カラオケおすすめアニメランキング 8

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメのカラオケ成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年11月19日の時点で一番のカラオケおすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

72.3 1 カラオケアニメランキング1位
坂本ですが?(TVアニメ動画)

2016年春アニメ
★★★★☆ 3.5 (1017)
5120人が棚に入れました
クール、クーラー、クーレスト高校生の登場! この物語は、とあるクール、いや、クーレストな高校生・坂本の学園生活を綴ったものである──。入学早々、クラスの、いや学校中の注目を集める一人の生徒がいた。その名は坂本(さかもと)。彼にかかれば、ただの反復横跳びは、秘技「レペティションサイドステップ」へと変貌し、上級生からの「パシリ」は、「おもてなし」へとクラスチェンジする。そんな彼のクールな一挙手一投足から、目が離せない。

声優・キャラクター
緑川光、石田彰、杉田智和、武内健、檜山修之、森久保祥太郎、堀江由衣、中原麻衣、田村ゆかり、植田佳奈、生天目仁美、藤田咲、高橋美佳子、前野智昭、鈴木達央、矢部雅史、中田譲治、くじら、稲田徹、遊佐浩二、岩田光央
ネタバレ

101匹足利尊氏

★★★★☆ 3.7

I'm a perfect human.

原作コミックは未読。

最初は奇をてらったギャグ漫画原作物かな?と眺めていましたが、
視聴後はむしろ、皆がつまらないと捨て去ってしまった日常に潜む、
面白要素の再発掘アニメだと認識が改まりました。

ヘンテコな設定、斬新なアイデアを思い付く……。
ここまでは凡人でも頭の打ち所が悪ければ思い浮かぶこともあります。
ただ、ギャグ漫画はそこから持続可能な作品、世界観を構築するのが難しい。

地道な創作活動を支える大きな一助となるのが温故知新の精神。
過去の自分や人々は、どんな遊びで人生を豊かにしていたのだろう?
という探究心で培った引き出しを、作者がどれだけ持つことができるかが、
ギャグ漫画継続の鍵だと、改めて思いました。

本作には、例えば {netabare}レセプションサイドステップ(反復横跳び)だの手押し相撲{/netabare}だの
昔、学生時代、ゲームアプリもなく、玩具の持ち込みも禁じらた、
何もない退屈な学校で、いかにして暇をつぶし、面白味を見出していくか、
悪戦苦闘の青春の思い出がたくさん詰まっています。

思えば、近年アニメ化成功までこぎ着けたギャグ漫画。
例えば『侵略!イカ娘』『干物妹!うまるちゃん』何かでも、
ネタが一巡して、踊り場に来ると、作者が子供時代楽しんだ遊びの思い出でが引き出され、
作品を下支えする場面が多々、見られました。

と言うより、童心への回帰、人情への転換。
この辺りは『こち亀』や赤塚不二夫氏のギャグ漫画原作アニメから、
連綿と続く、日本のギャグアニメの伝統芸なのかもしれません。


その他、私の目を引いたのは、不良たちのファッション。

例えば8823先輩なんかは、著しく短い学ランを着用する、
最新の?制服の着こなしを披露していましたw
いや……これ、学ランじゃなくてもはやチョッキでしょう(笑)

思えば、一昔前の不良やヤンキー、暴走族は、
足下まで届かんばかりの、著しく長い上着をたなびかせて、
大人たちに反抗していましたw

ところが、時は流れ、最近、ファッション雑誌なんかをめくると、
ただでさえ短足な日本人の大人たちが、地面すれすれのロングコート何かを身にまとい、
これこそが流行の先端を行くシルエット!などとのたまう始末w
日本はにわかに一億総暴走族の様相を呈していますw

でも、8823先輩始め不良たちはあくまで時代の逆を行くのですねw
常に本流に逆らい、ツッパリ続ける、ツンデレ不良男子たち(笑)
不良って何だか可愛い生き物ですね♪


以下、一話感想時のレビュー。長くなるので折り畳みw
{netabare}
以前、外国の教育関係者が、
「日本の学校はまるで病院みたいだ」
との感想を漏らしたニュースが印象に残った。

刑務所みたいな白無地の壁に囲まれた殺風景な校舎。
そこを冬は黒ずくめ、夏は白ずくめ……。
カルト教団の如き集団が分刻みのスケジュールで、
お経のような師の教えを拝聴する。

つまらないとの風評や外圧を気に病んだのか、
はたまた、面白くなくて荒れ始めた生徒に手を焼いたのか……。
近年は学校も校舎内装が宮殿化したり、
制服も複数パターンのブレザーを用意し、
一週間制服着回しコーデを可能にするなど、
生徒、保護者に媚びる姿勢を見せている。

だが待って欲しい。
そんな外面ばかり変えても学園生活は好転するのだろうか?
学園ドラマに至っては、教師も元ヤンキー、極道、
果ては超破壊生物と人の道から外れていく一方ですがw
結局、学校に集うのは人間。

荒んだ人々を改心させる程の
感動的なスタイリッシュが注入されれば、
まだまだ学園生活は色んな意味で輝きを放つのではないか?

本作はクールないち男子高校生の日常に密着した学園ドラマである。
彼は生徒会の一味でもなければ、部活動組織の先輩幹部でもない。
アレンジなしの制服に身を包んだ、
地位自体は一年生の平凡な生徒に過ぎない。

だが、彼が一度、日直を華麗に決めれば、学園生活に花が咲く(笑)

出過ぎた杭である彼に仕掛けられる罠や攻撃もまた、
学園物におけるテンプレの連続。
それを鮮やかな神対応で返される度に、
クール、クーラー、クーレストと高まっていく奇妙な快感w

その先に、怠惰な日本の学園生活に新たな地平が開ける予感(笑)
私も彼の一挙手一投足に釘付けになって視聴し、感動したいw
クールな学園アニメです♪{/netabare}

投稿 : 2019/11/16
♥ : 30
ネタバレ

イムラ

★★★★★ 4.2

アニメで坂本と言えば「日常」の黒猫か、この人

<2019/5/5 初投稿>
今日は「こどもの日」です。
というわけで「坂本ですが」をキッズ向けにレビュー(ウソ)


