新型コロナウイルス感染症(COVID-19/SARS-CoV-2)の感染拡大の影響を受け、一部作品の放送・配信時期に延期、変更が発生しております。
掲載している放送時期と異なる場合がありますのでご了承ください。

「ヒロインたるもの!~嫌われヒロインと内緒のお仕事~(TVアニメ動画)」

総合得点
66.4
感想・評価
88
棚に入れた
255
ランキング
2505
★★★★☆ 3.4 (88)
物語
3.3
作画
3.3
声優
3.5
音楽
3.4
キャラ
3.3

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

ヒロインたるもの!~嫌われヒロインと内緒のお仕事~の感想・評価はどうでしたか?

えたんだーる さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

HoneyWorks健在! めっちゃ面白い!

本作に出てくるアイドルグループLIP×LIPの結成を描く『FILM×LIVE』という劇場版作品もあるのですが、こちらは時系列的にはその後になる作品で、離島から東京の高校に陸上競技のために入学した涼海ひよりが主人公です。

実家からの仕送りに不安がある状況となりアルバイトを探すひよりが、なんとか採用されたのがなぜかひよりと同じ高校にメンバー二人が通うアイドルグループLIP×LIPのマネージャー見習いという、あるんだかないんだかわからないようなわりと強引な設定のお話です。

HoneyWorks原作ということで、楽曲面も充実しています。普通のシーンの作画とかも問題なく良いと思いますが、3DCGによるLIP×LIPなどのライブの作画は、ちょっとショボいです。まあ、本筋を楽しむ上ではあんまり関係ないので私はさほど気にはしませんが…。

キャスト的には主人公のひよりが水瀬いのり、そして親しい友人となる服部樹里に佐倉綾音、中村千鶴に早見沙織という布陣で、LIP×LIPの二人も染谷勇次郎に内山昂輝、柴崎愛藏に島﨑信長といったわりと豪華めな感じで、少女漫画的なビジュアルとストーリーで忌避しそうな層には大穴な良作です。

作中でひよりとの仲がこじれた千鶴の演技は最高でした!

投稿 : 2022/08/18
閲覧 : 35
サンキュー:

13

Ka-ZZ(★) さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

このまま走り続けたらどこまで行けるかな? 何があるんだろう? 見てみたい 行ってみたい!

この作品はオリジナルだったみたいですね。
原作はHoneyWorksさん。
楽曲の作成以外の活動も幅広いですよね。

原作がHoneyWorksさんと聞いて「あれっ?」って思ったけど、これまで「好きになるその瞬間を。〜告白実行委員会〜」や、「いつだって僕らの恋は10センチだった。」などの作品も手掛けているから意外ではないんですよね。

最近、視聴時間が少なくなっているので、男性アイドル系の作品はどちらかと言うと敬遠していたのですが、この作品は、いのりちゃん、あやねる、はやみんが出演されると知り視聴を決めました。
やはり、この3人の組み合わせは最強でしたよ。


田舎育ちの女子高生・涼海ひより。
好きなことは走ること。得意種目はハードル走。
そんな陸上一直線女子のひよりは、陸上部のある学校に進学するため、
地元を離れ、東京の桜丘高校へと入学することに。

偶然クラスメイトになったのは
超人気高校生アイドルユニット『LIP×LIP』の染谷勇次郎と柴崎愛蔵。
街中の大型ビジョンで流れる華やかな姿とは裏腹に、
ひよりは険しい顔でにらみ合う2人を目撃してしまう。

アイドルなんて興味もないし、あんな怖い人たちと関わりたくない。
そう思っていたはずなのに・・・。

「どうして私が、この2人のマネージャー見習いに!?」

新しく出会った友達、服部樹里や中村千鶴との楽しい学校生活。
上京の目的だった部活動。
そして、右も左もわからないアイドル業界で、マネージャー見習いとしても奮闘するひよりは大忙し。

眩いステージで輝く高校生アイドル

努力と根性の陸上系ヒロインの

新しい青春が始まる——。


公式HPのINTRODUCTIONを引用させて頂きました。

完走後に振り返って思うこと…
全然悪くありませんでした。
それは最強の3人だけでなく、「LIP×LIP」として活動している2人の男性アイドルも含めての印象です。

普段は喧嘩ばかりの2人ですが、アイドルとして成長する様を如実に感じることができたのは好印象でした。
マネージャー見習いとして奮闘するひよりと2人は最初は犬猿の間柄というお約束設定ですが、徐々に打ち解けていく感じも良かったと思います。

やっぱり同じ目標目指して進んでいると、気持ちの上でも接点て生まれると思うんです。
その感じが自然で心地良く思えました。

そして、いのりちゃん、あやねる、はやみんの3人が演じる女子生徒たちからも目が離せません。
「好き」と「大切」のボタンを掛け違ってしまうのですが、それはきっとまだ若いから…
何があっても決して分かり合えない間柄じゃないのですから…
って、別に何があった訳でもありませんけれど^^;

とにかく、全力で青春している皆さんが眩しく見える作品だったと思います。
気になる方は是非本編でご確認頂ければと思います。

オープニングテーマは、LIP×LIPによる「ジュリエッタ」
エンディングテーマは、色々ありましたがメインは、いのりちゃん、あやねる、はやみんによる「東京サニーパーティー」

1クール全12話の物語でした。
自分もこんな青春を送りたかったと思える、ある意味理想の物語でした。
青春かぁ…いつまでを青春と呼ぶことが出来るんでしょうね。
気持ちだけはいつまでも若いつもりですけど…^^;

投稿 : 2022/08/18
閲覧 : 23
サンキュー:

10

ロリ さんの感想・評価

★☆☆☆☆ 1.0
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 1.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

中年のおっさんが喜びそうなアニメ 絶望するくらいつまらなかったです

内容が花男とか桜蘭高校ホスト部パクってて古臭くてつまらないですね。
なんかこう旧人類が見るアニメと言うか、今時ゲジ眉に熱血女子校生ってどんな設定なんでしょうか。キャラデザは古いというよりかなり酷い。
「ウチ~」とか言ってるヒロインの声がヘリウムガス吸った後の声みたいでなんか耳障りで聞き苦しいし、人気声優持ってくればウケると思って完全に人選ミス。全く合っていない。
それと周りに迷惑かけまくるメインヒロインとアイドル二人にまったく好感が持てませんね。
使い古されたクソみたいな設定は更に酷いし、とにかく内容が昔やってたアニメやドラマのテンプレ&テンプレで既視感が半端なく観れたものではないです。

まあアニメにわかとかラブコメ作品入門者にはいいかもしれません。
マイナス5.0点つけてやりたいところですが、システム上無理なので取り敢えずオール1.0点で我慢しておきます。

投稿 : 2022/08/16
閲覧 : 32
サンキュー:

1

ネタバレ

ato00 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ヒロインらしくないヒロイン。これがこのアニメの最大の特徴です。

衝撃の11話でした。
{netabare}はやみんの右ストレートがいのりんの左頬にクリーンヒット。
鼻血とともに吹っ飛ぶいのりんに駆け寄るあやねる。
はやみんが一言「死んだ?」
あやねる「死んでねえから!」
あえて、中の人で表現してみました。{/netabare}

男性アイドルもの?
学園コメディーもの?
スポコンもの?
なんと表現していいかわからない。
私の初めて観るジャンルです。

アニメタイトルが嫌われヒロイン・・・
とにかく、アグレッシブ。
めっちゃ、コーナーを攻めてます。

主人公は、陸上のため上京した芋娘ひより。
だだっ太い眉毛が芋を象徴します。
オヤジがぎっくり腰で家計が苦しい。
そこで、割のいいバイトを探すひより。
見つかった仕事が、2人組男性アイドルユニットLIP×LIPのマネージャー見習い。
彼らこそ、ひよりにとって因縁の同級生だったのです。

このアニメの最大の見所は、ひよりとLIP×LIPとの関係の変化。
一直線、単細胞、真正直、前向きなひよりの存在が、二人を変えます。
一方のひよりも、二人のアイドルに取り組む姿勢に、彼らへの見方が変わります。
諸々の事件により深まる三人の信頼関係。
麗しくも清々しいです。

基本的にはコメディー色が強いアニメで、会話のキャッチボールが楽しい。
{netabare}最終的には爽やかな結末となり、後味も良いです。{/netabare}
物語はまだ1年たったばかり。
これからってところなので、続編に期待したいです。

ところで、ひよりの田舎は何処なんだろう。
言葉が私の田舎に似てるけど、特定できません。
でもまあ、中国地方であることに間違いはなさそうです。
オープニング冒頭の背景は、どこかでみたような穏やかな景色。
きっと瀬戸内のどこかでしょう。

投稿 : 2022/08/15
閲覧 : 34
サンキュー:

11

take_0(ゼロ) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

おもしろかったなぁ、素直に。

実は、アイドルもののテイストが強そうな作品、しかも男性アイドルって事で、あまり関心は無かった作品。

あにこれの放送時期別のランキングでいい所にいたので、まぁ、一応という事で見始めました。


相変わらず、イケメンのアイドル様には、やっかみも含めて、斜め見してしまうのですがwww。
(まぁ、オッサンのヒガミですわ。)

この作品のメインどころの二人は、フラットに近い目線で観れたような気がしています、自身としても本当に意外でした。
あとはやっぱり主役のイモガール・・・、いや、涼海ひよりが初っ端から印象的でした。
方言&方言イントネーション丸出し、太眉とまさにイモ・・・、いえ田舎のお嬢様キャラ丸出しで、しかもやたらと元気。
観ていて楽しかったです。

物語自体は、いつものとおり、詳細には説明しないのですが、現代のお時話的ストーリーかもしれませんね。
いろいろと都合よく展開はしていくのですが、それほど、破綻はしていないと思います、物語として。
また、この1クールの中でいろいろなエピソード、キャラクタの気持ちの起伏、シチュエーションの変化などが、とてもコンパクトに上手にまとめられていたと思いました。

物語のまとめ上げ方として、
とてもクオリティが高かったと思います。


作画もそれなりに上質で、破綻のないものでした。
超一級か、と問われればそうではないのですが、全く視聴に問題はなく、標準以上だと思いました。

声優さんも、上手でしたかねぇ。
主人公のひよりの声も「なまり」も含めて、思わずほっこりとしてしまいました。
また、ヤロウにはあまり興味が無いのですがw歌パートとかもしっかりとキャラ声とつながりがあって、違和感とかも無かったですし、私的には珍しく、普通に聞けていました。

もう一つ、特筆すべきは早見沙織さんが、悪い娘(いや、悪いと言う訳でもないのかもしれませんが・・・)役をやっておられて、「へぇ~」と思いました。
これは、私の偏見かもしれませんが、あまりそういうイメージのキャラをやられたことを知らないので、意外でした。
この娘も最終盤ではいろいろと感情の起伏、いろいろな表情が観れてよかったですね、ある意味「模範的なファン」だったというw
ちょっと、間違えはしちゃいましたけどね。

なにか、聞くところによると少女漫画原作らしいですね。
私は、全く予備知識がなく、それどころか視聴対象からもギリ外そうとしていたくらいなのですが、とても楽しく、おもしろい作品でした。

本当に、色々なエッセンスがコンパクトにまとまっていて好感が持てた作品でした。
機会がありましたら、ぜひご覧くださいませ。

投稿 : 2022/08/14
閲覧 : 228
サンキュー:

15

ようす さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

芋女の私もヒロインになりたい♪ マネージャー見習い、頑張ります!

