってて。。って連絡があった!

いくらキャンプが好きだって、あと2日って。。
{/netabare}
{/netabare}
第3話『たなぼたキャンプと改めて思ったこと』
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
なでしこのお正月は静岡のおばあちゃんの家でのんびり。先に現地にいたリンも誘って浜名湖のうなぎに大満足! お腹も膨れて家に着くと、なでしこの幼馴染の綾乃が出迎える。
{/netabare}
感想
{netabare}
2、3日はなでしこも静岡のおばあちゃんちに行くことになって
リンと合流することになったの。。そのとき、幼なじみも来るって^^
寒い中、ずっと外でキャンプにならなくってよかったね^^

特殊OPの風景。。でっかい風車がすごいね^^
そのままキャンプ場に。。一泊420円ってビックリ!

それから浜名大橋までバイクで行った
大橋を見上げるのもおもしろそう^^

真冬なのに海岸の砂があったかい、ってすごい。。
リンが読んでるのが「秘密結社のつくり方」で
どっちかってゆうとぼっちが好きなリンが読んでるとおかしいw

マップを検索しながら見てるけど「弁天楼」は「開春楼」のことみたい^^
初日の入りまで鳥居にしずむって、すごいかも^^

リンが寝ながらおみやげの検索してるころ、なでしこは家を出る。。
お姉ちゃんが見送ってくれるって、いいお姉ちゃん。。
ふつうだったらママとかだと思う^^


おみやげは「しず花」ってゆうお店のいちご大福で
4個買おうって思ったら、みんな50個も買ってくってw

なでしこは大判焼きを持ってGO!^^
それで浜名湖佐久米駅で待ち合わせ。。あけおめの後は
「おもしろいの見られるよ!」で鴎だらけのホームw
キップ買わなくっても入場できるのかな?

ちなみに駅で会った時、後ろに見えた牛みたいな建物はお手洗いみたい^^

ウナギを食べに入ったお店で
ナデシコがかってに特上をたのんでビビるリンw
でも、お父さんが「リンにお世話になってるから」って
お金を渡してくれたってリンの分まで出してくれた♪

これっておじさんからのお年玉なのかな^^
残金1290円だったらビビっちゃうよねw
でも家に帰ったら、たぶんお年玉とかもらえるから大丈夫そう^^

ウナギを目の前でさばいてくれるみたいだけど
なでしこは血を見るのがこわいからって目を閉じてた。。
にゃんも血を見るのはイヤだけど
その前に、目の前で殺してるって思ったら引くかも。。

値段見たリンは目が飛び出ちゃってたけどw

にゃんは何か気もち悪くって食べないからいいけど
そう言えばウナギって血に毒があって、目に入ったら失明するかもって。。
傷口に入っても大変だし、外のぬるぬるはもっと危険だから
ウナギのつかみ取りとかしたときは手を洗わないとヤバイみたい^^

ただ、60℃で5分加熱すると毒はなくなるから
ふつうにかば焼きを食べてもぜんぜん大丈夫って◎


それからバイクを押してなでしこのおばあちゃん家まで。。

おばあちゃんのあとで、幼なじみの綾乃ってゆう子が出てきたけど
人のおばあちゃん家でくつろぎすぎw
でも田舎の方って、村中みんな親戚みたいだったりするよね^^

綾乃のおみやげはうなぎパイで、そこからなでしこの中学の時の話になって
写真を見たら、なでしこの顔がお月さまみたいw
やせた秘密はお姉ちゃんに言われて、浜名湖を自転車でグルグル。。ってw
1周は50㎞~85㎞くらいあるから、マラソン2回分。。やせるハズだよねw

それからキャンプのことをいろいろ聞かれて
実際にアウトドア(玄関の外w)でおもちをやいてみたw

それからみんなでTV見たり人生ゲームしたり(定番だよねw)

ちょっと気になったのは、おばあちゃんがネコと2人暮らし。。
さびしくないのかな。。綾乃がときどき来てるのかな?
キャンプだとソロでも、さびしいも楽しい、とか言ってられるけど。。

それからバイト帰りの綾乃と3人で浜名湖の展望台に行って夜景を見て
なでしこはラーメン(帰りは自転車でまたカロリー使うから?w)
あとの2人はお茶^^

そこで綾乃とはお別れ。。温かくなったら山梨に来るって^^

次の日おじいさんがリンをむかえに来てオシマイ。。


オマケの犬子さん。。ウソがすぐバレるようになったw
{/netabare}
{/netabare}
第4話『バイトのお金で何を買う?』
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
冬休みも終わり、次のキャンプについて相談しあう野クルメンバーたち。なでしこの頭の中は食べ物のことでいっぱい……と思いきや、ソロキャンにも興味が沸いてきて……。
{/netabare}
感想
{netabare}
冬休みのあとの野クル最初の活動はみやげ話とおみやげの味見w

栗きんとんクッキーサンド、おいしそう^^
すっぽんビスケットはどうなのかな^^;

そう言えば
日本ではクッキーは高級、ビスケットは子供のおやつってゆう感じだけど
アメリカでは、日本のビスケットやクッキーはぜんぶ「クッキー」で
「ビスケット」は柔らかい菓子パンみたいな物のことみたい。。

たぶん、それでKFCではスコーンみたいなのをビスケットってゆうのかも。。

でもイギリスには「クッキー」という言葉自体がないから
両方とも「ビスケット」って呼ばれてて
あと、サブレーはフランス語で、ビスキュイ(ビスケット、クッキー)より
バターとかショートニングの量が多くてさっくりした食感のものみたい^^


それから千秋がバイトのお給料で買ったヘキサゴンタープの組み立て。。
タープポールを忘れてきちゃって、一方は気に結んで
片方はジャンケンで負けたなでしこが。。ってかわいそう^^;

それからグランドシートが5百円くらいってゆう話になって
みんながバイト代をどう使うかって。。

なでしこはあのランタンが目当てで、毎日のように見に行ってるみたいw
犬子はリンみたいなローチェア、千秋はハンモックがほしいんだって^^

ふつうは飲食とかあそびに消えちゃうかも^^

それからマキが一束300円だけど、あっとゆう間に燃えちゃうって。。
でも、木を切って、それを細かくしてるんだから手間がかかってるよね。。
太い木が置いてあって、自分でやれって言われたら
300円って安いって思うんじゃないかな^^


それから3人はリンと恵那にもバイト代の使い道を聞いたら
恵那はテントをオーダーしたって。。イヌ用のw
自分は誰かのに入れてもらうって。。

ちくわがテントにいるの、べつに見たくないってゆうリンはツンデレだね^^


バイト代が近づいてきて、ナデシコの顔がゆるみっぱなし^^
また、ひとりであのランタンを見に行った帰り
次のキャンプの食事を考えるなでしこ。。

リンの言ったことを思い出して、ソロキャンやってみたいな。。って思って
さっそく家に帰って情報誌で次のバイトをさがすけど
身延のあたりはあんまりバイトがないみたい。。
年末はどこもいそがしいけど、年が明けるとお仕事もすくなくなるのかも^^

お母さんに相談してたけど、お母さんお姉ちゃんなでしこ、みんな似てるw


なでしこは学校で野クルの2人と話してて
携帯じゃないカイロの情報を聞いて、お姉が外に出ると手が冷たい
って言ってたの思い出したみたい^^


それから帰るとちゅう、お姉からおいしい天丼屋があるから
って呼ばれて行ってみたら
尾頭付きの大エビ2本が乗った立派な天丼で1700円^^
なでしこのいそぎ方がおかしかったw

それでお姉に、食べていいの^^って聞きながらもう食べ始めてると
今日、あんたの給料日だからおごってもらおうって思って、って。。
真っ白になるなでしこがおかしかったw

それであわわわして、さっそく言いわけするなでしこに
冗談よ。。って求人募集の張り紙を見せるお姉^^
無表情キャラだけど、やさしいお姉ちゃんでうらやましいな☆彡
食べ物屋さんのバイトって、おいしいマカナイが食べれそうw

ホッとして笑顔にもどるなでしこもおかしかった^^


それから楽しみにしてたランタンを買ったなでしこは
もう1つの物も買ったみたいだけど、カイロだってすぐ分かるよね^^

ランタンはガラスだから気をつけろって言われたそばから落としそうになって
アセったなでしこだったけど、下に箱が置いてあるのって危ないよね^^

それから特殊EDで、こっそり車にカイロを置いておくなでしこ。。
次の朝、メッセージとカイロを見ながら
この前、キャンプ資金にするからって言いわけしてたのに
ムリするなよって言いながら、お姉の心がほっこりしたみたい^^



今回はキャンプには行かなかったけど、よかった♪

でもバイトはじめたら、なでしこはいそがしくなっちゃうんじゃないのかな?
{/netabare}
{/netabare}
第5話『カリブーくんと山中湖』
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
山中湖でキャンプをすることになった千明、あおい、恵那。新品のキャンプ道具を買い、温泉に浸かり、風呂上りのアイスまで食べて、キャンプ前に富士山周辺を楽しむ3人だった。
{/netabare}
感想
{netabare}
今週は千明、犬子、恵那の3人で山中湖にキャンプに行くおはなし。。
なでしこはおそば屋さんのバイトがはじまったみたい^^
ってゆうか、あそこって、天丼屋さんじゃなかったんだw
丼ものの方がおいしいおそば屋さんってなんだかおかしいw


恵那は2度目のキャンプだけど
野クルもなでしこが入ってくるまでキャンプしたことなくって
そのあと2回しかキャンプに行ってないから
自分たちだけではほとんどキャンプしてない3人w

でも野クルって「野外活動サークル」の略で
キャンプ部なんて言ってないから、それで当たり前なのかもw


3人はバイクでも自転車でもなく、電車で「富士山駅」について
さっそく千明がコケて助けようとした犬子も。。
それで恵那に助けを求めたけど、恵那はそんな2人を見すてて写真撮ってたw

そのあと山中湖行き二日間のり放題のバスチケット買ったけど
1日5~6便しか出なくって、外に出たらもう来てて、あわてて乗った。。

予定は富士吉田のカリブー→山中湖の温泉→スーパー→キャンプ場の順^^

「温泉をはずさないところがナイスやでb」って犬子がほめてけど
男子視聴者の声がダブって聞こえそうw

千明が「人が働いてる時にするキャンプほど楽しいもんはねーぜw」って
さっきの恵那もキチクだったけど千明もワルw

でも、リンなんかいつも1人で行ってるよね^^


富士山レーダードーム前についたら息が白い。。
よくこんな寒そうなところでキャンプするなぁw

ここは道の駅で富士ビール館もあるって。。
わざわざ富士山までビールのみに来なくってもwって思ったけど
鳥羽先生みたいな人って多いのかもw


お店に入ってさっそく犬子がカリブーくんに抱きつくと
千明は上から目線で「さっさと行くぞー!」って。。
でもカリブークンの誘惑には勝てなくって自分も抱きついちゃったw
何ならお店を出るときもw

抱きついた犬子が「モフモフや~♪」って言ってたけど
抱きついたところはダウンジャケットなんだけど。。w

プラスチック製の木皿もどきは手入れが楽♪って、千明。。
この前、千明の買った木の器は、サボテンの鉢になったみたいw

千明はハンモックをさがしてたけど軽くっていいのがなくって
店員さんに相談したら、何かを組み合わせて。。って言われて
それを買ってたけど、何だったのかな? 

にゃんは
ハイチェアとローチェアを組み合わせてハンモックがわりにするとか?
って考えたけど、どうなるのか楽しみ♪


それから温泉。。38℃のお湯で、外に出たくない3人。。
温泉からいっしょに出ようって言ったのにうらぎられた千明w

信玄餅の入ったソフトクリームっておいしそう^^

それから千明のきりたんぽの作り方。。かんたんそうだね^^
野菜は「豚汁の具」セットで。。作り方も。。みんななでしこからw
さすがナベしこ!俺の嫁論争w

野外でワカサギの天ぷらっておいしそうだよね^^
でも釣りたてだからおいしいのかも^^


山中湖に着いた♪
形がローストチキンみたいってw

ハンモッカーズカフェは冬はお休みだって。。
冬は人がいない分すいてていいけど、休みのところも多いのかも^^

でもあおいが「遊覧船とか美術館とか、お店もあるし♪」ってフォローすると
「すまーん^^あたしが予約したとこ向こう岸で周りに何もないんだわーw」
って、千明w

そんなところを選んだわけは
山中湖で唯一、岬に泊まれるキャンプ場の大間々岬キャンプ場だから^^で

「岬の先で設営すれば
湖の真ん中でキャンプしてるような不思議な感覚を味わえるに違いない」
って、みんなで盛り上がってたけど、管理人さんの

「岬の先でテント張っちゃだめだよー。。あんぶねーもん」って。。
にゃんもそんな感じじゃないかなって思ってたw


Cパートはキャンプ場で
動物とか木とか、松ぼっくりの声が聞こえるようになったリンの悪夢。。

木とか松ぼっくりに火をつけたら、松ぼっくりたちの悲鳴が聞こえて。。
ってホラーだったけど、リスまで燃やしてなくってよかった^^;
{/netabare}
{/netabare}
第6話『大間々岬の冬』
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
山中湖湖畔のキャンプ場に到着した千明、あおい、恵那は、見晴らしのいい岬でのんびり。だけど、だんだん日が沈んでくるとあたりは寒くなり、キャンプどころじゃない!?
{/netabare}
感想
{netabare}
山中湖でキャンプをする千明、あおい、恵那
周りに人がほとんどいなくって、いいところ。。

「冬キャンはええね^^」とか言ってたけど
このときはあとで大変なことになるなんてぜんぜん考えてなかった3人。。

テントとタープを張ってからチェアの組み立て。。
やっぱり千秋はチェアを2つ組み合わせてハンモックがわりにしてた♪

そこにちくわっぽい犬があらわれて、飼い主さんが追いかけてきた^^
イヌの名前は猪口。。飼い主さんは酒屋さん^^
千秋とは話が合うかもw

それから3人がさんぽしてると
湖でラジコンの水上飛行機を飛ばしてる人たちを見かけたの^^

岬の先でキャンプはできないから、チェアでまったり。。
恵那がチェアなしで座ってるの見かねて、千秋が1つ貸してくれた。。
やさしいな☆

それからリンに写真を送った千秋が
携帯のバッテリーが少ないのに気づいて、電源を切ったの
寒いところって、ふつうより電気を使うみたい。。

千秋がノンアルのカクテルを作ってみんなにサーブ。。

リンは家で、焚火台グリルのスス落とし。。
パイプクリーナがいいって言ってたけど
劇薬だから、にゃんは重曹をとかした水につけておくかな。。
ナベとかって食べ物入れるからパイプクリーナーはちょっとこわい。。

