「ジョジョの奇妙な冒険(TVアニメ動画)」

総合得点
80.0
感想・評価
1516
棚に入れた
7335
ランキング
321
★★★★☆ 4.0 (1516)
物語
4.1
作画
3.8
声優
4.1
音楽
4.0
キャラ
4.2
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

ジョジョの奇妙な冒険の感想・評価はどうでしたか?

〇ojima さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

ジョジョは1作目から観てみようと思う

沢山シリーズが出ていますが全くの未視聴。
この度シリーズ1作目を再放送するようなのでちょっとだけ興味が湧いてきて視聴対象にしました。
興味の理由は
漫画にあるジョジョ特有のバッバーン!!やドッキューーン!!という擬音をどのように表現するのだろうか というところでした。

いざ観てみると。。。静止画でバッバーン!!でした。(笑)
驚きですが原作を崩さないように制作しているようで好感が持てました。
ディオもそのまま悪人全開でカッコイイです。

継続決定!
ジョナサンジョースターがケンシロウ似とか
解説担当のスピードワゴン&ツェッペリンがうざいとか問題なし!

戦え!!ジョナサン・ジョースター!ジョースター家の誇りを胸に
人類の敵であるディオ・ブランドーを倒せぇぇぇぇぇぇぇぇ!

投稿 : 2019/11/17
閲覧 : 92
サンキュー:

24

エイジ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ディオの声がイメージ通り

原作読みながら脳内で特定の声優を当てていましたが、ディオがそのまんまの声優で驚き、嬉しかったです。
OVA版のディオの配役ふざけんなと思ってたので・・。

超人化した悪者と汎用的な超能力を身につけた人間とのバトル。
もったいぶって力を小出しにするようなことはなく、真っ向からの全力勝負がよいです。

不満はないですが、やはり原作のほうがよかったような気がします。

シリーズ中ではこの1部と2部が複雑すぎず好きです。

投稿 : 2019/10/29
閲覧 : 43
サンキュー:

3

三毛猫メリー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ジョナサン・ジョースターとジョセフ・ジョースター

2019.7.14視聴完了。

大変有名な漫画とのことなので見てみようかと。
80年代に始まった漫画のアニメなのでその雰囲気は
かなり出ていますし突っ込み所も満載です。

なんといっても話がクサイ。
動きがコミカル。
擬音が文字で書かれてあるのが面白い。
説明セリフがやたら多い。
通常のセリフも大袈裟な上、なんか変?
いろいろありますが、
これらを欠点ではなくプラスにみました。

初代ジョジョも孫の杉田さんジョジョも良かったですが
お気に入りはやっぱり子安さんのディオですかね~
続きも見る予定です。

投稿 : 2019/07/15
閲覧 : 87
サンキュー:

9

ハウトゥーバトル さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ジョジョの始まり

視聴理由 そういえばジョジョってみたことないな

一話 あれ...割とフツーな話?

中盤 ん?はもん?スタンドじゃないの?この話じゃないのかな

最終話 なんか最後があっけなかった

全ての始まりはここからだった!的な?
EDが微妙
2にかけよう

投稿 : 2019/04/02
閲覧 : 134
サンキュー:

3

taijyu さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ジョジョの魅力を一層引き出した、素晴らしい出来のアニメ化

原作を読んでいる作品はスルーすることが多いです。
アニメの本数が多すぎて、内容を知っているアニメを見るほど時間が無いので。
しかいアニメの出来が格段に良い場合は、原作を知っていても見続けます。
本作はそれですね。もうめちゃくちゃ面白い!
書き文字の演出、名台詞・名シーンの数々など、原作の魅力を存分に引き出しています。
とても素晴らしい良アニメ化です。
これだけ原作をリスペクトして再現しようと努めるアニメ化はそう無い気がする。
大いに楽しませていただきました。

投稿 : 2019/03/30
閲覧 : 85
サンキュー:

2

ネタバレ

プクミン さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

独特の作画

アニメを見てても、他のアニメと何か作画が違う!!
でもどこが違うんだろう?
と、違和感に気付かない人もいるのではないのでしょうか?
そういう人がいるかも知れないという事で、まず先にその独特の作画から。

[効果音が文字で出ている!]
 「ドドドドド」「ズキュゥゥゥゥゥン!!」「バァァァァァンッ!!」
等というのが、文字で出ています。

[アニメなのに静止している]
大事な場面は一時停止で、画面が少し揺れる感じの演出。
普通のアニメなら、走ったりしたらアニメなので移動していく様子を動画として描きますが、このアニメは静止する時があります。

[独特のポージング]
 例えば「行くぞ!」みたいに、これから目的の場所へ向かう時に、仲間達が独特のポーズを決めている『ジョジョ立ち』

話が大きく逸れましたが、肝心の内容について説明をします。
主人公はジョナサン・ジョースター。通称ジョジョ。
その主人公の元へ、ディオという男がやって来て、一緒に生活をします。
表面上は仲良くやってます。
そしてジョジョが密かに『石仮面』の研究をしていますが、これに興味を持ったディオも『石仮面』に触れます。

{netabare}ある日、ディオはその石仮面に血を与えると、仮面から爪のようなものが伸びて脳を刺すような仕組みに気付き、見知らぬ他人で実験を試みます。するとその相手は死にますが蘇り攻撃してきます。常人では考えられないようなパワー。そのパワーに肉体が耐えれず、自らの肉や骨が砕けても痛みを感じていない様子。
更に、その化け物となった相手はディオの血を吸い取り、やられそうになったところ朝日が出て来て化け物は消滅します。

一命をとりとめたディオは、石仮面の謎を理解し、ある日「ジョジョ、俺は人間を辞めるぞ!」と言い、自ら石仮面をかぶり、不死の体を手に入れ、その場にいる警官を皆殺し。父親を殺したディオに対し、ジョジョもその肉体のみで戦い、何とか道連れに成功しますが、ジョジョは生き延びました。

