エンジンおすすめアニメランキング 7

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメのエンジン成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2022年01月25日の時点で一番のエンジンおすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

68.8 1 エンジンアニメランキング1位
Classroom☆Crisis(クラスルームクライシス)(TVアニメ動画)

2015年夏アニメ
★★★★☆ 3.5 (594)
3251人が棚に入れました
火星に作られた日本の新たな都道府県のひとつ、「第4東京都」。この都市の経済特区である「霧科市」に、
航空宇宙事業で名をあげた超一流企業、「霧科コーポレーション」があった。
この会社は様々なジャンルにシェアを広げつつ、「霧科科学技術学園」という私立学校も運営していた。
これだけでも特殊なのだが、さらに異彩を放つクラスが学園内にある。
昼は学園で生徒として勉学に勤しみ、放課後は社員として会社に出社し発展型試作ロケットの開発という重要なプロジェクトに携わっているのだ。
それが「霧科コーポレーション先行技術開発部 教育開発室」――通称「A-TEC」である。

この部署の室長を務める若き天才エンジニア瀬良カイトは、学園に通うA-TECの生徒達の
担任教師でもあり、熱血ロケット先生と呼ばれ親しまれて(?)いた。

物語はこのA-TECに転校生・霧羽ナギサがやってくることから始まる。
創業者一族の名を冠するこの男は、先行技術開発部部長に就任するやいなや、A-TECがこのまま高コストのお荷物部署であり続けるようならばメンバーをリストラし、部署を解散させると宣告する。
それを防ぐには今まで湯水のように使ってきた予算を節約し、開発コストを大幅に削減しなければならない……。
今まで目を逸らし続けていた現実をつきつけられたカイトは、果たしてA-TECの危機を乗り切ることができるのか。
そして霧羽ナギサの真の目的とは――。

声優・キャラクター
森久保祥太郎、雨宮天、小澤亜李、洲崎綾、夏川椎菜、津田美波、豊永利行、南條愛乃、近藤孝行、堀江由衣、阿澄佳奈

神撃のニャンコ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0

5.5話を観なかったら 評価するの忘れてたw

一話を見て 今後このクラスの行く末を観たいと思いました
面白いかは 最後迄見る事が出来たとき改めてコメントします

とりあえず 面白そうな気がしたので 観て観ようかな~

※その後の追記
 最終話を見終えた後 評価にいたるまで だいぶ時が経ってしまいました
 5.5話が放送を観た時 改めて あぁ~ 面白かったな~って思い
 
 なんか かなり贔屓目な ☆になってしまったかもです
 其処は、私の気紛れで 減点するかもです

投稿 : 2022/01/22
♥ : 3
ネタバレ

るるかん さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

最初の1~3話からは想像できない面白いシナリオです。

十分楽しめる作品です。最初の印象とは全然違う話になっていき、1話目からは全く想像できない最終話でした。私は今夏の作品の中で一番好きな内容でした♪

最終話{netabare}
霧羽ナギサ救出作戦とA-tecの新エンジン公開プレゼンを同時にやってのけ、霧科コーポレーションから独立宣言をするカイトとナギサ。爽快な終わり方で良かったと思う。ただ、続きがあるんじゃないかな・・・?と思わせるエンディングで2期があったらいいなぁ…とも思うが、これはこれで、完結ということでも十分に楽しめたシナリオでした。{/netabare}人間関係とビジネス感の融合度合いが非常にいい割合で、一定の距離感がある人間関係の構図がうまく描けていたと思う。グダグダでドロドロな人間関係に陥らず、常に前向きな方向へ動こうとするカイトとA-tecの仲間たちの爽快さが観てて気持ち良かった。淡白な人間関係に見えて芯では結びついている信頼関係の描写はしっかりと受け止めることができました。
12話{netabare}
ユウジに囚われの身になったナギサの救出のために、ハナコ達はユウジのアジトを突き止めるが、ナギサは救出できず、ナギサは超高性能なロケットエンジンを積んだ宇宙船でコールドウッドへ飛ばされ、7時間後にはそのまま爆死ということになるのだろう。ハナコはユウジに銃で撃たれるし、緊迫の展開でした。来週はどうなるんだろうか・・・。本物の科宮ナギサ(イリス)は守れたわけだが、コールドウッドへ向かったナギサ(霧羽)を救えるのはA-tecの再生計画のプレゼンで使うジェットだけじゃないかな?カイトはその腹づもりみたいだし、来週も緊迫した内容になりそうだ。ハナコは生きてて欲しい!!{/netabare}
11話{netabare}
ナギサを中心に目まぐるしく変わる状況の推移が非常に分かり易く紐解かれてきました。自分が守ろうとしたA-tecをカズヒサの策略から守りきれないと一度はあきらめるが、ミズキのひたむきなエンジニアとしての生き方に触れ、ナギサはカイトと共にA-tec再建計画を図ろうと動き出し始めた矢先に・・・なんと、ユウジに刺されてしまう。
また、イリスは幼き頃のナギサとのいきさつの記憶を徐々に取り戻し、ナギサに話そうとするが、ミズキとナギサの抱擁・キスシーンを目の当たりにし走り去ってしまう。記憶を失くす前のイリスはナギサを好きだったんだろうな・・・と思わせる描写に見えたが・・・。
しっかりと考えられた展開で、事件と人間模様が絡み合っていて、よくできたシナリオだと思います。今夏NO.1といえる内容じゃないかな?次週、ナギサとイリスがどうなるのか・・・また、A-tecは存続できるのか、興味は尽きない緊迫感のある状況となります。{/netabare}
10話{netabare}
常務取締役に昇格したナギサは役員会でA-tecの存続を訴えつつ、カズヒサの解散政策に批判的なプレゼンをするが、ナギサ以外の全員が反対に回り、権力構造の中の裏切り・策略の罠にはまった感じがする。一方、A-tecでは新型のロケットを開発し、イリスがテスト飛行に出るが、アクシデントに見舞われ、過去の記憶が呼び覚まされていく。イリスは自分が科宮ナギサであることを思い出す。会社で窮地に追いやられた霧羽ナギサとパイロットのイリス(科宮ナギサ)との関連性はかなり明確になったが、A-tecc存続のために霧羽ナギサがこれからどのように奔走していくのか、色々と興味は尽きない。見続けてよかった♪どんどん面白くなっていきます。{/netabare}
9話{netabare}
ナギサはA-tecを踏み台にしてユウジとカズヒサへの復讐を仕掛ける。まずはユウジを蹴落とすことには成功。カズヒサとの抗争が見物です。
しかし、A-tecを見捨てるような今回の行動は当然カイトを怒らせた。
今後はカズヒサとの抗争がメインになるのか・・・。
しかし、ナギサとイリスとの関係が曖昧だし、イリスの記憶に関しても未だ謎。A-tecのロケット開発の話がここで流れるような感じでもないので、A-tecと霧科コーポ抗争をどう絡めていくのかが非常に興味深い。なかなか面白いです!!{/netabare}