クリエイターユニット“HoneyWorks”(通称:ハニワ)が手掛ける「告白実行委員会」シリーズの中のお話をアニメ化した作品。

「告白実行委員会」シリーズは、
楽曲&PVでストーリーを描く群像劇です。

公式サイトへ行くと登場人物の相関図が見れますが、
はじめて見た時には「ややこしいな!」と踏み込むことをあきらめました。笑

でも一度聴いてみるとどの曲もよくて、
エピソードは胸キュンで、
踏み込んでみるともう引き返せない沼でした…w

アニメとしてはこの「ヒロインたるもの!」が5作目になるかな?
実は私にとってはこれがアニメとしては初めて視聴する作品でした。

小説もあるのですが、
そちらは未読です。

いろんな楽曲とPVを聴いたり見たりして、
キャラに対して予備知識を持っておく方が楽しめますが、
初めてシリーズに触れる人にも優しい内容になっているので、

「ハニワ?告白実行委員会?何それ?」な人でも安心してください。
むしろこの作品からハニワ沼へ歓迎しますよw

全12話です。


● ストーリー
涼海ひより(すずみ ひより)は陸上一直線で田舎から上京してきた女の子。

楽しみな高校生活だけど、
座席の前後をイケメン男の子二人に挟まれて、肩身が狭い。

実家からの仕送りが難しい状況になったのでアルバイトを探すも、
部活と両立できそうなバイトがなかなか見つからない。

ようやく受かったのは、
アイドルのマネージャー見習い。

担当することになったのはイケメンクラスメイト、
染谷勇次郎(そめや ゆうじろう)と柴崎愛蔵(しばさき あいぞう)。

二人は超人気高校生アイドルユニット『LIP×LIP』(リップリップ)だった。


基本的なストーリーは「ヒロイン育成計画」という楽曲を聴いてPVを見てもらえれば3分40秒でつかめますw
(ただし、アニメでは変更されているエピソードもあります。)

「ヒロイン育成計画」は一時期TikTokでもたくさんの踊ってみた動画があがっていたし、聴いたことがある人も多いかも。

今回は「ヒロイン育成計画」「ヒロインたるもの!」の、
ひよりの楽曲がアニメ化しています。

(「ヒロインたるもの!」は、これからアニメを見ようと思っているなら視聴後に聞く方がネタバレ避けられます。)


ざっくりとお話説明するなら、
何事にも一直線に突っ走る頑張り屋のひよりちゃんと、
アイドルとしてもっともっと上にいくために努力するLIP×LIP、
3人の青春物語です。

恋愛要素はありませんが、頑張る二人と、そんな二人を応援したいとマネージャー見習いに奔走するひよりちゃんの、チームワークと絆が素敵。

勇次郎と愛蔵は裏ではケンカばかりですが、
そんな二人の間に入るひよりちゃんがいいポジション。

時々二人のかっこよさにやられちゃうところも、
女子目線的にはたまらないのです♪

2曲合わせて7分の楽曲が、
無駄なく丁寧にアニメ化されるとこうなるんですね。

これはハニワの楽曲の歌詞がいかに無駄なく多くを語っているのか、
そのクオリティとセンスの高さがはっきりわかります。

キャラも設定もほぼ原作に忠実で、
最後まで楽しむことができました♪


● キャラクター
ひよりちゃんは陸上一筋、
おしゃれもよくわからないし、アイドルにも興味ない。

自分の好きなことややりたいことにいつも全力、
前向きで大好きな女の子です^^

cv.水瀬いのりさんの歌声がかわいいので、
ぜひ原曲も聴いてほしい。(何度もおすすめ)

アニメでセリフばかりになると、
少し耳に痛く感じましたが、だんだん慣れました。


LIP×LIPの二人、愛蔵と勇次郎がイケメン過ぎる。

というか、愛蔵(cv.島崎信長)&勇次郎(cv.内山昂輝)の歌声がかっこよすぎて…!

アイドルとして妥協しない姿勢とか、ひよりちゃんとも口喧嘩ばかりだけど内心ではちゃんと大切に思ってるんだなーという微笑ましさとか、

そういう普段の振る舞いももちろん好きなんだけど、
やっぱりライブで魅せてくれますね。

どんどんキラキラしていく二人に、
ひよりちゃん同様、どんどんハマりました!

アニメを見て、
すっかりLIP×LIPのファンになっちゃいました♪


その他登場するキャラクターもすべて「告白実行委員会」シリーズに関係するキャラばかり。

それぞれに物語(楽曲&PV)があるので、
それらも知っているとより深く楽しめますよ^^


● 音楽
【 OP「ジュリエッタ」/ LIP×LIP 】

LIP×LIPの歌声から始まるアニメ、これだけで至福。

ちなみにLIP×LIPのファンのことを“ジュリエッタ”と呼ぶので、
これはファンに贈る曲だと受け取れます。

歌詞にこれまでのLIP×LIPの曲名などが入っているので、
そんな隠れ要素にもテンションの上がる一曲です。

女の子が苦手な二人だけど、ファンに対する姿勢が変わっていくのもひよりがいたからなんだろうなあ。


【 ED「東京サニーパーティー」/ 涼海ひより(水瀬いのり)、服部樹里(佐倉綾音)、中村千鶴(早見沙織) 】

仲良し3人の可愛く楽しい曲♪

これは全話見終わってからの方が好きになりました^^


他にもEDで使われたのは、「可愛くなりたい」「ロメオ」「夢ファンファーレ」「ヒロイン育成計画」。

これらの曲たちはすべてこれまでに発表されていた曲。
ただし、歌っているのはオリジナルキャラじゃない特別感!

このシャッフルコラボはハニワファンとして楽しかったです♪


【 挿入歌「青へ」/ LIP×LIP 】

「ジュリエッタ」のカップリング曲でもあるこの曲、とても好きでした。

挿入歌はたくさんあります。
LIP×LIPのこれまでの曲がたくさん流れたのが嬉しい^^


もちろん、これらの曲はすべてHoneyWorksによる作詞作曲です。

ハニワは神曲しか生み出さんのか。


● まとめ
初めはアニメの方にはあまり興味がなく、
ちょっと見ておくかーぐらいの気持ちで見始めたアニメでした。

好きなシリーズの作品だから、というのもありますが、
ここまでどっぷりハマって楽しめるとは^^

一番は曲の良さが大きい。
そして役を支える声優さんの演技と歌声のすばらしさ。

あとは、作画が好みだったことも大きいです。

ライブシーンはCGを使わず、
二人の動きや表情の細かいところまでこだわられていたと感じました^^

やっぱりハニワが大好きで、
自分にとっての存在の大きさを実感させられました。

アニメとしての注目度は高くありませんでしたが、
まだ知らない人にはぜひおすすめしたい作品です♪

投稿 : 2022/08/13
閲覧 : 28
サンキュー:

13

ネタバレ

teji さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

まったく 期待してなかった・・・

まったく 期待してなかった・・・ なんなら 途中断念すると思ってた・・
意外に以外 結構 面白かった・・ これなら まだまだ 見てられた

投稿 : 2022/08/13
閲覧 : 29
サンキュー:

3

ネタバレ

nyaro さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

感動します。意外性もあり、キャラ造形が素直です。面白いです。

 なんというか、感動します。いい話でした。まあ、逆ハーレム王道の少女マンガですね。ただ、恋愛が結論でなく、友情とかファンとはとか、そう言ったところが落としどころなのもまた良かったと思います。話の展開は素直ですが意外性もあるし、ちゃんと面白いですし。そして、そっと涙をぬぐってしまうポイントが数か所ありました。

 原作がハニーワークスという企画集団で性別はわかりませんが、シリーズ構成、脚本、監督が女性なので、女性的感性が多分に入っていそうです。この場合の女性的感性とは素直さですね。女子の憧れを素直に形にする。そして女子の嫌いな状況とか辛い状況、嫉妬、恋愛の距離感、心理などをそのまま形にしたような感じです。

 若干陸上の描写が弱いのも女子的です。スポコンで女性作家の最大の欠点はスポーツが描けないこと、ですからね。本作もほとんどスポーツは描けていませんでした。その代わり根性と気合いですね。

 キャラは主要キャラのキャラが立っていて、自然でしたね。ストーリー展開にご都合主義があるものの、キャラ造形は非常に魅力あるし行動に納得感がありました。

 本作は、男の感性では描けないと思いますが、ジェンダーレスの時代ですからそういう男性もいるかもしれません。変な言い方ですが韓流的な素直さも感じました。だからいいんでしょうね。

 作画も少女マンガ的です。決して緻密な線ではないんですけど、華やかなシーンは力入ってます。ステージとか女子のおしゃれとか。興味ないところは、まあ、こんな感じ?になってしまっています。が、作品のどこに集中するかがうまいんでしょうね。注目するところはしっかり決まった絵になっていると思います。

 3人娘の声優が豪華ですね。アイドル2人プラスヒロインの構造に対応した、このヒロイン+ギャル+黒髪陰キャラの3人が引き立っていました。

 隠れた名作は言い過ぎか。隠れた秀作ですね。22年夏は神クズアイドルというこれまた男性2人ユニット+女性の作品きてますが、少女マンガ的アイドル物がひょっとしたらひそかに進化をしているのかもしれません。






4話 BL系に見えますが、題名通り頑張るヒロインを応援したくなります。

{netabare} 逆ハーレムものの少女マンガの構造みたいですね。それも古いタイプの下手をすると昭和のモテモテ男子に興味がない女子がイヤイヤかかわって、男子たちが惚れる…という展開なんでしょう。

 ですが「ヒロインたるもの」の題名が示すとおり、ヒロインが受け身でないのがいいですね。ヒロインの頑張りが周囲に認められて行き男子たちから見なおされて…という感じなんでしょうね。マネージャーというサポート役だけでなく陸上という芯があるのがいいですね。まあ、少女マンガ創成期の貧乏不幸美少女の系譜ではあるんでしょう。

 設定は粗を探せばいくらでもあるんですけど、分かっててあえて無視してるんでしょう。高校選びとかバイトの採用とかかなり不自然な部分はあります。撮影のときのいじわるなアイドルとかいつの時代だよ、という感じです。

 でも、本作で肝心なのは「ヒロインのがんばり」ですからね。その点ではかなり感情移入できます。いいですね。ひよりちゃん。男子からみて好感が持てる感じです。4話の最後、ちょっとホロリとしますし、事件の予感がありました。必要な部分のストーリーはしっかりしている気がします。

 一方で本作のヒロインが女子から受け入れられるか、ですね。低スペックに見えてかなり頑張っている少女です。こういう少女に令和の女子たちが自分を重ねられるか、ですね。本作のBL系男子の設定とコンフリクトしている可能性があります。
 女子向けBLの素材に見えて実は男子が見た方が面白い気がします。

 本作はニコニコ動画出身のPたちが作った企画ユニットが原作みたいです。どこまで関わっているかわかりませんけど、ゲーム企画やアイドルの売り出しといった意図がなさそうです。

 声優さんたちは今更売り出しが必要な人たちは全然いなくて、非常に豪華です。そういった意味では純粋に面白いアニメを提供しようという意図があるのではないでしょうか。アニメの作品そのものに好感がもてました。

 人物の作画は丁寧だと思います。一方で背景がのっぺりしているのでEDのクレジットを見たら、人に関わる原画を国内でやって背景やCG部分を海外でやっている感じですね。これも面白い試みではないかと思います。{/netabare}

投稿 : 2022/07/19
閲覧 : 196
サンキュー:

15

ネタバレ

徳寿丸 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 2.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

アイドル推しにはある意味理想なのかな?

オリジナル?(2022.7)
最初、昔の乙ゲーみたく逆ハーレム系の話なら切りだなと思ったのですが、少し違うかなと続けて観てました (まぁ見方によってはそうとも言えなくはないですが)。
主人公に好感持てるかで見方は変わるでしょう。自分は概ね好意的に観てました。まぁ水瀬さんのパワーで押し切られたという感じでしょうか?演じ方では凄く嫌なキャラになりかねないキャラだと思います。授業に部活にバイト、全てに全力な田舎娘をうまく演じてたと思います。
アイドルのファンってのも大変ですね。色々暗黙のルールがあったり、ただ好きじゃ駄目なんでしょうか?まぁ、皆が嫌な思いをしない為ってのはある意味民主的なのかもしれませんね。

私のツボ:黒い早見さんキャラ

投稿 : 2022/07/18
閲覧 : 46
サンキュー:

7

くらま さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 2.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

人生ハッピーエンドで終わるでしょうか?じゃねぇ。終わらせるんだよ

男性声優さんユニット、どちらかと言うとジュリエッタ向けの作品でしょうかね。

始めはドライな感じにアイドルしてた2人ですがポジティブヒロインの影響もありアイドルに目覚めます。
そして『嫌われヒロイン』の謎がそっちか〜い!
と、その回のEDは普段と違う歌に聞こえましたまる

ってのは置いといて、本作未視聴のロメオ達に伝えておきたい事があります。

OPジュリエッタ。
このモ○パチ感があるOP、カラオケ行ったらモンパ○風に歌ってみたいです。

違う、そうじゃない。

OPジュリエッタ。
ロメオ諸君も普段の生活で疲れてしまう事もあるでしょう。
ジュリエッタには言わなくても分かり合えてる、と思う事もあるでしょう。
でも言葉で伝えるのはとても大切です。
月一とは言わないまでも、半年、年一、何かの記念日に。
ジュリエッタに歌ってあげて欲しい。

P.S.
ジュリエッタにお願いして、『ファンサ』して貰うのもアリ

投稿 : 2022/07/12
閲覧 : 61
サンキュー:

3

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

有名男子アイドル2人のクラスメート女子がマネージャー見習いになったら。。@1話目

公式情報 
{netabare}
INTRODUCTION
{netabare}
田舎育ちの女子高生・涼海ひより。好きなことは走ること。得意種目はハードル走。そんな陸上一直線女子のひよりは、陸上部のある学校に進学するため、地元を離れ、東京の桜丘高校へと入学することに。偶然クラスメイトになったのは超人気高校生アイドルユニット『LIP×LIP』の染谷勇次郎と柴崎愛蔵。街中の大型ビジョンで流れる華やかな姿とは裏腹に、ひよりは険しい顔でにらみ合う2人を目撃してしまう。アイドルなんて興味もないし、あんな怖い人たちと関わりたくない。そう思っていたはずなのに・・・。「どうして私が、この2人のマネージャー見習いに!?」新しく出会った友達、服部樹里や中村千鶴との楽しい学校生活。上京の目的だった部活動。そして、右も左もわからないアイドル業界で、マネージャー見習いとしても奮闘するひよりは大忙し。眩いステージで輝く高校生アイドル×努力と根性の陸上系ヒロインの、新しい青春が始まる――。
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作・音楽:HoneyWorks
監督:橋本能理子
シリーズ構成・脚本:成田良美
キャラクターデザイン・総作画監督:石井かおり
美術監督:小保方良輔
色彩設計:山崎朋子
撮影監督:村野よもぎ子
編集:定松 剛
音響監督:長崎行男
音楽:日向 萌
アニメーションプロデューサー:米内則智
アニメーション制作:Lay-duce
企画・プロデュース:斎藤俊輔
製作:ヒロインたるもの製作委員会