昔、行きつけの飲み屋のお姉さんから
「この漫画、面白いよ!BLじゃないからイムラさんでも大丈夫!超オススメだよ!」

と猛プッシュの挙句、押し貸しされたのが本作の原作第1巻でした。

暫くしたらアニメ化したので本放送で視聴。

個性的なシュール・コントで笑かされました( ・∇・)


主人公は高校一年生の坂本(♂)
下の名前忘れた、と思ってWiki調べたらファーストネームは謎なんですね。

七三分けにした黒髪眼鏡のシュッとした色白な美形の青年
(年齢からしたら「少年」なんでしょうけど少年に見えねえ)

彼はどんなことであっても"完璧"且つ"スタイリッシュ"にさらっとこなしてしまう「無敵の超人」です。

この時点で既に怪しげな雰囲気漂わせてますが特筆なのは

"完璧"と"スタイリッシュ"を両立させるための手段が変

予想外すぎるメソッドは時に{netabare} 人間の限界や物理法則{/netabare} をも軽やかに無視します 笑

精神構造もかなり独特で行動原理も謎。
ある意味男前な性格なんでしょうけど類型化しづらい。

よくこんなキャラ作ったな、と感心してしまいました。
誰が近いんだろう?

動きだけならやっぱり執事ですかね。
あの黒いの。

坂本のそれはあの執事の執事っぷりに近いものがあります。
でも耽美的な要素はないし。


ワンクールで綺麗にまとまっている佳作だと思います。

一風変わった笑いを求める人におススメ。

そして黒髪眼鏡に弱いというそこの貴女!・・・オススメですヨ



・・・おまけ
冒頭の飲み屋のお姉さんのくだり。
聡い方は既にお気づきかと思いますが、彼女は腐女子です。
「自分は腐女子」とカミングアウトしている人を実際に目にしたのは彼女が初めてで「腐女子は実在するんだ!」と驚いたことを覚えています。
しかもモデルのような美女。
しかもかなりの重症。
その方からは腐女子についてのあれやこれや、いろいろ教わりその節は大変勉強になりました( ・∇・)
※一応言っておくとその道に私が入り込んだとかは無いです( ・∇・)

投稿 : 2019/11/16
♥ : 32

じぇりー

★★★★★ 4.4

ツッコミが追いつかないんですが!!?(歓喜

一挙手一投足がクールでスタイリッシュな高校生・坂本君と、その周囲の人々が織りなすハイスクール・コメディアニメ。

容姿端麗・成績優秀・並外れた身体能力と、まさに完全無欠な坂本君。
ただ、アバンのナレーションが入るシーンとOP/EDアニメで見せるスタイリッシュさだけを見ても分かるように、こんな人間がリアルに自分の側に居たら、いくら美形であっても他人のフリをしたくなる程、実際に坂本の行っていることはぶっちゃけ寒い(笑)

しかしそこは坂本君ワールド全開。次々と関わった人々を魅了し、時には悪しき考えを持つ者を更生させる力さえも持つ。
ここがこの作品の最もクレイジーな部分で、誰一人として坂本の起こす奇想天外な行動にツッコミを入れない。
誰もが坂本君のクールさに圧倒され、ある者は彼に憧れを抱き、またある者は彼を認め、そしてある者は嫉妬を抱く。「あいつ変じゃね?」と、誰一人言い出さないこの世界にまず私はツッコミを入れたい!(笑)
要は、この作品の登場人物はほぼ全員ボケ要員にして、ツッコミを視聴者に委ね、それで楽しんでもらおうという趣旨なのだと思う。

ストーリーは概ね2話構成のオムニバス形式であり、回によってメインとなるキャラクターが変わる。
前述の通り、どのキャラのメイン回になろうとも坂本君もそのキャラもボケしかせず、従ってどのエピソードの着地点も似通りがちではあるが、このサブキャラクターたちが非常に個性が豊かで、ストーリーにうまく彩りを添えていると思う。
私個人的には特に、久保田君とそのお母さんがお気に入り♪

そして、これは原作の漫画からだろうが、キャラのちょっとした台詞に使われるワードのチョイスに作者のセンスの高さを感じる。
意外に笑えるポイントは、こういった何気ない台詞や、見逃しがちなワンシーンに隠れていたりするのも、より作品を楽しませてくれる要素だと思う。

当然、ショートストーリーの詰め合わせなので、回によってはあまり楽しめないものもあったりするのだが、何より作品全体を通して見た時に、非常にきれいに1クールで纏めきった点は賞賛に値する。
見始めたなら、できれば最終話まで見届けて欲しい作品。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 7

64.0 2 カラオケアニメランキング2位
プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ(TVアニメ動画)

2016年冬アニメ
★★★★☆ 3.5 (300)
1489人が棚に入れました
高校の部活動に始まり、全国的に人気を得つつある《ストライド》だったが、方南学園高校のストライド部は廃部寸前の状態に陥っていた。そんなストライド部にやってきた新入生の藤原尊と桜井奈々は、ストライド部を再始動させるべく、クラスメイトである八神陸に声をかける。《ストライド》だけはやりたくないと尊と奈々の誘いを断る陸。しかし2人にストライド部の部室へと連れて行かれた陸は、そこで入部をかけたストライド勝負をすることになってしまうのだが……。

声優・キャラクター
木村良平、岡本信彦、花澤香菜、小野賢章、小野大輔、下野紘、諏訪部順一、置鮎龍太郎、宮野真守、平川大輔、江口拓也、鈴木達央、小野友樹、豊永利行
ネタバレ

剣道部

★★★☆☆ 3.0

もっともっと良くなる要素はあった

「蒼の彼方のファーリズム」「Free!」などが好きな方は合うかもしれません♪

【視聴終了】
{netabare}
ストライド、という架空のスポーツに取り組む男子高校生がテーマ。多分、イッテQとかでやってた、パルクール(フリーランニング)にリレーの要素を足したんでしょうね。「大暮維人」さんの「エアギア 」にも近い感じ。