8話{netabare}
A-tecの予算を不正流用していることが判明し、霧羽ユウジをどう追い込んでいくのかが今後のみどころの一つです。ユウジの不正を暴けば、A-tecの開発予算も作れそうだし、霧科コーポレーションも大きく変わりそうです。
宇宙開発費用を捻出するために、やはり政治家やスポンサー会社が必要で、それを悪用する人をどう成敗してくれるのか・・・ナギサ君の手腕が試されるとこだね。{/netabare}

7話{netabare}
話が複雑になってきていますが、最初の頃よりもずっと面白くなってきています。霧科コーポにおける覇権抗争もありそうで、A-tecのメンバーがどのようにナギサの心を動かしていくのか、物凄く興味深い感じに深まっていきそうです。アンジェリーナ先生強い~~!!カッコ良かった!!
{/netabare}

5・6話{netabare}
霧科コーポレーションの内部事情は込入っているけど、話の辻褄は合っていると思う。ナギサの本心はどうなのか・・・?
ストーリーの焦点はどこにあてられているのか明確ではないけど、これから面白味が増しそうな予感もするし、学園青春ものに落ち着いていくような危惧もある。{/netabare}
 
4話
ようやくこの作品の面白い部分が見えてきた感じです。イメージとしては学園の予算を確保するための{netabare}半沢直樹的な感じの話になるのかな?エンジニアの資金確保の難しさを通して、アニメ制作における資金集めの大変さがメタファーとしてあるのかもね?
お仕事アニメのカテゴリーに突入していくようなら、{/netabare}それはそれで面白さがある。興味深くなってきました!!
 
3話{netabare}
3話でアンジェリーナという経理のプロが登場し、ごもっともな経費論を盾にAtecの杜撰な現状を戒めにかかる。当然のことではあるが、ビジネスにはコスト意識が必要だ。ただ単純に夢だけ追い求める若者や教師の話で終わらないのなら、もっと視聴しようと思う。社会の薄汚い一面も影に隠れていそうだし、展開次第ではもっと面白くなりそうな気がします。
先生が、自分の思い通りにいかなくてホッピー飲んで騒いで酔い潰れるシーンは同情もできないし、逆にこんなやつが過去の栄光を背負って教師面してんなよ・・・とも思ったが、この先生も含めて、残った生徒達の奮闘も今後の楽しみな点です。
論理的なアンジェリーナは色ボケしなければ、個人的にはとても好きなキャラだったのだが・・・。
{/netabare}

1・2話
正直パッとしないお話で始まりましたが、キャラは嫌いじゃないし、ただの学園ものでもなさそうなので、一応継続視聴してみます。

投稿 : 2022/01/22
♥ : 26

しるまりる さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

おもわぬところで名作に出会った

この作品はタイトルで損しているかなと。
このタイトルだと、教室で起きる危機的状況から大きく逸脱するような展開は想像しにくいです。が、実際は物語は教室にとどまらず、会社組織における暗闘あり、政界の手練手管あり、宇宙をロケットで駆け抜けるシーンありと広がりを見せます。

僕は評価の点数をつけるときに滅多に5.0はつけないのだけど、この作品は「物語の評価」に5.0つけちゃいました。
後半の怒涛の展開と思わぬ伏線回収には涙を流さずにはいられませんでした。
第1話と最終話の対になる物語構成もすばらしいですね。

主人公2人のギミックが面白く、片方が上司で生徒、片方が部下で先生という関係性なので、物語の場面場面で立場の強弱が変わります。
部下が稟議書を上司に止められたかと思えば、生徒が先生に赤点で補修にされるなど、ころころ目まぐるしくて面白い関係が物語を通して描かれ、非常にいいスパイスになっています。僕の見てきたたくさんのアニメでも、こういうギミックはなかったはず。

ヒロイン2人の設定もよく、それぞれが主人公の片方を好きになる理由に筋が通っていて、見ていて気持ちがよく、応援したくなります。ハーレムアニメの、謎の好きになる理由とは一味違います。

主人公ズとヒロインズ以外の登場キャラクターもみな魅力的。物語のためだけに存在するかわいそうなキャラは見当たらなかったですね。みんな生きています。

さらに、べたに水着/温泉回も備えていて隙なし。

このアニメは奇麗に完結しているうえに次回作を出す余地が残されているので、次回作がもし出るなら絶対観たいですね。

髪の毛のロングで両側にリボン結んだ子がかわいいです!

投稿 : 2022/01/22
♥ : 12

71.3 2 エンジンアニメランキング2位
天晴爛漫!(TVアニメ動画)

2020年春アニメ
★★★★☆ 3.5 (242)
788人が棚に入れました
19世紀が終わりを告げ、20世紀の幕が上がろうとしている時代・・・天才だが社交性0のエンジニア『空乃天晴』と、凄腕だが臆病な侍『一色小雨』はある事故で日本からアメリカに漂流してしまう。無一文の二人が日本へ帰るために選んだ方法は、「アメリカ大陸横断レース」に参加すること。スタートは西海岸ロサンゼルス、ゴールはニューヨーク。自作の蒸気自動車で荒野を駆け抜け、クレイジーなライバルと競い合い、アウトローや大自然から身を守り・・・果たして二人は過酷なレースに優勝し、賞金を手に入れ故郷へ帰ることができるのか!?

声優・キャラクター
花江夏樹、山下誠一郎、悠木碧、雨宮天、斉藤壮馬、折笠富美子、櫻井孝宏、杉田智和、興津和幸
ネタバレ

素塔 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

サムライ同行記

2020年夏の放映時、リアタイ視聴中から興に任せて投稿を続けた結果、
作品への期待やら展開の予想やら、テーマの深読みやらその他諸々を雑多に取り交ぜた
無闇と熱がこもり、矢鱈とスベリまくる、赤面もののレビューが三本ばかり残された。
長たらしいだけで何の足しにもならない代物をまとめて「同行記」と称するのは
天晴と小雨、二人の快男児の奇想天外な異国道中を最後まで見届けた記念の意味である。

(第一話視聴後記)
{netabare}
春期に、三話で中断を余儀なくされたオリジナルアニメが、
第一話から再スタートを切った。自分も後発組なのだが、
この好機を逃す手はない。かなりの期待を抱かせる作品だ。

思いがけない成り行きから、メリケンに来てしまったサムライ。
相棒は、キャラデザのインパクトが強烈無比の、
世事に全く無頓着な天才発明家。
このコンビが、徒手空拳でアメリカ大陸横断レースに挑戦し、猛者たちと渡り合う。
大まかにまとめるとそういうストーリー。