主題歌
OP:「ジュリエッタ」LIP×LIP(勇次郎・愛蔵/CV:内山昂輝・島﨑信長)
ED:「東京サニーパーティー」涼海ひより(CV.水瀬いのり)、服部樹里(CV.佐倉綾音)、中村千鶴(CV.早見沙織)
{/netabare}
キャスト{netabare}
涼海ひより:水瀬いのり
染谷勇次郎(LIP×LIP):内山昂輝
柴崎愛蔵(LIP×LIP):島﨑信長
服部樹里:佐倉綾音
中村千鶴:早見沙織
白波 渚:榎木淳弥
瀬戸口雛:麻倉もも
榎本虎太朗:花江夏樹
柴崎 健:江口拓也
高見沢アリサ:東山奈央
山本幸大:松岡禎丞
成海聖奈:雨宮天
成海萌奈:夏川椎菜
YUI(Full Throttle4):斉藤壮馬
RIO(Full Throttle4):内田雄馬
MEGU(Full Throttle4):柿原徹也
DAI(Full Throttle4):増田俊樹
IV(Full Throttle4):福山潤
{/netabare}
{/netabare}

1話ずつの感想


第1話 アイドルなんてようわからん!
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
陸上を続ける為、田舎から上京し一人暮らしを始める桜丘高校1年の涼海ひより。無事入学式を終え、樹里や千鶴という友達ができる。順調にみえた新生活の矢先、家庭の事情で仕送りがストップしてしまい、アルバイトを探す事に。ようやく採用を勝ち取った仕事は何と同級生でアイドルのLIP×LIPの勇次郎と愛蔵のマネージャー見習いだった。
{/netabare}
感想
{netabare}
陸上部のある高校を選んで、上京してひとり暮らしをはじめたひよりが
有名男子アイドルLIP×LIPの勇次郎と愛蔵の2人と同じクラスになった。。

アイドルなんか興味のなかったひよりだけど、席が2人にはさまれちゃって
イヤでも2人の裏の顔が見えて、表との差にアイドルがキライになったけど
家庭の事情で生活費は自分で稼がなくっちゃいけなくなって
時給が良くって、時間が自由になるバイトをさがしたら、やっと1つだけOK♪

でも、ひよりが選ばれたのは桜丘高校の1年4組だったから。。
で、はじめての仕事の日、そこには勇次郎クンと愛蔵クンの2人がいて
ひよりのお仕事は、2人のマネージャー見習いだった、ってゆうおはなし^^



明るいヒロイン、男子アイドル、意外な展開、豪華な声優さんたち。。

今期はおもしろそうなアニメがいっぱいあるけど、これはその1つかな^^

ただ、メインキャラが、主役のひより。。
勇次郎と愛蔵、友だちの樹里と千鶴、陸上部の先輩・雛
雛の友だちのアリサ、幸大、シバケン(愛蔵の兄)、虎太朗
って、初回からちょっと多かったかも。。
{/netabare}
{/netabare}
第2話 マネージャー見習いのお仕事!
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
アルバイトの採用条件はLIP×LIPのマネージャー見習いとして働く事を絶対内緒にする事。ひよりは勇次郎と愛蔵に自分の価値を認めさせようと、バイトに部活に忙しい日々を送る。そんな中、LIP×LIPは先輩のダンスボーカルユニットFull_Throttle4のYUIとRIOがMCを務めるラジオにゲスト出演する事に。先輩二人は勇次郎、愛蔵に厳しい言葉を投げかけるのであった。
{/netabare}
感想
{netabare}
ひよりは、はじめっから2人にダメ出しされながら
それでもマネージャーには、期待されてるみたい^^

学校の中での2人の心配なんかも、マネージャーの仕事に入ってるみたい。。
それって、バイト代はすごくいいってゆうことじゃないのかな?
雛先輩にクレープ食べに誘われたけど、クレープくらい自分で買えそう^^


さっそく、女子にかこまれてた2人を助けなかった、って文句が来たり
愛蔵は女子がニガテ、勇次郎は無愛想、ってケンカをはじめたりしたけど
やっとパンを買えるようになった♪

ただ、友だちにもバイトのことは話せない、って悲しい。。


愛蔵、勇次郎は、Full_Throttle4のYUIとRIOの先輩二人にも
LIP×LIPの笑顔は表面だけ、みたいなことを言われてたし
レッスン中もケンカをはじめたりして
2人はアイドルでいるのが好きじゃなさそう。。

でも内田マネージャーさんは、2人は弱音もはかないし、妥協もしないから
アイドルとしてやっていこうってゆう気持ちにウソはないはず、って。。

それで、やりたいことがあって、負けたくないってゆう、2人の気持ちは
自分が陸上をやる理由と同じなのかも?って、思ったひよりは
2人にちょっとやさしい気もちになったけど
2人の好きなドリンクを用意して待ってたらダメ出しされて、やっぱり嫌い!



今回もいろいろあったけど
愛蔵、勇次郎がアイドルを続ける理由って何なんだろう?

何かあるとは思うんだけど
アイドルってファンのためにいるんじゃないのかな?

何となく2人が、ファンを好きじゃない気がして、好きになれないんだけど
これから2人のことが分かってくると、好きになるのかな?
{/netabare}
{/netabare}
第3話 ノンファンタジー
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
バイトと部活の両立から学業が疎かになってしまうひより。期末テストの成績が悪ければハードル走の試合に出られない。バイトの合間にも勉強を始めるひよりに、最初は見ぬふりをしていた勇次郎と愛蔵はアドバイスを始める。そして何とかテストを終え、ミュージックビデオの撮影に参加するひよりだったがトラブルを起こしてしまい責任を感じてしまうのだった。
{/netabare}
感想
{netabare}
応援してもらうのがうれしくってがんばってるって聞いた勇次郎と愛蔵が
テストで赤点だと部活禁止で大会にも出られないひよりのために
勉強のアドバイスをしてくれて、無事赤点を回避したってゆうおはなし^^



勇次郎と愛蔵が、あいかわらずひよりにはきつい言い方したりするけど
勉強のアドバイスだけじゃなく
撮影のヒロイン役の子からイジメられたひよりをかばってくれたり
2人の好感度がアップしたおはなしだった^^


そして、ファンからの手紙やギフトを、数量でしか見てなかった2人が
ひよりの「応援がうれしくってがんばる」ってゆう言葉で
ファンの子たちの思いを受け取れるようになったらいいな☆彡
{/netabare}
{/netabare}
第4話 うちにできること
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ミュージックビデオ「ノンファンタジー」が発表され益々人気になるLIP×LIP。学校でもファンに囲まれ、女子が苦手な愛蔵はダウンしてしまう。ひよりの不思議な励ましに思わず和む愛蔵と勇次郎だったが、事務所から勇次郎の家元が歌舞伎の名家・染谷家であることがスクープされてしまったと連絡が入る。事務所前に集まるマスコミに勇次郎は堂々と向き合うのだった。
{/netabare}
感想
{netabare}
ひよりが2人と教会で結婚式をする夢を見て目覚めたけど
それは新作MVの内容なのかな?

そして記念のライブでは、ひよりが1等賞がうれしかったって言ったことから
ファンにLIP×LIPが考えたロゼットが贈られることになった^^

女子にかこまれた勇次郎が気を失って
ひよりと愛蔵のフォローで進路指導室で休ませてもらってる彼に
カツサンドの差し入れに行ったひよりは
逆に勇次郎のお弁当を分けてもらったりw

そんな中、勇次郎の実家が歌舞伎の名家・染谷家だってスクープされて
愛蔵に背中を押され、応対する勇次郎もカッコよかったけど
フォローしてくれる愛蔵もカッコよかった♪

2人はよくケンカするけど、必要なときは助け合ってていいな☆


そしてライブ当日、スタッフが事務所に置き忘れてきたロゼッタを
ひよりが取りに行くことになって、行きは良かったけど、帰りは渋滞。。

それで、途中から走って、会場に向かうひよりは
ねんざをガマンして、ギリギリで間に合った、ってゆうおはなし。。



LIP×LIPの2人も仲良くなってきて、ひよりともうまく行きはじめたと思ったら
ひよりが足の故障で。。って、ひよりは大丈夫なのかな?
{/netabare}
{/netabare}
第5話 アイドルってすごい!
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
野外スペースでのライブを終えたLIP×LIP。ファンの為に用意した特製グッズも、ひよりの賢明な走りによって間に合わせる事が出来た。だが、その走りで足を痛めてしまったひよりは陸上大会で予選落ちしてしまう。次のワンマンライブの準備の為、普段と変わらない姿を見せつつも落ち込んでいるひより。気付いた勇次郎と愛蔵は、自分達のライブパフォーマンスをひよりに見せるのだった。
{/netabare}
感想
{netabare}
この前、グッズを取りに行ったとき
足を痛めたせいでひよりは、大会で予選落ち。。

それでも、今回のライブが最後だからってがんばるひよりの
足の故障に気が付いた2人は
ひよりをアンコールの特等席に招待してくれて
最高のライブを見せてくれた♪

それでひよりは、バイトをやめるのやめて
陸上と2人のマネージャーの、どっちもがんばることにした
ってゆうおはなし^^



はっきり言って、おはなしはテンプレだったけど
LIP×LIPの歌と踊りで、2人の本気が伝わってきたみたいで
ひよりといっしょに、うるうるしちゃった^^

最近、OPの「ジュリエッタ」にもハマって頭の中で無限再生してるw
{/netabare}
{/netabare}
第6話 ひよりをプロデュース。
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
LIP×LIPのライブパフォーマンスに感動し元気を取り戻すひよりの元に、地元の幼馴染からFull Throttle4のライブを観る為に上京するという連絡が入る。友達の樹里やナンパ男から助けてあげた萌奈を見て自分と違ってみんな可愛いなと思うひより。幼馴染がFT4ファンという事にライバル心を持った勇次郎と愛蔵は芋女のひよりをプロデュースするのだった。
{/netabare}
感想
{netabare}
小さいころ、幼なじみから、かわいい服を着てると変って言われてから
おしゃれなんか興味がなかったひよりが
樹里や雛、ナンパ男から助けてあげたことで友だちになった萌奈とか見て
自分もかわいくなりたい、って思いはじめた。。

その幼なじみがFT4のライブを見に上京してくるって聞いたLIP×LIPの2人は
ライバルのファンの幼なじみの子にもライバル心を持って
ひよりをかわいくするために協力してくれたんだけど
いっしょに迎えに行ったその幼なじみは、男子だったってゆうおはなし^^



撮影終わったLIP×LIPの2人が、すぐケンカをはじめたところは
ちょっとわざとらしかったかな^^

ひよりはナンパ男にからまれてる萌奈を見てかわいいって思ったけど
変にかわいいと、からまれたりストーカーされて
かえってこわいと思うんだけど。。

ただ、好きな人がいるんだったら
その人にだけは、かわいいって思われたいって思うかも^^


それにしても、勇次郎と愛蔵みたいな人気アイドル2人が
女子向けのショップに行ったら、どんなに変装してもすぐバレて
周りをかこまれそうちゃいそうなんだけど
ふつうのアイドルの人って、どうしてるのかな?


あとひよりは、実家とかにも
自分がアイドルのマネージャーだって教えてないと思うんだけど
2人をクラスメートって、紹介するのかな?

なんだか気になるw
{/netabare}
{/netabare}
第7話 うちの幼なじみ
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
上京してきた幼馴染の渚は女子ではなく男子だった。ひよりがマネージャー見習いをしているという事に懸念を示す渚に、勇次郎と愛蔵はひよりが好きなのかとけしかける。FT4のライブを観る四人。圧巻のパフォーマンスに勇次郎と愛蔵は刺激を受けるのだった。家業を継ぐ為、板前の修業をしている渚はひよりに料理をふるまう 。一人暮らしを心配する渚は勢い余って…。
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじのおはなしで
勇次郎と愛蔵が、ひよりをディスるようなことを渚クンに言って
渚クンのホンネを聞き出すところがおもしろかった^^

このおはなしは
2人とひよりのラブコメなのかな?ってちょっと思ってたけど
2人のひよりに対する気持ちは、ほっておけない妹ってゆう感じなのかも^^


それからライブを見に行って、あらすじには
「勇次郎と愛蔵は圧巻のパフォーマンスに刺激を受け」って書いてあるけど
FT4のベストアーティストカウントダウン出場の報告を聞いた2人は
燃えたみたいで、さっそく事務所に帰ってトレーニングとか^^

勇次郎と愛蔵と別れた2人は、渚クンが手作り料理を作るってゆうので
ひよりの部屋に行って、2人で渚クンの料理を食べたんだけど
そのあと渚クンが告白。。

幼いころ、ひよりのドレス姿を似合わないって言ったのは
かわいいから誰にも取られたくなかった、って^^

そう言われてひよりが困ってると、渚クンは返事はいつでもいいって
ホテルに帰って行ったんだけど、次の日寝不足で調子が悪くて心配され
LIP×LIPの2人に相談すると、ヒロインになるチャンスみたいに言われて
続いて樹里と千鶴を呼び出して相談。。

樹里の恋バナの後、千鶴の強烈な付き合えプッシュ。。

でも断って渚と友だちでいられなくなるのはイヤってゆうひよりに樹里は
渚クンも勇気を出して告白したんだから
ひよりも正直に気持ちを伝えろってアドバイスしてくれて
ひよりは渚クンの乗る電車のホームにいそいだ。。

