おすすめキャリアウーマン人気アニメランキング 6

あにこれの全ユーザーが人気アニメのキャリアウーマン成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年08月24日の時点で一番のキャリアウーマンアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

72.8 1 ヲタクに恋は難しい(TVアニメ動画)

2018年春アニメ
★★★★☆ 3.6 (448)
2085人が棚に入れました
アニメやマンガが大好きなことを隠している成海と、イケメンで仕事もできるが、重度のゲーム好きの宏嵩のオタク同士の不器用な恋愛模様が描かれる。

声優・キャラクター
伊達朱里紗、伊東健人、沢城みゆき、杉田智和、梶裕貴、悠木碧
ネタバレ

フィリップ

★★★★☆ 4.0

現代人の恋

彼氏と別れたことが原因で会社を辞めた桃瀬成海は、
転職先で、幼馴染でオタク友達だった二藤宏嵩と再会する。
そこに会社の先輩でオタクの恋人同士である
小柳花子と樺倉太郎が加わり、オタクのカップルたちが、
衝突しながらも心を通わせていく、
pixiv発の少女漫画原作のコメディ。

アニメーション製作:A-1 PICTURES
監督・シリーズ構成:平池芳正、キャラクターデザイン:安田京弘
原作:ふじた

2組のカップルたちが、オタクライフを満喫する
様子が描かれるのだが、オタク同士でも
細かい違いがあって、そこで諍いが起こる。
同じオタクでも好みのジャンルが違うため、
お互いのことを理解しなければいけないというのが興味深い。

よく考えてみると、こういう状況は
オタクに限らず、現代人の傾向としてよくある気がする。
情報化の広がりとともに好みが尖鋭化された現代においては、
昔のような単純な構図ではなくなっている。
自分の好きなことにこだわりを持つのは良いことだが、
それが他人に対する不寛容につながってしまう。
男女の付き合いでも同じことで、
大きなテーマのひとつとなっている。

桃瀬成海(隠れ腐女子)と二藤宏嵩(ゲームオタク特化型)
小柳花子(腐女子・コスプレイヤー)と樺倉太郎(ライトオタク)

基本的には同じ会社の同僚である
この4人のカップルを中心に話が進んでいく。

特に小柳と樺倉のカップルは衝突が絶えない。
年下で女性の小柳のほうがディープなオタクで、
樺倉と一緒に色々と楽しみたいのだが、
樺倉のほうは、オタクであることに対する
羞恥心があり、小柳からの要求にいちいち突っかかってしまう。

こう書いてしまうと、樺倉の不寛容が悪いように感じるが、
要求してくることの難易度が高いのだ。
腐女子というのは、男同士の絡みに高揚するわけで、
それにコスプレや撮影が付いてくるとなかなか厳しいものがある。
ハードルが高すぎて付いていけなくても仕方ないようにも思える。
そして、腐女子にとっては、男のどちらが
「受け」と「攻め」であるかも重要だということを
この作品で初めて知った。
{netabare} 成海と小柳の女子2人がファミレスで
自分たちの彼氏同士がカップルになった場合には
どちらが「受け」で「攻め」になるかということで
熱い議論を交わすシーンには爆笑してしまった。{/netabare}

俯瞰してこの物語を観ると、
フジテレビで放映したことが納得できる
恋人同士のすれ違いや諍いが起こる
よくある恋愛ドラマの構図になっていることが分かる。
その道具立てにオタクの要素を取り入れたことで、
滑稽で新しさを感じさせるのだ。

例えば、喧嘩しているときに
ドラゴンクエストのゲームの要素を
持ってきて展開させたり、
仲直りするときに「じゃ、ゲーセン行くか」で
締めたりするところはとても微笑ましく感じる。

作者が女性ということで、見せ方が上手い。
悪く言うと、リアリティに欠けているという
意見になるのだろうが、
{netabare} (まぁ、26歳くらいの宏嵩が幼馴染の成海を
ずっと片思いしていたという設定は違和感があるが、
そういうこともなくはないと、私は考えることができる){/netabare}
少女漫画特有の軽快感とスマートさが
全面に出ていて、個人的には好感を持った。
思わず原作を買いそうになるのを
今は何とか我慢しているところだ。
時間があるときにツタヤでレンタルしてしまいそうな気がする。