もちろん、既視感は否めない。
ご指摘のあった「キャノンボール」は未見だが、チキチキマシンは懐かしい。

既視感と言えば・・・
こんな風に、無理やり異世界に連れてこられた人が前にもいたなあ。
ああ、このすばだ。
(こっちの雨宮さんは、超格好いい女レーサー。)

開化期の日本人には、メリケンも異世界同様だろう。
ここでまったり日常を送るなど、アニメでなければ到底不可能だ。
生きて日本へ帰るためには、とにかく過酷なレースに勝たなければならない。
見様によってはこの作品、
巷に氾濫するお気楽な異世界ものを皮肉った、
手の込んだパロディーなのかも知れない。
あるいはアンチテーゼかな。

作画はさすがにP.A.WORKS、技術は申し分なく、
しかも物語のアナログ感に絶妙にマッチしている点がいい。
キャラクターも、どこかアナログな安心感がある。
彼らが人間臭いから、彼らの物語に自然に入っていける。

「人間」と「物語」に、徹底的にこだわり続けるPAの矜持が、
こんなところにも垣間見える気がする。

プリコネもとても良いものだが、そこには希薄だった「人間」の匂い、
魂の火照り、魂がかく汗、魂の自由、そんなものが漂っている。
今期一番の期待枠だ。
{/netabare}

(第九話視聴後記)
{netabare}
終盤への突入を前に、一話まるごとの小休止が設けられた。

これがまさかの温泉回、今や定番となった所謂テコ入れ回のパロディーだろうか。
しかも男が裸を見られるという、逆ラッキースケベ要素の挿入などは、
この作品に一貫する、現状への皮肉ないしは挑発の一つだと自分は勝手に思っている。
この監督、中々に食えない人物である。


さて、本作が期待を裏切らない、上質な娯楽作品であることは間違いないが、
やはりストーリー展開の単純明快さを物足りないと感じる向きも多いようだ。
その意味では、今話に描かれたキャラクターたちののどかな交流の様子などは、
無意味な停滞のようにも見られそうだが、
むしろここで、本作の本質がより明確になったように思う。

結局、レース参加者の全員がお友達になってしまったことから見ても、
勝負をめぐる頭脳的な駆け引きとか、ハラハラさせられる展開などは
最初から期待するべきではなかったので、物語の中核となっているのは
個性的な登場人物が織りなす、広義の人間ドラマなのである。

したがって、本作の魅力はひとえにキャラクターの魅力に掛かっている。
まず天晴が受け容れられないと、その段階で視聴継続は難しくなる。
逆に惚れ込めるキャラがいれば、毎回が何物にも代えがたい至福となる。
自分は最初から小雨推しだが、他の誰が登場してもワクワクすることに変わりはない。
前回、待望久しかった小雨無双が実現し、一旦は燃え尽きてしまったように感じたが、
今回、まさかのソフィア無双を拝めて、改めて本作の尊さを噛みしめた次第。

橋本昌和監督は長らく、劇場版クレヨンしんちゃんシリーズを手掛けているそうだが、
本作のキャラクター造形が、昨今のアニメとはやや異なった印象を受けるのは多分、
伝統的なホームアニメやキッズアニメの流れを汲んでいるからなのだろう。
前段で自分が「アナログ的」と表現したものはどうもこの点であるようだ。
(素人の雑な見解で恐縮だが、当今のキャラクターが平板なのは、
物語のコードに即して産出される「記号」に過ぎないからではないかと考える。
ラノベやゲーム原作のアニメに特にその傾向が顕著で、コミック原作のものは
幾分アナログであるように感じられるのは、実在する人間を観察してモデルにする、
漫画家特有の、本能的な習性によるものかもしれない。)

本作の主要な登場人物はみな、心根の真っ直ぐな人間たちだ。
そしてドラマの緊迫の極点で内に秘めてきたものを一気に爆発させる、
その活躍に自分などは無条件にシビれてしまう。
シャーレン、小雨に続いて、次は必ずディランが来るだろう。
確かに古臭い、単純な展開には違いない。が、物語の愉楽のこれが原点でもある。
重要なのは、それを飽きさせずに反復できるだけの創造的な力量であり、
それは多分に、技術的、職人的な領域に属した事柄なのだろう。



今話は温泉回であるとともに、雑談回でもあった。

彼らが交わす雑談には、彼らの人生が自然ににじみ出ている。
その内容も味わいのあるものだが、さらに会話が交わされる時にふと現れる、
互いの何気ない関係の深まりが心に響いてくる。
キャラクター同士の関係は、物語の推進力であり、かつ発酵を促す酵母のようなものだ。
例えば前に、天晴の言葉がシャーレンの魂に火をつけたように、
今回はホトトの真っ直ぐな問いかけが、ディランやバッド兄に向けられ、
ホトトは人生への理解を深め、彼らは忘れかけた素直な自分と向かい合う。

その流れは温泉の場面にまで及んでいるようだ。
大の大人の男たちが少年のように大はしゃぎして、挙句女性陣から一喝される。
このシーンの束の間の平和が深く印象に刻まれるのは、明るさの中に
童心への、純真さへの切ない回帰願望を響かせているからではないか。
片や天晴は、道化王さながらの姿でロバに乗り(西洋でロバは阿呆の象徴)、
何とエジソンの研究室に突っ込んで、彼の名言を本人の前で披露する。
この馬鹿馬鹿しさを素直に笑えることが、今回は重要なのだろう。
無垢なるものへの肯定もまた、本作の主題の一つかもしれない。

残り少ない話数、自分も子供のように夢中になって視聴したい。

終盤は、ついに完成した天晴の驚異のマシンが、
そして最高にかっこいいディランの活躍がしびれさせてくれるはずだ。
今話のラストで、初めて心を通い合わせた天晴と小雨の関係が、
本当の友情に発展していく経過も見逃せないところである。
{/netabare}

(全話視聴後記)
{netabare}
まだ放映中だった時点で自分は二回、本作のレビューを投稿している。
自分としては異例なのめり込みようで、多大な期待を込めた作品だった。
それだけに最終回の、まるで余韻のない慌ただしい決着には、裏切られたような気さえした。


唐突に降ってわいた列車爆弾テロが、なぜ物語のクライマックスになってしまったのか。
凶悪ではあるが所詮は古臭いタイプの悪党に過ぎないギルの企みを打ち砕くために
天晴号の技術の粋が投入される展開は自分には不本意だった。
彼の発明は時代に先駆けるものでなくてはならなかったはずだ。
機関車との「力較べ」に勝ったところで大した感動はない。

釈然としない気分のまま、事務的に進んでいく場面を追っている。

自動車レースが決着する。同じ緊急加速装置を使ってラストスパートに成功する天晴号。
だが最早、驚きはない。優勝の高揚感も省かれてしまっている。

共に競い合い、悪党相手に命がけの死闘を繰りひろげた仲間たちが帰路につく。
感傷的なのは天晴と小雨だけで、あとは不思議なくらいあっさりと退場してゆく。
二人とは違い、彼らにはそれぞれ帰って行ける場所があるとはいえ・・。

