「ディバインゲート(TVアニメ動画)」

総合得点
55.4
感想・評価
225
棚に入れた
1053
ランキング
6021
★★★☆☆ 2.9 (225)
物語
2.5
作画
3.1
声優
3.3
音楽
3.0
キャラ
2.8
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

ディバインゲートの感想・評価はどうでしたか?

さとう さんの感想・評価

★★☆☆☆ 2.0
物語 : 1.5 作画 : 2.0 声優 : 3.5 音楽 : 2.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

オープニングが本編

オープニングは作画も音楽も良い。
本編は作画もBGMもいまいち。

投稿 : 2020/08/10
閲覧 : 33
サンキュー:

2

ネタバレ

アニメファン さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.4
物語 : 1.0 作画 : 2.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 1.0 状態:観終わった

頑張ってみたという謎の達成感は味わえました

謎ポエムが終始意味わからなくて困惑しました。
この話に出てくる登場人物がかなり多く、そのために知らないキャラが勝手に死んで勝手に悲しい展開になってるというわけのわからない状況があります。
正直このアニメをアニメを見るだけで理解するのは無理です。まあ原作ファンでも理解できないという声が上がってるみたいですけど。
代表的なところを言いますとドロシーという女の子とオズというキャラクターの関係が一切見えてきません。そこを掘り下げない限り彼女たちに共感するのは無理でしょう。
更になぜディバインゲートを通ると評議会という所が機能しなくなるのでしょうか。私には一切理解できませんでした。願いをかなえてこの戦闘を全てなかったことにすれば問題なく機能するのではないでしょうか?というかあれのためにたくさんの人々を犠牲(不思議な力aに守られて生きていたいという謎展開には唖然としましたが)にした意味とは?まあ理解するだけ無駄なところがあまりにも多すぎるんですよね。高橋ナツコアニメをちゃんと見たかったので見ただけですがこんなストーリー構成に需要があるのが正直意味不明です。百合系の脚本だけ書いてればいいのでは?
まあこれを見ると高橋ナツコとソシャゲ原作の両方を一切受け付けなくなりますがそれ以外は問題ないと思います。音楽と声優さんは問題ありませんし。

投稿 : 2020/05/01
閲覧 : 71
サンキュー:

2

ネタバレ

アハウ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

うーん

進んでいるようないないような世界。
ディバインゲート?
ディバインゲートは願いが叶う?
ドライバ?
ドライバがないと人間は異界の大きな力に対抗できない。
少年H?
アオトの弟。

ファブみたいな「めたぼん」

意識と無意識の割合

ブックレートを見ながらですがやはり説明不足です。

アーサーがちらちら出るので重要な役らしい。

声優陣が豪華です。

アオトがアカデミーに入る2話まで鑑賞。

特典
一木千洋さん司会のイベント映像
トレフルはとっくに解散していますが、声優ユニットは
人気声優がいないと厳しいのでは。

投稿 : 2020/04/04
閲覧 : 52
サンキュー:

4

徳寿丸 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 2.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ゲームとしてはそれなりに人気あったのかな?

ゲーム未プレイ(2018配信終了)2020.3
配信から5年位やってるんですね。この手で5年って中々なんじゃないでしょうか?(ようわからんけど)。サービスから3年?位でアニメ化して更にユーザー獲得ってなったのかはわかりませんが・・・。
この手のゲームらしく、人間、亜人、精霊、神、人界、神界、冥界、科学、魔法あらゆるファンタジー要素が詰め込まれています。
アニメ的には主要な3人の少年少女を軸にそれぞれの過去や精神的頸木を緒方恵美さんのナレーションで切々と語り、釘宮幻影少年が結局どうしたいの?とくどい位問いかけ、かっこかわいいキャラがほとんど出番ないのに豪華声優陣にも関わらずあっさりやられてしまい、王様気取り威風堂々の中村悠一さんが引きこもり、ようやくたどり着いた少年少女はゲート手前でひよって帰るという実に絢爛舞踏祭な感じがシュールで美しいです(嘘)。


私のツボ:OPとドロシーの極太三つ編みが好き

投稿 : 2020/03/24
閲覧 : 80
サンキュー:

3

順順 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7
物語 : 1.5 作画 : 2.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

中学生が好きそうな内容

声優陣が豪華で金を使いすぎた為か、作画が崩壊してる。何故か、数度だけ戦闘シーンでCGを用いてしまった。展開が急で置いてけぼりにされ最終回。特に見たいと思えない内容の割に、ラストで2期への伏線を張る。

投稿 : 2019/03/25
閲覧 : 227
サンキュー:

3

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

ベタ塗り的な色が濃い感じの絵だった

断念した

投稿 : 2018/07/07
閲覧 : 83

あコ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 1.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

声優と作画の無駄遣い

遊佐浩二目当てで視聴。
遊佐さん含め、声優陣の演技がすばらしいです。

ストーリーは全く頭に入ってきません。
でも作画は綺麗です。

声優が豪華で作画が綺麗なアニメ、それだけです。

もったいない。

投稿 : 2017/03/08
閲覧 : 266
サンキュー:

1

Keiner さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9
物語 : 1.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 2.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

タイトルなし

ディバゲらしい雰囲気は出せているのかもしれません。ただ、原作を知らないと、ほとんど何が何だか分からない。

知らない人たちが繰り広げる何が何だか分からない物語の中で、唐突に紡がれるポエムをどう処理するかという問題は、視聴者にとっての難問でしょう。

私は、最初は痛ポエムにドン引きしましたが、何とか心を開こうと努力し、次第に「逆にかっこいい」と思えるように自己暗示をかけることに成功しました。しかし、残念なことに後半になると、せっかく好きになったポエムが出てこなくなり、ただ意味の分からないストーリーだけが残されます。

我ながらよく最後まで視聴したなと思う、そんな作品でした。
修行だと思うと、確かにちょっと達成感はありました。

投稿 : 2017/02/21
閲覧 : 164
サンキュー:

1

ネタバレ

pister さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.6
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

何を得たのか

キャラ多いけど、円卓の騎士と北欧神は「そういうグループ」でひと括りで覚える程度でいいのでそんな大変ではないかも。
また主要キャラの心情がコロコロ変わるので把握するのが大変だけど、追いつけないほどではない。
ただ、それに振り回される周囲のキャラが不憫で不憫で…。
{netabare}ゲートへ向かうのを阻止しようとした北欧の神達、最後にはグレゴリ型に追い払われちゃうのだけど、
結局その後人間のギンジに説得されて「あー、やっぱゲート行くの辞めるわ」って…。
居丈高な神様に一泡吹かせてカタルシスを得るシーンなのかも知れないけど、これではどうにもスッキリしない。
ってかどうせゲート行くのを辞めるなら対話でどうにかできたんじゃ?第5話でやったことは何だったんだ?という疑問ががが。

更に不憫なのがオズ。
ゲート向かうのを阻止するために北欧の神様呼びました、武器もオマケでどうぞ→神様殺戮しまくり
→オズ「こんなハズでは…」→更に神様はオズのお気に入りのドロシーを惨殺→オズ「もうガマンできないどーん」で魔力解放で神様の武器没収
→代償で老人に
この流れの後に上で書いた通り、当のゲートへ向かった連中は神様でもなんでもない人間の説得でゲート通過を取りやめ。
う~ん、悪意を持って対峙したわけではない者が酷い目に合うというのはちょっとどうなんだろ?
北欧の神さんもただ任務こなしただけだし(態度がデカいというのはあるけど)。