千秋から写真を受けとったリンが、山中湖の天気を調べようとしてたけど
シーンが変わって、恵那がカップに氷が張ってることに気がついたの
千明がケータイで調べたら山中湖村は-2℃。。まだ4時半なのに。。
3人は標高1,000mをなめてたみたい^^;

それで焚火をしてあったまったところで寝袋に入って。。って言って
千秋はコンビニに高温カイロとダンボールを仕入れに。。
犬子と恵那は薪を買いに行ったけど、オフィスは閉まっちゃってた。。

2人は薪をひろおうってしたけど落ちてなくって弱ってたら
さっきの犬の飼い主さんが自分たちのテントに招待してくれた。。
なんと薪ストーブ付き!^^

まさに地獄にホットケーキw
おじさんが言ってた
「ほっといたら死んでまうでな」って冗談じゃないよね^^;

そこに帰ってきた千明が、2人をさがしたけどいなくって
こうゆう時って、きっと死ぬほどあせるよね。。
でも、どっかにさがしに行く前に見つかってよかった♪

そしてナベパーティー。。きりたんぽと、もつ鍋^^
さっきまで死にそうだったのに、今は天国みたいw

そこにしまりんから連絡を受けた先生が、あわてて車で来てくれた。。
そのあとちょっと外でお説教。。
みんな厚いジャケットなしで聞いてたけど、寒くないのかな^^;

野クルの2人がキャンプに行って遭難とかしたら
先生も責められそうだし、やっぱり連絡はしないとね^^
真夜中は-15℃くらい行くとか、さすがリンは慣れてるよね☆

3人が無事だって分かって先生は、みんなといっしょに酒盛りw
さっきまですごくいい先生だったのに、お酒が入るとただの酔っぱらい^^;
お酒の名前が「池池」ってw

みんなは先生の車で一泊^^
ガソリンが足りなくならなくってよかった☆

さいごは3人が早起きして日の出を見た。。
特殊エンディングで朝食。。ワカサギの天ぷら^^
ケータイの充電は車でしたのかな?
Cパートはみんなからリンにお礼メッセ^^

リンがバイクを洗いに出たら
なでしこからソロキャンがしたいって相談が入ったの^^



今回は、わりとシリアスなおはなしだったけど
このおはなし見て、ホントに冬にキャンプに行く人もいそうだから
大事なおはなしだったかも^^
{/netabare}
{/netabare}
第7話『なでしこのソロキャン計画』
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
初めてのソロキャンに行くなでしこ。リンからキャンプの心得を聞き、千明とあおいに餞別をもらって出発!その頃、早川町に観光に来ていたリンは偶然、桜の姿を見かける。
{/netabare}
感想
{netabare}
アバンで富士宮に着いたなでしこが「富士宮と言えば焼きそば♪」
って言ってたけど、焼きそばってどこにでもありそう^^


Aパートは図書室で、恵那がなでしこに写真見せながら
この前のキャンプでリンに助けてもらった。。ってゆう話をして
貸出当番をしてるリンの焚火台グリルにお賽銭を入れて拝むw

リンは何のために図書室にグリルなんか持ってきたのかな?
お賽銭意外に考えられないよねw


千明、犬子はバイトで野クルはお休み。。
「3人で臨時、野クルをしない?」に喜んで賛成する恵那が
1人でさっさと帰る。。新バイトはじめたみたい^^

この学校、バイト率高くない!?
どうりでバイトがなかなか見つからないはずw


それでナデがリンに今週ソロキャンに行く予定ってゆう話をして
ソロキャンのことをいろいろ聞いたの^^
さっきのお賽銭は授業料?w

電車とバスと歩きで行くってゆうナデにリンが
「桜さんに送ってもらうんじゃ?」って聞いたら
「言ったら反対されそうだから。。」ってナデ。。
家族にはちゃんと言っておかないと、あとで何かあったら困るよね?

で、教えてくれたのは、この前の3人の失敗をしないような方法。。
やっぱりトイレとかはちゃんとしてないとね^^お水もだけど。。

それから、キャンプ場でやることを決めておく、って言ってたけど
いがいと宿題とか持ってくと、ほかにすることもないし
いつもと違う環境だからはかどるかもw

あと、インターネットは必需品だけど、予備の電源とか持ってかないと
この前の3人みたいになっちゃうかも^^

ソロキャンの話で盛り上がって
別れたあとリンが「私も今週、バイト休みだったんだけどな。。」って
ちょっとさそってほしかったみたいだったけど
リンはいつも1人で行っちゃうからだよね^^


それから鳥羽先生がこの前のお酒(池池)をググってたら
おとなりの先生が話しかけてきて「去年、登山部で伊豆に行ったとき
地元の酒屋さんにすすめられた」って、さらっと言ってたけど
部活中に酒屋さんに行ったの?w

あと、登山部と野クルって、かぶってる気がするんだけど
男子は登山部、女子は野クルなのかな?

それで鳥羽先生は
その先生からおすすめされた伊豆に今度行ってみようか?って思ったの^^


家に帰って、桜とお母さんに相談したナデに
桜はこわい顔で「気をつけていくのよ」ってw

いつも車で1人旅してるんだから、妹にだけダメなんて言えないよね^^
でもしっかり、子供の見守りアプリをインストールしててw
このためにも、ちゃんとモバイルバッテリー持ってった方がいいかもw


当日、ナデの装備がすごいw背中に4つ、前にも荷物が。。
お菓子もたっぷりだったしw
これ、なでしこは自転車できたえてるから平気だったけど
リンだったらガマンできなかったかもw


後半は、リンが赤沢宿に着いたところから。。
赤沢宿はマップで調べたら、直線距離で40㎞くらいだから
そんなに遠くないみたい^^

リンは古民家カフェ(宿の駅清水屋)に入ったけど、ドアがなくって寒そう。。
レジのお姉さん大丈夫なのかな?
「←登りやすい階段」って書いてあったけどリンの登った方は登りにくい方?
ワックスとか塗ってあって、ツルツルで登りにくいとか?w

2Fに上がると、あたたかい麦茶が「ご自由に」って、置いてあったけど
それ飲んじゃうと、カフェには用がなくなりそうな気がするw

柑橘系の香りのする豆餅はおいしそうだったけど
甘酒はあんまり好きじゃないかな。。抹茶ラテとかだったらいいけど☆彡


ナデは富士山本宮に着いた。。

顔ハメパネルの写真を通りがかりの人に撮ってもらってたけど
誰にでも気軽に話しかけられないと、ウェイトレスとかできないよね^^
世界遺産センターの商店街の焼きそばがおいしそうで
何度も立ち止まるナデがおかしかったw

それで桜おススメの焼きそば&お好み焼き屋さんにやってきたけど行列!?
目の前の鉄板で焼いてくれる、五目しぐれをたのんだけど
よだれが出そうな顔でじっと見ててw
もちろんおでんも食べるw

寒いところでじっと待ってて
やっとあったかい食べものが出てきたら、それだけで幸せになれそう☆

そう言えば、ひとりで外食したのはじめてかも。。
って大人になった気分のナデだったけど自分も外食の店で働いてるのにね^^


そのころリンは湯島の大杉で桜を見かけて、つい尾行してたら
ナデから五目しぐれの写真が来て、見てるうちにバレたw

それでまた古民家カフェでお茶しながら、桜と気まずいおしゃべり。。

リンはこの前ナデから
桜は「原付の旅」ってゆう番組が好きって聞いてたの思い出して
話をフったら桜が乗ってきて、桜も一人旅が好きってゆうのを知った^^

それで、ナデのこと心配してるってゆうのが伝わってきたから
やっぱり止めた方が良かったかな。。って思ってたら、ナデから
「これから買い出ししてキャンプに向かいます」ってメールが入って
それを2人で見せ合って笑顔になった^^

それから桜はリンと別れて、ひとりで奈良田湖温泉に。。
原付の旅、DVD全巻セットって^^;

ナデは富士川駅に着いた。。そこからキャンプ場まで5.5㎞。。
荷物と買ってきた食料を持って歩くと、1~2時間かかりそう。。
さすがなでしこ!ってゆうところでオシマイ^^



今回もいろいろあっておもしろかった^^

そう言えばにゃんは、この感想書くとき、よくグーグルマップを出して
どうゆうふうに移動した、とか考えながら書いてるんだけど
2話の背景がグーグルマップを加工してたのがバレてプチ炎上してた。。

今季の背景はとくに写真っぽい気がしてたけど
ホントに「2019 Google」ってゆう字まで背景に映ってた^^;
{/netabare}
{/netabare}
第8話『ひとりのキャンプ』
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
キャンプ場に着いたなでしこはアウトドア料理の実験を始める。焚火を準備していろんな野菜のホイル焼きを作っていると、そこに小さなお客さんがやってきて……。
{/netabare}
感想
{netabare}
アバンはナデが「故郷」を替え歌で「ウナギおいし浜松~♪」
って歌いながら歩いてたけど
ホントにウサギがおいしい歌だってカン違いしてた人もいるみたい^^

あと、「夕焼け小焼けの赤とんぼ~♪」のあとの「負われて見たのは」を
「追われてみたのは」だって思ってたのはにゃんだったw

あと、つい街の景色を見ちゃって目をふさいでたけど、あぶないw

さいごの階段は荷物をたくさん持って駆け足で。。ってすごい体力^^
でも、あんまりはしゃぐからコケた。。周りに誰もいなくってよかったw

トイレがきれいっていいな☆

さっそく近くにキャンプしてた子に目をつけられたナデ。。
装備を置いて、おさんぽ。。祠とかあるとついお賽銭投げたくなるみたい^^

登っていくと海と街が見える場所がある^^

もどってテント張り。。
シートを敷こうとしたらコケる。。
支柱を出そうとしたら足に落とす。。
クイが曲がる。。のはかんたんに直るみたい^^

ヒマつぶしには、アウトドア実験料理^^
それを見つめるおとなりのテントの子。。
ぼっちなのかな。。ってw


それからしまりんは、いつもの通行止めに。。でも知ってたw
通行止めにもわびさびがあるみたい^^

早川町に入って湖って、雨畑湖かな?

しばらく行くとつり橋があって
思ったよりしっかりしてるって思ったら真中あたりはやっぱり怖い。。
にゃんだったら、橋にも近づきたくないな^^;


さくらはジビエショップでクマの手の煮込み料理をググってたけど
下ごしらえだけで8時間以上かかるって知って、ふつうにシカ肉^^


リンは温泉。。から上がったw

マッサージチェアでマッサージしてたら
なでしこに連絡がつかないことに気がついて
電波通じないだけって思いこもうとしたけどダメで、行ってみることに。。

にゃんは外にいたにゃんこの方が気になった。。
ノラ猫なのかな?こんな山の中に放し飼いになってたら
野獣とかにおそわれそう。。

桜もナデが気になって、そっちに向かったの^^


なでしこは、調理棟でたき火料理の研究^^
フォイルの包み焼は、にゃんもオーブンでときどきするけど
チキンと香味野菜とレモンスライスを包んで焼いてもおいしいかも^^

その頃おとなりの子どもたちもコンビニ弁当をあっために来て
ナデの"悪魔の儀式"を見てビビって近づけなかったw
ってゆうか、じっと見てたw

ナデはそれに気づいて子どもたちを呼んで、実験料理をごちそう。。

ナスの丸焼き、サツマイモは絶対おいしいヤツ^^
ジャガイモは2つに割ってバターを乗っけて食べるとおいしい◎
アボカドは火を通すと、甘くないサツマイモみたいになるよね。。
にんじんは真っ黒になったみたいだけど、中の方は食べれるんじゃない?



子どもたちはお父さんがむかえに来て、テントに帰ってった。。

それを見てるしまりんは、圏外なのを確認^^
ぜんぜん無事そうなのを見て、バイクに向かったら、桜も来てたw
でも、リンはびっくりしすぎだよね^^

これからどうするの?って聞かれたリンは
私も帰ります。。って言ってたけど、近くにテント張っちゃダメかな^^

帰る前に2人で街の夜景を見に行ったら
ナデが来て「カレー麺おいし本栖湖~♪」w
あわててかくれる2人があやしい人w

ナデが電波をさがしてるの見て「何してるのかしら?」って話してたけど
先回リサーチしてるの知ってるから
電波をさがしてる様にしか見えないんだけど^^


そのあと帰り道でならんで走ってると、桜がリンを呼び止めて
ナデが送ってきた夜景の写真を見せたあと
夕飯おごるから、市街に寄ってかない?って聞いてたけど
リンは帰り路バイクでひとりってあぶなくないのかな。。
たぶん家まで1時間くらいだと思うけど^^


ナデはベンチで寝袋にくるまって夜景を見てたけど
そのまま寝ちゃうと寒いのかな^^


Cパートは千秋、犬子、恵那の3人だったけど
もう、野クルは恵那が正式部員でいいんじゃない☆彡

カリブー君の値段は思った通りだったから
それではびっくりしなかったけど
カリブー君持ってキャンプに行こうってする犬子にビックリw
{/netabare}
{/netabare}
第9話『冬の終わりと出発の日』
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
みんなで伊豆キャンプに行くことになり、どんな料理を作るか悩むなでしこ。一方、リンが原付に新しい部品を取り付けていると、おじいちゃんが彼女のために荷物を持ってくる。
{/netabare}
感想
{netabare}
ナデのソロキャンはよかったけど
圏外だったからボーっと考えごとしてたら、こんどはみんなでキャンプしたい
って思ったみたい^^

ケータイは使えた方がいいけど
ひとりでボーっとするのもソロキャンのいいところかも^^

ソロキャンとグルキャンを交互にってゆうのもいいけど
リンみたく本が好きとかじゃないと、ソロキャンってあきちゃわないかな^^

あと、グルキャンってグルメキャンプみたい^^
おいしいものが食べれるキャンプっていいかもw


それで先生に相談したら
次のキャンプはこの前の酒屋さんがいる伊豆で、資金をかせぐためにも
テスト勉強のためにも3月初めになった^^


恵那とリンがその話とかしてて、
リンがナデのようすを心配してキャンプ場まで行ったことが恵那にバレてて
リンはどこからバレたか気にしてたけど、
自分が誰にも話してないんだったらナデのお姉ちゃんしかいないよね^^