そこへツェペリという妙なおじさんが出て来て、いきなりジョジョを殴ります。するとあら不思議、体の傷が癒えて行くではありませんか!
それだけでは無く、ディオが生きている事も伝えます。
そのツェペリというおじさんは、石仮面の事も知っており、それを使うと吸血鬼になる事も、そしてそれを倒すには太陽のエネルギー、つまり波紋でしか倒せないと答えます。
その後、ジョジョは特訓を受け未熟ながらにも波紋を使えるようになります。

ディオを倒すべく彼の元へ向かうが、ディオは人間をゾンビに変え自分の勢力を広げていました。
ゾンビも不死で太陽に当たるか波紋で倒せますが、常人よりは強いです。理性はやや欠けます。

途中でツェペリは死にますが、彼の力を受け継いだジョジョはパワーアップし、ディオの元までたどり着き、見事その体内に波紋を送り込み、ディオを倒す事に成功。
しかし、ディオは波紋が脳に到達する前に、自分の体と頭を手刀で切り離し一命を取り留めます。
最後は、船の中で頭だけになったディオがジョジョの体を乗っ取ろうと攻撃しますが、頭を抱えられ、ジョジョはそのまま死に絶え、船は爆発し、エリナというジョジョの嫁と船でのトラブルに巻き込まれ親が死んだ赤ん坊だけが助かります。

ここでアニメ前編(原作1部)が終わり、話は2部へ。
2部はジョジョの孫にあたる、ジョセフ・ジョースター、通称ジョジョが主人公になります。
この主人公は未熟ながらも独学で波紋を身に付けましたが、それ以上に頭がよく切れます。
ついでに戦い上手でもあるので、波紋だけに頼らずその時代の武器(手榴弾やマシンガン)、更には心理戦で相手の虚を突くのにも長けています。

個人的にはこのジョセフ(2期)が好きです。

その後は話が進み、ドイツがサンタナという柱に埋め込まれていた男(柱の男)が何者かという研究をしている事が判明。
最初は猿並みの知能だと思っていたが、実は高い知能を持った生命体で、自らの肉体を変形させ、他の人間の体内に入り込む事や、触れたものを取り込む事も出来る、脅威の生物。
しかし原理は吸血鬼と同じで、太陽に弱いですが、当然サンタナは太陽を避けます。
死闘の末、ジョジョはサンタナに太陽を当てる事で、彼を石の状態にする事に成功。でもまだ生きている状態で動けなくなっただけ。

話が進むと、それ以外にも3体の柱の男がいる事が分かる。
この時には、シーザーという男(ツェペリの孫)が仲間になっています。
こちらはジョジョより波紋を上手く使えます。
ジョジョ達が駆け付けた時には、3体の柱の男は目覚めており、軍隊は全滅。
その柱の男にジョジョとシーザーが挑むも、返り討ち。
何とかシーザーだけでも逃そうとするジョジョは、得意の心理戦で敵を挑発し、その場を凌ぎますが、逃げれないようにと首と心臓に、時間とともに溶けるリング、中には猛毒が仕込まれているのを埋め込まれます。

一応生還した二人は、リサリサという波紋の先生から本格的な波紋を教わる事になり、一気に達人の域にまで。
それと同時に、リサリサが所持している赤石を求め、柱の男の一人攻めてきます。
この赤石は柱の男のリーダー格、カーズが石仮面を完成させ究極生物になる為に必要としているアイテム。
ジョジョは苦戦したものの、柱の男を一人倒します。

その後、赤石の奪い合いに発展しますが、途中でシーザーは死亡。
最終決戦は、リサリサとジョジョvs柱の男2名。
最初はジョジョが柱の男に何とか勝ち、次はリサリサとカーズが戦いますが、カーズの汚い手によりリサリサは敗北し、赤石はカーズの手に。

赤石を手に入れたカーズは究極生物と進化し、太陽をも克服してしまいます。
更に、体の一部を他の生物に変化させる事も可能(鳥のように飛行も可能)。
弱点の無くなったカーズを何とか道連れにしようと活火山の溶岩へと戦闘機もろとも突っ込ませますが、それでも倒せない。
最後は運良く火山が噴火し、カーズの体は宇宙へと。
そこで地球に戻ろうとするも、空気は瞬時に氷、自らの体も氷、何か方法は無いかと考えるが、既に体全体が凍結し動けなくなり、やがてカーズは考えるのを止め、戦いの幕は下ります。
{/netabare}

という事で、原作の1部2部が入った作品です。
個人的にはとても面白かったです。
かなり癖の強い作画、台詞、ついでにナレーションも良く出てきますが、それが問題無いという方にはオススメです。

投稿 : 2019/02/25
閲覧 : 94
サンキュー:

3

ネタバレ

ハルヒ激love35 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

2019年2月現在、3部まで視聴しました

原作がもうだいぶ昔にも関わらず、アニメから実写映画まで根強い人気のジョジョ、今回初視聴致しました。
1部はジョナサン・ジョースター、物語の全ての始まりみたいな立ち位置でしたね。波紋の力での白熱バトル、DIOとの今後の関係、展開までが描かれてました。ジョナサンの最期は今後の話にもちらほら出てくるので、頭の中で整理しつつ私は見てました。
”山吹色の波紋疾走”サンライトイエローオーバードライブ、めっちゃセンスある技名でかなりお気に入りです。
2部はジョセフ・ジョースター、DIOは深く関わってきませんがこれはこれで面白い話が多かったです。波紋の修行する辺りなんかはジャンプっぽいなって見ててワクワクしました。そして杉田智和ボイスはかなりハマってて良かったです。
そして人気が最も根強いでしょう3部、空条承太郎の話。ここからは波紋からスタンドの能力に変わりますね。2部の主人公ジョセフも関わってきて、DIOを倒すため道中いろんなスタンド使いの敵達と戦ってエジプトまでの旅路を描いてます。
根強いのもわかりますね、ホントかっこよかったです。1番ジャンプっぽいなって展開が多かった気もしてそこがまた良かったです。私はエジプトに入って魂を賭けてギャンブルする話が1番お気に入り回でした。そしてお気に入りキャラは花京院典明です。
満足できた出来でした、今後の章の話もぜひ見ようと思ってます。