これまでの視聴感から推して
最終回にはきっと胸を熱くするような場面やセリフが用意されているだろうと
単純に思い込んでいた自分は、肩透かしを食らった気分でしばし呆然となった。



とにかく自分は、テーマに固執する人間である。
お蔭でレビューはいつも、いびつに偏ったものになってしまう。
だからこそ、この作品の最大の魅力は、天晴のキャラクターに集約される
明快なテーマ性にあった。すなわち、不可能への挑戦、現実に妥協しない信念の貫徹、
ベタといえばベタだが、今どき珍しいストレートな、人間の、魂の情熱の物語。

当然、自動車レースの中でそれらが存分に繰り広げられる展開を予想する。ところがだ。
第十話で一転、悪の権化ギルに結束して立ち向かうレーサーたちの闘いがはじまったのだ。
意表を突かれたものの、むしろ自分はこの超展開に、テーマのさらなる深化を期待していた。


第十二話―。

冒頭いきなり、ギルという存在の本質を端的に視覚化したような映像から入る。
垂直性を強調したカメラワークで、聖堂最奥の祭壇上に、絶対者のように座る姿が映し出される。

一方、マシンで駆けつけるレーサーチームの横一線の並走が正面から捉えられるが、
このアングルはここまでは見られなかったものだ。出撃直前の彼らの姿も同じように
整然たる一列横隊で、敵地の町を見下ろしている画である。


タテとヨコ。垂直と水平。


定番過ぎて持ち出すのも気恥ずかしい、お馴染みの解読格子だが、
対立する二つの原理を可視化した、極めてシンプルなイメージの喚起である。

タテはギルの専制的な支配、ヨコはレーサーたちの自由な連帯を、それぞれ象徴している。

自動車レースにかこつけて、多彩な面々を集めた本当の理由はこれだったのか、と思った。
流れ着いた東洋人、先住民の子供、欧州の貴公子、女レーサー、アウトローにお尋ね者・・・
人種も出自も境遇も実に多種多様、まことに見事なラインナップだ。

偶然同じレースに参加しただけの彼らの間に、今では無形の絆が生まれている。
彼らを結びつけているものは、自由への愛、そして自己が自己であることの誇りである。
その関係性はどこまでも自由な意志によるもので、互いに対等であり、平等である。

何ものにも束縛されない、自由への飽くなき希求。これは本作を一貫するテーマだが、
その高次な発展形態である自由な魂の「連帯」がここには実現している。
つまり、自由というテーマは、個々人から集団へと発展的に移行したのだ。
ストーリーの急転回はこの発展に対応しているのだと、自分は勝手に解釈した。
そして、このテーマの帰結として物語の結末が描かれることを予想し、期待していた。


その期待の最終回が、上に書いたような具合だったわけで、
屋根に上って梯子をはずされた気分というやつを、存分に味わった次第である。



結論から言うと、レースからバトルに軸足を移した判断は失敗だったようだ。

それは、指摘されているように物語の失速を招き、多分、その同じ事態を自分は
テーマ性の後退、ないしは逸脱と捉えているように思う。

確かにギルとの闘いには、蹂躙された誇りを回復するという、テーマに即した意味づけがなされている。
だが、いかにも取ってつけたようで、最初からバトル展開に持ち込むための単なる口実のようだ。
テーマは、お題目風に矮小化されて映る。
そしてレースは結局、ギルに勝利して取り戻した自由の証し、という象徴化によって
その再開、続行それ自体が自己目的化してしまい、最早勝敗という本来の目的は意味を失う。

肝心のバトルの方も、第八話の決闘と比較すれば、その違いは歴然としている。
小雨とホトトの背負ってきたドラマが緊迫の頂点で爆発する、八話の立ち合いは見事な演出だった。
キャラクターたちが持ち味を発揮するこっちの派手な立ち回りも、それなりに見応えはあるが、
どこか散漫な印象を受けるのは、やはりドラマ的な必然性が希薄で迫真感に乏しいからだろう。

これほど魅力的なキャラクターを造形しながら、彼らの可能性の燃焼をレースの中で描かずに
月並なバトル要員にしてしまった点、物語のコンセプトは明らかに脱線したと言える。
彼らの本当の輝きは、レースの中でこそ表れるべきだったのだ。



以上が、自分が感じた失望の大まかな内容である。



いや、どうせだからやけくそ半分、もう少し穿ってみるとしよう。



この終盤の失速、これは或いは確信犯的犯行だったとは言えないだろうか。

ラストで驚かされる、キャラ崩壊レベルの天晴のデレっぷりをどう理解するべきか?
ストーリーやテーマに注意を向けさせておいて、そこはさらっと流してしまい、
クールな天晴がツンデレに変化する広義のギャップ萌えを段階的に仕掛けた上で、最後に
このアニメ、実はキャラアニメだったのです!という種明かしをしたのではないだろうか。

キャラアニメという観点から本作を見ると、意外に納得できるのが小雨である。
ストーリー展開の中核を担う点で、天晴をも凌ぐ影の主人公ともいうべき
彼の本質は紛れもなく、絶対的な「お兄ちゃんキャラ」なのである。

自信喪失した天晴を立ち直らせようとする彼は、明らかに兄の立ち位置にいる。
ホトトを子供扱いするのは大人風を吹かしているわけではなく、まだ小さい弟が心配だからだ。
ホトトに代わって仇を討ち果した時も、天晴をかばって敵の凶弾に倒れた時も
動機として一番近いのは、弟たちに対して兄が示す無償の保護感情ではないだろうか。

小雨を中心に、天晴とホトトを合わせた三人が疑似兄弟のような関係性で結ばれている。
レーサー組には他にも、アルとソフィアという疑似姉弟、さらにはバッド兄弟という本物もいた。
この作品のヨコ関係への着眼は、意外に持続的で根の深いものなのかも知れない。


改めて第八話の決闘を思い返してみると、
小雨が、暴力への恐怖というタテの抑圧を断ち切ることに成功したのは
新たに獲得した仲間との関係、すなわちヨコ方向の心理的紐帯をバネにできたことによる。
タテの支配をヨコの連帯が打ち破るという、終盤のバトルで示されるのと同じシェーマが
すでにここに提示されていることがわかる。ただ、両者を比較して明らかに認められる落差こそは、
テーマの一貫性も重要だが、それがキャラクターの内面と絡められてこそ本当に生かされるという
端的な事実の例証になるだろう。



さて、天晴と小雨のこれからだが・・・
わがままな弟と世話焼きの兄という潜在的な関係性は、対等な友情に発展することはなく
変人というよりは、ただの子供である天晴に小雨がどこまでも付き合うという形で最終的に温存される。

最後に炸裂する天晴のデレは、あまりに鮮烈すぎてちょっとついていけないほどだった。
そのシーン、自分の心の耳には、はっきりと次のようなセリフが聴き取れたのだ―


「小雨お兄ちゃんのことなんか全然好きじゃないんだからねっ!」


ツンデレ弟という新機軸(?)が生まれた、これは記念すべき瞬間かも知れない。
メリケン珍道中の結末としては、なかなか味のある締め括りだったと言っておこう。



やや不満は残ったにせよ、至福の時間を与えてくれたこのアニメの充実ぶりには感謝しかない。
P.A.作品らしく、アニメへの愛が全編にあふれていたことは疑いようもないだろう。
(第九話のドーナツ屋の看板、ちゃんと気づきましたよ。どんどんドーナツ!!)

