ハンドシェイカー(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「ハンドシェイカー」

よみがな:はんどしぇいかー

放送中:2017年冬アニメ(2017年1月~放送中)

★★★☆☆ 2.8
物語:2.6 作画:3.1 声優:2.9 音楽:3.0 キャラ:2.7
総合得点 50.6
感想・評価 61
棚に入れた人 496
ランキング 4621
ハンドシェイカー――
手を繋ぎ、深層心理から生まれた武器”ニムロデ”をもって互いに戦う者達。
己が「願い」を叶えるため、”神”にまみえ、
”神”を打ち破らんと数多のハンドシェイカー達がその頂点を目指し、競い争う。
その果てにあるものとは――。(TVアニメ動画『ハンドシェイカー』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 61

2017.02.20 03:48 Progressの評価 | 観終わった| 14が閲覧 ★★★★☆ 4.0 評価対象: ハンドシェイカー(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 3.5  音楽 : 4.0  キャラ : 4.5

この可愛さ、噛み合ってる!

コヨリの照れ顔にやられた…かわいい。大分この作品の良さがわかって「噛み合って」きました。(無理矢理決め台詞をねじ込んでいくスタイル)

【どんな作品】
・男性と女性がタッグを組んで能力バトル
・キャラデザは綺麗系・お人形のような感じ
・エロ要素は一話と二話だけ多め、男性向け
・戦闘シーンはスタイリッシュで良く動く
・日常パートのラブコメ感も良い。コヨリの表情の変化に注目

【あらすじ】
機械いじりが得意な高校生のタヅナ
タヅナと出会ったことで目覚めた謎の少女コヨリ
神の啓示を受けたタヅナ達は、ハンドシェイカーとなり、願いを叶える戦いに巻き込まれていく。



【キャラクターデザインは賛否両論、だけど慣れるととても女性陣が可愛い】

まず、作品を見る上でキャラクターデザインはとても重要ですね。この作品のキャラデザは女性陣の目がとても大きく、線が多い、配色が鮮やかで綺麗系の印象です。私もあの大きな目に最初は「おいおい某少女漫画か」と思いました。

ですが、この大きな目があってこそ、女の子の可愛い表情が際立ってきます。特に、ヒロインのコヨリは、元々表情が乏しかったので、表情の変化がとても重要になっています。

コヨリは無表情で綺麗系の人形のような印象を受けます。目もコヨリだけ無機質感のあるデザインです。だからこそ、感情を得た時のコヨリの可愛さが引き立ちます。

【アクションシーンの戦闘はスピード感がありハイクオリティ】

一話はまだタヅナ達が能力に慣れておらず、あまりスピード感がありませんでしたが、3話からの戦闘では敵側の能力者がスピードのある攻撃を仕掛けてきます。

カメラワークで走るシーンや攻撃のタイミングにあわせて画面ぐるぐる動いて躍動感を演出します。

カメラの変更なしで長く回すことでワンシーンで捉えたときの戦闘のクオリティはとても高いです。

また、能力によって現れた武器がカッコいいのもポイント。タヅナの歯車を操るのもいいですが、敵側の武器もカッコいいです。

【ストーリー面はコヨリとタヅナの関係性と成長に注目】

コヨリはタヅナと一緒に生活していく中で感情のない感じから少しずつ人間らしい感情を覚えていきます。その時のコヨリの表情の変化にこだわりを感じますので要注目です。

タヅナはコヨリに恋愛感情を最初は抱いてはおらず、とある思いがあるようです。

タヅナに惹かれていくコヨリの恋心と、タヅナの中でのコヨリが何者であるか、その関係性の変化と、お互いへの思いが「噛み合う」のか、楽しめるとおもいます。

【ー総評ー 少し角がたっている作品ではあるけど、話が進めば十分に面白い】

この作品はキャラデザ、背景、アクション、音楽、どれもがクオリティが高い作品となっています。

また、少女的なあどけなさのあるコヨリのラブロマンス的展開がとても楽しみです。

日常パートもコメディチックな部分は見ていて面白いですし、敵側の日常や事情、願いを描写して、譲れない戦い、願いのぶつかり合いを演出しています。

一話のエロチックなシーンで断念してしまいそうで、人にオススメしにくい作品ではありますが、3話以降にクオリティが高くなっているので最初は少し我慢してみてほしいと思う作品です。