からかい上手の斎藤さんだったw


なでしこと犬子の誕生日がちょうど放送日でおめでとう♪
大塩平八郎って名前は聞いたことあるきがするけど
誕生日まで知ってる千明って歴女?w


キャンプには犬子の妹も来たいって言いだした。。
カピバラ温泉が見たいみたい^^

それで7人になるから、先生は妹からミニバンを借りるって言ってたけど
先生の妹ってキャンプが好きなのかな?
ほかにもいろいろ借りてたみたいだけど^^

リンは自分の原付で走るのが好きで、原付で行くことに。。

それで6日前になって
前に海沿いを走ってるとき風が強かった話しをこの前おじいさんにしたら
風よけのスクリーンが家にあるから。。って言ってたの思い出して
たのんだの^^

そのあとナデたちの誕生日のプレゼントを決めるメールが来てたけど
千明たちは何を選んだんだろう^^


ナデがお父さんにキャンプ飯の相談したら干物がいいんじゃないか?って。。
ついでに
おこづかいやるから、おいしそうなおみやげいろいろ買ってくるんだぞ。。
って言ってたけど、通販で何でも取り寄せられそう^^


リンは原付の旅のために、荷台とスマホホルダーを買った。。
お父さんが取りつけ手伝ったくれたけど、終わったころちょうど
おじいさんがスクリーンを持ってきてくれて
ついでにスマホの充電の部品まで買いに行ってくれた。。

スクリーンをつけようってしたら新品。。
ママが、おじいさんはわざわざ買いに行ってくれたんじゃないか?って。。
お父さんもおじいさんもやさしいな^^


先生は妹に電話して、最近お酒を飲んでないって話してたけど
千明に、自分たちもテストまでキャンプをガマンするんだから
先生もお酒をガマンしてください、って言われたみたい^^


リンのおじいさんといっしょに家族でお食事。。

ママも昔バイクに乗ってたって聞いて、アルバムを見せてもらおうとしたら
すごくいやがってたけど、そうゆうアルバムって、みんな小さい頃に
家の宝さがしとかで見つけて、見てたりするんじゃないかな、って^^


朝早く家を出るリン。。
泊まってたおじいさんもいっしょに起きてきて、2人で走り出す^^

おじいさんの「まさかリンと走れる日が来るとは思ってもみなかったよ」
ってにっこり笑うおじいさんがかっこよかった^^
{/netabare}
{/netabare}
第10話『伊豆キャン! はじまり』
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
あおいの妹のあかりもメンバーに加わって伊豆へ出発。ご当地グルメやジオスポット巡りをしながらキャンプ場へ向かうが、予定していたキャンプ場が使えないとわかって……。
{/netabare}
感想
{netabare}
いよいよ伊豆に出発の朝。。
ナデは興奮して眠れなくって、ちび犬子には威勢のいいこと言ってたのに
車が走り出したら眠っちゃって、そのままずっと眠ったまま。。
って分かってたw


今回はジオパークのジオスポットめぐりも目的のひとつ。。

あとで分かったけど、鳥羽先生って社会の先生みたいだから
いっしょにいると、いろいろ解説してくれるかもw

はじめは別行動中のリンの大瀬崎観光から。。
ビャクシン樹林、神池。。

神池でコイのエサを落としたリンの顔が
口を開けるコイの顔よりおかしかったw
エサの入れ物がモナカの皮みたいだから、落としても大丈夫みたい^^


車組は城山を通りすぎたけどナデは寝たまま^^

リンは下田まであと50㎞。。
峠道を上った山の中に、なぜかでっかい伊勢海老がw


車組は道の駅・天木越えでワサビアイスとか食べたけど
ナデはまだ寝たままw

河津七滝ループ橋は目が回りそうw
体がすごいゆれても、ナデはやっぱり起きないw
YouTubeで走ってるチャンネル見つけたから、よかったら見てみて^^
https://www.youtube.com/watch?v=Fi-y9eMh-80


リンは竜宮窟。。こうゆうところって
外国の秘境みたいなイメージがあったけど、日本にもあるんだ^^


車組は桜まつりの渋滞につかまって、動けなくなっちゃった。。
そんなところでトイレに降りたちび犬子がおみやげ買ってきたw
ひとりで出てったみたいだから、中学生くらいなのかな?
急に進んで、置いていかれちゃったらどうするつもりだったんだろう^^; ‍‍‍‍‍‍‍‍‍‍‍‍‍‍‍


リンは下田温泉でみんなを待ちながら時間つぶしの足湯^^
海に鳥居があったり、黒船が走ってたり。。

車組が下田について合流。。
眠ってたナデは犬子姉妹に起こされて、もう帰りって言われてびっくり!

そう言えば疲れてるときにお昼寝しちゃって
気がつくと暗くなってて時計を見ると6時ってゆう時に
え!?もう朝?って思ったことがあるけど、いつの間にか寝ちゃうと
起きたとき寝ぼけてて、時間が分からなくなるってあるよね^^

でも、泣きだすまでウソつくって、ちょっとかわいそう^^;


キンメバーガーおいしそう^^
ホントは「下田バーガー」ってゆうみたいだけど
バーガーってゆうか、フィレオフィッシュみたいなのかな?
でも、ソースはクリーミーじゃなく、甘辛みたい^^

先生はひとりだけフォークとナイフで食べてたけど
子どもじゃないアピールだったりするのかな^^


堂ヶ島のトンボロのことで犬子姉妹がウソのつき合い?
トンボロって、干潮時に陸と島まで道ができることみたい^^


それからお買い物。。
ナデたちがキンメダイを仕入れてる間に
千明たちは先生をダマしてイセエビを買わせる作戦を立ててたけど
恵那が先生に前もってたのんでた、ってゆうオチw

でも、伊勢海老まで干物って。。
せっかく海まで来たんだから、新鮮なお魚が食べたいかも^^


そのあとは爪木崎でキャンプしようとしてたら
先生の情報が古すぎて、キャンプ禁止になってて
さすが社会の先生でも、情報が古いとダメかも^^

俵磯はカクカクしてる変な岩がおもしろい^^

先生とか千明が必死にキャンプ場をさがしてると
恵那が「飯田さんに聞いてみたら?」って。。

さすが恵那は、人に聞くのがトクイw
得する性格しててうらやましいかも^^

それで電話したら
さっそく知り合いの人がやってる西伊豆のキャンプ場を紹介してくれて
旅慣れたリンがルートを考えて、みんな賛成だったけど
ちゃんと伊勢海老の仕込みのことまで考えてる、ってすごい☆


オレンジの駅は「伊豆オレンヂセンター」のことかな?

東伊豆町の高床式ログハウス?がおもしろい♪
細野高原にある「伊豆フライトハウス」みたい^^

そして着いたのが三筋山で、山頂まで歩いて15分。。
ナデはちび犬子とかけくらべ。。
そこに千明が割りこんできた来たけど
とちゅうでくたばってるのを恵奈たちが見つけたところでオシマイ^^
{/netabare}
{/netabare}
第11話『伊豆キャン!! みちゆき』
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
予定を変更して別のキャンプ場へ向かうなでしこたち。途中で温泉に浸かり、心も体もリフレッシュ。そして夜にはなでしことあおいのお手製キャンプ飯を楽しんで……。
{/netabare}
感想
{netabare}
三筋山の山頂にみんなが集まって景色を見てるところに
やっと着いた千明。。そのあと先生。。ってゆうところからはじまった^^

「なでしこちゃん、ホンマ大人げないわ。。」ってゆうちび犬子は
ホンマ子どもげないわw

てかげんしてもいいのに。。ってゆうちび犬子に
「ライオンはウサギをつかまえるときも本気を出すんです^^」
ってゆうなでしこは、ことわざとかいろいろ知ってそう^^

遠くに見える伊豆諸島にナデが、島キャンしてみたい。。って言ってたけど
どうせなら、人のいない島で、サバイバルキャンプとかおもしろいかも☆彡


キャンプ地に着く前に、入れる温泉をググってた恵那が
伊豆にはこんなに温泉がある!ってビックリしてたけど
にゃんは、昔は海底火山だった、ってゆうのがビックリ!
今は噴火とかしないのかな?


リンが冷えるから、温泉はできるだけキャンプ場の近くに。。
って先生が言ってたけど
そこから「しまりん団子アイス」思いついて笑う犬子って、実は冷たい?w

ちなみに「しまりんもなかアイス」が5個セット3,000円で売ってたみたい^^

それで堂ヶ島温泉に行くことになったんだけど
伊豆だったらどこかに温泉付きキャンプ場とかありそう?って調べたら
57件もあった!

中には細野高原ツリーハウス村キャンプ場みたく
ツリーハウスに泊まれるところもあるみたい^^

それでリンはあと2キロって言って、眠気をガマンして走ってたけど
にゃんもときどきアニメ見ながら寝落ちしちゃったりするから分かるけど
バイクで寝落ちしちゃったらあぶないから、ムリしないでね☆彡

でも、あと2キロだと時速60キロだったら2分か。。
カップヌードルができるより早く着くかもw


堂ヶ島温泉で、夕日を見ながら温泉でまったり♨
リンが温泉で溶けてて笑っちゃったw

千明が湯上りのミルクコーヒーを飲んでると
先生は湯上りのビール。。って、え~っ!?
おふろ上がりの1杯のために野口さん3人。。って
にゃんは飲まないから、お酒飲む人の気もちがよく分からない^^;


リンはキャンプ場に着いたとたん、イスで寝ちゃった。。

ホントに眠たい時って、食欲より眠気が勝っちゃうくらいだから
バイクで行くと、ドライブは楽しめるかもだけど
キャンプは眠気で楽しめないかも。。

あと、たき火の着火剤の代わりは、松ぼっくり以外にもコーン菓子とか
乾燥させたミカンの皮、紙パックを丸めたものとかもいいみたい^^


今日のキャンプ料理は「土鍋で具沢山アヒージョ」。。

スペイン語でニンニクは「アホ」ってゆうんだけど
「アヒージョ」は「小さなニンニク」=「刻んだニンニク」のことだから
ニンニクがなかったらアヒージョは作れないんだけど
これって女子だけのキャンプだから食べれるお料理かも^^

それから恵那と千明は伊勢海老の炭火焼き。。

先生は飲む気マンマンで、何種類ものビンを出してきたけど、妹から
「あしたも運転するんだから、ほどほどにね。。」ってメッセージが入って
そう言えばw

人によって違うけど、お酒類ってだいたい
1杯飲むとアルコールが体の中で分解されるのに1時間はかかるみたいだから
多くっても5杯くらいでやめないと、明日も心配かも^^

家で鍋パーティーとかすると、残ったダシにうどんとかごはんを入れるけど
アヒージョのダシ汁にスパゲティとキンメダイでアクアパッツアパスタ。。
って、おいしそう^^

また、眠りの国に旅だったリンにママしこがやさしい^^


残りのメンバーは動画鑑賞会。。
「ゾンビぐらし」は「がっこうぐらし!」のことかな?
ナデの叫び声が「アヒー!」ってゆうのでわらったw

ちなみにアヒは、ハワイ語でマグロのこと^^


ナデは、行きの車で寝ちゃったから、眠たくならないで
1人で「真夜中の紅茶」飲んでたけど、真夜中の紅茶ってカフェイン多め?
帰りも車の中で眠っちゃうかもw

そこに恵那も来ておしゃべり。。
恵那はちくわをつれて旅をしたいから、18歳になったら免許取りたいみたい


ナデが寝たのが3時半。。入れ替わりでリンが起きたのが4時w
リンは1人で黄金崎をおさんぽ。。

それでもみんなが眠ったままだから
ちょっと足を伸ばしてバイクで沢田公園まで。。
ぬけがけしてひとりで温泉♪

けっきょくリンは、みんなで来てもソロキャンとあんまり変わらないかもw
{/netabare}
{/netabare}
第12話『伊豆キャン!!! バースデー!』
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
伊豆旅行2日目。堂ヶ島公園に瀬浜海岸のトンボロと伊豆観光を楽しむなでしこたち。そして夜には、待ちに待ったなでしことあおいの誕生日サプライズが決行!
{/netabare}
感想
{netabare}
なでしこが温泉から帰って、さっぱりんちゃんw

みんなで食べる海鮮ぶっかけ丼は
何だかチョココロネと大きな虫の幼虫が乗ってるみたいで
作画がちょっとブキミ^^;

先生は朝食にお刺身定職を食べてるつもりだけど、もうお昼。。ってw


ジオスポットの堂ヶ島。。

天窓洞はこの前も似たようなところが出てきてたけど
海に侵食されて、上の土が落ちてできたのかな。。

三四郎島は
見る角度によって島の数が3つ4つと変わって見えるからみたいだけど
三四子とかじゃなくって郎なのはどうして^^

干潮時には島へ歩いて渡ることができるって。。
ここがトンボロなのかな^^

犬子はちび犬子に、干潮時にだけ屋台が出るのがトンボロだって教えて
ちび子がホントのこと知ってがっかりしてたけど
犬子のとんでもないウソもぼろが出てこれがホントのトンボロ^^

それでも犬子はあやまりもしないで
キャベツとレタスの話をして、ごまかそうとしてたけど
キャベツとレタスの違いは、葉っぱがかたいのがキャベツだよねw

野菜室に入ってると、見た目はそっくりなときがあるから
にゃんでもどっちか分からなくなる時があるw

にゃんは大きな鉢に紫キャベツを芯から再生栽培してるけど
今、黄色い花が咲いて紫と黄色のコントラストがきれい^^
子どもといっしょに育てたら、子どもでも違いが分かるようになるかも☆彡

でも、トンボロは干潮になって1時間で満潮になるって
屋台に並んで待ってるヒマなんかなさそう^^


そのあとaoyagiってゆうスーパーで買い出しして
犬子はちび子に焼き鳥おごらされてたけど、肉が大きくっておいしそうw

リンがキャンプ場まで、西伊豆スカイラインで前を走りたいって。。
空を走ってるみたいなんだって^^
でも、あんなクネクネ道を景色を見ながらバイクで走るって、こわそう^^;

