幼女戦記(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「幼女戦記」

よみがな:ようじょせんき

放送時期:2017年冬アニメ(2017年1月~2017年3月)

★★★★☆ 3.9
物語:3.9 作画:3.9 声優:4.0 音楽:3.9 キャラ:3.9
総合得点 74.1
感想・評価 1233
棚に入れた人 5316
ランキング 400
統一暦1923年6月。
金髪碧眼の幼女、ターニャ・デグレチャフは帝国軍士官学校の最終課程、
部隊勤務の一環として北方軍管区ノルデン戦区の第三哨戒線で研修に励んでいた。
航空魔導師として輝かしいキャリアを踏み出すための第一歩である研修は
何事もなく無事に終わるはずだった。

しかし事態は思わぬ方向へ転がっていく。
協商連合の越境侵犯をきっかけに帝国と協商連合は戦争状態に突入。
戦時体制への移行に伴い、観測任務が割り当てられるも、
協商連合軍による奇襲が発生し、
ターニャは敵の魔導師中隊と単独で交戦しなければならない事態に陥ってしまう。
多勢に無勢で味方が到着するまで持ちこたえることなどできるわけもなく、
しかし逃げようものなら敵前逃亡で死罪は免れないという絶望的な状況。
何としても生き延び、上層部に対して最善を尽くしたとアピールするため、
ターニャはとある作戦に打って出るのだが……。

“其れは、幼女の皮をかぶった化物――。”(TVアニメ動画『幼女戦記』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 1233

2018.06.17 21:15 たからの評価 | 観終わった| 178が閲覧 ★★★☆☆ 3.8 評価対象: 幼女戦記(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 3.5  声優 : 4.0  音楽 : 3.5  キャラ : 4.0

《レビュー》幼女の皮をかぶったバケモノ

《レビュー》
よく見かける意見でタイトルの想像とは違うという意見が多くて、自分もそう思った。『幼女戦記』から幼女が戦うようなアニメしか想像てぎないけど、主人公はみため幼女なのに中身はおっさんで、登場人物男ばかりで、メインの女は3人だけで、驚きというか想像からかけ離れている印象を受けます。

雰囲気は暗いですが内容はコメディ要素で主人公が後方で安全に過ごしたいけど、上手くいかなくて、あれしていく感じです。あれというのはネタバレになってしまうので言わないでおきます。

見ていけば続きが気になってついイッキ見してしまうアニメだと思います。ミリタリー系が好きな人には特にオススメです。自分はミリタリー系には興味ないですが。そのせいでちょっと辛かったけど調べながらみれば何とかなりました。
{netabare}
その分時間がかかりましたが。見てる間にも用事だったり遊んだりで5日くらいかかった。{/netabare}

そして、迫力ある戦闘シーンやおもしろい展開は魅力的ですね。終盤の展開は熱いです。

声優さんは悠木碧さん、早見沙織さん、戸松遥さんといますが、吹き替え声優が好きな人には最高のキャスト陣。大塚芳忠さん、玄田哲章さん、飛田展男さん、堀内賢雄さん(2017年冬で鬼平の主人公役やってます)と自分の好きな声優さんばかりでした。平田さんは出てません。悠木碧さんの演技はホントに凄いです。




《感想》
{netabare}
とても面白かったです。最終回が「俺達の戦いはこれからだ」で終わったから2期ほしいところです。

面白かったけど、やっぱり自分としては、軍人にも階級やら専門用語やらがたくさんあるからそこら辺の説明がほとんどないので優しくない作りに感じました。セリフや雰囲気や感覚で どの人が上 とかを判断しなくちゃいけない。しかも軍人とかそういったものマイナーすぎるし・・・。

あと、説明とか皮肉とか回りくどい言い回しとかかが多くてさらに優しくない作り。おもしろいセリフ回しだけど、セリフに難しい言葉の羅列が多かったり、サイトを見ながらじゃないと説明や状況の理解ができなかった。