 サンキュー(2)
2017.02.18 01:03 Derpの評価 | 今観てる| 17が閲覧 ★★★☆☆ 3.1 評価対象: ハンドシェイカー(TVアニメ動画) 物語 : 2.5  作画 : 4.0  声優 : 3.0  音楽 : 4.0  キャラ : 2.0

ユニークだけど上手くはない

映像の作りは色彩設計なども含めて非常にユニークですが、彩度が異常に高い。
アニメであまり見たことがないような強烈な色の使い方。


本来は映像面の良い部分悪い部分を挙げるべきですが、おそらく多くの人は1話、2話でうんざりするか飽きてしまうことでしょう。

ストーリーラインが雑で話の流れが掴みにくいです。

BGMは不思議な雰囲気を醸し出していて面白いです。

1話のCGはあまりに低品質でした。

プロットそのもの面白さは感じていないものの、映像や音楽から何か独特な雰囲気を醸し出しているのでとりあえず見てますが、オススメはしません。

 サンキュー(1)
ネタバレ
2017.02.16 07:19 valkyrie7の評価 | 今観てる| 71が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: ハンドシェイカー(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

テンプレっぽいけどオリジナル この人の手を離さない。僕の魂ごと離してしまう気がするから

研究室に寝ていた少女、それは亡くなった妹を思い出させた
彼女の手を握ったら...

これはPS2の名作、ICOを思い出させる、自分はPS3でプレイ
{netabare}音楽がほとんどなく環境音がほとんど

アクションアドベンチャーではあるが成長が無い、プリンスオブペルシャみたいに高い所から落ちるか、ヒロインが影に飲み込まれたらガメオベラ
クリアはしたけれど初見だと10時間は確実にかかる
強い武器をゲットすればトロフィー獲得だがほとんどノーヒントで謎を解かないといけない。まあ主人公とヒロインがものに注目するからそれを見て考えること。
それと必要以上に戦う必要はない。チェックポイントに入れば影は消滅するので

それと問題なのがノーコンティニュークリアや2時間クリア
「出来るわきゃねえだろおおおおお!!」って思ったwwwww
でも話は非常に面白かったのが驚き、1周で満足できるが2周目に入るとヒロインの字幕が...?

しかし発売から10年以上経っていても続編が出てないのが驚き
ぜひ作って貰いたいと願う作品ではあるけども、名作は続編を作らないほうがいい。だってマンネリ化が怖いからだ。
でも素早く謎を解ければ気持ちいいんだよね~{/netabare}

『女を守るのが男の役目』をモットーとしているため、すごくテンプレアニメの気がしてやまないがやっぱりこれは名作

今じゃあ「男を守るのが女の役目」とか「女を守るのが女の役目」
とかのアニメ・ゲームで影に隠れるけども、基本に帰ってはいかがだろうか

タヅナ=ヤマギ・ギルマトン
コヨリ=エリカ・エインズワース
リリ(信頼のEXT)=武部沙織

{netabare}しかしこの世界ではICO以上のルールが支配されている
だって彼女の手を離したら...命が燃えるんだから...
は?は?は?

異世界で襲い来るは鎖を操るチンピラ、オマケに女はマゾ兵
しかし武器は持っていない、どうすれば...

追い詰められたとき、あるモノが剣となった
しかしアイツを貫けるのか?{/netabare}

ブレイク=ルルーシュ
バインド(やはりEXT)=桂木華(マゾいから)

{netabare}ああ、どうにか仕留められた。殺さずにな
そして教授から世界の説明が行われた
この戦いを通していけば神と会えて願いをかなえてくれるのだが
信憑性ってあるのか?まあ兎に角、バトルは避けられねえ

まあそれはさておき、家へGO
飯食いな飯、飲み込み早いな^^
ICOじゃあこんなん無かったなあ...細かいことなんてハブられてるから

背中に縫われた跡、一体この子の過去に何が...?
ついでに分かったこと、彼は初心やwww
そして学校...悪いがICOだったら手を離せるのに...
逃げたらリリと出会った。まあ地道に仲良くなろう
と思った矢先、外に身長差がある男女がやって来た...派手に行きますか!{/netabare}

チヅル=コレットさん
ハヤテ=灰村諸葉

{netabare}そうかお二方はレストランを経営していたんだ
願いのために恩を仇で返すのか...
タヅナには戦う理由が無いのに...それでも彼は剣を握るのだった
相変わらず動きがヌメヌメや
しかしコヨリは何時になったら剣を持つのだろうか?