だけどすぐ山の中で、シカ注意の看板が。。
千明のアテレコがおもしろくなかったw


道の駅 だるま山公園。。富士山が見えるみたい。。

キャンプ場について
千明、恵那、リンたちはさっそくナデを温泉に送り出して誕生日の準備^^

先生はさっそく飲もうってしてたのに
ナデを車で送りに行かされて、ちょっとかわいそうw

それで、おふろって思ったら、いっきにおふろ上がりで御浜岬。。

ちびが恵那に、誕生会のことバレないように見張っててって言われたから
気をつけてたら、犬子はしっかり知ってたw

前に千明が、その日、何かしようって言ってたし
買い出しでホイップクリーム買ってたから、ってバレバレでw


帰ったら、もう辺りは真っ暗^^;

すぐ、バースデーソングがはじまって「ハッピーバースデーいぬしこ」ってw

プレゼントは木の繊維と樹脂でできた食器。。
ってググったらクピルカとかゆうみたい^^

エビのリゾットがおいしそう^^
犬子がエビが強すぎる~!って言ってたけど、それって臭みが出てない?
なんでも強すぎちゃダメなんじゃ。。w

それで、特製おつまみを食べながら、先生が飲んでると妹から電話。。

顧問になると時間が無くなるって思ってたけど
生徒たちの成長が見れて、いいって思うようになったみたい^^

次の日は、だるま山から日の出を見ようって早く寝て
先生も朝までお酒が残るほどは飲まなかったみたい^^

次の日の朝。。みんなが車を下りると
ちび子は車で寝袋にくるまって、帰って来るまで待ってるってw


頂上まではけっこうあるみたいで、ナデとリンは先に登って待ちながら
バイクに乗ったときのお肌のお手入れについて話してたけど
バセリンがいいって。。

にゃんもバセリンがいいって前に聞いて
おふろ上がりには体中にぬってるけど
香料とか、液が固まらないようにするための保湿剤とかも入ってなくって
肌の弱いにゃんでも大丈夫から、ずっと使ってる^^

イセエビのだし、2回とっても大丈夫。。
乾燥させて、からをくだけば、このあとさらにだしが出るってw

頂上の高さは山中湖とおなじくらい。。
それで山中湖のとき死にかけた3人は、リンにあらためてお礼^^

今日はこのあと、飯田さんの所にお礼をしに行って
チョコをモフモフするってw

最終日も伊豆ジオスポットめぐり、がんばろう!って
カピバラにも会いに行かないとね^^ってリンが言ってた

さいごは5人でならんで朝日を見るシーンで終わり^^


なんだかイセエビのだしがきいたおみそ汁が食べたくなるおはなしだったw
{/netabare}
{/netabare}
第13話『ただいま』
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
伊豆旅行最終日。山中湖でもお世話になった飯田さんに挨拶して大室山に登ったあとは動物園へ。温泉に入るカピバラに癒され、最後まで伊豆を堪能するなでしこたちだった。
{/netabare}
感想
{netabare}
アバンは5人が山から下りてくるシーンで、ナデが大室山って遠いの?って

リンが、車で1時間くらい、その前に飯田さんのところに寄って。。って
昼くらいまで大室山で遊んで、さいごはサボテンパーク。。って
スケジュールの説明乙^^


それでリンがみんなに、さそってくれてありがとう^^って

道路を走ってると黒い大室山が見えてきて、2月に山焼きがあったとか^^

リンもキャンプ場にバイクをあずかってもらって、みんなといっしょ^^
7人+荷物はきつそうだけど
たまにはみんなといっしょってゆうのも楽しいかも^^


飯田さんの所について先生と千明があいさつしてたら、チョコが見えて
さっそくナデがリンをさそってモフろうとしたらチョコは千明の方に。。w
リンがデジャブって言っててw

そのあと飯田さんの奥さんも
チョコのお散歩がてらに大室山までいっしょに行ってくれることに^^
大室山って、何だか頂上のないピラミッドみたい^^

大室山のゆるキャラも季節によって色が変わるんだって!

リフトの途中には記念写真があって
ナデとリンがビックリした顔が写ってて2人は買ってた^^

頂上はすり鉢状で、ヘリの部分が道になってて
千明が向こうの方に見える頂上側までかけっこを申しこんで
ナデとちび子を走らせて、自分は走らないw

そしたらみんなが走り出して、けっきょく千明も走ることにw
次回のキャンプの前に、千明はマラソンの練習とかした方がいいかもw

+がきざまれた三角点を見つけたナデが口を+型にしてたけど、器用w
千明が遅れて着いたら、みんなで+印のくちびるをしてお出迎えw
なんだか都市伝説になりそうなシーンw

そのあと、富士山を背景にみんなで写真を撮ってたら、飯田さんの奥さんが
富士山と大室山の祭神様は仲が悪い姉妹で
大室山で富士山をほめるとタタリがあるってw

ただの言い伝えだけど^^って言われたナデのリアクションがおかしかったw


こんどは伊東のサボテンパーク。。

入口に着く前から動物たちが放し飼いになってて、いいなって思ってたら
受付で、また脱走したって騒いでてw
そうだよね、知らないで車で走ってて、ぶつかったりしたら大変だもん^^

サボテンパークってゆうけど、中はサボテンより動物の方がメイン?

千明とちび子がかけ出して、犬子が注意したら
うしろでナデがコケてた、って天丼w

ナデは、走ってもいないのにこんなにコケてて大丈夫なのかな?
バイト先ではドジっ娘キャラのウェイトレスだったりして^^


カピバラ露天風呂。。
見てるみんなの顔もカピバラになっててw

カピバラとのふれあいコーナーまである!^^

カピバラのおみやげの誘惑に勝てないちび子は
千明にお年玉をせがんでたけど、いつのだよ!?ってツッコまれてたw

ちび子はグッズを買えたのかな^^


車の中でおしゃべり。。
家につくまでが伊豆キャン、ってそうかも^^


道の駅に寄っておみやげ買ったところで
修善寺でリンとお別れすることになったみたい。。

リンがひとりでさびしいんじゃないかって思ったちび子が
わたしのカピバラぬいぐるみ貸そうか?って言ってくれて
かわいいけど、運転のジャマになりそうw


道のとちゅうでお別れすることになって
ナデはバイクに乗るリンの写真を撮ってたけど
にゃんはこうゆうシーンを見ると
これがさいごになったりしないかな?って心配になっちゃう。。


帰りの車の中ではみんなお休み中。。
ナデだけが目を覚ましてたけど
先生1人に運転させて、みんな寝ちゃったらかわいそうだよね。。

それであっとゆう間にナデの家に到着。。
調べたら、修善寺から地元の山梨県身延町まで、車で2時間弱くらいだから
ちょっと長い映画を見るくらい。。

リンは帰宅ラッシュに巻き込まれて、あと50㌔。。
静岡は広かったズラ、って名古屋弁?w


それから3日間の思い出。。

ひとりで夜道を走るリンは、さびしいけど
ほど良い疲れと、家に近づく安心感が大好きみたい^^

富士山を前にバイクにまたがってるリンは、初心者とは思えないみたいw



ナデのお父さんたちがおみやげを広げるころ
ナデのところにはみんなから「着いたよー♪」のメールが届きはじめた。。

でも、まだリンから連絡がなくって
ナデが心配してるとお姉ちゃんが帰ってきたから
町の入り口まで車で送ってもらってお出迎え^^

そんなに心配しなくても。。って言いかけたリンは
自分もナデを心配したときのこと思い出して、おたがいさまだな。。って^^

道に駐車して、2人で伊豆キャンの思い出話をはじめちゃったけど
心配してるみんなのためにも、疲れてるリンのためにも
先に、家に帰してあげたい気がするのってにゃんだけ?

ナデは旅が終わるのがすごくさびしいみたいに言ってたから
リンを引き止めて、今回のキャンプをまだ終わらせたくなかったのかも。。

それは見てるにゃんたちもおんなじかもだけど^^
{/netabare}
{/netabare}


見おわって。。


1期と同じくらいゆるキャン△してたみたいだったけど
思い出してみたら、ゆるキャン△ってゆうより、ゆる観光だったかも^^

でも、キャンプネタってそんなにないと思うから
みんなでワイワイするネタに、観光ってゆうのはアリよりのアリかも^^






.

投稿 : 2021/04/05
閲覧 : 284
サンキュー:

56

ネタバレ

臣隠悶 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

安定し過ぎの2期

安定の2期。ただ安定し過ぎているのも問題で1期と比べてマンネリ化したかな?と思うところがチラホラあった。新キャラの綾乃も出番最初だけだったし。
もし続編をやれたらその時は少し展開を変えてくれたら嬉しいかな。

投稿 : 2021/04/05
閲覧 : 26
サンキュー:

5

ネタバレ

遊微々 さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

あったけえ・・・

この美しく透き通るような世界観、陽だまりのような暖かさ、まさしくゆるキャン△・・・
ああ、この素晴らしい空気にずっと浸っていたい・・・
もーーー!!なでしこちゃんは可愛いなぁ!!!!

というわけで、1期同様相も変わらず素晴らしい仕上がりになってたゆるキャン△2期。言葉は要りません、浸りましょう。
ごちうさ3期が終わったタイミングで来てくれてありがとう。無事冬を越すことが出来ました。

やはりキャラ同士の距離感が素晴らしかったわけですが、新キャラの土岐綾乃ちゃんもその例に漏れずいい子でした。
というか演じられてる黒沢ともよさんがうめえ・・・
アニメ演技にもならず、かといって棒にもならず、絶妙なまでに自然体。分かってるなー(柴並感)

ただやっぱキャンプには惹かれないなあ。整理整頓大嫌いな私としては、野クルのみんながキャンプ前の道具買ってるシーンだけで「うわ面倒くせえ・・・」ってなっちゃいますね。自分の性格がこんなところで災いするとは。

まあ作品の雰囲気は大好きなのでね、そこを味わえればよし。劇場公開も決定してますし、今から楽しみですね。

余談:個人的に好きな浜松土産、というか静岡土産?は静岡限定のプリッツ鰻味。鰻というか山椒なんですが、これがマジで旨い。



・・・・・・・・・・
{netabare}1期の時にあんだけ問題になって、作中でも散々注意喚起されてるにもかかわらず、にわか知識でマナーガン無視してキャンプ地や他のキャンプ客に迷惑かけ、作品の評判まで落とすような塵芥共は全員ホ〇コーストにでもぶち込んでそのまま野垂れ〇ねばいいんですよ・・・・{/netabare}

投稿 : 2021/04/04
閲覧 : 71
サンキュー:

29

ネタバレ

RFC さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

組み合わせの妙 最高の癒し系キャンプ

1期で一気に引き込まれたので、
期待を胸に視聴開始。

【作品概要】
 女子高生がキャンプします。(をい!

【作品に対する感想】
 2期もよかった!
 1期が売れたせいか、映像の美しさはマシマシです。
 実写ですかってレベルのものも多いです。

 レギュラーメンバーに変化はありませんが、
 いろいろな組み合わせやシチュエーションで変化をつけ
 飽きさせません。
 キャラの深堀も進み、人となりが分かってきて良かったです。
 
 コロナで旅行も困難な状況で、こういった作品は
 気分転換にもいいですね。
 季節やキャンプ地を変え、いつか3期を拝見できればいいなと思います。

1)物語
 多分ゆるキャン△どうでしょう的なシチュエーションを盛り込みつつ、
 現実世界のTV関係者を巻き込みつつ
 チャレンジ精神満載な面も多々あったかと思います。

 また、1期まではキャンプのいい面を前面に押し出してきましたが、
 準備不足は死を招く面もちゃんと描いていたのが良かったです。

2)作画
 このシーズンに入って作画で「おおっ」と思ったのが、パノラマの表現。
 キャラの視線になってぐるんと見渡す映像が、より臨場感を演出してます。
 やっぱり美術班凄い。 

 最後の方は完全に伊豆の観光案内になってますな(笑
 あんなの見せられたら行きたくなりますよ。

 ウナギやしぐれ焼きの調理工程の描写が丁寧過ぎて
 なんのアニメか忘れそうになります。 
 悔しいのでアヒージョ&パスタ再現しました。

 一方で何か炎上してたようですが、その辺はスルー決め込もうかと(をい!
 さらに重箱のスミと思うんですけど、気になった点。
 愛情ゆえの気になった所と思っていただければ・・・m(_ _)m
{netabare}
 ➀海風がめちゃくちゃ強いはずなのに全く揺れないススキ

 ➁年越し鴨だしなめこ蕎麦のだしを飲むとき、液面が水平になってない 

 ➂赤富士の湯 あおりアングルのカメラ位置どこ?
{/netabare}


3)声優
 ともよ氏の声、聴いた瞬間判りますね。
 リンパパ櫻井さんですか。イケボ過ぎ。
 じいちゃんが大塚明夫なのも含めて、イケボ家系ですね。

 そういえばSeason1の時気になった、汁物や飲み物をすする音
 ナチュラルになってました。
 やっぱこっちの方が空気感が壊れずにいいですね。

4)音楽
 今作からPanFlute(アンデスっぽい音がする木管楽器)
 の曲が時折流れてますね。
 アンデスのスケール感と伊豆ってちょっと違和感なくもないんですけど、
 あの音は好きなんで肯定的に捉えることにしました。

5)キャラ
 ➀志摩リン
  今でこそ そこそこの中堅キャンパーのリンですが、
  初めてのキャンプのときの失敗談が描かれていて、
  良かったです。
  1期の最初の頃につながっていることが多く描かれています。
  カレー麺とか、松ぼっくりとか、キャンプ地とか。

  リンは髪を下すと大人っぽくなりますね。
  より魅力的です。
  そして寝こける、溶けるリンが可愛すぎます。

  ウナギで財布が即死。
  素晴らしい表現です。
  リンの独り言めっちゃ好きです。

 ➁各務原なでしこ
  無限体力の理由が語られてますが
  ねーちゃんに大感謝ですね。
  この娘、2期ではちょっと引いて考えるシーンが散見され、
  マッスルバカではないところがより魅力アップでした。

  血がダメなナデシコが可愛すぎる。

 ➂グビ姉
  1期の初登場時があまりに酷かったので、
  2期でちゃんと先生やってるのに株アゲアゲでした。

 ➃リンのじいちゃん
  アグレッシブでかっこよすぎる。
  こんな老後を迎えたい!笑
  

6)お気に入りのシーン
{netabare}
 ➀志摩リン 我慢できず
  焼きたてマルゲリータの誘惑に勝てなかったリン。
  それだけかと思ったらポトフも食っとんかい!って2段構えが
  なお良し!