このストライドの難しさや面白さに、もっとスポットを当てて、スポ根系にもっていければ、更に良くなった可能性もあった(バトンタッチとかの描写はあったが)。どちらかというと、男同士の友情やトラウマの克服、他校との人間関係に重心が置かれた印象。

オリジナル競技だから仕方がない、ではなく、オリジナル競技だからこそ、じっくり考えて欲しかった。

ストライドという競技で一番上手かったのは、「スポンサー集め」という考え方。街自体がフィールドになるのだから、権利やら何やらで色々お金がかかる。でも、そのイベントを開いた自治体にも(知名度アップ)などのメリットもあるというのはなかなか面白かった。まあでも、リアルにやったら、大会終了後の日常に戻っても、スクライドを真似る人がいて危なそう。夜に若者がたむろするとか、トラブルも起きそうだなw

主人公のポジションである「リレーショナー」も設定としては悪くない。街中を走るから、相手の姿が見えない、だからこそ、仲間の声をどこまで「信頼」できるかというのは、作品のテーマとして良かった。ただ、ハイタッチを行うのが十字路とかばかりなら分かるけど、普通の直線もあって、?と思った(だったらリレーショナリーいらないじゃん)。タッチの場所を様々に変えたり(高低差をつける、水上で、とか)、大会や会場によってレギュレーシションを変えたりだとか、何かもっと特別な条件付けがあれば、より戦術に幅が出て良かったと思う。

あとはやはり、400メートルという距離も微妙。400を全力疾走って、ガチのアスリートでもかなりキツい。しかも、障害物をよけながらとか。それを、わりと安易な気持ちで部活やってるような方々が、ね。(ただ走る)短距離コースや障害物だらけとか、それぞれのキャラに特化させるのも、もっとあって良かったかな。

各キャラの「走り」にも、キャラづけや努力の描写が欲しかった。「テニプリ」くらいにするか、もっと言えば「競女」ぐらい突き抜けた特性があっても面白かったと思います。
{/netabare}

【総評】
逆ハーレム、BLという要素がないわけではありませんが、どちらかというと「青春スポーツもの」と言った部分の方が大きい印象。

ただ、その「青春」は良いとして、「スポーツ」の部分がツッコミどころが多くてイマイチ。

「心の成長」や「心の繋がり」なら、普通の陸上のリレーだって魅せられる。だったら純粋に「スポーツ」を魅せた方がより面白くなった気がします(オリジナル競技だからこそ)。

そういう意味で、惜しさを感じました。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 16
ネタバレ

ninin

★★★★☆ 3.9

街中障害物リレー

原作未読 全12話

ストライドという架空の競技がメジャーになっている世界、方南学園高校に入学した3人が廃部寸前となっていたストライド部に入り、他校との競技をへて成長していくスポーツ作品。

色々なルールはあるようですが、5人のリレーで指定されたコースの街中を駆け巡って、どのチームが一番早くゴールに到着するかを競う競技です。

練習や競技、部員たちの葛藤など描かれていて、テンポも良く、観ていて飽きませんでした。

ライバルたちも短いながら背景が描かれていたので、それぞれのストライドに対する思いもよく分かりましたね。
{netabare}
幼い頃からの3人の思いが一つになったタッチシーンが良かったですね^^
{/netabare}
あっさりした感じもしましたが、最後はうまく纏まってました。爽やかでお洒落な感じの作品です。気になる方は観てくださいね^^

OP OxTさんが歌ってます。爽やかな曲ですね。
ED 作中に出てくるアイドルグループが歌ってます。

最後に、こういった感じのスポーツをエクストリームスポーツというみたいですが、エクストリームというとスノーボードのフリースタイルというイメージがしますね。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 23

Dkn

★★★★☆ 3.8

走れ!!ストライドのプリンスさま☆ プリンス要素どこ?‥「・_・ )(「・_・)ここ?

走れそぉい!!

パルクール&駅伝を組み合わせた女性向けスポ根アニメの触れ込みでアニメ化が発表されました。

この頃は知らなかったのですが原作あるんですね。だから“オルタナティブ”が付くようです。


女性向けあるあるで主人公の桜井奈々ちゃんが可愛い。
方南ストライド部に憧れて北海道から単身上京し、ストライド部メンバーのために尽くします。

声優も鉄板も鉄板。木村良平、岡本信彦、小野賢章、小野大輔、下野紘、諏訪部順一、置鮎龍太郎、花澤香菜。


全体的に爽やかで癖のない展開は、女性向けでありながら男性でも苦手意識がなければ見られるとは思いますが、
逆に女性に聞きたかったのが傍目で見てると女性の心を掴む男の子がいっぱい出てくる作品ってどれもこれも
曲者揃いの奇人変人イケメンが多いやつじゃなかったのかな?本作はちょっとキャラに癖が無さ過ぎたような?


女性には大ブーイングかもしれないけれど、女性の方が性癖‥いや、ご趣味が特殊な方多い気がするんですよ。

テニスの王子様なんて揃いも揃って曲者も曲者なのにキャーキャー言われてたし、Free!は合法的に男♂の身体を
ガン見できる鼻血アニメなんて言われ、淑女たちの鼻からでる大和撫子っぷりをたくさん見せていただきました。


本作は男でも可愛いと思うような少年たちが架空の競技に邁進して、努力友情勝利を地で行く話だったけれど、
アニメの尺に合わせた短く凝縮された展開はアッサリしていて感情移入するほどじゃなかったのが惜しい。

も一つ問題なのが架空の競技“ストライド”じゃなくて、パルクールや駅伝の競技そのものなら良かったな。

本来ならアニメ外で興奮さめやらない熱を向ける場所が欲しい所(ロードバイク、フィギュアスケートみたいに)

その辺も凝り性な女性ファンに向けて流行りにくいポイントだったのかもしれないですね。


いや?流行ったのか?流行ってたらごめんなさいw

投稿 : 2019/11/16
♥ : 9

59.4 3 カラオケアニメランキング3位
森田さんは無口。2[にじょう](TVアニメ動画)