一風変わった、味わいのある作品をお探しの向きに、是非本作をお勧めしたいと思う。
{/netabare}


定評あるP.A.WORKSのオリジナルアニメだが、昨今はやや不調と言えそうだ。
完走後のレビューで自分が憤懣をぶちまけた、本作終盤の理解し難い方向転換なども
あるいはそうした迷走の一端を示すものなのかも知れない。
それでも自分が本作を支持するのは、通常の評価基準では測れない独特の魅力のためである。
量産アニメには求められない明確な個性と存在感、そして、
全てのP.A.作品に共通する温かな人間味と、それを醸し出す源泉となる
アニメーションに対する作り手の情熱とは、何物にも代えがたい貴重なものに思えるからだ。

投稿 : 2022/01/22
♥ : 16

ストライク さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

明治末のキャノンボール

最後まで観た感想

明治末にアメリカで行われたキャノンボールでした。
まぁ 面白かったです。
最初はキャラ紹介もあってなかなかレースが始まらず、ヤキモキもしたんだけどね。^^;
いざ始まってみると、いろんなアクシデントがあってもライバルたちとの友情?などがあって、強力したりする場面があり、それはそれで素晴らしくて美しいかもだけど、なんだか なあなあな関係というか・・・
もうちょっと自分以外は敵というか、シビアにレースに挑んで欲しかったような気もしました。
レース終盤は、ギル・T・シガーの妨害により、レースそっちのけで「サウザンドスリー」退治に話が変わってしまい、なんだかなぁーで、これじゃない感が(苦笑)
これ
ドラマだったけ?って思ったよ。
でもまぁ、最後はちゃんとレース再開して決着もついたので、まぁ そこそこ満足できたかな?
でもやっぱり僕としては、もっとレースメインで抜きつ抜かれつのハラハラドキドキをメインに見てみたかったです。


どうでもいいつぶやき
天晴って車の免許 持ってたの?



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最初のレビュー


P.A.WORKSのオリジナルですかね?

時代設定は明治末らしいけど、これ 子供の頃観た映画「キャノンボール」まんまの内容です。
一応3部作まであるけど、1と2にはジャッキー・チェンも出演してます。
(1ではスバル レオーネ。2では三菱 スタリオンに乗ってました)
なついです。(誰か観てる人いるかなぁ?)

アメリカ大陸横断レースなので、必ずしも早い車が勝つ訳じゃなく、耐久力や運も必要なので面白いんですよね。
本作のキャラでは、無頓着で発明化みたいな天晴と、刀を携帯する士族の下級役人 小雨との凸凹コンビで、なんだかんだで良いコンビだと思います。
他のキャラは今後出てくるだろうけど、キャラは大事なので面白い奴 期待したいです。

しかし
コロナの影響で3話まででストップ。
残念ですわ。
どのくらいの期間延期するか分かりませんが、いきなり4話から始まっても細かなとこ忘れてる自信があるので、また1話から放送始めてくれると嬉しいんですが。。。

幾つかの作品が延期になってますけど、早くいつも通りに戻って欲しいですね。
てか、これを期に アニメは完全出来上がってから放送決定した方がいいんじゃないかと思いました。

投稿 : 2022/01/22
♥ : 32
ネタバレ

食前酒 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

P.A.WORKSのアニメです

【第十三話】(総評も含みます)
{netabare}最終話です。面白かったですね。AパートはVSギル。前から気にはなってたけど小雨もギルもTJもみんな普通にピストルの弾真正面からよけてるのはどうなんだと思いますが、ギルはディランとTJによって普通にボコられて倒されました。ギルの強さは最後どうやって収めるんだろうと思ってたけどやっぱりあっさり倒されて終わりでしたね。一方、裏では天晴たちが爆弾入りの暴走列車を車で止めるという破格展開で、物理的に可能なのかどうかはさておき、迫力も画力もあってなかなか面白かったです。無事列車も止めてソフィアも救出、ギルも警察に突き出して万事解決。一か月後にレースが再開されみんなお待ちかねのレースシーン。天晴号の急加速からの急カーブ。そのまま全部ごぼう抜きしてなんと一位は天晴号。私はウマ娘みたいに全員同着にするかなと思っていましたが最後にはみんなしっかり順位が付いてましたね。レース後天晴と小雨は引き続きアメリカに残り飛行機作りをすることに。この収めどころもよかったと思います。さて、作品全体的に見るとやはりレースシーンが少ないことは気になったし、SNSの評判もそこが論点になってたのが多かったようですね。でも最後まで見た方なら察してると思いますが、このアニメはレースだけをとり得にはしてないですよ。十一話、十二話あたりの感想でも書きましたが天晴や小雨の生き方だったり他人との向き合い方などある意味人間ドラマチックに変化を感じさせてくれたと思います。あくまでレース事態はそれらを見せるための要素であり、ギルの圧倒的なまでの悪役ぶりもそうです。もちろんホトトやシャーレン、TJ、ディランにもしっかり物語がありました。それらにプラス、レースやアクションシーンのアニメーションや背景の作画のリアルさももちろん抜かりない。私が思っているPA制作の良いところが今作もしっかり感じられました。なので初めからレースアニメだ!と思ってみていた方やそれを期待していた方はイマイチだったかもしれませんね。これから見るという方は是非こんな視点で見てみてください。私は十分楽しめました。{/netabare}