投稿 : 2019/02/19
閲覧 : 80
サンキュー:

1

ネタバレ

Lob さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

タイトルなし

何度も読んでいるせいで物語やキャラの評価が
妥当なのかの判断ができないけれどだからこそ☆5で。

投稿 : 2019/01/05
閲覧 : 53
サンキュー:

1

ネタバレ

yuugetu さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

王道かつエキセントリックな世界観を映像化した名作

2012年10月~2013年3月放送のTVアニメ。全26話。
ご存知のとおり原作は荒木飛呂彦先生の有名漫画作品。
本作では第1部と第2部をアニメ化しています。
原作は借りて一周読んだのみの状況で、最近になってOPを見て視聴を決めました。
現在は原作入手したので、見比べたりもしています。


ジョジョはメインのストーリーラインは王道のバトルものでありながら、そこにサスペンスやホラーの要素が入り、キャラクターの考え方や生き様といった地に足のついた要素が描かれ、さらに荒木先生のアイディアと独特の美術趣味が加わってビジュアル的にもストーリー的にも独特な作品です。

1部と2部は連載されていたのも30年も前なので古風な部分もあり(当時としては少年漫画として新しい要素も少なくなかったと思いますが)、その熱量はアニメにもしっかり盛り込まれています。
荒木先生のカラー絵の構図や配色には古びないモダンな魅力もあり、ジョジョ立ちと言われる不思議なポージングも含めて映像に反映されていてかなり驚かされました。
漫画の世界観をどうやってアニメに落とし込むかがよく考えられており、思い切った手法を取った作品になっています。

物語とキャラクターはほぼ原作通りですが、二部以降追加された設定などをしっかり織り込み、ストーリーのカットの仕方も流れを壊さず、必要な描写を補完していて完成度が高い。
1部序盤は特にカットが多く急展開と感じるところはありましたが、それ以降は違和感のないペース配分になります。
尺不足ゆえにEDまで食い込むことも何回かあり、話数によっては時間のやりくりに苦労が見受けられますが、それも演出にしていたりして個人的にはかなり好きです。

コンテ演出にもとても力が入っていて、色彩にもこれでもかとこだわっています。
止め絵を最大限活かすようになっていて動かないとも感じる人もいるかも。原色もずいぶん使っていますし、この辺りは合わない人は辛いと思います。

私の場合は、ジョジョ立ちは歌舞伎の見得切りみたいな感覚でシュールさも楽しんでいて、長台詞は舞台やお芝居を思い出しながら見てました。
バトルの作画にはかなり力が入っていますし、緩急の付け方や動きの少ないシーンでの演出も上手で、サスペンスやホラーの要素が活きていると思います。

グロいシーンもありますがデフォルメがかなりきいているので、割と苦手な私でも辛くは感じませんでした。
※…色んな人の感想をあらためて読んでみると、残酷描写が多いってコメント意外と多いですね。
私のはあくまで個人の感想ということでお願いします;

【音楽】
{netabare}
OPとBGMは1部と2部で雰囲気に合うよう別の作曲家が作っていて、私はこういう例を聞いたことが無かったのでかなり驚きました。

1部は連載していた時代のアニソンを反映したような熱血系で、歌手も上手で曲に合っています。CGアニメーションも完成度が高く、(やりすぎじゃね?と思ったくらいw)漫画が動き出すという演出がにくい。
2部は歌はモダンなジャズ調になり、歌手も渋い声質に洒落た印象もあり良く合ってます。演出もがらりと変わり、CGをメインに手描きアニメーションを上手く織り込んでいて素晴らしいです。

EDはフル8分ある洋楽を編集して使い、回によってはラストの雰囲気に合わせて全く別の部分を使う凝りよう。アニメーションも演出こそシンプルですが、キャラクターのイラストがジョジョらしい奇抜な格好良さで、その回の登場キャラクターに入れ替わるので飽きが来ません。

BGMも1部はオーケストラ調メイン、2部はジャズ調メインで作曲者が違います。それぞれに穏やかな曲と癖の強い曲があり、意識的に使い分けされていた印象。各部2枚ずつ、2クールアニメとしては破格の計4枚のサントラがあったりします(未収録分はあるのかな?)。
劇中で一回しか流れないものも結構あった気が…映画かよ!と突っ込みたくなる贅沢さでしたw

ちょっとBGMは使い方がくどいと感じる部分もありましたが、演出、演技、作画がしっかりできていて、音楽で無理矢理感動させようとしているとは感じなかったので、まあ許容範囲内ですね。
{/netabare}

【作画と演出】
{netabare}
これはもう個人的には文句付けようがないくらい好きです。

キャラクターデザイナーは清水貴子さんで、原作のマッシブさをうまく取り入れながらも、シャープさやタッチの柔らかさも感じさせる良い絵で、雰囲気が本当にジョジョらしくなっていると思います。
特に衣装替えが多い1部2部では服装のブラッシュアップも大切な要素で、そのセンスも良かったと個人的には思いますし、ジョナサンとジョセフの雰囲気の違いもよく出せています。(この二人原作でも雰囲気は違うんですが、顔はほぼ同じなので場合によっては見分けがつかないことも)

