進撃の巨人 Season2(TVアニメ動画)の感想/評価、レビュー一覧

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「進撃の巨人 Season2」のレビュー感想/評価

よみがな:しんげきのきょじんしーずんつー

放送時期:2017年春アニメ(2017年4月~2017年6月)

このアニメの感想・評価 828

進撃の巨人 Season2のみんなの評価
★★★★☆ 3.9 5
物語:4.0 作画:4.1 声優:3.9 音楽:3.8 キャラ:3.9
  • 物語 ★★★★☆ 4.0 作品のシナリオやストーリーに対する評価です。
  • 作画 ★★★★☆ 4.1 作品の絵やイラスト・キャラクターデザインに対する評価です。
  • 声優 ★★★☆☆ 3.9 出演している声優、または登場キャラクターの「声」に対する評価です。
  • 音楽 ★★★☆☆ 3.8 OP・EDや挿入歌、バックミュージックなど、音楽全般に対する評価です。
  • キャラ ★★★☆☆ 3.9 登場キャラクター全般の設定・性格・個性などに対する評価です。
123456789
ネタバレ
2018.07.15 04:49 はなくそまつの評価 | 観終わった| 11が閲覧 ★★★☆☆ 3.5 評価対象: 進撃の巨人 Season2(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 5.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

いや面白いけど...さすがに遅いぞ!

1期の放送から4年。
原作読みたいの我慢して、待って待ってやっと始まった2期。
でももう1期を見てた頃と同じ熱量は無理でしたー
やっぱり面白いしわさわさするんだけど、うおー!感があんまり湧かなかった。


3期の放送そろそろですね。
なんだかんだ言って絶対見るんですけど

だって気になるし
何あのしゃべるゴリラみたいなやつ、めっちゃ怖い
あとユミルのこととかね、いっぱい謎が明らかになってきてたし

せっかく原作読まずにここまで来たし、最後まで付き合うぜ

 サンキュー(1)
ネタバレ
2018.06.18 22:45 おいもの評価 | 観終わった| 16が閲覧 ★★★☆☆ 3.5 評価対象: 進撃の巨人 Season2(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 5.0  キャラ : 3.0

リヴァイが少ない

リヴァイが戦ってなんぼだと思うので、三期に期待。
ミケとナナバがエグかった。

 サンキュー(3)
2018.05.27 13:02 にゃん^^の評価 | 観終わった| 439が閲覧 ★★★★☆ 4.5 評価対象: 進撃の巨人 Season2(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 4.5  声優 : 4.5  音楽 : 4.5  キャラ : 4.5

つづきだから1期を先に見てね☆彡

公式のIntroduction
{netabare}
超大型巨人の出現により人類の平和と幻想が破られたあの日から、 エレン・イェーガーの果てしない戦いの日々は続く……。 抵抗する術もなく巨人の餌となった母の最期を目の当たりにして、 この世から巨人を一匹残らず駆逐することを誓ったエレン。 しかし、過酷な戦いの中で彼自身が巨人の姿に変貌してしまう--。 人類の自由を勝ち取るために巨人の力を振るうエレンは、 ウォール・シーナのストヘス区において「女型の巨人」と激突。 巨人同士の激しい戦闘は、辛くもエレンの勝利となった。 それでもエレンに、そして人類に、休息の時は訪れない。 次なる戦いは既に始まりを告げている。 ウォール・ローゼに迫り来る巨人の大群に、人類はどう立ち向かう!?
{/netabare}

STAFF{netabare}
原作:諫山 創(別冊少年マガジン連載/講談社)
総監督:荒木哲郎
監督:肥塚正史
シリーズ構成:小林靖子
キャラクターデザイン:浅野恭司
総作画監督:浅野恭司、門脇 聡、山田歩
助監督:田中洋之
アクション作画監督:江原康之、今井有文、胡拓磨
美術設定:谷内優穂
巨人設定:千葉崇明
プロップデザイン:胡拓磨
色彩設計:橋本 賢
美術監督:吉原俊一郎
3DCG監督:廣住茂徳
3DCGプロデューサー:藪田修平
撮影監督:山田和弘
編集:肥田 文
音響監督:三間雅文
音楽:澤野弘之
オープニング主題歌:Linked Horizon
音響効果:倉橋静男
音響制作:テクノサウンド
アニメーション制作:WIT STUDIO
{/netabare}
CAST{netabare}
エレン・イェーガー:梶 裕貴
ミカサ・アッカーマン:石川由依
アルミン・アルレルト:井上麻里奈
ジャン・キルシュタイン:谷山紀章
アニ・レオンハート:嶋村 侑
サシャ・ブラウス:小林ゆう
クリスタ・レンズ:三上枝織
コニー・スプリンガー:下野 紘
ライナー・ブラウン:細谷佳正
ベルトルト・フーバー:橋詰知久
ユミル:藤田 咲
リヴァイ:神谷浩史
エルヴィン・スミス:小野大輔
ハンジ・ゾエ:朴璐美
{/netabare}


第26話「獣の巨人」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:小林靖子 絵コンテ:肥塚正史 演出:田中洋之
作画監督:浅野恭司/千葉崇明/大杉尚広

女型の巨人との戦闘の後、壁の中から発見された巨人。その正体を聞き出そうと、ハンジはニック司祭を激しく責め立てるが、ニックは脅しに屈することなく黙秘を貫くのだった。遡ること12時間前、ウォール・ローゼ南区で待機するコニーやサシャら104期生のもとに巨人が多数襲来したとの情報が伝えられる。巨人の群れが進む先には、コニーの故郷の村があった。コニーたちをそこへ向かわせるため、分隊長のミケがとった行動は……?
{/netabare}
感想
{netabare}

今日のおはなしは

☆カベの中から発見された巨人の謎

☆ウォール・ローゼが壊されて巨人たちが入ってきたんだけど
1人、ミケにいろいろ質問してきた毛の生えた巨人がいて
その謎

~☠~♰~☠~♰~☠~♰~☠~♰~☠~♰~☠~♰~☠~♰~☠~♰~☠~♰~☠~

「進撃の巨人」は4年ぶりみたい
前のおはなしってほとんど忘れちゃったw
先にちょっと復習があったからよかった☆


カベの中の巨人ってこわいよね。。

中国とか日本でもお城とか作るときいけにえみたいに
人を生きたままうめたりして建てたってゆうおはなしがあって
今回のおはなしもそんな感じなのかな?って。。

カベを強くするためとか材料の節約だったら
司教の人がかくしたりするわけが分からないから
おまじないみたいな感じなのかな?って思ったんだけど
日に当てると動き出すのかも?

ハンジがニック司祭に
「カベってぜんぶ巨人で出来てるの?」って聞いてたけど
ウォール・ローゼがこわされたところには埋まってなかったみたいだけど
ぜんぶじゃないんじゃないのかな?

それとも生き返って抜け出たあとだったのかな?


ミケと話した巨人は人みたいだったね。。

立体起動装置を持ってっちゃったけど帰って調べるのかな?
だったらあんな大きな体だと調べにくいからふつうの人間になれるのかも?

ほかの頭が悪い巨人に命令してたけど
巨人の中には元人間の巨人とふつうの巨人がいるのかも?
もしかしたら戦争とかに使うために人が発明したのかな?