 ➁志摩リン お世話になります
  なでしこが踏み込み過ぎたなーって思って観てたら
  お世話になりますって!
  1期の頃のリンだったら、尻込みしてたと思うんですよ。
  ここで躊躇いなくOKしたリンの成長が、親目線で
  「育ったな…」でした。

 ➂カイロ
  なでしこええ娘やぁ(´;ω;`)ブワッ
  ねーちゃんの「無茶しやがって」的反応もいい感じ。
  ほっこりさせていただきました。

 ➃山中湖で釘刺された3人
  1期も含めここまではキャンプの良さを前面に出してましたが、
  準備を怠れば危険を伴うことをちゃんと書いてました。
  どっちの側面もちゃんと描いている今作、ますます魅力アップでした。

  リンはおうちでキャンプ道具の手入れをしてたし、
  キャンプはやってお終いじゃないってことを丁寧に
  描いているゆるキャン△はいい作品だと思います。

 ➄メタル賽銭箱、ホントに賽銭箱になる  
  「拝むな」のツッコミがまたいいですね。
  どこかのサイトで志摩リン教の大罪司教
  暴食担当 なでしこ
  怠惰担当 えな
  とか書かれてました。じゃあ、
  虚栄担当 いぬこ
  ですかね


 ➅「わたしもやすみだったんだけどな」
  騒がしいだなんだ言っても、ちょっとした寂しさを感じるリンが
  かわゆーてしゃーない。

 ⑦過保護な桜とリン
  地理が良く判んないんですけど、
  多分相当遠くまで追っかけてきた二人。
  なでしこは愛されてますねー。
  しかしなでしこはなぜグミを焼こうと思った?

 ⑧恵那、語る
  夜中3時の語らい。
  青春でええね。
  いろんな組み合わせといろんな角度で深堀してくるので、
  ゆるキャン△はええですわ。 

 ⑨グビ姉、最後にやっちまう
  勢いで「あ」
  ワロタ

 ⑩志摩リン 自宅までの一人旅
  原チャで450㎞っておけつも痛いだろうし、
  大変だったでしょう。
  (おっさんになると車でも結構きついです)
  県→市→町と自宅に近づくたびに感じる安心感、
  すごく解ります。
  

{/netabare}
 

投稿 : 2021/04/04
閲覧 : 31
サンキュー:

25

ネタバレ

うおお さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

少し寂しくて暖かい旅の終わり

(第一話)
{netabare}再び伝説が始まる。 ゆるキャン久しぶりーーーーーーーー最高ですねゆるキャン!ほんとに面白い。こんなに面白かったっけ。一期一話のときに訪れた富士山がよく見える場所に中学生のときのまだキャンプに慣れないしまりんが出てきた。これ原作になかったでしょ。これ一話で出すアニメ凄い。で一期一話でお世話になったカレー麺がまた出てくるんですよね。鳥肌ヤバい。日清からお金もらっていいレベル。二話からも楽しみです! {/netabare}
(2話)
{netabare} 日の出回。すごく見てて暖かくなる。キャンプの雰囲気としまりんの声が合ってて良い。ダイヤモンド富士のくだりでBGMがガラッと変わるの笑った。 {/netabare}
(3話)
{netabare} この雰囲気がすごく癖になる。旅や食事や人との会話に温かさを感じて、見てて心地良い。 {/netabare}
(4話)
{netabare} こんな温かみがあってほっこりとした日常を俺も送りたかったな…なんか、こういう優しい日常に俺は飢えているのかな…今回別に何も特別な事やってないのに何か涙が出てきた笑。会話の進みとか、どこまでもキャンプを愛している部分とか、ガッツリした部活動アニメじゃないのに作品のテーマ(キャンプ)に向き合ってるのは本当に良いですねぇ… {/netabare}
(5話)
{netabare} やはりゆるキャンの雰囲気は素晴らしいですね。旅行行きたくなる。この作品、キャラがそれぞれ緩い関係で繋がってる感じが好き。でも皆情熱がキャンプに向いてるから一体感がある。 {/netabare}
(6話)
{netabare} 今回はいつもの緩い雰囲気ではなく、キャンプ場が思いの外寒いところで、BGMも相まって怖さがあった。まぁキャンプって人里離れた土地で屋外で寝泊まりする訳だから危険性高いよなって思った。 {/netabare}
(7話)
{netabare} なんだろう、毎回神なのやめてもらっていいっすか?(ひろゆき風) この作品、もう人類史上の英知の結晶というか、この為に生きてるというか、至福の極みというか、ほんとに大好きすぎる。一人の楽しさ、そう一人でいる時のワクワク感みたいなのって友達いっぱいいる人にはあんまり上手く伝えづらいんですけど、それがこの作品では肯定してくれるというか、それぞれお互いに過度に干渉しないのも素晴らしいし、一見ゆるーく見えるけどキャンプに関してはガチガチに真面目なとこも素晴らしいし、なんだろう、これが神の領域ってやつですよね。王者の余裕。 {/netabare}
(8話)
{netabare} 志摩リンのソロキャンは一人で静かで侘び寂びって感じだけど、なでしこのソロキャンは一人なのに楽しそうで色んな発見だったり感動を素直に言葉にする感じで、それぞれ違った楽しみ方でいいですね。他のキャンパーとすぐに仲良くできるのはコミュ力たけぇ。6話のときもそうだったけど志摩リン心配性すぎて笑う。 {/netabare}
(9話)
{netabare} OPでめっちゃ出てくる伊豆キャンが始まりますね。今回はその準備する回で特に盛り上がりは感じなかったが、キャンプ前のワクワクした雰囲気だったり、志摩リンの家族のほのぼのした雰囲気を楽しめたので良かった。 {/netabare}
(10話)
{netabare} もう…最高!ホントに癒やされるね。この作品の雰囲気が好きすぎる。ずっと見ていたい。 {/netabare}
(11話)
{netabare} 料理がめちゃめちゃおいしそう。お酒がおいしそう。温泉気持ち良さそう。夕日がきれい。波の音を聞きながら友だちと夜中に会話したりする。朝早起きして一人で温泉行く。全体通して素晴らしい回でした。 {/netabare}
(12話)
{netabare} あかりちゃんがかわいかったな。冒頭になでしこと綾ちゃんの過去のエピ入れたのはどういう意図だか読めなかった。今週で終わるもんだと思ってたら来週もやるみたい。まぁ尺的にそりゃそうか。 {/netabare}
(13話)
{netabare} 最終回。この作品に出会えてホントに良かったなと心の底から思いました。伊豆キャン編は複数人でする旅の良い部分ってのが全部詰まってるなぁ。俺が昔家族旅行したのを思い出してポロポロ涙が出てきた。帰り道しまりんが言ってた、寂しくてでも安心する、ってのが凄くしっくりくる。この作品、一言一言がストレートに短いのにあったかくて、旅の雰囲気を邪魔することなく包んでくれるようで好き。
あとサントラが凝ってて良かったな。セリフ少ないから結構影響でかいと思う。 {/netabare}

投稿 : 2021/04/03
閲覧 : 123
サンキュー:

11

ネタバレ

テナ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:----

キャプへ行こう

大人気2期シリーズ
この作品はキャンプの人気に火を付けた火種作品ですね。
この作品に置いて普通に面白いし楽しく見える作品は安定を保ってましたね。

ただ、やはり知識はガチですね。
キャンプに行く場合ある程度の下調べはするでしょうけど気温までは見ない気がするw
天気とキャンプ場の場所くらいしか見ないかも知れませんね。
しかも、時間別の天気や気温となると多分……初心者なら多分、そのくらいしか見ないかもしれません。

私はキャンプはしませんが気温がそんなに大切だなんて考えもしませんでした。
勉強になりますね。
うん、キャンプに行く機会があれば、ゆるキャンで得た知識を生かそうと思いました。

2021年4月現在も世の中はコロナパニックです。
しかし、この作品を見て感じた事があります。
このご時世、中々、海外旅行や国内旅行に行きにくいと思います。
それでも、家で引きこもるのにも限界がありますが、ソロキャンなら良い気分展開になるかもしれませんね⸜(* ॑꒳ ॑*  )⸝
オススメです。

そういう意味でも、この時期に合ったアニメかも知れませんね。

(´-`).。oO(オススメしておいてキャプ道具持ってないのは秘密にしておこう)

投稿 : 2021/04/03
閲覧 : 36
サンキュー:

15

ネタバレ

ハムレック さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:----

完璧な導入

1話を拝見しましたが1期と同様に癒されるし、リンちゃん初キャンプなどの流れが本当に良かった。もう2期も安泰だなと確信できる。まったく、今期のアニメは最高だぜ!



最終回視聴後感想
脚本が明らかに強くなってる。特にアニオリの部分。これは制作陣の原作愛を感じる。背景美術も1期より格段に良くなってるし...素晴らしかったです。劇場版期待してやーす。

投稿 : 2021/04/03
閲覧 : 71
サンキュー:

12

ネタバレ

まーたん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

悪くないけど人気ですぎ

まー1期同様変わらずの内容
ぶっちゃけ1期そんなに好きじゃなかったから期待はしてなかったわ。
まぁなんと言ってもメガネブスの話を2話ぐらい使ったほんと最悪wwwイヌとモブスも出てたけどあの話面白くなかったよ?wwwまあでもメガネブスクソブスすぎてある意味アジ出てたしあいつ必要やわwww
ラストの伊豆キャンもなでしことイヌを祝うためにやったようなもんやけど良かったね✌(´>ω<`)✌
最終話のなでしことリンちゃんがデメキンみたいな顔◉ロ◉(これ)になったの可愛かった✌(´>ω<`)✌

投稿 : 2021/04/03
閲覧 : 21
サンキュー:

6

ネタバレ

志賀丸太 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.4
物語 : 1.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 1.0 状態:観終わった

将軍様をお犬様に置き換えたような北朝鮮的ファシズム世界観

2期。
完成度が高い作品なのはわかるが、1期の頃から作者の主張と相入れない部分がある。それがこの2期で余計際立つようになった。

まず1つ目は異常なまでの犬推し。
登場人物全員が犬大好きで凄く気持ち悪い。
犬を好きでないと殺されるディストピアか。北朝鮮か。
そして終盤ではカピバラやほかの動物のかわいさもアピールしたが、猫だけは一切かわいいと言わせない。
あfろ先生はよほど猫嫌いなのだろう。
私は犬と猫だとどちらかと言えば猫の方が好きで、犬は吠える犬は嫌い、という程度なのだが、このアニメを見ているとひたすら気持ち悪さを感じてしまう。
たつきがへんたつで、猫はきまぐれだから嫌いだと言っていたが、あfろもそうはっきり言ってしまえば潔いのに

2つ目は冬にキャンプをするリアリティの無さ。極寒の高地で野宿とかどう考えてもあり得ない。それについてはファンタジーだと割り切っていたが、6話で唐突に低い気温でのキャンプの危険性を訴え始めた。
いやそれ言うならそもそも冬に暖房無しで野宿する方がおかしいだろ。
ほんとこの作品は頭おかしい。

最後は教師のブラックな労働環境の肯定。
ぐび姉が休みの間に数日も生徒たちの監督をさせられているが、とんでもない時間外労働だ。
一緒に遊んでるわけでもなく、運転をするから酒は寝る前にしか飲めない。というか早朝運転するのに寝る前に飲んでいたがあれもかなりグレーだが。
教師の労働環境の厳しさが社会問題になっている昨今、一体何を考えてるんだろうか。

1期は新鮮さでそういった欠点に目をつぶれたが、2期ではもう気持ち悪さ、不気味さしか感じなくなってしまった。

投稿 : 2021/04/03
閲覧 : 83
サンキュー:

3

ネタバレ

スプリット さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ゆるキャン△第二期!!襲来!!

1話 旅のおともにカレーめん
{netabare}
前半はりんちゃんのキャンプにハマるきっかけの話。
初心者がテントを室内で張るのもあるあるで、米が硬くなり鍋が焦げるのもあるある。
やはり、お父さんとお母さんは偉大。そしてカレー麺は偉大。
後半はいつもの人たちのやりとり。
この作品は自然な雰囲気を作る演出がやはり抜群。
SNSのやりとりもあるある。
相手に必要以上に干渉しない、されども仲はとても良い。
お互いにお互いのことをよくわかってる関係性ですね。
最高の出だしになったと思います。
{/netabare}

(まとめ)
2期で印象に残った回はリンとおじいちゃんのツーリングです。
あんなおじいちゃんに私はなりたい。
日常系の2期ということで難しい部分もあったと思います。
なでしこがキャンプを知っているの知っていないのスタートでは話の幅が大きく変わります。
コロナ禍でなかなか遊びに行けない中、放送してくれて感謝です。
次は映画ですね。楽しみに待ってます。

投稿 : 2021/04/02
閲覧 : 58
サンキュー:

10

ネタバレ

Rei さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

なでしことリン、どちらを嫁にするか悩む。。。

1期を観て見事にハマった。。。
身延町へ2度も聖地巡礼行ったほどハマった。笑

さて、満を持しての2期。
内容は、1話目冒頭でリンのソロキャンデビューというオリジナルを入れてきたけど、
その後はほぼ原作通り。
原作は何度も熟読しているので、
内容は分かっているんだけど、
それでも期待通りです。
声と動きがあるって良いねー。

よくある日常系アニメとは一線を画すこの作品の良さは、
何つっても、なでしことリンの絶妙な距離感でしょう。

誰とでも仲良くなれるコミュ力を持ちながら、
ソロキャンにも挑戦するなでしこと、
孤高のソロキャンガールでありながら、
皆んなでワイワイするのも嫌いじゃないリン。
友人としてお互いを大切に思っていながらも、
共に依存する事なく、良い距離感で物語が進んでいく。

印象に残った一幕が、
{netabare} 伊豆キャン編にて、
リンが「バイクで行きたい」と言い出したところ、
鳥羽先生は当然ながら「かなり距離が長いので…」と後ろ向き。
そこで透かさずなでしこが、
「リンちゃんは原付の旅がしたいんだよねっっ‼︎」と、
前のめりでリンの希望に賛成する発言。

これ、普通なら、
「え〜?せっかくのグルキャンなんだからみんなで一緒に行こうよ〜」って言っちゃいがちなんですが、、、。
リンに依存せず、リンを強力に後押しするなでしこの思いやり。
こういうとこ、凄く好きですよ。{/netabare}

このなでしこの主人公像、
他の作品にはない魅力があるのだ。
女子4,5人がメインで登場する一般的な日常アニメって、
主人公に何かしら弱い部分があって、
それを周りに支えられながら成長していく、
的な流れが定石である、
と思っている。

私が観た中で、
思いつく限り似たような日常系の主人公を挙げてみた。
↓こんな感じ。
唯(けいおん)→天然バカ
あおい(ヤマノススメ)→卑屈
ひな(放課後ていぼう日誌)→臆病
なる(ハナヤマタ)→気弱
亜美(ろんぐらいだぁす)→運動音痴
香澄(バンドリ)→強引
まどか(まどマギ)→泣き虫(あ、これ日常系ではないわ)
(↑注:否定してるわけではないよ。みんな好きよ)

このありがちな定石とは異なり、
なでしこには欠点がなくまさに完璧なのだ。
コミュ力然り、料理センスは抜群で、
バイトもそつなくこなし、
学校の成績もまあまあらしく、体力も行動力もある。
こんな完璧な日常系の主人公、他にいますかね?