原画で強弱を付けた線のタッチを完成時点まで残すよう努力しており、絵コンテも原作の構図を上手く取り入れながら、それ以外の部分も工夫されていてかなり良いと思います。
BD付属の原画集を見て、手描きの線のタッチがデジタルアニメーションには反映されにくいのがとても惜しいと感じました。でもセルアニメだと本作のような色彩は使えないでしょうし、あちらを立てればこちらが立たず、といったところですかね。悩ましい…

擬音を文字にする演出は最初は馴染みませんでしたが、使いどころを選んでか次第に少なくなっていったので気にならなくなりました。
お芝居のような長台詞も原作のままですが、それも折り込んだ演出がされていたと思います。

彩色では独特の色使いと繊細なテクスチャを使ってエキセントリックな雰囲気を作り上げていて、テクスチャの模様も一部と二部で雰囲気を変えるために大分変えています。二部では特にセンスが爆発していますねw
色彩設計は村田恵理子さんが担当されていて、少しだけ観た岩窟王でもこういう感じだったなあ、と少し懐かしかったですw

単純に作画だけなら本作より良いものは少なくないと思いますが、原作の雰囲気を出す映像作りに力が入っていますし、この時代だからこそできるやり方だとも感じられて面白いです。
{/netabare}

【キャラクターとキャスティング】
{netabare}
癖の強いキャラクターが多いですが、配役もどのキャラもぴったりで本当にいくら書いてもキリが無いくらいです。

本作でジョナサンの魅力を再発見できた感じ。想像以上に男前度(紳士度かなw)が増したように思うのは声優さんのおかげでしょうね。
興津和幸さんは優しい声質がジョナサンに嵌っていて、普段の穏やかな演技と熱い叫びが素晴らしかったです。エリナとの会話では毎度優しい声になってて和むやら切ないやら…

ジョセフは動くとさらにやんちゃに見えますねwでも大事な人のために命を掛けられ、時には涙を見せる、とても良い奴なのもしっかり出てます。
杉田智和さん、まるっきりジョセフ本人でしたw滑稽なシーンも熱いシーンも体当たりで、でもジョセフらしい余裕もあって良かったです。通称テキーラ娘(海外ではジョセフィーヌなんて呼ぶ人もw)が生き生きしてて笑いましたw

スピードワゴンは、まさしく1部2部の立役者ですね。上田燿司さんは成年時代と老年時代を全く違和感無く演じ分けていて、熱い心と義理堅いキャラクターも声質と演技に良く出ていて素敵です。もちろん解説も良いw

ポコやスモーキーのように一面では視聴者の代理ともとれるサブキャラクターが作品に厚みや味を出していて、本作ではメインのみならずそういった脇役のキャスティングにも非常に力が入っています。
{/netabare}

【ストーリー面】
{netabare}
1部2部をまとめてアニメ化したのは、石仮面の物語としてきれいな区切りになっていて、かつジョナサンの死では終わらずきちんとハッピーエンドになるので良い選択だったと思います。  

第一話の冒頭ではジョナサンとディオの生い立ちが交互に描かれます。原作からのブラッシュアップのし方もとても良かったですし、対となるキャラクターとして上手く演出されていて惹き込まれました。
第1部ラストの二人の死に様まで、正反対の人間性をずっと一貫して描写していたのが素晴らしかったです。この二人のぶつかり合いは全て名シーンでした。

ただ一つだけ、エリナとスピードワゴンの初顔合わせは入れて欲しかったです。その後家族のような信頼関係を築いていくにもかかわらず、二人が会話してるシーンは本当に少ないんですよね。確かに必要ないといえばないのですが、間の50年を想像する上では欠かせないシーンだと思います。

カーズの動植物への描写は人によっては矛盾を感じるところだと思いますがそのまま入っていましたね。私も気になるわけではないですし不満というわけでもないのですが、これを削って他のシーンに尺を回してもよかったかも知れません。(まあ毎回尺が足りないわけではないとは思いますが)
{/netabare}


【個人的に好きなシーンやら雑感やら】
{netabare}
いろいろありすぎて書ききれないですが…
まず嬉しかったのがスージーQが原作よりも丁寧に、可愛さを強調して描写されていたことですね。原作でも会話などはほぼそのままですが、結婚相手の割には描写があっさりめだったので。
ジョセフの女性のタイプ「ばかでもいい。かわいければ」ってwこの言い方、解釈はそれぞれでしょうけど、スージーQを見ていて「抜けてはいても一緒に居て幸せな気持ちになれる女の子が好きなんだな」と思いました。リサリサが傍に置いてたんだから頭は良くなくても愚鈍な娘ではないでしょうし。めっちゃ大事な電報を忘れてましたがw
第1部でのエリナやポコの姉もそうですが、緊張したシーンの連続でも個性的な女性キャラが場を和ませてくれたり締めてくれたり、良いメリハリを作ってくれますね。こういうところは原作から上手で、アニメでもきちんと汲み取ってくれているのが嬉しいです。

それから、ジョセフとシーザーとリサリサの三人が一緒だとなんとなく和むw原作の方がほのぼのするシーンは多めでしたが、アニメでも距離感はうまく表現していたと思います。
リサリサはシーザーに波紋を教えながらも、四年間ずっと複雑な心境だったでしょうね。生まれたばかりで手放した我が子に近い年齢だし、慕ってくれているし、リサリサにとってもシーザーの死はなんとも切ない…ジョセフと親友になったことも感慨深かっただろうと思うのですが。
シーザーの死ぬシーンは演出もかなり凝っていて見所も多く、皆どこかで泣くと思うんですけど、私はやっぱりいつも気丈なリサリサ先生が泣いてくず折れた所でした。
ワイアードベック対リサリサは削られてなくて嬉しいです。リサリサ先生実はかなり怒ってるなーと原作読んで思っていた部分なので。