それでも『幼女戦記』は主人公ターニャが魅力的だったり、説明だらけだけど、癒されるシーンを入れたり、おもしろい展開、そして迫力ある作画や効果音といい所たくさんあって、12話という短い間で心に余裕がもてるし、長いという感覚もないので上で言った優しくない作りも最終的にはどうでもよくなる。

ターニャは幼女を皮をかぶったバケモノといいました。たしかに、何もしない部下にはきつい当たりもあるし、育て上げる時はとても酷いやり方をする。でも、有能な部下にはそれなりに評価していて、11話では愛着が湧くまでになっていて、優しい上司という感じが醸し出ている。ターニャは後方の安全なくらしのために自分の限界を自覚した上で努力をして、まぁそれが裏目に出て安全な暮らしはできないけど。でも、毎回ターニャの有能っぷりは素晴らしいし、努力の結果が出ている(出てないけど)ので、こういう所がターニャのカリスマ性に繋がっているんだと思います。

しかも、前世で培った知識と経験を持ったまま異世界転生して女の子に生まれ変わったから歴史を学んできた人間としての行動や考え方をしてますね。

ただ、ターニャは性格が歪んでいるいて(このことも自覚していると思う)、2話の転生される前のおっさんターニャや訓練のやり方見てると恐ろしい人間にも思えるから、バケモノなのは当たり前ですよね。まぁ神頼みをしたことないって(鋼の錬金術師でも神頼みするシーンあるのに)普通に考えて有り得ない話ですからね。12話のターニャの神をぶっ倒す宣言を観ている自分はこの展開に思わず笑が零れそうになりました。

この作品はコメディ要素も多く含んでいるので笑えるシーン何かも色々あって楽しく見れる感じなのが良かった。まさかあの天災博士が癒しになるとは思わなかったw(第9話)

実は自分は数話見た後、これは一気見の方がいいなと感じてまた1話から見ましたが、2週目だと1話からおもしろいということが分かりまし。最初1話見た時はよく分からなくてポカーン状態だったので2話見て心底良かったと思ってます。

自分にとって一番の回は5話のターニャの演説回ではなく、アンソン・スー大佐の死ぬ回です。あの回はどうしてもターニャより大佐の方を応援したくなったし、死んだ時は泣いてしまいました。まさか存在Xが刺客として扱うとは・・・。11話の戦闘シーンは迫力ありすぎてびっくり。堀内賢雄さんの演技とてもかっこよかった。もちろん第5話も好きだし、他には第9話の人間ロケット回、第11話の空中戦など好きでした。まだまだ見どころもたくさん。

いざ勝利となったけど完璧な勝利ではないことにか築いたけど出動したいと要請しても許可が降りず悔しいターニャ。人生上手くいかないことを深く理解しているだろうけど、それでも感情が露になって壁を殴ったりするシーンには今までターニャから想像できない雰囲気でした。

こういうことろに現実を突きつける作品(コメディもあったり楽しいし、後半はシリアスだけどおもしろい熱い展開)のような印象も受けた。人生上手くいかないんだよみたいな。


☆感想に付け足し
付け足す前に感想書いてる時、主人公が幼女だったことすっかり忘れていました。この作品は主人公が幼女であることを時々忘れるんですねw

幼女がこんな派手なことやってるのに対して軍人のおっさん達は違和感あるだろうけど見てる自分と同じで幼女ってことすっかり忘れてるのかな?w

幼女が神をぶっ潰すっていうのは考えるだけで頭が痛くなりそうな物語のような気がします。異例とか特殊をさらに超えた何かだと思う。ターニャVSメアリーは是非見たい。
{/netabare}


