おすすめミルパンセ人気アニメランキング 10

あにこれの全ユーザーが人気アニメのミルパンセ成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年08月21日の時点で一番のミルパンセアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

65.2 1 コップクラフト(TVアニメ動画)

2019年夏アニメ
★★★★☆ 3.3 (65)
459人が棚に入れました
一五年前、太平洋上に未知の超空間ゲートが出現した。その向こうに存在したのは、妖精や魔物のすむ奇妙な異世界「レト・セマーニ」だった。「サンテレサ市」。二〇〇万を越える両世界の移民が住む都市。雑多な民族と多彩な文化。そして持てる者と、持たざる者。ここは世界で最も新しい『夢の街』。だがその混沌の影には、数々の犯罪がうごめいていた。麻薬、売春、武器密売。それら凶悪犯罪に立ち向かう刑事たちが、サンテレサ市警察に存在していた……。刑事マトバ・ケイと異世界人の騎士ティラナ、性別も性格もそして「生まれた世界」も違う二人が出会うとき、事件は起きる。二つの世界 二つの正義 その先に-バディポリスアクション開幕!

声優・キャラクター
津田健次郎、吉岡茉祐、折笠富美子、浜田賢二、高橋良輔、鶴岡聡、中原麻衣、井上麻里奈、高木渉、ボルケーノ太田、大塚芳忠

四文字屋

★★★★☆ 3.7

拗警×剣姫

いい加減増殖しすぎてウンザリな、
ラノベ系異世界モノだが、今期はついに飽和点に達した感もあり、
コアな「なろうラノベマニア」がそんなに大量にいるはずもない、
と信じてアニメ枠の適正化にはこれから期待したいとは、
本気で希望しているんだが。

ともあれ、半分異世界な「血界戦線」的世界で、
ACCAっぽいノリになりそうな、
バディアクション。
今期はこの手が少ない、というか他にないようなので、
これはまあ押さえておいていいだろう。

観方を変えると、ツダケン祭りの大関格か。
ツダケン祭りに参加したいなら、これと魔王様を押さえておけば充分だな。

で。
このコップクラフト。
テーマも展開も見通しのいいストーリーのようで、
今後はアクションとドンデンと、
スピード感とカタルシスのヌケ感が見せ所になるか。

初回観た限りでは、
まあまあいい感じだ。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 22
ネタバレ

かんぱり

★★★★☆ 3.7

逆異世界バディもの?

ベテラン刑事と異世界から来た騎士がコンビを組んで事件を解決していくお話。
異世界ものというと、こっちの世界から異世界に行くのがほとんどなので、こういう逆異世界ものみたいなのは新鮮で面白く感じました。違う作品だけど、異世界食堂とかもそうかも。
原作も読みましたが、アニメはちょっと展開が急ぎ足なのが気になります。
以下、各話の簡単なレビューです。

1話。{netabare}15年前、こっちの世界に異世界のゲートが現れて両世界を行き来できるようになったという世界の話。
異世界から来た人は異世界人じゃなくて宇宙人って呼ばれてるんだね。
ゲートが開いてから、異世界と戦争があったようなセリフもあったけどよくわからない。でもこういう細かい裏設定とか世界観を感じて結構好きです。
異世界のお姫様が、こっちの世界に来てエレベーターをいじったり、車を運転中にサイドブレーキを引いてみたりとか、カルチャーギャップに驚いている様子が面白いです。でも実は剣は凄腕なのもいい感じ。この凸凹コンビがどう話を面白くしていくのか、楽しみです。{/netabare}

2話。{netabare} 剣の所持を理由にホテルに泊まれないティラナを自分の部屋に泊めるケイ。
猫アレルギーなのに猫を引き取って飼ってたり、本当は優しいんだけど素直に表現できなくて、ぶっきらぼうな態度をとってしまうケイ。
でも、ティラナの好感度は上がったみたいだね♪そういうティラナも素直じゃないけどね。。
異世界の魔法使いが妖精の力を使ってこっちの世界の機械工学を用いて作った爆弾?が100万人を死人にして操れるようにできるような、かなり危険なものみたいだけど、ティラナは妖精を早く助け出したくて、ケイに黙って救出に向かってしまう。。
ティラナと囚われた妖精の関係は?大切な剣を置いていってティラナは大丈夫?次回も楽しみです。{/netabare}

3話。{netabare} 単身犯人がいると思われるクラブに乗り込むティラナ。
デニスに会えたけど、相手もなかなかの剣の使い手でつかまってしまう。
アニメ語じゃなくて、ちゃんと字幕でるとこはいいなと思った。
自力で抜け出したティラナがデニスを追った先にはとらえられた無数の妖精が(゜o゜)
助けにいったケイから長剣をもらったティラナがデニスを倒す!長剣使うと無敵だね。
妖精を持ってる魔法使いのゼラーダを捕まえたけど・・裏切り者がでて逃げられてしまう。。
どうやらゼラーダとケイは過去の因縁があるみたいだけど・・
身内に裏切り者がいて・・って展開って大体終盤あたりに多いけど、3話でこの展開って今後は背後に操ってる大物とか出てくるのかな?というかこれ、何クールなんだろ?{/netabare}

4話。{netabare}ゼラードを追ってビルの屋上へ向かうケイとティラナ。
屋上には爆弾に入った本物の妖精とゼラードが。
ケイが背中を撃たれて絶体絶命の中、ケイの撃った銃がゼラードに命中!
そしてティラナが剣でとどめを刺し、ゼラードはビルから落下・・
死にかけるケイ。爆発までの時間はもうわずか・・
そして・・妖精がティラナを助けるために自ら命を絶って爆弾の爆発を阻止してくれて・・
その死んだ妖精の粉?を使い、ケイは助かって。
そしてティラナはケイに別れを告げ、異世界に帰って行った・・・
あーいい最終回だったなあ(*^_^*)・・・ってまだ4話の前半なんだけど・・
と思ってたら、普通にケイの家にティラナがくつろいでいるし(・_・;)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こっちの世界に残ったティラナは新人刑事としてケイとコンビを組み、新たな事件に取り組むことに。
異世界から運ばれた古い棺桶。中には女性のミイラが・・
そして人の血を吸い蘇ったミイラ。吸血鬼?ティラナが戦うけど強くて苦戦して・・{/netabare}

5話。{netabare}吸血鬼はケイの加勢で傷を負って逃走。
新しく上司になったジマー主任って口は悪いけど、ティラナを庇ってくれたりして、いい人なのかも。
二人は吸血鬼を追ってショッピングモールへ行くけど、逆にケイがやられてティラナは連れ去られてしまう。
吸血鬼はティラナに「ニバの書」の「大いなる門」の話を語る。あの異世界の門って預言通りってこと?
そこに助けに来たケイたちが、吸血鬼に銃で一斉攻撃をして、たまらずまた逃げて・・
瀕死の吸血鬼に男が現れ、あなたを助けるというけど、申し出を断り男の血を吸う吸血鬼。
これ、ゼラーダが操ってるぽい。やっぱり生きてたのね。奴がラスボスなのかな。
再びケイに銃弾を浴びて、最後は列車に轢かれて死ぬ吸血鬼。
でも死ぬ前にケイのことを預言の戦士とか言ってたけど?{/netabare}

6話。{netabare}ケイのアレルギーって妖精の粉で治ってたのね。
警察に追われてるトラックを止めるけど、中からエロ本がいっぱい(゜o゜)
ティラナが車を勝手に運転するけど、エンジンを止めてなかったからトラックに衝突して大破(>_<)
車が大破して泣いてるケイとエロ本見て驚いてるティラナ。。
セシルに車の運転と悩みの相談をするティラナ。
エロ本窃盗団に逃げられ、ティラナが車を運転して窃盗団を追いかけるけど・・逆走するし車に体当たりするしで死ななかったのが奇跡みたい。。
最後、綺麗になった自分の部屋を見せるティラナ。原作だとこの後セマーニのフルコースでもてなすんだよね。{/netabare}

原作読んでみました。アニメよりも世界観などが細かく描かれてて、アニメの展開が駆け足気味で説明不足なところも、原作を読むとああ、そういうことかーと分かったり。次回は確かティラナが〇〇に潜入する話だったような・・