2011年秋アニメ
★★★★☆ 3.4 (265)
1110人が棚に入れました
アニメ森田さんは無口の第2期。他人より優し過ぎ、また考え過ぎで無口になってしまう女子高生・森田真由。時に周囲に誤解を与えながらも、楽しく学園生活を送る。

大和撫子

★★★★☆ 3.6

森田さん再び

森田さんがまた見られるのは嬉しいですね♪

◆この2期は・・・
約3分間のショートアニメ。
2期といっても1期が終わった翌週にはもうこの2期が始まり、OP曲以外は何も変わっていないです。

◆OP曲が・・・
1期ではリンドバークの曲でしたが、この2期では「にゃあにゃあ気分」という曲(=^・^=)
4人の女の子がにゃあにゃあ歌っています♪
「ふわわか」という結成したばかりのユニットらしいですが正式名称は「ふわふわしすぎてわかりません」というらしいです。

◆最後に一言・・・
書く事これくらいしかない、ふわふわレビューで申し訳ありません^^;

投稿 : 2019/11/16
♥ : 14

チュウ

★★★★☆ 3.2

3分ピッタリ!インスタントアニメ2!!

OPが変わったということ以外、前作と全く同じですね☆
と言うか何故、無駄に分けたのかが、森田さん最大のミステリーですねww
相変わらず、3分という短い尺の中で的確に的をを射ているアニメです!

キャラも可愛いし、内容も悪くはないのですが如何せん短すぎて評価に困りますねww
声優さんに関しても、主役を【花澤香菜】がはっていますし問題なく、いや純粋にかなちの高いレベルです☆
前作と比較すると、OPだけだ少しレベルが下がってしまった感じで他は現状維持ですかね☆

投稿 : 2019/11/16
♥ : 11

noindex

★★★★☆ 3.4

にゃーんにゃにゃにゃーんにゃーん

二期も相変わらずゆるくてオチなし、相変わらず森田さん喋らない、だがそれがいい。
このシーンで喋らないのは変だな…と思い始めてきたけど。
でもこういうゆる女子日常って相性が全てみたいで、私はこの作品がとても合うようだ。
ただ唯一気になったのが山本さんの声優の演技が良くないこと。メイン4人の声優が強力なので目立ってしまう。
メガネ娘はAKBなのに演技がなかなか上手いのがなんか皮肉な…。
内容的にはガチ百合っぽいシーンもあり、ほんのちょっとだけ険悪な展開もありと少しひねりを加えているけどやっぱりゆるい。
三期みたいなぁ…。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 3

73.0 4 カラオケアニメランキング4位
ヤマノススメ サードシーズン(TVアニメ動画)

2018年夏アニメ
★★★★☆ 3.7 (283)
1004人が棚に入れました
この夏、あおいが、ひなたが、かえでが、ここなが、そしてほのかがTVアニメに帰ってくる!
そして新しい友達との出会いも……。
今度はどの山に登ろうかな?

声優・キャラクター
井口裕香、阿澄佳奈、日笠陽子、小倉唯、東山奈央、牧野由依、儀武ゆう子、七瀬彩夏、高尾奏音、山本亜衣
ネタバレ

フィリップ

★★★★☆ 3.5

それぞれのディスタンス

アニメーション製作:エイトビット
監督・音響演出・シリーズ構成:山本裕介、脚本:ふでやすかずゆき
キャラクターデザイン・総作画監督:松田祐輔、原作:しろ

雪村あおいと倉上ひなたという幼馴染が、
高校生になって再会し、ふたりが中心になって
仲間をつくりながら登山を楽しむ物語のサードシーズン。

ファーストシーズンとセカンドシーズンでは、
登山とはどういうものか、必要な道具は何か、
関東近郊の山はどういうところがあるのかなど、
初心者に対する登山の指南的な内容の濃い作品だったが、
今回はキャラクターたちの物語や心情に重きを置いた
ストーリーになっている。

サードシーズン全体の中心になったのは、
あおいとひなたの関係性の変化だ。
明るくて行動的なひなたと、引っ込み思案で
編み物が得意なあおいという正反対の性格のふたりが、
それぞれに成長していく物語となっている。

あおいはコミュ障といえる性格で、ひなたといるとき以外は、
ひとりでいることが多く、体力もない。
ひなたは、外交的でどんな人ともすぐに仲良くなれる性格。
いつもあおいを連れ回して、一緒に遊んでいる。

そんなふたりの関係性だが、永遠に同じというわけにはいかない。
あおいは、ひなたに頼っていることを自覚しており、
いつかそんな自分を変えたいと思っている。
ひなたがいなくても思い切って友達と出かけたり、
バイトを始めたりして、次第にほかの人からも
認められる存在へとなっていく。
それを陰で見つめていたひなたは、
表面上は何ともないように装いつつも
内心では面白くない気分になる。
あおいが自分がいなくても楽しんでいる世界を
認めたくない気持ちにとらわれてしまうのだ。

いわばこれは親離れ、子離れという感覚に近い。
しかし、友人同士は親子ではない。
このような原因によって友人関係が
失われてしまうことがあるという話は聞いたことがある。
特に女性同士の友人関係に多いように感じる。
どこに行くにもいつも一緒の仲良しな関係であった場合、
何かがきっかけで完全に離れてしまうことがある。

私は今回の話を観ていて、
『響け!ユーフォニアム』のスピンオフ小説である
『立華高校マーチングバンドへようこそ』を思い出した。
吹奏楽部内において、主人公の佐々木梓と
友人の名瀬あみかとの極端ともいえる依存関係が
執拗に描かれるのだが、あるときに依存している名瀬あみかが
佐々木梓から少し距離を置いて、自分の頑張りで
部活に取り組もうとしたとき、佐々木梓は冷たく突き放し、
関係性を断ってしまおうとする。
その様子を見て同じ部活の女子は、佐々木梓に「病気」だと言い放つ。
傍目には依存されている側の人間が、
実は相手に頼られて優位に立つという心情的な部分で
頼ってくる相手により深く依存しているという形があるのだという。
これはユーフォの映画『リズと青い鳥』の
傘木希美と鎧塚みぞれでも同じような依存関係を描いている。
作者にとっては女子の友人関係のテーマのひとつで、
よくある構図なのだろう。