一方で悪意を持って邪魔してた連中は健在なまま。
ロキ然りアオト弟然り。
これじゃあアニメとしてはストレスが溜まるばかりで、いいのかこれで?と思ったけど、どうやらこの作品はゲームを原作にしてるらしく、
ロキやアオト弟をぶん殴るのを目的としたゲームであるなら宣伝としては成功…なのか?
というか主要3キャラは本編中殆ど「敵」を倒してない(1回通しで見ただけなので見落としはあるかも)
せいぜい1話でアオトが暴漢を斬ったのと4話でロボ倒した程度か。
敵を倒すのが目的ではないとはいえ基本逃げ回ってばっかりで、ここら辺もスッキリしない原因かと。

とにかく、最終目的だったハズのゲート通過がオジャンになったので、じゃあ何を得たのかといえば3キャラの成長ってことになるのだろうけど、
それにしては代償がデカすぎて釈然としない。
それ以前に物語が完結していない、もし二期があるのならもうちょい敵をぶっ倒すシーンを入れて欲しいところ、ドライバ設定死んどるでよ。{/netabare}

投稿 : 2016/11/27
閲覧 : 173
サンキュー:

2

kochan さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 2.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトルなし

出だしは悪くないと思ってたが、残念なアニメでした。
ストーリーが練られていない。
シェークスピアのあたりは、ほんとひどい

投稿 : 2016/11/25
閲覧 : 125
サンキュー:

1

ネタバレ

anime さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.6
物語 : 1.5 作画 : 2.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

全部観てしまった・・残念

いろいろな設定や要素をあちこちから集めて切って貼って作ったような印象。最後もきちんと終われていないし、物語としてなかなか評価しづらい作品。迷信だと思われていたディバイン・ゲートへの道が出現し、行く手を阻む神々と闘いながら門へと向かう・・・という大枠自体は決して悪くないように思えるんだけどね。

スマホゲームのプロモーションが主目的なのはわかるけど、あと少し知恵とお金を絞り出してちゃんとした原作にしてアニメ作品としての評価を高めればその効果は何十倍にもなったんじゃなかろうか。

投稿 : 2016/09/10
閲覧 : 150
サンキュー:

2

D.D さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 2.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 2.0 状態:観終わった

なんか出来上がってたお話を途中で作り変えたみたいな感じ?

風呂敷を広げたのはいいけど纏めることもできず着地点も見失った感じ?

話はふらふらしてるしOPからするとメインぽい別チームの3人はほぼ出てこないし最後まで視聴したら途中で目的を見失った様にしか感じられない

元のソーシャルゲームのことは知らないので何とも言えませんが、超個人的な視聴後の感想としては「なんじゃこりゃぁああああ」って感じかな?


原作のソーシャルゲームをプレイされていて、この作品に非常に興味を持たれた方以外には特に視聴をおすすめするような作品ではないかな

投稿 : 2016/08/21
閲覧 : 114
サンキュー:

3

ネタバレ

Kaya さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

タイトルなし

4話で断念

投稿 : 2016/07/24
閲覧 : 137
サンキュー:

1

scandalsho さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.2
物語 : 1.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 2.0 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

酷評はあまり書きたくないものです・・・。

本作の魅力は、声優陣が豪華なことだけ。

とにかく暗い物語。
登場人物が多すぎ。しかも全員の生い立ちが暗い。

最後まで視聴することを信条とする私ですが、この作品だけは無理でした。
せめて、物語かキャラのどちらかにだけでも魅力を持たせて欲しかった。

投稿 : 2016/06/24
閲覧 : 282
サンキュー:

13

にゃしゅまろ さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

一気見しました∩^ω^∩

櫻井さん、鳥さん、遊佐さん、吉野さん、ゆーきゃん、カッキー、石田彰さん、くぎゅ…
好きな声優さんだらけ∩^ω^∩

黒子、弱ペダ、並に1話があっと言う間でした(^ω^)
二期あるよね?!続きが気になります!!!

投稿 : 2016/06/18
閲覧 : 153
サンキュー:

0

ネタバレ

どらむろ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 2.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

謎ポエムでやたら難解で鬱。心理群像劇としては「M3〜ソノ黒キ鋼〜」の方が面白いです(酷評)

ゲーム原作のファンタジーバトル&心理群像劇です。
無暗に抽象的なポエムナレーション、分かり辛い世界観、欝々とした心理劇…
2016年冬アニメで一番面白く無かったです。
※似たコンセプトの鬱心理劇ならば「M3〜ソノ黒キ鋼〜」の方が数段マシ。
…もしディバインゲートで琴線に触れた方ならば、M3をオススメしたい。

どうやら2期あるっぽいので、注目はしてます。

{netabare}『物語』
結構良く練られた世界観っぽく、舞台設定には惹かれるモノあり。
人間界に、別の世界(神様とか)も混ざって干渉してくる…
「Z/X IGNITION(ゼクス・イグニッション)」や「ラクエンロジック」等のカードゲーム原作に多い印象なので、細部は分からずとも(まあ、この手のテンプレなのかな?)と。

ジャンルは異能バトルしつつ、主要3人の少年少女他の過去トラウマを軸にした、陰鬱心理群像劇。
「M3〜ソノ黒キ鋼〜」を彷彿としますが、М3よりも更にイマイチです。
群像劇としてはキャラ間の繋がりが弱いのと、キャラ多過ぎて印象散っている、更には妙に意味深な中二病ポエムで徒に難解にする作風もマイナス。
主要3人のドラマ自体は(陰鬱ながら)悪くはない気はします。
特にミドリとヤンデレ親友の話は中々。
※それでも「キズナイーバー」の方が更に良いけれど。

5話の迫害される民族のエピソードが一番良かったです。鬱だけど、ここら辺もっと観たかった。

異能バトル面では、中二ポエムや鬱回想の合間に漠然と戦っている印象。
各々何が得意な異能なのか、判然としないのもいただけない。

中盤以降、アーサーの野望や神々の思惑など話が複雑に。神側の裏事情もいまいち分からない。
過去回想でバックボーンは描かれるものの、上記の理由で話が頭に入ってこない。
本作のカギとなる「ディバインゲート」の存在も、散々意味深に煽るばかりで難解。
…なんとなく「各々の欲望や願望、夢」がテーマなのかな?
という事は漠然と分かるのですが、アーサーの同志たちはともかく、主役3人が命かけて協力する理由が難解。
何となく漠然と死闘して、漠然と散っていくモブたち…。

ラストも良く分からない。結局ディバインゲートって何よ?
…まあ、続編あるらしいので、あまり期待しないで待とうかな。
総じて「話の本筋が難解(しかも無駄に難解に見せる作風)」
M3だって話の本筋自体はシンプルなのを見るに、設定を無駄に難解に見せているのが悪い。
…物語評価は1.5か迷うところ。主要3人のドラマに一定の見所あるのと、破綻はしてない点を評価。


『作画』
キャラデザや背景は中々綺麗。
バトルは漫然と戦っていて盛り上がらず。

『声優』
伊藤かな恵さん目当てで観てました。全般に男女ともに声優陣は優秀。
ミドリのヤンデレ親友の悠木碧さんも名演技。
石田彰さんはいかにも石田さん。
…МVPは緒方恵美さんのポエムでしょう。まさに絶品なんですが…緒方さんの無駄遣い。

『音楽』
悪くは無かったような(記憶曖昧)

『キャラ』
主要3人はまずまず。
ミドリは優しい良い子で好感持てる(伊藤かな恵さんだし)。
アーサーが実質的に主人公に見えた。根は甘い覇道の王という印象。
アーサーの部下たちの生き様は中々。でも殆どモブ…
石田もといオズは腹黒っぽかったり結構善人だったり、見ていて面白かったけれど、小物感が。{/netabare}