城におびき寄せるか...コイツ成長してる!
分身をけしかけようとも、対応してやがる!
やっぱタヅナって最強主人公の補正がかかっているのだろうか?{/netabare}

5話
今日も今日とてチヅル&ハヤテが経営するレストランにお邪魔
しかし主人公二人は離れ離れに
タヅナの元に眼鏡をかけた青年が、今日のメインディッシュは彼ですか?
いーやちゃうねんちゃうねん
リリ...そしてその弟
アンタらお二人さんがメインや!!
チャッチャと終わらせるぞ!

6話 やっぱこれクソゲーならぬクソアニメなのかよ(まあ戦闘はよく動くから評価点はここかな)
そしてコヨリは目覚めた、設置を見抜く力を...

 サンキュー(5)
2017.02.16 00:29 ezoの評価 | 今観てる| 73が閲覧 ★★★☆☆ 3.1 評価対象: ハンドシェイカー(TVアニメ動画) 物語 : 2.0  作画 : 3.5  声優 : 3.5  音楽 : 4.5  キャラ : 2.0

(9話が凄いらしいのでそこまでは)離さないって決めたんだ!

9話が凄いらしいアニメイト30周年記念作品。

監督の○話が凄い発言は「パンチライン」を思い出しますが果たして...。

そもそも9話までどれくらい視聴者が残っているか...。


1話目感想
{netabare}
あくまで個人的な意見ですが
正直1話はかなり微妙な印象を受けました。

背景作画は素晴らしいのですがキャラの動きに少々違和感。

技術はあるのに活かしきれてない印象。

基本的に日笠さんのキャラが喘いでるだけでこれといった見所もなし。

この微妙な置いてけぼり感のある1話は「ブブキブランキ」を思い出します。

とりあえず9話で化けるというのを信じてそこまでは観ますがどうなるのでしょうかね...。

PVがそこそこ良かったので期待してましたが大分期待外れなスタートになりました。
{/netabare}

2話目感想
{netabare}
1話よりは大分見やすかった。

バトルアニメなのにバトルがないほうが面白いタイプの作品なのかな。

エロ要素は絵柄からしてあまり合ってないような...。

作画の雰囲気はKのような感じなのに自ら女性ファンを遠ざけてるような気がする。
{/netabare}

3話目感想
{netabare}
手を離せる時間が15分に拡大。

そして主人公チームと社会人チームの対決。

会ってる合ってないは別として、今回のバトルシーンで流れたBGMがとても良かったです。

内容はともかくこの作品の音楽には好きなものが多いのでサントラとかは欲しいなぁ。
{/netabare}

4話目感想
{netabare}
数少ないこの作品の魅力の背景も少しずつ微妙に。

木の倒れかたとか適当過ぎたような。

主人公チームのハンドシェイカーとしての名前は「シングルギア」

手をしばらく離すと死ぬ設定なので仕方ないが、今のところヒロインがあまりにもお荷物。
{/netabare}


5話目感想
{netabare}
手を離せる時間が2時間に。そのうち1日手を離しても大丈夫になりそう。

バトルをする意識があるのは弟だと思うし姉弟コンビは両想いだったり。

プレメモ販促回だったのかな。
{/netabare}

6話目感想
{netabare}
今まではタズナがコヨリを引っ張ってきたが、今回はコヨリがタズナを引っ張る場面も。

2人の絆がより深まったような感じなのは良かった。

面白いかと言われれば微妙な感じてすが、最初と比べると多少は良くなってきたような、そうでもないような。

9話で盛り上がるのかどうか...。
{/netabare}

 サンキュー(5)
2017.02.15 19:52 HmFDB75691の評価 | 今観てる| 35が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: ハンドシェイカー(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

第6話 半分まできたのかな

ゲームや映画にもなっていない完全なオリジナル作品だろう。オリジナルアニメは昨年も不作だったが、今年も期待できそうもない。テレビのオリジナルアニメは冬の時代がきているのかもしれない。