【第一話】
天晴のからくりオタク感、それに翻弄される小雨の今後の展開に期待せざるを得ないですね。
【第二話】
一話から変わらす背景すみずみまで丁寧でした。ほかにもPAらしさは随所に感じましたが何よりエンドロールがかっこよかった!
【第三話】
私が思うPAの良いところはいくつかありますが、そのうちの一つキャラ一人一人の「設定」に手を抜かないところがこの作品にも感じます。今のこの3~5話あたりの振りがこの後うまいこと効いてくるんでしょう。役者がそろってきて今後のレースが楽しみです。
【第四話】
4月コロナ事情で延期から再開。女性レーサーのお話で良くも悪くも普通な展開だと思いました。はやく本番の大陸横断レースがみたいですが、キャラクターも出揃って無いようですし、天晴もマイカー鋭意製作中なのでまだまだ仕込みの段階が続きそうです。
【第五話】
{netabare}途中のドレスコードいざこざやポールポジション争奪戦やら終始このアニメ独特の雰囲気出してます。次回からようやく本格的なレースが楽しめそうです。第1話でスタートシーンを描写することで5回分積み重ねられてきた分、今回の5話で見る同じシーンでもキャラ関係の深みが増します。PAの気合の入った構成作りを感じますね。{/netabare}
【第六話】
{netabare}序盤から熱いレース展開でした。荒野を走る電車に道を阻まれ他のレーサーたちは止まっている中、天晴は追いつきながら猛スピードで脳内計算。(ドクストの千空みたいですごかった(笑))からの通過する電車に車をかすらせて速攻方向転換!結果的に中間地点ではいい順位ではなかったものの天晴のレース展開は見てて飽きません。スピードもパワーも勝る敵レーサーと張り合っていくうえで、天晴のもつ知識でいかにして相手を打ち負かすかがカギ。天晴号もまだまだ変形していくようなのでそこも併せて楽しみです。{/netabare}
【第七話】
天晴のような絶対合理主義者が自分ないし他人の非合理的な考えに理解できないというあるいみ典型的な流れ。しかし、過酷なレース場面でみんなでキャンプをやったり夜空の星を見ながら語らうところもあり且つここまで作画も安定していて普通にいいアニメになってる。あとは今回の落ちからこの後のストーリーをどう作っていくのかがアニオリとして見どころだと思う。
【第八話】
{netabare}今回は小雨回。良かったところもあったけど惜しい感じがした。Bパートの小雨はかっこよかったしホトトとの兼ね合いもまぁ良し。で気になったのは脚本面かな。まずAパートで先頭集団が何者かに襲われ車も壊されレーサーたちも惨死。そこにで運よく生き延びたとか言ってる津田さんボイスの男。あの時点で100:0でこいつが犯人ってわかったし小雨の母親の殺され方も適当に感じた。そりゃ時代が違えば命の落とし方は違うだろうけど突然家から出てきた覆面男に切られてそして小雨だけ何故か生き残ったってちょっと説明不足では。どれもそこまで大きな汚点ではないけど、思ったより浅いシナリオになりそうでちょっと期待は下がった。まぁこの後のレース展開も白熱してくるでしょうからそこは楽しみにしてます。{/netabare}
【第九話】
{netabare}う~ん面白い!レースしてなくてもこれだけ面白い。今回はPAらしさの詰まった私好みの回でしたね。いったんレースは中断され残るレーサーたちでとある村に滞在するんですが今までほぼ関わり合いのなかったキャラクターたちが交わって一人一人個性が良い感じに出てました。シャーレンと小雨、ホトトとチェイスとトリスタン兄弟など。特に面白かったのはアルとTJの酒飲み対決とディランが髪切ってるところ(笑)。アルとTJの飲み対決は一杯で倒れたアルの代わりにソフィアが飲みまくって勝ちました。ディランの知人に髪の毛切ってるところをバレないように隠れる気持ちも良くわかる(笑)。そうしてみんなわいわいしてる間にも天晴は村中を歩きながら車の開発研究。ディランの散髪中にも乱入しました。そして最後は出ましたPAのお風呂シーン!レーサーみんな大集合してカットが変わるたびに皆変なことしてました(笑)。キャラクター一人一人にしっかり焦点を当ててアニメ映えのためだけにキャラクターを量産するのではなくこのアニメのストーリー展開において誰一人欠かせない存在にする。PAの好きなところです。でも今回の内容でだいたい今後の展開もわかるし最終回の落ちもなんとなく予想できてしまうのでそこは…。相変わらギルの動きもわかりやすすぎるし(笑)。{/netabare}
【第十話】
{netabare}予想以上に衝撃的な話。いよいよレース再開のAパート。天晴号はハイブリットエンジンを導入してさてさてどんなレース展開になるかと思いきやギルが動きます。というかこのギルが思った以上にたちが悪かった。覚醒したギルは命令に従わない奴はバンバン撃ち殺して、あっという間に列車をハイジャック。レースも中断されてここでようやくギルの正体が分かったレーサーたちも動揺。このギルがめちゃくちゃつおいし性格もまさにアウトロー中のアウトロー。ディランもTJも倒されて挙句の果てにレーサーの車まで破壊。天晴号にも火を放たれて激昂の天晴。次の瞬間乾いた銃声とともに目の前で倒れる小雨の姿が…。なんだろう予想以上に残酷なシーンもあってレース関係ないところで過酷だなと思った。{/netabare}
【第十一話】
{netabare}良く言えばPAらしいキャラクター一人一人に焦点を当てた丁寧な作り込み。悪く言えば展開が王道過ぎて唆られない。天晴の落ち込みからの復活具合とかアルの動揺っぷりなんか絵に描いたようなもの。小雨も危険な状態から無事生還。復活した小雨が輸血に例えて話していた場面はギルという人類の進歩をさげすむ存在と天晴という人類の先端を行くものの存在が対極で表されてていいと思ったけど今回強いて良かったところを挙げるならそこだけだったので残念。{/netabare}
【第十二話】
{netabare}今回もレースシーンは微塵もありませんが面白かったです。ギルにさらわれたソフィアを救うべく復活した小雨や大会進行役の男もつれて総勢十人で適地に乗り込みます。戦闘アクションや作画はとても良かったです。背景作画ももちろんですがアクションでは特に小雨の必殺技やシャーレンの戦闘シーンはかなり動いてたので引き込まれました。他方でいいなと思ったのは天晴。最近また序盤の話を見直してきましたが天晴はここまでの12話で変わりましたね。見た目は変わってないですが中身は見違えるぐら変わってます。一話のあのムスッとしたからくりオタの天晴が人助けをするなんて考えられない。二言目には「合理的じゃない」って突っぱねますから(笑)。それが今回のOP前の10秒セリフではソフィアを助けるみたいなことも言ってたし、仲間とも進んで協力する。そしてなにより人にありがとうを言えるようになったこと。人として当たり前のことなんですが天晴のこの人間性の変化は私は成長だと思っているので良い話だなと思いました。私もレースシーンが見たいのはそうなんですがやっぱりそこはPA作品ということで今回の天晴のようなキャラクターの関わり合いや成長物語を楽しむべきとも思います。{/netabare}

投稿 : 2022/01/22
♥ : 8

61.7 3 エンジンアニメランキング3位
スチームボーイ - STEAM BOY(アニメ映画)