投稿 : 2016/06/09
閲覧 : 190
サンキュー:

27

ネタバレ

がぁべら♪ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 2.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ファンタジーアニメ

開かれた聖なる入口『ディバインゲート』。この影響で、3つの世界が1つに統合された。
世界の交わりを止める為…或いは探し物を見つける為…。 6人の少年少女はそれぞれの思いを胸にそれぞれの理由でディバインゲートを目指す。
また同じ頃、統合世界を正常化する為に発足された『世界評議会』に所属する特務機関『ナイツ・オブ・ラウンド』とその長である聖王アーサーも、聖なる入口を目指すべく行動を開始するというところから物語は始まる。
---------------------------------------------------------

絵は見やすいと思います。
キャラは綺麗だけど、パッとしません。
ストーリーも思ったほど面白くなかったなぁ・・・。
全体的に鬱展開な感じで、見てて暗い気持ちになりました。

投稿 : 2016/05/25
閲覧 : 109
サンキュー:

4

umecha さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 2.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

えっーーーーーー!?

すっごい中途半端な終り方でビックリしました。
豪華な声優陣しか売りが無いアニメかと。

投稿 : 2016/04/18
閲覧 : 170
サンキュー:

3

Ka-ZZ(★) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

少年と少女は歩き続ける・・・全ての願いが叶うディバインゲートのその先を目指して・・・

この作品の原作ゲームは未プレイです。レビューを書くためにwikiをチラ見して初めて原作がゲームだと知ったのですが、ゲームにするのは少々難しい内容の様に思いました。
ディバインゲートに向かって進んでいく・・・という点については、目標があるので分かり易いと思いますが、様々なキャラが色んな形で絡んでいくんですよね・・・ゲームではきっとアニメ化されていない物語も用意されているので、ゲームをプレイすれば全容が分かるかもですが、正直ゲームのイメージが沸かなかった・・・が本音です。

でも、キャラデザはどちらかというと好みな方・・・特にショートカットの女の子がストライクっぽい・・・
後にこの女の子を伊藤かな恵さんが演じると知り視聴を決定した作品です。

この物語では、ディバインゲートと呼ばれる門が大きな鍵になっています。
何でもこの門の先に辿り着くと何でも願いが叶うとか・・・
「大金持ちになりたい・・・」
「異性からモテたい・・・」
「世界を平和にしたい・・・」
人間の欲求は底無しなので、きっと叶えたい願いは次々に出てくると思います^^

アカネ(CV:柿原徹也さん):炎の属性持ちでイフリート(CV:小清水亜美さん)が守護。
ミドリ(CV:伊藤かな恵さん):風の属性持ちでシルフ(CV:あすみん)が守護。
アオト(CV:斉藤壮馬さん):水の属性持ちでウンディーネ(CV:渕上舞さん)が守護。

この3人の主人公はディバインゲートを目指して進んでいきます。
目指す彼らの動機は私が先述した願いなんかよりもっと純粋でしたけれど・・・
そしてゲートを目指すのは3人だけではありません・・・
アーサーを名乗る男もまたゲートを目指す事を決め・・・物語が動いていきます。

完走して振り返ってみると・・・少し難しい作品だった様に思います。
まず、1クールなのに登場人物が多すぎて名前がさっぱり覚えられませんでした^^;
名前もですが、皆さんが所属している組織・・・それぞれの関係も残念ながら^^;
主人公と守護精霊までは全く問題ありません。
伊藤さんやあすみんの演技が目一杯堪能できたと思います^^

でもここに特務機関ナイツ・オブ・ラウンドや世界評議会の面々が出てくる上、物語の展開上、場面と時系列があちこち飛ぶんですよね・・・^^;
こうなってくるともう駄目です・・・途端に訳が分からなくなってしまいました^^;

たくさんの登場人物を否定している訳ではありません。
皆さん入り乱れてのバトルシーンなんかは作画の大変さは伝わってきますし、釘宮さん、悠木さん、水瀬さんといった声優さんも大活躍してくれるので、今目の前で起こっている事の見応えは十分なんです。

登場するキャラに焦点が当たると記憶にも残りますが、それが無かったキャラの印象はどうしても薄くなってしまいます。
やっぱり1クールでは尺が短すぎたのかもしれません・・・^^;
こういう世界観の作品・・・嫌いじゃないだけに少し残念です。
でも、このレビューで名前を挙げた声優さんの演じたキャラは魅力的だったと思います。
悠木さんの演技とか・・・もう流石といしか言い様がありません^^
キャラに生命を吹き込む声優さん・・・その大切さを再認識しました。

オープニングテーマは、ヒトリエさんの「ワンミーツハー」
エンディングテーマは、vistlipさんの「CONTRAST」
オープニングを歌っているのは男性ですが、女性の視点で書かれた歌詞の歌で、もう格好良過ぎです^^
初めて聴いた時にビビっときて気に入ったので覚えてカラオケでチャレンジしてみましたが・・・キーも高いし歌うのが物凄く難しく玉砕してしまいました^^;
こういう曲がサラッと歌えるようになりたいのに・・・まだまだ修行が足りないようです^^;

1クール12話の作品でした。物語としては難解な部分もありましたが、ラストは綺麗に纏まっていたと思います。あまりにも綺麗に纏まっていたので、販促が目的・・・という印象はあまり受けなかったように思います。
もう少し尺が取れていれば、間違いなく評価の変わる作品だと思いました。

投稿 : 2016/04/16
閲覧 : 197
サンキュー:

14

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

タイトルなし

公式の紹介
www.marv.jp/special/divinegate/

ゲームが原作で声優さんが豪華だって。。


1話目
{netabare}
あらすじ
www.marv.jp/special/divinegate/story.html

いろいろ設定がよく分からないし
アオトも暗いだけでよく分からないし
「そうだけどそうじゃない。。」みたいなこと何回もくり返して
中二っぽくしてわざと難しくしようってしてるみたいで
気もちがよく伝わってこなかった。。


あとで
アオトが親からから兄弟と差別されてきたって分かってきたけど
そうゆうおはなしって{netabare}「落第騎士の英雄譚」{/netabare}とかよくあるし
それとくらべたら
こっちは主人公がうじうじしてるだけで見たくなくなっちゃう。。


出てくる人も多いみたいだから(公式)おはなしも薄くなってきそうだし
バトルになりそう。。

いろいろ分からないとかろとかあってちょっと気になったけど
こんな感じのおはなしってにゃんはにがてそう。。
ほかにも見るアニメがいっぱいあるしにゃんはここでやめちゃうけど
みんなのレビュー読んでておもしろくなりそうだったら続きを見てみるね☆

好きな人ごめんなさい(*_ _)人 
{/netabare}



終わったみたいだからみんなのレビュー読んでみたけど
途中でやめちゃった人が多かった


とちゅうでやめないで見た人もほとんどの人があんまりよくないって。。

おはなしはサクサク進むけど
暗いしさいごまで何だかよく分からないし
主役っぽい人が多過ぎて気持ちが伝わってこない。。みたいな感じで
バトルもあんまり。。って


ただ
作画はわるくなくって声優さんが豪華だったのはよかったみたい


終わってから2週間くらいたっても
あにこれのランキングで4000代だから
きっとゲームをやってる人以外は見なくってもいいおはなしだって思う

投稿 : 2016/04/10
閲覧 : 298
サンキュー:

29

ネタバレ

ダレイオス さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9
物語 : 1.5 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 2.0 状態:観終わった