どちらかと言うと、
私はリンと同じくソロ活動派なので、
性格的にはリンに近いのだけど、
なでしことリン、
どっちを選ぶか悩みますよ(←何がだ…w)。

続編熱望と思ってたら、映画やるみたいですね。
大井川キャンプ編はやるのかな?
けいおんみたいに完全オリジナルかな?
乞うご期待です。

投稿 : 2021/04/02
閲覧 : 32
サンキュー:

12

ネタバレ

タック二階堂 さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ゆるキャン△どうでしょう「伊豆半島一周ジオパークの旅」。

詳細は1期でも観てください。

『まんがタイムきららフォワード』で連載されていた作品で、2018年の冬アニメとして1期が放送されていました。制作はC-Stationで、監督が京極義昭さんなのですが、この人はアニメにはそんなに詳しくないそうで、いわゆるアニメという感じで制作しなかったことが、このゆるキャン△の大ヒットにつながったと言われています。

その代表的なエピソードが、主人公・なでしこがしまリンに絶対に「かわいい」と言わせないこと。設定的に、どうしても「ゆる百合」要素を入れたくなるのがアニメ監督。でも、それを意地でも排除したそうです。この「ゆるキャン△」は、そういう作品ではないと。

そういった、普通の人の感覚を大事にしているからこそ、アニメでありながらアニメっぽくなく、それが社会現象になるほどブームを起こしたといったところですね。

初回は、そんな1期をしっかり踏襲した、完璧な立ち上がり。音楽も1期と同じ亜咲花さんをOPに、佐々木恵梨さんをEDに再起用。文句なしに「ゆるキャン△」の世界観を維持しています。

2期でパワーダウンする作品が多い中、この2nd Seasonは今後が期待できる完璧なスタートを切りました。当然、今期でもトップ争いは必至です。

=====第3話視聴後、追記です。
{netabare}
山梨が雪のため、思わぬ形で静岡に足止めになったしまリン。なら、なでしこがおばあちゃん家に一緒に泊まろうという提案を。

久しぶりに静岡に戻ったなでしこ。幼なじみの彩乃も遊びに来て、リンと一緒に遊びます。

というお話。

次第に、ゆるキャン△のムードが戻ってきました。なんて表現したらいいか。ほのぼの時々ほんのり切なげというか。彩乃も良かったですね、距離感が。そして黒澤ともよさんの自然な演技が素晴らしい。リンと知り合って仲良くなる様子が、いい感じでリアル。

ここまで完璧な2期。うん、大好きなゆるキャン△が健在で本当に嬉しいです。
{/netabare}
=====第5話視聴後、追記です。
{netabare}
THE PERFECT!!

ゆるキャン△の良さって、メインキャラがゆるくいい距離感を近寄ったり離れたりしながら話が進んでいくところだと思っています。

今回は、あきちゃんが「キャンプ行こうぜ!」ってLINEで声掛けして、都合がついたいぬこ、恵那と3人で山中湖へキャンプに行くという話。なでしこと志摩リンはバイトだからお留守番です。

この3人という組み合わせで1話を作るってんだから、さすがとしか言えないです。1期から観ている人なら分かるように、あきちゃんといぬこは野クルで仲良しなんです。そこに、付かず離れずの関係を保っていた恵那が、志摩リン無しでキャンプに参加するという。こういう関係性がいいんです!

なんていうか、視聴者は、たとえばAというグループで仲良しの友達と、Bというグループで仲良しの友達を引き合わせて、彼らが自分抜きで仲良く話している姿を見て、ちょっと嬉しくなるような気持ち。これを味わわせてくれるんです。

ストーリーも完璧です。風呂に入るけど、萌豚に媚びないアングル。本当に、ヲタじゃない普通の感覚を持った人が監督やっているんだなと実感します。
{/netabare}
=====第7話視聴後、追記です。
{netabare}
PERFECT of PERFECT!

なんていうんでしょうね。
この最適解な距離感が本当に素晴らしい。

ソロキャンに憧れ、実行するなでしこ。
実は自分もバイト休みで、一緒に行きたかったけど、でもなでしこの挑戦を応援するしまリン。
偶然、奥山梨で出会うリンと桜。この、ほどよい距離感がたまりません。

これこれ!
これが「ゆるキャン△」なんだよー!!

と熱くなりつつ、ほっこりする。これが、本当にゆるキャン△の素敵なところなんです。

2期で落ちていく作品が多い中、しっかり作品のカラーを熟知したスタッフが、最高の作品を産み出している感じがします。なにがトレースだ。そんなの関係ねえ!!
{/netabare}
=====第12話視聴後、追記です。
{netabare}
伊豆キャンで、なでしこのいぬこの誕生日を祝います。
そして、主要メン5人で朝日を見て旅の終わり。

いやあ、いい最終回でした。

えっ?
まだ13話があるの?

それにしても高クオリティを維持したまま、最終盤まで来ましたね。
本日、最終話。お楽しみに!
{/netabare}
=====最終話視聴後、感想です。
{netabare}
伊豆キャン最終日。
山中湖でお世話になった酒屋の藤村さん……いや、飯田さんにお礼の挨拶。
大室山でカピバラ温泉を見て、伊豆キャン終了です。

楽しかった旅の終わりは、ちょっと寂しくて、でも温かくて。だから、また行こう! みんなでキャンプ!

はいはいはいはいはい、そういうわけでね、今期は「どうでしょう」成分多めでお送りしましたよ、大泉くーん!
ほぼ半クールが伊豆キャン。伊豆半島のジオパーク巡りをしながら、キャンプ飯を楽しみました。

今期、異世界モノの雄が「無職転生」なら、日常系の覇者は間違いなく、この「ゆるキャン△」でした。
また、この5人(+ぐび姉)のキャンプ旅行が見たいですね。3期待ってますよ!
{/netabare}

投稿 : 2021/04/02
閲覧 : 144
サンキュー:

20

ネタバレ

zeroone01 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

期待を裏切らない満足度120%のスタート!

待ちに待ったSEASONS2!
原作既読での感想です。

第1話『旅のおともにカレーめん』
 まさかの原作には無いアニオリの{netabare}中学生しまりん、キャンプデビューの話からスタート!episodeゼロってやつですね。
しまりんがキャンプにハマったきっかけは、お爺ちゃんのいならくなったキャンプ道具をもらってからっていうのは1期でも言っていたので知っていたのですが、何も知らずにソロキャンに挑戦しようとするあたり、さすがしまりん!^^
 色々うまくいかず結局ゆっくり読書もできないしまりん。当たり前だけど、しまりんも最初は何も出来なかったんだなぁ~っとほっこり。
それにしてもご飯を炊いている時のユラユラしまりんが可愛すぎるw
あと、持ってた携帯がキッズ携帯ってのがまた良いですねぇ。演出が細かい。
 そしてお母さんがこっそり入れておいてくれたカレーめん。1期1話に続く重要アイテム。素晴らしすぎる~。
そして目の前の富士山を見上げるしまりんと、遠く浜松から同じ富士山を眺めるなでしこ。もう最高じゃないですか。{/netabare}
 作画も更にキレイになって、亜咲花さんのOPもBGM も凄くいい感じ♪
ゆるキャン△ワールド全開で物語は進み、佐々木恵梨さんのEDもこれまた最高!

 そして最後にまたアニオリの「旅のおともにカレーめん」
もう言う事無しです。

 1話を観終わって、細かい所まで丁寧に作っているなと思いました。
特にしまりんのバイクシーン。止まる時にエンジン切ってから歩道に寄せたり、出発の前にちゃんと後方確認してたり、初心者らしくきちんとルールを守っていてしまりん素晴らしいですw

 ファンの期待を裏切らない、いや、それ以上120点の最高の滑り出しでは無いでしょうか。

第2話『大晦日のソロキャンガール』
{netabare} 物語はしまりんの伊豆キャンからスタート。
海を見てテンション高めのしまりんが良いですねぇ。いろんな所に早足で移動してるのが可愛すぎるw年越しそばを簡単にって作ってたけど、あれ、結構大変じゃないですか?^^;今度真似して作ってみようかな。

 後半はアキちゃん、犬山姉妹、鳥羽先生の初日の出ドライブのお話。アキちゃんとちび犬子とのやり取りが面白い。仲が良いんですね^^
一つ気になったのはダイヤモンド富士を見ようと峠を攻めるシーン。
車がピョンピョン跳ねちゃったりあそこまで大げさな演出は個人的にこのアニメに求めてないかなぁ。原作でも軽くドリフトしてる程度でしたし。
まぁでもチョットだけだしいいかな。

 雪が降って道路が凍結してしまい、スクーターは危ないからもう少しそっちでゆっくりしてきなさいと言われても動じないしまりん、ハートが強すぎるw
 次回はいよいよあの子の登場かな?楽しみです。{/netabare}

第3話『たなぼたキャンプと改めて思ったこと』
{netabare} 雪の影響で急遽なでしこのおばあちゃんの家に泊まりに行く事になったしまりん、相変わらず海でテンション高めなのが可愛いw
 なでしこが家を出る時に心配そうにしているお姉ちゃん、1期1話であんな大失態をしでかしたらそりゃあ心配にもなりますわな^^;
しまりんはなでしこと合流し、特上ウナギをごちそうしてもらう訳だが、とにかく美味そう。私もいつか浜松に行って食べてみたいなぁ。
 
 そしていよいよ登場!土岐綾乃ちゃん!CVは黒沢ともよさんで、なでしことは真逆で落ち着いた感じの話し方がとても良いですね。私の描いていた綾乃ちゃんのイメージとピッタリハマっていて良かった!
更になでしこの中学生時代の衝撃の事実が!?原作を読んでいたので知ってはいたのですが、読んでいない人は驚いたんじゃないかな?w
でも、今のペースで食い続けていたらあっと言う間にリバウンドしそうだけど大丈夫なのかな^^;
 
 庭でミニ賽銭箱wを使ってお餅を焼いてみたりゲームしたりと一気に距離を縮めるしまりんと綾乃ちゃん。なでしこに今回のソロキャンどうだった?と聞かれ。「グルキャンも良いけど私はやっぱりソロキャンも好き」「ソロキャンは寂しさも楽しむもの」と答えるしまりん。私もしまりんの影響でソロキャン始めたけど、何となく分かる気がする。一人でぼ~っと焚き火眺めてると落ち着くし何か良いんですよねぇ。って言ってもまだまだ初心者ですが^^;
 
 最後に綾乃ちゃんが「暖かくなったら山梨に遊びに行く」としまりんに伝えお別れ。もうがっちり友達じゃないですか。
 って思ったらもう終わり?マジで??体感5分なんですけど!?
はぁ~どんどんゆるキャン△にハマって行く自分がいる・・・
 そういえば今回あきちゃんとあおいちゃんが出て来なかったなぁっと思ったら最後のおまけコーナーでチョットだけ出て来たから良かったw
次回も楽しみすぎる~{/netabare}

第4話『バイトのお金で何を買う?』
{netabare} 最初に言っておきます。最高です。

 冬休みが終わり、野クルの部室から物語はスタート。
狭い部室でのやり取りはやっぱ良いですねぇ。これぞ野クルって感じ。
タープを新調し早速立ててみるのだが、肝心な所でいつもやらかす部長^^;なでしこのおかげ?(笑)で何とか完成。
 ここでしまりんの話が出てくるのだが、アキちゃん、アオイちゃんのしまりんのそれぞれの呼び方が「しまりん」→「リン」。「志摩さん」→「リンちゃん」に変わってる。アキちゃんは2話だったかな?呼び方変わったの気が付いたけど、アオイちゃんも変わってた。クリキャンでお互いの距離が縮まったんだとよく分かる。
このちょっとした変化が何か見ていてほっこりする。

 続いてしまりん、恵那ちゃんが登場するが、今回の出番はここだけ><
恵那ちゃんのチクワ愛が凄すぎる。一億円あったらとりあえずその上に寝袋敷いて寝てみるってしまりんらしい回答^^

 なでしこは帰り道、カリブーに寄り道したり次のキャンプは何作ろうとウキウキで駅に向かうのだが、だれもいないホームを見てしまりんの言葉を思い出す。
「ソロキャンプは寂しさも楽しむもの」
みんなで楽しくキャンプも良いけど、「私もソロキャンプやってみたい」と思うなでしこ。この「寂しさ」を人のいない駅のホームで表現した一連の演出は本当に素晴らしかった。

 次の日、長期のバイトを探すが、中々良い所が見つからないなでしこ。お姉ちゃんも気になるご様子。
 帰り道、お姉ちゃんから美味しい天丼のお店見つけたから一緒に食べない?と誘われ、猛ダッシュで大好きなカリブーにも目もくれず一目散でお姉ちゃん(天丼)の元へ向かうなでしこ。あんたの奢りと言われた時の血の気の引いた顔は笑ったなwでも、本題はなでしこのためにバイト先を見つけてくれていた事。バイト見つけておいたよって素直に言わないあたり、好きだわ桜さん。

 バイト代が入りカリブーで待ちに待ったお目当てのランタンを購入するなでしこ。店員さんからガラス製品だから気を付けてとフラグを立てられ、危うく落としそうになるがギリギリ回避wしかしこのランタンの箱が本物にしか見えないんだけど・・・作画気合入れすぎ!
 家に帰って早速ランタンを灯すのだが、マッチの擦り方と消し方がまたリアル!ほんと、どんだけ細かいんだ・・・
 そこにお姉ちゃんも帰ってきてEDを迎える訳だが、ん?特殊ED??
あ、なでしこがお姉ちゃんの車に!?もう完璧な演出続きで最後は涙がホロリ。
原作には無い演出を入れたり作画だったり、原作ファンを飽きさせない力の入れようはもう脱帽です。完璧すぎる。
 