2004年7月17日
★★★★☆ 3.4 (168)
786人が棚に入れました
『スチームボーイ』(STEAMBOY)は、大友克洋が監督した2004年公開のSFアニメ映画作品。
【ストーリー】舞台は19世紀のイギリス。科学技術が目覚しい発展を遂げていた時代。
マンチェスターに住むレイは、オハラ財団に出向したため渡米している発明家の祖父ロイドと父エドワードと同じく、発明が好きな少年だった。

69.8 4 エンジンアニメランキング4位
モンキーターン(TVアニメ動画)

2004年冬アニメ
★★★★☆ 3.8 (143)
635人が棚に入れました
子供の頃からプロ野球選手になることが夢だった波多野憲二(はたの けんじ)。しかし、夏の甲子園大会、東東京地区予選・3回戦で敗退してしまう。
だが、野球部の監督であり、担任の筒井は、そんな憲二に違う才能を見出していた。そしてある日、以前の筒井の教え子でプロ・ボートレーサーの萩原麻琴に憲二を会わせるのだった。
初めて競艇を目の当たりした憲二は、モンキーターンに憧れ、競艇選手になることを決意するのだった。

声優・キャラクター
川島得愛、野田順子、根谷美智子、高野直子、間島淳司、青野武、麦人、岡村明美、私市淳、豊嶋真千子、谷山紀章、大西健晴、望月健一、宝亀克寿、菊池いづみ、村井かずさ、富坂晶、佐藤智恵、神田朱未、渋谷茂、冬馬由美、浜田賢二、千葉一伸、遠近孝一、中村大樹、山崎たくみ、茶風林、久川綾、喜多川拓郎、真山亜子、小西克幸、幸田夏穂、相沢まさき、田中完、加藤有生子、星野充昭

ぶっかけ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

全速ツケマイ まくれ!モンキー

公営ギャンブル、『競艇』はこれ見て学ぼう

一人の選手が養成学校を経て、一人前の選手になるまでを描く
原作は、日本船舶振興会から競艇初心者の入門書として、お墨付きまでもらっており、続編を含む全50話で、業界の全貌を把握出来る内容となっている

競艇ハウツーの役目を担ってはいるが、スポ魂として充分に選手の生き様も描いており、物語は胸熱
レースシーンはフルCGに加えて、実際のレースから音源を収録して使用しており、その臨場感溢れる描写は、是非とも体感して頂きたい

これを観れば、今まで流していたスポーツ新聞の競艇欄に、目が留まるようになる
少なくともその程度の変化は起きるはずだ

投稿 : 2022/01/22
♥ : 9

ソーカー さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

競艇の面白さを知る秀作

原作はサンデーの人気競艇漫画。ギャンブル臭の全くしない熱き成長物語。
比較的マイナーな競艇を扱った作品ですが、これぞ王道の面白さ。
CGは最初は厳しいものがありますが、どんどん向上していきます。
痺れるような駆け引き、緊張感ある迫力のレースシーンは圧巻。
モーターやらペラやらコース取りやら、競艇の奥深さも存分に堪能できます。
まぁよく知らないから、面白いというのもあるんですが、競艇ファンにも支持されてるみたい。

ほぼ毎回CG使ったレースの競艇版イニD。実家が豆腐屋という謎の共通点もある。
まぁ内容自体は別物で・・・スポ根的な熱い成長物語として良いものがあります。
負けん気の強い主人公はほどよく熱血、そこまで暑苦しくもないので好感が持てます。
頂点まで上りつめて大怪我して・・・という確実に王道だけどこの作品は本当に無駄がない。
アニメでは恋愛のドロドロもそこまでない。青島さんをヒロインにしとけば良かったのに・・・
とにかく一貫して競艇の面白さを一直線に追求してるの魅力。
ひたすらに熱い競艇の奥深さと主人公とライバルの成長ぶりを愚直に描いた点が好印象です。

投稿 : 2022/01/22
♥ : 17

ろき夫 さんの感想・評価

★★★★★ 4.4

いくぜモンキー!決めろマクリ差し!!

競艇に対する見方が変わります!めちゃ面白いですっ!!
出来るだけ多くの方に観て欲しいので、ネタばれレビューは2期の方に書きますw

帯ギュの河合克敏原作、少年サンデーで1997年からおよそ8年間連載された大人気競艇漫画
「モンキーターン」のアニメ化。
一期・全25話、原作でいうところの18巻あたりまでの展開が描かれています。

天才型主人公がライバルとバチバチするタイプのスポ根。
と、言ってしまえば簡単な話なのですが、ありがちな主人公無双、周囲の人間は単にその引き立て役。
という構図に甘んじることなく、しっかりと人物にそれぞれの価値観を持たせ、人間関係に深みを与えています。河合さんは好感を持てるようなキャラクターを描くのがベラボウに(b´∀`)ウマイ!
スポ根漫画家十傑にランクインしています。(私の中でw)

そして競艇という好奇心くすぐるマニアックな分野の専門性に富んだ内容が(b´∀`)サイコウ!
競艇とは6艇のボートが一周600mの水面を3周して順位を争う競技。これはどの競艇場でも同じ。
「アニメでそんなの観て面白いの?ただグルグル周るだけで単調そうだからすぐ飽きんじゃね?」
というイメージが先行してしまいそうですが、やはりというか知れば知る程奥深いものです。
競艇場ひとつひとつにしっかりと個性があり、攻略法が存在します。
また、競艇は現役選手の最年長者が70歳を超えるという大変息の長い競技。
10代の若手から還暦越えの年配まで老若男女問わず、同じステージで戦うという特殊さも面白い。
なので若手と年配者との間で交流もさかんで、魅力的なドラマも生まれやすいのだとか。

本作品でもそういうドラマが描かれており、実在の人物をモデルにエピソードを構成してあるので
どことなく現実味があり、なかなか為になるお話も多いのです。
能天気な内容ではなく、職業レーサーとしての苦悩を描いたりと、シリアス寄りな内容です。
競艇という競技の魅力を余すところ無く描ききっているのではないかとニワカながら思っています。
実際、現役の競艇選手からの人気も高いみたいです。

人間ドラマとしても十分面白いのですが、このアニメ版での見どころはやはりレースシーン!!

本物さながらのレースの臨場感を出すために制作スタッフの方々が相当苦心されたらしく、素晴らしい出来栄え。3DCGによって再現された繊細な水しぶき!
当時の技術なので少し頼りない感じもありますが、艇の見せ方なども良くスピード感もあって最高です。
それに、6艇のボートの6色が鮮やかに表現され、どのキャラが何号艇か判断しやすい。
これは漫画の原作では表現しきれない、アニメならではのアドバンテージだぜ!?
と言わんばかりにほぼ毎話レースシーンが出てきますw
でも面白いので毎回テンション上がっちゃう!www
序盤から速攻、白熱したバトルを堪能でき、観るのが止まらなくなります。

なので、アニメで観れて良かったなぁ~と素直に思える作品でした。原作よりもこっちが好きかな?w
原作の話の順番を変え、やまと学校時代のエピソードを過去の回想という形で話の合間に入れる構成も、テンポ良く話を進める上では良かったのではないかと思います。
テンションを全速状態にしてくれるOP曲「ココロが止まらない」も本編とかなりハマっていて(b´∀`)イイネ!