名前ありのキャラ30人以上はいくらなんでも多すぎる。

いきなり冒頭で能力者のおっさんがおそらくは作品の中二設定を言いながら
能力で一般市民を殺そうとしているシーンから始まるのですが
いきなり中二設定を聞かされても
いきなりすぎてついていけないし、テロ行為とも言えるシーンも
雑に見せられても面白くないですね。
言っていることも、ただ単に危ない人だし、開始早々の感想は面白くはないかな
本来なら冒頭は上手く世界観を説明出来ていないといけないと思うのに
それが出来ていないので、単なる面白くないシーンしかなっていなく
作り手は世界観の描写が下手だなと思わせる出だしですね。

世界観に関しては
天界から来た先生がいるとか、冒頭のおっさんの説明で
神様の世界と現代の世界で行き来出来る
世界観なのは説明よりかろうじて意味だけはわかり
説明によれば3つの世界が融合された世界のようで
さらに魔界のような世界もありで
色々な種族や貧富の問題がある世界のようなのはわかるけど
説明以外では描写的にはまったくわからないかな
例えば天界から来た人は、その辺の人と姿や服装は変わらないし
どうなっているのかわからない。
どこが魔界的なのか天界的なのはサッパリなのは困る。

主人公側は体制側の世界評議会の治安維持部隊に所属していて
その理由が能力者だからであり、そのせいで体制側の管理下にあるそうですね。
その舞台でアオトという親殺した疑惑のある少年が
その治安維持部隊にスカウトされる所から始まるストーリーで
設定はよく聞いていれば最低限はわかるので、ストーリーには付いていけましたが
そういった能力ものではお約束の最初から
無駄にキャラが多くさらにキャラの配置がよくわからないまま進むので
どのようなことしているキャラかわからないのでキャラに感情移入はしずらいし
名前ありのキャラはHPのキャラ紹介だけでも30人以上と
原作ゲームの都合上そうなっているのでしょうけど
1クールものなら歴代最多人数クラスと
これは素人が考えても、この人数は無理ぽいと思います。

ただ序盤は主人公格だと思うメインキャラは3人いましたが
その3人は過去の話やトラウマを掘り下げているので
そんなには悪くないと思います。
そんな過去があったのかと、心理描写は意外に丁寧だったです。
過去の掘り下げがあるので現在の3人の性格について
そうなってしまったのもわかるし
過去を掘り下げながら、キャラクター描写もそれなりやっていましたね。
アカネが治安維持ロボットが暴走した時にビビって息子を助けれなかった父親に対して
怒りを感じていたとかもアカネの過去を見れば気持ちもわかるキャラクター描写なので
そういった部分は良かったと思います。
ビビったことも説得力のある描写があるので、その辺も良かった。
ミドリの子供のころの友達の話もわりと丁寧に掘り下げてました。

ディバインゲートを目指す目的があるのだけど
それはディバインゲートに行けば、神になれるや王になれるや願い事が何でもかなうとか
凄いことが出来る場所そうなのは、それはそれでいいし
目指している理由もミドリ、アオト、アカネは
それなりに過去の回想や掘り下げで語られているので
確かに過去の辛い出来事を帳消しにしようとか
目指す動機はわかりました。
世界観はおぼろげなのだけど、目的がハッキリしていて
それを目指して準備をしている序盤は面白いかどうかはさておき
そのストーリー自体の意味はわかるのですが
ディバインゲート自体に関してはいくらなんでも謎すぎるので
そんなわけのわからないものに、そこまで強い思いや過去の回想やられても
やっぱり、よくわからないや・・・になりました。
ディバインゲートが得体のしれないものでしかないので
目的がふわふわしているのは痛い。

さらにミドリ、アオト、アカネの3人以外のメンバーは
いきなり郊外演習で加入されたり、いきなり出てきたり
丁寧ではないので感情移入しずらいな
ストーリーが進んでも大部分のキャラの配置がハッキリしないのも
困りものでした。
アーサーって人は世界評議会の偉い人なのはわかるけど
神様になりたい理由だけでディバインゲートを目指す
ただそれだけなので反応に困りますね。
ミドリ、アオト、アカネ以外の
キャラの扱いはかなり下手でこれではストーリーは楽しめない。

そして、いざディバインゲートを
目指すことになったら、いつの間にか主人公側が大人数になっていて
ビックリですね。誰が誰だがサッパリなのでやはり感情移入しずらい
しかも大人数なので扱いは全員酷かったかな
酷い展開を雑に見せられても面白くはありませんでした。
戦っている相手も神様なのはわかるけど
神様みたいな人は上でも書きましたけど人間と姿や格好も変わらないし
神様って言われてもピンとこないし
しかも基本的にキャラの掘り下げは皆無なキャラが多いので
画面に映っているキャラが
敵も味方の区別が出来ない・・・の状態なのでどうしようもないかな
おまけに見た目だけでなく考え方そのものが敵なのか味方なのか、どっちなんだか
わけのわからないキャラもいるし・・・
HPのキャラ紹介には、「協力しているような、そうでないような・・・」
と書いてあるキャラもいるので意図的かもしれないけど
だからといって、それを上手く見せているかと言われれば否ですね。
ミドリ、アオト、アカネ以外のキャラ&ストーリー展開はどうしようもなかった。

後半はミドリ、アオト、アカネの前半掘り下げた話をまとめにきていたので
意味はわかるし単独シナリオそのもの本質はそんなに悪くはなかったし
トラウマ解消物語なのはわかるのですが
何故か占めは雑で後味の悪い終わり方で、個人的には不満でした。
これが丁寧なら後味が悪くでも衝撃な部分で惹かれる部分があったかもしれないけど
そうでないので苦しかった。
ミドリ、アオト、アカネの3人のシナリオを1話でまとめてなので無理がありました。

最後も個人的には予想通りの結論だけど
これで良かったのかな?が感想ですね。視聴者的には納得出来ない人もいるとは思います。
さらに色々雑な展開で結論以外はよくわからないになってましたね。
その辺の見せた方は相変わらず下手なので
3人のトラウマ解消物語以外はサッパリだったです。

作画についてはキャラの作画は安定はしていましたが
キャラデザインは似たキャラが多いので
各キャラの違いを認識するのに手間取ったかな
作画はよく動いているシーンもありましたが
演出が良いかとなると、かなり迷いますね。
終始暗い作画なので、あまり良い演出には見えなかった。

声優さんについては演技力はかなり高かったと思います。
普通に喋っているシーンでもしっかりとした演技で
場面場面での演技力は光りました。
トラウマ解消物語でシリアスなので感情がこもってないと
イマイチになってしまうけど、かなり気持のこもった演技で
聞いていて凄くいいなと思いました。
個人的にはバッチリでした。

ディバインゲートを目指す物語でミドリ、アオト、アカネのトラウマ解消物語なのは
わかりましたがそれ以外はサッパリでした。
世界観の描写が下手なのから始まり
多すぎるキャラや全体的なキャラの配置の仕方や扱いが色々下手なので、その辺を何とかしてくれないと
楽しめるストーリーにはなっていなかったと思います。
さらに単にディバインゲートを目指すと目標だけをあげているようにしか見えなかったのは痛い。
これではアニメの評価の点数は何点付ければいいのか難しいな・・・
無理やり付けますけど

投稿 : 2016/04/10
閲覧 : 144
サンキュー:

6

キリカ さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 2.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

最後で台無し

途中まではすごく好きででしたが最後二期フラグのような終わり方。でも、二期はないwすごく残念な終わり方でした。でも、最後以外は物語、声優、キャラといい魅力のある作品だったと思います。