あとはファッション!
原作の衣装をいくつも丁寧に描き起こしてくれていて、EDやCDジャケットのイラストはオリジナルらしい衣装も見られて凄く楽しいです。
普通は手間を考えてアニメでは同じ服装になりがちで、もちろんそれでも構わないのですが、ジョジョに限ってはどの衣装も格好良くて使わないのはもったいないですから!キャラクターも男性は体格がよくて女性はメリハリボディなのでwどんな洋服を着せてもよく似合う。
カーズのコート姿とリサリサ先生のお召し替えがとっても好きです。

{/netabare}

本当に楽しめたアニメ化でした。
アニメスタッフの原作愛とプロ意識が凄いと心底思わされました。OPと本編を作っている会社は別ですが、どちらも同じ印象を持っています。
私は好きな漫画作品がアニメ化するとき、ストーリー面でも映像面でもいいのでアニメ独自の個性を何か一つでも加えて欲しいと考える方なんですけど、本作はあらゆる点で満足しています。(2016.2)

投稿 : 2018/11/29
閲覧 : 273
サンキュー:

19

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ジョジョとフシギな石仮面のおはなし

バトルと気もちわるいおはなしがつづいて
にゃんはフツウだったらあんまり好きじゃないおはなしかなぁ
でもジョジョがあつくって
見てて応援したくなっちゃった^^

ジョジョってニックネームだから
1人だけじゃなくって
1人のおはなしがおわったら
つぎは子どものジョジョが大きくなってまた。。
そんな感じかな


1話目

暗いバトルとか多いおはなしでちょっと悲しいなぁ。。

絵はほかのアニメであまり見たことないかな
「北斗のケン」みたいかな。。

ちょっとフシギな感じのおはなしで
なぐられたりすると
ほんとにイタそう。。泣いちゃった。。
{netabare}
わんちゃんががやきころされたりって
ひどすぎるよね。。

かわいそうで見てられなかったなぁ。。

ディオもほんとにわるい人みたいで
気もちわるくってこわかったし(ほんとに)

ヘンなお面が何回も出てきて
なにかありそうだったから
気になるなぁ。。
{/netabare}
このおはなしもにがてだけど
ディオが変わっていったりするのかな?

もう少し見てみようかな☆

3話目

ジョジョのパパのおはなし
にゃんはぼろぼろ泣いちゃった
{netabare}
ジョジョがとってもいい人なのが
お父さんからだったんだね。。

ディオをころそうってするときも
あんなにいやなことされたのに
うらんでたりじゃなかったネ。。

ただのくらいアニメだって思ってたけど
おわりの方は泣きながら
どきどきしながら
ジョジョを応援しちゃってた

さいご
よかったーってうれしかったケド
ディオ。。まだ生きてたんだ。。
{/netabare}
これからどうなるのかなぁ
このおはなし好きになっちゃった☆

4と5話目
{netabare}
ジョジョがハモンをおぼえて。。

これだったらディオにかてるかな?
{/netabare}
いろいろせつめいが多くって
目をつぶってても見れそうだなぁw

ちょっとうるさいかなって思ったけど
ほかのアニメとぜんぜんちがうから
きっとこれがジョジョなんだって思う

6話目
{netabare}
バトルばっかりでちょっとつかれちゃた
でも花がさいたところはよかったなぁ

今回1ばんかっこよかったのはポコかな
ぜんぜんつよくないけど勇気を出してお姉さんのために
たたかったんだよね。。にゃんはすごいって思うよ
{/netabare}
つぎつぎにいろんなワザとかできごとがあって
あっという間におわっちゃうのもいいところかな。。

見てるとつい体に力が入ってて
ジョジョがんばってーって思ってるんだ

8話目
{netabare}
またバトルだったね。。
勝ってよかったけどディオが消えるところまでうつってなかったから
まだ生きてるのかなぁ{/netabare}

ちょっとバトルが多すぎで(><)
でもここまで見ちゃったからもうすこし。。
今年でおわるのかな。。

9話目(1部のおわりまで)

{netabare}
ジョジョの新こん旅行
ジョジョがあたまをぶつけるなんて思わなかったからわらっちゃったw

でもとんでもないことになっちゃったね。。
さいごまでジョジョはみんなをたすけたいって思ってたのかな。。
ディオの箱がういてきたときちょっとびっくりしちゃったけど
エリナさんと赤ちゃんでほっとしちゃったね^^
{/netabare}

とってもいいおはなしだったけど
人がころされるところとか血がとんだりしてイヤだった
ほかの感動するアニメみたいに
そこまで見せないほうがいいかもってにゃんは思った

じゃないとせっかく感動するおはなしなのに
作った人たちってそういうのが見せたいのかなぁって思うから。。

10話目

2部がはじまったね
こんどのジョジョはジョセフ・ジョースターっていうジョナサンのまごなんだ
{netabare}
こんどのジョジョはならわなくってもハモンがつかえるし
あたまがよくっていろんなことがちょっと見たら分かる
それでおばあちゃんをとってもだいじにしてる人
でもおじいさんとちがってらんぼうな人みたい
{/netabare}

おはなしはおもしろいんだけどぼう力とか多すぎ。。
かんそう書くとつかれちゃうから
これからはときどきなにかあったらにしようかなって。。

19話まで

なんだかかんそう書きにくいから
書いてないけどずっと見てる
俺修羅もはじまったし見ててよかったかな♪

よく分からないケドはまっちゃったのかなw
見ててドキドキしちゃって
知らないあいだに「あ~ッ!」とか言っちゃってるし。。

バトルも作戦とかってかんがえてやってるみたいで
あ、そうなんだぁ。。ってにゃんも思ったりする
「ちはやふる」じゃないけど
あついお話しってきらいじゃないなぁ。。

25話まで
{netabare}
やっとカーズをたおしたって思ったのに
こんどはもっとつよくなったみたい(えーっ^^;)
でもまだつづくみたいでよかったぁ♪
{/netabare}