 今回は見所たくさんで長くなってしまいました。もう大満足。{/netabare}

第5話『カリブーくんと山中湖』
{netabare} 今回はメインヒロインのお二人はお休み。しまりんに関しては二週続けて出番ほとんど無し^^;
アキちゃん、あおいちゃん、恵那ちゃんの三人でキャンプをする事になったのだが、あきちゃんが私に任せろ!って不安でしかない^^;
しかし、この三人が揃うとお笑いトリオでコントをやってるみたいw
途中バイトなでしこもちょっとだけ登場。頑張ってますね^^

ちょこちょこボケとツッコミを挟みながら物語は進んで行くのだが、温泉シーンでは1期の時から思ってはいたが、アキちゃんは眼鏡取った方が絶対に可愛い!
あとこのアニメの良い所は、温泉シーンが多いのに無駄にエロさを出さない所。あおいちゃんが爆乳な事に誰も触れないw

 キャンプ飯はきりたんぽ鍋に決まり買い出しをするのだが、なでしこの鍋スキルが高すぎる!なんでこんなに知ってるんだ??鍋しこと命名するあたり、恵那ちゃんナイスwみんなの嫁ってなでしこ愛されてますね^^
 そしてキャンプ場に到着するのだが、みんなのウキウキ気分の笑顔がすっごく癒される。んで、最後はきっちりオチを付けてコント終了w来週はキャンプ開始ですね。

 今回もしまりんがあまり登場しなくて、やっぱ寂しいなと思っていたら、最後のおまけコーナーで登場!出番があって良かった^^{/netabare}

第6話『大間々岬の冬』
{netabare} 先週の続きで三人によるコント、じゃなくてキャンプのお話。キャンプ場に到着し、いよいよキャンプスタート!
 アキちゃんのチェアを二つ使った簡易ハンモック良いですね!私も実践してみたい。でも、恵那ちゃんがシートに座っているのを見てチェアを貸すアキちゃん。恵那ちゃん、ちくわのために色々揃えるのも良いが、安いのでいいから自分の買いなさいよw
 アキちゃんがバイト先で教わって作ったホットドリンクを飲みながらくつろぐ三人。ここで全員の携帯の充電がほとんど無いことに気づき、電源を切ってしまう。この後おきる大事件の前触れ・・・

 お話はいったん志摩家へ。キャンプ道具のお手入れをするしまりん。
家服姿が何か良いですw煤はパイプクリーナーが有効とか、ほんと勉強になる。初心者キャンパーにはありがたい情報です。
 ここで三人から写メが届くが、三人のいる場所の気温が気になるご様子・・・

 話は戻り、寒さに凍える三人。気温を見たらまだ夕方なのに-2℃で飲み物も氷が張ってしまう寒さ。ここまで寒くなると思わなかったと事の重大さに気づく。これはヤバいのでは・・・
 気温の事をまったく気にして無かったと謝るあきちゃん。いつもならふざけてごまかすのに、さすがにヤバいと感じでますね。色々対策を考え、責任を感じてかコンビニにダッシュするアキちゃん!他の二人は管理棟に向かうが管理人は帰ってしまい、薪を集めようにも落ちていない。日はどんどん沈み辺りは真っ暗に。
 原作でもこのシーンはヤバいと感じましたが、アニメではさらに緊張感が伝わってきてドキドキしました。結局は昼間会った犬のお姉さん親子に助けられますが、本当に危なかった。
 
 ここでしまりんから三人が心配だと連絡を受けて探しに来た鳥羽先生が登場し、冬のキャンプをなめたらいかんと三人を叱ります。あんなに部活の顧問を嫌がっていた先生が本気で叱れるって、教育者の鏡ですね。そして素直にごめんなさいと謝る三人。事故がおきなくて良かったと胸をなで下ろす先生だがここで一緒に飲もうとお誘いが・・・あぁこれはw案の定グビ姉に戻ってしまったwwwでもまぁ、生徒をわざわざ車で探しに来てくれたんだし、今回は良いよねwそれにしても鍋が美味しそう!
 先生の車で一泊し朝を迎え特殊EDへ。その後の様子も伝える演出は相変わらず良いですね~。
 
 今回はゆるキャン史上もっとも危険な回でした。冬キャンプの楽しさだけではなく危険な所もしっかり伝えてくれる、本当に素晴らしいアニメだと思う。冬キャン真似して事故おきたら大変ですもんね。私もキャンプに行く時は気温までしっかり調べて行こうと決めました。
 
 最後は今回出番が無かったなでしこが登場。全く出ないのかと思ったから良かったwしまりんに私もソロキャンプやってみたいと伝えます。いよいよか!{/netabare}

第7話『なでしこのソロキャン計画』
{netabare} 今週からなでしこのソロキャンデビューのお話です。
初のソロキャンプって事でしまりんに相談するなでしこ。しまりんのキャンプ講座が開講されるのだが、下調べなどとても勉強になります。
一通り話を聞き今週末決行する事になったのだが、しまりんも予定は空いていたみたいで、少し寂しそう。もうあれだ、一人ではバンバン遊びに行くのに、彼女が一人で遊びに行くって言ったら心配でしょうがない彼氏状態だw

 家族にソロキャンプに行く事を伝えるなでしこ。お姉ちゃんに怒られるのかと思ったら意外とすんなりOKが出るのだが、「子供の見守りアプリ」をしれっとインストールする桜さん最高w
しまりんに教わった下準備を進めるなでしこだが、亜咲花さんが歌う「この場所で。」が挿入歌に。これまたすっごく良い!準備を楽しそうに進めるなでしことすごく合ってますね。
しかし、やりたい事リストにシャボン玉(消してあったが)ってwww
こういう所がなでしこらしいです^^

下準備も終わりソロキャンプ当日。いよいよスタート!ってまだAパートなの??内容が充実すぎる・・・
 しまりんは特に予定も決めずにふらっとソロキャンプに出発。さすがベテランさんは違いますな。
 名所を写真撮りながら周るなでしこだが、相変わらず作画がキレイです。それにしても富士宮やきそば超美味そう!なでしこも食べたそうですがお姉ちゃんに教えてもらったお店があるので我慢我慢。よく我慢できたなぁw
しまりんのふらっと一人旅も続くのだが、桜さんの車を発見。そして桜さんとご対面。二人ともなでしこが気になって近くまで来てしまっていたんですね^^
ようやくお姉ちゃんに教えてもらった焼きそば屋に到着したなでしこだが、ニット帽を被った常連さんっぽい人、この人1期1話で登場した伊藤さん!?エンドロールをみたらやっぱりそうだ!因みに1期3話でラジオで登場したDJ伊藤も同一人物らしいです。こういった隠し要素も楽しめるのも面白いですね!
 メニューがよく分からないまま五目しぐれを注文し、目の前で調理されていくが待ちきれない様子がとても面白かったwすっごい我慢したもんね^^食べる前にちゃんと「いただきます!」って言えるって育ちが良いのが良く分かる。あれ、一人だと中々言えませんよ?
とにかくしぐれ焼きが美味しそう!!今回に始まった事じゃ無いけど、夜中の0時頃にこの飯テロは反則ですよねぇ。お腹空くに決まってるじゃん^^;
最後におでんもください!ってさすがなでしこ^^

 思いがけず桜さんと二人になってしまったしまりん。なでしこがいないととても気まずそう。この空気って耐えれませんよね^^;
でも、「原付の旅」で思いっきり食いついてきた桜さん、良いですねぇw
桜さんとしまりんの仲も少し縮まったようで良かった^^
 買い出しも終わりキャンプ場に向かうなでしこ。目的地まで5.5kmって、その荷物背負ったまま歩くのですか??体力ありすぎでしょw

 って事で第7話終了。今回も充実した内容でした!なでしこが終始楽しそうで幸せそうなのが観ていてニンマリしてしまう。本当に癒されます。
あ、今週はあきちゃんとあおいちゃん、しゃべって無いw{/netabare}

第8話『ひとりのキャンプ』
{netabare} なでしこ初ソロキャンプの続き。
5.5kmの山道をキャンプ道具背負ったまま替え歌を歌いながら余裕で歩き切るあたり、体力ありすぎでしょw途中の「ナミモミエナイヨー」が可愛かった^^
 施設内を一通り見たあと早速設営開始だが、不安もなさそうに楽しそうに進めているのがなんか成長したなぁって感じですね。
 
 その頃しまりんは原付の旅継続中。閉鎖中のトンネルにわびさび感じるとか、女子高生とは思えないw吊り橋の上でビビりまくる所は面白かった^^

 桜さんはお土産用のジビエを物色中。熊の手料理に興味津々だが、レシピを見て諦めたw大塚さんの早口ナレーションがwww
 
 しまりんは温泉施設を満喫中だが、なでしこの経過報告がぱたりと止んで電話も繋がらない。大丈夫だとは思うが居ても立っても居られない。同じく桜さんも不安なご様子。桜さんはセリフが一切無いのに不安な気持ちは凄く伝わってきますね。

 なでしこはそんな事は知らず悪魔の儀式wじゃなくて実験料理をお試し中。お隣キャンパーさん姉弟をお誘いするのだが、なでしこのコミュ力の高さは本当にすごい。私も見習いたい。
 キャンプ飯はコンビニ弁当で「キャンプっぽくない」と言う姉弟に、「そんな事はないよ」と優しく諭し、その意味を激安焼き芋で証明するなでしこ。この後のお父さんに「次は料理を作りたい」って言う所まで本当に素敵なシーンです。
 そんなやり取りを遠目で見ていたしまりん。心配ご無用だったと帰ろうとするが桜さんも!wなでしこに見つからないように慌てて隠れる二人と、電波を一生懸命探すなでしこが何とも微笑ましい。
 帰り道、なでしこから写真が届き、しまりんを呼び止める桜さん。
安心しきった顔で写真を見せて「夕飯おごるわ」と一言。この一言にしまりんに対する感謝の気持ちがすべて詰まってますよね。
 そしてなでしこの初ソロキャンプは二人の心配をよそに無事終了。 
 
 おまけのイヌイヌイヌ子さん、今回出番が無かった三人が登場。
等身大カリブー君との妄想が膨らむイヌ子さんですが、現実はそんなもんよねwww
 今回もあっと言う間に終わってしまった。毎回本当に面白いし癒されます。{/netabare}

第9話『冬の終わりと出発の日』
{netabare} ソロキャンプから戻ったなでしこのお話からスタート。
放送日の3月4日はなんとなでしことあおいちゃんの誕生日!ドンピシャで合わせてくるあたり、やりますな!
 先生と相談し、次はグルキャンで伊豆に行く事になったのだが、「行く?」と聞かれて素直に「行きたい!」って言わないしまりんが可愛いwあと、家でのポニーテールあおいちゃんが可愛かった^^
 校庭で焚き火をしながら日程などを決めるのだが、5人が集まるのって久しぶりじゃない?あれ?二期になって初めて??意外とレアな状況なんですね。チビいぬ子も行く事になり、7人でのキャンプに決定!
原付で行きたいと言うしまりんを、何も言わず温かい目で見守るなでしこが、凄く良かった。
 
 それぞれのバイトをしながらテスト勉強も頑張るメンバー。なでしこはキャンプ飯を考え中だが、お父さんのホンワカした感じが良いですねぇ。幸せいっぱい家族じゃないですか!
しまりんもバイク用の新アイテムを購入し、バイクもお父さんが点検整備と洗車まで済ませてくれて完璧!そして桜井さんボイスがイケボすぎるwそこにお爺ちゃんが帰ってきて大塚さんボイスがこれまたイケボw何なんこの家族wwそして携帯ホルダーの欠点を見つけてすぐに部品を買いに出かけたり、バイザー実は新調してたり、もうカッコ良すぎるでしょ!ってか孫が可愛くてしょうがないって感じですかね。
 
 ところ変わって鳥羽先生のご自宅。妹さんに車を借りるため電話中。お酒の心配をされるのだが、実はあきちゃんに「自分達もキャンプ行きたいのを我慢するんだから、次のキャンプまで先生もお酒は我慢してください」と言われ禁酒中wショッキングな顔が面白かった^^毎日飲んでる人にとっては地獄のような毎日なんじゃないかなw
 
 お爺ちゃんが帰ってきて部品を取り付けて準備完了!遅い夕飯になってしまったが、ここで実はお母さんも前はバイク乗りだった事が判明。どうやら写真は見られたくないご様子。1期の時にしまりんがバイクで出かける時に「誰に似たんだか」とお母さん言っていたが、しっかり両親の血を引き継いでますよw
 夜中3時に起き、準備をするしまりん。お爺ちゃんも起きていて「途中まで一緒に走ろう」とツーリングにお誘い。最後に「まさかリンと走れる日が来るとは思わなかった」とニッコリ。いやぁ、素敵です。そしてもう一度言ううけどカッコ良すぎ。そして「もうすぐ春が来る」からのED。最高です。
 
 今週もあっという間だったなぁとか思っていたら続きが。
しまりんがなでしこソロキャンプを心配で見に行った事を恵那ちゃんが知っていた理由が明らかに。秘密と言うのはどこから漏れるかホント分かりませんよw
 今週は主要メンバー全員と家族まで総出でとても内容の濃い回でした。
各務原家も志摩家もとても温かい家族で羨ましいです。
最後、しまりんママのバイク姿を見せてくれるあたり、製作側の視聴者に楽しんでもらいたい!って気持ちがほんと伝わります。もうすぐ終わってしまうのが辛すぎる・・・{/netabare}

第10話『伊豆キャン!はじまり』
{netabare}待ちに待った伊豆キャンのスタート!なでしこはそわそわして眠れなかったと目の下にクマが。遠足前日の小学生みたいw案の定爆睡してしまうのはお約束ですね^^
今回の伊豆キャンはジオスポット巡りも兼ねているので色々な観光地が出て来るが、どれも作画がキレイですっごいリアル!実際に行ってみたくなる。
一人原付で移動中のしまりんだが、途中恵那ちゃんからの目がバッキバキのなでしこ写メがww運転中に見たら事故るよwこの二人のやり取りはやっぱ面白い。
 