投稿 : 2016/04/09
閲覧 : 138
サンキュー:

2

ネタバレ

あさがお さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトルなし

影がまっくろで全体的に暗い印象

お話しも暗い
暗い過去を抱える子供たちが主人公

やたら登場人物が多くて、誰が誰やら
神が何人もいるんだけど、服装が一般市民と大差なかったから、
あまり強そうにも見えず
そしたら特殊な武器がないと怖くはないらしい

投稿 : 2016/04/08
閲覧 : 101
サンキュー:

3

ネタバレ

カボチャはんたー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

全てはディバインゲートの先に

SNSゲー原作だと思って軽視してたら結構面白くてはまってます(笑)

1話{netabare}
いきなり深刻な雰囲気で始まるのな…
みんなそれぞれ抱えてるものがあるのな…
雨と近代的都市って好きよヽ(・∀・)ノ合うよね
始まりの舞台でもあるし、終わりの舞台でもある感じがする。

電車内人をかき分ける男が放火?
ディバインゲートの説明放火魔あざすw
結構簡単に人を殺すのねwww子供のなのに達観してるな~
ディバインゲートの作り出す空間すげーな☆

ドライバーってのを使わないと力を扱えないのかな?
ディバインゲートは幻想みたいなものなのね
メタボンwwwwwwwww
アカネ真っ直ぐだね~(`・ω・´)the主人公って感じだね(笑)

なんなの?この騎士団みたいな集団?管理委員会的な?
幼女からおっさんまでいるのな…これがアカデミーかヽ(・∀・)ノ
親殺しって言われてる少年…雨がやまないのね

アカネさん生意気だことwww
ひとりひとりに師匠がいるみたいだね☆ミ
この少年の勧誘が任務ヽ(・∀・)ノ

シルフ師匠かわいいな(*´`)
親殺しのアオト…アオトと水の精霊
半分まで見たけど…SNSゲー原作だと思ってみたら意外と(ノ∀`)

アーサーとアオトの邂逅
アオトにドライバーが手渡されるが…断るアオト
真実を伝えるというアーサー…何の真実だろう?

嘘が付けない系主人公好きだわヽ(・∀・)ノ
ひねくれてるな~アオトw
ディバインゲート見えてても…触れたいと思わなきゃ…

アオトの前に現れる子ども何者なんだろう?
温かいものが食えない理由はそういうことか…
アオトの扱いひどいな…(;´Д`)

アーサー、適合者軍団のトップってところかな
ディバインゲートは開かれたか
{/netabare}

アカネ
16歳。面倒見がよく隠し事が嫌いで何事にもストレートな物言いをする。母親と二人暮らし。幼い頃、世界評議会所属の研究員であった父親を事故で亡くすも、その死と世界評議会に疑いを持ち続けており、ディヴァインゲートへいけば父親に会えると信じている。
使用ドライバは甲型ドライバ「イグナイト」。

2話{netabare}
救いの灯火、道しるべは彼をどこに導くのかな?アカネ

ピエロみたいなやつ悪役っぽいけどアーサーと知り合いみたい。ロキ
ロキまさに道化師

アオトが住んでるのはスラムではないけれど…
アカネとアオトの相性はよくなさそうw
ウンディーネ師匠いいこというなぁ
何か変わるかどうはそいつ次第ってこと

黙ってちゃ伝わらないこともあるか…
ミドリにも変えたい何かがあるみたいだね
世の中一色にはならない

アカネは評議会からの報告を信じてないわけね
真実の探求が彼の目的なのね(`・ω・´)
過去をすべてが決めるわけでない、か

アカネとアオト
世界評議会パトロールの機械干渉…さすが道化師
狙いはこの二人…いやアオトか

自分たちにしかできない役割を果たすときだね
アカネとミドリで戦闘、アオトは火消し
バトルシーンは3Dチックなのね♪

意識と無意識…人によって割合が違う
助けたいのに助けられないなんて…/(^o^)\
できないことは人にはある…

親を殺したのは兄か弟か…
真実は…

評議会アーサーヽ(・∀・)ノ
冠を渡したのは誰?
アオトは結局、アカデミーに来ることにしたのね♪
アーサーはディバインゲートへの鍵を手に入れたらしい
{/netabare}

アオト
16歳、ほとんど感情を表に出さずに他人と距離を置き、ひとりでいることを選んでいる。かつて両親を殺害されており、親殺しのアオトと噂されている。
使用ドライバは刀型ドライバ「ワダツミ」。

3話{netabare}
今回はミドリちゃん回かな~ヽ(・∀・)ノ

アーサーのもとにロキとオズ
成すべきことを成す…挑戦というか招待

ミドリは力が入ると良くないタイプみたい
地面タイプっぽいやつはキンジっていうのねヽ(・∀・)ノ

ディバインゲートは民間人のあいだでは都市伝説みたいなものなのね
ミドリと友達の女の子

強すぎる信念は心を縛る…アオトの今日の主役のあれが違和感w
温かいものを食べられないアオト…
このアニメ基本冷たいよなw

金髪の子は語彙力ないのね( ・∀・) イイネ!
ディバインゲートを目指す理由はみんな持ってる
黒髪の子は辛辣だな(`・ω・´)

ミドリちゃんは結構大雑把なのね(沙*・ω・)
じゃんけんって言い出した奴がたいてい負けるよね
一番じゃなくちゃいけない理由…

友達の関係って簡単なことで破綻するし
簡単に仲良くなったりするし…
ミドリの友達…なかなかのメンヘラだな…崩壊寸前

ディバインゲートってでっか!!(笑)
ミドリが目指す理由は友達に会いにいくためなのね

円卓会議ヽ(・∀・)ノなかなかの曲者ぞろいとみた
アオトのためになりたいとミドリはアオトを調べようとしたけれど…
閲覧不可に…アオトの過去には…
{/netabare}

ミドリ
16歳、明朗快活、ピュアな心の持ち主だが、そのピュアさゆえ時として何の気もなしに人を傷つけてしまうこともある。周囲への明るいイメージとは裏腹にかつての親友との間のある出来事について自責の念に囚われ続けている。
使用ドライバは棍型ドライバ「フォンシェン」。

4話{netabare}
アオトの弟は蒼き月の夜に佇む…

アーサーの目指すところは…
アオトには監視がついてるのね…
監視してるのはナイツオブザラウンドのブルーノ?

アカネとミドリの気持ちはアオトに届かず?
ウンディーネさん好きそうだなSNS
きゅうりのチーズケーキってやばそうだなwww

蒼のクリスマス…アオトの事件に関わるもの?
蒼のクリスマス凄惨な事件みたいね…そして容疑者の一人がアオト

蒼のクリスマスの真実を知る者なのかな?ブルーノ
そして潜入者あり…

蒼のクリスマス凄惨な事件…それに魅了されるものもいるってわけねヽ(・∀・)ノ
ブルーノの父親も被害者なのね…蒼い瞳の少年…か
結局、証拠はないんだけどね♪

アオトは蒼のクリスマスの廃墟に
もうひとりの犯人シュレディンガーは評議会に軟禁されていたのね…
星暦の天才シュレディンガー

シュレディンガーが求めてたのは…アオトの
さらに開発中の五月雨人形まで登場とは
アオトも強いねぇ~
シュレディンガー逃亡

アオト人形倒して仲間にした(`・ω・´)excellent☆ミ
{/netabare}

ブルーノ
「円卓の騎士の一人」。アーサーからは「ちび」と呼ばれている。亡き父のかたきを討つためにアーサーのもとに志願した。父の死には「青のクリスマス」が絡んでいるようなのだが…。銃槌型ドライバ「マラディザンド」を使用する。