《声優》
{netabare}
「ターニャ・フォン・デグレチャフ」
CV:悠木 碧(ゆうき あおい)←『アイリス(ポケモン)etc…』

「ヴィクトーリヤ・イヴァーノヴナ・セレブリャコーフ」
CV:早見 沙織(はやみ さおり)←『うずまきヒマワリ(BORUTO)etc…』

「ハンス・フォン・ゼートゥーア」
CV:大塚 芳忠(おおつか ほうちゅう)←『自来也(NARUTO)etc…』

「エーリッヒ・フォン・レルゲン」
CV:三木 眞一郎(みき しんいちろう)←『コジロウ(ポケモン)etc…』

「クルト・フォン・ルーデルドルフ」
CV:玄田 哲章(げんだ てっしょう)←『九喇嘛(NARUTO)etc…』

「アーデルハイト・フォン・シューゲル」
CV:飛田 展男(とびた のぶお)←『ゼツ(NARUTO)etc…』

「アンソン・スー」
CV:堀内 賢雄(ほりうち けんゆう)←『ペイン(NARUTO)etc…』

「メアリー・スー」
CV:戸松 遥(とまつ はるか)←『アスナ(SAO)etc…』

「存在X」
{/netabare}

 サンキュー(57)
2018.06.16 21:49 deashの評価 | 観終わった| 18が閲覧 ★☆☆☆☆ 1.0 評価対象: 幼女戦記(TVアニメ動画) 物語 : 1.0  作画 : 1.0  声優 : 1.0  音楽 : 1.0  キャラ : 1.0

主人公のセリフのかっこいいものは全てハリウッドからの盗用

この作品のパクリはかなり有名なので割愛するが、セリフもネタも戦争モノのありとあらゆる映画から盗んでいるだけ。作者が作ったセリフが全く見つからず、もはや意図したオマージュとは認めがたい。作家としての品性を疑う。

 サンキュー(0)
2018.06.11 21:26 demiちゃんの評価 | 観終わった| 26が閲覧 ★☆☆☆☆ 1.3 評価対象: 幼女戦記(TVアニメ動画) 物語 : 1.0  作画 : 1.5  声優 : 1.5  音楽 : 1.5  キャラ : 1.0

短絡的

悠木碧を楽しむだけの作品

 サンキュー(1)
2018.05.30 21:11 サバッチーの評価 | 観終わった| 33が閲覧 ★★★★☆ 4.8 評価対象: 幼女戦記(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 4.5  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

ロリじゃないよ

見た目は幼女 頭脳はおっさん! 的な。
ロリコン要素は一切なし。
現代のエリート頭脳を持ち、腕も立ち、クールで冷酷な部分があるが、空気も読めてユーモアのセンスもある、スーパー幼女魔導師が主人公。
ストーリーのテンポも良く、アクションもみせてくれるので、1話1話があっという間。
この作品は原作よりもアニメで見た方が内容が分かりやすいのと、音楽やアクションにより、より面白さを増していると思う。

 サンキュー(4)
2018.05.27 20:19 ☆ェみーる米麹麦子の評価 | 観終わった| 52が閲覧 ★★★☆☆ 3.7 評価対象: 幼女戦記(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 4.0  声優 : 3.5  音楽 : 4.0  キャラ : 3.5

ょぅι゛ょっょぃ

OP ED共にいい。好み。

9歳の幼女が戦争で指揮をとるというものだけど
頭もきれ、先見の明、それに加えて神の加護も

原作あるのかも知らないで
見てたけど
あるなら説明不足な感じ
例えば、神に対して祈りの言葉を呟くと
攻撃力が強くなるのかとか
神を嫌ってるようだけど
それにまつわる描写とか足りない気がした

私も神様いたらぶっ殺すと思っていたので
別にそれはそれでいいんだけど

平和って皮肉なものよねって感想

戦争って小さな子供でも殺す場面があるでしょ
復讐心を与えないために殺してしまうのだけど
戦争というのは始めてしまえば中々終わらない

詰めの甘い戦争って感じ。

 サンキュー(8)

幼女戦記のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
幼女戦記のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。