ヤマノススメ サードシーズンにおいては、
{netabare}ひなたとあおいの関係性がそこまで深く描かれたわけではなく、
すれ違いの連続とあおいの変化に
ひなたが付いていけないという展開だったが、
結局、相互依存の関係性が変化したときに
より友情が深まっていくというのは、なかなか面白かった。 {/netabare}
この作品でそういうものを観たいわけではない
と感じた人が多かったのも確かだろうが、
個人的には興味深い部分だった。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 45

えたんだーる

★★★★★ 4.2

山はあんまり勧めてない3期目(笑)

漫画雑誌「コミック アース・スター」に連載のマンガが原作のアニメ作品(3期目)です。(原作は未読)

2期目がそうでもなかったのに対して、3期目は1期目・2期目を先に観ておくことをかなり強く推奨する内容です。ということで、以下のレビューは1、2期目を観ている前提で書きます。

OP/EDをキャストが歌っているのは従来通りで、OP主題歌「地平線ストライド」の背景アニメ(特に前半部分のデフォルメキャラによる登山シーン)が1、2期目の振り返りになっているあたり、もう新規の視聴者獲得は目指していないのかなと感じますね。

まず放送フォーマットとしては2期目と同様に15分枠で、ただし2期目が2クールあったのに対して3期目は1クールになっています。

『ヤマノススメ』(1期目: 5分枠)は久しぶりに高校で再会したひなたがインドア派のあおいに登山(ハイキングレベル)を勧める内容、2nd シーズン(2期目)は山登りにはまり楓さんやここなちゃんとも交友を深めつつ難易度の高い登山を目指したりあおいとひなたのかつての約束の地を目指したりするやはり「ヤマノススメ」のタイトルにふさわしい内容でした。

そしてこの3期目なのですが、2期目であおいの弱点として発覚した体力面での強化に取り組む一方で、山登りの費用面での問題を解決するためのアルバイト先の洋菓子店での人間関係や、ひなたを通じて打ち解けたクラスメイトあるいは2期目のエピソードで出会いを果たしながらも普段は離れた群馬県高崎市に住むほのかちゃんなどとの交友関係の広がりによって、山登りとは直接関係がないエピソードが1、2期目とは比較にならないほどたくさん発生していました。

ということで決して山登りをしなくなったりはしないものの、より「日常系」な側面が強化されたストーリーになりましたね。

結果としてアウトドア面での「あるある」描写が減ったので、この点に不満を持つ向きは多くいらしたのではないでしょうか。これは良し悪しというよりは視聴者の嗜好の問題のように思われますが、個人的には「あり」でした。

4期目以降があったとして、富士登頂再チャレンジを見据えつつやはり日常描写は多くなっていくのではないでしょうか。4期目が実現すればたぶん私は視聴すると思います。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 43
ネタバレ

noindex

★★★★☆ 3.5

病ミノススメ。驕り高ぶる監督が原作より深くしてやろうと安易な改ざんをしてそれが裏目に

1話
最初にざっと人物紹介をしているので三期から見ても大丈夫なのかな。回想も多いし、ここまでの最大の事件だった{netabare}あおいが富士山の頂上に登れなかったこと{/netabare}も説明している。
OPはやっぱ一期二期が良すぎたなあ。一期の「スタッカート・デイズ」は正確にはEDだが。
{netabare}三期からはあおいの他のクラスメート3人もからむようだ。声優が変わってたりしているんだが大人の事情…特に元アーススター所属の鳴海杏子さんは…。
しかしあおいは3人が来ると黙り込み、編み物を始めて目をそらす。ここがきららとは違うところだが…三期では最後には打ち解ける展開になりそう。
そして二人で筑波山へ…あおいはかなり富士山の件がトラウマになってるなw
BGMがスターカットデイズのピアノアレンジ。{/netabare}
PVでは作画が荒れているように見えたが、元々前から目の辺りがブレがあるキャラデザなんだよな。通して見ると全然違和感は無いのは編集が上手いからだろう。
最近はアニメ業界の危機が叫ばれてるけど今期はここまでは良作画の作品ばっかだな。放送時期が早い作品は優秀なスタッフによる物が多いんだろうね。遅い作品は…。

2話
登山靴を買いに行く話だが…こういうのはやっぱり「ゆるキャン△」の方が優れている。この回がだめなのは店員のおっさんが上から目線で説明し続けるから退屈に感じるんだよね。ゆるキャンの場合は女の子たちが「自分たちで」品物を見て考えて買うからいい。さすがまどかファンが育てたあfろ先生は並の作家とは違うね!
なお一人演出作画回ということで絵が雑に感じた。二期の江畑諒真さん一人原画回のようにはいかないな。さすがまどか1話の作監だった江畑さんは並のアニメーターとは違うね!

3話
OP完成したようだね。さすがにあのMADみたいなやつにはしないか。
作画も戻った。
{netabare}またこのクソ過保護母親が足引っ張ってるな。
登山面白くないって作品のコンセプト否定しちゃだめ!
ここな天使に救われたが、何でこの世界は必ず助けが来るんだろうw
序盤のフラグからもっとひどい落ちを予想してたけどここな神に救われたね。
結局天覚山の沢筋コースと尾根コースはどっちがきついコースだったんだろう?{/netabare}

4話
山と関係ないワタモテ回。
{netabare}井口裕香のぼっち演技が上手くないと思った。ワタモテでは橘田いずみの「いつも喋らない人間が声を出す演技」が絶妙に上手かったんだが…。
夏色プレゼントを不慣れに歌うのは流石に上手かったけど。
周りにこんな子達が居たらもこっちはもっと早く脱ぼっち出来ていただろうに。{/netabare}
今回は松本憲生さん一人原画回だったがさすがの作画だった。カラオケのシーンの視点のダイナミックな動きはとても躍動感があったし、キャラの表情には色気があった(好みが分かれるかもしれないが)。
ただ遠くの人の描き方はかなりぐにゃっていたが、そこは一人原画なのでやむをえないのだろう。