投稿 : 2019/08/17
♥ : 14
ネタバレ

勅使河原

★★★☆☆ 3.0

多分、原作は面白いんだろう ※4話まで視聴

原作未読

これまでアニメを1話から毎週追いかけることがほとんどなかったので、今季はこれに挑戦してみることにした。

【各話レビュー】
ここでは視聴しながら思った事をそのまま書き連ねていくことにする。

〇1話

{netabare}警察モノかー好きな部類だなー、と思っていたら妖精出てきてびっくり。
異世界モノの要素もあるのか。
他の方々のレビューを拝見したところ、こういうのは半異世界モノと言うらしい。
前例としては「血界戦線」があるらしいのだが、私は見てないので今作は割と新鮮に感じた。
それにしても「高貴な幼女×むさい中高年」なんて正反対の組み合わせだった。
どうやら異世界の幼女には能力があるらしい。
能力系だと何でもありのご都合主義になりがちだから若干心配。
物語のテンポがもうちょっと早い方がいい。

3,4話で切ることはなさそう。
{/netabare}

〇2話

{netabare}毎回思うんだが剣で弾丸を弾いて避けるのは実際できるんだろうか、剣の幅もそんなにないのに。
こういう所にツッコミだすと楽しめなくなるので考えないでおこう…。
あまり良いとは言えなかったケイとティラナの関係が猫をきっかけに良くなった。
ティラナにヒロインとしての魅力が出てきて嬉しい。ちょっと可愛かった。
ケイもあれこれと大儀そうにしながら、なんだかんだ人(猫)助けする憎めない一面が見え好感が持てた。

全体を通してテンポが早く展開について行くのが大変で、常に注意して視聴しなくてはすぐ置いていかれそうである。
加えて、異世界の専門用語が多いのでそれらをちゃんと把握しておかないと楽しめないのかもしれない。やや面倒。

だが拙く感じる点は皆無なので安心して見続けられる。次回にも期待。{/netabare}

〇3話
{netabare}ティラナチャンカワイイヤッター
ティラナが露出の多い服を着ただけで一気にヒロイン感が増した。

しかし一方で、作画の粗がかなり目立った。
敵キャラが爆弾を地面に置くシーンは失笑してしまった。いや真っ直ぐ置きすぎやて。

中盤でちょっとしたどんでん返しがあったが、後半に行くにつれて詰め込みすぎてる感満載で、何とか時間内に収めようとしているのが見え見えだったため、内容が入ってこなかった。
動画と声が一致してない所も散見され、特にケイの「ウエダ!」は一回で何のことか理解できなかった。
後半がやたらと雑な駆け足だった印象しかない。

これは次回に期待できないなあ…
{/netabare}

〇4話
{netabare}ゼラーダとの因縁の対決だ、盛り上がってきたぞ!
…のはずが、色々と雑だった。
ゼラーダが幻術を使う→視覚には頼れない
とケイが判断したのはまだわかるが、聴覚に頼って何故ゼラーダの居場所がわかったのかの説明が一切されていなかったのが残念。
ゼラーダもゼラーダで腕をチョンパされあっさり逃げてしまったので、戦闘があまりにも見応えがなかった。
ティラナと妖精が旧知だったことがここで初めて明かされるのも構成ミスとしか言いようがない。
色々とツッコミどころが多すぎて、2人が心中しようとする場面も全く感情移入できないし、妖精の自己犠牲も唐突すぎて感動できない。
2人の別れもこれといった寂しさがない。
そしてその後はお別れかと思いきやまだいるんかーいのお決まり展開。
前回からストーリーがやたらと駆け足だったので、もう少し丁寧に原作をなぞって、家でティラナと再会するところで終わりすれば良かったのではないかと思った。

前半は実に酷かったが後半はまだ見るに耐えるレベルではあった。
ティラナが頬を赤く染める理由は相変わらず謎だった。

理由説明が無さすぎて粗さが非常に目立つものの、ストーリー大枠は面白いので原作はきっと良作なのだろう。
原作ありといえども、脚本もそう簡単な仕事ではないのだなと思った。

次回もこんな感じで小言ばかりを言うレビューになりそうだ。
{/netabare}

【音楽】
OPがオーマイゴシゴシ。
某けものアニメの2期と近い、ジャズ路線の曲。
今作のはラテン感が強いようだ。
普通にいい曲。
何回か聞くうちにハマってしまった。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 1

63.0 2 てーきゅう 第4期(TVアニメ動画)

2015年春アニメ
★★★★☆ 3.6 (261)
1276人が棚に入れました
亀井戸高校テニス部に所属する女の子4人が繰り広げるスーパーハイテンションな学園ギャグコメディーの第4期。

声優・キャラクター
三森すずこ、渡部優衣、鳴海杏子、花澤香菜

Ka-ZZ(★)

★★★★☆ 3.9

「スーパーハイテンションギャグコメディ」←今期も凄いッスよ^^

この作品・・・もう4期なんですね^^
1期から見続けてきましたが、まさか4期まで放送されるとは思っていませんでした^^;

この作品の主人公は、亀井戸高校のテニス部に所属する以下の4人です。
押本 ユリ(CV:渡部優衣さん)
新庄 かなえ(CV:三森すずこさん)
高宮 なすの(CV:鳴海杏子さん)
板東 まりも(CV:花澤香菜さん)

てーきゅう(庭球)とギャグの繋がりが最初の頃は気になったりもしましたが、今では全く気になりません・・・というより、今期テニスらしい事をしたのはたった1回・・・それも一瞬だけでしたし・・・^^;

という事で、全くテニスとは無縁な展開が続いていくのですが、今期も台詞と展開の早さはピカイチだったと思います。

この作品は放送中に以下の原作の宣伝テロップが流れます。
「アニメで聞き取れなかったあのセリフが分かる! オマケ漫画満載の・・・」 
確かに早すぎて聞き取れないセリフもあるのですが、このテロップと限界の早さに挑み続ける作風・・・これ自体が新しい試みだと思います。

それとオープニングも特徴的です^^
今期は三森すずこさんの歌う「ファッとして桃源郷」がオープニングテーマになっています。
この曲もてーきゅうらしい特徴を持つ曲なのですが、オープニングアニメが特に特徴的だと思います。
孫悟空に身を扮したてーきゅう部の4人が登場するのですが、視線を誘導されているような気がするんですよね^^;
何も気にせずに視聴すると毎回同じところに目線が向いてしまうんです・・
意識して違うとこをを見ようとしないと見れない・・・こういう事ってあるんでしょうか^^;?
それとも2分という短い時間を有効に活用するための策なのでしょうか・・・^^;
不思議な感じのするオープニングだったと思います^^

1クール12話の作品でした。今期も2分をフルに活用した作品だったと思います。
そしてこの作品を視聴して改めて思うのが声優さんの凄さです^^
あれだけの早いセリフをよく噛まずに喋れるなぁ・・・と感心しっ放しです^^
そして5期の放送が決定して既に夏アニメ作品として放送が始まっています。
引き続き5期を視聴したいと思います♪

投稿 : 2019/08/17
♥ : 16

ato00

★★★★☆ 3.2

ついにそんな手法を・・・

やっぱり集中力が要求されるアニメですね。
寄る年波に、ついに根気がなくなってきました。
アニメスピードには順応しましたが、それに反比例し理解力低下です。
よって、面白味もよくわからなくなってきました。

確かに言えることは、サブリミナルな手法は、洗脳チック。
4期放送前に5期の告知って・・・
確実に、5期も夢遊病的に観るに違いありません。
そのうち、6期告知前に7期を放送しそうで怖いです。

そういえばテニスを見なかったような。
いや、きっと見落としてるに違いない。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 26

ninin

★★★★☆ 3.1

夜叉の構えから左手回して8時の方向

12話 1話約2分作品

てーきゅうの4期です。過去の作品を観なくてもお話に関連性はないので全然大丈夫です。

ただし、それぞれのキャラの特徴を知って観るとよりわかりやすいかもしれませんね。

てーきゅう(庭球)部の部員4人が日常を舞台に送るハイスパート・ハチャメチャ・コメディ作品です。

流して観ると何がなんだかわからないうちに終わりますので、集中して観る必要がありますねw

はっきり言って、てーきゅう部として活動は一切ありませんw

4人の日常を描いていて、今回は一人一人に別の新キャラが加わったお話があるのが特徴的でした。

OP 三森すずこさんが歌ってます。何故か中国を意識してますね~

最後に、もはやてーきゅうシーンはOPにちょっとだけとなってしまいましたw

投稿 : 2019/08/17
♥ : 21

60.8 3 高宮なすのです!(TVアニメ動画)