さいごにミケが殺されちゃったけどちょっとグロくしすぎじゃない?
分かってるけどとちゅうで目をつぶっちゃった。。

おはなしはおもしろいから
あんなにグロくしなかったらふつうの人でも見れるのに
どうしてそんなに見せなくっちゃいけないのかな?って
{/netabare}
{/netabare}
第27話「ただいま」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:小林靖子 絵コンテ:肥塚正史 演出:井端義秀 作画監督:山田歩/加藤美穂/山本祐子

巨人発見より5時間後、北の森に向かったサシャは故郷の村まで到達する。サシャの胸中によみがえる、父親との苦い思い出……。3年ぶりの故郷は最早、人の住める土地ではなく、その先に見つけた新しい村でサシャは凄惨な光景を目の当たりにする。一方で、急ぎウォール・ローゼをめざすエレンたちだったが、同行者の中には何故かニックの姿があった。ウォール教が知る壁の秘密を開示するべきか、彼は自分の目で確かめるという。
{/netabare}
感想
{netabare}

今日のおはなしはきつかったぁ。。

サシャが見つけた新しい村で人よりもちょっと大きいくらいの巨人が
女の子の前でお母さんを食べてるんだもん。。

うわぁって思ったけどこれから何が起きるか分からないから目もつぶれないし
肉がえぐれたりしてなかったから何とか見てたけど
巨人が肉をかむ「クチャクチャ」ってゆう音が耳に残っちゃって泣きそうだった

でも、そんなことよりもっと悲しかったのは
足の悪いお母さんを誰も助けてくれなかったし
自分も助けなかったって言ってた女の子。。

みんなだってできれば助けたかったって思うけど
どうしようもなくって逃げるだけだったって思う。。

しょうがないけど心にズキっ!て痛いおはなしだった。。
あの女の子だけでも助けてあげられてよかった☆


あとは謎のおはなし。。
司祭のニックが人類滅亡より大事だって思ってるみたいな壁のヒミツ


それからコニーの家に倒れてた動けない巨人。。

ほかのところから来たんじゃないって言ってたから
もしかしたらコニーの家族が巨人になったんじゃないのかな?

人間が巨人になったりするのは1期でやってたけど
なる人とならない人ってどう違うのかな?
ゾンビとか狼男とか吸血鬼もそうだけど
かじられて生きのこった人にうつる病気みたいなものなのかも?

2期で謎がとけるといいけど。。
{/netabare}
{/netabare}
第28話「南西へ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:瀬古浩司 絵コンテ:牧原亮太郎 演出:居村健治 作画監督:野崎あつこ/荒尾英幸

コニーの故郷に人影は一切なく、代わりに残されていたのは一体の巨人が仰向けに倒れた姿のみ。失意のコニーの耳に届く、微かな声。それは巨人が発したように思われたが……。時を同じくして、リコ率いる駐屯兵第一師団精鋭部隊は東防衛線で巨人と交戦し、ハンネス率いるウォール・ローゼ対策部隊は壁沿いの道を偵察するも未だ一匹の巨人とも遭遇しないままだった。それぞれに胸騒ぎを覚えたまま、巨人出現から最初の夜が訪れる。
{/netabare}
感想
{netabare}

今日のおはなしはウォール・ローゼには穴が開いてなかったってゆうのと
コニーの村には人がいないのに逃げたみたいじゃなかった
ってゆうのがメインのおはなしだったって思う


先週の感想に書いたけど
コニーの村の人たちが巨人になったって考えたら1番分かりやすそう。。

でも、にゃんも全員がいっぺんに変身したなんて考えなかったけど。。

コニーの家の上にころがってた巨人って「おかえり」って言ったよね?
先週のサブタイトルが「ただいま」だったからこれでサブタイ回収かな。。
その巨人がコニーのお母さんだった。。とかだったら悲しいよね。。


それからカベを直すのに巨人の硬化能力が使えそうで
もしかしたらエレンが直せるかも?って(でも、そのときエレンは生きうめ?)


あと、司祭のニックが
カベの秘密は言えないけど監視するように命令された人のことは言えるって
「クリスタ」の名前が出ていっしょにいたエミルの顔がちょっと映ったけど
巨人化しそうな顔してたよね?大丈夫なのかな?


いろんな新しいことが分かって
さいご、最前線の人たちがいるお城が巨人におそわれてたし
前に出てた顔の小さなゴリラみたいな巨人がカベをこえようってしてたけど
今週もはじめからさいごまでドキドキしながら見ちゃった。。
{/netabare}
{/netabare}
第29話「兵士」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:瀬古浩司 絵コンテ:岩瀧智 演出:江副仁美 作画監督:山下恵/手塚響平/大杉尚広/門倉世央子

コニーやライナー、ベルトルトのいる南班、そしてクリスタとユミルがいた西班は暗闇の中で合流し、ウトガルド城という古城跡で共に夜を明かすことになった。だが、見張りが気づいたときには既に城の周りを大勢の巨人が取り囲んでいた。戦闘用の装備を持たない104期生たちは塔の中へ一時避難するが、突破されるのは時間の問題だった。巨人の侵入を防ごうと孤軍奮闘するライナー。彼の脳裏にフラッシュバックする記憶とは……?
{/netabare}
感想
{netabare}

今週はあんまり謎はなかったけど
巨人におそわれて戦うシーンが多くってドキドキしながら見てた
とくにライナーがおそわれたところがこわかった。。

でも、そのとき消毒にお酒をぜんぶ使っちゃったから
あとで、戦って死にかけたゲルガーが飲もうってしたときなくなってて
とってもかわいそうだった。。

それからナナバもだけど
みんなのために戦ってさいごはゲルガーを助けようってしたのに
もっと幸せな死に方させてあげたらよかったのに。。☆彡

いいのか悪いのかよく分からないけど
(それで気もちが伝わるからいいんだって思うけど)
原作者の人ってこんなにかわいそうな死に方次々によく考えられるなぁって。。

最後にナナバが
「もうしません!。。お父さん!。。イヤだ―‼」
って叫んだ声が耳に残ってる。。

小さいころお父さんからDVとか受けてたのかな?
さいごにそんなイヤなことしか思い出せないってすごく悲しいこと。。


さいごにみんなが塔の上に追いつめられて
このまま全員やられちゃうってゆうときにユミルが塔から飛び下りて
巨人に変身して戦いだしたけどユミルの正体って何なんだろう?


でも、これでコニーのはなしをバカにした意味が分かったみたい

やっぱりコニーの村の人たちは巨人化しちゃったんだよね。。
ユミルは自分も巨人化能力があるから分かっててわざとごまかしたんだ。。


あと、ユミルがクリスタに言ってた「雪山の訓練の約束」って何があったんだろう?
{/netabare}
{/netabare}
第30話「ヒストリア」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:小林靖子 絵コンテ:若野哲也/平尾隆之 演出:若野哲也 作画監督:稲吉朝子/千葉崇明/荒尾英幸/加藤万由子/山田歩

エレンたちがまだ訓練兵団だった頃。とある雪山での訓練を終えた後、ふと気づくとクリスタとユミルの姿が見えなくなっていた。クリスタは訓練中に体調を崩したダズのそばについていて、また、ユミルはそんなクリスタに付き合っているうちに遭難してしまったのだ。吹雪の中、すっかり日も暮れて、息も絶え絶えなダズを引きずって山のふもとをめざすクリスタ。このままでは3人とも助からないという状況で、クリスタのとった決断は!?
{/netabare}
感想
{netabare}

前半は先週の「雪山の訓練の約束」のおはなし


ユミルがクリスタのこと知ったのは生きるために盗みに入った教会で
「めかけの子がえらいところの跡取りになったから殺そう」
「でも、名前を変えて目立たないように生きれば見のがそう」って話してるの聞いて
その子が自分に似てて気になってあとを追って入団したみたい

ユミルがいい子なのは死ぬのにかっこいい理由をつけたいからって思ってて
基地が見える高いガケの上に立って「このままだと助からないだ
けどここからダズを落とせば助かるかもしれない」って言って
クリスタのこと後ろにつき飛ばして起きてくる間に2人で消えちゃったの。。