5話{netabare}
まつろわぬ民の話…

アカネ達は廃棄区画へ訓練に
ぬたぼん久しぶりだなヽ(・∀・)ノ
自然が残された場所…人間が放棄した場所?
ギンジは力が全ての男かな(沙*・ω・)
ヒカリ、スマイルの裏に
ユカリ、闇を愛する女の子

すごい場違いな馬マスクの女性出てきたwwwwww
しかも中身美人wwwアーサーの騎士ベディヴィア出てきたヽ(・∀・)ノ

特別訓練ふた組に分かれてチェックポイントを探す
ナイツオブラウンドと闘っていくパターンみたいね
急におっさんと相撲って(笑)
なんていうか楽しそうだな~
アカネは小さな女の子と出逢う

チェックポイントまでたどり着いた一行
行動には責任が通じるか…
獣人と遭遇、セカンド?種族の壁を越えた者たち

アカネは少女と戦う
末路わぬ民か…どの選択をとるかは彼ら次第ってわけか…
言葉にしないと伝えられないこともあるか

あららーナイツオブラウンド来ちゃったか
この人たち来たら…

無力か…
{/netabare}

ヒカリ
16歳、天真爛漫な性格で常に笑顔を絶やさない。いつも皆の空気を読んで明るく振舞っている。自分の出自を知るためにディヴァインゲートを目指す。使用ドライバは剣型ドライバ「リュミエール」。

ユカリ
16歳、夜が好きで物静か、幼い頃の記憶を失っている。ディヴァインゲート自体に興味はないが、わずかに残された記憶の中、闇に包まれた世界の正体を知る術のひとつとしてディヴァインゲートを目指す。使用ドライバは鎌型ドライバ「アピス」。

ギンジ
16歳、やりたいことや夢もなく、全てに無関心だったが、個人的な情緒や理由を離れストイックにディヴァインゲートを目指す行為の中で「何もなかった自分」にとっての目的を見出していく。使用ドライバは斧方エレメンツドライバ「ヤシャヒメ」。

6話 {netabare}
天界で出会った少年少女たち…
最初の捨て子はアーサーだったのかな?

アーサーの動向を楽しむもの、危惧するもの…
アーサー急に厨二っぽいこといってwwwww
ついに円卓会議と共にディバインゲートを目指すことに( ´ ▽ ` )ノ
世界を正しい形に戻すため…成すべきことを成す

ミドリって足速いのねw
ブルーノはアカネたちとのパイプ役になってるのねw
アオトに問う子供…最初に出てきた子?

アーサーのもとに来たアカネたちヽ(・∀・)ノ
アカネたちも同行することに

アーサーとロキの出会い
神ではなく王になりたい…平和を望む
黄昏の審判のとき

オズとロキ二人の目の前に♪
ギンジとロキは何か取引を?
アーサーはアオトにご執心よね
アーサーもまた失う怖さを知っているもの

アオトが弟のことを庇っているのを知ってたのね…
{/netabare}

アーサー
聖なる扉「ディヴァインゲート」が空いてしまったことで混沌とする天界、常界、魔界の世界に新たな秩序をもたらそうとする「世界評議会」の中で「円卓の騎士」を率いる。常界に生まれるが幼い頃、天界に捨てられた過去を持つ。使用ドライバは銃剣型ドライバ「エクスカリバー」

7話 {netabare}
アーサーとロキ…ロキは邪魔するつもりまんまんだね♪宣戦布告
アーサーの目的はゲートの破壊、3世界の交じる前の世界に

ディバインゲートへたどり着くには何個も扉をくぐり抜けるのね
ただ敵は待ってくれないか( ´ ▽ ` )ノ
第一戦はロキのおもちゃたち
からの~神々しい戦士たち…オズの仕向けか
北欧の神々降臨とはなwwwwww
勝てないけど時間稼ぎするしかないか(沙*・ω・)

アーサーと子供たちは扉へ
円卓騎士は神々と、ギンジたちは先に
ガウィーちゃん早くも戦闘不能…
ナイツオブラウンドでも神々には敵わず…
オズの思惑通りにはならなかったね…
死傷者多数…

犠牲を払ってでも…扉にたどり着かなければいけない
仲間が倒れようと屍を乗り越える…

あれ?アカネのお父さん、ロキと一緒に?
いよいよディバインゲート一歩手前
神々の意味深な言葉?

最後の最後でレプリカ機械少女登場( ´ ▽ ` )ノ
アーサーと互角とはやるな
さらにアーサーの前にロキが立ちはだかるヽ(・∀・)ノ

この生き残った金髪兄ちゃんの名前なんだっけ?
扉から出たのは操られしアーサー…
ランスロットも結局刺されて…一気に人死にすぎだろうw

そして現れたのは巨大な塔
{/netabare}

ランスロット
アーサー率いる特務機関「円卓の騎士」一人。表面上はアーサーに悪態をついてばかりだが、内心ではアーサーのことを理解しているようにも感じられる。使用ドライバは銃輪型ドライバ「アロンダイト」。

ガウェイン
「円卓の騎士」の一人で最年少のメンバー。ガウェインはアーサーをパパと慕い、アーサーもガウェインを「宝物」として可愛がっている。ドライバは銃斧型の「ガラディン」。

トリスタン
「円卓の騎士の一人」で優れた戦術的知能、指揮能力を持ち、アーサーの副官を務めている。前線に出た際は銃槍型ドライバ「イゾルデ」を使用する。アーサーからは「トリス」と呼ばれている。

8話 {netabare}
バベルの塔降臨か…
アーサーはロキだけの王に…闇に落ちたか…
でも希望を残していたよね…

オズめっちゃ神々に責められてるな(笑)
6聖人どんだけ偉いんだよwwww
ナイツオブラウンドもアーサーも全滅…

オズの覚悟のなさに甚だ呆れるロキ
イフリートたちはどこかの家の地下室に
アカネたちは無事なのね

評議会はアカネたちのことを警戒してるみたい
世界評議会は信用できないな
ヒカリはちょっと怪我してたのね

結局アーサーの異変はわからずじまい
サンタクロース?何者なんだこいつ٩(๑`ȏ´๑)۶
サンタクロースはアーサーの幼少時代の知り合いってね

シェイクスピアとかいう新キャラの幼女登場
悲劇確定なのね~
オズは悔やんでも悔やみきれない感じになってる
てかオズのメイドみたいな子ミドリのいなくなった友達か!エレナ

蒼のクリスマスの真実を含め評議会は色々と隠してるのね…犯人はロキ
西暦の天才と科学者ね
ロキはただただ楽しむだけの厄介者だな~

サンタクロースは子供たちに共に付いて来て欲しいと請う…
彼らの答えは…悩むよな~
アオトは少しずつ自分の心に近づいてるらしい
ギンジ、ヒカリ、ユカリは評議会に戻るつもりみたい