2015年春アニメ
★★★★☆ 3.5 (244)
1167人が棚に入れました
人気シリーズ「てーきゅう」のスピンオフ作品「高宮なすのです!」。
「てーきゅう」のぶっ飛びお金持ちキャラ“高宮なすの”と『てーきゅう』メンバーの押本ユリの弟で、
なすのの執事を務める“陽太”が主人公。
なにかと言えば、お金持ちであることを鼻にかけ、お金で解決しようとする
高宮財閥のお嬢様“高宮なすの”のゴージャスな暮らしぶりが、ギャグ満載で描かれる
コミック アース・スターで連載中のコミックをアニメ化。

声優・キャラクター
鳴海杏子、逢坂良太、花澤香菜、三森すずこ、渡部優衣、田村ゆかり

Baal

★★★★☆ 3.4

黄金のシンデレラ~午前0時に魔法は解けず~

ルーツ原作、Piyo作画による漫画「てーきゅう」の

登場人物の一人である高宮なすのを主人公とする

スピンオフ作品を原作とするショートアニメです。全12話


いつもてーきゅうを見たあとに視聴していましたが

あの早口高速カットの作品を見たあとだとこっちがかなり

スローモーションに見えました。

実際のところはどうなのかはよく分かりませんが・・・

ボケ役が目まぐるしくボケまくるのとは違う感じなので

そういう風に思えたのかなと思います。


まああのハイテンションっぷりには勝てませんがまずまず

良かったと思います。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 20
ネタバレ

noindex

★★★☆☆ 3.0

えーこれでおわりー?

1話
こっちのほうが顔の作画が気合入っているような…。
陽太君はイケメンボーイなのでてーきゅうより女性受けがいいかもしれない。
執事ものだし。

2話
なんかコレジャナイ感があるんだよなぁ…なすの先輩が男にベタベタしているのがなんか嫌というか←百合アニメ見すぎ

3話
あれ!?{netabare}ゆりがボケてる…弟が突っ込みやってるからか?アルコール入ってないゆりの初ボケはかわいかった。{/netabare}

4話
{netabare}ユリちゃんのツッコミを二割ほどまわしてよ、には吹いた。これ自体すでにボケだし…{/netabare}

9話
{netabare}なすの先輩死にすぎw{/netabare}面白いけど…これじゃまるであいまいみーだよ…。

【総評】
最後までギャグだったけど、せっかく男女でスピンオフなんだしちょっとラブコメっぽくしてほしかったなぁ。原作はあるのかもしれんが…こっちは二期やれるの?

投稿 : 2019/08/17
♥ : 11

☆エトペン☆

★★★★☆ 3.6

ショートアニメ、てーきゅうのスピンオフ。

てーきゅうでツッコミ役の女の子の弟が
高宮家のヒツジとして・・・失礼。
執事として働くことになった。



最初数話はそうなんだけど途中から
普通のてーきゅうになってたりもする。



てーきゅうと同じ日に放送されるため
とりあえずどちらかをみるのですが
何回かOPが流れるまでてーきゅうだと思ってたり
てーきゅうだと思ってたのが高宮なすのだったりと
正直一期から四期まで同じ扱いしてるので
評価はてーきゅうと同じです。




正直、そこまでなすのさん好きってほどでもないんでねw
なぜスピンオフしたかったのか分かんないけどなんだかんだ
楽しめてるんでいくらでも見られます。



アニメも短いしレビューも短めに。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 18

61.4 4 てーきゅう 第5期(TVアニメ動画)

2015年夏アニメ
★★★★☆ 3.5 (199)
923人が棚に入れました
テニス部でありながらテニスをほとんどしない女子高生4人組を描いたコメディの第5期!!

声優・キャラクター
渡部優衣、三森すずこ、鳴海杏子、花澤香菜
ネタバレ

noindex

★★★★☆ 3.3

五期終わり!

虚淵玄「うる星やつら2ビューティフルドリーマーリスペクトしています!」押井守「お、おう…」
ニコ生でのお二人の対談より。
51面のタイトルは「先輩とビューティフルドリーマー」だけど共通点は{netabare}文化祭の話というだけのような…いつも洋画のタイトルが元ネタだったが今後はアニメ映画も?
色んな出し物があるね~というセリフを何度も言うのがループものとしてのパロディなんだろうか?{/netabare}

54面はオープニングが違うw{netabare}トマリンとうどんこの話とか、ネタが尽きてきて珍しい組み合わせにしたのか。
最後は久々のまりも先輩パンツ食べて逮捕。いつものことと言われてたけど。{/netabare}

55面。
{netabare}電柱とのバトル…{/netabare}あまりにシュールすぎる。ネタがなくなってきてやけくそ感あり。6期は大丈夫?

57面。
{netabare}焼き芋の話。面白かった。電柱もそうだけど、テーマを一つに絞ると面白くなると思う。{/netabare}

【総評】
中盤から原点回帰して持ち直してきたかなぁ、という印象もあるが…6期のキービジュアルを見るとトマリンと近藤が居るがゆいかおり推しをやるんだろうか?原作には今後ほとんど出てこないとも聞いているが…オリジナル回をやる?

投稿 : 2019/08/17
♥ : 9

ato00

★★★★☆ 3.7

2回目

今期は2回ずつ観て見た。
2回目は、1回目にスルーした箇所が理解できる。
2回目の方がより笑えることがわかりました。
このアニメ、最低2回の視聴が必要です。

OPは花澤さん歌う「Qunka!」
花澤さんを堪能するいとまもない変態カオス曲。
「花澤さん、この仕事断りなさい。」といいたい。
ちなみに、この歌、4期放送時に既に発売済。
流石てーきゅう、仕事が早いな。

途中、新キャラみたいな方が登場。
と思いきや、よくよく調べて見ると2期で既出。
どうも、早すぎて見落としていた模様。

「5期終り」の一瞬の掛け声とともに来期は6期か。
てーきゅうといえども、6期の前に7期はできないだろうな。
6期は3回ずつ視聴してみよう。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 18
ネタバレ

buon

★★★★☆ 3.8

こ・ん・ど・う・と・ま・り・ん

{netabare}とまりんと近藤さんの回が一番おもしろかったw{/netabare}

・・・ちょっと勢いが弱くなってきた。
慣れてきたか、飽きてきたか。

けど「愛してると最近言わない」ようになってからが本番です。
それが浮気をしているのか、空気になってきたのか、あるいはそれ以外かは、
あなただけが知る、否、本人は気付かない気付けない。

私の場合、
なすの先輩は薄い方がかわええ、
かなえ先輩とまりも先輩の通常運転だと心休まる、
ゆりちゃんはかわええ。

・・・いつまでも生きざまを見届けるぜ!!!!!



◆1話感想◆{netabare}
2015.07.08 04:58 ★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0
『気づかなかっただけで関連付けられてたのかな? ~1話感想~』

サブタイトルとね♪

さて、通常運転です。
5期という未知の世界まで達したので1話はメンツだけ豪華だったのかも?

OPがテンション低めで期待値が高まります。{netabare}くんかくんかはぁはぁ{/netabare}

特に言うことないっす。

内に秘めたる4人のランキングで

かなえ先輩
ゆりちゃん
まりも先輩
なすの先輩

の順だったのが、まりも先輩株上昇中です♪{/netabare}

投稿 : 2019/08/17
♥ : 10

61.7 5 てーきゅう 第6期(TVアニメ動画)

2015年秋アニメ
★★★★☆ 3.6 (177)
794人が棚に入れました
「てーきゅう」皆様に支えられて6期の放送が決定…!早口過ぎてついていけない超高速ギャグアニメ「てーきゅう」、2015年10月より第6期がスタート!亀井戸高校テニス部の普通じゃない女の子4人の抱腹絶倒の日常を描く。アホな先輩たちに振り回されるうちにツッコミっぽい立場になった後輩の「押本ユリ」、テニス部なのにテニスがほとんどできないボケマシーン2年生の「新庄かなえ」、予想不可能な関西風ド変態2年生「板東まりも」、何でもお金で解決しちゃう謎多き天然お嬢様2年生「高宮なすの」。もはや手がつけられなくなったアホ4人の、テニスをほとんどしないテニス部活動、そして学園生活がまた始まる…!