クリスタが基地についたら2人はもう着いてダズも助かってて
「どうやって?」って聞くクリスタに
「教えてやってもいいがその後おまえは元の名まえを名乗って生きろ」って。。


後半は先週のつづきで
巨人になったユミルがクリスタたちを助けるために戦うんだけど
けっきょくやられそうになって
そのときちょうどミカサと仲間たちが来て助かったの。。


いつもはやさしい話し方のクリスタが
乱暴な言い方で巨人ユミルを応援したところ
ほんとうの気もちがこもっててウルウルしてきちゃった。。

もうダメ!って思ったときにちょうどミカサがあらわれて
よくあるパターンなんだけど夢中になって見てたからすごくうれしかった☆

さいごに死にかけたユミルが目を開けて
クリスタが本当の名まえを教えるところはなみだがボロボロって。。

ユミルは生きてるよね?
{/netabare}
{/netabare}
第31話「戦士」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:瀬古浩司 絵コンテ:田中洋之 演出:田中洋之 作画監督:大杉尚広/加藤美穂/山本祐子

ウトガルド城を取り囲んだ巨人の群れはユミルの活躍と、駆けつけた調査兵団の主力部隊によって撃退された。重傷を負ったユミルは治療のためトロスト区に送られることとなり、残った調査兵団は壁の修復作戦を再開することに。ところが、穴の位置を知らせに来たはずのハンネスは「穴はどこにもない」と報告する。穴がないのだとしたら、巨人はどうやって壁の内側に現れたのか? 疑問を抱えたまま、エレンたちはトロスト区で待機する。
{/netabare}
感想
{netabare}

クリスタがユミルは調査兵団のために戦った仲間だって証言して
自分の本名をハンジさんに話したり

駐屯兵団のハンネスさんが壁には穴は開いてないって知らせに来たりして
みんな「どうゆうこと?」とか
「ついに穴を掘る巨人が出たか?」とか話してて
今週は先週までのまとめみたいな感じなのかなって思ってた

そしたら誰も気にしてなかったみたいだけどライナーがエレンを呼んで
「俺たちは5年前壁を破壊して人類への攻撃を始めた。。」とか話しはじめて
「俺がヨロイ型巨人でこいつが超大型巨人ってゆうやつだ。。」って

にゃんもあんまりライナーがふつうに話してるから
「昔、巨人と戦った時のことかな?」って思って気にしてなかったんだけど
「俺たちの目的はこの人類すべてに消えてもらうことだった」
のあたりから「えっ!?」って思って巻き戻して聞いちゃった。。

ライナーはエレンが自分たちといっしょに来たら
もう壁をこわす必要がないって言ったんだけど
それって絵壁をこわしたのはエレンをつれてくためってゆうこと?

そう言えば巨人になったアニとライナーとベルトルトはおんなじ地方出身で
協力してエレンをねらってたうたがいがもあって
隊のみんなもライナーたちに気がつかれないように見張ってたみたい。。


エレンもそのことを知ってたけどたぶん信じられなくって
ふつうに話し続けてたらライナーたちがおそってきた!

そのときのミカサ。。すごい速かった!2人に切りかかって。。
でも、2人を殺せなくって巨人化されちゃって
2人はユミルとエレンをさらっていこうってしたけど
こんどはエレンが巨人化して戦いだしたの。。

~☠~♰~☠~♰~☠~♰~☠~♰~☠~♰~☠~♰~☠~♰~☠~♰~☠~♰~☠~

後半、展開がすっごくはやかった
えっ!?何?なに?って思ってるうちに巨人バトルで。。


あと、ライナーもかわいそうかな。。
きっとまだ子どもだったころからスパイみたいな感じで送り込まれて
人の中で暮らしてるうちに何だかよく分からなくなっちゃったのかも?


でも、これでなんとなく分かってきたけど
コニーの村の人たちもきっと巨人化したんだよね?
それで巨人になったらよっぽど強く自分がしたいこととか思ってないと
ただの巨人になっちゃうのかも?

早くホントのことが分かるといいけど。。
{/netabare}
{/netabare}
第32話「打・投・極」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:瀬古浩司 絵コンテ:平尾隆之 演出:平尾隆之 作画監督:野崎あつこ/荒尾英幸/菊池聡延/加藤真由子

「鎧の巨人」と「超大型巨人」がエレンの目の前に出現。激昂したエレンはすぐさま巨人化し、鎧の巨人の顔面に拳を叩きこむ。一方、超大型巨人は調査兵団が待機していた壁を破壊し、昏睡状態のユミルを捕らえて自らの口の中に放り込むのだった。調査兵団はハンジの号令のもと、一斉に超大型巨人へ襲いかかるが、巨人が全身から蒸気を噴出させたため、近づくことすら不可能となった。その頃、鎧の巨人を相手に苦戦するエレンは……?
{/netabare}
感想
{netabare}

今週は謎はなかったけどバトルがすごかった。。


ライナーに裏切られたって思って
思い出がだんだん憎しみになってくところは悲しかったけど
ライナーたちってどうして人間と戦わなくっちゃいけなくなったんだろう?
別にふつうの人間として暮らしていったってよかったんじゃないのかな?

そう思ったら
2人がふるさとに帰りたいって何度も言ってたこと思い出した。。
ライナーたちにだって家族とか友だちとかいたはず
その人たちを人質にされてるとかだったりしたら悲しいよね。。


にゃんはバトルってふつうニガテなんだけど
「進撃の巨人」ってほかのたくさんのバトルアニメとちがって
どっちが勝つか分からないからおもしろいのかも?

今回は
鎧の巨人がとっても強くって兵団の武器もきかないし
巨人のエレンよりずっと強くって負けそう。。って思ったとき
アニから教わった格闘術を思い出して反撃し出したの

バトル系のおはなしで
主人公が負けそうになってきゅうに覚醒したりするのってよくあるんだけど
こうやってそのときの思い出とか気もちとかが伝わってくるのっていいな☆


さいご巨大巨人がエレンとライナーの上から落ちてきたけどどうなるのかな?
{/netabare}
{/netabare}
第33話「追う者」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:小林靖子 絵コンテ:牧原亮太郎 演出:河井ゆう美 作画監督:手塚響平/門倉世央子/横山愛

エレン巨人は鎧の巨人をあと一歩のところまで追いつめたが、超大型巨人の頭部が落下してきたことにより形勢は逆転し、エレンは鎧の巨人に連れ去られてしまう。さらに、超大型巨人の発生させた熱と風圧が、その場にいた兵士たちに甚大なダメージを与える。倒れたミカサが目を覚ましたときには、既にエレンの敗北から5時間が経過していた。エレンを想って、涙するミカサ。そんなミカサやアルミンを、ハンネスは勇気づけるのだった。
{/netabare}
感想
{netabare}

今日はやっとひと休みの回だったみたい

アクションも
ミカサがたおれてる間に見た小さいころエレンのケンカの夢だけ


とりあえず馬を下すリフトを待って
それからライナーたちがたぶんかくれてる巨大樹の森に
みんなでエレンを取り戻しに行くところまでで終わり。。


ハンネスさんはずっとエレンたちのこと見てたから
そう言ってもらえただけできっと間に合うって思えそう^^

それまで食欲のなかった2人が
ハンネスさんのくれたビスケットにかじりついたところに
2人の気もちが出ててよかった☆


でも、取り戻すだけじゃなくって
ライナーたちがどうしてエレンのことさらったのかも知りたいよね☆彡
{/netabare}
{/netabare}
第34話「開口」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:小林靖子 絵コンテ:井端義秀 演出:井端義秀 作画監督:大杉尚広/加藤美穂/山本裕子/丸藤広貴/宮崎里美

鎧の巨人との戦いに敗れたエレンは、巨大樹の森で目を覚ます。そこにはエレンと同様に巨人化の能力を有する者たちがいた。巨人の巣窟となった森では、たとえ巨人になったとしても生き抜くことは困難であり、そもそも戦い終えたばかりのエレンには巨人になれるだけの体力はない。即ち今のエレンに出来ることは、巨人が動かなくなる夜まで大人しく待つことだけ。そんなエレンに、ある人物が「俺達の故郷に来てもらう」と語りかける。
{/netabare}
感想
{netabare}

今回はライナー、ベルトルトとエレン、ユミルたちのおはなし


エレンたちは大ケガしてて変身もできないし
まわりは巨人たちがいっぱいで逃げられないの


ライナーがエレンをさらったわけとか話してくれるのかな?って思ったら
エレンがキレてばっかりだからぜんぜん分からなくって。。

ふつうこうゆう何にもできない時って
相手のこととか聞きだして弱点を見つけようとかするんじゃないのかな?