最近のアニメの定石といえる実写化も決定。
ほかの作品とは違い、2組のカップルが中心となり、
ドラマチックな展開もあるため、
俳優や監督の力量によっては成功する可能性もゼロではないと思う。
ただ、アニメ版では小柳のCVが沢城みゆき、
樺倉のCVが杉田智和というベテラン同士の組み合わせで、
とてもテンポが良く、さすがの上手さを発揮している。
特にかけ合いのようなふたりの喧嘩は最大の見どころで、
声優の上手さとネタの面白さの相乗効果によって、
より魅力的なシーンとなっている。
そして、主人公・成海の伊達朱里紗も味のある可愛い声で、
主人公・宏嵩の弟の彼女になるであろう
桜城光のCVに悠木碧を起用するという豪華声優陣を配しており、
より完成度の高い作品となっている。
それだけにアニメ以上の実写映画を作れるかというと、
やはり不安のほうが大きい。

それにしても悠木碧の多彩な声には改めて感服する。
今回の桜城光のCVも最初聴いたときには
誰だか全く分からなかったし、ドラクエ風の機械的な
ゲームヴォイスだけで登場している回もあって
エンドクレジットを見て驚かされた。
アニメではどれだけ声優が重要かを
改めて感じさせてくれる。

OPとEDは耳ざわりの良いスマートな楽曲で
どちらも作品に合っている。
EDの『キミの隣』を歌うhalcaは
特徴のある柔らかなボーカルが魅力で、
ダウンロードしてよく聴いていた。

1話を観るまでは、作品のイメージが好みではなかったので、
どちらかといえば敬遠していたのだが、
1度観始めると、グッと引きつけられしまった。
何となく避けていた人は、ぜひ試してもらいたい。

投稿 : 2019/08/24
♥ : 40

えたんだーる

★★★★★ 4.3

「桃瀬成海」というファンタジーから漏れ出るマーケティング臭 → でも、楽しめました!(原作累計700万部。なお、実写映画化されるそうです。)

== [最終回まで観終わっての総評] ==(2018.6.28)
レビュータイトルで「マーケティング臭」とか書いちゃいましたが、自分の若い頃も思い出しながらけっこう楽しく観ていました。

一概には言えないかもしれないのですが、三十年くらい前だと漫画喫茶などもまだなくてアニメとかマンガとかSFとかは案外経済的な余裕がある人向けの趣味だった感があって、それらを趣味にする人は作中のメインキャラ四人とは案外似たような生活を送っていた気がします。

ということで本作の舞台は現代なんですけれどもその行動には案外に親近感を持って観ることができました。

成海役の伊達朱里紗さんという方、まったく知らなかったのですが本作でのいわゆる「アニメ声」とはちょっと違う演技に結構ハマりました。おかげで成海ちゃんが可愛く思えました。

それと、これは原作がそうなのでしょうが視聴者に忌避されそうな「これまでの成海の恋愛遍歴」が劇中で視聴者に対しても宏嵩に対しても示唆にとどまり決定的な描写は巧みに回避されていたのが印象的でした。

成海が宏嵩のところに泊まる際に当日の下着を気にしたりしていた点からも推して知るべしというところではあったわけですが、その辺りはまあね…。

== [以下、初回視聴時の感想] ==
2018年春期作品としては、放送前の知名度はゴールデンカムイに次ぐくらいの漫画原作のアニメ化作品ですね。私は読んでないんですけど。

ということで事前にストーリーは詳しくは知らなかったんですが、第1話から見て取れるところとしては、「ライトなサブカル好きというフィールドにかつてのトレンディドラマの手法を持ち込んだ恋愛もの」という感じの作品なのではないでしょうか。

そもそも本作品に関して言えば、「何が『ヲタク』か」とか「誰が『腐女子』か」といったあたりに、疑義を挟む余地がありますよね。

アニメの公式ホームページにある桃瀬成海のプロフィールより:
マンガ、乙女ゲー、アイドルなど、好きなジャンルが多いオールラウンダー系腐女子。
職場では全力で一般人を取り繕っており、ヲタバレを何よりも恐れている。

「ヲタク」かどうかという点についてはまあ良しとしても、このプロフィールで当事者が自身を「腐女子」と規定するかというと、そんなことはないのではと思います。作中でも「(冴えカノの)加藤ちゃんカワイイ」とか「(小柳さんの)おっぱいデカい」とか言い放っていますしね。

そしてリアルの恋愛を求めており、また過去に恋愛経験も持っているという点やキャラクター紹介に載っているレーダーチャートからも容姿や日常的な行動のレベルでは対人コミュニケーション的には問題がなさそうということがうかがわれます。

そしてどんなスキルを持っているのか知りませんけど前職場での「ちょっとした事情」で普通に転職できてなおかつ新しい職場でも普通に正社員。ちょくちょく居酒屋に寄れるのであればおそらく薄給ではないでしょうし、うっかりすると縁故すらあり得ます。おそらく実際にオタクと呼ばれている層がイメージするオタクとは異なった人物像が浮かび上がってきます。