声優・キャラクター
渡部優衣、三森すずこ、鳴海杏子、花澤香菜、小倉唯、石原夏織、喜多村英梨
ネタバレ

noindex

★★★★☆ 3.4

よいお年を!

OPでゆいかおりを推している。歌うのもゆいかおりか?と思ったら違った。3期OPみたいな感じ。
でもキタエリ推しは許す!ダージリンさんが目立っている劇場版ガルパンが無かったらかなりきつい状況だったしな…。

61面は{netabare}ゆりがいなかったが、その場合はまりもがツッコミ役を代行するんだとわかった。{/netabare}

65面。{netabare}やっぱ他校のテニス部の生徒のキャラ使ってきたねwつーかまりもツッコミすぎ!もうボケキャラ卒業か!{/netabare}

70面。おお久々のテニス回!タイトルも映画じゃないし。
{netabare}かなドラすげーな。{/netabare}

71面。
{netabare}まりもはなぜトップ狙いなのに平和で手成りだったのかと疑問に思ったが(最後の役を上がる前は2万点台のハズ)、オーラスで親で配牌が悪くて、とりあえず急いで張って連荘狙いだったんだろうね。
で、猿は?{/netabare}

72面。
なぜかニコ動の配信が1日早い。年末モードやね(謎)
{netabare}麻雀はもうええっちゅーねん!{/netabare}まりもがツッコミ担当の話が多かったな。

【総評】
7期8期9期とこうなったら俺が寿命で死ぬまで続いてほしい。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 10

Ssoul(輝子P)

★★★★★ 4.2

ところでてーきゅう9期はまだですか?

ストーリー

テニスをしない亀井戸高校のてーきゅう部の物語。

私の感想

てーきゅう公式ページが出す亀井戸高校のマップが非常に面白いですね。本当に面白いのでこの作品を愛している人にはお勧めです。

過去の作品のレビューを読み返していると、思う点があるのですが、この作品でどうやってネタバレをすればネタバレになるのでしょうか?・・ たぶんセリフを全部コピペーしても逆に意味が分からなくなってネタバレになりませんでしょう。万の言葉よりも見たほうが早い。それがこの作品。

まあ、安定感のある面白さと速さとカオスさですね。それがこの作品の良いところです。




ところでてーきゅう8期はまだですか?


オープニング
「とってもサファリ」
過去のオープニングのほうが好きです。自作には期待しています。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 4

ato00

★★★★☆ 4.0

やっと、面白さがわかってきた。

今期は3回繰り返し見てみた。
やっと、てーきゅーの本質がおぼろげながら見えてきた。
これ結構面白い?

連続性の高いシュールボケが主体。
ユリちゃんはキレの良いツッコミ専門。
ユリちゃん不在の時は、まりも先輩が否応なしにツッコミ。
たまになすの先輩が高速優雅にツッコミ。
でもかなえ先輩だけはボケまくる。
こんな感じ?

その他、どうも5人ぐらいボケキャラがいるみたい。
でも早くて名前は不明。

OPが相変わらず妙なハイテンション。
早いのに、本編より遅いので、スローに聞こえる不思議。

いつのまにか、7期が決まってたみたい。
いったいどこまでやるの?
次期は4回繰り返し見てみよう。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 13

64.3 6 てーきゅう 第7期(TVアニメ動画)

2016年冬アニメ
★★★★☆ 3.6 (157)
740人が棚に入れました
亀井戸高校テニス部の押本ユリ、テニスが全く出来ないボケマシーン・新庄かなえ、何でもお金で解決するお嬢様・高宮なすの、好物はパンツというド変態・板東まりも。テニス部のはずの4人は今日も練習せず、コートに井戸を掘ったりと、ハジけた日常を送る。

声優・キャラクター
渡部優衣、三森すずこ、鳴海杏子、花澤香菜、小倉唯、石原夏織、喜多村英梨、中島由貴、逢坂良太
ネタバレ

noindex

★★★★☆ 3.6

8期は出来るのか?

http://www.nicovideo.jp/watch/1451311495
OPはサビの部分を使うとして今までで一番平凡な歌詞かな。
メイン声優が歌ってない曲でも3期は殺し合え~とかセリフが入ってたし、6期は空いてるネックにかみつけ~がインパクトあったし。
3期OP歌ってたNaiveってまだ活動してんだね…。

73面。
OPの絵は色鉛筆で描いたようなタッチ。歌も絵も今までで一番普通だと思う。でも全員で歌うのはこれが初めてなんだね7期にして…。
{netabare}ゆりちゃんのモロパン!モロパンは今までなかったと思うが…。タイトルの呪怨要素はどこに?井戸って貞子じゃないの?{/netabare}

75面。
この回は面白かった。{netabare}なぜかゲロ飲むところで吹いた。{/netabare}初期のキレが戻ってきたのでは。

76面。
最近てーきゅうが面白くてしょうがないけどネタの質が戻ってきたのか自分がてーきゅうにハマる周期なのか。
{netabare}臭くないうんこみたいですわに大爆笑した。{/netabare}
あと前期からだけどまりもが突っ込むことが多くなったよね。

80面。
{netabare}かなえ先輩の突っ込みの下手さ加減を笑うという{/netabare}高度なギャグに感服した!いやーよくネタが続くよな。

82面。
来期のうさかめ予習回。
{netabare}鈴木あやこ=突っ込み。
田中きなこ=ボケ。とぼけた感じ。既に何度か出ている。
佐藤くるみ=ボケ。テンションが高い。扱いやすそう。
西新井大師=ボケ。怖い。かなりの重症。
3期35面の全国大会偏を見直してみたけど佐藤さんのような髪の子がいない。髪伸ばして染めたんだろうか。4人の名前は同じなんだが。{/netabare}

84面。
最後はエロかったなw

【総評】
7期はかなり面白く感じた。スタッフは劇場版をやりたがってるのかな?
ニコ動で次のうさかめの主題歌を流してたけどてーきゅうのOPより普通の歌詞なのでそういう作風になるんだろうか?

投稿 : 2019/08/17
♥ : 8

ato00

★★★★☆ 4.0

ユリちゃん大活躍!

もう7期。
6期くらいから、このアニメを楽しむコツが掴めてきた。
笑ってる間に次の笑いに移行するのがこのアニメの仕様。
でも安心して下さい。
1話2分だから、二度三度と視聴。
そうすることよって、スルメのように味がでます。

先輩3人がボケてユリちゃんがツッコむのが黄金パターン。
でもマンネリ化回避のためか、新キャラも登場。
それでも、やっぱりユリちゃんがツッコむ。
ユリちゃんの仕事量、半端ない。
ユリちゃん頑張れ!

熊回はユリちゃんの休暇。
かなえ先輩とまりも先輩のツッコみ役は壊滅的にミスマッチ。
まるで青函トンネルを通過しているよう。
でも安心して下さい。
北海道新幹線のようにあっという間に通りすぎますから。
それにユリちゃんがラストを華麗に締めます。

最後の方にユリちゃん的キャラ鈴木さんが登場。
ユリちゃんの負担が少しは軽くなったかな。
でも、最終回、やっぱりユリちゃんはユリちゃんだった。

「7期終了!」
てーきゅうメンバーは長期休暇に?
さあ、次クールはスピンオフだ!

投稿 : 2019/08/17
♥ : 22

Ka-ZZ(★)

★★★★☆ 3.6

テニスをしないテニス作品・・・もう7期です。

テニス部に所属する4人組みが繰り広げる全く先の読めないカオスな作品です。

レビューを書くためにwikiをチラ見した時に気付きましたが、テニスを全くしない作品といいながら、実は1〜3期まではスタッフにテニス指導の方がいらっしゃったようです。
この頃までは、テニスの展開も予定されていたのでしょうか・・・^^?