ジョジョって
いつもおばかなことしてちょっとイイカゲン
でもおばかなフリしてほんとはみんなのこと考えてる
次にどうしようって考えてる

それで今まで敵だって思ってた人も
なんだか見方になっちゃったりして
そこにしびれるあこがれる~ってw

これでもう少し気もちのわるいとこがなくなったら
見やすいって思うケド
みんなにも見てって言えるんだけど。。

26話
{netabare}
わぁすごかったねぇ!
カーズは地球にも勝っちゃって
にゃんは
もうほんとに神になっちゃったかなって思った。。
でも宇宙には勝てなかったみたい。。よかったぁ♪

なんだか最終回は
すごい大きなおはなしになっちゃった。。
でもジョジョだからふつうかもねw

じょうだんみたいに
死んでも死なないのってジョジョだったみたい^^

つづきがあるみたいだけどこんどはいつかな?
{/netabare}

投稿 : 2018/07/09
閲覧 : 1036
サンキュー:

178

おでん さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:----

製作者のジョジョ愛がとても伝わってくる

すべての始まり、ジョナサンとディオの話
話数が少ないのでみやすいと思いますがすごいのは製作者!
OPから信じられないほど作り込まれており作画もすごくよい

内容もよいので気になったら絶対に見てほしい作品です 

このレビューでジョジョファンが増えることを祈っています

投稿 : 2018/06/08
閲覧 : 87
サンキュー:

2

ネタバレ

サタカ さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

原作からファンです

原作の2部からハマり10年来のジョジョファンです
初めて1部の原作を見たときは絵がくどくて苦手だと思っていたのでアニメを見始めた時の感想はこんなに1部から面白かったけ??でした。思わず原作を読み直したくらい
ジョジョ独特の「メメタァ」や「ゴ ゴ ゴ」の表現をそのまま使ってきて迫力ある表現になってました
そして2部は最高でした 何回も何回も見返してます 特にシーザーVSワムウは何度見ても良い ジョセフと一緒に「シーザー‼︎」と叫んでいます
後2部の最後に1部のOPを持ってきた所はセンスが良いと思います
やっぱジョジョは面白い!

投稿 : 2018/05/06
閲覧 : 71
サンキュー:

3

ネタバレ

wktk さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ジョジョ好きのためのアニメ

特に2部が好きな自分にはとても楽しめました。誰も思い付かない方法で敵を倒していくのは毎回驚きます。

投稿 : 2018/02/12
閲覧 : 74
サンキュー:

2

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトルなし

初見はむさ苦しいと感じてあまり見ませんでした
後に別アニメ「俺の彼女と幼なじみがこんなに修羅場なわけがない」(だったかな)で取り上げられてて見てみました

2章構成
1章
序盤は西洋の少年たちの話、私はここがおもしろかったです、物語とか好きな人?は楽しめると思う
大人編は微妙でした

2章は戦いメインです
おもしろいと感じる部分も、退屈な部分もあって、最終的には思い出になりました

投稿 : 2018/02/10
閲覧 : 75

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

1部と2部

原作大ファンが視聴しての感想。素晴らしい。
何が良いって漫画の良さを全部引き出していて、ジョジョ独特の「ゴゴゴゴ」などの擬音も正確に表しているところが最高。

投稿 : 2018/02/07
閲覧 : 95

Ennuiシナジー さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ジョジョの奇妙な冒険(1st)

第1部 1~9話
ジョナサン・ジョースター(CV:興津和幸
ディオ・ブランドー(CV:子安武人

第2部 10~26話
ジョセフ・ジョースター(CV:杉田智和
シーザー・アントニオ・ツェペリ(CV:佐藤拓也
ワムウ(CV:大塚明夫
エシディシ(CV:藤原啓治
カーズ(CV:井上和彦

第2部の主人公、ジョセフはジョナサンの孫。

有名な「オラオラオラオラ」(スタンド登場)は
ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース(2nd)からです。
SC(スターダストクルセイダース)の主人公
空条承太郎(CV:小野大輔
はジェセフの孫。

時系列
アニメ:ジョジョの奇妙な冒険(1st)(第1部、第2部
ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース(2nd)(前半、エジプト編
ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない(3rd)

生物、化学、物理、地学

投稿 : 2018/01/07
閲覧 : 73
サンキュー:

2

WR333 さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.8
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

これこそが、漫画の痛快さを活かしきったカッコよさ

なんだかよく分からないけど…
著名な芸能人の方々が、とても熱烈なファンを自称されていて、この作品の良さがわからない奴は、人間としてクズみたいな感じのオーラが漂っていたので、試しに観てみました。

いや、これこそが、漫画の痛快さを活かしきったカッコよさなのだ!
うん、私に小学校低学年くらいの純粋さがあったら納得できたかもしれません。
いや、このスタンスこそが、漫画の基本なのだ!
うん、だったら、私の人生に漫画やアニメは一切必要ないものかも知れません。

悲しいほどに、私には噛み合わないアニメでした。

私の印象では、頭から尻尾まで、中二病の塊って感じです。
すべて結論ありきで、結果、後付け理論を、大声で偉そうな口調で叫んでいる…
解説なしで視聴者がそれを見抜けるだけの情報開示はありません。
詰まる所が、作者の自己満足(中二病に浸りきった)構成なのでは?

確かにアニメっぽいですけど…
この路線だと、福田監督に勝てないと思います。

投稿 : 2017/12/22
閲覧 : 122
サンキュー:

1

まる さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

このアニメをみたいとおもってるヤツちょっとこい

見ろ!

俺の駄コメントなんかダラダラ書く気はない。

見ろ!!

それ以上のコメントはない。
もう一度言う!!

見ろ!!!

投稿 : 2017/12/18
閲覧 : 101
サンキュー:

3

クロシバ710 さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

あのロックの名曲がアニメの神曲に昇華した???