どっちが悪いのかわからないからなんとかなるかもしれない
ここにいても埒が明かないから評議会に戻るかゲートに戻るか

アカネはもうディバインゲートへ再び向かうことを心に決めてるみたい
ミドリも…アオトも…

ここでギンジたちとはお別れ…か
サンタクロースは記憶差し替え能力か
ギンジ裏切り者か…★´∀`★

おっとギンジは精霊たちに向かわせたみたいね…
ハメられたみたいだね~

サンタクロースがこの場を収めるみたい
アーサー並みだな実力は…

シェイクスピアの世界にアカネたちは
{/netabare}

オズ
竜界出身でアーサーたちと共に世界評議会に所属している。
小心者でアーサーが何をしようとしているのかをきにして監視している。

ロキ
稀代のトリックスター。神界出身でアーサーと共に世界評議会に所属。ディヴァインゲートを目指すアーサーに協力しているようなそうでないような…。

9話{netabare}
シェイクスピアのペンは止まらないね♪
愛に囚われた王様の話

アカネたちだけ異世界に…
ロキの仕業か!!さらに別の世界へ
役者は揃った…あとはシナリオだけか

愛と絶望の戯曲が始まってしまう~♪
一度始まってしまってはこの舞台からは降りられない
ハムレット、マクベス、オセロなんか出てきた~www

ロキの注文もなんなくこなすシェイクスピアさすがプロだわ
アカネ少女になってる、ミドリヘマした暗殺者w、アオトは薄幸の美少年
やりたくなくても勝手に口やからだが動いちゃうのねw
アカネのこの感じ…シンデレラだねヽ(・∀・)ノ

ミドリ処刑まで牢獄の中なのかなwアオト動いてないけどwww
なんか薄い本書けそうだなw
おっとアカネの父親がさらっと出てきたねヽ(・∀・)ノ
アドリブは舞台のスパイスか!
ちなみにミドリはメロスか!!

アオト急に元気になったぞ(笑)
それぞれの思い出の…相手と出会う
ミドリはエレナ、アオトは弟さん
なるほどな…かすかな違和感を感じる

シェイクスピアのシナリオ通りにはいかないものよな…
現実ではなく…ご本人たちの登場
ロキのお遊びは現実に
{/netabare}

10話{netabare}
アーサーを助けようとサンタクロースも向かってる模様
北欧神とサンタクロースをぶつける気なのねロキは

アオトの前にはいつもの子ども
目覚めた場所はディバインゲートに至るための場所
アカネのところにはまたロボットたち
ミドリのところには…会いたかったあの子が…
アカネの前にもおやじ殿が

精霊たちも登場…役者は揃ったねヽ(・∀・)ノ
衝突…親子の衝突、友との衝突…
評議会においてギンジは唯一たどり着ける存在
ヒカリは天界の姫、ユカリは魔界の…

アーサーの心は隠されたままか
オズの小心者具合な(笑)
エレナはドロシーって名前で竜界にいたのね

北欧神があちらこちらに
絶望を知ればたどり着ける?
衝突の邪魔をするのは北欧神たち

北欧神と相討ちとかアカネの父親やる~
ミドリを庇ってエレナ凶刃に倒れる
絶望の鍵は揃ってしまった…

アオトの前には弟が…
ウンディーネはなんで子どもがみえるんだろうね?
{/netabare}

11話{netabare}
ディバインゲートの先に進めるのは絶望を知ったものだけ
アーサーは扉の先にあるのは希望だと信じているが
アカネとミドリの前にも子どもが現れた

とりあえずロクでもない親だな…アオトたちの
守られるのが辛くなっちゃんだね…
歪んでしまったのね…
どうしようもできない兄弟喧嘩が始まる
この弟くんは蒼のクリスマス犯人なのかな
オズやっと動いたよwww
やればできるじゃんオズ君
ウンディーネが庇って…
アオトと弟が決着つかず…弟はディバインゲートを目指す

ディバインゲートは絶望と希望を天秤に図る
この子どもは鍵だったのね
{/netabare}

12話{netabare}
サンタクロースは無事アーサーに心を届けるけど…
拒否される…本名アルトっていうのねヽ(・∀・)ノ

北欧神がアカネたちの前に…だけどボロボロ?
オズが奪ったのね…オズやる~w
立ちはだかる神々さえも屠る

最後にギンジキタ━(゚∀゚)━!
神にさえもなれる…それがディバインゲート
アオトめっちゃ喋るようになったやんw
ギンジ一体何役なんだよ(笑)٩(๑`ȏ´๑)۶

ロキとアーサー出た~(笑)
最後の最後はこの二人だよな
崩れ落ちるはバベルの塔
ディバインゲートへの道は消失したみたいね

ランスロット生きてたのね(沙*・ω・)
ナイツオブラウンドは全員生きてた
いやー…結局アーサー取り戻せなかったのね

ヒカリもユカリももっと活躍してほしかったな
一応第二幕みたいな感じも醸し出してるのねw
{/netabare}

投稿 : 2016/04/07
閲覧 : 136
サンキュー:

8

熊一郎 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.6
物語 : 1.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

GATE 俺氏 TVの前にて、斯く戦えり

ゲームのキャラ紹介動画の長いヤツ、全12話。

いや~ひどかった。ゲーム原作はストーリーが後付けになることが多いので、地雷が多いことは分かってたんですが、それにしてもひどかった。

辿り着いた者の望みを何でも叶えるという「ディバインゲート」。
主要キャラが一通り出揃ったらもう出発です! え?そんな簡単に行けちゃうの?(笑)

声優陣は豪華で、作画もよかったと思いますが、内容は「キャラ紹介動画」をつなぎ合わせただけでした。
原作のゲームをプレイしていない方はスルーでよろしいかと。

投稿 : 2016/04/03
閲覧 : 123
サンキュー:

6

ネタバレ

amZ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.2
物語 : 1.0 作画 : 2.5 声優 : 4.0 音楽 : 2.5 キャラ : 1.0 状態:観終わった

だめだ・・・

ゲームが原作で学園異能力クエスト物になるのかな?
声優さんがとにかく豪華でそれだけでも楽しめると思います。

{netabare}
とにかく雑にキャラクターが死んでいきます。在庫処分です。
キャラごとの掘り下げも全然うまくないので何でそのタイミングでお前飛び込むの?状態です。
最終話手前まで来ていますが設定全般、世界観も過去も未来も全然解りません・・・ここまで見ちゃったので最後まで見ます。

最終回まで気合で見ました。
一言「 この作品見なくていいです。 」

{/netabare}

投稿 : 2016/04/02
閲覧 : 134
サンキュー:

4

ネタバレ

瑞季 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

なかなか

ゲーム原作でゲームの方はやってません

あらすじは他で参照してくださいb

物語はけっこうシリアスな展開で奥が深い気がしました
登場人物が多くそれぞれの思惑が入り乱れる感じですかね
こうゆうのは嫌いではないです

逆にこの作品は能力バトルに分類されると思うのですが
能力に関してはあまり深い設定が無いようで
バトルシーンは正直面白くなかったです

バトルシーンと言えば
最初はバトルに入った瞬間フル3DCGになって
なんか違和感ありまくりだったんですが
気付いたら後半のCG量がかなり減ってました
まぁどのみちバトルシーンはつまらなかったのですが(笑

声優はさすがに皆いいキャラ演じてましたね

酷評に見えるかもしれませんが
ストーリーは好きなので続きが気になりますね

投稿 : 2016/04/01
閲覧 : 104
サンキュー:

3

ネタバレ

ぷりんもう さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.2
物語 : 1.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 2.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

タイトルなし

全体的に話が暗いです。
どんよりしてるというか。

絶望のレベルも
赤と緑のキャラはそれほど深くなさそうな感じ。
それで絶望するなら
他の死んでいくキャラも絶望を
強く感じそうな気もしました。

最後まで見ても
カタルシスが開放されない展開で
面白くなかったです。

投稿 : 2016/03/31
閲覧 : 90
サンキュー:

3

ネタバレ

chariot さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

広く浅く、ゲーム原作のアニメ化の難しさを如実に表した作品。

ソーシャルゲームが原作となるアニメ。全12話。

くぐった者の願いを叶えるという<ディバインゲート>
各々の願いの為にゲートを目指す少年たちと世界を変えようとする大人たち。
様々な思いの中、神々をも巻き込んで<ディバインゲート>へ…


僕は元々ゲーム原作の作品は1クールでまとめるのが非常に難しいと考えています。
世界観の説明、キャラの多さ、その個々の背景、同時進行するストーリー…
最終目的をどこに置くかにもよりますが、プレイヤーを悩ませ苦しませ、その先に達成感を与えると同時に次の目的も与える。
それには多くのストーリーがなければ物足らず、必然的にエピソードの取捨選択を迫られまとめるのが困難になる。
そんなゲーム原作の難しさが悪い方に出てしまったのが本作だと思います。


メインキャラが3人。
アカネ、ミドリ、アオト。序盤は一番重い過去を持つアオトに焦点が絞られていましたが徐々に他の2人にもスポットが当てられて行きます。

更に別の話ではアーサーを中心とした円卓の騎士12名とアーサーの協力者としてロキ、オズの2人も登場。

序盤でもこの人数ですので個々に対する掘り下げはほとんど時間を取れず、中盤になっても「こいつ誰だっけ?」と首を傾げる事も。。
ロキやオズの立ち位置も不安定で、目的をもう少しはっきりさせてやれば言動の意味が理解出来たのではないかと思います。

多すぎるキャラに対して愛着の持てるストーリーを押し出せたのはアオトのみ。
ここはアオトをメインに据えて、他は割愛する方法の方が良かった気がします。

ゲートに関しても不明な点が多い設定ですが、かなり後半になっても結局なんなの??となる始末で、全体的に説明不足が目立っていました。
2期への布石なのか本線では意味のなさそうな伏線(ヒカリとユカリ)もあり、未解決のストーリー(アリトン)もあり、どうにもまとめきれていない印象が残りました。

やはりゲーム原作はゲームの宣伝も兼ねる現状と既にプレイされている方へのサービスも含めて多くのキャラとエピソードをこなしたいのだと思いますが、アニメ作品として作る場合は敢えて焦点を絞った方が逆に全体の世界観が掴めるように思います。

神話や童話を取り入れたやや中二的ファンタジーな世界観は嫌いじゃないですし、最後の3人の決断も悪くはなかったと思いますが、掘り下げ不足による感情移入がまったく出来ていない状態での視聴はいくらかダイジェスト気味な事も含めて薄味な作品に仕上がってしまったのではないでしょうか。


キャラが多ければ個性も様々。
スポットを当てられるのは少数ですが、サンタクローズはなかなか良いキャラだったと思います。
アーサー絡みでのエピソードもあり裏切る事のない存在としての安心感、何より子供たちに夢を与えるサンタが釘バットで殴り込みって(笑)
CV:櫻井孝宏さんは狙い通りハマっていたと思います。

作中ちょくちょく入るポエム。
こちらはCV:緒方恵美さんですが、ポエム内容によっての低い声高い声の使い分けが素晴らしかったです。
抽象的なポエムはあまり好きではないのですがこの作品に於いては各キャラの説明や心情もカバーする意味でも役に立っていたので良かったと思います。


まとめ。まとめよう。。
序盤から重い話が多く、説明も足りていない状態で手放しで楽しめる作品ではありませんでしたが、バトルシーンなどは作画とCGを使い分けてなかなか楽しめました。
声優陣もしっかりと実力のあるキャスティングで安定感があります。
色々駆け足で勿体ない箇所もありますが、雰囲気は良かったと思います。








独り言:
{netabare}サンタどうなったんだろ。。

ED曲の映像がエピローグ的な感じになってて、ミドリがオズにエレナのリボンを渡しているシーン。
個人的に補完した設定ではオズはエレナ=ドロシーを含む5人の「家族」がいます。
その大切な家族の死で過ちに気づき北欧神を弱体化させ老化したオズ。
そのオズに大切な親友の残したリボンを返したミドリ。
いいシーンだと思うんですけど、EDの一部でしかないし、家族設定を明かしていないのでその愛情の深さが伝わらない…
勿体ない。

「大いなる力」で生き返った円卓の騎士たち。
その力誰が使ったの??
その力でアカネの親父とかドロシーは生き返らせられないの??

というか、ゲートくぐらないんじゃ親父たち無駄死にじゃないの??? {/netabare}

投稿 : 2016/03/30
閲覧 : 135
サンキュー:

5

MaKiNa さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7
物語 : 1.5 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 2.5 キャラ : 2.0 状態:観終わった

ゲームはやっていませんが。

観終わっての感想。

最初はアオト君が気になり楽しめてたのですが、後半から一気につまらなくなって途中流し見したら話がよくわからなくなってしまいました。

かといって見返す気も起きないのでそのまま最後まで流してみていましたが、やっぱりよくわからなかったです。ナレーション多いし自己満アニメって感じかな〜。いくら声優陣が超豪華でもストーリーがつまらないと楽しめないです。

------------------------------------------------------------------

4話時点の感想。

スマホ向けアプリがアニメ化。ゲームはやってないけど声優陣がすごく豪華だな〜という印象。

ちょっとポエミーで中二っぽさがあるけど、ストーリーは面白いです。けっこう重い雰囲気ですがアオト君が今後どうなっていくのか楽しみです。

投稿 : 2016/03/30
閲覧 : 132
サンキュー:

4

次の30件を表示

ディバインゲートのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ディバインゲートのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ディバインゲートのストーリー・あらすじ

聖なる扉「ディバインゲート」が開かれたことにより、<常界><天界><魔界>3つの世界が交わり、欲望や争いの交錯する混沌が訪れた時代。秩序回復のために支配層は「世界評議会」を結成。統制されたかりそめの平穏のもとで、「ディバインゲート」は誰もその実体を知らぬ都市伝説と化した。そのなかで世界評議会のもとに集う「適合者」と呼ばれる少年少女たち。ディバンゲート「扉」に自らがたどり着くことを信じる者たちである。敬愛する父の死に疑いを持ち再会を信じるアカネ、凄惨な過去のため人と距離をおくアオト、過去と向き合い真実を知りたいミドリ。彼らは、それぞれが心に抱える傷と向き合いながら「扉」を目指す。ディバインゲートにたどり着いた者は、世界を「リメイク」しその望みをかなえることができるという。その扉の先には何があるのか。扉にたどり着いたとき、世界は変わるのか。変わるのは、自らの抱える過去なのか、それとも未来なのか。少年たちはすべてを知るために歩み出す――。(TVアニメ動画『ディバインゲート』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2016年冬アニメ
制作会社
ぴえろ
主題歌
≪OP≫ヒトリエ『ワンミーツハー』≪ED≫vistlip『CONTRAST』

声優・キャラクター

柿原徹也、斉藤壮馬、伊藤かな恵、竹達彩奈、雨宮天、吉野裕行、中村悠一、小清水亜美、渕上舞、阿澄佳奈、吉田有里、鳥海浩輔、石田彰、遊佐浩二、KENN、田所あずさ、村瀬歩、笹本菜津枝、高岡瓶々、清都ありさ、一木千洋、白井悠介、末柄里恵、乃村健次、桑原由気、志村知幸、花江夏樹、悠木碧、櫻井孝宏、釘宮理恵、緒方恵美、ゆかな

スタッフ

監督:阿部記之、シリーズ構成:高橋ナツコ、キャラクターデザイン:夘野一郎、音楽:尾澤拓実

このアニメの類似作品

この頃(2016年冬アニメ)の他の作品

ページの先頭へ