それでも、4期以降はテニス指導の方が不在になったという事は、明らかに軸足が明後日の方に向いてしまった・・・という事だと思いますが、この潔さがこの作品ならではの特徴だと思いまし、先の読めない展開に繋がっているのだと思います。

それと、今期を視聴している時に各期でそれぞれ特徴があるのでは・・・と思いました。
何故なら、今期は押本 ユリ(CV:渡部優衣さん)と新庄 かなえ(CV:三森すずこさん)の登場が多めで、高宮 なすの(CV:鳴海杏子さん)と板東 まりも(CV:花澤香菜さん)の出番が少なめに感じました。物語の展開上の事なら納得できますが、ちょっと謎でした^^;

その分、渡部さんと三森さんが頑張っていました^^
特に三森さんは4人の中で一番ハイテンションの新庄 かなえ役・・・
普段はぼけ役が3人なのに今回は一人で三人分頑張っていた回がありました。
普段から大変そうなのに、それに輪をかけて頑張るって・・・どんだけなの^^;? 

そして今回は2016年春アニメから放送の始まった「うさかめ」の前フリがありました。
4人が通う亀井戸高校テニス部とライバル関係にある兎亀高校のテニス部4人組みが物語に登場します。
6期では一人だけ登場しましたが今回は全員集合です。
亀井戸 vs 兎亀が繰り広げるの骨肉の争い・・・事の顛末は本編でご確認頂ければと思います。

主題歌は亀井戸高校テニス部の「ツッパリくんvs関取マン」
今回の主題歌もノリノリの曲です^^
歌の途中には、まるで往年の名作に喧嘩を売っているような歌詞も入っていたりして挑戦的な曲だったと思います。

3分枠をフルに使ったハイテンションコメディ作品・・・あまりの速さに目がついていきませんけれど、その視聴スタイルもすっかり定着しました^^
スタッフと声優さんは大変な作品だと思いますが、是非今後も継続して欲しい作品です。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 12

65.7 7 てーきゅう 第8期(TVアニメ動画)

2016年秋アニメ
★★★★☆ 3.6 (136)
587人が棚に入れました
亀井戸高校テニス部の押本ユリ、テニスが出来ないボケマシーン・新庄かなえ、何でもお金で解決するお嬢様・高宮なすの、好物はパンツというド変態・板東まりも。テニス部のはずなのに練習せず、ユリの弟・陽太やライバル校も巻き込むハジけた日常を送る。

声優・キャラクター
渡部優衣、三森すずこ、鳴海杏子、花澤香菜、小倉唯、石原夏織、喜多村英梨、逢坂良太、中島由貴
ネタバレ

noindex

★★★★☆ 3.4

8期はゆいかおり推し!ちょっと推しすぎでは?

85面
1話OPはうどん子の石原夏織が歌っていたが、CMを見てるとトマリンの小倉唯Verもあるようだ。
内容のほうはまりも先輩の変態百合ネタをやってたが原点回帰の方向かな。これは嬉しい。

86面
「猫ラーメン」を思い出した。

87面
トマリンのOPに変わった。トマリンだけでなくうどん子もまだ出てるしゆいかおりに乗っ取られてしまったような。ギャグはいつも通りユリが突っ込みで忙しい。
ちょっと考察。{netabare}車中の席は以下のようになっている。

運転席 アネンコフ
助手席 ユリ

中 かなえ なすの

後 トマリン まりも うどん子

これは序列順になっていて前にいるほど高位なのではないだろうか。
後輩ながら常識人のユリがポジションが高く、アホのまりもと新参のうどん子トマリンが後ろ。{/netabare}

91面
「先輩とオブリビオン」というタイトルだけど、映画じゃなくてゲームの方をネタにしてるだろwしかもオブリビオンってネトゲじゃないし。

93面
{netabare}かなえ先輩となすの先輩がテニス部に入るいきさつがわかる過去回!ショートカットのかなえ先輩かわいい。
なすのがテニスやる理由が「金持ちはテニスやってそうだから」は笑った。
ユリが入るいきさつはすでにやったから、あとはまりもだな。{/netabare}
見直して気づいたが{netabare}なすのの入部届で体重を55kgから45kgに訂正している。なすのは55kgを認めてないんだな。{/netabare}

94面
{netabare}前回の続きでまりもが入ったいきさつもやってくれた。{/netabare}
キャラデザがいつもと違うのが気になった。いつもはほとんど無いまつ毛を描いている。
TVで見てたら家族が「凄い早口だねえ!」と言ってきて笑った。
これ早口で有名なんだよとか一度ではわからないとか適当に説明しておいたが、深夜アニメ見てて初めて何か言われたのがてーきゅうなのは趣深い。

96面
{netabare}KFCもどきの店でバイト。ずっと前に出たまりものバイトの先輩が再登場。なすのがここはうちのパパが経営していると圧力かけたけど「それが何?」「どうせ契約社員だし」と屈しないのが良かったw労基法で即座にクビにはできないはずとかリアルなこと言うなw
最後は「続けたい!」って言ってたけど、まだ続くよね?{/netabare}

【総評】
で、9期はいつ?

投稿 : 2019/08/17
♥ : 6

Ssoul(輝子P)

★★★★★ 4.2

ユリちゃんのツッコミのレベルが上がるにつれ声のトーンもあがる。そして、10期はまだですか?

ストーリー

テニスアニメはテニスはしない物。

私の感想

やはりといいますか、この作品が放送していないとなんだか安心できないといいますか、最近では一週間に一回てーきゅうを見るのが週刊になっていて、この作品は自分の周の区切りになっています。ある意味サザ0さんと同じかそれ以上の存在となってます。できればこの作品は永遠に続いてほしいです。

話はとくにつまらない話はなく、落ち着いて永遠と見れます。強いて言うのでしたら、かなゑ先輩の「夜叉の構え」が見れなかったのが心残りがあるので9期に期待しましょう。

そして、これは私の勘違いかもしれませんが、少々失速しているかと思います。もっと所見には厳しく玄人向けの作品らしくもっと話す速度をあげてほしかったです。まあ、それは人それぞれの好みだとおもいますが、8期まできますとそうなかなか所見の人はあまりいないと思うので、それも一ついいと私は思います。

オープニング

「グルテン哀歌(エレジー)」
今回はうどんの曲ですか。とうとうこの作品のオープニングにテニス要素がほぼほぼゼロになりました。前期のオープニングまでテニスラケットくらいはありましたのに、今作からタイトルログのテニスラケットしかありませんよ。テニスやるやる詐欺ですよ。まあ、いまさらか。
このオープニングじたいはかなり好きです。曲の真ん中にいきなりかなえ先輩が白い全身タイツをはいて謎の停止時間があるのもかなりツボりました。個人的にむっちゃ好きです。

「ニホンゴワカリマセン」
今作はオープニングが2つあります。結構出現は半々です。やっぱりトマリンはかわいいですね。この作品での数少ない癒し系のツッコミです。まあ、たまにボケますが。
日本語わかりませんと言っていますが、がっちり日本語で話すので、日本語じゃないと気にしている方は心配ございません、日本語です。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 8

Ka-ZZ(★)

★★★★☆ 3.9

8期まで見て新たなる発見が…

この作品の原作は未読です。本編の中で「聞き取れないところは原作で確認して下さい。」とテロップも流れますが、原作を読んでいる時間は無いのでアニメで何とか聞き取ろうとしています。

この作品ももう8期…1期が放送されたのは2012年の秋アニメなので4年で8期…
この他に「高宮なすのです!」や「うさかめ」もあるので、毎年2期以上制作するペースじゃないと追いつきません。
本編のペースも最速ですが、制作スピードも全くヒケをとっていない作品も珍しいと思います。

今回レビューを書くためにwikiをチラ見して知ったのですが、2期から6期までは未放送分が2話ずつあるんだそうです。
これまで毎期12話ずつ積み上げてきて今回8期…ようやく100話の壁が見えてきたと思ったら、未放送分を踏まえると106話まで積み上がっていたんですね。

この作品…きっとテニスをしないからこれだけ長寿作品になっているんでしょうね。
100話を超える作品…深夜枠では「ジョジョの奇妙な冒険」くらいではないでしょうか…?
でも8期まで続いた作品は他に無いと思います。
私が知らないだけだと思うのですが、ちょっと作品が頭に思い浮かびません。
そういった意味では新たな金字塔を打ち立てる作品…という事になるのでしょうか。