5話
{netabare}久々のほのかちゃん回。今回も登山無し。
例の群馬アニメには出てこなかったなこの城。
フィルムを知らないあおい。世代間ギャップががが
ほのかがカメラオタすぎてわろた。
ほのか兄いらねえええええ汚物でしかない。現実に引き戻すな。{/netabare}
今回はキャラデの松尾さんの一人原画だけど前の松本さんの方が良かった気がした。

6話
{netabare}コーヒー回。コーヒーは自分で豆挽くよりネスカフェゴールドブレンド飲むのが一番、が持論。自分で挽いたこともあるが、酸化してない最高レベルの豆を用意しないとゴールドブレンドには勝てないんだよ。
この回は終始あおいの被害妄想や頭の鈍さが気になったな。3期目でもろくに成長していない…。
「さっぱりしてるね、これはこれで美味しいと思う」で、まずいと言われているのに気づかないって、{/netabare}こんな頭の悪い人間に生まれなくて良かったとすら思った。

7話
{netabare}アイアが卵でシェッケがまだらか。
俺もドイツ語取ってたけど知らんわ!
ひなたも精神病んでるのか。
メガネの子って外だとよくしゃべるのか。
高2で受験勉強って変だな。
消費税は悪い文明。←嘘。不貞外人からも取れる良い税制。
ここな母とあおいの初接触か。{/netabare}

8話
{netabare}谷川岳より赤城山の方が有名だと思うが…JKだから忠臣蔵知らないのか。
ひなたがめんどくさすぎwまぁ前回おかしくなってたのを描いてるからそこからひきずってるんだろうけど。
ここなちゃんがかわいそうで仕方がない。ひなたの中で楓より優先度低いようだし。
これが群馬の誇る伊香保温泉か。{/netabare}
ま~二期からこんな感じのめんどくさい作品だったしな…。

9話
{netabare}ほのかちゃんのブラが良かった←小並感
スタッフのモチベもMAXのようで作画も良かった。
ほのか兄はウェーイなヤンキーチャラ男なのがうぜーな。男が出てもいいんだけど、出すなら三者三葉の山路みたいな奴にして欲しい。NEWGAMEやはるかなレシーブみたいに街中に女しかいないのは逆に不自然だと思うけど。
それにしてもアニメによく出てくる焼きまんじゅう、こう見せられるとむしょうに食いたくなる。
そういやほのかちゃんって聲の形の結絃に似てるな。同じカメラ好きだし。
最後ほのぼのムードで終わるかと思ったらひなたの闇落ち…
だいたいここなが気の毒すぎる。ひなたと一緒に山登りしてお茶とお菓子をごちそうしたのに、ひなたに居なければいい存在みたいに見られてるのが酷い。ひなたがこれほどのクレイジーサイコレズになるとは思わなかった。
{/netabare}まぁこれがヤマノススメというものなのだろう。きらら系と似て非なる物。

10話
{netabare}お互いの意地の張り合いと勘違いで一緒に遊べず。
「いい大学に入れたらそれだけ将来の選択肢も広がると思うし」ふむ。
あおいとかすみの関係が微妙に感じていたが自分の事を忘れているからむかついてたんだな。{/netabare}でも俺はこういう自意識過剰な奴が大嫌いなんだよね。ワタモテのネモや聲の形の川井と同じタイプの輩。だいたいあおいがかすみを覚えてるかどうかなんて全くどうでもいいことなのに(別にかすみは今まであおいと仲良くしようとしてきたわけでもない)、無意味なことでマウントとって、あおいにお前は4番目の存在なんだよと思い知らせるための薄汚い行為にしか見えない。かすみとしてはクラスの上位カーストひなたの親友であるあおいにポジションを奪われる脅威を感じていたというのもあるのだろうが。
今回の作画は凄かった。全話がこの回のクオリティだったら京アニ超えてる。でもなんか作画実験場みたいになってるよなこのアニメ…。

11話
{netabare}そろそろだなと予感はしていたが、案の定ひなたが爆発。そして今回はギスギスのまま終わり。
一番嫌なのがひなたがここなを邪魔者のように感じている所なんだよね。ここなが不憫すぎる。ここなの「あおいさんと一緒に~」にひなたが「一緒に?」と反応したのはイラっとした。
富士山の時と同じで楓が居るから大丈夫という形にしているが、久々の登山を楽しみにしてた楓さんも気の毒やで。{/netabare}
ヤマノススメを見るのがだんだん辛くなってきて、邪神ちゃんとOneRoomでテンションを上げてから見てるけどそれでもキツい。
うーん二期で終わっておけばよかったのかなあ…とすら思ってしまう。

12話
だめだねこれ。{netabare}二期の富士山の時のあおいとひなたを逆にしてやろうと監督は思ったんだろうけど、原作の通り喧嘩するけどアニメのような暗い雰囲気ではないという展開のほうが良かった。
展開を重くし過ぎるとそれが1話で解決するのが{/netabare}薄っぺらく感じてしまうという典型パターン。

13話
{netabare}あおいと違い誕生日を覚えているのにひなたにはうざがられているここな…って感じちゃうんだよ、ここまでの展開のせいでね。
あおいがひなたのことをずっと考えていただけであおいは大満足。
あおいとひなたが交換した秘密は何だろうか?順当なら今好きな男子とかだろうが…性的なことかもしれない。{/netabare}