ノイタミナ枠ということで制作には電通も絡んでいるようですし、これ本当のターゲットは従来の深夜アニメの視聴層ではなくて、もっとライトなサブカルファン向けのダイレクトマーケティング作品なんじゃないでしょうかね。

ただ、学生時代からサブカル系の趣味を持ち続けて高学歴・高所得になった人(もちろん恋愛や結婚も普通にしている)というのは私の周囲も含めて男女問わず一定数いるので、この層にウケて共感を得られれば絶対数はたいしたことはなくてもマーケティング的にはわりと成功です。一歩間違えば(大爆死しない)実写ドラマ or 映画化もあり得るかもしれないです。

果たして、仕掛けた側の思惑通りに事が運ぶのでしょうか…?
(私は観ますけど、たぶんこの作品に関してお金は使わない(笑)。)

おまけ: サブカル系の登場人物が出てきて恋愛も絡む漫画作品としては『コンプレックス・エイジ』が思い浮かびます。わりとシリアス系のお話ですが。

2018.8.1追記:
初回視聴時に書いたレビューで「あるかも」と書いていましたが、本当に実写映画化するそうですね。YouTubeなどで公開中の新刊6巻発売告知のPVで、原作累計累計700万部と実写映画化がアナウンスされていました。

投稿 : 2019/08/24
♥ : 48
ネタバレ

kakelu

★★★★★ 4.2

インドア社会人の休日を覗き見してる感じ? 自分はこういうの凄い好き!

1話の感想 ★★★★ 4.0
転職からの…
{netabare}
趣味があう人って、居心地がいいよね〜
宏嵩はおそらく成海のこと前々から好きだったんだろうな。
最後の告白は対応がどちらも塩で笑った。{/netabare}

2話の感想 ★★★★☆ 4.5
恋人になったものの
{netabare}
いい感じの雰囲気の途中で心の声が入るの好きだわー
この残念感がたまらん。
最後のcパートでもいろいろと違った行動してて面白い。{/netabare}

3話の感想 ★★★★★ 5.0
聖地とお泊まり
{netabare}
メイクであそこまでイケメンになれるのか!?
現実でもそーなんかな?
鳴海はBL本を販売してたんだな…
後半のお泊まり回はキュン死しました。
もーね、不器用な感じとかが溜まりませんわ!!{/netabare}

4話の感想 ★★★★☆ 4.5
この恋は妥協?
{netabare}
うわぁぁぁぁあ!!!!
宏崇が笑った!!!!
初めて見たわ。
ヲタ恋は出来事があっても、内心全く関係ないこと考えてる感じすきだ。{/netabare}

5話の感想 ★★★★ 4.0
尚哉
{netabare}
弟くん、イケメンだな。
宏崇もイケメンだけど、こっちの方が正統派って感じ。
それにしても、良い奴だね〜
兄のために泣くなんて…
それに対して、宏崇は尚哉への当たりが強い。
鳴海とはうんでんの差だ。{/netabare}

6話の感想 ★★★★☆ 4.5
クリスマス
{netabare}
尚ちゃん!!
あなたは天使なのかい?
「本物のサンタさんは赤い服なんて着てないんだよ」
これはまさに名言だね。
樺倉先輩と花ちゃんの大人な感じも好きだわ。
ゆるゆりの限定ねんどろいど?を貰って喜んでるあたりオタクだけど笑
{/netabare}

7話の感想 ★★★★ 4.0
別々の夜で
{netabare}
前半はOPにもあった、ネトゲ。
安定の宏崇はレベルMAX。
そして、後輩は男女別々の晩飯。
まさか、宏崇もわかりやすい性格なんだな。
なるに対してだけだけど。
社内で公表してないのは意外だったけど、当たり前か。{/netabare}

8話の感想 ★★★★☆ 4.5
コレジャナイ感
{netabare}
宏崇の気持ち、すっごい分かる!
めちゃくちゃ共感できたわ。
鳴海が新しい人できたからピアスを開けてみたけど違う。
付き合えたけど、普通のデートはまだした事がない。
宏崇もそろそろ焦ってきたのかな。
本当に彼氏彼女になれたか、分からなくなったんだろうな。{/netabare}

9話の感想 ★★★★★ 5.0
遊園地デート
{netabare}
今回は割とシリアス展開多め。
鳴海は別に宏崇の事は恋愛対象として見てなかったけど、宏崇は違う。
そのギャップに悩まされる宏崇。
あるあるだね。
で、その悩みの途中でのプレゼント。
鳴海ドン、馴れてらっしゃるわ。
男心なんてお手の物ですか。
最後はキスと見せかけてのハグ。宏崇らしい。{/netabare}