それで会って、「ごめん。。」って言って
今はやりたいことがいっぱいで、恋愛は考えられないって断ったら渚クンも
汗だくでつっぱしるひよりが好きだって
「アセりすぎてごめん」って言って帰って行った。。



今回は、ちょっとラブコメしてたけど
このおはなしってキホン、がんばるひよりと
がんばるLIP×LIPの姿も見せてくれるってゆう感じみたい^^

渚クンが王子様みたいで
みんな、付き合わないのはもったいないってゆう感じだったけど
やっぱり相手は人間だから、物語の王子様を求めちゃいけないと思う。。

でも、ひよりだったら、料亭の女将になっても走り回ってそうで
どこに行ってもひよりはひよりかも^^


あと、早見さんの千鶴のセリフが、迫力があってよかった☆
{/netabare}
{/netabare}
第8話 アイドルたるもの!
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
秋になり、学校行事の体育祭が迫っていた。体育祭委員のひよりが張りきる一方、やる気が起きない勇次郎と愛蔵は事務所の社長命令で強制参加させられる。虎太朗と雛の二人三脚や借り物競争で盛り上がる体育祭。上級生に絡まれる勇次郎。兄であるシバケンに煽られる愛蔵。それぞれ負けられない理由が出来てリレーの決勝に向かっていくのだった。
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじの通り、運動会回w

ひよりががんばったのはもちろん
やる気のなかった愛蔵と勇次郎にも火がついて
ひよりたちのいる、緑組が優勝するおはなしだったけど
ほかのカップルのラブコメも見られて、おもしろかった^^

ただ、勇次郎が先輩達にからまれるところは、イジメみたいでイヤだった。。

けど、それをケンカにしないで、リレー勝負にしたところがよかった☆

それにくらべたら、愛蔵の方はお兄さんとの対決って
あんまり大した理由にならなそうだし
シバケンくんのアリサ一筋のところもよかったし^^

あと、雛と榎本クンはもちろんだけど
樹里と新聞部の山本クンが付き合ってるってゆうのは、ちょっと意外だった!
{/netabare}
{/netabare}
第9話 スキャンダル
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
陸上の大会で自己ベストを出すひより。体育祭の活躍で男子とも交流が増えたLIP×LIPの二人は仕事も順調で年末のカウントダウンライブの出演オファーを待っていた。目標に向かって絆を深めていく三人にカウントダウンライブの出演が決まったことが伝えられる。何もかもが順風満帆にみえたが、校内にある写真が貼りだされて…。
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじのおはなしで、すべてうまく行ってるように見えた時に
ひよりとLIP×LIPの2人が仲良くしているところを隠し撮りした写真が貼られ
いろんなウワサが飛び交って、ひよりもイヤガラセされたり。。
ってゆうおはなし。。



ふつうに考えて
ひよりがマネージャー見習い、ってゆうのを発表するのが一番だよね?

同じクラスにマネージャーがいれば、時間管理とかもしやすいし
連絡も取りやすいから、でも、マネージャーだってみんなにバレると
取次ぎを頼まれたりするかもしれないし、ふつうかくすと思う。。

それにしても、LIP×LIPの2人はしょうがないけど
一般人のひよりの写真を許可なく撮ったりさらすのって
肖像権の侵害になるから、訴えられたら大変だと思う。。


それにしても恋愛してるんだったら、2人っきりの写真があるはずだけど
じゃなかったら、席が前後のクラスメートどうしでふざけ合ってるだけで
どう見ても、とくに問題になるほどのことじゃないと思うんだけど^^;
{/netabare}
{/netabare}
第10話 うち、マネージャー見習いやめます!
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ひより、勇次郎、愛蔵が仲良さげにしている盗撮写真が拡散し、人気アイドルの恋愛発覚かとワイドショーにも取り上げられて大騒ぎになっていた。盗撮した人間を突き止めようとする勇次郎と愛蔵だったが、ファンを疑う事を否定するひより。勇次郎と愛蔵は記者会見に臨み、世間に率直な想いを伝える事を決意する。一方、騒動に発展してしまった事に責任を感じるひよりもまたある決意をするのだった。
{/netabare}
感想
{netabare}
隠し撮り写真が掲示板に張られて
ひよりが、LIP×LIPの2人のうち、どちらかの恋人なんじゃ?って
騒がれたあとのおはなし。。


愛蔵のお兄さんが、手作り料理で愛蔵にアドバイスしてくれたり
勇次郎の弟が、事務所に来て心配してくれたり
ツンデレ兄弟の愛情のおはなし。。

それと、ひよりがマネ見習いをやめる決心をするおはなし。。

それから成海姉妹も心配してたみたいだけど
ふだんあんまり関わってないのに、ムリに出したみたいな気がする。。


ファンの誰かが盗撮したって決めつけて、犯人を探そうとする2人に
今は、ファンのことを考えるのが一番だ、ってゆうひよりがかっこよかった☆

あと、記者会見でちゃんと自分の意見を言えたLIP×LIPの2人も良かった。。

ただ、先回にゃんが書いた通り、当たり前すぎて
どうしてあれだけのことでさわぐか
よく分からないくらいだと思うんだけど。。


それと、千鶴の聞き方がちょっときつかったけど
もしかして隠れファンだったりするのかな?^

それで、撮影したのが実は千鶴だった!?とかの展開だったりしたら
それはそれで、意外でおもしろそうな展開なんだけど
このおはなしって、そんなダークサイドを描くおはなしじゃないよね?
{/netabare}
{/netabare}
第11話 嫌われヒロインの戦い
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
記者会見が好感され日常を取り戻した勇次郎と愛蔵はアイドルとしての勢いも取り戻し、カウントダウンライブに向けて活動していた。一方、校内での嫌がらせも無くなったひよりは、マネージャー見習いを辞めて二人に近づく事は無くなっていた。樹里や千鶴と過ごす事で少しづつ元気を取り戻していくひよりだったが、ある事がきっかけで盗撮をした人物が判明してしまい…。
{/netabare}
感想
{netabare}
うわぁ。。先回の感想の最後に、千鶴は隠れファン?
それで、撮影したのが実は千鶴?って書いたけど、両方合っててびっくり!

このおはなしってサイコパス、二重人格者が出る
そんな暗いおはなしじゃないって思ってたし
千鶴の役はさわやか系の早見沙織さんだったから
まさかそんな展開ないよね?って思ってたから意外だった。。

ただその解決方法が、直接対決で、こぶしでなぐり合いってゆうのが
それはそれで問題だけど、男の人どうしがなぐって分かり合うみたいな感じで
とりあえずさいご、千鶴が保健室に運ばれたひよりの手を握ってたので
何となくいい感じで終わってたみたい^^;

ただ勇次郎に、わざと千鶴を突き飛ばしてカバンを落とさせる
ってゆうのは、やってほしくなかったかな。。
{/netabare}
{/netabare}
第12話 大好きってやっぱ最強!
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
盗撮をしていたのはひよりの親友の千鶴だったことが判明し大喧嘩をした二人。千鶴はLIP×LIPの愛蔵の熱心なファンだった。仲直りを拒否する千鶴。それでも親友でLIP×LIPの大切なファンを失いたくないと思うひよりは千鶴をカウントダウンライブに連れていく為、奮闘するのだった。そして、カウントダウンライブが開演して…。
{/netabare}
感想
{netabare}
千鶴とは、なぐり合って分かり合ったのかな?って思ってたら
千鶴はまだひよりを許せてないのか、仲直りしてくれない。。

その上樹里には、迷惑かけたLIP×LIPのファンをやめる宣言して
ファンノートまで残してったから、それを見たひよりが
千鶴の正体が、ファンのちゅーたんさんだって気がついて
ノートを返して、ライブに行くようにお願いしたけど、断られた。。

そのころ愛蔵と勇次郎は、事務所からもらったチケットを
自分の家族にあげてたけど、ひよりにあげるつもりはなかった。。

それは、事務所がひよりにスタッフパスを渡すと思ってたからで
そう言われたマネージャーの内田さんが、ひよりにパスを届けてくれた。。

ひよりはそれを持って千鶴のところに行って
自分はマネージャー見習いだって明かして、千鶴をライブに連れてった。。

ひよりはLIP×LIPの2人に、ファンをひとり説得して連れて来たって伝え
がんばって楽しませて!って応援^^

LIP×LIPの2人も、ファンの愛を感じて本気で歌って、会場を盛り上げた。。

2人の番が終わって、控室に帰ってきた2人のところに
ひよりが会場が盛り上がって、泣いてる子もいたって伝えると
2人は、ひよりもがんばってくれたことを感謝して
社長も、もう1度マネ見習いをやるように誘ってくれた♪

ひよりの返事はもちろん「ハイ!」^^


さいごはみんなのその後で
千鶴のファン活動はヒートアップして、ひよりに報告してくれる^^
愛蔵と勇次郎にカノジョはいない、ジュリエッタだけって聞いて
「生きててよかった~!」って鼻水たらして泣いてたw

学校で2人がチョコを受け取るとき並ばせるのは、どうなのかな?
学校で、個人的なチョコの受け渡しは禁止とかにしないと
一般ファンの人がかわいそうかも。。

ひよりがアイドル姿の萌奈に会ったときの、2人の反応がおかしかったw

ひよりが、ケンカばっかりの愛蔵と勇次郎の連絡係になって
本人たちの言葉を勝手に変換するのも笑っちゃったw


あと、千鶴のファン活動がほとんど廃人レベルで
LIP×LIPが引退したりしたら心配かも。。

それと千鶴が言ってた「同担拒否」っておたく用語で
同じ推しのファンとは付き合わないことみたい。。

もうちょっと心を広くしてたら、盗撮事件は起こさなかったと思うから
「同担歓迎」に変わってほしいかも☆彡
{/netabare}
{/netabare}


見おわって。。


DKアイドルの2人(愛蔵と勇次郎)と同級生の、陸上女子・ひよりが
その2人のマネージャー見習いをすることになって起きる事件やドタバタと
目的に向かってがんばる3人の青春群像劇ってゆう感じかな^^

はじめはアイドルユニットLIP×LIPの2人が自己中で
ギスギスした感じが好きじゃなかったけど
前向きなひよりのがんばりで見れたみたい。。

そのうち2人も真剣にがんばってて
ひよりの心配とかもしてくれて、悪い人たちじゃないって分かってきて
ひよりと関わることで、ファンとか、周りの人たちに感謝するようになって
かっこいいって思えるようになって、いいおはなしだった☆


作画は、アップはくずれなかったけど
とくに後半、微妙なところが増えてきたみたい。。


歌は、OPが今季だと「パリピ孔明」の次によかったし
劇中歌や、ときどき変わるEDなんかもよかった♪











.

投稿 : 2022/07/04
閲覧 : 171
サンキュー:

24

ネタバレ

W.vst さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

主人公・LIP×LIP双方の成長物語としては良作

上京してきたヒロインがアイドルユニットのマネージャーになり、そこから2人の関係を取り持つよう奔走する、という内容のアニメ。
女子中高生向け?

1話感想
{netabare}ちょっとご都合感のあるストーリーでしたが、確実に今後に期待できる初回だったと思います。

1話の内容は、田舎から上京してきた主人公・ひよりが学校で不仲なアイドルユニットと出会い、そんな彼らを見て距離を置こうとするも、生活費稼ぎのために受けたバイト先の面接に採用、そしてそんな不仲なアイドルユニットのマネージャーを請け負うことになる、という話。

採用理由についてはクラスがアイドル達と同じだから、みたいな感じでちょっとご都合感がありましたが、この先の展開的に面白くなりそうな気配を感じたのと、それまで無縁だったアイドル業界に段々と馴染んでいくという感じの話にはどこか惹かれるものを感じました。

声優もかなり豪華で驚きました。
ただ、水瀬さんに方言ヒロインは個人的に微妙かな…。

そんなわけで今後に期待させていただきます。{/netabare}

2話感想
{netabare}何だか面白くなくなってきた気が…

LIP×LIPの二人、いくらなんでも性格悪すぎでは。
学校内でもマネージャーとしての仕事をさせようとしたり、校舎の外でギスギスしだすしで色々と酷い。

それと二人がアイドルを志望した理由が薄っぺらいのも気になりました。
「歌いたい」「ステージに立ちたい」という理由だけでアイドルとしての仕事が務まるとは到底思えないです。そういやひよりがマネージャー見習いに採用されたのも色々ご都合でしたね。
このアニメ、採用云々の描写がちょっと適当じゃありませんかね…?