でも、エレンはどなってばっかりでエミルまでライナーたちの味方になりそう

エレンはもっと落ち着いた方がいいって思うんだけど
それがエレンのいいところなのかも?


でも、調査兵団がもうすぐそこまで来てるみたい
暗くならないうちにつけるよね☆彡
{/netabare}
{/netabare}
第35話「子供達」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:瀬古浩司 絵コンテ:宮地☆昌幸 演出:居村健治 作画監督:千葉崇明/山下恵/荒尾英幸/丸藤広貴/宮崎里美

日没まであと1時間。調査兵団の精鋭たちがついに巨大樹の森に到達した。目的はあくまで戦闘ではなく、エレンを見つけ出し奪還すること。だが、それでも危険な作戦であることに変わりはない。そんな中で、クリスタだけは絶対に助け出さなければならないと、ユミルの心に焦りが生じていた。ユミルは思い出す。貧民街で暮らしていた幼い頃と、その後の数奇な運命、そしてクリスタとの出会いを――。はたして、ユミルはどう動くのか!?
{/netabare}
感想
{netabare}

前半はユミルの過去のおはなしで

貧しい暮らししてたのがある日とつぜん王家の血筋の役をやらされて
幸せになれたと思ったらその人たちはつかまって
ユミルも処刑されそうになって巨人化して逃げて眠ってて
5年前のライナーの仲間を食べて人間にもどった。。って

そのあと、クリスタのうわさを聞いて調査兵団に入ったってゆう気もちも
あんまりよく分からないんだけど
その人たちってどんな人たちかよく分からなかったから
何だかボーってしすぎてて???

とにかく巨人は人を食べると人間にもどれるみたい?


後半はユミルがクリスタも連れて行きたいとか言い出して
追いついてきた調査兵団と戦ってクリスタをさらってくの。。

ユミルはクリスタをどうするつもりなの?
クリスタを連れて2人だけで逃げようってゆうのかな?

でも、それってむずかしそう。。


それからコニーの村のおはなしもちょっとあったけど
コニーの家でたおれてた巨人がコニーのお母さんにそっくり!?

にゃんは前からそうだって思ってたけど
やっぱりコニーの村の人たちって巨人化したんだよね?
かわいそう。。

でも、人間にもどるには人間を食べないと。。ってもっとかわいそう
{/netabare}
{/netabare}
第36話「突撃」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:瀬古浩司 絵コンテ:平尾隆之 演出:田中洋之/赤松康裕
作画監督:千葉崇明/手塚響平/丸藤広貴/加藤美穂/門倉世央子

森に突入しようとしていたエルヴィンの前に姿を現す、鎧の巨人。その肩には、ある人物の背中に括りつけられたエレンの姿があった。巨人に連れ去られる前に、何としてでもエレンを救い出そうとする調査兵団。しかし、鎧の巨人とその協力者に攻撃を仕掛けるミカサを、もう一体の巨人が何度も妨害するのだった。その巨人を殺さなくてはならないと、敵意を剥き出しにするミカサ。彼女の前に立ち、戦いをやめるよう呼びかけたのは――!?
{/netabare}
感想
{netabare}

逃げるライナーたちの前に
エルヴィンが巨人たちに追いかけられて来たの!?

目的はライナーたちを止めてエレンを助けるためだけど
もう死にに行くみたいな戦い。。


エレンがいなかったら人類は終わりだから死んでも助けろ
って片うでを食べられながらエルヴィンが叫んだら
もう死ぬのかくごして行くしかないよね。。

でも、ほんとは
どうして巨人が人間をおそってくるかってゆうヒミツを知りたいなぁ。。
じゃなかったらエレンを取り返してもいくらでも巨人は来ると思うし
エレン1人で守り切れないって思う。。

調査兵団はこんなところで戦うより
エレンに巨人のヒミツとか弱点を調べさせるために
ライナーたちの仲間になったフリをさせて
いっしょに行かせるのが1番良かったんじゃないのかな?


あと、人間のためにはならないけど
クリスタがユミルに助けてって言われて
信じていっしょに行くことにしたのはよかったと思う

人類のためより目の前で助けてって言ってる人を
放っておけないのがクリスタ(ヒストリア)のいいところだって思う


さいごはエレンとクリスタを取り戻して帰ろうってする調査兵団に
ライナーが巨人を投げつける作戦!?

あれだけ走ったあと戦ってもまだ力が残ってるのもびっくりだけど
あんなに重そうな巨人をあんなに遠くまでなげられる
ライナーの巨人ってすごい力だよね!?


兵団がエレンを取り返しても
ライナーたちがまた追いかけてくるって思うし
エレンのこと殺す気がないの分かってるんだから
ライナーたちといっしょに行かせた方がよかったんじゃないのかな?
{/netabare}
{/netabare}
第37話「叫び」

{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:小林靖子 絵コンテ:佐藤雄三/牧原亮太郎 演出:荒木哲朗/菊池聡延/平尾隆之/井端義秀
作画監督:宮崎里美/菊池聡延/胡拓磨/大杉尚広/手塚響平

エルヴィンが引き連れてきた巨人の大群が、鎧の巨人に襲いかかる。まるで地獄のような光景が繰り広げられる中、調査兵団はエレンの奪還に何とか成功した。だが、退避する兵たちに向けて、鎧の巨人が他の巨人を投げつけてくる。その衝撃で落馬したエレンとミカサの前に出現したのは、5年前のあの日、エレンの母・カルラを食った巨人だった。憎き仇との因縁に自らの手で決着をつけるため、エレンは巨人となって戦おうとするが……。
{/netabare}
感想
{netabare}

前半はバトル。。

負けが決まったみたいに次々みんな食べられて
エレンのお母さんを食べた巨人もあらわれて
エレンの代わりにかたきうちに行ってくれたハンネスさんも食べられちゃって
ショック。。見ててくるしかった。。


それでエレンは今、助けなくっちゃ!って思って
一生けんめい巨人になろうってしてたけどぜんぜん変わらなくって
「何にもできない!。。何にも変わってない!」ってこわれかけたエレンに
ミカサはさいごの言葉みたく「伝えたいことがある。。」って

「私といっしょにいてくれてありがとう。。
私に生きかたを教えてくれてありがとう。。
私にマフラーをまいてくれてありがとう。。」って。。

ミカサはいつもエレンを助けてばっかりで
どうしてエレンなの?ってにゃんは思ってたけど
知らないうちにエレンはミカサを助けてたんだね。。
なみだが出てきちゃった。。