【総評】
{netabare}この三期であおいが闇落ちして11話でブチ切れた理由はそのずっと前から描かれていると {/netabare}信者共は擁護しているが、それは{netabare}ひなたが一人で理由もなく不貞腐れる{/netabare}理不尽な展開がずっと続いているという事実を示しているだけにすぎない。
一番嫌だったのが{netabare}ひなたがここなを邪魔者のように感じているように受け取れてしまうところだね。山登りを一番楽しみにしていた楓さんが終始ひなたに気を使うのも気の毒だったし。私は悪くない全部あおいが悪いのかすみにもムカムカするし{/netabare}本当に不快だった。
この三期は中盤からは毎週、見るのが気が重かった。四期やるなら二期に関わったゆるキャン△の監督に交代して欲しい。

作画については一人原画回がいくつかあって、回によって絵柄に波があってまるで「アニメーター見本市」みたいになっていたが、日常アニメなので見ている方としては並の作画で安定している方が良かった。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 10

60.7 5 カラオケアニメランキング5位
長門有希ちゃんの消失(9) オリジナルアニメBD付き限定版(OAD)

2015年10月26日
★★★★☆ 3.6 (36)
195人が棚に入れました
2015年4月から放送が開始されるTVアニメ「長門有希ちゃんの消失」。

TV版の豪華スタッフ&キャストによる、オリジナルアニメが特別収録された限定版が発売決定!

ウィーハウック

★★★★☆ 3.7

エンドレスサマー・・・なわけない

エンドレスサマーのパロディ、全く一緒というわけではないが、基本的には変わらない。

最初はプール(貸し切り)、古泉はキスがうまい。

二つ目は盆踊り、キョンは朝比奈さんのおっぱいに注目

三つ目はバイト、着ぐるみではなく普通のバイト

四つ目は釣り、これ原作あったか?

五つ目は映画のハシゴ、これもあったか?

六つ目はカラオケ、またこれか・・・

七つ目は野鳥観察、これで終了

ここから宿題編になるが、もしキョンが止めなかったらエンドレスに入っていたのか、、、、いや、ないな。

古泉、てか小野Dの「フィニッシュ」はアドリブor台本?
結局朝倉の暴走オチ。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 1

計測不能 6 カラオケアニメランキング6位
アグレッシブ烈子(TVアニメ動画)

2016年春アニメ
★★★★☆ 3.7 (7)
32人が棚に入れました
4月2日(土)からTBS系列「王様のブランチ」内で放送される。

一流商社でOLとして働くレッサーパンダの烈子は、毎日ムカつく上司からの仕事や同僚の愚行に不満がたまりつつも、言い返せず我慢する日々を送っている…。そんな烈子の趣味は、仕事帰りに一人カラオケに行き、デスボイスでメタルを歌ってストレス発散すること!
同じ会社で働くバリバリのキャリアウーマン・ゴリ部長や、敏腕美人秘書の鷲美など個性的なキャラクターと、会社というサファリパークで日々奮闘する姿を描く、ハイテンションギャグアニメ。

計測不能 7 カラオケアニメランキング7位
カラオケ戦士マイク次郎(TVアニメ動画)

1994年春アニメ
★★★★☆ 3.5 (3)
17人が棚に入れました
真のカラオケ道に励む私立アカペラ学園に通う、鈴木次郎は最強のオンチである。そんな次郎に嫌気をさした同級生である若王子殿は、父の学園理事長に頼み、次郎のいる施設・聖オンチの子供たちをアカペラ学園登校禁止にしてしまう。 なんとかオンチを直そうとするが、オンチの原因は幼少時代に付けられた首輪「龍の鍵」のせいであった。

すたんー

★★★★☆ 3.7

しってますか?

デラックスボンボンで連載され、アニメ化された作品です。
BSなので知る人はすくないですが、かなりぶっ飛んだ作品です。(笑)
ただ声優さんや企画がなんと秋元康↑
声優も聞くとビックリする人達。
黒歴史と言う人もいますがそんなことないΣ(゚д゚lll)
ただ絵が古いのでダメな人もいるかもしれませんがみてみるとおもしろいです。
個人的にはヒロイン姫は漫画版の方が可愛くアニメで劣化したのが残念↓原作はコミックでてないので非常に惜しい作品です。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 0

68.2 8 カラオケアニメランキング8位
はじめてのギャル(TVアニメ動画)

2017年夏アニメ
★★★★☆ 3.3 (446)
2086人が棚に入れました
DT(童貞)を捨てたいと悩む非リア充高校生・羽柴ジュンイチが「ギャルに土下座で頼めば卒業できる」という迷信を聞き、クラスのギャル・八乙女ゆかなに土下座で告白したところ、まさかの大成功。しかし、身持ちの固い彼女に羽柴は、その先へ進めず弄ばれる毎日を過ごすハメに陥ってしまう。

声優・キャラクター
浅沼晋太郎、長久友紀、喜多村英梨、竹達彩奈、小倉唯、豊永利行、赤羽根健治、白石稔、荒浪和沙、原奈津子
ネタバレ

たちばな

★★★☆☆ 3.0

※本作で登場するギャルは現実には存在しません、想像上の生物です

自分なりに物語をまとめると
{netabare}
ギャルと付き合いたーい!!!
主人公は男なら誰しも1度は叶えたい願望(ソースは自分)を土下座という手段によって実現
そこからなんやかんやあって、最終回でもう1回「心のこもった」土下座をかましてハッピーエンド
{/netabare}
エッヂ効いてる物語でした
エロギャグアニメですね
{netabare}
ヒロインである八女ゆかなが純粋無垢なギャルという設定はよかったです
ちなみに八女ゆかなの一人称は「あーし」
そんなギャルはもうおらんよ!
{/netabare}
登場人物(女性)は
純粋白ギャル/ドS黒ギャル/妹系ロリパギャル/清楚貧乳お嬢様兼ドSネットアイドル
など豊富なラインナップ
個人的にボア様がツボりました、すごくとっても非常によかったです
{netabare}
男性キャラでは
坂本・石田・小早川の童貞3人衆をもうちょと生かしてほしかったです
その中でも石田の存在は特に空気でしたが個人的に好きでしたよw
{/netabare}
総じて言えば
全体的に躍動感(胸の揺れる描写のこととは一言も言っていない)があって良かったですよ