1話時点では結構期待していたアニメなんですが…うーん{/netabare}

3話感想
{netabare}今回は面白かったです。いい感じに持ち直しましたね。

ひよりの「応援されることが好き」という言葉を聞いたLIP×LIPの二人がふと思い直し、そこからひよりに勉強の手助けをするシーンはひよりに対する風当たりが少しだけ弱まった感じがして良かったと思います。
後半はLIP×LIPの二人と共演した女役者とひよりの因縁が描かれますが、LIP×LIPの二人がひよりを庇うシーンは個人的に普通に良いと感じました。

次回にも期待します。{/netabare}

4話感想
{netabare}今回も良かったと思います。

勇次郎の家元の騒動に関しては、現実世界のマスコミの汚さを体現していてリアリティがあったと思います。
そしてマスコミと真正面から向き合い、事情をきっちり話したうえで和気藹々とした感じで済ませるのは自分としては良かったです。

ロゼットのアクシデントにおいても、ひよりが陸上部で培った運動能力が活かされているいい話だったと思います。

次回も楽しみにしています。{/netabare}

5話感想
{netabare}今回はこれまでの話で一番面白かったです。

今回この感想を抱くに至った理由は後半のライブのアンコールですね。
あのアンコールでLIP×LIPの二人が放っていた言葉はひよりに向けてのものであることや、アンコールで歌った「夢ファンファーレ」という歌の歌詞が見習いながらもマネージャー業に全力で取り組んだひよりへの感謝の意が意図せず込められているということに感動できました。

ただ、一番面白かったとは言っても、残念な部分も一つ。
ひよりが前回の話で足を怪我したことを放置してインターハイに出ていたこと。流石に安静にしておけよと突っ込んでしまいました。

とまあダメな点もありましたが一応話に一区切りがついた感があって面白かったので自分としてはとても良かったと思います。
次回も楽しみにしています。{/netabare}

6話感想
{netabare}ひよりの地味目な感じを何とかしようとLIP×LIPの二人が彼女のイメチェンを企てる、という話。

今回も安定した面白さがあって楽しめました。
今回はそれ以外特に書くことないですかね…。

次回はひよりの幼馴染・渚関連の話でしょうか。{/netabare}

7話感想
{netabare}今回も楽しめました。

渚がほんとにいいキャラしてて見やすかったです。特にひよりと一緒にご飯を食べた後の会話が良かったと思います。
ドレスを着たひよりを見て似合わないと言ったのは単純にそのままの意味じゃなくて、他の男に取られてしまうのでは、という意味を含んで言っていたことを告げる台詞は納得がいきましたし、そこからの勢いで告白するのも王道っぽくていいと思いました。
結局渚はフラれてしまいますが、そこから家業を継ぐために経理などに詳しくならなければならないと言って上京を決意し、そこでリベンジを果たすと告げるシーンも良かったです。

ところで、タイトルにある「嫌われ」要素は何処へ…。
まあ話が面白ければそれで良いのですが。{/netabare}

8話感想
{netabare}1話丸々運動会の話。

今回も安定した面白さがありました。
校舎裏で3年生から煽られて腹を立てた勇次郎が見返してやりたいと言った所にひよりがリレー競技で決着をつけようと持ち掛けるシーンは、陰湿な手を使うのではなく煽ってきた3年生が出る競技でケリをつけるという正々堂々さがあって良かったです。
終盤に愛蔵と勇次郎が自分達からインタビューを引き受けるシーンも、冷え切っていた頃からの進歩が感じられて良かったと思います。

次回も楽しみにしています。{/netabare}

9話感想
{netabare}スキャンダル発生回。
色々とガバガバな部分はありますが、結構先の読めない展開で自分としては面白かったと思います。

自分なりの予想になりますが、写真を学校にばら撒いた犯人は千鶴なんじゃないかと思いますね。
愛蔵と勇次郎を屋上から見下ろしているときに持っていたスマホのデザインが隠し撮りに使われていたものと一致していましたし、高い確率で千鶴がやった可能性があると思います。

まあ他の可能性も考えられるには考えられるので、今後の展開に着目したいと思います。{/netabare}

10話感想
{netabare}今回の騒動を受け、ひよりがLIP×LIPにこれ以上悪影響が及ばないようマネージャー見習いを辞める決断を下す、という話。

今回は様々なキャラの言動が良かったと思います。
勇次郎の父親や弟、愛蔵の兄、学校の先生だったりと、ひよりやLIP×LIPの二人に前向きになるよう言葉をかけてくれたのが良かったです。
それから、ひよりがマネージャー見習いを辞める際の理由も、ファンに申し訳ない思いをさせてしまったことへの罪滅ぼしの意図が含まれていたのも良かったと思います。

次回も楽しみにしています。{/netabare}

11話感想
{netabare}前回の予想通り、スキャンダル写真をばら撒いた犯人は千鶴でした、というオチ。

まあありきたりな展開もいい所ですが、ストーキングに気付いた愛蔵がいい感じに行動を起こしていたのもあってか、千鶴の本性がひよりと樹里にバレるまでの過程は割と面白いと思いました。

ただ終盤の展開はちょっといただけないかなと。
千鶴のカバンから見えていた軌跡ノートを見たひよりが、もっと彼女の気持ちに気付くべきだったと涙を流して反省するシーン。
これは流石に意味が分からなかったかな。
この展開だと千鶴がLIP×LIPの二人に嫌がらせをしたことが変に正当化されてるように感じて、何か違くないか?と思いました。
いくら箱推しでも一線を越えた行動を起こす者は厄介ファンと変わらないでしょうに。

次回はどうなるんでしょう。どうにか丸く収まってくれるといいんですが。{/netabare}

12話感想
{netabare}案外良い感じに収集がついた展開でまあまあ良かったと思います。

ファンとして常軌を逸した行動を取ってしまいファン活動を辞めようとしていた千鶴にひよりがコンタクトを取り、ファンレターを毎度送ってくれたことにも感謝しつつ、千鶴をファンへと引き戻そうとする展開は
悪くありませんでした。

ただ、ファンとして今後の展開を見守るのであれば盗撮をしていい理由にはならないですかねぇ…。
この辺の正当化に関しては何かおかしいと思いました。

そして、終盤はひよりが再びLIP×LIPのマネージャーとして再雇用という流れ。こちらもまあ無難な感じだと思います。{/netabare}

全話視聴後感想
{netabare}主人公、そしてLIP×LIP双方の成長物語として見ると結構良かったんじゃないかな、と思いました。

ひよりに関しては、妻子はアイドルという存在には抵抗を覚えていましたが、LIP×LIPのマネージャー見習いになって二人の活躍を支援する立場になってから段々とそのアイドルの魅力に惹かれるようになり、最終的にはファンの一人として全力で応援したい!という意気込みを持つようになり、彼女自身の成長物語をしっかり構築させていたのが好印象でした。

LIP×LIPの観点からは、互いにもつれ合っていた仲がひよりという存在の介入により次第に良くなっていくという過程を丁寧に描いていたためこちら側の成長描写も見ていて面白かったです。

終盤の千鶴のエピソードについては悪くはありませんが良くもないといったところ。
オチとしては丸く収まってる感じでいいんですが、LIP×LIPの活躍を見守るファンとして盗撮が正当化されてるかのような描写はダメかなぁ、と思いましたね。

それと、タイトルにある「嫌われヒロイン」要素があまりなかったのも残念。
ひよりがクラスで虐げられてるような描写は全体を通して特に見当たりませんでしたし、もう少しそのような描写が欲しかったです。

総評としては、キャラの成長物語としては良作といった具合のアニメだと思います。{/netabare}

投稿 : 2022/07/03
閲覧 : 249
サンキュー:

6

ネタバレ

レオン博士 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ありのままの君が好き

【感想】
細かいところは気になるけど、少女漫画らしいシナリオで安定してて面白かったです
主人公の女子のアグレッシブな性格もキャラクターのビジュアルもシナリオも女子向けですがBLではないです
{netabare}
ただのラブコメで終わらず、他の芸能人とのトラブルやスキャンダル報道を通じて絆を深めていくのもいいし
最初はファンをないがしろにした二人だったけど、ひよりと関わっていくことでファンが大事なことに気づいてファンを愛するようになった二人の成長がとても良かったです
ファンが推しを愛して、タレントもファンを愛する、二人は本当の意味でのアイドルになりました

いじわるで嫌なやつだけど、ちょっと優しいとこあるかもー?からのやっぱり嫌なやつーってのが少女漫画のお約束みたいでいいですね
だいたい思っていた通りのシナリオで驚きはないけど、安心してみていられます
同じ田舎者としては、ひよりの眉毛だけ気になりました、田舎者はオシャレに無頓着なのではなく流行に年単位で遅れてるだけです!!だからバカにされるのですが・・・

{/netabare}
【アイドル】{netabare}
一般の高校に人気絶頂アイドルと同じクラスで影で支えるなんて、ファンの女子から「何あの子?」ってヘイト集める役になるの当たり前なのに本当に酷い事務所だなーって思います、いじめの標的にされるの避けられませんよ、どうしても普通の高校に通わせるなら普通は同姓をマネージャーにしませんか? 異性だと更衣室とかついていけないし!

男子の嫉妬女子の嫉妬両方出てくるけど、見ていて気分悪いですね

千鶴は陰湿でやりすぎだけどファン目線でひより達の様子みたら裏切られた気持ちになるのも無理はないかなーって思った、もちろんこんなことするのはファン失格だし陰湿すぎてすごく嫌いですが!
私はアイドルに興味ないのですが、アイドルファン活動って延々と続く片思いなんですよね、無償の愛に近いものがあります
決して両想いになることのない片思い、それでもファンを続けるのはきっと、大好きって素直に本人に伝えられるところにあると思うのです
リアルで大好きな人に好きだなんて言ったら関係が壊れてしまいますが、アイドルには直接会って大好きって言っても避けられるどころかありがとうって笑顔で返してくれる、それは理想的な片思いの形なのでしょうか?
{/netabare}

投稿 : 2022/07/03
閲覧 : 53
サンキュー:

20

ネタバレ

たくすけ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

珍しくちょっと悪いキャラを演じる早見沙織が見所だ(笑)

普通のアイドルものかと思いきや主役がマネージャー見習いの女の子なので男性でも取っ付きやすい。

主人公のひよりの奮闘ぶりは悪くないがキャラはあまり好きじゃない。
田舎者だからなのかピュアすぎて自分みたいなひねくれものには刺さらないしイモすぎて可愛くない(笑)
1回LIP×LIPの2人がイメチェンさせて可愛くなったのに元に戻っちゃったのは残念。
せめて眉毛だけでも戻さないで欲しかった。
それと声が耳障り。
見るにつれて慣れてきたけど、それでも少し違和感が残った。
水瀬いのりが嫌いというわけではないのだが。
陸上部なのは田舎から出てくる理由付けだと思うが学業と部活とマネージャー見習いの3つをこなすのは無理がある(野暮な指摘だが)

LIP×LIPが裏ではあまり仲が良くないのは好き。
そういうアイドルが居てもいい。
でもなんだかんだいい奴ら。

ひよりの友達2人が佐倉綾音と早見沙織でEDも歌っているのだが、特に目立つ機会が無くて何でこの2人を起用してるんだろうと思ったが終盤に出番。
早見沙織演じる千鶴がLIP×LIPとひよりが一緒に居るところを盗撮して張り出したのはびっくりした。
早見沙織キャラが悪い事するなんて思ってなかったよ(根っからの悪人じゃないけど)
しかもガチヲタだなんて(笑)
たまにはこんな早見沙織も悪くない。

佐倉綾音演じる樹里はギャルだけどとてもいい子。
アニメのギャルは大体いい子(笑)
佐倉綾音である必要は感じられなかった。

終盤の早見沙織が好きなくらいで全体的にはまあまあ。
ひよりに偏ることなく、アイドル要素もしっかり作られてたのは良かった。
ひよりが頑張る事でLIP×LIPは感じ良くなるし、最後はひよりと千鶴の関係が丸く収まったし大きな障害が無いクリーンなアニメ。
声優がガッチガチに固めてて安心だし作画も歌も良いし、飛び抜けてはないけど手堅いアニメだった。

投稿 : 2022/07/02
閲覧 : 53
サンキュー:

8

ネタバレ

CiRk さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

HoneyWorks原作のアニメ

{netabare}
腐女子向けっぽいけど、一応そういう要素は少なく万人向け。

内容としては、LIPxLIPの二人、またLIPxLIPの二人が仲良くなるまでの物語。
仲の悪い二人が、ひよりというどことなくたよりないマネージャーの存在によってテンポが狂わされ段々と仲良くなっていくのが感じられて良かった。
序盤はひよりがLIPxLIPに一方的にこき使われる話ばかりだったが、後半になるにつれて反対にLIPxLIPの二人がひよりのことを考えて行動するという話が増えていき、段々と二人とひよりが対等に、距離感が近づいているのが伝わってきた。

マネージャーとしてのお仕事モノとしても至って真面目で、与えられた仕事はしっかりとこなし、責任感も強いひよりには好感が持てる。
不器用ながら頑張るところに、どこか放っておけないところがあり、その面でLIPxLIPの二人もひよりに惹かれたのだろうか。

最後の千鶴の話はまさに厄介オタクというか、やばいタイプの女が結構リアルに描写されていてこちらのパートも悪くなかった。
序盤のファンレターの伏線がここで回収されるのも話の構成としては綺麗でなるほどなとなった。
ただ、あんなに主人公を恨んでた千鶴が意外と簡単に仲直りするのは違和感があった気もするが。
まあ、好意的にとらえるなら目先のこととなると何をするのかわからない性格で、冷静になって自分の過ちに気づいたという風にも捉えられるか。
そんな苦難がありつつも、序盤とは違って今度はLIPxLIPに必要とされ、再びマネージャーの道に舞い戻るというのは、ここまでのLIPxLIPとの関わりの終着点として良かった。

駄目な点としては軸の話が弱かったことか。
段々と二人がひよりを意識するようになっていくという話だっただけに、それなら仲良くなって終わりではなく、恋愛要素が欲しかったところ。5話のひよりの兄弟とLIPxLIPが接触する話も恋愛要素を匂わせてのものだし。
まあ、LIPxLIPという女性ファンも多いアイドルなだけに、そういうことをするとそれこそリアル千鶴みたいな人らから反感食らう可能性もあるからなのかもしれない(笑)