でも、後半

きゅうに変わってあの巨人が出してきた手をパンチで止めて!?
うらみを込めて巨人をなぐるマネしたら
ほかの巨人がカタキの巨人におそいかかって
それにつられるみたく巨人がみんなライナーたちを追いかけてったの。。


これでライナーがエレンを連れてこうってしてた理由が分かったみたい
ライナーは「ザヒョウ」が最悪なやつの手に渡ってしまった。。って言ってた


エミルがヒストリアと別れてライナーたちを助けに行ったところもよかった☆

おそわれる人間だけが戦ってるんじゃなくって
巨人のライナーたちだって
エレンを連れてかなくっちゃいけない理由があるって
クリスタに共感したみたくライナーたちにも共感したみたい。。


調査兵団は巨人の正体が人間だって知って
あと、巨人をコントロールできるエレンを取り返せて
たくさん仲間が死んじゃったけど
巨人に勝てるかも?ってゆう希望が持てるようになってよかった☆
{/netabare}
{/netabare}

見おわって

おはなしは1期とそんなに変わらなくってグロいところが多かったけど
大事なところは1人1人回想が合って気もちが伝わってきた☆
はじめから休みなく巨人のヒミツが分かってきて
あと、バトルもどっちが勝つか分からない戦いでおもしろかった


2期だったけど終わらなくって3期が来年くるみたい
楽しみ☆彡

 サンキュー(78)
ネタバレ
2018.05.13 11:14 フローの評価 | 観終わった| 35が閲覧 ★★★★☆ 4.3 評価対象: 進撃の巨人 Season2(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 4.5  声優 : 4.5  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

ただいま

第31話も衝撃的でしたが
個人的にはアニメでは
前者の方が光ってました

サシャの希望的な「ただいま」に対して
コニーの絶望的な「ただいま」は
観ていて鳥肌がものすごかったです

第31話の{netabare} ライナーとベルトルさんの告白は
原作の方が「なにいってんだこいつ」感が強かった {/netabare}

ミケと獣の巨人のシーンは
軽いトラウマ
カタコトじゃないしっかりとした言語を話す巨人

立体機動装置を知らなかったから
壁の中の人間じゃないとは思ってたけど
あれは予想出来ない

三期はどこまでやるかな
NHKでどこまでやれるかな、なんて
考えたりもしますが
予告観る限り大丈夫そう

なんなら総集編じゃなくて
新作映画作ってくれてもいいんやで

 サンキュー(4)
ネタバレ
2018.05.11 01:15 βの評価 | 観終わった| 52が閲覧 ★★★☆☆ 3.6 評価対象: 進撃の巨人 Season2(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 3.5  声優 : 3.5  音楽 : 3.5  キャラ : 3.0

親戚の巨人

面白い展開でした

 サンキュー(4)
2018.04.07 10:01 ゆん♪の評価 | 観終わった| 30が閲覧 ★★★☆☆ 3.8 評価対象: 進撃の巨人 Season2(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 3.5

切ないSeason2。もう誰がどうなってくのか…

人の中に巨人がいることはわかってたけど、今期は仲間がどんどん巨人化していって、あれれれーーー!!!

ライナーとベルトルトの逃走が重点的だった今期。
二人のファンなので、追いかけられてる二人が可哀想になってちょっと見るのが辛かった~><


そして…隊長ファンなので、隊長の怪我は(知ってたことだけど)やっぱりショック!!!


獣の巨人のCV子安さんにちょっと笑


今後がもんのすごく気になるアニメです…

 サンキュー(1)
ネタバレ
2018.03.29 09:48 tikiの評価 | 観終わった| 48が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: 進撃の巨人 Season2(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

タイトル

{netabare}
第026話 獣の巨人
第027話 ただいま
第028話 南西へ
第029話 兵士
第030話 ヒストリア
第031話 戦士
第032話 打・投・極
第033話 追う者
第034話 開口
第035話 子供達
第036話 突撃
第037話 叫び
{/netabare}

 サンキュー(0)
2018.03.27 22:11 メリジェンヌの評価 | 観終わった| 106が閲覧 ★★★★☆ 4.8 評価対象: 進撃の巨人 Season2(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 4.5  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

タイトルなし

12話(37話)

 サンキュー(0)
ネタバレ
2018.03.21 22:47 ぺしぺしの評価 | 観たい| 28が閲覧 ★★★★★ 5.0 評価対象: 進撃の巨人 Season2(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

原作ファンも感激

毎月進撃だけを見るために月刊誌を購入しています。
それぐらい原作が大好きです。

前回もそうでしたが、原作をリスペクトしつつアニオリがあり
最高の作画・音楽で私たちを感動に包んでくれます。

前回からとにかく間が空きすぎで、ファンの私もテンションが上がりませんでした。
最終話の盛り上げで久しぶりに涙してしまいました。
この作品に出合えた事を幸せに思います。

 サンキュー(1)
ネタバレ
2018.03.06 13:34 しろの評価 | 観終わった| 82が閲覧 ★★★★☆ 4.2 評価対象: 進撃の巨人 Season2(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.5  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.5

待望の2期

ちょっと間が空きすぎ感がありましたね

盛り上がりは1期ほどではなかった気がしましたが難なく完走

漫画は途中から断念したのでアニメだとサクサク観れました

1クールの12話しかなくめっちゃ話しが進んだ訳ではないですが2期も同様に素晴らしかったです


{netabare}最終話(37話)のミカサが泣きながらエレンに話しかけるシーンが最高に可愛かったです!

「マフラーを巻いてくれてありがとう」かなり萌えました^^{/netabare}

強さと可愛さの両方あるってやっぱ観てて最高です(笑)


3期も必ず観ます、楽しみにしてます^^

 サンキュー(12)
ネタバレ
2018.02.28 16:45 こっとんの評価 | 観終わった| 17が閲覧 ★★★★☆ 4.0 評価対象: 進撃の巨人 Season2(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

まだ先がわからない

原作が続いているのもありますが、まだスッキリしないですね。ストーリーが面白いので、先が気になります。

 サンキュー(1)
ネタバレ
2018.02.25 00:41 アニメ散策の評価 | 観終わった| 32が閲覧 ★★★☆☆ 3.7 評価対象: 進撃の巨人 Season2(TVアニメ動画) 物語 : 2.0  作画 : 3.5  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 3.0

人間対巨人

{netabare}巨人の正体が人間なので、人間対巨人というコンセプトが崩れてまい未知の生物への興味や畏怖、そして世界観の魅力が消し飛びました。巨人は元人間か、人間が巨人に変身しているだけなので、巨人への恐怖がなくなり、それと共に興奮も冷めていきました。女形の巨人も中に人間が入っているなら怖さは感じません。

このシナリオは失敗だと思います。これだったら巨人が人間と異なる進化をたどり、それと対峙する人間という世界の方が浪漫と魅力があり、視覚的にも対照的で迫力があり、対決の構図が明確で面白くなったと思います。1期の途中までは本作が傑作になる予感を持っていましたが、このストーリー展開で自分の中では凡作になりました。{/netabare}

 サンキュー(1)
2018.01.25 22:53 maquitの評価 | 観終わった| 59が閲覧 ★★★☆☆ 3.6 評価対象: 進撃の巨人 Season2(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 3.5  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 4.0

今、何合目辺りなんだろう?

さて、
1期から続く謎、
大きく張られた伏線はいつ回収されるのだろうか?
それは
{netabare}エレンの自宅地下室に眠る秘密
父は何をしていたのだろうか?{/netabare}というもの

ただ、それだけに留まらないから
この『進撃の巨人』ってのはオモシロイ!
次から次へと謎が謎を呼ぶ展開は
見ているものを飽きさせない!!