スポ根好きだけではなく、「宇宙兄弟」のような人生訓溢れるドラマが好きな方にもお勧め出来る秀作だと思います。王道展開ならではの爽快感に加え、内面描写も怠らない。
個人的にかなりツボです☆
今ではすっかりハマってしまい、競艇アプリで毎日予想をチェックしていますw

あと、どうでもいいことですが、競艇イメージキャラクターを和田アキ子からアッキーナに変えたのは大正解でしたねwww

投稿 : 2022/01/22
♥ : 8

62.6 5 エンジンアニメランキング5位
よろしくメカドック(TVアニメ動画)

1984年夏アニメ
★★★★☆ 3.4 (34)
134人が棚に入れました
横浜にあるチューニングショップ「メカドック」の風見潤は、さまざまなアイデアでお客の要望にこたえていく名チューナー。今日も、経理担当の中村一路(いっつぁん)、板金担当の野呂 清(ノロさん)と共に、仕事に励む。やがて、風見は、日本各地で行われるチューンドカー・レースに参戦。那智 渡、渡辺俊光(ナベさん)といった名チューナー兼レーサーとの対決を経て、その技術を切磋琢磨していく。 『週刊少年ジャンプ』連載の次原隆二 原作のマンガをアニメ化。製作は、老舗タツノコプロダクションが担当し、当時のタツノコの演出ではトップのうえだひでひとがチーフ・ディレクターを担当。実車から採取したエンジン音をSEとして使用するなど、レースシーンの臨場感の再現に力が入れられていた。

声優・キャラクター
橋本晃一、石丸博也、玄田哲章、井上和彦、石塚運昇、二又一成、堀内賢雄、一龍斎貞友、日髙のり子、佐々木るん

ひげ さんの感想・評価

★★★★★ 4.3

よろしくしたい、よろしくされたい

原作は飛ばし飛ばし、人の家に転がってたり、ラーメン屋にあるのを。あんまり覚えてない。CRXとかXXとか出てたよなぁ程度。
ただ思ってたのは専門卒業しただけとか免許もってるだけで、そんなにイジったことも、暴走ったこともないんじゃねえの?というめちゃくちゃ失礼な印象。
チューニングってのは『調律』ってことだぜよ・・。
やらかしてることが正確にはモディファイとかカスタムなんだけど、
時代が時代だしそもそもジャンプだし。
馬力だ加速だというそんな時代だったらしいと聞き及ぶ。
鳥山先生もターボごときで泣き喚く時代だしな。



本題のアニメはニコで配信はじまったので視聴。
OPは有名っすね。
すぐに気になったのが音・・実車から取ったと・・すごすぎる・・。なんだその気合は。
作画も当時の風潮でしょうがデフォルメ気味ですごくいい味だしてます。
こんな作風でむちゃくちゃやんwwwって改造やターボだ馬力だ小僧くさいこと言われてもあんまり嫌な感じがしない。
さすがタツノコ?なのかな。かっこかわいいんです。困ったときの片輪走行なんです。
視聴しててとにかく楽しそうな時代だよ・・たしかに横浜とか大黒とかつれてかれてこんなだった。
日本車でもいい車いっぱいあったころだし・・オレは生まれた時代を間違えたかもしれんな・・。

投稿 : 2022/01/22
♥ : 11

計測不能 6 エンジンアニメランキング6位
湘南爆走族 6 GT380ヒストリー(OVA)

1990年5月25日
★★★★☆ 3.9 (6)
26人が棚に入れました
1982~88年に「週刊少年キング」で連載、87年には実写映画版も公開された、吉田聡のコミックが原作。OVAシリーズとして全12作がリリースされており、本作はその第6作。前作に引き続き、監督を西沢信孝、脚本を隅沢克之が担当。キャストは塩沢兼人、目黒光祐(裕一)、富永みーなほか。 「湘爆」の中では控えめでメンバーのまとめ役をしている桜井が、花屋のかなえに恋をした。しかし、彼女はツッパリや暴走族の生き方を真っ向から否定。桜井にも湘爆を抜けて欲しいと頼み、翌日に退院するおばのを一緒に迎えに行こうと誘う。しかし、翌日はチームの大事な記念ツーリングの日だった……。実写映画に主演した江口洋介が音楽で参加。劇中で骨太なロックサウンドを聞かせている。

scandalsho さんの感想・評価

★★★★★ 4.6

湘南爆走族OVA第6弾

暴走族マンガの原点ともいえる『湘南爆走族』のOVA第1弾。
原作マンガは中高生の頃リアルタイムで読んでいたなぁ・・・。(あぁ、年齢がバレてしまう・・・)

湘南爆走族2代目リーダー兼波打際高校第25代目手芸部部長(!!)の江口洋助をはじめとする5人組・湘南爆走族のメンバーと仲間たち、ライバルの暴走族などとの友情や恋愛を描いた作品。
暴走族マンガらしくケンカのシーンも少しはあるけど、原作は、ほぼコメディ。


本作は湘南爆走族の一員、桜井信二の回。
普段は個性の強い他のメンバーの陰に隠れてあまり目立たない桜井のひと夏の恋と愛車GT380の話。

原作に忠実な本作に感謝!!

投稿 : 2022/01/22
♥ : 4

61.0 7 エンジンアニメランキング7位
プラチナエンド(TVアニメ動画)

2021年秋アニメ
★★★☆☆ 3.0 (69)
388人が棚に入れました
「私が“生きる希望"をあげる」架橋明日は家族を事故で失い、引き取られた親戚のもとでも辛い日々を送っていた。全てに絶望した少年は、中学校を卒業したその日、ビルの屋上から身を投げる。しかし、少年はそこで1羽の天使と出会う――

ミュラー さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

すごく面白い

さすが、Death Noteを製作したタッグの原作だけある。
絶体絶命のシーンに追い詰められ、そこをいかにして乗り越えるか。
見ていてハラハラする展開はさすが。
原作未読だけど面白いんだろうなあ。
アニメでこれだけ再現できているのだから。
人間のかなり本能的なところまで踏み込んで描かれているのが素晴らしいと思う。
OP曲が好きなバンドであるBAND-MAIDなのもポイント高い。
ただ、視聴には体力必要な気がする。

最後まで24話やってくれるということで、最終的な評価に期待。
2クール目も楽しみにしています。

投稿 : 2022/01/22
♥ : 1
ページの先頭へ