ただ、作画がもっと良ければなー
って思いました



1/9追記兼メモ

ここにコミックのことを書くのはナンセンスだとは分かっているが、、、
個人的なメモということで

コミック5巻鑑賞
アニメとは展開が違ってかなり面白い
{netabare}
コミック1~3巻は概ねアニメ通りの展開
4巻からアニメと展開が違ってくる
アニメ版と比較しながらニヤニヤ楽しめるのはいいことですの
八女さんがかなり積極的!!!
そうなると純粋ギャルからただのエロいギャルになってしまうのだがw
{/netabare}

投稿 : 2019/11/16
♥ : 13
ネタバレ

noindex

★★★★☆ 3.2

藤ノ木寧音(CV:小倉唯)の超巨乳が目立つ古典的ラブコメ

ギャルがメインヒロインのエロいラブコメ。ハーレムと言えるかどうかは微妙。
サブヒロインの寧音が極端な巨乳なのが最大唯一の特徴。メインヒロインの八女ゆかなは言うほどギャルに感じなかった。見た目はギャルでも実はウブで純情というギャップ萌えを狙っているのはわかるが、純情な面を見せすぎて普通の子になり過ぎていると思う。

監督と制作会社は「俺が好きなのは妹だけど妹じゃない」と同じだが、この作品はあそこまでの作画崩壊は無い(この作品は総作画監督が二人いるが、いもいもは総作監も古川監督が兼任というのがおかしいんだよね)。とは言えかなり悪い方で、終盤のクライマックスでも作画が悪いままなので萎えてしまった。{netabare}OPは5話から寧音の見た目を変えて欲しかったがそれも無理だったのだろう。{/netabare}
ただしエロ修正はただの白い光では無くて工夫を凝らしている。でもパンツや服の上からの乳揉みまで修正を入れなくてもいいだろうにと思うのだが、BD買えということなのだろうね。

主人公のジュンイチは女性と会話できない童貞コンプレックスの塊で、周囲の評判ばかりを気にするヘタレなので、ゆかなはなんでこんな奴を「最初から」好きだったのだろうかという疑問ばかりが先行し、序盤は全く楽しくなかった。
中盤からはそれなりに濃いキャラのサブヒロインたちの話になってぼちぼち面白くなってきたが、終盤のアニオリ胸糞展開と回復しないままの作画で良い印象が残らないまま終わってしまった。

それとこの作品の特徴の寧音の超乳だが、ジュンイチはゆかなの乳に興奮しているのに、それ以上の巨乳の寧音にはほぼ無関心なのは不条理に思った。ジュンイチは寧音を妹のような存在としか見れないにしても、乳は別だろう。
他の極端な巨乳が売りのアニメと言うと「オカルティック・ナイン」があるが、オカナイは決してりょーたすの超乳だけのアニメではない。しかしこのアニメは寧音の超乳以外には取り立てて見る所もなかった。しかも作画が悪いのでその超乳も台無しのシーンが多い。
他にこの作品の優れている点を強いて挙げるとすれば、ジュンイチの友人の男3人の出番が最後まで多く、活躍する回がちゃんとあることだろう。その点はよくある主人公以外全員女の駄ハーレム物よりも確実に勝る。慎平と景吾は余っている蘭子と結衣に普通にアタックすればいいんじゃないのかと思ったが。元々おこぼれを狙うと言ってたのだし。稔は…でもロリペドの稔が一番面白いキャラだったw

あとちょっとひっかかったのは蘭子で、幼女の頃から色が黒かったので母親がフィリピン人とかじゃないのだろうか。黒ギャルとか言うのは人種差別に当たるのでは?

声優についてはゆかなの声は脇役の竹達彩奈か喜多村英梨だったらいいのにと思ってしまった。ただ二人とも脇役として実力を大いに発揮しているので、相対的にメインの長久友紀の演技が物足りないということだろう。そもそもゆかなのキャラが弱いというのもあるが、脇役が濃くてメインヒロインが薄いというのはハーレムにはよくあることだ。
{netabare}7話でキタエリキャラが美樹さやかのコスプレをして「奇跡も魔法もあるんだよ!」と言うのは面白かった。でもこのシーンはないんだよの方が正しいような。その後キタエリが「魔装学園H×H」を朗読するのも笑った。{/netabare}

投稿 : 2019/11/16
♥ : 3

えたんだーる

★★★★☆ 4.0

男女の意識差を描いた作品

マンガ原作があるようですが、未読です。

深夜アニメとしては「八女さんをはじめとした女性陣がエロを振りまき、主人公のジュンイチくんをはじめとした非リア男子(+視聴者?)たちを興奮と混乱に陥れる作品」で、その解釈で基本的には問題ないと思います。

ただ、「女性陣の行動時における心情的な無謬性」みたいなものも意外としっかり描かれているようには思います。

男子側からは「エロい」行動も女子側の意識としては、自分がカワイイと思っていたり、同性からの目を意識していることによって取る行動なのであって、いわゆる「サービス」のつもりは全然ないということです。

またジュンイチくんにしても高校生男子として並かそれ以上に異性を意識することはあっても、つるんでいる他の3人よりはかなり高いモラル意識と常識を持っているといえます。

付き合い始めたきっかけはさておき、八女さんから見てジュンイチくんは意外と好印象というのは、思ったよりは無理のないストーリー展開なのかもしれないです。

ビジュアル的には単なるエロアニメなのですが、こう言っては何ですが意外と心理描写は丁寧なので実はけっこう普通に毎回楽しめていたりします。

でも、たぶんあにこれで高く評価されることはないでしょう(笑)。それに寧音ちゃん(ジュンイチくんの幼なじみ)みたいな巨乳(奇乳?)キャラは、正直なところ苦手ではあったりします…。

2017.9.15追記:
無事に完走。面白かったです。気づいたらけっこう高得点つけてましたね。

まあ、もしかしたら「不良がたまに良いことすると優しく見える」的なバイアスはかかっているかもしれないのですけども、八女さんの性格はかなりカワイイですよね。

いや、八女さんは見た目がギャルなだけで不良ではありませんが…。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 36
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