そう、
本来この作品の魅力といえば
規格外の巨人と戦うという設定にある。
使用する武器にも
他に類を見ないギミックに、
異様とも思える世界観にも魅了される。
そこに付加される
謎解きのサスペンス要素。

単に謎解きに終止するようなストーリーではなく
登場人物にしっかりフォーカスする辺りは、
遅々として進まない展開にヤキモキしながらも
否が応でも話に引き込まれてしまうのだから憎らしい。

願わくば
物語を締めるに当たり
伏線回収ばかりに執着して
物語としての魅力を失わないことを切に望む。

 サンキュー(8)
2018.01.11 10:08 まゆげ@の評価 | 観終わった| 51が閲覧 ★★★★☆ 4.6 評価対象: 進撃の巨人 Season2(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 4.5  声優 : 4.5  音楽 : 4.5  キャラ : 4.5

面白かった❗

アニメから見始めた人は衝撃の展開にびっくりするかもしません。
一期と同様にグロテスクな展開が続きますが、
ストーリーは最高です。
続きがとても気になります。

 サンキュー(1)
2018.01.07 18:09 石川頼経の評価 | 観終わった| 112が閲覧 ★★★★☆ 4.3 評価対象: 進撃の巨人 Season2(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 4.0  声優 : 4.5  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

待ちに待った二期

楽しみに見させてもらいました。

一期で思ったんですが、
この作品はニコニコ動画で見ると面白いですよ。
まあ、アニメ鑑賞というよりお祭りっぽいですが。
原作は全て読んでいるのでストーリーはわかってますし、
そういう視聴者の多い作品だと思います。
なんせ大ヒット漫画が原作ですから。

追加
二期になって残念だったのはハンネスさんの声優が藤原さんの病気休養で変わってしまった事です。
やむおえない事ですが・・・

それと特筆すべき点は原作では一年ほど離脱状態だったサシャが離脱せず、エレン奪還作戦などに皆と参加している点です。
相変わらず、上官たちがアニの情報を求めたシリアスなシーンで「アニは甘いものが好きでした」トンチンカンな事を言って笑わせてくれます。

 サンキュー(24)
2018.01.03 23:26 gm560の評価 | 観終わった| 51が閲覧 ★★★★☆ 4.2 評価対象: 進撃の巨人 Season2(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 4.5  声優 : 4.0  音楽 : 3.5  キャラ : 4.5

2期も面白かった。もっと評価されるべき。

2期になって人気落ちた感があったけど、
普通にすごく面白かったので追っかけてみるべし。

 サンキュー(1)
2018.01.03 00:43 観終わった| 40が閲覧 ★★★★☆ 4.1 評価対象: 進撃の巨人 Season2(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.5

開示される情報、深まる物語

物語の都合で動かされているキャラクターが少ない。

キャラクターのバックボーンがありそれに基づいて
動くため物語に深みが出る。

物語にかかわらない無駄なセリフも多いのは
キャラクターなり発言であり、それが個性を与えている。

キャラクターの生い立ちや精神の限界。
戦場においての想いをこれでもかとうまく描き動かしている。

物語の主役が主人公だけではなく周りの人物、そして世界に
広がっていく感覚は素晴らしく間違いなく名作である事は疑えない。

ネタバレ
2018.01.03 00:32 須波の評価 | 観終わった| 35が閲覧 ★★★★☆ 4.2 評価対象: 進撃の巨人 Season2(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 4.5  声優 : 4.5  音楽 : 3.5  キャラ : 4.0

夕暮れの鳥

いい作品。

相変わらず面白い。
アニメという媒体との相性も抜群(原作絵があんまりうまくないことも含めて)

今回の二期での話は、起承転結の承にあたる部分だと思ってて、どうせなら2クールつかって転が見えてくるところまではやってほしかった。そこだけがこの二期の不満かな。

なぜなら、単純に物語としてひと段落つくところまで一気に駆け上がったほうが絶対盛り上がったから。また二期終わりから少し、「物語としては必要かもしれないけどぶっちゃけそんなに面白くない」話が続くから。

上記のひと段落つくところ以降は盛り返してきているのですが、そこまでが個人的にそんなに面白くないので、三期はアニメとしてどう描くのか気になります。

ただ原作を追っている身としては、この作品は話題になるだけの力を持った作品であるのは疑いようがないと思っているので楽しみです。

 サンキュー(3)
ネタバレ
2018.01.02 00:12 にしやまんの評価 | 観終わった| 33が閲覧 ★★★★☆ 4.0 評価対象: 進撃の巨人 Season2(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 4.5  声優 : 4.0  音楽 : 4.5  キャラ : 3.5

今までが良すぎた!?

せいなのかな。面白かったけど、ちょっと残念。
期待値が高かった分、残念。
展開が遅くなったことと、なんでもありになりすぎてない?巨人って時点で元々何でもアリはありだけど…

 サンキュー(1)
2018.01.01 15:55 観終わった| 28が閲覧 ★★★☆☆ 3.9 評価対象: 進撃の巨人 Season2(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 3.5  声優 : 4.0  音楽 : 3.5  キャラ : 4.5

キャラクターの人間性が好き

進撃の巨人の人が集まる感じ好きじゃなかったけど評価改め

戦闘より人間同士のエピソードの方が好きらしい
この友情や仲間感、嘘や本音、隠し事、続くか切れるかわからない人付き合いで、続くと幸せそうだ
と自分の殻を破るシーンも好き

この順調に物語が進まない感じ、唐突な展開にフィクションよりもリアリティーを感じる
総じてスッキリしない内容かも

ところで私は、家畜のように人のために動けとも、自らの意思で動けとも、世界の大いなる意思に言われてるような気がする、どっちなのかな

2017.12.31 00:07 ようすの評価 | 観終わった| 75が閲覧 ★★★★☆ 4.2 評価対象: 進撃の巨人 Season2(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 5.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

「人は戦ことをやめた時、初めて敗北する。戦い続ける限りは、まだ負けてない。」

進撃の巨人・2期。

1期の続きから物語は始まりますので、
まずは1期からご覧ください。

1期から時間が経っていたことと、
原作は読み続けているけど飽きてきているので(笑)、

私の中ではこの作品に対する熱が
1期視聴時と比べると、だいぶおさまっています。

だけど、
原作で読んだにも関わらず忘れていた話の復習になりました。

全12話です。


● ストーリー
人類が暮らすのは、
三重の壁の中。

一番外側の壁は破られ、
今は二重の壁の中で暮らしていた。

壁の外は、
人を捕食する“巨人”の住処である。

調査兵団に所属するエレン(♂)は、
己の意志で巨人になることができる、巨人化の力を持つ少年。

エレンと同期の104期生の中に
他にも巨人化の力を隠し持っている者がいると疑われていた。

そんな中、壁の中に巨人が現れた。
第二の壁も破れらてしまったのか…?


この作品のブームは去ったのかと思っていましたが、
3期の製作も決まっているし、

人気は続いていると思っていいのかしら?

しかし相変わらずこの世界の謎が深まるばかりで、
物語が進展しているように思えない…^^;

1期はあれほど盛り上がったのに、
2期はそれほど…。

謎だけ積み上がっていて、
ガガっと進展している感じがしないのよねー。

何も謎が解決していないのに
次から次へと新たな謎が。

というか、真実が明らかになった!ヒントをつかんだ!と思ったら、
それはまた新たな謎でしかないという。笑

謎の奥に新しい謎の扉しかないのです。

これらの展開にじれったさを感じましたが、
同時に、怒涛の展開だと感じられる仕掛けでもあると思いました。

こんなに息つく暇がないなんて、
自分が登場人物だったら、たまったもんじゃありませんw

原作を読んでこの先の真実を知っている分、
「こんなにたくさん伏線があったのか。」という驚きはたくさんありました。

最終回はキリのいいところで終わり、
よくまとまっていました。

3期も製作決定しているので(2018年予定)、
そちらで謎が解き明かされるのを楽しみにします♪


● 作画
演出や作画は、1期のクオリティを保つ、
もしくはそれ以上のものにしようという気合がすごく感じられました。

特に、大きな巨人を相手に空中で動き回る
立体機動装置(りったいきどうそうち)での動きが、すごい。

スピード感はもちろん、
カメラアングルもかっこいいのです…!