曲は全部良かったと思います。
ハニワなだけにEDも多くて気合が入ってる作品と言う印象でした。
あと、最終回のライブは最近では珍しく手書きだったので印象がいい。

↓一話毎メモ
{netabare}
1話 ☆6
ハニワ あほげ。ガチギレこっわ。あ、バンドリの曲だ!!!
主人公の声嫌い。まあ悪くはないけど。え、バイトだよな?w

2話 ☆6
いや自分で持てや。なんだこいつらなんでアイドルやってんの?
ホモ? 買えないフラグ経ってたのにw 
なんやこいつら、せっかく待ってくれたのに性格悪すぎだろw
せめて持って帰ったれやw 

3話 ☆8
ラブオールでもあったけどテストの点が低かったら部活が...みたいなのって実在するの?
これよくあるハーレムものを男女逆にしたような雰囲気だな。
大切なのは気持ちだろw 主人公仕事からハブられてない?
こういう困難とか課題の前では仲いいんだな。
モブセカよりモブしてる。
急に仲良くなってるな。なんだこいつ 着実に3人の距離が。

4話 ☆9
パシリよくない。急に仲良くなるじゃん。
イカと女子一緒にして話すな。
自分恋愛作品は男向けよりも女向けの方が好きだな。マスゴミ?
ロゼットって何。会場が混んでるから説。

5話 ☆7
この前足ぐねったせいで。パシリ。ガチ録音か?
曲一曲ぐらいFULLで流してくれや...。最終回かな?
急に仲良くなりすぎ感はある。声のトーン。誰だお前。

6話 ☆9
ヒロインの服がださすぎる。視聴者目線でもダサい。
これ系のアニメでほんとにヒロインが可愛くないのって珍しいよね。
自分には似合わんと思う気持ちわかる。
アニメでこういうガチなおしゃれの話珍しい気がするな。眉毛を剃ろう。渚て男かよ。

7話 ☆8
こいつらもうひより好きになってるじゃんw 脳が破壊される
唐突な告白 今は(永遠に)

8話 ☆8
ポジティブ思考がすぎるw このモブたちよりも普通に強そう。
煽っていくスタイル。写真微妙じゃない?w 特殊EDいいな。

9話 ☆9
これで出れなかったら面白いな。クソ女。実質スキャンダルw

10話 ☆8
マスゴミさぁ...。これメガネだろやったの。
マネージャーですって言っとけば割とマシにはなりそう。
特定厨。けど晒しに対処しないのも違うよなぁ。

11話 ☆5
ケバい。ヤンデレ怖い。嫉妬怖い。
ちゃんととび出ないようにしまっとけw モブに厳しい世界。
いや、メガネが100悪くない? これ仲直りしたの?

12話 ☆9
さすがにあれで仲直りではなかったか。お前だったのか。
CGじゃないのいいな。アドリブw 曲好き。

曲評価(好み)
OP「ジュリエッタ」☆7
ED「東京サニーパーティー」☆6
6話ED「可愛くなりたい」☆8.5
8話ED「ロメオ(花江夏樹)」☆9.5
10話ED「夢ファンファーレ」☆9
12話ED「ヒロイン育成計画」☆7.5
5話挿入曲「夢ファンファーレ」☆8
9話挿入曲「青へ」☆9
12話挿入曲「ロメオ(LIPxLIP)」☆9.5
12話挿入曲「やっぱ最強!」☆7
{/netabare}
{/netabare}

投稿 : 2022/07/02
閲覧 : 50
サンキュー:

10

ネタバレ

ローズ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ハードルを飛び越える

陸上部のある高校へ進学するために東京の学校に進学した涼海ひより。
アイドルである染谷勇次郎と柴崎愛蔵の同じクラスメイトとなる。
親が怪我の為、涼海はアルバイトを探す事になったのだが、
決まったアルバイトは同級生アイドルのマネージャー見習いだった。

本作品の魅力は涼海の頑張り屋さんな所。
元々、陸上部という事なので体力には自信があったのでしょう。
芸能界の裏方という過酷な現場。
アイドルの夜遅くまでの仕事に付き合うだけでも大変そうです。

始めの方はダメダメな仕事っぷり。
何度もダメ出しされます。
私は根性論が嫌いなのですが、涼海には根性があったのでしょう。
時間が経つにつれて勇次郎と愛蔵の接し方に慣れてきます。

涼海の頑張っている姿に勇次郎と愛蔵のほうも態度が変化。
仕事を認めたのでしょうね。
どんどん距離が縮まっていくアイドルとマネージャー見習い。
といったところで、ストーリーは急展開。
まあ、話が順調すぎるのも面白味が欠けますしね。

アイドルの異性との距離。
遠いと親しみが持てませんし、近いと嫉妬されます。
本作品のアイドルは男性である勇次郎と愛蔵。
女性関係はスキャンダルになります。
とある写真を撮られますが、
良い見方によっては仲の良いクラスメイト、悪い見方によっては恋愛関係となるのでしょうね。
アイドルとファンとの距離感が難しいと感じさせられました。

アイドル活動を頑張る勇次郎と愛蔵。
その活動を支える涼海。
何のやましい事はありません。
でも、同じ同性から見たら嫉妬心が抑えられないのでしょう。
涼海はマネージャー見習いを続けることができるのか?
是非、視聴して確認してください。

投稿 : 2022/07/02
閲覧 : 49
サンキュー:

14

ネタバレ

天地人Ⅱ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

私的アニメ感想簿65

元気が取り柄の田舎娘が、ふとしたことから同級生のアイドル二人組のマネージャー見習いをする物語です。

まあ、ぶっちゃけ女子マンガでよくあるような物語です。
ただ、女子マンガと違うのは恋愛要素が無い!
こっちとしてはアイドル2人が、いつの間にかひよりを好きになって、三角関係があるのかと思っていたら・・・全然無いじゃないかっ(笑)
というか、ヒロインがメインキャラと恋愛関係にならないなんて、アンタ本当にヒロインなのか?
まあ、確かにちょっと鬱展開ではありましたが、アイドルのファンからは嫌われたんで、一応嫌われヒロインとしてはタイトル通りだったのかも(おいっ)

で、恋愛ものとして考えなければ、それなりに観れましたし、面白かったです。
(これで恋愛要素が入ったら、どうなるかという興味もありますが)

投稿 : 2022/07/01
閲覧 : 45
サンキュー:

10

ネタバレ

てとてと さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

田舎元気娘が男子アイドル組のマネージャーに。終盤以外は好感持てる青春物だが、地味

上京してきた陸上部のヒロインが、人気アイドルユニットのマネージャーとして奮闘、マネージャー業と学園青春をがんばる。
「告白実行委員会シリーズ」のキャラと同じ高校ぽく、派生作品?

【良い点】
設定は乙女ゲームか少女漫画めいているが、内容は爽やかな青春劇で概ね好感が持てる。
マネージャー業と陸上部二足の草鞋でがんばる女の子の溌溂とした可愛さや青春の日々。
おいしい設定の割にハーレムラブコメ色が控え目、裏表の無いひよりちゃんが男子ふたりを応援したり、逆に応援されたりの青春部分を重視している。
地味ではあるが、根性娘がポジティブに学園青春を送る日々は安定して見ていけた。

ひよりちゃんが可愛い。
萌える美少女とは言い難いが、他作品であまり見ないタイプの可愛さ。
太眉で垢抜けない田舎娘らしさを隠さず、いつも元気で前向きに友達を応援できる良い子。
男子アイドル組からイジられる掛け合いも楽しい。

当初はあまり友好的ではない男子たちの信頼を少しずつ勝ち得ていく流れ。
おもしれー女の系譜か。
男子それぞれ抱えた闇を、裏表の無いひよりちゃんが照らしていくストーリーは中々。
常に裏方から、アイドルたちのありのままの姿を見て、素直に応援する。
男子組が親密になっていくのもわかる。

声優陣が豪華。
楽曲も非常に素直。

【悪い点】
良い点と裏腹、主人公に恋愛っ気が乏しいので話が地味。
一応ときめく展開や、男子組の修羅場めいたものはあるが、中途半端に終わる。
OPの歯の浮くようなラブソングに本編が伴っていない。(音楽0.5減)

それに伴い、男子たちと本気で親密な関係になっていないような。

アイドルマネージャー、、ラブコメ、陸上部青春と各要素が中途半端。
見所の軸が曖昧で強みに欠ける。強いて言えば陸上青春がやや良かった程度。
特殊な境遇の割には平凡な日々か過ぎていく。
それが持ち味でもあるが、地味なのは否めず。

終盤のアイドル推し女子の悪事が不愉快。
早見沙織氏の熱演で余計に悪印象。今期カーラより遥かにめんどくさい。
勇ましいひよりちゃんの青春パワーでイイハナシ風に収まるが釈然としない。
また、推しに貢いで身を持ち崩す在り方を肯定しているのも難。
(物語とキャラ評価0.5減)

【総合評価】3~2点
古い少女漫画から毒気を抜いて令和の少女向けにした感じ?
概ね好感が持てる青春物だけど、ユニークな設定の割には良くも悪くも平凡。
それだけならば及第点ちょい上くらいだけど、終盤で印象落とした。
評価は悪い程ではない「普通」

投稿 : 2022/06/30
閲覧 : 62
サンキュー:

12

ASKA さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

男性アイドルもので珍しく楽しく見られた作品でした。

男性アイドルが中心ですが、あくまで主人公は水瀬いのりさん演じるひよりが二人組アイドルと関わってマネージャー見習いとして奮闘していく話でした。

楽曲もハニワだったし、以外と楽しめました。

投稿 : 2022/06/30
閲覧 : 37
サンキュー:

10

ネタバレ

ストライク さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

お気楽に観れる

感想

素朴な田舎娘が主人公の少女漫画のようなお話。
2人グループのイケメンアイドル『LIP×LIP』の見習いマネージャーのお仕事と、陸上部を両立させつつ高校生活をエンジョイする青春もので、若い女性向けかなと。

まだ恋愛に興味ない主人公のひより。
だけど、無自覚にイケメンアイドルといい関係を保ち、尚且つ田舎にはこれまたイケメンの幼馴染がひよりに好意を持っていて、告白めいた件の返事は保留にしたままで、ホント少年漫画のハーレム主人公張りに 無自覚な鈍感主人公かよ!と言いたくなります。
途中、『LIP×LIP』が大好きな眼鏡女子の千鶴に、陰気な嫌がらせをされるんだけど、ああいうのを見ると女子って怖いなぁって思うよね。
持ち前の明るさと根性で、千鶴と元通りの関係に戻れちゃうキャラクターって、ある意味凄いし憧れちゃうところもあるね。
あぁいう女子なら全然友達になりたいですわ。

まぁ明らかに女子向けだったけど、主人公が王道で良いキャラだったし、全体的にみても明るく応援したくなるような展開だったので、飽きずに最後まで観れました。
でも、「君に届け」程の友達関係は深くないし、恋愛もないから面白味には欠けたかな。

投稿 : 2022/06/30
閲覧 : 47
サンキュー:

14

ネタバレ

ミュラー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

いったい何の話だったんだ?

ハニワ、ことHoneyWorksが前面に出ているこの作品。
当然ラブコメを予想するし、そういった流れになりそうなんだが・・
{netabare}
あれ??
最終話まで見ても、どこにロマンスがあるの?
主人公(シンデレラ)は一度は綺麗な服を着たけど、
別にロマンス進展してないし・・。
結局イケメン男性デュオの成長物語だったの?
安心感のある展開、演出が続くので期待していたが、本来の話がなんだか・・。
単なる学園生活の一場面をアニメにしただけなのか?
完全肩透かしという感じのアニメだった。
{/netabare}

投稿 : 2022/06/28
閲覧 : 54
サンキュー:

7

ネタバレ

をれ、 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ダンシが視てもムチャクチャという程ではないがソコソコ面白いです。

前取得情報無しで視聴開始。評価点数は、各項目に意味はなく平均点を先に決めてそれに合わせただけです。

公式サイト;
https://honeyworks-tvanime.com/

ヒロイン涼海ひよりCV水瀬伊織は、元気で前向き努力系少女です。田舎から出てきた陸上少女でもあります。この設定だけでダンシ好感度は爆上げでしょうw。で、男子アイドルペアLip×Lipのマネージャー見習いのアルバイトをすることになります。そしてドタバタやシンミリな事件や問題に遭遇し周りの人たちと一緒に解決していきます。
 私的に印象に残ったシーンはあまりありませんが、ヒロインが嬉しそうにしていると心癒されますw。
 元来ジョシ向けなのは明白なのですが、ダンシにも推すのかと尋ねられたら、水瀬伊織ファンの人にならば推せますが、そうでない場合には何とも言えないので、一話見て考えてください、と言います。
 

投稿 : 2022/06/26
閲覧 : 41
サンキュー:

8

ネタバレ

剣道部 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

男性アイドルモノなら、過去イチで楽しめたかな?