そんな8期ですが気になったキャラが一人…
小倉さん演じるトマリンです。最初登場した時にはこの超高速台詞に小倉さんはついていけるのだろうか…とそんな事ばかり気にしていました。
普段おっとりとした役柄を演じる事が多いので…

だからトマリンをそういう目でしか見てこなかったんです。
ところが、8期のオープニング…ようやくトマリンこと小倉さんに順番が回ってきて、そのオープニングアニメを見た時です。

トマリンは歌詞に合わせてちょっぴり動くだけ…
この作品だから映るのも一瞬です…
でも私にとってはその一瞬で十分でした。

…そう、可愛いんです。
これまでこの作品のキャラをそういう目で見た事がありませんでした。
でもそれに気付いたらもう止まりません…
トマリンと言えば無邪気な笑顔で笑っている姿が印象的ですが、その一挙手一投足全てが可愛く見えてきてしまったんです。

これまで何度も見てきた筈なのに気付かないなんて…
自分の味方の甘さを痛感した作品になりました。
そんなトマリンの可愛らしさの気になる方は是非本編でご確認頂ければと思います。
サビの♪宇宙~ 宇宙~ 経歴詐欺~♪にも注目してみて下さいね。

主題歌は、近藤うどん子の「グルテン哀歌(エレジー)」と、トマリンの「ニホンゴワカリマセン」
「僕は国家権力には屈しないぞ!」と決意を叫んだトマリンに軍配です。

1クール全12話の物語でした。
これからもどんどん続けて他のショート作品の牽引的役割を担う作品になる事を期待しています。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 14

61.1 8 Wake Up, Girls! 新章(TVアニメ動画)

2017年秋アニメ
★★★★☆ 3.2 (100)
350人が棚に入れました
「Wake Up, Girls!」は、宮城県・仙台市で暮らす7人の少女たちがアイドルグループ「Wkae Up, Girls!(以下、WUG)」を結成し、互いに切磋琢磨しながら、トップアイドルを目指していく姿が描かれた成長と絆の物語。
仙台の弱小芸能プロダクション「グリーンリーヴス・エンタテインメント」に所属するWUGは、数多の挫折を経験しながらも、国民的アイドルグループ「I-1club」を「アイドルの祭典」で破り、優勝した。
一躍トップアイドルに…と思ったのもつかの間、「アイドル経済不況」が叫ばれてきたこのご時世、現実は甘くない。
7人は地道なアイドル活動に追われる日々が続いていた。

一方、仙台市の中学に通う速志歩・守島音芽・阿津木いつかの3人は、次第にアイドルに憧れを持つようになり…

えたんだーる

★★★★☆ 3.7

「こんな作画で大丈夫か?」(ストーリーはそんなに悪くはなかったような…。OP主題歌で小宇宙(コスモ)を燃やせ!)

「大丈夫だ、問題ない」とはいかないよねと思った第2話。

冒頭からパースが変。ごんちゃん(WUG移動用のワゴン車)の止まっている芝生の空き地、手前への傾斜どないなってますのん…?
(あの作画の通りなら、傾斜で手前にコケるかも。)

「一番いい作画を頼む」とは言わないので、もうちょっとなんとかしてください…。

2017.11.8追記:
第5話まで視聴済み。5話冒頭のライブシーンでは「人のような形をした謎の光」が歌い踊る演出(笑)。そして事務所での会話シーンはことごとく事務所の遠景。半分冗談で付けたレビュータイトルがいよいよシャレにならないレベルの事態に…。

ある意味、昔のアニメの作画よりもまずい事態のような気が。

別に「ストーリーがひどい」とか「楽曲が悪い」とかはあまり思わないけど、これはいよいよ万策尽きかけているのかな…?

2017.11.15追記:
第6話まで視聴済み。仙台市街地や観光地については、実写にフィルタ処理をしたものを使い背景は描かない方向に。前回もそうだったが喋る場面では口元を映さないアングルや状況を選び、口パク作画はしない方向に。

作画に関してはかなり末期的な状況ですが、次回の「わぐばん!新章」特番を挟んで、果たしてこの状況を立て直すことはできるのか…?

2018.1.5追記:
公式より。最終回は通常放送している曜日や時間と放送日時が違うので注意。
◯テレビ東京
1月7日(日)27:05~27:35
◯仙台放送
1月9日(火)26:05~26:35
◯AT-X
1月10日(水)20:00~20:30

なお、作画についてはもはや開き直っている感じがします。まあいいか…。

2017.1.9追記:
最終回まで視聴終了。

結局はアメリカ資本が札束で巻き起こしたV-dol旋風に立ち向かう国産アイドル(WUG!、ネクストストーム、I-1club、その他各地の草の根アイドル)みたいな構図になった今回でしたが、それ以前にそもそも「アイドル市場の縮小」という現実が取り入れられた「新章」でした。

別に答えが出るわけじゃないのですが、「今できることをやる」というのと「人が人ときちんと向かい合うことで機械にはできないことができるはず」という主張は感じ取れました。

ストーリー自体は毎回次はどうなるのかなあという興味を引き続けるレベルにはあったと思うのですが、いかんせん作画の残念さが最後まで付きまとった本作なのでした。

あ、作中で歌っている曲はアイドル楽曲としてはなかなか良かったと思いますよ。

余談:OP主題歌の「7 Senses(セブンセンシズ)」という曲名を初めて聞いたとき、「第七感(セブンセンシズ)」(『聖闘士☆星矢』で小宇宙(コスモ)のことをこう呼ぶときがあった)を思い出した私はおっさんです。

ちなみに英語的には「五感」+「第六感」+「小宇宙(コスモ)」を合わせたものが "seven sences(セブンセンシズ)" なのであって、「第七感」に「セブンセンシズ」というルビをふるのは正確ではありませんね(笑)。
(これは車田正美先生のせい? ジャンプの編集者のせい? それともあえてそうしたのかな?)

投稿 : 2019/08/17
♥ : 37
ネタバレ

101匹足利尊氏

★★★★☆ 3.2

芸能界におけるアイドルのアウェイ感

監督・スタッフ交代劇を知った上での視聴だったので、
過去作のように批判も覚悟でガツンと物語をぶつけて来るタイプにはならない。
こちらからメッセージを拾いに行かないとダメな作品にはなるのだろうな。
と想定して見始めました。


で、拾ってみて。特に前半部分、
芸能界を生きるアイドルたちの立ち位置について、
色々と考えさせられる題材は多数、掘り起こされていました。


どこでも輝くことができるのがアイドルですが、
一方で、アイドルが芸能界において、どの仕事に挑んでも、専門分野ではない。
そこには、その道のプロがいる。
例えば、{netabare} グルメ番組に挑戦しても、「うんめぇにゃ~」を越える食いっぷりが自慢のタレントがいる。
ひな壇番組に出演しても、並のリアクションじゃ、カットされてしまう。{/netabare}

“おイモちゃん”はどう料理されてもおイモちゃんでしかない。
その中でどう生き残るか?新芽を出すか?

さらに奮闘するのはアイドルたちだけではなく、
迎える芸能界のスタッフたちも同様。
アイドルたちを起用して仕事をする以上、
イロモノ扱いせず、精一杯良さを出して行こうとする。
こうした温かいプロ意識が垣間見えたのも好印象。

例えば、{netabare}初グラビアに戸惑うアイドルの自然体を引き出すカメラマンがいたり。

私が一番心に残っているのは、第五話「同じ夢を見てる」
ドラマ挑戦回にて、ようやくアイドルが秘めた演技力を引き出した制作陣が
「いい感じになって来た頃にクランクアップなんですよねぇ~」
とアルアル話をする辺りに、何か凄くプロフェッショナルを感じました。{/netabare}

派手さは少ないけど丁寧な芸能界の描写を見ていて、
芸能界って闇ばかりでなく、結構、素敵な場所なんだな。
と生意気に思ってみたりw


その後、シナリオはバーチャルアイドル(Vドル)の進撃など、
現実でも踊り場にあると囁かれるアイドルの存在意義を問う方向に展開。

改めて『WUG!』シリーズは2010年代のアイドルを振り返る上で、
思索の引き出しになり得る作品だと再確認。

ただ疑問に思ったのは終盤、Vドルが
{netabare} 大資本と提携してリアルアイドルのコンサート会場を奪う
“ラスボス”として立ちはだかったこと。

私もボカロ等について語れる程バーチャルアイドルに詳しくもありませんが、
バーチャルアイドルを応援する層は、
大資本からリアルアイドルをゴリ押しされるのを嫌い、
ネット上など、草の根で俺たちの仮想アイドルを盛り上げている。
そんなイメージを持っていたので、この展開には違和感がありました。{/netabare}