私のお気に入りシーンは、
ミカサの活躍と最終回のクリスタの動きです。

ミカサはさすが調査兵団のエース、
動き回るスピード感が爽快です。


● 音楽
【 OP「心臓を捧げよ!」/ Linked Horizon 】

1期OPの「紅蓮の弓矢」に似てるなーと思いました。

大きな変化がなかったので、
特別な感動はなかったです。

アニメーションはすごかったけど。
ミカサが立体機動装置で飛び回るところがスピード感あって好き♪

悪くはないけれど、
もっと新しい良さも感じたかったなー。


【 ED「夕暮れの鳥」/ 神聖かまってちゃん 】

この曲苦手です(´;ω;`)

たぶん、曲が苦手というよりも
アニメーションとのマッチングが苦手なのですけれど。

原作者の諌山先生が絵コンテを描いたという絵と、
この電波な曲のマッチングが不気味で…(´;ω;`)

だけど、歌詞の意味がわかると、
その印象は変わりました。

こんな世界だけど、希望はあると信じている。
そんな、切ない気持ちになる歌詞でした。


【 「Barricades」/ yosh, Gemie, mpi 】

挿入歌としてクレジットされていなかったので、
BGM扱いのようです。

サントラ(2期)にも収録されていました。

最終話で流れて、
「なんだこのかっこいい曲は!」と気になって調べたら、

たくさんの方が同じようにこの曲のことを調べていて、
すぐに見つかりました(笑)

「進撃の巨人」の世界観からはちょっと浮いている感じもありますが、
かっこいいからいいですw

さすが澤野弘之さん♪


● まとめ
今回はエレンの同期、
104期生の活躍が目立ちました。

どんなに絶望的な状況でもあきらめない
エレンの主人公らしさがよかった♪

このクオリティを維持するのは大変だと思いますが、
3期も期待したいと思います^^

 サンキュー(27)
ネタバレ
2017.12.24 19:31 やしゅの評価 | 観終わった| 33が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: 進撃の巨人 Season2(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

おもしろい

はやく続きが見たい

 サンキュー(3)
ネタバレ
2017.12.15 23:05 ういすけの評価 | 観終わった| 37が閲覧 ★★☆☆☆ 2.9 評価対象: 進撃の巨人 Season2(TVアニメ動画) 物語 : 2.0  作画 : 4.0  声優 : 3.0  音楽 : 2.5  キャラ : 3.0

どうしても一期と比べてしまう。。。

一期からの続き物だけど、

一期に比べたら、かなり見劣りしてしまう。
OPも、なんか気持ち悪いだけだし。

ストーリーも気持ちが悪い残虐シーンだらけだし。
バイオハザードやってるほうが楽しいって感じ。

一期のあの巨人が憎い~~っていう歯を食いしばるような
復讐に燃える熱い想いも、巨人に向けて発してなかったし、

一匹残らず駆逐してやるんじゃなかったの?

疑心暗鬼なミステリー的な部分も、一期に比べたら物足りない。

同期の絆なんてのも壊滅してしまったし、
仲間同士の熱い信頼関係も崩壊してしまったし、

そういうのが、一期で人気が沸騰した要因だと思うのだけども。。
「私達を信じて!」なんてとこのシーン、最高やったやん!

3期は、おそらく理屈っぽいの満載なクーデター編ですよね。。。
まあ、見ますけども。。

 サンキュー(2)
2017.11.30 03:47 Qooの評価 | 観終わった| 60が閲覧 ★★★★☆ 4.1 評価対象: 進撃の巨人 Season2(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 5.0  キャラ : 4.0

故郷組の目的は…?

・大迫力の立体起動装置によるアクションシーン
・予測不可能、奇想天外な物語展開
・巧妙に散りばめられた伏線と徐々に迫っていく巨人の謎
・澤野弘之の監修するシーンを盛り上げる最高のBGM
・絶妙なタイミングで次週へ 見事なクリフハンガー

どれをとっても一級品なアニメです。
ただ、1クール12話というのは少々物足りなかったです。
誰もが気になっていた故郷組の目的は?という謎も結局は明かされず、ただもやもやした感情だけが残りました。
積もりに積もった謎の答え合わせは来年のSeason3に期待するしかないですね。
張り巡らされた伏線も必ずや回収してくれるという信頼があるからこそ楽しみです。

{netabare}
個人的にお気に入りだったのは6話と8話と11話。
ライナーの例の衝撃的告白を、あんなサラッと会話の中に紛れ込ませた作者様には脱帽です。
8話はハンネスのこの台詞に尽きますね。
「やっぱり俺は役立たずの飲んだくれ兵士で十分だったよ。」
それまでの話りも回想シーン相まって説得力抜群でした。
あとはなんと言っても11話のエルヴィン団長。あれは痺れた。
あのシーンで一気にファンになってしまった方々も多いのではないでしょうか。
またBGMの使い方が絶妙で、各シーンを大いに盛り上げてくれました。

逆に残念だった部分は
ほぼ違和感なかったですが、7話での超大型巨人の3Dアニメ化。
10話での巨大樹の森の中を逃走するライナーとベルトルトの立体起動シーン。
舞空術かと思わせるほど滞空時間が長かったり、後ろを見ながら飛んでいたり。
もう少しコマ数を割いて動きをつけて欲しかったです。
また今シーズンは回想シーンが多かったと思います。
8話から10話は視聴者に情報を開示したり感情移入させるためのパートでしたが、物語の進展が少なくもやもやしました。
ダレないよう何か一つ工夫が欲しかった。
11話の盛り上がりがだからこそだと言われてしまえばその通りなのですがね。
{/netabare}

 サンキュー(7)
2017.11.28 20:28 〇ojimaの評価 | 観終わった| 195が閲覧 ★★★★☆ 4.3 評価対象: 進撃の巨人 Season2(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.5  キャラ : 4.5

Ⅱ期も毎回予想を裏切る(上回る)展開!3期までまた我慢だ。

最後まで観ました。
相変わらず毎回の区切りが上手かった。
後半は巨人の謎がわかり{netabare} はじめてきた!訳ではなく、また謎を加えてきました。
ベルトルトとライナーがあの巨人。そして戦士?
ユミルとクリスタとの出会い。60年土の中で眠っていた?
クリスタの本名はヒストリア?
そして、エレンの指示に従って巨人を襲う巨人
「座標がずれた」という意味{/netabare}
続きが観たいけれど、今回もがんばって我慢しますよー 2017/6/20


今期もⅠ期のような予想を裏切る(上回る)展開で毎回あっけにとられます
感想書いたらすぐネタバレになるほど内容が濃いです。
そして展開も早いです。

でも一番すごいと思うのはエンディングです。巨人が「なぜ生まれたか」のような映像ですが、「映像」と「音楽」両方合わせたところに絶望と悲壮感の中に希望を感じるところは凄いと感じます。
(申し訳ないですが「お気に入り曲」ではありませんけどね)2017.5.26

Ⅲ期は2018年8月放送。我慢しますよ。でも我慢できるかなぁ。

 サンキュー(49)
2017.11.25 13:19 祇園ゆきの評価 | 観終わった| 85が閲覧 ★★★☆☆ 3.4 評価対象: 進撃の巨人 Season2(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 4.0  声優 : 3.0  音楽 : 4.0  キャラ : 3.0

もし、生まれ変わることができたなら今度は自分のために生きたい

<<<諫山創先生によるマンガが原作のアニメ作品>>>全12話

第2期なので作品の簡単な紹介・ストーリーははぶきます。

今作品も前回に劣らない作画クオリティー。見ていて惚れ惚れしちゃうものでした。

☆見どころ☆
「残酷さと抗い」
だと思います。

第1期を見ておもしろい!続きが気になってる!って人にはオススメできる作品になっています。
これから見ようと思っている方は「見どころ」を意識して見ると面白くなるかと思いますよ!