10話の感想 ★★★★ 4.0
尚ちゃんの友達
{netabare}
後半折り返しを過ぎたこのタイミングで新キャラとは。
高身長でボーイッシュな女の子、光くん。
光くんからしたら、玉の輿だな。
あんなイケメンから来てくれるなんて。
意外とお似合いかな。{/netabare}

11(最終)話の感想 ★★★★ 4.0
いつも通りの日常
{netabare}
流石、鳴海ドン。
ポロリしたとしてと慌てない。
男性経験が伺えた瞬間だった。
今回はいつも以上に何も無かったな。
しかし、それもまたいい!
この緩い感じ好きだな〜{/netabare}

投稿 : 2019/08/24
♥ : 24

63.3 2 お酒は夫婦になってから(TVアニメ動画)

2017年秋アニメ
★★★★☆ 3.2 (189)
788人が棚に入れました
無口だけど優秀な美人主任・水沢千里には、夫の壮良しか知らない秘密がある。それはお酒が大好きで、酔うととってもかわいくなってしまうこと。今晩も、ソラの作るカクテルでちーちゃんは”しふく”なほろ酔い気分。日本一のイチャイチャ夫婦の”酔いデレ”カクテルコメディー。

声優・キャラクター
喜多村英梨、市来光弘、朝井彩加、仲田ありさ

58.0 3 コヨーテ ラグタイムショー(TVアニメ動画)

2006年夏アニメ
★★★★☆ 3.4 (47)
268人が棚に入れました
人類が外宇宙にまで進出し、己の運と腕だけで一攫千金を夢見るコヨーテと呼ばれる無法者達がしのぎを削る、宇宙開拓の時代。銀河統合政府と植民地解放軍の間で戦争が続く惑星グレイスランドには、伝説の海賊王ブルースが遺した100億宇宙ドルが眠っていると噂されていた。コヨーテならばその名を知らぬ者はいないと言われている、通称ミスターとその仲間達は、ブルースの娘である少女フランカと共にブルースの遺産の回収に挑んだ。犯罪集団クリミナルギルドのマルチアーノ率いる殺し屋集団も、ブルースの遺産を狙って動き出す。しかし、統合政府は戦争を終結させる為、グレイスランドに光子爆弾を投下すると宣言。

声優・キャラクター
大塚明夫、広橋涼、堀内賢雄、関智一、湯屋敦子、下屋則子、沢海陽子

59.3 4 人生ベストテン(TVアニメ動画)

2013年冬アニメ
★★★★☆ 3.4 (51)
219人が棚に入れました
鳩子は40歳の誕生日を目前に控えた独身のキャリアウーマン。けっこうイケてるはずなのに、恋も仕事もパッとしない。
鳩子にとって、今のところの「人生のハイライト」は中学2年生の夏。好きな男子に告白し、一度だけキスをした「あの夏」を今もふりかえってばかりいる。
そんな彼女のもとに中学校の同窓会の案内が舞い込む。そして、同窓会当日、鳩子はファーストキスの彼に20数年ぶりの再会を果たすのだが・・・。
揺れ動くアラフォー女子の気持ちを切なく、コミカルに描いた物語。

57.2 5 川面を滑る風(TVアニメ動画)

2011年冬アニメ
★★★★☆ 3.3 (40)
135人が棚に入れました
金沢で生まれ育った乃里子は33歳。夫と4歳の息子と共に5年間の海外生活から帰国した。地方に埋没する平凡な人生を拒否した彼女は、東京の大学に進学し、就職し、エリート商社マンと結婚し、子供をもうけ・・・まさに思い描いた「幸福」を手にしたはずだった。しかし5年ぶりに帰郷した彼女は心に大きな空洞を抱えていた。そんな彼女の頭から離れない一人の男がいる。指の美しいあの男…。 乃里子は彼との間に大きな秘密を抱えている―。
ネタバレ

ハドリオ

★★★★☆ 4.0

ノスタルジックに秘められた恋を描く

順風満帆な人生を送っているかのように見える主人公の秘められた内面をしっとりと描く。他の大人女子のアニメタイムにも共通して言えるがすごくリアルを志向して作られている。
特に、郷土料理や和菓子など食べ物の作画がすごくて、まるで現実の延長線上にあるような空間を作り出せている。

{netabare}主人公が過食嘔吐なのはおそらく、食べ物=和菓子=中学の同級生みたいな感じで、仕事で家を空ける主人の寂しさの代わりに彼の和菓子の味を求め続けたということだろうか。{/netabare}

投稿 : 2019/08/24
♥ : 0
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