総じて題材や構想には光る物があると私は感じましたが、
一方で、それらを完成度の高いアニメ作品に仕上げるために
必要なパワーが不足していた印象は拭えません。
特に作画は観ていて毎回とても苦しかったです。

ここでキャラが躍動するシーンを挟めば物語に引き込むことができる。
というチャンスにトライすることすらできなかった感じがしました。

その割にEDクレジットにて、困った時の中国、韓国作画傭兵団の名前すら
あまり見られなかったのが謎。
これは監督スタッフの能力云々以前の、体制に問題があったと思わざるを得ません。


もう少し万全の準備でWUGちゃんを……。と悔恨する一方で、
擁護するわけでもありませんが、
彼女たちには、新作アニメ実現を待つ時間もあまり無かったとも思っています。

「WakeUp,Girls!」は“2.5次元アイドル”の中でも、
比較的3次元での活動比重が高いグループだと思われます。

彼女たちが三十路を過ぎて尚、
二次元キャラは不滅。中の人は永遠の○○歳♪
などと活動し続ける姿はあまり想像できません。
続編アニメもスタッフ陣の準備や体調が整うまで……。
と待っていては限られた時間がどんどん過ぎてしまいます。

また前作劇場版から本作まで二年近く間が開く中、
「WUG!」は舞台版『WUG!』に挑戦したり、別アニメ主題歌にタイアップしてみたり。
色々、繋いでいましたが、この時期辺りが
2次元世界と彼女たちとの絆を保つタイムリミットだったのかな?とも感じています。


本作放送終了直後の今冬も、「WUG!」は、
この新章で“デビュー”した“妹分”「Run Girls, Run!」共々、
某別アニメでの主題歌に起用されています。

アニソン業界も実力派プロシンガーや人気声優がひしめく修羅。
生き残るのも簡単ではないでしょうが……。
引き続き、3次元でも“おイモちゃん”の奮闘を見守りたいと思います。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 28

ひつまぶし

★★★★☆ 4.0

安定のアンバランス!?

これまでは「作画崩壊が作画崩壊がー」とハラハラ見ていたWUGですが、突然の雰囲気チェンジにより作画が安定することに…!
…と言いたいところだが、この3Dモデルがアンバランス
つまり、アンバランスなままに安定という不思議展開

しかし、最終回でのライブシーンはさすがの3DCG
ストーリーも全体的によかったけど、やっぱりこれまでの作画の方が可愛さは勝ったかな(安定感は置いといて)

投稿 : 2019/08/17
♥ : 1

64.8 9 てーきゅう 第9期(TVアニメ動画)

2017年夏アニメ
★★★★☆ 3.4 (99)
428人が棚に入れました
亀井戸高校テニス部の押本ユリ、テニスが出来ないボケマシーン・新庄かなえ、何でもお金で解決するお嬢様・高宮なすの、好物はパンツというド変態・板東まりも。テニス部のはずなのに練習せず、ユリの弟・陽太やライバル校も巻き込むハジけた日常を送る。

声優・キャラクター
渡部優衣、三森すずこ、鳴海杏子、花澤香菜
ネタバレ

noindex

★★★★☆ 3.5

原作完結

97面
もう自分にとって酸素や水のような存在になっているてーきゅう。
{netabare}1話は男の娘疑惑があるトマリンの話でパチンコを批判しているのがGJ。
うんこしすぎなのは便秘か下痢気味なのだろうかと心配になった。{/netabare}
今回はEDがあってリアルなキャラデザになってるけどてーきゅうキャラではあまり見たくないかなあ。
アーススタードリームを推さなければならない事情があるんだろうけど

98面
{netabare}なすのの誕生日回だが…なすのが終始醒めていたのが面白かった。{/netabare}

100面
ついに第百回!記念の{netabare}キャラクター人気投票。しかし投票は行われてないので適当な順位なのであった…。なんでなすのが1~4位独占やねん。
ゆりちゃんが7位で「自分は4位くらいには入るはずだ!」と文句を言うのが面白かった。{/netabare}

101面
{netabare}トマリンとうどん子が出てる!ゆいかおりが解散してもてーきゅうの中では不滅。
野球部懐かしいな。
けいおん部また出すかw
テニス部がまじめに練習したのはいつ以来か…。
ボケてくれないとゆりちゃんが辛そう。{/netabare}

102面
{netabare}よく見ると清澄白河は101面の茶道部の子と同一人物なんだな。しれっとレギュラー化しているという。{/netabare}

103面
{netabare}今回出てきた人形は全然記憶になかったので調べたが、ナターリアは29面に出てきてお炊き上げで焼かれた人形(顔が全然違うが)、和子は89面のボロい旅館にあった意識高い人形。この時ナターリアも出てきている。{/netabare}

104話
9期はトマリンを推し過ぎじゃないですかねえ…ゆいかおり解消後のてこ入れ?

105話
{netabare}今回のタイトルの「先輩とデッドプール」だが、デッドプールとはアメコミヒーローの名前で、得意技の一つ「第四の壁を超える」で読者に語り掛けたり漫画だと認識したセリフを吐いたりするそうだ。今回最後がメタなオチなのはそういうことらしい。{/netabare}
作者のサブカル知識は相当なものである。

108面
{netabare}ゆり「はぁ~これで10期できるのかなぁ」
やってください!{/netabare}

【総評】
ニコ動のコメントでまりもが突っ込んでるのがおかしいと言ってるのをよく見かけるが、まりもはユリ・かなえ・なすのがいない時にツッコミ役に回ることが何度もあったのにそれを知らないのだろう。これだけ長く続けてると最近見始めた人もかなりいるんだなと思った。

2018/2/1
原作が終わったとのことで公式サイトで134面を読んでみたが…
{netabare}普通すぎ!特にラスト2ページはギャグ一切無し。まぁ今までがアレだから最後は綺麗に終わらせたかったのかな。この作品はゆりとかなえの物語だったということか。
それはいいとしても132面のトマリンのケリの付け方がちょっと残念。ワープホールがあるからすぐ会えるしええやろじゃなくて、まりもとの感動的な別れを描いてほしかった。{/netabare}

アニメしか見てないのに、なんかとても悲しい気分になってしまった。
原作が終わってしまったとなると10期は難しいのだろうか?

投稿 : 2019/08/17
♥ : 10

buon

★★★★☆ 3.5

ばっちこいって100話ッショイ!!!!!!!!!

ゆりちゃんかわええ




さて、9期も続くと私が書くことがないように、
ネタも若干困っている感じがします。

どこかクスッとするネタは散りばめられているのですが、
落ちが弱いのが多かった気がします。

3話に1話はとっても面白かった。

100話と自転車と一角獣は割と好き。


それよりもOPとEDが良かった♪
かなえ先輩がリアルになるとあの髪の異常さが際立ってニヤけてしまう。

何故に全裸タオルw

ゆりちゃんはかわえかったー

投稿 : 2019/08/17
♥ : 10

ato00

★★★★☆ 3.6

つっこみ上手

ユリちゃんの登場が減少?
自分の中で少々盛り上がりに欠けた9期。
その原因を考えると、やっぱりつっこみ名人ユリちゃんに帰結する。

ボケは自分のあるがままを出せばいい。
それに対し、つっこみは相手の意図することを正確に把握。
そして、的確な言葉で反応することが必要である。

てーきゅうでは、この一連のプロセスが高速で行われる。
だから、ボケのテンポが遅れたら、つっこみはその分高速にならざるを得ない。
また、相手の言葉が終わらないうちに言葉を発射することも必要である。
何はともあれ、つっこみには高い技術力が要求される。
てーきゅーの存続は、ユリちゃんの活躍に左右されると言っても過言ではないだろう。

最後にこれだけはつっこみたい。
エンディングの美少女百合描写、気持ち悪い。
てーきゅう、正気を取り戻しなさい。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 8

55.5 10 うさかめ(TVアニメ動画)

2016年春アニメ
★★★☆☆ 3.0 (105)
405人が棚に入れました
兎亀高校テニス部に所属する4人の少女、
田中きなこ・鈴木あやこ・佐藤くるみ・西新井大師西が、
それぞれの夢や憧れを追い求める…青春群像コメディっぽいなにか。
ここに開幕♪

ハイテンションコメディ『てーきゅう』の公式ライバル『うさかめ』は、
部活にいそしむ少女たちの、
ありきたりでどこかヘンテコな日常をとってだしで描きます。

アース・スター エンターテイメントに所属する国民的声優アイドルユニット、
アース・スター ドリームの全メンバーが出演!