第3期も決定しているので楽しみですね♪

↓↓以下ネタバレ含むレビュー
{netabare}
今回はクリスタを中心にストーリーが展開されぎみでしたが、そうした中でも上手く他キャラクターを視聴者に印象付けることが出来ているように思えました。
ただ、原作を読んでいない人には全く知らない情報の量が多い。

EDを担当したのは神聖かまってちゃん。
進撃の巨人の大きなテーマの1つである「絶望の中にある希望」と曲が上手くマッチしていて素晴らしい出来でした。
{/netabare}
↓↓以下公式HPイントロダクション&OP/ED
{netabare}
■公式HPイントロダクション

超大型巨人の出現により人類の
平和と幻想が破られたあの日から、
エレン・イェーガーの果てしない戦いの日々は続く……。
抵抗する術もなく巨人の餌となった母の最期を目の当たりにして、
この世から巨人を一匹残らず駆逐することを誓ったエレン。
しかし、過酷な戦いの中で彼自身が
巨人の姿に変貌してしまう――。
人類の自由を勝ち取るために巨人の力を振るうエレンは、
ウォール・シーナのストヘス区において「女型の巨人」と激突。
巨人同士の激しい戦闘は、辛くもエレンの勝利となった。
それでもエレンに、そして人類に、休息の時は訪れない。
次なる戦いは既に始まりを告げている。
ウォール・ローゼに迫り来る巨人の大群に、
人類はどう立ち向かう!?

■OP/ED
OP 「心臓を捧げよ!」Linked Horizon
ED 「夕暮れの鳥」神聖かまってちゃん
{/netabare}

 サンキュー(18)
ネタバレ
2017.11.24 01:30 ハヤブサの評価 | 観終わった| 72が閲覧 ★★★★☆ 4.2 評価対象: 進撃の巨人 Season2(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.5  声優 : 4.5  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

女神兼ボディーガード ミカサ

積み重ねをみてきたからこそ、2終盤のエレンとミカサの会話シーンに重みを感じます‥
絶望的な背景とエレンとミカサの画のミスマッチ‥エルフェンリートでみたグスタフ・クリムトの絵のような感覚に似た美しさを感じました。
強さ(身体的にも精神的にも)と危うさを持ち合わせたミカサの美しさにすごく惹かれます。
エレンの「俺が何度でもマフラー巻いてやる」という言葉には、ミカサの頑張りが報われた気がして、「エレンよく言ったぁ〜」って私も嬉しい気持ちになりました。
そんなわけでリヴァイと同じくらいミカサが推しキャラになりました。エレンがもう少しミカサのこと向いてあげますように‥
ストーリーもおもしろくなってきたところで幕が閉じました。待ちきれネーデス。

 サンキュー(17)
2017.11.20 02:41 華神先生の評価 | 観終わった| 28が閲覧 ★★★★★ 5.0 評価対象: 進撃の巨人 Season2(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

安定のクオリティー

徐々に暴かれる巨人の正体。
この作品は間違いなく名作。
最初の頃は人間vs巨人の構造だったけど、
2期以降から人間vs人間の戦いになってきた。
巨人と言う兵器をめぐる人間同士の思惑や葛藤、駆け引きが面白い。

 サンキュー(2)
ネタバレ
2017.11.14 11:16 三笠の評価 | 観終わった| 42が閲覧 ★★★★★ 5.0 評価対象: 進撃の巨人 Season2(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

4年という無駄のない空白期間

1期から期間が空き過ぎただけで、ハイクオリティに違いはない。寧ろ空けたことで1期よりもクオリティに磨きが掛かっている。

キャラの輪郭線の強弱の付け方が自然になったことに始まり、カメラワークの演出にも磨きが掛かり、獣の巨人が馬を握り潰してぶん投げるシーンや、ライナー独白の裏切り発覚によるエレン咆哮からの巨人化、及び攻撃シーン、下から抉るようなエルヴィンの腕を食われながらの仲間を強烈に先導するシーンなど…。挙げれば切りがないですが、とにかくアングルとコマ運びの拘りがいちいち凄かった。
それはもちろん作画自体のクオリティが高いからこそ生かせる演出だし、特にクリスタやユミルのエフェクトの掛かったメイクアップは本当に美しかった。
このメイクアップ演出は4年の空白期間の内に製作された「カバネリ」で導入され、荒木監督が松本幸子さんにメイクアップアニメーターという役職を与えられて始まったらしいのだけど、この経緯がなければ今回メイクアップ演出には繋がっていなかったかもしれないし、使っていたからこそ、そのクオリティが以前よりも遥かに増していたことは言うまでもない。

4年という期間は長すぎてかつての円盤購入者はとっくに離れ、売り上げも格段に落ちて「右肩」なんて揶揄されてしまったけど、この4年の経験はメイクアップだけに限らず、全ての技術に生かされていたことを自分は実感した。4年も経つ間に他のアニメ作品をさんざん見て、いざ久しぶりに進撃を見ると「やっぱすげえ」ってなるのは、元々他の追随を許さない程にこの会社のレベルが高いのもあるけど、進撃チームのレベルが4年前より底上げされているからなのは確かだから。

1期のようなリヴァイ班の班員を女型に殺され、一人づつ目に焼き付けて看取っていたリヴァイがオリジナルで死者を愚弄した挙げ句、女々しく死んだ隊員の自由の翼のタグを切り取って持ち帰らせるみたいな酷い改悪もなく、あくまで原作補完に留めていたのも改善点としては大きかった。
ただあえて難を言えば、超大型巨人がCGになっていたのが自分的には残念でした。CGが残念って意味じゃなく、1期との作画の差異に最初はやはり馴染めなかったという意味で。
両腕で交互にパンチシーンや、落下シーンを見た時のインパクトのデカさに呆気に取られた後にはきっと3期はこのCGをさらにハイスペックで活用するんだろうなという、もう期待しかないですが。

これ程の圧倒的レベルの、外国人も認める映画並みのクオリティでアニメ化して貰える作者さんはご自身が言ってはいるけど、本当に恵まれているなぁと思います。もちろんそれだけの作品ではあるし、そのレベルで観れるこっちは寧ろ有難いんですけどね。

 サンキュー(2)
2017.11.08 19:55 さきの評価 | 観終わった| 36が閲覧 ★★★★☆ 4.8 評価対象: 進撃の巨人 Season2(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 4.5  キャラ : 5.0

待望の二期!

一話一話、丁寧に中身の詰まった濃い作品になっていて、毎週待ち遠しくて仕方なかったです。
続きが、展開が予想できなくてハラハラさせてくれます。
スローモーションや、いきなり出てくる恐ろしい巨人の見せ方が上手いなと思いました。
神アニメです。残酷な内容ですが本当に深くて面白い作品です。

 サンキュー(3)

進撃の巨人 Season2のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
進撃の巨人 Season2のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

レビューを条件で絞り込む
ネタバレ状況
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
キーワード
表示形式
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。