[文量→大盛り・内容→雑談系]

【総括】
二人組男性アイドルのマネージャーになった、冴えない田舎娘。3人の化学変化。

まあ、「野ブタをプロデュース」に少し似た設定ですが、恋愛要素はそれより薄目ですし、女性向けのアニメって感じです。

ただ、私は結構楽しめました。特に終盤。シリアスな場面が出てきてからは楽しめました。可愛い女子を眺めるアニメではないですが、それでも楽しめる方は是非(笑)

レビューでは、本作の問題点と良かった点を書きます。レビュー前半は批評レビューになっていますが、最終的には誉めますよ(笑)

《以下ネタバレ》

【視聴終了(レビュー)】
{netabare}
本作の主役は、涼海ひより だと思いますか? LIP×LIPの2人だと思いますか?

文学作品における「主役の定義」は、以下のように言われます。

①作中で最も登場回数が多い人物。
②作中で最も変化(成長)する人物。
③作中で唯一の心象描写がある人物。

これら、①~③を総合的に判断します。これが一般的。

さて、これらの基準を当てはめると、①はひより。②はLIP×LIPの2人。③は、3人ともだが、ややひよりが多め。

これらを客観的にみると、ひよりが主役だと思います。が、多分、本作の主役はLIP×LIPです(さりとて、群像劇っぽくもないし)。

もう一つ、別の視点から考えれば、「対役」があります。対役は、

主役の人生や考え方に最も大きな影響を与えた人物(成長の原動力)。主に、師匠や親友、恋人、ライバルなど。

です。ナルトに対するサスケ。のび太君に対するドラえもん。ルフィに対するシャンクスなどがこれに当たります。

その観点で言うなら、対役は確実にひよりなんですよね。「LIP×LIP(主役)がひより(対役)と出会い、成長した物語」に見えます。

この辺の「ネジレ」が、個人的には気になりました。本来は、「ひよりが主役」であるべき物語だと思うし。

話はズレますが、私は個人的には、「ヒロイン」や「女優」という言葉にずっと違和感があります。「ヒロイン」は「ヒーロー」ありきだし、「女優」は「俳優」ありきだし(よって、個人的には「男優」という言葉を遣いたいのですが、それだと、AV っぽくなっちゃうから、流石に遣えないw)。

例えば、「アルテ」のアルテや「花咲くいろは」の緒花などは、恋愛要素があったとしても、「ヒロイン」とは言いにくくて、「主役」と表現したくなります。

その違いは、やはり「自立」してるかでしょう。AV だけ男優と言うのは、主役がAV 女優になるからでしょうし。

その辺の感覚から、「ヒロイン」という言葉には「依存」を感じてしまいます。これは固定概念かもしれませんが、マリオとピーチみたいに、「ヒロインはヒーローに救われる存在」みたいに、自分のなかこびりついている言葉で、なんか、男尊女卑的で、あまり好きな言葉ではないんですよね(勿論、単なる「女性側の主人公」という意味で遣われてるし、私も遣うことはよくありますが)。

ヒロインたるもの、、、どうなれば良いんですかね? 可愛くあれば良いの? 私は、LIP×LIPがファンを「ジュリエッタ」と呼ぶのは結構好きで、もしこの作品が、「ジュリエッタたるもの」だと、違和感なく観れました。ロメオとジュリエッタは、対等な関係のように思うから。

まあ、こういう些細な言葉の解釈で引っ掛かっちゃうのが、文系人間の悪さだと思ってください(苦笑)

閑話休題。

そういう観点からも、終盤、ひよりが主役になってからのシリアス展開は見応えがありました。こういうアイドルアニメではなかなか踏み込まない、ファンの暗い部分までちゃんと描いていた点が、見処ありました(詳しくは余談に)。

また、男性アイドルアニメにありがちな、とにかくたくさんのグループやキャラを出しまくって課金狙いにいく感じも、今のところはなくて、LIP×LIPと、ひよりの3人成長に絞って描いているのが良いです。

また、何気にLIP×LIPの曲も良かったです。どっかのレビューにも書いてますが、私は結構アイドルソング好きなんですよね、あまり良くない理由で(笑)

2期、あったら観たいと思います。いよいよ恋愛要素入ってくると思うし。

、、、でも、それ、どう処理するんですかね? ひよりが愛蔵と付き合うと千鶴に刺されるだろうから(苦笑)、勇次郎と付き合う? 個人的には、ひよりは幼馴染み君と付き合ってほしいけどね。それが1番、嫌われないでしょ?(笑)
{/netabare}


【余談~アイドルの功罪と責任~】
{netabare}
皆さんは、「アイドルの恋愛禁止」についてどう思いますか? 

私個人の希望を言えば、本来は、アイドルだろうが自由に恋愛していいと思うし、むしろそうであってほしいです。

でも、現実としては、「アイドルとして収入を得ている期間は、恋愛禁止であるべき(少なくともファンには完全に隠すべき)」だとも思います。

先日、某回転寿司チェーンでの、「おとり広告」の問題と同じです。私の認識は、「アイドル」の多くは、「疑似恋愛」を提供する商売だと思っています(もちろん、ファンにもアイドルにも色々いますから、全員がではなく、大多数がという意味で)。

そういう点では、ホストやキャバクラ、風俗に近いですが、水商売は「いくら払えばどんなサービスがあるか」の線引きが明確で、客と店が正確に共有しているから良いと思います(客も処女性なんか求めていません)が、アイドルは非常に曖昧ですよね。むしろ、わざと曖昧にするからこそ「夢」が生まれ、そこに経済が発生しています。

自分達が、そういうファン心理を理解して、そこに乗っかっているのだから、「推しには彼氏や彼女がいない」ことが前提での契約であり、そこはちゃんと守らなくては、たくさんお金を消費しているファンに対する契約不履行だと思うんですよね。

それを、「自分達はアーティストだ。歌で勝負しているんだ」というなら、堂々とオープンにするべきだと思います。それで残ったファンと自分達のカタチを作れば良い。

また、「恋愛禁止なんて明文化ないし」というの、ややズルい。絶対に、分かってやってるじゃないですか。そんな美味しいとこ取りはアカン。

難しいのは、その範囲がどこまで及ぶか、ということですよね。「仕事中」に限定されるならば、収録中やライブ中にイチャつかなければOKで、プライベートは自由になります。ただ、その理屈だと、バンバン風俗行ってる教師とか、酔っ払って緊急オペが出来ない医者とかも、許容するという理屈になるのかな?と思っていて。

何を言いたいかというと、「そういう仕事を選んだんだ」ということです。

常々思うのは、ジャニーズって大変だよな~、幸せなのかな~ということ。だって、あんだけ格好良ければ、一般人ならもっと遊べるじゃないですか、堂々と。チャラ男ヤリチン一途な愛、何でも良いけど。

でもその分、何万人からキャーキャー言われるとか、アイドルじゃなければ出会えないような人と出会えたり、出来ない経験をしたりできていると思うので、ようは、どちらの人生を自分が選択するか、ということなんですよね。

というのも、本作で千鶴が、「推しの為にやりたくもないメイドカフェで金を稼ぎ、アイドル側が自分を裏切った(一部の女子と仲良くした)から、酷い行動に出た」という、アニメでは描かれない「闇」の部分がちゃんと描かれていたから。あれは、、、なんか考えさせられました。

先日、南伊勢町の銀行員が不正経理で得た1億5千万を、「アイドルに貢いだ」とのニュースがありましたが、あれに近いですよね。

アイドル達にその気はなくても、結果として、犯罪や無理な労働、トラブルを生みかねない構造の(表向きの)頂点にあるのだということもまた、真実なのでしょう。良くも悪くも、人の人生を一変させるだけのすごい存在なんだと思います。

プラスの側面で言えば、それで自殺を思い止まったとか、そんな凄いことだってできる可能性がある仕事だとも思いますし(だからこそ、プロフェッショナルでいてほしいし、恋愛するならちゃんと引退して、公言して、再デビューしてほしいなとも思います。ステレオタイプの思考ですが汗)。

私自身、誰かを「推し」たこともないですし、「貢いだ」こともありません。好きなアイドルは人生で0人。強いて言えば、広末涼子が昔好き(好み)でしたが、1円も使ったことはありません(あ、1冊、写真集買ったわw)。

だから、正直、「推し」や「尊い」「貢ぐ」等の気持ちはよく分からないのですが、まあ、本人がそれで幸せで、誰に迷惑をかけていないのであれば、人生をどう楽しむかなんて人それぞれ。全く否定する気はありません。

私が本作をわりと高評化しているのは、多くの(男性女性問わず)アイドルアニメが、あえてボヤかしてきたその構造にちゃんと踏み込み、最終的に、「ファンって可愛い」と言わせられるまで、LIP×LIPの成長を描けていた点にもあります。

ただ、だからこそ、2期になって彼らが恋愛に走りそうになるとき、、、どうするかが楽しみでもあります。怖くもあるけれど(笑)
{/netabare}

投稿 : 2022/06/26
閲覧 : 45
サンキュー:

17

うおお さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

まぁ

なんかキャラクターが真っ直ぐすぎるというか単純すぎるというか
まぁ"見易さ"でいうならむしろキャラクターがシンプルな方が良いんだろうけども、もう少しぶっ飛んだ要素があったら私的には好評価だった笑

投稿 : 2022/06/26
閲覧 : 25
サンキュー:

4

タイガー さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

先生に怒られても彼氏に可愛いって思われたいじゃん

アイドルと努力家芋女の青春ストーリー

花丸をあげたいいいい💮
声優人豪華とか言うレベルやないて!私の好きな声優様しかおらん///耳大渋滞///

歌も良い!良すぎ!!

8話ed!!!鼻血からの貧血レベル!!エグいっ💕

キャラもほんっと可愛いんだよお❤️
他シリーズのキャラも登場したりして!神かよ

HoneyWorks拍手👏👏👏

ひよりの突き進む感じがとても良かった!まさか殴り合いになるとゎ笑

関係性が崩れなかったのも高評価だし、眉毛もそのまま高評価!笑

音楽キャラデザ以外にも楽しめた

ラストゎ最強最高な嫌がらせ❤️だった作品

投稿 : 2022/06/25
閲覧 : 32
サンキュー:

4

うぐいす さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

OPED挿入歌だけでも楽しめる

陸上やるために田舎から東京の高校に入ったが、親からの仕送りが厳しくなったためアルバイトをすることになるが、そのアルバイトが同じクラスのアイドルのマネジャー見習いというお話。

みんな歌がうまいし色んな声優の歌を聞けるのも楽しい。
佐倉綾音は特に楽しい感が出ていた、というか出し過ぎかも。
水瀬いのりは今期は微妙な主役が多かった。
アイドル性あるし今が旬だろうから稼ぐなら今しかないと思うのだが、、、まあそれしたらつぶれちゃうかもしれないけど。

意外と主要人物で聞けない「スパイファミリー」がブレイクしている江口拓也の格好良いのが聞ける。

内山昂輝と島崎信長のOPは小林克也がラジオで「うまいじゃん」って褒めていた。

声優の話ばかりになってしまうのは、本編が陸上も中途半端だしヒロインにもなってないし太い眉毛も変わらないしetc。

投稿 : 2022/06/24
閲覧 : 33
サンキュー:

3

リアム・ギャラガー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

「うち!マネージャーやります!」

超人気アイドルでもあり、クラスメイトでもある『LIP×LIP』の愛蔵、勇次郎のマネージャー見習いになるところから物語が始まります。音楽グループHoneyWorks原作の作品になっていますが、初見の方でも楽しめるようになっています。私自身、HoneyWorksの相関図を知った上での視聴でしたがしっかり楽しめました。中学生に戻った気分になります ^^b

投稿 : 2022/06/24
閲覧 : 41
サンキュー:

4

ネタバレ

Bハウス さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.3
物語 : 1.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 2.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

おとぎ話だろうけどさ

勿論告白実行委員会は見ていないし
ハニワ自体全く好きではないけれど

喰わず嫌いで評価するのも癪に障るので
今作を見る事にした

都合よく作られたおとぎ話と表現するのがいいのかな

1990年代の少女マンガっぽくて
同じ系列なら「こどものおもちゃ」を薦めますけどねw

広島から陸上する為に上京したひより
大家族で多くの仕送りが見込めないので
バイトしようと動いて選んだのが

クラスメイトであり男性アイドルデュオ
リップリップが所属する事務所のマネージャー

陸上以外興味なく
二人とは喧嘩中に無理矢理止めた事で
最悪な印象だったひより

事務所の社長はそこを見込んで
マネージャー見習いとして採用する事にする

採用の条件の一つに
絶対口外をしない条件が付けられたので
タイトルが内緒の仕事になっている

その後の展開を書くと頭が悪くなりそうなので
書きませんが(ネタバレなのに)

エピソードが全部ブルーチーズのような
かび臭さでキャラクターも主要キャラ以外は
殆どが使い捨てされている残念さ

アイドルの子なんでED歌ってんだ?