なんだか仮面ライダー1号のオープニング・テーマ曲みたいな
レトロでグルーヴ感のある、かっこいいOP。

物語が、始まると同時に感じる違和感。
いったい、このアニメは何なんだ!昭和のアニメか!

いや、ズズズン!とかドドドン!とか文字が入るのは、
もう昭和を通り越して、明治、大正の紙芝居の世界か!

アニメを見ていればわかるのに、やたらに多い、
場面の説明と解説。登場人物がまるで紙芝居の語り部じゃないか。

ジョナサンの大切な友達の飼い犬を、生きたまま焼き殺す
超悪いやつのDIOはなぜか、
ジョナサンの恋人を襲って、することはキスだけ、
それもブチュウの字幕付き。面白すぎる。

一体どうして、金持ちのボンボンのジョナサンに、
マフィヤのスピードワゴンは、ころりと心酔しちゃうわけ?
それに、家まで着いていく必要ないし。

ストーリーに突っ込みの連発。
そうか、これは奇妙な物語というより、
奇妙なアニメなんだと一人納得。

エンディングの音楽が流れて来る。
おや、聞いた事がある。これって、もしかして・・・

かくして奇妙なアニメと'70sのロックの名曲は
見事に共鳴し合い、アニメの神曲へと昇華したのだった。
 

投稿 : 2017/10/01
閲覧 : 89
サンキュー:

4

四畳半愛好家 さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

世界一ィイイ!!熱いバトルアニメ!!!

クオリティの高さにスタッフの深いジョジョ愛が感じられる作品。
いわゆるジョジョ1部と2部のアニメ化作品。全26話。


「絵柄が苦手」「男臭くて楽しくなさそう」とか思って避けている方々…自分も避けていた時期がありました。(私はこのアニメからジョジョデビューしました。)

とりあえず6話くらいまで観てみてほしい…。
それでも合わないなら仕方なし。合わない人も沢山いる作品ではあります。

ただ、自分の感性とかみ合った時の爆発力は凄まじいものがある!
それだけに挑戦してみる価値は十二分!!


熱いバトルに熱い演技そして熱い展開!!

1部2部を2クールに収めるのは大変なことだったと思われますが、結果的に非常に内容のつまった、捨て回無しのアニメとなっています!


泣いたり笑ったり…この作品を観る時間は本当に幸せでした…。

以下蛇足(2部こそ至高!(偏見))

原作も一通り読んじゃいましたが、私は2部が一番好きです!

限られた技でなんとか格上を倒していく頭脳的バトルが、個人的にはスタンドバトルより楽しいです!

熱すぎる友情がまぶしいです!

敵が分かりやすく、一直線なところも好きです!(敵が多すぎないのも観てて楽です)

最後の勢いMAXなハチャメチャバトルも泣くほど格好いいです!(ここまで熱くて爽快な最終戦は他にはない!)

シュトロハイムも好きだ!
2部こそ至高だ!!!

投稿 : 2017/09/25
閲覧 : 188
サンキュー:

9

ネタバレ

ララフェル さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

ただのメモ

視聴途中の為、ただのメモ。
{netabare}1話 胸糞展開/こんな酷い1話見た事ない/ストレスマッハ{/netabare}

投稿 : 2017/09/22
閲覧 : 75
サンキュー:

2

ネタバレ

t さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

いいよ~

1部<4部=3部<2部の順で好き

投稿 : 2017/09/12
閲覧 : 66
サンキュー:

2

プラたん さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ウワサのジョジョ

”ジョジョ立ち”は独特のセリフ描写などを生み出した、みんな知ってる超有名な「ジョジョ」。

マンガを読まない人間なので、そんなに面白いのかと思ってちょうそやってたアニメを見てみた。

が、自分には少々肌が合わなかったようだ。いわゆるジョジョネタがわからないとオタクたちとの話が合わないので、そのために見ていたが・・・そんな目的で見る意味はないので、続編は一切見てない。

投稿 : 2017/07/17
閲覧 : 101
サンキュー:

3

リーク さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ディオはうざすぎるけどジョナサンがかっこよすぎる

正直言うと最初の1話は自分が見たアニメの回で一番の糞回だった。なぜならディオやモブガキやジョースター卿やダリオなどのありえないくらいクズ共が大量発生してて内容の8割がイライラしてしまい、終わった後もイライラしてしまった。ところがこのアニメは2話から面白くなり、止まらなくなる。まだ見てない人は1話をとばして2話から見るべき。悪役のディオがクズすぎる。俺はディオがアニメキャラで一番嫌い。アニメキャラで一番クズかも。みんなから好かれるのがよくわからん。伊藤誠並みに嫌われて欲しい。対して、主人公のジョナサンがかっこよすぎる。俺の中でアニメキャラで一番好きなキャラ。バトルは熱いし、名言だらけでいい。スピードワゴンなどの個性的なキャラもいい。1話は糞回すぎるのにそのあとおもしろくなったのがすごかった。2クール目から2部にはいりもっと面白くなった。俺の中ではジョジョで一番好きな部。ところが3部からイマイチ。急展開すぎて1部と2部を全否定された感がある。

投稿 : 2017/07/03
閲覧 : 123
サンキュー:

8

RNjyq01968 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

原作より面白いという稀有な作品

ジョジョのキャラクターは皆うるさいです。一緒に熱くなって騒げば最高に楽しめると思います。

投稿 : 2017/03/17
閲覧 : 134
サンキュー:

5

ネタバレ

古酒(クース さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

無駄じゃない

「訓練されたオタク」は
漫画であれ、このアニメであれ、

「ジョジョの奇妙な冒険」を、知らなければならない。ドドド・・・

それは基礎知識であり、一般教養であり、必須項目。
私はそう考えている・・

その凄みがこの作品にはあるッ!!バァーーン

絵が受け付けない?
グロテスクな表現がある?
能力バトルなのに辻褄が合わない?