車組は道の駅で休憩中。わさびソフトめっち食べてみたい!爆睡してて食べられないなでしこ、かわいそうに^^;渋滞に巻き込まれながらも何とかしまりんとの合流地点に到着。なでしこがやっと目を覚ますのだが、ホラ吹き姉妹の餌食に・・・もう酷すぎるwみんなで下田バーガーを食べるのだが、これまた美味しそう。ってか鳥羽先生、ハンバーガーをフォークとナイフで食べるとか、とっても上品な一面も。お酒飲むと別人ですが^^;

 全員揃いキャンプの買い出しへ行くのだが、先生、禁酒25日目ってすごい!もう我慢の限界なんだろうなwここで誕生日会のための極秘ミッションを発動するのだが、作戦会議がどう見てもエ〇ァのワンシーンwっと思ったら恵那ちゃんが根回し済みで一件落着w生徒のために快く協力してくれる先生良いですよねぇ^^
買い出しも終わりキャンプ地へ向かうのだが、今回は野営をする予定と思ったら地主の意向で浜辺一帯はキャンプ禁止に。こりゃ焦るよね。恵那ちゃんの機転で山中湖でお世話になった飯田さんに連絡し、無事キャンプ地を確保!こういう時冷静な判断ができる恵那ちゃんが素晴らしい。予定外の事態になり移動ルートの変更も余儀なくされたが、旅慣れたしまりんの提案で新ルートも決定。サプライズ誕生日会の計画もバッチリ頭に入ってるご様子。さすがですw
 一行は細野高原へ。なでしこ、あかりちゃんで山頂まで競争しようとなったのだが、あきちゃんも参戦!酒屋のバイトで体力付いたとか意気込んでいるが、本当に大丈夫ですか部長??っとまぁ結果は思った通りなんだが、恵那ちゃん「あきちゃんがくたばってる」てwww澄んだ声で「くたばってる」は面白すぎw
 
 今回はジオスポットを紹介しつつ、笑いありハプニングありでとても楽しかった。新しいBGMもすごく良い感じで、それに加えみんな楽しそうで本当に和みます。次回も楽しみ!終わって欲しくないなぁ><{/netabare}

第11話『伊豆キャン!!みちゆき』
{netabare} 伊豆キャンの続きからスタート。あかりちゃん(一応あきちゃんもw)と競争し、大人げないなでしこwそれにしても伊豆って海底火山の噴火からできた島だったんですねぇ、知らんかった。温泉の場所を決めるのにバイク移動のしまりんが湯冷めしないよう、キャンプ場の近場にしようと気遣う鳥羽先生、優しいです。しまりんだんごアイス、売ってたら絶対買うw温泉に移動中、急に眠気に襲われるしまりん、大丈夫か??
 温泉に到着し、夕日を眺めながらの入浴、最高ですねぇ。ってしまりん!?もう限界っぽいww一人で入ってたらヤバかったよ^^;風呂上がりの一杯、やっぱコーヒー牛乳ですよね!っと思ったら鳥羽先生、やらかす。美人で優しい良い先生なのにね、お酒で損するタイプ^^;野口さんを3枚使って運転代行はキツイなぁ。
 
 キャンプ場に到着しテント設営と夕飯の準備を始めるが、しまりんがもう限界wもごもご言ってるしまりんがめっちゃ可愛い^^何とか持ちこたえあかりちゃんに焚き火の付け方を教えるが、焚き火を見ながら旅立ってもうたーww原付移動、相当疲れたんでしょうね。
 夕飯の準備を進めるいぬしこコンビ。土鍋で具だくさんアヒージョ、めっちゃ美味しそう!匂いにつられしまりんも起きてきたw伊勢エビの炭火焼も食べてみたいなぁ。伊勢エビと日本酒で幸せそうな鳥羽先生、この日のために禁酒頑張ったんですよね!どんな食材にも合うよう、色んなお酒を準備して来た辺りはさすがグビ姉wしかし、妹涼子さんからほどほどにしとけとメッセージが。ナイスタイミングw
アヒージョが完成しいざ実食。しまりんは眠気と戦いながら食べてるが、こんな子供いるよねwそして金目鯛のアクアパッツァパスタ、絶対うまいやつや~。なでしこの料理スキルが高すぎる。そしてしまりんは二度目の旅立ちw歯磨きをして寝るよう促すなでしこ、それに目を擦りながら頷くしまりん、もう親子やんwママしこ誕生の瞬間w
 夕飯の片付けも終わり、ホラー映画(アニメ?)を観る事になり、なでしこはあかりちゃんの前なので強がって平気なふりを。一人だけ超ビビってる顔が面白かったw夜も更け恵那ちゃんとなでしこは眠れず語り合っているのだが、恵那ちゃんは18歳になったら免許をとってチクワを色々な所に連れて行ってやりたいと。恵那ちゃん、一見物事を深く考えそうなタイプには見えないけど、ちゃんとチクワの事を考え、先の目標までしっかり決めていてすごいなぁ。チクワは幸せ者ですね^^
 なでしこ達と入れ違いで目覚めるしまりん。こっそりみんなの寝顔を撮るとか悪いやつw抜け駆け温泉、気持ちよさそう^^それにしてもあきちゃんにだけ一言「探さないでください」ってwwwしまりんナイスだわぁ。
 
 今回もあっという間に終わってしもーた。終始顔がニヤケっぱなしだったなぁ。特にしまりんが何度も旅立ってしまったのは面白かったwはぁ、あと2話かぁ><{/netabare}

第12話『伊豆キャン!!!バースデー!』

(3/26 第11話追記)

投稿 : 2021/03/26
閲覧 : 258
サンキュー:

14

ネタバレ

名前に無頓着 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:今観てる

ぼーーーーーーーっとできる

これはいいですね。

なーんも考えずに気楽にみれる。
眠い時普通に寝てしまうけどまたみればいいやーって思える。せわしくせわしく生きてる人はぜひ見てください。

ソロキャンプしたくなります。

投稿 : 2021/03/26
閲覧 : 42
サンキュー:

9

ネタバレ

saitama さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:今観てる

帰ってきた『ゆるキャン△』は期待を裏切らない! が、静岡チャリンは…。

ついに帰ってきた『ゆるキャン△』

完全にビジネスライクだった『へやキャン△』で本当に心配だったが、本編は変わらなかった。良かった、本当に良かった。このままでお願いします。

1話の最初は原作コミックスには無かった、リンちゃんのキャンプ始まり物語だった。1期最終話の最後のパートも原作にないストーリーで、それが1期1話最初のパートとリンクしていて、すごくホッコリしたのを思い出す。カレー麺がいい感じに最後リンクしたけど、このパート自体も最終話にリンクするのだろうか?

1期1話に登場し、もはや聖地として冬でも激混みな浩庵キャンプ場が、リンちゃんにとってもキャンプ始まりだった。

『ゆるキャン△』にハマって、ついにキャンプを始めてしまい、自分も最初のキャンプ場に浩庵キャンプ場を選択した。11月中旬なのに人が多くて本当に驚いた。

夜中はアニメ以上な暴風に苦しんだなぁ…とか、リンちゃんのチェアなしスタートは、下の石がゴロゴロしていてお尻が痛いだろうな…とか、炊事場から湖畔のところまで夜は歩きにくいよなぁ…とか、自分が同じキャンプ場を追体験しているだけに、このリアリティさが良い。

リアリティさと言えば、ご飯に芯を残してしまうとか、料理初心者あるあるとして楽しめた。松ぼっくりのこととか、てっきりおじいちゃんからの知識かと思いきや、浩庵キャンプ場スタッフから得たものだったとは…。

それと、1期では自転車やバイクのミニマルキャンプなのにナタを持っていることが不思議だったが、このオリジナルパートで謎が解けた…笑

それから原作コミックスの山中湖編、初日の出編、伊豆編へとつながっていくストーリーへと引き継がれていったのだけど、ゆるキャン△のアニメ制作陣は原作へのリスペクトと、オリジナル追加の塩梅が最高にいい。監督の能力が本当に高いんだろうなと思わせる。

あと、なんと言っても背景に流れる音楽。いまやテレビの情報番組とかでも、アウトドアっぽい場面では、ゆるキャン△のBGMがガンガン使われている。このなんともいえないテンポが良い。二期のBGMで更なるバリエーションが増えるんだろうな。

氷点下な山中湖編や初日の出編が待ちきれない。それと伊豆編はイヌコの妹も出てくるし、初日の出編ではなでしこの底なし体力の秘密が明かされる。アニメ化で新たな聖地として人気な店がまた増えるなぁ。下田の干物屋とか…。でも、なんと言っても、ゆるキャン△で知った身延饅頭は昔ながらのお饅頭で、しかも凄く美味しい。また食べに行こうと思わせる優しい味。

いやー、本当にいいアニメ。この感じで進んで欲しい。


ちなみに、へやキャン△みたいなあからさまではないが、しまりんバイクはヤマハ、家のクルマはスバル、OPに登場した先生のクルマは日産と…、この先、こちらの現実世界側ではコラボが色々あるのだろうな…という予感はある。実際、ヤマハなんてバイクどころか、ヤマハ楽器側もコラボ始まったし。アニメ本編に無駄なエピソードが登場でない限りはアリかなと思う。ヤマハのトリシティコラボアニメは、正直、BD特典じゃなく配信とかでも見せてほしいくらいだし。


4話まで視聴


1話の最初にオリジナルストーリーを盛り込んで驚かせてくれたが、それ以後は丁寧に原作を追いかけている。とくに良いと思うのは、原作コミックスがこだわっている風景描写のパース感をアニメにも取り込んでいること。ちょっとアニメだと強く出すぎてしまうのだけど、原作ファンからすると、「いーねー、わかってる」となると思う。

あと、4話はなんてことはないストーリーなのだけど、姉さくらとの関係性が描写されていて、この関係性がこの後に、なでしこのソロキャンを見守るときの、りんちゃんとさくらの描写へと繋がると思うと、ここもいい。

最後のEDのとき、ちゃんとみていないと、なでしこが、さくらのハスラーの助手席に、白金カイロを置くシーンがあって、ED終わりに、それをさくらが見つけるシーンへとつながっている。そこは本当にコミックスでも感動したけれど、アニメ化で、その良さが一切消えず、感動をちゃんと伝えていて、本当に監督以下の制作陣が原作者と良い関係性を築けているのだろうなと思う。

制作陣の向く方向が皆同じだなぁと感じさせるパートだった。


11話まで視聴

基本的に原作通りなので文句はないのだけど、明らかに静岡観光情報を差し込みすぎ…。

静岡県とかなりがっつりとタッグを組んだことは、さまざまなチケットやら、イベントやらでも明らかなので、仕方ないし、アニメを骨格にしてライセンス的に金を稼ぐことは悪いことではないので、否定もできない。実写ドラマも完全にアニメを追いかけて演出含め作品化されているしなぁ。

ただ、それでも静岡観光ガイドに成り下がってしまっている感は否めないので、もうちょっと原作からカットしてしまった野クルメンバーの関係や細かいやり取りを丁寧に拾ってほしいかな…。

そもそも、聖地的な楽しみ方は、詳しく紹介されていないからこそ、逆に盛り上がるのだし。

まあ、原作も確実に観光ガイド化が強まっているので、お金が集まることが、創作にすべて良い方向でないことが難しい。でも、作者やクリエイターはしっかり儲けてほしいほしいし…。

色々と葛藤を感じる2期。

のんのんびより、みたいにただただ平和に楽しめるアニメが逆に希少なんだなと感じられた。

投稿 : 2021/03/22
閲覧 : 120
サンキュー:

14

ネタバレ

山本隆之 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:今観てる

まとめ

▼7話
今週の飯テロは◯◯◯焼きそば https://togetter.com/li/1670132

▼5話
温泉・飯テロアニメが『#水曜どうでしょう』と次元を超えたコラボ
https://togetter.com/li/1663004

投稿 : 2021/02/19
閲覧 : 107
サンキュー:

5

ネタバレ

※アニをた獣医師() さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

出たし好調

一話はなんとしまりんの、初のソロキャンプの思い出から始まる。

カレーヌードルがおいしそうなのだ。


このほんわかが続いてくれればそれでいい。


新キャラ登場!

のんのんでもそうですが、日常アニメでの新キャラってすごく新鮮な感じします。
あんまり馴染めないと、うーんという感じのこともあると思うのですが、なでしこの友達、いいキャラです!

投稿 : 2021/01/23
閲覧 : 53
サンキュー:

11

次の30件を表示

ゆるキャン△ SEASON2のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ゆるキャン△ SEASON2のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ゆるキャン△ SEASON2のストーリー・あらすじ

これも、ある冬の日の物語。山梨の女子高校生である志摩リンは、愛車の原付に乗って一路浜名湖を目指していた。大晦日に始めた、久しぶりのソロキャンプ。山梨を出発して静岡県は磐田へ。年越しを磐田で迎えて、今日はその三日目。かなり距離の長い運転だが、なんだか楽しい。そんな折、立ち寄った海辺でふと思うリン。「やっぱり、一人のキャンプも好きだ私」一方、そんなリンの思いを知ったなでしこにも、新しい気持ちが芽生えていた。みんなとのキャンプは大好き。ご飯を作って、喜んでもらうのも、嬉しい。だけれど。「私もリンちゃんみたいに、ソロキャンプやってみたいな」なでしことリン、二人の出逢いから始まったアウトドア系ガールズストーリーの第二幕がいま、上がる。(TVアニメ動画『ゆるキャン△ SEASON2』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2021年冬アニメ
制作会社
C-Station
公式サイト
yurucamp.jp/
主題歌
《OP》亜咲花『Seize The Day』《ED》佐々木恵梨『はるのとなり』

声優・キャラクター

花守ゆみり、東山奈央、原紗友里、豊崎愛生、高橋李依、黒沢ともよ、大塚明夫

スタッフ

原作:あfろ(芳文社『COMIC FUZ』掲載)
監督:京極義昭、シリーズ構成:田中仁、キャラクターデザイン:佐々木睦美、プロップデザイン:山岡奈保子/井本美穂/堤谷典子、メカデザイン:遠藤大輔/丸尾一、色彩設計:水野多恵子、美術監督:海野よしみ、撮影監督:田中博章、音響監督:高寺たけし、音響制作:HALF H・P STUDIO、音楽:立山秋航、音楽プロデューサー:村上純、音楽制作:MAGES.、企画・プロデュース:堀田将市、制作プロデュース:DeNAコンテンツ企画部、アニメーションプロデューサー:丸亮二

このアニメの類似作品

この頃(2021年冬アニメ)の他の作品

ページの先頭へ