=キャスト=
コヨリ(cv:諸星すみれ)
リリ(cv:茅野愛衣)
チヅル(cv:上坂すみれ)
コダマ(cv:小松未可子)
バインド(cv:日笠陽子)
ムスブ(cv:雨宮 天)

第1話 アニメイト30周年記念作品にしないほうがいいかも
{netabare}
手をつなぐという設定を知った時点で、トイレと風呂シーンがあると思った。じっさい、次回は風呂シーンがあるようだ。
ずっと手をつないでいるのは軽く引くし、いくらなんでも無理がある。道具を使ったほうがよかったんじゃないか。手錠で男女がつながるのはよくあるけどさ。

股間を踏まれて悶えている巨乳キャラの声優さんは誰だろうって、ストーリーそっちのけで気になった。調べたら日笠陽子さんだったので、なるほどって納得した。「い、いきます」はさすがにまずいだろって思ったけど、個人的にはOK。

だけど、アニメイト30周年記念作品が放送中止になったらシャレにならんぞ。

作画はCGだからきれいに見えるがそれほどいいとは思わない。アングルがよくないのか、ゲームの3D酔いしそうになる。キャラのデザイン、というか巨乳の形がイマイチだった。

色々愚痴ったけど、キャストはけっこういいし、書きたいことも色々出てきそうなので最後まで見ると思う。
{/netabare}

このアニメがどうやったら面白くなるか考えてみた
{netabare}
序盤で断念する人が続出しそうなアニメになってきた。
ネットの感想を読むと酔うという人がけっこういた。商品としては欠陥があるので改善すべきだろう。

このアニメの視聴者が断念しないためには、序盤のクライマックスまでに以下の三つのことが必要だと思う。

1.謎は序盤で明らかにすべき
昨年のオリジナルは、やたらと謎を出してきて、解明なしで終わらせるのが目立った。解明の部分は作品の評価に大きく関係するので、ヒット作が生まれなかった原因の一つと言える。
謎(序盤)→伏線(序・中盤)→解明(終盤)が理想的なのだが、アニメの場合、謎(序盤)→解明(終盤)が多い。視聴者を驚かせる効果はあるが、深みがなくて感動させるのは難しい。
このアニメもすでにいくつか謎があるが、伏線がないなら早めに明らかにしたほうがいい。
先延ばしにすると視聴者が期待してしまう→期待に見合うだけの答えを出せない→作品の低評価につながる、といったいつものパターンになってしまうからだ。

2.目標をはっきりさせる
主人公の目標やラスボスをはっきりさせること。じつはあの人がラスボスだった、みたいなのはめったにうまくいかないからだ。

3.重要なのは主人公ではなく、サブキャラ
主人公に力を入れて描くのは当然だが、それと同じくらいサブキャラにも力を注いでほしい。サブキャラを主人公にしても面白い話ができるくらいにキャラを作るべきだろう。
{/netabare}

第2話 風呂シーンあるよ
{netabare}
予想通り、トイレと風呂があった。女の子の大事な日はどうするんだろ。しかし、こういうシーンさえあれば喜ぶと思われていると視聴者も自覚したほうがいいな。

少しなら手を離しても大丈夫とか、すげーうさんくさい。平行世界とか准教授が説明したけど、平行世界の存在をなぜ知っているのかという矛盾がすでに発生している。電子ロックのドアがひらいた時点であやしいと思っているけど。
舞台はリアルなので科学的にとまでは言わないまでも、平行世界についてそれなりに説得力のある説明がなければいけない。ヴァーチャル空間だったから戦った相手もケガ程度で済んだ、リアルならこのほうが説得力がある。

主人公も疑わしい。機械いじりが好きなら現実的なキャラといえる。鵜呑みにしてしまうのは、キャラの作りが甘いか、本人も知らない特別な理由があるか(主人公の周辺も疑っている)。機械いじりと平行世界なら量子コンピュータを出すべきだろう。アニメではほとんど見ないので調べてみたら「ゼーガペイン」しか引っかからなかった。難しいのもあるがチャレンジしてほしいものだ。