・・ふぅ、ヤレヤレだZE☆

だからそれを受け入れる訓練をしろというのだぁああ!
このダボがぁあああああ!ベキベキベキィ!

この世界にはッ!

絵柄がきついのも沢山ある・・
グロテスクな表現だって沢山ある・・
設定の辻褄があわない作品だって沢山ある・・・

しかし、ジョジョは!
その入門としてはソフト!訓練に最適と言えよう!

その程度の事で呼吸を乱すことがあってはならないッ!ババァーーン

{netabare}
古い作品だけど、大丈夫かね?
なんて思いながら、観てたけど・・・やっぱりこの作品は良いわ

書かずにはいられないッ!

1部。
主人公であるジョナサン。悲しいけど彼は
宿敵であるディオの引き立て役である。

泣け!

2部。
圧倒的な種族差は波紋と言う武器だけでは補う事ができない
そこに人間の最大の武器、ずるがしこさを追加する事で戦う。

笑え!

{/netabare}

投稿 : 2017/02/22
閲覧 : 97
サンキュー:

8

ネタバレ

亜盗 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

いつか見ようはバカやろう

アメ○ーークなどで度々テレビ番組で紹介されるジョジョの奇妙な冒険。
絵の雰囲気がきらいだったので、マンガでみようとしましたが途中で挫折。
PS4で体験版のジョジョの奇妙な冒険があったので興味本位でやってみました。
スタンド使いってかっこいい!とだけ思い、15分でアンインストール。
時間があったのでアニメをみようと思ってみてみました。

結論から言うと、ジョジョの奇妙な冒険にはスタンドはでてきませんw
スタンドいつ出てくるんだろうと思ってみてましたがでてきませんでしたね。この後の3部~スタンドはでてくるそうなんですがね。
終盤に向かうにつれて、本編からエンディングに切り替わるシーンすごく好きです。
バトル系が好きな方や異能力者のバトルが好きな方にはぜひおすすめしたい。
年末年始はジョジョイッキミしてはいかがでしょうか。

投稿 : 2016/12/26
閲覧 : 90
サンキュー:

2

rzv500 さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

やっぱジョジョは最高だな!

原作連載当初からのファンです。一言。「大満足です!」

投稿 : 2016/10/09
閲覧 : 194
サンキュー:

2

ネタバレ

はりねこ さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

人気コミックの25年越しのアニメ化!キャラや物語に潤いと活気を与えるスタッフ!

原作既読です。
約25年前の作品をやっとこさというべきか(過去いくつかあるが)無事アニメに。

なにより声優の熱演(特にディオとシュトロハイム)がキャラクターをより際立たせてくれていた印象。
擬音を可視化するのは、あーなるほどー、と思いました。
アニメ放送中はCMまでジョジョ尽くしで特にファンとしては予告まで目が話せない濃い内容だったのを覚えてます。
EDは毎回入り方をアレンジしていて良かったのと、アニメの1枚絵も変化するという凝り様。OPは音楽もそうですが、本編もこの絵でやってほしいってくらいアニメーションが素晴らしかった。

1部は勢いがよく漫画より面白い。
2部はBGMがカッコよく使い方がよかった。
そんなイメージです。


以下は不満要素
{netabare}
デザインは正直微妙。というかシーンによってキャラの顔(中でも美形キャラのストレイツォ、リサリサ)が変わりすぎだと思いました。
また、尺の都合上仕方ないがジョセフ関連のコメディシーンが削られていたのは残念だった。
{/netabare}

投稿 : 2016/09/30
閲覧 : 96
サンキュー:

3

ネタバレ

石川頼経 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

原作に忠実な出来です

ただ、初期はちょっと駆け足気味だったようにも思えますが

投稿 : 2016/09/09
閲覧 : 117
サンキュー:

2

次の30件を表示

ジョジョの奇妙な冒険のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ジョジョの奇妙な冒険のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ジョジョの奇妙な冒険のストーリー・あらすじ

古代メキシコで繁栄を遂げた太陽の民アステカ。

彼らには奇妙な 「石仮面」が伝わっていた。
それは、永遠の命と真の支配者の力をもたらすという奇跡の仮面。だが、ある時を境に歴史から姿を消すこととなる。

やがて時は過ぎ、19世紀後半。人々の思想と生活が激変していた時代に出会った、ジョナサン・ジョースターと ディオ・ブランドー。2人は少年時代から青年時代を共に過ごし、やがて「石仮面」を巡って数奇な運命を辿ることとなる――。(TVアニメ動画『ジョジョの奇妙な冒険』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2012年秋アニメ
制作会社
デイヴィッドプロダクション
主題歌
≪OP≫≪第1部≫富永TOMMY弘明『ジョジョ~その血の運命(さだめ)~』≪第2部≫Coda『BLODDY STREAM』≪ED≫YES『ROUNDABOUT』

声優・キャラクター

興津和幸、子安武人、塩屋翼、上田燿司、川澄綾子、杉田智和、佐藤拓也、伊丸岡篤、田中敦子、井上和彦、藤原啓治、大塚明夫、乃村健次

スタッフ

原作:荒木飛呂彦(集英社ジャンプ・コミックス刊)、 ディレクター:津田尚克、シリーズディレクター:鈴木健一、ビジュアルディレクター:ソエジマヤスフミ、シリーズ構成:小林靖子、キャラクターデザイン・総作画監督:清水貴子、サブキャラクターデザイン・プロップデザイン:町田真一、美術監督:吉原俊一郎、色彩設計:村田恵里子、撮影監督:山田和弘、編集:廣瀬清志、音響監督:岩浪美和、音楽:松尾早人(第1部)/岩崎琢(第2部)

このアニメの類似作品

この頃(2012年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