一番の見どころは清楚なメガネキャラでひよりの友達を演じ
ホントはリップリップの大ファンで
蛇腹さんみたいに目を赤くしている千鶴

ひよりとのクロスカウンターは
オイ三重野お前やりすぎwwwwww
とつい赤尾先生の本名口走っちゃいました

途中でひよりを気にしだすリップリップが
写真騒動以降全く興味なくなってるのもビックリだし

都合よく動いているキャラ達に同情する

投稿 : 2022/06/24
閲覧 : 60
サンキュー:

4

ネタバレ

テナ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

マネージャー見習いでありファンである

男の子も女の子も可愛く描かれてますね。
HoneyWorks原作作品であり、告白実行委員会と同様に可愛い絵柄で私は結構好きな作風なんですよね。
HoneyWorksの曲をカラオケで入れたらたまに映像が流れて、HoneyWorks原作のマンガが流れたりと見慣れたイラストなんで安定で楽しめました。

物語はアイドルグループのLIP×LIPのマネージャーとして働く事になった主人公ひよりが知らなかったアイドルの世界に踏み込んでアイドルを知っていく物語です。
彼女はアイドルに全然興味がなく、LIP×LIPで同じクラスの勇次郎と愛蔵の存在も知らない。

そんな彼女が自分達のマネージャーになると知って、最初は全然認めてくれなくて……でも、時間が経つ度に、ひよりはアイドルを好きになり、そんな2人も彼女を認めるようになって……って話。

最初はね。
勇次郎と愛蔵の態度って結構悪くてw
確かに、ひよりが用意していた2人の好きな飲み物……確かに練習後に飲むような飲み物ではないけどw

でも、好きな飲み物だから喜んでくれるかな?って考えて用意したもので、それを受け取って貰えないのは傷つくよねw
せめて、持ち帰ってよって思うし……

でも、私が素敵って思ったエピソードがあります。
ひよりはマネージャー業もドジばかり……
ある日、そんな彼女は共演者の女優の目の前で転んで飲み物を零してをしまいます。

実は、これはこの女優が足をひっかけたんです。
でも、ひよりは落ち込んでしまう。
2人に迷惑を掛けた……2人に謝らせたと……

そんな中、その女優の女の子が連絡先を聞いてきますが、2人は断ります。

それに対して、女優の女の子が、ひよりを指して「その子はいいんですか?気をつけてください!事務所で働いているのだって2人に近づくのが目的かもしれません」と言う

愛蔵「そりゃお前の方だろ?共演したからって擦り寄ってくんなよ。」と返します。
酷いですね。女の子にこんな事言ってはいけません。

でも、愛蔵の言う事って凄く解ります!
人気アイドルLIP×LIPの愛蔵と勇次郎だから近づいてきたのでしょう?って事です。
果たして、彼らが知名度底辺アイドルなら彼女は話しかけにきただろうか?
彼女は勇次郎と愛蔵を見ているのではなくアイドルの勇次郎と愛蔵を見ているのでははいでしょうか?

一方、ひよりはどうだろう?
彼らが人気アイドルだからマネージャーをしてる訳ではなく、ステージではアイドルの勇次郎と愛蔵を見てくれている。
ステージ外では1人の人として、勇次郎と愛蔵として接してくれているし見てくれている。

愛蔵は女性からそう見られる事が多く飽き飽きしてるのかな?と思いました。
きっと、彼はアイドルだから自分を見て欲いんじゃなくて、愛蔵だから自分を見て欲しいのだと思いました。

さて、私の好きなシーンはここからで、2人はひよりが足を引っかけられた事に気づいていた。
そうして、知った上で黙っていて慰めていたのが素敵だと思いました。

例えば、その時点で女優に注意をするのもいいと思うのですが、事を大きくすると、ひよりが更に気に病んでしまうからです。

理由はどうであり沢山の人に迷惑をかけた事にショックを受ける、誰が悪いとかじゃなくて、そのトラブルにショックを受けてしまう。

彼女はそんな人なのです。
いつだって真剣に必至に頑張っていてる女の子です。
だから、トラブルを最小限にして黙って慰める事を2人は選んだ。
この気遣いが私は凄く優しくも素敵だし、しっかり見ていいてくれだんだって嬉しくなるエピソードだったりしました。


後はLIP×LIPの熱愛報道

何者かにより掲示板に撮影した3人の写真が掲載されてしまう。
2人とマネージャーである、ひよりが誤解されて熱愛報道として報道されてしまう。
完全に誤解なのに……

学校や家族はすぐに誤解を理解してくれてました。
熱愛報道となると当事者だけではなく周りの人にも凄く迷惑が掛かるんですね。
それでも、理解してくれる先生や家族は本当に有難いですね。

有名人の熱愛報道……これってリアルにあるけど、どれくらいの人が興味あるんだろ?
私としては「へぇーそうなんだ」くらいの感じなんですけど……
浮気報道とかはともかく、熱愛報道はそっとして置いてあげたら?と思います。

有名人って言っても何も変わりません。
私達と同じです。
だから、恋愛だってしますよ。
それを騒ぎ立ててマスコミが追い回してってなんかね……

LIP×LIPの勇次郎と愛蔵は犯人を炙り出そうとする。
それに対して反論したのは被害者でもある……ひより

ひより「ファンを疑い犯人を捜してどうするの?」と尋ねる。


勇次郎「ファンだからって何をしてもいいって訳じゃない」

うん、同意見……私でも犯人を炙り出して注意したい!

でも、ファン側の気持ちからすれば疑われたりするのは寂しいよね……
何より、それを、ひよりに言われたらね……
被害者である彼女はある意味1番辛いって思う。
嫌がらせを受けたりもあったし……それでも……

彼女はマネージャーとしてLIP×LIPを支えてきた。
でも、噂の真意はともかくファンを傷つけてしまった事が事実で……
彼女は自分よりファンが1番傷ついているって気に病んでしまう……

1番自分達が辛い時にファンの事を考える優しさが凄く素敵だと感じました。
彼女は言います。

LIP×LIPのすべき事は犯人探しではなく
「応援してくれるファンを喜ばせる事を考えないと!」

その一言で犯人捜しは中断されます。
まっ、そうだよね……彼らが1番しなきゃいけない事ってそれですよね。

そうして、ひよりはマネージャー見習いを辞める。
マネージャーである事よりLIP×LIPを応援したいから……
今は自分の事より彼らのファンを安心させてあげたいから……

彼女はアイドルなんて何も興味なかったのに、いつの間にかマネージャー業を通してLIP×LIPのファンになっていた。
だからこそ解るファンの気持ちであったり、ファンが何故LIP×LIPを応援してくれるのか、それが解るから選んだ選択肢……

しかし、ある事がきっかけで犯人が判明する。
それは、ひよりの友達の千鶴ちゃん

彼女はLIP×LIPの愛蔵のファンだった。
マネージャー業だと知らない彼女は、ひよりが2人と仲良くする事をよく思わなかったのでした。
怖いよね……実は友達だと思っていた人が犯人だったパターン……

「お金を稼がなきゃ」とか「私が推さないと」とか独り言が、怖いですね……

いゃ、別にいいんですよ。
それだけ大好きになれる事があるのってのはさ。
でもさ、盗撮したり友達を傷つけたり迷惑かけたりしていい理由にはならないじゃん?
ファンなんでしょう?推しなんでしょう?
だったら、困らせたりしちゃダメなんじゃない?って思います。
まして、友達を傷つけてまで応援されてもLIP×LIPは愛蔵は喜ばないよ。

ひよりは多分、嫌がらせより、マネージャーを辞める事より、友達が犯人だった事実が1番傷ついて心が痛かったんじゃないかな?
それでも仲良くしようとする彼女の真っ直ぐな気持ちや優しさとかにほっこりしました。

そうして、ひよりは彼女の本当の気持ちを聞き出す為に動き出す。
彼女から出てきた言葉は……

心に溜め込んでいた気持ち。

LIP×LIPと距離近い、貢ぐ為にバイトしてるのに、アイドルに特別扱いされてる、騒ぎになったのはひよりのせいだと……

LIP×LIPと距離が近いのもアイドルに特別扱いされてるってのはさ……まっ、そう見えるのかな?
羨ましかったりもするのかも……

でもさ、「貢ぐ」って何?
貢ぐの意味知ってる?
グッズ買ったり、ライブ行ったりして落としたお金のことかな?
それはさぁ、サービス受けてるって言うんだよ……貢ぐならLIP×LIPの口座にお金だけ振り込んだら?って思う。
貢ぐ?上から目線で何様?って思います。

騒ぎが大きくなったのは、ひよりのせい?
人のせいにするなよって思いますね。
確かにファンからしたら、ショックだったのかもしれない。

でもさ、事実関係も確認しないまま世間に流しておいて、自分に責任はないと思ってるのが、私からしたら信じられませんでした。
事実でもないのに、そんな写真が出回って、どれだけの人が傷つき迷惑をかけるのか……同じファンがどれだけ傷つくか……ファンである彼女なら少し考えればわかる事だった。
それなのに感情に任せて騒ぎにして人のせいって……

しかし、ひよりの根気で男の友情エンドで……まさかの殴り合い発展はびっくりしました。

それでも、千鶴ちゃんは、ひよりを避けてしまいます。
彼女自身迷惑かけたと、かなり反省もしてるし後悔もしてる様子ですが、どうしてこうなる前に考えなかったのかなって……

ひよりも仲良くしようとしてくれてるのに、それも受け入れられなくて……
仲直りのタイミングなんて沢山あるのに……

でも、それだけ自分が酷い事をしたから受け入れられないんでしょうね。
人は取り返しの付かない事をしてしまったら、どうしても自分が許せなくて、誰かが優しくしてくれると心が痛くて……だから、自分は友達の元に戻れないし、ファンも辞めてしまおうとしたんでしょうね。

でも、ひよりは諦めない!
千鶴ちゃんってもしかしたら今まで友達が居なかったのかな?
お母さんが、勝手にひよりを家に上げるのは、「友達が来てくれるのが嬉しい」って理由らしいけど、お母さん凄く心配してたんじゃないかな?
友達を連れてこないし尋ねて来ないから。
でも、ちょくちょく来るひよりが嬉しかったし安心もしたのかな?ってw

ダメです。
千鶴ちゃんのお母さんが、友達を傷付けて仲違いをしてるなんて知ったら悲しんじゃいますよね。ってチラッと思いました(*꒪꒫꒪)

ひよりはマネージャーだと言う事を打ち明ける。
私の友達も昔、イベントスタッフしてたけど守秘義務ってのがあるから最初の段階で全て話しを聞かされるらしいです。
マネージャーのバイトをしてるってのも守秘義務なのは、この作品で知りました。

友達はスタッフしてるのは話してくれましたが、イベント内容は話せないって言ってました。

千鶴ちゃんはファンを辞めたからライブに行かないと言うけど、ひよりは友達として1日マネージャーとして同じファンとして彼女を連れ出します。

LIP×LIPの2人もかなり成長しました。
自分達が成り上がる為にしていたパフォーマンスはファンの為のパフォーマンスに変わった。
それも、多分、ひよりのファンへの気持ちとか自分達への気持ちを知ったからだと思います。

応援してくれると励みになります。
応援してくれる人がいるから頑張れたり勇気を持てたりします。
本当に有難い事で、それを知った彼らはこれからも成長するでしょうね。

なぜなら彼らは未だに仲が悪いからですw
多分、仲良くなれば更にパフォーマンスも光るはず!

そして、ひよりはマネージャー復帰٩(ˊᗜˋ°ᵖⁱ)وヤホッ♪
そして最大の無茶ぶりを受けますw
マネージャーにしか出来ない事……いゃ、ファンorマネージャーだから出来る事かな。

そして、最後のシーンは……嫌がらせですw
最強で最高の最大の心の篭った嫌がらせ♡


さて、これは楽しく見えましたね。
色々なメッセージの詰まった物語でした。
キャラデザも全体的に可愛く、ひよりが明るい性格だから作品自体が暗くなりにくく凄く見やすい作品となっています。

投稿 : 2022/06/24
閲覧 : 38
サンキュー:

10

ネタバレ

のね さんの感想・評価

★★☆☆☆ 2.0
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 2.0 音楽 : 2.0 キャラ : 2.0 状態:途中で断念した

う〜ん

部活とバイトと家事両立は現実的に無理だと思ったので1話で断念しました。
陸上極めるならバイトきつくないですか。
あと、主人公独り言が多いのは気になる人いるかもです。

投稿 : 2022/06/18
閲覧 : 28
サンキュー:

4

次の30件を表示

ヒロインたるもの!~嫌われヒロインと内緒のお仕事~のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ヒロインたるもの!~嫌われヒロインと内緒のお仕事~のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ヒロインたるもの!~嫌われヒロインと内緒のお仕事~のストーリー・あらすじ

田舎育ちの女子高生・涼海ひより。好きなことは走ること。得意種目はハードル走。そんな陸上一直線女子のひよりは、陸上部のある学校に進学するため、地元を離れ、東京の桜丘高校へと入学することに。偶然クラスメイトになったのは超人気高校生アイドルユニット『LIP×LIP』の染谷勇次郎と柴崎愛蔵。街中の大型ビジョンで流れる華やかな姿とは裏腹に、ひよりは険しい顔でにらみ合う2人を目撃してしまう。アイドルなんて興味もないし、あんな怖い人たちと関わりたくない。そう思っていたはずなのに・・・。「どうして私が、この2人のマネージャー見習いに!?」新しく出会った友達、服部樹里や中村千鶴との楽しい学校生活。上京の目的だった部活動。そして、右も左もわからないアイドル業界で、マネージャー見習いとしても奮闘するひよりは大忙し。眩いステージで輝く高校生アイドル×努力と根性の陸上系ヒロインの、新しい青春が始まる――。
(TVアニメ動画『ヒロインたるもの!~嫌われヒロインと内緒のお仕事~』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2022年春アニメ

このアニメの類似作品

この頃(2022年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