謎はあまり多くしないほうがいい。それだけリスクを負うことになるから。手をつなぐ理由くらいは序盤までにはっきりさせておくべきだろう。

日笠さん、もう出てこないのか。いい声優さん揃えたのに扱いが雑だなあ。妹役の雨宮さんもあれだけで終わりとは思えないんだけど。コヨリは主人公の妹となにか関係があり、妹もまたハンドシェイカーで、戦う相手のなかに妹を倒したやつがいる、といった設定くらいはあってほしい。
{/netabare}

第3話 予告以上の内容はなかった
{netabare}
前回の予告でチヅルと戦うのはわかっているのでチヅルたちがハンドシェイカーでも驚きはない。Aパートにあんなに尺をとる必要があったのだろうか。おかげでバトルも途中までになってしまっている。

今回気づいたことを書いておく。
まず、握る手は右でも左でもいいようだ。それから、視聴者のだれもが気になる点、15分くらいなら手を離せるとか、どうやって着替えているとか、の説明があった。

主人公はいいとしても、社会人が願い事が叶うと言われて信じているのはどうかと思う。まず、疑うだろう。それか、願い事を叶えた人を見るなりしていないとおかしい。

社会人のチヅルたちが出てきたことで、コヨリが平行世界に連れて行っている可能性が低くなった。コヨリが特殊というのはまだあるが、平行世界に移動するのはハンドシェイカーとは関係ないところで行われている可能性が高い。
{/netabare}

ヒロインたちはケガや病気を抱えているのか?
{netabare}
チヅルのロリ体形を社員たちが馬鹿にするシーンがある。アニメにおいてロリの大人は珍しくないのだからとても不自然。馬鹿にするのが自然な行動なら、リアル感を出していることになる。つまり、チヅルはなんらかしらの病気で成長が止まったキャラでなければ整合性がとれない。
コヨリの体にも傷跡があるし、バインドの身悶えも病気なら納得…しないか。
{/netabare}

第4話 音楽と大阪城はよかった
{netabare}
ぬるいバトルに何か意味があるのだろうか。決着のつけかたもわからないし、勝ち続けるのが目的なのか、ハンドシェイカーを全員倒すのが目的なのか、よくわからない。願い事はブラフとしか思えない。キャラクターたちが願い事を信じている設定自体、かなり無理があると思う。

バトル中に流れる音楽はよかった。切ない感じを受けるんだけど、命がけのバトルではないので合っていない。大阪城もよかった。バトルなしで背景として見せてくれるだけでよかった。

ハンドシェイカーが出会うと平行世界に行くような説明があったけど、行ける根拠は”ハンドシェイカー”だけ。これで納得できるのか。設定としてひどすぎるだろ。だから、ハンドシェイカーとは関係ないと考えている。

ここまで説明ばかり。巨大コンピューターとか平行世界の入り口が出てきたわけではない。ハンドシェイカーが平行世界のような場所に移動して、武器のような物が出て、ぬるいバトルをしているだけ。裏がなければさらに評価は下がるだろう。

第9話がいいらしいけど、昨年のワーストアニメでまったく同じことを言っていたことを思い出す。第8話までは自信がないとしか思えない。
{/netabare}

第5話 某カードバトルのアニメと設定がよく似ている
{netabare}
茅野さんの演技が楽しめた以外はとくに感想がない。アニメイトの宣伝回って感じだった。
准教授が元ハンドシェイカーだったとか、リリが弟大好きなところとか、某カードバトルのアニメとよく似ている。あっちは双子だったかな。バトルに勝ったら願い事が叶うとか、パクッているのか思考が同じなのか、こういう路線の話はあきてきている。

あと、どう見てもパフェが出てくる高さでないことや、どこにもなかったスプーンが突然現れてコヨリが握っているところが不思議だった。プロのアニメーターが作っているんだから作画ミスとは思えないので、きっと伏線なんだろう。
{/netabare}

第6話 半分まできたのかな
{netabare}
全12話なら半分になる。ここまで見てきたので褒めてほしい。
今回も茅野さんの演技だけが楽しめた。どうせならリリを主役にしてほしかった。
バトルシーンで魅せるアニメなんだろうけど、気分が昂らないバトルシーンって、珍しいなって思う。駆け引きがほとんどないのが原因なのか。むかしのアニメでも見ているような気分になる。
{/netabare}

 サンキュー(2)

ハンドシェイカーのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
ハンドシェイカーのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。