『てーきゅう』の公式ライバル『うさかめ』にゆるーくご期待ください。

声優・キャラクター
中島由貴、小出ひかる、新井田いづみ、谷尻まりあ、高尾奏音、曽我部英理、愛原ありさ

ato00

★★★★☆ 3.4

かめかめ

てーきゅうライバルアニメ。
おっそ~。
てーきゅうに慣れた身には、このアニメ「かめかめ」です。

テニスをまともにしてる4人組が登場。
なにテニスやってるの?ってツッコミたくなります。
3人が軽くボケて鈴木さんがツッコむパターン。
鈴木さんのツッコミが正攻法だから笑いのセンスは今一です。

てーきゅうメンバーがゲスト出演している回が興味深い。
のんびりしゃべっているのに違和感を感じます。
どうも尺が長いせいらしく、てーきゅうでは無理している模様です。

決して面白いとは言えないコメディーですが、
口数の少ない西さんがボソッとつぶやくところがかわいいとか。
鈴木さんが黒髪美人とか。
顧問が冷静なつっこみ役とか。
所々に見どころがあったりします。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 26
ネタバレ

noindex

★★★☆☆ 2.6

てーきゅうに似て非なるもの…

てーきゅうのスピンオフだけど作者が違うし、(←アーススター公式サイトでは「原作:ルーツ 漫画:桐沢十三」と書かれています。私はこれをうさかめの原作のてーきゅうの作者がルーツであり、うさかめは桐沢十三が描いていると解釈しています。もし「漫画」でなく「作画」だったらネームまでルーツ担当だと解釈しましたが)
きっと全然違う作風なんだと思っていたのだが、見ているとあっちをかなり意識していると感じた{netabare}(ロードローラーとか必殺技デスレクイエムとか…) {/netabare}。
だから見ていて違和感がぬぐえなかった。ずっと見て行けば慣れるんだろうけど。
絵は色鉛筆で塗ったような色彩になっているが、中割り無しでパタパタ動くのはてーきゅうと同じ。
あとアーススタードリームを売り込もうという意図が強すぎて萎える。

2話
てーきゅうを意識してシュールネタをやってるが意味不明感だけしかなくて、全く面白くない。凡人は天才にはなれないんだから無理せずベタでゆるいギャグと百合ネタだけやってればいいのに…

4話
これさ、普通にテニスの話をメインにしたほうがいいと思うんだよ。今回は顧問がテニスの指導してる所だけは少し面白かったけど、てーきゅうの真似してるギャグはピクリとも笑えなかった。
今期ではうさかめはクレーンゲールと最低の座を争ってるね。鬼斬とパンでPeaceは意外と良くて嬉しい誤算だったな。

5話
顧問の先生の声って徳井青空さんなんだよね。いつもと全然違う声。さすがそらまる先生。
{netabare}てーきゅうの方の面子が出てきたが…それで面白くなるわけでは無かった。{/netabare}

8話
この回はしんみりして良かったと思う。だんだん麻痺して慣れてきたのだろうか。

9話
{netabare}まりもとなすの先輩出てきたけどなすの先輩キャラ違くない?って違う作品だからそうなるんだろうけど。最後のじゃんけんゲームはもうちょっと忠実に再現してほしかった。あーいこーでしょー!{/netabare}

10話
こういう百合話をメインに持ってくれば個人的には好みに合う。
ニコ動のコメ見てるとそうしても不評なのは変わらんと思うけど。

11話
テニス知識無いと一部わからないレベルのテニス回だった。
{netabare}西新井大師はかなり上手いのか。
いつのまにか田中きなこだけが一人でお笑いやってる状況に。{/netabare}

12話
{netabare}亀井戸との試合で終わりにして欲しかった。{/netabare}

【総評】
ギャグはてーきゅうに大幅に劣るが、その分を部活要素や百合要素で埋め合わせしている感じ。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 10

Ka-ZZ(★)

★★★★☆ 3.5

てーきゅうよりちゃんとテニスをしていました^^

この作品の原作は未読ですが、これまで放送された「てーきゅう」の中でも前フリがあったので、視聴を楽しみにしていました。
何せ濃密な2分間の中で息つぎする暇も無いくらいのハイパーマシンガントークが炸裂する「てーきゅうの公式ライバル作品」という立ち位置・・・気にならないわけがありません。

物語の舞台は兎亀高校テニス部・・・
ここでは乙女が4人が大会に向けて日々汗を流す・・・というところまで体育会系のノリではないのですが、時には部室でトランプなどの小休止を挟みながら部活動に励んでいます。

そんな少し緩めのテニス部員は以下の4人です。

田中 きなこ(CV:中島由貴さん)2年生のボケ担当。レビューを書くためにwikiをチラ見するまで気付きませんでしたが、この作品の主人公なんたそうです。

鈴木 あやこ(CV:新井田いづみさん)3年生の緩いツッコミ役。ロングの黒髪が特徴的で、4人の中では一番スタイルの良い女の子です。

佐藤 くるみ(CV:小出ひかるさん)3年生のボケ役。普段はチャラい感じでなのですが、たまに言う良い時のギャップが可愛らしい女の子です。

西新井大師 西(CV:谷尻まりあさん)1年生の無口無表情系キャラ。そしてすぐ餌付けされちゃいます^^;

てーきゅうの視聴を続けてきた人にとっては、1話目から違和感を覚えたと思います。
てーきゅうはハイパーマシンガントークが炸裂する作品です。
その公式ライバルだったら同じようなマシンガントーク・・・と思いきや台詞のテンポは思い切り普通でした。

でもキャスト陣を見たら・・・それも何となくですが納得しちゃいました。
今回の主要キャラの声優さんは、アーススタードリームのメンバーで構成されています。
そして皆さん新人さんなんだと思います。

一方、てーきゅうの声優さんは、花澤さんやみもりんなど脂の乗った演技をされる声優さんで構成されています。
考えてみると2分間とはいえ、あのハイパーマシンガントークを噛まずに演じきるって、声優として相当高いスキルが要求されるのではないでしょうか。
何といっても「台詞が聞き取れなかったら原作を・・・」と言い切っている作品です。
これを新人さんに求めるのは、あまりに酷な事のように思えて仕方ありません。

物語の中で、兎亀高校と亀井戸高校がテニスの練習試合をする場面があります。
亀井戸高校の皆んながここまで真剣にテニスをプレイしている姿はもしかしたら初見かも・・・と思える位貴重なシーンでしたが、帰り際に
花澤さん「なんかこっち喋りやすいなぁ」
みもりん「尺長いからねー」
の台詞には、てーきゅうの苦労がにじみ出ているようで思わず笑ってしまいましたけれど・・・^^;

それではこの作品はイマイチなの・・・?
と問われると決してそんな事はありません。
作画を含め全体的に温かい雰囲気と、時々真面目にテニスに打ち込む姿はてーきゅうと真逆ですし、何より4人が仲良しなのが見ていて微笑ましいです。

一風変わったテニス部物語・・・てーきゅうを視聴済の方なら何の問題もなく入り込める作品だと思いますし、キャラの動作や仕草はてーきゅうを彷彿させてくれますよ。

オープニングテーマは、うさかめ高校テニス部の「走れ!うさかめ高校テニス部!!」
エンディングテーマは、アース・スター ドリームさんの「Promise you」

1クール全12話の作品でした。このところアース・スター エンターテイメントさんのショート作品が続いているので、私の中では「無くてはならない存在」になりつつあります。
今度はてーきゅう8期か・・・それともうさかめ2期か・・・考えただけでも楽しくなります。
続編の情報を期待して待っています。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 16
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